searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
れっどかなちゃんず
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanaakkana51
ブログ紹介文
浦和レッズを応援するレッズな家族の記録です。アウェイ遠征の際に立寄った小旅行日記もお楽しみください。
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2012/02/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、れっどかなちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
れっどかなちゃんさん
ブログタイトル
れっどかなちゃんず
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
れっどかなちゃんず

れっどかなちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 華やかに赤く咲け

    30日、見沼代用水西堤をお散歩。曼珠沙華が鮮やかな彩りを見せていました。赤色華やかに。一方、近くの埼スタにおける赤色はここのところイマイチ。輝くどころか、シーズン半ばとなるも、蕾さえ出せていない状態かな、、、。赤色鮮やかに花開く日はまだまだのようだ。今日のF東京戦、赤色の蕾が少しは膨らみを見せてくれることを祈ります。頑張れ、浦和レッズ‼️華やかに赤く咲け

  • 欲しくなかったメダル

    Jリーグ応援アプリ「ClubJ.LEAGUE」。アプリ内「Jリーグチャレンジ」で、メダル獲得を楽しんでいる。メダルを獲得出来る項目「浦和を応援して6勝」では、川崎戦前にも、メダル獲得まで「あと1勝」までこぎつけていた。川崎戦でメダル獲得したかったけれど、残念、、、。そしたら、いつのまにかアプリにはメダル獲得のサイン表示。「浦和を応援して5敗」だって!!そんなメダル欲しくないわい‼️‼️欲しくなかったメダル

  • 2020/09/22

    20日vs川崎戦、今のチーム力の差を見せつけられるように完敗。引きずりながらも、翌21日は「夢の国」を訪れました。コロナ禍の影響で「夢の国」も入場者制限中。中止しているアトラクションもまだまだ多く、パレードも随分と寂しいものになっていました。けれども、行列は随分と短くなっていて、いつもは120分超える待ち時間を覚悟するアトラクションも、この日はMAX50分。おかげで、多くのアトラクションを楽しむことが出来ました。30年振りに入場した「イッツ・ア・スモールワールド」展示は当時から一新されていて、すっかり夢の国気分満開。前日の敗戦からの沈んだ気持ちは、おかげ様でスッキリと切り替えられました。2020/09/22

  • 頑張れ、16番‼️

    伊豆旅行2日目、カピバラに遭遇。今日も青木が先発。頑張れ、16番‼️頑張れ、16番‼️

  • 威風堂々

    昨日から伊豆旅行。立ち寄り先でパイプオルガンの演奏を聞く機会がありました。「威風堂々」教会の礼拝堂内に響く、荘厳なパイプオルガン音色。「絶対に勝つ‼️」札幌戦の勝利、そしてリーグ戦の巻き返しを強く心に抱いたのでした。威風堂々

  • 黄金の輝き

    見事な輝きを放っています。「黄金の輝き」我が家で育てた「ゴーヤ」完熟して、見事な黄金色となりました。レッズの攻撃スタイル、完熟となるまでは、もう少し時間が必要かな。頑張れ、浦和レッズ!!黄金の輝き

  • 我が家に寿司がもたらされました

    19日、G大阪戦でした。前節広島戦は、圧倒的に相手に押し込まれながらも、西川とDF陣の頑張りで辛勝。今節のG大阪は好調で、しかも休養十分。レッズは猛暑下の連載となるだけに結果が心配されました。しかし、結果は1-3、快勝でした。前線広島戦同様、数字的にはG大阪に圧倒されました。シュート数は、G15本に対して、レッズは9本。ボールポゼッションは、G64%に対して、レッズは36%。しかし、今回はレッズのハイプレスが見事にハマりました。得点はいずれもハイプレスから相手ミスを誘ってのものでした。レオナルド、武藤選手、レッズは前線から果敢にプレスを仕掛けます。そして、思い切りの良い縦パスが何本も決まりました。小気味良いワンタッチパス攻撃も続きました。DF陣も踏ん張ります。西川のファインセーブも続きます。前線からのハイプレス...我が家に寿司がもたらされました

  • コバトン見つけた!

    17日、この日も埼スタをお散歩。体力向上に努めました。スタジアムの景色が素晴らしく、写真を撮っていると、東駐車場の法面に植栽文字を見つけました。「何て書いてあるのかな?」近づいてよ〜く見ると、右側は「コバトン」の文字でした。そして、左側には「SAITAMA」の文字、そして、中央は、どうやらコバトンが羽ばたく姿のようです。恥ずかしながら、この法面の植栽文字には全く気がつきませんでした。つい先日には、この法面の上から反対側「STADIUM2002」の植栽文字を見ていたのに、、、。埼玉スタジアム、まだまだ新しい発見がありそうです。お散歩で、新しい発見を探してみます。百日紅のピンクが綺麗でした。コバトン見つけた!

  • 耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

    8/15広島戦、浦和レッズは1-0で勝利しました。試合開始早々の前半5分に浦和レッズはPKを奪取。柏、名古屋戦では相手に先制され、前掛りとなってカウンターをくらい、大量失点して敗戦した浦和レッズ。レッズにとって、喉から手が出るほど欲しかった先制点が、ラッキーなカタチで転がり込みました。勝ちへの執念が審判にPKの判定をさせたのでしょうか。しかし、その後は広島が完全に主導権を握りました。シュート数は、浦和3に対して広島は20。ボールポゼッションも浦和35、広島65。まさに広島に押されまくり、完全に圧倒されました。しかし、西川が相手の決定的シュートを悉く弾き返します。ファイン・セーブの連発。これまで大量失点のリベンジを果たすべく、大活躍しました。DF陣も堅守を貫き、レッズは執念で勝利を勝ち取りました。本来目指すべき戦...耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

  • STADIUM2002

    14日、体力強化のために埼スタをお散歩。猛暑の炎天下とあって、公園内の人出はさすがに少ない。日陰を探しながらのお散歩。東駐車場に目をやると、遠目に文字が浮き出て見えました。植栽で描かれた文字は「STADIUM2002」。埼玉スタジアム完成を記念したものでしょうか。スタジアムの試合には2001年完成時から通っているけれど、この光景には初めて気がつきました。盲点でしたね。今日の埼スタは、広島戦。柏、名古屋と大量失点した浦和レッズ。西川としては今節は古巣相手だけになんとしても前節の汚名返上としたいところでしょう。頑張れ、浦和レッズ!!頑張れ、西川選手!STADIUM2002

  • 今夜は熟睡

    13日、「しまむら」でお買い物。浦和レッズのエンブレム入りタオルケットを購入しました。当初の7月発売時には、出遅れて入手出来なかったグッズ。再販売があったようで、ようやく購入することが出来ました。熱帯夜が続く毎日。暑さで夜中に目が覚めてしまいます。今日から、タオルケットはレッズ仕様。ぐっすり出来そうですよ。今夜は熟睡

  • 試行錯誤しているのだろうけれど。。。

    8日、アウェイ名古屋戦、浦和レッズは大敗でした。。。前線からハイプレスを仕掛けるも、剥がされてカウンターから次々と失点を重ねる。前半で0-5、後半はレオと槙野、デンちゃんの頑張りで2-1と盛り返すも、合計2-6という大敗。しかも、浦和生まれの前田に4点も獲られた。あぁ悔しい、あぁ悔しい!!大槻監督、選手を試行錯誤して起用しているのだろうけれど、サポは、もぅ思考錯乱状態ですよ‼️しっかりと立て直して下さいな。頑張れ、大槻さん!頑張れ、浦和レッズ!!試行錯誤しているのだろうけれど。。。

  • 重い結果

    22日、vs柏戦に参戦しました。結果は0-4。浦和レッズ大敗でした。チャンスは作っていました。「決まった!」と思った場面も、4度は下りません。相手GK再三のファインセーブ、DF捨て身の死守、相手ゴールを割ることは出来ませんでした。それにしても、0-4とは。。。ちょっとガッカリでした。観客5千人セーブの試合は8月中も続くようです。試合参戦、どうしようかな。。。チケット代はメッチャ高いし。。。試合を見ながらのビールはダメ、南広場で仲間たちとビールを飲むことすら出来ない。そして、大旗、手拍子、大声、スタジアム北ゴール裏に起こる「禁止事項」違反、イライラしながら試合を見るのはホント辛い。。。スタジアムがこんな状態なら、クラファンに出資、そして、我が家でビール片手にDAZN観戦、その方が遥かに楽しそう。ホーム参戦の皆勤、...重い結果

  • 浦和レッズを学ぶ

    YouTube、レッズMDP編集長清尾さんを発見!浦和レッズを学びます!!https://www.youtube.com/channel/UCNWUOWKXLB1nun1C6PRRuNw浦和レッズを学ぶ

  • ファイト イッパーツ!

    「リポビタンDレッズ応援ボトル」3日夕刻、イオン浦和美園店、明日4日の販売場所と時間を確認しようと電話をすると、既に店頭で販売しているという。慌ててクルマをイオンに走らせました。閉店時間の11時までは、まだまだ時間がある。けれど、着くまでにボトルが無くなってしまわないかと、気持ちは焦るばかり。アクセルを思わず踏み込んでしまいます。間に合いました!残っていました!!場所は1F、イオン薬局、ケンタッキーとマクドナルド、間の通路。お目当ての品、ワゴンの上に並んで鎮座まします。ゲット出来ましたよ!!レッズ応援ボトルは、3本パック。パッケージがレッズ色3色に彩られています。ただ、開梱がチト難しかった。。。ビニール素材のパッケージ、ハサミを入れると、直ぐに切れ目が走ってしまいます。表面のエンブレム、そしてレッズ3色を崩さな...ファイトイッパーツ!

  • 再開前夜

    明日4日、待ちに待ったJ1リーグが再開する。会場となるホーム埼玉スタジアムも、どうやら特別なお化粧をしているらしい。再開戦はリモートマッチとなるが、サポーターにとっては、結構忙しい一日になりそうです。まずは、浦和レッズ公式ビール「浦和レッズ応援デザイン缶」の購入。幸いに私は発売翌日に購入できたけれど、まだの方は、お早めに。「リポビタンD浦和レッズ応援ボトル」も発売されます。これは、イオン浦和美園店や島忠の一部店舗など、限定発売になるとのこと。レッズ色満点のデザインは、絶対に手に入れねば!また、ケンタッキーでは、「浦和レッズデザインKFCカード」が発行される。こちらも、店舗限定、数量限定らしい。これまた、レッズ色満点のデザインが嬉しい。なんとしても、手にしたい!!リポDとKFCカード、明日は、絶対にゲットするぞ!...再開前夜

  • 浦和レッズ公式ビール

    は先月末、浦和レッズ公式ビールが発売。近くのホームセンターで、早速購入して来ました。今年のレッズ公式ビール「一番搾り浦和レッズ応援缶」そのデザインは、駒場スタジアム。発売5周年を記念して、レッズ聖地駒場をデザインとして採用したとのこと。そして、「WeareREDS!」しっかりデザインされています。24本入りケースには、レッズグッズの「おまけ」つき。5種類の中から、一つを選べるシステムとなっていました。・レッズうちわ・レッズボールペン・レッズロゴシール・レディアシール・レッズコースター私が選んだのは、レッズコースター。持ち帰って開封すると、その品質はナカナカのもの。普段使いには、チトもったいない。「来客用かな?」と思っていると我が女房、「コバトンに使ったら?」レッズコバトンの高座、なるほど、見事にピッタリでした!...浦和レッズ公式ビール

  • 熱き同志の来訪

    我が家の台所備品、メンテナンス時期が到来していたので、業者に来訪をお願いしました。そして、来訪された業者の方、なんと、熱き熱きレッズサポの方でした。我が家の備品設置場所にたどり着くまでには、レディア人形やパネル、タペストリーなど、レッズグッズが多数掲示。この光景を見て、声を掛けていただいたのでした。「ご主人も、奥様もレッズサポですか?」「はい、サーチケで応援しています!」女房が答えると、ここから話がどんどん弾みました。聞けば、北ゴールで毎試合跳ねていらっしゃる。駒場時代は、ご両親に連れられて、その後は、ホームはもとより、アウェイも、そして、ACLも全試合参戦しているという、超超熱血レッズサポの方でした。作業の間は、ずっとレッズ談義。共通の結論は、「三菱は、、、。」あっという間に作業は終了。最後に我が家のレッズ部...熱き同志の来訪

  • 結城 街歩き

    6月23日、結城の街歩きを楽しみました。コロナ自粛での巣篭もり生活。県を跨ぐ外出も解除となり、久々の遠出を楽しみました。結城市は茨城県西部の街。「結城紬」は、奈良時代からの特産品だという歴史的な街です。街道沿いには、古くからの家屋や蔵が立ち並びます。その多くは「結城紬」関係でしょうか。「見世蔵」が立ち並ぶその街並みは、ほかではなかなか見られない、見事な建物ばかりでした。市役所も、蔵の街並みにジャストフィット。年季の入った庁舎でしたが、景観を考慮すると、なかなか建て替えは難しいのかな。市中には酒蔵が二軒も。特徴ある煙突は街並みに趣きを加えていました。市内にはお寺もいっぱい。少し歩くと、大きなお寺がいくつも見つかります。歴史ある街、賑やかだった街であったことがしのばれます。大仏様と蔵造りがマッチした光景もありました...結城街歩き

  • 浦和レッズ nanacoカード

    浦和レッズnanacoカードをゲットして来ました。セブンイレブン店頭22日が発売日でしたが、近所の店舗は予約が不可。聞けば、在庫は豊富。日付が変われば購入可能とのこと。なので、日付が変わる寸前に店頭へ出向き、手に入れた次第です。並びも覚悟しましたが、先客は一人だけ。ちょっと拍子抜けはしましたが、ゲット出来て、ともかくも、なによりでした。ちなみに、在庫はまだまだあるようです。カード発行で、レッズにもお金が入るはず。クラウドファンディング同様、nanacoカード購入で、レッズを支援しましょう!頑張れ!浦和レッズ!浦和レッズnanacoカード

  • 新聞記事で振り返る2007年ACL 城南一和戦 その2

    (上記はELGOLAZO)2007年ACL準決勝、浦和レッズは韓国城南一和とのアウェイ初戦を2-2として、第二戦をホーム埼玉スタジアムに迎えました。浦和レッズが勝てば、もちろん決勝進出。1点以下の引き分けでもアウェイゴール差で決勝進出が出来ます。我が家もなんとかチケットを確保してスタジアムへ。平日にもかかわらず、スタジアムには5万人以上が詰めかけました。動員されたか、アウェイ席を埋める黄色も印象的。ゴール裏に描かれた「WeareREDS!」は熱い気持ちをかき立てました。(埼玉新聞)前半にワシントンのゴールで先制。後半に相手2ゴールを許して一時は逆転されたが、同28分に長谷部のゴールで2-2同点とし、試合を延長戦へ持ち込んだ。延長戦は、両チーム無得点でPK戦へ。浦和レッズ側に設定されたゴール裏には大量のフラッグが...新聞記事で振り返る2007年ACL城南一和戦その2

  • 新聞記事で振り返る2007年ACL 城南一和戦

    (上記記事はELGOLAZO)2007年、浦和レッズはACLを制覇しました。浦和レッズの戦いを新聞記事で振り返ってみます。2007年ACL、浦和レッズはグループリーグを2勝4分で勝ちあがり、決勝トーナメントへ進みました。準々決勝の相手は全北現代。2戦トータル4-1でなんなく下し、いよいよ準決勝。相手は城南一和です。(埼玉新聞)第一戦は、アウェイでした。前半にミスから失点して0-1で折り返すも、後半早々に達也がゴールして同点。その後ワシントンが倒されて得たPKをポンテが決めて2-1と勝ち越すも、終盤に追いつかれ、2-2の同点で終えました。アウェイでの価値ある2ゴール。日韓の王者が決勝への切符を懸けて、第2戦へ臨むこととなりました。(ELGOLAZO)アジア制覇へ、どうしても克服しなければならない日韓対決。否が応で...新聞記事で振り返る2007年ACL城南一和戦

  • レッズ部屋をリニューアルしました

    我が家のレッズ部屋、2016年にオープンさせましたが、私はB型、その後は整理を放ったらかし。切り抜き記事の整理も進まず、人には見せられない状態でした。巣篭もり状態となって、ようやく整理に着手。部屋中に散乱していたタオマフ、ユニ、記念シャツなどは、クローゼットケースに収納。ポスター類は小さく巻き上げ、バッヂ、キーホルダーなど小物類は小箱に。切り抜き記事も時系列にまとめましたよ。なんとかご披露出来る状態に戻しました。ちょっと、飾り過ぎかな(^^;;レッズに関して、断捨離は出来ません‼️レッズ部屋をリニューアルしました

  • シーチケオリジナルバッグ

    本日、2020年シーズンチケットホルダー向けオリジナルバッグ正規品が配達されました。当初欠陥仕様であったリュック肩紐部分は修正され、リュックとしても使えるようになってました。先に配送されたバッグは返送不要とのこと。でも、網の部分を分離させれば充分に使えます。内側部分は、携帯トートバッグとして。外側の網部分は、旅行時などの衣装ネットとしても充分。オリジナルバッグ再製作費用、そして再送費用、このコロナのご時世下、レッズの負担額がとっても気になります。シーチケオリジナルバッグ

  • 新聞記事で振り返る2006年浦和レッズJ1戴冠 優勝パレード

    浦和レッズ2006年J1優勝、浦和の街は祝福モード、記念セールで賑わいました。そして、優勝パレードが企画されます。県庁前をスタートして、県庁通りから旧中山道へ、そして、越谷街道へ出て、市役所へ向かうコース。私も浦和の街へ出て、パレードの車を追いかけました。県庁通りを走るパレードの車を見た時は感激しました。思いっきり、手を振り選手の名前を叫んでいましたね。そして、市役所前広場での報告会。広場にはびっしりとサポーターが詰めかけました。キド監督はじめ全選手は4階バルコニーへ出て、J1リーグ優勝を報告しました。市役所庁舎からは紅白の紙吹雪が舞い、見事な光景を演出していました。新聞記事で振り返る2006年浦和レッズJ1戴冠優勝パレード

  • 2006年 浦和レッズJ1戴冠の日 その2

    (上の写真はELGOLAZOより)2006年浦和レッズJ1リーグ制覇の翌日、スポーツ新聞各紙一面は浦和レッズ優勝が飾りました。コンビニ、新聞販売店、駅売店と、新聞各紙を求めて車を走らせたのは言うまでもありません。読み返してみると、浦和レッズ優勝記事が多いのは勿論ですが、レッズサポーターに視点を当てた一面記事も多かったことにも気がつきました。スポーツ報知「浦和頂点日本一サポーターアシスト」スポニチ「浦和が日本一!!俺達のレッズ」サンケイスポーツ「レッズサポーターが一つになった、12月2日」デイリースポーツ「浦和悲願発V6万2241人赤い悪魔も泣いた」レッズサポーターは歓喜に沸きました。読売新聞「レッズ歓喜爆発」朝日新聞「浦和熱狂」埼玉新聞「赤く染まる街」「勝利の美酒に涙」スポニチ「浦和の誇りさいたまの誇り」私も浦...2006年浦和レッズJ1戴冠の日その2

  • 2006年浦和レッズJ1戴冠の日

    2006年J1最終戦、ELGOLAZOの記事も煽ります。いよいよ試合が始まりました。G大阪が先制、しかし、不思議に心穏やかで全く負ける気はしなかった。大丈夫、大丈夫!直ぐにポンテのゴールで追いつき、前半終了間際にはワシントン弾で逆転!後半も1点追加。相手反撃を1点に抑えて、3-2で勝利した。悲願のリーグ制覇だ!!新聞各社も号外を発行、一面には「浦和」の文字が踊った。各社で発行された「号外」を求め、翌日以降の私は、販売店や支社を歩きまわる毎日でした。(ELGOLAZO、朝日新聞、埼玉新聞、スポニチ、日刊スポーツ、スポーツ報知、読売新聞より)2006年浦和レッズJ1戴冠の日

  • 2006年浦和レッズ決戦J1前夜 その2

    2006年J1第33節、首位浦和レッズはFC東京と引き分け、優勝決定は最終節vsG大阪との一戦に持ち越されました。(冒頭の写真はELGOLAZOより)(上記写真は埼玉新聞より)浦和レッズと2位G大阪との勝ち点差は3、得失点差は5。つまり、勝てば優勝、負けても、2点差以内であれば優勝という状況は、浦和レッズが俄然有利。サポも浦和の街と一丸となってレッズ優勝を後押しするよう盛り上げました。(写真は浦和駅などで配布されたチラシ)我が家もベランダにレッズLフラ3本を掲げ、レッズを後押ししました。お隣さんから「頑張ってね!」と声をかけられるました。(写真はELGOLAZOより)そして、優勝戦当日を迎えました。サポは皆、優勝へ向かって熱くなっていましたね。当日に配られたチラシからも熱さが漲っていました。(写真は埼玉新聞より...2006年浦和レッズ決戦J1前夜その2

  • 2006年浦和レッズJ1決戦前夜

    浦和レッズJ1リーグ優勝、先日、その優勝が決定した試合、2006年最終戦、vsG大阪戦が放映された。やはり、何度見ても嬉しい試合、興奮する試合、その日は、BSも、その後のDAZNも、続けてみてしまいました。そこで気がつき、スクラップしてある2006年J1優勝決定前後の記事を追ってみました。2006シーズン、浦和レッズはワシントン、ポンテらが躍動、勝利を重ねて第31節、残り3試合の時点、優勝は、レッズ、G大阪、川崎の3チームに絞られました。そして第32節、レッズは甲府戦に勝利すると、清水に敗れた川崎が脱落、J1優勝はレッズとG大阪の2チーム絞られ、次節FC東京戦に勝てば優勝というところまでこぎつけたのです。ところが、FC東京戦、相手にシュート20本を撃たれる防戦の展開でした。辛うじて引き分けて、優勝は最終G大阪戦...2006年浦和レッズJ1決戦前夜

  • とっておきのワイン

    我が家には、とっておきのワインがあります。2006年、浦和レッズのリーグ優勝を記念して発売されたワインです。ワインのコルクは購入時のまま未開栓。開けるのは、レッズがリーグ優勝した時と決めています。ビンの中でワインが熟成するわけでもないと思うので、早く祝杯をあげさせて欲しいものです。レッズワインもありまっせ。そして、「浦和の涙」もありますとも。早くリーグ再開とならないかな。そして、浦和レッズ、我らに祝杯の日を!!とっておきのワイン

カテゴリー一覧
商用