chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
metanoia75
フォロー
住所
生野区
出身
別府市
ブログ村参加

2009/11/16

1件〜100件

  • 神は全てご存知

     神は全てご存知です。 私たちの行動だけでなく 心の中で去来する情動も 全てご存知です。 その事を忘れれずに 神に申し開きせずともよいように 悪に心を奪われな…

  • 自分で調べましょう

     歴史について論ずるときに、 自らは一次資料を 一度も目にしたことが ないにもかかわらず 自らが教えられた歴史観を 永遠なる真理かのように信じ込んで、 別の歴…

  • みことばから離れないで

     キリスト者はイエスと共に 居続けることが大切です。 イエスはみことばが受肉した方なので、 イエスと共にいるとは みことばと共にいるという事です。 つまり、私…

  • 行いの伴った信仰生活

     救いは信仰による。 その通りです。 その信仰は、 神が与えてくださったものです。 そして、あなたは救われ、 次は、あなたを通して、 また誰かを救いへと導くた…

  • 情け深い人になろう

     もし、神が憐れみ深い方でなければ、 間違いなく私たちの罪は赦されることなく 地獄行きが確定していたでしょう。 しかし、私たちを救うために 御子イエスを身代わ…

  • みことばを生きてこそ

     みことばに力があると主張し、 相手が理解できていなくても やたらめたら聖書のみことばを 一方的に宣べ伝える事を良しとする 牧師がかなりの数いました。 みこと…

  • 真夏の花言葉診断

      ユリの花言葉は「威厳」なんですね。 キリスト教ではユリの花が好まれて ステンドグラスや講壇の荘厳にも ユリが用いられています。 思えば、主イエスのみことば…

  • 思い違いをしてはならない

     キリスト者の中には 因果応報は仏教思想だとして 鬼の首を取ったかのように 否定してかかろうとする人たちがいますが、 聖書は、そのような者たちに 思い違いをし…

  • 命懸けで仕える

     神は御子イエスを犠牲にしてまで 私たちを救ってくださいました。 私たちを救うために、主イエスは 喜んで、その命を捨ててくださいました。 その生き様に学び、 …

  • 神の御業のお手伝い

     牧会者をはじめとする教役者は パウロの表現を借りれば 神の協力者であり、 信徒の皆さんは、神の畑、建物と 表現しています。 また、信徒の皆さんも 教会の外で…

  • 有難い事でした

     イエスの代償の死がなければ、 私たちの罪は赦されず、 神との関係は 断絶したままであったでしょう。 しかし、憐れみ深い神は 預言通りにイエスを送ってくださり…

  • 迫害されて当然

     義とは神との関係が 回復した状態を言います。 しかし、神との関係が回復すると サタンはキリスト者をつまずかせ、 不義の状態へと 逆戻りさせようとします。 そ…

  • 最後まで聞きましょう

     怒りの感情というものは、 相手の発言や行動に対して 私たちが評価を下すことで発生します。 ですから、相手の言葉や行動に対して 性急に評価を下そうとせず、 先…

  • 聖書は神の知恵の宝庫

     御霊の導かれつつ 聖書を読み進めることで、 私たちは神の知恵を 学ぶことができます。 それまで自分が 正しいと思っていた価値観が 神の目から見れば 全然、正…

  • 重大な役割を担っています

     かつて御霊は エルサレムの神殿の至聖所におられ、 期間限定で神の契約の確かさを 伝えさせる目的で預言者に降りました。 しかし、新約時代である今は、 心からイ…

  • 神を本気で求めましょう

     本気で神にお会いしたいと 心から願って探し求めるならば、 あなたは必ず神に お会いすることが出来るでしょう。 神はいつでも会見できるように 万全の態勢でお待…

  • 雄々しくありたければ

     キリスト者は神を信頼しているはず。 信頼しているなら 問題に直面したとしても 神が必ず支えてくださるとの確信が 心のうちにあって当然なのですが...。 さて…

  • 御心にかなった行いが大切

     私たちキリスト者が 神の御心にかなった行いをすれば、 仮に誰かと衝突したり 敵対関係になったとしても その仲を神が取り持ってくださいます。 逆に、私たちキリ…

  • 今ならまだ間に合います

     一人でなく、 同労、同行、同朋が一丸となって 神の御心にかなった平和と 皆で喜んでみことばを生きるという 聖き生活を求める事が 今まで以上に求められている気…

  • 福音こそが礎

      イエス・キリストから始まり 現在までの約2000年に間、 変わる事なく宣べ伝えて来た福音こそ 私たちキリスト者が拠って立つ礎です。 それ以外の教説は福音で…

  • 救いを得させる神の力

     信仰を賜わっていない者からは キリスト者が何故に 荒唐無稽な戯言のような福音を 大切にしているのかが分からないでしょう。 聖書は誰でも読めるのですが、 信仰…

  • 逃げてばかりじゃダメ

     自分の弱さから 逃避しようとするのでなく 自分の弱さと向き合い、 その弱さを認めて 神の前に告白するところから キリスト者としての人生は スタートするのです…

  • 信仰生活は真剣に

     信仰生活は適当に やるものではありません。 パウロも言っているように 競技大会で金メダルを狙うかのように 死に物狂いで鍛錬して 試合にのぞむかのようでなけれ…

  • 心は何処に向いているか

     信仰生活を送る上で大切な事は 沢山あるでしょうが、 自分の心が何処へ向かっているかを 確認する作業は 数多ある重要事項の中でも 最上位に位置するものだと言え…

  • 罪に妥協せず毅然と

     みことばを生きると この世の価値観では 良しとされているような事でも 信仰故にNOを突き付けることが 増えてきます。 そうすると、 この世の価値観を是とする…

  • 肉的には無理でも

     敵を愛したり、 自分を憎んでいる人に対して 善を行なったりすることは、 私たち凡夫には至難の業です。 努力しても一回か二回が限界でしょう。 そもそも自力では…

  • 自分の罪深さを知れば...

     自分の罪には甘く 他人の罪は赦せずに 辛く当たってしまう事って ありませんか? 神は罪深い私たちを赦してくださったのに 私たちはなぜ隣人に対して 神のように…

  • 賜物は天の神から与えられる

     私たちキリスト者は、 神から救いという、 一番、得難い恵みをいただきました。 救っていただいた後も、 私たちは、様々な賜物をいただき、 その賜物を用いること…

  • みことばから知恵を得よ

     みことばのうちに知恵を求める者は 神からも人からも栄誉を受けるでしょう。 しかし、神の御心を無視して 自分の欲望を満たすこのみを 生き甲斐にするような生活を…

  • 何のために召されたのか

     イエスは律法を完成されました。 全ての律法は一つに集約されました。 互いに愛し合う。 それが新しい戒めです。 ここでいう愛とは イエスが見せてくださった愛で…

  • 極上のスイーツ

     時に、主のみことばは 心をえぐるように迫ってくる時も あったことでしょう。 しかし、みことばは、最終的には、 私たちを主に立ち返らせ、 彼との豊かな交わりを…

  • 日常生活が大切です

     闇はいくら深まれども 小さな光一つも消すことは出来ません。 世の光として来られた キリスト・イエスを信じる全てのキリスト者は 光の子となり、 この暗い夜を照…

  • 受肉したみことばなる神

     イエスがみことばが受肉して この世に預言通りに来られた神であると 信じて告白する者こそキリスト者であり、 そのような者が神との深い交わりに 入ることが出来る…

  • みことばによる武装

     終わりの日まで待たずとも、 私たちの心に 真の平安を与え得るものは 神のみことばであります。 聖書を読み、 教会でみことばを聴き、 聖餐に与る事によって、 …

  • 聴きに徹する習慣

     神は、みことばで 万物を創造されました。 その神の似姿として 創造された私たち人間も 神と同じように言葉を介して 様々なものを 生み出す力を持っています。 …

  • 必ず益となります

     神はキリスト者の歩みを 常に護ってくださるのですが、 すべてのことを働かせてと ローマ人への手紙の中で パウロが言っているとおり、 神はすべてを働かせて、 …

  • あなたは代表です

     国の品位を高めるのは 為政者だけではなく、 国民の素行が著しく反映されます。 海外における私たちの行いは 日本人を代表しての行動と見做されます。 海外では私…

  • 神は覚えておられる

     神は私たちの一挙手一投足の全てを ご覧になっておられます。 自分に利益となるようなことが 一切なくても、 神の似姿として造られた 私たちの隣人に仕えることが…

  • 王の王である主イエス

     ついこの間、 冷戦が終わったかと思ったら、 またもや同じような対立軸が 出来ようとしています。 役者の中心が米ソから米中に 変わっただけで、 人類は、またも…

  • 神と共に歩ませていただけば

     私たちは、自分の力で 人生を切り開いているかのような 錯覚にとらわれがちです。 私たちは、確かに、努力はしています。 しかし、そのように努力することが 出来…

  • 信じて委ね切る

     命は救いたいと思うのがふつうでしょう。 しかし、イエスは逆に 救おうとすれば命を失い、 イエスのために命を失う者が 命を見出すだろうと教えました。 イエスは…

  • 笑ってる場合じゃない

     イエスが再臨されると言っているが 2000年もの間、 姿を見せていないではないかと 嘲笑う人もいます。 私は逆に訊ねたいです。 イエスの再臨は裁きの時が 来…

  • 集いの回復を!

     二年半近くに及ぶコロナ禍との格闘は まだ収束してはおりませんが、 時の流れと共に 対処の仕方が分ってきたこともあり、 ソーシャル・ディスタンスは保ちつつも …

  • 神は遍在する

     不思議な事ですが、 人は、やましい事があると、 暗いところに逃れようとしますね。 ヨハネの福音書などを読むと顕著ですが、 神は光にもたとえられます。 闇はど…

  • キリスト者の特権

     どんな悪党であっても 自分の子には良いものを与えるものだ。 であるなら天の父が 私たちキリスト者に対して 良いものでもって 祝福してくださらないはずはないと…

  • 神に委ねて挑戦しよう

     幼い頃、自転車の補助輪を 外した時のことを思い出します。 補助輪がなくなったので バランスが取れず、倒れそうになります。 すると父が自転車の後ろを持って 倒…

  • 辛さを幸せに変える棒

     命あっての人生です。 しかし、命を大切にしながら 生活している人が 一体、どれほどいるでしょうか? 生きるとは何かとの問いかけをせずに ただ漠然と生きようと…

  • 神の摂理のもとで楽しく生きよう

     創造主なる神の摂理に基づいて 被造物は生かされています。 私たちの人生も同じであります。 神のお導きにより 様々なご縁をいただいて 私たちの生活は成り立って…

  • 人であり神であるイエス

     限られた知能しか持ちえない私たちが 神を完全に理解することは 難しいのかもしれません。 しかし、神はそんな私たちを憐れんで 私たちが理解できるように 人の姿…

  • 裁かず仕え合う

     人を裁くのは良くない事です。 人を裁けば、 あなたも裁かれます。 完全な人間はいません。 自分の弱いところは 神に働いていただき、 自分の得意な事は、 困っ…

  • 不必要なことは語らない

     キリスト者であるなら 絶対に知っておくべきことがあります。 それは、不必要な事や ネガティブな事を 語ってはならないと言う事。 なぜだか分かりますか? 神は…

  • 試練があなたを強くする

     筋肉に付けるために ある程度の負荷をかけるのと同じで、 信仰を成長させるためにも ある程度の試練を乗り越える 必要があります。 ヤコブは信仰が試されると 忍…

  • 堅実な信仰と御霊の導きが重要

     キリスト教には洗礼というものがあります。 旧約時代に割礼というものがあったように、 信仰を目に見える形で公にするために 行なわれるものです。 ご存知の通り、…

  • 感謝の心が肝心

     私たちキリスト者が求めているものとは 一体、何なのでしょうか? 世的な成功も求めているかもしれません。 生きていく上では、仕方ありません。 しかし、それでは…

  • 求める内容が重要です

     福音を喜び、 福音を生きるならば、 私たちが求めるものは 自然と神が喜ばれることを 望むでしょう。 神の思いと私たちの思いが 一致するので、 このような求め…

  • 罪について

     キリスト者は罪の赦しを得ましたが 罪がなくなるわけではありません。 もし罪がなくなってしまうならば、 キリスト者は 罪を犯すこともないでしょう。 しかし、こ…

  • 恐れなくてよいのです

     神が片時も私たちを離れず 共にいてくださっている事を 私たちは忘れがちです。 しかし、その事実を確信しているならば どのような苦境に立たされていたとしても …

  • 知恵は何処から得るか

     知恵を得ようと知識欲を持つことは 悪い事ではありません。 しかし、知識を持っていても それを使えなければ 無用の長物となってしまいます。 知恵は知識を運用す…

  • 神の栄光を現わす

     御子イエスの死と引き替えに あなたは救われたのですから そのいのちを神の栄光のために 使うのは当然のことです。 救いだけ受けて何もしなかったら、 恩知らずと…

  • 救いについて

     信仰は神が与えてくださるものです しかし、信仰を持つのは意外と難しい。 何が難しいかと言えば、 自分の弱さ(罪)を認めるのが 難しいからです。 これまでの自…

  • 救いの門に入れ

     あなたの前に救いの門は 常に開かれています。 入りさえすれば救いと平安が そこにはあります。 しかし、不思議なことに ほとんどの人が そこに入ろうとしません…

  • 人生の礎を何に置きますか

     この世の常識は変わらないようで 結構、変わっています。 知らないうちに変わるので 気付いていないだけです。 この世で良さそうに思える価値観も 人の数だけ解釈…

  • 主の不落の砦に留まれば

     窮地に陥った時の あなたと神との関係を考えてみてください。 直ぐに神に祈ったり 助けを求めたりしているでしょうか? 意外と多くのキリスト者が 危機的状況下で…

  • 模範となる時

     今、世の中は少しずつ変わろうとしています。 そしてこのような過渡期には その変化に乗じて事を有利に運ぼうと 悪の勢力も活発に活動します。 個性と競争が求めら…

  • ペテロの奨励

     イエスの教えを直接受けた弟子ペテロ。 多くの失敗も繰り返しました。 弱さと戦いながらみことばを生きた ペテロの信仰の旅程から紡ぎ出された キリスト者への奨励…

  • なぜ徳を積むのか?

     私たちは徳のある行為をしようと 努力してしまいます。 これは悪い事ではないのですが、 キリスト者として、 なぜそのような行いをするのかを 先ずは、わきまえる…

  • 憐れみ深くありましょう

     自分が御国へ招き入れられるに 相応しいと思っている人は おそらくいないでしょう。 皆、自分では分かっているのです。 どれだけ罪深いかという事を。 しかし、そ…

  • 肉の思い vs 御霊による思い

     肉の考えは自利を追求し、 御霊は自利利他へと導きます。 自利ばかりを追求すると 結果的に自分を追い詰め、 利他の生き方は安らぎをもたらします。 世の中も共生…

  • 即効性ばかり求めないで

     現代人は即効性を求めすぎて 待つことが苦手になってきています。 当然のことですが、 神の恵みは 即効性を求めるべきではありません。 むしろ神は私たちに 待つ…

  • アガペーの愛

     聖書には日本語で訳せば愛となる単語が 何通りか出てきます。 それらの愛の中で一番最上位の愛として アガペーという愛があります。 アガペーの愛はキリスト・イエ…

  • 神に感謝

     奴隷は主人の言い付けを 黙々とこなす存在です。 私たちはかつて罪の奴隷でした。 そのころは主人である 罪に支配されて 言いなりにならざるを得ませんでした。 …

  • 大胆に恵みの御座へ近づこう

     救世主として来られた方なら もう少し華麗なる生活を送られても 良かったのではないかと イエスに対して評価する人も いるかもしれません。 確かに救世主というか…

  • イエスのようにお仕えする

     イエスは全てのキリスト者と共に 今もいらっしゃいます。 片時も離れることなく 苦楽を共にしてくださる方です。 しかも喜びは私たちに、 苦しみは自分がという具…

  • 苦しみの対処法

     人生は苦しみの連続ではなかろうか。 そう思わざるを得ないような毎日を 私たちは送り続けています。 この苦しみからいつになったら 解放されるのだろうか。 逃れ…

  • 神の愛はとこしえに

     パウロは神の愛から 私たちを遠ざけようとする この世の否定的な力を列挙し、 キリスト者はそれらの力によって 神の愛から引きはがされることは 絶対にないとの自…

  • 赦し合いなさい

     自分には甘く、人には厳しい。 それが凡夫である私たちの姿。 自分の弱さを良く知る者であれば 他人にたいしても辛くは当たれません。 他人に辛く当たれるという事…

  • 良い牧者イエスに倣って

     牧者はイエス様だけです。 私は牧師と呼ばれていますが、 牧者に仕える牧童にすぎません。 しかし、良い牧者であるイエスに倣って 私も命懸けで人々にお仕えしたい…

  • イエスの御名の力

     イエスが天へお帰りになって さほど時がたっていない時期に、 ペテロとヨハネが 福音を宣べ伝えていました。 二人がイエスの復活を例に引きながら 死者の復活を教…

  • 神に委ね切ろう

     全てを神に委ね切りましょう。 あなたの心を神に完全に開けば、 神の無尽蔵の恵みで あなたは満たされるでしょう。 人は心の中の思いを実現していきます。 心の中…

  • 悲しみの後で

     頑張ったけど、結果は散々だった。 大失敗した。 もうダメかもしれない。 そんな思いを誰でも一度や二度は したことがあるでしょう。 誰だって失敗はします。 し…

  • 主を仰ぎ見ると輝く

     大切な事は、 私たちが何処に目を向けているか、 つまり関心ごとが何かという事。 常に心の中に去来する事を 人は実現しようとします。 低俗なものに目を向ければ…

  • 勘違いしてませんか

     救われたキリスト者であることを 自任している者が時々、勘違いをして やりがちな事があります。 それは救われていない人を 裁いてしまうということです。 自分が…

  • 折に触れて神への感謝を

     自分がお世話になった人の事は 本人に対しては勿論の事、 折に触れてその事を他人にも話して 感謝の心を直間接的に表すものです。 さて、御子イエスを犠牲にしてま…

  • 自分は衰えて...

     バプテスマのヨハネは 旧約時代の終わりを告げる 最後の預言者です。 旧約時代の預言者はメシア(キリスト)の 来臨を伝えました。 バプテスマのヨハネも メシア…

  • 感謝の心で被造物の管理を

     私たちが信じる神が この世に存在するものの全てを 創造されたお方であることを 忘れないでください。 そして神は今も万物を統制しておられます。 被造物を管理す…

  • 神に喜ばれる心と言葉を

     私たちの発する言葉には 創造力があります。 神の似姿として 私たち人間は造られたため、 みことばでもって 万物を創造された神と同じように、 言葉を通して様々…

  • 先ずは自分の姿を知ろう

     自分さえよければいいとの思いから なかなか自由になれない私たち。 しかし、それに気づいているかどうかで 大きな違いが出てきます。 自利ばかり追求するあまり …

  • へりくだるべき相手

     厳しい時代です。 働き盛りと言われている 30代後半から50代前半の人たちは 丁度、第一次ベビーブーマーの 子どもたちにあたり、 いわゆる第二次ベビーブーマ…

  • 何処へ立ち返るべきか

     社会は乱れに乱れています。 私たちは、何処へ立ち返るべきでしょうか。 答えは簡単です。 私たちをお造りになった神へ 立ち返ればよいのです。 神はみことばです…

  • 危ない〇〇まん

     大阪では蓬莱の豚まんが たいそう人気であります。 私も時々、息子にせがまれて 梅田駅で買って帰ります。 数百円しかしない豚まんですが それを食べると なんと…

  • すごい特権です

     イエスを救い主として信じて イエスのみことばに従って生きる者は、 罪の赦しと永遠のいのちが与えられています。 この一番、あり得ない事を 一番最初にいただいて…

  • 主にあって喜ぶとは

     使徒パウロは主にあって喜ぶようにと 度々、奨励しています。 そこで喜ばないといけないと 無理して笑顔を作って喜ぼうとする人を 見かけることがあります。 しか…

  • 生きた供え物になろう

     神が喜ばれる捧げものは 私たちの全生涯を 神の栄光のためにお捧げすることです。 これは世俗を捨ろという意味では ありません。 生活のすべての領域で 神を第一…

  • 教会へ行きましょう

     神の祝福を受ける者は みことばに耳を傾け、 そのみことばを生きる人です。 みことばに耳を傾けていますか? みことばには三つの形態があります。 書かれたみこと…

  • 神はご存知です

     神はインマヌエル、 つまり、いつも私たちと共にいてくださる神です。 共にいてくださるので 私たちの事をとてもよくご存知です。 私たちが求める前から 私たちに…

  • 安心して挑戦しよう

     幼い子にとっては 毎日が未知の事の連続だと思います。 したことのない事に挑戦するのは とても勇気のいる事ですが、 お父さんやお母さんが 一緒にいてくれるとの…

  • ダウングレードまでして

     私たちの限られた知性では 神を完全に理解することは 不可能と言っていいでしょう。 それ故、神はどれほど人を愛し、 関係の回復を望んでいるのかを 私たち人間が…

  • 信仰が希望を支える

     キリスト者は神の栄光となる事を 希望とすべきだと言われています。 しかし、これを自分でやろうとすると 無理があります。 私たちは自分にとって利益になろことを…

  • へりくだる者でありたい

     相手よりもアドバンテージを取りたいと 無意識に思ってしまう癖が 私たちにはあります。 そしてこの癖が、時として 人間関係を難しくしてしまいます。 イエスもイ…

  • 理想の教会像を目指して

     心を一つにして、 傷ついた者に同情し、 実の兄弟のように仲睦まじく相対し、 相手の落ち度に対して寛容で お互いに謙遜な態度でお付き合いする。 教会は、そんな…

ブログリーダー」を活用して、metanoia75さんをフォローしませんか?

ハンドル名
metanoia75さん
ブログタイトル
伝道者が叫ぶ
フォロー
伝道者が叫ぶ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用