searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

はるちゃんさんのプロフィール

住所
岡崎市
出身
鹿児島市

中小企業診断士試験の合格を目指す方は必見です。 診断士2次受験専門校AAS名古屋の代表 鷺山はるこ(中小企業診断士)が、合格の秘訣や学習のヒントを語り、受験生を応援しています。 ブログタイトルの「Si. Eccolo!」とは「はい、ここにあります。」という意味です。 学習に行き詰まった時や、モチベーションの維持にお悩みの方が、ここに来ればヒントが見つかります。

ブログタイトル
中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/sagiyama_nagoya/
ブログ紹介文
AAS名古屋で中小企業診断士育成20年!設問分解、要約練習を創った鷺山はるこが2次のノウハウ真実を毎日更新中!
更新頻度(1年)

367回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2009/12/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、はるちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
はるちゃんさん
ブログタイトル
中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」
更新頻度
367回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Eccolo!」

はるちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 隙間時間を上手く使うには(空いた時間に適した勉強)

    今日は、昨日からのつづき、隙間時間学習についてだ。隙間時間とはいえ、5分の人もあれば、30分、60分という人もあるだろう。その空いた時間数に適した勉強を、予め決めておくと便利だ。例えば私の場合、事例問題を解く練習について、合格した年は、机の上でやった覚えがあ

  • 隙間時間を上手く使うには(自分の速度を知る)

    「仕事が忙しくて学習時間が取れません。」何かが忙しくて、勉強時間が取れないという悩みは誰でも一度は持つ。「どうにも取れないんです、ぜんぜん。」と言う方へは『それは残念でしたね。』と言うほかない。物理的に無理なものは無理なのだ。暇になった時に受験するしかな

  • なぜ苦手かを考える(めんどくさい)

    受験勉強をしていると苦手科目が出てくる。苦手になる理由には、「めんどくさい」もあるように思う。例えば、財務で、細かい数字や計算が「めんどくさい」生産事例で、経験したことも見たことも無い知識や言葉を理解するのが「めんどくさい」これらの「めんどくさい」のお陰

  • なぜ苦手かを考える(ひょんな理由)

    皆さんには、学生時代、こんな経験はないか?「担当の先生が苦手でその科目も嫌いになった。」私の場合、思春期なんてまさにそうだった。中学時代は家庭科が嫌いだった。事は味噌汁を作る調理実習に始まる。家庭科の先生は、絵に描いたようなとんがったメガネのすぐにヒステ

  • 今年の2次本試験に向け意識したいこと(後編)

    今日は昨日からの続き、今年の本試験について、同準備していくか、だ。前回お話ししたように、事業再構築補助金は企業内の体制をどう作るかがポイントになる。成功の可能性を高める知恵を要求される。この傾向の試験になったら、これまでのような勉強方法では、またも・設問

  • 今年の2次本試験に向け意識したいこと(前編)

    これまで幾度となくお話ししてきたように中小企業診断士試験は、その時代に沿って必要な力を問うてくる。つまり経産省の施策を実行するのに必要な力を問うてくるのだ。平成25年度に持続化補助金の制度が出だしてから、小規模企業にも経営計画書の作成を求められるようになっ

  • 失敗事例も大事!

    受験していると合格体験談が気にかかる。それはなぜか?目標を作りたいということもあるだろうが、どうすれば合格できるのか?手っ取り早い方法を知りたい、という気持ちがあるかもしれない。だから、合格者の答案を読み漁ったりするのはそのせいだ。同じように書けば合格で

  • 集中するためのルールを作ろう

    「暑い・・、蒸し暑い・・・。」この愛知県に来て37年。思えば毎夏、愚痴っている気がする。私は蒸す環境が苦手だ。古傷は痛むし、なにより集中力を欠いてしまうからだ。だがどんな状況下でも、受験となれば不平なんて言っていられない。本試験という締め切り日も待ってい

  • 伝えるなら届く声と方法で

    我が家は小学校の正門前にあるせいで、毎日、様々なドラマを見られる。皆さんの地域でもそうかもしれない。今時の小学生は集団登下校だ。先日、ひとつの集団が我が家の前を下校していった時のことだ。集団から遅れて歩く二人の子どもがいた。それを見ていた先生が、こう声を

  • 白書の楽しみ方

    今日は、多くの方からご相談をいただく中小企業白書の勉強法についてお話ししたい。まず何よりも問題と思うのは、こういったご相談をする方の枕詞に必ず「膨大でしょ?ページ数が。読むのも大変ですよねー。ただ読んでいても眠くなるし。」と付くことだ。中小企業白書に興味

  • なぜか?思考回路を作るためだ

    先日より同じような話を繰り返して申し訳ないのだが、どうしても理解してほしいことがある。なぜ同じ問題を繰り返さねばならないのか?それは皆さんの頭の中に「診断士としての思考回路」を作るためだ。「習慣」と言う言葉がある。辞書によると、「同じことが繰り返された結

  • 母は心で泣く、育てるために泣く

    犬の散歩の道すがら、ある親子に会った。小学校1年生か2年生か。大声で泣きながら、母のあとをついていく。よほど学校に行くのが嫌だと見える。自転車を押しながら歩くお母さんは、必死に励ましながら、子供の背を押す。「頑張れ、大丈夫。ほらあと少しだ。 先生も待って

  • 口を酸っぱくして言う!繰り返せ!

    私は幼い頃から、父にこう言われてきた。「おまえはしつこい! 自分の想いが叶うまで言い続ける、 やり続ける、しつこい!」そこで皆さんにもしつこくお伝えしておきたい。合格したいなら、同じ問題を5回でも10回でも、何回でも繰り返すことだ。解答を書くことではない

  • 事例問題を解く「瞬発力」とは

    昨日は事例を解く際の解答手順を作るには事例問題を読んだ時に、それがどんな知識の何を述べているのか、すぐに反応できるような「瞬発力」が、必要だとお話しした。普段の生活でも誰かの言葉に、良い意味ですぐ反応できる人を「感受性の高い人」という。相手の気持ちも考え

  • 合格者の一般的な解答手順

    昨日、体系図のお話をしたが、体系図の知識や作り(なぜそんなカタチをしているのか?)への理解が無ければ、事例問題は解けない。また、解答手順も作成することはできない。なぜなら、解答手順は時間配分をセットで考えねばならないからだ。この時間配分を正確に捉えるため

  • 体系図が腹落ちしているだろうか?

    事例問題を読んで、いま体系図のどこの話なのか?がわかれば、使う知識や考え方もわかりやすくなる。体系図とは経営戦略策定フロー図のことだ。経営理念→SWOT→全体戦略(ドメイン)→機能別戦略の流れをフロー図として図式化したあれだ。この各ステップのことをレイヤーと

  • 勘違いシリーズ【学習時間】

    「受験生には勘違いしていることがけっこうある。」をコンセプトにお伝えしている勘違いシリーズ。今日は、「学習時間」についてだ。学習時間はもちろん、取れないより取れたほうが良い。ただし、時間だけ稼げば良いものでもない。大切なのは学習時間の中身だ。合格発表の頃

  • 合格者シリーズ【主語を変えて合格したPさん】(後編)

    頭脳明晰にもかかわらず、成績が毎年ばらついて落ち続けたある卒業生の話。今日はその後編だ。なぜ成績がばらつき続けるのか?一番は、彼の優秀さにあったのもしれない。とにかく、色々なものに興味を持ち、学ぶことが好きな彼の頭の中は、膨大は知識で埋め尽くされていたか

  • 合格者シリーズ【主語を変えて合格したPさん】(前編)

    人に意見をする時に、周りが見えなくなる人がいる。今日は、そんな卒業生の話だ。彼は本当に頭の良い人だった。とにかく知識が豊富だ。何か事に触れて気になりだすと、それを徹底的に調べたくなる癖があった。受験校のテキストだけでなく、わからないことは自分で調べて、わ

  • 昼食のピザで気づいた、マーケ失点の理由

    お昼ご飯にスーパーで買ったピザを食べようと用意していた。殆ど具が無いのだが、添付のジェノベーゼソースがポイントのピザだ。バジルの香りが好きでたまに食べたくなる。オーブントースターに余熱を入れ、さて!とピザを焼く。ジェノベーゼソースは最後がいいかな?焼きた

  • 勘違いシリーズ【解答手順】

    「受験生には勘違いしていることが けっこうある。」ということをコンセプトにお伝えしている勘違いシリーズ。今日は、「解答手順」についてだ。なぜ「解答手順」を定めるのか?手順が決まっていれば当日の迷いは少なくなるし、また、手順ごとのやり方を決めることで、解答

  • 暗黙知ゲットだぜ!!

    ドラマの「ドラゴン桜」が終わってしまった。なんだか寂しい。あの話の中で、知識を暗黙知にしなければ合格しない、というストーリーがあった。診断士の2次試験も全く同じだ。設問分解でどんな切り口を出すのか、与件分解でどんな、メモを出すのか、文章の並びや、制約条件

  • ゴールを決めない料理はダメだ

    最近、反省していることがある。料理を作りすぎるのだ。原因はこうだ。忙しくて買い物に行く暇がないため、日用品を通販で買うことが増えた。だが生鮮食品はやはりスーパーに出かけたい。ネットスーパーでの注文も考えたが、結局は受け取るために在宅せねばならない。予定が

  • 流れるか流されるか、誰が選ぶのか

    最近、こんなタイトルの本を読んでいる。「あやうく一生懸命生きるところだった」既に読んだ方もあるかもしれない。何かのサイトで目に留まり、タイトルに惹かれて読むようになった。読んでみると、韓国の競争社会に疲れ、競争を止めてしまった筆者の経験がゆるりと語られ、

  • 合格しやすい人の共通点「ナス!!」

    「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、 成らぬは人の為さぬなりけり」誰もが知るこの諺だが、実際にこの精神でやり遂げる人は少ない。中小企業診断士試験でも1次が2割、さらにその先の2次がまた2割だ。この合格率を見ても思う。初めは誰もが、この精神で勉強を始めたに

  • 読めない理由、3つの「無い」

    事例問題を解くうえで多いご相談は、「読む力」についてだ。・設問文で何を聞いているかわからない・与件文を読んでも大事な点に気づかない・読むスピードが遅い・読むときの目のつけどころが人と違うようだ。などなど、長文問題である2次試験ではこの「読む」作業に苦戦す

  • ベテラン組から脱出するには

    今日は多年度生の対策についてお話ししたい。長年受験している方へ、今年こそ診断士の村へ脱出していただくための方法だ。次の観点ででお話ししたい。1.自分の本心の確認2.改善の対象3.学習の方法1.自分の本心の確認ご自身の心の中を、次の観点で探っていただきたい

  • 成長過程に応じた対策(直前猛ダッシュ期)

    今日は成長過程に応じた勉強法の最終日。5.超直前期に入り、もう点数など気にしていられない、  むしろできない点がやたら気になる段階についてだ。今日は、とても大切なことをお話しする。この時期の勉強法で、合否が簡単に分かれてしまうことがある。「あれほど勉強し

  • 成長過程に応じた対策(解答手順は出来たけど期)

    今日は、成長過程に応じた勉強法の4日目。4.MY解答手順が出来上がり、模試等に  トライするが、点数がばらつく段階についてお話しする。一般に、MY解答手順のたたき台が出来上がる時期は夏頃だ。どんな状態かというと、解答する流れや書くメモの書き方や場所が定ま

  • 成長過程に応じた対策(2年目停滞期)

    成長過程に応じた勉強法の今日は3日目。3.学習が進み、解き方には徐々に慣れるが  全く点数が伸びない、または初年度より下がる段階についてだ。初めにお話ししておきたいが、勉強すれば右肩上がりに実力が付くのは1次試験までだ。2次試験は全く違う。また一生懸命や

カテゴリー一覧
商用