searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
工場長の製作日誌
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/matsumoto-works
ブログ紹介文
鉄道模型の製作日記などです。地方私鉄の旧型車たちがメインです。ナローもやってます。
更新頻度(1年)

30回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2014/03/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、松本製作所さんの読者になりませんか?

ハンドル名
松本製作所さん
ブログタイトル
工場長の製作日誌
更新頻度
30回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
工場長の製作日誌

松本製作所さんの新着記事

1件〜30件

  • 一畑の京王5000(鉄コレの加工)その2

    さて、前回の続きです。どうしようかなぁ~というクーラーのルーバーですが、結局色挿しで対応しました。・・・このパーツは型から抜く関係で、上辺の縁がモールドされていないので塗料が流れません。GMキットのパーツも同様です。マルチブラックでそれらしく塗ってみましたが、まぁそれなりです。乾いたら普通のウェザリング作業陰影をつけるウオッシングを筆で行い、パンタ付近の汚れはエアブラシで吹きました。位置によって汚れ方が異なるのでそういうのを意識して。・・・たまに1個だけキレイなヤツとかありますけどね(笑床板の中敷きがピンク色で流石にないでしょと思い、座席を残してクレオスのタンで塗装しました。最後に艶消しを吹いてコート・・・ウェザリングカラーは擦ると消えてしまいますので注意。屋根に取り付けて完成です。近くで見るとアラが目立つのが...一畑の京王5000(鉄コレの加工)その2

  • 一畑の京王5000(鉄コレの加工)

    年末の片付けをしていたところ、鉄コレの一畑2100(京王色)が出てきました。確かジャンク品で安く仕入れたんだったなぁ~・・・色挿し目的で分解してそのままになっており、パーツ紛失の恐れがあるので早めに組み立てますw取りあえずボディーは墨入れをして半光沢でコートウェザリングカラーのグランドブラウンを使いました。次は屋根まずマスキングしてベンチレータの横をジャーマングレー、上部と側面を明灰白色で塗装します。それから屋根全体にジャーマングレーをぼかすように塗装パンタ周りにウェザリングカラーのステインブラウンを軽く吹いてみました。・・・結果からいうと、ベンチレータは色の差がよく分からなくなってしまったので、あまり意味がなかったかな・・・鉄コレは屋根を塗ると雰囲気がガラッと変わりますので、おススメです。自分の場合は結構離れ...一畑の京王5000(鉄コレの加工)

  • IORI工房の木造電車

    以前2軸客車を作った際に調子付いて手を付けた木造電車がようやく完成です。キットはIORI工房のモハ1私鉄譲渡仕様現行のアクリル素材の屋根が付く前の旧製品?時代のもの2扉化された大井川鉄道モハ301がモデルです。組立はいつも通りサフ+流し込み接着剤補強にアロンアルファです。屋根は曲げ加工が必要で、2重屋根部分も紙で表現します。ペーパー工作に慣れていればまぁまぁに仕上げる事が出来ると思いますが、ちょっと難しい加工です。アロンアルファで固め、タミヤパテを盛ったり削ったり・・・地味な作業です。・・・ここでパテを盛ったまま、力尽きて暫く放置していましたwこのまま放置していても仕方がないので再開。最後に普通のグレーサフを全体に吹いた状態です。ベンチレータは放置している内に紛失wしてしまったため、GMの半ガラが付いています。...IORI工房の木造電車

  • 猫屋線改造パーツから生まれたDL

    最近一気に冷えてきて、いよいよ冬の到来です。雪がうっすら降ったり、慌ててタイヤを換えたり(いつものことwさて、L型DLの続き?こちらは久しぶり?のナローです。使ったのはアルモデルの猫屋線改造パーツセットEF猫屋線DLの改造パーツ集ですが、キャブやボンネットなど、これで1両作れるのでは?というお得なセットです。発売直後にキャブを切り出して結局使わないでいた物を引っ張り出してきました。下回りには猫屋線DLを3軸ロッド化した際に余ったものを発掘ラジエターには協三タイプを採用ちょっとゴツイ感じを出してみましょう。アルモデルのキット、屋根やボンネットは手で曲げても自然な感じになって組み易いですが、曲げると裏のエッチングの筋が見えてしまいカッコ悪いので、曲げ後、上にパーツを付ける前にヤスリで平滑にすると仕上がりが綺麗です。...猫屋線改造パーツから生まれたDL

  • シバサキのDL

    気が付けば今年もあと1か月になってしまいました。今年もいろいろあったナァ~さて、最近作ったDLのご紹介です。最近L型DLを連続で作っており、その第一弾。オジサンには懐かしい?シバサキのL型DL手持ちの物はキングスが後に発売したものエッチング板はそのままシバサキの標記があります。手持ちのキットは屋根とボンネットが曲げ済み、動力もセットになった豪華な?仕様でした。金属工作がしたくなったので組み立ててみました。古いキットだけにちょっと組立てが大変。隙間なく組むのはコツが要ります。キレイに組み立てる事に専念し、上回りはすべて一体でハンダ付けしました。プロトタイプは別府DB201のようで、それに倣ってボンネットを丸めると雰囲気は似てきました。キットにはタイフォンが付いているのですが、コレは他に流用したいと思い取り付けず。...シバサキのDL

  • カワイのキハ30

    幼少のころ父親に「八王子にもの凄いボロいのが走ってる路線がある」と言われ連れて行ってもらったのが八高線でした。聞き慣れないディーゼルの音、ボタンを押して開ける外吊式のドアなど、確かに異様な感じを覚えています。時々混じっているキハ38も、新規性を狙ったものなハズですが、編成の1両だけでは却ってボロさを際立てている様でした。写真はその頃のものですが、架線柱が電化直前を物語ります・・・という事で国鉄DCの中でも思い入れのあるキハ30、以前仕入れていた中古品を仕上げてみました。カワイモデルのキハ30です。個人的には、プレスの前面が良く特徴を掴んでおり好感が持てる製品です。ただ、実際に手に取って見ると側板が薄さのためヘロヘロ感があり、若干不安になります。・・・まぁその辺が古い製品なんでしょうね。中古市場でも安いとはいえ完...カワイのキハ30

  • 飯田線の荷電を作る その4 完成

    前回までに車体の仕上がったクモニ83塗装しました。スカ色はFモデルの塗料をそのまま軽くウェザリングして半光沢仕上げです。今回は動力を入れなかったのでライトを点灯化しようと思い、モデルシーダーのライトユニットを組み込んでみました。ごく簡単に組み込みが出来、眺めてみる分には十分満足の仕上がりとなりました。えっこれ紙なのと自分でも思う感じの仕上がりとなり満足です。飯田線の荷電を作るその4完成

  • 飯田線の荷電を作る その3

    地面がひと段落してひと息・・・ただ眺めて楽しんで。次は何をしようかなと思いましたが、16番の飯田線が放置されていたので再開しました。止まっていたのは部品が揃っていなかったためという言い訳wカプラーはKATOのASSYパーツ、床下機器は日光製としました。床板もボール紙なのでKATOカプラーの台座に合うように切れ込みを入れて嵌め込みました。床下機器はとりあえず黒で塗装してから接着。屋上機器も自作は面倒なのでエコー製品を使用しました。KATOのパンタが載る側には、固定できるように穴を開けます。そしてパイピングもそれなりに・・・このキット、屋根の中に天井板を差し込んで屋根の曲げを容易にしていますが、お陰で屋根に穴を開けて色々工作するのが少し手間でした。この段階になれば全体に強度があるので、天井板にもどんどん穴を開けて進...飯田線の荷電を作るその3

  • ダイソーの缶スプレー

    5500に続いて名鉄800を作りました。リトルジャパンのキットほぼそのまま腰高に感じたので、床板を1mmほど上げています。同じ形式でも微妙に違ったりするのが名鉄車の面白い所です。今回はお手軽工作ということで、ボディーの赤以外は缶スプレーで仕上げましたが、グレーが無かったのでダイソーのラッカースプレーを使用してみました。ジオラマの樹木の幹を塗装するのに使いましたが、鉄にもプラにも使えると書かれているのでテストパンタと屋上機器等に使用しました。吹く感じは塗料が一気に出て、やや厚塗りになりがちな気がします。ただ、缶スプレーに慣れていれば問題ない程度です。乾燥はGMやクレオスのプラカラーに比べると遅く感じます。色はGMの9番に近い感じ。違和感はないです。パンタにはそのまま塗っていますが、やはりプライマー効果もあるようで...ダイソーの缶スプレー

  • 地面をつくる その5

    少し前の猛暑がウソのように秋めいてきました。(上田市内)さて、地面軽便祭は今年は残念ながら中止、代わりに「エア軽便祭」をやるというのでコレに目標を定めてペースアップ。・・・リアル軽便祭だったら、完成が怪し過ぎてエントリーできなかったナァw伐採された斜面何か物足りないと思い考えると、実際の山には所々岩が露出しています。・・・全ての斜面ではないですが、経験上(汗という事で情景用の石を買ってきてそれらしく設置買ってきた石は白っぽかったため、墨汁に浸してグレーにしています。さらに枯れ枝風の樹木やパウダー、スポンジ素材を適当に散らかしました。そしてこのシーンの主役である索道を動かす集材機これは製品があるのですが高価なので自作しました。プラ板とNゲージの余りパーツでそれらしく出来上がってみると思いの外それらしく作る事が出来...地面をつくるその5

  • 地面をつくる その4

    いよいよ9月(塩尻市チロルの森)まだまだ酷暑ですが、確実に秋が近づいています。さて、進んでいかないジオラマですが、軽便祭(エア)に向けてドシドシ進めます。このジオラマのハイライトである小屋付近プラ板で小屋の屋根を作製し、ようやく形になりました。土台や側面下部にはエアブラシでウェザリングカラーを吹付けて地面に馴染ませています。木の下には小型貨車を流用した物置こちらも表現したかったモノのひとつhttps://blog.goo.ne.jp/matsumoto-works/e/49cbff5255c7a5ccf956c3b768524a98以前に(もう4年も前か・・・w)記事にしたプラ板スクラッチの小型貨車をもう1個作製して安置しました。走行しないので、扉を開けた状態にしたり、ディテールも一部省略しています。周囲と内部...地面をつくるその4

  • 16番ペーパー電車の復活

    某オクで入手の古い(と思われる)京浜電車をレストアしました。記事にしてもあまり参考にならない気がしますが、こんなのもたまには如何でしょう?入手状態はこんな感じ「鬼嫁命令終活処分品」というものですwしかと受領いたしました・・・特に記載も標記もありませんがどうみても京急の旧型電車バイブルたる「スタイルブック」に2両の図面が載っており、これを見ながら作ったと推察されます。入手時には塗り替えて自由形にでもと思っていたのですが、見ればみるほど京急電車であり、窓ガラスを剥がしたりが面倒なのでそのままレストアすることにしました。車体側面の痛みはほとんどなく、雨樋の一部を作り直した程度です。紙のメクレなどは木工ボンドをちょっと塗って戻します。塗装ハゲや部品を撤去した部分には近い色を筆塗りしています。・・・ちょっと違うけどまぁ気...16番ペーパー電車の復活

  • アルモデルのとて簡をつくる(2)

    いよいよ夏本番?今年はなんだか蒸します。さて、最近中古で入手したアルモデルの箱型機関車2両ジオラマ製作の気分転換?にサッと仕上げてみました。ほぼ箱になってましたが屋根と前面はハンダで固定。車体はEEタイプには付属の通風器、運転台側面にヒサシを取り付ける程度に留めました。毎度のことながら屋上に力を入れます。・・・模型は上から見る事が多いので、屋根が命(個人的な感想です)そうは言ってもフリーランスなのでお気楽に・・・手持ちのベンチレータや避雷器を取り付けています。パンタはロングセラーのKATOのPS14。線が太いので繊細な模型には向きませんが、こういうのにはピッタリかと思います。・・・パンタ台を作るのがやや面倒ですがwあとは特に考えずにそのまま塗装。西武風にしてみました。カラーサフのオキサイドレッドと黒を使用してい...アルモデルのとて簡をつくる(2)

  • 木を作る(針葉樹その2)

    上田電鉄城下駅に保存車の5251がやってきました。使っていないホームの有効活用(客寄せパンダ)です。褪めないステンレスボディーにヘッドライトが付いていると現役らしい雰囲気があります。記念品を購入すれば運転台に入ることも可能。・・・列車折返しの合間に見学をすると、自分の列車が横付けされるので全体を写すことが出来ませんので要注意。デモ別所温泉側から見学に来る人はあんまりいないでしょうね。さて、先回のジオコレの杉を利用したHOサイズの針葉樹全体をグレーにスプレーし、クレオスのウェザリングカラーでテキトーに茶色をまだらに筆塗り。だいたい100mくらい離れて見た山の木の幹をイメージしていますw「w」とか言ってますが、この距離感って結構大事かなと。全体の解像度を設定する感じです。そのまま葉を付けてみたところ、下から見上げた...木を作る(針葉樹その2)

  • 松本を歩く

    久しぶりの日記?松本を散歩してみました。丸と四角古い建物の味を残しつつ改装された建物が多いのが嬉しい所です。もう4年この町にいますが、まだまだ知らない細い路地もあったり。特に目標も無く歩くと色々発見がありますね。梅雨の夕暮れ上高地線にも久しぶりに乗車終点の新島々廃止された島々への線路は留置線になっており、復刻塗装の編成が留置されていました。ちょうどモハ10が島々からやってくるところのような雰囲気。新村の青ガエルの居た留置線にはEDとモーターカーが置かれていました。このスペースは青カエルには狭いようで、ちょうどいい感じの収まりです(笑この奥の貨車の物置2両も健在。こういう廃車体のある車庫、ホントに減りましたね・・・梅雨の合間梅雨明けにはまだ暫くかかりそうですが、疫病も同じくこのまま晴れて欲しいものです。最後に大先...松本を歩く

  • 木を作る(針葉樹)

    (遠山郷西沢渡にて)今年は梅雨らしく雨が続きます・・・場所によってはそんな悠長な事を言っている場合ではないので、早く梅雨明けしないかなぁ・・・さて、製作中の林鉄ジオラマ主役はやはり杉や檜という事になりましょう。山の仕事場を表現したいなと思っており、皆伐された斜面にある切株も表現したいなと。コンビニ弁当についてくる割り箸どのコンビニだか忘れましたが、丸い物があるのでコレを活用します。鉛筆削りで杭状にし、彫刻刀で筋を入れ、根元が少し太くなるようにカッターで上側を少し細く削る。最後にレザーソーでカット。皮の部分を茶色に塗りました。根元を尖らせたので、スタイロの地面にそのまま刺して使います。・・・ホントは根が張っているところも表現したいですが、量産を考えればこれで良い所でしょう。刺した後に周囲は誤魔化しましょう(汗実際...木を作る(針葉樹)

  • 地面をつくる その3

    6月はついに1つしか記事が書けませんでした・・・まぁ気を取り直していきます?というのも、作業が地味すぎる!というのがありまして。ジオラマはひたすら植物を植えています。ボンドをちょっと出して少しづつ植えて・・・でも朝の20分とか、ちょっとした時間でも進められる点は良いですね。もう少し植物の種類が欲しいと思い、少し高いですが購入。ウッドランドのFINELEAFFOLIAGE天然素材の枝(オランダフラワー?)に着色し、フォーリッジをまぶした状態の物です。まぶす前の状態のがKATOブランドで売られていますが、多分同じものです。取り出してすぐに使えるので結構便利でした。ただし、天然素材なのでカタチの良い物ばかりではなく、イマイチなものはやっぱり接着等して木を作る必要があります。・・・まぁそれでもかなり楽ではあります。写真...地面をつくるその3

  • 木を作る(低木編)

    真夏のような暑さも一瞬、いきなり梅雨入りジメジメして体も気分も悪くなります。さて、ジオラマはいよいよ木が必要な頃合いに差し掛かり、重い腰を上げて樹木の試作。まずは森林周辺の下草や低木です。材料は登山の途中、山で見つけてきた地衣類山の霧のかかりがちな斜面の樹木に引っ掛かるようにしてぶら下がっています。モヤの中、針葉樹に垂れ下がるのを見るのは幻想的で好きな雰囲気です。風などで落ちる様で、手ごろなサイズのを拾っては集めてきました。※木から引っぺがすのはやめましょう。これを良いカタチの部分はカットしてそのままそれほどではない物はカットして束ねます。・・・これが意外と良いカタチの物が無くて苦労します。これは束ねて茶色に塗ったもの低層の広葉樹に見えますかね?これにボンド水を付けてパウダーをまぶします。最後にKATOの「繁茂...木を作る(低木編)

  • トラック野郎(電車)クモル23050編

    以前ちょっと紹介してそれっきりになっていたクモル23050を仕上げました。・・・1年以上放置(汗屋上機器がめんどくさいとほったらかしになっていたのですが、珍しく真鍮線で配管するなど凝ってみました。この車両、人気があるので資料はいくらでも出てきます。以前のクモル+クルはランナー伸ばし棒で配管しましたが、あれは均一・望む太さにするのが難しいので、どっちもどっちでしょうか?真鍮線もライターで炙ると柔らかくなって曲げやすいので、真鍮線の方が良いかもしれません。ハシゴはKATOの旧客用を使用しています。そして塗装。普通にブドー色2号で。ウェザリングカラーのマルチブラックでフィルタリングして艶消し仕上げです。・・・Hゴムなどにはタミヤの高めの面相筆を使用しましたが、やはり値段なりです。理想の塗料の含み、思った所に塗れます。...トラック野郎(電車)クモル23050編

  • IORI工房のP-5を組む

    発売当初に入手し、だいぶ経ってしまいましたがIORI工房さんの新京阪P-5キットを組立ました。実車の事は何となく知っている程度だったので、今回ちょっと勉強。京阪?阪急?なども「へぇ~」という具合の関東人です。買ったキットは梅鉢と田中製の2両これで作れそうな題材ということで、能勢電の10+11の2連を選びました。ポールは在庫が無いので最晩年のパンタ化後としています。いつもどおりクリアラッカーを吹いてタミヤセメントサラサラタイプで接着。・・・実はクリアを吹いて長期乾燥に入っていましたw初めて3Dの屋根パーツを使いましたが、サポート材を切り離すのに手こずりました。・・・本体がパキッと逝ったりしましたが、変形しないので接着して事なきを得る(汗鋭いニッパーで細かくカットしていくのが良いと思います。T車用の床板は付属のもの...IORI工房のP-5を組む

  • ワフをつくる

    たまたま2軸台車が2両分あったので、16番の貨車を作ってみました。何がいいかナァ無蓋車も良いなと思ったのですが、ワフを作製することに。極力安くwをモットーに手持ちの工作用紙やボール紙から車体を作ります。なかなか面倒な屋根も貨車なら厚手のボール紙を曲げて接着するのみです。・・・妻板上部のRをキレイに作るのがミソです。デッキ部分もそれらしく工作ワフ35000は外側に露出したアングルのお陰でかなり強度がありますが、29000の方は若干強度不足です。柱類はいさみやの車両工作用紙の0.3ミリを細く切って使っています。途中で麻績村の「あかり」へ行く機会があり実物を拝見※訪問はだいぶ前です。店舗の一部が貨車です。他にもワムハチなども使われているみたい。内部は改装されていて梁に貨車らしさが残る程度です。料理も中々おいしく、平和...ワフをつくる

  • ペーパー車体のリベット表現について

    先作のDLは人力で画鋲で打ち出していましたが・・・以前から「この道具何??」と思っていたものを遂に入手しました。これです。何なのかなコレとか思ってたんですが、正体が分かったので早速入手。ガリ版の点線を引く道具でした。「点線ひき」という呼ばれ方もあるようですが、鉄筆の柄を使うので、鉄筆の仲間なのでしょうか?本来の用途は消滅して久しいからか?美品ながら非常に安価で入手。早速試してみました。だいたいピッチは1ミリ0.3ミリ厚の紙に打ち出すとこんな感じです。針で打ち出すのに比べれば甘いですが、一瞬で引けるので十分かなと思います。裁縫道具のルレットを試したこともありますが、ピッチが広いし輪がガタついて定規を当てていても上手く引けないので、こちらの方が遥かに良いです。リベットバリバリの車体を作ってみたくなります。鉄筆の針も...ペーパー車体のリベット表現について

  • ナローの自由形箱型DL 完成

    県をまたぐ移動は自粛を国道の電光掲示板にこんな情報が流れるとは思いもしませんでした。という事で近所を散歩。田舎でも近所に線路があり何となく嬉しい趣味人wやって来たのは復刻塗装の元井の頭線。銀色のステンレスカーも、松本では塗装されて活躍中。・・・上高地線、意外と住宅が建て込んでいたり、走ってる所が単調なので、ここぞという撮影地が少ないんですよね。さて、年明けにボディーを作ったナローDLサフを吹いただけで暫く机に放置されていましたが、ようやく塗装しました。車体はサフのまま、屋根と下回りはMrカラーのジャーマングレーです。単調なので、窓枠をニス仕上げという事で近鉄オレンジ、ヘッドライトと屋上のラッパにソビエト海軍グリーンを色挿ししています。・・・三重交通の箱型EL、窓枠を別色にする作例が多いですが、単色だと単調すぎる...ナローの自由形箱型DL完成

  • 飯田線の荷電を作る その2

    今年も桜が咲いて散ります。出かけられずストレス…みたいな声も聞かれますが、家にいれば模型を作っていればいいだけ。誰とも会う必要もなし、良い趣味ですw前面の整形が終わり細かいパーツの取付を開始。Hゴムはキットのままでは窓が大きめに思えたので、t=0.5の紙で一回り小さく作り上手く嵌め込み。やや大げさな表現となり私の作風らしい?感じとなりましたw床板は付いてないので自作。普通は木で作りますが、今回はt=1mm位のボール紙で作製してみました。3枚重ねるとかなりの強度が出ました。台車もキットについていますが、難易度が高すぎるwので日光製の台車を使用。ここまで来るとあと少しという感じです。・・・実は先は長いw飯田線の荷電を作るその2

  • 飯田線の荷電を作る その1

    みなさまお元気でしょうかこの場で敢えて色々言う気はありません。予防策の励行で元気に過ごしましょう。さて、知人との話の中で話題になったショップKIHAさんのペーパーキットhttp://www.cab-inc.jp/index.html自分も持っているぞと取り出したるが運の尽き?いきなり着手してしまいました。16番のモユニ81です。今回は飯田線のクモニ83として組み立てる事にしました。このキット、今や主流のレーザーカットではなく、伝統的?なケガキ線のみ入ってるかなり硬派なモノ全て人力でカッターで切り出します。普通のキットに比べると紙が幾分薄めで、その代り何枚も貼り重ねるのが特徴。フルスクラッチと違い、何も考えず線をカットして行けば良いので、気は楽?です。ペーパールーフも思いの外簡単にキレイな形に曲げられました。なん...飯田線の荷電を作るその1

  • 地面を作る その2

    先日ついにブログに登場したジオラマですが、建物の方はまだ進まず・・・本体の方の備忘録をベースはこちら650×450くらいでしょうかこちらはイチから作ったものではなく、素晴らしい作品をいくつも世に出されている方から譲り受けたものです。仲良くして頂いており、感謝!以降、絶大な指導のもと進めています。元々12mmの線路は敷いてあったのですが、pecoの9mmナローを敷き直しました。ポイントは「無い方がいいよ!」とのことで、確かに小さな2軸機関車ばかりで不安だしとナシで。手前に廃止された側線のようなものを配置し、ここに車両を留置できるようにしました。ホームセンターで入手した小鋲を枕木に打って固定しています。今回の主要な材料?はコルクこれで岩を表現します。コルク樹皮を適当な高さにカットして並べてみました。隙間は水苔をパッ...地面を作るその2

  • 地面を作る(建物の製作)その1

    ツイッターをご覧の皆さんはご承知?かと思いますが、いよいよ念願のジオラマ製作に取り掛かっています。・・・構想自体は昨年の今頃からですが・・・汗完成に至るか分からず、記事にするにも区切りに悩み続け、なかなかブログにはなりません。ひとまず建築中の建物を決して広くはないジオラマですが、建物はたったのひとつ後はみんな森林の予定です。テーマはやはり?森林鉄道。遠山森林鉄道をイメージしています。段々畑の合間、遠山の渓谷を走り抜ける姿表現できるかなぁその途中にある駅柿の島をイメージしていますが、技量・スペースの関係上、まったく違う物になっています(汗建物の作製はほぼ初体験なので、すべて手さぐりです。まず手始めに材料定番?のSTウッドと角材を、STカラーで染めていきます。「ボンドが付くと塗れないので、必ず貼る前に」という約束の...地面を作る(建物の製作)その1

  • 加悦へ行く

    閉園がアナウンスされた加悦SL広場を訪問しました。晩年の主役はかなりボロボロ保存されている車両が多いので、維持は大変だったでしょう。小型車は割と手入れが行き届いていました。片ボギーのキハ101前回訪問時は体験乗車が出来ました。東洋レーヨンのポーター解説等が一切なく知らなければ謎の車両・・・加悦鉄道と直接関係ない車両も多数(というか半分以上?)展示されています。ラッセル車の車内。車内に立ち入ることが出来るのも大きな魅力でした。これらの展示車両が今後どうなっていくのか気にかかる所です。加悦へ行く

  • IORI工房のキットを使ったクモハ11

    またまたGMキット仙石線の17m国電を作りました。今回利用したのはIORI工房のクモハ12040用エコノミーキット片運のクモハ11に改造するのに使う側面の3Dパーツです。いつの間にか出ていたので早速入手、勢いで製作しました。加工は簡単所定の位置で切り継ぎします。パーツの精度はバッチリで、キレイに切接ぎが可能です。・・・使用したタネ車がジャンク品だったので、その修正の方が時間がかかりました(笑妻面は本来であれば運転台側のHゴム窓の修正等必要ですが、今回は尾灯を撤去したのみです。前面はそのまま。テールライトのみレンズ化の為穴を開けます。・・・クハ用の3Dパーツなどあれば色々バリエーションを楽しめる気がします。リベット付きの車体の加工は大変なので(汗そして塗装GMの4番と、Mrカラーのシャインレッドを使用しました。こ...IORI工房のキットを使ったクモハ11

  • ナローの自由形箱型DL(その1)

    先日久しぶりの飯田の夜南信の暖かな空気が恋しい・・・と言いたいところですが、今年はどこも暖かです(汗さて、帰省の折に(いまさらw)実家で手持無沙汰だったので作製した自由形のDLです。ご覧の通り、寸法は三重交通のアメリカンELそのまま今回はペーパー工作でのリベット表現の模索という目的の工作です。下回りに後述のバックマンC型DLを使うので、DLらしく?片側の側面には大きな穴を開けておきました。東野のDCを意識していたりします。工法は使い古されたもの裏から画鋲で押し出しています。やってみると真直ぐに打つは意外と難しいです。後ろに目安となる線を書き、定規を当てて押していくとそれなりにキレイに打てます。間隔は1mm弱が丁度良いようです。間隔は多少バラバラでもあまり目立ちません。組立てるとこんな感じ。裏から瞬着を染み込ませ...ナローの自由形箱型DL(その1)

カテゴリー一覧
商用