searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

MTさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
絶景探しの旅
ブログURL
https://zekkeiphoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
日本や世界の旅、自分の住む街で撮影した素敵な風景写真・絶景写真を思いを込めて紹介しています。
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/10/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MTさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MTさん
ブログタイトル
絶景探しの旅
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
絶景探しの旅

MTさんの新着記事

1件〜30件

  • ツルたちのサンクチュアリ (鹿児島県 出水市)

    冬になると鹿児島県・出水市ツル観察センター付近には越冬のために多くのツルたちがシベリアからやって来るとのことです。 私がこちらに訪問したときにはちょうどツルの飛来が15,390羽と発表されていました。 うち96%がナベヅルで、4%がマナヅル、それに加えてごく少数のクロヅル、カナダヅル、ナベグロヅル、アネハヅルが確認されたとのことです。 ツルたちのサンクチュアリ (鹿児島県 出水市)    Photo No.1518後ろの...

  • 直線になって飛ぶナベヅル (鹿児島県 出水市)

    今回の鹿児島の旅の中で、出水は一番、最後の行程でしたが、私の長い間の念願だった訪問先ということもあり、最初にご覧いただいています。 今日もナベヅルの飛翔の1枚となります。 前回の1枚は三角形になっての飛行でしたが、こちらはぴったり線を引いた上を飛んでいるような一直線の飛行です。 出身地エリアやグループによって飛び方が違うのでしょうか。 観察しているとちょっとした面白い気づきがあったりします。...

  • ナベヅル飛来 (鹿児島県 出水市)

    鹿児島県出水市(いずみし)についに念願のツルの撮影に行ってきました。 相当以前、私が野鳥写真をやっていた頃に手ほどきを受けたこともある当時の野鳥写真の第1人者の叶内拓哉氏の「鳥に会う旅」という著書がありまして、その第一章が「出水のツル」です。 お金をためてようやく念願の望遠レンズを手に入れた氏が真っ先に訪れたのが、出水でして、現地を訪れたときに三羽のナベヅルを見たときの第一声が「ツルだっ!」だった...

  • 夕日の赤富士 (東京都 八王子市)

    高尾山に行ってきました。 最近の秋の紅葉の季節はすさまじい人出なのですが、海外からの人も少なくやや落ち着いている感じでした。夕日の赤富士 (東京都 八王子市)    Photo No.1515ひょっとしたら夕暮れ時の富士山が見えるかなと高尾山頂に行ってその時を待ちました。 日没時間が近づき、直前まで富士山頂を半分隠していた雲が東に流されて山頂が顔を出し始めました。 夕日の赤に染まる富士山を楽しむことが出来ました...

  • 朝霧の道 (高ボッチ高原/長野県 塩尻市)

    朝霧の道 (高ボッチ高原/長野県 塩尻市)    Photo No.1514撮影を終え、これから帰路につきます。 再び高ボッチ高原を覆いだした霧の中、電波塔方面へと続く道を歩きます。遠くに北アルプスの風景が霞んで見えます。 朝のダイナミックな風景もいろいろ撮ったのですが、それはまたの機会にして、今回の高ボッチ高原編はこちらを最後の1枚としたいと思います。SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f2.8 1/125 IS100■ 本...

  • 北アルプスと朝焼けのグラデーション (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

    長野・高ボッチ山の風景です。 富士山と諏訪湖の後ろ側の風景です。 お日様の光を受け、北アルプスの山々の上に広がる空がきれいなサーモンピンクの色に染まり始めました。諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1512この空の一瞬の色合いも素晴らしく、ただ北アルプスの風景を見つめるだけです。 手前の休憩所と原っぱの道を画角に入れて構図を決めて撮った1枚です。SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM...

  • 諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

    長野・高ボッチ山(たかぼっちやま)からの夜明けの風景です。 目の前の霧がすっかりと晴れました。 手前の山々の向こうに富士山の様子もくっきりと見えます。 街明かりに囲まれた諏訪湖の湖面に見える不思議な模様は風が作ったものでしょうか。 諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1512私はこの明かりが残る朝の諏訪湖の風景がとても気に入っています。 しばらくすれば街灯の明かりが一斉に消え...

  • 霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)

    山の天気は変わりやすいと言いますが、あれほど満天の星が楽しめた高ボッチ高原でしたが、その後、雲が流れて来たのか、霧が発生したのか、周りが濃い霧に覆われてしまいました。 いつまでも霧の中と言うことで、断念して撤収する人も出始めています。 自分の運の悪さに嘆きたくなってしまいます。霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)    Photo No.1511それでも万が一のこともあるのではと粘っていたら、すごい速さ...

  • 輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

    高ボッチ高原での一番メインの撮影場所と言えば富士山と諏訪湖の風景です。 いつもですと諏訪市の街並みの上にうっすらとベールがかかった幻想的な風景が楽しめたりしますが、この日はベールがとても薄く街灯りがそのまま飛び込んでくる難しい撮影条件となりました。 この時間は車で皆さん眠っていらっしゃるようで、隙間なくずらりと場所確保の三脚の隙間をお借りして、撮影を楽しみます。輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボ...

  • 北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

    ここ数日の季節外れの高い温度のために、少し前までの寒さをもう忘れている人も多いのではないかと思います。 私が高ボッチ高原を訪れたのはちょうど寒さが厳しい頃で、登るためにスタッドレスタイヤが必要なのでは思っていたくらいです。 秋から冬の高ボッチ高原の夜はすでに激寒で氷点でレンズに霜が付くような環境でした。北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1509そんな高ボッチ高原の北側の山々の空に...

  • 高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

    長野県の高ボッチ高原に行って来ました。 山の天気は変わりやすいと言うこともあり、天気予報で晴れが連続して続く日の真ん中を狙って行くようにしています。 今年はとにかく週末の天気が悪くなかなか高ボッチ高原に行く機会がありませんでしたが、秋も深くなりようやくといった感じです。 さっそく、高ボッチ高原に向かいます。 狙いは明け方の富士山と諏訪湖の風景ですが、こちらの星空もなかなか素晴らしく深夜の到着となる...

  • 秋の明かり (高幡不動尊/東京都 日野市)

    東京・日野市の高幡不動尊からの最後の1枚になります。 お日様の光がどんどん差し込み始めました。 この光と遊びながらの撮影です。 今回は真新しい萬燈會(まんどうえ)と書いた提灯がとても気になっています。 何だろうと調べてみれば、多くの灯明をともして仏・菩薩を供養し、衆人の罪障を懺悔し、滅罪を祈願する法会のこととありました。 高幡不動尊でもそのような催しをやっているのでしょうね。秋の明かり (高幡不動尊...

  • 明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)

    東京・日野市の高幡不動尊からです。 狙える紅葉が1本ということもあっていかに工夫するかがポイントになっています。 辛いところではありますが、こういう時だからこそ、イマジネーションを膨らましての撮影です。明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)    Photo No.1506朝日の位置がどんどん変わって行きます。 木々の隙間からの光の差し込みが枝の先の紅葉に当たり始めました。 透過光で色鮮やかな葉をぼかすとともに、陰...

  • 朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)

    この前の日曜日は、五重塔近くの紅葉が赤くなったとのことで、お馴染みの東京•日野市の高幡不動尊に出かけてきました。 赤く染まっている2本だけでした。 いつもは周りの紅葉ももっと色づいているような気がするのですが、位置的にそれなりに狙える木は実質1本です。 悩ましいですが、あれこれ工夫しながらの撮影開始です。朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)    Photo No.1505ちょうど朝日が五重塔の後ろ...

  • 湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)

    奥日光への絶景探しの旅はこちらを最後の1枚としたいと思います。 奥日光では行きたかった場所がもう少しあったのですが、秋の紅葉渋滞を考え、早めに上がることにしました。 そんな帰り道で振り返っての撮影です。 湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)   Photo No.1504奥日光の秋の色に包まれる男体山と湯ノ湖風景です。 男体山の麓の紅葉の様子がきれいなだけでなく、山頂付近の雲がまるで噴煙のようにも見える面白い作品と...

  • 半月山から富士山を望む (栃木県 日光市)

    半月山からの中禅寺湖と男体山の絶景写真をしっかり収め、展望台から駐車場に戻ってきました。 この感動をもうひとつということで、今度は半月山駐車場から見えるはるか向こうの富士山を引き寄せた1枚をお届けします。半月山から富士山を望む (栃木県 日光市)   Photo No.1503こちらから富士山までの距離は直線で、164㎞だという記述を見つけました。 それだけ離れていてもしっかり見えるというのもすごいものですね。 ち...

  • 秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)

    細くて急な山道をやっと登って来た栃木・奥日光の半月山(はんげつさん)展望台です。 前回の写真は中禅寺湖に突き出した八丁出島を望遠で切り取った1枚でしたが、こちらは広角で撮った1枚です。 目に前に大きな男体山その脇に戦場ヶ原も見える大パノラマの絶景風景に感動です。、秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)   Photo No.1503半月山の展望台のデッキに登れば、目の前に広がるのは秋色に染ま...

  • 紅葉に染まる中禅寺湖 八丁出島 (半月山展望台/栃木県 日光市)

    栃木・奥日光の半月山展望台(はんげつさん)からの1枚です。 ここから見える中禅寺湖に突きだした八丁出島の風景はYahoo!ニュースに提供された下野新聞社(しもつけ)の写真でご覧になった方も多いのではないかと思います。 今回の奥日光への訪問の一番の楽しみはこちらの風景を見ることでした。 半月山駐車場のすぐ脇から頂上方面に向かう登山道があり、その途中に展望台があり、駐車場からゆっくり登って30~40分くらいで到...

  • 光のライン (半月山/栃木県 日光市)

    栃木県日光市 奥日光・半月山駐車場の展望を楽しんでいます。 大きな目的の前の道草状態になっていますが、これを道草とするにはもったいない風景が広がっています。 この後の空がどうなるかもわかりませんので、ここは少々粘ってみたいと思います。 この日で1500枚目の写真となります。 そんな1500枚目にとっておきの1枚をご紹介したいと思います。秋色のパレット (半月山/栃木県 日光市)    Photo No.1500奥日光での撮...

  • 秋色のパレット (半月山/栃木県 日光市)

    栃木県・日光市の奥日光 半月山駐車場からの1枚です。 山の上の平地と言うこともあり、結構、風が強く身体が冷え込みます。 そんな中で面白いなと思った部分を望遠レンズで切り取っての撮影を楽しみました。秋色のパレット (半月山/栃木県 日光市)    Photo No.1499この眺めがとにかく素晴らしく、いつまでも撮影を続けたいところですが、これから山登りを済ませて、大渋滞前に帰路に着こうかと思っていますので、ほどほど...

  • 秋の尾根 (半月山栃木県 日光市)

    秋にの栃木・奥日光の紅葉を楽しみながら、山道を走って到着は半月山駐車場です。 これから簡単な山登りをして半月山展望台に向かうわけですが、その前に駐車場からの大展望が素晴らしく、朝の風景を写真に収めてから、山登りすることにしました。秋の尾根 (半月山/栃木県 日光市)    Photo No.1498こちらの半月山駐車場はとても高い位置にあり、素晴らしい展望が楽しめます。 まずは日光らしい紅葉の尾根と遠くの富士山を...

  • 紅葉の中禅寺湖 (栃木県 日光市)

    昨夜の雪がウソのように、この日の朝の空は快晴の天候となりました。 支度を済ませ、これから今回の日光訪問で最も楽しみにしていた場所に向かいます。 目的地に向かう途中の中禅寺湖展望台からの風景です。 紅葉の中禅寺湖 (栃木県 日光市)    Photo No.1497ピークを過ぎた紅葉の彩りとなっている中禅寺湖の様子です。 船がいい位置にやって来るまで待って撮った1枚です。 光で色が飛ばないように露出を落とすとともに...

  • 星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)

    栃木・奥日光 戦場ヶ原を背に男体山と星空の風景を撮っています。 奥に見えるのは男体山です。 やさしい紳士のような中禅寺湖側からの姿に対してこちらはがっちりとした力強いまさに男体山というにふさわしい姿に見えます。星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)    Photo No.1496月明かりに照らされる男体山の上にちょうどふたご座とオリオン座が輝いています。 そろそろ23時30分になります。 明日はお楽しみの風...

  • 月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)

    栃木県・奥日光には、華厳ノ滝、竜頭ノ滝そして、湯滝の名瀑三滝と呼ばれる滝があります。 今回は夜の湯滝と竜頭の滝を訪問したのですが、そのうちの竜頭の滝の1枚をご紹介したいと思います。 遊歩道を下って滝のそばまでやって来ました。 月明かりに照らされた竜頭の滝を滑り落ちるように水が流れて行きます。 月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)    Photo No.1495撮影も完了し、元来た道を登ろうとすれば、山側の柵...

  • 中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)

    栃木県日光市の奥日光にある大きな湖、中禅寺湖の湖畔に立っています。 約2万年前の男体山(2,486m)の噴火によってできたとも言われています。中禅寺湖からの男体山の眺めはとても最高でして、この日はほぼ満月ということもあり、その光で浮き上がる男体山と中禅寺湖の夜景を楽しみにやって来ました。中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)    Photo No.1494昼間は多くの人々でにぎわう湖畔も夜の21時を回りひっそりとしています。...

  • 秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

    栃木県日光市の奥日光と言われるエリアからです。 湯ノ湖で夜景の撮影を行った後にやって来たのは中禅寺湖畔です。 ちょうど湖畔に中禅寺という名のお寺がありまして、そちらの境内の建物を下方から見上げるように撮った1枚です。秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)    Photo No.1493中禅寺とススキが燃えるような黄金色に輝いた瞬間を狙ってみました。 中禅寺湖脇の高台に道路を挟んで中禅寺があるのですが、湖畔側からス...

  • 奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)

    秋から冬への奥日光の風景を楽しもうと栃木県日光市にやって来ました。 奥日光の群馬県境からも近い湯ノ湖湖畔に立っています。 この日はいろは坂の群馬の渋滞を避けるために沼田IC経由で日光に向かいました。 夕方くらいに峠を越え、奥日光に入って来たのですが、晴れの予報が、西高東低の気圧配置の境目に入ったらしく、初雪に出会ってしまいました。 ノーマルタイヤなので正直焦りましたが、積もるほどには至らずひと安心で...

  • 紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)

    山梨県北都留郡丹波山村(きたつるぐん たばやまむら)のランドマークと言えば、この山の上の白いお城ではないかと思っています。 とてもきれいな紅葉と山を覆うように降りて来た雲の間に挟まれたお城の1枚がなかなかいい感じに撮れたと思っています。 しかしながら、このお城には誰も当てることが出来ないような驚くべき秘密があったのです。紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)    Photo No.1490条件が会えば、竹田城...

  • 丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)

    山梨県北都留郡丹波山村(きたつるぐん たばやまむら)からのホットな1枚です。 昨日はこちらの紅葉がピークを迎えていると教えていただき、急遽やって来ました。 天候も前日の雨も上がり回復傾向にはあったのですが、予想された青空をわずかな隙間から見ることが出来ましたが、ずっと雨が降りそうな空が続いていました。 おかげさまでしっとりした紅葉を楽しむことが出来ました。丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)    Photo ...

  • 夕暮れ色に包まれ走る八高線 (浅川橋梁/東京都 八王子市)

    昨日の東京ベイサイドに続いて東京・八王子の浅川を渡る鉄道編もこちらも最後の1枚としたいと思います。 これで夏から秋の我慢のコロナ禍 東京編は一旦終了となります。 その後、ようやくGoToトラベルに東京も加わり、外に出てもいいような雰囲気となったことから、少々遅れて私も近場で参加してみました。 宿が安くなるのは知っていましたが、地域クーポンが実にお得で、これは旅に出なきゃ損ですね。 とはいうものの、ここに...

カテゴリー一覧
商用