searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
足で走って中山道
ブログURL
https://hasiruomusibi.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
主にワラーチで走っています。 当面の目標は普通に100?走れるようになって旅ランすることです。
ブログ村参加
2008/11/26
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、走るおむすびさんをフォローしませんか?

ハンドル名
走るおむすびさん
ブログタイトル
足で走って中山道
フォロー
足で走って中山道

走るおむすびさんの新着記事

1件〜30件

  • 走り始めてからの総走行距離が2万㎞を越えたよ

    ランニングを始めてから約7年。走行距離が2万㎞を越えた。 1万㎞を越えた時が3年半前だから、その時からのペースは変わっていないらしい。 地球1周が4万㎞というから、ようやく地球半周分走ったということになる。 ということは、ブラジルから「日本のみなさーん聞こえますかー?」って言えるってことか。 いやたぶん違う。 それにしても地球デケーな!と思う。 走行距離なんて気にしないって人も多いだろうけど、自分は気にする。 何だかんだ走ってきて、走行距離は経験値だと思うようになってきたからだ。 最近、無意識でやっていることを観察する時間が少しできるようになって、 「ああ、こうゆう時はこうやって身体が対応しているんだ!」と思うことがたまにある。 この無意識で対応してくれるということは、過去の経験から来ていて、 その経験が多ければ多いほど細かい選択肢が増えていくと感じている..

  • 11月まとめ

    11月は19日で365㎞の走行距離。 400㎞走れたらいいなー、と思ってたけど少し及ばず。 2ヶ月連続で400㎞走るスキルはまだ自分にはないということだろう。 引き続き、月間400㎞と週間100㎞を目標にして距離を稼いでいきたいと思う。 走る感覚としては、着地の際のスネの角度を意識できるようになった。 今更ながら着地の瞬間のスネの角度を意識というか確認できるようになった。最低でも直角、常に前に傾いた状態で着地したい。スネが後ろに傾いて着地すると骨が詰まる感じがする。こんな当たり前のことに気付けなかったのか!とも感度が上がって気づけるようになった!とも思う。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) November 20, 2021 出来るようになってみると当り前のことなんだけど、出来るまでは難しい。 そんなことの繰り返し。少しずつだけど前へは進んでい..

  • フォームローラー導入したよ

    月間400㎞を目標に走っていたら疲労が抜けづらい状況になってきたので、 ファームローラーを導入してみた。 コレ↓ ダイソー製500円(+税50円)也。 ネットで送料込みで2000円とかのと同等じゃないかなー、という期待を込めて買ってみた。 本当はストレッチポールというものの方が良いらしいのだが、 今回購入したものより若干長めで置き場所に困りそうということで、 お試しでダイソー製のやっすいコチラの商品を買ってみた次第。 一番ほぐしたかったのが右足の腸脛靭帯の辺り。 早速フォームローラーに乗っかってグリグリしてみると、キク―! やっぱり結構張ってたみたい。痛気持ちいいより痛い寄り。 自分で揉むくらいじゃわからないもんだね。 そして自覚症状のない左の腸脛靭帯辺りもグリグリしてみる。 こっちは正真正銘の痛気持ちい~♪ ということは多少ダメージが残ってると..

  • 疲労骨折完治した!よね?

    今年の5月4日に右足中指の中足骨を疲労骨折して以来、 仮骨が吸収されたら完治したとみなして記事を書こう、と思いつつ、 中々その仮骨がなくならないので「完治した!」とは言えないでいた。 久しぶりに骨折箇所を確認してみると、ついに仮骨がなくなっていた! いえい! これで完治だぜ。ということでこの記事をやっと書くことができる。 まず疲労骨折をしてからの経過を振り返ってみる。 5月4日 疲労骨折する。この時はまだ疲労骨折を認めていなかった。 5月15日 ブログ記事でようやく疲労骨折を渋々w認める。 6月16日 ランニングを再開する。1日おきに10㎞。 7月10日 暑熱順化を理由に1日おきをやめ連続して10㎞ずつ走るようになる。 7月31日 ちょっと涼しかったこともあり試しに15㎞走ってみる。 8月   たまに患部に違和感が出るものの1日10㎞のランを淡々..

  • 10月まとめ

    10月は31日中18日で409㎞走った。 月間の最長距離を更新した。 今までのは2017年12月の404㎞で、それ以来2回目の400㎞越え。 10月は1週間に100㎞というのを意識していて最終週を除いては達成できていた。 最終週は100㎞走の疲れがあったので46㎞と数字としては物足りないものの、 月間としては400㎞を越えることができたので、良かったかなと思う。 そして10月は何と言っても、 ようやく念願の100㎞を走るという目標を達成することができたのが嬉しい。 5月に疲労骨折してから淡々と自分の身体を向き合えたのが大きい。 まさか5ヵ月でここまで回復するとは思いもしなかった。 あの頃の自分に10月にいいことがあるよ♪と教えてあげたい。 10月は5㎞と10㎞のベストも更新したんだった。 今日は20㎞。2日ランオフしたら5㎞と10㎞のPB出たー!って..

  • 【その5】100㎞走の総括【振り返り】

    100㎞を自分の足で走ってみて疲労が抜けた辺りから、 なんだか一皮むけたような気がしている。 脱皮してスッキリした感じ。何とも清々しい。 抜け殻の方にならなくて良かった♪ 何かが変わったかあるいは変わり始めている予感。 最初に100㎞を意識して走ってから3年でようやく100㎞を走ることができた。 調べてみたら6回目のチャレンジだったらしい。 ちょっと過去の100㎞チャレンジをちょっと振り返ってみる。 最初は、 2018年5月のエア柴又。60㎞にエントリー。あわよくば100㎞と意気込むも撃沈して60㎞。 2回目の 2019年5月の見沼代用水では途中走れなくなり撃沈し全体の3分の1は歩いて81㎞。 3回目の 2019年12月の御岳山行きでは、麓にたどりつくも足が上がらず往復ケーブルカーを使用。       ケータイを道中に落として+12㎞走る羽目にな..

  • 【その4】100㎞走の総括【排便編】

    おむすびは焦っていた。 明日は100㎞チャレンジの当日だというのに、 ここ2日うんこが出ていなかったからだ。 100㎞チャレンジに備えて2日ランオフしたのがいけなかったのかも知れない。 今日これから5㎞でも走って身体を揺らせば、出てくれるだろうか? 明日の朝までに出なかったら1週間延期した方がいいんじゃないか? もしこのまま出ないまま強行して路上で3日分のうんこを漏らしでもたら、 ただの事故では済まされないぞ…。 色んな思いが頭を駆け巡る。 がしかし、天は我に味方した! 前日就寝前に待望のうんこが出たのだ! ということで100㎞チャレンジは延期することなく行われましたよ。 でもこの時に出たのは2日分には程遠く、半日分といったところだったので、 若干の不安をかかえつつスタートすることになった。 当日の朝もうんこが出なかったので、どの地点で催..

  • 【その3】100㎞走の総括【ダメージ編】

    100㎞走った翌日起きてみて思ったより筋肉痛もないなー、と思ったら、 走り終わってから24時間経過した夕方ぐらいから股関節から下に急にきた。 股関節、股の筋、太ももの付け根と膝の上、ふくらはぎの外側の張り。 今まで経験したことがなかったのが股の筋の張り。前後に足を開くと痛い。 仰向けに寝て足の裏を合わせて膝を床にもっていくと伸びる所(これが相当痛い!)。 こんな所の筋も走りに影響しているんだな、と不思議に思う。 中1日で疲労抜きジョグ10㎞(キロ7分くらい)の後、少しラクになる。 この時はキロ6分くらいで軽くいこうと思ってたんだけど、 すぐに息が上がってしまい心拍140以下でなら楽に走れたので、 それを目標に走ったらキロ7分くらいのペース。やっぱり疲れてたんだな。 筋肉系の疲労のピークは100㎞走から24時間後からの1日といった感じで、 それから徐々に抜けてい..

  • 【その2】100㎞走の総括【装備編】

    装備は ・ワラーチ ・褌 ・ハーフパンツ ・半袖シャツ ・ウィンドブレーカー ・手袋 ・タオルハンカチ ・スマホ(rakuten mini おサイフケータイ) ・定期入れ(クレカ・Suica・千円札5枚・保険証) ・ガーミン ForeAthlete 245 ・10リットルのトレランバッグに   ・替えのシャツ・褌   ・タオル   ・予備のワラーチ   ・バンドエイド   ・サージカルテープ   ・500㏄のペットボトルに水   ・モバイルバッテリー替わりのスマホ と割と軽装。 まだ10月だしウィンドブレーカーは要らないと思ってたけど、 天気予報で強風になるといってたので2年前の恐怖が蘇る。 ビビッてウィンドブレーカーと手袋をしていくことにした。 4㎞過ぎてすでに暑くなったのでウィンドブレーカーは脱いで腰に巻く。 手袋はしたまま。..

  • 【その1】100㎞走の総括【補給食給水編】

    先週の100㎞チャレンジのまとめ記事を書こうと思ったら、 思いのほか長くなりそうなのでテーマ毎に何回かに分けることにした。 最初は補給食と給水について。 当日の朝は、卵かけごはん(たぶん120gくらい)1杯、バナナ1本、柿半分を食べて出かけた。 その後走りながら摂ったのは、 水分 :水1500㏄ コーヒー(150ccくらい?)2杯 お茶300㏄ コーンポタージュ190g 固形物:あんまん2個 ラミーチョコレート1箱 玉子サンド2個 と意外と少ない。 走る前はあんまん2個を何回食べれるかな?と楽しみにしてたんだけど、 (セブンイレブンで中華まん2個同時に買うと飲料がもらえる企画をやってたので、   あんまんを補給しながら水分は無料でゲットだぜ!とか思ってたw) 41㎞地点であんまん2個、60㎞~75㎞地点でチョコを食べたら、 それ以降は甘いものはもうい..

  • 【100㎞】武蔵御嶽神社に行ってきたよ2021【チャレンジ】

    今年も行ってきましたよ武蔵御嶽神社。 走って行くのは3年目で、これで5年目のお参り。 関連記事 御岳山の武蔵御嶽神社に行ってきた2017 再訪 武蔵御嶽神社 トレランもしてきたよ2018 武蔵御嶽神社に走って行ってきたよ2019 武蔵御嶽神社にまた走って行ってきたよ2020 先ず最初にデータどん! そう!今回はやっと100㎞走ることができた!やったぜ! 走り始めて約7年。2~3年で走れるようになると思ってたんだよなー。 最近の走り方についても、コレで良いのか?と少し疑問に思うこともあったけど、 100㎞走ることができたので、あながち間違ってはいなかったと少し自信になった。 前回の100kmチャレンジでは、お腹がすく前に補給するという慎重なやり方で、 自分にはちょっと合わない感じがしたので、 今回のチャレンジではお腹が空いてから..

  • 身体を薄くして走る

    前回の記事『9月まとめ』でちょっと触れた身体を薄くする意識が最近いい感じ♪ その前回の記事から引用すると、 胸と背中というよりも、胸から引いた垂線と尾骨辺りから引いた垂線の幅を薄くする感じだった。腹圧はあまり関係ないかも。でも腹圧で体幹をまとめるのに似ている。疲れてくると腰が引けて胸が突っ込みがちになるので、身体を薄くするイメージでそれを防げそう。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 17, 2021 身体を薄くするという感覚。 このツイートは2週間くらい前のものだが少し進化が見られた。 昨日のランでは無意識にこれをやっている自分を観察できて、 足が前に着地したがっている時に身体を薄くするとそれを防げることが分かった。 要するに、身体を薄くする意識で走ると、 上体が突っ込むのも着地が前になるのも同時に防いでくれるのだ。 上体が..

  • 9月まとめ

    9月は30日中24日で374㎞走った。 暑さが落ち着いたので1回のランで15㎞走れるようになったので、 月間走行距離も伸びてきた。 8月にヒーヒー言いながら走るのを目標にしたお陰で、 気温が下がってきてからはジョグでキロ5分近辺で走れるようになってきた。 9月の目標であった「玉乗りの感覚」を自分のものにするというのは、 まだまだだけど、再現性は上がってきたと思う。 その過程で「腹圧を高めて体幹をまとめる」ということを知る。 これが結構大きい。 玉乗りの感覚の再現性がグッと上がって毎日のランニングが更に楽しくなった。 疲れていても「走りたい!」気持ちが強いのでランオフのタイミングが難しい、 という贅沢な悩みが発生。 故障しないように気をつけたい。 また今月は新しい感覚も出てきた。 胸と背中というよりも、胸から引いた垂線と尾骨辺りから引いた垂線の幅を..

  • 腹圧をかけて体幹をまとめる

    思い起こせば去年の10月、腹圧がかけられるようになったと喜んでいたのも束の間、 1~2ヵ月でそのやり方が分からなくなってしまった。 その後、走りながら腹圧をかける意識はしたりしなかったりと曖昧なものになっていた。 ある時、着地地点の真上に腹を入れ込む時に上半身がついてこないことがあることに気がついた。 上半身が付いてこない時は腹圧がかかってないんだ!と気付く。腹圧をかけて体幹をまとめると。メモメモ。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 9, 2021 何か夜中に目が覚めて眠れなくなった時に上半身がついてこない理由を考えていて、 寝床でモゾモゾ身体を動かしているうちに 腹圧をかけると体幹がまとまる ということに気付いた! どういうことかと言うと、 腹圧をかけると胴体部分が膨らんだジェット風船のようになって余計な折れ曲が..

  • 8月まとめ

    8月は31日中25日で259㎞走った。 「8月の目標は玉乗りの感覚を自分のものにすること」だったが、 中旬に雨を理由に3日間ランオフしてからは走り方がわからなくなって、 それをどうにか取り戻しつつ、どうにかまた感じられるようになってきたという感じ。 なので途中から目標設定を「ヒーヒー言いながら走る」に変えたw 夏でも大体鼻呼吸の範囲内で走っていたので、これは自分的には革命的だ。 玉乗りの感覚を求めると自然とペースが上がってしまう。 玉乗りの感覚で走るからペースが上がるのか、 ペースが上がるから玉乗りの感覚で出現するのかは謎w まだそれくらい不確定な感覚だということだ。先は長い。 ヒーヒー言いながらも楽しみながら走れたのは収穫。 ここ2~3年もう少しでキロ4分台のジョグが出来そうと感じながら中々出来なかったのが、 もう少し涼しくなったらそれが出来る..

  • 玉乗りするように走る

    こういう走る感覚についての記事は感覚を得た初期の頃に調子に乗って書くことが多い。 だが、今回は違う。 忘れかけて、どうしたらあんな風に走れるんだっけ?と思い出しながらという感じ。 そもそも一番初めは7月3日のツイートで、 故障後初めて違和感なく走れた。よしよし。腹を入れ込むのと「観の目」を意識。腹を入れ込む時の上半身の角度をどうにかするとどうにかなりそう。上手く言えないw観の目は帽子のつばとか眼鏡のフレームと景色とのズレを感じるのも効果的な気がする。 pic.twitter.com/bBv0iG9P9B— 走るおむすび (@hasiruomusibi) July 3, 2021 「腹を入れ込む時の上半身の角度をどうにかするとどうにかなりそう」 と感じたのが玉乗りするように走る感覚を得るきっかけになったんだと思う。 そしていつもの如く、あーだこーだ感じながら走るのを..

  • 7月まとめ

    7月は31日中24日で249㎞走った。 疲労骨折で走れない期間があったので暑熱順化するのに苦労しそう、と思っていたけど、 暑熱順化を意識してから2週間もかからず完了したのが意外だった。 (7月21日の太枠で囲った日に無事に完了。) やっぱりキツかったけど。 疲労骨折の患部は痛みも違和感もほとんどなく(たまにピリついてビクッとするw)、 あとは仮骨が無くなれば完治と言えそうだけど、中々無くなってくれない。 全治3か月は越えそうな模様。 でも今は普通に走れるので問題はなし。 で、その走る内容はというと、 暑熱順化が完了したので、心置きなくスキルの4%上を目指せる!着地直前の間を取って骨盤前傾を意識→玉乗りの感覚→着地のスイートスポット探しが出来る!という流れを今日発見!何となく調子の良い時だけ出来てたスイートスポット探しが意識さえすれば出来るようになるかも知..

  • 疲労骨折の経過と梅雨明けと暑熱順化

    5月4日に疲労骨折して、6月16日にランニングを再開して、 梅雨明けくらいには完治しているだろうなー、と勝手に想像してたものの、 今年の梅雨明けの昨日7月16日にはまだ完治していない模様です。 (なお完治の目安は仮骨が吸収されて出っ張りが無くなった状態になることとする。) あと2週間くらいかかるとして全治3か月か。 思っていたよりな重症やないかーい。 でも、今は痛みはなく普通に走れていて、 たま~に違和感を感じてビクッとするくらいw怖さは残ってる。 ランニングを再開してからは1日おきに10㎞ってペースで走っていたんだけど、 んで今日の。暑熱順化のチャーンス!ということで出走。チャンスはピンチ!でもあった。暑すぎて5㎞でやめようと思ったけど何とか10㎞走りきる。いつもは50くらいの左右差が今日は左に51.7と傾いてた。何とか着地直前の間は全区間で維持。フローに入りか..

  • 【ひとっフロー】超人の秘密【浴びてくるぜ】

    ここ最近、走っていても日常生活の中でもフローの入口近くのニオイがする! と思うことが結構あって日常的に繰り返しフローに入れるのでは?と期待が高まっている。 疲労骨折からの回復期と梅雨という状況が相まって毎日は走れず、 その空いた時間で読書でもするか、と読み始めたのが『超人の秘密』という本。 今回で3度目の読了、と思ってたけど4度目だった模様。「苦闘」の頃を忘れてたらしい。 (詳しくは記事『【ちょっとフローに】超人の秘密【入ってくる】』を参照。) この本を2度目に読んでからは、 フローに入るために次の3つの「内的なフロートリガー」を意識している。 ・明確な目標 ・直接的フィードバック ・スキルの4%上 この明確な目標を、呼吸から「着地直前の間」変えてみたら、大正解だったらしい。 呼吸からは直接的フィードバックはその言葉通り直接受け取ることはできないが、 ..

  • 6月まとめ

    疲労骨折からランニング再開することができ、 1日置きに10㎞ずつ走れるようになって6月は76㎞走ることが出来た。 とりあえず走れるようになってホッとしている。 だけど、疲労骨折の患部に違和感が出るとビクビクしてしまう。 走っている時に出ることがあるのは勿論、普段の生活の中でも違和感があったりするから怖い。 患部の状態はと言うと、押しても痛みは全くなく仮骨がまだあって吸収されていない。 この仮骨が吸収されてなくなるまでは、 暑熱順化を兼ねて1日おきに10㎞を淡々とこなしていこうと思う。 仮骨が吸収された時が全治とすると、全治2ヵ月以上かかるのは確定だな。 故障したと言っても悪いことだけじゃなくて、怪我の功名ということもあった。 「痛みが無くなるまでに獲得したい三つの動き」をしているうちに、 「土偶のようにあるく」動きが結構できるようになってきて、 その..

  • 【腹を】真下着地のコツ【入れ込む】

    フォアフット着地が出来るようになったと感じてから1年余り、 ようやくコレが真下着地のコツなんじゃないか?!という動きを体験した。 ジェリー型ワラーチ試走とリハビリラン。今日は5㎞で終わろうと思ってたけど、身体が1日10㎞までならokよ、と言ってくれたので無理せず10㎞走れたぜ♪だけど汗だく。そして身体の真下で着地するという意識よりも着地地点の真上に身体を入れ込む感じの方が上手くいくことを発見!やはり腹が大事。 pic.twitter.com/HmoIqW8kth— 走るおむすび (@hasiruomusibi) June 20, 2021 着地のことを考えると、どうしても足先でどうにかしようとしてたけど、 それは間違いで、やはり体幹からの動きが大切になるようだ。 着地する瞬間に身体というか骨盤というか腹を着地地点の上に入れ込むという感覚。 前方に押し込むと言ってもいいか..

  • 疲労骨折からのランニング再開

    疲労骨折してから6週間経過して、 そろそろ走ってもいいじゃないかという状態になってきたので走ってみた。 どんな状態かというと、患部を強く押しても痛くないといった感じ。 疲労骨折をすると、折れた所を包み込むように仮骨ができて補強してくれる。 骨折部分が治るとその仮骨が吸収されて元の太さに戻るという経過をたどるという。 今はまだ仮骨が触ってわかるくらい出っ張っていて、 本当のことを言うと強く押すと痛いのだが、 その痛みは、仮骨と押す指とで圧迫された皮膚が痛いという風に理解している。 ということで、疲労骨折から約6週間、43日後にお試しで走ってみた。 最初の2㎞くらいまでは、患部に痛みというか違和感があったので、 10㎞走れるかなー、と思って走り出したものの5㎞で止めておいた。 やはりまだ完治はしていない模様。 でも久しぶりのランニングは気持ちよく楽しく走..

  • ゼロシューズジェシーを参考にワラーチ改造してみた

    故障中にツイッターのTLにイケてるサンダルの画像が流れてきたので、 次はコレで行ってみよう!ということで試作してみた。 参考にしたのは、ゼロシューズのジェシーというモデル。 親指と足首でソールを支持するタイプのもの。 出来上がったのがコチラ↓ジャン! きたね~な、おい!ということでゴメンナサイ。 いきなり新品のソールで作る勇気がなかったので、 3200㎞ほど走って紐を通す穴が裂けて引退した2代目ワラーチを改造。 裂けた穴の隣りにもうひとつ穴を開けて紐を通してみた。 親指のループ部分は、親指の一番太い所を基準に通るけど脱げない感じに調整した。 足首部分は内くるぶしの穴に結んだあとに、 木村東吾さんの動画を参考に真田紐を足首にひっかかるようにしてみた。 元のソールは3200㎞しか走っていないので、 5000㎞近く走っている4代目と比べると意外と..

  • 土偶のように歩く(土偶は歩かないけどな!)

    故障中で走れなくても焦らず腐らずにいられるのは、 歩きながらでも稽古が出来ているからだ。コレ大事。 『痛みが無くなるまでに獲得しておきたい3つの動き』を実践しているうちに、 腹で歩けている感覚になり、コレって妊婦みたいだなと思い、 更に妊婦ってよりは土偶って言った方が近い気がする、と変化してきた。 そしてこの動きを忘れてはいけないと強く思い、 常に目に入る所にいてほしいといういことで土偶を購入してしまったw 土偶は妊婦を模しているとも言われているので、 この感じ方の変化は自然な流れだったのかも知れない。 この動きの種は故障前からあって以前にツイートしている。 最近、高校の時の体育教師に歩き方が似てきたと思うようになった。腹の据わったあの歩き方を習ったわけではないが、実際にこの目で見たことがあるというのが大きいのだろう。時を越えて習うということもあるん..

  • さてラン再開はどうするかな

    5月4日に疲労骨折をして、そろそろ6週間が経とうとしている。 その足の状態はと言うと、ほぼ痛みはない。 患部を強く押すとやっぱ痛いなといった具合。 関係はないと思うけど、左足の中足骨がたまにピリピリするのがちょっと怖い…。 4週間目くらいまでは、毎日、昨日よりは良い状態で回復を実感してきたけど、 それを過ぎると1日単位では回復を実感できなくなってきた。 でも、一昨日は50メートル走って違和感出てきたのに比べて、 今日は数百メートル走って何の違和感も感じられなかったという具合で、 着々と以前の状態へ回復してきているのは分かる。 疲労骨折をすると、患部の周りに仮骨というのが出来て骨折部分を補強して負担を減らすらしい。 そして骨折部分が治ると、その仮骨が元の骨に吸収されるように小さくなって、 元の状態の骨に戻るという経過をたどって完治に至るという。 今、患部を..

  • 5月まとめ

    5月は31日中、3日で80㎞走った。 と言うか、5月4日の疲労骨折からランオフ中でござる。 カレンダーも真っ白なんだぜ。 アレから丸4週間経ったわけだが、 足の状態はと言うと普通に歩けるようになりほぼ痛みは無くなって、 患部を手で押したりするとまだ痛みがあり、完治まではあともう少しといった感じ。 まだ完治はしていないということは、全治4週間には収まらなかったということになる。 つまりは重症じゃねーか。 疲労骨折した当日の走り始めは痛みはなかった。 だから、痛みがあるうちは走るのは危険だと思っている。 とりあえずは、押しても痛みがない状態まではランオフしておく。 問題は、どーなったら走れるようになるかだ。 最初は、縄跳びで様子見の予定。 まずは、両足でビョンピョンして問題がなければ、ランニングに移行してみよう。 痛みがあるうちは、疲労骨折の原因..

  • 後藤さんのサボテンとおはぎ

    今年も後藤さんにもらったサボテンが花をさかせてくれた。 後藤さんというのは、すでに亡くなって数年になるがご近所のおばあさんだ。 後藤さんは近所の何軒かの家にサボテンを配っていたのだが、 うちのサボテンだけ花が咲かないので気をもんでいた。 せっかく「綺麗なお花が咲くから」と上げたのに、 一向に花が咲かないので気まずかったのかもしれない。 この後藤さん、味にうるさく気に入った物しか食べず、 自分で採ってきた山菜をくれたり、美味しい煮物をくれたりしてくれていた。 そのお返しにと、おはぎを作って上げたところ気に入ってくれた。 「あまりに美味しいから、ペロッと2つ食べちゃったわよ」と褒めてくれる。 お世辞とかは言わない人だから (プリンを作って上げた時は美味しいともマズいとも言われなかったw)、 こういう風に言ってくれたのはとても嬉しく、 おはぎを作る度に後藤さ..

  • 庚申塔に昔の日本人の正直さを垣間見た

    古道や旧街道を走っていると庚申塔や庚申塚をよく見かける。 ↓こんなやつ。これは鎌倉街道の、とある庚申塔。 地名やバス停の名前になっている所も多いので、なじみのあるフレーズではあると思う。 なじみのあるフレーズではあるが、何であるかはよく分からなかった。 調べてみると中々興味深いものだと知ることになる。 庚申塔は、庚申講(こうしんこう)を18回(約3年)続けた記念に建立される石碑・石塔で、 庚申講とは60日に1度の庚申の日に、帝釈天等を祀って夜通し宴会をする風習。 何を言ってるのか分からないだろうが、詳しく説明を聞いてもよく分からないんだぜ。 で、どうして庚申の日に夜通し宴会をするのかと言うと、 人間の体内にいるという三尸(さんし)の虫という虫が、 庚申の日の人間が寝ている間に、 帝釈天にその人間の悪事(嘘といった些細な事も含む)を報告しに行くのを防..

  • 痛みが無くなるまでに獲得しておきたい3つの動き

    右足中足骨の故障から丸2週間が経過した。 1日1日、日毎に良くなっている実感があるものの痛みがまだある。 歩くと痛い。 この痛みがあるうちに、同じ故障をしないための動きを獲得しておきたい。 具体的に3つ。 1.左足の着地の瞬間に入れ換えるように右足を上げる。 2.この右足を上げる時に骨盤ごと(から)上げるようにする。 3.歩く際の着地衝撃の緩衝には、股関節伸展を使う。 1.については、右足の離地の際に地面を押してしまう癖を無くすためのもの。 この癖は、直接的に今回の故障の原因だったと思われるので、これは必須。 2.については、上手く走れている時には出来ていることで、 これが出来ていると腹のエンジンが原動力になっていてスムーズに走れる。 歩き時にも出来るようになれば、走る時はいつでもスムーズに走れるのでは?と思っている。 3.は故障してから痛..

  • 【原因と】疲労骨折?してるかも【対策】

    ケーキの胡椒?いや計器の故障?いや本気で痛い!ヤバいヤツや! メーデー!メーデー!メーデー! おむすび88便、玉川上水駅手前で右足停止!走行不能! 2021年5月4日朝、今度こそは100㎞走ってやるぜ!と意気込んでいたものの、 13㎞地点で感じ始めた痛みが、 玉川上水のトレイルからアスファルトの路面に出たとたんに激痛に変わった。 もう走れないと一瞬で悟ったにも関わらず、 「メーデー」(航空機事故の検証ドキュメンタリー番組) をパクるナレーションが頭の中を流れる余裕は何故かあった(冒頭のやつ)。 タダのアホだろ、というツッコミに反論する材料は何一つない。 当日は足を地面に着くのも痛く、 しかも中足骨が痛いというより右足全体(足首より下)が虫歯のように痛かった。 若干、腫れている?浮腫んでいる状態↓ 翌日には痛みはマシになってきた。やはり歩くと痛い..

カテゴリー一覧
商用