chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
そりゃおかしいぜ第三章 https://blog.goo.ne.jp/okai1179

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界の政治を問う

そりゃおかしいぜ第三章
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/12/18

1件〜100件

  • 少しは良くなりつつあるのかたった二件だけども

    閣僚を外された萩生田光一政調会長の資金管理団体「はぎうだ光一後援会」が、2012年と14年に統一教会の関連団体に会費を支出していたことが明らかになった。萩生田が代表を務める自民党東京都第24選挙区支部も15、17両年に同様の名目で6万円を支出していた。何とかというアイドルタレントの生稲晃子を、今年選挙直前にわざわざ統一教会に挨拶に連れて行っている。萩生田は落選した浪人時代には、加計学園同様に統一教会にも大変お世話なっている。統一教会の岩盤票をいただく恩恵に生稲はあずかっている。東京五輪・パラリンピックのスポンサー選定などを巡り、紳士服大手AOKIホールディングスから計5100万円を受け取ったとして、東京地検特捜部受託収賄の疑いで大会組織委員会の元電通職員の理事高橋治之を、贈賄容疑でAOKIHD前会長の青木...少しは良くなりつつあるのかたった二件だけども

  • 内閣府設置法で国葬は出来るという嘘っぱち

    国葬に関する法律、国葬令は1947年12月31日に、憲法の発布に伴い失効している。そもそも国葬は皇室行事である。戦前の国葬で首相が4名国葬されているが、それぞれ爵位を拝命しており、皇室行事に変わりない。戦後吉田茂が国葬されたことになっているが、葬儀そのものは「自民党、国民有志による国民葬」として行われ、経費の一部を国庫から支出する旨閣議決定が行われている。この時代は政治家であっても、順法精神が残っていてたといえる。現在の政治家とりわけ自民党は、安倍晋三の解釈改憲という乱暴な閣議決定を連発し、順法精神すらなくなっている。安倍派を取り込むために、ほぼ思い付きで岸田総理は”国葬”やると言ってしまった。法的な裏付けを検討した経過はなく、やっと引き出したのが、内閣府設置法の四条二八号、三三号である。内閣府設置法(所...内閣府設置法で国葬は出来るという嘘っぱち

  • 今日は政府が決めた終戦記念日であるが、終戦の日ではない

    ミズーリー号で調印するマッカーサー元帥今日8月15日は、天皇がポツダム宣言を受け入れた翌日の正午に、そのことを国民に知らせた日である。と昨年の今日書いた。8月15日に没ダム宣言を無条件で受け入れることで、中国や韓国や東南アジア諸国ではでは戦闘が終わり、戦争の終結を多くの人々は意識した。終戦の日は、9月2日のミズリー号での調印の日で、第二次世界大戦の終結した日である。この18日間のタイムラグが日本の軍属と官僚それにソビエトにとって、大変重要な期間であった。ソビエトのスターリンは不可侵条約を破棄するタイミング、日本参戦の時期を伺っていた。オホーツク海を内海にするためである。ヤルタ会談は、英、米、ソ連それに中国が加わった会談であった。ルースベルト(米)は4月に死亡し、チャーチルは7月の選挙で敗北し、蒋介石は戦時...今日は政府が決めた終戦記念日であるが、終戦の日ではない

  • 戦争をもっとシンプルに悪であり、環境破壊であると考える

    現在の日本では、高齢者より若者の方が国防費を上げるべきと思っている人が増えているとのことである。戦争が遠のくと戦争のリアリティー、現実感が遠くなるためであろう。若者たちは戦争を、ドラマやゲームの延長上にとらえているのであろう。いずれも架空のものであるが、勧善懲悪が明確である。善の側に立つことしか念頭にない。明日の8月15日は戦争が終わった日と多くの国民は信じている。8月15日はポツダム宣言受諾を翌日に発表した日でしかない。日本独自の終戦記念日である。連合国各国は、東京湾のミズリー号で降伏文書に調印した日9月2日を、対日勝戦記念日(VictoryoverJapanDay)と呼んで、第二次世界大戦の終結した日である。戦争、とりわけ近代の戦争はすべてが『自衛』のために起きている。自衛の根拠がなければ捏造してまで...戦争をもっとシンプルに悪であり、環境破壊であると考える

  • バリアー(安倍)が無くなって検察がどこまで動いてくれるかである

    安倍昭恵が安倍家から放り出されそうであるという。森友学園問題の主犯者である安倍昭恵は、家庭内では世継ぎを産まなかったことばかりではなく、義母の岸信介の長女洋子さんからすれば憤懣やりかあない。何かと事件ばかり起こし、スピリチュアルに染まったり宗教でもない預言者に心酔したり大麻推進をしたり、挙句の果てが森友事件である。嫁と安倍家を繋いでいたのが、次男のボンクラ息子の安倍晋三である。晋三が急死したおかげで、高齢ながら気骨の洋子さんが、こんな昭恵に三下り半を出すことは十分ありうる。人心掌握に長けていた安倍晋三であるが、自民党にとっては大きなバリアーとなってその下でのうのうとしていた人物は大勢いる。日本のスポーツイベントのドン、高橋治之が逮捕である。AOKIから4500万円の賄賂を受け取っていたというのであるが、実...バリアー(安倍)が無くなって検察がどこまで動いてくれるかである

  • 総裁が深く関わっていても自民党は関与を否定する

    一昨日第二次岸田内閣で閣外に出た統一教会と関係あったのが出たのが3人で入閣したのは4名で増えたと述べたが、どうやら倍増の勢いで閣僚が言訳して回っている。恥ずかしくないのか。閣僚たちが恥ずかしくないのは理由がある。新たに任命された副大臣、政務官計54人のうち、少なくとも19人が統一教(会世界平和統一家庭連合)の関連団体にパーティー券を買ってもらうなど、教団側と接点を持っていたことが明らかになったからである。但し今のところである。世界平和統一家庭連合の友好団体「天宙平和連合」が12日、ソウルで世界の平和などについて話し合う国際会議を開いた。安倍晋三を褒める追悼が行われ、アメリカのトランプ前大統領もビデオメッセージを寄せている。会場では「平和は人から与えられるものではない。勝ち取るものだ」と、本来は武力装備の増...総裁が深く関わっていても自民党は関与を否定する

  • 統一教会と関係ない人物だけは組閣などできない「国葬」隠しの組閣

    「僭越ながら継続が望ましい」と残留を希望を露わにしていた萩生田光一経産相であるが、閣外に追いやられた。「俺は骨格ではないのか」と、骨格はの残すと言った岸田総理の言葉につい出た言葉である。岸田としては統一教会と深くかかわる安倍派の幹部を外したかったのであろう。組閣に当たっては、統一教会豚関係を確認し、今後一切の関係を断つことを条件にしている。岸田は統一教会に関係していた、岸と野田と萩生田を閣外に追い出した。しかし、現時点で新閣僚で解っているだけで、寺田稔、山際大志郎、西村明宏、加藤勝信と出したのが3人で入ったのが4人と、一人増えている。個人で調べさせているので、つまりは申告制なのでもっと増えることが当然考えられる。これから副大臣や政務官を任命することになるので、どれほど統一教会と関わった人物が出てくるか見も...統一教会と関係ない人物だけは組閣などできない「国葬」隠しの組閣

  • アベノコクソーを岸信介が育てた電通が37億円で受けるのか

    政府は安倍晋三の国葬を、行政機関の執行権限の範囲の判断で行うと閣議決定した。法律がなく根拠が不明の国家行事を、こんな誤魔化しで乗り切ろうというのである。実際に安倍晋三は安保関連法案を通す下地として、集団的自衛権行使は合憲であると閣議決定している。閣議決定が憲法を超える判断をしたのである。これでは敵地攻撃だって開戦だって閣議決定で実行できることになる。これでは、政権が緊急事態法など手に入れたら何でもできることになる。憲法が権力の暴走を抑えるために存在するのであるが、安倍派閣議決定を乱発している。首相夫人は私人であるとか、セクハラ罪はないとか低劣なことまでやっているが、閣議決定とはこの程度のものでよい。現政権は安倍政権から引き継いだ、閣議決定を高邁な位置づけをも与えた。要するに閣議決定は、閣内の異論の圧殺と外...アベノコクソーを岸信介が育てた電通が37億円で受けるのか

  • 統一教会の名称変更を下村博文は支持されたのでないか

    立憲民主党の西村智奈美幹事長が、自民党の茂木敏充幹事長に対して世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐる問題で、国会に被害調査委員会の設置プランを提案した。茂木氏に調査委の設置を要請するため書面を作成し国会対策委員会を通じて渡そうとしたが、受け取りを拒否されたという。門前払いという、高飛車に出て何もしないという態度に出た。臭い物の蓋をけないというのである。自身の事務所も統一教会の被害相談を受けていたとし、て西村氏は、「たいへん残念です。国会全体としての取り組みが自民党から拒否されたのは、大きな憤りをもって報告しなければなりません」と西村氏は語り、茂木氏の政治姿勢を厳しく批判しているが、どうも手緩い。統一教会が名称変更を国に申し入れて、18年間たなざらしであった。教義が代わっていないことや、霊感商法などの不...統一教会の名称変更を下村博文は支持されたのでないか

  • 長期政権が国葬の理由なら長期政権になった理由を検証するべきである

    岸田総理は、安倍晋三の国葬理由の真っ先に挙げたのが、8年8カ月に及ぶ憲政史上最長期政権だったことを掲げた。確かに長かったが、なぜ長かったのかははっきりしている。通常の良識ある人もしくは理性を備えた人なら、とっくに責任をとって辞任するようなことが幾度も幾度もあったが、安倍晋三はそうした危機を乗り越えた。どうやって乗り越えた?森友学園問題であるが、国会で「私や妻が関係していたら、総理大臣はもとより国会議員まで辞めますよ」と息巻いたが、関係したことがはっきりしているのに、居直って辞めもしなかったが、この言葉の弁明は一言もない。どのようにして居直ったか?公文書を隠ぺいし、改ざんし、破棄して安倍昭恵に関する部分をなかったことにした。公文書を改竄した下級役人はその悪事に自責にさいなまれ自殺したが、命令した人物は出世さ...長期政権が国葬の理由なら長期政権になった理由を検証するべきである

  • 権力に入り込むためなら教義も変えるすり寄る統一教会

    これは世界平和統一家庭連合(旧統一教会)のフロント組織UPF(天宙平和連合)主催の「神統一韓国のためのTHINKTANK2022希望前進大会」に寄せられた、安倍晋三がおこなった基調講演(ビデオメッセージ)である。(文春より)「朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子総裁をはじめ、皆様に敬意を表します」と、褒め称えるものである。今年4月山上達也はこのビデオメッセージみて、「安倍晋三を殺すしかない」と決意を固めたと供述している。安倍晋三は広告塔の域を脱した存在であることが判る。安倍晋三としては大した深い思慮もなく、統一教会を日本に招き入れた祖父岸信介からの関係を踏襲したのだろう。統一教会は日本に限らず、アメリカなど世界各国の政権中枢に巧みに入り込む。その際には主義主張など、自称宗教団体でありながら簡単...権力に入り込むためなら教義も変えるすり寄る統一教会

  • わざわざ中国を挑発しし行ったとしか思えないペロシの訪台

    中国が怒り狂うとわかっていながら台湾に行ったアメリカのペロシ下院議長である。夜中について一泊してみただけである。二期目はないだろう民主党バイデンのため、中間選挙を有利にするためとされるが、中国の怒り具合の測定のためといえる行為である。背景にはロシアのウクライナ侵略がある。ロシアを中国に、ウクライナを台湾に置き換えてアメリカ世論は支持傾向であるが、当のバイデンは中国を恐れ議員の行動は止められないというだけである。ウクライナに行ったときには支援していたのに。アメリカは火のある所に油を持ち込んだようなものである。中国は本気で、特別軍事練習というような軍事作戦を、台湾周辺で展開した。大人げないが、中国はロシアや中東やアフリカなどの共感を背景に、強気である。ペロシの行動は世界を新たな分断を招くことになる。韓国ではペ...わざわざ中国を挑発しし行ったとしか思えないペロシの訪台

  • 自民党はカルトの定義がない等と言い出し逃れるつもりであるのか

    今日の北海道新聞に、統一教会を追い続けている有田芳生氏が「各自核論」に統一教会と自民党の関係を寄稿している。『「空白の30年」の実態解明を』と題した小論は、長年にわたる取材を元に自民党との関係の深さ暗部をついたものといえる。1995年オウム真理教の幹部が大量に逮捕された直後、有田氏は警視庁に統一教会へのレクチャーを依頼された。警視幹部は、「次は統一教会を摘発の対象にしている」と有田氏に述べたという。その後摘発はなく10年後警察幹部にその理由を聞いたところ、「政治の力だ」と言われたというのである。その後統一教会は民主党政権下の2009年に捜査の手が入っただけである。安倍政権になって、悪名が定着した統一教会は名称変更を文科省に提出した。これについて何度も本ブログで指摘しているように、下村博文が文科大臣の201...自民党はカルトの定義がない等と言い出し逃れるつもりであるのか

  • 半島は男性器で島は女性器だから男に捧げなければならないは、前世紀の遺物の男尊女卑思想

    『「半島(朝鮮)は男性器、島(日本)は女性器」だから、女は男にすべてを捧げなければならない。』とは文鮮明の言葉(天聖録)である。『そして韓民族は世界最高の民族であって、やがて世界はわが民族に収斂する。』とまで述べている。最初の言葉であるが、淫靡で卑猥な表現であるが前世紀の遺物”男尊女卑”の思想である。侵略国家日本は夫の韓国にすべてを支えなければならない。国の犯した犯罪行為の保障を、宗教団体が受ける権利があるとは思えない。後半の民族思想は、世界各地・各国にあり珍しくはない。我が民族は世界で最も優秀な民族であると、国民・民族を鼓舞する。その目的の多くは国民の高揚、愛国心の鼓舞で、多民族への排他的行為、侵略思想の礎となるものである。統一教会の核となる考え方が、安倍晋三など日本会議の国粋主義者たちの思想と相いれる...半島は男性器で島は女性器だから男に捧げなければならないは、前世紀の遺物の男尊女卑思想

  • 核廃絶に向けて日本は何もしていない

    NPT(核拡散防止条約)再検討会議が、7年ぶりにニューヨークで開幕された。通例では閣僚級の参加であるが岸田文雄総理は初めて日本の首相として生き込んだでかけ演説をおこなった。「核兵器のない世界」LongActionPlaneと名付けた、核兵器不使用の継続や、世界の若者を広島長崎に招くなど5本柱の行動計画を提唱した。自らを、「NPTの守護者」と呼んだのには驚かされた。発効から52年を経たNPT体制は、核保有5カ国以外に核の諸州を広げないということであるが、それは取りもなおさずこの5カ国が理性的に判断し、人道的に振舞うことが前提になっている。ところがアメリカを上回ると思われる核保有国のロシアは、ウクライナに対して核の恫喝を行っている。ソ連時代大量の核を保有していたウクライナであるが、ソ連崩壊後は安全保障を条件に...核廃絶に向けて日本は何もしていない

  • 統一教会と深く強く長く関わっていた自民党

    統一教会が政権与党に深くかかわってきた経緯は明確で、そのルーツは戦後も戦前も岸信介がその全てといえる。日本での本部となる建物を笹川良一の口利きで岸信介が提供している。その後、してやったりと日本上陸をまんまと果たした統一教会は、牙をむく。先祖の霊を鎮めるとなどとして膨大な金銭の献金を、信者に要求するようになる。統一教会は犯罪行為が社会的に問題になると、政治家を使って抑え込むようになる。強引な霊感商法で警察は80年代に宗教団体の指定を外そうとしたが、それが叶わなかったのは「政治の力」という言葉を当局から、有田芳生が引き出している。事実唯一統一教会に対峙したのは、民主党政権である。鳩山政権下では各地で信者が特定商取引法違反容疑で逮捕されていた。安倍晋三が再度政権に戻るや誰の思い付きか、名称変更をすることにした。...統一教会と深く強く長く関わっていた自民党

  • どこまで続く安倍昭恵のご乱行

    現職の議員で首相経験者の死去に関して、直近の国会の冒頭で追悼演説が行われるのが習わしである。池田勇人以下5名の追悼演説が行われているが、野党第一党の党首もしくは交流のあった人が追悼演説するのが慣例である。ところが今回安倍晋三の追悼演説は、なんと甘利明が行うと早々と発表されてた。安倍晋三の側近中の側近で、不祥事を何度も重ねそのたびに何故か(安倍の根回しか)無罪放免となっている人物である。不都合が起きるととん挫し、選挙区では落選するし党内で最も不人気の人物である。追悼演説甘利ということを聞いて、自民党からというだけでなく、個人的に親しかった人物であることに違和感を覚えた。何のことはない、これは安倍昭恵が希望を岸田が受けたことだとわかった。自民党内は岸田をはじめとして慣例すら知らずに発表までした。議員の質の劣化...どこまで続く安倍昭恵のご乱行

  • 安倍晋三の国葬は無理筋である

    安倍晋三銃殺犯を悪人にできない捜査本部はとりあえず、精神鑑定で時間稼ぎをする。その一方、党内の地盤固めのために思い付きで発した、法的根拠のない「国葬」であるが、雲行きが怪しくなってきた。銃殺犯の意向に沿って話が展開しているかに見える。統一教会(本ブログではこの呼称のまま続ける)が自民党と大きな関わりがあり、とりわけ清話会(安倍派)が圧倒的に統一教会にお世話に成っていたのである。まるで、”赤信号みんなで渡れば怖くない”の心境であろう。福田達夫総務会長は、「何が問題なのかわからない」と述べ、反社会的団体の統一教会が空気のような存在であったのでろう心境を述べている。安倍晋三の実弟の岸信夫は、「お付き合いさせていただいてます。選挙ではお世話に成ってます」と、ポーっとした顔で述べている。安倍晋三の寵愛を受けていた稲...安倍晋三の国葬は無理筋である

  • ロシアが侵略した地方の少数民族を最前線に送って、大ロシア民族の誇りもないだろう

    プーチンはウクライナ侵略を、大ロシアの再現を理由に掲げている。ロシアとベラルーシとウクライナは同じ民族で統一するとし、実質支配下に置くとのことである。しかし、どうやら最前線で戦っているのは、少数民族や僻地地方の所得の低い人たちのようである。上図は松原氏の1930から失敬した戦死者と所得の関係を表にものであるが、所得が高い層の人達はほとんど死んでいない。人口100万人のブリアート共和国では217人、人口250万人のダゲスタン共和国では236人も亡くなっている。これに比して人口1200万人のモスクワではたった11人である。何よりも所得が低い層の人たちは、圧倒的にに死者数が多い。この表には含まれていないとのことであるが、チェチェン共和国では最も死者が多いとのことである。何のことはない、プーチンはロシアが侵略した...ロシアが侵略した地方の少数民族を最前線に送って、大ロシア民族の誇りもないだろう

  • やまゆり園の悲劇が教訓化されない国

    相模原市の知的障害者施設、津久井やまゆり園で19人が殺害された事件から今日で6年となる。この事件は、現在の日本が抱える大きな問題を象徴的に顕在化した事件といえる。次の二つに絞って考えてみたいと思う。〇植松聖の価値観犯人の植松聖は、意思疎通の出来ない人間は存在意義がないとすつ、確信犯であった。やまゆり園の職員であり、内情に精通していた植松は、実行直前に衆議院議長に手紙を送り事件後の自らが称賛されると確信していた。障がい者施設に係わる費用を軽減することで、国は自分の行為を高く評価し、犯罪者として捕まっても、新たな氏名と仕事身分をいただき安穏と暮らすことになる。と、嘯いていた。優性思想を背景に、主に知的障碍者には人格がないとする考え方で、多くの特権階級の人物や権力者が社会的に不要な存在と位置付けている。先日亡く...やまゆり園の悲劇が教訓化されない国

  • 安倍晋三銃殺犯を”悪人”に仕立て上げられず苦慮する岸田

    安倍晋三を銃殺した山上達也を悪人にでっちあげることができない。国は懸命に精神鑑定に回したり、暴力による民主主義への挑戦などと喧伝してみても根拠が薄い。山上の文章の流れに矛盾はなく論旨はよどみない。その目的が殺人であることを除けばではあるが大きな矛盾など見られず、精神障害や政治的な暴力が目的ではないことが判る。山上達也の母は実家の資産までつぎ込み、1億円を超える金額を統一教会に献上している。個人的にでああるが、様々な手を尽くしていることはは解るが、結局殺害によってしか目的が達成できないというのも、閉塞された思考に陥ったのであろう。出口を広告塔の安倍晋三に求めた。山上の思いは多分彼が思った以上に成功した。統一教会が公安の対象から外れたのは、第一次安倍政権下である。統一教会が名称変更にったの安倍政権下である。名...安倍晋三銃殺犯を”悪人”に仕立て上げられず苦慮する岸田

  • 山上達也の目論見は成功し、こぞって統一教会の犯罪を報道し始めた

    安倍晋三を銃殺した、山上達也の思いは成功した。報道は悪質カルト教団統一教会の特集報道が続いている。被害者が直接登場したり、長年訴訟を引き受けてきた弁護士たちが、子細にわたり統一教会の布教や献金の手口について述べている。それにしても驚かされたのが、旧統一教会日本本部は、旧岸信介の豪邸が使われていたとは驚きであった。(上図)旧岸信介邸の向かいには、統一教会の活動部隊の原理研究東京本部があった。笹川良一からの紹介で統一教会と交流するようになったと述べている。長年統一教会の実態を追っているルポライターが、統一協会と関係を持つ国会議員は112名になったと述べている。そのほとんどが自民党議員である。そして最も多いのが清和会(現安倍派)であるという。公安指定団体が解除され、統一教会が名称変更して世界平和統一家庭連合とな...山上達也の目論見は成功し、こぞって統一教会の犯罪を報道し始めた

  • 安倍晋三を銃殺した人物は逆恨みなどではない

    山上徹也容疑者は冷静である。上の文書は事件前日長年統一教会について相談していた知人に宛てたA4一枚でシンプルである。全体にまとまって書かれて行って、乱れもなく論旨も筋が通っている。ここで山上は安倍信三について、「苦々しくは思っていましたが、本来の敵ではないのです。あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません。」と主張し、「安倍の死がもたらす政治的意味、結果、最早もはやそれを考える余裕は私にはありません」との記述されている。事件現場での山上の行動は焦りや動揺は見られず、淡々と銃を引き出し発砲している。一発目はわざと外したのでないか、3秒後の二発目は数歩近づいて発砲している。野の感の行動には何のためらいも、震えなどもなければ逃亡の行動も起こしていない。ニュースステーションのNHKから来...安倍晋三を銃殺した人物は逆恨みなどではない

  • 宗教法人をはく奪できなかったのは「政治の力」

    有田芳生のテレビ発言が波紋を呼んでいる。統一教会が宗教団体のの解除をされなかった理由として、有田は警察から聞いた言葉として「政治の力」である、と発言した。スタジオには一瞬沈黙がよぎった。先ごろの参院選で、立憲民主党の比例区の議席を失った有田は、「有田さん、『政治の力』は言わないでくださいね」といわれ、あるテレビ局の人からは、「昔のテレビ局とは違うんだ」と釘を刺されたというのである。(上記ツイッター)昔と違って、それこそ「政治の力」がテレビ局を覆っているのである。安倍晋三と中川昭一がNHKに、慰安婦問題の扱いで直接抗議に行った。あのころから、政権側は報道に放映権をチラつかせるようになった。高市早苗が総務大臣になると一層そのことが鮮明になる。我々があずかり知らないところで、大きな力が政治を動かしている。翌日有...宗教法人をはく奪できなかったのは「政治の力」

  • そもそもロシアはウクライナを攻撃する倫理的根拠があるのか?

    当然のようにロシアのミサイルが飛んできて、ウクライナの町を攻撃し黒煙が上がる映像が間断なく流される。まるで日常の出来事のように、ウクライナの人達が逃げ惑い涙する。5カ月にもならんとし、我々は見慣れてしまっていないか。そもそもロシアはウクライナの人々の命や人権や財産や資源を、奪い破壊する権利があるのか!プーチンは平然と、内陸の民間施設を爆破して、それが軍事施設であるからと、当然のようにミサイル攻撃の正当性を理由を述べる。それがマーケットや倉庫だったりすることの方が多いが、たとそれがロシアの主張する軍事施設であっても、ロシアにそれを破壊する権利があるのか。日本国内ですら、軍事施設として利用していたから擁護する人たちもいる。ウクライナ側にしてみれば、民間施設を装って防御に回るのも当然のことと言える。たとえその地...そもそもロシアはウクライナを攻撃する倫理的根拠があるのか?

  • 安倍銃殺事件は自民党が自ら引き起こした事件といえる

    安倍晋三の銃殺事件は、結局は日本の司法も公安も政権の顔色を伺ってきた結果といえる。通常の多少とも理性の欠片でもある総理ならば、辞任に追い込まれるいくつもの不祥事を、安倍晋三は天性の無知と無神経と司法の取り込みで乗り切った。配偶者や腹心の友をはじめとする近親者を守り通し、官僚も政治家も忖度の範囲で人選登用し、選挙区では無料の東京見物桜を見る会を公費で招待する。外交では卑屈なまでにアメリカ隷属を通し、意味不明でも兎に角現金バラマキ外交を繰り返す。30兆円にもなる。北方領土は3千億円つけてロシアに献上する。アベノマスクの500億円の無駄は誰も指摘しない。不祥事どれ一つとっても辞任レベルである。犯罪事件も立件されることなく忖度者には出世させる。司法は機能世せず取り込まれてしまった。国会は鈍重な野党の追及を、ニタニ...安倍銃殺事件は自民党が自ら引き起こした事件といえる

  • 岸田が安倍を国葬にするのは最大派閥の懐柔策である

    法的な根拠が失効したままで吉田茂の国葬は1967年に執り行われた。学校は祝日ではないお休みになったが、その日はテレビは賑やかな番組は放送せず静かななものであった。戦後は国葬といって良い大喪の儀が禎明皇后と昭和天皇で行われているが、民間の吉田茂の国葬は問題になった。天皇が”国葬令”に基づいて発する国葬は、憲法の施行とともに法律がなくなっている。戦前は天皇が国民に強制的に喪に服させたのが、国葬儀である。26名執り行われていて、総理大臣経験者は4名であるが全て爵位を持つ人物で、国葬儀は皇室行事といって良い。岸田文雄首相が、安倍晋三の国葬をすると誰に相談することなく、(多分うっかり)口にしてしまった。その後、今秋に「国葬(国葬儀)」として行うとし、国葬を行うことで、「我が国は暴力に屈せず、民主主義を断固として守り...岸田が安倍を国葬にするのは最大派閥の懐柔策である

  • 安倍晋三のコクソー(国葬)嘘でしょ、本当はコクソ(告訴)でしょ

    いくら長くやったからと言っても、安倍晋三はどれほどこの国を破壊したことか。経済的にも文化的にも社会的にも政治的にも。彼は無知であるが無能ではない。狭量であるが無能ではない。論議や説得や交渉などはできないが無能ではない。彼はやりたいことしか考えていないから、道理も矛盾も歴史も原理も彼の中には存在せず、やりたいことはやるから無能ではない。安倍晋三が真っ先に手掛けたのは法制局長官人事である。政権へ距離を置く法の番人、法律の専門家集団の法務局のいわば内部人事のような物であったのを、安倍晋三は自らのイエスマンで外交の専門家を据え置いた。自民党内ですら否定的であった、集団的自衛権の行使容認へと突っ走る。これが全ての始まりである。そして特定秘密保護法制定、集団的自衛権を認めた戦争法制定、共謀罪創設などへと突っ走る。明ら...安倍晋三のコクソー(国葬)嘘でしょ、本当はコクソ(告訴)でしょ

  • 農業への警鐘を絶やさなかった農民作家山下惣一さんが亡くなられた

    私が最も敬愛する人物の一人、佐賀県の農民作家の山下惣一さんが亡くなられた。主に月刊誌「地上」掲載をまとめた遺作となった最新著の「農の明日へ」(創森社刊)を通じて、最期まで日本農業への警鐘と指針を示されていた。山下さんは中学を卒業すると、当時の後継者が誰もがするように、国の新たな指針に沿って、畑をミカン畑に変えた。さて収穫する数年後に国の新たな方針ですべて伐採することになった。ミカンを植えるのも伐採するのも国が金を出したが、強制される日本農政に疑問を持つきっかけになったという。その後、1961年の農業基本法によって農業は金によって計算、評価されるようになり、20年後の前川レポートが決定的に農産物の輸入が促進された。農業過保護や貿易摩擦の原因とされ、農業バッシングがなされた。この時期から農業の近代化が謳われた...農業への警鐘を絶やさなかった農民作家山下惣一さんが亡くなられた

  • 安倍国民葬などに祀り上げる政治的意図は容認できない

    安倍晋三を銃撃殺害した41才の人物に対して、民主主義を暴力で破壊することは許されないだの、テロは民主主義の根幹を揺るがすだの、大げさに喧伝する報道が絶え間ない。どうやらこの人物は、単なる思い違いあるいは思い込みで、母親がのめり込み家庭崩壊になった統一教会を憎んでの犯行のようであった。統一教会は警備が厳しいので、かつての総理で今でも政界に隠然と影響力を残す人物を狙ったというのだから、よほど国家警察もバカにされたものである。統一教会は自民党幹部と太いパイプでつながっている。安倍の祖父の岸信介は戦前大陸で阿片で大儲けして満州国総務庁次官になったが、首相退陣後はかつての繋がりで韓国といくつもの太いパイプを縦横に活用した。韓国で立ち上がった統一教会とは、世界反共連盟ということで繋がり日本に招き入れたのは岸信介である...安倍国民葬などに祀り上げる政治的意図は容認できない

  • 野党がボロボロ化し、自民党が議席を増やし今後もこうした傾向は続くだろう

    今回の参議院選挙は自民党は停滞したままで、野党がボロボロ化してきたに過ぎない。自民党の得票率は34.4%と前回のとほとんど変わらないが、議席は8議席も増やしている。これは特に一人区で野党が乱立し票が分散し、議席の獲得につながっていることが大きい。日本維新の会は、地盤の強い地域で獲得した票を議席につなげた結果が議席に繋がっている。確かに、立憲民主党も共産党も1%程度得票率を減らしているが、議席は立憲は6、共産は2も議席を減らしている。立憲は国民民主王党との動きも加えれば8議席も減らしていることになる。野党分散の結果である。上の表は茨城県の参議院選挙の動向である。都会に近い田舎県であるが、日本全体の動向がほぼ反映されていると思われるので、転載した。結果として、乱立した小さな党が既成の野党を互いを食い合って、全...野党がボロボロ化し、自民党が議席を増やし今後もこうした傾向は続くだろう

  • 小出裕章氏の言葉:安倍晋三の悪行に蓋するべきでない

    現在の私の信条に近くこれまで述べてきたことに重ねることができる、元京大准教授の物理学者小出裕章さんの言葉をそっくり転載します。2020.7.9.アベさんに対する銃撃について思うこと小出裕章アベさんが銃撃を受けて死んだ。悲しくはない。アベさんは私が最も嫌う、少なくとも片手で数えられる5人に入る人だった。アベさんがやったことは特定秘密保護法制定、集団的自衛権を認めた戦争法制定、共謀罪創設、フクシマ事故を忘れさせるための東京オリンピック誘致、そしてさらに憲法改悪まで進めようとしていた。彼のしたこと、しようとしてきたことはただただカネ儲け、戦争ができる国への道づくりだった。アベさんは弱い立場の国・人達に対しては居丈高になり、強い国・人達に対してはとことん卑屈になる最低の人だった。朝鮮を徹底的にバッシングし、トラン...小出裕章氏の言葉:安倍晋三の悪行に蓋するべきでない

  • 政治的背景もなくテロとは言い難い今回の安倍銃撃殺害事件

    危惧していた通りのことが起きている。選挙応援の演説最中に路上で銃殺された安倍晋三の、功績ばかりを徒に強調し褒め称える報道でびっしりである。最年少総理とか、最長在任期間の総理とか、同類の政治家などが功績を称える。特にNHKが酷い。総理在任中の業績として、外国訪問や国家要人たちの褒め言葉ばかりを流す。田原総一郎が、「初めからやりたいことがぶれなかった政治家」と言ったのは、皮肉であるろうが、せいぜいこの程度で収めてもらいたいものである。銃撃の報道を見て、安倍晋三はいつかはこうなるのでないかとなんとなく思っていた。しかし、5.15事件の犬養毅のように政党政治の神様のように扱われることになりかねない。しかし、犯人については警察側からの一方的で恣意的な情報しか流れてこない。先ずは職業が解らない。元自衛官、それも任期付...政治的背景もなくテロとは言い難い今回の安倍銃撃殺害事件

  • 安倍晋三が撃たれ死亡したが弔い選挙にされては困る

    安倍晋三が銃撃された。第一報を聞いた時には、いつかはこんなことが起きはしないかと思っていて、特段の違和感もなかった。撃たれたのは路上の選挙演説の最中で、どうも自作に近い銃で撃たれたようである。背中からの発砲で、二度目の弾が当たったようなので、手慣れたようでもない。元海上自衛隊と報じられる42歳の男の背景の詳細は不明で推測であるが、これまで安倍晋三が重ねてきた悪行への不満でないかと、個人的には推察する。安倍の政治生命は断ちたいとは思うが、彼自身の肉体までのことではない。何とか命を留め置かれて、正常な社会での下でまともな法廷で裁かれることを望んでいた。テロ行為には強く反対はするが、現在行われている参議院選挙を自民党が弔い選挙にしたり、彼が神格化されることがないように願いたいものである。安倍晋三の重ねてきた悪行...安倍晋三が撃たれ死亡したが弔い選挙にされては困る

  • 85年前の今日の盧溝橋事件はその後の日中戦争酷似するプーチンの戦争

    ロシアが侵略地のウクライナで、向こうが先に撃ってきたからと、戦闘の正当性、その後の軍事拡大の正当性を主張する。そんな馬鹿な理屈は成り立つわけがない。他人のうちに強制的に侵入して、住人が抵抗したから撃ち殺したという論理である。奢り切った暴論でしかない。しかし、全く同じようなことを日本は過去行っている。日本が85年前の今日、7月7日盧溝橋で中国側が先に発砲したからと、自衛のため応戦しその後日本が中国に侵攻したのである。近衛文麿首相は、暴支膺懲(ぼうしようちょう:暴れる支那を懲らしめる)と、軽い侵攻で素早く平定できると、戦線の拡大を決断した。これを日本は支那事変と呼んでいる。戦争でないと言い張り、特別軍事行動であると言って憚らない、ウクライナ侵略をするプーチンと全く同じである。実体はその後の経過を見れば、日中戦...85年前の今日の盧溝橋事件はその後の日中戦争酷似するプーチンの戦争

  • 和平案の出てこない妙、この戦争のもう一つの不幸

    世界中が憂えているロシア・ウクライナ戦争である。西側は懸命にウクライナを支援する。ウクライナは武器が足らないと、ゼレンスキーはあらゆる機会、考えられる全ての手段を用いて訴える。ロシアのウクライナ侵略から一月経った頃に和平案が浮上した。半月もあれば首都キーウィを落とせると呼んでいたプーチンはウクライナの中立化、非ナチ化、非軍事化を条件にした。これに対して、理不尽な侵略を受け首都侵攻するロシアを退け勢いづくゼレンスキーは、即時停戦とロシア軍の撤退とクリミア返還を条件にした。プーチンが絶対飲めない条件である。ロシアの不条理な侵略にゼレンスキーは西側の支援で譲らないし、プーチンはなおさらである。仲介する国も団体もない。いくら西側が支援したところで、戦力の差は15倍ある。ロシアは当初のキーウィを諦め東部二州と旧首都...和平案の出てこない妙、この戦争のもう一つの不幸

  • 原発再稼働を模索する国と電力会社

    電力が足らない、足らなくなるとオンパレードである。ほとんど脅しであるが、どこかよそよそしい。絶対不人気の原発再稼働などはいい出せない。電力不足を熱波を背景に(他移動は冷夏であるが)、節電や何とか遠回しであるが、原発再稼働への地ならしに見えてならない。現在稼働している原発は10基である。国の基準を何とかクリアーして、再稼働を待っているのが7基ある。原発は虚偽と隠ぺいによって厚化粧されている。原発は安価な電源と言い続けてきたが、現在では建設費用の倍もの安全対策費がかかる高価な電源となっている。今度は政府はCO2を出さない環境に優しいとまで言い出している。福島原発事故当時は原発の発電量は、25%程度であった。政府は原発をベースロード電源と位置づけ、2025年には20~22%と事故当時とほぼ同量の発電量に位置付け...原発再稼働を模索する国と電力会社

  • 食糧が値上がりしエンゲル係数が高くなって日本は豊かになる??

    エンゲル係数とは、家計の消費支出に占める飲食費の割合のことである。ドイツの社会統計学者エルンスト・エンゲルが163年前の1857年に発表したものである。人は毎日食べなければ来て行けない生物である。その食べる物=食料は現代社会ではほぼ購入することになっている。安倍晋三がアベノミクスを始めた途端にエンゲル係数は上がる一方である。無教養であるばかりか一般教養が足らない安倍晋三は、「食への消費が拡大し景気回復したということである」と答えたのである。これを聞いて唖然とした。エンゲル係数が高いほど経済が良くなったと、全く逆のことを言ったのである。最高の国家権力者がこんな体たらくではたまったものでない。安倍晋三は正真正銘のバカ、中学生以下の学力であることをこの時に確信したのである。これまで日本は20%少々で堅調なレベル...食糧が値上がりしエンゲル係数が高くなって日本は豊かになる??

  • 年金を下げたのは、先の見通しすらできない安倍晋三である

    安倍晋三は一次内閣で、消えた年金最後の1人まで支払うと嘘ついたトラウマが残っているのであるか。物価下落時(2000~2002年)に「高齢者の生活に配慮する」と、年金を据え置いたことで、受給額が本来の年金額より高くなってしまった。安倍晋三はこれを、「もらいすぎ年金」と批判キャンペーンを展開し、2013年から3年間で2.5%減らした。それが終わると、2015年にはマクロ経済スライドを初めて発動した。2016年には「年金減額法」を成立させ、物価が上がっても賃金が下がれば年金を減らす新たな年金減額の仕組みをつくりあげた。安倍年金改革では、キャリーオーバーという仕組みを導入し、物価上昇率がマクロ経済スライドの0.9%より低かったり、物価が下がってスライド(減額)が発動できない場合、マイナス分を翌年以降に繰り越して、...年金を下げたのは、先の見通しすらできない安倍晋三である

  • 例えば牛の角が、憲法9条「専守防衛」の典型でこれを越えてはならない

    草食獣のいくつかの動物には角がある。特に偶蹄類の牛の仲間には必ず角が生えている。こうした角は危険なように思われるが、彼らは身を守るために使い攻撃用ではないのである。牛の角は、肉食獣の武器である爪や牙などとは全く異なるものである。肉食獣は、爪や牙それに強靭な顎や足腰や頭脳などを武器として、生き物を捉えるのである。それも生きてゆくための、食物連鎖の一つの形で彼らが進化の過程で獲得したものである。食べものを得るための攻撃的なものである。ところが草食獣の角は、責められた時に身を守るものであって、決して相手を傷つけたり命を奪うためのものではない。守ることに特化して(専守)攻撃しない武器(防衛)なのである。日本国憲法は、9条2項で『・・陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。』と記載している。これには専守防衛の戦力...例えば牛の角が、憲法9条「専守防衛」の典型でこれを越えてはならない

  • メガファームもたないのは世界の常識、国連の家族型農業こそ

    上の記事は、今朝の北海道新聞朝刊社会面トップにものである。牛乳余りの作為的事実に覆われた、酪農業界の一端がウクライナ問題で浮上している。日本の公共事業や補助事業は、たいがいは誰か国会議員のお手柄が吹聴されるものである。21世紀になり誰もが、資源に限界を感じ異状気象が常態の現在に、多くの人が少なからずの危機感を感じているものだろう。環境の変化を真っ先に受けるのが、農業であるが。世界の農業政策は、こうしたことお考慮して家族農業へと、有機農業へと大きくシフトしている。日本の農業の有機耕地面積は僅かに、0.2%に過ぎない。昨年突如として日本政府は、みどり農業戦略を打ち出した。非現実的であるとしか思えない。しかし現場では大型化、多投資型農業への道を開こうとしている。スマート農業などは目先を変えるための新たな技術を、...メガファームもたないのは世界の常識、国連の家族型農業こそ

  • 女性タレント候補を高位で当選させる国、日本

    参議院選挙で大東京でトップ当選しそうなのが、タレントの生稲晃子である。同じく神奈川県のトップに三原じゅん子がこれまたトップ当選思想である。タレントがよくないとか女性だとか美人はダメというもんではないが、名の実績もない女性がトップ当選しそうな異常さである。生稲晃子は報道のアンケートにすべてに無回答で、唯一回答したのが改憲である。自民党が改憲のための議席が欲しかっただけである。それに何のてらいもなく乗ってしまい、政治に対する意識のなさがなんとも哀れである。三原じゅん子の場合は、すっかり馬鹿だとバレてしまっているのに、すでに当確のようである。自らを自民党に売り込んで、参議院選比例区で議席を得ている。歴史を知らないし一般常識さえも乏しく、核心的でない右翼思想を振り回す。美人コンテストなら、うちの方が勝っていると言...女性タレント候補を高位で当選させる国、日本

  • 北海道新幹線の延長は無駄の典型であり中止すべきである

    北海道新幹線は函館まで来ているが、札幌まで延伸予定である。距離は約170キロとなるが、ほぼ80%がトンネルである。地下鉄新幹線と揶揄されているほどである。鉄道・運輸機構の上図は作為的で、トンネルはほんの僅かで5%以下に見える。北海道の雄大な景色はほとんど見ることの出来ない、真っ暗な風景しか見ることができない。環境客は失望するだろう。新幹線が完成すると、在来線は廃線にすることになっている。新幹線の通過地区はかえって過疎化が進行することになる。このトンネルの掘削とその膨大な残土の処理が問題となっている。ほぼ全部が火山帯といえ、人間にとって有害な重金属がたんまり含まれている。工事側は膨大な残土の処理に加えて、重金属の処理が極めてずさんであることが、地域の活動家たちの調査によって明らかいなっている。稗田さんたちの...北海道新幹線の延長は無駄の典型であり中止すべきである

  • 国が推進した原発が事故が起き、それが想定外なら原発は廃炉しかない

    6月17日に最高裁判所は4つの訴訟団体に対して、福島原発事故は想定外の津波であり、国に責任はなかったと判決を下した。即日本ブログで取り上げたが、いくら考えても気分が収まらない。国が懸命になって推進した原発である。社会主義国はともかく、原発は電力会社が勧めるものである。被爆国の日本では湯川秀樹氏などが、懸命に反対運動を展開した。それを押さえ込んだ正力松太郎と中曽根康弘が、国家主導で展開されたのが、日本の原発である。一部の御用学者を取り込む、「太陽を地上に」の謳い文句が新聞紙面に踊った。最初の原発普及運動が行われたのは、広島原発記念館である。国が推進したのであるから、他の事業同様に事故などあってはならないのである。日本のお役人の体質は封建時代と何ら変わるものではない。結局は無数の事故を現場は、隠ぺいすることに...国が推進した原発が事故が起き、それが想定外なら原発は廃炉しかない

  • 矜持を失くしたバカ議員を増やしてはならない

    矜持という言葉が懐かしくもある。北方領土へ視察に行った自民党の新人議員が酔っぱらって、「戦争して領土を取り返せ。おっぱい触らせろ」と騒いで自民党を離党した。議員辞職はせず、チンピラ集団の維新の会に入っている。大臣室で業者から札束を貰い受け取った大臣がいたが、安倍晋三に近い甘利明は沈黙のまま何とか障がいでトンずら、一年後復帰しその後要職についている。同じく大臣室で札束を受け取った吉川貴盛は安倍晋三より遠く捨てられ、実刑を受けた。河井案里の選挙違反で偶然見つかっただけで、反省などしていない。止まった行政アニマルフウエルフェアには一言ももない。その河合夫妻であるが、投票してくれた国民には何の説明もすることがない。選挙区五連敗でたまたま自民党の議席として比例復活していた吉川赳とかいう、ショボイ議員が18歳の女性に...矜持を失くしたバカ議員を増やしてはならない

  • 矜持を失くしたバカ議員を増やしてはならない

    矜持という言葉が懐かしくもある。北方領土へ視察に行った自民党の新人議員が酔っぱらって、「戦争して領土を取り返せ。おっぱい触らせろ」と騒いで自民党を離党した。議員辞職はせず、チンピラ集団の維新の会に入っている。大臣室で業者から札束を貰い受け取った大臣がいたが、安倍晋三に近い甘利明は沈黙のまま何とか障がいでトンずら、一年後復帰しその後要職についている。同じく大臣室で札束を受け取った吉川貴盛は安倍晋三より遠く捨てられ、実刑を受けた。河井案里の選挙違反で偶然見つかっただけで、反省などしていない。止まった行政アニマルフウエルフェアには一言ももない。その河合夫妻であるが、投票してくれた国民には何の説明もすることがない。選挙区五連敗でたまたま自民党の議席として比例復活していた吉川赳とかいう、ショボイ議員が18歳の女性に...矜持を失くしたバカ議員を増やしてはならない

  • 戦争のへ理屈を兵器で消すことなどできない

    何の番組か知らないが、道行く人に突如マイク向けて軍歌何か知ってますかと聞いていた。ようやく知っている人が見つかったと番組は、「異国の丘」を歌った中年の人物の姿を放映していた。吉田正の、「異国の丘」は軍歌などではない。ディレクターも知らないのである。終戦後シベリア抑留された吉田が、仲間たちを励ますため作曲した歌である。この分では、戦後最も日本が受けた不当なシベリア抑留さえも、多くの人が知らないのだろう。『戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について議論する必要もない。だが戦争を知らない世代が政治の中枢になった時はとても危ない。』と言ったのは田中角栄である。まさしく現在がそうした状況になっているといえる。戦争は自然現象ではない。人が作った国家が引き起こす不条理な、人が人を殺人行為である。...戦争のへ理屈を兵器で消すことなどできない

  • 戦争は自衛目的に行われる

    「敵基地攻撃能力」つまり先制攻撃のことであるが、これを自民党は「反撃能力」と言い換えた。小手先のショボイやり方であるが、情けないことにそれが効果があるのだから、この国の民度がいかに低いかの証左に他ならない。兵器や武器は、「防衛装備品」と政府が言い始めると、一斉に報道も防衛整備品と言い始める。それがどんなに攻撃的な兵器であっても、殺傷能力が高くても防衛整備品という言葉をマスコミは使う。日本の報道が開かれていないのはこうした、政権提示の視点に直ぐに従うところにも確認することができる。その、敵基地攻撃能力であるが、敵基地は素早く動くだろうし基地を持たない場合だってある。ロシア・ウクライナ戦争を見ればわかるが、何処でもお構いなく攻撃する。あるいは民家など一般の施設を利用したり偽装した場合など峻別などできるわけもな...戦争は自衛目的に行われる

  • 動き出した”培養肉”の恐ろしさ

    動物から幹細胞を取り出して、人工容器即ち実際は上図のようなバイオリアクターと呼ばれる装置で、培養して肉にする技術の発展が著しい。”培養肉”と呼ばれているが、地球上で40億年にわたって繰り返され獲得された生命の営み、生態系とは無縁の方式で作られるのである。培養肉は、生物を殺さなくて済む、気候変動やに影響がなく環境に優しい、広大な畑がいらない、SDGsを推進する、抗生物質など使わないので安全である。というのである。結論から言えば、生物を殺さなくて済む以外は全部嘘である。一方的で偏狭な視点による判断である。こうした考えの根底には、肉の生産が牛の生理を超える人と競合する穀類や大豆などを集約的に大量に給与する、工業的飼養形態がお行われて売ることに起因する。その指摘の多くは正しい。人類を食料的な危機に招き家畜に苦痛を...動き出した”培養肉”の恐ろしさ

  • 倍額にするとする金だけ論議の武器購入は天井知らずとなる

    防衛予算はGDP1%以内という与野党の合意は、安倍晋三が2019~2023年度の中期防衛力整備計画(三一中期防)で、反故にされてしまっている。防衛庁を防衛省に2007年に格上げしたが、野党のはずの民主党の賛成で行われた。防衛庁は防衛”省”に格上げする時に、「シビリアンコントロール、専守防衛、節度ある防衛力の整備、海外派兵の禁止、非核三原則、軍事大国にならない」を掲げて今までと変わりませんよと言っていた。だったら防衛庁のままでよかったはずだが、今ではお笑い種でもある。自民党はいつも同じ騙しの手口を使う。自衛隊を憲法に明記しても何も変わりませんよと言う。だったらわざわざ明記することなどない。国鉄民営化で自民党は、赤字路線なんか切りませんよと言っていたが、今ではうそぴょんである。それは武器・兵器(今ではお得意の...倍額にするとする金だけ論議の武器購入は天井知らずとなる

  • ロシアの優位性を主張し続ける限り和平の道は程遠い

    プーチンがウクライナのEU加盟を容認発言をした。軍事同盟のNATOと異なり、経済的つながりのEUならいいだろうということである。プーチンは軟化したのだろうか、それともウクライナ侵略にてこずっている焦りなのか?とはいってもEUに加入するということは、より一層西側とのつながりを強くすることになる。外に向けては相当突っ張っているが、ウクライナ侵略が大きな経済負担になってきていることを、プーチンは認めざるを得なくなっているのであろう。一説では毎日1兆円の経費が掛かるということではあるが、今を乗り越えられたとしても、ロシアは経済回復に20年の時間を要するであろう。実際はそれ以上か、経済制裁によって回復不能なのかもしれない。親ロシア派の人ですら、ウクライナが声をかければロシアは和平に乗ってくると分析している。戦争は勝...ロシアの優位性を主張し続ける限り和平の道は程遠い

  • 人が建設した原発が事故を起こしたのであれば、その会社と許可した国は当然の責任がある

    今日、東京電力福島第一原発事故で避難した住民らが、国と東電に損害賠償を求めた4つの集団訴訟について、最高裁は、国の責任を「認めない」とする判決を言い渡した。原発事故で、国の責任について最高裁が判断するのは初めてである。この種の裁判は残酷で30件ほどあるとのことであるが、最高裁判決は重く影響を与えるであろう。今回は、群馬、千葉、愛媛のほか福島県内外に避難した住民らが、生活基盤が変わったりふるさとを失ったなどと、国と東京電力に損害賠償などを求めているものである。高裁段階では群馬以外の3件で国の責任が認められていた。東電の賠償責任については今年3月に最高裁で確定し、賠償総額は4件で計約14億円なっている。今日最高裁は、福島第一原発に押し寄せた津波について「想定されていた津波よりも、規模が大きく、方角も違っていた...人が建設した原発が事故を起こしたのであれば、その会社と許可した国は当然の責任がある

  • 戦争の元は、今だけ・金だけ・自分だけである

    日本の農業が崩壊寸前であり、農村は疲弊の極にある。これは国が農民に農業を放棄させたからである。その根幹の思想が、「今だけ・金だけ・自分だけ」を基本思想で推進したからに他ならない。これは東京大学農学部教授の鈴木宣弘先生の言葉です。この言葉はある講演で用いると評判が良かったので使うようになったの先生はおっしゃられていた。鈴木先生の造語である。しかし、「今だけ金だけ自分だけは」資本主義の本質を見事に言い当て、か細くなった人々の倫理観に強く訴える見事な言葉である。経済効率だけを優先し、短期的な成果で自分だけが潤う、こうした経済活動あるいはそれを支える政治体制は、国境をも超える。農家は一方的に所得を増やしている2,3次産業に追いつけと号令をかける。農家は規模拡大や効率化のために投資はするし、いつの間に農薬と化学肥料...戦争の元は、今だけ・金だけ・自分だけである

  • 円安に打つ手もないアベノミクス疲弊後の日本

    アベノミクスの金融緩和政策の傷が露わになってきた。このところの円安が止まらない。自由経済であるりながら、自国の大企業を守り通せば政策基盤が安泰とばかりに始めた、安倍晋三のアベノミクスは真っ先に円安を引き起こすことに取り組んだ。輸出産業は消費税まで免除され安倍政権を支えた。もう一つが株主たちの懐を満杯にしたのである。企業減税を消費増税で穴埋めする形で、税収の目減りを支えたが、圧倒的な格差を生んだのである。2%のインフレを、クロトンこと黒田東彦日銀総裁はこの10年言い続けてきた。言い続けてきたというのは、全く達成できていないからである。むしろ実態はこの逆でマイナス成長であったが、経済指標を調整することで乗り切った。事実上の改ざんであるが、日本は緊急緩和策のほぼゼロ金利を続けるが、世界はインフレ抑制で金利は2%...円安に打つ手もないアベノミクス疲弊後の日本

  • ヨーロッパに民族の血統というものは存在しない

    上の図は、2021年時点の最新のゲノム解析によって行われた新石器時代から青銅器時代(概ね5000年前)になるころの、ヨーロッパ地域での人(ホモ・サピエンス)の拡散状況である。すでに、ホモ・サピエンスと交雑していたデニソワ人もネアンデルタール人も、絶滅して久しい。以下は、人類学のゲノム解析の国内第一人者の、篠田謙一著:「人類の起源」古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」中公新書:1,056円(税込み)を引用したものである。シークエンサー(アミノ酸配列決定機器)の劇的な発達によって、ゲノム解析が急速に進んだ。これまでの人類学が形態や風俗などでの推測の域を出なかった歴史は、科学的に否定されたり決定される時代になったのである。青銅器時代が始まるころ、ポントス・カスピ海草原のヤムナヤ文化が西に拡散していっ...ヨーロッパに民族の血統というものは存在しない

  • 戦争の犠牲者はいつも弱者である

    力学で動く社会は必ず弱者を犠牲にする。それが最も顕著になるのが戦争である。住居を追われ母親とともに異国で生活をする子どもたちは新たな環境に慣れるわけではない。心を傷つけロシア軍に追われ爆撃の悪夢に怯え、笑顔をなくす子どもたち。国外に逃げたウクライナ国民は700万人を越えた。ロシア支援の馬鹿ジャーナリストは、ありえない数字だと主張する。生きている子どもはまだましである。判明しているだけで262人が死亡しているが、楽観的数字である。ロシア兵にレイプされ人身売買される少女たち。戦争の傷は際限なく子どもたちに広がり深く深刻である。(NNNドキュメンント22)子どもが描いたプーチンとロシアへの精いっぱいの怒りの絵ノーベル平和賞作家、スベトーラーナ・アレクシェーヴィチ氏はNNKのインタビューに自らの体験から、ロシアの...戦争の犠牲者はいつも弱者である

  • 穀物の高騰は日本に食料自給の向上を認識するきっかけなら

    日本の食料自給率は今や37%即ち63%の食料は海外に依存しているのである。上図は10年ほど前の資料を基にした、農水省が制作した図である。食料の自給率はカロリーで計算される。魚などはそのままの数字が自給率としてよいが、数段の経過を経て生産される畜産物は全く異なる。例えば、鶏卵はほぼ100%自給されている。国内産である。ところが、飼料の95%は輸入されたものである。カロリー計算では、生産された鶏卵のほぼ8倍のカロリーの穀物が投与される。鶏卵はまだいい方で、牛肉は最悪である。この表では、40%は自給されているが、国内飼料に依存するのは、11%である。通常の牛肉はほぼ30倍のカロリーの穀物が投与される。サシの入ったAランクになると80倍ほどにもなる。穀物はほぼアメリカ産の輸入物である。最近は熱帯雨林を潰したブラジ...穀物の高騰は日本に食料自給の向上を認識するきっかけなら

  • 嘘を出鱈目で粉飾した自分達富裕層のための岸田の資本主義

    岸田文雄首相が立ち上げた新しい本主義は、命名に現代の資本主義が明らかに行き詰っていることを意識したものである。資本主義が未だに生き残っていいるのは、民主主義という仮面制度をとりいれ、社会主義のもつ福祉体制などの導入を装うことで生き延びてきた。都合よく社会主義国が、権力に一極集中で権力者が死亡しなければ交代すらできない硬直化した体制を作り上げ崩壊した。しかし資本主義の本質、絶え間ない成長は手放すことがなかった。手放さなかった。成長のエネルギーは欲望である。しかし無限の成長などありえない。地球はもちろん有限である。このことを経済学ではなく、地質学あるいは環境から説得力ある説明をしたのが、マルクスが指摘していたとベストセラーにもなった書で解説したのが斎藤幸平氏である。岸田は当初口にしていた、分配が成長を抑制する...嘘を出鱈目で粉飾した自分達富裕層のための岸田の資本主義

  • 犯罪者が審議した法案や決定が有効なのはおかしい

    安倍晋三に国土交通副大臣兼IR担当の内閣府副大臣に任命した、秋元司という男がいた。この男はカジノを巡っては俺のテリトリーだとばかり、僅か5時間半の審議でIR整備法案を強行採決した。この秋元司は、東レの巨額不正取引事件や「児童育成協会」に虚偽の工事請負契約書を提出し助成金約2億円をだまし取ったなどと、胡散臭い話がプンプンする男である。中国のカジノ企業会社から多額の金銭を受け取っていたことなどから、いくつもの贈収賄で起訴されているが、本人は全否定している。犯罪者、しかも自らがカジノ法を審議する議長を務めたた男が、カジノ企業から賄賂を受け取り接待を受けていたのである。こんな形で審議した法律に正当性があるのだろうか。賭博は民法で禁じられているが、大阪では全国に先駆け維新の会が取り組む。大臣在任中に鶏卵業者から判っ...犯罪者が審議した法案や決定が有効なのはおかしい

  • 嘘を出鱈目で言いくるめた、「新しい資本主義」は格差増大を生むことになる

    岸田文雄は首相就任でぶち上げたのが、「令和の所得倍増計画」である。宏池会の創始者で同郷の池田勇人総理の「所得倍増計画」を多分に意識した経済政策を打ち出した。その上で、分配の好循環と格差是正であった。特に分配好循環を強調、一見アベノミクスや新自由主義からの脱却のようにも思えた。ところが、岸田は「新しい資本主義」なるものを立ち上げた。投資をしろというのである。所得倍増を資産倍増と言い換えた。貯金など止めて、投資をして資産運用して資産を倍にしようというのである。分配の好循環や格差是正がなくなったのが、新しい資本主義のようである。そこで誰が貯蓄を投資に回すかであるが、上図を見れば一目瞭然である。そもそも若者には貯蓄などない。高齢者は収入がなくなって、生活にあてるしかない。そこで30~60までの現役世代となるが、下...嘘を出鱈目で言いくるめた、「新しい資本主義」は格差増大を生むことになる

  • 議席目当ての虚構を粉飾した政策並べてどうする

    これは極めて怖ろしい表である。岸田内閣は新しい資本主義などと、にわか仕立ての参議院の票欲しさに空論を旗揚げし息巻いている。預金の金を投資に回せ、ドンドン行きましょうと言うのである。ところがこの国は当分の間、沈思黙考する以外に方策などないことを上の表が物語っている。この表で最も深刻なのが婚姻数である。この表にはないが、結婚年齢の高齢化が深刻さを深めることになる。死亡者数の増加はともかく、出生数と婚姻数の減少は決定的です。しかもこれが始まっているのが、安倍政権以降に進行しているということである。この現象は降って湧いたものでもなければ、自然現象でもない。十分事前予測されたことである。つまりは大きな失政の結果と断言できることである。人口減少、しかも就労人口の激減を伴う減少である。その反省や検証もなくいまだにアベノ...議席目当ての虚構を粉飾した政策並べてどうする

  • 大石晃子のたとえ話は正しい、自民党は財界の犬である

    皇国史観を振りかざし、愛国主義で相当な無理筋な論理であってもお構いなく通してしまうのが、櫻井よしこである。原発についてもプルトニュウムを生産してくれ、直ちに核兵器を作れるから賛同する。国家の方針に異議を唱える科学者などの存在を否定する。自らの理に合わない場合には根拠を平気で捏造する。反論された事実は虚偽として認めない。強引な論理展開、論法は日本会議などには強い影響を持っている。強引で怯まない話っぷりは年々強くなってきている。その櫻井よしこが衆院予算委員会で、岸田文雄を財界、企業の「犬」と呼んだれいわ新選組の大石晃子氏を批判した。桜井よしこは、「国会と言うのは国を代表して議論を行うところ。しかも政策議論が中心にあるべき。他国を見てもイギリスなんか激しいやりとりの中にも教養、ユーモアがのぞいている。ユーモアが...大石晃子のたとえ話は正しい、自民党は財界の犬である

  • 悪行の限りを尽くした安倍晋三の乱行が止まらない

    安倍晋三が乱行の限りを尽くしている。未だ未解明の核らを見る会に、サントリーが数年にわたりビールや酒類を無償提供していたというのである。桜を見る会では国費で支持者を招き、国会地球で110回以上も虚偽の説明をして、その場を過ごしたその後は黙したままである。森友学園では、国会で大見え切ったのに、「妻も晋三も深く関与し」てたが全く説明もなくにい座っている。国家公務員の鑑のような職員が、公文書改竄して安倍昭恵を擁護したことに悩んで自死をした。奥さんの訴えを国は「認諾」という奇手で犯罪を認めたのか良く判らなまま、所詮は金目でしょうと一億円の国費を差し出した。命令した上司に裁判所は尋問しないと、臭い物に必死に蓋をする。森友問題の主犯の安倍昭恵を守るためである。コロナに取り組む裁量が自分にないと知るや、お腹が痛くなったと...悪行の限りを尽くした安倍晋三の乱行が止まらない

  • ロシア擁護派の侵略者の正当性など認めるわけにはいかない

    ロシア・ウクライナ戦争でロシア擁護者・プーチン正義派から、理に合わないウクライナ攻撃がタレ流されている。その一つに、ウクライナは一般市民を盾にして戦っているのは、人道的に認められないというのである。他国の土地に正規の軍隊が侵略してきて、迎え撃つのは非戦闘員の市民たちであり、戦う所は自国の真ん中である。ゲリラ戦になるのは当たり前のことである。侵略してきたロシア軍が非戦闘員を攻撃しなければ済むことである。侵略者の論理は自国に帰って言えというものである。他国の地に正規の職業軍人が国の命で、つまりお仕事として人を殺しにやってくる行為と、自国の地で銃を持って迎え撃つ人々の戦いを同列に扱うことは許されないことである。その他には、ゼレンスキーは成人男子に強制的に銃を持たせた。中には囚人も老人もいるというのである。圧倒的...ロシア擁護派の侵略者の正当性など認めるわけにはいかない

  • イラン革命防衛隊の幹部が殺害されたがイスラエルはアウシュビッツなどから何を学んだ

    プーチンがウクライナ侵略の理由に核開発や生物化学兵器の開発などを掲げていたが多くを引き下げたが、残っているのがウクライナのナチズム化である。ネオナチは世界的に卑語である。そのナチ・ヒトラーによって、何の理由もなく600万人も殺害されたユダヤ人は、イスラエルという国家を中東に建国した。ユダヤ人はホロコーストを教訓に平和国家、人権国家、平和国家を建国したわけではない。ガザ地区への無差別攻撃や侵略を繰り返し、周辺のイスラム国家と武力衝突を繰り返している。イランの革命防衛隊のハッサン・サイアド・ホダイ大佐が先月テヘラン市内の自宅前で、オートバイ2台に分乗した人物から銃弾5発を受けて射殺された。詳細は不明であるが手口などから、イランと最も激しく対峙するイスラエルの犯行であることはほぼ間違いがないであろう。また公然の...イラン革命防衛隊の幹部が殺害されたがイスラエルはアウシュビッツなどから何を学んだ

  • ロシアの敗北は決定的であるが、どのようなでぐ一戦略をロシアが選択するかである

    戦争に勝者はいないと言われるが、ロシア・ウクライナ戦争は少なくともロシアに勝利はもたらさないだろう。プーチンも勝利ラインをうんと下げ、今では東部二州の完全制圧としている。ウクライナはロシア軍の完全撤退とクリミアの奪還、それに賠償を掲げている。この戦争の出口は和平派(独・仏・伊など)と、徹底的に叩き賠償をさせる強硬派(英国・ポーランド・バルト三国など)に分かれている。もう一つの出口がプーチン政権の崩壊である。実際に政権内や一般国民などに不平の声が聞こえるようになってきている。それはロシア軍内でも起きているようであるし、指揮官が狙われているロシア軍内の指揮系統も、スムーズにいっていない。政権の崩壊、プーチンの失脚も現実的に起こりうる。その場合でも、戦後の混乱を危惧する和平派と、復活ないようにとする強硬派のせめ...ロシアの敗北は決定的であるが、どのようなでぐ一戦略をロシアが選択するかである

  • 電力会社はいつまで原発の安全神話の虚言を吐き続けるのか

    北電泊原発は安全性を欠くとして、道内外の約1200人が北電に廃炉や運転差し止めを求めた集団訴訟の判決が今日(31日)出され、我々住民側の訴えを一部認め、北電側に泊原発1~3号機の運転差し止めを命じた。きっと北電は上告するだろうし、国家権力に近づくにつれて政権に忖度する裁判官が多くなるので、安心はできないがひとまず良いとしたい。東京電力福島第1原発事故以降、原発の運転差し止めなどを求める訴訟で住民側の請求が認められたのは4例目である。廃炉については認められなかった。私が原告に名を連ねたのは、地質学者の知人が示した活断層が、北電が原発建設に示していた図にすっぽり抜けていたのが発端である。やれ行けドンドンの時代は、企業側は横柄なものである。まるで必要悪とばかりに些末なこととして、不都合な事実は全て隠し通してきた。日本...電力会社はいつまで原発の安全神話の虚言を吐き続けるのか

  • プーチンの侵略はジョージアとチェチェンを誰も咎めなかったからである

    13年前のNHKスペシャル番組を見た。当時を思い出したりしたが、プーチンのロシアはジョージア(グルジア)侵攻とそれに先立つ隣国のチェチェンを、武力的に平定したことが、プーチンに変な自信を持たせたことが、クリミアそしてウクライナ本土への侵略をさせたことに今更気付くのである。ジョージアにいわれない因縁をつけて、南オセチア自治州にコーカサス山脈を越えて侵攻した。南オセチアの住民には、ロシア人パスポートを無原則的に配布押し付ける。同様にアブハジアとアジャラも事実上ロシアの支配下に置く。大ロシアの回顧をさせたのが、ソ連崩壊後の経済を立て直した、プーチンの国家資本主義である。金がプーチンを増長させたのである。民間に払い下げた国営企業を選別して事実上支配下に置いたことで、リーマンショックの影響をほとんど受けなかった。これは中...プーチンの侵略はジョージアとチェチェンを誰も咎めなかったからである

  • 銃社会は国家間の諍いそのものである

    またまたアメリカで小学校での銃乱射事件が起きた。民主党が銃規制に取り組もうとしても、NRA(全米ライフル協会)から多額の献金を受けている共和党が反対する。この構図が変わらず繰り返されている。「銃は悪くない。人が殺すのだ。」と、常套文言で反論する。今回の事件を受けて前大統領のトランプが、「この事故を防げるのは、銃を持った善人である。」とのべ、教師に銃を持たせろと言うのである。アメリカでは毎年約1万人の国民が銃で殺されている。単純計算でも毎日27名もの人が殺されていることになる。日本のように銃そのものが、規制どころか所持が禁止されていれば、銃による事件など数年に一度程度しか起きない。日本のようになれとは言わないが、せめて販売や所有を規制ぐらいはするべきである。銃所有者が特定されていれば、所有する側にも規制がかかるだ...銃社会は国家間の諍いそのものである

  • 力の論理を披瀝して知ったかぶりで戦争を語ってはならない

    ロシアの悪行は許せない。ロシアのウクライナ侵略の理由を並べ続ける人たちもいるが、戦争する理由など存在してはならない。いかなる理由であっても、それが戦争の正当化や、侵略の正当性や、殺人につながるならその理由を暴力的に排除するべきではない。正しい戦争というものはないからである。ましてや自らが幾度にもわたり、侵略行為を重ね傀儡政権をでっちあげて、自国の権益を死守し拡大してきた国家が、ロシアの蛮行を非難できるのだろうか。ブリッケン国務長官がロシアを平然と、『戦争犯罪人』と名指ししたのは、ご立派である。ブリッケンの指摘そのものは正しい。同じ指摘を自国にできるかというものである。上記の三名のアメリカ大統領は、23年で9カ国を侵略しおよそ1100万人の民間人を殺害している。ブリッケンはこの三名に対して、『戦争犯罪人』と指摘す...力の論理を披瀝して知ったかぶりで戦争を語ってはならない

  • 財務省を見倣って司法も事実を隠蔽し安倍昭恵を守り通そうとする

    森友学園をめぐる財務省の公文書改ざんを強要され自殺した近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻雅子さんが、同省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官に損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(中尾彰裁判長)は25日、佐川と財務省職員らを尋問しないことを決めた。誰がどう考えてもおかしな決定である。実直で公務員は国民の僕と言って憚らなかった赤木俊夫さんが、公文書の改ざんを命じられ苦しみ自殺した。それを命令した当事者の上司はもちろん関係者の尋問は、誰が考えても欠かすことができない必須要件である。雅子さんも佐川の指示内容や、財務省内の具体的な指示系統などを明らかにし、改ざんの経緯を明らかにするよう望んでいた。弁護士も、「公務員は何をやっても逃げ切れる悪い前例を作った」と述べている。雅子さんは国も訴えていたが、国側が昨年12月に原告の請求を認...財務省を見倣って司法も事実を隠蔽し安倍昭恵を守り通そうとする

  • 内部崩壊が始まっているかプーチンの戦争

    ジュネーブに駐在する軍縮担当のロシア外交官が、ウクライナ侵略に抗議し辞任した。ジュネーブで国連軍縮会議関連の顧問だったロシアの外交官ボリス・ボンダレフ氏である。プーチンが政権の座に就いて、ずっと外交官として政権を支えていた。ボンダレフ氏は、「私の外交官としての20年のキャリアのなかで、外交政策が変わるのを何度も見てきたが、今年2月24日ほど祖国を恥じたことはない。」また、「この血まみれで、分別がなく、まったく不必要な屈辱をこれ以上共有できない。」と強く政権を批判している。驚くべきは、「この戦争を始めた人たちは、永遠に権力の座にとどまり豪華で味気ない宮殿に住み、ロシア海軍全体の金額に匹敵するヨットに乗って、無限の権力と完全な免罪符を楽しむことだ。」と、巨大なプーチン宮殿など私腹を肥やし私欲を満たす権力者を非難して...内部崩壊が始まっているかプーチンの戦争

  • 紛争や戦争より平和の方が安上がりで誰もが望んでいるはずであるが何故逆走する

    この数日で東アジアは一気に右傾化してしまった。それは23日のバイデンと岸田の会談に始まる。バイデンが、「台湾で紛争が起きた場合、アメリカは台湾の防衛に軍事的関与する。」と述べたのである。これまでは、曖昧な表現をアメリカ大統領は続けていた。記者会見では、以前から決まっている方針だというのである。バイデンの失言としながら自民党の右寄りの議員たちは大歓迎である。これを受けて、数字こそ示さなかったが岸田総理も防衛予算の増額の必要性を口にした。そして、クワッド首脳会議である。「力によのべているnる現状変更を認めない」という言葉に集約されているが、ロシアによるウクライナ侵略を念頭に置いたものであるが、明らかに中国への牽制である。力による対抗をするというのである。中国はこれに対抗するため、インド洋の島嶼諸国(モーリシャス、フ...紛争や戦争より平和の方が安上がりで誰もが望んでいるはずであるが何故逆走する

  • 21年前のドキュメント、スベトラーナが丁寧に積み上げた告発

    ロシアに移って結婚した友人が、ようやく帰ってこれた。ビザの更新のためである。2カ月遅れたが、なんとか日本に戻れた。友人はロシアの最も東の町ウラジオストックに住んでいるのであるが、周辺のロシア人はほとんどウクライナとの戦争は知らない。そして誰もがプーチンの政策を支持しているとのことである。日本に来てこんな深刻な状況だとは知らなかったようである。そこで彼と、DVDに落としていた2001年NHKで放映されたドキュメント作品、『ロシア人小さき人々の記録』をみた。21年前の作品で120分もある。ロシア語に堪能でロシアのことに精通している友人でさえ、スベトラーナ・アレクシエービッチ女史のことを知らない。ましてや女史が、ノーベル平和賞を受賞していることさえ知らなかった。友人は余りにも知らないことが多いと驚いていた。この21年...21年前のドキュメント、スベトラーナが丁寧に積み上げた告発

  • 4630万円誤振込まれ勤労意欲のない若者に、カジノ賭博の本質を見る

    山口県阿武町が誤って一人の人物、しかも勤労意欲があると思えない若者に振り込まれた事件が、滑稽ではあるが余りにも現代を象徴する事件といえる。振込対象者は阿武町在住の、コロナ禍で直撃を受けた生活困窮家庭463戸への救済金、臨時特別給付金であった。多くは高齢者や障碍者やコロナ禍で被害を受けた人たちである。ところが誤って振り込まれた男は、24才のいたって健康な若者である。単に就労意欲がない人物である。当初は役場の要請を受けて、銀行に同行までして下す善意を見せてはいた。銀行を見て突如翻意したようである。態度が一変して男はオンラインカジノを思いついた。この若者は、『4千万円もあれば、カジノで大儲けできる。元金は返せばよい。儲けた金が自分の懐に残る。』と考えた。これこそカジノの本質、賭博の甘い誘惑の本質を語っている。この純真...4630万円誤振込まれ勤労意欲のない若者に、カジノ賭博の本質を見る

  • 世界の食料事情を一変させたロシアのウクライナ侵略、食料の未来も奪うプーチン

    ロシアのウクライナ侵略を正当化する人たちがいるが、ウクライナの人の悲惨な殺戮と、ロシアの無謀で非人道行為は許されるものではない。プーチンやロシアの立場はどうであっても、殺人行為、侵略行為、破壊行為、略奪行為は許されるものではない。ウクライナは食糧輸出国である。とりわけ中東とアフリカは黒海から輸出される小麦に大きく食料を依存している。100%ウクライナに依存するひまわりの食用油は、調理用に欠かすことができない。それらの輸出がロシアの侵略で港が封鎖されできなくなってしまっている。プーチンは侵略理由をいくつも掲げていたが、その理由の多くは出鱈目であったが、中東やアフリカの人達から食料を奪う結果になっていることへの言及はない。ロシアは港を封鎖しただけではない。侵略地域の小麦を大量に略奪し、ロシアに持ち帰っているとウクラ...世界の食料事情を一変させたロシアのウクライナ侵略、食料の未来も奪うプーチン

  • 農業軽視の国の風潮そのままのダム漏水対策、自動車産業には給水し農業には水やらない

    愛知県の矢作川から農業用水や工業用水を取水する堰「明治用水頭首工」で大規模な漏水が発生した。上図の堰の少し上に大きな渦が巻き、下流左岸に噴出している状態である。堰の川底にうっている土台の手間から抜けている。施設を所管する東海農政局は原因不明とし、修復のめどが立たないということである。簡単な話が老朽化したものであろう。これまでの十分な点検などが行われていたのか、これほど大々的な漏水が予測できなかったのかと思われる。問題はその対策である。場所は周辺にトヨタ自動車の城下町である。トヨタ関連のグループや企業の工場に給水し、田植えを前にした農家には給水されていない。政治的判断か、GDPの大きさで配慮されたのか。田植え前の苗は水がなく黄色く変質している。農家は周辺の小川からタンクに水をとり苗に与えているが、焼け石に水である...農業軽視の国の風潮そのままのダム漏水対策、自動車産業には給水し農業には水やらない

  • 和平交渉を中止したウクライナ、それを受けロシアは敗北をどこで認めるか

    ロシアはようやくマウリポリの鉄工所を制圧した。制圧したと発表して二週間にもなる。地下にとどまっていた230人の兵士を引き出し、ウクライナもこれを認めている。しかし、ロシアはこの辺りの戦闘に余りにも時間と兵力を投入しすぎたのであろう。おかげでハリキュウ辺りでの戦況はウクライナの攻勢が続いている。オランダのオリックスが発表(上図:BS-TBS報道1930)した兵器などの損失は、ロシアの深刻戦況を示している。ウクライナに比してロシアは航空機で2.6倍、戦車で4.2倍車両で3.3倍の損失がおきている。ウクライナの得意な兵站での戦いに至っては、14倍の損失にもなっている。破壊された洗車には、半導体不足で洗濯機や冷蔵庫用のものが使われていた。ロシアは単独で戦車を生産できないが、ロシア最大の工場も生産停止の状況である。ロシア...和平交渉を中止したウクライナ、それを受けロシアは敗北をどこで認めるか

  • フィンランドに続いてスウェーデンがNATOに加わることにいら立つプーチン

    プーチンがCSTO(集団安全保障条約:CollectiveSecurityTreatyOrganization)をモスクワに呼び出し急遽開催したことは、フィンランドとスウェーデンがNATO加入申請がよほど大きかったように見える。口ではNATOへの二国の加盟申請について「直接的な脅威にはならない」とプーチンは述べてはいるが、両国に軍事施設が設置されれば対抗措置を取るとも述べている。CSTOの実態は、ロシアの権力によってそれぞれの国の政権が保護される構図が見えてくる。ベラルーシのルカシェンコは大統領選挙を暴力的に戦い勝利したのもプーチンのお陰であるし、今年1月にカザフスタンに反政府運動が起きるとトカエフは本条約に基づきロシアの空挺部隊の派遣を受け入れている。かつてのワルシャワ機構のような繋がりの強い軍事同盟ではない...フィンランドに続いてスウェーデンがNATOに加わることにいら立つプーチン

  • ウクライナ・ロシア戦争は敗者が明確になるかも知れない

    プーチンは末期がんだとか、パーキンソンを患っているとか、プーチンは政権内で孤立しているなどという情報が西側メディアが賑やかである。こうした報道については、多分に希望的で恣意的な力が働くものである。私自身もプーチンがどんな理由でも構わないから、失脚してほしいとは思う。多くの人もそう希望しているであろうし、希望的報道は大きく聞こえるものでもある。現在ロシア軍がウクライナ各地で敗退していることが報道されている。西側の最新兵器が大量に投入されるようになった結果かと推察される。ロシア側からの反論もほとんどなく、ウクライナ側の明確な映像はふんだんにある。ロシアの敗退は事実なのであろう。ハリキュウ辺りではロシア国境まで押しやっているところもある。CNNでは数十人のロシア兵の死体が並んでいたが、ロシアが言うような俳優を使ってい...ウクライナ・ロシア戦争は敗者が明確になるかも知れない

  • 沖縄独立論そして実行されなかったアイヌ共和国建国、日本は多民族国家であることを黙する

    今日は沖縄が日本に返還されて50年になる日である。北海道新聞が先週元国会議員の上原康助氏による、沖縄独立論の草稿が見つかったと報じた。「沖縄独立の志」と題する草稿は、日本からの独立が法的に可能か検証し、米軍基地問題や経済政策なども幅広く考察した沖縄独立論であった。「日本政府が納得する独立には一国二制度を選択するのが最も現実的だ」としてかなり具体的ではある。沖縄を理解するためには、大日本帝国に併合された1872年(明治5年)の琉球処分まで遡及しなければならない。琉球王国は中国と日本の狭間で、この2大国を巧みな外交で乗り越えてきたが、清朝が欧州の列強に疲弊する狭間に日本が強制的に併合したといえる。その後は経済的にも政治的にも日本に従属され、太平洋戦争では悲惨な地上戦に晒され、その後の米軍占領そして世界最大の米軍基地...沖縄独立論そして実行されなかったアイヌ共和国建国、日本は多民族国家であることを黙する

  • 安倍晋三の繰り返す無知な発言にうんざり

    安倍晋三は中学程度の学力・知能しかない。レポートも出さず試験も受けず単位を出さなかったのに、成蹊大学法学部を卒業したと担当教師だった人物首をかしげる。立法府と行政府を首相でありながら理解していなかったり、エンゲル係数が上がった来たと問われる裕福になって高いもの食べるようになったためと、平然と述べ中学程度の学力しかないことを露呈している。社会科だけでない。国語の読み違えは甚だしい。上図は官僚が首相が誤読しないようにと、平仮名をうってもらって朗読するだけの演説を助けている。しかも平仮名浜かまるで囲ってもらっている。これ書いた官僚はきっと地位を上げたであろう。嫌気がさして詐病で首相の座を降りてから、もうすぐ2年になるが、9日の大分での会合で安倍晋三が、日銀による市場を通じた国債の買い入れを巡って、「日銀は政府の子会社...安倍晋三の繰り返す無知な発言にうんざり

  • 戦争が下手なのに侵略が好きな国ロシア、敗北の日が近づいている

    プーチンは2週間で首都キーウィを陥落できると見込んでいたと伝えられている。当然ロシア側はそんなことは認めてはいないが、その後の動きを見ていると否定し難いものがいくつもある。元々ロシアは戦争が苦手な国である。第二次世界大戦では2500万人もの死者、戦勝国最大の犠牲者を出している。日本のような小国に負けたり、フランスやドイツには冬将軍の助けがなければ撃退できなかったりと、広大な面積を持ちながらまともに勝てたためしがない。それでいて、ちょっと弱そうな国、隣接する小国には極めて横柄に威圧し侵略・併合を繰り返してきた。ロシア民族がシベリアへと、東へ東へと国土を拡大していった。恒常的な国土拡大志向があるのでないかと思われる。侵略した地域の無数の少数民族は、蹴散らすだけで充分であった。プーチンの想定外はちょっと拾うだけで次の...戦争が下手なのに侵略が好きな国ロシア、敗北の日が近づいている

  • 単なる民族主義者の虚構に過ぎないプーチン

    民族の規定に科学的な根拠などない。進化遺伝学者アダミ・ラザードは、「遺伝学的には人種間よりも人種内の違いの方が大きい」と述べている。人種を遺伝学的に規定することは困難であると述べている。織田信長の子孫だというフィギアスケーターがいたが、400年以上になれば計算上は1億4千万人ほどに子孫の資格が及ぶ。現実的には地域や身分の制約などあってかなり重複するのでほこれほどにはならない。社会的には家督や資産の継続があって、末裔というのはそれでもかまわないだろうが、少なくとも科学的にはもっと広くなる。民族は気候風土によって育まれたり、宗教や言語などを共有した仲間意識が文化となって高々数百年ほどで育まれたものである。生まれ育った環境は懐かしくもあるが、その逆に異なる文化には否定的になる。民族は大きく束ねられて、政治支配や言語や...単なる民族主義者の虚構に過ぎないプーチン

  • 今日の戦勝記念日はプーチンの敗北が露わになった日

    ロシアは5月9日に、ウクライナに侵略後初の第2次世界大戦の対独戦勝記念日を迎えた。対独戦勝記念日はソビエト崩壊後プーチンが最大の国家的行事に格上げしたが、今年はウクライナ戦勝記念にするはずであったが的外れで、海外からの賓客がないまま行われた。戦勝パレードはロシア国民に対する国内向けの色濃いものとなった。多い時はロシア全土で50カ所ほど行われていたが、今年は28か所であった。モスクワ赤の広場では、ソビエト国旗があちこちで翻り、盗ってつけたような”Z”マークを付けたサイドカーも見られた。しかし、曇天を理由に航空機のパレードは中止されている。快晴ではなかったが、荒天などではなく何らかの障害が起きたのか、テロなどの情報に過敏に反応したのであろう。それでもプーチンは、「ドンバスの戦い」を何度も繰り返し、ロシアは現在愛国的...今日の戦勝記念日はプーチンの敗北が露わになった日

  • 食料問題に無関心な都会(多分)の人達、日本農業あ死に瀕している

    食料危機がいずれ来ると言い続けて何年になるだろう。相変わらずこの国の農政は、農家には補助金を出し不満の目を摘み黙らせるだけの、貧相な対策しかしない。消費者には安価な輸入品を提供に向ける。要するに食料のことなど考えていない。小手先の対策し考えない。かつては票田とまで言われた農業者の数も5%にも満たなくなっている。農家側も数に任せて金を引き出し、制度を政治的にいじりすぎた感がある。先月生産量しか追わないと、日本農政を批判し次のように書いた。(上図参照)<昨年5月、日本政府は、「みどりの食料システム戦略」(通称:みどり戦略)を発表した。みどり戦略では、有機農地を25%まで高めると示されているが、天文学的数字でしかない。上の表では現在0.2%でしかない。達成不可能のその時は日本はお得意の、有機の基準、ハードルをうんと下...食料問題に無関心な都会(多分)の人達、日本農業あ死に瀕している

  • またランクを下げた日本の報道自由度

    国際ジャーナリスト組織である「国境なき記者団」は、2022年の世界各国の報道自由度ランキングを発表した。対象180カ国・地域のうち、日本は昨年から4つ順位を下げて71位。ノールウェイが6年連続で首位だった。ウクライナ侵攻に絡み、報道規制を強化したロシアは155位へ5つ下落している。中国は175位で北朝鮮は最下位(180位)であった。自民党政権は、ロシアや中国を敵視する言葉として、自由と民主主義を重んじる国家などと称し、敵視した国家は専制国家と言い切る。しかし最も重要な言論の自由の礎になる、報道の自由が制限下にあっては民主主義もあるまいに。ロシアでプーチンの支持率が高いのも、中国で習近平が間違ったことなどやっていないと国民の多くが信じているのも、北朝鮮のように金王朝三代目に反対勢力が生まれないのも、暴力装置と並ん...またランクを下げた日本の報道自由度

  • ロシアのフェイクに彩られたウクライナ侵略、人々は悩み苦しみ懸命に生きているが

    ウクライナの人達の生の声、非戦闘員の人達の声、やるせない気持ちが赤裸々に聞こえてくる。上の母さんはミサイル弾が自宅に当たり、自分は無傷だったのに息子の部屋が被弾し即死した。庭に埋めた墓標すらない息子の前で嗚咽を隠さない母。道の真ん中で、「プーチンのバカー!地獄に落ちろ!お前たちの国はあんなにデカいのに、なんで攻めてくるー!」と大声で叫ぶ老女。黒い口を開けた瓦礫となったアパートに前で、此処には誰もいなくなった。だけど必ず戻ってくる。必ず元通りにすると、無表情の自分の顔を片隅に黒ずんだ街をぐるっと背景にして、SNSで訴える女性。毎朝スマホを開くが、辛いのは必ず誰かの亡くなった話があることだ。アメリカ留学中の学生が急遽帰庫した。戦時中は二度と国外に出られない年齢であることは覚悟の上である。国外に出られるのはウクライナ...ロシアのフェイクに彩られたウクライナ侵略、人々は悩み苦しみ懸命に生きているが

  • 社会主義体制が崩壊しても自由の使い方を知ろうとしないロシアの人達

    プーチン支持者たちは、ロシアは勝利すると言い切っている。ウクライナは過去の民族絵図がロシア介入で再現されるというのである。ウクライナはこの戦争によっていくつかの州に分裂する。そしてその多くは、ウクライナ西部のポーランド系の人達が西へと追いやられることで、キーウィはじめとする多くの州は、ネオナチの圧力がなくなりロシア化する。分裂したウクライナは、結果としてロシアの従属国家になっていくというのである。何とも自己中心的で楽観的な見方であると思われるものの、なるほどと思われる面もなくはない。中国を含めた旧社会主義体制の国家では、自由を受け入れる意識の容量が極めて薄いように見える。言い方を変えれば、支配されること、自らが権利を持たないことあるいはそれを表現することをしない、そうしたことに慣れっこのなっているのではないか。...社会主義体制が崩壊しても自由の使い方を知ろうとしないロシアの人達

  • 食料自給こそが最も安全保障となる

    上の表は12カ月間の世界の食料価格指数(2014~16年を100とした指数)動向の推移である。驚異的な動きの植物油(Vegetableoil)は量も少なく、すでに支持介入されえ先月から下降気味になっている。食べもの全般が上昇気味なのは、Covid-19の影響であると思われるが、今年になってから変化が起きている。ロシア-ウクライナ戦争である。特に穀物(Cereal)が際立っている。穀物の動向は地球の北半球が不作になれば南半球で増産するなど、人為的の調整が可能な作物でもある。一定の貯蔵が可能で、食料の動向に極めて重要な作物である。ところが今年は戦争という人為的な、先の見えない要因で価格上昇が起きているものと思える。世界流通小麦の8%を占めるウクライナが、決定的なダメージを負ってしまうことが見込まれることが背景にある...食料自給こそが最も安全保障となる

  • オルガルヒでさえロシア国外へ逃亡するがこれは内部崩壊の始まりなら歓迎である

    ソビエト崩壊後のロシアを支えた、というより利権を自在に得たりばら撒いていた、人たちがいる。プーチンかそ国営企業などをそっくり頂いて、権力を背景に利権を得て、巨大化したのである。経済対策を裏で引き受け、ていた後にオルガルヒと言われた人物たちが、次々とロシアを脱出している。超富裕層と言われる彼らの国外資産は。アメリカなど西側国によって凍結されている。プーチンの盟友の一人であるアナトリー・チュバイスが、国際機関担当の大統領特別代表を辞任し、国外(トルコらしいが)へ逃亡している。ウクライナ侵攻をめぐって辞任したロシア当局者の中では最も高位の人物である。チュバイスは、ウクライナでの戦争への反対を公言していた。上図はNHKによる資産凍結を受けた10人であるが、オルガルヒと言われる人たちは250人ほどいるが、国外脱出が相次い...オルガルヒでさえロシア国外へ逃亡するがこれは内部崩壊の始まりなら歓迎である

  • ロシア人実業家相次いで5人も自殺、4人はロシア国営エネルギー大手ガスプロム関係者である

    CNNによると、ロシア人の著名実業家の自殺(?)が相次いでいる。少なくとも5人の自殺が報道され、そのうち3人は自らの命を絶つ前に家族を殺害した疑いがかけられている。5人とも銃による自殺とのことである。自殺したとされる5人のうち4人はロシア国営エネルギー大手ガスプロムか、その子会社とつながりのある人物だった。CNNはガスプロムに問い合わせたが返答はないとのことである。<CNNによる事件は以下のようです>〇レニングラード近郊のでは今年1月30日、ガスプロムの男性幹部が自身のコテージで死亡していた。現場で遺書が見つかっている。その1カ月後には別の幹部が同じ村で、自宅のガレージで死亡しているのが見つかっている。自殺とされている。〇2月28日には、ウクライナ生まれのロシア人富豪、ミハイル・ワトフォード氏がイギリスのサリー...ロシア人実業家相次いで5人も自殺、4人はロシア国営エネルギー大手ガスプロム関係者である

  • 戦争する理由などあってはならない、人をkロス理由など存在してはならない

    プーチンのロシアがウクライナに攻め入ったのは明らかに国連憲章違反に当たる。第24条〔平和と安全の維持〕に反するばかりでなく、ロシアの主張する紛争当事者に当たらず第33条〔平和的解決の義務〕に違反している。加えて国際司法裁判所もロシアの違法性を指摘、直ちに軍事行動を止めるよう命じている。プーチンは、武力侵攻する理由にウクライナが核開発や生物化学兵器の開発と、ウクライナ国内の自国民の虐殺を掲げている。これ等の事実関係が明らかでないが、たとえ事実であったとしても、それはロシアが攻撃されたものでもなく、武力侵攻は自衛権の行使に当たるものではない。こうした国連憲章に違反し安保理の決定にも反した武力侵攻は、ロシアが初めて行ったものではない。喫緊の例ではアメリカのブッシュが行った、アフガニスタンとイラクへの武力侵攻、暴力的政...戦争する理由などあってはならない、人をkロス理由など存在してはならない

  • なんと羨ましい両首相の判断でNATOは東進する

    なんと羨ましいことか。スウェーデンとフィンランドの首相、両国の最高権力者のツーショットである。黒ずんだ服を着た老人が、無表情のメモを読み上げることしかしない首相を見慣れた者にとって、NATO加盟に共同歩調を検討するお二人の姿は羨ましいぃ-、限りである。フィンランドのマリン首相は13日、ストックホルムでスウェーデンのアンデション首相と共同記者会見し「北大西洋条約機構(NATO)に加盟しなければ安全の保証が得られない」と述べ、加盟への意欲を表明した。フィンランド国会には、NATO加盟によって「フィンランドとロシア国境の緊張が高まる」恐れがあるとする報告書が出されている。アンデション氏も早急に判断する意向を示している。両首相はロシアのウクライナ侵攻で、両国の安全保障環境などについて協議した。プーチンはウクライナのNA...なんと羨ましい両首相の判断でNATOは東進する

  • 太陽光発電パネルが過疎の土地にドンドン並ぶ異様な風景

    農村はガラガラである。数年前にあった農家が廃屋になっていることが珍しくない。国は酪農クラスターと名称🅆つけて、酪農の大型化を図っている。大量の輸入穀物に依存し、巨大な建造物を国の資金で建築し、巨大な機械を大量に購入し謬乳の生産コストをドンドン上げて、競争力のない農家を作り、挙句の果てに牛乳を市場にだぶらす。農場が巨大になり生産量がそこそこあるように見えるが、実態は農家がドンドンこの地を離れて行っている。そこに入り込んで、誰もいなくなった広い面積を、太陽光発電パネルが占拠している。太陽光発電は環境に優しい触れ込みであるが、実態は全く異なっている。山を切り崩し野原の樹木を切り倒す。毎年ここに南方から巣作りに来る小鳥たちは行き場がない。キタキツネなど小動物は身も隠せないし、餌も探せない。離農地であっても農地に建設は難...太陽光発電パネルが過疎の土地にドンドン並ぶ異様な風景

  • 日本国憲法九条はお花畑というが、内容はいばらの道である

    プーチンはウクライナの大地を侵略しウクライナの人々を殺害しただけではなく、世界のどの国もが望む、どの民族も求める、どの宗教も希求する平和への道を大きく閉ざしたのである。特に軍事に特化して安全保障を語る人たちにとって、今回のロシア・ウクライナ戦争は抑止力を名目に軍事力を増大する格好のチャンスととらえたようである。今日のBSフジの討論番組で、小野寺五典と小池晃のやり取りは火花を散らす勢いのものであった。小野寺の言い分は、当然ながら世俗的で今どうするのかの論理展開であって、相手国も同様の防衛論を理由に、軍事力を強大化することにを考えないものである。これは際限ない軍事拡大の坩堝しかない。九条の非戦論はお花畑と言い切る。防衛論や抑止論は相手国の軍事力をを上回らなければ意味がない。軍事増強の根拠を相手国の軍事力増強に求める...日本国憲法九条はお花畑というが、内容はいばらの道である

  • 生産量しか追わない、農を忘れた日本の農業政策

    日本の食品は世界一安全と思っている方がこの国に溢れている。プーチンの支持率が83%に驚く国民はなんという無知なことであるか。手前みその国内情報しか関心のない日本は、農薬に関する情報が圧倒的に少ないのである。台湾が200倍もの農薬を使っている日本のイチゴの輸入を禁止したことを本ブログで2年前にとりげた。コメントがかなりあった。驚いたというのと、基準が異なるというのが多いのであった。中国は隠しているとか、遺伝子組み換え作物が入っていないとかいうものであるが、日本の圧倒的な農薬の使用量が変わるわけでもない。日本人は勤勉で、日本が決めた基準を忠実に守ってはいる(だろう)。その基準が相当手前勝手である。ラウンドアップやネオニコチコイド系の農薬は先進国ではほとんど禁止されているが、日本は捨て場所になっているのではないかと思...生産量しか追わない、農を忘れた日本の農業政策

  • 超大国の犠牲になっているアフガニスタンの混迷も悲惨な中にある

    昨年8月のようやく外国兵を国外に追放したアフガニスタンである。これまでのアフガニスタンは巨大国家に蹂躙され続けてきた。アフガニスタンを支配したのは、イスラム原理主義のタリバーンと呼ばれる集団である。1979年12月アフガニスタンに武力介入したのはソビエトである。ソビエト寄りの偽社会主義政権の擁護を目的の軍事介入である。ソビエトはチェチェンやグルジアなどのイスラム地区の若者を最前線に送った。冷戦下にあってもソビエトの軍事介入に疑義を持つ東側の国も少なくなかった。結局ソビエトは10年で追い出されるのであるが、社会主義体制の崩壊を早めたことになった。その後はタリバンが政権の座に就いたが、女性たちは極端に虐げられ貧困が社会を支配する。そしてアメリカが、9.11同時多発テロの報復に2001年に、アルカイダの討伐にやってき...超大国の犠牲になっているアフガニスタンの混迷も悲惨な中にある

  • 「敵地攻撃能力」それは新たな戦争への序論である

    「敵地攻撃能力」それは悪魔の囁き、新たな戦争への序論である。報道は連日戦時下にあるウクライナの悲惨な状況、不条理に侵略するロシア軍の映像、廃墟の町を垂れ流す。安倍晋三はここぞとばかり、自らの盟友、同じ未来を共有するプーチンの蛮行には黙したままで、敵地の非戦闘地区の攻撃を公然と発言する。安倍晋三は戦争を全く知らない。相手だって同じことを主張するだろう。敵地攻撃に成功したって、自国もボロボロになる。相手は攻めてくると思っていない、一方的な論理しか持ち合わせない阿部晋三らしい軽薄な思い付き思想である。敵地攻撃とは先制攻撃そのものである。敵地攻撃能力は極めて危険な好戦的思想である。戦争の何たるかを考えず、単純な勧善懲悪の愛国思想に他ならない。敵地にも無垢の人間がいることなど考えることのない思い上がりもいいところである。...「敵地攻撃能力」それは新たな戦争への序論である

  • 今の危機こそ食料自給率を上げる最後のチャンスであるが

    日本の農業政策は、1961年の構造改善事業を打ち出した時から、手法が多少変わってはいるが、基本的には何も変わっていない。高度成功する2、3次産業に負けずに、農業も高度成長しなければならないとして、小規模農業をなくし、ひたすら規模の拡大へと走ってきた。規模を大きくすれば所得が上がる、農地は統廃合すればよいとする方針は今も変わらない。当時農業はの河野一郎農林大臣ですら、農地の統合には懐疑的であった。日本の農業は外形的には規模を拡大はしたが、食料生産は急落し農村から人々は都会へ集まった。農村の高齢化と過疎化が急激に進んだ。高度成長政策は、2,3次産業のものであって農村は人的補給でこれに応えた。食料は生産量が減ったばかりでなく、農薬や化学肥料の多用で質の低下も著しかった。なのに相も変わらず、農業は大型化すれば補助金が出...今の危機こそ食料自給率を上げる最後のチャンスであるが

ブログリーダー」を活用して、そりゃおかしいぜ第三章さんをフォローしませんか?

ハンドル名
そりゃおかしいぜ第三章さん
ブログタイトル
そりゃおかしいぜ第三章
フォロー
そりゃおかしいぜ第三章

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用