プロフィールPROFILE

MTさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
絶景探しの旅
ブログURL
https://zekkeiphoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
日本や世界の旅、自分の住む街で撮影した素敵な風景写真・絶景写真を思いを込めて紹介しています。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/10/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MTさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MTさん
ブログタイトル
絶景探しの旅
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
絶景探しの旅

MTさんの新着記事

1件〜30件

  • 岩木山の空からパノラマ風景 (青森県上空)

    冬の青森からの写真はこれが最後となります。青森空港を離陸した飛行機は岩木山の手前で大きく左旋回をします。岩木山の手前に広がる風景が実に素晴らしく感じます。岩木山の空からパノラマ風景 (青森県上空)   Photo No.1230奥に見えるのが日本海(西海岸)です。名残り惜しい気持ちがいっぱいも、この後の窓の外から見える鳥海山に蔵王、八ヶ岳、筑波山、富士山と続く山々の素晴らしい眺めに釘付けとなりました。SONY α7RⅢ ...

  • 青森空港から岩木山を望む (青森県 青森市)

    青森空港から岩木山を望む (青森県 青森市)   Photo No.1229撮り鉄をこれで青森の旅も終わりとなります。青森空港の滑走路に向かう機内からです。窓の外に見えるのは岩木山。名残り惜しく感じます。SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  105mm相当 (APS-Cモード) f8 1/2000 (-1) ISO400■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっ...

  • 朝日を受けて走る (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)

    朝日を受けて走る (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)   Photo No.1228帰る前の朝の撮り鉄もこの列車で撮り収めです。弘南鉄道大鰐線の7000系列車が朝日を受けながら高架橋を義塾高校前駅に向かって走って行きます。畑に差し込む朝の光がの色も素晴らしいひと時でした。   (鉄道のある風景)SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  46mm f5 1/4000 (-1) ISO800■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログラ...

  • 朝焼けの弘南鉄道立体交差橋 (青森県 弘前市)

    撮り鉄が続きます。岩木山と弘南鉄道7000系の撮影の後、今度は岩木山を背にして、東側のJR奥羽本線と弘南鉄道大鰐線の立体交差が見える場所に少々移動し、日の出のタイミングを待ちます。日の出の時刻を過ぎているのですが、山影からの日の出となりますので、お日様が顔を出すまでタイムラグがあります。運転本数の少ないローカル線ということで、差し込む朝日にうまく重なるようにと祈りながら電車がやって来るのを待ちます。朝焼...

  • 岩木山を背に走る弘南鉄道7000系電車 (青森県 弘前市)

    奥羽本線石川駅で1枚撮った後は、すぐに弘南鉄道大鰐線(おおわにせん)の「義塾高校前」駅方面に向かいます。石川駅と義塾高前駅はすぐ近くなので、時刻に合わせて行ったり来たりの作戦です。ちなみに義塾高校とはスキーなどで有名な東奥義塾高等学校のことです。岩木山を背に走る弘南鉄道7000系電車 (青森県 弘前市)   Photo No.1226引き続き、弘南鉄道大鰐線からの風景です。列車の時間に合わせ、JRに行ったり、弘南鉄道に...

  • 赤く染まる岩木山と桜ミク電車 (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)

    奥羽本線石川駅で1枚撮った後は、すぐに弘南鉄道大鰐線(おおわにせん)の「義塾高校前」駅方面に向かいます。石川駅と義塾高前駅はすぐ近くなので、時刻に合わせて行ったり来たりの作戦です。ちなみに義塾高校とはスキーなどで有名な東奥義塾高等学校のことです。夜明けの奥羽本線と岩木山 (石川駅/青森県 弘前市)   Photo No.1224明け方の岩木山と鉄道の1枚です。そろそろ日の出時刻となりました。岩木山の山頂にはお日様の...

  • 夜明けの奥羽本線と岩木山 (石川駅/青森県 弘前市)

    夜が明けて、素晴らしい眺めを満喫の青森の旅も後は青森空港経由で東京に戻るだけとなりました。でもせっかく帰るならとホテルの朝食を食べている時間ももったいないので、せっかくの食事をパスして、撮り鉄をしてから空港に向かおうと思います。もちろん、狙いは岩木山と鉄道です。今回、撮影場所として選んでいるのはこちらの場所となります。夜明けの奥羽本線と岩木山 (石川駅/青森県 弘前市)   Photo No.1224奥羽本線の石...

  • 岩木山の見える冬の田園風景 (青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町)

    五能線「陸奥赤石駅」付近の鰺ヶ沢町大字赤石町の田園の見える場所にいます。弘前から見た岩木山も素晴らしく感じましたが、鰺ヶ沢町から見える岩木山は山の形もきれいでとても魅力的でした。岩木山の見える冬の田園風景 (青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町)   Photo No.1223日没後の水平線の向こうから届く光が岩木山の山頂を照らします。この後は赤みのある光がだんだん白くなっていきやがて辺りは夜の闇に包まれていきました。夕暮...

  • 津軽西海岸と夕陽を受ける岩木山 (青森県 西津軽郡 深浦町)

    青森県では日本海側のエリアを津軽西海岸や、西海岸などと呼んでいるとか。西海岸の海越しに、どんどん落ちて行く夕陽の光を受け、岩木山がきれいに浮き出してきました。津軽西海岸と夕陽を受ける岩木山 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1222こちらから見る岩木山は大きくそびえてとても迫力があります。高さは思ったほど高くはない1,625 mですが、あちこちから見えるだけでなく、富士山同様に圧倒的な存在感を感じます。...

  • カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

    夕陽の畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1221青森県西津軽郡深浦町にある千畳敷海岸のライオン岩からもう1枚です。 百獣の王と言えばライオンと呼ばれていますが、そんなライオンの形をした奇岩、ライオン岩の頭の上が指定席なのがカモメたちのようです。  (野鳥のいる風景)SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f7.1 1/1250 ISO200■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログラン...

  • 夕暮れ近づく千畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)

    「日本の夕陽百選」にも選ばれているという、千畳敷海岸にやって来ました。名前の由来は、その昔、殿様が千畳の畳を敷き酒宴を催したといわれる岩棚が広大に続いていることからだそうです。夕暮れ近づく千畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1220この辺りには奇岩も多くあり、私たちの目を楽しませてくれます。これはライオン岩でしょうか。沈みゆく夕日を頭の部分に重ねるように位置取りをして撮影しています。SON...

  • 驫木海岸を走る五能線普通列車 (青森県 西津軽郡 深浦町)

    驫木海岸を走る五能線普通列車 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1219五能線 「驫木駅(とどろきえき)」 と 「風合瀬駅(かそせえき)」 間からもう1枚です。日本海の海岸線を走る列車の遠景です。  (鉄道のある風景)SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f7.1 1/1250 ISO400■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになって...

  • 冬の日本海の海岸線を走るキハ40形 (五能線/青森県 西津軽郡 深浦町)

    青森・津軽半島の北端から南下して次にやって来たのは、日本海側の風光明媚な沿岸を走る姿が素晴らしいと評判の五能線「驫木駅(とどろきえき)」と「風合瀬駅(かそせえき)」間のスポットです。Googleマップとにらめっこしながら、この辺りかなと選んだ場所までやって来るのには、とにかく時間がかかりました。狙っている時間の1本を逃すと、上り下りとも暗くなる時間までキハ40形がやって来ません。この場所への到着は列車がや...

  • 北海道に向かう (青森県 東津軽郡 今別町)

    こちらの区間では新幹線とともに北海道への大切な物流を担うJR貨物の行き来を見ることができます。新幹線の運行の間にこちらのきれいな赤のEH800形電気機関車(EH800-17)が青函トンネルに向かって走って行く姿もなかなか感動ものでした。北海道に向かう (青森県 東津軽郡 今別町)   Photo No.1217青函トンネルのひとつ手前にあるトンネルから顔を出したEH800形電気機関車です。このトンネルを抜けたと思った瞬間に青函トンネ...

  • 青函トンネルを行く北海道新幹線 (青森県 東津軽郡 今別町)

    樹氷の八甲田山から次のお楽しみのために移動してやって来たのは、八甲田ロープウェー山麓駅から83km北に離れた場所にある青函トンネル入口広場です。青函トンネルの長さは53.85kmで、津軽海峡の海底の下をくぐり抜けることから、海峡のかなり手前から海底トンネルへの入り口が設けられています。その入口の所に設けられた展望デッキから北海道新幹線がやって来るのを待ちます。青函トンネルを行く北海道新幹線 (青森県 東津軽郡 ...

  • 輝く雪面 (八甲田山/青森市)

    樹氷の八甲田山からの最後の1枚となります。日々、1日が長くなってきているとはいえ、北の街の夕暮れ時は早いままです。この日は移動時間がたっぷりの計画を組んでいます。名残惜しいですが、撮影を早々に切り上げ、次の目的地に向かおうと思います。輝く雪面 (八甲田山/青森市)   Photo No.1215樹氷を見ながらのスキーやスノーボードはさぞかし気持ちがいいことでしょうね。これから再びロープウェー頂上駅に向かいます。汗を...

  • 青い樹氷の斜面 (八甲田山/青森市)

    青い樹氷の斜面 (八甲田山/青森市)   Photo No.1214人がいない八甲田山の空間で、樹氷と光を組み合わせた撮影をしっかりと楽しみました。八甲田山の上に広がる青い空の色を拾った静かな日陰の景色もとても素晴らしく、ここにやって来てとてもよかったと改めて思いました。SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f16 1/800 (-1) ISO400■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加していま...

  • 樹氷の森 (八甲田山/青森市)

    樹氷の森 (八甲田山/青森市)    Photo No.1214八甲田ロープウェーの山頂公園駅付近だけでは面白くないので、少々斜面を歩きます。今年は北国訪問用の氷上でも滑らないウィンタートレッキングシューズを購入しまして、機動力が増しました。そんなこともあり、足元が固い場所を選びながら雪の斜面を少し降ってみました。人が歩いていないような場所で樹氷の森を見ながらのひと時を楽しみます。SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM ...

  • 成長度30%未満の樹氷 (八甲田山/青森市)

    八甲田山系に多く見られるアオモリトドマツに雪や氷が少しずつ固着していきながら大きく成長して行く事で樹氷となるようです。観光案内サイトによれば、八甲田山の樹氷は、その規模・壮観さ・豪快さにおいて、蔵王・八幡平をしのぎ、日本一と言えます、とありました。成長度30%未満の樹氷 (八甲田山/青森市)   Photo No.1212そんな自慢の樹氷は1月~2月頃が見頃だそうですが、この日は1月でも雪が随分と少ない状況です。現...

  • スノーモンスターたちの集う場所 (八甲田山/青森市)

    スノーモンスターたちの集う場所 (八甲田山/青森市)   Photo No.1211八甲田ロープウェイの設置されている田茂萢岳(たもやちだけ/1324m)の頂上駅の外に広がる雪景色は今まで私が見たこともない世界です。雪上をあれこれ歩きます。目の前にある樹氷を逆光になるように撮ります。長い影も伸び、それはまるでスノーモンスターたちが集まって何か相談しているようにも感じます。SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f16 1/600...

  • 樹氷の世界に降り立つ (八甲田山/青森市)

    樹氷の世界に降り立つ (八甲田山/青森市)   Photo No.1210八甲田ロープウェイが頂上駅に到着です。降りていよいよ駅の外に出ます。そこには初めて見る樹氷たちの姿がありました。SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f8 1/2000 ISO400■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。...

  • 雪の世界に向かう八甲田ロープウェイ (八甲田山/青森市)

    雪の世界に向かう八甲田ロープウェイ (八甲田山/青森市)   Photo No.1207八甲田ロープウェーに乗れば約10分で麓から田茂萢岳(たもやちだけ)山頂駅に到着です。今年は雪が少ないようで山頂駅付近からようやく木々が白くなっている状況でした。SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  34mm f8 1/400 (-0.3) ISO100■ 本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの...

  • 前嶽へと続く樹氷のグラデーション (八甲田山/青森市)

    東京地方に雪の天気予報が出たこの日の八甲田山系はきれいな青空となりました。田茂萢岳(たもやちだけ)に架かる八甲田ロープウェイの窓から見える景色は雪のあるところとないところがはっきりしていて面白く感じます。前嶽へと続く樹氷のグラデーション (八甲田山/青森市)   Photo No.1208奥に見える山は前嶽(まえだけ)で頂上までが樹氷に覆われています。手前から奥に向かって徐々に木々に雪が付いている様子がまるで樹氷の...

  • 雪の粉の舞い (八甲田山 青森市)

    八甲田山は青森市内中心部からの距離も近く、1時間ほどで麓のロープウェイ乗り場に到着です。なかなかいいローケーションの場所だと思います。八甲田山は、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群の総称で、北部八甲田山系と南部八甲田山系に分けられているようです。今回はロープウェイの設置されている田茂萢岳(たもやちだけ/1324m)に雪を楽しみに行きます。雪の粉の舞い (八甲田山 青森市)   Photo No.1207今回は降...

  • 雪の舞台 (青森市)

    この日は朝早く弘前市を出発し八甲田山を目指します。国道394号線の黒石市の山間を縫うように走る山岳路を走り、国道103号から八甲田山方面に抜ける道を選んでいます。八甲田周辺道路は朝の7時30分まで道路が通行止め、八甲田山ロープウェイは9時から運転開始になっていまして、その時間を考慮しての移動にしています。途中、黒石と青森の市境にある「山のかあさんの店(冬季休業中)」の前から八甲田山がきれいに見えますので、車...

  • 冬に咲くさくらライトアップ (弘前公園/青森県 弘前市)

    引き続き、青森県弘前市の弘前公園の「冬に咲くさくらライトアップ」からです。前回の定番のような1枚に対して、今回は縦撮りで切り取った冬に咲く桜の世界を表現してみました。冬に咲くさくらライトアップ (弘前公園/青森県 弘前市)   Photo No.1205雪のない分、別の表情を見せる弘前公園の冬の顔の1枚があっても思い、辺りを見渡せば、お濠の手前に少々雪の解けている箇所を見つけました。そこにはまるで鏡のように冬の桜の...

  • 冬の日本三大夜桜の弘前公園 (青森県 弘前市)

    青森空港から弘前へ移動です。弘前と言えば、なんと言っても、日本三大夜桜としても有名な桜の名所「弘前公園」ですよね。あのお濠の花筏の風景が素晴らしくいつも憧れの的です。今回の弘前での最大の楽しみは弘前公園の「冬に咲くさくらライトアップ」です。この風景を見るために冬の青森にやって来たと言っても過言ではありません。ホテルのチェックインを済ませ、暗くなるのを待って弘前公園にやって来ました。冬の日本三大夜桜...

  • 陸奥湾に広がる街 (青森市上空)

    今シーズンの冬は各地で雪が本当に少ないと感じます。まさかこんな冬になろうとは思わずに、雪景色を楽しみに早々と予約を入れていた冬の青森の旅です。青森空港へ向かう飛行機が青森市内上空を飛行しながら最終の着陸態勢に入ります。陸奥湾に広がる街 (青森市上空)   Photo No.1203この日の空から見る青森は八甲田辺りが晴れで、陸奥湾方面がどんよりとした曇りという、市内でも晴れの空と曇りの空が混じる不思議な天気です...

  • 寸又峡の星空 (静岡県 川根本町)

    先日、事務局から2019年秋に募集のあった「寸又峡・星空フォトコンテスト」に入賞との連絡がありました。このフォトコンテストのパンフレットが宿泊先の寸又峡温泉(すまたきょうおんせん)の宿に置いてあり、それを見てせっかくなので星空を撮りインスタで応募しました。寸又峡はたどり着くのにも至難の場所で車がすれ違えないような道が延々と続くような秘境です。秘境ゆえに街の明かりからも遠く星の綺麗なところも寸又峡のアピ...

  • 鏡の精進湖 (山梨県 富士河口湖町)

    富士山と湖の写真と言えば、やはり狙いたいのは逆さ富士です。この日の精進湖(しょうじこ)の湖面ははとても落ち着いていまして、この日来た富士山と池や湖の中でも最高レベルの静かな湖面です。今までそこそこ写っていればそれで満足でしたが、ここまで鏡になっているのは久しぶりです。鏡の精進湖 (山梨県 富士河口湖町)   Photo No.1201暖かい冬ゆえでしょうか。風もなく湖面も静かで、まさに鏡のようなという表現を越え...

カテゴリー一覧
商用