searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

マンテカさんのプロフィール

住所
前橋市
出身
伊勢崎市

日々過ごして考えたことを そこはかとなく書きつくれば きっと誰かが見てくれる かも

ブログタイトル
マンテカのブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/manteca/
ブログ紹介文
夕食後の愉しみとして毎晩ミステリー小説を読んでいます。とくに面白かった本の感想文を公開!
ブログ村参加
2012/07/31
本日のランキング(IN)
フォロー

マンテカさんの新着記事

1件〜100件

  • 寒さの頂越えて

    今日は大寒。一年の中でいちばん寒さの厳しい時期である。今朝方、クルマの外気温を確かめたらマイナス5度だった。どうりで寒さが痛く感じられると思ったら、こんなに低…

  • 西野七瀬さんコロナ感染

    昨日は三万人、今日は四万人。こんな増え方、今まで有り得なかったので、感覚が麻痺してきています。そんな中、元乃木坂46の女優西野七瀬さんがコロナに感染してしまっ…

  • さあ一万五千日

    今日は私が生まれてからちょうど一万五千日目ということで、仕事をお休みして妻とゆっくり過ごしました。昼に行きつけの寿司屋に行き、まったりとした気分で寿司をつまみ…

  • きれいな初雷

    糊皿に一雷鳴や冬深し 外川飼虎冬が深まり大寒に近づいてきた。毎朝起きるのが辛く、外に出たくないという怠け心がしょっちゅう顔を覗かせる。慣れることのない寒さに悪…

  • 太平洋沿岸広域で津波警報

    南太平洋トンガで大規模な火山噴火が発生した影響で、太平洋沿岸広域で津波警報が発令されている。既に警報注意報が発令されてから8時間が経とうとしているが、火山噴火…

  • 東大前で通り魔事件

    大学入学共通テストの一日目となる今日、試験会場のひとつである東京大学弥生キャンパスで刃物を用いた傷害事件が発生した。現場は東大前の路上で、高校生の男女二人と七…

  • 海部元総理

    海部俊樹元総理が亡くなられたそうだ。91歳の大往生であった。時代が平成になって間もない頃であった。昭和天皇の大喪の礼の折には、竹下総理が弔辞を読み上げたが、そ…

  • 転がるタイヤの恐怖

    きのう午後0時30分ごろ、本県渋川市の国道17号線で走行中のダンプカー左後部から直径105センチのタイヤ2本が外れる事故がありました。当時の様子を撮影した映像…

  • コロナと強風

    今日は恐ろしいくらいの強風でしたね。仕事中、オフィスの排煙窓の隙間から、虎落笛のようなヒューヒューという音がずっと響いていました。空はまるで戯けたように晴れ渡…

  • ペヤングいろいろ

    ペヤング、ここ5年のあいだに種類が豊富になって、しかも相当攻めてるよな。

  • 冬の陽光に包まれて

    三連休の最終日。この日は車の外出は控えて午前中に近くの川沿いを散歩する事にしました。そう言えば今日は成人の日ですね。 二回目の成人式を過ぎた私にとっては、成人…

  • 善哉食って冬籠

    三連休もあっという間に過ぎようとしています。正月も松の内を過ぎると穏やかな冬の日を送ることができます。世間ではオミクロンが爆発的な感染拡大を見せていますが、こ…

  • オミクロンの脅威的拡散

    オミクロン株の勢いがとどまるところを知らない。今日は全国で8311人の感染が発表されており、そのうち東京は1224人、大阪で891人、沖縄で1759人となって…

  • 七草粥で健康祈願

    人日の節句に七草粥を食べると、この一年の無病息災が叶うと言われる。そんな事もあって、今日は妻が七草粥にチャレンジしてくれました。正月の暴飲暴食が祟って己が肉襦…

  • 東京の大雪

    南岸低気圧の影響で今日の昼過ぎ頃から東京を中心とする南関東で雪が降った。雪は午後にかけて降り続いたようで、夕刻には東京23区と千葉県全域に大雪警報が発令された…

  • 寒の入りに

    きんぴらの歯応へ寒に入りにけり 橋本榮治今日は二十四節気のひとつ小寒である。いよいよ寒の入りとなり、来月の立春まで一年でもっとも厳寒の時期となる。ここ数日の赤…

  • 気になる急増

    年が明けたと思ったら、ここに来てオミクロン株と思われるコロナ感染者の急増である。東京では151人、沖縄では225人という事でかなりのスピードで急拡大しているこ…

  • 三日の鍋

    いよいよ年末年始の休暇も終わり、すなわち明日から仕事が始まる。吹けば飛ぶように終わる連休に未練はないが、明日からまた早起きせねばならぬ。冬の寒い朝は本当に起き…

  • 信ずることと知ること①

    昨年の終わり頃から小林秀雄の「信ずることと知ること」を読んでいて先程読了したところでして、今日はその内容に触れつつ感想を自分なりに書いてみたいと思います。「信…

  • おせち満喫

    明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いします。今日は、お取り寄せたお節料理に舌鼓を打ちつつ、夫婦でゆっくり過ごしています。外はかなりの寒さでニュ…

  • 大晦日のさんぽ道

    いよいよ大晦日ですね。今年もいよいよ終わりに近づいています。今日はかなり寒い一日で、昼前に妻と散歩がてら最寄りのスーパーマーケットまで歩いて行く事にしました。…

  • 炬燵布団敷く

    今年も残すところ僅かとなった。そんな中で今日は珍しく昼間は暖かであったが、我が家ではそんなタイミングで炬燵布団をはじめて敷いた。午前中ニトリに行って、炬燵用の…

  • ゆずり葉より

    ゆずり葉    河合酔茗子供たちよこれはゆずり葉の木ですこのゆずり葉は新しい葉が出来ると入り代わってふるい葉が落ちてしまうのです。こんなに厚い葉こんなに大きい…

  • 仕事納めの感慨

    今日は仕事納めでした。はやいものでもう一年が終わろうとしています。仕事納めの日にはお昼にみんなで寿司を食べることになっておりまして、今日もお寿司をいただいたの…

  • 手帳売り場で

    年末近くになると書店に手帳コーナーが出来て、色とりどりの手帳が陳列されている。実際にシステム手帳を手に取ってみて、それぞれの機能性や色合いなどを確かめながら買…

  • 今は漕ぎいでな

    万人にとっては、時は経つのかも知れないが、私達めいめいは、蟇口(がまぐち)でも落すような具合に時を紛失する。紛失する上手下手が即ち時そのものだ。そして、どうや…

  • コーヒーブレイクと云う愉しみ

    珈琲の香にむせびたる夕より夢見るひととなりにけらしな吉井勇私の欠かせないルーティンの中にコーヒーを楽しむとうのがある。朝起きてまず最初にコーヒーを沸かして飲む…

  • 41のクリスマスイブ

    夫婦として二人で初めて過ごすクリスマスイブ。クリスマスイブは私の誕生日でもあるので、そういう意味でも二人にとっては大切な時間となりました。ケーキやオードブルの…

  • ご近所で火事が

    今日は帰宅の途中まではごくありふれた一日だったのですが、自宅からあと2キロくらいの場所で渋滞につかまりまして、そうこうするうちに市の災害メールが舞い込んで来た…

  • スモールポテト騒動

    マクドナルドのマックフライポテトが原料の輸入トラブルで当面のあいだSサイズのみの販売に切り替えるという。マクドナルドのポテトは、北米から船便で運ばれていおり、…

  • いつかメトロに乗って

    政府と東京都が、都心を走る地下鉄有楽町線と南北線を延伸させる計画を本格的に進める方針を固めたことが、21日わかった。   2030年代半ばの開業が見込まれる。…

  • 群馬でオミクロン初確認

    群馬県は今日、オミクロン株の感染の疑いがある濃厚接触者として健康観察を受けていた県内在住の50代男性のオミクロン株感染が確認されたと発表した。県内でオミクロン…

  • 死に急がず

    女優の神田沙也加さんが亡くなられた。今朝方、ある方のブログを読んでいて神田さんの死に触れておられたので初めて気がついた。突然の事でとても驚いた。女優として声優…

  • 厳寒と向き合う

    北風の星嶺も祈りの姿もつ中島斌雄強い冬型の気圧配置と寒気の影響で日本海側を中心に記録的な大雪となっている。この雪雲は大山脈を越えて群馬県北部にも大雪を降らせて…

  • 大阪の雑居ビルで大火災

    大阪市北区曽根崎新地の雑居ビルで今日午前大規模なビル火災が発生して、27人が心肺停止の状態だということだ。NHK総合テレビではこの火災に関する中継をずっと続け…

  • もこもこツリー

    高崎駅西口にある大型のクリスマスツリー。多くの花びらを使って作り上げた感じで、とても煌びやかで華美な雰囲気を醸し出していました。高崎駅は群馬県最大のターミナル…

  • わたしと宇宙展

    冬うららかなこの日、私たちはGメッセ群馬で開催されている「わたしと宇宙展」へ行ってきました♪Gメッセは、群馬県初となる大規模なコンベンションセンターで、旧高崎…

  • 眩きツリーたち

    すっかり街はクリスマスムードですね。行きつけのショッピングモールにも巨大ツリーがお目見えしました。お客が思い思いにスマホカメラでツリーを写真に収めていました。…

  • 今年の漢字、台湾と比較

    毎年、漢検協会が発表している「今年の漢字」。今年は「金」が選ばれたが、オリンピックイヤーは大体において「金」が選ばれるのが通例になっており、新鮮味がない結果と…

  • アメリカで大規模な竜巻被害

    アメリカ南部や中東部で10日から11日にかけて、30以上の竜巻が発生し、ケンタッキー州では死者の数が相当数に上る模様で、史上最悪の被害になるとの予想も出ている…

  • 芸術に救われて

    極端に言えば、絵や音楽を、解るとか解らないとかいうのが、もう間違っているのです。絵は、眼で見て楽しむものだ。音楽は、耳で聴いて感動するものだ。頭で解るとか解ら…

  • じわじわ感染ひろがる

    これから年末にかけて多くの人が街に出てショッピングや食事を楽しむことだろう。美しいイルミネーションに魅了され、クリスマスムードに心躍らせる。この時期を楽しまず…

  • 冬場の食卓

    せんだって、夕食にロールキャベツが出まして、それを食べつつ、あゝ冬が来たんだなあと思ったわけです。ロールキャベツは実家でも時々出たのですが、妻のロールキャベツ…

  • 前澤さん、宇宙へゆく

    日本の民間人として初めて国際宇宙ステーションに滞在する実業家の前澤友作さんを乗せたロケットの打ち上げが成功し、無事に軌道に乗ったようだ。カザフスタンにあるバイ…

  • 時雨の風景

    うつくしきあぎととあへり能登時雨飴山實今宵はしとしとと時雨ている。時雨の句はとても多いが、中でも印象に残っているのが冒頭の句。その女性は傘をさしていて、あぎと…

  • 冬の夕焼けや

    凩や雲裏の雲夕焼くる臼田亜浪冬の日暮れは早く物悲しい。しかし、とても美しいひと時で、眺めているだけで心洗われる心地がする。凩吹く夕暮れは凍てつくようなので、長…

  • 冬うらら

    冬麗や刻をさだめて通ひ猫 大野林火 冬の寒さも次第に慣れつつある。寒い中に、時折り日のぬくもりを感じると特に幸福感が得られる。今日も少し風が吹いていたが、おお…

  • 水鳥の戯れ

    水鳥に唐輪の児の餌蒔哉黒柳召波  冬の沼沢に集い来る水鳥たち。前橋公園の中にある幸の池に散歩がてらよく行ったものだ。陸の芝生には無数の鳩が舞い降りて、かたや池…

  • なつかしの上野

    もう随分東京はご無沙汰なんですが、昔の写真を眺めているだけで東京への憧憬の念が強まりますね。コロナ感染者が減って安心できるような状況になったら行くことも考えて…

  • 冬田の風景

    冬の情景は概してモノトーンだ。今でこそ、クリスマスの電飾やオーナメントで街が彩られるようになったが、ひとたび田舎へ行くと殺風景の光景が一面に広がる。なかでも冬…

  • オミクロン株襲来

    ここ二ヶ月ほど、国内の感染状況はかなり落ち着いて来たが、ここに来て新種の変異株が猛烈な勢いで世界的な蔓延を引き起こしている。オミクロン株と呼ばれる新たな脅威。…

  • はや霜月の暮れ

    今宵で十一月も終わり。いよいよ、今年も残りひと月となった。まさに光陰矢の如し。知らぬ間に寒さも厳しくなり、夜明けは遅く、日暮れは早くなった。昼間の太陽がやけに…

  • 霜の声

    勾玉の欠けし断面霜のこゑ 野見山朱鳥今朝方、出勤する時にクルマへ行ってみると、フロント一面に霜が張り付いていた。デフロスターで霜を溶かし終えるまで、しばらく待…

  • 赤城初冠雪で寒さ沁み入る

    昨日はやけに北風が強くて、外に出るのが恐ろしいくらいだった。とくに昨日は結婚写真の撮影があり、屋外でのロケーション撮影もあったのだが、私も妻も時折り寒さで表情…

  • 結婚寫眞

    今日は、夫婦で結婚寫眞を撮影してきました。一日中晴れわたり撮影にはちょうどいい日かと思っていましたが、昼ごろより風が強くなり、とくに午後の外での撮影は肌寒くて…

  • ナフタリンと俳句

    秋風や袂の玉はナフタリン川端茅舎川端茅舎の句には露を季語に用いた句が多い。ゆえに「露の茅舎」などと呼ばれ、その短い生涯と相まって茅舎を象徴するメタファーとなっ…

  • それでも夜長はつづく

    借覧す甲子夜話あり榾の宿松本たかしこの句にあるように、冬になっても読書はやめられない。榾(ほた)とは、囲炉裏に焚べる木の枝であり、炉の中で榾がぱちぱちと音を立…

  • 粥に心動かさる

    粥煮ゆるやさしき音の冬はじめ和田祥子知らず知らずに冬がはじまった。冬の朝はスローで行きたい。起きるのもゆっくり、食べるのもゆっくりで。だから、食べるものもおの…

  • 缶切りのある風景

    鳥わたるこきこきこきと缶切れば秋元不死男この俳句を中学生の頃に国語の授業で習った事を思い出した。句意がわかりやすく、作者の個性的な俳号と相まって記憶の片隅に蔵…

  • 木下都議辞職

    東京都議会議員の木下氏が議員辞職したようだ。7月の都議選期間中に無免許運転で人身事故を起こしていたことが再選後に発覚した後、議会への長期欠席を続けるなど混乱が…

  • 闇汁の怪

    闇汁やさのみならざる外の闇阿波野青畝闇汁というのは闇鍋の事で、冬の季語となっている。めいめいが具材を持ち寄って、暗中で調理して食べるという遊び半分の鍋会なわけ…

  • 末枯れの冷たさ

    石椅子に寝て末枯に手をふるる野見山朱鳥末枯(うらがれ)とは、枝先や葉先から枯れていく事を意味する。この時期、末枯れしていく草花をよく見かける。枯れる様子を眺め…

  • 朝のポストまで

    冬はじめ投函の六時真暗に山口誓子冬の朝ほど冬の到来を感じる時はない。寝ぼけ眼に朝の寒さは情け容赦ない。なかなか明けようとしない朝に、手紙を投函するためにポスト…

  • 風に揺れるコスモス

    コスモスのかげをどる扉にベルを索む 大野林火昼間の小春の暖かさから、夕暮れになると急に寒くなり日が沈む行く光景を眺めると心も沈んでいくようだ。秋らしさも日に日…

  • 小鳥来る小春

    小鳥来て午後の紅茶のほしきころ富安風生ここで言う小鳥とは、この時期に日本に飛来してくる小さな鳥たちの事を指す。尉鶲(じょうびたき)や連雀、花鶏(あとり)、鶸(…

  • 稲架の渡り鳥

    稲架かけて飛騨は隠れぬ渡り鳥前田普羅稲刈りが終わり、束ねた稲を稲架と呼ばれる木組にかけて二週間ばかり天日干しにする。この稲架掛けの風景は秋の田園風景を象徴する…

  • 温石の賦

    つゝじこなら温石石のみぞれかな宮沢賢治宮沢賢治も俳句を作っていたようだ。それほど多くの作品を残している訳ではないが、あくまでも詩の一部として実験的に案出され、…

  • ひびらぐ空気感

    くらがりや寒の障子のひびらげる誓子冬に入り寒くなると空気が張り詰めて音が響きやすくなる。こうした音の透明感を俳句で表現する事がよく有る事であるが、如何に表現す…

  • 石段街のうどん屋

    平日の伊香保。コロナの蔓延が一時的に収束したのか、世の中が久方ぶりに平常に戻りつつある。そんな事もあって、各地の観光地では多くの客で賑わいを見せている。ここ伊…

  • 祝日大入

    11月。この月について考える時、色んな過去の記憶が蘇る。学生時分にはマラソン大会がこの時期に行われ、生来脚の遅い私にとっては苦行以外の何者でもなかった。長じて…

  • 紅葉の如く燃える心

    永劫の涯に火燃ゆる秋思かな野見山朱鳥燃えるような紅葉を伊香保で余す事なく眺めてきた。まだ目の前に紅葉の炎が灼きついているように感じる。あの美しい紅葉もあと数週…

  • 伊香保紅葉紀行2021

    今日は紅葉真っ盛りの伊香保へ夫婦で行ってきました。伊香保と言えば昨年もこの時期に婚前旅行で行ってきたのですが、あれから一年、月日が経つのは本当に早いですね。一…

  • しぐれつつ

    しぐるるや煙管つらぬく観世縒茅舎最近では煙管で煙草を吸う人など殆どいないだろう。紙巻きが世の主流になって久しいし、加えて今や喫煙者も少数派となった。私もかつて…

  • 瞼の記憶

    過ぎしかの日を瞼にし初冬なり三橋鷹女人は記憶をたどる時に瞼を閉じる。瞼の厚みの中に過去に戻れる深さがあるかの様に。一方で、太陽を避けて咄嗟に眼を閉じる時の瞼は…

  • 今年の立冬は

    背の陽のたのしくて冬はじまりぬ日野草城今日は立冬。暦の上では今日から冬という事になるけれど、日中は日差しが暖かくて小春日和の好日であった。冬のはじまりは穏やか…

  • 朝寒と労働

    朝寒や塩屋の煙海へ吹く鬼城朝の寒さが身に沁み入る。そして、朝の風景がだんだん冬に近づいてきたと感じるようになった。起きぬけ一番に窓を開け放して換気を忘れず行う…

  • 晩秋プロムナード

    落葉道みづうみ見えて下りかな高野素十思索に耽るために散歩する事がよくある。とくに落葉の時期に歩くプロムナードは雰囲気があって風景を眺めるだけでも心が健やかにに…

  • 旅は型通りにやってみるのが良い

    宮島の灯を指し旅の蜜柑むく五十嵐播水あゝ宮島か。宮島には数え切れないほど行った事があるが、冬の宮島で記憶に残っているのは一回だけ。出張の途中、観光がてら宮島へ…

  • 小草生き延びる晩秋

    落葉掃いて土に見出でし小草かな石鼎この句と同じような体験をした事が何度かある。落ち葉を竹箒や熊手で掃くと、それまで落ち葉の下に隠れていた小さな草を見つけること…

  • 返り花のある風景

    遠光する野の水や返り花亜浪今から五年も前の話になるが、目黒の植物園に行って晩秋の自然を散策してきた事があった。都会の喧騒を離れて野鳥の鳴き声や風の囁きしか聞こ…

  • 沢桔梗のうた

    残月のまどかにひくし沢桔梗秋桜子 霜月に入った。昼と夜の寒暖差が大きくてあやうく体調を崩しかねない。昼は初夏を思わせるような暑さになる時もある。一方で朝と夜は…

  • 4年ぶりの衆議院選挙

    ともかくも選挙終れり赤とんぼ 高澤良一4年ぶりの衆議院選挙。岸田自公連立政権の信を問う選挙となった訳であるが、どうやら与党が勝利した模様である。コロナも落ち着…

  • 冬支度そろそろ

    熊の湯は 篠竹出荷 冬支度中村汀女冬が近づきつつある。聞くところによると、今年の冬は厳冬のようだ。ラニーニャ現象の影響のようだが、もっとも冬は寒いものと決まっ…

  • 遠き雪嶺

    車窓より雪の遠嶺や秋の旅富安風生コロナも落ち着いて来たので、そろそろ旅行にでも出掛けてみたいものである。GOTOキャンペーンの早期の復活を願いたい。秋の旅とい…

  • 猫と菊日和

    我が猫をよその門辺に菊日和松本たかしむかし猫を飼っていた頃の話。車でいつもの様に通勤していると、思わぬ所で飼い猫の姿を目撃する事があった。自宅から数キロ離れた…

  • 鵙が高鳴く秋

    御空より発止と鵙や菊日和茅舎秋らしさを感じる瞬間、それは様々な場面で思うことだが、例えば鵙の高鳴きを耳にするとしみじみとした秋らしい感慨に耽ることがある。どこ…

  • 書かねばならぬ秋灯下

    秋風や書かねば言葉消えやすし野見山朱鳥ブログを始めてはや十年の歳月が流れた。飽き性の私がここまで続けられた要因の一つにある種の強迫観念があった事はたしかだ。一…

  • あるがままに秋

    しんがりは鞠躬如たり放屁虫茅舎「鞠躬如」とは聞き慣れない言葉であるが、「きっきゅうじょ」と読み、身をかがめて、つつしみかしこまるさまを表す。目上の人に対してへ…

  • 寿司の錦

    塗桶に寿司の錦やしぐれふる 松本たかし秋も深まり寿司でも食べたくなったので、久しぶりに宅配寿司を注文してみた。最近は注文サイトで予約しておけば、定刻ピッタリに…

  • 水霜

    水霜はがまずみの実をかがやかす阿波野青畝冬を思わすような寒さが続いている。こうなってくると、否が応にも冬支度をしなければならない。季節の変化は目まぐるしい。葉…

  • きぬかつぎ

    きぬかつぎ月より白したふべかり村井四四三女秋になると衣被が食いたくなる。近所の農家のお裾分けで小芋をたくさん貰って、祖母に茹でてもらったものだ。面白ほど皮がき…

  • なめこ汁のぬくもり

    塗椀に湯気あそぶなりなめこ汁飴山實だんだん寒くなってくると、滑子汁が恋しくなる。あの独特のぬめりが喉を通りすぎてゆくのが心地よい。そして、冬場の滑子汁は本当に…

  • 光陰の秋

    此石に秋の光陰矢の如し茅舎秋の深まりは早足だ。石が転がり落ちるように冬へと一気に向かっているようだ。まさに光陰矢の如しである。光陰の光は日を、陰は月を表してい…

  • 雨夜の話題

    梨を喰み雨夜の話題遠き人へ大野林火めっきり寒くなってきました。朝晩はさらなり、昼間さへ寒く、寒さから逃れられない季節になってきたなあと。十三夜の月の景色から一…

  • 後の月の空気感

    川音の町へ出づるや後の月千代女今宵は十三夜という事で、我が家でも団子を食べました。この頃になると外は肌寒くなるので、この寂しげな夜の風景は名月とはまた違った趣…

  • 雷としゃっくり

    いなづまやしやくりまぎる ゝ宵の門加舎白雄群馬や栃木のような関東平野内陸部では、夏から秋にかけて発雷確率が非常に高くなる時がある。他の土地よりも雷に馴染みがあ…

  • 人語澄む夜

    虫幽かなればおのづと人語澄む 臼田亞浪   信州にある骨董屋から亞浪の短冊の額装したものを取り寄せて狭いマンションの一室の壁に飾ってみた。  亞浪は信州小諸の…

  • 秋の道ゆけば

    わが中に道ありて行く秋の暮野見山朱鳥虚子の門下として主に戦後の俳壇で輝かしい業績を残した野見山朱鳥。川端茅舎を亡くして悲嘆に暮れていた虚子にとって、あらたな有…

  • 久方ぶりの衆議院解散

    衆議院が解散されました。10月21日が任期満了日ですから、本当にギリギリの解散だった訳で、選挙が行われるのが今月31日なので、10日ほど空白期間が生じる訳です…

  • 半袖半死

    いやあ、今日は雨が降って相当肌寒くて、本当に半袖で出勤した自分を罵倒したかったです😭晩秋特有の寒さで、もの悲しさが付き纏うようなそんな雨の情景でしたね。明日…

ブログリーダー」を活用して、マンテカさんをフォローしませんか?

ハンドル名
マンテカさん
ブログタイトル
マンテカのブログ
フォロー
マンテカのブログ
カテゴリー一覧
商用