searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

いしちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
医師の気持ち
ブログURL
http://ishitan.seesaa.net/
ブログ紹介文
医師の気持ち、想い、年収、マッチング、離婚、資格、逮捕、結婚、バイト、検索、医局のことなど。
更新頻度(1年)

360回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2014/12/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、いしちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
いしちゃんさん
ブログタイトル
医師の気持ち
更新頻度
360回 / 365日(平均6.9回/週)
フォロー
医師の気持ち

いしちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • sars-cov-2 変異株 原因

    SARS-CoV-2を始めとするコロナウイルスは nsp14という校正機能を発揮する タンパク質を持つことから、 変異の速度が遅いとされています。 このためSARS-CoV-2については 変異株は少ないだろうと予測され 当初は集団免疫による制圧が期待されていました。 しかし当初の予測からは大きく外れて 沢山の変異株が報告されるようになり、 集団免疫による制圧は難しいと 楽観的な見方は取り下げられました。 何故こん…

  • COVID-19 ヘパリン

    COVID-19にヘパリンは有効なのか? 国際多施設研究グループから RCTがNEJMに発表されました。 COVID-19と血栓症、炎症の関係性は 以前から指摘されていましたが、 抗凝固療法は重症患者において 必ずしも予後を改善しないという観察研究があり Ann Intern Med . 2021 May;174(5):622-632. ヘパリンを使うかどうかは悩ましい状況でした。 今回はCOVID-19入院患者における 抗凝固治療の効果についての 国際多施設…

  • うっ滞性症候群

    うっ滞性症候群は下肢の静脈鬱滞により 静脈圧上昇が上昇して以下のような 障害をきたす疾患です。 静脈瘤 皮膚障害  皮膚炎(うっ滞性皮膚炎)  紫斑  色素沈着  白色萎縮  下腿潰瘍  脂肪織炎(うっ滞性脂肪織炎)  皮膚硬化 下腿浮腫 下肢倦怠感 循環が滞るだけで潰瘍になるとか 結構凄いですよね。。。 研修医くんが驚いていました。 治療としては下肢の安静、挙上、 圧迫療法(弾性ストッ…

  • 腸間膜脂肪織炎

    腸間膜脂肪織炎はたまーに CTを撮像されて指摘される疾患です。 1960年に初めて報告された病気ですが、 Ann Surg . 1960 May;151(5):659-68. 現在でも原因はよく分かっていないようです。 先日そんな患者さんにお会いして 少し調べてみました。 ■症状 腹痛 腹部腫瘤 発熱 嘔気嘔吐 排便異常 腹部膨満 部位  小腸間膜に限局する:欧米で多い  大腸間膜:日本では多い   特にS状結腸に好発する …

  • 脊髄損傷 糖尿病

    脊髄損傷についての講義を 受ける機会がありました。 救急で頭部外傷と思っていたら 脊髄損傷だったということもあります。 ある程度知っておく必要があると 改めて思いました。 特に今回の講義で最も驚いたのは 入院時の高血糖が予後不良因子だということでした。 Sci Transl Med . 2014 Oct 1;6(256):256ra137. 機序としてはミクログリアが 高血糖の時にNF-κBが活性化して TNFが産生されて脊髄損傷が進むそ…

  • 薬がない

    薬がないよね、最近。。。 いしたん界隈では確かに色々な薬が どんどん供給停止などに陥っています。 例えばエディロールとかペルサンチンとか 困ったなーと思っていたところ、 リマチル錠とアザルフィジンEN錠も 供給制限のお知らせが来ました。 病院によっては処方停止になることも あり得そうですよねー。 薬が出せない病院なんだったら 病気になっても行きたくないなーと思うのは 当然かもしれません。 …

  • ホジキンリンパ腫 免疫チェックポイント阻害薬

    ホジキンリンパ腫に対する 免疫チェックポイント阻害薬は 素晴らしい効果を上げています。 何故そんなに効くのか? 古典的ホジキンリンパ腫では (Classical Hodgkin lymphoma、CHL) 9p24.1がDNAレベルでコピー数が 増加していることが明らかになりました。 Blood . 2010 Oct 28;116(17):3268-77. 実際にFISHで評価できます。 J Clin Oncol . 2016 Aug 10;34(23):2690-7. このコピー数は予後予測に使えるこ…

  • ホジキンリンパ腫

    ホジキンリンパ腫は昔は ホジキン病と言われた疾患です。 単核のHodgkin細胞と 多核のReed-Sternberg細胞が特徴です。 リードスタンバーグ細胞を調べてみると クローナルなIg配列を有することがわかったので B細胞由来であると結論されました。 このため1999年にホジキンリンパ腫と改名されました。 RS細胞はIgV配列に体細胞突然変異あり、 Germinal center由来であると考えられています。 IgV配列がnon-functio…

  • 一人遊び 大人

    一人遊び 大人 よろしければ応援クリックお願いします! にほんブログ村

  • 医者 リタイア

    医者のリタイアについて研修医くん達が 激論を交わしていました。笑 きっかけは沢山の病院を渡り歩いて 全く診断がつかないと言われ続け、 ようやく当院に紹介となった方だったようです。 80歳代の方でうちにやってきた時には 既に手指壊疽や足趾壊疽が多発していました。 おそらく四肢切断術は不可避な状況でした。 で、これまで一生懸命生きてきて 医師が不甲斐ないばかりにこんなことになって とっても可哀想…

  • ゼロリスク

    ゼロリスクって中々大変です。 正常な判断ができなくなってしまいます。 ある患者さんは新型コロナウイルス感染症の ワクチンについて副反応があると言い 打たないという方でした。 そんな方が腱板断裂を発症して 手術をすることが適切だと判断されました。 専門医から手術の妥当性などを説明されたようですが、 その患者さんはこう仰ったようです。 「手術を受ければ二度と切れることはないんですね?  手術は…

  • 上司 矛盾だらけ

    上司が矛盾だらけでイライラします。 研修医くんもレジデントくんも それ以降でもいつでも対処が必要な問題です。 例えば先日いしたんに降りかかったのは 夏休みについてです。 医師の働き方改革のために夏休みの取得は必須です。 夏休みの希望日を出すことになった時期は 新型コロナウイルス感染症の 第四波の真っ只中でどうなるか分からず とにかく最後の方に取ることにしました。 そういう指示があったからで…

  • 病院機能評価

    病院機能評価について色々な情報が 末端まで降りてきました。 カルテレビューとそれに対応するための 様々なテンプレートの準備とか 略語の選定とか同意書類の整備とか 結構大変そうだなーという印象でした。 さらにケアプロセスについての調査が 非常に大変なのだそうです。 めちゃくちゃ厳しい質問が 五月雨の如く降ってくる中で 決してめげずに前向きに答え続けることが必要で、 実際に他院で経験したことの…

  • 有機溶剤

    有機溶剤は脂溶性、揮発性といった特徴を持ち、 薄める、洗う、乾くといった具合で使われます。 いわゆる水の油バージョンという 理解でいいと思います。 というわけで様々な職場で使われています。 逆に有機溶剤中毒はどこでも 起こりえるということです。 臨床にいると馴染みがないかもしれませんが、 有機溶剤の種類くらいは知っておきましょう。 以下、一覧を作ってみました。 芳香族炭化水素(燃える)  …

  • 交通事故

    交通事故の患者さんが運ばれてきます! 「OK。ではどこを評価しましょうか?」 。。。うーむ。。。バイタルでしょうか? そんなやりとりが先日の救急ありました。 バイタルから入るのは間違いはないんですけどね。笑 機序は色々とありますので 頭の中を整理しておくと良いと思います。 ●衝突される 1次:バンパーに衝突  下から20–30 cmの下腿のMesserer骨折 2次  ボンネットなら下から50–60 cmの大腿…

  • トルソー症候群

    よろしければ応援クリックお願いします! にほんブログ村

  • 退院促進

    よろしければ応援クリックお願いします! にほんブログ村

  • 研修医 夏休み

    研修医くんにももちろん夏休みがあります。 例年であれば旅行などに行くのでしょうが、 昨年からコロナのために なかなか思いっきり楽しむ時間という感じには なっていないのかなーと上から見ていて思います。 そんな中、、、 「9月のローテートの時に夏休みをいただきたいです。  それから有給も取らせていただきます。」 そんな研修医くんがやってきました。 お、おうよ。で、どれくらい休みになるの? …

  • 医師 お休み

    医師をしっかりとお休みしました。笑 久々に集中治療中の患者がいなくなり、 病棟が安定していることから この2日間はゆっくりと休ませていただきました。 しっかり寝ようと思ったら 12時間眠ったのにその日はちょっと食べると また眠たくなってお昼寝も二回しました。 それでも夜はまた眠くなるということで まさに泥のように眠りました。 これが2日間続くのだからやばいもんです。 その反動で逆に今ちょっと…

  • 酸素

    酸素

  • 放射線 健康影響

    放射線の健康影響について 環境省にまとめてくれている ポータルサイトがありました。 http://www.env.go.jp/chemi/rhm/portal/ 基礎資料などもみられますし なかなか良さそうなサイトではあるのですが、、、 このプロジェクトの名前が気になります。笑 ぐぐるって検索エンジンの響きそのまま!笑 処理水の海洋放出などで患者さんから 健康被害はないのかなど質問されるので 「ここ見ておいて下さい!」の …

  • 神経皮膚症候群

    神経皮膚症候群とは神経の症状と 皮膚症状が出現する症候群のことです。 発生を考えると神経系も皮膚も 同じ外胚葉に由来するので そんな症候群もあって良いよねと理解できます。 様々な疾患が神経皮膚症候群に含まれます。 以下に代表的な疾患を並べます。 結節性硬化症 神経線維腫症1型、2型 フォンヒッペルリンドウ病 基底細胞母斑症候群 遺伝性出血性毛細血管拡張症 カウデン病 ポイツジェガース症候群 …

  • IgG4関連呼吸器疾患

    IgG4関連呼吸器疾患は IgG4関連疾患の肺病変のことです。 多くは無症状ですが咳喘息のような 症状を呈することもあります。 リンパ路(気管支や血管周囲、小葉間、胸膜など)沿いに リンパ球、形質細胞(IgG4陽性)の浸潤が起こり、 活動性線維化、肉芽性変化を呈する病態です。 形態的には気管支血管束肥厚と 腫瘤性病変が典型的ですが、 間質性肺炎のような病態については そもそも見解の一致を見ていないよう…

  • 腫瘍 とは

    腫瘍とはどういった病気でしょうか? 癌とは違うのでしょうか? 患者さんに病状を説明しているときに そんな質問が飛んできました。 研修医くんは何とか説明していましたが ちょっとイマイチだったかもしれません。笑 ということで定義をもう一度見直してみましょう。 腫瘍とは体細胞が自律的(無秩序、無目的)に 過剰増殖して出来た組織のことです。 腫瘍は様々な基準で分類されます。 まずは生物学的分類で…

  • 新型コロナウイルス感染症 職場

    新型コロナウイルス感染症がついに うちの職場でも出てしまいました。。。 SARS-CoV-2ワクチンを接種しても 罹患するんですね。。。 職場の対応が強化されました。 つまり少し自由がなくなり また体温などのモニタリングが 必須になってきました。 皆さんもくれぐれもご注意ください。 よろしければ応援クリックお願いします!

  • 症状チェッカー

    症状チェッカーを使ったから 私は成人スチル病だと思うんです。 だからフェリチンを測って欲しいんです。 マジか!! インターネットで情報を調べて 自分の病名を予測して受診してくる方は 次第に増えてきてはいましたが、 ついにAIを使ったサービスも来ましたね。 で、色々と精査して結局その患者さんは 本当にAOSDだったのでした。 メドレーとかmedicoや専門病院のホームページなど 沢山の症状チェッカーが…

  • 新型コロナウイルスワクチン 期間

    新型コロナウイルスワクチンの 問診や接種をやっていると 多くの患者さんに出逢います。 様々な質問を受けることがあります。 ということで忘備録も兼ねて色々書いていきます。 まず期間についてです。 モデルナなのに21日間で やってきた方がいました。 厚労省のホームページにも 2回目は最短で21日後と記載がありました。 ということで2…

  • 入院制限

    入院制限をお願いします。 いよいよ来ました! コロナの急増に対して病院側から 各診療科へ人員派遣の依頼とともに その他の疾患への入院制限の通知が来ました。 有限な人員やベッド数をどう配分するのかは とても重要な問題ですが、 予定されていた入院を延期するなど 調整がとても大変です。。。 呼吸器科の友人の話によると そもそも病院への外来の紹介の枠も かなり制限がかかったみたいです。 よろし…

  • 総合内科専門医

    総合内科専門医が遠いっす。。。 資格認定試験がまたもやなくなるなんて。。。 昨年も無くなって、今年も無くなって、 いったい俺はいつ専門医になれるんだ〜!! フェローの先生が叫んでいました。笑 確か昨年は大阪で行われるということで 受験を希望していたママさんドクターは 今やすっかりお子さんが大きくなって 今度は下の子を孕っているので もう勉強できませんと受験を諦めたようでした。 一方でこん…

  • メサンギウム増殖性腎炎

    よろしければ応援クリックお願いします! にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用