searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

前北かおるさんのプロフィール

住所
八千代市
出身
島根県

初めての俳句(俳句の作り方)、1998年以降の句帳の清書、句集鑑賞、吟行記、旅行記、ゴルフ、小林研一郎、読売日響を中心にオーケストラ鑑賞記などなど。

ブログタイトル
俳諧師 前北かおる
ブログURL
http://maekitakaoru.blog100.fc2.com/
ブログ紹介文
「夏潮」所属の俳人。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。惜春の心ラフマニノフの歌
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2010/05/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、前北かおるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
前北かおるさん
ブログタイトル
俳諧師 前北かおる
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
俳諧師 前北かおる

前北かおるさんの新着記事

1件〜30件

  • 木犀

    木犀(もくせい)、金木犀(きんもくせい)、銀木犀(ぎんもくせい)...

  • マナゴルフクラブ。

     若君、姫君とゴルフに行ってきました。二人とも好調でした。ゴルフ場も今日はなかなか盛況でした。スコアは、49の47で96でした。前後半ともに、終盤に息切れしました。...

  • 八千代句会。

     オンラインで八千代句会がありました。  思ひ出の微醺のこゑや秋灯※今月4回目、今年87回目。...

  • アジサシの会。

     今日は、オンラインの句会がありました。ついでがあったので、千葉を吟行してきました。Zoomでしたが、本井先生の句評を聞けて良かったです。  風音の中に見つけし小げらかな※今月3回目、今年86回目。...

  • 「涼野海音の俳句部屋」。

     「涼野海音の俳句部屋」で、「夏潮」9月号から拙句「蛍草ひとりになれるところまで」をしてくださりました。ありがとうございました。http://suzunoumine.blog.fc2.com/blog-entry-476.html...

  • 「 千葉からはばたく新世代アート展 千葉の新進作家vol.2 100%ORANGE オレンジ・ジュース」。

     千葉県立美術館で開催中の「100%ORANGE オレンジ・ジュース」を観てきました。最初はプリントゴッコで作ったポストカードをフリマなどで売っていたそうで、それが今の作風につながっているそうです。絵本や雑誌の表紙、ポスター、パッケージのデザインなど、鮮やかな色合いとくっきりした線がとても印象的でした。...

  • 句帳の清書 2021年1月

     1月1日 ねうし俳句まつりカーテンの内に初日の熱たまり地に降れば少しひしやげて初雀 1月2日 ねうし俳句まつり薬玉が割れて続々初荷発つ星君は元応援部初荷式 1月2日 猪苗代(ねうし俳句まつり)また雪に変はり磐梯山隠れ風雪の野口英世のふるさとに 1月3日 猪苗代(ねうし俳句まつり)曲屋の版画一枚雪の宿ゲレンデに十分間の花火かな 1月5日 夏潮WEB句会初旅の後部座席のぬひぐるみ二日酔ひだんだん脱けて旅始 1月6...

  • 「一葦」第240号。

     「一葦」第240号を送っていただきました。ありがとうございました。同人作品から10句、紹介させていただきます。  聖路加に八重のどくだみひとところ  細谷喨々  川底に石の定まる芒種かな  中根美保  ざぶざぶと声にも出して紫蘇洗ふ  土屋いそみ  漱石のやうに食らひて草の餅  新井保  そのための藍の大皿初鰹  鈴木智子  糠床にくつきり残る茄子の紺  鈴木三枝子  松原の翳りやすさよ春の蟬  杉...

  • 『俳壇』10月号。

     『俳壇』10月号、「新・若手トップランナー」に取り上げていただきました。「蟬」10句とエッセイ「翡翠さん、自由士さん、伊東君」、そして松本てふこさんが「大胆に詠み、大胆に編む」という題で作家論を書いてくださりました。代表句として「若桜いつかももいろクローバー」、ほかにも多くの句を引いて褒めてくださっています。ありがとうございました。...

  • 訃報。

     椎名自由士さんが、9日にお亡くなりになったとうかがいました。「惜春」以来、同じ八千代在住というご縁で親しくさせていただきました。八千代句会にもずっとお付き合いくださり、お力をいただいておりました。ご冥福をお祈りします。自由士さん、ありがとうございました。...

  • 働き方改革吟行会。

     オンラインで働き方改革吟行会がありました。久々に向島百花園でのバーチャル吟行にも参加しました。  萩くぐる二人に道を譲りけり※今月2回目、今年85回目。...

  • 豊年

    豊年(ほうねん)、出来秋(できあき)、豊の秋(とよのあき)...

  • 調律。

     コロナでしばらく間があいてしまいましたが、久々にピアノの調律をしてもらいました。きれいに響くようになりました。...

  • 蛇(へび)、ながむし、くちなは(くちなわ)...

  • 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」。

     パナソニック汐留美術館の「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」を観てきました。パリ万博のフィンランド館やポポヨラ保険会社、ヴィトレスクの自邸など、フィンランド時代の建築がインテリアとともに紹介されています。自然との調和を意識したデザインに癒やされました。...

  • 「平木コレクションによる 前川千帆展」。

     昨日、千葉市美術館で開催中の「前川千帆展」を観てきました。冒頭、「ホトトギス」が何冊か展示されていて、小説「朝鮮」の挿絵も担当していたと知りました。見覚えのある作品でした。各地の温泉や山野の情景に取材した叙情的な作品が心に残りました。 また、子どもアトリエでは「飯川雄大|デコレータークラブ —0人もしくは1人以上の観客に向けて」というプロジェクトが行われていました。ハンドルをまわすよう案内され、目の...

  • 八千代句会。

     オンラインで八千代句会を行いました。  傘を打つ傘の留め紐そぞろ寒※今月1回目、今年84回目。...

  • 本井英主宰近詠鑑賞。「夏潮」2021年9月号

      氷室へと浅間の風のよぢれこみ 「氷室」が季題で夏。天然氷を並べて貯蔵しておく氷室ではなくて、いわゆる風穴のことと思われます。穴の奥から冷たい風の吹き出してくる風穴に、野菜などを貯蔵しているのでしょう。ただ涼しいのではなくて、穴の奥に隙間でもあるかのように風が吹いてくるのです。それを「よぢれこみ」と捉え、暗闇の先につながる浅間山の気配を感じています。屋外であればあり得ない風の動きを正確に描写する...

  • 臭木の花

    臭木の花(くさぎのはな)...

  • 蜘蛛

    蜘蛛(くも)...

  • 2021夏の大掃除。

     遅ればせながら、大掃除をしました。家じゅうのフィルター掃除と床のワックス掛けが完了しました。オンライン授業で家にいる若君、姫君も大活躍でした。...

  • DIC川村記念美術館。

     久々に川村記念美術館に行ってきました。「クリストとジャンヌ゠クロード―包む、覆う、積み上げる」という企画展が開かれていました。公共建築を包装するプロジェクトを手がけた夫妻で、今年パリの凱旋門を包むプロジェクトが実現するそうです。ニュースなどの映像で見てみたいと思います。...

  • 小林研一郎80歳(傘寿)記念&チャイコフスキー生誕180周年記念チャイコフスキー交響曲全曲チクルス。その4

     チャイコフスキーチクルスの最終回は、GALAプログラム。「エフゲニー・オネーギン」の「ポロネーズ」、弦楽セレナード、ヴァイオリン協奏曲、「1812年」の4曲が演奏されました。風格のある弦楽セレナード、締め括りにふさわしい「1812年」と素晴らしい一夜になりました。何となく自粛ムードの毎日にあって、祝祭の雰囲気に身を置くこと自体も大きな歓びでした。...

  • 「沖」9月号。

     「沖」9月号を送っていただきました。ありがとうございます。能村研三主宰、森岡正作副主宰の作品から1句ずつ紹介させていただきます。  堰口に鷺の漁り喜雨の中  能村研三  吾知らぬ焦土の匂ひ夾竹桃  森岡正作...

  • 働き方改革吟行会。

     オンラインで働き方改革吟行会がありました。  蔓葡萄アトリエといふ小商ひ※今月9回目、今年83回目。...

  • 狗尾草

    狗尾草(えのころぐさ=ゑのころぐさ)、ねこじやらし(ねこじゃらし)、ゑのこ草(えのこぐさ=ゑのこぐさ)...

  • 「春月」9月号。

     「春月」9月号をいただきました。ありがとうございます。戸恒東人主宰の「侃々集」から5句、紹介させていただきます。  淋しさのまだ錆つかず時鳥  桑の実の屑を掃き寄せ水子塚  黒百合やここより砂嘴の一直線  砂白き遠流の島や浜豌豆  朝市や剝かれし蝦蛄の殻に湯気...

  • 2021夏のゴルがつ。その2

     今日も元気にラウンドしました。思ったよりも晴れたのでかなり暑かったです。スコアは、50の57で107でした。...

  • 2021夏のゴルがつ。その1

     姫君のコースデビューのため、ホームコースにやって来ました。マラソンのようなゴルフですが、気分良く18ホール回ってもらえました。自分の球はその合間に打っていた感じですが、上がってみれば久々の90切りになりました。44、45の89、まさかのチップインバーディも飛び出しました。...

  • 大偶会。

     開催予定だった大偶会も、残念ながら通信句会になってしまいました。  蜻蛉や海に黄色い家借りて※今月8回目、今年82回目。...

カテゴリー一覧
商用