searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
マウビー
フォロー
住所
つくば市
出身
つくば市
ブログ村参加

2013/05/31

1件〜100件

  • 今日もまた

    今日もまた フォークソングを 口ずさむ 前を向くより後ろを向いて

  • 生き絶えた

    生き絶えた 五月二日の 早朝の 思い浮かべる野良ネコ「プー」を

  • 庭先に

    庭先に 濃きくれないの 薔薇が咲く 野良ネコ「プー」を偲ぶかのよう

  • テレビでの

    テレビでの ネコ番組を 観るにつけ 思い浮かべる野良ネコ「プー」を

  • 二年ぶり

    二年ぶり 友といっしょの 外食は 気分開放マスク外して

  • 雨上がり

    雨上がり 若葉がかおる この朝は 少しぬるめの新茶を淹れる

  • このところ

    このところ スマホ写真を ながめ見て 想いにふける野良ネコ「プー」の

  • 寝る前に

    寝る前に 思い出します 野良ネコの「プー」のひとみのするどいひかり

  • 絹さやの

    絹さやの 筋を取りつつ 歌を聴く エモーショナルな昭和の曲の

  • 絹さやを

    絹さやを サッとあぶらで 炒めたら 甘さきわだつ旬のみどりの

  • この朝は

    この朝は みどりの風を 呼び込んで 香る緑茶にひと息いれる

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」の初七日 日曜日 五月晴れにてお参り行くか

  • 今にでも

    今にでも 野良ネコ「プー」が 顔を出す そんな気がするバラ咲く庭に

  • ちょこちょこと

    ちょこちょこと 浮かんできます 野良ネコの「プー」の面影まぶたの奥に

  • 武蔵野の

    武蔵野の 大地のかおりの 新茶飲み 願ういつもの「無病息災」

  • 狭山茶の

    狭山茶の 香りとどける 兄弟に 茶摘みはじまる五月の五日

  • 窓を開け

    窓を開け みどりの風と 共に食う ドーナツ2個と朝のコーヒー

  • 愛猫が

    愛猫が 逝きて五月の バラが咲く 華やかなれどどこか寂しく

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」が 旅立つ 天国へ バラ一輪の五月の朝に

  • 絶対に

    絶対に 忘れはしない 野良ネコの「プー」の命日五月の二日

  • 丹念に

    丹念に お湯を注げば 香り立ち 泡ぷくぷくのキリマンジェロは

  • さやかなる

    さやかなる 五月の朝に コーヒーを 淹れてあじわう窓開けはなち

  • バラ一輪

    バラ一輪 咲きし庭にて 生き絶える 天にめしませ野良ネコ「プー」よ

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」はみんなに 愛されて 十八年をかしこく生きた

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」が亡くなる この朝の ツツジの花の咲く片隅で

  • 教職の

    教職の 技術無くとも 無心にて 子どもと遊んだあの若き日は

  • 紫陽花の

    紫陽花の 淡きみどりの 花の芽が 今か今かと梅雨空を待つ

  • ホイップの

    ホイップの クリーム浮かべ 飲むコーヒー ウィーンの街を思い浮かべて

  • サラサラと

    サラサラと 歌が生まれる 窓を開け みどりの風を部屋に呼びこみ

  • レントゲンに

    レントゲンに ペースメーカー 映りおり わたしは生きるまだまだ生きる

  • 長谷寺の

    長谷寺の ぼたん美し 連休に 飛んで行きたい大和の国に

  • 武蔵野の

    武蔵野の みどりさやかな 茶畑の 新芽を摘むは八十八夜に

  • 横川の

    横川の 駅のホームで 釜飯を 買いに走った遥かなる日に

  • レンギョウの

    レンギョウの 黄色の花を 見るにつけ 想いにふける郷里越後の

  • はつ夏の

    はつ夏の 風を呼びこみ Tシャツの 腕をさすれぱみどりがかおる

  • 若き日の

    若き日の 深夜放送 ラジオから 流れる歌を今も忘れず

  • 野良ネコの

    野良ネコの 縄張り争い 無くなりて「プー」は静かに余生を生きる

  • 雪解けの

    雪解けの 信濃の川は 朗々と 流れていずこ日本海へと

  • 残業を

    残業を 終えて駅での クリームパン 生徒指導に明け暮れた日々

  • うなされて

    うなされて 目覚めた朝は まず一杯 緑茶を飲んで脳をしずめる

  • やわらかな

    やわらかな 春の空気を 呼び込んで 一首を記す朝のリビング

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」は「小雪」と 停戦に 愚かなるのは人間だけか

  • 赤々と

    赤々と ツツジの花が 咲きそろい 春らんまんの根津の神社は根津神社・・・東京都千駄木

  • レンギョウの

    レンギョウの 花の黄色が 春告げる 幼きころのふるさとの庭

  • あらためて

    あらためて 平和の意味を 噛みしめる うたた寝をするこの春の日に

  • 大好きな

    大好きな「悲しき天使」の 原曲は ウクライナと知るあのひまわりの

  • 道ばたの

    道ばたの 空き地に咲くは ハルジオン うすくれないの花を揺らして

  • 平和とは

    平和とは なにげなきこと 緑茶飲み 羊羹を食うこの春の日に

  • 茶畑の

    茶畑の 匂い引き出す 雨も降り 八十八夜の足音がする

  • 耳鼻科医の

    耳鼻科医の 話はとても ていねいで ホッと安心受診を終えて

  • 大和路は

    大和路は いつもなつかし 柿の葉の 寿司をつまんで口に入れれば

  • 斑鳩の

    斑鳩の 三塔めぐる 旅に出る 古代飛鳥のロマン求めて

  • 武蔵野の

    武蔵野の 大地の春に 着任し 教職スタートカオスの中で

  • 香り立つ

    香り立つ 笹の団子を 食いながら コロナの収束帰郷を願う

  • シューベルトの

    シューベルトの ピアノ連弾 聴きながら コーヒー淹れる春はあけぼの

  • この朝は

    この朝は カルーア垂らし コーヒーを 飲めばスラスラ歌が生まれる

  • 茶畑の

    茶畑の 香り豊かな むさしのに 住んで気づけば半世紀経つ

  • 見上げれば

    見上げれば ピンクムーンが 顔を出し 春よ春よと夜空に告げる

  • 夕刻の

    夕刻の 東の空を 仰ぎみて 願いをかけるピンクムーンに

  • うつむいて

    うつむいて 高二の君は 立っていた 花の舞い散るプラットフォームで

  • 拓郎で

    拓郎で 目覚め拓郎で 終わりたる わが青春のひかりと影は・拓郎・・・吉田拓郎

  • ポツポツと

    ポツポツと ツツジの花が 咲き出して 春がかけ寄る駅前通り

  • すずらんの

    すずらんの 白き花咲く ふるさとに 想いをはせる四月の朝に

  • ヨーグルトに

    ヨーグルトに かけて食べよう この朝に 煮詰めたばかりのイチゴのジャムを

  • 黒飴を

    黒飴を ひとつふたつと 口に入れ 緑茶を飲めば朝がひろがる

  • 千円で

    千円で カット十分 理髪終え 気分一新春の雨降る

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」は時おり つめを出す 親しき中にも野生忘れず

  • 思慮深く

    思慮深く ひとつひとつを 確かめて 手がたく生きる野良ネコ「プー」は

  • この朝も

    この朝も クリスマスローズは うつむいて 恥じらうように春雨に咲く

  • ツンデレで

    ツンデレで 吾をとりこに する「プー」は 野良のネコです十八年も

  • はつ夏の

    はつ夏の 風に吹かれて 三千歩 花のみずきの並木の道を

  • 薄紅の

    薄紅の みずきの花の 木の下を そぞろ歩いて駅前カフェへ

  • 桜から

    桜から みずきの花に うつろいて 今日はポロシャツ汗ばむ陽気

  • 瀕死から

    瀕死から 奇跡の復活 野良ネコの プーのひとみがきらりとひかる

  • 咲き初むる

    咲き初むる 赤の水木の 並木には はつ夏かおる四月の十日

  • しおらしく

    しおらしく 鳴いて辛さを うったえる 余命みじかき野良ネコ「プー」は

  • 探しても

    探しても 野良ネコ「プー」は 見あたらず はたして生きているのでしょうか

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」はそれでも 愛想ふる はかなき命近づきつつも

  • 家ネコを

    家ネコを こばみつづけて 十八年 野良ネコ「プー」の清きプライド

  • 今日もまた

    今日もまた フォークソングを 聴きながら 想いにふける二十歳の頃の

  • 教職の

    教職の スタートあれは 新年度 四月一日むさしのの地に

  • 三月の

    三月の 末日今宵 風呂に入り フーと息吐く手足を伸ばし

  • 野良ネコの

    野良ネコの「プー」はまなこを 蘭として 戦闘体制「小雪」に対し

  • ひたすらに

    ひたすらに 健康第一 願いつつ あゆむ満開桜の道を

  • 川沿いの

    川沿いの 桜の道を 一万歩 満ちたる花を目に焼きつけて

  • 春雨の

    春雨の 上がりし朝に 陽を入れて ひとり茶を飲む今日も日曜

  • 花びらは

    花びらは くれないうすく 咲き初めて とりこまれゆく空の青さに

  • 園庭の

    園庭の 空の青さに 映えたるは 濃きくれないの修善寺桜

  • 桜木の

    桜木の 花のベンチに 座りつつ 青き空見る二度も三度も

  • あと何年

    あと何年 生きるだろうか 野良ネコの「プー」の行く末案じる春に

  • 富よりも

    富よりも つばさがほしい 上京し 自由な空に飛び立つわれは

  • 行く春を

    行く春を 惜しむがごとき なごり雪 二十二歳の上野の駅で

  • 十七年

    十七年 家なく芸なく 首輪なく 野良のネコたる「プー」のしあわせ

  • 上京の

    上京の われのひとみの 奥底に ひかりあふるる未来予想図

  • やわらかに

    やわらかに 春を知らせる 武蔵野の 花だいこんのむらさきの花

  • 雪解けの

    雪解けの 野辺のれんげに つつまれて 遊びほうけた小二の春は

  • 診察を

    診察を 終えて街路に 出て見ると すくっと立ちぬ白モクレンが

  • クリスマス

    クリスマス ローズの白き 花咲きて 狭き庭にも春風が吹く

  • モクレンの

    モクレンの 白き花咲く 大木が ラインでとどく春風乗せて

  • ブラックの

    ブラックの コーヒー飲めば ほのぼのと 夜の明けたる春のリビング

ブログリーダー」を活用して、マウビーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
マウビーさん
ブログタイトル
マウビーの短歌ブログ
フォロー
マウビーの短歌ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用