searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kimagurekoumori
ブログ紹介文
ご訪問有り難うございます 気まぐれに菜園での野菜栽培に自己満足しています 訪問頂いた皆さんの参考
更新頻度(1年)

333回 / 365日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2014/10/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真さんの読者になりませんか?

ハンドル名
気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真さん
ブログタイトル
気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真
更新頻度
333回 / 365日(平均6.4回/週)
読者になる
気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真

気まぐれ爺じの自己満足家庭菜園&写真さんの新着記事

1件〜30件

  • 実豌豆(グリンピース)ヒヨドリ対策

    2021/01/22花が咲く頃になるとヒヨドリが花芽の食害にやって来ますので対策をしています、霜や暴風対策も必要ですので植付後早めにネットを使用していますが天井に使用する支柱が足りず一畝の天井はそのままにしていました、支柱がいらなくなった畝が出ましたので天井に使用してネットを張りました、ヒヨドリは小さいほころびからでも侵入しますので完全に塞ぎました今回天井にネットを取り付けた久品種留米豊の畝(下図)手前の畝は植付後すぐに天井にもネットを張った品種南海緑の畝で奥に見える畝が今回ネットを張った畝です(下図)背丈が70~80cm位に成長した品種南海緑(下図)品種南海緑畝の様子(下図)品種久留米豊は背丈60cm位に成長しています(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のグリンピースをクリックましたら実豌豆グリンピースだけの記...実豌豆(グリンピース)ヒヨドリ対策

  • ほうれん草の現状と金木犀の剪定

    2021/01/21好天気が続きますのでほうれん草のネットを外し成長具合を確認しました、品種は早生サラダアカリです二作目です、12月28日に発芽の様子の記事が有りますしっかりとした成長具合でした、液体肥料を散布しました、もう記録的な大雪は降らないでしょうからネットは外しました菜園の端に背丈6m位まで金木犀が大きくなり落ち葉や開花時期の花粉等が菜園に降り注ぎ掃除も大変、電話線、電線の邪魔にもなりましたので思い切って強剪定しました揃って成長している様子(下図)ズームアップした様子(下図)第三作目は日当たりが悪く成長が遅れていました、同じ日に種まきして日当りの加減でこんなにも成長に差が出るんですね(下図)★金木犀の剪定を始めて枝を15本切り取りましたが見た目は変化有りません(下図)枝を30本切り取って初めて剪定中だと...ほうれん草の現状と金木犀の剪定

  • 玉ねぎ収穫と手入れ

    2021/01/20長崎市で史上二番目の大雪を観測した日から11日目雪の重しで寝てしまっていた苗もようやく目覚め正常に戻りました、赤玉ねぎ数本が消えていましたが植付時細く小さい苗でしたので想定の範囲内で仕方ないかと思っています陽気な天気になりましたので枯れた葉や植穴に生えた雑草を処理しました成長のバラツキで少しずつ収穫していますホーム玉ねぎを20玉収穫しました未だ玉が出来る気配のないのも十数本有ります、どうなるのかなあです収穫したホーム玉ねぎ(下図)赤玉ねぎと購入苗中早生の畝の様子(下図)赤玉ねぎをズームアップした(下図)赤玉ねぎ一カ所の様子、しっかりした新しい芽が出ています(下図)購入苗中早生をズームアップした(下図)購入苗中早生の植付時細く小さい苗だけを植付した畝の様子、成長しました(下図)上図購入苗中早生...玉ねぎ収穫と手入れ

  • キャベツ第三弾に追肥

    2021/01/17マルチでの栽培は追肥がしにくいので昨年までは溝施肥していましたが秋植え冬どり栽培に限り追肥での栽培をしてみようと言う事でどのような結果が出るのか見て見ようと、マルチを使用しての栽培では追肥がしにくいのでマルチをめくって施肥出来る端列は施肥溝を作り施肥でき問題無いのですが中央列は穴施肥をする事にしました、穴施肥で出来具合に問題なければ良いのですがどうでしょう葉が巻き始めたので追肥のタイミングです(下図)マルチをめくっての施肥です【化成肥料888とボカシ肥料土壌っ子)(下図)中央一列は株間に穴施肥します、鉄パイプで施肥穴を作ります(下図)施肥穴が出来た(下図)漏斗を使って肥料を流し込むと無駄なく早く施肥出来ます(下図)施肥後の穴に土を畝面まで入れました(下図)追肥作業が済んだ畝の様子(下図)最後...キャベツ第三弾に追肥

  • そら豆の仕付けと芯切り、脇芽処理、暴風対策

    2021/01/15昨日から嘘の様に晴れわたりぽかぽか陽気でしたので一日中かけて第一、二、三弾迄の手入れをしました、第一弾は育てる脇芽は決定していましたので余分に出て来たのを切り取り処理し1株で育てる脇芽6本を左右に三本ずつに仕付け紐で振り分けし株元に増し土し籾殻を継ぎ足し植物活性液アミノアルファを散布して最後に暴風対策に防虫ネットで畝を囲いましたまず第一弾から手入れの様子株元には脇芽が増えています(下図)不要な脇芽を処理しスッキリした(下図)次に株元に増土した(下図)籾殻を追加した(下図)脇芽を仕付ける紐の設置が済んだ畝(下図)側面から見た様子(下図)仕付け紐一株の様子暴風対策に防虫ネットで畝を囲った(下図)★第二、三弾は同じ植付日で畝が異なるだけなのでモデルを第二弾で(下図)親の芯止めは済んでいますので今回...そら豆の仕付けと芯切り、脇芽処理、暴風対策

  • ホーム玉ねぎ収穫

    2021/01/13昨年12月29日試し収穫し食べましたら柔らかくて美味しかった観測史上二番目という大雪で心配しましたが特に変わった事も無かったのですが相変わらず成長の差はそのままで玉になろうかなあと言う気配が無いのも数本有りましたが成長していたのを食べる分だけ収穫しました収穫したホーム玉ねぎ(下図)全く玉が出来る気配の無いのはこんな状態(下図)もう少し日数が来れば玉も太るでしょう期待出来る様子(下図)収穫しても良いかなあと次回の楽しみに(下図)収穫後の畝の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のタマネギをクリックしましたらタマネギだけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いですホーム玉ねぎ収穫

  • 金柑の収穫をした

    2021/01/12菜園を始めた頃HCで選抜ニンポウキンカンの苗木に魅力を感じて菜園の隅に植樹しました2010年12月の事です、一本で結実するので受粉作業の必要もしないで良くまあ放任状態です7日から大雪で菜園には行けませんでした、雪が解けましたので6日振りに菜園に行きましたらヒヨドリがブロッコリーと金柑の木から数匹飛び立ちました野菜類の被害は有りませんでした、玉ねぎさんは雪の重しで寝ていましたがその内目覚るでしょう、金柑がヒヨ鳥に食害されていました、餌が少ないのでしょうね齧られた金柑の実が周辺に散らばってブロッコリーは葉が無残にも食害されてビックリポンです、此のままじゃまずいなあ、よし少し早いけど金柑は収穫しようと言う事で収穫しました、一週間位置いてから甘露煮とかピューレ、ジャムにして冷凍保存しようと思います、...金柑の収穫をした

  • 今年初めての積雪

    2021/01/09遂に本格的に積雪しました、郵便受けの箱の上に積もった雪で測りましたら12cm有りました日中も降雪したり止んだりしながら此の上に上積みする感じです、明朝は?自宅から20m位で川沿いの車道に出ますが車は普通に通行していました積んだ雪の上はサクサクと心地よい感触を久し振りに味わいました自宅二階の窓からの風景です午前8時頃(下図)お隣さんの植木が雪化粧で(下図)自宅庭の木も雪化粧(下図)郵便受けに積もった雪を計測した(下図)表通り川沿いの車道、川の上流方向午前8時頃(下図)川の下流方向(下図)※ページ右側のカテゴリー欄の風景をクリックしましたら風景を主体にした画像を見る事ができます今年初めての積雪

  • カリフラワー収穫

    2021/01/07昨日の予報が当たっていれば今朝は積雪だったのですが外れまして一日もうかった気分ですが今夜から明朝にかけて猛烈な吹雪になる予報が出ました今度は逃れないでしょうカリフラワーの成長のバラツキの記事を昨年12月24日アップしましたがその時の収穫は前回の収穫から20日間隔が有りました今回は13日の間隔での収穫でした残りが未だ有りますが初収穫との差はかなりの差ですが収穫出来れば嬉しいですね収穫した品種、オレンジブーケの頂花蕾(下図)収穫迄もう少しです頑張れ”スノークラウン(下図)同じ品種で最後の収穫になる迄もう少しのオレンジブーケ(下図)カリブロ(ロマネスコ)が遅まき乍らも成長、もう少し頑張れ~(下図)収穫後畝の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のカリフラワーをクリックしましたらカリフラワーとカリブ...カリフラワー収穫

  • キャベツ収穫と第二弾追肥

    2021/01/06一昨日、品種春波に追肥しました、昨日は第二弾春波の追肥と紫キャベツ(ルビーボール)の収穫をしました、ルビーボールは成長の差が激しく畑には巻き始めた状態の1株が残りましたが大きくなりそうな気配が有りません様子見に残しました収穫した紫キャベツ(ルビーボール)(下図)どうなるのか分からない状態最後の1株(下図)第二弾栽培の品種春波の様子(下図)葉が立ち上がり巻き始めた(下図)追肥のタイミング穴施肥作業は方法が同じなので前回の画像を流用した部分が有ります鉄パイプを使って施肥穴を作る(下図)施肥穴ができた(下図)施肥穴に肥料(化成肥料888とボカシ肥料土壌っ子)を漏斗で入れた(下図)穴に入れた肥料の上に土を畝面迄入れて追肥作業終了(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のキャベツをクリックしましたらキャベツ...キャベツ収穫と第二弾追肥

  • 玉ねぎ畝暴風対策

    2021/01/05昨年末に強力な寒波が来て平地でも20cm位積雪予報が出たもののほんのお印程度の雪で野菜のダメージは無く助かりました、明後日から三日間今度は前回より更に強い寒波で最低気温−2℃の予報が出ました、此の菜園は天気が崩れる時は必ず暴風が吹き荒れますので前回は対策していなかった極早生玉ねぎと植付ける時に苗が小さかった中生玉ねぎ畝に暴風対策に石垣側を除いて畝をビニールシートで囲いました、又中早生スマッシュ畝の暴風雪対策をやり直ししましたシートの長さがが足りないので石垣側は省略しました寒さ対策には根元に籾殻を被せています、風で飛ばされますのでその都度播きます植付時小さかった中生苗も元気に成長してきた畝の様子(下図)上図の一部分を拡大した(下図)上図の画像の一株の様子(下図)極早生の苗も順調に成長して来た畝...玉ねぎ畝暴風対策

  • キャベツに追肥した

    2021/01/04葉が巻き出したので追肥しました、今回は追肥方法を二通りでしました①マルチをめくって一列に溝を作り施肥する②穴を開けて肥料を流し込む、隙間には土を入れて塞ぐ、施肥方法の違いが出来具合にどんな影響がでるのか確かめて見ようと思ったから実験ですね防虫ネットをめくりました(下図)巻き始めている様子(下図)追肥する肥料、化成肥料888とボカシ肥料土壌っ子を混合した(下図)マルチをめくり一列に蒔き溝を作り施肥し土を被せ潅水しマルチを戻す(下図)マルチはめくらずマルチの上から施肥穴を作った(下図)穴の中に肥料を入れやすい様に漏斗を使い流し込む(下図)作業が終わったら潅水して暴風対策に防虫ネットを張り直し追肥終了(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のキャベツをクリックしましたらキャベツだけの記事を見る事ができま...キャベツに追肥した

  • そら豆第四弾芯止めした

    2021/01/04最終植付した苗も大きくなり脇芽も成長して来ましたので親の芯止めをしました1弾目は親の芯切りまで進み育てる脇芽を選択済み2~3弾は昨年27日に親の芯止めを済ませています(27日記事)ので芯切り後育てる脇芽の選択を近い内にします、親には良い実は出来ませんので脇芽を育てる為に芯止め芯切りは親に行く養分を脇芽に集中させる必要な作業ですモデルに選んだ株の様子(下図)ハサミでも良いし手で摘んでも構いませんこの位置で切り取り(下図)ハイ、切り取ったらこうなります、此れを芯止めと言います(下図)株元の脇芽の様子(下図)芯止め作業が済んだ畝の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のそら豆をクリックしましたらそら豆だけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記...そら豆第四弾芯止めした

  • ブロッコリーの収穫

    2021/01/035日振りの初仕事?はブロッコリーの収穫でスタートしました昨年末に強烈な寒波が来て平地でも10~20cm位積雪予報が出ましたので少なく見積もっても10cmを覚悟していました、夜中に暴風雪の音が窓越しに聞こえて菜園で一番心配な玉ねぎがどうなるんだろう心配で、、、朝、恐る恐るカーテンを開いてあら~びっくりぽん、マジカヨ、、、うっすらと屋根が白くなっているだけで植木にも雪は積もっていません、予報が外れました、良かったあ~、昼頃には解けてしまいました、道路は濡れただけでした暴風が吹きましたが対策が効いて今回は菜園の異常は有りませんでした品種緑嶺の頂花蕾と他品種の側花蕾を収穫(下図)収穫後の畝、頂花蕾は全て収穫が済んだので今後は側花蕾の収穫のみです(下図)天気予報が外れた窓の外の風景、全方の山は稲佐山、...ブロッコリーの収穫

  • 2021年正月

    謹賀新年明けましておめでとうございます今年も野菜の勉強をして満足のできる情報を皆さんにお伝え出来る様に頑張りたいと思っていますどうぞ宜しくお願い致します皆様方にとって良い年になりますように2021年元旦2021年正月

  • 今年の最終更新菜園の様子

    2020/12/30今日は朝から粉雪が舞い散る風景になりました予報では午後9時頃から雪が降るような事でしたが?この分ではかなりの積雪が有りそうです風が強く瞬間最大風速18mを超えた情報が有り昨日暴風対策は済ませて帰宅しましたが心配になってきました菜園の手入れ等は昨日で今年は終わりにしました、今年は異常気象に振り回されて野菜様は大変だったでしょう、来年は平穏であってほしいですね菜園記事に訪問頂いた皆さん有難うございました来年も宜しくお願い致します第一菜園の全景(下図)第一菜園Aの様子(下図)第一菜園Bの様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄の家庭菜園〇〇年をクリックしましたら〇〇年だけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとう...今年の最終更新菜園の様子

  • ホーム玉ねぎ試し収穫した

    2020/12/29第一作目として8月23日に子球を植付しました、出芽は順調でしたがその後の成長で葉は大きく成長しますが肝心の玉の太りが鈍く大きさがバラバラで差が激しくなっています葉も美味しく食べられるとの事ですので試しに5球だけ収穫しました評価は後日記事にします明日から数日強烈な寒波が来て平地でも20cm位の降雪予報が出ました、最後に植付した中早生スマッシュは未だ苗が小さいので寒波対策にシートをトンネル状に張りました試し収穫した5球(下図)栽培している畝の様子(下図)中早生スマッシュ畝にシートを張った(下図)手前が中早生スマッシュの畝です、シートを張る前の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のタマネギをクリックしましたらタマネギだけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリック...ホーム玉ねぎ試し収穫した

  • 小松菜収穫し栽培終了した

    2020/12/29昨日収穫しましたもう少し大きくしてからとも思いましたが正月休みが過ぎてからは硬くなりそうな気がしましたので収穫する事にしました葉色も良く満足の栽培でした12月28日収穫前畝の様子(下図)収穫した(下図)※ページ右側のカテゴリー欄の小松菜をクリックしましたら小松菜だけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです小松菜収穫し栽培終了した

  • ほうれん草発芽後の様子

    2020/12/28二作、三作目栽培中です、同じ内容ですので記事は二作目をモデルにする事にしました、12月11日に発芽を確認してから17日目(昨日)です平地でも10cm以上の降雪予報が出ましたので現在の不織布の張り方では潰れますので張り方をトンネル状に変更しました、順調に成長しています不織布を外して成長状態を確認した(下図)苗を拡大してみた、本葉二枚です(下図)防虫ネットが切れて無いので不織布を利用(下図)おまけ画像伊予柑の最終収穫(12月26日)した様子※ページ右側のカテゴリー欄のほうれん草をクリックしましたらほうれん草だけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いですほうれん草発芽後の様子

  • ほうれん草発芽

    2020/12/28大根第二弾の収穫をして栽培を終了しました、同じような大きさに揃って成長していました収穫中の畝(下図)収穫した(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のほうれん草をクリックしましたらほうれん草だけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いですほうれん草発芽

  • そら豆の芯切りと芯止め

    2020/12/26前回芯止めした第一弾の記事を書きましたが昨日芯切りを済ませました芯止めは脇芽の成長に必要な養分を集中させながら親の役目の光合成は残す作業です脇芽が立ち上がり独り立ち出来るまでに成長しましたので親(主枝)のお役目ご苦労さんと言う事で今度は根元から切り取りました、同時に最後まで育てる脇芽の選択をしました、脇芽が沢山出て来ましたので六本を選択しました第二弾は親(主枝)の芯止めをしました12月26日第一弾栽培の脇芽が元気に沢山出て来ました(下図)脇芽の様子を上から見て見よう(下図)育てる脇芽(赤い◯印六本)を選択しました、中心の△橙色は切り取った親の跡(下図)第二弾は親(主枝)の芯止めをしました、赤い線の所で切ります(下図)ハイ、芯止めしたらこうなります(赤い◯)下図下図は芯止め前の畝の様子※ページ...そら豆の芯切りと芯止め

  • 芽キャベツ収穫した

    2020/12/26成長時期に青虫に食害され背丈は伸びなくなりもうダメかもと思いながらもどうなるのか見極めようと思い廃棄せずにいました青虫の捕殺を繰り返し済ませている内に葉は元気を取り戻したのですが背丈が伸びないままでした、葉の中を初めて確認しましたら玉が成長していましたので上方の葉10枚程度を残し葉欠きをしました、背丈が低いので数量は少ないですが収穫出来ました背丈が低いままの様子、左右二株(下図)害虫の青虫に葉を食害された11月3日の様子(下図)葉欠きをしたらこの様な姿に(下図)収穫した(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のキャベツをクリックしましたらキャベツ、芽キャベツだけの記事を見ることができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうござい...芽キャベツ収穫した

  • カリフラワー収穫

    2020/12/24久し振りに雨が降りました如雨露での水やりとは全く違う景色が現れ一息ついた野菜達の姿を見ました同じ日に同じ畝に植付したのに成長のバラツキがこんなにも違うのかと今回の栽培でびっくりしています今日収穫したのは初収穫のオレンジブーケと20日前に初収穫し今回2回目の収穫スノークラウン1個です収穫した左側がオレンジブーケ右がスノークラウン(下図)次に控えるオレンジブーケ(下図)スティック状カリフローレも頂花蕾が成長してきた(下図)成長が鈍いカリブロの頂花蕾もようやく形が分かる様になってきた(下図)収穫後畝の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のカリフラワーをクリックしましたらカリフラワー、カリブロの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事が...カリフラワー収穫

  • ホーム玉ねぎ成長にバラツキが

    2020/12/22種まきから122日目約4か月になります、種苗会社の記事では11月下旬頃から12月初旬頃には収穫出来るとの事でしたがなかなか玉が太らずハラハラしていました追肥は10月4日、最終追肥が10月26日で肥料は化成肥料888です、余りにも玉が太る気配が無いので肥料不足かもと思い追肥情報を無視して11月17日に液体肥料をやりました最近になってようやく太り始めたのですが全く玉になる気配の無いのも有りバラツキがでていますね葉は立派に成長しています、このまま年越ししたらどうなるのか分かりませんがいま収穫出来る状況では無いので様子を見る事にしました一番玉が太ったのがこんな感じです(下図)少し太り始めているのがこんな感じ(下図)全く太る気配が無いのが(下図)畝全体の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のタマネギ...ホーム玉ねぎ成長にバラツキが

  • ブロッコリー収穫

    2020/12/21寒さが厳しいせいか側花蕾の成長が鈍い感じがしますね品種緑嶺の頂花蕾1個が何とか収穫にたどり着いた感じで収穫しました側花蕾はハイツSPです、茎ブロッコリーの花蕾は成長不足の感じですが収穫しました大きい花蕾が緑嶺の頂花蕾(下図)収穫後の畝です、手前に頂花蕾が見えますが緑嶺の頂花蕾です(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のブロッコリーをクリックしましたらブロッコリーだけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いですブロッコリー収穫

  • 実豌豆(グリンピース)の現況

    2020/12/21例年通り畝を防風ネットで囲ってヒヨドリ対策をしていますが暴風対策にもなり最近の冬型の風が吹き荒れましたが効力を発揮して順調に成長しています、ハモグリバエが数枚の葉に来ていましたので葉を除去しましたヒヨドリは必ず来て花芽を食害しますので侵入されない様な対策は不可欠だと思います品種、南海緑畝の様子(下図)笹竹に絡んで成長中(下図)品種、久留米豊畝です笹竹に絡み強風に耐えます(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のグリンピースをクリックしましたらグリンピースだけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いです実豌豆(グリンピース)の現況

  • 玉ねぎ中早生の追肥と他畝の様子

    2020/12/19最後に植付けた自家育苗の中早生スマッシュが半月になりましたので化成肥料888を追肥しました、透水マルチですので畝の上に播きました最後に3回目の穀物酢100倍希釈液を潅水代わりに散布しました、潅水時や降雨の時に株元に肥料が流れ込みます、暴風対策に早生畝と赤玉葱畝の間の二ヶ所の防風ネットを張りました穀物酢100倍希釈液散布が終わっている赤玉葱、中晩生、極早生、早生4種類の品種は今の所問題無く成長しています防風ネット(青い色)を畝間に張った(下図)中早生スマッシュに追肥(下図)追肥が済んだ畝の様子(下図)早生の様子(下図)上記畝全体の様子(下図)早生で細く小さい苗を植えた畝の様子(下図)極早生サクラ二号の様子(下図)赤玉葱と品種不明中晩生畝の様子、白い紐の先が赤玉葱、手前が中晩生(下図)赤玉葱の様...玉ねぎ中早生の追肥と他畝の様子

  • キャベツレタス混植栽培収穫

    2020/12/17レタスとの混植栽培で害虫忌避効果を狙うはずだったのですが今回も残念乍ら害虫だらけの失敗に終わりました、レタスは巻かないと言う害虫以前の問題が出て完全に失敗しました今後は混植栽培はしないと決めましたルビーボール4株栽培で初収穫1個、残りは未だ巻きが小さいので収穫しませんレタスは15株栽培で前回3個、今日2個計5個が収穫出来ただけ他は廃棄しました収穫した金系201が4個と紫のルビーボール1個(下図)残したルビーボール1個に害虫が食害していた(下図)レタスは外葉を取ったら小さくなった(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のキャベツをクリックしましたらキャベツだけのレタスをクリックしましたらレタスだけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事...キャベツレタス混植栽培収穫

  • ダイコン第二弾の様子

    2020/12/15ダイコンは第一弾は既に栽培終了しています、第二弾は10月28日に最終間引きしました(10月29日記事参照)かなり葉の勢いが良いので実の成長が気になっていましたが正月用に間に合います、一安心しました一株の株元の様子(下図)畝の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のダイコンをクリックしましたらダイコンだけの記事を見る事ができます※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事ができます★訪問ありがとうございます、参考になりましたら幸いですダイコン第二弾の様子

  • カリフラワー畝の現状

    2020/12/15昨日から急激に冷え込みましたね、菜園は収穫と水やり程度ですから短時間で済みますが清掃したいけど寒さに勝てず日延べです、こうした中カリフラワーが元気で花蕾が成長して来ました、初収穫の記事を12月4日にアップしましたが収穫したスノークラウン1個が早熟だったのか他が成長遅延だったのかわかりません随分成長に差が出ました、今日の様子を記事にしましたカリフラワーオレンジブーケの頂花蕾です(下図)カリブロの頂花蕾です(下図)カリフラワースノークラウンの頂花蕾(下図)畝の様子(下図)※ページ右側のカテゴリー欄のカリフラワーをクリックしましたらカリフラワーとカリブロの記事を見る事ができます、カリブロは別にもカテゴリーがあります※ページをスクロールして最下部の≪前ページをクリックしましたら過去の記事を見る事がで...カリフラワー畝の現状

カテゴリー一覧
商用