searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

そりゃおかしいぜ第三章さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
そりゃおかしいぜ第三章
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/okai1179
ブログ紹介文
北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界の政治を問う
更新頻度(1年)

302回 / 365日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2014/12/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、そりゃおかしいぜ第三章さんをフォローしませんか?

ハンドル名
そりゃおかしいぜ第三章さん
ブログタイトル
そりゃおかしいぜ第三章
更新頻度
302回 / 365日(平均5.8回/週)
フォロー
そりゃおかしいぜ第三章

そりゃおかしいぜ第三章さんの新着記事

1件〜30件

  • ワクチン接種計画はボロボロで、コロナ感染者はうなぎ上りで増える

    ワクチンが行き届けば、コロナなんてイチコロだ。オリンピックが始まれば、国民の目はそっちに行って、秋の総選挙は圧勝する、と目論んでいた菅義偉である。ところが時が経つにつれて、ワクチンについて説明していたことが、悉く場当たり的な嘘であったことがバレてきている。そもそも菅義偉がアメリカまで言ってお願いしても、ファイザー社CEOは面会もくれないが、電話で口約束だけはしてもらった。らしい。9月には全国民にワクチン供給できると公言していた。嘘である。オリンピック始まるころには、国民の60%が二度のワクチン接種を終えていると、菅は言っていたではないか。そして、6月末までにモデルナは4000万回分確保したと国政補欠選挙を前に豪語していたが、実際には1370万回分しかなく、ゴールでウィーク頃には知り得たことではあるがやっと都議会...ワクチン接種計画はボロボロで、コロナ感染者はうなぎ上りで増える

  • 周辺国に兵器を輸出する日本

    安倍晋三の実の弟になる岸信夫防衛大臣は、8月中旬にベトナムを訪問し、ファン・バン・ザン国防相と会談する方針である。中国が軍事的圧力を強める東・南シナ海情勢や、海警局に武器使用を認めた中国海警法を念頭に認識を共有し、連携を強化したい意向のことであるという。すでに合意している防衛装備品(安倍晋三は兵器を防衛装備品呼ぶようににしたが)と、その技術移転に関する協定の締結に向けた詰めの協議をするとのことである。中国が軍事拡大してきていることは事実であり、東から東南シナ海でかなり強引な軍事施設を建設していることも事実である。周辺諸国に実害を起こしていることも事実である。中国の手法はかなり横暴と思われもするが、言い分がないわけではない。日本はそのために何をしてきたかである。日本のしてきたことは、巨大な軍事基地を辺野古に作り、...周辺国に兵器を輸出する日本

  • だったら麻生太郎から議員バッチをはく奪せよ

    日本が戦後処理しなかったのは、台頭するソ連と中国などの脅威から日本を防共の防波堤にしたかった連合国、とりわけアメリカの意向が大きく反映している。戦争責任者を勝者側が裁くのはおかしいという論理は、こと日本については成り立たない。開戦においても、戦争継続においても、降伏においても、あらゆる場面で為政者は、国民に一方的な犠牲を強いたからである。しかし、上記のような理由や背景、国際情勢で旧軍事態勢の残骸を大きく国家機構の中に残す結果となってしまった。その好例が開戦、宣戦の署名者でもあり、東京裁判でA級戦犯の昭和の妖怪岸信介を、無罪放免したことである。いつまでたっても戦争への罪悪感、周辺国家への贖罪が国民の中に定着していない。オリンピック開会式でショーの演出を担当するはずだった、小林賢太郎が解任された。22年前に、ホロコ...だったら麻生太郎から議員バッチをはく奪せよ

  • 全山丸坊主にする「環境にやさしい?」太陽光発電とは

    国のエネルギー政策を見直す「エネルギー基本計画」の原案が21日、公表された。自民党政権は不慣れな、脱炭素社会を目標に打ち出しているが、何しろやっていることがちぐはぐである。政府は2030年度に温室効果ガスを2013年度に比べて46%削減する高い目標を掲げているが、ここでも原発を20%稼働に掲げている。脱炭素を理由に原発が有効であるというのであるが、稼働の全般を見てはいない。20%確保するには単純に見ても、新規に20機以上は建設しなければならない。何よりも危険で未来がない。ところが報告には、新規の建設も再稼働の記載もない。健康のためなら命はいらない論法である。再生可能エネルギーについては、「主力電源」と位置づけ、「最大限の導入に取り組む」と明記、現在の18%から、2030年度には発電量の36~38%にまで拡大する...全山丸坊主にする「環境にやさしい?」太陽光発電とは

  • 五輪を醜く仕立て上げる政治屋と寄生企業

    なんだかもうボロボロのオリンピック開催である。開催まであと一日という中で、競技者に26名もの陽性者が出ている。濃厚接触者を巡って他国とは大きな違いがそれぞれある。逃げ出したのもいたが、コロナに対する思いも世界各国間で差がある。選手村に入らない選手団もある。トヨタはCMを中止したし、積極支持から撤退する企業が続出してる。小物を無料提供していた多くの企業は、マイナスイメージが大きくなる”TOKYO2020オリンピック”の評価を下げ遠ざけた。コカ・コーラ以外の飲み物を持ち込むときには、ラベルを剝がさなければならない。開会を宣言する名誉会長の天皇の意向を、菅政権は握り潰した。皇族は開会式の天皇以外にはほとんど欠席する。大会の目的も右顧左眄で、誘致に掲げた「復興五輪」は被災地を聖火リレーのコースからもからも外してしまうし...五輪を醜く仕立て上げる政治屋と寄生企業

  • ジョンソン英国首相の危険な選択を日本は批判できない

    あらゆる新型コロナに関する規制を、ジョンソン首相が撤廃すると発表した。若者たちは大喜びで街へディスコと繰り出し、「自由の日」を謳歌する風景に不安を感じる。閣僚の感染確認を受けて、濃厚接触者のジョンソン首相自身がリモートでの発表である。ジョンソンが回帰にした理由の一つが、68.5%の2度目のワクチン接種率である。それと、幾つかの小さな不可逆的緩和をしてきてはいたが、ほぼ全面緩和はやりすぎであろう。学者は一様に賛意は閉ま差ない中、イギリスの科学雑誌ランセットが反対意見を表明した。その理由は「今後、数百万人が感染する」「教育現場が大混乱する」「ワクチンに効かない変異株が産まれる」というものである。どう見ても科学者の見解が正しい。これ等に対して、ジョンソンは楽観論をしめし、換気する若者の声で対抗しようとする。ジョンソン...ジョンソン英国首相の危険な選択を日本は批判できない

  • 飲食店、特に酒類提供店を人身御供にして口を拭うう

    首都圏の新型コロナの新規感染者が収まらない。その中身も大きく変化している。一つはデルタ株に置き換わりつつることと、壮年層(50~40代)の発生が主流になっていることである。この二つは、高齢者にワクチンが一定程度行き届いていることと無関係ではない。ワクチンが数字通り有効だとすれば、多くの不顕性感染者(感染していても発病しない感染者)が市井にいて漂っていることを意味する。つまりワクチンの有効性があるというものであって、これまで政府が示してきた、あるいは主導してきた政府の分科会の尾身会長のしてきたことは効果がなかったと見るべきである。今ごろになって、尾身分科会会長は、「人流を抑えるだけでは、抑えられない」とこれまでの方針を変えるようなことを言い出した。上の表は、東京都の同一感染者から複数発生した事例を分類したものであ...飲食店、特に酒類提供店を人身御供にして口を拭うう

  • 国民には、「県境越えるな」と移動を控えさせるにに、世界中から招き入れる

    政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は昨日(16日)、更なる感染者の増加が見込まれるとし、夏休み期間中の感染対策に関する協力を呼びかけた。都道府県を超えた移動や大人数・長時間の飲食を控えろ、オリンピックは自宅で観戦しろ、普段会わない人に会うこと控えろ、長時間の飲食を控えろというのである。しかし、よく考えてみるとオリンピック村はこの真逆のことをしている。県境どころか、国境を越えて地球の裏からまで集まってくるのである。しかも狭いところに集まってくるのである。殆ど普段会わない人との交流であるし、長話になるのに決まっている。長話でなくてもそれぞれの競技を行い競い合い競り合う。こんな事したら、尾身会長に怒られますよと、教えてやりたいものである。この間オリンピック村の人達は毎日PCR検査をするんであろうし、...国民には、「県境越えるな」と移動を控えさせるにに、世界中から招き入れる

  • 「コロナに負けた証として」の東京オリンピックが始まる

    オリンピック開催都市東京の、新型コロナの新規感染者数が1308人であった。全国の新規感染者3419人の38%にもなる。首都の1都3県では全国の67%にもなる。さらに、10万人当たりの感染者数が、圧倒的に東京は他府県を引き離して多い。2位の神奈川県の倍近い。よりによって、日本で最も感染者数が多く、比率も高いところに世界中からアスリートと報道を集めて、オリンピックを開催するのである。これを愚行と言わずになんと表現したらいいのだろう。菅義偉の言葉を借りると、「コロナに負けた証として」オリンピック・パラリンピック開催を開催することになる。馬鹿げた話である。もうすでに1週間を切ったのに、海外からの選手や関係者の受け入れの水際対策がボロボロである。善意の方々や日本人のように規律を優先する人たちばかりではない。入国者を特別扱...「コロナに負けた証として」の東京オリンピックが始まる

  • このような状態でオリンピック開催できるのか

    一体本気でオリンピック・パラリンピック開催を考えてるのだろうか?今日(14日)オリンピック開催都市、東京都の新型コロナウイルスの感染者数が1149人になった。オリンピック開催に向けて、第5波になるのだろうか、緊急事態宣言どこ吹く風で新型コロナ感染者は増えている。中年層が増えての結果であるが、高齢者がワクチン投与が進んでいて抑えていてこの結果である。4度目の緊急事態宣言で、人々が慣れてこの結果である。京大の西浦教授の指摘がそのまま現実化している。このままだと、オリンピック開催時には現在の倍以上の数字が出るであろう。東京で最大2万人しかできていない、五輪関係者はPCR検査を愛日10万件をするという、荒唐無稽と思われることをするという。何かがあるいは誰かが、犠牲になるだろう。西村康稔経済再生大臣の、飲食店に銀行などが...このような状態でオリンピック開催できるのか

  • 聖域となったのか軍事情報、イージスアショア代替も西南諸島のミサイル基地建設も薄い報道

    コロナ禍の中、オリンピック開催でさわがれる中、あれほど大騒ぎしたイージスアショア、地上配備型迎撃ミサイルシステムであった。現代のミサイルは音速20倍以上で飛び、迎撃など不可能である。しかも日本の場合は、極めて近距離の北朝鮮やロシアを仮想している。更には高性能化した中国まで仮想するようだ。迎撃などできるわけもない無用の長物である。アラブの石油施設がいとも簡単に攻撃されたり、アメリカがイランの要人を空殺したりしているのを見ても、迎撃が不可能な現代であることがわかる。ミサイルの一段目ブースターが民間に落ちるかもしれないと、バカみたいな理由でイージスアショアの地上配備型を断念した。嘘である。地元には何の相談もなく、天の声で場所が決められたことへの反発が強く、さすがに諦めざるを得なかったのだろう。3年前に本ブログで書いて...聖域となったのか軍事情報、イージスアショア代替も西南諸島のミサイル基地建設も薄い報道

  • 部下を守らず突き放す菅義偉

    西村康稔経済再生大臣が、緊急時事態宣言下でも要請に応じないお酒をだす飲食店に対し、「こうした情報を金融機関としっかり情報共有しながら、順守を働きかけていく」述べた。更に、「関係省庁ともすりあわせている。文書で要請をしてもらうことを考えている」と説明し、金融機関に融資引き揚げなどの圧力をかけてほしい」とまで言及した。自民党は憲法に「緊急事態条項」を持ち込むことを狙っている。時の政権が緊急事態と認識すると、あらゆる法律を政権決定が勝る事が出来るというものである。ヒトラーが手に入れた悪法で、存群に活用し戦争に突入し、国内の人権を無視することができた。コロナ禍でロックダウンをしてあらゆる権限を奪いたい意思が、ありありと感じられる西村大臣の発言に見える。与野党などあらゆる方面から非難を受けて、ネットでも大炎上中の西村大臣...部下を守らず突き放す菅義偉

  • いっそのこと「無選手」でやったら安心安全になる

    菅義偉総理にとって、オリンピック開催の最大限譲歩は「無観客」である。開催が前提である。だったら、いっそのこと無観客なのだから、「無選手」にした方が、菅が大好きな「安全・安心な」大会にはなるというものである。現行の体制だと、オリンピック開催中には必ずクラスターがどこかで起きるし、必ず陽性者のチェックの見落としが起きるし、非検査人物の入国も公共施設利用も起きるだろう。検査体制の人的なカバーが限界である。国内の一般検査すらできもしないのに、10万人の検査を毎日に近い状態で、全員にできるとは到底思えない。そこで日本のお役人たちは、検査を控えるだろう。今までそうやってお役人は難所をくぐり抜けてきた。安倍晋三は、オリンピックで消費動向が上がることを見込んで、1年前の10月に消費税を上げた。消費動向を無観客のオリンピックは刺...いっそのこと「無選手」でやったら安心安全になる

  • オリンピック無観客にうんざりする世界

    東京が緊急事態になるのは解りきっていたことである。しかも4度目である。2度目の時には、菅義偉総理は、これでコロナを抑え込み二度と緊急事態にはしないとまで言ったが、3度目の宣言時には、謝罪までしている。そもそも、「コロナに勝った証として東京オリンピックをする」とまで言っていた。記者会見で説明することが、いつも言訳と見込み違いのあらぬ方向の説明に終始する。今回もいざとなったら、無観客も覚悟すると言っていた菅の最終選択であろう。どう見ても、追い込まれて、追い込まれての対応である。政治家なんていい加減なものである。自分の選択を、先手先手の対応であると答えている。優柔不断を絵にかいたような菅義偉の迷走の結果の無観客である。海外メディアは日本の報道に比べて正直である。追い込まれての仕方なく無観客にした日本の対応にあきれ顔で...オリンピック無観客にうんざりする世界

  • 河井克行にお金をもらった首長や議員は不問にするのは

    2019年7月の参院選広島選挙区で自民党は、安倍晋三や菅義偉や二階俊博や河野太郎に三原じゅん子まで繰り出して、金で河井案里を当選させた。実体は同じ自民党のベテラン現職議員、溝手顕正を落選作戦であったといえる。案里の旦那の河井克行は広島県下の県議に市町村長と議員、判明している分だけで100名に計2900万円の現金を、「安倍さんからじゃけー」とポケットにねじ込んだ。この公職選挙法違反(被買収)の金を受け取った側の100名を7月6日全員を不起訴とした。克行と杏里は有罪判決が出ている。杏里は確定している。金を配った買収は厳然たる事実でありながら、受け取った方の罪は認めないというのである。検察は犯罪の嫌疑が不十分だと説明している。金を受け取った側の犯罪は問わないのは片手落ちである。このことについて元検事で、今回横浜市長選...河井克行にお金をもらった首長や議員は不問にするのは

  • 緊急事態宣言下で五輪を行う狂気、ワクチン頼りの政権にワクチンが届かないお笑い

    オリンピック開催都市東京都が、明日から来月22日まで”緊急事態宣言”をすることになった。4回目であり効果のほどに疑問が残る。今月23日から8月8日まで開催されるオリンピックは、どっぷりその中に浸かったままになる。ワクチン担当大臣の河野太郎は、ワクチン接種は6月末までに4000万回終わると述べていたが、実際に行ったのは1270万回でしかなかっことが、都議選終了を見て発表された。本ブログでも何度も指摘していた通り、ワクチンは来なかった。このことは何時頃判ったのか問われ、河野太郎はゴールデンウィーク明けには解っていたと述べた。騙しのテクニックというのはあまりにもお粗末である。時が来れば解ることであるが、そんなこと国民が忘れるとでも思っていたのか。菅義偉総理は、オリンピックなど強行すればいいと思っている。その根拠は、緊...緊急事態宣言下で五輪を行う狂気、ワクチン頼りの政権にワクチンが届かないお笑い

  • 辺野古新基地建設は珊瑚群体を土砂で大量に破壊する行為であるが最高裁がこれを容認することになる

    辺野古新基地建設について、埋め立て予定海域にあるサンゴの移植を許可するよう農林水産相が県に是正を指示したのは違法として、県が取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第は今日(6日)県側の上告を棄却し、これで県側の敗訴が確定した。最高裁判官5人中3人が賛成意見、2人が反対意見を示した。沖縄県の訴えは、沖縄防衛局は2019年、環境保全のため約4万群体のサンゴの移植許可を県に申請したが、県が判断を保留中に、漁業法などを所管する農水相が2020年2月に許可するよう指示した。県は国の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出たが退けら、県は農水省の指示を違法として国地方係争処理委員会に申し出たのであるが退けられ、福岡高裁那覇支部に提訴。同支部も今年2月、県側の請求を棄却した。県側の敗訴が今回の高裁判決で確定したこ...辺野古新基地建設は珊瑚群体を土砂で大量に破壊する行為であるが最高裁がこれを容認することになる

  • 都議選自民党が勝ったわけはないが、野党共闘も暢気である

    東京都議会選挙が行われ、自民党が第一党に返り咲いた。メディアは自公で過半数に及ばなかったと、国政与党の敗北に等しい評価を与えている。与党の都民ファーストは45から31へと激減したが、小池百合子の動きの方が問題である。安倍のように詐病とは思えないが、選挙区全にダウンした。選挙前から、二階に近いこともあってか、選挙応援を控えていた。選挙後自民党との確執をなくす意味もあったと思われる。自民党は選挙後半に45議席と大勝を見込んでいたが、大きく外れ事実上の敗北選挙である。都民ファーストは、事実上維新の会と同様に政権与党である。それを念頭に置けば、立憲民主が共産党との協力で成果があった、などと言っている場合かと思われる。都民ファーストと自公を併せると、68%で7割近くなる。暢気なこと言っている場合かと思う。国政では浮動票を...都議選自民党が勝ったわけはないが、野党共闘も暢気である

  • 「反日」という卑語でしか説明できない男、安倍晋三

    安倍晋三が右翼雑誌で、核武装論者で極右翼の櫻井よし子と対談で「東京オリンピックに反対の連中は”反日”である」と述べたのである。論拠などはない。自民党のよく使う手を頂ければ、「反日に定義はない」と反論したいところである。事実反日という言葉はそれほど古くはない。辞書では「日本に対する敵意や反感」とあるが、現実には、右翼が自らの主張にそぐわない人物などに対して、ほぼ卑語として使っている。そもそもオリンピック開催に反対する人たちは、ほとんどない。新型コロナの発生が止まない中の開催への疑義である。首都圏、特に開催都市の東京は今年に入って緊急事態やまん延防止宣言がほとんど外されることがなく、それでも残り2週間になっても、減少傾向に転じることがない。だから開催への疑義を持っているのである。安倍晋三の発言に論理展開がないのは、...「反日」という卑語でしか説明できない男、安倍晋三

  • ワクチン頼りの危うい五輪は画餅におわる

    ワクチン接種計画がボロボロである。菅義偉首相は、アメリカバイデン大統領に初謁見の名誉を受けるべく渡米した。そこにはもう一つ思惑があった。ファイザーワクチンをもらい受けるためであった。ファイザーCEOから国のトップとしか会談しないと言われたためである。ところが、ファイザーCEOは電話でしか応対してくれなかった。しかし、4億人分確保したと嬉々として帰国した。発表はお調子者河野洋平に発表させている。金額については詳細は不明であるが、言い値に違いなかろう。先月末には、毎日100万人を接種と公表したが、それだって一月で3千万人が一度目の摂取にしかならない。なのに、接種会場で廃棄が起きていたり、ワクチンが自治体に届いていなかったりと、接種が進んでいない。菅総理が、ワクチン接種が進めばオリンピックが順調に進み、それを背景に総...ワクチン頼りの危うい五輪は画餅におわる

  • トップの不祥事を下に押し付けるボロくずのような権力者の哀れな姿

    麻生太郎が記者会見の中で、赤木メモについて質問され苛立ちを見せ意味不明の言葉を連発している。記者から、「赤木ファイルのことについてお伺いするのですが。1ページ目に赤木俊夫さんが書いたとみられる「現場として厚遇した事実もないし」という一文がある。これについて安倍晋三前首相のツイッターアカウントで「赤木氏は明確に記している。この証言がいわゆる報道しない自由によって握り潰されている」と投稿して話題になっている。大臣としてはこの一文をどのように解釈しているのでしょうか、ご見解を教えてください。」とたずねた。麻生はおとぼけで、「あまり細かく知らないねえ、今の話は細かく。細かくは知りません。うん、それしか答えようがないよ今。質問の意味をもう1回、俺に分かるように分かりやすく説明してごらん。もう1回言いたいなら、どうぞ。」記...トップの不祥事を下に押し付けるボロくずのような権力者の哀れな姿

  • イギリスの作家試合で2000人の感染者

    圧倒的な国民が開催に疑念と恐れと不安を抱く東京オリンピックであるが、政府は開催以外に選択肢がなくわき目も振らずまっしぐらである。開催都市東京都の新規感染者が一向に治まらないどころか増加する中、続々と選手団が入国し始めた。菅義偉政権は大会が始まれば、競技する選手たちの姿に感動し、盛り上がってコロナのことなど忘れると踏んでいるに違いない。ところがどっこい、イギリスのスコットランド保健当局は先月30日、ヨーロッパ選手権の試合や関連イベントをめぐり、新型コロナウイルスの感染との関連を調査した結果、2000人感染者が出たと発表したのである。6月11日から28日までに、ヨーロッパ選手権に関連して感染が確認されたスコットランド在住者は1991人、この感染者の3分の2にあたる1294人は試合の前後にロンドンを訪れている。今後の...イギリスの作家試合で2000人の感染者

  • 五輪後には恐怖の時代が訪れるが安倍晋三のまいた種である

    総理大臣職は仮病で辞任はしたものの、安倍晋三は嘘をついたままで国会議員は辞めない。今はいくつかの正体不明の党内の集まりで、名誉会長を数多く引き受けている。森友学園の国有地ほぼ無料払い下げ事件の主犯は安倍昭恵である。妻は「名誉学長」、自らは「瑞穂の国安倍晋三記念小學院」と銘打たれてまんざらでもない様子である。教育勅語を暗唱させる極右翼小学校に、安倍晋三の名を冠するのはもっともであるが、現役中は拙いのでやめるように指示していた。寄付金も昭恵が、総理からですと100万円渡している。この学園開設に、極めて深く関係していながら、2017年2月17日の上図の発言を、安倍は国会で述べたが実行する気がない。この嘘を守るために、佐川宣寿は関係公文書の改ざんを命じ、後に係わった数人の管理職ともども栄転する。直接改ざんを担った公務員...五輪後には恐怖の時代が訪れるが安倍晋三のまいた種である

  • 一向に減らない東京の新規感染者、これでいいのか五輪するなんて

    間もなくオリンピックを始めるつもりでいる東京の感染状況が、一向に治まることがない。先日の人口動向でも、地方の人口が都会に流れていることがはっきりしている。とりわけ東京は、密の傾向と経済活動が圧倒的な地区である。緊急事態の延長ともいえる、まん延防止の最中にあって、増加が止まらない。変異株N501Yの比率増加が顕著である。そんな中でも都議選が始まっている。繁華街に人出も一向に減らない。東京には横のつながりの少ない人たち、縦のつながりのない人達、経済活動をしなければならない人たちが圧倒的である。懸命にオリンピック予選突破の競技者の歓喜を伝える、報道が胡散臭い。聖火ランナーなど、とてもじゃないが聖火をリレーしている姿には見えない。開催関係者のトップの一人で、唯一官僚メモに頼らない自分言葉で説明していた、女帝の小池百合子...一向に減らない東京の新規感染者、これでいいのか五輪するなんて

  • アニマルウエルフェア封じ込めに札束を使う人たち

    鶏卵大手のアキタフーズの創始者秋田善祺は、当時農水大臣であった吉川貴盛に、アニマルウエルフェアの定着阻止に向けた贈賄として金を渡したことを認めた。欧米の家畜を命る生物と捉える動きに恐れをなして秋田らが金を持って行ったのである。金の受領に及び腰であった吉川に、受け取りを促したのが元農水大臣の西川公也である。本ブログでは、幾度もこのことを指摘していて繰り返しになるが、河井克行、案里夫妻の選挙違反の捜査中この件に関して、たまたま見つけたに過ぎない。どれほど養鶏業者は贈賄に当たる金を貢いだか実態はわからない。捜査もしない。事実吉川に受け取っとけよと促した西川公也は、分っているだけで数百万円を受け取っている。秋田は認めてはいるが、養鶏協会の理事の多くは吉川に現金を渡している。理事の半分は秋田の息のかかった人物である。これ...アニマルウエルフェア封じ込めに札束を使う人たち

  • 天皇の言葉を否定する官邸の横暴と五輪開催の杜撰さ

    天皇が自らが名誉総裁におさまる東京五輪の開催について、宮内庁の西村泰彦長官は、「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます。」更に、「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されているご心配であると拝察しています。」と述べた。これを受けて加藤官房長官は、「これは西村長官の個人的意見だ」と切って捨てた。西村官房長官は、”拝受”という言葉を使って天皇の気持ちを伝えたのであるが、加藤官房長官は聞き入れなかった。天皇は現憲法下で政治的発言は控え、側近に伝えさすものである。自民党は党が掲げる改憲案で、天皇を元首に据えている。今回の官邸の対応は、自民党の改憲案が...天皇の言葉を否定する官邸の横暴と五輪開催の杜撰さ

  • 私たちに多様な視点を見せてくれた立花隆氏に感謝する

    立花隆が亡くなっていた。メディアは”知の巨人”として彼を紹介する。多くの紹介者は立花隆の大きさを触り切れないので、知の巨人という言葉を用いているのであろう。基本雑学であるが独立してからは、存分に雑学の幅を広げていった。理系文系という分類に、私自身抵抗もあったが、立花氏は早くからそうした枠を意識せずに文筆活動を広げた。立花氏の、取材を通して真理や事実あるいは人の感性の底辺を汲み取る作業は、香月泰男のゴーストライターとして書いた、「シベリア鎮魂歌香月泰男の世界」に始まる。抑留帰国後数年を経て筆をとった香月のシベリアへの鎮魂は、べた塗りの暗黒の絵が基調であった。本ブログで、ロスケという言葉を吐き続けた爺様がいたで取り上げたが、拝借した絵は香月のものである。立花隆は、自分のオフィスとなる事務所の外壁を、香月の漆黒で塗り...私たちに多様な視点を見せてくれた立花隆氏に感謝する

  • 赤木ファイルの提出を拒否してきた麻生は、よほど都合が悪かったからである

    主に人名の一部黒塗りであったが、518ページの赤木ファイルは森友学園の国有地ほぼ無料の払い下げの実態を明らかにしてくれている。赤木ファイルとは、佐川宣寿理財局長がこの土地所轄の近畿財務局の赤木俊夫さんに直接、具体的に、詳細に指示をしていたことが判明した。全く新たな事実がいくつも確認された内容が数多くある。少なくとも関係省庁は再調査に踏み切るべきである。大阪地検を抱き込んだ官邸側、財務局は内部調査は必要ないと、麻生太郎は公言している。麻生も関係者である。彼には再調査されると困ることがあるに違いない。赤木ファイルは命を賭して書かれた、赤木俊夫氏のメッセージである。2017年安倍晋三が、「私や妻が関係していれば総理も国会議員も辞める」と言い放った、2月17日から9日後の26日日曜日午後4時に佐川局長から改ざんメールが...赤木ファイルの提出を拒否してきた麻生は、よほど都合が悪かったからである

  • 一国二制度をいとも簡単に崩壊させた中国

    最後のリンゴ日報「最後の雨の中のつらい別れ」「我々はリンゴを支える」とある中国に批判的で、民主化を求める論調で評判の香港の新聞「リンゴ日報」は、香港国家安全維持法に違反したとして警察に資金が凍結されたり、幹部が次々と拘束されたことなどを受けて、今日(24日)の朝刊を最後に発行停止に追い込まれ、通常の10倍の100万部刷られた。今日は中国が掲げた偽りで猫騙しのスローガン「一国二制度」が崩壊した日である。中国の報道官は、「香港は法の下にあり法の外にある楽園ではない。報道の自由は免罪符ではない。」と、自ら一国二制度を否定した。イギリスの外相は報道の自由がなくなる危機感を露わにしている。街には新聞を求める長蛇の列ができている。将来孫に見せるために飼いに来たという市民もいた。香港市民は一応に今後に不安を抱いている。中国の...一国二制度をいとも簡単に崩壊させた中国

  • 辺野古の海の埋め立てに戦没者のいこと土砂を使うな

    本土決戦を遅らせるための、沖縄決戦は際限なく住民を巻き込んだ。今日は沖縄慰霊の日である。員だどこからでも見つかる戦没者の遺骨。特にガマで遺骨は残されたものが数知れない。多くの一般人が逃げ込んだ沖縄の自然の洞窟、ガマで遺骨を収集する人を、畏敬を込めて「ガマフヤー」と呼ばれる。具志堅隆松さんもそうしたガマフーの代表者である。時には上の絵のように不発だった爆弾を抱えた爆弾兵の遺骨に会う事もあるという。具志堅さんが遺骨を収集するガマの丘を削り、ズリとして県民の8割が反対を表明する辺野古基地の埋め立てに使うというのである。無念のまま亡くなった戦争犠牲者たちの骨の入った土砂で、戦争基地となる辺野古の埋め立てに使うというのである。これほど非人道的なことがあるだろうか。具志堅さんは糸満市の平和祈念公園で県庁前で、遺骨で辺野古基...辺野古の海の埋め立てに戦没者のいこと土砂を使うな

カテゴリー一覧
商用