searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
マウビーの短歌ブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/mauwie/
ブログ紹介文
つくば市真瀬にある素敵なカフェ「マウビー」。そこに集う人々が作った短歌を掲載しているブログです。
更新頻度(1年)

2450回 / 365日(平均47.0回/週)

ブログ村参加:2013/05/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マウビーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マウビーさん
ブログタイトル
マウビーの短歌ブログ
更新頻度
2450回 / 365日(平均47.0回/週)
読者になる
マウビーの短歌ブログ

マウビーさんの新着記事

1件〜30件

  • やわらかに

    やわらかに クリーム色の 茶の花は 寒き中にもあかりを灯す

  • コツコツと

    コツコツと レンガのように 積み重ね いつのまにやら二万首となる

  • 境内の

    境内の 日陰にそっと 咲きたるは 黄色まぶしき石蕗の花

  • 茶畑の

    茶畑の 野良のネコとの あいさつは わたしにとっての至福の日課

  • からからと

    からからと 秩父降ろしが やって来て 銀杏の絨毯ここ武蔵野は

  • 日曜の

    日曜の 紙面にひろがる もみじ見て 気分高揚楽しむ秋を・東京新聞一面

  • 花屋には

    花屋には ポインセチアが 陣取りて 師走に向かうメイン通りは

  • 陽だまりの

    陽だまりの ネコの昼寝を 見るにつけ ホッと息つくささやかながら

  • 晩秋の

    晩秋の ひかりをたっぷり 吸いこんで においはじけるわたしのふとん

  • 富士山と

    富士山と みかん畑と お日様に あこがれ抱く北陸の冬

  • 仕事にて

    仕事にて うちひしがれて いる時は バッハを聴いた日曜朝に

  • 実はその

    実はその 暗くて深い 谷底の ごとき音楽モーツァルト聴く

  • 気は澄みて

    気は澄みて 富士がさやかに 見えはじめ 冬の足音しのびよる朝

  • モーツァルト

    「モーツァルト 聴いて紅茶の モーニング」夢を見ていた学生時代

  • 二万首に

    二万首に いたりてうれし わが歌は 生きる証の七年間か

  • 教え子に

    教え子に 返信送る 封書にて 八十四円の切手を貼って

  • 柿食えば

    柿食えば 鐘が鳴るなり 東大寺 ふざけて詠う朝のリビング

  • 晩秋の

    晩秋の 大和の里を 訪ねたい 岩船寺から浄瑠璃寺へと

  • 四連勝

    四連勝 ソフトバンクの 日本一 しばらくつづく日の出のいきおい

  • 四連敗

    四連敗 日本シリーズ ジャイアンツ 崖からころげおちるかのごと

  • 白味噌の

    白味噌の 雑煮を初めて 食べました みやびな京を思い浮かべて

  • エアコンの

    エアコンの 音のみ聞いて 茶をすする 午前四時半ジャンパーはおり

  • ノルマでは

    ノルマでは 特になけれど 五首詠めば なぜかスッキリこころが晴れる

  • 便箋の

    便箋の 手紙がとどく 教え子の 近況報告われをわすれず

  • この朝は

    この朝は 七五のリズムを 思い出し 思いつくままノートに記す

  • 陽だまりの

    陽だまりの もみじは真っ赤に 燃えさかり 冬へと向かうここ武蔵野は

  • 三日間

    三日間 断食のごと 歌詠まず こころを空にあたまを空に

  • 生垣の

    生垣の ドウダンツツジの 色づけば 吐く息白く師走も近い

  • ひんやりと

    ひんやりと 秋の冷たさ 伝わりて 手足をこすり暖をとる朝

  • 流れたる

    流れたる 小春日和の エフエムの バッハのリズムバッハのメロディー

カテゴリー一覧
商用