searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
還暦おやじの漫遊記 http://mannyuu.blog.fc2.com/

還暦を機に、リスタートとして始めた車中泊の旅も早や13年目・・・ これからは「車中泊からの脱却」を探りつつ、旅を広げていきます。

還暦おやじ
フォロー
住所
未設定
出身
千葉県
ブログ村参加

2015/01/17

1件〜100件

  • お遍路旅再開 3日目-➃屋島山上を散策

    仁王門と思っていた四天門から屋島寺のお参りを済ませ・・・駐車場から上がってきて、最初にやってきた東大門のところに戻ってきました。ここのところに気になる血の池ってのがあり、ここから屋島の散策コースも広がってたので都合がいいかなと思ってね。瑠璃宝の池ってのが正しい名前のようだけど、こういうのを読むといかにも古戦場跡って感じ・・・もちろん、現在は桜の花や蓮の花が彩を添える穏やかな湖面が広がる池ですから安...

  • お遍路旅再開 3日目-➂源平の古戦場を眺めて、屋島寺へ・・・

    高松市にある五剣山。その中腹に開かれた八栗寺にお参りさせてもらい、次は84番札所の屋島寺へと向かうことにします。八栗寺に向かう時には五剣山を目指して上がっていったのだけど、屋島寺の方は、その名前の通りに屋島を目指していくことに・・・屋島というと、大河ドラマにもなってる源平合戦の舞台でもあるわけで・・・屋島寺に向かうスカイウエイを上がっていくと、その舞台となった古戦場が眼下に広がってくるようになりまし...

  • お遍路旅再開 3日目-②八栗寺の天狗さまと聖天さま

    ケーブルカーを降りて歩いてきた参道から・・・本来の歩き遍路の参道へと回り込み八栗寺の二天門をくぐり本堂へと向かいます。二天門を抜けた参道の奥、正面に佇む本堂。五剣山の峰々を背後に従えた姿は、じつに堂々と見えてます・・・って、お堂だから当たり前???本堂にお参りし・・・次に、カーブルカーで降りたときに歩いて来た道を少し戻り大師堂にお参りです。ご本尊様・お大師様にお参りさせてもらったので、次はお聖天様...

  • お遍路旅再開 3日目-①ロープウエーで八栗寺へ

    2022年4月7日(木) 3日目(517日) 天気:ありがたいお天気ですよ  走行82キロ 累計885キロ今日もありがたいお天気に恵まれていますこの時期になると明るくなるのも早く、道の駅に間借りさせてもらっている他の皆さんは早起き・・・なので、いくら寝坊助のおやじでも話し声やドアの開閉音で、いつもよりずっと早く起きちゃいますわ。そんなことなので・・・寝ぼけ眼で山道を上がっていくのもどうかと思い、きょう最初のお参り...

  • お遍路旅再開 2日目-➂87番・長尾寺86番・志度寺にお参りし、暮れ行く屋島の展望を楽しむ。

    逆打ちで始まった今回の遍路旅。白鳥温泉で身を清めたあとで、最初に88番・大窪寺に参らせてもらいました。その大窪寺から20キロ弱で87番・長尾寺に到着です。車でならばわずか15分ほどで行けるところなのだけど、これが歩き遍路だと違う道を歩くにせよ4~5時間はかかっちゃうんでしょうね。 全行程を歩きとおすお遍路さんは本当に凄いです。87番・長尾寺  駐車場志納  山門横にあり 駐車場から山門の方へとまわり・・・ん?...

  • お遍路旅再開 2日目-②白鳥温泉で身を清め、いよいよお遍路の再開です。

    徳島県から香川県に入ってきて・・・讃州井筒屋敷やランプロファイア岩脈を楽しませてもらってきました。このあと、いよいよお遍路の再開となるわけなんだけど、昨夜はSAで夜を明かすことになったので風呂に入っていません。この・・・、(心はいつもきれいなんだけど)風呂に入ってない汚れた身体でお大師様やご本尊様をお参りさせてもらうわけにもいかないってことで・・・食事施設も兼ねる白鳥温泉に、身を清めにやってきました...

  • お遍路旅再開 2日目-① 讃州井筒屋敷とランプファイア岩脈

    2022年4月6日(水) 2日目(516日) 天気:もちろん 走行184キロ 累計803キロ今日も昨日に引き続きお天道様が顔を見せてくれてます。旅に出て・・・、何よりも有難いのはこういう晴天ですね!朝のまばゆい光の中で、朝茶用の湯を沸かしながら「今日もありがとう」って感謝感謝です(^.^)いつものルーティン・・・、朝茶と梅干で体調を整え出発。やがて、大鳴門橋にさしかかり・・・淡路島から徳島県にと入って行きます。徳島北IC...

  • お遍路旅再開 1日目 初日は淡路SAで車中泊です。

    2022年4月5日(火) 1日目(515日) 天気:気持ちの良いだよ~ん 走行618キロ 累計618キロ2年越しの・・・、待ちに待ったお遍路旅の再開。そして、四国路については今回が相棒君と巡るラストラン・・・お天気に恵まれることを願って存分に楽しんできたいなと、はやる心を抑えつつ久しぶりの車中泊旅が始まります。今日の予定は淡路SAまで行って、そこで車中泊。翌日からお遍路の開始というつもりでいるので毎度のことながらスロ...

  • 春旅・6日目-➂旅の〆は「しぞぉ~か おでん」で・・・

    駿府城公園をひとまわりして・・・まだ、それほど腹が減ってきては無いのだけど、このあと家まで帰る時間を考えると腹が減るまでは待てないってことでお目当てのおでん屋さんへ向かうことにします。一の鳥居をくぐり・・・本来ならば、浅間神社にお詣りせねばならないところ(ダイジェストではそう予想された方が多かったのでは?)なんですが、今日のところはゴメンナサイと・・・おがわさんでストップです。ずいぶん前に来た時の...

  • 春旅・6日目-②駿府城公園

    浜松では餃子を楽しみました。そして、次に下車したのは静岡駅・・・ってことは・・・、そう、静岡のもう一つの味である静岡おでん、いや・・・、しぞぉ~かおでんを楽しむためなんです。そうは言っても・・・静岡着が13時21分だから、まだ腹は空いてないし・・・、腹ごなしに駿府城公園を歩くことにします。巽櫓の東御門から公園内へと入り・・・駿府城跡、すんぷじょうあと、スンプジョウ・・・???そういえば、昔「スルガスン...

  • 春旅・6日目-①浜松の餃子を食し・・・

    2022年3月11日(金)18キップを利用しての春旅最終日となりました。雪が残る北陸・飛騨地方を歩んできた旅なので、今の暖かな気候のなかでお付き合いいただいてるとかなりの違和感もあったことでしょうが、間もなく終了ですので・・・今日は東海道線を東へと進み、家に帰るだけなのでのんびりです。名古屋を9時46分の列車で出発し、競艇の開催で賑わう浜名湖を通過し・・・11時17分に浜松に到着し・・・まずは、金の「家康くん」に...

  • 春旅・5日目-⑤下呂から、ナナちゃんの名古屋へ

    下呂温泉駅に戻ってきました。美濃太田行きの列車が到着するまで少し時間があるので、駅構内をブラブラ・・・そんな構内には心を揺さぶられるポスターが貼りだされていて・・・、そうだよねぇ みんな会いたがってるよ。コロナ禍で思うように帰省もできず・・・、ジジババは皆待ってるんだよね、 今年こそは会いたいよ・・・そんな、「想いをつないで走る」のポスター・・・18キップのポスターも巧い作り方してるけど、こういう心...

  • 春旅・5日目-➃高山での汗を下呂温泉で流し・・・

    高山駅14時49分発の美濃太田行きに乗車。そして、高山から揺られること1時間ちょっとで下呂温泉駅に到着です。高山の街歩きでひと汗かいたことでもあるし、下呂温泉でその汗を流していくことにしましょうか・・・なんて言ってるけど、列車の旅では予定通りに行動してる・・・、最初からの計画ですわ。駅前の観光案内所に立ち寄り案内地図を貰い、コインロッカーにザックを押し込んで、いざ出発!こういう時に忘れやすいのがタオル...

  • 春旅・5日目-➂高山の街並み散策

    12時近くに高山駅に降り立ち・・・駅前の通りから広小路通りへと向かいます。伝統的建造物の建物が連なる三之町方面に向かっているわけだけど・・・そこへ行くまでのお店にも伝統を感じさせてくれる品物を扱っているところも土地柄なのか多く感じます。刺子が施された日傘はかなりのお値段・・・こういう日傘がさせるご婦人というのは仕草にも懐にも余裕がおありなんでしょうね。三之町に近づくと、見えてくるのがこの赤い中橋。高...

  • 春旅・5日目-②雪崩の危険を感じながら走る高山本線。

    定刻を・・・、大幅に遅れて折り返す高山行きの列車。山間を走ってくる高山本線では、その途中で雪崩の危険があるということで安全を確保しながらの徐行運転をしているとのこと。猪谷駅から高山方面に向かうには、今度は己がそのデンジャラスゾーンを行くことになるわけで・・・猪谷駅のホームでは積雪が感じられなかったけど、お隣の杉原駅まで来てみると駅名看板が埋まるほどの積雪量!これ以上の積雪が山間にはあるということだ...

  • 春旅・5日目-①懐かしの越中八尾駅を通過し・・・

    2022年3月10日(木) 5日目18キップを利用した春旅も5日目に入りました。昨日の金沢~富山の移動では18キップが使えなかったけど、今日の移動分に関しては全く問題なし! 全線JRでの移動です。ということで・・・、最初に乗り込むのは高山本線の猪谷行き。前を行くお姉さんの後を追うように(決してストーカーではない!)、なぜか構内の片隅に設けられた2番線ホームへ・・・猪谷からやってきた折り返しの列車に乗車し、8時3分に富...

  • 庄和町(春日部市)の大凧、上がらず・・・アスレチック公園へ。

    毎年、5月の3日と5日の日は、お隣埼玉県の庄和町では大凧あげ祭りがおこなわれてます。その凧の大きさは、縦15メートル、横11メートル、重さ800キログラムもの大きさで、「百畳敷の大凧」とも言われるというもの・・・コロナ禍の影響で2020年、および2021年は開催が見送られてしまい・・・今年の凧あげの方は規模を縮小し、無観客開催(遠くの堤防上から見る)するということで期待したのだが、あまりのも穏やかなお天気で...

  • 孫が遊びにやってきた! ヤァ!ヤァ!ヤァ!

    小学校1年生になった孫と保育園に通う孫が、昨日の午後から遊びにやってきた。 ヤァ!ヤァ!ヤァ! (ビートルズふうに・・・) 小学生になると、こういう連休になっても暦通りにしか休めないことから下校後にやってきたわけで、今日は忙しい一日になりそうです(^.^)下の女の子も、とみに母性本能が増してきてるのか・・・家でも料理の手伝いや配膳に興味を示してきているそうで、我が家に来てすぐに母親が遊んでいたままごとセッ...

  • 春旅・4日目-⑥北国街道・岩瀬の街並み

    富山駅から乗ってきた路面電車を東岩瀬駅で下車し・・・100メートルほど歩くと見えてくるのが旧北国街道の通り。旧街道というわりには、なかなかの広さを持つ通りなんだけど・・・北前航路が最盛期の明治初期に建てられた廻船問屋が建ち並ぶ通りってことだから、その当時の通りだと思うけど、現代でも充分に通用する通りですよ。富山信用金庫の建物も、この通りにマッチした造りで建てられてるのが微笑ましいですね。新酒の杉玉が...

  • 春旅・4日目-⑤富山地鉄の富山軌道線に乗って岩瀬の町へ・・・

    金沢駅に戻ってきました。さて、この先は・・・、18キップの使えない区間なのでキップの購入です。IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の相互乗り入れの三セク鉄道で富山へ移動・・・それにしても・・・、三セクの宿命で運賃は割高ですね。13時2分発の富山行きに乗車し・・・1時間ほどで富山市に到着。14時チョイ過ぎの到着だから、まだまだ宿に引っ込む気は無し・・・だけど、ザックは置いてきたいので今夜のお宿まで歩いて行きま...

  • 春旅・4日目-➃金沢21世紀美術館は密が気になる・・・、残念だけどスルーします

    金沢城公園から歩いて・・・もう一つのスポット、金沢21世紀美術館にやってきました。入り口の前にある、カラー・アクティヴィティ・ハウスとやら・・・見る場所や見る人の動きによって光の領域が混じり合い、異なる色を通して人と風景に偶然の出会いをもたらすという恒久的に展示されている作品ですね。まっ、これもいいけど一人で遊ぶにはチョットね~・・・なもんで、今日はカラー・アクティヴィティ・ハウスが目的じゃなく、こ...

  • 春旅・4日目-➂金沢城公園(その2)

    鶴の丸休憩館のところにはボランティアの方も待機されていて、無料でガイドをしてくれるようです。ただ、気楽にマイペースで歩き回りたいおやじは、こういうガイドさんを頼んだことがなく・・・そのために見落としているところや学ばなければいけない史実など、ずいぶんと損してるのかもしれないです。(>_...

  • 春旅・4日目-②金沢城公園(その1)

    尾山神社の境内で・・・庭園を回り込むように歩いてくると、目の前に現れてくるのがこの鼠多門橋。説明にあるように、尾山神社のところは金谷出丸となっていた場所のようで、そことこれから行く玉泉院丸との間に架かっていた橋なんですね。堀が巡らされていた場所も、今では”お堀通り”と呼ばれる立派な道路に変身してます。ということで・・・、こちらが玉泉院の庭園です。雪吊りが施された松の木の数々・・・、いかにも金沢らしい...

  • 春旅・4日目-①尾山神社へ

    先日は、義兄の逝去のことにつきまして皆様方からたくさんのお悔やみの言葉をいただきましてありがとうございました。コロナ禍の時期の告別式ということで、参列者はお互いの家族だけという・・・、少々寂しいものではありましたが、それぞれの思いをもって義兄の出立を見送らせてもらうことができました。このあとも七七忌や年忌など・・・、仏事に関する事柄がいろいろとありますが、義兄の弟さんとも相談して、それぞれの弟の範...

  • お遍路旅の再開

    再開 18日目ダイジェスト大宇陀の歴史ある街並みを散策しようと道の駅になってきましたが、雨脚は一層強くなるばかり・・・この雨では、とても散策は無理・・・、この雨も今夜半には上がる予報なので明日にまわすことにしました。明けて22日(金)の朝! 陽射しが眩しい朝の予定だったけど、雲がどんよりですわ(>_...

  • お遍路旅の再開

    再開 17日目ダイジェスト道の駅・九度山からのスタートです。九度山と言うと、関ヶ原の戦いで西軍についていた真田正幸と幸村親子が戦に負けて蟄居を命じられていた場所。そういう場所柄なのか、あちらこちらに六文銭が描かれた幟がはためいていたり、六文銭の提灯がぶらさがってるところ・・・出発前に、朝の散策を楽しませてもらうことにしましょう。真田に関するものも多く、真田庵には墓所もありました。真田庵のボタンも、ち...

  • お遍路旅の再開

    再開 16日目ダイジェスト本日のメインは、高野山におわすお大師様へ四国八十八か所結願のお礼のお参りになります。ということで・・・紀伊山脈の山並みを眺めながら高野町へ高度を上げていきます。やがて、高野山の大門に到着。車だと横を素通りしちゃうことになるので、一度停車し「歩いて」大門をくぐりました。お礼のお参りは、奥の院が一番最初なのかどうかわからなかったので・・・大門から続く順番に最初は金堂・御影堂・壇...

  • お遍路旅の再開

    再開 15日目ダイジェスト昨日、道の駅日和佐まで快調に(山道で苦しみもあったけど)走ってきてしまいました。走ってきてしまいましたというのは・・・この手前の牟岐町から渡れるっ出羽島というのがあるって、さかやんさんが言っていたのをすっかり忘れてしまっていたんです。そんなことで、今朝は牟岐町まで15キロほどの戻りからスタートとなりました。波止場に行って、8時20分発の連絡船で出羽島へ・・・島に降り立ち、案内板...

  • お遍路旅の再開

    再開 14日目ダイジェスト昨夜は、道の駅・南国風良里にお世話になりました。昨日までの渓谷めぐりで、ひとまず走りたかったところは走ったので、この先は大歩危方面に上がって行くのも安芸方面に東へ進むのもどっちも走破済みなのでどっちでもいいなと思っていたんだけど・・・安芸から室戸方面に廻らずに、ショートカットして東洋町に抜けるルートは未走破。ということで、ひとまず東へと進んで行き香南市へ入ったところで・・・...

  • お遍路旅の再開

    再開 13日目ダイジェスト今日は、朝一で安居渓谷に向かってます。昨日の中津渓谷のところもそうだったけど、道が細くてすれ違いで渋滞する場面もあったし、ましてや今日は日曜日。渋滞が予想されるので、誰も上がって行かないだろう8時前に上がり始めてます。お陰で渋滞することなく、駐車場もガラ空きのなか到着できたけど、光量が・・・(>_...

  • お遍路旅の再開

    再開 12日目ダイジェスト昨日は道の駅・なかとさにお世話になりました。まだ、出来立ての道の駅なようで同宿車は他に2台というもので、ときおり聞こえてくる波の音を子守唄にゆっくりと過ごさせてもらうことができました。お天気も回復したので、当初は道の駅・天空の郷から回り込む予定だった中津渓谷の散策とすることにします。天空の郷からだと安居渓谷を先に廻るようになるけど、須崎から入ってくるとこうなっちゃうやね。通...

  • お遍路旅の再開

    再開 11日目ダイジェストあまりお天気が良くない予報があったことから宇和島に逃れてきて、心待ちにしていた宇和島の鯛めしを楽しみ満足した眠りの中・・・一夜明けてみれば・・・昨日よりもひどい降り方してるじゃないですか!今日は曇り空になる予報だったけど、少し遅れているみたいで昼過ぎには雨もやむらしいけど、そこまで待っていられないので宇和島でのもう一つの願いでもある天赦園に向かうことに・・・かなりの降り方し...

  • お遍路旅の再開

    再開 10日目ダイジェスト四国路八十八ヶ寺のお参りが終了したと思ったら・・・その翌日(今日)は、ほぼ小雨ではあるけれど時には本降りになる雨の一日になっています。それでも、お参りの方はお天気の良い日に廻ることができたのは、お大師様のご加護かと・・・、ありがたいことです。お遍路の後は、四国路のドライブを楽しむつもりで渓谷めぐりのプランを立てていたのだけど、このお天気じゃ日にちをずらすしかないかなと、道の...

  • お遍路旅の再開

    再開 9日目ダイジェスト今日のお遍路は50番札所・繁多寺から始めてます。着いたときにバスが止まっていてあれぇ~、もしかしたら・・・」と思って山門を抜けて行ったら、やっぱりの団体さんですよ。般若心経はそれぞれが小声で唱えているのは微笑ましいけれど、納経所で待たされるのは必置ですわ(>_...

  • お遍路旅の再開

    再開 8日目ダイジェスト今朝、道の駅・風良里を出てすぐに、何となく気になる通りが出てきちゃって・・・で行ってみたら・・・そこは鹿島という島へ続く参道みたい・・・渡船で行く感じになるのだけど、乗船時間は5分弱で行けるし、島を歩いても1時間ほどらしいので乗っちゃいました。展望台からの眺めなんだけど、朝のうちは雲が多かったなぁ~・・・鹿島へ行くのは有料の渡船だったけど、もう一つ乗っけてもらったのは「三津の...

  • お遍路旅の再開

    再開 7日目ダイジェスト今治市にやってきました。午後からは降水確率が30%となっていますので、曇り空の中だけど少しは今治らしいところをまわってみようかなと・・・来島海峡の展望台に行ってみたり・・・今治城に行ってみたり・・・せっかくだからと・・・突端の大角海浜公園に行ってみたり・・・曇り空の中なので、さえない色彩だけどそれなりに楽しんできました。もちろん、お遍路の方も・・・ただ、今日の修行はほんの少し...

  • お遍路旅の再開

    再開 6日目ダイジェスト本日も晴天なり・・・このお天気も、どうやらあと2日ほどらしい。ということで、チョッと急ぎ足になるけど今日は64番の前神寺からのスタートです。2年前にできるだけ回っておこうと、納経所が開いているところを調べて回っていたのでこの辺の順番はあっちへ飛んだりこっちへ行ったりなんですよ。その次は、同じ西条市でもかなりの山の中60番札所の横峰寺。噂には聞いていたけど、かなりの難所の山道をイノ...

  • お遍路旅の再開

    再開 5日目ダイジェスト昨日は道の駅・ふれあいパークみのにご厄介になってます。札所が5時に終了してしまうので、最後の方はうまく回れず・・・そのおかげで、夕食やらお風呂やらはゆっくりと過ごさせてもらえましたけどね。この道の駅は、いわば71番札所の弥谷寺に接しているようなもの・・・なので、朝市はこちらのお寺さんですね。ガイドブックである程度の予測はついていたけど、朝市の登山はなかなか厳しい(笑)530段あま...

  • お遍路旅の再開

    再開 4日目ダイジェスト昨夜は、道の駅・恋人の聖地うだつにお世話になりました。あまり広くはない道の駅だったけど、ご同業は6台ほど・・・大型車が停まるような道の駅ではないので静かな環境の中で熟睡させてもらいました。ただ・・・、トイレがちょっと・・・朝の散歩を兼ねて一回りしようと駐車場のすぐそばに入浜式の復元塩田に・・・昨夜はライトアップされていたのでよくわからなかったけど、入浜方式の塩の作り方が分かり...

  • お遍路旅の再開

    再開 3日目ダイジェスト今日は、5ケ寺のお遍路をまわらせてもらってきました。最初は85番札所の八栗寺なんですが、朝市の寝ぼけ眼で険路を運転するのもまずいかなとケーブルで安全遍路です。(笑)その次は、先ほどお参りしてきた八栗寺の八栗山を向かいの眺めて、屋島山上の屋島寺へ・・・桜が見頃のところもあれば、やや盛りを過ぎてしまったところもあるけれど、それはそれで桜吹雪も味わえて乙なもの・・・何よりも有難いのは...

  • お遍路旅の再開

    再開 2日目ダイジェスト思い起こせば2年前の4月・・・遠方への車中泊は70歳までとの約束だったものを特例で延長してもらったことにより、71歳でのスタートとなった四国八十八ヶ寺の遍路旅でしたが、第一波のコロナ感染爆発ということで納経所が閉鎖になりお遍路を途中で打ち切り帰ることになりました。あれからちょうど2年・・・遠方車中泊の定年でもある70歳をはるかにオーバーしてしまった73歳となった今ですが、今回もカミさん...

  • お遍路旅の再開

    再開 1日目ダイジェスト前回のブログでお話ししましたように・・・昨日(5日)お遍路旅の再開ということで東名道をすっ飛んできました。できることなら下道でのんびりと西進したいところだけど、GWに入っちゃうと納経所も道路も混雑しそうだし・・・、まっ、そのころには家に帰って孫たちが遊びにやってくるのを待っていたいってこともあるので急ぎ現地入りと相成った次第です。初日は、まんまの移動日でしたからネタになるような...

  • 春旅・3日目-⑥金沢発祥だというカレーを賞味!

    主計町の散策を終え、浅野川沿いの通りに出てきました。川筋に立ち並ぶ茶屋の家並みの眺め・・・さらには奥に広がる山並みなどを含めて、この左岸通りは金沢市の眺望地としても推奨の場所になってるようですね。左岸通りにあった小粋なお店。緋毛氈と小物の取り合わせなんだけど、添える置物によってはずいぶんと雰囲気が変わることでしょう。やがて、浅野川沿いの通りから宿へと戻るべく路地に入り込みますと・・・格式のありそう...

  • 春旅・3日目-⑤あかり坂・暗がり坂

    金沢駅に到着し、先ずは今夜の宿にチェックイン。ザックを置いて身軽になったところで、金沢の街歩きに出発・・・宿から駅大通りに出て武蔵の交差点へ・・・そこから百万石通りに入り、歴史のある建物が残る尾張町を歩き・・・泉鏡花記念館の先から・・・路地に入り・・・金沢花街の一つ、主計町のあかり坂に到着。ひがし茶屋街の整然とした街並みもいいけれど、おやじの好みとしてはこちらの主計町の茶屋街の家並みが好きなんです...

  • 春旅・3日目-➃福井から金沢へ

    あわら温泉で湯の町散策と名湯を楽しませてもらってJR福井駅へと戻ることにします。どこの三セクもそうだけど・・・経営状況は厳しそうで、車内には地域別に出稿されたCMがズラリと並んでいます。長閑な田園地帯を走っていて見えるあの山並みは???ここらへんで見えてくる山並みとしたら、おそらく立山連峰なのでしょうが山に詳しくないのでよくわかりません。こういう風景を見させてもらってることに、今日も感謝です。(^.^)で...

  • 春旅・3日目-➂あわら湯の町散策し、温泉に浸かって・・・

    えちぜん鉄道に乗って、あわら湯のまち駅に降り立ちました。歩くにも暑くもなく寒くもなく・・・、気持ちの良い晴れ間が広がる中で湯の町の旅情を味わわせてもらいましょう。先ずは、駅を降りて左手にある”湯けむり横丁”へと入ります。が・・・、とうぜんですが、こういう横丁は昼間は閉まってるもんでしてどこの店主もいませんでしたよ。横丁の隣には、無料開放の足湯(あわらでは芦湯)がデデ~~ンと連なってます。とはいうもの...

  • 春旅・3日目-②えちぜん鉄道であわら湯のまちへ

    JR福井駅から工事中の通路を抜けて・・・えちぜん鉄道の福井駅へやってきました。えちぜん鉄道のキップは、嬉しいことに未だに”手売り”で対応してくれてます。「あわら湯のまちまで・・・、大人1枚でお願いします」「ありがとうございます。 あわら湯のまちまで大人1枚、680円になります」って・・・こういう会話をしたのも何十年ぶりだろうかねぇ~、久しぶりに興奮した瞬間でしたよ(^.^)あいにくと硬券ではなかったけど、懐かし...

  • 春うらら

    一週間ほど前の22日には、冷たい雨が雪に変わるほどの冷え込みだったけど・・・その翌日からは暖かな陽気に戻り、いつしか桜の花も見頃となってきていました。ということで・・・昨日、平日の空いてる頃合いを見計らって、チョイとお花見ウオーキングしてきました。花の咲き具合も・・・満開前の8分咲きといったところで、傷んだ花びらもなく一番きれいな頃かな。どうやら、タイミングもバッチリだったみたいです(^.^)で・・・その...

  • 春旅・3日目-①比叡の山並みを眺めながら北陸へ

    2022年3月8日(火)18キップの春旅に出てから3日目・・・今回の旅で、ぜひとも乗っておきたかったのがこれから先の路線なんです。琵琶湖を越えて行く線は、乗車する時間で琵琶湖の西岸を走る湖西線と、米原まで行ってそこから北陸本線となる東回りがあるけれど、それもあと何年かすると18キップで乗れなくなっちゃうんじゃないかと思っているもので・・・2024年の春には北陸新幹線も敦賀までやってくることになってるし、そうなれば...

  • 春旅・2日目-⑨京都のお好み焼き

    今日一日の散策を終えて、宿に戻ってきたのは17時ころ・・・お昼に食べようと思っていたオモウマのお店で食事はできなかったけど、もうひとつ楽しみにしている”お好み焼き”のお店があるんですよ。お好み焼きと言えば(ど素人の考えだけど)大阪と思ってしまっていたけど、どうやら京都のお好み焼きもいけるとケンミンショウでやってました(すぐ乗っかるおやじですから・・・)ということで・・・人気の店が混みださないうちにと、1...

  • 春旅・2日目-⑧下鴨神社へお詣りです

    白峯神宮お詣りさせてもらい、さらに東へと歩みを進めます。神宮から5~600メートルほど歩いてくると、通りの右側には京都御所の森が広がり左手に同志社の大学や中高などが建ち並ぶ一画に到着・・・ここまでくれば、今日の歩き旅の最終地である下鴨神社は目の前です。最初に大橋から賀茂川にかかる飛び石とデルタを眺めてから・・・ここを訪れる旅人が誰でもそうするんじゃないかと・・・、皆と同じように飛び石を渡ってきましたよ...

  • 春旅・2日目-⑦白峯神宮は球技の神様?

    清明神社をお詣りさせてもらって、堀川通を北へ上がります。で、次に今出川の交差点を右に折れ・・・100メートルほど歩いて白峯神宮に到着しました。神門を抜けると、すぐ正面にはたくさんの提灯が掲げられた拝殿があり・・・右手には、樹齢800年と言われるご神木の小賀玉(オガタマ)の木があります。ご本殿には、崇徳(すとく)天皇と淳仁(じゅんにん)天皇の御霊が御祭神として祀られているそうですが・・・おやじが興味を引か...

  • まさかの雪になりました。

    お彼岸の3月22日。今朝の天気予報では「霙混じりの雪となるでしょう」と言っていたけど、朝から降っていた雨もお昼頃からは霙どころか本降りの雪になっちゃいましたよ。お彼岸の中日過ぎに雪が降るなんて、72年生きてますがまったく記憶にございません・・・(ボケて忘れてるのかな?)菜花の見ごろやブロッコリーの収穫は終わっているからいいけれど・・・花をつけだしたソラマメや・・・キヌサヤがどうなってしまうのかと心配し...

  • 春旅・2日目-⑥平安時代の陰陽師を祀る清明神社

    やっと、まん防が解除になりました。相変わらず、三密を避けての行動やマスク着用・手洗い励行などは欠かせない事項となるけど、なによりも大手を振って外出できるというのはありがたいことです。GoToのほうも地域別の適用から始めて、その後の感染状況をみながら全国展開するようす・・・宿泊施設やお土産屋さんなどをはじめとして、それぞれの地方でも厳しい状態だったと思いますがリベンジ消費って言葉も出てきてますから落ち込...

  • 春旅・2日目-⑤上七軒を散策

    梅の花が見ごろとなってきている北野天満宮・・・初めてのお詣りだったけど、こんな良い時期にお詣りさせてもらえたことに感謝です。お参りのあとは、また散策に戻りますよ。向かうは、味わいのある花街の上七軒・・・お茶屋さんに上がってのお遊びはとてもできないけど、歩くだけならタダですからね(笑)室町時代に、北野天満宮の再建の際に残った資材を使って7軒の茶店を建てたのが始まり・・・一時期はその数が50軒以上もあっ...

  • 春旅・2日目-➃初めての北野天満宮

    昼飯を狙って来たお店で食べ損ねてしまいました。 さてどうしましょうかね。まっ、昼飯の後は北野天満宮へお詣りさせてもらうつもりでしたから、そちらに向かいながら適当なお店で食べるしかないかなと・・・参道をブラリブラリ・・・混雑しているお店も嫌なので、暖簾をひょいと上げて店の様子をのぞき見してからお店に入り・・・何の変哲もない親子丼とうどんのセットで昼飯です。おやじとしたら蕎麦セットの方が嬉しいのだけど...

  • 春旅・2日目-➂神泉苑から”おもうま”のお店へ

    二條陣屋から、昼飯の目的地である「おもうまのお店」を目指してます。その途中とちゅうで適当に立ち寄りながら、京の町をブラブラと・・・陣屋近くにあった神泉苑ってのにも興味が引かれましたので、とうぜんのこと立ち寄りですね。大鳥居から境内に入ると目の前には大きな池が広がりますが、その右手には自分の顔を湖面に映すと”心の奥”の喜怒哀楽が映し出されるという心鏡の池がありました。ならば・・・、今のおやじの”心の奥”...

  • 春旅・2日目-②小路をぶらつき、金ぴか鳥居の御金神社へ

    京都市役所へ抜ける立派な地下道を歩かせてもらってから、御池通を西へと戻ります。でも・・・同じような通りを戻っちゃ街歩きの意味が無いので、あっちの小路へ入ったり、こっちの小路へ入ったりすると・・・そこには、昔ながらの佇まいを残すお店と中層マンションが隣り合うようなところもあったりします。こういう町家風な(商家かもしれないですが)感じのところも、利用する人が少なくなり少しづつ減っていくのかも・・・現に...

  • 春旅・2日目-①初日は話題の地下通路から・・・

    2022年3月7日(月)きのう一日かけて鈍行を乗り継ぎ、京都までやってきてます。今日は2日目になるけど、観光&ウオーキングの初日ということですね。車内の混雑を避けるべく、ほぼほぼ通勤時間が終わっている9時ころの市営地下鉄にて目的地へ・・・京都駅からの乗車なんで、まっ烏丸線てことになるのですが・・・2駅目の烏丸御池で下車して、烏丸通を東へしばらく歩きゼストの地下道へと入り込みます。地下道を歩くこと数分・・・お...

  • 春旅・1日目 東海道線で西へ・・・

    2022年3月6日(日)コロナ禍のなかだけど、今年もやってきてくれた春の18キップの季節。3月6日には全都道府県での蔓延防止措置が解除されるものと予想して宿の手配をしていたのだけど、解除されたのは一部の県だけ・・・気持ちの上では・・・、なんとも心苦しい出発となってるのです。そんな重い気持ちを吹き飛ばしてくれたのが、この富士山!勝手な解釈だけど・・・、富士山も歓迎してくれてるように感じたんですよね。もちろん、...

  • 「つくえ券」を発行。

    もうすぐ小学校の1年生になる孫。コロナ禍のなかだったけど卒園式の方も無事に終了したようなので、昨日は久しぶりに遊びに行ってきました。小学校の1年生と言うと、教科書などの学習用品はもちろんのこと、それ以外の体操着や上履き、帽子などもすべてが新しく・・・新しいと言うことはいかにも新鮮味があって微笑ましいものだけど、それらのすべてに名前を記入しておかなければならなかった我が子の入学の時のことも、あらためて...

  • 2022年春 18キップ

    6日目(3月11日)ダイジェストあの・・・、東日本大震災が起こってから早くも11年が経ちました。お亡くなりになられた方が16000人近く、いまだ行方が分からない方も2000人以上もいらっしゃることで未曽有の大惨事となり、本当に悲しい出来事でした。さらには、津波により被害を受けた原発の放射能漏れによりお住まいを奪われた方々・・・津波で犠牲になられた皆様のご冥福を祈るとともに、原発避難をされていらっしゃる皆様が一日も...

  • 2022年春 18キップ

    5日目(3月10日)ダイジェスト昨日は乗り継ぎの悪い高山本線で名古屋まで。懐かしい八尾を通り、風の盆の思いに浸り・・・      猪谷の雪景色を眺めながら・・・列車遅れの果てに、12時近くに高山到着。昼めしをと下車し、ついでに散策。その後も、下呂でひとっ風呂浴びたりしてきたので、名古屋到着は21時過ぎでした。途中で遊んできたこともあったけど、富山から13時間もかかってますよ。ま、今日が最終日なんで頑張っちゃ...

  • 2022年春 18キップ

    4日目(3月9日)ダイジェスト金沢というと、前田利家ははずせないのかと・・・なので、尾山神社にお詣りさせてもらったり・・・金沢城公園を歩かせてもらいました。広いところをなので、城跡を散策している時には気にならなかった観光客も、こっちに来たらかなり密な感じです。あの、プールをしたから覗くのをやってみたかったけど、あぶないアブナイ・・・人のいないところの作品を鑑賞してきたけど、やっぱり気分が盛り上がらない...

  • 2022年春 18キップ

    3日目(3月8日)ダイジェスト3日目の今日は湖西線に乗って北上します右に琵琶湖、そして左手には比叡の山並みが・・・敦賀で乗り換え、ひとまず福井に到着。       ここで、えちぜん鉄道に乗り換え。    あわら湯のまちで、チョイと立ち寄り・・・一風呂浴びさせてもらって福井に戻り、今日は金沢まで。    ...

  • 2022年春 18キップ

    2日目(3月7日)ダイジェスト昨日は一日中列車で移動、すなわち座りっぱなしってやつでした。なので、今日は2日分以上を歩くつもり・・・四条通りまで出てきて・・・新しさと古さが同居する街中を歩いたり・・・縁起が良い金ぴか鳥居の「御金神社」にお詣りしたり・・・梅の花が見頃となった北野天満宮にお詣りしたり・・・ここまで来たら、上七軒も歩かねばなるめえ~と、ブラブラ・・・更にさらに・・・昨日の分もと、今出川通り...

  • 2022年春 18キップ

    1日目(3月6日) ダイジェストいつものキップで・・・いつものように・・・富士山を眺めながら・・・いつものところにやって来ました。初日は移動のみ・・・今日から散策始めま~~~す。ということで・・・少々の間、ご無沙汰いたすことになるのかと思います。コメントの返事も遅れちゃうと思いますので、ご理解のほど宜しくで~~~す。...

  • やっと・・・、フキノトウが出てきました。

    3月になってやっと暖かさを感じるようになってきました。今年は思っていたより冷え込みも厳しかったようで、例年なら2月半ばには芽を出してきてきてくれるフキノトウも、やっとのことで芽だしですよ。今日のところは・・・まだまだ、みそ炒めにするには数が少なすぎるから、とりあえずは天麩羅にしてもらいましょうか。若いころには口にすることもなかったみそ炒めや天麩羅・・・フキノトウのほろ苦さが口に合うようになってきてる...

  • 頑張る境町・自動運転のバスもあるんだよ!

    先日・・・新聞の折り込みチラシの中にこのようなものがありました。発行元は、利根川を挟んですぐ隣の茨城県境町。人口は令和2年の国勢調査時に24,000人ほどの自治体なのだそうな・・・今後、日本全土で人口減少が進むということで、どこの自治体も様々な策をとりながら人口の減少を食い止めようとしているわけですが、この境町は子育て世代が住みたい田舎部門ということでみれば関東地方で一番人気な町のようです。チラシを開て...

  • 春の18キップ、使用時期に入りましたね。

    つい先日「あけましておめでとう」を言ったと思っていたら、いつの間にか、季節は弥生三月・・・日ごとにお天道様の輝きも増してきて、降り注ぐ陽射しにも力強さが感じられるようになってきています。そして・・・3月というと多くの学生さんも春休みに入る時期・・・先月から売り出されていた18キップも、やっと使える状況になったわけなんですが・・・【画像拝借】3月になったら蔓延防止措置が一斉に解除されるかと思っていたのだ...

  • 恋の4駅、コンプリート!

    日本の各地にある鉄道の駅。その数は9000以上もあるらしいけど、数多い駅の中でも「恋」という文字が入る駅はたったの4駅なんだとか・・・先日、一つだけ残っていた恋ヶ窪駅を訪問することで、その4駅めぐりが完成したのであらためてその道のりを辿ってみることにします。思い起こせば・・・2010年に道の駅で見つけた資料で、三陸鉄道の「恋し浜駅」を知ったことが始まりでした。元々の駅名は「小石浜」だったものを、地域おこしと...

  • 車検時期と免許更新の関係

    毎年3月というのは、ディーラーさんが決算を迎えることもあって新車の販売台数が多い月らしいですね。それにつれて、車検が到来する台数も多くなってくるわけで・・・、かく言うおやじの相棒君も3月末で有効期限が切れることになります。前回の車検時までの走行距離はおよそ30.000キロと、まあまあの年/10.000キロペースで来ていたのだけど・・・ここのところはコロナの制約もあったことから距離が伸びず・・・、この2年では13.000...

  • 今年こそは・・・

    梅の花や、早いところでは桃の花の開花など、各地から春の便りが届きだしてきています。陽射しも一日一日と力強さを増してきて、家の中に差し込む光の角度も以前とはずいぶんと違ってくるようになりました。近平コロナの影響で、ここ2年ほど出かけられずにいた車中泊旅。今も多くの都道府県で蔓延防止措置という制約が掛けられているけど、それも3月のはじめくらいには解除されそう雰囲気になってきたので、今年は期待していいので...

  • 野田の忍者・初見良昭氏の足跡をたどる

    いま、世界で最も有名な忍者といわれる初見良昭(まさあき)氏。1931年に戸隠流忍法34代目宗家を継承、さらにその後、他の古武道8流派も継承した師は九流派を統合し1970年代に千葉県野田市で武神館を起こし、現在も武神館武道宗家として後進の指導にあたられておられます。そんな初見氏の足跡をたどる特別展が、地元の郷土館で開催されていますので出かけてみました。あいにくと撮影の方は禁止となっていましたのでお見せできる忍...

  • 北海道雪見旅 8日目ー➃函館の散策も終了、北海道雪見旅も終了・・・

    なぜ函館にペリーの来航記念碑が???ペリーがやってきたのは浦賀だけだと思っていたので、帰ってきてググってみたら・・・開国のために浦賀にやってきたのが1853年・・・そのときの日米和親条約の締結で開港地に選定されたのが箱館(現在の函館)ということで、その状況を検分するため、翌年の1854年に浦賀同様5隻の黒船を率いてやってきたのだとか・・・箱館開港後に設けられたアメリカ領事館が、今のペリー像が建ってるあたり...

  • 北海道雪見旅 8日目ー➂八幡坂から旧函館区公会堂へ

    日本一古いというコンクリート電柱を眺めて、市電通りを歩きながら山の手地区にやってきました。このあたり・・・、函館山の山すそということから坂道の醸し出す風景も函館名所の一つとなっているところ・・・教会の尖塔や洋風の建物などが並ぶ坂道は、異国情緒を感じさせてくれますよね。そんな坂道の一つが、この大三坂。上から見下ろすには八幡坂なんだろうけど、下から上がって行くのに情緒を感じられるのは大三坂が一番!(と...

  • 北海道雪見旅 8日目ー②開港通りからベイエリアへ

    駅前の朝市広場から、開港通りへ入り・・・南西方向の山の手へと歩いて行きますと・・・やがて見えてくるのは、いかにも歴史がありそうな赤レンガの建物。建物に絡みついているのは蔦でしょうか・・・見上げれば、その窓辺には1羽の鳩が日向ぼっこ???建物には明治館の看板がかかっているけど、もともとは函館の郵便局だったようです。やがて・・・金森倉庫群が見えてきたところでトイレ借用と・・・数々のお店がならぶ倉庫内へ...

  • 北海道雪見旅 8日目ー①昼飯のあたりをつけて函館散策へ

    2021年12月22日(水)北海道雪見旅の最終日・・・念願だった北海道の雪景色を楽しむ旅も、今日で終わりです。とりあえず、夕方の新幹線までは函館の町歩きの予定なんだけど、そんなに朝早くから行動する必要も無しということで、ホテルの無料コーヒーをいただきながらロビーで新聞を広げたり部屋で寛いだり・・・10時過ぎ・・・北海道に到着した時にもお世話になったリソルを出て・・・駅のコインロッカーにザックを預けた後、昼飯...

  • 北海道雪見旅 7日目ー⑥函館埠頭のイルミネーション

    長万部駅を16時15分に出発して、函館駅に着いたのは19時20分でした。函館本線も森駅を通過すると、時によっては鹿部方面へと大きく迂回するときがあります。たぶん、通勤・通学用に利用してもらうためのものなのでしょうが、今回乗り合わせた列車がそれだったんです。でも・・・乗り降りする方は、わざわざ迂回してきている割には本当に少なかったですね。そのようなことから、今年春のダイヤ改正で廃止される駅があるのだとか・・...

  • 北海道雪見旅 7日目ー⑤長万部温泉でザブン! 一休みです

    倶知安駅で慌ただしく乗り継いだ長万部行きの列車。小樽では30分ほどの遅れで出発していたけれど、長万部駅にはほぼ定刻通りの14時10分過ぎに到着してました。このへんが、途中の乗り換え時間をたっぷりととって運行ダイヤを設定している良さなんでしょうね。14時過ぎになってるけど、まだ昼飯を食べてないんですよ・・・で、駅前の蕎麦屋に入って・・・、盛りそばが好みなんだけど今日のところは温かいタヌキそばでしようね。遅い...

  • 北海道雪見旅 7日目ー➃倶知安から長万部へ

    小樽駅で30分ほど遅れて出発したこともあり、倶知安駅では慌ただしい乗り換えになってます。予定していたタイムスケジュールは12時12分の倶知安到着、そして出発は12時35分と20分ほどの乗り換え時間があったのでおにぎりの昼飯くらいはと考えていたけど、買いに行く時間もなくの出発となってしまっていました。そして、楽しみにしてきた羊蹄山の眺めなんですが、倶知安を過ぎてくるとご覧のように雪が舞っていてフロントガラスに雫...

  • 北海道雪見旅 7日目ー➂小樽から倶知安へ

    接続列車の待ち合わせということで、小樽駅を30分ほど遅れて出発。これから先は、ひたすら乗車距離を稼いで函館を目指すのみ・・・お天気も良いことで、車窓からの眺めも存分に楽しめそう・・・(^.^)ここは踏切の場所???遮断器が設置されてない踏切だと、今日みたいに晴れてればいいけど雪が降る中でその場所を知らない者は安全確認をしないで横切っちゃうかも・・・念願の雪景色! 車窓からの眺めてるだけでも楽しいです。し...

  • 北海道雪見旅 7日目ー②ふたたびの小樽運河

    小樽に到着して・・・次の乗り換えまでの時間が1時間ほどあることだしと、気持ちよく晴れ渡った小樽の町を再びの散策です。小樽運河のクルーズ船の発着場を過ぎて・・・小樽港の、埠頭までやってきました。吹き抜ける風は冷たいけど、とにかく気持ちの良い青空です。埠頭に連なる物流倉庫と、奥に接岸しているのは漁船か貨物船か・・・いつも北海道にやってくるには、新潟からのフェリーで小樽まで運んでもらっていました。その埠...

  • 北海道雪見旅 7日目ー①札幌から小樽へ

    2021年12月21日(火)旅に出て一週間・・・北海道に入って5日目、札幌で迎えた朝は快晴の素晴らしいお天気になっています。いつものようにコンビニで調達した朝食を済ませて宿を出発し、札幌駅へとやってきました。構内にいるタカトシに別れを告げて・・・改札を抜け、ホームへと向かいます。え~と・・・、9時12分発のエアポートは・・・2番線からの発車ですね。気持ちの良いお天気なので、列車も空いていたことから特等席に陣取ら...

  • 北海道雪見旅 6日目ー⑦小樽運河のイルミネーション

    小樽の観光プラザで暖を取らせてもらっているうちに、外は少し夕方の装いを呈してきたようです。観光プラザから外に出て・・・電飾が施された運河クルーズ船が並ぶ一角から歩き始めます。とはいうものの・・・、まだまだ明るいですし、倉庫群を眺めるならこっち側からだけどイルミの眺めだとイマイチですね。ということで、200メートルほど歩き観光案内所がある浅草橋を目指します。浅草橋の上から眺めれば、街の灯りも見えてまず...

  • 北海道雪見旅 6日目ー⑥小樽プラザのガラス細工

    小樽運河のところにやってきて・・・ライトアップには時間が早いし、外で待つには寒いということで観光プラザで暖を取らせてもらうことにしました。駅舎内にも飾ってあったように、小樽と言えばオルゴールとガラス細工の町。プラザ内にもいろんなガラス細工が飾られていて、一見 水槽の中を泳ぐ金魚みたいなものや・・・見事なシャンパングラスのタワーが建てられてもいました。これは色彩の変化も楽しめるようになっていて、下部...

  • 北海道雪見旅 6日目ー⑤三角市場で丼ぶりの当たりをつけて小樽の街並み散策へ

    小樽の駅舎を出たのは、小学生が下校時間となるころ・・・雪国では冬休みが長いと聞いていますが、大きな荷物を持っての下校だから今日あたりが終業式だったのかな。そんな小学生を見送り、三角市場の場内へ・・・海産物もたくさん並んでいるけど、それらは八食センターで手配済みだから今日は丼ぶりだけってことで・・・坂道を下りながら、品定めです。食べたい丼ぶりはいくつかあったのだけど、市場ということから営業時間の問題...

  • 北海道雪見旅 6日目ー➃石原裕次郎ホームの小樽駅

    北大構内の散策を終えて、札幌駅に戻ってきました。明日は小樽経由の函館本線に乗車することになるのだけど、小樽で途中下車して街並み散策を楽しむ時間的な余裕はないので、今日のうちの散策と小樽のドンブリを楽しんでおこうかなと・・・適当な時間の列車に乗って、小樽を目指します。小樽までは、エアポートに乗っちゃえば札幌からは30分ほど・・・普通列車でも45分ほどですから、密を避けるためにもエアポートの利用はやめて、...

  • 北海道雪見旅 6日目ー➂北海道大学構内散策

    赤レンガ造りの旧北海道庁・・・そこから北海道大学植物園の通りを進み、清華亭に立ち寄り北大の近くへとやってきました。北8西7の交差点のところで立ち止まり、ちょっと思案中・・・なぜかって?それは、もうちょっと歩けば北大の正門入り口があるのだけど、いま目の前には生協会館のところの門が開いてるんですよ。だから、ここから入ればすぐに北大の構内・・・礼をわきまえれば正門入り口からってことになるんだろうけど、今日...

  • 特養に入所できました。

    姉が自宅に戻ることができなくなってから、はや半年以上・・・骨折による退院後に、ひとまず入所したのはショートステーの施設でした。たまたま空きがあったから何とかここまで入所できていたのだけど、老健施設となればいつ退去させられることになるかも分からないということで気が気でなく、特養の施設に申し込みをしたのが11月のことでした。申し込み時に、入所者としての健康診断書は提出してあったのだけど・・・あれから2ヶ...

  • 北海道雪見旅 6日目ー②雪の北大植物園

    赤レンガ造りの旧北海道庁から、現在の北海道庁に廻りますと・・・そこのロビーには大きな壁面彫刻が掲げられてました。蝦夷地と言われた1800年代の初めから、明治2(1869)年に開拓使時代を経て1900年の初めころにかけての歴史を刻んだものなんだとか・・・そこには・・・、蝦夷地を探査し、それまで蝦夷地と言われていたものを「北加伊道」という名前を考案したという松浦武四郎がいたり・・・こっちは、開拓時代の様子が描かれ...

  • 北海道雪見旅 6日目ー①雪の札幌散策・赤レンガの旧北海道庁

    2021年12月20日(月)旅に出て6日目・・・北海道に入って4日目の朝を迎えてます。朝飯の調達は、いつも一番近くのコンビニを利用してるのだけど、今日は珍しくセコマが一番近い・・・久しぶりにホットシェフの温かなおにぎりが食べられるかなと期待して行ってみたのだけど、ビルの谷間のお店だとそういう設備を取り入れるのは無理だったのか普通のお店でした。なんといっても、セコマは100均の総菜が豊富・・・そんななかで、今日は...

  • 北海道雪見旅 5日目ー➃大通公園のイルミネーション

    部屋に入り・・・一息入れたところで、大通公園のイルミを楽しませてもらおうと出発です。宿を出て200メートルほど・・・、大通りの手前で時計台に到着しました。がっかりスポットの一つと言われてる時計台なんだけど、ライトアップがなされ他の建物が見えなく夜空に浮かび上がる感じだとまぁまぁですね。さらに時計台の交差点から100メートルほど歩き、大通公園に到着。混雑していたらスルーしようかとも思っていたのだけど、11月...

  • 北海道雪見旅 5日目ー➂旭川から札幌へ

    念願だった雪の美瑛の丘をながめて、旭川の市街地に戻ってきました。レンタカーは12時間契約なのでまだまだ使用できるのだけど、今日の宿は札幌にとってあるので旭川を16時台には発ちたいところなんですが・・・その前に洗濯物を片付けないといけないということで、レンタカーの返却に都合の良さそうなコインランドリーを検索。何か所かヒットしたけど、なんとなく道の駅・旭川の近くが良さそうってことで、そこでチャチャッと済ま...

  • 北海道雪見旅 5日目ー②白髭の滝・不動滝、そして青い池へ・・・

    念願だった雪の丘を堪能し・・・ここまで来たならと、次に向かったのは十勝岳の麓に広がる白金地区。美瑛の市街地では雪の量も大したことないなと思っていたけど、白金ビルケの道の駅が近づいてくるころには木々に被る雪の量もかなり多くなってきてました。何十年ぶりかの雪道ドライブ・・・、レンタカーを借りて乗り出した時には若干の緊張もあったけど、ここまで走ってくると車にも慣れ実に楽しいドライブでした(^.^)トイレ休憩...

  • 北海道雪見旅 5日目ー①美瑛の雪原

    2021年12月19日(日)北海道の雪見旅、5日目の朝は旭川で迎えています。雪の季節に北海道にやってきた一番の目的は、美瑛の丘の雪原を眺めることで今日がその日・・・ということでレンタカーを調達し、237号を走って丘陵地帯にやってきました。お天気の方はというと・・・、青空が広がり太陽が顔を出すこともあるけど曇り空と言ったところなので雪原を眺める目にも優しそう・・・サングラスなど用意してないからこういう天気の方が...

  • 北海道雪見旅 4日目ー⑥旭川のイルミネーション

    旭川の宿に入り・・・冷えた身体を温めるためにと最初にとった行動はバスタブに湯を張ること。 で・・・5分後にはザブンとして、思わず漏れるため息!  「はぁ~・・・」 なんていい気持ちなんでしょ(^.^) おかげさまで生気を取り戻しました。湯上り後、水分補給しながら身体を”常温状態”に戻して・・・雪が積もる道路を歩いて、夕食を摂りに出かけます。こういうところを歩いていて楽しいのは、歩くたびに”ぎゅっぎゅっ”と音...

  • 北海道雪見旅 4日目ー⑤雪深くなりつつ・・・旭川

    本日、最後の列車は岩見沢を14時3分に出発します。この先・・・、旭川までの沿線にはブロ友のたびいくひとさん『何処まで行くの 夫婦癒し旅』がお住まいになっているのでお会いしたいところでもあるけど、コロナ禍の今はやめておいたほうが無難ですね。これからも、お互いに元気で旅していれば何処かでお会いできるはず・・・、その日を楽しみにして今日は通過することにしましょう。列車に乗り込み窓の外を見やれば、ここまでも...

  • 北海道雪見旅 4日目ー➃ほんじつ最後の乗り換えは岩見沢駅で・・・

    8分ほど遅れて到着した列車に乗り込み、白石駅を12時55分くらいに出発です。早めに”遅れ”のアナウンスをしてくれてたら、白石駅での待ち時間が30分くらいあったので駅周辺も歩けたはずなのに残念でしたが、それはまた別のときにでもと・・・ガラ空きの車内に乗り込み特等席を確保です。視界良好とはいかないけど・・・、対向してくる列車が雪煙をあげてる様子もわかるから、これだけ見えてりゃ十分でしょ(^.^)停車してる駅のホーム...

  • 北海道雪見旅 4日目ー➂苫小牧から乗り込んだ列車の窓には、驚きの・・・

    噴火湾に沿って走ってきた室蘭本線・・・苫小牧駅に到着したところで、旭川に向か合うおやじはここで千歳線に乗り換えることになります。乗り込む列車は11時16分発のほしみ行き。階段を下りて行くときにその列車が見えていて、ずいぶんと雪をまとっているなと思っていたのだけど・・・乗り込んでみて何気なく外に眼をやったら、・・・、 ビックリ驚き山椒の木って! (古すぎますか??・)窓ガラスに氷が貼りついてるんですよお...

ブログリーダー」を活用して、還暦おやじさんをフォローしませんか?

ハンドル名
還暦おやじさん
ブログタイトル
還暦おやじの漫遊記
フォロー
還暦おやじの漫遊記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用