プロフィールPROFILE

みーちゃんさんのプロフィール

住所
佐久市
出身
長野県

 日々の暮らし中で、思ったこと感じたことを綴っています。

ブログタイトル
中島木材のぶろぐ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nakajima_002/
ブログ紹介文
長野で「住みごこち」を追求した、夏涼しく冬暖かい地球にも人にもやさしいお家を作っています。
更新頻度(1年)

232回 / 365日(平均4.4回/週)

ブログ村参加:2008/12/08

みーちゃんさんのプロフィール
読者になる

みーちゃんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 3,930位 3,913位 4,199位 4,052位 3,918位 4,087位 4,111位 978,629サイト
INポイント 70 110 80 90 90 50 80 570/週
OUTポイント 60 50 50 60 60 40 50 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 41位 42位 43位 39位 36位 40位 40位 23,494サイト
一戸建 注文住宅(業者) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 504サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,828位 18,950位 18,422位 18,514位 18,482位 19,043位 19,609位 978,629サイト
INポイント 70 110 80 90 90 50 80 570/週
OUTポイント 60 50 50 60 60 40 50 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 322位 323位 311位 315位 317位 327位 351位 23,494サイト
一戸建 注文住宅(業者) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 504サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,629サイト
INポイント 70 110 80 90 90 50 80 570/週
OUTポイント 60 50 50 60 60 40 50 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,494サイト
一戸建 注文住宅(業者) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 504サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みーちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みーちゃんさん
ブログタイトル
中島木材のぶろぐ
更新頻度
232回 / 365日(平均4.4回/週)
読者になる
中島木材のぶろぐ

みーちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 失せものが出てきました

    ここ2晩寝ていて足が冷たく感じました。室内はそれほど寒いわけではありません。熟睡できないので毛布を1枚足しました。その原因が今朝わかりました。ハイ風邪気味です。足が冷たいと感じる時は体調不良の現れなのです・・・・・学習効果がなくて・・・・以前もそうだったのに。自覚症状が無かった昨夜、夫に野沢菜の収穫を頼みました。この週末漬けてしまおうと思ってです。日曜日は区民祭がありお手伝いです。前日の土曜日もその準備がありますが、その合間をくぐってと計画したのでした。ところが今朝、ベットから出たくない気分でしたが、主婦には許されるわけもなく意を決して起床。いつもの朝を過ごしました。昨夜机の上にノートを発見しました。どこにあったの、と思わず夫に。旅のノートなのです。インドの旅のメモノート、どう言う訳か失くしてしまったと思ってい...失せものが出てきました

  • 司馬遼太郎著「翔ぶが如く」

    この頃読んでいる本は司馬遼太郎の「翔ぶが如し」7巻です。今月になって4巻と5巻をようやく・・・・もう本当にようやく読み終えました。本を読むのはベットの中と決めているので、この本決してサクサクと読める内容ではありませんから・・・・・寝つけられてしまうのです(笑)それではならじと目覚める度に開き、また寝落ちしています。しかし内容は凄いです。社会科の勉強好きでしたが、何を勉強してきていたのだろうと、今更に思うのでした。幕末から明治維新を経て、今読んでいるところは明治8年あたりです。本当に何も知らなかったのだと、どれだけの鱗が落ちるかわかりません。確かに近代史の授業はサラサラと通り過ぎたというか、常に時間切れ状態でした。読売新聞社が出していた「日本の歴史」たぶん20巻前後あったはずですが、それを社会の授業中で全巻読みお...司馬遼太郎著「翔ぶが如く」

  • 今日この頃

    紅葉がきれいです。平尾山は唐松が赤いというか濃い茶色になりました。紅葉の澄んだ赤を見ていたら思い出しました。小学校5年生の私が秋の写生大会で描いた絵です。志賀川をバスが渡っている紅葉の山々を描いたのですが、バスがうまく描けずにどんどん色が悪くなっていきました。家に持ち帰って描いていた私の絵を見た、今は亡き5歳年上の兄が、「一番きれいな色はどれ」と聞いたのでした。バスを何とかしなくてはと思っていた私は背景の紅葉の山には手も目も回りかねていたのでした。この色だよ、と兄が指差したのは、澄んだ赤でした。あのバスさえなければいい絵だったのに、と今でもその絵が瞼に浮かぶのでした。長野牧場の1年に2度咲く桜が今が見ごろです。ドウダンツツジの赤にいちょうの黄色、そして唐松の黄葉です。草紅葉も・・・こんなものに感動するようになり...今日この頃

  • 秋の休日です

    小春日の休日でした。土曜の朝、朝食の片付けの後一気に常備菜作りに突入です。お野菜の荷がど~んと届いているので、あれやこれやと作り続けること2時間半。やれやれこれで「つるし雛のねずみ」を仕上げてしまいたいと思ったのですが、思い出しました。キッチンと2階の窓拭きが残っていることを。これ以上寒くならないうちに片付けなければです。2階北側のトイレの小窓・・・・といっても60センチ幅のトリプルなのです。一番内側の窓は後付の樹脂ですが、これは私の力でははずせませんので、そのまま拭きます。外の透明とスリガラス4枚と網戸を外します。以前はこれを外流しに移動していましたが、そんな元気ありませんので、拭いて終わりにします本当は洗いたいところですが・・・・目を瞑りました。しかしこれを元に戻す段になって、四苦八苦しました。もう来年は無...秋の休日です

  • 金沢で

    先日金沢で宿泊したホテルは、別館にお風呂もあってまあまあでした。国内に系列のホテルがいくつかあるようです。とにかく外国の方が多い・・・・人に3000万人といわれているのですから国内どこでも当然ですね。お風呂で、こんばんわと先に入っている方にお声を掛けましたが、ご返事がありませんでした。若いママさんたちです。入れ墨がみえます。お子さんが日本語と私にはわからない言葉を話していましたから、入れ墨に抵抗の無い国の方なのでしょう。その方と入れ違いに入ってこられたのでしょうか、浴槽にお一人入られていました。こんばんわ、とお声掛けしたら外国の方でした。どちらからお越しですか?とお聞きしたらオーストラリアからでした。このホテルに3日間とのこと。この浴場がお気に召したご様子です。私はどこの国かと聞かれましたよ(笑)なんせ裸ですか...金沢で

  • 秋がすすんで

    3日間留守をすると、さまざまな用事が溜まります。一番にすることは冷蔵庫に保存容器を満載にすることからです。前々からお願いしていた「南蛮の葉」がこの寒さでど~んと届いていました。こんなにですか、という位3キロ近くあったでしょうか。丁寧に茎をはぶいていただいてあったので、2つの鍋で湯がいて灰汁抜きし煮つけました。これだけあれば、ちーちゃんパパの父上に十分楽しんでいただけるでしょう。かぼちゃのいとこ煮・青梗菜のクリーム煮・茎ブロッコリーのニンニク醤油炒めに、さつまいもの甘煮・にんじんのしりしり。そしておでん。金沢で食べたおでんの中のじゃがいもがおいしかったので、じゃがいもも入れました。まだ冷蔵庫には余裕があります・・・・でももう体力がな~い(笑)夏から秋にかけてよく作ったのは大根の葉コリコリ漬け・・・・ちーちゃんの命...秋がすすんで

  • 令和1年レスリング北信越大会

    金沢に行ってきました。佐久平から新幹線で2時間です。駅ビルで昼食を食べ・・・・煮魚定食を頼んだのに、なぜか1人前しか出てこない。たしかに他にもねえ1品料理は頼んだけれど。混みあう昼食時で、煮魚は15分かかりますと言われていたのにあえてそれにしたのに、さらに15分は待てないわと、ごはんとお味噌汁をいただいてシェアしたのでした。お刺身もあってまあシニアには適当なボリュウムでした。ビールと熱燗もあったしね。レスリングの北信越大会の会場は車で20分ほど。この日は団体戦のみ。昨年優勝していたのでシードになっていて、勝ち上がってきた富山県のチームとの初戦は、トントン拍子に勝てて決勝へ。決勝は石川県と。我が家の小3と小5の相手は女子でした。その女子の強いこと。2人とも見事に負けました。団体戦は準優勝でした。石川県の志賀町はレ...令和1年レスリング北信越大会

  • 秋・秋・秋

    いいお天気ですが、吹く風が北風になりました。ドウダンツツジの紅葉がとてもきれい。そして花は小菊ばかりになりました。カレンダーをお届けに伺うと、お豆にクルミに干しいもに白菜に大根などが庭先に干されています。そして柿暖簾も・・・・・いいですね。先日の霜で柿の葉が落ち、オレンジ色、いえ柿色がうつくしいですが・・・・採らないままの木があちらにもこちらにもです。おだやかな小春日和を楽しみました。そして浅間山の裾野が真っ赤に彩られました。唐松の紅葉なのですね。ここ幾日かしか見られない景色です。先日明け方とても冷えてきました。築40年弱の在来工法の我が家は外気に敏感です。まだ薄手のパジャマで頑張っていた私ですが、熟睡できません。夫の目を覚まさないようにスマホの灯りで衣装ケースを探し、一番上のモコモコのパジャマのズボンを着まし...秋・秋・秋

  • 今日もいい天気です

    この頃お客様訪問で市内を車を走らせていて先日の台風19号の爪痕をあらためて目にします。川を見ればそれまでの幅の倍にもなっています。というよりこれが本来の川幅なのでしょう。堤防側には土砂が堆積して柳やアカシアの木に草が覆い茂っていましたから、川という認識がありませんでした。大雨ですっかり流されて、堤防の石堤までみえます。収穫前の田んぼに流れ込んだのを見ると胸が痛みます。流された道路はとりあえずの応急処置がすまされていたりしますが、元の生活に戻るまでに時間とお金が必要ですね。あまりに暖かい10月を過ごしていたせいか、突然やってきた冬の気配にびっくりです。そうなんだよなあー、11月3日あたりは天気がいいということは、放射冷却で霜が降りるということなのに・・・・・すっかり忘れていました。5日の朝の霜でナスもピーマンもお...今日もいい天気です

  • 3連休の毎日

    11月に入ってさー仕事と思ったとたんの3連休。車には目いっぱいカレンダーをつみこんだけれども、1日にお届ける数には限りがあります。そしてこの3連休家事に豆仕事にといそしんだのでした。この豆仕事、大豆が終わって今やアオバツ(青大豆)です。ほぼ同じ位撒いたのに、大豆の量よりアオバツの方がズッと多いのです。たぶん大豆はお味噌の分に足りないかも。そしたらアオバツ味噌にしましょうか。このアオバツを好きな孫がいて・・・・・そんな訳で頑張って作っています。このアオバツなの好きな子はおからも大好きです。豆仕事は天気と二人三脚です。畑にシートを敷いて干しておいた豆の枝と枝を叩くと豆がわくように莢からでてきます。頑固に莢から出てこないのは一つひとつ手作業です。それが終わると落ちた莢や枝を取り除きます。それを箕で仰ぎます。唐箕という...3連休の毎日

  • クラス会ともろもろ

    早や11月、なんとなくカウントダウンが始まる気分です。「つるし雛」の教室で、来年の干支の作成が始まりました。「ねずみ」です、身の程も知らずに3種の作品を選択しました。その内の1点は木目込みです。木目込みは初挑戦。先輩たちが今回は易しそうというのを聞いて、挑戦することにしました。「易しそうって言ったってみんな経験豊かだからだよ」という忠告もあったのですが、でもどこかで始めなければ始まらないから。木目込みだってその上に着物や帯を着せるのは私には無理かもしれないけれど、今回のねずみにはそうはなさそうなのです。暮までにあと4回の教室で、どこまでできるでしょうか。自宅で15分時間があればチクチクしています。でも一人でチクチクできることには限界があります。本日は高校のクラス会が小諸市の常磐舘であります。最近はこの旅館で宿泊...クラス会ともろもろ

  • 1000冊の読書2019.10

    この秋はいつまでも暑くて、秋の気配を感じるのが遅かったのですが、ハッと気が付けばいつしか紅葉の季節が来ていました。庭のドウダンツツジが赤くなってきました。そうなんです。軽井沢の紅葉は10月25日頃が例年いちばんきれいなんです。今年はどうなのでしょう。あの台風騒ぎで誰も紅葉に気を回していないのかもしれません。高速が一部閉鎖されていて、下道の碓井峠を車が通っているので、軽井沢は渋滞が続いているようですが、わずかな区間だけです。このところ朝晩の気温がぐ~んと下がりましたから、もみじの澄んだ赤色が楽しめるでしょう。10月読んだ本です。列車・飛行機に乗ったのでしっかり読むつもりでいましたが、飛行機の中は映画を見ていて思ったほど読めませんでした。309わたしの季節大橋歩幻冬舎310草原の記司馬遼太郎新潮社311312虚像の...1000冊の読書2019.10

  • 秋仕事の季節

    涼しくなったというより寒く感じる作です。下着をヒートテックに替えました・・・・暖かいです。朝夕ストーブも焚いて・・・いよいよ秋深しの段階でしょうか。秋仕事の季節です。天候不順で乾かないお豆ですが、夕食後夫と選別作業を始めました。これからは晴天が続くという予報を楽しみにして、日に当てて乾燥させます。1週間前いただいた柿を天気を見ながら、皮むきしました。最近皮むきの腕をあげた夫です。かなりのスピードアップです。柿暖簾にしてくれたのは夫です。数を数えたら228個ありました。みゆきさんが電話をくれました「柿まだ要りますか」と。昨年まででしたら「はい」と答えたと思いますが、今年は「いいえ」にしました。だからみゆきさんと会長は3晩かけて300個を剝いたそうです・・・・ご苦労様でした(笑)私去年の干し柿ロールが2本まだ冷凍庫...秋仕事の季節

  • インドの感想・・・・①

    旅から帰って「インドの感想」を書きたいとおもっていたのですが、帰ってくれば、台風19号の災害でした。ノー天気に書いてはいられないと、みおくっていました。しかし自分の中にいつまでもとどめておくと、先にすすめません。寝ていても頭の中をグルグルと廻っています。というより忘れてしまいそうです。インドで思ったことかんがえたことを簡単に書いてみます。なぜインドなのかと言えば、香港に飛行機とホテルだけ決めてのフリーコースを3月に予約していましたが、どう見ても行ける状態ではないと、急遽変更してのインドでした。義母のショートステイの日程変更をしなくてもいい日程と行先の中に「ベナレス」を見たからでした。その昔、遠藤周作の「赤い河」を読んで、ガンジス川のほとりに立ってみたいと思っていたのでした。11年前、研修先がインドとなった時、も...インドの感想・・・・①

  • 「地球に申し訳ない」と「豆仕事」

    天気がよくありません。各地の度々の水害、それも同じような場所にです。この頃台風の進路も変化してきているように思います。これだけの規模・・・・50年に1度というような災害が度々です。まるでこれが常のように。ここまでくれば私たちも考えなければなりませんね。スウェーデンの少女の怒りを私たちは真摯に受け止めなければなりませんね。人類がとくに先進国と言われた人々が地球に対して驕った生活をここ何十年もしてきた結果が今日につながってきているのではないでしょうか。温暖化云々という以前にも私たちは、地球に対してずいぶん無責任であったと思うのです。今、自分に何ができるかではなく、何をするかが問われているのではと、思ったのでした。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・太陽が出ていないと「豆仕...「地球に申し訳ない」と「豆仕事」

  • 食器の漂白祭りの続き

    始めてしまったからには終わりまでと、食器の漂白祭りは続いています。50個ばかりのワイングラスを漂白しながら、これって飾り物かしらと。確かに使うと割れます。結婚当初に夫が求めた6個のワイングラスは、使い勝手が良かったので良く使いました。昨日みたら1個も残っていませんでした。そのうち私が半分は割りました・・・・・洗わない人は割らないからね。結婚して夫がガラスがとても好きなことをしりました・・・・・その結果が現在なのかもしれません。引き出物のワイングラス、見た目恰好のいい物を選ばれるのでしょうが、我が家では赤と白位しか必要なさそうです。それで飾り物(笑)もうレストランのように前菜でも盛り付けて・・・・割って少なくしましょうか(笑)日曜日、同窓会の食事会があり着物を着ました。持て余している着物ですが、ほどいててずくなす...食器の漂白祭りの続き

  • 食器の漂白祭り

    私にとっては降ってわいたようなお休みです・・・・が、天気は雨です。本当は畑に出て、大豆や黒豆の収穫をしてしまいたいところでした。で、諦めて、この頃ずっと引っかかっていた「食器の漂白祭り」を始めることにしました。月曜帰宅してから、4斗樽の漬物桶をキッチンに持ち込み、たっぷりの漂白液を作り、どんどんと食器を投入していきます。1時間ちょっとで1回転です。1度に漂白できたものの内の半分位は食洗機に入ります。残りの半分は布巾で拭いてテーブルの上に並べて乾かします。食洗機、しばらく前から乾燥のみで使っているので誠に具合がいいのです。こちらも1時間で乾燥が上がります。昨夜3回転、今日は2時までに6回転。密封容器の空いていたものも投入しました。使用中の物は、住み替えさせて投入します。そしてその後は、漬物用の密封容器です。18L...食器の漂白祭り

  • 被害の状況がだんだんわかってきました

    日々台風19号の被害の状況が明らかになってきました。あらためて被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。1日も早く穏やかな日常が戻ってこられることを願っています。市内で亡くなられた方は、息子の同僚のおじい様だったり、行方不明の方は友人のお知り合いだったりと、本当に身近な方でした。畑仕事に庭の始末にと追われている夫と私。体力的にも辛い部分もあって、息子に手伝ってと言おうか・・・・なんて思っていたのでした。土曜日、夕食にきた息子ファミリー。息子はボランティアで持ち出した家財の分別をしているとのこと。夫と私・・・・手伝っての言葉をだせませんでした。消防団員でもあるし。何と言っても身近で起きた災害こんな時、助け合わねば。消防団員の息子が話す災害の状況にびっくりしたのでした。7月に新居に引越したばかりなのに、敷地が崩れ始...被害の状況がだんだんわかってきました

  • 地球が怒っている

    インドから帰ってきて、日ごとに今回の台風の被害の凄さに驚いています。帰宅早々植木屋さんが入ってくれていたので、どこへも出かけられませんでした。友人が来ていろんな情報を教えてくれてびっくり仰天です。新聞でもテレビでも被害の実態が新しく流れてきて、本当にエライことになっている驚いています。私の知っている最大の台風は伊勢湾台風ですが、今年はあれから60年と聞いて感慨深いものがあったのです。19号は体験しなかっただけに、皆さんの大変さに追いついていないかもしれません。会社も手分けをして被害を受けられかもしれないお客様へお伺いしたり、電話をさせてもらっています。別荘のお客様には周囲の点検と周囲の写真をお送りしています。途中がけ崩れで道路が崩壊していたりして、回り道や迂回して命がけで行ってきましたと、報告する社員もいたりし...地球が怒っている

  • 2008年11月に見たインド・・・・・⑩最終

    2008.11.22のブログの転用です。起きぬけにムンバイの同時テロのニュースが流れました。「ムンバイ」「ムンバイ」どっかで聞いた地名だなー、えっーインドじゃない。おもわずテレビに見入ってしまいました。先月出発の朝、出がけにアッサムのテロのニュースが入ってきました。家人はまだ知らないのを幸いに「いってきます」と。空港で出国したところで、娘から電話が入りました。(それきたぞ・・・・)「ニュース見たけど、大丈夫?」「大丈夫よ、インドだって広いんだから、いろいろよ」「・・・・・」「旅行の傷害保険もいっぱい入ったから」「そういう問題じゃ・・・」「あんたにもあげるように書いといたわ」「よくわからないけど・・・・それはありがとう????」実家の母もよく言っていた「好きで行くのだから、何かあっても気にしないでね」と、その気持...2008年11月に見たインド・・・・・⑩最終

  • 2008年11月に見たインド・・・・⑨

    200811.21のブログの転用です。畑の中に時々現れる煙突はレンガを焼いているのだそうです。道路の拡張で家の前面をバッサリとカットされた家を多く見ました。本当にレンガで出来ているのだ・・・と納得しました。レンガで家を作る国に行っても、いつもどうやって施工しているのだろうと思うのが、天井でした・・・・素人丸出しで????と考えていました。だから建築途中の建物を見ると、バスを停めてくれないかなと思っていました。今回そのバッサリを見て、床部分と天井部分を細い丸太でつっかい棒にしているのだとわかりました。これって日本の鉄筋ノアパートの現場でも見たわーと、納得しました。5つ星ホテルで思わず笑ってしまったのは、ベットサイドと浴室の壁の間のフロアーが微妙な傾きでした。足の裏は敏感だから、ほんのちょっとの傾斜も感じるのですが...2008年11月に見たインド・・・・⑨

  • 台風のあと

    昨日帰ってきました。Wihiのいい環境でなかったので、スマホをいじり過ぎたらつながらない状態になり、悶々とした日々を過ごしていました。この台風です。出発前から嫌な進路予想でしたが、祈るような気持ちでした。それでも途中消防団員の息子が一番情報を持っていそうなので連絡を付けました。市内の様子に、我が家と畑の様子も。古い車庫の屋根が隣の田んぼに飛んでいました。畑の小屋の屋根はなんとか無事で一安心。畑の廻りに住宅がたくさん建ってきたからです。台風15号の後、夫とその話をしたばかりです。だから傷んだとこがないかをチェックはしたはずですが、台風の強さしだいではどうにもなりません。近くでは小さい土砂崩れが発生したり、倒木があったようですが、停電もわずかな時間で復旧したようです。留守番のちーちゃんとちーちゃんパパが「冷凍庫どう...台風のあと

  • 2008年11月に見たインド・・・・⑧

    2008.11.18のブログの転用です。デリーの町の渋滞を抜け、国道1号線・・・カシミールまで通じている・・・を走ります。今3つの工業地帯をつなぐ高速道路が建設されていて、デリーに入らなくても工業地帯に入れるようになるのだといいます。どちらにしてもデリーの渋滞はすざましく、道路の信号を無くして渋滞対策をしているようですが、車の増加には焼け石に水のようです。信号を無くしていると聞いた時は、目が点になりました。とても私たちには道路を渡れません。デリー市内では交差点の代わりにロータリーで対処しているところもありました。収穫されたお米を運んでいるトラックが目に付きました、インドで1番のお米の工場があると聞きました。そこらしき所で野積されてシートをかけただけの麻袋の山を見た時、乾期だからいいのかなー、なんて思ったりしたの...2008年11月に見たインド・・・・⑧

  • 2008年11月に見たインド・・・・⑦

    2008.11.17のブログの転用です。日程表の夕食にホテルレストランでビュッフェと続いていました。確か・・・・食べ放題方式なのかと想像はしたけど、やっぱりそうでした。5つ星レストランの宿泊でも、食事はこんな方式かなと思ったのでしたが。水がダメで、氷がダメで、さらに生野菜にカットした果物も、いやいやチーズもとなると、食べれるものはナンにカレーのパターンです。牛肉がなくて豚肉がないとなると、メインディツシュは鳥肉となります。こうなるとフルコースでもビュッフェスタイルだろうと関係ありません。食べれるものを選べるだけ良しというところです。。どちらにしても外食産業は盛んではないようで、女性の進出についてガイド氏に尋ねたところ、女性が家にいなかったら、誰が子供を育てるのですかと、正統論を言われてしまいました。女性は当然家...2008年11月に見たインド・・・・⑦

  • 2008年11月に見たインド・・・・・⑥

    2008-11.13のブログの転用です。色とりどりのサリー姿に目を奪われます。きれいな色が多く、下にぴったりとしたТシャツ風の物を着ているのですが、その色合わせも着こなしのうちかもしれません。シャツにパンツにショールを巻く人も多いので、ガイド氏に2通りあるのですかと尋ねたら、あれはサリーとは言いませんと、そっけない返事でした。サリーは結婚した人が着るものだそうですが、最近は着るのが難しいので着ない人が増えているといいます。5~6mの1枚の布で襞を作って巻きつけるという一見単純なもののように見えるのですが、それだからこそそこには熟練が必要なのでしょう。みやげ物屋で2時間でサリーを仕立ててくれるといいます。そこでサリーの布を選んでいた日本人が同宿でしたる。夕食前のラジャスタン民族舞踊ショーに飛び入りで参加したのが、...2008年11月に見たインド・・・・・⑥

  • 2008年11月に見たインド・・・・⑤

    2008.11.11のブログの転用です。今回の研修のひとつ。カリヨン銀行はフランスに本拠を置くユーロ最大の銀行グループの投資銀行部門です。日本の農林中金みたいなものと説明がありました。説明をしてくださった山田氏はジャパンデスクの代表でこの4月から現職とのこと。もう一人の山口さんはインド最大のアーンストアンドヤング会計事務所に勤務し、インド進出のコンサルティングをなさっているとのことです。2000年に駐在員としてきて、インドにほれ込んでこの地に残るためにこの職に移ったのだそうです。インドに惚れたって何に?・・・・そこがとっても気になりました・・・それは私だけではなかったらしく質問に出ました。伸びている国で、勢いのいい仕事がしたかった、がご返事でした。うーん私としては違った答かなって思ったりしていたのでした。もっと...2008年11月に見たインド・・・・⑤

  • 2008年11月に見たインド・・・・④

    2008.11.10のブログの転用です。IТ産業は世界1とガイド氏も言いました。その部分をかいまでも見たいと私は思っていたました。長いバスの道中何か質問はありませんかと、私の横に席を移したガイド氏に、世界1のIT産業を見てみたいと言いました。インドが発展していくには、雇用の拡大が必要なのでしょうね、と付け加えもしました。しかし彼は、良いように見えるが、そこには農地を失った農民がいること語ったのでした。森が無くなって、鳥もいなくなって、そう鷹も見なくなってしまったと、彼が悲しそうな目をしたのを見て、私は口をつぐみました。貧富の差を見れば雇用の拡大しかないと単純に思っていた私には衝撃な言葉でした。だが、ジャイプールからデリーに近づいたあたりで、私が見た物は工場地帯でした。デリー市内は工場を作れないし、移転もしていま...2008年11月に見たインド・・・・④

  • 2008年11月に見たインド・・・・③

    2008.11.8のブログの転用です。宿泊2日目はアグラの美しいリゾートホテルです。レイとウエルカムドリンク、そして額に赤い印をつけてもらってチェツクインです。3時間半の時差にもまだ馴染めず9時半には就寝、もっとも日本時間だと夜中の1時です。モーニングコールの電話が鳴り、夫のサンキューと受け取る声を聞きながら、朦朧とした頭で、1度も目覚めないほど熟睡した割には、まだ眠いと思いつつ起床したのでした。そこにチャイムがなります「そんなに寝過ごしたのかしら?」と思いきや、パスポートとビザナンバーを問うボーイの声がします。「これって何事????」。時計をみればまだ11時15分です。寝入りばなの熟睡中ではありませんか、でも何でパスポートにビザなのでしょう。片身はなさずのパスポートを簡単に渡せるはずはありません。こんな時こそ...2008年11月に見たインド・・・・③

  • 2008年11月に見たインド・・・・②

    2008.11.7のブログの転用です。上空から見たパングラデッシュの緑は濃く、河なのか海なのかとみまがう大地を眺めながら、しばらく前、大雨になると災害になると言っていたバングラデッシュの留学生の言葉を思い出したのでした。インドの上空に差し掛かった辺りから、視界が利かなくなりました。これってやっぱり雲ではなくスモックなのでしょうか。9時間半の空の旅でようやくデリーに到着、トイレでさっそくチップの洗礼を受けます。チップと馴染のない世界で生きている私達はどうしてもスマートにそれをこなせないのです。ガイドのラジス・タンノーさん(これ正確でないかも)の開口一番の「インドは先進国」です、の言葉に「ガーン」とします。あーあ私の認識ときたらと内心恥じたのでした。月への探査機のニュースだって見たばかりではないかとしっかり反省です...2008年11月に見たインド・・・・②

  • 2008年11月に見たインド・・・・①

    今回インドに度に出るにあたって、冬至のブログを読み返してみました。観光旅行でなくて・・・・もちろん観光もありましたが、佐久の経営者の皆さんとご一緒の研修旅行でした。だから観光旅行では見聞きできない生のインドにより触れえたと思います。今回でかけている間に2008年のブログを少し編集してアップすることにしました。11年たってどのように変化しているのか、今ワクワクとしています。でも今回は観光ですから、どの程度見聞きできるかですが。もし興味がありましたらお読みいただければ幸いです2008.11.6インドから帰ってきました。32時間ベットに入っていない計算です。飛行機もジャンボで120人でしたから、伸び伸びとしてきたのですが、いかんせん眠れずまだ少々ポーッとしています。ガンジス川のほとりに佇まないと分った時から、観光より...2008年11月に見たインド・・・・①

カテゴリー一覧
商用