chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
考えるお母さん**大学受験を見守る (旧)塾に行かずに公立難関高校合格 2021 体験記 https://fumiax.hatenablog.com/

2022春「塾に行かずに公立難関高校合格 2021 体験記」を終了し、次は子どもの大学受験を見守る日々を書いています。

塾なしで公立難関高校に入学した子は、現在次の目標である難関国立大を目指しています。子育てはあっという間だし、私の記憶力はどんどん衰えていきます。 残り少なくなってきた親の役目、頑張っている子の日々の記録残していきます。

ふみ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/10/06

1件〜100件

  • 英検の準備

    今日は9月30日ということで、高校生活の半分が終了です。 時間の経つのが早いですね、あっという間に半分終わってしまいました。 そして、英検の日程も迫ってきました。 まだハガキは届きませんが、会場が近くだといいな。 さて肝心の準備の方ですが。 前回、「燃え尽き症候群」になっていると書いた子ども。 fumiax.hatenablog.com その後は、少しずつ動きだしました。 といっても、相変わらず学校の課題の数学がメインで、あとは小テストに合わせた勉強ぐらいですが。 そして、英検の方は家ではライティングだけ、毎日1題ずつやっています。 英検分野別ターゲット 英検準1級ライティング問題 (旺文社英…

  • 学校行事終了後の気持ちの切り替え

    やっと、やっと、学校行事が終わりました。 高1、高2と、多くの時間をこの行事の準備に捧げてきましたが、それがやっと終了しました。 直前期は、早朝から夜遅くまで集まりがあって出かけてることも多く、やっと帰ってきたと思ったら、家にいる時は常にブーブーとLINEのマナー音が鳴り続けているような状態でした。 9月はもう家で勉強どころではなく、出かけているか、家でぐったりしているかのどちらかで(気がつくと床に転がって眠ってました)、こんなことで大丈夫なのかしらと親の私はずっとやきもきさせられていました。 一方、学校行事は、素晴らしいものだったらしく。 行事本番前後では、一緒に活動してきた同級生たちをたた…

  • 定期テストの結果

    今日は、期末テストの結果のお話。 期末テストの結果が少し前に出ました。 クラスの順位は3位、中間より1つ下がりました。 学年順位はクラス順位にクラス数を掛けた数字と同じぐらいぐらいだったので順当。 実技教科や受験に使わない教科も含まれる成績なので、全科目合計の順位はみてもあまり意味はないかな。 下がったけど、特に子どももなんとも思ってなさそう。 教科別にみると。 数学の点が良かったので本人は一桁順位も期待していたみたいですが、どうやらいつもより優しかったようで、思ったほどいい順位ではなかったみたいです。数2も数Bも学年全体の10%ぐらいの位置。 現代文は、クラス1位、学年2位でした。 現代文は…

  • 共通テストトライアルと英検

    先週、早くも河合塾の共通テストトライアル一式がメール便で送られてきました。 共通テストトライアルに申し込んだ話はこちらに書いています。 fumiax.hatenablog.com 受験日は10月2日(日)自宅受験 (申し込みは9月22日15:00まで 高2・1生対象 無料受験) いまのところ10月2日は予定がないようなので、その日に受験する予定です。 3教科とはいえ、国語80分、英語(リーディング)80分、英語(リスニング)30分、数1A(70分)、数2B(60分)とトータル320分、5時間20分。 おすすめ時間割例をみると、朝9時に開始しても、終わるのが夕方16時10分です。 模試の準備とい…

  • 高2の秋 すでに500日を切っている

    夏休みが終わるとあっという間に時計の針が進んでいきます。 4日前にたまたまネット上で目にした言葉、 「2024の共通テストまで、あと500日」 そして、今日は、あと496日。 (2023の共通テストまでは、あと132日) 496日が長いのか短いのかよくわからないですが、でもカウントダウンされると急に焦りを感じますね。 子どもにも言いました。 子どもはちょっと驚いて、そして嫌そうな表情を浮かべたので、これはいかん!と思って、慌てて「でもまだ高2だから!」とフォローしておきました。 来年の秋は、どんなカンジなのでしょうね。 子どものメンタルさえなんとか保っていられたら、私も大丈夫な気がするのですが…

  • 夏休みの勉強はどうだったのか、そして子どもの考えていることに気がついた

    今日は8月31日、サザエさん家のカツオが毎年大変な日ですが、現実世界ではもう学校が始まっている子も多いでしょう。 子どもも、学校はとっくに始まっていて試験を受けたり秋の行事の準備をしたり、すっかりいつもの生活に戻っています。 夏休みはあっという間でした。 今日は、そんな短かった夏を振り返ってみます。 夏休みのはじまりにこんな記事を書きました。 fumiax.hatenablog.com 1日6時間ベースでやる!と意気込んで夏休みがスタートました。 目標は、夏休みの日数×6時間=夏休みの総勉強時間 果たして結果は! 残念、目標達成ならず 夏休みの最後の日に子どもに「平均何時間だったの?」と聞いた…

  • 子どもの勉強で、いま私が唯一手伝っていること

    今日は、現在、私が「子どもの勉強で唯一手伝っていること」の話です。 中学生の時は、問題集の丸つけやテストや模試のファイリングを手伝ったり、現代文や詩歌、短歌などの問題を解説して教えたりしていましたが、高校生になってからは、何もしていません。 というかもう教えられることも無いし、高校生の勉強なんて手も足も出ません。 しかし、そんな私でも現在進行形で、唯一手伝っていることがあります。 それは 「英単語帳作り」 あ、でもこういうのではないですよ。 子どもが使っているのは「Quizlet」(クイズレット)というアプリです。 このアプリの英単語帳を作るのが、いま私が唯一手伝っていること。 通っている高校…

  • 共通テストトライアルの申し込みと、1年前の模試の結果

    今年も、河合塾の「大学入学共通テスト トライアル」を申し込みしました。 ちなみに、共通テトライアルは、高1、2生対象の共通テスト対策模試で、無料、自宅受験です。 問題冊子は自宅に送ってくれるので、紙の問題で受けられます。 (自分でダウンロードして印刷する必要はないです) 10月は英検や他の模試もあるのでちょっと迷ったのですが、せっかく去年も受けているので、1年経ってどうかわったのか確認するために受けることにしました。 無料だし、自宅でできるしということで。 子どもは、「去年より点数落ちたらまずいよね」と、ちょっとプレッシャーを感じるようですが、確かに去年より成績悪いと困りますね。 去年の共通テ…

  • ライバルたちの夏に思いをはせる

    夏休みも折り返しを過ぎ、カウントダウンが始まっています。 前半は猛暑と予定の多さに身体がついていかず随分大変そうでしたが、今はなんとか体調も整って気力も戻ってきたようです。 今日のタイトル「ライバルたちの夏に思いをはせる」としました。 ライバルと言って、まず思い浮かべるのは同級生。 子どもにとってはライバルというより良き仲間ですが、おそらく受験の時に同じところを志願する子もいるでしょう。 学校の友人たちなら、子どももなんとなく今何をしているかイメージできるでしょう。東進や駿台などの予備校に通っている子、塾に通っている子、家でまじめにコツコツやる子、学校の自習室に行ってる子、もちろん勉強ばかりじ…

  • 英検どうする?何級受ける?

    今日は、英検のお話です。 子どもの英検は、中3の時の準2級でストップしています。 その時のお話 fumiax.hatenablog.com 小学生の時の漢検は、親子でノリノリで準備して受けていたのですが、英検にはあまり興味がなくて、そんなに積極的に考えていませんでした。 準2級を受けた時も、中学校でほぼ強制参加の英検受験だったので、高校受験前の忙しい時になぜ英検を受けに行かなきゃいけないのかと文句言いながら受けていました。 漢検のお話はこちら fumiax.hatenablog.com 高校生になってからも、子どもの口から「英検受けようかな」という言葉は、全く出ず。 高校から英検受けた方がいい…

  • 高校の三者面談

    先日、高校の三者面談がありました。 ものすごく暑い日で参りました。 最近、夏バテ気味で胃腸の調子も悪いのですが、そこにプラスして気温が33度を超えると、全く自分が使い物にならないことに気がつきました。もう生きているだけで精一杯といういか、思考回路が停止して色々なことがどうでもよく感じます。 三者面談もそんな日だったのですが、なんとか頑張って行ってきました。 面談は、1年生の時と同じように、定期テストの個票と模試の結果のコピーが用意されていて、それを渡してもらいました。 「もうご覧になっていると思いますが、たまに親御さんに見せないお子さんがいるので」と。 助かった!と思ったのは、学習時間の集計表…

  • このやり方で公立中学の定期テストで学年1位をとっていました

    今日は久しぶりに、子どもの中学時代の勉強法を書いてみようと思います。 公立中学の定期テストで学年1位を取っていた子は、どんな勉強をしていたのか?そんな話です。(今回のお話は実技教科のペーパーテストは含みません) 以前にも中学の定期テストのやり方は書いているのですが(ブログの最後にリンク貼っておきます)、今日はもう少し突っ込んだお話を。 学年上位にはいるけどトップには手が届かない、学年トップはいつも同じ子が取ってるけど(もしくはトップ3の顔ぶれがいつも一緒とか)どうしたらそこに食い込めるのか、そんな風に思っている子もいると思います。 現在中1・2生で、1学期の定期テストもう少し頑張ったらトップに…

  • 夏の旅行をキャンセルとオンラインオープンキャンパス

    タイトル通りなのですが、夏休みに予定していた旅行をキャンセルしました。 旅行を予約した話はこちら fumiax.hatenablog.com このブログを書いたのは今月の頭、まさか1ヶ月も経たないうちに感染状況がこんなに酷くなるとは思ってもいませんでした。 キャンセルの理由は、コロナ拡大の現状を考えて。 旅行は来週の水曜日から金曜日の予定でした。 7日前までキャンセル料がかからないので、キャンセル料のかからないうちに家族で話し合って決めました。 車で行く家族旅行、遊びにいくところもほとんど屋外と考えると、旅行による感染リスクは低いと思います。(感染状況を考えたら、住んでいるいる地域の方がよっぽ…

  • 夏休みの勉強は時間をベースに進める

    今日はやっと夏休みに入った子どもの勉強についてのお話です。 前にここのブログでも書きましたが、子どもの学校の夏休みはあまり長くないです。 その上、学校の夏期講習もあったり、秋に行われる学校行事の準備もあります。 子どもの予定表を確認したら、何も予定がないフリーな日は12日でした。(現時点なので、この後、予定が入る可能性大) 夏休み前は、家ではあまり勉強せず、のんびりゲームやったり、本読んでたりしていたので、このままダラダラと夏休み突入なのかとハラハラしながらも何も言わなかったのですが。 夏休み直前になって、子どもが 「高2の夏休みから、受験生になる」と急に言いました。 「もしかしてゲームをやめ…

  • 大学の説明会の予約をしました

    そろそろ夏休みに入られている学生さんも多いと思いますが、夏休みといえば、学校説明会やオープンキャンパスの時期ですね。 子どもは前に書いた通り、面倒臭がってなかなか動いてくれないので、結局私が調べてこれはどう?これはどう?という感じで提案してます。 高校受験の時も学校説明会のネット予約がすごく大変でしたが、あれから2年経った今も、説明会も争奪戦はすごいですね。 今回、先着順の説明会の予約に挑戦しましたが、やっぱり受付終了までがあっという間でした。 私は高校受験の時のネット予約の経験を活かして、事前に準備して予約日を迎えたので無事に予約が取れましたが、ほんの少しもたついただけで、受付番号が500番…

  • 高校選びの時に全く気にしていなかったけど、今になって違いを感じること。

    今日は、子どもの高校選びの時には全く気にしていなかったけど、今になって考えた高校の違いについて、のお話です。 私も子どもも高校選びの時に全く気にしていなかった違い、それは「2学期制」と「3学期制」です。 高校受験の時に、色々な学校の資料やパンフレットを読んだりして比べていましたが、その高校が何学期制なのか?、気にも留めていませんでした。 よくある(高校選びはこういうところに注目してみましょう)みたいなものでも、何学期制か確認しましょうなんて書いてあるものもなかったと思います。 高校の学期制の違い気がついてから、子どもが併願した私立の高校の学期制は何だったんだろうと今更調べたぐらいです。 子ども…

  • 全統記述高2模試 第一回

    先週、河合の全統記述高2模試 第一回の結果が公開されました。 河合の模試は、共テトライアルと、共テチャレンジを高1の時に受けましたが、全統記述は初めてです。 レベルは、駿台>河合>進研模試とよくネットなどでも目にしますが、模試を受けてきた日に子どもに聞いたところ「進研模試より河合の方が簡単だった気がする」と言ってました。 いやそんなことはないだろうと思って聞いていましたが。 結果は、 偏差値 国語>>75>数学>英語>70 点数 数学>>>国語≧英語 点数的には、数学がすごく良かったです。 子どもが言うには、ケアレスミスをしなければ満点もあったとの事でしたが。 ネットで得点分布図を確認したら、…

  • 高2の夏休みは遊べるのか?すでに受験生なのか?

    7月になりました。2022年も半分終わってしまいましたね。 そろそろ夏休みという言葉もちらつくようになってきましたが、今日はそんな夏休みの話を。 子どもの高校の夏休みは、それほど長くない上に高校の夏期講習もあるので、完全にフリーな日を数えてみると、あれ?これだけ?というぐらいの日数です。 去年は、ちょうど8月にコロナの感染拡大があり、突然、学校の活動もあれこれ停止さえた覚えがあります。本当は、部活や学校行事の準備ですごく忙しくなるはずが、みんな無くなってしまっておかげで家で課題が進んでいたようですが。 受験生の中3の夏も、コロナと受験の準備でどこにも行けず、高1の夏も制限がかかってしまって何も…

  • 結局なんだかんだ言っても、一番大事なのは。。。

    今日は、前回の(定期テストの結果)の続きのお話です。 前回、普段の勉強量から考えると首をかしげてしまう順位だったので親子で色々理由を考えていた、というお話を書きました。 fumiax.hatenablog.com この時、私が思いつく理由を色々言ってたのですが、最後に子どもが言ったひと言が、私には思いがけない言葉でした。 それは 「結局なんだかんだ言っても一番大事なのは、授業なんだよ」 えっ、そこなの? 高校生でも、学校の授業なの? 子どもは、この言葉に続けて 「誰よりも真面目に授業受けてるよ。クラスで一番授業をちゃんと聞いていると思うよ」 冗談なのか、本気なのかわかりませんが、にやっと笑って…

  • 定期テストの結果をみて首をかしげたこと

    今日は、定期テストの結果をみて首をかしげたこと、のお話です。 少し前の話になりますが、先月の中間テストの結果がでました。 テストが返却された後の話は、先日もこちらで書きましたが fumiax.hatenablog.com 結果を先に書いてしまうと、高1の時よりもかなりいい成績でした。 学年の順位は全体の上位5%以内、クラス内では2位。 科目別では、数学と世界史が上位3%以内に入りました。 その他の科目も高1に比べるといい位置に入っていて、一番悪かった科目でも上位 25%に入っていました。 1年生の時は上位10%でさえ全く手が届きそうにもなくて、その位置は無理だろうと、はなから諦めていたというか…

  • 佐藤ママの本を読んで思ったこと

    先日、佐藤ママこと佐藤亮子さんの本を読みました。 もう高2生なので、最近はこういう系統の本は読んでいなかったのですが、「志望校は絶対に下げない!」というタイトルにひかれて、図書館に予約しました。 志望校は絶対に下げない! 受験で合格する方法100 作者:亮子, 佐藤 ポプラ社 Amazon 実際に読んでみると、「志望校は絶対に下げない」は、受験で合格する100の方法の中の1つの項目で取り上げられていただけで、この本全体がこのテーマというわけではなかったのですが。 「志望校は絶対に下げない」の部分の内容は、次男さんが高3の時に弱気になってしまったエピソードと、その時に親が気をつけることが書いてあ…

  • リスニング対策にNHKラジオの英語講座と?

    今日は、リスニング対策のお話です。 4月にNHKラジオの英語講座の話を書きました。 fumiax.hatenablog.com あれから2ヶ月半、その後はどうなっているか?というと。 4月のブログで書いたスケジュール通り、今も同じことを続けています。 「ニュースで学ぶ現代英語」は相変わらず2回連続再生をしています。 ただ、最近は子どもが疲れすぎていて、リビングに降りてきてから朝食を食べ始めるまでの時間をソファで二度寝(それも爆睡)してるので、一回目は、ほとんど聞こえてないと思います。 二回目は子どもが朝食のテーブルにつく6時半から流すので、これはもくもくと納豆をかき混ぜながら聞いている様子。 …

  • 高校2年生の6月から10月の難しさを考える「高2の中だるみ」

    高校の進路説明会に何度か出席していますが、その度に聞かされている話があります。 それは「高2の中だるみ」 入学して最初の進路説明会でも、高2の中だるみには触れられていました。 (その時は高校生になったばかりでそれどころではなかったし、他人事にしか聞こえていませんでしたが) 中だるみはデータにも表れていて、入学年度別に出している模試の平均偏差値の比較データでも、ほとんどの年度で高2が3年間のうち一番低くなっていました。 進路担当の先生は、「この時期をできるだけ落とさないようにうまく乗り切って欲しい」と言われます。 高1の時は、「高2の中だるみ」をあまり深く考えていませんでした。 高校受験の時の貯…

  • 大学進学を基準に考えた高校選びで、チェックすべきデータは?

    進学を基準に考えた高校選びをする時に、その高校が持っているどんなデータに着目したらいいか、そんなお話をしたいと思います。 夏に向けて高校説明会なども始まると思いますので、高校受験生の方の参考になったらうれしいです。 高校選びをする時に、色々な条件があると思います。 自分の学力に見合う学校 通学手段、時間 校風、伝統、部活、施設、授業カリキュラム 進学実績 (地元での評判なんていうのも実は大きいかも) 高校受験はまずは偏差値ありきだと思うので、自分の模試の偏差値と高校一覧の偏差値表を見比べて、その中で少しでも偏差値の高い学校で合格の可能性のある高校を候補に入れていくというのが多いと思います。 い…

  • 定期テストが返却されると、むくむくと湧き上がってきてしまう気持ち

    中間テストが終わり、全科目のテストが返却されました。 大学受験は一般入試しか考えていないので、学校の成績は進級できればいいのですが。 そうなると定期テストは、最低限できればいいという事になります。 高1の時は、まだ中学生の時の<内申のためにはひとつも落とせない>という感覚が抜けきっていなくて、極端な取捨選択はできず、絶対に必要のない科目も前日に勉強したりしていました。 親の私もその感覚が抜けきっていなくて、「不要な科目はやらなくてもいいんじゃない?」と子どもに言えなかったどころか、「定期テストの1週間前だよ」なんて声もかけていました。 でもさすがに高2になると、もう完全に割り切ったようでした。…

  • 年間学習計画表(ガントチャート)をエクセルで作りました

    今日は、年間学習計画表を久しぶりに作ったお話です。 子どもが高校生になってからは、勉強のことはあまり口をださずに1年過ごしてきましたが、私はずっと気になっていたことがありました。 それは、子どもが長期的な計画を立てようとしないことでした。 中学時代は、私が声をかけて何度も何度も長期計画表を作ってきました。 高校生になったら自分で作って欲しい、そう思って見守っていたのですが、流石に黙っていられなくなって「そろそろ長期的な計画を立てたら」と言ってみました。 すると、「そろそろ作ろうと思ってた。中間テストが終わったら作るつもり」と言うので、よしよしと思ったのですが。 中間テストが終わった日に、子ども…

  • 全国高校入試問題正解の発売が近づいてきて今さら思う事

    梅雨に向かう前のこの気候、私に何かを思い出させる、、、と考えてみたら、私の頭に「全国高校入試問題正解」のことが浮かびました。 どうやらめぐる季節の思い出の中に高校受験の事も私には書き込まれているようです。 最近は大学受験や高校生活のことを書いていますが、検索でこのブログにたどり着いてくださる方の検索上位ワードは高校受験関係が多いです。 そして、最近の注目記事の中に1年前のこの記事が出ています。 fumiax.hatenablog.com 1年前のこの記事は、全国高校入試問題正解は色々な種類があるから間違えないでねという事と、2020春入試内容はコロナの影響を受けて通常よりも範囲が狭くなっている…

  • 自習室を必要としない理由は(2)自宅の学習環境

    前回の話の続きです。 前回、子どもが自習室を必要としない理由を2つ書きましたが、今日は、3つめの自宅の学習環境のお話です。 子どもが勉強する場所は、基本的に2カ所。 1 1階のリビング(机、ソファ、ステッパー) リビングに机を置いたのは小学校5年生の時です。 それまでは、机を持っていなくてダイニングテーブルで宿題や進研ゼミをやっていました。 机は無印良品のオーク無垢デスク(現行品とは違います)とデスクキャビネットの組み合わせ、椅子はなんと1歳から使っているトリップトラップのベビーチェアです。 トリップトラップ、小さい時に足置きにしていた方の幅の広い板と、座面にしていた幅の狭い板の上下を入れ替え…

  • 自習室を必要としない理由は(1)

    今日は、子どもの勉強をする場所についてのお話です。 最初に書いてしまいますが、子どもの勉強する場所は、ほぼ自宅です。 学校には、もちろん自習室があります。 また、校内の使用も自由で、朝から最終下校までの時間なら教室も使えるし、図書室も使えるし、基本的に土日も学校が使えます。 それから家のすぐ近くに図書館もあって、学習ブースがあるでそこを利用することもできます。 勉強できるようなカフェも、学校の最寄り駅にも、家の近所にもあります。 塾や予備校には通っていませんが、自宅以外でも勉強しやすい環境だと思います。 それでも、勉強するのは、ほぼ自宅です。 1年の時の仲の良いクラスメートは学校で勉強する子が…

  • 楽天モバイルと、我が家のスマホルール

    子どものスマホをLINEモバイルから楽天モバイルに変更したのは、ほんの1ヶ月ほど前のこと。 fumiax.hatenablog.com この記事でも書いたのですが、 >楽天モバイルを選んだのは、端末が安く買えたことと、プランが1つだけで1GBまでなら0円だから。 はい、そうです。 このプラン終了になることが発表されました。 チーン。 楽天を0円で使って、デュアルsimで安いesimにするのが最強の節約、と世の中にかなり広まってきていたので、そう遠くないうちにこの0円プランやめるだろうなと思っていたのですが、契約してすぐに新プランのお知らせがくるとは。 端末を分割払いにしておかなくて、ヨカッタで…

  • 「余計な勉強はしないでください」と言われて、ふと思った中学時代

    定期テストが近づいてきて、この週末は久しぶりにいいカンジのスイッチが入っていた子どもです。 先週の平日は、「疲れた」「集中できない」そればかり言ってたので週末は大丈夫か?と心配してたのですが、集中している姿をみてひと安心。 そんな子どもと、学校の話をしていました。 話のきっかけは、ある教科担当の先生から送られてきた動画配信のお知らせでした。 子どもがスマホをチェックしてて、 「あ、〇〇先生から、また動画が送られてきてる」 と言うので、 「テスト範囲のところ?もしかして授業が間に合わないから動画配信なの?」 と聞いてみました。 「いやそうじゃなくて、元々、ここの部分は授業ではやらずに動画配信にす…

  • GWは勉強できたのか?

    GWも終わり、今日から日常が戻ってきました。 みなさん、ゆっくり休めましたか? 私は、いつも以上に食事を作ったり、買い物へ行ったり、実家へ顔を出したりしていたので少し疲れました。 さて子どもの勉強の方はどうだったでしょうか? 前回書いたように前半戦はなんとかモチベーションを保ちながらやっていましたが。 後半戦もどうにかこうにか気持ちを折らずにやっていたようです。 何も予定の無い日は、午前、午後と夜少し、と1日中やっていました。 一番やっていた日は7時間ぐらい勉強していたようです。 ただ、どうも学校からの課題の量が多かったようで、やって欲しかったスタサプの英語は思うように進んでいないようです。 …

  • GWスタート、勉強のモチベーションは

    そろそろGW折り返しというところでしょうか。 子どもの学校は、GW中の平日は普通に授業があるので、実際は4日休み増えるだけであとは普通に週末です。 なんとなく世の中の伝え方が「最大で10連休!」みたいなキャッチコピーになっているので、ひとまとまりのお休みがあるような気にさせられるのですが、カレンダーの中身を確認してみると、それほどすごい事はないことに気がつかされます。 GWのイメージだけで、あれもこれもやろうと決めて目標を立ててしまうと、途中で思うようにできていなかったり焦ったりするので、ここはしっかりカレンダーと向き合って現実的な目標が必要になります。 rakuten_design="sli…

  • やっと決心がついた地歴の二科目、そして現時点の志望校

    今日は、文系の子どもの地歴の科目選択についてのお話です。 「地歴」と聞いて、ん?「地歴公民じゃないの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。 選択肢は、「地歴」なんです。 なぜなら東大文類の二次試験が、「世界史B」「日本史B」「地理B」の中から二科目選ばないといけないから。 現時点では志望校を東大の文類として、それに合わせた勉強を進めていく考えのようです。 二次に社会科が二科目というところは東大だけなのでしょうか?、私もそのあたり全然詳しくないのですが。 ただでさえ科目が多い国公立大学の入試に、二次の社会が二科目というのもかなり重いですね。 1年生はとにかく数学、数学の日々でしたが、ここへ来て…

  • 1年ぶりにスタディサプリを再開、でも短期集中型で。

    今日は1年ぶりにスタディサプリを再開させたお話です。 スタサプは、ちょうど1年前に休会にしていたのですが、また始めることにしました。 1年前に休会した理由は、高校生活が本格的に始まって、部活や課題に追われてとてもスタサプまで手が回らないと思ったからです。 その時の契約が旧料金の1078円だったので、使わない月もなんとなく契約したままだったのですが(再契約だと2178円になるので)、そのまま契約していてもしばらく使いそうな気がしなかったので一旦お休みにしました。 スタサプは、中3の理科、社会の先取り(夏までに全範囲終わらせたかったので)と高校入試後の高校数学の先取りに利用してました。 少し前から…

  • 学校の年間予定の確認と今年度の模試

    今日は子どもの年間予定のお話。 学校からはすでに年間予定表を頂いていたのですが、あらためて細かく確認しながら自分のカレンダーに予定を入力しました。 カレンダーは共有にもできるようにしてあるので、子どもの予定は、子どものスマホやiPadのカレンダーにも自動的に入るようにしてます。 本当は子どもが入れてくれるのがいいのですが、こういうことに対してマメじゃないので、私の方でやってしまいます。 高校に入学した後、もう少し長期的な予定に意識を持って欲しいと、私の方がちょっとイライラしていたことがあるのですが。 子どもの高校生活の中身がだんだんわかってくると、これは仕方ないかもとそんな気にもなりました。 …

  • 数学が得意な子の文理選択

    今日は子どもの文理選択のお話です。 このブログでも既に何度か書いている通り子どもは文系志望です。 私の中の古い文系のイメージは、数学が苦手な子が数学回避のための文系だったのですが、子どもの進路選択を見守る中で色々と考えが変わっていきました。 数学が得意な子が文系に行くと言った時に、「もったいない」と思う親御さんも少なからずいらっしゃると思います。 私は子どもに「文系にする」と言われた時に、どう思ったのか?そのあたりを書いてみようと思います。 まず子どもの成績のこと。 数学は高校の成績の中では一番いいです。 数1も数Aも観点別評価はオールA、定期テストも上位。 直近の駿台模試の数学の偏差値は、7…

  • 「高校受験に1000万円超え」の記事を読んでびっくり

    今日は、ネットネットニュースを読んでいてびっくりしたり思ったりしたこと、のお話。 我が家では新聞をとっていないので、ネットニュースをチェックしてます。 教育・受験情報をよく読んでいるせいか「あなたにおすすめ」に出てくるニュースもそういう話題が多いのですが。 今朝もなんとなくチェックしていて、一瞬にして目が覚めた見出し。 長男塾代に総額1000万円以上 ジャガー横田「塾代聞いた時びっくり」も合格して「お金かけて正解」 記事の内容は、見出しの通りなのですが。 (気になった方は、ネットニュースを検索してみてくださいね) いや、びっくりしました。 3年間の塾代が1000万円超え、一番高い月で150万円…

  • ブログがきっかけで子どものスマホを楽天モバイルに変更することに

    今日は子どものスマホを楽天モバイルに変更することにしたお話。 子どものスマホを変えようと思い立ったのは先週の木曜日で、色々調べて昨日楽天モバイルに申し込みをして、現在はsimとスマホを待っているところです。 スマホを変更しようと思いっ立ったきっかけは、このブログでした。 というのも先週の木曜日に、子どものスマホについての記事を書いていました。 子どものスマホの使い方、料金のこととを書こうと思っていたのですが、情報を正確に書うためにあらためて色々調べていた時に、適用されていたお得な条件が4月から変更されていたことに気がつきました。 (あとから確認したら携帯会社からお知らせが来ていたのですが、いつ…

  • 朝ごはんのお伴は、NHKラジオ英会話とNHKニュースで学ぶ現代英語

    新学期もスタートして、だんだん科目担当の先生の様子もわかってきたようで、家に帰ると色々話してくれます。 化学の先生がとってもアナログなやり方の授業なようで、「ちょっと心配になった」と言ってました。 子どもの学校は若い先生も多く、ネットを駆使する先生が圧倒的なんですが、年配でそういうのが疎そうな先生はちょっと心配になるのでしょうね。 担任は英語の先生です。 身近に英語の相談がしやすい先生がいるのはいい環境だわと親はホッとしましたが、今年度から習う先生なのでまだ人となりは不明のよう。 そんな英語関係のお話を。 今年度のNHKラジオの語学講座の話題です。 NHKラジオ ラジオ英会話 2022年 4月…

  • 入学した時に親が学校から言われた、たった一つの事

    高校に入学して1年経ちました。 桜を眺めていると、去年入学式の帰りに近所の桜の木の下で子どもの写真をとった事を思い出します。 ずっと目指していた高校に入学できて、親子でその高揚感を味わっていた時期でした。 1年も経てば、すっかり日常で「朝起きるの辛い」とか「学校面倒臭い」とか言ってますが。 今日は入学した当時、学校から親に向けてよく言われた事について書きたいと思います。 去年のこの時期、親も説明会や入学式、懇談会などで何度か高校へ足を運ぶことがありました。 学年全体やクラスなどで、色々な先生方が保護者に向けて話をしてくださったのですが、どの先生も共通して話されることがありました。 それは、 【…

  • 第3回高1駿台全国模試

    前回の記事にも模試の話を少し書きましたが、今日は2月に受けた第3回高1駿台全国模試の結果のお話しです。 駿台全国模試を受けたのは、今回で2回目でした。 初めて受けた時はちょっと戸惑うようなこともあったようですが、2回目は模試の形式に慣れてきたようで、英数国3教科全てで偏差値があがっていました。 上がり幅は3教科とも、それぞれ約+8と平行移動でした。 偏差値の順番は、数学≧英語>国語 進研模試で全国40位を取ったことがある国語も駿台模試になると三科目の中で一番低くなります。 国語はやっぱり問題の難易度次第ですね、こちらの方が実力通りのような気がします。 記述は部分点は取れるようですが、もう一息で…

  • 中学から高校へ、国語はどうなったのか

    今日は、中学から高校へ国語の成績がどう変わっていったかそんなお話です。 「塾に行かずに公立難関高校合格2021体験記」の頃にもよく話題にしていた国語ですが、小学校、中学校と国語は本当に苦戦していました。 中学で初めて受けた模試の国語の偏差値は57。 一見すると平均超えているし、初めてだったらそんなものでは?と思われるかもしれませんが、その後も偏差値はやっと60を超えるぐらい。 5教科全てで点を取る必要があるトップ校狙いとしては、1つでも苦手な科目があるのはかなり厳しい。 そして、偏差値以上に私を悩ませたのは、その内容。 まずは問題がなかった方。 何度か書いていますが、子どもは小学生の時に漢検2…

  • 高校生の災害に対する備え

    先日も東北地方で大きな地震がありましたが、今日は子どもの災害に対する備えについてのお話です。 去年、高校に入学する時に学校に提出する書類を書きながら、もし大きな地震が起こったらどうしよう、そんなことを考えていました。 中学は近所だったのでそこまで考えたことは無かったのですが、高校は電車通学になります。地震でなくても大規模停電が起こったり、何かしらのトラブルで電車が使えなくなったり、電車にのっている最中にトラブルが起きて電車の中に閉じ込められる可能性もあるかもしれないと思いました。 何か備えておくことはできるかしら?と考えました。 重たいリュックを背負って通学する高校生、できるだけ軽くてコンパク…

  • 子どもと数学

    この三連休は数学の課題に頭を抱えていた子ども。 「集中できない」とか「間に合う気がしない」とか「もうダメかも」というセリフを言うためにいちいちリビングに降りてくるので、その度、相手させられてました。 さすがに連休最終日はお尻に火がついて、必死にやってましたが。 中学生の時は「わからないならさっさと解説読んだら?」とか「難しい問題は後回しにして、できるものからやったら」とか、何か子どもの突破口になるようなことを言わないと、と思って絞り出していましたが、もうそういうのもやめました。 今は「それは大変だね」とか「チョコレートでも食べる?」「何か甘いものでも飲めば?」そんな事ぐらいを言って構ってあげま…

  • 学年末試験の結果

    前回のブログでも最後に書いたのですが、ブログタイトルを「塾に行かずに公立難関高校合格 2021 体験記」から「考えるお母さん**大学受験を見守る」に変えて、大学受験に向けて思う事を色々つづっていきます。 あらためてよろしくお願いします。 さて、今日は学年末試験の結果のお話。 高校生って時間が経つのが早いですね。 ついこの間高校に入学したばかりのような感じがするのに、気がつけばもう1年生も終わろうとしています。 2年後はもう大学入試の結果が色々と出ていると思うと、おそろしくなります。 高校の方では、学年末試験の結果がでました。 結果は、全体の平均点プラス150点ちょっとで、学年順位は上位10%ぐ…

  • 塾なし受験のデメリットとその対策(5)とお知らせ

    塾なし受験のデメリットとその対策の話、今日で最後になります。 私が自分の子どもに対して考えていた塾なし受験のデメリット4つ。 受験情報、分析、相談 学習計画 教材 モチベーション 今日は最後の「モチベーション」の話です。 モチベーションという言葉、日常生活でよく使われています。 やる気と言う意味で使われていることも多いですが、言葉の意味をよく調べると正確な意味の場合、少し違うようです。 モチベーションとは、動機づけだそそうです。 動機付けとは、行動を起こさせ、目標に向かわせるための心理的な過程。 やる気は、「よし、やろう!」と本人が内から思う事で、モチベーションとは内側からの要因と、環境などに…

  • 塾なし受験のデメリットとその対策(4)

    塾なし受験のデメリットとその対策、4回目です。 今回はデメリットの3つ目に挙げていた、「教材」について。 「教材」と一言でいっても、これも前回、前々回に書いた「学習計画」と同じで、2つの軸がありました。 内申対策 高校受験対策 (内申対策の教材) 子どもは進研ゼミをやっていたので、普段の授業の予習に進研ゼミを使っていました。 (予習をやっておくことは、授業での発言に直結しました) 進研ゼミは、2年生まではハイレベルコース、3年生は最難関コースをやっていたのですが、テキストの演習量は少なめ、定期テスト対策本も問題量が少ないので、理科と社会の定期テスト対策はもっぱら市販の教科書準拠の問題集でした。…

  • 塾なし受験のデメリットとその対策(3)

    前回、内申対策で塾の必要がないと判断した話を書きましたが、今回は、「高校入試本番の問題の点をとるための勉強」の学習計画を考えた話です。 上位校狙いの塾利用の理由は、内申対策よりも受験対策の方が多いと思います。 塾によっては定期テスト対策は一切やらないところもありますよね。 難関私立国立を狙う子は、早い時期から塾で先取りをして志望校に合わせた受験対策をやるというのはわかっていたのですが、では公立トップ校狙いの子は? いつから始めて、どんな勉強をしたらいいのか? 先取りは? 勉強内容のレベルは? どの時期にどれぐらいの力をつけておいたらいいのか? 疑問に思うことはたくさんありました。 塾なしのデメ…

  • 塾なし受験のデメリットとその対策(2)

    前回の続きです。 fumiax.hatenablog.com 私が自分の子どもの高校受験において、塾なしのデメリットになるのではないかと考えていた4つの要素 受験情報、分析、相談 学習計画 教材 モチベーション 前回は、「1.受験情報、分析、相談」について書きましたが、今回は「2.学習計画」について書いてみようと思います。 子どもが中学に入学後、私は公立高校受験のための勉強には2つの軸があると考えていました。 内申点をとるための勉強 高校入試本番の問題の点をとるための勉強 この2つの軸のそれぞれの勉強進め方、学習計画をどうしようか?塾なしだとデメリットがあるのではと考えました。 今日は、「内申…

  • 塾なし受験のデメリットとその対策(1)

    3月に入りました。 受験の結果がすでにでている方、結果待ちの方、いよいよ本番の方、色々な3月を迎えられていることと思います。受験生の方も保護者の方も本当におつかれまさまです。 このブログを始めたのが1年半前子どもが中3の秋、去年の春からは合格体験記として1年前を振り返りながら書いてきました。そろそろ高校受験から1年経ちますので、体験記は終わりかなと思っているのですが、そういえばまだ書いていなかったなと思うことが少しあるので、体験記を終わらせる前にもう少し「塾なし受験」のこと書いておこうと思います。 前に塾なし受験のよかったことを書いたのですが fumiax.hatenablog.com 今日の…

  • 電子辞書とか紙の辞書とか

    今日は、高校生の子どもの辞書のお話をしようと思います。 そろそろ入学準備が気になってくる時期ですが、「電子辞書どうしよう」と考えている方も多いのではないでしょうか。 高校生どんな辞書使ってるの?私も去年の今頃はそんなこと考えていました。 高校入学が決まって色々もらってくる書類の中に教科書販売の書類と一緒に、「〇〇高校入学者様へおすすめの電子辞書」というチラシも入っていました。 これ時々勘違いされる方もいらっしゃるようですが、これは学校が推奨しているわけでもなく、単に教科書販売している本屋さんが営業として入れてるチラシであることが多いのでその点は注意しましょう。 ちなみに入っていたチラシはカシオ…

  • 受験生へ親からの声掛け

    2月に入りましたね。 いよいよ公立高校の本番に向けて緊張している受験生やその親御さんも多いのではないのでしょうか。 去年の私は、こんなでした。 fumiax.hatenablog.com そういえばこの時期、耳鳴りが酷かったです。 去年もコロナの事で心配でしたが、1年後は収束してるかななんて思っていました。 今のこの状況をみると、今年の受験生は去年以上に不安も大きいのではないでしょうか。 合格しおり 太宰府参宮 キットカット+合格栞 きっと勝つセット 合格祈願 合格 応援グッズ サクラサク 桜の無垢材 プチギフト通販 Amazon 親はコロナのことも心配しなきゃいけないし、本番に子どもがどれだ…

  • 共通テストチャレンジ受けました

    今日は、最近の子どもの話です。 週末、共通テストがありましたが、子どもも共通テストチャレンジを受けました。 東進と河合塾で迷ったのですが、まだ1年生だし自宅でもいいかなと、河合塾の共通テストチャレンジにしました。 河合塾は、去年の11月の共通テストトライアルも受けています。共通テストトライアルは高1、2生対象で、数2Bもありましたが、とりあえず英数国全部受けてました。高2生も一緒なので結果は気にせずと思ったのですが、半分もやっていなかった数2Bを入れても思いのほか良かったです。 共通テストに対しては、この共通テストトライアルを受けただけで、それ以外は過去問を解いたりとか、あらためて勉強したりと…

  • 1年前の最後の会場模試とかご飯のこと

    今日は受験直前の会場模試とかご飯のことについて書いてみようと思います。 去年の受験のことを思い出すと、ちょうど今頃が子どもの最後の会場模試でした。 fumiax.hatenablog.com 昨年も模試の後にその話を書いていたのですが、もう一度一年前を思い出しながら、少し補足を。 去年も書きましたが、最後の会場模試は、受験本番のリハーサルのつもりで臨んでいました。いつも私服で行ってた模試に制服で行き、食事も前日の夕食、当日の朝ごはん、当日の昼ご飯を意識しながらやってみました。 といいつつ、模試前日の夕食も入試前日の夕食も全くメニューを覚えていないことに今気がつきました。 あ、でも多分、いつも食…

  • 去年の今頃の様子と本番にむけて

    新年最初の更新です。 今年もよろしくお願いします。 今日は、去年の今頃の様子や、本番にむけてのお話です。 必勝祈願 陣中見舞い キットカット ミニ 食べ比べ きっと勝つ 60個セット 箱入り ギフト プレゼント 8種以上 ランダムセット 詰め合わせ 去年の記事を読み返してみると、1月はとにかく模試と模試の過去問、入試の過去問、入試予想問題、これにつきますね。 週末は入試本番のスケジュールどおりの時間に5教科の問題を解くというのを繰り返していたことを思い出しました。 この頃、子どもが時々口にしていたのは「もう飽きた。辛い」でした。 もうこの時期は新しいことを勉強することがほぼないので、自分の持っ…

  • 受験生、今の時期にもう一度ちゃんと考えておくこと

    今年も残り10日ほどですね。月日の経つのは本当に早いものです。 受験生の方々は緊張が高まってきている時期ですね。 もうこの時期ですから受験校を決めている方も多いとは思いますが、年明けの模試の結果まで悩む方もいらっしゃるでしょうね。 今日は、受験生が今の時期にもう一度考えておいた方がいいことについて書いてみようと思います。特に勉強が大変だと言われてる難関校を目指している方に。 以前こんな記事を書きました。 fumiax.hatenablog.com この時にも書いたのですが、受験はゴールではなくスタートです。 こんな言葉、世の中にはいっぱい転がっていて、就職や結婚などでもよくつかわれるありふれた…

  • 1年前の中3秋冬の模試の結果を振り返ってみる

    11月も今日で最後、明日からは師走です。 そろそろ仮内申も決定して私立高校の出願先を決定された方もいらっしゃるのではと思います。 受験生の親御さん、メンタルは大丈夫でしょうか。 だんだん苦しくなってきてる方も多いのではないでしょうか。ここからの3ヶ月前後なかなかしんどい日々が続くかと思います。 私もこの時期ぐらいから不安になることが多かったです。 併願の私立高校を決めた時も本当にここで良かったのか?(消去法で決めたような学校だったので)、本命校も本当に大丈夫なんだろうか? 併願の私立はできる限り避けたかったので、それならもっと確実な学校を選ぶ方がいいんじゃないかとか(併願の私立高校よりもひとつ…

  • 記述問題をやった後に必ずさせていたこと

    11月に入りそろそろ学校の秋行事も落ち着いてくる頃でしょうか。 子どもも学校行事で青春を謳歌しつつも、ここ2週間で3つの模試を受けました。高校生の秋は模試の季節なんですね。 模試の話はまた機会があれば書いてみたいと思いますが。 今のところ普段あまり勉強していない英語のリスニングと古典がなぜかどの模試も点が取れる不思議と、あれだけ勉強している数学がどの模試も思ったほど伸びないのが不思議だなと子どもの話を聞きながら心の中で思っています。 今日は、中学時代にやっていた記述問題について書いてみようと思います。 家庭学習や通信教育をやっていく上で、記述問題というのは少々厄介です。選択問題のように正誤がは…

  • 去年の今頃やっていたこと。

    10月も終わりに近づいてきて、気がつけば今年もあと2ヶ月ほど、受験生の方は、時間が加速してきた気がする時期かなと思います。 受験生の時の記憶がどんどん薄れてきていますが、昨年の記事をみるとちょうど英検の一次の結果が出たり、中学校で担任との志望校面談、模試、そんな時期でした。 去年のブログではこの時期にどんな勉強をしていたかあまり書いていなかったので、ちょっと思い出してみようと思います。 今日はそんなお話を。 おそらく来月、中学の定期テストがあるところも多いんじゃないかと思いますが、3学期制のところは2学期の期末テスト、2学期制のところは後期の中間テストというところでしょうか。 子どもの学校は中…

  • 小学生の時の勉強(2)

    今日は前回の続き、「小学生の時の勉強」の算数と数学の話です。 算数は、毎度毎度書いていますが他の教科と同じくベースは進研ゼミをやっていました。 進研ゼミは基本的な問題も多いのですが、授業の予習になっていたので逆にそのレベルがちょうど良かったと思います。 ただやっぱりそれだと学校の授業レベルまでの勉強になってしまうので不安は感じていました。 というのも、私には同い歳の子を持つとても長いつきあいの親友がいます。 本当になんでも話せる間柄で頻繁に連絡も取りあっているのですが、親友の子は中学受験をしました。 うちは中学受験には一切関係なく過ごしてきたのですが、 fumiax.hatenablog.co…

  • 小学生の時の勉強(1)

    先日、コメント欄に小6のお子さんを持つお母様から、小学校時代の科目の先取りをどのようにやっていたのか記事にしてほしいというリクエストを頂きました。 私自身も子どもが小学生の時に、中学、高校の情報が欲しくてネットを使っていろいろ探していたので、このブログが小学生のお母様の目に留まってすごくうれしいです。 今日はそのリクエストにこたえる形で、小6の頃の子どもの勉強のことを思い出して当時のことを書いてみようと思います。 小学6年生の秋は、(中学入学まであと半年、中学に向けてどんな準備をしようか)と意識する時期だったように思います。 確か進研ゼミからも1月から始まる中学準備講座の案内がバンバン届いてい…

  • 受験生の秋の中だるみを振り返ってみる

    更新が少し空いてしまいましたが、気がつけば10月、このブログを始めて1年になりました。 はじめた頃は、こんなタイトルつけてしまったから、もしダメだった時はこっそり削除しようと決めてました。有言実行できなかったら恥ずかしいという思いと同時に、後に続く塾なし勢に不安を与えてしまったら申し訳ないという気持ちでした。 しかしそんなことも杞憂に終わり、ここまでブログを続けることができました。 自分が思っていたよりも沢山の方の目に留まっているようで、こんなつたない文章を読んで頂いてありがたいと思っています。 今日は、ちょうどブログを始めた頃の1年前、受験生の秋の様子を書いてみようと思います。 去年の受験生…

  • 塾なし受験 わからない時はどうしていた?

    前回、塾なし受験のよかったことを書きましたが、 fumiax.hatenablog.com 塾なしだとわからない問題はどうするの?という疑問があると思います。 親が教えられるんでしょ? と、もしかしたら思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、私自身が教えられたのは、せいぜい中1の1学期までというところでしょうか。 だんだん聞いてくることも、いやそんな難しいこと聞かれてもという感じになってました。私自身大学生の時に中学生の家庭教師をやっていたことがあるのですが、すっかり忘れてしまっているし、子どもが聞いてくる内容も教科書レベルじゃなかったのでとても無理でした。子どもの方も中1の後半ぐらいからま…

  • 塾なし受験のよかったこと

    今日は、塾なし受験のよかったことについて書いてみようと思います。 タイトルにもしていますが、子どもは塾には1度も行ったことがありません。 受験勉強はこんな感じでやってました。 fumiax.hatenablog.com 塾なし受験の良かったところは、自分のペースでできたこと、これに尽きると思います。 生活面では、毎日規則正しい生活を自分のペースでできたこと。 夕方は毎日基礎英語2と3(現在は3は無くなり中高生の基礎英語に変わっています)を聞きながら夕食を食べていました。お風呂はいつも8時から、夜は10時半には布団に入っていました。夜早く寝るから朝早く起きる?ということはなくて、朝は7時に起きて…

  • 志望校合格圏内に入ったけど、入学したらついていけるか心配になる時

    コロナの状況悪化で夏休み延長、分散登校などが増えていますね。 子どもの学校もすでに新学期が始まってますが、変更事項も多く不確定なことばかりです。高1なので去年ほどの焦りはありませんが、去年の受験生の親だった事をを思い出すとと今年の受験生も本当に大変だろうなと思います。 さて今日は、難関高校を志望校する時に心配になる事について書いてみようと思います。 最初からずっと難関校を目指してきた子、コツコツと偏差値を上げることによって志望校を少しずつあげてきた(現在進行形であげている)子、色々なパターンがあると思いますが、そろそろ夏休みの模試の結果も揃ってきて、志望校のことが具体的に考えられる時期に入って…

  • 高校生になって4ヶ月の学習状況と三者面談

    入学して4ヶ月ちょっと経ちますが、今日はどれぐらい勉強しているのかそんなお話を。 確か入学前の春休みはすごく勉強しているというようなことを書いた覚えがあるのですが、現在は、、、。 うーーん、という感じです。 なぜやっていなかったのか?簡単にいうととにかく7月の終わりまで忙しかった、その一言に尽きます。 部活は文化部に入部したのですが、この部活が思いの外ガチな部活でした。(とはいえ強制参加ではなく、自分で活動日を決められるんですが目一杯参加してます) 活動日も多く、週末に大会もあったり。部活動を離れても、同学年の子たちや他校の同じ部の子とネットを使って自宅でも色々活動していて、まぁそばで見ていて…

  • 高校説明会のネット予約

    気がつけばもう8月に入って数日、オリンピックもあと少しですね。 コロナはおさまるどころか感染者も増えていて、今年の受験生の方も高校説明会のことで苦労されていることと思います。 去年、私が申し込んだところで1番早かったところは申込み5分で満席になっていました。 かなり大変な争奪戦となりましたが、うちは3校説明会に行きましたがどの学校もスムーズに予約が取れました。 これから予約される方にアドバイスを少し。 何月何日から予約となっていても事前に必ずそのページをみて、注意事項などがあれば読んでおくこと。 そして予約のボタンなど現時点で押せるところまで押してみて内容を確認しておくこと。 予約画面をブック…

  • 夏休み前の受験生は何をする?

    3学期制の中学校は、そろそろ期末テストが終わって午前授業になったりしている頃でしょうか。 1学期の成績が気になりながらも、近づいてくる夏の雰囲気に少し肩の力が抜けてくるかもしれません。部活をやっている子は、最後の夏を意識して勉強よりも部活が忙しくて、受験生なのにこれでいいの?と親御さんははらはらしてるのではないでしょうか。 湿度も高く、気温も上がってきて、身体も疲れます。親も子もイライラしますよね。 今の時期は、夏休みになったらあれもしよう、これもしようと親子で色々と考えている時期だと思います。 私もよく本屋の参考書コーナーであれやこれや物色していました。 しかし、夏休みは思っているより短いで…

  • 高校最初の定期テストで感じたチームワーク

    久しぶりの更新になってしまいました。 子どもの高校生活も軌道に乗り、高校生活のあれこれも子どもに任せられるようになり私の出番もすっかりなくなりました。気がつくと子どもの顔つきも高校生っぽい顔になって、変わってきたなと思います。 子育てのひとつのステージが終わったことをすごく感じます。ほっとするしたのと同時に、自分の役目が終わった寂しさで、親の私の方が燃え尽き症候群になっているようです。でも、燃え尽き症候群になるほど、悔いなく受験のサポートができたと思うことにしてました。 コロナじゃなかったら旅行したり、色々な人に会ったりして気分をもっと変えやすかったと思うのですが。気分転換がなかなかできないも…

  • 受験生とゲーム

    6月に入って中3受験生は、中間テストも終わり、次の期末テストまでの間に受験勉強をすすめておきたい時期だと思います。 と親子で話し合っていても、部活や学校活動で思うように時間を作りにくいのも、この夏休み前でしょうね。部活の最後の大会にむけてとか、中3として学校の中心となり委員会や体育祭などの準備、勉強以外のことで忙しくなる時期でもあります。 そして、この梅雨時の特有の天気で身体がだるくなったり、学校で頑張っている分、家ではダラダラ。「勉強頑張る」って言ったのにどうしてやらないの!と親もついつい子に言ってしまったり、子どもの方も頑張りたい気持ちはあるけど、だって時間がないからとか、疲れてるのにと言…

  • ドラゴン桜でやっていた国語の勉強法とか実際にやっていた勉強とか

    日曜日は「ドラゴン桜2」を楽しく観ています。 子どもも、ながら見しながら(ガッツリみるのはちょっと恥ずかしいのでしょう)いろいろ突っ込みをいれつつ観てます。 昨夜のドラゴン桜は国語の勉強法をやっていたましたが、あっコレと思って調べてみたらやっぱり「ふくしま式」でした。 「本当の国語力」が驚くほど伸びる本: 偏差値20アップは当たり前! 作者:福嶋 隆史 大和出版 Amazon これが参考文献だったそうです。 子どもの国語を語る上で、このふくしま式の話は避けては通れません。それぐらい影響力が大きかったです。 子どもは、小学生の低学年まで文章を書く力が全然なくて、もう目を覆いたくなるようなレベルで…

  • 全国高校入試問題正解のこと

    前回の続きです。(いつもより長文です) fumiax.hatenablog.com 前回の最後にも書きましたが、子どもの受験用に買ったのは、 2021年受験用全国高校入試問題正解は、国語、英語、数学 全国高校入試問題 分野別 この5冊です。 進研ゼミのポイントでもらっていた図書カードがあったので、書店で買おうかと思っていたのですが、5冊も買うとなると持って帰るのが重たいのでネットで購入しました。 5冊とも発売前に楽天ブックスで予約したかったのですが、ポイントが沢山つく日に予約しようのんびりしてたら、分野別の理科と社会が発売前に予約の品切れになってしまって、結局その理科と社会はAmazonで予約…

  • 全国高校入試問題正解を買うときに気をつけること

    今日は、全国高校入試問題正解のお話。 まず「全国高校入試問題正解」という問題集について。 その厚さから通称「電話帳」とも呼ばれる問題集ですが、全国の高校入試の過去問を集めた問題集になります。 上位校以上を狙う高校受験生は、この問題集を買う人も多いのはないでしょうか。 私も、去年この全国高校入試問題正解にお金をつぎ込みました。 これぐらいの時期になると、自分の都道府県の過去問にはまだ手をつけたくないけど、そろそろ入試問題にも触れてみたいということで他の都道府県の入試問題がのっているこの本の購入を検討しはじめる頃かなと思います。 この「全国高校入試問題正解」色々種類があるので、迷ったりすると思うの…

  • 学校の定期テストの過去問の話

    定期テストの話が続いているので、ここで「学校の定期テストの過去問」について書いてみようと思います。 「学校の定期テストの過去問」 塾なし勢が一度はドキッとしたことがあるワードではないでしょうか? 私がその存在を意識したのは、中学入学前後だったと思います。 ネットで(塾で中学の定期テストの過去問を配ってるのがずるい)というような書き込みを読みました。 定期テスト対策を強化している、内申に強い塾と豪語している大手塾が近くにあって、まぁ定期テストの予想問題みたいなものは当然やっているとは思っていましたが、そうかぁ生徒を通じていくらでも定期テストの問題なんて集められるよなぁ、配ることなんて簡単だなと思…

  • 定期テスト勉強をする時は、時間データを取っていました。

    前回、 定期テスト勉強をはじめる前に、時間と内容の計画を立てる話を書きました。 fumiax.hatenablog.com 今回は計画を立てた後、実際の勉強をする時にやっていたことのお話です。 定期テスト勉強をする時は、時間を測って記録を残すようにしました。 記録は科目ごとに何分やったかです。 最初は内容も残させようとしたのですが、それは面倒臭いと子どもが嫌がったので時間だけにしました。 中1の頃はiPadのタイマー機能を使って計測してバーチカルの計画表に書き込み、中2からはiPadでスタディプラスというアプリを使って科目ごとに計測記録していました。 スタディプラスを使い始めてからは、定期テス…

  • 中学の定期テストの勉強をスタートする前にやること。(続き)

    今日は、前回の中学の定期テストの勉強をスタートする前にやること、の続きです。 fumiax.hatenablog.com 前回は、試験範囲表をよく読むという話で終わってしまいまいしたが、その次は計画です。 計画には大きく2つあって、時間的計画と内容の計画です。 まずは時間的計画。 中学生になったばかりの頃、いったいどれぐらいの時間を定期テスト勉強にあてたらいいのかよくわからなかったのですが、ネットで色々読むとなんとなく40時間ぐらいが目安だなと感じました。 定期テストの2週間前から勉強をスタートすると、平日2時間×10日間、休日5時間×4日間で、ちょうど40時間です。 目安の時間が出たので、次…

  • 中学の定期テストの勉強をスタートする前にやること。

    GWも終わって、そろそろ中間テストが気になってくる時期に入ってきました。 子どもの通う高校もすで2週間を切っていますが、もう高校生なので、私はノータッチです。中学までの定期テストの親の緊張とは、けた違いに楽になりました。もう内申は関係ないし、本人も何をやったらいいかわかってると思うので。 今日は、常にやきもきしていた中学の定期テストの時に、試験勉強をスタートする前にどんなことをしていたかのお話をしたいと思います。 子どもは中学時代、友だちからよく定期テストの勉強法を聞かれると言っていました。 5教科で490点を超えることもたびたびあったので、そりゃ気になりますよね。 まして塾には通っていないし…

  • GW中の受験生に大事なこと

    世の中はGW真っ最中ですね。 今日は、GW中の平日、学校に行かれてるお子さんほとんどだと思いますが。 去年に引き続き、コロナ禍のGW、家で過ごす予定の方も多いのではないでしょうか。 受験生にとっては、最後の息抜きの休暇と考えるか、完全なスタートの時期と考えるのか分かれ目になるかもしれません。 「塾に行かずに」というこのブログなので、同じように塾なしで頑張ろうと考えられている方も読まれているのではと思いますが、塾なし受験生であれば尚のこそ、そろそろスタートを切られた方がいいと思います。 受験を経験してみると、後半の時間の無さは身に染みます。 同じ時間なのに、これから少しずつ時間が加速していく感覚…

  • 中学のノートやワーク提出って?

    今日は、内申に関係してくるノートやワークの評価についてのお話をしようと思います。 子どもの中学では定期テストのタイミングで、色々な教科のノートやワークの提出がありました。同じようにやっている中学も多いのではと思いますが。 入学したばかりの頃は、どんなノートやワークを提出すればがいい評価がつくのか、よくわかりませんでした。 ノートは授業中の板書に何かプラスれすばいいのかなと思ったのですが、そのプラスするものの匙加減がよくわからない。なんせ定期テスト終了と同時に提出なので、定期テスト前にノート作りに精を出すような時間はありません。 入学してすぐの頃は、まめにノートを作るように声かけをしたり、実際に…

  • 進研ゼミ、上位校狙いならこの使い方がおすすめ(2)

    前回、進研ゼミは授業予習で使うということを書きました。 fumiax.hatenablog.com 今回はこのお話の続きです。 とその前に。 前回、今回と進研ゼミのおすすめの使い方について書いていますが、すべての子に向けてのおすすめの使い方ではありません。前回予習での使う事をお勧めしましたが、通信教育での予習は本人の根気や理解力が必要です。それぞれのお子さんのタイプによると思いますので、その点だけ付け加えさせてください。 タイトルに「上位校狙い」と付けましたが、文字情報からの理解力が高いお子さん、という意味を込めてそのような表現にしました。 前回の最後にも書いたのですが、お子さんがやれるのであ…

  • 進研ゼミ、上位校狙いならこの使い方がおすすめ(1)

    今日は子どもが中学時代に進研ゼミをどんな風に使っていたかをお話ししようと思います。 まず進研ゼミというとどんな印象をお持ちでしょうか? 世間では、進研ゼミってそれほど難しくなくて、レベルが高くない、簡単というイメージではないでしょうか。通信教育といえば、Z会は難しい問題を扱い進研ゼミは基礎力をつけるものみたいに思われている気がします。 ではなぜ簡単と言われてる進研ゼミを公立難関高校に入学した子どもはずっとやっていたのか? 教科書準拠だから、「定期テスト対策本」を使って定期テスト対策ができるから? いいえ違います。 定期テスト対策本は、テスト直前に時間があればやりましたが、定期テストの半分も使わ…

  • 高校入学しました

    今週、入学式を終えて無事高校生になりました。 入学式は子どもと一緒に出かけるつもりだったのに、私が歩くのが遅いと言われて置いていかれるというハプニングはありましたが。なんとか後から追いかけて入学式を見届けることができました。 入学式ではまず生徒の入場があったのですが、なんだかものすごく感動しながらみていました。 ここに入場してくる子たちは、大変な入試を受けて合格した子たちなんだなと思うと、ひとりひとりにドラマがあったんだろうなとか勝手に想像して、全然知らない子達ばかりなのに「みんなよく頑張ったね」という気持ちになってちょっとうるうるしてしまいました。 入学式の後、保護者はクラス毎に集められ担任…

  • 難関校に入るということは覚悟が必要

    3月も最後の日、子どもも中学生最後の日となりました。 このブログを読んでくださっている方はこれから高校受験のお子さんを持つ方が多いのかな?上位校や難関校志望の方が多いのかな?と思いながらいつも書いています。 今日は、入学前の子どもの様子や、公立難関校に入学する覚悟についてのお話しを書きたいと思います。 まずは子どもの様子から。 高校受験終了直後は、解放されて羽を伸ばすかと思いきやしばらくは勉強していました。ずっと走り続けてきたのでいきなり止まれない、勉強しないと落ち着かない状態で、スタサプで数Iの予習なんかをやっていたようです。 しばらくやった後、ピタッと止まって、ここから一切勉強しませんでし…

  • 塾に行かないという少数派に属すること

    子どもが中学生になってから、塾の話を振ってこられるのがすごく苦手でした。 うちの地域は、通塾がものすごく高くて、成績上位から下位の子までほとんどの子が塾通いです。 その上、近隣塾も集団、個別、大手に個人塾、交通の便のいいところなので、大手などは同じ系列でも隣の駅の教室に通ってる子もいたり(あえて同じ中学の子がいない教室を選ぶ子も)、最難関に特化した塾だったり、通塾率が高い割には同じ中学でも見事に通ってる塾がばらけていました。 そうなると親も子も、他の子はどこの塾に通っているんだろう?というのが気になるのだと思います。 子どもの通う中学は定期テストの順位が出ない学校でしたが、わからないと逆に子ど…

  • 合格できた理由を振り返ってみる

    中学も無事卒業し、春休みに入りました。 片付けたくてしょうがなかった3年間の問題集や教科書、プリント、ノート、模試などの整理を子どもを急かして頑張っています。 整理といってもほとんど処分なので、売れるものは売ったり、紐で縛ってまとめて紙ゴミに出したり。 そんな作業を子どもとしながら、受験のことを振り返っています。 子どもに「試験会場に魔物はいた?」と聞いてみました。 「どうだったんだろう、もう試験のことはよく覚えてないけど、緊張はしてなかったと思う。模試を受けてるカンジだった。」と言ってました。 塾なしだったので模試は全て一般会場、中1からいつもひとりで電車に乗って色々な会場に行ってたので、試…

  • 塾に行かずに公立難関校は合格できたのか?

    ご無沙汰しておりました。今日はいよいよ受験の結果報告をします。 「塾に行かずに公立難関校受験2021」 ブログをはじめた5ヶ月前、このタイトルをつけました。今思えば5ヶ月前というのは、精神的な余裕がありました。自分ではもう受験期真っ只中にいるつもりだったのですが、まだまだお気楽なお母さんでした。 お気楽だった理由は、模試の判定がずっとA判定だったこともあったのですが、それ以外にもう1つ、ある受験関係の会社が予想した第一志望校の予想倍率をたまたま知ったことでした。(本来は塾関係者用のデータだったらしい) その予想倍率が、前年より下がった去年よりも、いやここ数年の中でもガクッと低かったのです。 え…

  • 進研ゼミを退会、そして進研ゼミの振り返り

    長い間お世話になった進研ゼミに、ついに退会の電話をしました。 進研ゼミに入会したのは1歳の時だったので、子どもの人生ほぼ進研ゼミと共に歩んできたと言ってもいいくらい、毎月毎月届く教材を楽しみにしてきました。 うちは転勤が多かったので何度か転居の手続きをしたのですが 、転居先にいつもの教材が届くとそこだけは何も変わらない日常的を感じて安心したのを覚えています。 小4の時に色々問題のある担任に当たってしまい、各教科の教科書が最後まで全然終わらなくて(学年の最後に大量の未実施のカラーテストを持ち帰らされて同じクラスのママ友と震えてました)学校の勉強面で不安があった時も、「進研ゼミをやってるから大丈夫…

  • 私立高校の受験結果

    微妙な時期なのでなかなか書くネタが無かったのですが、今日は私立高校の結果の話をしようと思います。 本命は公立高校なので、私立は滑り止めの高校になります。 結果は、合格です。 試験結果でコースが判定されるのですが、希望通りの特進コースで合格がもらえました。 ただ狙っていた特待生はダメでした。 過去問を解いていた時には特待基準を超えていたので、ギリギリいけるかもと期待していたのですが、終わって帰ってきた時に「去年までとは出題傾向が違ってた。特待までは点が取れたかどうかはビミョー」と言ってたので、期待半分諦め半分で結果を待ちました。 結構太っ腹な特待条件だったので、これが取れてるとお金を出す親として…

  • 受験前、学校はどうするの?

    受験直前期、学校は行く?休む? 私はどっちでもいいと思っていて、 子どもに好きにしていいよと言ってあります。休みたいなら、お母さんが学校に連絡してあげるからって。 いや、もうね、受験直前の学校ってなにやってるんだろうって感じです。 過去問とか受験対策をやってくれる授業や自習とかならまだいいんですが、最近やたら道徳の授業とか、なぜか避難訓練とか、なんだこれ?みたいな特別授業も多くて。 私立等でもう進路が決まってる子もいるし、それぞれモチベーションが違うのはわかるんですけど。こんな時間割なら高校みたいに自由登校期間にしてしまえばいいのにって思います。 また担任からは、受験の日は、早く終わって学校に…

  • 週末の受験勉強

    ここしばらく週末は入試の過去問や模試の過去問を、 本番のタイムスケジュールに合わせて5教科やってます。 塾に行ってないと模試が早く終わってしまうのが気になっていたのですが、探してみると地域の入試に即したものが色々みつけられたので、それらを使ってやってます。おかげで我が家のプリンターは大活躍です。 午前中3教科、昼を挟んで午後2教科、終わるとおやつ食べてしばらく休憩。 休憩後、採点をして間違った問題のとき直しや不安なところを夕飯の時間まで。夕食を食べたらお風呂に入って少しのんびりして、その後、全国の数学の問題をどこか1つやって終了。夜は10時過ぎには寝てます。 なかなか手をつけなかった全国の数学…

  • 学年末テスト終了しました

    中学最後の定期テスト、学年末テストが終わりました。 学年末という名前でも、テスト範囲は3年分、受験問題に合わせたテストだったようです。 もう内申も関係ないので、(何点取れたかしら?)とハラハラすることもなくて、テストだと午前中で終わるから早く帰れていいねという気持ちだけでした。 入試対策も兼ねてるテストだから、いつもほどは点が取れないテストだろうとは思っていたのですが、意外と取れていたようでした。 驚いたのは国語が100点だったこと、学年で1人だったようです。国語の先生がクラス全体に向けて、「満点取った子(個人名は伏せて)は、ここまでよく頑張ってきた」と言うような事を言ってくれたそうです。 中…

  • 親(私)のメンタル

    ここに来て、私のメンタルがだいぶやられてきてます。 よく「頭がハゲそう」とか「胃に穴があく」なんて呟いてる方もいらっしゃいますが、私の場合は「耳鳴りがうるさい!」です。 いつにもまして最近、耳鳴りが酷くなってる気がします。 でもずっと不安感があるわけではないんです。急に「絶対大丈夫に決まってるわ」みたいに自信に満ち溢れる時間もあったり、その逆に「どーしよー」と不安感が広がったり、1日の中でも何回もスイッチが切り替わります。 自分が受験する時の方がよっぽど気楽に受けてたと思います。 高校受験は、子どもと同じ都道府県の入試ですが、今とは入試制度が全く違ったので、公立一本で間違いなし状態で何も心配せ…

  • 高校受験は長期決戦であり短期決戦でもあった

    目前に受験を控えて気がついたこと、それは 「高校受験は、長期決戦でもあり短期決戦でもあった」 ということ。 うちは早くからスタートを切っていたので、最後まで長期決戦で戦うんだろうと思ってました。そして直前はペースを落として順行運転かな、なんて。 しかしこの時期にくると、いや違うやっぱり直前追い込みは本当に大事なんだと気がつきました。 まず本人の目つきが違う。 こんなことなら秋からこういう目をしてればいいのに。あの眠い眠い言ってた時に、気持ちが入っていれば、もっと色々できたのにと親は思ってしまいますが。 これは、大人と子どもの時間の長さに対する感覚の違いかもしれませんね。 大人の思う3ヶ月なんて…

  • 6年分の過去問終了

    公立高校の6年分の過去問終了しました。 ここ数年で出題形式が変わっていたり、科目によっても全体の平均点の上がり下がりが激しくて、過去問の点数から安心感を得られたか?というと、よくわからなかったというのが本音です。 いちおう進研ゼミの方から教えてもらっていた志望校別合格者平均ぐらいは各年取れていた感じですが、決して余裕のある圧倒的な点数とかでは無いので、当日の問題がピタリとはまってくれと願うばかりです。 子ども場合、5教科のどの科目でもうまくはまれば満点や満点近いを取れる可能性がありそうな気がします。しかし、どの教科でもコケる可能性もあります。 正直わからなくなってます。 前にも少し書きましたが…

  • 社会の模試も3年分引っ張り出しました

    昨日書いた数学の過去模試の話の続きです。 fumiax.hatenablog.com 昨日、子どもが帰宅してから理科と社会の過去模試の問題の何かを解き直したいか聞いてみました。 とりあえず先にやりたいのは社会、歴史の問題は最初から全部解き直したい、地理と公民は間違えた問題だけでいいということでした。 なに?歴史を全部解き直したいと。 歴史は最後の追い込みの年号暗記のお陰で、ここへきてしっかりと点が取れるようになってきてます。今月受けた最後の会場模試でも、3年間受けた社会の模試の中で過去最高点がでました。 社会のミスの多くは歴史だったので、今の自分でもう一度、歴史の模試を解き直して自信をつけたい…

  • 数学の3年間の模試を引っ張りだす

    そろそろ受験勉強も大詰めです。 足りないところ1つずつ埋めていく作業と共に、出来なかったところができるようになっているかの確認です。 1番沢山受けた模試会社の3年分の模試を引っ張り出してきました。 まずは数学。 全部解き直していたら時間の無駄なので、間違えた問題と、大問の選択問題でやらなかった問題を私がピックアップしていきます。 私がやることは、間違えた問題に付箋を貼って、付箋には全体の正答率の数字も書いておきます。あとは問題用紙の書き込みを消しゴムで消しておくこと。 子どもは付箋がはられた問題をひとつずつ確認。 あ、これは大丈夫。これもやる必要はないと仕分けして、もう1回やったほうがいいと思…

  • 過去問と模試の関係に気がついた

    昨日やっていたH28年の過去問、自己採点したらとてもいい点だったようです。記述が多いので確定できる点数は出ないのですが、甘めで今までの過去問最高点、辛めでも充分な点でした。 数学はなんと100点だったそうです。 が、しかし。 H28年の過去問、先週末の模試の数学の問題によく似ていたそうなんです。模試では解けなかった問題、もちろん模試の後しっかり見直しして解き直しをしたので、ちゃんと解けるようになっていた、ということです。 過去問には各問正答率がのっているのですが、その問題は全体の正答率がかなり低い難問。 模試の結果はまだ出てないのですがその問題の正答率が気になるところ。つまりすでにH28年度を…

  • 過去問をやる週末

    今日は朝から過去問をやっています。 H28年度の公立です。 「平成28年って西暦何年?」ってやり始める前に聞いてきました。 私の感覚だと西暦で言われるより平成で言われた方がピンとくるのですが、 子どもは西暦の方が感覚的にわかるようです。 歴史の話しをしていても、東京オリンピックが昭和39年って言っても、「1964年でしょ」って言われてしまいます。昭和の人間には、元号の方が昭和の話がしやすいのですが。 話が逸れました。 平成28年の過去問になると、最近のものとは出題傾向が少し違うようです。 今より記述が多いらしいです。「最近のものは選択問題が多いから雰囲気で答えられるものも多いけど昔のはきちんと…

  • 本番を想定した模試

    3連休中に最後の会場模試を受けました。 会場はいつも地区ごとに申し込みなので、受験票が届いてから試験会場がわかるのですがだいたいいつも同じような場所だったので気にせず申し込んでいたら、今回はいつもとは違う駅で初めての会場でした。 子どもは一人では行ったことがない駅、そして行ったことがない初めての会場それも志望校に近い会場だったので、これは本番を想定したいい予行練習になるなと思いました。 最後の模試は、前夜から試験本番を意識したものにしました。 夕食も試験前日に食べそうなものにしました。 夕食の量や水分の摂り方も意識してみました。子どもは小さい時からトイレの事をすごく気にする事があったり(小学校…

ブログリーダー」を活用して、ふみさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ふみさん
ブログタイトル
考えるお母さん**大学受験を見守る (旧)塾に行かずに公立難関高校合格 2021 体験記
フォロー
考えるお母さん**大学受験を見守る (旧)塾に行かずに公立難関高校合格 2021 体験記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用