chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
さくら進学クリニック「進学コラム」 https://sakurashingaku.hatenablog.com/

千葉県北西部の高校受験情報のブログです。 公表されている情報をもとに、独自の視点で解説をしています。

さくら
フォロー
住所
千葉県
出身
千葉県
ブログ村参加

2009/03/01

arrow_drop_down
  • 667.県内私立高校入試結果その5

    こんにちは、さくらです。 昭和学院秀英高校のホームページに入試結果が掲載されました。 昭和学院秀英 (第一志望込み80名) 受験者1240名 合格者667名 倍率1.86倍 (昨年は 1234名 合格者671名 倍率1.84倍)受験者数・合格者数とも昨年とほとんど同じで、倍率は2倍を下回っています。 市川(1.78倍)と昭和秀英がともに2倍を下回り、公立上位校志望者にとっては併願しやすい年だったでしょう。 (番狂わせが起こりにくく実力通りの結果が出やすいという意味です、受かりやすいという意味ではありません)ちなみに合格者数がこのコラムの番号と同じ667なのは、ちょっと嬉しい偶然です。これで県内…

  • 666.県内私立高校入試結果その4

    こんにちは、さくらです。 渋谷幕張の入試結果が掲載されました。渋谷教育学園幕張 (学力・帰国・特別活動の合計55名) 学力選抜試験 受験者669名 合格者235名 倍率2.85倍 (昨年は 受験者715名 合格者231名 倍率3.10倍)受験者が昨年より46名減り、合格者数が4名増えたため倍率はやや下がって2倍台に戻りました。 それでも受験者層のレベルを考えれば、かなり厳しい入試だったと言えるでしょう。 県内私立高校入試結果も、あとは昭和秀英の掲載待ちだけです。 ランキングに参加しています。 クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

  • 665.県内私立高校入試結果その3

    こんにちは、さくらです。今日の渋谷幕張の発表で県内私立上位校入試はほぼ終了しました。 渋谷幕張の入試結果はまだ掲載されていませんが、昨日発表の芝浦工大柏で結果が掲載されています。 芝浦工業大学柏 (120名) 1回受験者542名 2回受験者725名 合格者415名 倍率3.05倍 (昨年は 1回受験者541名 2回受験者693名 合格者481名 倍率2.57倍)受験者が2日合計で33名増えて、合格者は66名減ったため、倍率は上がりました。 芝浦工大柏はここ4年間、2.52倍→3.07倍→2.57倍→3.05倍と見事な隔年現象になっています。 ただし、倍率増減の主な原因が合格者数の増減にあるので…

  • 664.県内私立高校入試結果その2

    こんにちは、さくらです。 今日は市川と専大松戸で発表がありました。 市川 (一般90名) 一般入試 受験者1106名 合格者623名 倍率1.78倍 (昨年は 受験者1080名 合格者481名 倍率2.25倍)昨年は合格者が前年より100名も減り、倍率が1.50→2.25倍に跳ね上がりましたが、今年は逆に合格者大幅増で1倍台に戻りました。 ちなみに市川高校の合格者数が600名を超えるのは、県内私立が前期・後期になる前の2005年(合格者745名)以来、18年ぶりです。 2005年は男子校として最後の入試でもありました、何か感慨深いものを感じます。 (進学コラムをさかのぼるだけでこんなデータまで…

  • 663.県内私立高校入試結果その1

    こんにちは、さくらです。昨日から県内私立高校入試が始まりました。 さっそく今日は日大習志野と成田で発表がありました。 日本大学習志野 (190名) B入試(一般) 受験者1665名 合格者860名 倍率1.94倍 (昨年は 受験者1661名 合格者872名 倍率1.90倍 ) 受験者4名増、合格者12名減は、ほとんど昨年と同じと言ってよいでしょう。 日大習志野はここ3年、2倍前後の高めの倍率が続いています。 以前のような1.5倍そこそこの倍率だと安心して受験できるのに・・・。そんなことを思いつつ、今年も第一志望のA入試を見ると定員180名で合格者は196名とひかえめな数字。 一昨年の220名や…

  • 662.県内私立高校志願状況

    こんにちは、さくらです。県のホームページに私立前期選抜の志願状況が掲載されています。 (たぶん明日の新聞にも載るでしょう) 調査が昨日(10日)なので受付を終了していない高校が大半ですが、志願状況をホームページで発表しない高校が多いので、不完全とはいえ貴重な情報だといえます。 願書受付を終了していない高校でも、ほとんどが受付終了間際なので、ほぼ確定に近い数字だと考えてよいでしょう。 ただし、県の発表は単願・併願やコース・類などの区別がなされていないので参考程度に見てください。ところで、志願状況に掲載されている倍率は志願倍率(志願者数÷定員)です。 私立は定員より多く合格者を出すので、実勢(実質…

  • トピックス 県千葉・東葛飾のインターネット出願について

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和5年度千葉県公立高等学校入学者選抜におけるインターネットを活用した出願について」が掲載されました。 県千葉と東葛飾でインターネット出願を実施することは発表されていましたが、その詳細が明らかになりました。 詳しくは県教委の該当ページを見ていただくとして、簡単に流れを説明します。 ※ネット出願が行われるのは県千葉と東葛飾のみです、他の高校は今まで通りの出願になります。県千葉高校と東葛飾高校の受験を希望する生徒は 1.1月13日~26日に出願専用ページで出願の申込みをします ここで氏名や住所など志願者情報の入力と、写真のアップロードを行い…

  • トピックス 令和6年度公立入試の日程

    こんにちは、さくらです。 千葉県教育委員会のホームページに「令和6年度千葉県県立高等学校入学者選抜の日程」が掲載されました。 現在の中学2年生が受験するときの日程になります。願書提出 2月6日(火)・7日(水)・8日(木) (令和5年度は8日・9日・10日) 志願変更 14日(水)・15日(木) (15日・16日) 学力検査 20日(火)・21日(水) (21日・22日)追検査受付 26日(月)・27日(火) (24日・27日) 追検査 29日(木) (3月1日)発表 3月4日(月) (3日) 学力検査は令和5年度より1日早く、発表は土日の関係で1日遅くなっています。 ほぼ同じ日程だといってよ…

  • 661.公立入試の教科別特徴

    こんにちは、さくらです。 今回は公立上位校受験の手引きの最終回、「6.公立入試の教科別特徴」です。スローペースの人でも1・2年分くらいは公立の過去問を解いていると思います。 (入試は2月下旬なので、あまり急いで公立の過去問をこなす必要はありませんが) 学校の試験ではまんべんなく取れている人でも、過去問の得点は教科でばらつきがあるかもしれません。 それは当然です、そもそも公立の入試問題は全教科まんべんなく取れるようにはできていないのです。 ということで、学校でも塾でもあまり教えてくれない、千葉県公立入試の教科別特徴について書きます。 公立入試で1点でも多く得点するために、教科の特徴を知り、対策に…

  • 660.公立受験校はいつ確定するのか

    こんにちは、さくらです。久しぶりの更新です、もうこの時期になると受験情報も出尽くしているということです。 あとは勉強するだけの時期だともいえるでしょう。以前のコラム「656.公立高校と私立高校の位置づけ」で「少なくとも冬休み明けまでは公立受験校で悩む必要はありません」と書きました。 公立の願書提出は2月に入ってからなので、「1月まではひたすら第一志望目指して勉強を頑張ろう」ということです。 とはいえ、ではいったいいつ決めればいいんだと思う人もいるでしょう。 そんなわけで今回は、いつ、どのような形で公立受験校を確定するのか、そのためのポイントについて書きます。12月以降で受験校確定の判断材料にな…

  • トピックス 公立高校の選抜・評価方法

    こんにちは、さくらです。各公立高校のホームページに、来年度(2023年入試)の選抜・評価方法が掲載されました。来年度は東葛飾と千葉東が学校設定検査に思考力を問う問題を導入するため配点を変更しています。 両校とも県千葉と同様に100点満点の得点をそのまま使用する配点になっています。 また、県千葉が2段階の選抜を導入します。(これは後述) 1・2番手校の普通科(小金は総合学科) の選抜・評価方法は以下のようです。県船橋 学力検査500点 + 内申135点×0.5 + 作文10点 = 577.5点満点 東葛飾 学力検査500点 + 内申135点×0.5 + 思考力を問う問題100点 = 667.5点…

  • 659.1か月後に迫った選抜・評価方法の更新に向けて予習しておく

    こんにちは、さくらです。2023年公立入試の実施要項が発表になり、残る重要情報は「選抜・評価方法」のみとなりました。 選抜・評価方法は例年10月下旬に、県教委ではなく各高校のホームページに掲載されます。 (現在、各高校HPに掲載されているのは今春の入試のものです)そこで今回は、公立上位校受験の手引きの5回目、「5.選抜・評価方法の読み方」をお届けします。 1か月後の更新に向けて、選抜・評価方法の読み方を予習しておきましょう。 ところで、昨年は更新されてからコラムを書いたので、今回の内容は昨年のものとほとんど同じになっています。 5.選抜・評価方法の読み方公立高校のホームページで公開されている「…

  • トピックス 令和5年度公立高校入学者選抜実施要項

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和5年度千葉県公立高等学校入学者選抜実施要項について」が掲載されています。 これは、公立高校入試についてのほとんど全ての情報をまとめたものです。 公立入試についてわからないことがあれば、ここを調べることでだいたい解決するでしょう。 ただ、受験生が読んでおくべきものかと言えば、その必要はないと思います。(特に面白いものでもありませんし)ところで、この中の「付表2」一般入学者選抜における検査の内容等で、2023年入試におけるKの数値が発表されています。 Kの数値とは調査書の評定にかける数字で、原則を1として、各高校の特色に応じて0.5以上…

  • 658.県内私立高の入試日程のまとめ

    こんにちは、さくらです。県内私立高校の入試日程が発表されました。 そこで、入試相談のない(併願推薦などのない)私立8高校の入試日程や募集定員をまとめておきます。県内私立高校の募集要項をまとめたものは千葉県教育委員会や千葉県私立中学高等学校協会のホームページに掲載されています。 千葉県教育委員会のホームページ 千葉県私立中学高等学校協会のホームページ定員は原則として併願のものですが、学校により単願や第一志望なども含みます。 (単願や第一志望を別枠で設定している場合は定員を掲載しています、ただしスポーツ推薦は掲載していません)なお、入試相談のない8校はすべて後期選抜を実施しません。 [前期選抜] …

  • 657.公立高校の入試システム

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの4回目、「4.公立高校の入試システム」をお届けします。千葉県の公立高校では、高校ごとに選抜・評価方法が公表されています。 その中で調査書・学力検査・学校設定検査の配点が明示されているので、透明度の高い入試だと言えます。 選抜・評価方法は例年10月下旬に発表されるので、現在、各高校ホームページに掲載されているのは前回入試のものです。 2023年には若干の変更点があるかもしれませんが、前年の選抜・評価方法をもとに公立高校の入試システムについて解説します。 (学校設定検査が「思考力を問う問題」に変更される東葛飾と千葉東は必ず配点が変わるでしょう) 4.…

  • トピックス 令和5年度公立高校募集定員について

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和5年度千葉県公立高等学校第1学年生徒募集定員について」が掲載されています。 今年は中学校卒業者数が昨年より約80人増加するそうですが、全日制全体で9学級の定員減となっています。 卒業者増なのに定員減というのは妙な感じですが、定員割れが常態化している高校をテコ入れするということでしょう。上位校に定員の変更はありません。 平成26年度から1学級増になっている 県船橋・普通科 は継続して通常より1学級増(8学級)のままです。 1・2番手校普通科(小金は総合学科)の募集学級数は以下のようになります。 (1学級の定員は40名、( )内は普通科…

  • 656.公立高校と私立高校の位置づけ

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの3回目、「3.公立高校と私立高校の位置づけ -併願パターンを考える上で-」をお届けします。 私立併願校選びの参考にしてください。ところで、このコラムを読んでいる人は公立志望の人が多いので、「私立の話より、公立の話が聞きたい」と思うかもしれません。 確かに、この時期はまだ第一志望の公立高校のことを考えるので精一杯かもしれません。 しかし、「1.入試までの日程」をもう一度見てもらえばわかりますが、公立入試が動き始めるのは2月からです。 実際には1月下旬には受験校を決める必要があると思いますが、少なくとも冬休み明けまでは公立受験校で悩む必要はありません…

  • 655.公立上位校入試の概要

    こんにちは、さくらです。 公立上位校受験の手引きの2回目、「2.公立上位校入試の概要」をお届けします。 2.公立上位校入試の概要千葉県の公立入試は2020年(現高3生)まで、前期と後期の2回の選抜が行われてきました。 試験が2回あるといっても定員が増えるわけではなく、「合格者の一部を不合格にして再受験させる」意味不明の不条理な制度でした。 定員を2回の試験に分けるため、上位校では前期・後期とも高倍率の厳しい入試になっていました。それが2021年から1回きりの入試になり、入試状況は大きく変わりました。 前期・後期のころとの違いがわかるように、公立上位校・普通科(小金は総合学科)の過去3年間の倍率…

  • 654.入試までの日程

    こんにちは、さくらです。気がつけば7月末、夏休みも4分の1が過ぎました。 受験勉強は軌道に乗っているでしょうか。夏休みは学校が休みになるので受験情報はほとんど出てきません。 この進学コラムでも書くことがないので、「公立上位校受験の手引き」を少しずつ配信します。 受験の手引きを見て、受験生として必要な情報を整理しておきましょう。 (受験の手引きは情報のまとめなので、以前や今後のコラムと内容が重複することがあります)今回は1回目、「1.入試までの日程」です。 1.入試までの日程《私 立》 12月15日から 入試相談開始 1月17日から 県内前期入試 2月10日から 都内一般入試 《公 立》 2月8…

  • トピックス 学校設定検査の内容

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和5年度千葉県公立高等学校入学者選抜「一般入学者選抜」等における学校設定検査の内容等について」という文書が掲載されています。 公立入試の2日目の午後に行う「学校設定検査」に何をするのかという一覧が載っています。 今春、県千葉で導入された「思考力を問う問題」が他の高校でも採用されるのか注目でしたが、案の定でした。上位校の検査内容は以下の通りです。県千葉 その他の検査(思考力を問う問題) 県船橋 作文 東葛飾 その他の検査(思考力を問う問題) 千葉東 その他の検査(思考力を問う問題) 佐倉 面接 薬園台 面接 市千葉 小論文 小金 作文東…

  • 653.実際どこの大学に進学してるの?

    こんにちは、さくらです。前回は県船橋・薬園台・船橋東の進学先について円グラフを書いて考えてみました。 ふつうの生徒がどのレベルの大学に進学しているのか、イメージがつかめたのではないかと思います。 ただ、大学をグループ分けしたので、具体的にどこの大学に行っているのかはわかりにくくなってしまいました。そこで今回は前回の続きとして、今年の卒業生の「進学者の多い7大学」をピックアップしてみました。 7と中途半端なのは、実際に書き出してみると5だと少なくて10だと多いので、まあ7くらいがいいかと(笑)。 「進学者数が多い=ボリューム層」と考えると、進学者数が多い大学はふつうの生徒の進学先と考えられそうで…

  • 652.ふつうの生徒はどこの大学に行く?

    こんにちは、さくらです。今回は公立高校の大学進学実績について書きます。 高校を大学で学ぶための準備期間と考えれば、大学実績は高校選択の重要なポイントになるでしょう。 ただ、中学生に大学実績はわかりにくく、実際には有名大学の合格者数を比較するくらいしかできなかったりします。東大など有名大学の実績は、校内でもトップクラスの人の話です。 東大に10人入ったとか言っても、ふつうの生徒には夢のような話なのです。 では、クラスでまん中くらいにいる「ふつうの生徒」はどんな大学に進学しているのでしょうか。最近は進路実績として、合格者数だけでなく進学者数まで公表する高校が増えてきています。 特に第2学区では県船…

  • 651.県内私立高の日程 その1

    こんにちは、さくらです。県内私立高校のホームページに来年度の募集要項が出始めています。 上位校では市川と日大習志野が掲載しています。 市川1月17日(1日目) 一般 90名(帰国生入試を含む)日程・定員とも前年と変更はありません。 一般とは別に単願推薦(30名)があります。 一般と単願は5教科、帰国生は3教科の入試です。 日本大学習志野1月17日(1日目) B入試(一般) 190名日程・定員とも前年と変更はありません。 一般とは別に第一志望(A入試)と剣道部のみのスポーツ推薦(合わせて180名)があります。 2023年入試も1月17日から始まるようです。 コラムには載せませんが入試相談ありの高…

  • 650.正しい情報その4 -英語検定-

    こんにちは、さくらです。早いものでもう6月、ちょうど今年1回目の英検が行われた頃でしょう。 初めての検定試験にドキドキした人もいたのではないでしょうか。 二次試験は7月なので、まだドキドキは続きますね。ところで、次の英検(第2回)は10月です。 受験勉強は過去問研究など佳境に入っている頃ですが、英検を受けるべきでしょうか? ということで、今回は公立上位校受験と10月の英語検定について書きます。 《正しい情報その4》 わずかな努力で2級以上に合格できる人は、ぜひ取っておこう! そうでない人は、秋は受験勉強に集中しよう!「646.正しい情報その1 -内申点・公立編-」でも書きましたが、公立上位6校…

  • 649.正しい情報その3 -偏差値-

    こんにちは、さくらです。6月から模擬試験が始まります。 模試では志望校を記入しますから、志望校を決めるために偏差値を調べたりすると思います。試しにGoogleで「県立千葉高校 偏差値」で検索してみます。 検索の1ページ目に出てきたホームページをチェックして見てみると・・・ 県千葉高校の偏差値は 70 76 74 72 70 74 69 73 73 と、見事にバラバラの数字が出てきます。 下は69から、上は76まで、差が7もあり、どれを信じたらいいのか困ってしまいます。 (インターネット上には、いかにいいかげんな情報(失礼!)があふれているかってことです)というわけで、今回は志望校の合格基準偏差…

  • トピックス 公立高校入試の結果

    こんにちは、さくらです。 千葉県教育員会のホームページに「令和4年度 千葉県公立高等学校入学者選抜 学力検査結果の概要」が掲載されています。 (今年から資料の名前が「検査の結果」から「検査結果の概要」に少し変わりました、危うく気づかないところだった・・・) これには公立入試の「平均点」「設問ごとの正答率・無回答率」「得点分布グラフ」などが掲載されています。過去4年間(2020年までは前期選抜)と平均点を比較してみると 国語 社会 数学 理科 英語 5教科 2018年(H30) 63.2 52.9 58.5 60.0 59.7 294.3 2019年(H31) 54.2 56.6 54.5 60…

  • 648.正しい情報その2 -内申点・私立編-

    こんにちは、さくらです。前回は公立上位校入試における内申点の扱いについて書きました。 今回は私立上位校入試での内申点について書きたいと思います。(今回は結構な大作です)《正しい情報その2》 安全校で困らないためには、5科23、9科38以上の内申点を確保したい! でも、公立1番手校志望なら安全校なんかで悩まない、実力があれば問題なし!一般に「公立入試は内申点を加味するが、私立は内申を見ない試験一発勝負」と思われているようです。 それは、一部正しく、一部で正しくありません。 そのあたりを詳しく解説していきましょう。 千葉県の私立高校は入試制度(合否判定の仕方)によって2つのグループに分類できます。…

  • 647.今年の公立の問題は難しかったのか

    こんにちは、さくらです。得点開示が終了して10日、新たな報告も来なくなってきましたので、このあたりで結果報告をしたいと思います。 ただ、今年はリアルタイム報告で更新していましたので、新たに報告する内容がありません。 そんなわけで結果報告とともに、前年の合格点と比較して、上位生にとって今年の公立の問題が難しかったのか、考えてみたいと思います。まずは、貴重な情報を送ってくださった皆さん、ありがとうございました。 直接送信された方の書き添えていただいた文章もすべて読ませていただきました。 合格と不合格、両方の情報があってはじめて合格最低点の特定をすることができます。 不合格の情報を送ってくださった方…

  • 646.正しい情報その1 -内申点-

    こんにちはさくらです春休みが終わり、新学年が始まりました。 新中3生のみなさんは、受験学年という意識が出てきているでしょうか。 公立入試は2月21・22日です、残り1年どころか、もう11か月も切っています。 早く「自分は受験生だ」という意識を持って、どんどん対策していきましょう。受験学年になったみなさんに、今回から「知っておくべき正しい情報」をお伝えします。 実力勝負の中学受験と違い、内申点、併願推薦、入試相談など、様々な要因の絡む高校受験は情報の勝負でもあります。 正しい情報を知り、正しく対処した者が、よりよい結果を得ることができます。しかし、世の中には怪しい情報があふれています。 特にネッ…

  • 645.得点開示情報のリアルタイム報告

    ※3月10日現在こんにちは、さくらです。得点開示が始まりました。 同時に、皆さんからの情報提供も始まっています。 貴重な情報ありがとうございます。昨年までは、ある程度の情報量が集まった段階で報告させていただいてましたが、今年はリアルタイムで報告しちゃいます! (リアルタイムというのは言い過ぎで、実際は1日1回くらいの更新です)ところで、得点開示情報を集める目的は「合格最低点の特定」です。 受験生だった皆さんはわかっていると思いますが、私立では公表が当たり前の合格最低点が公立高校では公表されません。 大量の情報を持っている大手塾では合格最低点の特定ができているはずですが、残念ながら部外者には公表…

  • 644.2日間の公立入試を終えて

    こんにちは、さくらです。 昨日と今日で公立入試が行われました。 受験生の皆さん、お疲れ様でした。ホームページなどで解答を手に入れて、すでに自己採点をした人もいるかもしれません。 自己採点の結果がどうであっても、これで高校受験は終了です。合格発表までの10日間は長いと思うかもしれません。(いや、やっぱり長いよ、いくら土日も追試験もあるとはいえ) しかし、すぐに答えが出ることの多いこの時代、「待たされる」ことも貴重な体験です。 不安定な状態で「自分を見つめ直したり」「将来のことを考えたり」することは、とても大切なことです。 そんな時間は人生に何度もあるわけではありません。ひとまず受験のことから離れ…

  • 643.公立入試に向けて

    こんにちは、さくらです。公立入試の志願変更が終了し志願者数が確定しました。 上位校(普通科、小金は総合学科)の志願状況は以下のようです。学校名 定員 志願者(志願変更での増減) 倍率 県千葉 240名 406名 (-19名) 1.69倍 県船橋 320名 587名 (-45名) 1.83倍 東葛飾 240名 447名 (-19名) 1.86倍 千葉東 320名 529名 (-21名) 1.65倍佐倉 280名 449名 (-7名) 1.60倍 薬園台 280名 394名 (+6名) 1.41倍 市千葉 280名 442名 (-16名) 1.58倍 小金 320名 582名 (-42名) 1.8…

  • 642.公立入試志願変更状況

    こんにちは、さくらです。今日と明日は公立入試の志願変更です。 上位校の1日目終了時点の途中経過をまとめておきます。(普通科、小金は総合学科)願書提出段階からの増減数と倍率の変化県千葉 -12名 1.77倍 → 1.72倍 県船橋 -38名 1.98倍 → 1.86倍 東葛飾 -15名 1.94倍 → 1.88倍 千葉東 -22名 1.72倍 → 1.65倍佐倉 -8名 1.63倍 → 1.60倍 薬園台 +2名 1.39倍 → 1.39倍 市千葉 -15名 1.64倍 → 1.58倍 小金 -40名 1.95倍 → 1.83倍倍率が高かった県船橋と小金は結構な数が抜けています。 東葛飾が県船橋…

  • 641.公立入試志願状況

    こんにちは、さくらです。公立入試の志願状況が発表されました。 さっそく上位校(普通科、小金は総合学科)の志願者数と志願倍率を見てみましょう。( )内は昨年の志願者数と増減です。 県千葉 425名 (377名、+48名) 1.77倍 県船橋 632名 (603名、+29名) 1.98倍 東葛飾 466名 (456名、+10名) 1.94倍 千葉東 550名 (432名、+118名) 1.72倍佐倉 456名 (434名、+22名) 1.63倍 薬園台 388名 (351名、+37名) 1.39倍 市千葉 458名 (441名、+17名) 1.64倍 小金 624名 (495名、+129名) 1.…

  • トピックス 追検査の対象者が拡大されました

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和4年度千葉県公立高等学校入学者選抜における新型コロナウイルス感染防止対策に係る追加措置について」という文書が掲載されています。 今回の追加措置では追検査と特例検査の対象者が変更されています。一昨年までの前期・後期の入試では、前期が体調不良などで受検できなくても、後期で受検することができました。 しかし、昨年から入試が1回のみになったため、受検できない生徒のために、救済措置として新たに追検査が設定されました。ところが、実施要項には「本検査を一部でも受検した者は、追検査を受検することはできない」と記載されており、例えば、1日目を受検した…

  • 640.公立高校進路志望調査を読む

    こんにちは、さくらです。今朝(もう昨日ですが)の新聞に「公立高校の進路志望調査」が掲載されました。 これは中3生の志望状況を調査した数字です。 調査は冬休み明けに行っているので、私立入試の結果によって動く生徒の分は含まれていません。 実際の願書提出状況とは異なりますので気をつけてください。今回は、この調査結果から公立1・2番手校の入試傾向を読み取ってみたいと思います。 はじめに1・2番手校(普通科、小金は総合学科)の志望状況をまとめます。( )は昨年の志望調査の倍率県千葉 (定員240名) 志望者542名 倍率2.26倍 (1.87倍) 県船橋 (定員320名) 志望者848名 倍率2.65倍…

  • 639.県内私立高校入試結果その5

    こんにちは、さくらです。 昭和学院秀英高校のホームページに入試結果が掲載されました。昭和学院秀英 (第一志望込み80名 昨年は63名) 受験者1234名 合格者671名 倍率1.84倍 (昨年は 受験者1216名 合格者632名 倍率1.92倍)受験者が18名増えましたが、合格者は39名も増えて、9年ぶりに2倍を切った昨年をさらに下回る倍率となりました。 今年は定員が17名増えましたが、定員増に応じた合格者増があったことに好感が持てます。 (定員通りに合格者が増えてなくて地団駄踏んだこともありましたからね)昨年は市川と秀英がそろって倍率を下げましたが、今年は明暗分かれた形です。 これで県内私立…

  • 638.県内私立高校入試結果その4

    こんにちは、さくらです。 渋谷幕張の入試結果が掲載されました。渋谷教育学園幕張 (学力・帰国・特別活動の合計55名) 学力選抜試験 受験者715名 合格者231名 倍率3.10倍 (昨年は 受験者601名 合格者252名 倍率2.38倍)受験者が昨年より114名増え6年ぶりに700人の大台を超え、合格者数も若干減らしたため倍率は3年ぶりに3倍を超えました。 受験者層のレベルを考えれば、かなり厳しい入試だったと言えるでしょう。最近の渋谷幕張は2倍台前半の年が多く、時々、今年のようにポンと3倍を超えることがあります。 ただ、倍率上昇は合格者数を絞ること(内進生が多いため)によることが多く、受験者数…

  • 637.県内私立高校入試結果その3

    こんにちは、さくらです。 今日は昭和秀英と芝浦工大柏で発表がありました。 昭和秀英は入試結果がまだ掲載されていないので、芝浦工大柏のみまとめておきます。 芝浦工業大学柏 (120名) 1回受験者541名 2回受験者693名 合格者481名 倍率2.57倍 (昨年は 1回受験者591名 2回受験者735名 合格者432名 倍率3.07倍)受験者が2日合計で92名減り、合格者は49名増えたため、倍率はけっこう下がりました。 昨年は受験者増の合格者減で倍率を上げたので、行って来いで一昨年の状況(2.52倍)に戻った形です。 ただ、専大松戸と同様に2日間の重複受験があるので、実質的な倍率はよくわかりま…

  • 636.県内私立高校入試結果その2

    こんにちは、さくらです。 今日は市川と専大松戸で発表がありました。 昨日発表があった日大習志野も入試結果が出ましたので、3校まとめておきます。 市川 (一般90名 昨年は85名) 一般入試 受験者1080名 合格者481名 倍率2.25倍 (昨年は 受験者877名 合格者586名 倍率1.50倍)受験者が203名も増えたのに、合格者は約105名減ったため、倍率は跳ね上がっています。 市川はここ数年合格者数を増やし続けてきましたが、4年ぶりに500名を割り込みました。 倍率が2倍を超えたのも4年ぶりです。 昨年の1.5倍を見て市川を選んだ受験生には厳しい結果になったといえます。 専修大学松戸 (…

  • 635.県内私立高校入試結果その1

    こんにちは、さくらです。 昨日から県内私立高校入試が始まりました。 今年も入試結果は成田から。成田 (特進αクラス80名 進学クラス120名 特別技能生を含む) 特進α・進学の合計 受験者722名 合格者507名 倍率1.42倍 (昨年は 受験者688名 合格者425名 倍率1.62倍)受験者は昨年より少し増えましたが、合格者をそれ以上に増やしたため、倍率が少し下がり1.5倍を切っています。 上位校としては緩やかな入試だったと言ってよいでしょう。特進α・進学とも併願・専願を選択でき、さらに特進αから進学にスライドがあるため入試状況はわかりにくくなっています。 上の数字は特進αと進学の合計(特別…

  • 634.県内私立高校志願状況その2

    こんにちは、さくらです。県がまとめた私立前期選抜の志願状況が発表されました。 取りまとめた段階で願書受付を終了していない高校もありますが、ホームページで事前発表をしない高校では貴重なデータです。 ただし、県の発表は単願・併願やコース・類などの区別がなされていないので参考程度に見てください。ところで、新聞などに掲載されている倍率は志願倍率(志願者数÷定員)です。 実勢(実質倍率)とは大きくかけ離れていて、参考にならない数字なので気にしないようにしましょう。 渋谷教育学園幕張 (定員55名) 795名 (昨年は681名)昨年より114名の大幅増になっています。 ここは難関国私立との併願者が多いので…

  • 633.県内私立高校志願状況その1

    こんにちは、さくらです。 県内私立入試まで1週間を切りました。昭和秀英と日大習志野ではホームページに志願状況が掲載されています。 昭和学院秀英 (定員 第一志望込み80名 昨年は63名) 1240名 (昨年は1222名)昨年より18名志願者が増えています。 一昨年は1249名だったので、ここ3年ほぼ横ばいといってよいでしょう。今年は定員が80名になっていますが、私立の定員などあってないようなものです。 昨年は合格者増で倍率も2倍を切りましたが、今年はどうなるのかはフタを開けてみるまでわかりません。 日本大学習志野 (B入試190名) B入試(一般) 1671名 (昨年は1740名)昨年より70…

  • トピックス 令和5年度公立入試の日程

    こんにちは、さくらです。 千葉県教育委員会のホームページに「令和5年度千葉県県立高等学校入学者選抜の日程」が掲載されました。 現在の中学2年生が受験するときの日程になります。願書提出 2月8日(水)・9日(木)・10日(金) (令和4年度は9日・10日・14日) 志願変更 15日(水)・16日(木) (17日・18日) 学力検査 21日(火)・22日(水) (24日・25日)追検査受付 24日(金)・27日(月) (28日・3月1日) 追検査 3月1日(水) (3日)発表 3日(金) (7日) 学力検査は令和4年度より3日、発表は4日早くなっています。 土日の関係もありますが、発表が早いのは受…

  • 632.公立受験校はいつ確定するのか

    こんにちは、さくらです。前々回のコラムで「公立の願書提出は2月です、現状で合格ラインにとどいている必要はありません」と書きました。 でも、「ギリギリまで第一志望目指して頑張れ」と言われても、じゃあ、いつ決めればいいんだと思う人もいるでしょう。 そんなわけで今回は、いつ、どのような形で公立受験校を確定するのか、そのためのポイントについて書きます。12月以降で受験校確定の判断材料になるのは以下の5つです。 1.公立過去問の出来 2.12月・1月の模試 3.私立の入試結果 4.1月末ごろ発表の公立進路志望調査 5.願書提出後の志願倍率 1.公立過去問の出来公立に限らず、受験校の合格レベルに達している…

  • 631.公立入試の教科別特徴

    こんにちは、さくらです。早いものでもう11月中旬、受験生の皆さんは私立の過去問を解き始めているでしょうか。 過去問には出題傾向を知るだけでなく、今後の勉強の指針を示すナビゲーターの役割もあります。 過去問を解いた結果をふまえて対策をしていけば、より学習効果を上げることができるでしょう。今回は公立上位校受験の手引きの最終回、「7.公立入試の教科別特徴」です。 学校でも塾でもあまり教えてくれない、千葉県公立入試の教科別特徴について書きます。 公立入試で1点でも多く得点するために、教科の特徴を知り、対策に生かしてください。 7.公立入試の教科別特徴千葉県の公立高校入試は前期・後期の2回入試から、1回…

  • 630.三者面談を成功させるために

    こんにちは、さくらです。 早いものでもう11月、いよいよ秋の三者面談の時期です。受験校を決めていく秋の三者面談は生徒・保護者と先生との思惑のぶつかり合いです。 中学校の先生はたくさんの面談を経験してきている面談のプロです。 先生の言うままに受験するならともかく、自分の意見を認めてもらわなくてはならない場合は綿密な作戦が必要になります。 (もし先生が新人なら別の意味で作戦が必要です) そこで今回は「秋の三者面談を成功させるためのポイント」を書きたいと思います。 「三者面談の目的」なぜ11月に三者面談があるのでしょう・・・ それは12月中旬に私立高校の入試相談があるからです。以前も書きましたが、県…

  • 629.選抜・評価方法の読み方

    こんにちは、さくらです。各公立高校の2022年入試における「選抜・評価方法」が発表になりましたので、公立上位校受験の手引きの6回目、「6.選抜・評価方法の読み方」をお届けします。 ただし、例として取り上げた県船橋高校の選抜・評価方法が前年とほとんど変わらないので、このコラムの内容も昨年のものとほとんど同じになっています。 6.選抜・評価方法の読み方公立高校のホームページで公開されている「選抜・評価方法」は、お役所的文書で真意が読み取りにくくなっています。 そこで、元公立高校教諭である私さくらが読み方を伝授します。 ただし、私の解釈が間違っていても責任は取れません、あくまでも参考程度に見てくださ…

  • トピックス 公立高校の選抜・評価方法

    こんにちは、さくらです。各公立高校のホームページに、来年度(2022年入試)の選抜・評価方法が掲載されました。1・2番手校の普通科(小金は総合学科) の選抜・評価方法は以下のようです。県千葉 学力検査500点 + 内申135点×0.5 + 思考力を問う問題100点 = 667.5点満点 県船橋 学力検査500点 + 内申135点×0.5 + 作文10点 = 577.5点満点 東葛飾 学力検査500点 + 内申135点×0.5 + 作文48点 = 615.5点満点 千葉東 学力検査500点 + 内申135点×0.5 + 作文10点 = 577.5点満点 佐倉 学力検査500点 + 内申135点×…

  • 628.公立高校の入試システム

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの5回目、「5.公立高校の入試システム」をお届けします。昨年は入試制度変更があったので、7月には各高校の選抜・評価方法が発表になっていましたが、今年は例年通り10月下旬のようです。 そのため現段階では、調査書による加点や、学校設定検査の配点など、来年度の評価方法で判明していないことがあります。 あと半月待って全て判明してからの更新のほうがよいか悩んだのですが、11月の三者面談を考えると伝えられることは早いほうがよいかなと、今回は見切り発車的なコラムになっています。 5.公立高校の入試システム2020年まで千葉県の公立入試は前期・後期の2回入試が行わ…

  • 627.公立高校と私立高校の位置づけ

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの4回目、「4.公立高校と私立高校の位置づけ -併願パターンを考える上で-」をお届けします。 前回に引き続き、私立高校の話です。このコラムを読んでいる人は公立志望の人が多いので、「私立の話より、公立の話が聞きたい」と思うかもしれません。 確かに、この時期はまだ第一志望の公立高校のことを考えるので精一杯かもしれません。 しかし、「1.入試までの日程」をもう一度見てもらえばわかりますが、公立入試が動き始めるのは2月からです。 実際には1月下旬には受験校を決める必要があると思いますが、少なくとも冬休み明けまでは公立受験校で悩む必要はありません。 それまで…

  • 626.私立高校の入試システム

    こんにちは、さくらです。 公立上位校受験の手引きの3回目、「3.私立高校の入試システム」をお届けします。 3.私立高校の入試システム千葉県の私立高校は選抜方法の違いで2種類に分けられます。1.入学試験の成績で合否が決まる高校 2.中学校の成績をもとに、12月の入試相談でほぼ合否が決まる高校 1.のタイプの高校はいわゆる上位校で、私の知る限り 渋谷教育学園幕張・市川・昭和学院秀英 専修大学松戸・芝浦工業大学柏・日本大学習志野 成田・麗澤の8校しかありません。このタイプの高校はほぼ入試の得点のみで合否が決まります。 中学校の成績はほとんど関係ありません。(芝浦工大柏は中3の内申点を加算しますが、5…

  • 625.県内私立高の入試日程のまとめ

    こんにちは、さくらです。県内私立高校の入試日程が発表されましたので、入試相談のない(併願推薦などのない)8校の入試日程や募集定員をまとめておきます。 県内私立高の募集要項をまとめたものは千葉県教育委員会のホームページに掲載されています。 定員は原則として併願のものですが、学校により単願や第一志望なども含みます。 (単願や第一志望を別枠で設定している場合は定員を掲載しています、ただしスポーツ推薦は掲載していません)なお、入試相談のない8校はすべて後期選抜を実施しません。 [前期選抜] 上位校でも単願や第一志望の制度がある学校が多くあります。 専大松戸・芝浦工大柏・麗澤は入試が2日(2回)あり、1…

  • 624.公立上位校入試の概要

    こんにちは、さくらです。 公立上位校受験の手引きの2回目、「2.公立上位校入試の概要」をお届けします。 2.公立上位校入試の概要千葉県の公立入試は2020年(現高2生)まで、前期と後期の2回の選抜が行われてきました。 試験が2回あるといっても定員が増えたわけではなく、チャンスが2倍になるような気がするだけで「合格者の一部を不合格にして再受験させる」意味不明の不条理な制度でした。 試験が2回あると定員を2回に分けなければいけなくなるので、前期・後期とも高倍率になっていました。それが今春から1回きりの入試になり、入試状況は大きく変わりました。 以前との違いがわかるように、公立上位校・普通科の過去4…

  • トピックス 「思考力を問う問題」のサンプル問題

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「千葉県公立高等学校入学者選抜における「思考力を問う問題」のサンプル問題について」が掲載されました。 8月中に掲載と言っていましたが、待てども待てどもなかなか掲載はされず、結局、掲載は最終日になりました。サンプル問題は本当にただのサンプルで何とも言えませんが、「思考力を問う問題」がどういう形で実施されるのかは明確になりました。実施方法について公表されたのは以下の3点です。 (1) 構成 国語・数学・英語の3教科 (2) 検査時間 3教科あわせて60分 (3) 配点 100点満点ということは、県千葉の配点は 内申135点×0.5+学力検査5…

  • 623.入試までの日程

    こんにちは、さくらです。間もなく9月、夏休みもほぼ終わりです。 夏休みが終ると、志望校の提出、二者・三者面談、受験校の決定、過去問研究と、本格的に受験に向けて動き出します。 そこで、この動き出す9月に「公立上位校受験の手引き」を集中配信します。 受験の手引きを見て、受験生として必要な情報を整理しておきましょう。 今回はその1回目「1.入試までの日程」です。 1.入試までの日程《私 立》 12月15日から 入試相談開始 1月17日から 県内前期入試 2月15日から (県内後期入試) 2月10日から 都内一般入試 《公 立》 2月9・10・14日 願書提出 2月17・18日 志願変更 2月24・2…

  • トピックス 令和4年度公立高校募集定員について

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和4年度千葉県公立高等学校第1学年生徒募集定員について」が掲載されています。 今年は中学校卒業者数が昨年より1600人ほど増加するそうで、全日制全体で10学級の定員増となっています。上位校では 市立稲毛・普通科 が2学級減らし3学級になる 以外は定員に変更ありません。 (市立稲毛は6年間一貫教育の中等教育学校に移行するため、段階的に高校定員を減らしています) 平成26年度から1学級増になっている 県船橋・普通科 は継続して通常より1学級増(8学級)のままです。 1・2番手校普通科(小金は総合学科)の募集学級数は以下のようになります。(…

  • トピックス その他の検査(思考力を問う問題)って?

    こんにちは、さくらです。千葉県教育委員会のホームページに「令和4年度千葉県公立高等学校入学者選抜「一般入学者選抜」等における学校設定検査の内容等について」という文書が掲載されています。 公立入試の2日目の午後に行う「学校設定検査」に何をするのかという一覧が載っています。 今の入試制度になって2回目ですから大きな変更はないだろうと思いきや、県千葉が動いてきました。 上位校の検査内容は以下の通りです。県千葉 その他の検査(思考力を問う問題) 県船橋 作文 東葛飾 作文 千葉東 作文 佐倉 面接 薬園台 面接 市千葉 小論文 小金 作文県千葉(昨年は作文)をのぞいて変更はありませんが、その他の検査(…

  • 622.事例2「県立船橋高校の場合」

    こんにちは、さくらです。前回は大学実績の見方の例として東邦大東邦高校を取り上げました。 今回は、県船橋、県柏、薬園台、船橋東、小金(現役生のみ)など、最近増えてきている「進学者数を公表している高校」について取り上げます。県立船橋高校の今春の合格者数上位5大学(現浪合計)を見ると 明治大 184名 東京理科大 175名 早稲田大 157名 立教大 99名 法政大 78名 となっており 県船橋は有名私大に多く進学する高校なのかなと思って、進学者数を見てみると明治大 20名 東京理科大 14名 早稲田大 43名 立教大 7名 法政大 7名 と激減。 早大を除けば、合格者の10%が進学するかどうかとい…

  • 621.事例1「東邦大学付属東邦高校の場合」

    こんにちは、さくらです。前回は大学実績の見方を解説しました。 ただ、チェックすべき大学はわかったけど、高校が何を目指しているのかを読み取るというのはちょっと難しいなと思った人もいるかもしれません。 そこで今回は具体的な事例をあげてみたいと思います。 中学生が大学実績を見る際の参考になれば幸いです。 習志野市に東邦大学付属東邦高校という学校があります。 5年前に高校入試を止めて完全な中高一貫校になったので、県内で唯一の高校受験で入ることのできない高校です。 そのため、今は高校受験ガイド本からも消え、受験生にはなじみのない高校になっているかもしれません。 以前は私立1番手校の一角として、県千葉や県…

  • トピックス 公立高校入試の結果

    こんにちは、さくらです。 千葉県教育員会のホームページに「令和3年度千葉県公立高等学校入学者選抜学力検査の結果」が掲載されています。 これには公立入試の「平均点」「設問ごとの正答率・無回答率」「得点分布グラフ」などが掲載されています。過去4年間の前期選抜と平均点を比較してみると (公立志望者がほぼ全員受験することや試験時間を考えると、一般入試は前期選抜の流れをくんでいるといえるでしょう) 国語 社会 数学 理科 英語 5教科 2017年 60.8 53.8 51.4 56.4 53.7 276.1 2018年 63.2 52.9 58.5 60.0 59.7 294.3 2019年 54.2 …

  • 620.さくら流・大学実績の読み方

    こんにちは、さくらです。6月に入りました。 模擬試験が始まり志望校を書いたりすることで、受験生であることを意識し始める頃だと思います。志望校を考える際に参考にするのは、偏差値、大学実績、場所、学校のカラー、部活、くらいでしょうか。 その中で大学実績は中学生には見方が難しいでしょう。 そこで今回は「さくら流」の大学実績の読み方をレクチャーします。 これを参考にして、自分の希望に合った高校を見つけ出してください。 (大学実績のとらえ方は人それぞれです、これはあくまでも「さくら流」の考えですのでご了承ください) 「何を知るために大学実績を見るのか」中学生が見る大学実績は「○○高校は東大10名か」など…

  • 619.県内私立高の日程 その1

    こんにちは、さくらです。市川高校のホームページに募集要項が掲載されました。 2022年入試では単願推薦の定員を5名減らし、そのぶん一般・帰国生の定員を増やしています。 市川1月17日(1日目) 一般 90名(帰国生入試を含む) 5名程度ではたして入試に影響するものかとは思いますが、公立志望者にとってはまあ朗報でしょう。 (昨年の日大習志野のように単願を定員より多く取って併願合格者を絞るなどという、悪魔のような学校もありますから)一般とは別に単願推薦(30名)があります。 一般と単願は5教科、帰国は3教科の入試です。 ところで、今年も県内私立高校入試は1月17日からで変わらないようです。 せっか…

  • 618.公立入試の得点開示結果報告

    こんにちは、さくらです。 ※ブログ発表後に新たな情報が寄せられましたので、一部更新しました新たな得点開示報告も来なくなってきましたので、このあたりで結果報告をしたいと思います。 新型コロナウイルスの関係か、今年は中間報告の後にあまり報告が来なかったので、中間報告とほとんど変わらない結果報告になっています。今年は約50件の報告をいただきました。 貴重な情報を送ってくださった皆さん、ありがとうございました。 直接送信された方の書き添えていただいた文章もすべて読ませていただきました。合格と不合格、両方の情報があってはじめて合格最低点の特定をすることができます。 不合格の情報を送ってくださった方には特…

  • 617.得点開示情報の中間報告

    こんにちは、さくらです。得点開示が始まって2週間が過ぎました。 この2週間で42件の得点開示の情報提供をしていただきました。 貴重な情報ありがとうございます。前回のコラムで1回目の中間報告をさせていただきましたが、複数の情報提供があった高校が増えましたので2回目の報告をさせていただきます。 今回も不合格の情報がほとんど無いため、送られてきた合格者の最低得点を報告します。(実際の合格最低点とは異なります)なお、得点開示では内申点と学力検査の得点しか開示されません。 調査書の加点や2日目に行われた学校設定検査の得点は開示されないので、ここでは内申点と学力検査の得点のみで計算しています。 そのため、…

  • 616.卒業おめでとうございます

    こんにちは、さくらです。中学校では卒業式が行われている頃でしょう。この間まで受験生だったみなさん、卒業おめでとうございます。 受験勉強のためにやりたいことができなかったぶん、高校入学まで存分に羽を伸ばしてください。同時に高校生になるための準備も進めていきましょう。 数学の予習は進んでいますか? 数学以外の教科も教科書を入手したら目を通しておくとよいでしょう。 得点開示が始まって1週間ちょっと、続々と得点開示の報告を送っていただいています。 貴重な情報ありがとうございます。 コメント欄に書いていただいた方には簡単に返事をしていますが、直接送信してくださった方には返事ができていません。 この場を借…

  • 615.公立入試発表

    こんにちは、さくらです。 公立入試発表の日がやって来ました。 合格された方、おめでとうございます。 残念ながら合格を手にできなかった方は、本意でない高校に進学することになると思います。 しかし、大切なことは「どの高校に入るか」ではなく、「入った高校で何をするか」です。 志望していた高校でやりたかったことが、進学する高校でできないはずはありません。どの高校に進学しても、あなたの価値や可能性に変わりはないのです。高校進学はゴールではありません。 人生をマラソンの42.195Kmに例えれば、まだ10Kmにも満たないレース序盤です。 あなたのレースはまだ始まったばかりなのですから、何人かに抜かれたとし…

  • 614.高校入学に向けて

    こんにちは、さくらです。公立入試が終わって最初の土日が来ました。 今年の合格点は何点くらいなんだろうと、ネットで情報を探しまくった人もそろそろ落ち着いてきた頃でしょうか。終わった試験のことをいくら調べても、あなたの得点が増えるわけではありません。 すでに入試の結果は決まっているのです。 入試結果を気にして不確実な情報を探すより、高校生になるための準備を少しずつ進めたほうが建設的ではありませんか。 受験生だったあなたが、4月から高校生になるのは間違いないのですから。高校の授業は中学のように易しくわかりやすいものではありません。 新たな学びの場で良いスタートを切るために、今のうちに高校の予習を進め…

  • 613.2日間の公立入試を終えて

    こんにちは、さくらです。 昨日と今日で公立入試が行われました。 受験生の皆さん、お疲れ様でした。ホームページなどで解答を手に入れて、すでに自己採点をした人もいるかもしれません。 自己採点の結果がどうであっても、これで高校受験は終了です。合格発表までの8日間は長いと思うかもしれません。(今年から追試験があるので、昨年より長くなっています) しかし、すぐに答えが出ることの多いこの時代、「待たされる」ことも貴重な体験です。 不安定な状態で「自分を見つめ直したり」「将来のことを考えたり」することは、とても大切なことです。 そんな時間は人生に何度もあるわけではありません。ひとまず受験のことから離れて、 …

  • 612.公立入試に向けて

    こんにちは、さくらです。公立入試の志願変更が終了し志願者数が確定しました。 上位校(普通科、小金は総合学科)の志願状況は以下のようです。学校名 定員 志願者(志願変更での増減) 倍率 県千葉 240名 359名 (-18名) 1.50倍 県船橋 320名 563名 (-40名) 1.76倍 東葛飾 240名 436名 (-20名) 1.82倍 千葉東 320名 428名 (-4名) 1.34倍佐倉 280名 419名 (-15名) 1.50倍 薬園台 280名 359名 (+8名) 1.28倍 市千葉 280名 418名 (-23名) 1.49倍 小金 320名 483名 (-12名) 1.5…

  • 611.公立入試志願変更状況

    こんにちは、さくらです。今日と明日は公立入試の志願変更です。 上位校の1日目終了時点の途中経過をまとめておきます。(普通科、小金は総合学科)願書提出段階からの増減数と倍率の変化県千葉 -11名 1.57倍 → 1.53倍 県船橋 -32名 1.88倍 → 1.78倍 東葛飾 -17名 1.90倍 → 1.83倍 千葉東 -2名 1.35倍 → 1.34倍佐倉 -13名 1.55倍 → 1.50倍 薬園台 +10名 1.25倍 → 1.29倍 市千葉 -20名 1.58倍 → 1.50倍 小金 -12名 1.55倍 → 1.51倍倍率が高かった県船橋は結構な数が抜けています。 東葛飾が県船橋ほど…

  • 610.公立入試志願状況

    こんにちは、さくらです。公立入試の志願状況が発表されました。 さっそく上位校(普通科、小金は総合学科)の志願者数と志願倍率を見てみましょう。( )内は(昨年前期との増減、昨年、一昨年)の数字です。 県千葉 377名 (-51名、428名、458名) 1.57倍 県船橋 603名 (-47名、650名、631名) 1.88倍 東葛飾 456名 (+23名、433名、432名) 1.90倍 千葉東 432名 (-86名、518名、612名) 1.35倍佐倉 434名 ( -2名、436名、490名) 1.55倍 薬園台 351名 ( +9名、342名、378名) 1.25倍 市千葉 441名 (-…

  • 609.公立入試に向けて

    こんにちは、さくらです。公立入試まで20日を切りました。 郵送による願書提出も始まっています。公立入試直前のこの時期、くれぐれも新しい勉強に手を出さないようにしてください。 まわりの人が新たな勉強法をアドバイスしてきても気にしないこと。 それは、周りの人が自分の不安を解消するために見つけてきた方法です。 (受験生だけでなく周りも不安なのです…人は不安になると簡単な解決法を求めてしまうのです)今まで通りの勉強を入試当日まで続けていくこと、それが最良の対策です。もちろん、気になる問題があって練習をしたいなら、新しい問題集を使ってもOKです。 例えば、関数と図形の融合問題に不安があるなら、そのための…

  • 608.公立高校進路志望調査を読む

    こんにちは、さくらです。今朝の新聞に「公立高校の進路志望調査」が掲載されました。 これは中3生の志望状況を調査した数字です。 調査は県内私立入試の前に行っているので、私立入試の結果によって動く生徒の分は含まれていません。 実際の願書提出状況とは異なりますので気をつけてください。今回は、この調査結果から公立1・2番手校の入試傾向を読み取ってみたいと思います。 はじめに1・2番手校(普通科、小金は総合学科)の志望状況をまとめておきます。県千葉 (定員240名) 志望者448名 倍率1.87倍 県船橋 (定員320名) 志望者740名 倍率2.31倍 東葛飾 (定員240名) 志望者503名 倍率2…

  • 607.私立前期選抜結果その6

    こんにちは、さくらです。 昭和学院秀英高校のホームページに入試結果が掲載されました。昭和学院秀英 (63名) 受験者1216名 合格者632名 倍率1.92倍 (昨年は 受験者1246名 合格者569名 倍率2.19倍)受験者微減、合格者やや増で倍率は2倍を切っています。 昨年は後期廃止で定員が20名ほど増えたにもかかわらず、合格者が減るという「なんだかなー」な結果でしたが、その分の合格者を1年遅れで出した感じです。昭和秀英の倍率が2倍を切るのは2012年の1.81倍以来9年ぶりです。 当時は臨時定員増で合格者増なんてわかりやすかったんですが、いつのまにか私立はふたを開けるまでわからない入試に…

  • 606.私立入試後の公立対策

    こんにちは、さくらです。 県内私立入試がほぼ終了し、あとは公立入試を残すのみとなりました。 公立入試が1回になった関係で、私立が終わってから公立入試まで1か月も空きます。 1か月もあると何をしたらよいのか悩んでしまうかもしれません。 そこで今回は、公立上位校を目指す人のための「私立入試後の公立対策」のポイントをお話しします。千葉県公立高校の共通問題は、上位校を目指す生徒ならば 80点までは比較的容易に取れるものの、90点以上はなかなか難しい難易度設定になっています。特に数学(年によっては国語も)は90点以上の得点者が非常に少なく、高得点を取るのは容易ではありません。 しかも、その場で考える思考…

  • 605.私立前期選抜結果その5

    こんにちは、さくらです。 渋谷幕張の入試結果が掲載されました。渋谷教育学園幕張 (学力・帰国・特別活動の合計55名) 学力選抜試験 受験者601名 合格者252名 倍率2.38倍 (昨年は 受験者592名 合格者239名 倍率2.48倍)受験者数、合格者数とも昨年とほぼ同じで、倍率も微増です(ほとんど同じと言ってもよいでしょう)。 緊急事態宣言が出る中での入試ですが、波乱の少ない年になったといえます。 ランキングに参加しています。 クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

  • 604.私立前期選抜結果その4

    こんにちは、さくらです。 専大松戸の入試結果が掲載されました。専修大学松戸 (256名 昨年は236名) 受験者 特待、E類、A類など2日間合計2799名 合格者1185名 倍率2.36倍 (昨年は 受験者2456名 合格者1088名 倍率2.26倍) 昨年より受験者343名増、合格者97名増で、倍率は若干アップしています。 もっとも、専大松戸は2日間の重複受験やスライド合格があるので実質的な倍率はよくわかりません。 ランキングに参加しています。 クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。

  • トピックス.公立入試の追加措置

    こんにちは、さくらです。 千葉県教育委員会のホームページに「千葉県公立高等学校入学者選抜における新型コロナウイルス感染防止対策に係る追加措置について」という文書が掲載されています。主な内容は次の4点です。 1.願書提出が郵送でも可能になる(従来通り持参もできます) 2.入試当日の受付・点呼の時間が10分から20分に、教科間の休憩時間が20分から30分に変更になる 3.当日の健康状態を記入した「健康観察シート」を提出する 4.常時換気するので暖かい服装を用意すること、会場ではマスクを着用すること、など受験生に大きな影響があるとしたら1.でしょうか。 郵送の場合、配達日を2月4・5・8日のいずれか…

  • 603.私立前期選抜結果その3

    こんにちは、さくらです。 今日は昭和秀英と芝浦工大柏で発表がありました。 昭和秀英は入試結果がまだ掲載されていませんので、芝浦工大柏と昨日発表の日大習志野をまとめておきます。 芝浦工業大学柏 (120名) 1回受験者591名 2回受験者735名 合格者432名 倍率3.07倍(昨年は 1回受験者526名 2回受験者668名 合格者474名 倍率2.52倍) 受験者が2日合計で132名増えたのに、合格者は42名減ったため、倍率は上がって3倍を超えました。 2日間の重複受験があるので実質的な倍率はもっと低いと思われますが、例年より厳しい入試だったのは確かでしょう。 グローバル・サイエンスクラスの合…

  • 602.私立前期選抜結果その2

    こんにちは、さくらです。 今日は市川、日大習志野、専大松戸で発表がありました。 日大習志野と専大松戸は入試状況がまだ掲載されていないので、市川だけまとめておきます。市川 (一般85名) 一般入試 受験者877名 合格者586名 倍率1.50倍 (昨年は 受験者960名 合格者545名 倍率1.76倍)受験者やや減の合格者やや増で、倍率はやや下がっています。(ややばっかり(笑)) 2017年の2.41倍から→2.06→1.94→1.76と下げてきて、今年はついに1.50倍まで来ました。 これは受験者が減った(人気が下がってきた)からではなく、合格者が増えたからです。東大をはじめとした難関大の合格…

  • 601.私立前期選抜結果その1

    こんにちは、さくらです。 昨日から県内私立前期選抜が始まりました。 今年も入試結果は成田から。成田 (特進α40名 一般110名) 特進α・一般の合計 受験者688名 合格者425名 倍率1.62倍 (昨年は 受験者687名 合格者453名 倍率1.52倍)受験者は昨年とほぼ同じでしたが、合格者を少し減らしたため、若干倍率が上がりました。特進α・一般とも併願・専願を選択でき、さらに特進αから一般にスライドがあるため入試状況はわかりにくくなっています。 一般には選抜クラス(1クラス予定)の合格もあるので、さらにわかりにくいです。 上の数字は特進αと一般の合計で倍率を出しています。 併願と専願の人…

  • 600.私立前期志願状況その3

    こんにちは、さくらです。今朝の新聞に県がまとめた私立前期選抜の志願状況が掲載されました。 取りまとめた段階で願書受付を終了していない高校もありますが、ホームページで事前発表をしない高校では貴重なデータです。 ただし、新聞では単願・併願やコース・類などの区別がなされていないので参考程度に見てください。ところで、新聞に掲載されている倍率は志願倍率(志願者数÷定員)です。 実勢(実質倍率)とは大きくかけ離れていて、参考にならない数字ですので気にしないようにしましょう。 渋谷教育学園幕張 (55名) 681名 (昨年は657名)昨年比プラス24名ですから、ほぼ昨年並みと言ってよいでしょう。 市川 (一…

  • 599.私立前期志願状況その2

    こんにちは、さくらです。昭和秀英のホームページに志願状況が掲載されています。 1月11日までの出願数としか書いてありませんが、出願が11日までなのでほぼ確定と考えてよいでしょう。 昭和学院秀英 (第一志望込み63名 昨年は64名) 前期 1222名 (昨年は1249名)昨年より27名志願者が減っていますが、ほぼ昨年並みと言ってよいでしょう。 一昨年は臨時定員増の停止、昨年は後期の廃止と2年続けて前期の定員に変化がありましたが、今年は何もありません。 とはいっても、私立の定員などあってないようなものですから関係ありませんが。(前回も書きましたね) 上位校で志願状況を例年ホームページで公表している…

  • 598.私立前期志願状況その1

    こんにちは、さくらです。 いよいよあと1週間で県内私立入試が始まります。願書受付を終了した日大習志野ではホームページに志願状況が掲載されています。 日本大学習志野 (定員 B入試190名、昨年は170名) 前期B入試(一般) 1740名 (昨年は1634名)昨年より100名ほど志願者が増えていますが、これが例年並みの日大習志野だと言ってよいでしょう。 一昨年の日大の事件で大幅に受験生を減らした影響から、ようやく抜け出した感じです。今年から後期を廃止して前期の定員が20名増えています。 ただ、実際に合格者が増えるかどうかはふたを開けてみるまでわかりません。 私立の募集定員など、あってないようなも…

  • 597.冬休み以降の受験勉強

    明けましておめでとうございます、さくらです。 今年もよろしくお願いいたします。冬休みが終わり、私立入試が目前に迫ってきました。 過去問をひととおり終えて、これから何をすればよいのかという人もいるでしょう。 そこで、今回は冬休み以降の勉強について書きます。これからは入試本番に向けた準備体操の期間です。 いままで培ってきた実力を本番で100%発揮できるように準備していきましょう。数学では「計算問題」「一行問題(小問)」でのミスが命取りになります。 スピードと正確さが鈍らないよう毎日練習しましょう。 Tel帳(全国高校入試問題正解)を持っているのなら、計算問題と一行問題を抜き出して解くとよいでしょう…

  • トピックス 令和4年度公立入試の日程

    こんにちは、さくらです。 千葉県教育委員会のホームページに「令和4年度千葉県県立高等学校入学者選抜の日程」が掲載されました。 現在の中学2年生が受験するときの日程になります。願書提出 2月9日(水) 10日(木) 14日(月) (11日は建国記念の日) 志願変更 17日(木) 18日(金) 学力検査 24日(木) 25日(金)追検査受付 28日(月) 3月1日(火) 追検査 3日(木)発表 7日(月) 令和3年度とほぼ同じ日程となっています。 まあ、新制度になってまだ1度も入試をやっていないのですから、変更する理由がないでしょう。 (土日の関係で発表が2日遅くなったのは受験生には悩ましいでしょ…

  • 596.スパートをかける12月

    こんにちは、さくらです。12月も1週間が過ぎました、そろそろ受験勉強もラストスパートです。 この時期はもう学校の勉強を気にする必要がなくなっているはずです。 三者面談も終わって受験校に悩むこともなくなっているでしょう。 12月は余計なことを気にせず受験勉強に集中できる時期です。過去問の出来がよくなくても弱気になる必要はありません。 私立入試までまだ40日もあります。 夏休みと同じくらいの時間が残っているのです。 勉強して、勉強して、勉強しまくって、実力アップを果たしましょう。その気になれば、ものすごい勉強ができるはずです。 一晩で英単語100個を覚えてもよいし。 Tel帳の2教科3教科を12月…

  • 595.冬休みまでの受験勉強を確認する

    こんにちは、さくらです。冬休みまでひと月を切りました。 そこで今回は冬休みまでの受験勉強を確認したいと思います。 「この時期は過去問じゃないの?」という人は進学コラムをよく読んでくれている人ですね。確かにこの時期は過去問が一番大切です。 しかし、過去問だけやっていればよいわけではありません。 今までやってきた受験勉強も並行してやっていく必要があります。具体的にはTel帳(全国高校入試問題正解)を使った問題演習です。 (もちろんTel帳でなくても、今までやってきた問題集でOKです)夏休みから始めたTel帳はそろそろ2回目に入っているでしょうか。 「まだ1教科も終わっていない」なんて人はいませんか…

  • 594.公立受験校はいつ確定するのか

    こんにちは、さくらです。 11月も半分が過ぎ、すでに三者面談を終えた人もいることでしょう。ところで、私立は三者面談で決まりでも、公立は迷っているという人も少なくないと思います。 前回のコラムでも「公立の願書提出は2月です、現状で合格ラインにとどいている必要はありません」と書きました。しかし、もうひと月ちょっとで冬休みです。 そろそろ、いつ、どのような形で公立受験校を確定するのか、決めておかねばならない時期です。 そんなわけで、今回は公立受験校を確定するためのポイントについて書きます。 12月以降で受験校確定の判断材料になるのは以下の5つです。 1.公立過去問の出来 2.12月・1月の模試 3.…

  • 593.三者面談を成功させるために

    こんにちは、さくらです。 早いものでもう11月、いよいよ秋の三者面談の時期です。受験校を決めていく秋の三者面談は生徒・保護者と先生との思惑のぶつかり合いです。 中学校の先生はたくさんの面談を経験してきている面談のプロです。 先生の言うままに受験するならともかく、自分の意見を認めてもらわなくてはならない場合は綿密な作戦が必要になります。 (もし先生が新人なら別の意味で作戦が必要です) そこで今回は「秋の三者面談を成功させるためのポイント」を書きたいと思います。 「三者面談の目的」なぜ11月に三者面談があるのでしょう・・・ それは12月中旬に私立高校の入試相談があるからです。以前も書きましたが、県…

  • 592.過去問の取り組み方

    こんにちは、さくらです。まもなく11月、先取り学習の終わりが見えてくる頃だと思います。 同時に、私立の受験校を絞り込んでいく時期でもあります。 私立の受験校が決まったら、過去問(過去の入試問題)の研究に取りかかりましょう。というわけで、今回は「過去問の取り組み方」について講義します。はじめにお断りしておきますが、過去問の取り組み方は語る人によって様々です。 ここに書いたことは私個人の考える方法で、考え方のひとつだと受け取ってください。 ◎過去問研究の目的過去問研究の目的は 出題傾向を知ること 自分の対応力と時間配分を知ること の2点です。これをしっかり理解しておかないと、「ただ問題集を解いて終…

  • 591.公立入試の教科別特徴

    こんにちは、さくらです。早いもので10月も後半に入りました、そろそろ過去問を始めようかなという時期です。 過去問には出題傾向を知るだけでなく、今後の勉強の指針を示すナビゲーターの役割もあります。 過去問を解いた結果をふまえて対策をしていけば、より学習効果を上げることができるでしょう。今回は公立上位校受験の手引きの8回目、「8.公立入試の教科別特徴」です。 学校でも塾でもあまり教えてくれない、千葉県公立入試の教科別特徴について書きます。 公立入試で1点でも多く得点するために、教科の特徴を知り、対策に生かしてください。 8.公立入試の教科別特徴下は千葉県の公立入試が前期・後期になって以降10年間の…

  • 590.併願パターンの研究

    こんにちは、さくらです。 前回、県内私立高の入試日程をまとめましたので、今回は併願パターンの研究です。 ここでは、県船橋が第一志望で、私立の結果にかかわらず県船橋に合格したら進学するという受験生の場合を考えます。 東葛飾や千葉東を志望している場合も、ほぼ同じような併願パターンになりますので参考にしてください。 (佐倉、薬園台など公立2番手校志望の場合も、私立1番手校を削るだけで参考にできると思います)今回は公立1番手校を「公立1」、私立1番手校を「私立1」などと略します。 公立高校と私立高校の位置づけ(分類)については「584.公立高校と私立高校の位置づけ」に書きましたので、そちらをご覧になっ…

  • 589.県内私立高の入試日程のまとめ

    こんにちは、さくらです。県内私立高校の入試日程が発表されましたので、入試相談のない普通科9校の入試日程や募集定員をまとめておきます。 県内私立高の募集要項をまとめたものは千葉県私学協会や千葉県教育委員会のホームページに掲載されています。 定員は原則として併願のものですが、学校により単願や第一志望なども含みます。 (単願や第一志望を別枠で設定している場合は定員を掲載しています、ただしスポーツ推薦は掲載していません)なお、入試相談のない普通科9校はすべて後期選抜を実施しません。 [前期選抜] 上位校でも単願や第一志望の制度がある学校が多くあります。 専大松戸・芝浦工大柏・麗澤は入試が2日(2回)あ…

  • 588.残り半年間の勉強

    こんにちは、さくらです。9月も半分が過ぎ、暑さもだいぶ和らいできました。 いよいよ入試問題に取り組む秋がやって来ます。 本当に「受験勉強」と呼べる勉強はここからです。 今回は残り半年間の勉強について、大きな流れを確認したいと思います。高校入試までの半年間には次の3つの時期があります。1.1学期から続く「先取り学習」の時期 2.先取りを終了して「過去問研究」の時期 3.入試直前から入試期間の時期それぞれの時期で勉強する内容が異なってきます。 いつまでに何をすべきなのか、しっかり頭に入れておきましょう。 1.先取り学習の時期(~10月)秋は入試問題に取り組む時期だと書きました。 そのためには未習事…

  • 587.県立船橋高校の大学進学状況

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの7回目、「7.県立船橋高校の大学進学状況」をお届けします。私はここ数年、進学コラムでは高校の大学合格実績について書かないようにしています。(以前は書いていました) 大学合格実績は高校や大学の序列化をしているようで、不愉快な気持ちになる方もいらっしゃるからです。 それで、小冊子の受験の手引きに掲載場所を移したのですが、今年はその手引きがweb公開になってしまいましたので、結果的に進学コラムで書くことになってしまいました。読者の方にお願いですが、今回のコラムの目的は「高校受験生に将来の展望を語ること」にあります。 高校や大学を序列化することが目的では…

  • 586.選抜・評価方法の読み方

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの6回目、「6.選抜・評価方法の読み方」をお届けします。 6.選抜・評価方法の読み方公立高校のホームページで公開されている「選抜・評価方法」は、お役所的な文書で真意が読み取りにくくなっています。 そこで、元公立高校教諭の私さくらが読み方を伝授します。 ただし、私の解釈が間違っていても責任は取れません、あくまで参考程度に見てください。上位校の代表として、県立船橋高校・普通科の選抜・評価方法を使用して解説します。 青字が選抜・評価方法の本文、黒字は私の解説です。 表の部分は加工に困るため本文だけ抜き出して箇条書きにしてあります。 令和3年度 一般入学者…

  • 585.公立高校の入試システム

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの5回目、「5.公立高校の入試システム」をお届けします。 公立入試については夏休み前に発表があったばかりですから、コラムの読者の方にはわかっていることばかりかもしれません。 5.公立高校の入試システム千葉県の公立入試は前期・後期の2回入試が行われていましたが、2021年(令和3年)から一般入試のみの1回入試になります。 2021年は2月24・25日の2日間で一般入試が行われます。 1日目は国語・数学・英語の学力検査、2日目は理科・社会の学力検査と学校設定検査を行います。 学校設定検査には面接・集団討論・自己表現・作文・小論文・適性検査・学校独自問題…

  • 584.公立高校と私立高校の位置づけ

    こんにちは、さくらです。公立上位校受験の手引きの4回目、「4.公立高校と私立高校の位置づけ -併願パターンを考える上で-」をお届けします。 前回に引き続き、私立高校の話です。このコラムを読んでいる人は公立志望の人が多いので、「私立の話より、公立の話が聞きたい」と思うかもしれません。 確かに、この時期の受験生や保護者は、まだ第一志望の公立高校のことを考えるので精一杯かもしれません。 しかし、「1.入試までの日程」をもう一度見てもらえばわかりますが、公立入試が動き始めるのは2月からです。 実際には1月下旬には受験校を決める必要があると思いますが、少なくとも冬休み明けまでは公立受験校で悩む必要はあり…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、さくらさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さくらさん
ブログタイトル
さくら進学クリニック「進学コラム」
フォロー
さくら進学クリニック「進学コラム」

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用