searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
清多夢くらぶ
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/yugami189/
ブログ紹介文
土木遺産的なダム・堰・橋などをモニタリングしながら独自の視点で紹介。江戸川の土手で走思歩観する。
更新頻度(1年)

256回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2011/08/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、江戸川らんべさんの読者になりませんか?

ハンドル名
江戸川らんべさん
ブログタイトル
清多夢くらぶ
更新頻度
256回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
清多夢くらぶ

江戸川らんべさんの新着記事

1件〜30件

  • 初冠雪 富士遠望

    ​ 江戸川土手から白い富士がようやく見えるようになった。昨年より24日早く、富士山の初冠雪が発表された。平年は9月30日。今年は、同じような天気が続くのが特徴。この後、1週間ほど好天が続く予想。山頂の雪は消

  • 車寄せ 静かな流音

    ​​​​ 迎賓館本館前、阿吽の鎧兜武将像が見下ろす「車寄せ」で、生演奏会が行われた。場所は、車寄せの内庭で、約20分間の演奏。赤坂離宮・秋のイベントの一環「バイオリンとチェロの夕べ」。夕方2回、17時と18時半

  • 雲海に浮ぶ 山影

    ​​​​​ ​風のない静かな朝、江戸川土手かに富士山の裾野に棚引く雲がみえた。富士山の五合目から見ると雲海が広がっていると思う。肉眼では見づらいが、望遠レンズを通すと確認できる。​  当初、富士山の南側に

  • 迎賓館 松の前庭

    ​​​​​​ 東京都元赤坂の迎賓館赤坂離宮へ出かけた。日没後に本館がライトアップされるとの報道があった。国宝の正門へ向かったが、そこは出口専用のため、西入口から入場する。コロナ禍で空いているかと思いきや、セ

  • 揚重機 密なサイト

    ​​ ​大型のクレーンが密集している工事現場を周囲から眺めた。四方に揚重機を配置して、列柱を建て込んでいる。1階部分の柱が並ぶ様は、昔の神殿の列柱を思わせる。現代風ルネッサンス様式か・・。​  クレーン

  • 本行寺の 百日紅

    ​​​​ ​流山市役所の東寄りの小高い丘に、長重山本行寺(ほんぎょうじ)がある。鎌倉時代創建の日蓮宗の寺院。山門の脇と境内にサルスベリの樹が植えられており、存在感がある。白いサルスベリと如意観音菩薩が、訪れ

  • 田んぼ 藁人形

    ​​​​​ ​稲穂を刈り入れた田んぼに、小さな「藁人形」が立っていた。濡れた稲ワラを乾燥させているのだろうか。可愛い小びとが行進、または集会をしているようだ。倒伏した田んぼが残されていた。​  江戸川左岸

  • 茜雲と つくば山

    ​​​​ 秋雨前線の位置により、列島に大雨や長雨をもたらす。日の出前、北東方向に見える筑波山の上空に黒い茜雲が広がっていた。観天望気では、朝焼けは雨の兆しと言われている。​  茜雲が出現した場合、その染

  • ひとつの秋 落ち毬栗

    ​​​​ 散歩道(市道)の脇に植えてある栗の木から​​​​毬栗​​​​(いがくり)が落下。良く見ると空のイガが多い。放置されたものには、実に虫が付く。またトンボも止まる。雨上がりのひとつの秋を見つめた。​  栗は秋

  • 日の出と クレーン

    ​​​​​ クレーン群の中から昇る朝日を観る。玉葉橋を渡り対岸(江戸川右岸土手)で日の出を待つ。途中、クレーン上空にピンク色の茜雲が浮かんでいた。何故かモアイ像を連想した。​  江戸川左岸で建設が進む大型物

  • 浄信寺 百日紅

    ​​​ 旧日光東往還に面する浄信寺(流山市東深井)。境内と駐車場には、まだサルスベリが咲き誇っている。7月から咲き続けて、早や2ヶ月半。まだ暑い日が続きそうだ。百日紅の由来となっている如く、100日間咲きそうだ

  • 虹の 端っこ

    ​​​​ ​夜中に雨が降った朝、散歩を始めると西の空に虹がかかることが多い。この時期雲の多いこともあり、虹の端っこ(はしっこ)を観るのみだ・・。バームクーヘンの切れ端を立てたような虹だった。​  日本の平地

  • 水辺と斜面 彼岸花

    ​​​​​​残暑の厳しさを増すと、水辺へ足を運びたくなる。往年の運河規模を残す親水公園へ朝サンする。浮き桟橋が2箇所設置されている「利根運河水辺公園」で、朝日と残月を観る。運河が東西方向に造られているので、

  • 福性寺の ムクロジ

    ​​ 散歩の際、福性寺の近くを通ることがある。この寺院の境内に、大きなムクロジの樹がある。イチョウの樹ペアで並んでいる。角を付けた兜のようにも見える。暑さか風のせいで、多くの実が落下していた。​  ム

  • 芙蓉咲く 空き店舗

    ​​​​​ 東武線江戸川台駅近くに、小さな空き店舗がある。閉じたシャッターの両側に芙蓉が植えてある。まるで留守番をしているようだ。空き店舗になって、3、4年であろうか。以前は表札や印鑑など扱っていたと思う。​

  • 承水路 落とし口

    ​​​​​​ 3箇所目の調整池が新設される。昨年完成した大型物流施設「GLP2」に隣接する北側エリア(富士見台地区)。承水路は、下流になるにつれて通水断面が大きくなる。従って、承水路から調整池へ落とす入口が大きく

  • 暁の 残月

    ​​​​​ ​9月の十六夜(じゅうろくや)の残月が雲上に浮かんでいた。自宅を出る際、月が見えたのでカメラを持って早朝散歩にでる。日の出時刻が5時15分過ぎになった。1ケ月前とくらべると暗くなったものだ。残暑が厳し

  • 稲穂を 見守るクレーン

    ​​ 高温の8月が過ぎた。そのせいなのか、稲の成長が早い。8月後半から徐々に稲刈が始まっている。残暑の中、夕立に気を付けながらの稲刈り作業。熱中症とコロナにも注意しなければならない。日陰の無い稲田でコンバ

  • 柏の葉 桐の実

    ​​​​​ ​柏の葉公園の桐が実を付け、柔らかい朝陽を浴びていた。堂々たる風貌で、樹齢30年ほどであろうか。この時期、少し大きめな実をつける。但し、実が割れて種が何処かに行ってしまった。羽根の持った種子は、風

  • 運河 朝日と花

    ​​​​​ 利根運河水辺公園で、朝日を見る。この時期、太陽が​運河上流​から昇ってくる。陽が少しでも高くならないうちに、日の出前から散歩する。東京では8月の猛暑日の日数が観測最多を記録した。稀に見る暑い8月だ

  • 公園の隅 百日白

    ​​​​​​ 近くの公園に白いサルスベリがある。公園の片隅に佇んでいる。白い花は、日焼けして色あせてしまいそうだが、紫外線に強い。夏空に涼しげに風に揺れていた。​  一般の民家には、紅いサルスベリが多い。

  • 残暑の蓮池 花托と実

    ​​​​​ ​暑さ残る、運河近くの理窓会公園・蓮池を覗く。蓮の花がまだ咲いていた。息の長い夏花だ。水辺は、生き物が集まる場所。鳥や虫、そして人間もお邪魔する。​  この時期、花より花托が目立つ。蒼い花托や

  • 古街道沿 駒形神社

    ​​​​​​​ ​東武線運河駅から南西200mに駒形神社がある。「日光東往還」の古街道沿いに佇む。山崎宿まで約2.5kmの地点になる。また、西に2.5km進むと、江戸川を渡る「深井新田の渡し跡」に至る。​  境内の天

  • 江戸川 朝茜雲

    ​​​​​ ​暑さが峠を越えて後退し始める頃を「処暑」。ようやく8月23日から始まった。二十四節季・白露までの間。朝散歩すると、江戸川左岸丘陵に茜雲が懸かっていた。夕方までにひと雨ありそうだ。​  堤防を上流

  • 清水台小 清水川

    ​​​​​​ 「にっぽん縦断こころ旅」を見ている。自宅にいる機会が多いため・・。BS7時30分からの15分間。短くも長くもない。朝食後の寛ぎタイムだ。年代がほぼ同じの火野正平さんが全国をチャリオで巡る旅。行く場所

  • 金乗院 老いた幹

    ​​​​ ​残暑が厳しいので、チャリを置いて、電車で清水公園駅(片道190円)に向かう。樹木が多く、自宅周辺よりは、涼しく散歩できる。​​金乗院​​の百日紅は、夏の清水公園の名物。しかし今年は、咲き続ける花の量が少

  • 駒木の森 「おすわさま」

    ​​​​​ 流山・駒木に鬱蒼とした森がある。そのなかに諏訪神社がある。「おすわさま」または「諏訪の宮」と地元から慕われている。暑い時期、境内は涼しいため朝散歩する人が多い。流山市と柏市から多くの参拝者が訪

  • 踏切の花 百日紅

    ​​​​​​ 東武線江戸川駅から運河駅へ向かう線路は北に伸びる。この鉄道を境に東と西に分ける町名が多い。この2kmの間に踏切が5箇所設置されている。時間帯によっては渋滞を発生させる場所。全国には第1種踏切(警報

  • 正満寺 石像広場

    ​​​​​ 東武線豊四季(とよしき)駅から北へ200mに正満寺(山号は小金山)がある。柏と流山との市境に位置する。正満寺は柏市で、「おすわさま」で知られる諏訪神社が流山市と隣接している。​  この辺りは、江戸時

  • 東雲に 目覚める

    ​​​​​ 東雲(しののめ)の空に、クレーンの影が浮かび上がって来た。しばらくすると、彼らは蠢き出して、暑いなか大いに働く。暑い日が続くと、朝散歩の開始が早くなる。真夏の体内時計が動き出す。4時過ぎには起き出

カテゴリー一覧
商用