住所
-
出身
-
ハンドル名
Sengoku1985さん
ブログタイトル
Sengoku1985
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/seichiro0
ブログ紹介文
何故、私は鉄道を撮り続けるのか?
自由文
更新頻度(1年)

59回 / 1575日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2014/10/01

Sengoku1985さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 27239 31856 31707 31510 31294 30748 28242 946476サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
鉄道ブログ 201 234 238 232 237 242 221 6107サイト
鉄道写真 37 44 44 42 43 44 41 1119サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 69044 71791 67085 67155 62116 54794 55595 946476サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
鉄道ブログ 588 607 561 561 512 438 435 6107サイト
鉄道写真 102 105 96 99 89 69 71 1119サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946476サイト
INポイント 10 10 10 10 10 0 10 60/週
OUTポイント 0 10 0 0 10 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
鉄道ブログ 0 0 0 0 0 0 0 6107サイト
鉄道写真 0 0 0 0 0 0 0 1119サイト

Sengoku1985さんのブログ記事

?
  • Electric Locomotive#562

    それでは、連載第562回目は、EH200-10をお届けします。最初は、篠ノ井駅に停まる、10号機(写真)。電車の車内から、恐らく南松本方面を目指すものと思われます。続いて、南松本駅で待機する、10号機(写真)。パンは上がり、入換を待っているようです。9号機は写真が無く、残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#562

  • Electric Locomotive#561

    それでは、連載第561回目は、EH200-8をお届けします。写真は、南松本で、運用を待つ8号機(写真)。パン下げです。続いては、みどり湖を通過する、8号機(写真)。石油タキ返空回送です。EH200は、初号車からシングルアームパンタグラフで、菱形・下枠交差はありません。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#561

  • Electric Locomotive#560

    それでは、連載第560回目は、EH200-7をお届けします。恐らく新鶴見機関区の中でしょう、パンを上げ、短期移動する7号機(写真)。空荷で、山男には不満げにも見えます。4、5、6号機は、写真が無く残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#560

  • Electric Locomotive#559

    それでは、連載第559回目は、EH200-3をお届けします。JR貨物高崎機関区のイベントで、65Pと並んで展示される、EH200-3(写真)。所属区ならではの写真です。EH200が1輌落成すると、高崎機関区でEF641000番代が2輌不要となり、それが大挙愛知機関区に移転、結果EF640番代の命脈を絶ちました。それは残念ですが、時代の趨勢です。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#559

  • Electric Locomotive#558

    それでは、連載第558回目は、EH200-2をお届けします。南松本の側線で停泊する、2号機(写真)。EH200に確実に逢える場所の一つです。当時は、「桃太郎」「金太郎」から、同形式も側面に「ブルーサンダー」のロゴが配されていましたが、現在もあるでしょうか。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#558

  • Electric Locomotive#557

    それでは、連載第557回目は、EH200-1をお届けします。EH500同様東芝で製造されるEH200は、901号機の試験が良好だったようで、量産が開始され、1号機以降が落成しました。写真は、1号機が八王子の側線で待避する姿(写真)。優等列車の発車を待ちます。続いて、塩尻に向け、みどり湖を力走する1号機(写真)。目的地、南松本まではもうすぐです。そして、中央東線塩川橋梁を通過する、1号機(写真)。石油タキの返空回送です。以降、順次ロールアウトして、EF641000番代を追い立て、それがEF640番代の命脈を絶つ結果となりました。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#557

  • Electric Locomotive#556

    それでは、連載第556回目は、EH200形を取り上げ立ちと思います。EH200形は、東北本線の主力EH500形をベースに、山岳区間用にEF64重連相当の牽引力を持つ機関車として設計され、量産された機関車です。現在、全機JR貨物高崎機関区に所属し、上越線及び中央東線貨物を中心に運用されます。写真は、その試作機901号機(写真)。デビューのお披露目も兼ね、JR貨物大宮車両所にて展示されています。その最大の特徴は、2車体形の機関車であることです(写真、反対側)。これで、1輌で重連相当の力を発揮します。本連載では、最後の直流機となります。以降、量産機を見ていきたいと思います。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#556

  • Electric Locomotive#555

    それでは、連載第555回目は、EF210の最終回、EF210-310をお届けします。これも、広島機関区で停泊する、310号機(写真)。一般形との違いは明白です。306号機から309号機まで、及び311号機以降は、写真がありません。残念でした。EF210形も、ネット情報によると173号機が落成したり、313号機がそれまで65ばかりであった四国の運用に入ったり、大きな転機を迎えています。間もなく、新世代へと入れ替わっていきます。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#555

  • Electric Locomotive#554

    それでは、連載第554回目は、EF210-305をお届けします。写真は、これも広島、庫内で休む305号機(写真)。パンは上がっています。しかし、自区の機関車ではありません。304号機は、写真が無く残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#554

  • Electric Locomotive#553

    それでは、連載第553回目は、EF210-303をお届けします。最初は。広島機関区に停泊する303号機(写真)。在来型との違いが分かります。別の時に、同じく広島機関区で(写真)。しかし、所属区ではありません。また別の時に、同じく広島で(写真)。塗色以外では、確かに区別はつきません。本務機の運用もあることから、かなりの数の増備となるようですが、今後どうなるのか。興味あります。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#553

  • Electric Locomotive#552

    それでは、連載第552回目は、EF210-302をお届けします。これも広島機関区、停泊する302号機(写真)。運用を待っています。有名な走行解放はEF670番代まで行っており、同形にはデッキが追加されていますが、EF67100番代以降ではそれは止めとなり、広島貨物ターミナルで連結、西条駅構内で停止して切り離しとなっています。そのため、運転席からの遠隔操作での切り離しはできません。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#552

  • Electric Locomotive#551

    それでは、連載第551回目は、EF210-300番代へと話を進めていきます。同形は、EF210-100をベースに、広島県の所謂「セノハチ」(瀬野~八本松)の急勾配区間の後補機として設計され、EF67を代替する機関車となっています。また、配属の吹田機関区からの入出庫には、通常のEF210同様に運用することも可能、運用で方転することも考え、前後どちらでも後補機として使用出来るよう、どちらの連結器にも緩衝器が装備されます。昨年3月の時点で、総勢11両が在籍します。写真は、EF210-301号機(写真)、在来機の白帯が、金色の帯になっているのが違いです。別の時に見た、301号機(写真)。「桃太郎」表記は従来機と同じです。広島機関区では自区のカマでは無く、吹田機関区のカマであることから、取り扱いは注意しているとのことです...ElectricLocomotive#551

  • Electric Locomotive#550

    それでは、連載第550回目は、EF210-100番代最終号機、EF210-172をお届けします。最初は、東海道本線柏原を、東進する172号機(写真)。勝負の時です。続いて、早朝の東海道本線笠寺駅、構内を入換する172号機(写真)。起動時の、独特のインバータ音が響きます。また別の時、笠寺を通過する、172号機(写真)。下り貨物です。EF210-100番代はこれで終わりですが、次からは、その派生形であることが分かります。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#550

  • Electric Locomotive#549

    それでは、連載第549回目は、EF210-171をお届けします。東海道本線笠寺、貨物駅の側線で待機する、171号機(写真)。パンは下げ、お休みです。100番代も、佳境です。結果ゼロロクが大量引退は、残念です。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#549

  • Electric Locomotive#548

    それでは、連載第548回目は、EF210-170をお届けします。最初は、大井ターミナルのイベントにて(写真)。日本初のコンテナ特急貨物列車、「たから」号ヘッドマークを装備します。続いては、広島でしょうか、庫内で待機する姿(写真)。車内からの撮影で、ちょっと甘くなっています。そして、東海道本線、柏原を通過する姿(写真)。サミットは、もうすぐです。168号機、169号機は写真が無く、残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#548

  • Electric Locomotive#547

    それでは、連載第547回目は、EF210-167をお届けします。予讃線、日中の貨物列車を牽く167号機(写真)。しかし貨物は平坦線でも短く、ローカルな雰囲気があります。一応現在は増備が止まっているEF210-100ですが、今後どの位増えるのでしょうか。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#547

  • Electric Locomotive#546

    それでは、連載第546回目は、Ef210-165をお届けします。恐らく広島でしょう、建屋に入る165号機(写真)。全景で無くてすみません。EF210単機での出力は、関ヶ原が限界、それ以上の勾配であるセノハチには対応していません。確か、前はEF67であった筈ですが、EF67の種車を考えると、今後のストーリーの続きが分かると思います。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#546

  • Electric Locomotive#545

    それでは、連載第545回目は、EF210-164をお届けします。写真は、交直切り替え設備変更前の黒磯で、僚機と並び停泊する、164号機(写真)。現在では、切替が地上式から車上式に変わり、デッドセクションが駅北方に設けられたとのことで、切り替え表示とも撤去され無くなり、それは残念です。確かに、ED75もほぼ無くなった今、駅構内を地上切替で維持する意味がありません。163号機は写真が無く、残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#545

  • Electric Locomotive#544

    それでは、連載第544回目は、EF210-162をお届けします。写真は、いつもの柏原から、サミットを目指す162号機(写真)。30分適格の踏ん張りどころです。続いて、これは茅ヶ崎でしょうか、思い出せません、両パンを上げて移動する162号機(写真)。159号機から161号機まで写真が無く、残念でした。100番代に関しては、あともう少し、という感じでしょうか。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#544

  • Electric Locomotive#543

    それでは、連載第543回目は、EF210-158をお届けします。写真は、稲沢、愛知機関区にて停泊する姿(写真)。僚機と並びます。やはり数が多く、完璧なコレクションでは無いのが残念。機会を見つけ充実させていきたいと思います。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#543

  • 8度目の新春を仰ぎ

    あけましておめでとうございます。管理人、Seichiroです。未明の画像で申し訳ありません、「ニーナ」だったので、登載しました。そのため、昨年高崎には行きませんでした。現在も長い連載の最中ですが、今後ともよろしくお願いします。それでは、次回をお楽しみに。8度目の新春を仰ぎ

  • Electric Locomotive#542

    それでは、連載第542回目は、EF210-157をお届けします。東海道本線柏原を、西進する157号機(写真)。伊吹山も大体写っています。正月になりますが、連載はまだまだ続きます。お付き合い下さい。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#542

  • Electric Locomotive#541

    それでは、連載第541回目は、EF210-156をお届けします。最初は、恐らく相生にて、貨物を牽き通過する156号機(写真)。満載です。続いて、名鉄山王駅でレール運搬気動車キヤ97を牽くDE10を捉えるべく待機中、貨物列車のスジか不明ですが、単機で通過する156号機(写真)。形式写真です。最後は、柏原を東進する、156号機(写真)。サミットは、もうすぐです。155号機は写真が無く、残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#541

  • Electric Locomotive#540

    それでは、連載第540回目は、EF210-154をお届けします。最初は、茅ヶ崎でしょうか、貨物駅で片パンを上げ待機する154号機(写真)。前にはコキが並びます。続いて、予讃線貨物を牽く、154号機(写真)。これは両方のパンタグラフを上げています。66の0番代も、現役は27号機のみとなったようで、ますます兄弟機は増えそうです。増して、PFも最後ということで国鉄色に戻しているとのこと、今後どの位増えるのか、興味あります。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#540

  • Electric Locomotive#539

    それでは、連載第539回目は、EF210-153をお届けします。最初は、四国、予讃線を走る153号機(写真)。予讃線も何か所か下りが東を向く場所があり、そこは撮影に重宝されるようです。続いては、柏原を西に向かう153号機(写真)。東海道・山陽貨物の主軸です。152号機は、写真が無く残念でした。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#539

  • Electric Locomotive#538

    それでは、連載第538回目は、EF210-151をお届けします。大宮のイベント時に、JR貨物大宮車両所の展示に、151号機の展示がありました(写真)。反対側は、ヘッドマークを掲出し、運転台公開を行っていました(写真)。JR貨物の車両は、主に大宮と広島で整備されていますが、EF210はその双方で整備される、数少ない車両です。兄弟が多数なので、当然といえば当然ですが。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#538

  • Electric Locomotive#537

    それでは、連載第537回目は、EF210-150をお届けします。最初は、柏原を東へ関ヶ原に挑む150号機(写真)。サミットは、もうすぐです。別の時、同じ場所で(写真)。後の伊吹山も、霞んでいます。149号機は、写真が無く残念でした。しかし、100番代は50両でも、まだ道半ばです。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#537

  • Electric Locomotive#536

    それでは、連載第536回目は、EF210-148をお届けします。ヒガハス(東大宮~蓮田)を通過する、148号機(写真)。「カシオペア」と「北斗星」が同時に走る日を狙って行った、その際の撮影です。本当に兄弟は多いですが、今後も65置き換えで増加するでしょうから、まだまだ続きます。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#536

  • Electric Locomotive#535

    それでは、連載第535回目は、EF210-147をお届けします。東海道本線柏原を、西に下る147号機(写真)。関ヶ原での勝利に雄叫びです。主要幹線の主力機、性能も値段も手頃なのでしょう。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#535

  • Electric Locomotive#534

    それでは、連載第534回目は、EF210-146をお届けします。写真は、大井の「東京貨物ターミナル」でのイベントから、停止中の同機です(写真)。架線は無く、ディーゼル機関車でこの位置に据え付けられたと思われます。PFが現在国鉄色で出場するのは、最後のお別れ会であって、いずれこの代替となるEF210-100が製造されるでしょうから、まだまだ兄弟は増えそうです。今後、どうなるのでしょうか。それでは、次回をお楽しみに。ElectricLocomotive#534