searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

マイナー曲推進委員さんのプロフィール

住所
緑区
出身
福島市

クラシックのマイナーな作品(ほぼ管弦楽曲)を中心にCDを聴き、備忘録的にひたすら書き込んでいます。 もし読んでくれる同好の方がおりましたら参考になれば嬉しいです。

ブログタイトル
クラシック・マイナー曲推進委員会
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mountain352001/
ブログ紹介文
クラシックのマイナーな作品(ほぼ管弦楽曲)を中心にCDを聴き、備忘録的にひたすら書き込んでいます。
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2012/12/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マイナー曲推進委員さんの読者になりませんか?

ハンドル名
マイナー曲推進委員さん
ブログタイトル
クラシック・マイナー曲推進委員会
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
クラシック・マイナー曲推進委員会

マイナー曲推進委員さんの新着記事

1件〜30件

  • CD ヨッフムとスクロヴァチェフスキーのブルックナー:交響曲第3番

    ブルックナー:交響曲第3番ニ短調オイゲン・ヨッフム(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン録音:1977年1月ルカ教会、ドレスデン(EMI TOCE6931-39の3枚目)第3番も第5番に並んで結構苦手な曲でしたが、最近第5は克服した(!?)ので第3も行けそうな気がします

  • CD ヘルムラートのアミーロフとテルテリアン

    「タジキスタン、ジョージア、アゼルバイジャン、アルメニアの音楽」(2枚目)①アミーロフ:交響的ムガーム「バヤーティ・シラーズの花の庭」(1968)②テルテリアン:交響曲第3番(1975)ミハエル・ヘルムラート(指揮)ドレスデン交響楽団アライク・バハティキヤン

  • CD MELODIYAのテルテリアン:交響曲第3番、第6番

    テルテリアン:①交響曲第3番(1975)②交響曲第6番(1981)①ダヴィド・ハンジャン(指揮) アルメニア国立交響楽団 ジャニベク・ガスパリアン(ドゥドゥク) ゲガム・グリゴリアン(ズルナ)②アレクサンドル・ラザレフ(指揮) ボリショイ劇場管弦楽団ソリ

  • CD ヨッフムとスクロヴァチェフスキーのブルックナー:交響曲第2番

    ブルックナー:交響曲第2番ハ短調オイゲン・ヨッフム(指揮)シュターツカペレ・ドレスデン録音:1980年3月ルカ教会、ドレスデン(EMI TOCE6931-39の2枚目)という訳で久しぶりにブルックナーの2番聴きました。第1楽章(17:56)冒頭から第1主題はすいすいと良

  • CD エミール・タバコフの交響曲第5番、コントラバス協奏曲

    エミール・タバコフ:①コントラバス協奏曲 (1975)②交響曲第5番 (2000)エミール・タバコフ(指揮)ブルガリア国立放送交響楽団①エンチョ・ラドゥカノフ(コントラバス)録音:①1982年12月28日ブルガリア国立放送、②2011年12月5-8日ブルガリア・ホール,ソフィア

  • CD ヤルヴィのプロコフィエフ:歌劇「炎の天使」

    プロコフィエフ:歌劇「炎の天使」ネーメ・ヤルヴィ(指揮)エーテボリ交響楽団ジークフリート・ローレンツ(バス,ルプレヒト)ナディーヌ・セクンデ(ソプラノ,レナータ)ローズマリー・ラング(メゾソプラノ,宿屋のおかみ)ルーティルド・エンゲルト=エリ(メゾ

  • CD ヨッフムとスクロヴァチェフスキーのブルックナー:交響曲第1番

    ブルックナー久しぶりに聴いてみようという気になりまして、ヨッフムのEMIの全集の古い国内盤を安く仕入れました。この全集なんですがおそらく2度目のセット化(91年)、最初に国内CD化された時(89年)に買ったのですが、1枚目は第1番と第2番の1楽章、2枚目は第2番の

  • CD カヒッゼのテルテリアン:交響曲第3番、第5番

    テルテリアン:①交響曲第3番②交響曲第5番ジャンスク・カヒッゼ(指揮)トビリシ交響楽団録音年未記載(℗&©2001)SIMIスタジオ、トビリシ(BEAUX 2028)ジョージアの同時代の作曲家カンチェリの交響曲を録音し終えた巨匠カヒッゼが隣国のアルメニアのテリテリ

  • CD タバコフのショスタコーヴィチ:交響曲第2番、第12番

    ショスタコーヴィチ:①交響曲第2番ロ長調Op.14「十月革命に捧げる」②交響曲第12番ニ短調Op.112「1917年」エミール・タバコフ(指揮)ブルガリア国立放送交響楽団①ブルガリア国立放送混声合唱団録音:①2013年②2015年、ブルガリア国立放送スタジオ1(GEGA NEW GD

  • CD チェクナヴォリアンのテルテリアン:交響曲第3番、第4番

    テルテリアン:①交響曲第3番(1975)②交響曲第4番(1976)ロリス・チェクナヴォリアン(指揮)アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団録音:1996年3月12-13日アラム・ハチャトゥリアン・ホール(ASV CRCB-80036〔CDDCA986〕)ということでカラビツ盤と同じカップ

  • CD カラビツのテルテリアン:交響曲第3番、第4番

    ①テルテリアン:交響曲第3番(1975)②コミタス:ディア・ショガー③伝承曲:ノーバール=ノーバール④テルテリアン:交響曲第4番(1976,rev.1984)キリル・カラビツ(指揮)ボーンマス交響楽団①-③ティグラン・アレクサニアン(ドゥドゥク、ズルナ)①-③ヴァ

  • CD ロジェストヴェンスキーのシュニトケ:交響曲第5番/合奏協奏曲第4番、ヴァイオリン協奏曲第4番

    「シュニトケ生誕85周年エディション」DISC2シュニトケ:①交響曲第5番/合奏協奏曲第4番(1988)②ヴァイオリン協奏曲第4番(1984)ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)①ソビエト国立文化省交響楽団②ギドン・クレーメル(ヴァイオリン) モスクワ音

  • CD コープランド自作自演「ロデオ」「アパラチアの春」「キューバ舞曲」他

    「コープランド・コレクション」2枚目コープランド:①「ロデオ」組曲②映画のための音楽(都市、我らの町、二十日鼠と人間)③「アパラチアの春」組曲④家からの手紙⑤キューバ舞曲アーロン・コープランド(指揮)①③④⑤ロンドン交響楽団②ニュー・フィルハー

  • CD コープランド自作自演「アパラチアの春」「入札地」、モートン・グールド自作自演「フォール・リヴァー伝説」

    コープランド:①バレエ組曲「アパラチアの春」②組曲「入札地」モートン・グールド:③フォール・リヴァー伝説④ラテン・アメリカ・シンフォネット①②アーロン・コープランド(指揮)ボストン交響楽団③④モートン・グールド(指揮)管弦楽団録音:①②1959年4月

  • CD チャベス自作自演「ピラミッド」「4つの太陽」、コープランド自作自演「アパラチアの春」原典版

    ①チャベス:バレエ音楽「ピラミッド」第3場・第4場②チャベス:バレエ音楽「4つの太陽」③コープランド:バレエ音楽「アパラチアの春」(原典版全曲)①②カルロス・チャベス(指揮)ロンドン交響楽団、アンブロジアン・シンガーズ③アーロン・コープランド(指揮)コ

  • CD シュニトケ:クアジ・ウナ・ソナタ、ピアノ五重奏曲、ピアノ協奏曲

    「シュニトケ生誕85周年エディション」DISC1シュニトケ:①ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチに捧ぐ(1979)②ヴァイオリン・ソナタ第2番「クアジ・ウナ・ソナタ」③ピアノ五重奏曲(1972-76)④ピアノと弦楽のための協奏曲①ゲンナジー・ロジ

  • CD アンチェルとコシュラーのストラヴンスキー:「春の祭典」「ペトルーシュカ」

    ブックオフでチェコ・フィルのハルサイ&ペトルーシュカのCDがアンチェルとコシュラーの2種類が安く売ってたので比べてみようと買ってみました。アンチェル盤は名演と言われてますが初めて聴きました。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ストラヴィンスキー:

  • CD ヤルヴィのカップ、レンバ、リュディグ:管弦楽作品集

    「カップ、レンバ、リュディグ:管弦楽作品集」①ミヒケル・リュディグ(1880-1958):幻想序曲第2番ロ短調(1945)②アルトゥール・レンバ(1885-1963):ピアノ協奏曲第1番ト長調(1905、1910)③リュディグ:交響的情景「夏の夜」(1910)④リュディグ:幻想序曲第1番ロ短

  • CD アンチェルとイーレクのヤナーチェク:シンフォニエッタ、タラス・ブーリバ

    アンチェルの名盤を中古でとてもお安く入手しました。せっかくなので手持ちのCDで全然印象に残ってなかった同じレーベルのイーレク盤もあわせて聴いてみました。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ヤナーチェク:①シンフォニエッタ②狂詩曲「タラス・ブーリ

  • CD カウエン:交響曲第5番、パーシー・シャーウッド:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲

    ①パーシー・シャーウッド:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲(1907-08)②フレデリック・カウエン:交響曲第5番ホ短調(1887)ジョン・アンドルーズ(指揮)BBCコンサート・オーケストラ①ルパート・マーシャル=リュック(ヴァイオリン)①ジョセフ・スプーナー

  • CD クレーメルのシュニトケ:合奏協奏曲第1番(2種)

    シュニトケ:①合奏協奏曲第1番(1976-77)②クアジ・ウナ・ソナタ(1987)③モーツ=アルト・ア・ラ・ハイドン(1977)ギドン・クレーメル(①-③ヴァイオリン、②③指揮)ヨーロッパ室内管弦楽団①③タチアナ・グリンデンコ(ヴァイオリン)①②ユーリ・スミルノ

  • CD ヒューズのシュニトケ:交響曲第9番、合奏協奏曲第1番(異版)

    シュニトケ:①合奏協奏曲第1番(フルートとオーボエ独奏版)(1977/1988)②交響曲第9番(ラスカートフ復元版)(1997)オウェイン・アーウェル・ヒューズ(指揮)ケープ・フルハーモニー管弦楽団①シャロン・ベザリー(フルート) クリストファー・コーウィー(

  • CD アレクサンダー・ウォーカーのブライアン:交響曲第7、16番

    ブライアン(1876-1972):①序曲「鋳掛け屋の婚礼」 (1948)②交響曲第7番ハ長調 (1948)③交響曲第16番 (1960)アレクサンダー・ウォーカー(指揮)新ロシア国立交響楽団録音:2018年1月16-19日ロシア放送スタジオ5,モスクワ(NAXOS 8.573959)ブライアンの交響曲も

  • CD グリフィスのシュポア:交響曲第7番、第9番

    シュポア(1784-1859):①交響曲第7番ハ長調「人生の世俗と神聖」Op.121②交響曲第9番ロ長調「四季」Op.143③ワルツ「マリエンバートの思い出」Op.89ハワード・グリフィス(指揮)ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団録音:①2010年9月7-10日、②2011

  • CD オイストラフとシャフランのカバレフスキー:協奏曲

    カバレフスキー:①ヴァイオリン協奏曲ハ長調Op.48②チェロ協奏曲第2番ハ短調Op.77①ダヴィド・オイストラフ(ヴァイオリン)②ダニール・シャフラン(チェロ)ドミトリー・カバレフスキー(指揮)①ソビエト国立交響楽団②レニングラード・フィルハーモニー管弦楽

  • CD ラハバリ:わが母なるペルシャ~交響詩集第1集

    アレクサンドル・ラハバリ(b.1948):わが母なるペルシャ~交響詩集第1集①交響詩第1番「ノヘ・カーン」~ヴァイオリン協奏曲 (1972/2018)②交響詩第2番「母の涙」(2018)③交響詩第3番「子供たちの祈り」(2018)アレクサンドル・ラハバリ(指揮)①プラハ・メトロポ

  • CD グリフィスのシュポア:交響曲第4番、第5番

    シュポア(1784-1859):①交響曲第4番ヘ長調「音の浄化」Op.86②交響曲第5番ハ短調 Op.102③歌劇「船乗り」序曲 WoO7ハワード・グリフィス(指揮)ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団録音:2010年3月、4月、9月、NDRハノーファー、大ゼンデザール(C

  • CD ドミトリー・リスと大野和士のショスタコーヴィチ交響曲第10番

    ショスタコーヴィチの10番ですが、ロジェヴェンさんの盤の前に2枚も買っていたの聴いてなかったので聴いてみました。たまたまですが、マイナーなオケのライヴです。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~①ヴィクトローヴァ(1960-):東方青龍②ショスタコーヴィチ

  • CD ロジェストヴェンスキーとヤルヴィのブルックナー:交響曲第5番

    ロジェヴェンさんと読響のブルックナー5番のCDが結構面白かったので、この機会にロジェヴェンさんの旧盤と評判の悪いヤルヴィ盤を聴いてみました。他にインバルやケーゲルも持っています。いかにもブルックナー好きではない人のコレクションですね(笑)~・~・~・~・~

  • CD ロジェストヴェンスキー読響のブルックナー:交響曲第5番

    ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(シャルク版)ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー(指揮)読売日本交響楽団録音:2017年5月19日東京芸術劇場、ライヴ(ALTUS ALT411)やっと耳の調子も戻ってきて新しいイヤーチップも耳になじんできて色々音楽を楽しめるようになっ

カテゴリー一覧
商用