住所
出身
ハンドル名
絵入り随筆 エッセィ・つぶやきさん
ブログタイトル
絵入り随筆 エッセィ・つぶやき
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yuuyuutakemura
ブログ紹介文
自作の油絵・水彩画、デジタル写真等を入れて、季節の移ろい、雑感などを書いていきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

137回 / 147日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2014/12/19

絵入り随筆 エッセィ・つぶやきさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 全参加数
総合ランキング(IN) 47,664位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,058サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 10 0 10 20 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,222位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,641サイト
海外旅行 130位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,570サイト
小説ブログ 560位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,304サイト
エッセイ・随筆 49位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 749サイト
美術ブログ 618位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,361サイト
油彩画 14位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 263サイト
今日 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,947位 58,593位 58,572位 58,726位 68,667位 68,752位 68,750位 961,058サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 10 0 10 20 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,413位 2,265位 2,236位 2,236位 2,753位 2,766位 2,766位 42,641サイト
海外旅行 139位 124位 124位 127位 150位 154位 152位 3,570サイト
小説ブログ 843位 805位 805位 805位 894位 895位 903位 12,304サイト
エッセイ・随筆 63位 62位 63位 64位 66位 67位 69位 749サイト
美術ブログ 1,018位 955位 957位 957位 1,067位 1,058位 1,046位 8,361サイト
油彩画 37位 35位 36位 38位 40位 37位 35位 263サイト
今日 05/23 05/22 05/21 05/20 05/19 05/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961,058サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 10 0 10 20 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42,641サイト
海外旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,570サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,304サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 749サイト
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,361サイト
油彩画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 263サイト

絵入り随筆 エッセィ・つぶやきさんのブログ記事

  • 昼食のあとは田代沼へ

    昼食のあとは田代沼へ

  • 河童橋から帝国ホテルに戻って

    お昼は帝国ホテルに戻ってカレーライスのランチでした。トッピングに野菜サラダをオーダーしました。下界のそこそこのレストランならコース料理が食べられる位のお値段になります。しかし此所は上高地ですから選び抜かれた素材で作るカレーが少々お高いのは仕方有りません。添えてある福神漬けや辣韮漬けも本物でした。河童橋から帝国ホテルに戻って

  • 上高地に咲く花

    上高地には環境にあった様々な花が咲きますが、この看板に載っているのはその一部だと思います。目立つ綺麗な花が選ばれているようです。今年は昨年より一週間早く訪問したのですが、昨年は彼方此方でびっしり咲いていたニリンソウが今年は何処にも見かけなかったのです。花が咲く時期は年によって多少のズレはあると思いますが今年はニリンソウにとって何が起こったのか心配になります。来年はまた出会えますように!上高地に咲く花

  • ウエストン碑

    ウエストンは上高地を発見し日本人に上高地の快適さを広めた功績者です。それ以前には、日本人は登山をスポーツや娯楽として捉える習慣は無く山は信仰の対象で有り修行の場でした。日光中禅寺湖に別荘を構えたのも外国の大使館でした。ウエストン碑

  • ウエストン碑

    ウエストンは上高地を発見し日本人に上高地の快適さを広めた功績者です。それ以前には、日本人は登山をスポーツや娯楽として捉える習慣は無く山は信仰の対象で有り修行の場でした。日光中禅寺湖に別荘を構えたのも外国の大使館でした。ウエストン碑

  • 上高地の湿地には

    上高地は大正池から徳沢辺りまで高低差があまりないので山が迫っている場所でないところが湿地になっていたりします。湿地は沢山見かけますが蛙がいたのは個々だけでした。ガマガエルの親戚みたいな格好でした。3組がペアになっていて一人ものも何体かいました。繁殖期なのでしょう、ケロケロ鳴いていて騒がしいです。上高地の湿地には

  • 河童橋が見えました。

    朝5時に家を出て、昼前に河童橋までたどり着きました。埼玉から東京、山梨を通って長野の山奥まで半日で着くのですから不思議な思いがします。江戸時代に葛飾北斎が江戸から長野県の北部に位置する小布施まで何回も往復して居ます。自分の足でしかも80を過ぎてからの旅ですから驚きの健脚です。私も80台ですが高速道路と車という助っ人が居ての話しで北斎とは大分条件が違います。河童橋が見えました。

  • 田代橋を渡って

    田代橋を渡って梓川を河童橋巳向かって遡ると梓川左岸にこの山並みが見えてきます。穂高連峰や焼岳より目立たない存在ですがよく見るとなかなか見応えがある山です。私はこの山に若い頃登ったことがあります。六百山と霞沢岳です。登る人も少ない山ですが登山道はしっかり整備されています。田代橋を渡って

  • 上高地のお猿さん

    上高地のお猿さんは人をあまり恐れ無いようです。木道の上を堂々と歩いたり、私とすれ違っても挨拶はしてくれませんが平気な顔をして通り過ぎていきました。5匹の猿と遭遇しましたがみんなまるまると太っていて顔色も良いです。これも望遠で撮っているのではありません。目を合わせてはいけないという注意書きがありましたが、カメラのレンズは気にならないようです。ドンドン私に近づいてきて、目の前50cmの所を通り過ぎていきました。物静かで何処かの大国の観光客より静かでお行儀も良かったです。上高地のお猿さん

  • 穂高連峰が見えてきました。

    薄曇りの天候ですが山は綺麗に見えています。去年は雨の中の山行でしたので穂高は裾野さえ見えませんでした。素晴らしい景色と清廉な空気の中を歩くのは気持ちいいです。梓川は河童橋から徳沢まで遡っても標高差は10mだか30mだか、兎に角殆ど高低差はないのですが、道はかなりアップダウンします。山に来た気分を味あわせてあげようという公園当局のご配慮なのでしょうか?穂高連峰が見えてきました。

  • 上高地帝国ホテルへ到着

    ホテルに着いたのは午前10時頃でした。朝5時半に家を出て、中央高速経由をひた走りバスに乗り換えて4時間半で着いたのです。未だチェックインは出来ないので荷物を預けて河童橋まで散策することにしました。穂高連峰が綺麗に見えています。雪解け水で梓川の水量も多いです。蕗の薹が蕾を持ち上げています。河童橋が見えてきました。大型連休の後だから人では幾分少ないようです。半分は中国人のようです。台湾の人もいるのでしょうが私には判別できません。程良く残雪があって初夏の雰囲気です。上高地帝国ホテルへ到着

  • 上高地へ出掛けました。

    上高地へ行くには釜トンネルから先へはマイカーは入れないので手前の沢渡の駐車場へ車を置いてバスかタクシーで行かねばなりません。市営の駐車場が何カ所も有り一泊600円で預かってくれます。バスは片道1250円位でした。往復だと割引になりますが帰りも乗るとは限らなあいから片道切符にしました。道の脇には未だ雪が残っています。林の中にも残雪があります。バスのドライバーは女性でした。この狭い道をかなりの速度で運転していきます。上高地へ出掛けました。

  • 沢崎慎太郎さんが主宰する能楽の発表会 2

    能のお稽古も女性の方が多数を占めているそうです。始めて1年の方も能で履く袴を着けています。お金に不自由しない方々のようです。私もお稽古をして居ますが舞台に立つ勇気もありませんが能用の紋付・袴を揃える財力もありませんから、この方々のお仲間入りはできません。沢崎さんの話では、どちらかというと謡より仕舞をやりたい希望者が多いそうです。沢崎慎太郎さんが主宰する能楽の発表会2

  • 沢崎慎太郎さんが主宰する能楽の発表会

    沢崎慎太郎さんが主宰する能楽の発表会が豊島区北大塚の「千曲舞台」で行われました。沢崎さんは中学の同級生で葛飾区の謡曲連盟の重鎮です。会でサブを勤めている菅谷さんは私の勤務していた時の職場の後輩です。独吟で高砂を吟じているのが菅谷さんです。プログラムには無い、会長が指示した特別演目でした。(続く)沢崎慎太郎さんが主宰する能楽の発表会

  • 巴の公演が終わって

    シテの奧川師が化粧を落とし着替えをされて来られました。この後、江ノ電の混雑を避ける目的もあって、師を囲んでの夕食会に私も参加します。私の斜前の席に師はお座りになりました。いろいろとお話しが出来、楽しい時間になりました。この日は高校の同級生二人も参加してくれました。能楽拝見は初めてですが、先生にいろいろお伺いして楽しかったと後で知らせてくれました。帰路は江ノ電で鎌倉に出て戸塚で東海道線に乗り換え、上野で常磐線、北千住で東武スカイツリーライン、北越谷からはバスで帰りました。全ての乗り換えがとてもスムーズに行き、待ち時間は1分くらいと順調に行きました。鎌倉から北千住までずっとグリーンで来られました。終わりよければ全て良し、と言いますが、家を出てから帰るまで本当に全てがうまく行き、楽しく過ごせました。満ち足りた楽しい一...巴の公演が終わって

  • 鎌倉能舞台への道

    鎌倉大仏への道は混雑していましたが、能舞台へ左に曲がるともう人気はありません。少し時間が早かったので喫茶店で一休み、紅茶を注文したら、ケーキとのセットのみだというのです。お腹はくちいからケーキは欲しくなので断って店を出ようとすると、紅茶だけでも良いというます。鎌倉人気に取り入ったぼったくり商いです。この先を道なりに左に進むと鎌倉能楽堂です。まわりは住宅だけの閑静なところです。ウグイスが鳴いていました。鎌倉能舞台への道

  • 江ノ島まわりで鎌倉へ

    鎌倉は一年中混雑しているのですが、この連休中は猛烈な混雑が予想されます。そこで少し遠回りですが、代々木上原から小田急で江ノ島へ出ることにしました。予想は的中、江ノ電の江ノ島駅では鎌倉駅ではホームへの入場規制が行われていて乗車まで1時間待ちである、この後は更に混雑が増えに時間待ちもあり得るというのです。江ノ電は小型の車両でトラムより小さいし車両も時代物、その上、単線ですから混むからと言って増発もままならないローカルな電車です。そこがまた可愛い、と言う人も居るし私も同感です。江ノ電に乗る前にお昼にしました。生シラスと釜揚げシラスの二色丼です。中なか美味しいお昼です。量も多くて持て余す程でした。江ノ島まわりで鎌倉へ

  • レモンの花が咲きました。

    我が家のレモンの花はピンクです。他の柑橘類はみな白い花なのに???レモンの花が咲きました。

  • 日本ミツバチの分峰

    飼っている日本ミツバチが分峰しました。お隣の庭木に固まってとまっていてご主人が知らせに来てくれました。お許しを頂いて庭に入れて戴き捕獲しました。上の写真は新しい巣箱に捕獲した蜂を入れ、出入り口にハチマイッターを取り付けたところです。女王鉢は働き蜂よりわずかにサイズが大きいので、働き蜂は出入りできても女王蜂は通れない幅に仕切りを設けています。働き蜂は女王蜂が出すフェロモンに引きつけられるので女王蜂が巣に居ればそこに定住してくれます。蜂は巣に対するえり好みが激しいので捕獲した蜂が新しい巣が気に入らなければ出てしまうので、女王を閉じ込める必要があるのです。ハチマイッターを付けておいても逃亡することがあるので定住することを祈っています。この巣箱は古い本家の方です。本家と言ってもこの巣箱に居る女王は新しい女王バチで、以前...日本ミツバチの分峰

  • 端午の節句

    3月3日はひな祭りで女の子のお祀りですが、祝日にはなっていません。5月5日はこどもの日になっていて不公平だと思うのですが?まぁ、我が家のペットたちは、猫のタマも、九官鳥のキュウちゃんも、セキセイインコのピコも、アゴヒゲトカゲのアゴもみな男性ですから、端午の節句を祝わない訳にはいきません。そこでこのケーキの登場です。クマがカブトを被っていてユーモラスです。端午の節句

  • 亀の甲羅干し

    亀は変温動物なので体温は環境によって変化します。暖かくなるとこうして甲羅干しして体温を上げるのです。昨日は5匹上がって居ました。亀の甲羅干し

  • 蕎麦打ちの練習

    ソバ打ちの体験も5回目ですがなかなか覚えられません。蕎麦粉8、うどん粉2の割合で計量し、その日の天候に応じて水の量を量ります。これを混ぜて捏ねるのですが、加減が難しいです。これるのにも力が要り腰が痛くなります。慣れないから余計なところに力が掛かっているからです。捏ねたら伸ばしに掛かりますがこれもまた素人には大変な作業です。均等な厚さにしなければならないし、最後には四角い形の整えるのもコツが要ります。のし終わったら刻む作業になります。同じ幅に切るのもなかなか出来ません。出来映えはともかく、材料が良いのですから美味しい蕎麦になってくれます。趣味と実益を兼ねた楽しい時間です。蕎麦打ちの練習

  • 巨大椎茸の続報

    季節外れの椎茸ですが秋と季節が似ているから慌て者の椎茸は春にも顔を出します。これは別のホダギの椎茸で新聞紙と比べるとそのサイズがお分かりと思います。巨大椎茸の続報

  • 藤の房が伸びて・・・

    藤の薫りがふくよかに漂っています。読みにくいでしょうが来歴などが書かれた看板をUPします。藤の房が伸びて・・・

  • 藤が咲き始めました。

    久伊豆神社の藤はかなりの大株で千葉県野田市から移植されたのだそうです。これから未だ房の下の花が咲きますから、房はかなりの大きさになります。藤が咲き始めました。

  • 2回目のタケノコ購入

    内牧の農家に時間を約束して出向き、堀たてのタケノコを買いました。2時の約束でしたが少し早く着いたら、親父さんが竹林でタケノコを探しては掘っている最中でした。小中取り混ぜて6本で、1890円でした。2000円でおつりは良いというと、そうはいかないと言って押し問答になり、結局100円だけおつりを貰いました。その10円分で?良かったら持っていくと良い、と大きなタケノコを呉れました。4kgで1900円は高いのか安いのか分かりませんが、タケノコは鮮度が命ですからお金には換えがたい買いものです。相場は分かりませんが、掘ってから3日は経っているスーパーの値段より安いのでは無いかと思います。真っ直ぐ帰宅してガッテン流の茹で方で茹で上げました。2回目のタケノコ購入

  • カタクリとシャガ

    TVの季節便りでは彼方此方でカタクリが満開!なんて画面が出ているのに昨年植え付けたカタクリの鉢は何の変化も無かったので美味しいカタクリの球根はネズミに食われてしまったのかと諦めていましたが今頃になって小さな蕾を見つけました。カタクリというのは1年目ではこんな花しか付かないのかも知れません。来年が楽しみです。シャガは公園などではびっしり咲いている目立たない花ですが我が家では3本くらいしか無いのでそれなりに存在感があります。カタクリとシャガ

  • 白い山吹

    北越谷駅近くにある神社で見かけました。太田道灌が出先で雨に遭い近くの農家に雨具の借用を頼んだとき農科の娘さんが山吹の枝を差し出したのだそうです。道灌はその意味が分からず、後で蓑と実のを掛けた、蓑を持っていないという事だと知り、自分の教養の無さを恥じてその後、歌道にも励んだのだそうです娘さんが差し出した山吹の枝にはこの和歌を道灌が知っていることを前提にして居ました。「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだに無きぞ悲しき」道灌は和歌の素養に欠けて居たのです。白い山吹

  • アセビの花が綺麗です。

    アセビは馬が酔うと書きますが馬が酔うかどうかは確認したことはありません。昔は馬が車を引いて町を歩いていて大きな落とし物(馬糞)臣かけたりしましたが、、、馬はデリカートな動物で巻きたばこを一本食べたら死んでしまうと聞いた事がありますが煙を吸っても有害なのに一本食べれば人間だって無事に済むとは思えません。ともかく馬酔木とは風雅な名前です。アセビの花が綺麗です。

  • 日本サクラソウ

    上の質素な感じのサクラソウが日本サクラソウです。下のサクラソウは現在園芸店などで売られているサクラソウです。花の付き方が多くて豪華な感じですが、私の好みとしては原種の方が風情を感じます。今は品種改良が進んで多くの植物がより大きく花をつけたり八重咲きになったりですが最近では遺伝子を操作して大きな真鯛とかが作り出されているそうです。遺伝子を切ったりする分には突然変異と同じだからその作物は遺伝子組み換えとは違いその旨を商品に表示する必要も無いのだそうです。ウイルスや細菌などは遺伝子を組み換えなくとも耐性菌とか凶暴な性質に変化したものが出現したりします。植物や動物でも遺伝子を操作すれば凶暴な有害性を持つものが出現する可能性はあるのでは無いでしょうか?虫たちの神経を狂わせるネオニコチノイドを大量に散布することを日本のお役...日本サクラソウ