searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

キルワニさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
大阪府

今では毎日の通勤をはじめ、チームや仲間とのツーリングやレースを楽しんでいます。6年前にはろくに自転車にも乗れなかったのに、いまではレースで入賞も経験するようになり、最高の趣味として楽しんでいます。

ブログタイトル
家事のスキマにロードバイク!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mima1025-2005
ブログ紹介文
自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。 今時主婦の非日常的趣味。
更新頻度(1年)

333回 / 365日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2010/05/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、キルワニさんの読者になりませんか?

ハンドル名
キルワニさん
ブログタイトル
家事のスキマにロードバイク!
更新頻度
333回 / 365日(平均6.4回/週)
読者になる
家事のスキマにロードバイク!

キルワニさんの新着記事

1件〜30件

  • ツーブロック。

    坊主頭、いわゆる丸刈りの子供もほとんど見なくなった。たまに野球少年の坊主頭を見ると珍しいなぁと見てしまうほど。スポーツ刈りはもっと見ない。何で前だけ未練がましくちょっと伸ばすのか。パンチパーマ、たまにおばぁちゃんのパンチパーマも昔は居たけど最近はめっきり減ってしまって寂しい限りである。テクノカット、もみあげをつるりんと刈ってしまう。最初は誰かさんの失敗から始まったに違いない。そしてツーブロック、すっかり定着した。これを校則違反とする学校の意図は全くの謎である。ツーブロック。

  • 当社比絶好調。

    シューズ内事情を解放→お猿さん時代を忘れて足で掴もうとしない事つま先への距離が伸びたのでサドルを2mm下げる→なんちゅう部位か知らんが太ももの大きい筋肉を発動ペダルを交換→硬さを恐れるな、力を逃がさないぱちぱちぱち〜〜ひゅ〜どんどんどん絶好調!上りもシッティングでグイグイ踏めるのでグゥー!ま、あくまでワタクシゴトですので。そして今日の絶好調の理由4割弱を占めるのが「三つ編み」。ずっとUCIの女子レースを見てると、みんな三つ編み。ポーリンも、アネミクも、エイミーも、リジーも。とてもじゃないけどマネできることなんか微塵もないけど。憧れの選手のマネ、三つ編みぐらいならね。30km走って、累計254km。当社比絶好調。

  • 夢の話とか。

    夏目漱石の「夢十夜」なら1行で引き込まれる。そして2夜、3夜、と読み進んでいくうちに、本当にこんな夢を見たのだろうかと疑いだす。もちろんそんなわけでもなかろう。小説を書くのに、書き出しは思いついたが先の物語が進まない、そんな事も山ほどあるのではないか。そんなつまみ食いを夢の話としたのではないのかな。ここまでの作家・作品だと解釈も色々偉い人がしてるんでしょ。その中にはこんな評もあるのかもしれん、知らんけど。夢を言葉で綴るのはとても難しい。どう表せばいいのか、あの風景。物語の思いつき、ハギレを合わせた作品とはずるいとも言えるし、うまいとも言える。けれど、結局のところはセンスと才能なのです。私だって夢は見る。道に迷う夢、いつも見る風景がある。古い家にはいくつも部屋があって、そっと家人の横をすり抜けて裏から道へと出ると...夢の話とか。

  • 魅力ペンがありません。

    ぺんてるの筆touchサインペンがマイブーム。いろんな色があって、様子見で2セット購入。面白かったので、他の色も欲しくなって購入時のことを思い返す。近所のTSUTAYAで買った。確かその時に他の色はなかった。入荷したかな?とずっと気になっていたので行って見た。どうやら力んで売る気もないらしく色がけしたまんまのみすぼらしい売り場。他のペンは満々にあるのにな。お目当のペンも本も見つからないのにセーターやらスカートを置きだした。雑貨コーナーに服まで起き出したぞ。元々はレンタルビデオ屋さんだったことを思い出しながら店を後にした。もう当分行かない。31km走って、累計201km。魅力ペンがありません。

  • 作品紹介。

    芸術の秋です。絵を飾りましょう。インテリアに変化を与える効果絶大。アートのある生活でワンランクアップ。A4サイズをB4サイズで額装。色違いのお着替えバージョンあります。15000円。その他、いろいろはこちら。よろしくお願いします。24km走って、累計170km。作品紹介。

  • 準備の草刈り?

    通勤ルート途中の河川敷で草刈りしてました。見慣れぬ風景。稲刈り後の田んぼみたい。要所要所に買った草をこんもりと盛る。きっちりとした感覚で盛られる草。これは!GPS搭載の自動運転ロボ草刈り機に寄る仕事。計算され尽くした仕事っぷり、碁盤の目のように並べられた草の山。と、思いながら自転車を止めて、落ち着いて見渡してみた。いやちゃうなぁ、これは。明らか人の手による技でした。ものすごくきれいやったけど。シクロ用の準備かな?23km走って、累計146km。準備の草刈り?

  • White→Black

    色々延期されたり心配されたりしたけど、今年の自転車レースが面白い。リエージュ・バストーニュ・リエージュが面白すぎて、ラスト20kmは3回も見てもた。解説の飯島さんは「役者は揃った」と言い、実況の谷口さんは「勝負は下駄を履くまで分からない」と言った。何でしょう、この昭和感。10年以上使っていたペダルを新調いたしました〜。最初は硬くて入らず焦ったけど、すぐにそのカッチリ感が快感となり慣れた。今まで使っていたのがいかにユルユルだったか実感した。手で靴を持ってペダルに押し付けても絶対入らない、けど足で蹴る力は強いので入る。カチッパンチより、キックの方が痛いできっと。24km走って、累計123km。White→Black

  • ラヴラボwww。

    ついにこの時がやってきた。13年使った10速を11速にする時が。時代がどうであれ、使い慣れてなんの支障もないものを今まで交換せずにきたことは自然なことだった。それを交換するとなると気に入って使ってきた2本のホイールはどうなる?エリートの方のフリーボディはMavicがこの日を予言していたのか1.85mmのスペーサーを抜くだけで対応可能。問題はEASTON。11速用のフリーが廃盤。ダダァーン。頼みの綱でたどり着いたのはNラボ。キル兄ぃが随分前に縁があったとのこと、ブログも難しいけど魅力的なのでちょくちょく読んでいた。こんなオタク気質で若いのに職人肌、魅力ムンムンである。ただ、よほどこちら側にも知識がないと敷居が高いかなと思っていた。そして初対面。さすがに実際目の当たりにするNラボさんは想像を上回る痛快さであった。そ...ラヴラボwww。

  • わ、分かれてる。

    クリートカバーに季節を感じる。寒さによるプラスチックの硬化。硬くてなかなか入らないですよ。こんな季節が来ると、カバーは背中のポッケでぬくぬくにして通勤するです。横尾忠則氏を虜にした三叉路。三叉路を見つけては描きまくっていた。そんな三叉路の魅力って何だろう。私は三叉路がちょっと怖い。前にも書いたことがあったと思うが、方向音痴にとって魔物が潜んでいる気がするからだ。三叉路、行きは道なりに前だけ向いて進むので、もう一本の道に気づかない。ところが帰りには二つに道が分かれている。こわい。迷う。23km走って、累計99km。わ、分かれてる。

  • まいなす1時間。

    1時間だけ早退をして有給休暇を埋めていく。気持ちが良いので久しぶりの遠回り。ジテ通してるとみんなが「いい季節になりましたね」と言う。はい、おかげさまで。変な返しだなぁヲイ、と言うお叱りの言葉も無く。鈴鹿前によく必死で走った道を走る。必死とは言わないが、のんびりでもないペース。長いストレートをじわっと上る。時速20km切らないようにと目標にしている建物の前を16.7km/hで通過しながらちょっと舌をだす。トラックとの並走を避けて走りやすいルートを走る。風は涼しく、空は青く、木々は神妙だった。28km走って、累計76km。まいなす1時間。

  • パラパラザーザーUターン。

    向こうの方の空が真っ暗やからきっと降るで。もし降って来たらもどっておいで、と。そう言われながらも準備万端過ぎたので自転車で出発。走り出した時はなんとか保ってくれそうだと思った。ところが直線から右折左折して車道に出たとたんにパラリと来た。いやいやそれでもすぐに止むさと、もうひとこぎ。ところがザザーまでがほんの数秒。やっぱりこらあかんと引き返す。どうせ後に雨雲がもうひとつひかえている。今日のところはおとなしく退散降参太田胃散。1km走って引き返し、結局車で送ってもらった。変な月曜日、週の始まりから蹴つまずいた感じぃ。せめて写真だけでも晴れの日のを貼っておこう。2km走って、累計48km。パラパラザーザーUターン。

  • レース観戦と制作の日曜日。

    午前中はJプロツアーin大分をスマホで鑑賞、応援。最後はホセがメイン集団を待ちながらの逃げ3人かと思っていた。後ろを振り向き、気にしながらの走りだったが、後がなかなか来ないのでゴールスプリント。後からかけて来たアベタカ選手はさすがにいっぱいいっぱいだったのか、優勝はホセ。その様子を一生懸命日本語で監督に報告するシーンも見られた。午後はモータースポーツをJsportで観戦。SuperGTはやっぱり面白い。近藤監督はジャニーズのマッチのではない世界で頭取ってます。一方、少年隊は名前は残すが活動は休止というややこしい感じになってます。そんなステイホームな日曜日。作品の方も少し進みました。レース観戦と制作の日曜日。

  • 通勤という意味では頑張ってます。

    通勤帰りにいつものサイクルライン。ちょっと降りて見て写真を撮った。後ろからロードバイク。「キルワニさん」と声をかけていただく。もう、こんな風に声をかけていただくのも珍しくなった。「相変わらず頑張ってるんですね」と言われても申し訳ないこってす。「いえいえ、頑張ってないんですよ、通勤と時々40〜50km程度で。」なーんて。嘘ばっかりー、もう長いこと50kmも走ってへんやんかー、若干盛ってもたーごめんて。色々懐かしいお名前も聞き、自転車の最近のメカのお話も伺った。そうかー、今のリアディレイラーってこんな形なのか。ビッグプーリーだと?ふむふむ・・・・ウィウィン・・カチッ・・あ、電動STIや・・・え?何速?11速、ですよねー。随分と浦島太郎な私。できたら乙姫になりたい。もう、最後に鈴鹿で会って10年ぶり?にもなってないか...通勤という意味では頑張ってます。

  • デントーブンカOTSUKIMI。

    その昔、外国人から住吉大社の観月祭というのをガイドブック越しに教えてもらったことがあった。オツキミ?最初は何言ってるのか全然わからんかったが、ガイドブックの写真を見てなるほどと。いかにも欧米の人たちが興味を持ちそうな写真。日本人の私にとっても魅力的ではある。文化を守るという事は人が見に来ても来なくても催事(祭り事)をし続けるという事。生活の様式が変わり、習慣が変わり、いつの間にか面倒になってやめてしまった事はないだろうか。おせち料理、年賀状、〇〇式、みたいなことも。大層な日本文化は歌舞伎や狂言、専門家に任せた。と、思ってたけどWithコロナで劇場なんて守っていけるのかな。来ても来なくても守り続けることって難しいよね。奈良の鹿は外国人の観光客が激減したせいかせんべいもらえなくってガリガリになったらしい。こうして、...デントーブンカOTSUKIMI。

  • 一日中cycle road race 観戦。

    昨日からやってきた胃痛がだんだん腸へ移行。時々襲って来る胃腸炎。1日ゆっくりしたら治るのもいつものこと。今日は予約も入ってないので、自宅待機という休みをとる。何もする気もしないし、もしもに備えて携帯がなったらすぐに対応できる体制で。そうだ、保留していたレースを見よう。Youの動画サイトでUCIが公式にあげてるサイクルロードレース女子世界選手権だ。おかげでじっくり拝見した。後半までちょっと出ては潰される展開。143kmを世界各国から選ばれた選手たち145人で走る。普段のレースとは違ってオリンピック的ね。個人戦だけどさすがにオランダやイタリアは「私たちの国にメダルを持ってかえりましょう!」という結束が強く感じられる。なのに、男子は新城選手、女子は与那嶺選手、日本からはどちらもひとりぼっちの寂しいレースだ。それでもど...一日中cycleroadrace観戦。

  • エモいマスク、ダサいマスク。

    まさかこんなにマスク率の高い時代が来るとは。花粉症でマスクする人が多い時にでもヨーロピアンの皆様は「何事だ?!」と思ってたらしい。それぐらい、マスクって「伝染病?」という緊迫感があったんだと思う。まさに感染症がこの事態を引き起こしたのだ。そして、マスクが売り切れ、手作りマスクで急場をしのいだ。やがて急場しのぎがファッションとなった。今では流通も元どおり、薬局やスーパーで普通に買えるマスク。モータースポーツやサイクルスポーツを見ていると、インタビューの時に選手たちがマスクをつける。スポンサーがきっちりと作り込んだデザイン性のお高いマスクをつける選手たち。F1ドライバーのキャップのつばの上部分、ウエアの胸の部分の広告効果が一番高い。マスクなんてなおさらの一等地だ。なのに医療用サージカルマスクをしている選手もいた。あ...エモいマスク、ダサいマスク。

  • レイヤーの季節。

    ほらほら始まった。重ね着ってやつ。サイクルジャージでいうと、ウインドブレーカー着るまでもなくベスト。レーパンにニーウォマー、またはニッカー。普段着でこういう中途半端な着方はいいけどビミョー。今が一番人それぞれの体感温度。これが真冬だと誰でも寒い。真夏だと誰でも暑い。ここしばらくは「クーラーいります?」さぶっ。とか一時的にうちわバタバタ、こみ上げる暑さが治ったら大丈夫。とかいやぁ、動いたら暑い。じっとしてたら足元冷える。などああややこしい。このややこしさを味わおう。だってほんの短期間なのだから。23km走って、213km。レイヤーの季節。

  • 今日という日曜日。

    ピッツァ食べに行って、帰ってワイン飲んで、半沢直樹観ながらのWorldchampionshipっすよー。忙しいがなこれー。新城選手はほんますごいなー。こんなすごい日本人の活躍をなんで地デジでせーへんのかな。こうして日本人が世界の大舞台で活躍している→報道する→国民が認識する→国民の若い世代の何割かが興味をもつ→野球、ゴルフ、サッカー、サイクルレース、→日本でも自転車競技盛り上がる→自転車が走りやすく道路整備→自転車乗りやすくなる→やったー!頼むわ、ほんまー今日という日曜日。

  • 額縁を含む。

    額縁も含めて作品だ。だから、という作品。作品自体は引き算で。シリーズでお気に入り。額縁を含む。

  • そ〜っと聞いてはりますねん。

    スマホなしの生活はもはや考えにくい。ずっとそばにいてくれる、なんでも教えてくれる。なんでも聞いている。よね?聞いてる?よね?ぞわぞわスマホをテーブルに置いている。誰かと会話している。すると突然「聞き取れませんでした」みたいなこと言うよね、スマホが。SiriとかGoogleに何か聞こうとして話しかけると「認識できませんでした」だったかなぁ。あるでしょ?そーゆー機能が。それならわかるけど、突然ですよ。積極的に向こうからだよ。いやいや、なんも聞いてへんやんか、ってなるわけですよ。話しかけてないのに「何?いま、よく聞こえなかったけど」的な。いやいやいや怖い怖い怖い。完全に意思を持って、我々の会話に参加しようとしてんじゃねーのか、これは。GPSの枠を超えてきたでコレー。訪れた場所を「〇〇はいかがでしたか?」って聞いてくる...そ〜っと聞いてはりますねん。

  • エンターテイメント。

    コロナのビフォーアフターとはよく言われるところ。エンターテイメントのあり方だってそうでしょうね。何事も無観客ってどう?というところで、WWEさすがお国柄ですね。一瞬、観客蜜蜜やんって思ってしまいました。けど、どうやってる?これって。モニターが本当に隙間なしに置かれてるのだろうか?なんかコレも含めてアート。エンターテイメント。

  • 妖怪大戦争。

    今度は寺田心くんがやるそうですね。次男がまだ子供だった頃に神木隆之介くんのを見に言ったなぁ。あれから15年だそうで。しかし実はもっと昔々映画館で見てたのよね。調べて見ると1968年だったわ。なんとなく「時代劇だったような・・・」という印象と、油すまし妖怪の風貌がすっかり気に入ってしまったという記憶がある。1968年・・・生まれてませんわーっていう人たちと明日も一緒に働くのだ。なんなら指示をもらったりなんかしながら、です。※スマホのお絵かきアプリで描きました。慣れると楽しいと思うのです。妖怪大戦争。

  • 秋連休4/4。

    連休も4日あると、1日は本当の意味での休息にあてられる。よって、今日は動かない日だった。だから昨日を振り返ろう。突然やってきた長男家族。敬老の日?ピンとこないんだなコレが。自分たちに「敬老」という言葉が。ああ、そうか、私たちってジジババだもんね。孫が書いてくれたメッセージと長男夫婦からのプレゼント。ありがたいね。思えばどつき倒して育てた不良息子がこんな事してくれるなんて。そして長男押しの男梅チューハイ。秋連休4/4。

  • 秋連休3/4。

    この4連休はお天気が良くて何より。というわけでターーーーッと走ります。サイクルラインを気持ちよく往復。イネ科の草がいくら大掛かりに刈ってもらってもすぐにワサワサしてくるのが困ったもんだ。サイクリストもお散歩の人も大勢いるので、気をつけながらゆっくり。長年、ポジションは変えた事ない。どこにも痛みもないし、これ以上スピードを求めない限りは動かすことがないので。強いて言えばサドルを変えた時に多少は変わったかも。それを2mm下げたのです。靴の中で足の指が何かを掴むかのように丸める癖がある。これはその昔お猿さんだった人類の癖なのか?そのせいで靴のサイズには余裕があるのにある程度の距離を乗ると靴の中で足がこむら返り起こしたり、巻き爪になったりするように思うので、そうならないように意識する。靴先までちゃんと指を伸ばしてペダリ...秋連休3/4。

  • 秋連休2/4。

    個人TTで差がついたかー。これまでギャンギャンに頑張ってきたからそら疲れてるよねー。てか、チームのアシスト力とか関係なく個人TTでやられたらしゃあないって感あるよね。でもここまできたらログリッチの最高の笑顔が見たかったな。明日で22歳。まだまだ先あるんやん。そういう意味ではリッチー・ポートの3位は良かった。サガンもあの柵ギリギリのこじ開けで明暗が分かれたか。審判が下ったことはしょうがないけど、スプリントってああゆうもんだよね。やられたファン・アールトの方も自信なさげに「もし接触してなくても負けてたさ」的なこと言ってたところ見ると正直そうなんだろね。何はともあれツール・ド・フランス2020は無事開催され無事終了したのだ。そしてル・マンも無観客とは言え行われた。レッドゾーンの地域を跨ぎながら大変だっただろうな。それ...秋連休2/4。

  • 秋連休1/4。

    朝からぬるりと家事をして、軽く走りに言った。軽くと言っても、心肺機能にかなりの刺激を与え、息も絶え絶えになるのだった。今日は土曜日。1年の産休を経て職場復帰したお嫁ちゃんは土曜日も仕事。今日は休みだった息子が可愛い孫2号を連れてやってきた。孫を寝かしつけるのは難しいが、楽に寝てしまう息子。束の間の休息の間に孫2号とハッピーな時間を過ごす。躾けてもらっていろんな事を覚えていく。それが楽しくて楽しくて。数時間、泣き出すこともなく「またね」と手を振った。30km走って、累計149km。秋連休1/4。

  • 監督サイコー!

    今夜のjsportsツールの解説はついに我らが安原監督がゲストでしたね。twitter見てると、すごいあれようで面白かった。ここまで両極端に「サイコー」と「受け入れられない」に評が分かれる人って珍しい。そういえば、昔サイスポの編集長と偶然呑みの場でご一緒させていただいた時のことを思い出した。その頃上阪たっくんが連載を書かれていた。やっぱり評価が両極端だったそうだ。けれど、それこそが人気だと。「大嫌い」という票にこそ魅力があるんだと。雑誌の編集長は「どうでもいい、どっちでもいい」なんてページは要らないとおっしゃった。人間の魅力ってこういう事なんだなぁ。レース中ばからは、悪評は、副音声に流れ、後半はデイスりツイートもほぼなくなった。ま、twitterってそういう文化あるもんね。ネガティブだから面白い面もあるし。レー...監督サイコー!

  • スイッツランドよぉ〜♪

    ツールで大活躍のヒルシが涙目で言ってたよ。10歳からずっと自転車に乗ってこの日を夢見ていたと。3度目の敢闘賞を獲得したヒルシはスイス人。なんてピュアなんだ。そういえば昔、スイス人の友人が言ってた。スイスってものすごく退屈な国で、若者にとっては本当につまらない国だと。そしてその子の母親が言ってた。クオリティの高いものはある。いやそれしかない。そして何もかもがとても高価であると。誇り高き退屈な国スイス。いや知らんけど。どこもかしこも絵葉書の世界、美しい国じゃないか。その通り。そして店はみんな夜は開いてないよ、と。先日うちの近所にオープンした大型スーパーは24時間開いてる。こんな田舎で24時間開ける意味って?近くに24時間働いている企業や工場があるのか??畑に挟まれて夜は真っ暗だけどねぇ。持ってないものに憧れる。世の...スイッツランドよぉ〜♪

  • 久々の有給休暇。

    2月から有給休暇を取れてなかった。久しぶりに休暇を取った。どうか、突然ろうあ者の患者さんが来られませんようにと上司に呪文をかけたら困ったように笑われた。友人のお墓参りに行った。コロナのbeforeafter、いろんな事が様変わり。集中するような大きなお寺だと、お盆やお彼岸を少しずらしてという習慣も根付くかもしれない。そして未来を背負った若者たちの青春への打撃の大きさを話題にしながら帰った。ツールは今日もハードワーク。恐ろしい山だった。大佐のバースデーというプレッシャーが半端なかった。ロペスあっぱれ、初のツール勝利がこんな日になるとは。一生分褒めてもらえそうだね。そしてログリッチ、よくもゴール前の18%の激坂であれだけ踏めるもんだね。ポガチャルもあわや追いつくかと思った。ぺんてるの筆touchペンと、ゼブラのSA...久々の有給休暇。

  • オス!!

    人気者ダニエル・オスよく頑張ったぁ〜!Rock!もの凄いハードワークをやってのけ、チームのケムナくんを勝たせた。ツールの山岳を見てると、斜度と今彼らが回してるスピードに唖然とする。同じヒトのなせる技とは思えない。そして、ここまで150kmとか走ってるというクレイジーさ。23km走って、累計119km。わー、救急やぁ〜パープー※写真:おぎやはぎイチオシのおつまみ、麻ピー。オス!!

カテゴリー一覧
商用