プロフィールPROFILE

mikoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

すきなもの。たいせつなこと。ココロに風を通すと見えていなかったたいせつなことがあぶり出されてきたりします。

ブログタイトル
時間のしずく time drops
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/jikannoshizuku
ブログ紹介文
ココロの風通し的散文です。思うこと/アート/本/映画/音楽/自然など、日常の写真を添えて綴ります。
更新頻度(1年)

89回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2014/12/01

mikoさんのプロフィール
読者になる

mikoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 17,681位 16,937位 18,018位 17,937位 17,953位 17,922位 16,861位 978,629サイト
INポイント 10 20 10 10 20 10 20 100/週
OUTポイント 10 20 10 10 20 10 20 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 840位 807位 858位 860位 869位 865位 827位 66,455サイト
こころの風景 7位 6位 6位 7位 6位 6位 6位 566サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 37,074位 36,150位 36,251位 33,745位 33,738位 32,719位 31,656位 978,629サイト
INポイント 10 20 10 10 20 10 20 100/週
OUTポイント 10 20 10 10 20 10 20 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 2,145位 2,104位 2,103位 1,949位 1,958位 1,894位 1,843位 66,455サイト
こころの風景 15位 14位 14位 14位 13位 12位 12位 566サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,629サイト
INポイント 10 20 10 10 20 10 20 100/週
OUTポイント 10 20 10 10 20 10 20 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,455サイト
こころの風景 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 566サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mikoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mikoさん
ブログタイトル
時間のしずく time drops
更新頻度
89回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
時間のしずく time drops

mikoさんの新着記事

1件〜30件

  • 時間限定線路

    時間限定の幻線路。さて、みえない電車には一体なにものが乗っているのかしら。リアル?フェイク?フェイクが実はリアルな場合もあるかもしれないよね。こちらはダブル線路。realandfake時間限定線路

  • 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」練馬区立美術館

    間に合わないかなと思っていたけど、やっぱり観に行きたい!と思い立って電車に乗る。「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」西武池袋線中村橋で下車。歩いてすぐの練馬区立美術館へ。アメリカの絵本作家エドワード・ゴーリー。このひとの絵本が特別すき、とかじゃないのだけれど、繊細なペン画、無表情なニンゲン、ふしぎなナゾのイキモノなどなどになんだか惹かれるのだ。風刺、というより辛辣で不条理なストーリー。救いのない結末。が多い絵本。それでも、どこかこう滑稽だったり、人間らしさが滲み出ているからこそ人気があるのだと思う。展示の中にあった、ゴーリーが母親に宛てて送った手紙の封筒に描かれた絵!これがすばらしい!すっかり魅せられてしまった。。。「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展2019年11月24日まで。「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」練馬区立美術館

  • こころのふしぎ

    預かり保育の先生業に就いて早くも四年。いろんな場面でいろんなことに気づかされ、日々が勉強だ。入ったばかりで慣れず、泣いてばかりの女の子。。。そんなこも、どんなこも、こころの扉を少し開いてくれる瞬間がある。そんなとき、わたしも嬉しくてきっと一瞬間、わたしも子どものこころに戻ってるんだな。こころとこころでみえないハイタッチ!あとは、笑いで一気に扉が開く。緊張感で小さくなっていたこが心身共にみるみるぐっと一回り大きくなる瞬間だ。束の間の「預かり保育」の時間。クラスとは違う幼稚園での時間をのびのびと過ごさせてあげたいなぁ。と常々願うのであります。こころのふしぎ

  • 子に従え?

    17歳の末っ子に「お母ちゃんは熱すぎる」と笑われる。彼女はわたしの娘なのに、クールだ。お母ちゃんは情が深すぎる。暑苦しい。とまで言う。自分にだけではなく他人にも、なのだそうだ。。。情けがないより結構じゃん!って思うのだけれどな。そうか。あつくるしいときたか。本能と直観を頼りに真っ直ぐ生きてきたけれどちょっと、ここらで見直さなくちゃいけないってことかな。(今頃??)まあ、そんなことスパッと言ってくれるのは身内だけだもの。批評をありがとう。ちょっとクールなわたしになってみようか。老いては子に従えですなあ。子に従え?

  • こくり。

    ドラマはあまり観ないけれど朝ドラは観る。先月始まった「スカーレット」のオープニングがとてもすきだ。やきものの粘土からにょきにょきと生まれた少女。あの娘が、曲の出だしにひとり小さくうなづいてから歩きだすところがなんだかすごく可愛らしくて毎朝見逃せない。一生懸命で、ひたむきで、胸にはいっぱいの希望が詰まってる様が、あの小さな頷きひとつに全部顕れているようにみえる。こくり。うん。自分もがんばろう。小さな土人形に励まされるわたくしであります。こくり。

  • パープルスカイ

    キレイな三日月が見えるかなぁと高台まで自転車を飛ばす夕暮れ。パープルスカイに浮かぶ三日月がとてもすき。薄紫の空に一瞬、白い三日月が。みるみるグレーの雲に隠れてしまったけれど。静かなパープルの世界。昔暮らした海のみえる街でもこの薄紫に染まる時間が好きで、よく空をみていたことを思い出した。時間は廻る。いろんな空にいろんな記憶を映して。今日は次男坊21歳の誕生日。彼が生まれたあの日もぽかぽかの秋晴れだったな。今までと変わらず、これからの日々にもエールを贈ります!パープルスカイ

  • 「コートールド美術館展」東京都美術館

    謎多き「フォリー=ベルジェールのバー」虚ろな眼差しとは対象的なコンポートのオレンジの艶に勝手に焦点が合ってしまう。。。(オレンジらしいのだけれど、どうしても柿に見えるのはわたしだけー??)コートールド美術館展。マネ、モネ、セザンヌにルノワール。ドガにゴーギャン、ゴッホまである。見処たっぷり、贅沢なコレクションであります。今回、スーラの絵に初めて惹き付けられた。今までピンときたことなかったのに。缶バッヂまで購入しちゃった!絵の好みも年齢と共に変化するのかしら。。でも昔からゴーギャンの絵はすきになれない。ごめんなさい。「月と6ペンス」を読んでから余計に。モネの海や湖の絵にはとても惹かれる。「秋の効果、アルジャントゥイユ」なんとも美しい。そして見事な空と雲!ウジェーヌ・ブーダン「ドーヴィル」今回は久しぶりにお会いする...「コートールド美術館展」東京都美術館

  • 自然の野性。

    ただただ、毎日をだいじにして生きていこう。自然には勝てない。従順であるのみ。ガンジーが言ったとされる名言をかみしめる。「Liveasifyouweretodietomorrow.Learnasifyouweretoliveforever.」明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。台風の被害に遭われた方々に慎んでお見舞い申し上げます。こんな、世界の片隅のブログの文章を目にすることはないと思いつつ。一刻も早く普通の日常が取り戻せますよう、心よりお祈り申し上げます。自然の野性。

  • 中之島図書館と星々の悲しみ

    いつも父の入院や手術の為に緊急で行くことがほとんどな大阪。今回は父が元気な時にと思い立って、仕事の隙間に2泊の小旅行気分。友達とも会えたし父と久しぶりにゆっくり話せてよかった。最終日、父と自転車さんぽ。中之島図書館へ。今まで何度か来たことがあったのだけれど、タイミングが悪くいつも閉館。今回初めて中へ。明治37年の近代建築。入り口には右から「大阪図書館」とある。大阪初の図書館なのだそうだ。入口の階段が素晴らしく美しく、ドームの屋根のステンドグラスがこれまた綺麗。時間の余裕がなく、残念ながら入口の階段を見学しただけ。近かったらここに通いたい。。。中之島図書館。実はまだ見ぬうちからこころの中でその空間を想像で作り上げていたのであります。というのも…20年以上前に読んだ宮本輝の「星々の悲しみ」にこの図書館が出てくるので...中之島図書館と星々の悲しみ

  • タイムトリップなトリップ

    とうとう太陽の塔の中へ潜入!大阪のコドモだった頃だいすきだった太陽の塔。遠く離れても、ずっとわたしのココロの中に凛と立っていた。数えてみれば、なんと45年振り!あの頃のまま、大きく腕を広げて待っていてくれました!一緒に行った友達Hちゃんも太陽の塔を見て育ったひと。彼女とはフシギな縁で出会って以来、まるで従姉妹か何かの様にとてもファミリアーに感じる友達。去年松山で、今年は大阪で会ったのが人生でまだ二度だとは、自分でも信じがたい。今回の内部ツアーも提案したら、即予約を取ってくれたHちゃん。頼もしいー。すきなものが一緒なひとと行動すると、互いに気を遣いすぎることなく存分にそこの空気を満喫できるのがいい。太陽の塔のある万博記念公園。台風の影響で、季節外れな青空にもくもくの雲。おかげさまで、太陽の塔と絶景の中の素晴らしい...タイムトリップなトリップ

  • 秋こよみ

    ここの芙蓉はわたしに地球の時間を教えてくれる。ニンゲンの時間ではなく、ね。花はみな、その小さな体の中に時計を持っていて、ちゃんと自分の咲くべき時を知っている。それは地球と直結した時の流れ。よりみちしてはわたしはその花をみて時を知る。秋こよみ

  • ゆうぐれ

    曇ってるからみえないかなぁ。。。と思いつつ、風に当たりに夕散歩。みるみる焼ける空。雲がある方が夕やけはドラマティックだ。一日の終わり。あかく燃えていた雲がだんだんだんだん色をトーンダウンしてグレーに戻る。どんなものにもはじまりがあって終わりがある。そういうふうにできているんだ。また明日。あたらしいはじまり。ゆうぐれ

  • 写真展に浸る時間

    トモダチとの待ち合わせの前に写真展二つ。「写真の時間」東京都写真美術館の収蔵作品のコレクション展。わたし、コレクション展って結構すきなんだなぁ。いろんな写真家の逸品がたくさん同時に観れるってすごいお得感あり!奈良原一高ブレッソンのすきな一枚に再会。そして米田知子さんの世界観にスポッとキモチがはまりこむ。。。そして島田忠氏「野生の瞬間」アカショウビンってこんなに赤いんだ!とかシマエナガの羽はこんなに広がるんだ!とか写真が美しいだけでなく、いろいろ勉強になります!ギリギリ間に合ってよかった。「野生の瞬間」は、9月23日まで!「写真の時間」は、2019年11月4日まで開催中です。写真展に浸る時間

  • 「時間」のチカラ

    20199月撮影201810月撮影去年、突然伐採されてかわいそうだったあの木。春夏を過ぎて一年の時間が経つとこんなに賑やかに!小さな草花たちが寄り添って咲いているのをみつけてわたしはうれしくなる。よくみると、小さな虫たちの安全な棲みかにもなっている。時って。。。。すごいなぁ。植物に必要な時間、ものごとに必要な時間がある。ひとにもね。つくづく、時は最良の薬なんだなぁ。「時間」のチカラ

  • あしたの力の素

    仕事のかえりみち。空があまりにキレイに焼けているのを見ると家とは反対方向の西の空に向かって自転車をこぎだしてしまう。ほんの5分の遠回り。たった5分でもココロの色は塗り替えられる。その5分が実は明日のわたしを作っているのかもしれない。ココロに自由をゆるそう。あしたの力の素

  • 空想旅行

    遠くへひとりで旅にでたい。そう思ってもヒョイッとは行かれない。そこで。想像力をフルに使う。メタセコイヤの木の下で。どこまでも続く並木道。ここはアメリカ西部の森。野生の馬がふいに視界を横切る。。。なぁんて。ふいに木の間から現れたのはわんこの散歩のおじいさん。ここは、自転車で5分の近所の公園なのでありましたー。ひとときの空想旅行。こんな時間もおもしろいものです。空想旅行

  • 泳ぐてんとう虫

    お参りの水桶の中に一匹のてんとう虫。あまりの暑さにてんとう虫もお水が飲みたかったのねぇ。気持ち良さげにも見えたけどご本人、パニックだったのでしょうね。水に手を浸けて指を近づけると慌ててよじ登ってきた。かわいい。逃がしてあげたあと、アノ子のお墓にお水をかけながら、、、ふいに、さっきのあのこはアノ子のメッセージだったのかも。。。なんて思う。来週の命日がくると親友だったアノ子が空に昇ってから8年目の八月が終わります。Istillmissyou...泳ぐてんとう虫

  • 時間の魔法

    10年前と30年前はそんなに変わらない。どちらも、もう大人になっていたから。おもしろい。歳を重ねるっていろんなことが遠くまで見渡せて、クリアになるのねぇ。さすがに40年前はかなり昔だ。オトナでもなく、コドモでもない中学生のわたしはまるで進化真っ最中のサナギだ。文芸部で、詩をたくさんたくさん書いていたあの頃。ドリーマーでありながらウニみたいにトゲだらけ。オトナの矛盾、世の中の矛盾にいつも腹を立てていたわたし。50年余、長いこと転げ回っているうちにトゲは削れて落ちるものなのね。時間の魔法

  • 吉祥寺美術館 「小畠廣志 木に呼ばれる」

    木を彫るノミの音が聞こえてきそう。。力強さの中のやわらかさ。。。一度観たら忘れない彫刻。「小畠廣志木に呼ばれる」武蔵野市立吉祥寺美術館2019年9月8日まで。吉祥寺美術館「小畠廣志木に呼ばれる」

  • ヨリミチノススメ

    ほんの5分の遠回り。木々の間から眺める青空。いい感じの雲が浮かぶ。ここの芙蓉の花の色はうっとりするほどかわいらしいのだ。たった5分のよりみちでこころに清々しい風が通り抜ける。忙しい時にこそ寄り道を。ヨリミチノススメ

  • どこまでも。

    自分の枠はもうとっくにどこかへ放り投げちゃったのでわたしのこころはどこまでも自由だ。すきなものにまみれて命尽きるまで日々成長したい。せっかくここにこうしていま、生きているのだから。どこまでも。

  • 真夜中に目覚めて。

    真夜中に目覚めてあれやこれやと考える。昔、母に「考えごとと夫婦喧嘩は、夜したらアカン。」と云われたことを思い出す。どちらも、決して良い解決をみない。という母の持論。堂々巡りの考えごとに頭が冴えて眠れなくなる。。。あかんあかん。サラ・ヴォーンのゆるい唄声を聴いてなんも考えんと早よ寝よう。真夜中に目覚めて。

  • 幻のような虹をみた

    強い陽射しに目が眩んで幻かと思うよな儚い虹をみた。虹をみるとまどみちおさんの「虹」を思い出す。幻のような虹をみた

  • 真夏のオーロラ

    真夏のオーロラ現る!?真夏のオーロラ

  • The Great Gatsbyの想い出

    電車の中で、真向かいの席に座っていた女の子が「TheGreatGatsby」の洋書を膝の上に広げたまま居眠りを。。。それを見て、懐かしいなぁ。。。と思い出す。丁度、あの頃の自分と年の頃も同じくらい。昔々、高校卒業後、わたしが選択した進路は、英語の専門学校。最初の夏休みの課題は、洋書を一冊自分で選んで読み、英文でリポートをまとめ、それを発表するというものだった。学校はお茶の水にあったので、学校帰りに神保町の書店の洋書売場をウロウロ。何を読もうか、あれがいいかこれがいいかと迷って歩き回っていたら、初老の外国人のおじさんが「迷ってるなら手伝おうか?」と英語で話しかけてきた。習い始めた英語を使うチャンス!とやっとのことで英語で、夏休みの宿題でリポートを書くのにお薦めの小説がないか。と訊ねてみると、薦めてくれたのが、「T...TheGreatGatsbyの想い出

  • 陽炎と蝶

    今日から8月。はやいはやい。月日はビュンビュン過ぎる。もっとゆっくりちゃんと味わって生きたいんだけれどな。だいじなことをぽろぽろ落っことしてはいまいか。気がつけばもうキバナコスモスが炎天下に揺れている。花の密秘密の密。どちらも同じ。陽炎が遠くでゆれている。陽炎と蝶

  • サマーはじまりました。

    突然の青空に蝉が一斉に声をあげています。「梅雨明け」の発表はなくとも蝉が夏の到来を知らせてくれました。梅雨寒のあとの猛暑。熱中症に気をつけなくちゃね。サマーはじまりました。

  • 夏の匂い

    やっと夏らしくなってきました。街で見かけたタチアオイの花が日差しを浴びて嬉しそうに揺れていました。それにしてももう7月も終わるというのにセミの声を一度も聞いていないなんて。。。園庭でも、蝉の抜け殻がひとつも見つかりません。去年の酷暑も異常だったけれど、この長梅雨も異常。普段25℃くらいのヨーロッパの国々では40℃を超える猛暑となっているらしい。たったひとつの皆で乗ってる地球。ニンゲンのためだけじゃなく地球上のあらゆるイキモノのためにもこの異常気象が少しでも改善されるようひとりひとりが心掛けないとね。。。夏の匂い

  • Limited time mirror

    時間限定の秘密の鏡。飛び込んだら空をおよげるかなー。Limitedtimemirror

  • 久しぶりのオレンジスカイ

    ニンゲンは勝手だなぁって思いながらも梅雨寒が続けばお日様の光を暑さが続けば冷たい雨を無い物ねだりの繰り返し。ま、そんなもんだよね、ニンゲンだもの??久しぶりのオレンジスカイ

カテゴリー一覧
商用