searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
還暦おやじの漫遊記
ブログURL
http://mannyuu.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
車中泊による漫遊旅・列車でのぶらり旅など・・ 素晴らしい風景を探して、日本の津々浦々をめぐります。
更新頻度(1年)

270回 / 365日(平均5.2回/週)

ブログ村参加:2015/01/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、還暦おやじさんの読者になりませんか?

ハンドル名
還暦おやじさん
ブログタイトル
還暦おやじの漫遊記
更新頻度
270回 / 365日(平均5.2回/週)
読者になる
還暦おやじの漫遊記

還暦おやじさんの新着記事

1件〜30件

  • 四国路ラストラン 16日目-③ 爪彫り薬師霊木の大日寺

    安芸の野良時計や街並みなどを楽しみ・・・それでは28番札所の大日寺へと向かうことにしましょう。55号線に出てきて、土佐湾沿いに高知方面に向かっているとトイレ付休憩所の案内看板が出現。一度通過してしまったのだけど、看板を見て・・・、何となくモヨオシテきちゃったのでUターン!スッキリしたところで・・・駐車場の奥が少し高台になっているので上がってみたら、なんとまぁ目の前には素敵な風景が広がっていて・・・...

  • 四国路ラストラン 16日目-② 安芸での寄り道、野良時計と三菱マーク

    神峯寺のお参りを終え・・・真っ縦の坂道も無事に下って、麓の集落を過ぎ・・・一山超えて国道55号に戻ります。ここから次の大日寺までは、およそ40キロの道のり・・・その途中には安芸市があり、その安芸市には野良時計があり、あの三菱の創始者、岩崎弥太郎の生家もあるし・・・街並み散策もかねて、やっぱり素通りはできないところですよね?ということで、やってきました野良時計。家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地...

  • 四国路ラストラン 11日目-① 険しい遍路道の神峯寺

    2020年4月16日(木) 11日目(495日) 天気:有難いお天気です  走行97キロ 累計1,503キロお遍路を兼ねての四国路のラストランと決めて出発したのが4月の6日。早いもので、あれからもう10日も過ぎたことになります。あの時には、武漢コロナの緊急事態宣言が発令される前だったのだけど、淡路島に入った時には緊急事態宣言が出され、高知入りする頃になると外出自粛が叫ばれていて多くの皆さんが我慢を強いられだしてきている...

  • 四国路ラストラン 10日目-④ 金剛頂寺から水切り瓦の吉良川へ

    昨夜行われた、全国一斉の打ち上げ花火。残念なことに、おやじは実際の音響ときらびやかさを味わうことはできなかったけれど、武漢コロナによる閉塞感を追い払うには十分の花火となったようですね。全部で150以上もの地区で上がったそうで、参加された花火師さん達の心意気に感謝です一説によれば、打ち上げ花火というものには、”疫病退散”という願いもあるのだとか・・・この花火師さんたちの心意気が通じて、一日も早く武漢コ...

  • 四国路ラストラン 10日目-③ 最御崎寺と津照寺

    国道55号沿いに面して広がる室戸岬の駐車場。そこから、車でならば5分ほど・・・・しかしながら・・・徒歩やチャリで上がるとなれば、かなりの脚力を必要とされる急坂を上がらなければならない最御崎寺。《24番札所・最御崎寺》 駐車場・無料 門前まで2分 宿坊あり修行大師像のお迎えを受けて、駐車場から歩き始めます。ちなみに・・・順路としては右側の坂道を上がり、帰りには階段を下ってくるようになってますね。ということ...

  • 四国路ラストラン 10日目-② 10年前の風景が失われちゃってるよ!

    道の駅・日和佐を8時に出発し・・・途中の風景を楽しみながら3時間ほどかけて、室戸岬に到着してます。室戸の青年大師像にお参りし、そのお大師様が修行時の住居として使われていたと伝えられている「 御厨人窟」にやってきたのだけど・・・ナンジャ、これはですよおよそ1200年前の平安時代・・・青年時代の弘法大師が悟りを開いたといわれる洞窟で、中には五所神社と呼ばれる社があり、ここから見える空と海に感銘を受け、自ら空...

  • 四国路ラストラン 10日目-① 発心の道場から修行の道場へと・・・

    2020年4月15日(水) 10日目(494日) 天気:  走行121キロ 累計1,405キロ発心の道場といわれる阿波の札所めぐりを終え、今日からは修行の道場と呼ばれる土佐の札所めぐりを始めることになります。お世話になった道の駅・日和佐を8時に出発。次の24番札所・最御崎寺までは70キロ以上もあるし・・・、ここは太平洋を眺めながらノンビリと南下していくことにしましょうかね。と・・・30分ほど走って八坂八浜を眺めてきたところ...

  • 四国路ラストラン 9日目-④ 平等寺・薬王寺とお参りし、日和佐の海へ

    昔から遍路の難所として・・・「一に焼山 二にお鶴 三に太龍」 と言われていた三つの札所今までのことを振り返るに・・・曲がりくねった道路の上に、急坂路や隘路の連続で、言われているように遍路の難所であることは間違いないところ・・・歩き遍路の遍路道は想像するしかないけれど、車遍路であってもその厳しさは存分に味わわせてもらえました。そんな・・・難所の三ヶ寺も、最後の太龍寺を無事にお参りし、帰り道では下りの...

  • 四国路ラストラン 9日目-③ 太龍寺へと続く難所道

    お松大権現から21番札所の太龍寺へと向かいます。ロープウエーで上がるつもりでいたけれど、ナビの表示に惑わされ県道28号を走って行くことになったのだけれど・・・その鉄人28号・・・いや、県道28号ともここでお別れ・・・ここまで来るにも、細くて上り坂の連続する道路だったけど、それでも県道というだけあって簡易舗装がなされまずまずの道路。しかしながら・・・ここから太龍寺へは、この民宿(不定期営業?)の前を右の方へ...

  • 四国路ラストラン 9日目-② 「猫神さま」のお松大権現

    鶴林寺をお参りさせてもらい、鶴峠を下り・・・15分ほど走って、那賀川のたもとに降りてきました。この辺りでは見慣れた風景なのかもしれませんが、こういう川面の輝きを見ると心が癒されます・・・沈下橋も四国では、ごくごくありふれた風景。先ほども高齢者マークを付けた軽トラが、何の躊躇も無く渡って行ってました。運転技量というか、慣れというか・・・お見事です那賀川沿いの集落を走っている時に、”牛尾の滝”の看板があっ...

  • 四国路ラストラン 9日目-① 一に焼山・二にお鶴の鶴林寺へ

    2020年4月14日(火) 9日目(493日) 天気:もちろん(^∇^)  走行91キロ 累計1,284キロひとまず・・・、緊急事態が解除されました。武漢コロナとは長い付き合いをしなければならないようで、これからは「新しい生活」というものになっていく様子・・・それでも少しづつ、本当に少しづつですが日常を取り戻していける道筋ができたことには安堵しました。この先、秋から冬にかけて第二波がやってくるとも言われています。感染...

  • 四国路ラストラン 8日目 風が強くロープウエーが休止???

    2020年4月13日(月) 8日目(492日) 天気:雨から回復しての  走行33キロ 累計1,193キロ昨日、逃げ込んだ宿はここ!こじんまりとしたビジホでしたが、それでもリピーターが多いホテルなのか・・・エレベーター内にはこんなのが貼られていましたよ。さて・・・、おかげさまで昨日の雨も上がりました。気持ちの良い朝を迎えて・・・、ん?、 風が強そうな感じだけど・・・、今日も元気にお遍路旅をスタートさせることにします...

  • 四国路ラストラン 7日目-③ 観音寺・井戸寺・恩山寺と予定通りに18番札所まで・・・

    国分尼寺跡を見学し終えたところで時計を見ると・・・そろそろお昼時間になるところなので、次の16番札所・観音寺までの道すがら、目についたうどん屋に入ります。20分ほど食休みをし・・・走り出して10分くらいで観音寺に到着です。ガイドブックによれば、国分寺と観音寺との距離は2キロ程とのこと。《16番札所・観音寺》 駐車場・無料  山門のすぐ横この大門の両側に、道路に沿って石柱が建てられているのも、また独特の雰囲...

  • 四国路ラストラン 7日目-② 15番札所・国分寺と国分尼寺跡

    自然の大岩盤で出来ているという常楽寺の流水岩の庭園。ほどよい感じの雨に濡れ光る岩盤の、その強烈な印象を胸に・・・次に向かったのは15番札所の国分寺。常楽寺からは、わずか1キロくらいのものなので、あっという間に到着です。《15番札所・国分寺》 駐車場無料 境内まですぐの場所国分寺というのは・・・天平13(741)年に、聖武天皇が天下泰平を祈願して全国に66ヶ寺建立したのだという。そのような国分寺の一つということ...

  • 冬物から夏物へ・・・

    ブロ友の皆さんの・・・本格的な農園風景に刺激されまして、本日はカミさん努力の家庭菜園をご披露ということで・・・みそ汁の具として育てていてくれていたた冬の葉物野菜。そんな家庭菜園も、季節の移ろいとともに夏物野菜の畑に変わってきています。畑の方はカミさんが専任管理者。今年の作付け(というほどの量じゃないけど)は、一次植え付けとしてのトマトは、桃太郎が5本、ミニのあいこが1本。ナスは長ナス3本に普通のが3本...

  • 四国路ラストラン 7日目-① 雨の日お遍路のご利益かな?

    2020年4月12日(日) 7日目(491日) 天気:雨  走行65キロ 累計1,160キロ昨日は道の駅・第九の里まで戻ってきてしまいました。最初は土成へ行ったのだけど、ここで単騎の車中泊はチョッとヤバそうな気がしてね。それに・・・雨の予報があったので、もし大雨ならば鳴門市内へ逃げ込むのにも楽だし、次の13番札所へのアクセスもまずまずの場所かと・・・そんなことで、またまたお世話になった第九の里。雨の降り方も”そぼ降る...

  • 四国路ラストラン 6日目-④ 難所の焼山寺から、戻る道も・・・また難所!

    昔から・・・、お遍路の難所の一つと言われていたという12番札所の焼山寺。高開の石積み集落から廻り込んだ道は、かなりの手強さがありました。それでも何とか無事にお参りを済ますことができ、ここだけ逆打ちになる11番札所の藤井寺へと向かうことにします。順当ならば、11番札所から上がってきたであろう道路を下って行くわけですが、これがまた、なかなかの狭い道でして・・・救いは完全舗装路ということですが、焼山寺へのアク...

  • 四国路ラストラン 6日目-③ 遍路の難所の一つ・焼山寺

    高開の素晴らしい石積みを楽しませてもらい・・・本来のお遍路に戻ります。うるう年の時には逆打ちでのお遍路が一般的らしいですが、お遍路初めてのおやじは順当に順打ちで廻らせてもらっています。ただ、ここの12番札所の焼山寺と11番札所の藤井寺に関しては、高開集落を廻ってきたこともあり逆打ちでまわることになりました。高開の集落を下ったところで、一度国道193号に戻ります。そこから193号を少しばかり走り、あらためて焼...

  • 四国路ラストラン 6日目-② 高開の石積み集落

    以前に四国を訪ねた時には、徳島県でもこのあたりは全くのノーマーク・・・札所めぐりをするにあたり、焼山寺へのルートを考えている時に偶然に見つけたのがこの高開集落でした。そういう意味では、ここはお大師様のお導きで素晴らしい風景を楽しませてもらうことができたのかも・・・お天気にも恵まれ、最良の日に訪ねることができましたので、感謝しながら存分に楽しませてもらうことにしましょう。集落内にめぐらされた道路を下...

  • 四国路ラストラン 6日目-① 日本の里100選の地、高開の石積み集落へ

    2020年4月11日(土) 6日目(490日) 天気:今日も  走行125キロ 累計1,095キロ明日のお天気はちょっと怪しい感じになって来ているけれど、出発から今日まで連日のありがたいですよねぇ~・・・(^_^.)お世話になった道の駅・みまの里を8時前に出発。まずは、昨日のうちにまわることができなかった美馬の古刹に向かいますが、その前に奈良時代初期の寺院跡と言われる郡里の廃寺跡へ・・・ただの空き地に見えるけれど、これでも...

  • 四国路ラストラン 5日目-③ 美濃田の渕と美馬の寺町めぐり

    加茂の大楠から192号線を西に走り・・・やってきたのは、吉野川沿いに阿波の青石と呼ばれる奇岩が広がる美濃田の淵。国道を逸れて吉野川沿いにやって来ました。木陰に車を停めて水辺を軽く散策・・・、川底が見えるような清らかな流れは気持ちの良いものですね!やや高台に上がり、吉野川の流れを見渡せる場所に移動。この手の渓谷というか流れの淵はいろんなところに存在するけれど、これだけの色彩を放つ川面も珍しいでしょうね...

  • 四国路ラストラン 5日目-② 鳴滝と土釜と大楠と

    貞光町での二層卯建つを楽しみ・・・国道438号に乗り、南へと向かい高度を上げて行きます。高度を上げて行くほどにその清らかさを増してゆくのは・・・、たぶん、貞光川。ときには、こんな感じの山道で・・・見ごろとなって来ている大好きなヤマブキの花を楽しんだりし・・・貞光川沿いに10キロほど遡ると、右手に”鳴滝”という看板が出てきた。されど、静かな山間にいるにもかかわらず滝の音は全く聞こえず・・・ってことは、かな...

  • 四国路ラストラン 5日目-① 脇町と貞光町

    2020年4月10日(金) 5日目(489日) 天気:  走行76キロ 累計970キロ前述したように、道の駅・藍ランドにてお世話になりました。昨日は夜の脇町を一巡りしてきましたが、今朝も朝の散歩がてら一巡りしてきてます。町並み写真の定番スタイルでシャッターを落としながら歩いているのだけど、何んか違和感が・・・???   ????   ?????  ・・・・・・・・・何だろうって考えてみたら・・・違和感の原因は、ど...

  • 四国路ラストラン 4日目-④ 9番札所・10番札所と廻り、夜は脇町の散策へ。

    15時20分くらいに、8番札所の熊谷寺を出発します。ここから、9番札所の法輪寺までは車で10分足らず・・・わずかな道のりだけど、その途中では豊かな実りの田畑を眺めて眼の保養をしたりしながら・・・《9番札所・法輪寺》 駐車場・無料 門前まで徒歩2分そんな田園の中に佇む法輪寺の山門は、巡らせた塀と相まって素朴な感じながらも独特の味わいを感じさせてくれてます。山門を入ると、正面には本堂が・・・その本堂と並び建つよ...

  • 四国路ラストラン 4日目-③ 順調にお遍路・・・7番札所・8番札所

    6番札所の安楽寺から7番札所の十楽寺までの距離は1キロほどのもの・・・輪袈裟や数珠を身に着けたままの運転で、あっという間に到着ですね。《7番札所・十楽寺》 駐車場・無料 門前まで徒歩2分 宿坊あり駐車場に入ってこの鐘楼門を見た時に、あれっ???この前にお参りさせてもらった安楽寺の方もこんな感じだったので同じ札所かと思っちゃいましたよ・・・よく見りゃ色彩の施し方が違ってましたけどね。鐘楼門をくぐり、水子...

  • 四国路ラストラン 4日目-② お遍路の途中で楽しむ千本桜の里

    山間に位置する4番札所の大日寺にお参りさせてもらい・・・次に訪ねたのは、山を下るとすぐにある5番札所の地蔵寺。《5番札所・地蔵寺》  駐車場・無料 門前から徒歩2分駐車場はこの仁王門のすぐ横にあり、アクセスはいたってラクチン・・・そして、仁王門をくぐると目につくのがこちらの大銀杏の樹。まだまだ芽吹きには早い季節のようですが、緑の葉から黄色に染まり、それが落ち葉となる頃にはさぞかし見事なことでしょうね。...

  • 四国路ラストラン 4日目-① 今日は神社のお参りから・・・

    2020年4月9日(木) 4日目(488日) 天気:恵みの  走行71キロ 累計894キロ昨日は道の駅・大工の里・・・???う~ん・・・、変換能力が悪いっすね・・・、第九の里ですよね!そんな第九の里の近くにある大麻比古神社。そこには大楠やドイツ橋などの見ものがあるということなので、朝一でお参りにやってきました。大きな鳥居をくぐり、静けさが漂う参道を歩いて行くと正面に大きく枝を広げた楠が見えてきました。ご本殿にお...

  • 四国路ラストラン 3日目-④ 2番・極楽寺、3番・金泉寺とお参りし、本日は終了です。

    1番札所の霊山寺を、手抜きながらも何とか納経を済ませて・・・次にやってきたのは・・・JR高徳線に沿って走る県道を1キロほど走ると到着する極楽寺。《2番札所・極楽寺》 駐車場・無料 門前まで徒歩2分 宿坊あり駐車場に車を置いて、鮮やかに彩られた仁王門をくぐると・・・長く伸びる参道が見えてきます。その参道横には丁寧に刈りこまれたサツキの植え込み・・・サツキの花が咲くのはまだまだ先のことでしょうが、緑の植え込...

  • 四国路ラストラン 3日目-③ 今日からお遍路が始まります

    今日から、車遍路を含めての四国路ラストランが始まります。最初は・・・お遍路の札所めぐり編と、それ以外の四国路ドライブ編とに分けてアップしようかとも考えたんだけど、挿入絵柄を選ぶのにシッチャカメッチャカになりそうなので、やっぱり進行順にアップすることにしますね。そんなことで・・・札所の風景や海岸風景などが交互に登場することもあり一貫性に欠けますが、頭を柔らかくしてお付き合いくださいませ・・・です。さ...

  • 四国路ラストラン 3日目-② 淡路島の南端を廻り込み、徳島に入ります

    淡路島内陸部の、タマネギ畑の連なる風景や滝を楽しんだあと・・・一度洲本市に出て、県道76号線を南下して行きます。おそらく・・・、奥に見えているのは友ヶ島。時間に余裕があれば渡ってみたいけど、無理だなぁ~・・・この76号線・・・海岸線沿いに走るものとばかり思っていたけれど、友ヶ島を過ぎると水仙郷が広がる山の中へと入りこみます。もちろん水仙の季節は終わっていますから、何の楽しみも無しですわ。そんな中・・・...

カテゴリー一覧
商用