プロフィールPROFILE

法律 だいすきになーれさんのプロフィール

住所
幸区
出身
中村区

法律系の資格を取得しようとする場合、まず民法の勉強はかかせませんね。さらに、好きになって得点源にぜひしたいものです。

ブログタイトル
高橋克典の“法律 だいすきになーれ”
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/taktsoccer
ブログ紹介文
高橋克典の“法律 だいすきになーれ+ひとり言α” ・・・・・・  まずは“宅建資格”から
更新頻度(1年)

102回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2010/12/14

法律 だいすきになーれさんのプロフィール
読者になる

法律 だいすきになーれさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 14,918位 16,055位 17,141位 19,713位 19,652位 24,616位 27,146位 979,940サイト
INポイント 10 20 30 10 30 10 10 120/週
OUTポイント 150 650 1,710 190 190 500 280 3,670/週
PVポイント 430 1,600 3,680 1,690 940 1,310 980 10,630/週
資格ブログ 51位 54位 61位 75位 75位 98位 114位 8,582サイト
行政書士試験 15位 16位 16位 16位 16位 17位 18位 461サイト
宅建試験 7位 8位 7位 9位 7位 11位 13位 330サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 3,440位 3,085位 2,790位 3,175位 3,203位 3,154位 3,387位 979,940サイト
INポイント 10 20 30 10 30 10 10 120/週
OUTポイント 150 650 1,710 190 190 500 280 3,670/週
PVポイント 430 1,600 3,680 1,690 940 1,310 980 10,630/週
資格ブログ 14位 11位 10位 10位 10位 11位 12位 8,582サイト
行政書士試験 10位 11位 9位 10位 9位 8位 8位 461サイト
宅建試験 4位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 330サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 2,519位 2,353位 2,317位 2,582位 2,711位 2,688位 2,793位 979,940サイト
INポイント 10 20 30 10 30 10 10 120/週
OUTポイント 150 650 1,710 190 190 500 280 3,670/週
PVポイント 430 1,600 3,680 1,690 940 1,310 980 10,630/週
資格ブログ 14位 11位 10位 12位 12位 12位 11位 8,582サイト
行政書士試験 3位 3位 3位 2位 2位 2位 2位 461サイト
宅建試験 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 330サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、法律 だいすきになーれさんの読者になりませんか?

ハンドル名
法律 だいすきになーれさん
ブログタイトル
高橋克典の“法律 だいすきになーれ”
更新頻度
102回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
高橋克典の“法律 だいすきになーれ”

法律 だいすきになーれさんの新着記事

1件〜30件

  • 宅建試験・合格発表・・・。

    35点でしたね。いい方に予想が当たりました。そういう意味では、昨年の結果よりは非常によかったです。まずは、合格された方、本当におめでとうございます。一方、惜しくも届かなかった方は、捲土重来です。特に今年は、来年民法の大改正がありますので、スタートラインは、ほぼ初心者のかたと同じです。先のブログにも述べましたが、民法の改正部分は細かくて覚えにくいです。以前の判例の知識が条文化されますので、ていねいに覚えないといけないからです。判例なら、知らなくても、妥当かどうかのみを判断すればよかったからですね。でも、条文になると、少しでも違っているなら、間違っていることにもなってしまいます。非常にやっかいです。時間がかかることを予定しておいてください。でも、これからいいものを提供しますので、よろしくお願いいたします。また、情報...宅建試験・合格発表・・・。

  • 今年最後のおおきな試験です・・・。

    先週の日曜日に、マンション管理士試験がありました。明日の日曜日には、管理業務主任者試験があり、今年はこれでほとんど試験納めです。来年からは、新民法の改正の年になります。いよいよです。学校でも、来週からは改正民法の基本的知識をもう一度一からやり直します。ここで、真剣に学んでいく人は、これからもっともっとぐーっと伸びていきます。まずは、条文を丁寧にやっていくことですね。休まず、継続することが大事で、ついてきてください。また、情報があれば書きます。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シリーズ)高橋克典週刊住宅新聞社試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携高橋克典住宅新報社にほんブログ村にほんブログ村資格(行政書士)ブログランキングへ資格(宅地建物取引主任者)ブログランキン...今年最後のおおきな試験です・・・。

  • 合格発表まであと1週間となりました・・・。

    いよいよ宅建試験の合格発表が1週間後になりました。特に、36点前後の方は、いてもたってもいられない状況だと思います。仮に、不合格でも今年の努力を無駄にぜず、しかも来年は改正点が非常に多くありますから、学習方法を間違えないようにして、今年のリベンジをしてください。こういう状況の変化が激しいときには、逆にチャンスと思って、頑張ってほしです。過去もそうでしたから。応援します。また、情報があれば書きます。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シリーズ)高橋克典週刊住宅新聞社試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携高橋克典住宅新報社にほんブログ村にほんブログ村資格(行政書士)ブログランキングへ資格(宅地建物取引主任者)ブログランキングへ合格発表まであと1週間となりました・・・。

  • 来年は学習時間が非常に・・ながくなることを予定しておいてほしい・・・。

    まずは、捲土重来です。今年うまくいかなかった方は、来年絶対に合格しましょう。どんな受験生でも、状況は同じですから・・。まだ、全部の総括は終わっていませんが、来年のための準備が非常に忙しいものですから、投稿できずにいてすいません。来年の一番の壁は、改正点がやたら多くあるということでしょうか・・。そういう意味で、ことしの本試験の民法はあんなに優しくしたのかもしれませんね。しかも、改正点が非常に覚えにくいのです。これが最大の難点、講師にとってもですなにがかというと、きめ細かく対応できるために、今回改正したために、これまで一言ですむところを、非常に長いものとなってしまっているからです。これには、受験生も時間がかかるということを予定しておいてくださいね。大変です。・・・・・従来、「要素」ということばが、重要なものという意...来年は学習時間が非常に・・ながくなることを予定しておいてほしい・・・。

  • 来年のために本試験総括:権利関係編・・・。

    捲土重来です。今年うまくいかなかった方は、熱いうちに今年の本試験の総括をして、その証拠を残しておきましょう。今回は、権利編です。全体的には、非常に得点しやすい年でした。来年のことを考えると、嵐の前の静けさです。まず、過去問レベルでとけないといけなかったかを書きます。できれば過去10年間程度の問題です。だいたい12年間の過去問が多くでていますね。問1、問2、この2問は超基本です。これができなかった人は、基本レベルに到達してません。問3も形式は一応応用的ですが、内容は超基本です。問4は、すべて初出題です。予想問にだしたら非難ごうごうですね。でも、一番ただしいそうなものはどれか、と問われれば解けるでしょう。基本です。そして、「けだし」がある、判決文ですが、そこにとらわれることなく、内容から判断すれば、これも得点できま...来年のために本試験総括:権利関係編・・・。

  • 権利問5のコメントもきましたので少し感想を・・・。

    この点が今年一番のニュースかもしれないのは、ちょっとさみしい気もします。令和元年で、来年から民法の大改正があるからです。改正する条文も、今年はガンガン出ました。遠慮なく、もうなくなるのに・・・。作成する人は、全然そんなこと気にしてませんね。私が、予想問題を作ったときには、他の国家試験同様、なるべく根本的にかわるところは避けたのですが・・。今年でいけば、時効中断の問題ですね。問9ですね。しかし、これは別のテクニックでできる問題ですから、まあいいでしょう。問5の「けだし」を「ただし」との試験中の質問ですか、試験での質問はできないのが原則です。確かに判決では、よく使います。過去の判決文に、すでにでていれば問題なかったのでしょうから、そうでない以上、予想問でだすべきですね。実は、今年の予想問に限って、私の出した予想問第...権利問5のコメントもきましたので少し感想を・・・。

  • 本試験問5で起きたハプニング・・・。

    ある試験会場では、問5の文章で問題が起きたそうです。判決文の「けだし」はミス(?)ではないかと・・。それをきいてびっくりしました。そういう質問がでるんですね。そこで、全教室で、連絡事項として、問題ないことを試験中で連絡したそうです。静まりかえっている最中です。試験を集中してやっている人にとって、妨害となってしまいますからね。もちろん、判決などでは、「なぜなら」を「けだし」ということがよくあります。特にむかしのでは・・。しかし、中学とか高校とかで、習いませんでしたか。もしそういう質問を試験中にしたということは、問題文を読めていないということですから、大問題ですね。予想問題で、事前に出さないといけないとおもいました。こういうのも含めて。なお、今年は、けだしは、予想問ではだしました。これをやった人は、疑問なかったと思...本試験問5で起きたハプニング・・・。

  • 今年も割れる問題などはありませんでした・・・。

    今のところの分析を書きます。今年も、昨年と同様、調べてもどちらにも正解肢が迷うという問題は、ありませんでした。そういう意味で、試験としては素直な問題でした。しかし、今年は少し作問の作り方が、変わった(?)点もあります。実は、昨年から、問題を解く時間が、私自身のことですが、短縮されています。今年は、30分も余ってしまいました。これまでは、そんなことはありません。1問1問分析しながら解きますから、意外と時間がかかるのです。今年の印象は、できる問題とどうしてもできない問題の差がものすごくありました。権利1問、法令の3問、業法1問です。5問免除も1問。悩むより、悩んでもしょうがないのでどちらかを早くつけろ的な問題です。それ以外の多くは、過去問中心に学習し、できれば予想問も少しかじっていれば、しっかり解けた試験だと思いま...今年も割れる問題などはありませんでした・・・。

  • 試験お疲れ様でした・・・。

    宅建本試験、おつかれさまでした。わたしは、今、その本試験を分析してます。感触としては、内容的には、昨年都道等ぐらいで、形式的には少し難しかったとおもいます。その具体的な感想、結果は、もう少しおまちください。よく頑張ったのですから、まずは、疲れをとってください。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シリーズ)高橋克典週刊住宅新聞社試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携高橋克典住宅新報社にほんブログ村にほんブログ村資格(行政書士)ブログランキングへ資格(宅地建物取引主任者)ブログランキングへ試験お疲れ様でした・・・。

  • 最後の最後にやること・・・。

    いよいよ、受験生皆さんのこれまでの成果の発表の場です。もう、これまでのことを信じて、のぞむしかありません。開始までそれでも最後の1秒でも、やることがあればやってのぞんでください。しかし、一番大切に思ってやってほしいのは、文章をしっかり読むんだ、という気持ちです。そして、登場人物がたくさんいるときには特に図形かもしましょう。忘れずに。もちろん、これまで通り問題文を読んでいるときに、必ず、主語はこれだ、文末はこうだ、と心の中で唱えながら読んでいきましょう。とにかくヒントは、問題文しかないのです。そこからかけ離れて、勝手に想像しないでください。簡単に断定せず、すこしでもおかしいと思ったら、△でしたね。特に前提で決め打ちしないで読んでください。出題意図があるはずです。常に、文章から、拾うことをこころがけ、判断してくださ...最後の最後にやること・・・。

  • 最後は統計・特徴だけでも頭に入れておこう・・・。

    統計は、直前でもなんとかなります。今年の全体の切り口は、減少の方が少ないので、それをまず言えれば良いのです。一つ目、「地価公示」では→すべての点で、今年は上昇になっていることです。二つ目、「新設住宅着工戸数」では→約94万と減少したこと(減少の事象2つ、持ち家と貸家を覚える)。三つ目、「売買による土地所有権移転登記の件数」では→約131万と前年に比べ増加で、4年ぶりに減少。四つ目、「不動産業の売上高か経常利益か」では→そして(前者も)増加と(後者も)増加だ。五つ目、「宅地建物取引業者数」では→4年連続の増加。試験頑張れ。また、11時頃に、メッセージあげます。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シリーズ)高橋克典週刊住宅新聞社試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携高...最後は統計・特徴だけでも頭に入れておこう・・・。

  • 最後に数字と統計のチェックも忘れずに・・・。

    最後に、数字をもう一度見ておきましょう。細かい数字など、それを最後に確認しておこう。特に、宅建業法と法令科目の数字ですね。その次に、税その他の数字もです。そのとき、丁度を含むのか、超えるのかのチェックも忘れずに・・・。ここは、結構合否に直結します。これらを覚えれば、1点差で泣くこともないはずです。また、統計もこの時期やってください。特に今年は減少を中心に覚えるのでしたね。もし出てこない場合は、早々統計のブログを・・・。もう、最後の追い込みをしてください。そして、最後まで諦めないでください。とことんやって、最後は時間が来るまでやり抜きましょう。熱く、これでもかと、やると良いかもしれません。そしてすっきりした気分で受けましょう。まだ、頑張って。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シ...最後に数字と統計のチェックも忘れずに・・・。

  • もう一度確認してほしいこと・・・。

    まずは、問題文を正確に分析できているか。今問題を解いてみてどうでしょうか。付け間違えもダメですが、それ以前に問題文を丁寧に読めているか、気にしていますか。本当の紛争事件なら、相手の化をがわかり、○○さんも××さんも、別人格ですから、それらの発言を取り違えることはありません。しかし、試験の問題文では無味乾燥なAとかBでとわれますから、具体的な顔が思い浮かばず解いています。あと、ないのか、あるのか、をうっかり読み飛ばしたり、文末を読み切れなかったり、せっかく知識があったのに、間違えてしまう、あのくやしさ。主語をきちんと認定しなかったために、内容はあっていたが、その主体が違うので、まちがえることもあるでしょう。このように、予想問を解くときにも、本番同様、丁寧に読み切ることを心掛けてください。予想問をやる意味は、読み方...もう一度確認してほしいこと・・・。

  • いやなところを最後に詰めておくことも重要・・・。

    今問題を多く解いているはずです。そして、重要なところは繰り返し解くことも重要です。その結果、この時期でも、間違えるところが、自分の弱点です。問題を解く前に、ちょっといやだなあ、と思うところも弱点です。そして、そのようになる理由が重要です。理解不足なのか、技術的なミスなのか、基本をしっかり覚えきっていないのか、できなかった理由をとことんこの時期つめてください。もし、本試験で出題されたらと、仮定してください。実はそういうところがどういうわけか出題されます。得意なところは、避けられてしまいます。予想問なら、出題の意図が読めると良いのですが、それは解説をしっかり読んで見ることも重要です。ぜひ、間違えたところは、そこだけでも5回くらいは最後後にやってみましょう。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うか...いやなところを最後に詰めておくことも重要・・・。

  • 免許の欠格要件なども大丈夫ですか・・・。

    1問程度しか出ないところも、この時期そろそろ丁寧に自分のものにしていきましょう。とにかく少しでも弱点を、業法では作ってはダメです。押さえどころは、まず申請者自身の審査の基準ですね。まとめると5つほどあります。いえますか。それをしっかり覚えましたか。以前免許の取り消しがあった場合、その細かい内容をいえますか。さらに以前に刑罰を受けた場合はどうですか。すらすら刑罰が出てきますか。そして、申請者以外でも審査されていましたね。そのときの役員と政令で定まる使用人での重要ポイントは、いえますか。いえるとした人はもう大丈夫です。自分の物にしました。きっと解きたくなるはずです。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シリーズ)高橋克典週刊住宅新聞社試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必...免許の欠格要件なども大丈夫ですか・・・。

  • 宅造法得点できていますか・・・。

    法令で、宅造法とか、農地法とか、それほど難解でもないはずなのに、正答率が良くないのはなぜでしょう。きっと、数字を覚えるのを怠けているだけだと思う。では、宅造法はもう得意になっていますか。なっていない人は、数字をいえていないのではないでしょうか。そこで、数字を全部あげなさい。もちろん、出題されるところですが。まず、2,1,2,5(00)※に足すいち足すにはご、と覚えますね。切土、盛土、切り盛り、平らでも500㎡、いずれも超える場合ですね。すぐにでてきましたか。何言っているか、わからない人は、もう一度テキストをみましょう。次に、5,15(00)※ごいちご、と覚えます。これも超える場合ですが、設置の問題ですね。こういう大事な点をしっかりおぼえていないのです。最後に、21,2・14、14※にいち、に・いちよん、いちよん...宅造法得点できていますか・・・。

  • もし今年難しい年になったら・・・。

    かつて、前年度より急に難しくなった年にぶつかったらどうなるか、受験生は混乱します。試験が終わったとき、帰り道無言になります。いつもなら、合格する受験生でも、不合格となってしまうおそれが大です。それは試験中、いつもと違う、どうしよう、と本番でよりあわててしまい、普段の実力が出し切れなかったためです。そうならないために、難しい年でも、ふつうの問題もいっぱいありますから、それを取りこぼさないようにしたいです。特に、難しい問題なら、その場で判断できるはずです。それに、固執せず、臨機応変にすぐとばしたりして、時間を使わないようにしましょう。普段時間がかかる人は、難しい年には、要注意なのです。もっと、時間がかかってしまうからですね。とにかく、合格するには、まずは時間との戦いに勝たないといけません。工夫としては、たとえば、権...もし今年難しい年になったら・・・。

  • 今は重要ところの弱点補強をしよう・・・。

    重要科目の弱点補強の時間を作りましょう。特に得点しにくいところ、よく間違えるところ、など、そこを重点的にチェックしましょう。とにかく、これまでと違いを見せ、密度ある学習をしましょう。そうすると、どんどんのびていきます。さしずめ、つとめている方なら、ゴルフは試験までことわる、ビール等のお酒もやめる、家族サービスもやめましょう。とにかく勉強に時間をかけて、最後に追い上げて合格しましょう。有給もありです。休めるなら、会社も休んで学習しましょう。以上は、不合格だった人が、変わって見事合格した年に、実践したものばかりです。学生なら、ゲームをしない、漫画を読まないなどですね。とにかく、合格するために、それに集中できるような環境にしましょう。もう少しですからね。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ...今は重要ところの弱点補強をしよう・・・。

  • 問題文の読み方は・・・。

    問題文の途中でも、キーワードから、その後の論点が出てきますか。権利関係でもそうですが、それ以外では、とくにその訓練をしていないとダメです。宅建業法の問題は、きちんとこのように訓練できていないとうまくいきません。もちろん、中には最後までよまないと論点が分からないときがありますが、それは少ないです。例えば、「宅建業社Aは、自ら所有する建物を貸借する場合、・・・」とあれば、この時点で“どのようなこと”を思い出すのですか。いえますか。過去問を丁寧にやっているなら、2つは、いえないと実はやったことにならないのです。予想問題では、もっとできないと思います。それは、免許の問題なら、免許を受けなくて良い、ということが一つです。でも、Aは業者ですから、これが問題とはならないでしょうね。ですから、あと一つです。つまり、業法の適用を...問題文の読み方は・・・。

  • そろそろ数字にも強くなりましたか・・・。

    試験では数字も多く聞かれます。特に業法では、知識と同様に重要なことです。しかも、個数問題もありますから、絶対に外せません。正確に思い出せないといけませんね。得点が低い人は、この点の努力を怠っているようです。今後まだの人は、時間を作って暗記してください。では、確認しましょう。以下の質問が答えられますか。それは、業法で出てくる1週間という論点4つ、最低でも3つはいえるようになっていますか。すらすらいえるなら、もう大丈夫です。いえない人は、早速テキストに当たってくださいね。予想問題2回問32、3回問31・33、4回問33、などに出題しています。では、また。うかるぞ宅建士最短25時間~最後の切り札~(うかるぞ宅建士シリーズ)高橋克典週刊住宅新聞社試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携高橋克典住宅新報社にほ...そろそろ数字にも強くなりましたか・・・。

  • 免許証と取引士証の比較も事前にしておこう・・・。

    予想問題では、堂々、1回目の問28にだしています。こういう問題で、本試験にきっちり備えてもらいたいからです。※私がもし受験生なら、予想問などでは、こういう比較問題を多く出題してほしいと感じています。テキストでもなかなかこのような比較がなく、自分でまとめるのもできにくいからです。問題だとおぼえるし、ですね。実質は、1問で2問分あるはずです。できましたか。解説も丁寧により詳しく書きました。実は、一つ聞いていない論点があります。これも出そうと思ったのですが、あまり出そうな気がそのころはしてなかったので、今お知らせしておきます。それは、これらの交付をするときに、条件を付けることができるかという論点です。いえますか。ああ、そういう論点あったなと、思いだしてもらえればうれしいです。免許証には、できますね。そのときの論点では...免許証と取引士証の比較も事前にしておこう・・・。

  • 宅建業法のチェックをしましょう「事務所の増減」から出てくる論点は・・・。

    これまでの学習で、いろいろな論点をまとめていますか。では、「事務所の増減」から、芋ずる式に論点が出てきますか。出てくればOKです。以下のような論点です。まず、免許換えが浮かぶことですね。浮かびましたか。これは、新規の免許と同じでしたね。それではないときには、次は何が思い浮かびましたか。なに、何も浮かばん、それは学習してないのと同じことですか。あ、浮かびましたか。変更の届け出の論点ですね。30日以内もきちんといえますね。では、さらに何かありますか。営業保証金と保証協会に加入しているときの論点がでてきます。これも、いいですか。事務所の増加の場合には、そこでいつから営業できるかですね。予想問2回問32、3回問30、などがこれに関連する問題です。解説も含めて、きんとやっておきましょう。さらに、減少の場合も、両者比較して...宅建業法のチェックをしましょう「事務所の増減」から出てくる論点は・・・。

  • 今年出題大「印紙税」といったら論点を思い出せますか・・・。

    予想問題では、今回は3問出しています。まずは、テキストで穴を作らないようにし、過去問を潰して、最後に予想問をやっておきましょう。これで万全です。かならず印紙税は解きたいと思うはずです。本試験では、楽しみです。ここでは、ちょっと交換契約書の難しい問題を押さえておきましょう。交換物件は、等価交換で、交換差金を生じない、とする場合には、この文書は、記載金額のない文書となりますよ。交換対象物の双方の価額が記載されているときは、いずれか高い方(等価交換のときは、いずれか一方)の金額です。例え交換差金が、あ書いてあってもですね。あとは、交換差金のみが記載されているときは、当該交換差金がそれぞれ記載金額になります。このようにすこし、詳しく押さえておきましょう。基本ができていて、この予想問題もやるという感じです。また、予想問も...今年出題大「印紙税」といったら論点を思い出せますか・・・。

  • 復習時の難易度と重要度とは・・・。

    予想問題での復習時の難易度と重要度とは、どのように理解してもらえればいいかを書きます。難易度は★いくつで表しています。重要度とは。ABCで表しています。これは、解いた時期のものではありません。本試験まで頑張ったときの、本試験の時のレベルなんです。それは、私が本試験を目的に判断しているからです。つまり、いまは解けなかった、★ひとつなのに、だからこれは自分にとって難しい問題なのに一つなのはおかしい、と思ってもらっては困ります。こういう質問もたまに承けます。もしそうであれば、そこを簡単にするぐらいにしてほしいという意味なのです。あくまでも、本試験の時期においてのものです。重要度もそう考えておいてください。ですから、当然復習するときには、優先順位もわかりますね。★ひとつでAから潰すべきですし、そこが間違っていたらまずい...復習時の難易度と重要度とは・・・。

  • 宅建業法の科目を早く完璧にしておきましょう・・・。

    この時期の受験指導では、宅建業法の底上げ、安定です。なぜかというと、範囲は広くないし、20点も出題されるし、これから十分伸びるからです。昨年も、20点前半しかなかなか得点できなかった受験生が、最後の逆転で40点で合格しました。その理由は、ここで間違ってもいい、本試験で出たらミスしなければいい、と思い、戦った点がまずあげられます。さらに、覚える時間を捻出したとのことです。仕事があっても・・・。そして、最大の点は、3大書面の記載事項をきちんと記憶したそうです。みなさんは、今見ないでいえますか。いえないから、得点がとれてないのではありませんか。自分に厳しくこれからは毎日覚えるまで、時間を割いてください。34条の2では、9つ、35条では、最低36項目、37条では、13項目です。コピーをいつも持ち歩いていますか。トイレの...宅建業法の科目を早く完璧にしておきましょう・・・。

  • いよいよ10月になりました・・・。

    10月になりました。早いですね。ここからは、一気に試験日になります。毎年そう思います。オタオタしていると、なにも達成できずに試験に突入です。それだけは避けましょう。予想問で、何が不得意ですか、得点できませんでしたか。何人かの人に聞いたところ、順調に伸びてきた人で、第1位回目は30点前後となっています。私の合格ラインは、31点ですが、特に民法が本試験で難しくなったとして、作問しました。平成27年の合格ライン31点だった年度と同じなんです。しかし、宅建業法のできはどうですか。意外ととれていないはずです。簡単だと思われる問題でも、とれないんです。本当に、とれなくていいのですか。解説を読んだときには、よく出ている論点ではないのですか。1回目も、業法では18点前後とれるように、しっかり復習して覚えてください。ここでミスし...いよいよ10月になりました・・・。

  • 都市計画はどうなっていますか・・・。

    都市計画法では、2問でます。1問は、開発行為ですから、これまでにしっかりやって、もうほぼ完璧になっていますね。時期が時期ですからね。ただ、もう1問の都市計画等からは、どうでしょうか。もうここも大丈夫?ならいいんです。ここでは、2つ「特別用途地区」と「特定用途制限地域」の論点は、きちんとインプットされてますか。いえるように準備しておきましょう。前者は、3つ程度の重要ポイントがありますね。いえますか。いえますか、といっていえないのに放置してしまう人がいます。それではいつまでたっても、レベルが上がりません。早々、テキストを見てこれだというポイントをつかんでください。一つは、必ず用途地域がないとダメだという点ですね。そして、制限等は、都市計画でするのでなく、条例ですることですね。もう一つは、制限を緩和するには、法律を緩...都市計画はどうなっていますか・・・。

  • せっかく覚えたのに丁寧さが足りないとまずいことに・・・。

    タイトルは何を言っているのか、というと・・・。せっかく知識はあるのに、丁寧さがないとミスをするということです。たとえば、代理権の消滅(委任の終了も)の中に「後見開始の審判を受けたこと」がありますね。もう覚えましたね。でも、これは、丁寧さがないといけません。つまり、本人側がそうなっても代理権が消滅しません。しかし、代理人側がそうなったら、当然終了でしたね。ですから、問題で、Aさん、Bさんという問題では、きちんと事実認定させる問題となるのです。どっちがそうなっているのか、慎重な事実認定ができる人かどうかを試しています。一番いけないおっちょこちょいは、後見あ終了だとして解くことです。これでは、出題者の思うつぼです。試験の目的は、優秀な人以外を落とす試験ですからね。代理人側に生じると、表見代理の問題となり、またおもしろ...せっかく覚えたのに丁寧さが足りないとまずいことに・・・。

  • 違いのわかるのが合格者レベル・・・。

    民法分野では概念を聞く問題があります。たとえば、終了、無効、解除など、正確に、違いがいえますか。合格者レベルでは、こういう問題でも違いがわかっています。終了という概念がよく使われるのは、代理権の終了(委任の終了もほぼ同じ)ですね。また、賃貸借で賃借物が全部滅失すると、当然終了です。このように終了とは、当然、つまり知らなくても勝手に終わるということです。まあ、それなりの理由があるからです。代理人が死亡したら、当然終了であり、知らない間に相続人に相続されたら、たまったもんではないですね。※このような力をつけるための「法律のカンタン思考術」も参考に。無効は無効原因(7つですね、いえますか)がありますから、判例も含めてきちんとおぼえてください。予想問の巻頭特集でも取り扱っていますのでそれを参照してください。ひとつ、人を...違いのわかるのが合格者レベル・・・。

  • 借地と借家はもう自信を持って解けますか・・・。

    なんといっても毎年、2問でます。範囲も広くありません。ならやるしかないし、得点源にしない手はないでしょう。ここの知識はもう覚えているでしょうから、予想問題も得点できてますね。8問あります。そこで、両者は借り手の保護の規定なのですが、類似制度においてちょっと違う切り口も押さえておきましょうね。要は、違いです。まず、常に期間を定められていますか。借家は、存続期間を定めないこともOKですね。でも借地にはそういうものはありません。借地は、常に期間が定められた形のものしかありません。これが、まず一つ目の違いです。土地の上に自分の建物を所有するつもりですからね。理由もきちんといえないと応用ができません。次に、買い取り請求がそれぞれありますが、特約で排除できますか。つまり、強行規定ですか。建物買取りは認めない特約は無効ですか...借地と借家はもう自信を持って解けますか・・・。

カテゴリー一覧
商用