searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Akatsukiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Akatsuki庵〜茶道あれこれ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/akatsukian
ブログ紹介文
茶道を通じて、稽古や読書、美術館めぐりを楽しんでます。
更新頻度(1年)

386回 / 365日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2010/03/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Akatsukiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Akatsukiさん
ブログタイトル
Akatsuki庵〜茶道あれこれ
更新頻度
386回 / 365日(平均7.4回/週)
読者になる
Akatsuki庵〜茶道あれこれ

Akatsukiさんの新着記事

1件〜30件

  • 旅は道連れ?京都旅 その2~福知山城

    前回からの続き~2泊3日の旅の中日(なかび)。お宿は連泊で予約した。なので、2日目も身軽に移動。4時台ごそごそ起き出して、5時にフロントで連れと合流。連れはこの日帰るのでチェックアウト。その際にGoToトラベルキャンペーンを書類を受け取っていた。(前日、フロント前に目立たなく張り紙があったのを目ざとく見つけて「これ、どうやったら使えるんですか?」と質問。逆にスタッフ側が「まさか、気がつかれるとは!」という感じでしどろもどろ~←準備不足~)ワタシ一人じゃ、絶対にする―した張り紙。違う視点って、大事だなぁ。京都駅へ向かう。0番線の山陰本線ホームへ。5:31発の始発列車に乗り、園部で乗り継いで7:25に福知山に到着。本来ならば、駅前の喫茶店が開いているはず。。。が、コロナの影響か閉まっていた。で、とりあえず福知山城の...旅は道連れ?京都旅その2~福知山城

  • 旅は道連れ?京都旅 その1~初日は大阪へ

    毎夏恒例の青春18きっぷ旅。今年はコロナ禍で少し様子も違ってる。まずは関西へ向かった。今回は途中から連れが同行するという“道連れ”旅。いつものとおり、始発の乗り継ぎを利用。6:21小田原着、ホーム向い側の熱海行きへ6:22小田原発、6:45熱海着いつもとホームが違う!(従来なら浜松行が停車しているホームから東京方面のホームへと移動。おかげで乗る車両も迷った)6:49熱海発。利用したのは7月25日(土)連休の後半だったが、土曜日ということで高校の授業はあったようで、高校生が乗っていたし、静岡までは通勤客で混んでいた。(とはいっても、静岡までは爆睡)9:18浜松着ホーム向い側に停車中の豊橋行に乗り換え。9:23浜松発(青春18利用客が少ないなと感じた)9:57豊橋着。なんと、乗り継ぎの電車が同じホームだった。そのた...旅は道連れ?京都旅その1~初日は大阪へ

  • 楽美術館のバックナンバーリスト

    ★楽美術館バックナンバーリスト2020年7月『樂歴代用の美−作陶の広がり−』2020年1月『ことのはの宴』2019年8月『樂歴代魂を映じてMirrorsintotheSoul-RakuTeaBowlsthroughtheAges-』2019年7月『樂焼って何だろう?茶碗肌ぬくもり』2019年3月『富士をみる』2019年1月『変わる−時代・元号・歳・代−』2018年10月開館40周年秋季特別展『光悦考』2018年5月『開館40周年記念特別展能と樂茶碗幽玄と侘び?形の奥にある美意識』2018年1月『開館40周年樂美術館新春セレクション』2017年11月『名碗ロシアを旅した樂樂美術館版エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展』2017年7月『楽って何だろう』2017年4月『茶碗の結ぶ「縁」』2017年1月『茶のために生...楽美術館のバックナンバーリスト

  • 樂歴代 用の美

    ★楽美術館サイト特別展『樂歴代用の美−作陶の広がり−』※9月6日(日)まで(16:00閉館)新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の関係で都内と同じタイミングで休館に入り、再開も6月第2週になったため、前回の京都訪問時は行けなかった。インスタグラムで館内の展示写真は公開されていたので、どういうものが出ているのかは予めわかっていたけれど、やっぱり、美術館で鑑賞しないと感動はしないなぁ、と今回改めて思った。楽焼といえば、まず楽茶碗が思い浮かぶし、「楽=茶碗」のイメージはどうしても強くなる。しかし、今回は敢えて茶碗以外の作品をテーマにした展覧会。第一展示室が茶碗ではなく、お皿(向付用の皿)や鉢が並んでいるのって、初めて見た。印象に残ったのは、一入の魴鮄(魚へんに方・魚へんに弗、ホウボウ)皿。マンボウみたいに丸い魚の皿。...樂歴代用の美

  • 茶の湯の器と書画

    ☆中之島香雪美術館サイト企画展『茶の湯の器と書画―香雪美術館所蔵優品選』※8月30日(日)まで香雪美術館には何度も訪れているので、どれも懐かしいものだけど、フツーに鑑賞できるのが楽しいと感じられる。瀬戸の小川手茶入銘「ふる郷」は不昧公所持。銘は続古今集の和歌に因む。図録で画像を見直すと、なんか素朴なところが不昧好みっぽくて、いいなぁと思った。インパクトは同じく瀬戸の利休〆切の方がある。肩が段状になっていて、小さいけどフォルムが南蛮ぽい。吉州窯の梅花天目は最近、他の展覧会で見たような。ハイソな雰囲気が好き。長束割高台は久しぶりに見た。大胆なところがいい。長次郎の黒楽「古狐」はいかにも長次郎~という感じ。今回、「ん?」と思ったのが高取の白釉緑釉流茶碗「巌苔」。確かに見た目は銘の通りなんだけど、なんか高取らしくない。...茶の湯の器と書画

  • 大暑 末候 大雨時行

    三十六候大暑(たいしょ)末侯大雨時行(たいうときどきふる)8月2日~8月6日日の出は4:51日没は18:44昨日、関東地方がやっと梅雨明けした。8月に入っての梅雨明けなんて、なんと遅いこと!そして、今年の7月は梅雨の中休みもなく、ずっと毎日、お天気が悪くて、しとしと降っていた。おかげで野菜の生育も悪く、お高くって。雲間からだけど、久しぶりに青空が見えて嬉しい。お布団が干せるのも久しぶり。今日は休日だけど、掃除に買い物にと家事の予定が盛りだくさん。そうだ、図書館にも予約した本を受け取りに行かなくちゃ。大暑末候大雨時行

  • 旅行と新型コロナと3密

    昨日、都内の新型コロナ新規感染者が400人を超えた。ずっと感染者がゼロだった岩手県にも、3日前についに感染者が出た。重症患者の数もじわじわ増えているという。そんな中、先週の土曜日から昨日までの7日間中5日間を青春18きっぷに乗っていた。例年なら夏休み真っ最中、若者たちで電車内は混雑する時期である。が、今年は様子が違っていた。若者の数が極端に少ない。代わりに朝の通学時間帯に高校生たちの集団に遭遇。3月~5月の休校の余波で高校も大学も7月中は夏休みに入れなかったのだ。そして、定年後ライフを楽しむシニア世代も見かけない。なので、3密をモノの見事に回避した旅行ができた。ちょっと複雑。地方行政のトップが軒並み外出自粛を暗に示唆する中で国政はGoToトラベルキャンペーンを展開中だから、5月6月のような後ろめたさはなかったも...旅行と新型コロナと3密

  • 常磐線

    JR常磐線は3.11以来、長らく不通区間があり、この春にやっと全線復旧を果たした。4月に乗る計画が新型コロナで頓挫。やっと乗りに来る事ができた。地震、津波、原発事故に翻弄された場所。常磐線

  • 七夕飾り、国からのメッセージは?

    初めて仙台の七夕飾りを見る。七夕祭りはたぶん中止してると思うけど。新型コロナの新規感染者が昨日から全国で1200人台に突入。で、気がつく。最近、首相の記者会見ないなぁ。だからかな、危機感に乏しいのは。大変な状況になっているのに、国のトップがメッセージを出さないのは何故だろう。七夕飾りに思う。早く終息してほしい。もう天に祈るしかないのか。七夕飾り、国からのメッセージは?

  • 祇園祭

    『祇園祭り京都の夏を彩る祭礼』京都文化博物館※7月26日(日)会期終了この夏、京都では夏の風物詩である祇園祭がなかった。「なかった」というのは語弊がある。正確には限りなく必要最低限の規模で行われた。従来のハイライトである山鉾巡行はもちろんなし。山も鉾も立たなかった。その代わり?本来ならば山や鉾を彩る裂地や部品を集めた展覧会が催された。たまたま京都旅行とタイミングがあったので、訪れた。重要有形民俗文化財の前懸、天神山のは舶来品のようだ。分けて切って、山の形に合うように張り合わせたり、複数の山で使われていたり、「いいものを無駄なく利用する」京都人の始末の精神がよくわかる。金具の細工も素晴らしい。ただ、どこに使われたのかが、ちょっとわからない。(^^;幕末の蛤御門の変で京都市中が燃えてしまって、失われたものも多かった...祇園祭

  • 蓮の花

    昨夏、7月第4日曜に台風の来襲で諦めた法金剛院。今年は同じ時期に予約して訪問。蓮の花が美しい。蓮の花

  • 大暑 次侯 土潤溽暑

    三十五候大暑(たいしょ)次侯土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)7月27日~8月1日候の意味「土が潤って蒸し暑くなる」日の出は4:46日没は18:49京都のカプセルホテルにて。4連休だったのに、連休明けにかけて宿泊した女性客は私1人。3密の懸念なし。くしゃみもしても、1人。大暑次侯土潤溽暑

  • 福知山城

    福知山城を行ってきた。福知山城

  • USBメモリかクラウドか

    この年齢になると、新しいことについていくのがシンドイなと思うことがある。でも、好奇心?は同年代よりは旺盛なのか、はたまた「便利なら使おうではないか」と合理主義な考えもあるので、なんとか世の中の流れについていこうと頑張ってマス。2~3年前からクラウドサービスには気になっていた。しかし、大事なデータを仮想空間に置いといて盗まれちゃったら、、、という懸念があって、USBメモリないしスマホをUSBケーブルでつなぐことによってデータを受け渡ししていた。しかし、昨今のドラマで「USBメモリなんて、アナログな媒体」とか「クラウドにあげちゃったら、パソコンとも共有できるから~」等々今更、USBメモリなんて使ってんじゃねぇよ、的なセリフが跋扈しているとさすがに気になる。(TBSは意識的にこういうセリフを言わせてるのか?)そういえ...USBメモリかクラウドか

  • 東京五輪

    2020年7月24日。6年前だったか、7年前だったか。とある早朝、生中継で「Tokyo」が発表される瞬間を視て、Wao!って声をあげた。本来なら、きょう東京でオリンピックが開幕するはずだった。なんかね、「あぁ、そんな話もありましたっけ」と昔を懐かしむような目になってしまう。昨日、二度目のオリンピック1年前のセレモニーがあったらしいけど、来年の7月23日、予定通りにいくのかなぁ。東京五輪

  • 冬木小袖

    世間では今日から4連休。ふと、遠い目。「そういえば、本来だったら東京オリンピックが開催になるはずだった。そのための4連休だったのに」まぁ、私自身は今日からの連休ではないので、今日が祝日だということすら忘れていた。先日、トーハクで募金してもらった折り紙。尾形光琳デザインの冬木小袖修復の募金だったっけ。複製したお着物も素敵。今着ていても違和感なし~もっとも、会場ではもう一つの派手方の着物に見入ってしまい、冬木小袖の実物の印象がめっちゃ薄い。(後悔しても遅い)で、折り紙やってみた。不器用な私にしては、そこそこちゃんと折れた。左はメモ。(グッズ)本日の都内の新型コロナウイルス感染者数が300人超えたってさ。予想していただけに驚かないけど、どーせいっ!ちゅーねん。冬木小袖

  • 大暑 初候 桐始花結

    三十四候大暑(たいしょ)7月22日~8月6日初侯桐始花結(きりはじめてはなむすぶ)7月22日~7月26日節句の意味「最も暑い真夏のころ」候の意味「桐の実がなりはじめる」日の出は4:43日没は18:53大暑初候桐始花結

  • 大暑 初候 桐始花結

    三十四候大暑(たいしょ)7月22日~8月6日初侯桐始花結(きりはじめてはなむすぶ)7月22日~7月26日節句の意味「最も暑い真夏のころ」候の意味「桐の実がなりはじめる」日の出は4:43日没は18:53自宅近所でやっと見つけたツバメの巣。おそらく今季2度目の子育て。それももうかなり育っていて、来週には巣立ちそうな、元気な雛たちだった。梅雨がまだ明けないうちに大暑になってしまった。めちゃ暑いと感じることもなく、むちゃ蒸し暑いとも思うこともなくなんとなくエアコンを使っている。今月はお天気がよくない日が続いているからねぇ。気になるのはGoToトラベルキャンペーン。つい、GoToトラブルキャンペーンだと口走ってしまう。お上からして見切り発車なのに、それを見越して予約しちゃう客もどうか。見切りでイチかバチかでの予約だったか...大暑初候桐始花結

  • トーハク

    久しぶりのトーハク。本館もプチリニューアルされてた。トーハク

  • 和服って、すばらしい

    ★東京国立博物館サイト特別展『きものKIMONO』※8月23日(日)まで事前予約制(日時指定券)トーハクの「きもの」展に行った。鎌倉時代から現代に至るまで、和服の形やデザインの変遷がよくわかる展覧会。ま、正直なところ鎌倉時代は最初の1点のみで着物って感じじゃなかったし、安土桃山時代も屏風などに描かれた絵画から当時の風俗を紹介したりといろいろと苦しい(?)トコもあった。でも、織田信長が羽織っていたかもしれない陣羽織は感動したなぁ。(どこぞの家臣に下賜されて、そこか江戸時代まで続く大名家として存続したから、今に遺ったという貴重さ。最初は女性の着物。やはり、江戸時代に入ってからがよく遺っている。トーハクの本館でも常設展で着物はよく見かけるけど、衣紋かけにかけて広げた背中側からしか拝見できない。尾形光琳デザインの振袖が...和服って、すばらしい

  • 梅雨明けはまだか?

    今月は晴れた日が少ない。18日連続?らしい。たしか1週間前は朝まで雨が降っていて、日中は晴れた。今日もそんな感じかなぁ。まさか青空が拝めると思っていなかったから、昨夜の洗濯物は乾燥機にかけてしまった。新型コロナウイルスの感染者があっちこっちも増えているから、少し外出も控えよう。(でも、食料品の買い出しには行かなきゃ)そんなことを考えながら、午前中は仕事?もどき?(要するに仕事に関係するけど、一銭にもならない。自己満足?いや自己啓発的な?トレーニング)GoToトラベルキャンペーンは夏休みの旅行にどう生かせるのか、そもそも夏休みの計画をどう立てるか。今日は思案のしどころ。それにしても、梅雨はいつ明けるのかなぁ。梅雨明けしないと何事も始まらない。梅雨明けはまだか?

  • パブリック 図書館の奇跡

    6月末に再開した茶道の稽古が7月はまた中止になった。新型コロナの新規感染者数が増えてしまったから。そういうことで、今日は稽古のために空けていた時間を利用して映画を観に行った。観たのは『パブリック図書館の奇跡』。ちょうど1年前、『ニューヨーク公共図書館』を観に行った。長かったなぁ。あれが図書館の表側?光のあたる部分だとしたら、こちらは裏側?影の部分?てか、公共図書館ならではの公共性がもたらす問題とも言える。確かに、私も近所の公共図書館に出かけた際は必ずめにするけど、目をそらしていた部分だ。そんな部分にズパッと正面から切り込んだ内容にビックリした。アメリカららしい、というか。コメディに見えて、コメディじゃない。折しも感染症が猛威をふるう今の世の中。近所の図書館は閉じてしまった。彼らはどうしたのだろう。ちょうどいい季...パブリック図書館の奇跡

  • 小暑 末候 鷹乃学習

    三十三候小暑(しょうしょ)末侯鷹乃学習(たかわざをならう)7月17日~7月21日候の意味「鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える」日の出4:39日没18:56コロナの感染者が倍増の勢い。再開した茶道の稽古もまた中止。GoToトラベルキャンペーン、予約受付がもう始まってる。藤井新棋聖が誕生。世の中の目まぐるしい動きにふらふら。今日はGW頃に着ていた服装がいいんだって。梅雨明けが遅れるそうだ。小暑末候鷹乃学習

  • 三井家の名品、茶陶に注目~

    ☆三井記念美術館サイト『開館15周年記念特別展三井家が伝えた名品・優品』第1部東洋の古美術※7月29日(水)まで11:00-16:00(入館は15:30)日曜日、せっかく都心に出てきたので寄ってみた。日本橋の地に美術館がオープンして15年、何度も足を運んできたお馴染みの美術館。(以前の三井文庫はたしか板橋の方にあったと思うが、遠すぎて訪れたは一度もなかった)まぁ、展示されているものもお馴染みだからね。古銅の龍耳花入。根津美術館の大内筒をよく似ている青磁の筒花入。なんと、秀吉から本願寺に伝わり、その後に三井家に入ったとか。祥瑞の松竹梅花鳥文胴締水指。胴のキュッとしまったフォルムも内側に描かれた鷲だか鷹も素敵。宋胡禄の柿香合、久しぶりに「すんころくを見た!」っていう満足感がわき出てしまった。唐物肩衝茶入「遅桜」。久...三井家の名品、茶陶に注目~

  • 三井記念美術館のバックナンバーリスト

    ※三井記念美術館バックナンバーリスト2020年7月『『開館15周年記念特別展三井家が伝えた名品・優品』第1部東洋の古美術→こちら2019年11月『高麗茶碗(後期)』→こちら2019年10月『高麗茶碗(前期)』→こちら2019年1月『国宝雪松図と動物アート』→こちら2018年6月『大名茶人・松平不昧―お殿さまの審美眼―』(後期)→こちら2018年4月『大名茶人・松平不昧―お殿さまの審美眼―』(前期)→こちら2016年10月『松島瑞巌寺と伊達政宗』→こちら2016年1月『三井家伝世の至宝』→こちら2014年12月『雪と月と花~国宝「雪松図」と四季の草花』→こちら2014年10月『東山御物の美―足利将軍家の至宝―』→こちら2014年1月『楽茶碗と新春の「雪松図」』→こちら2013年11月『国宝「卯花墻」と桃山の名陶-...三井記念美術館のバックナンバーリスト

  • 東京は疲れる

    今週はどうも疲れて困る。日曜日に久しぶりに上野へ行って、博物館で展覧会を観賞して、そこから某美術館にハシゴしたせいだ。帰りに日傘を買いに自由が丘へも寄ったということもあり、この日は2万歩近く歩いてしまったという体力的消耗のあったこともあるけれど。5月末と6月始めに関西の美術館へはこそこそ行ってたものの、東京の博物館や美術館は頭に入ってくる情報量が桁違いに多いなぁ~つくづく思った。体力面もだけど、思考力の面でも疲れてしまった。(で、まだ鑑賞記をまとめるに至らず。)なんかね、新型コロナを気にして、緊張感もあったのかもしれない。人手は従来ほどではないにはものの、そこそこある。早々にコロナウイルスが街にはびこっているものではないとわかっちゃあいるけど、どこに潜んでいて、うっかり感染してしまうとも限らない。なんか、油断な...東京は疲れる

  • 5年めの破局

    数年前まで、晴雨兼用傘は1年単位の消耗品だった。夏になれば日傘として使う。買った翌年の夏、外出中に壊れる。外出先で新しい傘を買い、壊れた傘を処分してもらう。その繰り返し。そのサイクルが崩れたのが4年前。旅先の京都で日傘の骨が折れた。(前の年もやはり京都で壊れた)で、伊勢丹で日傘を買い求めたところ、なんとお値段が14,040円!いつも3,000円の傘を買っていて、この時もその予算で選んでいたのだが、デパートの店員さんが寄ってきて、あれこれお勧めされているうちに渡された軽くて丈夫なもので、「あら、いいわ」とこれに決めてしまった。(最初は3,000円の傘からいつの間にかお高い傘を変わってしまったのだった)値段聞いて「やめます」と言えず、今だとクレカでナス払いできるからと手を打った。5年使えば年単位で買うよりも安上がり...5年めの破局

  • 経済を回せっ!

    昨日は梅雨の晴れ間。しかも日曜日。タオルケットを洗濯して干してから外出した。都心で展覧会をハシゴし、お買い物もし、合間に食事。外出先で食事できる有り難さを実感した。買い物のため、遠回りもした。この2年間は電車賃もケチって、メトロに乗ることさえあまりなかったから何やら新鮮な気分。経済を回せっ!

  • 小暑 次候 蓮始開

    三十二候小暑(しょうしょ)次侯蓮始開(はすはじめてひらく)7月12日~7月16日候の意味「蓮の花が咲き始める」日の出4:36日没18:58昨日は午後と深夜にゴロゴロ、ピカピカと雷と雨が賑やかだった。梅雨明け間近を知らせるサイン。だけど、各地の豪雨被害はひどくて心が痛む。小暑次候蓮始開

  • コロナを警戒しつつ

    週に1回、というよりは月4回のペースで在宅勤務も継続中。通勤の負担がない分は体力的に楽だけど、「職場にいた方が楽!」という事象もあり、如何ともし難い。残業ないからね。残業代ももらえないから、定時すぎたら離脱するように心がけている。昼休みに1時間も意外と慌ただしい。魚焼いて、汁物整えて、ご飯をチンしてセッティングして、食べて、ふっと一息して、後片付けしたら、もう5分前のアラームが。都内の感染者も更に増えた。ただね、4月の時点では検査を受けるまでのハードルが高かった。実際は感染しているのに、検査していないから数字に出ないだけ。今は以前に上がらかった数字が上がっているだけの話。だから、5月から6月にかけて減少した数字の方がもはや当てにならない。つまり、ずっと感染者は出ているのだ。そして、制限はたぶんもう出ない。あくま...コロナを警戒しつつ

カテゴリー一覧
商用