chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
足で走って中山道 https://hasiruomusibi.blog.ss-blog.jp/

主にワラーチで走っています。 当面の目標は普通に100?走れるようになって旅ランすることです。

走るおむすび
フォロー
住所
東京都
出身
東京都
ブログ村参加

2008/11/26

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 走って武蔵御嶽神社へ2022

    自信満々で出かけたのに撃沈しましたよ。 今週の土曜日に御岳山に行けることになった♪ 今年は最低100㎞出来たら自宅から往復120㎞全部走れたらいいなと思う。ワクワクドキドキ。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) November 23, 2022 昔からの走りからオサラバ出来ると調子に乗っていたのかもしれない。 以前の走りに違和感を持てるようになってきたらしい。その違和感に気付くと何を修正すれば良いかがほぼ分かるといった具合。俺のお師匠さんはこの身体♪— 走るおむすび (@hasiruomusibi) November 25, 2022 走り出しは調子良かったのだが、 40㎞地点で予定してた第一エイドが30㎞地点に前倒ししてしまい、 御岳山に入ってから歩きながら食べるハズだったおむすびも40㎞地点から消費し始め、 明日の補給食の玄米芋ごはん。 pic..

  • 【ヨガの本】クンダリニー覚醒【読んでみた】

    ヨーガの本をAmazonでおススメされて読んでみたところ、 自分にとって非常にタイムリーで役立ちそうな本だったのでご紹介。 それが成瀬雅春著『クンダリニー覚醒』だ。 ヨーガの本Amazonでオススメされて買ってみた。本屋で見かけたら絶対買わない本だな。あさイチヨガから飛躍し過ぎだろ!と思う。 pic.twitter.com/cDCgv217lU— 走るおむすび (@hasiruomusibi) October 16, 2022 一行でまとめると 野郎共!ケツの穴を締めやがれ! ということなのだが、 これも「基本であり奥義でもある」のではないかと感じさせてくる内容だった。 そもそもクンダリニー覚醒って何?かというと、 人体に内在する非常に大きなエネルギー で、普段は使われることはないが、 いわゆる火事場の馬鹿力みたいに出現することはあるがコントロールがしにくい..

  • 10月まとめ

    10月は31日中19日で323㎞の走った。 10月は久しぶりに60㎞走ったのと、尻穴締めの意識を新たにしたのが良かった。 久しぶりの60㎞走は、 補給が少なくてもどうにかなりそうだという手応えが得られて少し自信になった。 年内に1度100㎞走をしたいと思っているのでなるべく手持ちの食料のみで乗り切りたい。 尻穴締めの意識の改めは↓の本での影響だ。 ヨーガの本Amazonでオススメされて買ってみた。本屋で見かけたら絶対買わない本だな。あさイチヨガから飛躍し過ぎだろ!と思う。 pic.twitter.com/cDCgv217lU— 走るおむすび (@hasiruomusibi) October 16, 2022 読んでみると真面目なヨガの本でとても参考になった。 『クンダリニー覚醒』を読んで今まで避けていたことをしなければ!と思わされた。それは、腹圧とケツ穴を締..

  • 【60㎞】美芳町の鎌倉街道【走って見てきた】

    この間走った川越街道近くに、 かつての鎌倉街道の一部が残っているというので見てきた。 じゃん! 川越街道の大和田宿の柳瀬川が削り残した崖上沿いにあった道で、 今はほんの一部分しか残ってなく、どこへも続いていない。 あまりにもあっけなく道は終わってしまうので、へぇ…って感じ。 もっと正直に言うならば、30㎞走って来てコレかい!とちょっと思った。 やっぱり道は続いていてナンボだと思う。 ここの崖下には竹間沢こぶしの里に小川があって6月ごろには蛍が見られるらしい。 最初にここに辿り着いて 崖上に鎌倉街道があるらしいという情報のもとに、 蜘蛛の巣を破壊しながら3日降り続いた雨の後のヌルヌル道を登って行って、 割と苦労して辿り着いたので上記感想になってしまいました。 申し訳ない。 普通に舗装道路からもアクセスできるので、そちらからがおススメ..

  • 9月まとめ

    9月は30日中19日で301㎞走った。 台風来てたりしたけど、割と順調に走れて楽しかった。 お正月以来のロング走が出来てとても満足♪ 牛乳とソフトクリーム食べに行ったり、 今日の昼飯。 pic.twitter.com/As93pf8Sj6— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 11, 2022 川越街道を川越まで走ってみたり、 ブログ更新しました 『川越街道走って来たよ』足で走って中山道|https://t.co/6cam1UE3wd— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 18, 2022 中々充実したラン生活だったと思う。 そして久しぶりに新しい感覚も出てきて、 日々のランニングも楽しく走れていて嬉しい。 ブログ更新しました 『【心地よい】ピストンか回転か【足の運び】』足で走って中..

  • 川越街道走って来たよ

    4年半前に途中まで試走したまま放置してきた川越街道を走って来た。 自宅から40㎞ちょっと、往復できるくらいの時間に出発。 10時間で往復したとしても15時じゃん!と思ってましたゴメンナサイ。 まずは中山道と川越街道との追分へ。大体10㎞地点。 1.川越街道の起点。中山道との追分。高速の下を突っ切るのが旧中山道。左が現中山道で旧川越街道とややこしい。2.道を間違えた。旧川越街道のハッピーロード商店街に復帰。3.商店街を抜けて現道の川越街道に復帰。 pic.twitter.com/n30JV1lvr8— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 18, 2022 いきなり道を間違えたでござる。 まっすぐに行くべき所を右へ逸れていた。 というかまっすぐの道は左へ逸れているように思えたんだよなー…。 試走したのが4年半前だから記憶も薄れるよ..

  • 5代目ワラーチ作ったよ

    そろそろ3代目4代目ワラーチが薄々になってきて限界が近いと感じてたので、 新しいワラーチを作ってみた。 5代目ワラーチも基本はマンサン仕様。 4代目までのワラーチを参考に自分なりに2つほどいじってみた。 ひとつは鼻緒からの紐を二重ではなく1本にして軽量化。 結び目は着地の邪魔にならないように指のちょい上にくるように。 軽量化というよりは肌に接する部分を少なくした。 これによってちょっとしたストレス軽減になっていると思う。 軽量化もできてるので肌に当たる圧も少なくなっている。 草鞋(わらじ)型にすることによって足指の自由度を上げて軽量化もできるのだが、 汚い便所に入る時に躊躇してしまうので、今回はノーマル型とした。 そしてふたつ目は、 これまた鼻緒からの紐を中足骨を跨がないように沿わせるようにしたこと。 下駄とかでは気にならな..

  • 【猫背】布団やめてゴザで寝てみた【改善】

    夜中に猫背の凝りが酷く気になって眠れなくなってしまうことが多々あって、 これはどうやら敷布団が柔らかいのが原因かもしれないと感じ、 敷布団の代わりにゴザを敷いて寝てみることにした。 畳の上にラグが敷いてあり、その上にゴザを敷いている状態。 ゴザ敷いて寝てみた。良いかもしれない。身体がその歪みを修正するのを邪魔しない感じ。ゴザが良いというより布団が良くないのかも。靴でもそうだが、クッションは身体のセンサーを狂わせる作用があるのかも。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 24, 2022 すると何ということでしょう! 猫背部分が力むことなく凝りをで悩まされることなく寝ることができた! しかも寝覚めスッキリしてる! ゴザ寝2日目にして身体が喜んでる。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 25, 2022 ..

  • 【心地よい】ピストンか回転か【足の運び】

    着地直前の間さえ取れていればどっちでも良いと思っていたのだが、 猫背が改善されてきたことで走っている時の姿勢が良くなってたことによって、 自然と「コレだ!」と思える足の運び方が見えたのでメモ代わりに残しておこう。 「どっちでも良いと思っていた」というのは足の運びのことで ピストンを意識して上下に動かすのが良いのか回転させるのが良いのか、 2年前から着地の時の遊脚の位置を意識するようになってから、 ちょっと気になるようになっていた。 「胸を出して走る」ということを今年の3月くらいからやっているのだが、 胸部がほぐれてきたことで、 黒人ランナーのような姿勢が取れるようになった(気がしてるw)。 胸を前に出して前傾姿勢でクルックルと足が回るアレだ。 やべー。今日は初めてアフリカンな姿勢で走れてた気がする。第三者から見たらわからないけど自分の中ではそんな感じで気持..

  • 8月まとめ

    8月は31日中23日で267㎞の走行距離。 8月は暑い中頑張った! 走る時は頑張らないようにしているけど、色々頑張った! 7月初めから暑かったから、今年は流石に8月下旬になってきて少し疲労が出てきた模様。 それもまあウルトラマラソンの後半の練習が走り始めから出来るチャンス! と捉えることで、良い走りが出来ていたんじゃないかと思う。 「7月のまとめ」の最後に言っていたフローに入れたらいいな、 という言葉は予感だったのか2度ほどフローに入りかけたことがあった。 それでフローへの理解が深まったことで無理にフローに入ろうとは思わなくなり、 猫背の凝りがキツくなってきたことで身体の変化も感じている。 もちろん良い方向で。 (具体的には敷布団をやめたことで改善している。いづれ記事にしたい。) あと小中の同級生のNちんとi田さんと呑んで腹から笑って良い情報交換がで..

  • 身体が猫背を許してくれなくなってきた その2

    この夏、猫背の頂点の凝りが酷くて夜中に目を覚まし1時間程眠れないことが何度もあった。 この1週間で4度、ここ3日連続で猫背の頂点の凝りで夜中に目が覚める。その度にヨガの猫のポーズをとったりフォームローラーでゴリゴリ伸ばしたりしてる。身体が変わりかけていると推察。この凝りが抜けてくれたら滅茶苦茶スッキリするだろうな。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 3, 2022 猫背に関しては3年前に克服したつもりだったけど、 (記事『身体が猫背を許してくれなくなってきた』参照) まだまだ昔の悪い癖は抜け切れていなかったらしい。 この時は一応の形だけは修正できていた、ということだと思う。 形だけは修正できたけど「力み」は取れずに慢性化したまま放置されていた。 気づきもしなかったから仕方がないと言えば仕方がなかったのかも。 この「力み」が『天狗芸術..

  • 【最新の】フローへの入り方【非科学】

    ここ3週間の普段のランで2度ほどフローに入れそうな感覚になり、 実感としてフローへの入り方が見えてきたので報告したい。 きっかけは7月21日のランニング。 昨日のランニングで、この時と同じ場所でフローに再び入りかけた。 https://t.co/yLYKY9rnXG— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 11, 2022 ここで一つの疑問が生じた。 フローに入りかけたんじゃなくて熱中症になりかけただけではないのか?と。 確かに今年の夏は暑すぎる。(←なんか毎年言ってんなーw) そしてフローに入れそうと思ったシチュエーションは無給水10㎞走の8㎞地点、 ということで中々しんどい場面ではある。 フローに入っても熱中症で意識が飛びかけてもおかしくない状況だ。 ということで同じコースをまた同じように走ってみた。 残念ながらフローに入る..

  • 7月まとめ

    7月は31日中24日で284㎞走った。 今年は梅雨が早くに明けたお陰で暑熱順化も7月2日に完了した。 水道の水がお湯になる前に走ってきた。走ってる途中に汗が目に入るが全然沁みない。これはもしや!口の周りの汗を舐めてみるペロリ。ん、これはアーモンド臭…グハッ!じゃなくて塩辛くない!これはもしや暑熱順化完了のサイン?でもかなりキツかったぞ。7㎞以降はウルトラ後半の走りのようだった。 pic.twitter.com/nFTy7gKCEW— 走るおむすび (@hasiruomusibi) July 2, 2022 暑熱順化が完了したからといって暑さの中普通に走れるわけではなく、 毎日ヒーヒー言いながら走っている。 熱中症の心配が少なくなったといったところだろうか。 そんな風に走っていると良いこともある。 普段の「歩き」でもこの太ももの感覚を気づくことが出来た。歩き..

  • 【映るとも】天狗芸術論・猫の妙術【月も思わず】

    『新釈 猫の妙術』が面白かったので原文を読んでみたくなり、 『天狗芸術論・猫の妙術』を入手して読んでみた。 「猫の妙術」を目的として購入したのだが、「天狗芸術論」が更に深堀りした感じで面白い。 「天狗芸術論」を読ますために「猫の妙術」が書かれたんじゃないか?と思わせる内容だった。 「天狗芸術論」の芸術とは武芸つまりは剣術のことをいう。 行き詰まりを感じる剣術者が天狗に剣術の教えを乞うといった内容のお話だ。 と、ここまで書いて2か月近く経ってしまった。 読めば読むほど理解が進むのだが、そのたびに言葉にするのが難しくなってしまう。 どう紹介して良いのやら分からなくなってしまったのだが、 具体的に「気」について書かれてる部分があって、 それを続けていたら身体的にも変化があったので、それを紹介しよう。 先づあふのけに寝て肩を落し、胸と肩とを左右へ開き、..

  • 6月まとめ

    6月は30日中21日で276㎞走った。 まさかの6月(27日だったかな?)の梅雨明けでヒーヒー言いながら暑熱順化しております。 6月は調子良く走れていて、 「力を見ながら走る」のが毎回のランで出来るようになってきた。 これがラクに走ることにつながっている。 更に最近の猛暑のお陰で「いかにラクに走るか」以外のことは、 走っている時にはあまり考えられなくなっているという状況で、 疑似ウルトラマラソン終盤の走りが毎回できている感じ。 10㎞のランで体験できるなんて、お得じゃないかw あとですねー、2月から履き始めている一本歯下駄の効果が現れてきて、 下駄を履いていない普段の生活やランニングの中でも、 「あっ、いま体幹をつかって身体をコントロールしたな」 という場面がちょくちょくと出てくるようになってきた。 これがどう走りに影響しているかというと、 足の..

  • 一本歯下駄を履いたら体幹が動き始めたよ

    2月に一本歯下駄を購入した。 家の中だけで主に台所仕事をしている時だけ履いてきて、 大体5ヵ月経った6月くらいから色んな場面で体幹で動けているという感覚が出てきた。 やったぜ、いえい。 メルカリで購入する際に女性用ということは承知していたが、予想以上に小さかったw 踵が丸まる出てしまっているけど、実用上はまあ問題はない。 高さは10㎝くらい。 最初に恐々と乗ってみたところ(履き物というより乗り物感が強い)、 意外とすんなりと立つことができた。 しかし、立ち続けるとなると難しい。 歩くのは普通に出来る。 いきなりお外で履くのは怖いので家の中で使用して様子を見ることにした。 台所仕事する時だけ1日合計で1時間~1時間半くらいだろうか。 包丁や熱湯を扱う時は慎重になるのだが、 お醤油をちょっとかけるとか、オリーブオイルをサラダに回しかけるとか、..

  • 5月まとめ

    5月は31日中18日で242㎞のランニング。 例年の5月ならば長距離走に失敗してあーだこーだ言ってる時期だが、 今年は黄金週間に右足の中足骨に疲労骨折の兆候が出たのと、 その後の忙しさのため100㎞チャレンジもフルを超える距離も走れず、 淡々と走れる時に走れる距離を踏んでいったという月だった。 というと調子が悪かったように感じるかもしれないけど、 走りの内容な中々良いことが多かったように思える。 裸足でのウォーキングをしてみたり、周回コースを右回りで走ってみたり、 と新しいことを始めてみてコレガ結構走りに良い影響を与えてくれそうなのだ。 また『猫の妙術』の原文が収録された『天狗芸術論・猫の妙術』を読んで、 今後に取り組むべきことがハッキリとした気がしている。 5月中に何度か記事にしようと思っていたけど中々感じたことをまとめることが出来ずに、 5月が終..

  • 【ギリギリ】疲労骨折しかけたぜ【セーフ?】

    去年の5月に右足の中足骨を疲労骨折して1年が経ち、 しっかり動きを見直して改善してもう心配ないと思っていたのに、 日課になっている足のストレッチの最中に、 左足の中指と人差し指の間をグリグリしてたら中指にピキーンと痛みが走った。 ヤバい痛みのヤツだ! 瞬間的に骨だと理解した。 試しに上から押してみる。 痛くなーい! どうやら、左足中足骨の人差し指側の側面が患部らしい。 まだ折れてはいないけど、このまま走るのは危険と判断。 4日ランオフしてグリグリしても痛みが無くなったのでラン再開。 5日で4回60㎞走った所でまたグリグリした時に痛みがぶり返した。 そして再び3日ランオフして痛みは消えた。 走りながら原因を探ってみる。 右足を疲労骨折した時のように地面を押すということはあまりしていない。 ちょっと前気味に着地しているのは自覚しているけどそれは..

  • 【本当の】新釈 猫の妙術【道理】

    『4月まとめ』でも触れた『猫の妙術』が面白かったので紹介したい。 どういった本かというと 鼠捕りの名人である古猫が他の猫と一人の剣術家に教えを説くというもの。 コミカルな感じでとても読みやすいのだが、その内容はとてつもなく深い。 宮本武蔵の『五輪書』との共通点もあって、よりその理解を進めてくれる。 この本でアハ体験をした人も多いのではなかろうか、と思う。 時代は江戸中期。 ある流派で免許皆伝まで許されたものの何か物足りなさを感じている、 猫と話せる剣術家、というのが主人公の勝軒という男。 この勝軒の家に猫ほどの大きさのネズミが現れ暴れまわる。 家猫では歯が立たないので、 腕に覚えあり!という猫を次々を連れてくるも皆惨敗。 最後に連れてきた、庭から縁側に上がるのも覚束ないような古猫が、 見事その大ねずみを仕留めてしまう。 というのが第一章。 ..

  • 4月まとめ

    4月は30日中18日で264㎞のランニング。 「胸を出して走る」持久力が上がって20㎞は走れるようになってきた♪ いえい! と調子に乗っていたら体調不良(下痢と嘔吐)で20日から3日ランオフ、 ランニング再開して「さあ、これからだ!」と思ったら左足中足骨に疲労骨折の兆候が…。 で、また3日ランオフしてみて、まあどうやら大丈夫そう。 1周1㎞ちょっとのコースを左回りでグルグルした時の走り方が原因だったと思われる。 グルグルする時は右回りも検討しないとなー、と思ってた所だから丁度良い機会かもしれない。 で、この2回のランオフ中にそれぞれ気づきがあったので、 やはり怪我の功名とか万事塞翁が馬を実感した。 気づきのひとつが前回の記事で紹介した 「動きではなく力を見る」ということ。 これはこれからの走りに大きな飛躍をもたらしてくれそうな予感がしている。..

  • 「動きではなく力を見る」を実践してみた

    先週、ちょっと体調不良があってのランオフ中に、 走る代わりに以前見たランニング系の動画を見直していたら、 「おっ!コレは!」と思う所があったのでご紹介。 この動画は以前に「着地の瞬間の遊脚の位置」に注目して記事にさせてもらったのだが、 当時はスルーして気づかなかった重要な考え方だなと思ったのが、 「動きではなく力を見る」ということ。 これを実際に走る時に意識してみると、 上手く走れている時には実践してたわ!とちょっと興奮した。 上手く走れている時というのは「玉乗りするように走れてる」時のことだ。 玉乗りの感覚で走れている時はバランスを意識しているようで、 というかバランスを意識するということは「力を見る」ということなのかも。 着地の際に地面からどう力をもらってどう利用しているのか、に集中する。 すると上手く力を利用できていない時は余計な力が入って..

  • 【宮本武蔵】踵を踏むということ【五輪書より】

    足のはこびやうの事、つま先を少し浮けて、きびすをつよく踏むべし。 宮本武蔵の五輪書に書かれているこの言葉、 分かるような分からないような感覚だった(つまりは分かっていなかった)のだが、 フォアフットでの着地の経験が増えるにつれて(出来るようになって2年くらい)、 恐らくこういうことじゃないだろうか、という気になったので書き留めておく。 去年、右足の中足骨を疲労骨折した時に、 前足部で必要以上に地面を押してしまうというクセがあることに気が付いた。 (記事『【原因と】疲労骨折?してるかも【対策】』参照) この前足部で地面を押してしまうのを防ぐために、 「踵を踏む」というのをいつの間にか意識してやるようになっていた。 踵を踏むことで前足部に余計な仕事をさせないようにできるのだ。 と同時にバネが利用できるようになる。 前足部で着地すると足首が背屈しきって自然と逆に戻..

  • 【読んで】限界を乗り越える最強の心身【みた】

    訳は丁寧で読みやすく内容もとても良いのだけれど、 タイトル詐欺と言われても仕方ないんじゃないかと思う。 「チベット 瞑想」で検索して皆さんのレビューを見て購入してみたのだが、 知らずにタイトルだけを見てたら恐らく読むことはなかっただろう。 「最強」という表現が少年ジャンプ的で内容とそぐわないように感じた。 本の内容はというと、 チベット高僧が瞑想とランニングについて教えてくれるという。 禅の世界には「歩行禅」なんてものもあるし、 ランニングをしながら瞑想もついでにできたらいいな、 という邪まな考えで読み始めたら、その考えは序盤で否定されたw (ちなみに訳者も同じ勘違いをしてたらしい。) たまに、「ランニングが私の瞑想なんです」という人がいます。言っている意味はわかりますが、現実的にはランニングはランニングであり、瞑想は瞑想です。だからこそそれぞれ名称が..

  • 3月まとめ

    3月は31日中22日で321㎞走った。 3月は何と言っても「胸を出して走る」ことを知ったのが大きい。 これで毎回のランニングを楽しめることが約束された。 犬が飼い主にお散歩をねだるように、身体が頭に「走ろうぜ!」とせがんでくるw しょーがねーな、と走りに行くとやっぱり楽しい♪ といっても、この走り方での持久力がまだまだなのだ。 最初のうちは10㎞も行かないうちに疲れてきて、 腰が折れそうになるのにハッと気づいて持ち直しどうにか10㎞を走っていた。 たぶん今まであまり使えていなかったインナーマッスルが働いているからだと思う。 徐々に慣れてきて今はこの走りを15㎞くらいまでキープできるようになってきた。 できれば4月はこの走りを20㎞を週5で「普通」こなせるようになりたい。 そうすれば自然と「スムーズに」の経験が増えていき、 いつの間には走るのが速くなっ..

  • 胸を出して走る

    始めに言っておくと、おっぱいを晒して走るわけじゃないので誤解なきよう。 なんかこの間、胸を前に出す意識で走ったら、 全てが上手くいくように走れたのでご紹介したい。 左の腹を張る意識で走ってたらトントン拍子に今まで体得した知識がつながった。腹を張る→上体が起きる→胸を出してそれを抑える→前足部での良い着地→前足部で押したくなるのを我慢して踵を踏む→楽に軽くスムーズに走れる!— 走るおむすび (@hasiruomusibi) March 10, 2022 左の腰が屈んでしまっているのに気づいたので、 それを解消しようと左の腹を張って走ってみた。 すると上体が起きて後ろに倒れそうか感じになるので、 それを抑えようと胸を前に出してみると、 おお!意識しなくても前足部での良い着地が出来るじゃないか! すると今度は、その前足部を使って地面を押したくなるので、 そうならな..

  • 2月まとめ

    2月は28日中15日で256㎞走った。 先月についたサボり癖から脱却しつつある。 ナイス俺。 そして良い感覚で走れたこともあった。 久しぶりに、というか2回目だけど、お腹の中に球状のトローラーを感じられた。その球を前に出すと前に進む。今回は進化して、その半球の上半分をイメージして前に傾けると前進或いは加速できる感じ。重力を利用できている時に出現してくれるのかも、という感覚を得る。次回も現れてくれるといいな♪— 走るおむすび (@hasiruomusibi) February 20, 2022 「球状のトローラー」は「球状のコントローラー」ね。 このコントローラーが最初に現れてくれたのが4年半くらい前。 記事『重心の位置について』で報告している。 この時は微妙な重心の調節がコントローラーを大きく動かすことが可能だった。 今回のはちょっと違って、球が半..

  • 冬の踵のひび割れ対策にひまし油が効いた

    ワラーチで走っていると冬に悩まれていたのが踵のひび割れ。 これが地味に痛い。 その対策として白色ワセリンを塗っていたのだが、 あまり効き目は感じられず、 走っていると土埃を吸着してしまい足が汚れやすいという状況だった。 なので今シーズンはもうワセリンはやめようと思っていたところに思いついたのが、 ひまし油だ。↓コレ。 元々、髭剃り後のカミソリ負けの軽減に使っていたもの。 たま~に疲れ目に点眼したりもしていた(自己責任でね)。 このどちらにも良く効いていたが、 まさかねーと思いながら踵に塗ってみた。 単なる思い付きで試してみたわけだが、これが効く効く。 今シーズン初めに1度、踵のひび割れが出た後、 ワセリンに見切りをつけてひまし油を塗るようになってから、 まったくひび割れをしなくなった! いえい! 風呂上りとか足を洗った後の水分が皮..

  • 1月まとめ

    1月は31日中、5日で92㎞の走行距離。 いやー、サボった。サボりまくった1か月だった。 まあたまにはこんな期間があってもよし!としよう。 走っていたはずの時間が空いたわけだが何をしていたかというと、 酒をかっくらってましたよ。 昔、石倉三郎がキャベツをちぎっただけのものを酒のアテにしてるって話をTVで聞いて、このおっさんやべーなwと思ってたはずなのに、いつの間にか自分も同じことしてることに気が付いた2022年の冬。キャベツうまー。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) January 26, 2022 正月に用意したお酒が思っていたより捌けなくて消費が大変。 ワクチン打った人たちが軒並み酒に弱くなってて、 来客がある度にストックが増えるという嬉しく悲しい現象が原因。 ちょっとヤケ酒的な感じかな。 お正月のランでの故障は2週間くらいで完治はし..

  • 【ピンチは】新年一発目のランで故障【チャンス!】

    正月に60㎞走ろうと思って46㎞地点でDNFした際に、 左足の小指薬指の中足骨につながる骨の辺りを痛めてしまった。 大事をとって中2日で走りに出たところ、 ピンポイントで良い着地をしないと痛みを感じるので20㎞予定を10㎞でやめておいた。 お正月に根性出して50㎞とか60㎞を目指していたら大変なことになってたかも。 あの時の判断は正しかったらしい。 元々あった自分の動きのクセと北西からの強風が重なったのが原因だとみている。 その癖とは、左方向に行こうとする時に足先をそちらに向けずに、 左足の足先は真っすぐのまま強引に左方向へ向かって行ってしまうというもの。 普段のランニングではあまり問題にはならなかったけど、 今年のお正月の長距離走の時は、 北西からの強風の中で30㎞基本北上するルートで、 ほぼ常に左前からの強風に対応をしなければいけなかったので、 そ..

  • 骨盤起こしを始めました

    骨盤起こしを始めた、といっても去年の9月から初めて4か月ほど経つ。 この本自体はこの時からさらに1年くらい前に購入したもの。 骨盤おこしで骨盤立位が出来るようになれば、 自然な前傾姿勢で重力を利用したラクに速く走れるのでないか、 という予感があって始めてみた。 この本を買った時はヨガを始めたばかりだったこともあり、 あちこち手を付けるのは良くないと思って保留にしていた。 ヨガに似たようなポーズもあり、 それを取り組むことによって骨盤起こしにつながるだろうという目算。 1年もヨガを継続したこともあって、それなりに出来るだろうと思ってたら、 骨盤立位で座ることもできませんでしたよ。 そして、この骨盤起こしを先延ばしにした理由を思い出した。 ・足を外旋させなければいけないのに、あまり出来なかった。 ・腹圧をかけるのが前提なのに、よ..

  • 【風にやられて】2022年走り初め【DNF】

    新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 2022年の走り初めは2年前に正月に60㎞走したコースにしてみた。 この時は初めてフルマラソンサブ4ペースで、 それ以降は失速したものの6時間を切って60㎞走れた縁起の良いコース。 けれども、北寄りの向かい風が強く前半の30㎞は中々ツラい走りが続いていた。 往路は追い風で楽々走れるもんねー♪なんて思っていたのに、 いざ中間地点を折り返して南向きに走り出してみると、 それほどの追い風は感じられない。 何故だ! 身体も重い。何か補給すれば回復するだろうと、 40㎞くらいのセブンイレブンで中村屋さんのあんまんとコーンポタージュを補給。 しかし、あまり回復の兆しも見られないので、 鉄道の便の良い所まで走って今日は終わろうと決めた。 大晦日にちょっと飲み食いしすぎたのがいけなかったかなー。 ..

  • 12月と2021年のまとめ

    12月は17日で308㎞走った。400㎞を目標にしていた割には物足りない。 「何となく」忙しくて走るのはちょっとサボり気味だったかな。 サボりながらでも、走ってみると良い感覚は毎回出てくるようになってきたのは良い傾向。 普段の生活の中でも「玉乗りの感覚」で歩けることが出てきたので、 それも稽古の内だと思えばサボった感もあまりない。 けど、あまり度が過ぎるとお腹が出てきてしまうので1月からはちょっと頑張りたい。 距離はさておき、 12月の目標は、「その時出来得る限りのラクをして走る」ことにした。今日これを意識したら「苦しい」に居着くことが少なくなったような気がする。良い目標設定ができたぜ。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) December 2, 2021 これを意識できたのが大きかったと思う。 今まで如何に自分が無駄に頑張ってしまったいたの..

  • 走り始めてからの総走行距離が2万㎞を越えたよ

    ランニングを始めてから約7年。走行距離が2万㎞を越えた。 1万㎞を越えた時が3年半前だから、その時からのペースは変わっていないらしい。 地球1周が4万㎞というから、ようやく地球半周分走ったということになる。 ということは、ブラジルから「日本のみなさーん聞こえますかー?」って言えるってことか。 いやたぶん違う。 それにしても地球デケーな!と思う。 走行距離なんて気にしないって人も多いだろうけど、自分は気にする。 何だかんだ走ってきて、走行距離は経験値だと思うようになってきたからだ。 最近、無意識でやっていることを観察する時間が少しできるようになって、 「ああ、こうゆう時はこうやって身体が対応しているんだ!」と思うことがたまにある。 この無意識で対応してくれるということは、過去の経験から来ていて、 その経験が多ければ多いほど細かい選択肢が増えていくと感じている..

  • 11月まとめ

    11月は19日で365㎞の走行距離。 400㎞走れたらいいなー、と思ってたけど少し及ばず。 2ヶ月連続で400㎞走るスキルはまだ自分にはないということだろう。 引き続き、月間400㎞と週間100㎞を目標にして距離を稼いでいきたいと思う。 走る感覚としては、着地の際のスネの角度を意識できるようになった。 今更ながら着地の瞬間のスネの角度を意識というか確認できるようになった。最低でも直角、常に前に傾いた状態で着地したい。スネが後ろに傾いて着地すると骨が詰まる感じがする。こんな当たり前のことに気付けなかったのか!とも感度が上がって気づけるようになった!とも思う。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) November 20, 2021 出来るようになってみると当り前のことなんだけど、出来るまでは難しい。 そんなことの繰り返し。少しずつだけど前へは進んでい..

  • フォームローラー導入したよ

    月間400㎞を目標に走っていたら疲労が抜けづらい状況になってきたので、 ファームローラーを導入してみた。 コレ↓ ダイソー製500円(+税50円)也。 ネットで送料込みで2000円とかのと同等じゃないかなー、という期待を込めて買ってみた。 本当はストレッチポールというものの方が良いらしいのだが、 今回購入したものより若干長めで置き場所に困りそうということで、 お試しでダイソー製のやっすいコチラの商品を買ってみた次第。 一番ほぐしたかったのが右足の腸脛靭帯の辺り。 早速フォームローラーに乗っかってグリグリしてみると、キク―! やっぱり結構張ってたみたい。痛気持ちいいより痛い寄り。 自分で揉むくらいじゃわからないもんだね。 そして自覚症状のない左の腸脛靭帯辺りもグリグリしてみる。 こっちは正真正銘の痛気持ちい~♪ ということは多少ダメージが残ってると..

  • 疲労骨折完治した!よね?

    今年の5月4日に右足中指の中足骨を疲労骨折して以来、 仮骨が吸収されたら完治したとみなして記事を書こう、と思いつつ、 中々その仮骨がなくならないので「完治した!」とは言えないでいた。 久しぶりに骨折箇所を確認してみると、ついに仮骨がなくなっていた! いえい! これで完治だぜ。ということでこの記事をやっと書くことができる。 まず疲労骨折をしてからの経過を振り返ってみる。 5月4日 疲労骨折する。この時はまだ疲労骨折を認めていなかった。 5月15日 ブログ記事でようやく疲労骨折を渋々w認める。 6月16日 ランニングを再開する。1日おきに10㎞。 7月10日 暑熱順化を理由に1日おきをやめ連続して10㎞ずつ走るようになる。 7月31日 ちょっと涼しかったこともあり試しに15㎞走ってみる。 8月 たまに患部に違和感が出るものの1日10㎞のランを淡々..

  • 10月まとめ

    10月は31日中18日で409㎞走った。 月間の最長距離を更新した。 今までのは2017年12月の404㎞で、それ以来2回目の400㎞越え。 10月は1週間に100㎞というのを意識していて最終週を除いては達成できていた。 最終週は100㎞走の疲れがあったので46㎞と数字としては物足りないものの、 月間としては400㎞を越えることができたので、良かったかなと思う。 そして10月は何と言っても、 ようやく念願の100㎞を走るという目標を達成することができたのが嬉しい。 5月に疲労骨折してから淡々と自分の身体を向き合えたのが大きい。 まさか5ヵ月でここまで回復するとは思いもしなかった。 あの頃の自分に10月にいいことがあるよ♪と教えてあげたい。 10月は5㎞と10㎞のベストも更新したんだった。 今日は20㎞。2日ランオフしたら5㎞と10㎞のPB出たー!って..

  • 【その5】100㎞走の総括【振り返り】

    100㎞を自分の足で走ってみて疲労が抜けた辺りから、 なんだか一皮むけたような気がしている。 脱皮してスッキリした感じ。何とも清々しい。 抜け殻の方にならなくて良かった♪ 何かが変わったかあるいは変わり始めている予感。 最初に100㎞を意識して走ってから3年でようやく100㎞を走ることができた。 調べてみたら6回目のチャレンジだったらしい。 ちょっと過去の100㎞チャレンジをちょっと振り返ってみる。 最初は、 2018年5月のエア柴又。60㎞にエントリー。あわよくば100㎞と意気込むも撃沈して60㎞。 2回目の 2019年5月の見沼代用水では途中走れなくなり撃沈し全体の3分の1は歩いて81㎞。 3回目の 2019年12月の御岳山行きでは、麓にたどりつくも足が上がらず往復ケーブルカーを使用。 ケータイを道中に落として+12㎞走る羽目にな..

  • 【その4】100㎞走の総括【排便編】

    おむすびは焦っていた。 明日は100㎞チャレンジの当日だというのに、 ここ2日うんこが出ていなかったからだ。 100㎞チャレンジに備えて2日ランオフしたのがいけなかったのかも知れない。 今日これから5㎞でも走って身体を揺らせば、出てくれるだろうか? 明日の朝までに出なかったら1週間延期した方がいいんじゃないか? もしこのまま出ないまま強行して路上で3日分のうんこを漏らしでもたら、 ただの事故では済まされないぞ…。 色んな思いが頭を駆け巡る。 がしかし、天は我に味方した! 前日就寝前に待望のうんこが出たのだ! ということで100㎞チャレンジは延期することなく行われましたよ。 でもこの時に出たのは2日分には程遠く、半日分といったところだったので、 若干の不安をかかえつつスタートすることになった。 当日の朝もうんこが出なかったので、どの地点で催..

  • 【その3】100㎞走の総括【ダメージ編】

    100㎞走った翌日起きてみて思ったより筋肉痛もないなー、と思ったら、 走り終わってから24時間経過した夕方ぐらいから股関節から下に急にきた。 股関節、股の筋、太ももの付け根と膝の上、ふくらはぎの外側の張り。 今まで経験したことがなかったのが股の筋の張り。前後に足を開くと痛い。 仰向けに寝て足の裏を合わせて膝を床にもっていくと伸びる所(これが相当痛い!)。 こんな所の筋も走りに影響しているんだな、と不思議に思う。 中1日で疲労抜きジョグ10㎞(キロ7分くらい)の後、少しラクになる。 この時はキロ6分くらいで軽くいこうと思ってたんだけど、 すぐに息が上がってしまい心拍140以下でなら楽に走れたので、 それを目標に走ったらキロ7分くらいのペース。やっぱり疲れてたんだな。 筋肉系の疲労のピークは100㎞走から24時間後からの1日といった感じで、 それから徐々に抜けてい..

  • 【その2】100㎞走の総括【装備編】

    装備は ・ワラーチ ・褌 ・ハーフパンツ ・半袖シャツ ・ウィンドブレーカー ・手袋 ・タオルハンカチ ・スマホ(rakuten mini おサイフケータイ) ・定期入れ(クレカ・Suica・千円札5枚・保険証) ・ガーミン ForeAthlete 245 ・10リットルのトレランバッグに ・替えのシャツ・褌 ・タオル ・予備のワラーチ ・バンドエイド ・サージカルテープ ・500㏄のペットボトルに水 ・モバイルバッテリー替わりのスマホ と割と軽装。 まだ10月だしウィンドブレーカーは要らないと思ってたけど、 天気予報で強風になるといってたので2年前の恐怖が蘇る。 ビビッてウィンドブレーカーと手袋をしていくことにした。 4㎞過ぎてすでに暑くなったのでウィンドブレーカーは脱いで腰に巻く。 手袋はしたまま。..

  • 【その1】100㎞走の総括【補給食給水編】

    先週の100㎞チャレンジのまとめ記事を書こうと思ったら、 思いのほか長くなりそうなのでテーマ毎に何回かに分けることにした。 最初は補給食と給水について。 当日の朝は、卵かけごはん(たぶん120gくらい)1杯、バナナ1本、柿半分を食べて出かけた。 その後走りながら摂ったのは、 水分 :水1500㏄ コーヒー(150ccくらい?)2杯 お茶300㏄ コーンポタージュ190g 固形物:あんまん2個 ラミーチョコレート1箱 玉子サンド2個 と意外と少ない。 走る前はあんまん2個を何回食べれるかな?と楽しみにしてたんだけど、 (セブンイレブンで中華まん2個同時に買うと飲料がもらえる企画をやってたので、 あんまんを補給しながら水分は無料でゲットだぜ!とか思ってたw) 41㎞地点であんまん2個、60㎞~75㎞地点でチョコを食べたら、 それ以降は甘いものはもうい..

  • 【100㎞】武蔵御嶽神社に行ってきたよ2021【チャレンジ】

    今年も行ってきましたよ武蔵御嶽神社。 走って行くのは3年目で、これで5年目のお参り。 関連記事 御岳山の武蔵御嶽神社に行ってきた2017 再訪 武蔵御嶽神社 トレランもしてきたよ2018 武蔵御嶽神社に走って行ってきたよ2019 武蔵御嶽神社にまた走って行ってきたよ2020 先ず最初にデータどん! そう!今回はやっと100㎞走ることができた!やったぜ! 走り始めて約7年。2~3年で走れるようになると思ってたんだよなー。 最近の走り方についても、コレで良いのか?と少し疑問に思うこともあったけど、 100㎞走ることができたので、あながち間違ってはいなかったと少し自信になった。 前回の100kmチャレンジでは、お腹がすく前に補給するという慎重なやり方で、 自分にはちょっと合わない感じがしたので、 今回のチャレンジではお腹が空いてから..

  • 身体を薄くして走る

    前回の記事『9月まとめ』でちょっと触れた身体を薄くする意識が最近いい感じ♪ その前回の記事から引用すると、 胸と背中というよりも、胸から引いた垂線と尾骨辺りから引いた垂線の幅を薄くする感じだった。腹圧はあまり関係ないかも。でも腹圧で体幹をまとめるのに似ている。疲れてくると腰が引けて胸が突っ込みがちになるので、身体を薄くするイメージでそれを防げそう。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 17, 2021 身体を薄くするという感覚。 このツイートは2週間くらい前のものだが少し進化が見られた。 昨日のランでは無意識にこれをやっている自分を観察できて、 足が前に着地したがっている時に身体を薄くするとそれを防げることが分かった。 要するに、身体を薄くする意識で走ると、 上体が突っ込むのも着地が前になるのも同時に防いでくれるのだ。 上体が..

  • 9月まとめ

    9月は30日中24日で374㎞走った。 暑さが落ち着いたので1回のランで15㎞走れるようになったので、 月間走行距離も伸びてきた。 8月にヒーヒー言いながら走るのを目標にしたお陰で、 気温が下がってきてからはジョグでキロ5分近辺で走れるようになってきた。 9月の目標であった「玉乗りの感覚」を自分のものにするというのは、 まだまだだけど、再現性は上がってきたと思う。 その過程で「腹圧を高めて体幹をまとめる」ということを知る。 これが結構大きい。 玉乗りの感覚の再現性がグッと上がって毎日のランニングが更に楽しくなった。 疲れていても「走りたい!」気持ちが強いのでランオフのタイミングが難しい、 という贅沢な悩みが発生。 故障しないように気をつけたい。 また今月は新しい感覚も出てきた。 胸と背中というよりも、胸から引いた垂線と尾骨辺りから引いた垂線の幅を..

  • 腹圧をかけて体幹をまとめる

    思い起こせば去年の10月、腹圧がかけられるようになったと喜んでいたのも束の間、 1~2ヵ月でそのやり方が分からなくなってしまった。 その後、走りながら腹圧をかける意識はしたりしなかったりと曖昧なものになっていた。 ある時、着地地点の真上に腹を入れ込む時に上半身がついてこないことがあることに気がついた。 上半身が付いてこない時は腹圧がかかってないんだ!と気付く。腹圧をかけて体幹をまとめると。メモメモ。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 9, 2021 何か夜中に目が覚めて眠れなくなった時に上半身がついてこない理由を考えていて、 寝床でモゾモゾ身体を動かしているうちに 腹圧をかけると体幹がまとまる ということに気付いた! どういうことかと言うと、 腹圧をかけると胴体部分が膨らんだジェット風船のようになって余計な折れ曲が..

  • 8月まとめ

    8月は31日中25日で259㎞走った。 「8月の目標は玉乗りの感覚を自分のものにすること」だったが、 中旬に雨を理由に3日間ランオフしてからは走り方がわからなくなって、 それをどうにか取り戻しつつ、どうにかまた感じられるようになってきたという感じ。 なので途中から目標設定を「ヒーヒー言いながら走る」に変えたw 夏でも大体鼻呼吸の範囲内で走っていたので、これは自分的には革命的だ。 玉乗りの感覚を求めると自然とペースが上がってしまう。 玉乗りの感覚で走るからペースが上がるのか、 ペースが上がるから玉乗りの感覚で出現するのかは謎w まだそれくらい不確定な感覚だということだ。先は長い。 ヒーヒー言いながらも楽しみながら走れたのは収穫。 ここ2~3年もう少しでキロ4分台のジョグが出来そうと感じながら中々出来なかったのが、 もう少し涼しくなったらそれが出来る..

  • 玉乗りするように走る

    こういう走る感覚についての記事は感覚を得た初期の頃に調子に乗って書くことが多い。 だが、今回は違う。 忘れかけて、どうしたらあんな風に走れるんだっけ?と思い出しながらという感じ。 そもそも一番初めは7月3日のツイートで、 故障後初めて違和感なく走れた。よしよし。腹を入れ込むのと「観の目」を意識。腹を入れ込む時の上半身の角度をどうにかするとどうにかなりそう。上手く言えないw観の目は帽子のつばとか眼鏡のフレームと景色とのズレを感じるのも効果的な気がする。 pic.twitter.com/bBv0iG9P9B— 走るおむすび (@hasiruomusibi) July 3, 2021 「腹を入れ込む時の上半身の角度をどうにかするとどうにかなりそう」 と感じたのが玉乗りするように走る感覚を得るきっかけになったんだと思う。 そしていつもの如く、あーだこーだ感じながら走るのを..

  • 7月まとめ

    7月は31日中24日で249㎞走った。 疲労骨折で走れない期間があったので暑熱順化するのに苦労しそう、と思っていたけど、 暑熱順化を意識してから2週間もかからず完了したのが意外だった。 (7月21日の太枠で囲った日に無事に完了。) やっぱりキツかったけど。 疲労骨折の患部は痛みも違和感もほとんどなく(たまにピリついてビクッとするw)、 あとは仮骨が無くなれば完治と言えそうだけど、中々無くなってくれない。 全治3か月は越えそうな模様。 でも今は普通に走れるので問題はなし。 で、その走る内容はというと、 暑熱順化が完了したので、心置きなくスキルの4%上を目指せる!着地直前の間を取って骨盤前傾を意識→玉乗りの感覚→着地のスイートスポット探しが出来る!という流れを今日発見!何となく調子の良い時だけ出来てたスイートスポット探しが意識さえすれば出来るようになるかも知..

  • 疲労骨折の経過と梅雨明けと暑熱順化

    5月4日に疲労骨折して、6月16日にランニングを再開して、 梅雨明けくらいには完治しているだろうなー、と勝手に想像してたものの、 今年の梅雨明けの昨日7月16日にはまだ完治していない模様です。 (なお完治の目安は仮骨が吸収されて出っ張りが無くなった状態になることとする。) あと2週間くらいかかるとして全治3か月か。 思っていたよりな重症やないかーい。 でも、今は痛みはなく普通に走れていて、 たま~に違和感を感じてビクッとするくらいw怖さは残ってる。 ランニングを再開してからは1日おきに10㎞ってペースで走っていたんだけど、 んで今日の。暑熱順化のチャーンス!ということで出走。チャンスはピンチ!でもあった。暑すぎて5㎞でやめようと思ったけど何とか10㎞走りきる。いつもは50くらいの左右差が今日は左に51.7と傾いてた。何とか着地直前の間は全区間で維持。フローに入りか..

  • 【ひとっフロー】超人の秘密【浴びてくるぜ】

    ここ最近、走っていても日常生活の中でもフローの入口近くのニオイがする! と思うことが結構あって日常的に繰り返しフローに入れるのでは?と期待が高まっている。 疲労骨折からの回復期と梅雨という状況が相まって毎日は走れず、 その空いた時間で読書でもするか、と読み始めたのが『超人の秘密』という本。 今回で3度目の読了、と思ってたけど4度目だった模様。「苦闘」の頃を忘れてたらしい。 (詳しくは記事『【ちょっとフローに】超人の秘密【入ってくる】』を参照。) この本を2度目に読んでからは、 フローに入るために次の3つの「内的なフロートリガー」を意識している。 ・明確な目標 ・直接的フィードバック ・スキルの4%上 この明確な目標を、呼吸から「着地直前の間」変えてみたら、大正解だったらしい。 呼吸からは直接的フィードバックはその言葉通り直接受け取ることはできないが、 ..

  • 6月まとめ

    疲労骨折からランニング再開することができ、 1日置きに10㎞ずつ走れるようになって6月は76㎞走ることが出来た。 とりあえず走れるようになってホッとしている。 だけど、疲労骨折の患部に違和感が出るとビクビクしてしまう。 走っている時に出ることがあるのは勿論、普段の生活の中でも違和感があったりするから怖い。 患部の状態はと言うと、押しても痛みは全くなく仮骨がまだあって吸収されていない。 この仮骨が吸収されてなくなるまでは、 暑熱順化を兼ねて1日おきに10㎞を淡々とこなしていこうと思う。 仮骨が吸収された時が全治とすると、全治2ヵ月以上かかるのは確定だな。 故障したと言っても悪いことだけじゃなくて、怪我の功名ということもあった。 「痛みが無くなるまでに獲得したい三つの動き」をしているうちに、 「土偶のようにあるく」動きが結構できるようになってきて、 その..

  • 【腹を】真下着地のコツ【入れ込む】

    フォアフット着地が出来るようになったと感じてから1年余り、 ようやくコレが真下着地のコツなんじゃないか?!という動きを体験した。 ジェリー型ワラーチ試走とリハビリラン。今日は5㎞で終わろうと思ってたけど、身体が1日10㎞までならokよ、と言ってくれたので無理せず10㎞走れたぜ♪だけど汗だく。そして身体の真下で着地するという意識よりも着地地点の真上に身体を入れ込む感じの方が上手くいくことを発見!やはり腹が大事。 pic.twitter.com/HmoIqW8kth— 走るおむすび (@hasiruomusibi) June 20, 2021 着地のことを考えると、どうしても足先でどうにかしようとしてたけど、 それは間違いで、やはり体幹からの動きが大切になるようだ。 着地する瞬間に身体というか骨盤というか腹を着地地点の上に入れ込むという感覚。 前方に押し込むと言ってもいいか..

  • 疲労骨折からのランニング再開

    疲労骨折してから6週間経過して、 そろそろ走ってもいいじゃないかという状態になってきたので走ってみた。 どんな状態かというと、患部を強く押しても痛くないといった感じ。 疲労骨折をすると、折れた所を包み込むように仮骨ができて補強してくれる。 骨折部分が治るとその仮骨が吸収されて元の太さに戻るという経過をたどるという。 今はまだ仮骨が触ってわかるくらい出っ張っていて、 本当のことを言うと強く押すと痛いのだが、 その痛みは、仮骨と押す指とで圧迫された皮膚が痛いという風に理解している。 ということで、疲労骨折から約6週間、43日後にお試しで走ってみた。 最初の2㎞くらいまでは、患部に痛みというか違和感があったので、 10㎞走れるかなー、と思って走り出したものの5㎞で止めておいた。 やはりまだ完治はしていない模様。 でも久しぶりのランニングは気持ちよく楽しく走..

  • ゼロシューズジェシーを参考にワラーチ改造してみた

    故障中にツイッターのTLにイケてるサンダルの画像が流れてきたので、 次はコレで行ってみよう!ということで試作してみた。 参考にしたのは、ゼロシューズのジェシーというモデル。 親指と足首でソールを支持するタイプのもの。 出来上がったのがコチラ↓ジャン! きたね~な、おい!ということでゴメンナサイ。 いきなり新品のソールで作る勇気がなかったので、 3200㎞ほど走って紐を通す穴が裂けて引退した2代目ワラーチを改造。 裂けた穴の隣りにもうひとつ穴を開けて紐を通してみた。 親指のループ部分は、親指の一番太い所を基準に通るけど脱げない感じに調整した。 足首部分は内くるぶしの穴に結んだあとに、 木村東吾さんの動画を参考に真田紐を足首にひっかかるようにしてみた。 元のソールは3200㎞しか走っていないので、 5000㎞近く走っている4代目と比べると意外と..

  • 土偶のように歩く(土偶は歩かないけどな!)

    故障中で走れなくても焦らず腐らずにいられるのは、 歩きながらでも稽古が出来ているからだ。コレ大事。 『痛みが無くなるまでに獲得しておきたい3つの動き』を実践しているうちに、 腹で歩けている感覚になり、コレって妊婦みたいだなと思い、 更に妊婦ってよりは土偶って言った方が近い気がする、と変化してきた。 そしてこの動きを忘れてはいけないと強く思い、 常に目に入る所にいてほしいといういことで土偶を購入してしまったw 土偶は妊婦を模しているとも言われているので、 この感じ方の変化は自然な流れだったのかも知れない。 この動きの種は故障前からあって以前にツイートしている。 最近、高校の時の体育教師に歩き方が似てきたと思うようになった。腹の据わったあの歩き方を習ったわけではないが、実際にこの目で見たことがあるというのが大きいのだろう。時を越えて習うということもあるん..

  • さてラン再開はどうするかな

    5月4日に疲労骨折をして、そろそろ6週間が経とうとしている。 その足の状態はと言うと、ほぼ痛みはない。 患部を強く押すとやっぱ痛いなといった具合。 関係はないと思うけど、左足の中足骨がたまにピリピリするのがちょっと怖い…。 4週間目くらいまでは、毎日、昨日よりは良い状態で回復を実感してきたけど、 それを過ぎると1日単位では回復を実感できなくなってきた。 でも、一昨日は50メートル走って違和感出てきたのに比べて、 今日は数百メートル走って何の違和感も感じられなかったという具合で、 着々と以前の状態へ回復してきているのは分かる。 疲労骨折をすると、患部の周りに仮骨というのが出来て骨折部分を補強して負担を減らすらしい。 そして骨折部分が治ると、その仮骨が元の骨に吸収されるように小さくなって、 元の状態の骨に戻るという経過をたどって完治に至るという。 今、患部を..

  • 5月まとめ

    5月は31日中、3日で80㎞走った。 と言うか、5月4日の疲労骨折からランオフ中でござる。 カレンダーも真っ白なんだぜ。 アレから丸4週間経ったわけだが、 足の状態はと言うと普通に歩けるようになりほぼ痛みは無くなって、 患部を手で押したりするとまだ痛みがあり、完治まではあともう少しといった感じ。 まだ完治はしていないということは、全治4週間には収まらなかったということになる。 つまりは重症じゃねーか。 疲労骨折した当日の走り始めは痛みはなかった。 だから、痛みがあるうちは走るのは危険だと思っている。 とりあえずは、押しても痛みがない状態まではランオフしておく。 問題は、どーなったら走れるようになるかだ。 最初は、縄跳びで様子見の予定。 まずは、両足でビョンピョンして問題がなければ、ランニングに移行してみよう。 痛みがあるうちは、疲労骨折の原因..

  • 後藤さんのサボテンとおはぎ

    今年も後藤さんにもらったサボテンが花をさかせてくれた。 後藤さんというのは、すでに亡くなって数年になるがご近所のおばあさんだ。 後藤さんは近所の何軒かの家にサボテンを配っていたのだが、 うちのサボテンだけ花が咲かないので気をもんでいた。 せっかく「綺麗なお花が咲くから」と上げたのに、 一向に花が咲かないので気まずかったのかもしれない。 この後藤さん、味にうるさく気に入った物しか食べず、 自分で採ってきた山菜をくれたり、美味しい煮物をくれたりしてくれていた。 そのお返しにと、おはぎを作って上げたところ気に入ってくれた。 「あまりに美味しいから、ペロッと2つ食べちゃったわよ」と褒めてくれる。 お世辞とかは言わない人だから (プリンを作って上げた時は美味しいともマズいとも言われなかったw)、 こういう風に言ってくれたのはとても嬉しく、 おはぎを作る度に後藤さ..

  • 庚申塔に昔の日本人の正直さを垣間見た

    古道や旧街道を走っていると庚申塔や庚申塚をよく見かける。 ↓こんなやつ。これは鎌倉街道の、とある庚申塔。 地名やバス停の名前になっている所も多いので、なじみのあるフレーズではあると思う。 なじみのあるフレーズではあるが、何であるかはよく分からなかった。 調べてみると中々興味深いものだと知ることになる。 庚申塔は、庚申講(こうしんこう)を18回(約3年)続けた記念に建立される石碑・石塔で、 庚申講とは60日に1度の庚申の日に、帝釈天等を祀って夜通し宴会をする風習。 何を言ってるのか分からないだろうが、詳しく説明を聞いてもよく分からないんだぜ。 で、どうして庚申の日に夜通し宴会をするのかと言うと、 人間の体内にいるという三尸(さんし)の虫という虫が、 庚申の日の人間が寝ている間に、 帝釈天にその人間の悪事(嘘といった些細な事も含む)を報告しに行くのを防..

  • 痛みが無くなるまでに獲得しておきたい3つの動き

    右足中足骨の故障から丸2週間が経過した。 1日1日、日毎に良くなっている実感があるものの痛みがまだある。 歩くと痛い。 この痛みがあるうちに、同じ故障をしないための動きを獲得しておきたい。 具体的に3つ。 1.左足の着地の瞬間に入れ換えるように右足を上げる。 2.この右足を上げる時に骨盤ごと(から)上げるようにする。 3.歩く際の着地衝撃の緩衝には、股関節伸展を使う。 1.については、右足の離地の際に地面を押してしまう癖を無くすためのもの。 この癖は、直接的に今回の故障の原因だったと思われるので、これは必須。 2.については、上手く走れている時には出来ていることで、 これが出来ていると腹のエンジンが原動力になっていてスムーズに走れる。 歩き時にも出来るようになれば、走る時はいつでもスムーズに走れるのでは?と思っている。 3.は故障してから痛..

  • 【原因と】疲労骨折?してるかも【対策】

    ケーキの胡椒?いや計器の故障?いや本気で痛い!ヤバいヤツや! メーデー!メーデー!メーデー! おむすび88便、玉川上水駅手前で右足停止!走行不能! 2021年5月4日朝、今度こそは100㎞走ってやるぜ!と意気込んでいたものの、 13㎞地点で感じ始めた痛みが、 玉川上水のトレイルからアスファルトの路面に出たとたんに激痛に変わった。 もう走れないと一瞬で悟ったにも関わらず、 「メーデー」(航空機事故の検証ドキュメンタリー番組) をパクるナレーションが頭の中を流れる余裕は何故かあった(冒頭のやつ)。 タダのアホだろ、というツッコミに反論する材料は何一つない。 当日は足を地面に着くのも痛く、 しかも中足骨が痛いというより右足全体(足首より下)が虫歯のように痛かった。 若干、腫れている?浮腫んでいる状態↓ 翌日には痛みはマシになってきた。やはり歩くと痛い..

  • 100㎞チャレンジまたも失敗

    玉川上水のトレイル部分を抜けて舗装道路に出たとたん激痛が走り、 もうこれ以上は走れないなと感じた。 13㎞地点で右足中足骨に痛みを感じ始めてから騙し騙し走ってきて、 その直前まで何とか100㎞は走れるんじゃないかと思っていたとは思えない程あっさり、 走るのをやめるという決断をした。 こうしてゴールデンウィークの100㎞チャレンジは、あえなく32㎞地点で終わってしまった。 残念! 当初の計画では、御岳山まで走って行って走って帰ってくるハズだった。 この日は暑くなる予報だったので、いつもの青梅街道を途中から外れ、 木陰の多い玉川上水沿いを選択。 補給食も一口おむすびやらカロリーメイトやら一本満足バーやら月餅やら、充分用意し、 (これは自分にしてはスッゴク珍しいこと)計画は完璧だと思われた。 そして計画通り朝4時に出発。 ちょっと御岳山まで走ってくる。 pi..

  • 4月まとめ

    4月は30日中18日で362㎞走った。去年の8月以来の300㎞越え。 一瞬、毎日20㎞走れるかも!と思うくらい調子が良かった。 調子の良さの原因は?と問われれば分からないw が、身体へのダメージが明らかに減ってきている。 より身体の真下に着地が近づいてきているという実感が少しある。 それ故に着地衝撃が全身に分散されて、疲労というより「ダメージ」が減ってきていると感じている。 そして中旬くらいから、腹圧をかける意識を再開した。 いざ再開してみると、 腹圧がかかっていると着地の位置が多少前になっても許容してくれるらしい、 ということが分かった。 なので腹圧がかけられている時は、 着地が前気味になっても気づきにくいということでもあるので注意したい。 腹圧と共に意識したい(まだたまにマグレでしか出来ない)のが丹田。 (記事『丹田は、ありまあーす!』参照) ..

  • 【お散歩ラン】ガンダム観てきたよ【お台場】

    お台場にガンダムが立ってるっていうので走って観てきましたよ。 先代のガンダムを観に行った時は撤去されていた後だったのでリベンジするぜ。 お台場に行くときには、大体レインボーブリッジを通って行くのだが、 レインボーブリッジを走るにはエレベーターに乗らなくてはいけない。 コロナ騒動の最中ノーマスクで他人と密室に一緒になるのは気まずいので別ルートを開拓。 ということで新橋から環状2号線を走って豊洲市場の脇を通ってお台場へ行くことにした。 新橋と言うとオッサンの街のイメージが強いけど、 環状2号線の方は汐留の日テレやら電通やらのビルが建っていて小奇麗な感じ。 サンダルのオッサンが走るのは憚られるが、それを言ったらお台場いくのもどうなの? ってなってしまうので、心を無にして無表情で駆け抜ける。 汐留を抜けると川やら運河やらを橋を渡って越えて行く。 その橋のアップ..

  • オレの納豆づくり遍歴

    去年(2020年)のコロナ騒動で納豆が品切れになった影響から始めた納豆づくり。 自然と習慣化して、もう1年以上が経ってしまった。 最初は市販の納豆を種菌にして納豆を作り、 その出来た納豆を種にして新しい納豆を作るというサイクルでやっていた。 (とりあえず納得のいく納豆は一応つくることができた) しかし、それだと3回目くらいから粘りが弱くなってきてしまう。 なので、何回かに1回は新しく納豆を買ってこなくてはいけなかった。 それがなんか悔しい。何でか分からないけど何故か悔しい。 というわけで藁(わら)から納豆を作ろうと思い始め、 目をつけたのが藁納豆として売られている納豆の藁だ。 藁を目当てに藁納豆を買うヤツなんて自分くらいかもしれないな。 ところが藁納豆って今時そこら辺で売っていない。 渋々w、高級スーパーに出向いて見つけてきた。 (もはや藁納豆が高..

  • 丹田は、ありまあーす!

    丹田、それは~♪君がぁ見た光~♪僕がぁ♪見たぁ♪希望~♪ っと間違えた。それは「青雲」のCMソングだた。 最後の「ん」しか合ってないけど…。 改めまして、 丹田、それは東洋医学や古武術等で言われる臍下丹田のことで、 そこに「気」を集め充実させることで、 身体の軸となり中心となってそこからエネルギーが全身にいきわたり、 健康や自在な動きの元になる臍下三寸にあると言われる「所」だ、 というのが、ざっと検索してまとめてみたとこだ。 この「丹田」を意識するべきかどうか、しばらく悩んでいた。 『日本の弓術』や『神足歩行術』でも言及されているので必須の技術だと思うのだが、 実際にあるわけではないし、実際にある内臓だってロクに意識できていないのに、 そんなものを意識しようとして、結局は分からずに遠回りになるんじゃないか? という疑念があったからだ。 でも最近、キロ..

  • 3月まとめ

    3月には31日中14日で273㎞走った。 3月は走っている時よりも普段の生活の中での動きの実感に変化を感じるようになった。 宮本武蔵が『五輪書』の中で言っている、 「兵法の身において、常の身を兵法の身とし、兵法の身を常の身とする事、肝要也。」 が多少なりともできるようになってきているんじゃなかろうか。 歩いている時でも「乗り込む」感覚が時々感じられる。 今日歩いている時の感覚で初めて「乗り込む」ことができた。すると今までどんだけ腰が引けてんだ?と少し恐ろしくなった。— 走るおむすび (@hasiruomusibi) March 16, 2021 このツイートの翌日は走ってもいないのに尻が軽い筋肉痛になった。 いかに今までその尻の筋肉を使えていなかったということだろう。 この歩き方が出来るようになってきて、 ふと思うのが高校の時の体育の先生に歩き方が似てきたな..

  • 2月まとめ

    2月は28日中、16日で291㎞走った。 雨が少なかったお陰で走りたい時に走れたのが良かったのだと思う。 2月はフォアフット着地が上手くなってきたな、と実感できた月だった。 去年の4月にフォアフット着地ができるようになった時は、 例えるならば小学生から中学生に上がったような気分だった。 随分大人になった気でいたけど、まだまだ子供っぽさが残る中1男子といったところだったのだろう。 そこから声変わりが始まりヒゲなんかも生えはじめたりして、 制服姿も板についてきた中学2年生くらいにはなったというイメージでフォアフット着地ができている。 いえい。 2月はまた、ファクトレク走をゼーハーする時と鼻呼吸の範囲内で走る時と分けることを覚えた。 ゼーハーするのは、心肺を鍛えたりスピード感覚をつかんだりと、 まあ普通のファクトレク走として、 鼻呼吸の範囲内でファクトレク..

  • 【宮本武蔵】今日は昨日の我に勝ち【五輪書】

    今更ながら宮本武蔵の「五輪書」を読んでみた。 ランニングにも活かせそうな記述が幾つかあり大いに参考になるので紹介したい。 1行に要約すると、 「道理」を得て、「拍子」を知ることこそものの上手なれ ということらしい。 その道理を得るには「鍛錬」が必要で、 それにはまあ30年はかかるだろうね、ということだ…。 千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。 この言葉は、5年6年と走ってきて、 「そろそろブレークスルーがあっても良いと思うの」 なんて考えていた自分への戒めでもあり励ましでもあると感じている。 具体的にランニングに活かせそうな記述は、 くびは、うしろの筋を直に、うなじに力をいれて、肩より忽身はひとしく覚え、両の肩をさげ、背すじをろくに尻を出さず、ひざより足先まで力を入れて、腰のかがまらざるやうに腹を張り、… という所が参考になりそ..

  • 1月まとめ

    1月は31日中11日で132㎞走った。少なー。 でもサボり始めた頃の走力には戻ってきたので良しとしよう。 実はですねー、 最近、宮本武蔵の『五輪書』を読んいて、 自分が取り組んでいることと重なる点が結構あってニンマリしている所。 遠くを見ながら周辺視力で足元や過ぎ行く風景を見るのは、 「観の目、見の目」として書かれているし、 首を伸ばして(直にして)肩を下げるというのも、 (忘れてたけど)走りやすい姿勢として意識していたし、 腰がかがまらないように腹を張るというのが、 今まさに取り組んでいる腹圧をかけるということにつながっている気がする。 武蔵は速く刀を振ることを意識してはいけないということも言っていて、 「その道上手になりては、はやく見えざる物なり」とランニングにも通じるなと感じている。 そのための「着地直前の間」なのかも!と一番のニンマリポイントが..

  • 2020年12月まとめと2020年のまとめ

    1月も17日となり今更ですが、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 では、遅ればせながら2020年の12月のまとめ。データどん! 2020年12月は31日中5日で79㎞走った。 というか走らなさすぎだろう…。 12月に入ってから「何となく」レベルのちょっとした体調不良で、 何となく走るのを控えていた。 たぶん漢方で言う所の「未病」という段階だったのだろうと思う。 (西洋医学の)医者にいっても「異常ありませんねー」と言われてただろう。 走らなかったのが正解だったのかは、分からないのだが、 ちょうど冬至の日の21日にその峠を越えたという実感が得られたので、 (走るのを控えていたのは)不正解ではなかったと思っている。 ここで月間走行距離とか年間の走行距離にこだわってムリヤリ走らなかった自分を褒めてあげたい。 にも拘わ..

  • 10月まとめ

    遅ればせながら、まとめるよ。 10月は30日中14日で248㎞走った。 10月は何と言っても武蔵御嶽神社まで走っていったことだろう。 去年は携帯電話を失くし、今年は現金を忘れるという失態続き。 来年はトラブルなく自分の足で往復出来たらいいなと思う。 走る内容はと言えば、腹圧のかけ方を見失ってしまったことが大きい。 記事『腹圧のかけ方がわからなくなったよ』で述べたように、 少しずつ日々コツコツと修正していくしかないだろう。 焦らず気長に根気よくやっていこうと思う。 そんな中でも新たな発見もあるもので、 午後ラン22㎞をキロ5分22秒のペース普段勝手にブレーキをかけているだろう「力み」を発見!「頑張ってる=力んでる」のに気づいたら止まってリセットして再スタートすべき。止まる勇気を!力みを排除するためには腹圧をかけるのが手っ取り早いので、しっかり腹圧をかけられ..

  • 腹圧のかけ方がわからなくなったよ

    腹圧をかけられるようになって喜んでいたけど、 自動化の(無意識にできるようになる)過程で失敗したらしい。 ある時、「あれ?意識しないでも出来るようになってる!」と思ったのが間違い。 そういう瞬間があっても油断してはイケナイ。 そこで「もう自分は出来るようになったんだ!」と誤解して意識しなくなると、 あっという間に昔のクセに取りこまれて全然別物になってしまうので要注意だ。 今まで出来なかった動きを取り入れて出来るようになると、 次はそれを意識しないでも出来るように繰り返し身体に覚えさせる段階に移る。 この段階で「出来るようになった」と勘違いして意識することを怠ると、 今までやっていた(間違った)動きが無意識に新しい動きに入り込んでしまって、 いつの間にかそれっぽい「もどき」な動きが定着してしまう。 そうなると正しい動きに戻すのは新しい動きを獲得するよりもずっ..

  • 武蔵御嶽神社にまた走って行ってきたよ2020

    今年で4年目になった御岳山訪問は去年に引き続き60㎞走って行ってきた。 山頂付近は紅葉が見頃な割にはコロナのお陰かそんなにも混雑することなく、 紅葉狩りを楽しむことができたよ♪ 関連記事 御岳山の武蔵御嶽神社に行ってきた2017 再訪 武蔵御嶽神社 トレランもしてきたよ2018 武蔵御嶽神社に走って行ってきたよ2019 出発は午前3時半過ぎ。 午前中は北風が強いという予報があったので、 一応ウィンドブレーカーと手袋を持ち、半袖にハーフパンツという出で立ちで出発。 思ったより風はなく、去年走った道を思い出しながら順調に走り、15㎞地点でトイレ休憩。 新月間近の月が上がってきて明けの明星とコラボして幻想的。 薄暗い住宅街を抜けていって6時頃ようやく空が明るくなってきる。 25㎞地点の小平霊園で2回目の休憩。 6時半頃、目の前の長い影で日の..

  • 10月まとめ

    10月は31日中13日で276㎞走った。 走った日数が少ない割には距離は稼げた感じ。 そしてクライマックスは20日の走り。 午後ラン21㎞をキロ5分38秒のペース身体の真下での着地が一番ラクだということを頭じゃなく身体が理解してくれたと実感できた走りだったよ♪自動的にラクな走り方を身体が探ってくれる、今年1月の60㎞走の40㎞以降みたいな理想的な走りができたぜ。いえい。問題は明日それができるかだ。#ランニング pic.twitter.com/do6fl2QtPw— 走るおむすび (@hasiruomusibi) October 20, 2020 この翌日は 全然できなかったぜ…。 せっかく良い走りができていたのに、 足指に裂傷ができてしまって痛みでフォームが崩れるのが怖く、 走るのを控えてたら良い走り方がわからなくなってしまいましたよ。 というか、走り方どころか腹..

  • 腹圧をかけられるようになったよ

    苦節3か月(と3年弱!)w、ようやく腹圧をかけられるようになってきた。 腹圧をかけられるようになると、尻の穴を締める以上に表層筋の脱力ができ、 一段階上のリラックスした走りができるようになってしまうのだ。 「神足歩行術」の記事を書いた3年前から、やらねば!と思いつつ何となく先延ばしにしてたのが、 『「骨盤おこし」で身体が目覚める』という本を読んでそのメソッドをやってみよう! と思ったのだけど、 その前提として腹圧がかけられないと話にならないということなので、 (腰を痛めたり、見た目の形だけ真似して意味がなかったりするらしい) 仕方なく重い腰を上げざるを得ないという状況で腹圧をかける練習を始めることとなった。 で、どうやったら腹圧をかけられるの?というと、 やはり「神足歩行術」で紹介した阿波研造氏の言葉を参考にした。 あなたが弓を正しく引けないのは、 肺で呼吸..

  • 9月まとめ

    9月は30日中16日で271㎞走った。 9月に入って涼しくなってきたので夏の疲れを癒すべく睡眠を優先に朝ラン少な目に。 上手く夏の疲れはとれたんじゃないかなと思う今日この頃。 9月の目標としていた頑張らずに走るというのは達成できたんじゃないかと思う。 というか、頑張らない走りを意識し続けたお陰で、もう1段階上の脱力の仕方を体得したかも。 午前ラン20㎞をキロ5分10秒のペース序盤5㎞は昨日のアキレス腱辺りの張りの確認。大丈夫そうなのでファルトレク走に。足の重さを感じたり、丹田は全身の表層筋の余計な力みを集める場所という感覚を得たり、腹圧をかけて褌のホバリング感を得たりと20㎞の間に色々あって面白かったよ♪#ランニング pic.twitter.com/v3DlhpHBbq— 走るおむすび (@hasiruomusibi) September 27, 2020 足の..

  • 着地の時の遊脚の位置

    走っていて着地した時の反対の足(遊脚)の位置が結構大切だという。 「そんなの伸張反射で勝手に返ってくる位置でいいんじゃないの?」と思っていた。 けど、いざ試しに意識してみると重心が前に乗りやすくなって自然と速く走れそう、 という感覚を持てたので、最近は意識をするようにしている。 実際に意識してみよう!と思わせてくれたのがコチラの動画のこの部分。 これをやってみると、遊脚の位置がどこにあるのかで地面への力の伝わり方が全然違うのが実感できる。 では走る時にもやってみなければ! ということで実際に走っている時に自分の遊脚がどうなっているか確認してみると、 イマイチよくわからない。 朝ラン15㎞をキロ5分31秒のペース今日は着地の際の遊脚(逆の足)の位置を確認しようと思って走り出す。最初は全然分からずwペースが上がってきたらそこそこ前にあるように感じられた。遊脚を..

  • 真夏に33日間連続で走ってみたらこうなった

    暑熱順化が完了したかな?と思われた7月30日から8月31日まで、 33日間連続で毎日最低10㎞のランニングをしてみた。 最初から目標としていたわけではなく、 夜ラン10㎞をキロ5分29秒のペース今日はランオフのつもりがブログ記事を書いているうちに走りたくなり出走。結果走って良かった♪ご近所2.5㎞のコースを4周。3周目の上り基調の路面から上手く走れた。上手く走れるきっかけは下り基調ばかりだったので初めての感触。どっかしら成長しているらしい♪ pic.twitter.com/anFwkZFRBq— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 18, 2020 ブログ記事書いてるうちに走りたくなってしまったり、 ランオフ予定の前日に上手く走れて翌日にそれを確かめたくなって走ったり、 としているうちに残り1週間くらいになってから、 どうせなら走れる所まで走..

  • 4代目ワラーチMAN3DALS の走行距離が5000㎞に到達

    5000㎞まで走れればいいなー、と思ってたMAN3DALSの走行距離がとうとう5000㎞を越えた。 本当によく持ちこたえてくれたと思う。ありがとう! 1代目と2代目のワラーチは3000㎞を越えたところで、紐を通す穴の部分が千切れてお役御免となり、 3代目ワラーチはまだ1000㎞を少し超えたところなんだけど、 4代目のMAN3DALSの使い心地が良すぎてコレばかり履いてしまい、 最近ではあまり出番が無くなってしまっている。 それほどまでに足にフィットして長持ちしてくれているMAN3DALS がどんな状態かというと、 こんな感じ。 これじゃ汚い上に(申し訳ない)、良く分からないね。 ということで裏面。 一番薄くなっているのが母指球でも小趾球の所じゃなくて真ん中辺りなのが意外。 縦アーチの一番深い所だから不思議(これは良いことなのだろうか?)。 あと踵部分..

  • 知らずにファルトレク走をしていたよ

    私はインターバルトレーニング等のスピードトレーニングは嫌いだ! 多少ゼーハーするのは仕方ないとも思うけど、気持ち悪くなるのが嫌だ。 そこで最近気に入ってやっているのが前回の記事で紹介して「上り坂以外では休憩ゾーン走法」。 主にご近所2.5㎞のコースを走る時にやっていて激坂だけ頑張って、あとは自由に走るというもの。 この激坂は60mくらいで12mを上がる坂なので20%の勾配ということらしい。 2.5㎞の中で、この60mだけ頑張ればいいというのは気が楽だ♪ 下り局面でも着地直前の間を感じていると面白くなって、 結局はペースが上がりゼーハーすることもある。 でも、頑張っている感がない。あくまで面白い範囲内で走るように気をつけている。 この「上り坂以外は休憩ゾーン走法」が、 最近知ったファルトレク走というスピード練習に似ていて、 もしかしてスピード練習としての効果..

  • 肝臓を軸に左を使って坂を上がる

    最近、「上り坂以外は休憩ゾーン走法」と称してスピード練習の代わりにしている。 インターバル走やレペティション走は何度か試みたことがあるのだが、 絶対に気持ち悪くなるし走るのが嫌いになりそうなので取り入れていない。 「上り坂以外は休憩ゾーン走法」はその名の通りそのまんま、 上り坂だけはなるべく速いペースで走って、その代わり下りや平地は休憩ゾーンとして自由に走ってよし! という気持ち悪くならずに、走る前に憂鬱にもならない素晴らしい練習法なのだ(効果は不明)。 下り基調の場面では走るのが面白くなって結局スピードを出しちゃったりするわけだけれども、 その辺のさじ加減は自分の体調や気分で調整できるので、やはり気が楽だ。 この「上り坂以外は休憩ゾーン走法」で上り坂を走っている時にふと新しい感覚があったのでご報告。 普段は左足を軸にして(あくまで中心よりも左足寄りという..

  • 8月まとめ

    8月は31日中31日で371km走った。8月全日コンプリート! 8月はやっと梅雨が明けたと思ったら猛暑で第1週から今週が暑さのピークとか言われて、 これが毎週延長されてきて結局ピークが31日まで続いたおかげで、 すっかり茹でガエルの出来上がりでござる。 いつも夏の暑い時期は水をボトルに入れて手で持って走ったりしていた。 今年はそれさえ面倒くさい暑さなので、ホルダーの付いたウェストポーチを2つほど購入したんだけど、 なんか身体に上手くフィットしなくて「嗚呼!鬱陶しい!」ってなって、 結局、無給水で走れる距離だけ走るってことが基本になったため1日の走行距離は平均すると少な目。 その代わり出来るだけ走れる日は毎日走ろう!と思ったらランオフし損ねてしまった。 最後の5日くらいは、ここまで来たら全日コンプリートしないと勿体ない! というセコイ精神からなんとか走りき..

  • 【その2】上達するのか以前に戻るのかの分かれ道

    前回の記事で調子に乗るとか乗らないとか言ってたけど、 その違いがちょっと分かってきた。 代々木公園トレラン。11㎞をキロ5分48秒のペース。15㎞のつもりが11㎞で力尽きた。序盤は上手く走れてたのに悪い方のパターンに。ペースが落ちてるのに高いギアで走ると余計な力を使うのでバテやすい。そこでギアを落とす(歩幅を狭める)と着地直前の間が復活してラクに走れると気づいた!アハッ!体験。 pic.twitter.com/LsDI0RqWoL— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 15, 2020 着地直前の間を感じながら上手く走れていると、 自然と、あるいは下り基調の路面でペースが上がってくる。 そこで気持ちよくなって(調子に乗って)着地直前の間を忘れてしまうと、 下りからフラットな路面になった時や上り基調になった時に、 高速ギアで坂道を上るように無駄..

  • 上達するのか以前に戻るのかの分かれ道

    着地直前の間を感じながら淡々と走っていると段々と上手く走れてきて、 自然とペースが上がってくる。 そこで更に集中して着地直前の間を感じながら走るか、 よーし♪調子が出てきたから張り切ってペース上げちゃうぞ!と調子に乗ってしまうのか、 が、走りが上達するのか、以前の走りに戻ってしまうのかの分かれ道になっているらしい。 ↓上手くいかないかと思えば、 夜ラン10㎞をキロ5分42秒のペース2.5㎞のコースをグルグル4周。1周目は調子良く走れてたのに、ペースが上がった2周目からは着地直前の間を見失い、すっっっっっっっげぇー疲れた。4周目にどうにか着地直前の間を取り戻せたのが救い。あと丸いお月様が綺麗だったな。 #ランニング— 走るおむすび (@hasiruomusibi) August 3, 2020 ↓翌日には上手く走れたりする。 今日もお月見ラン♪10㎞をキロ5分51..

  • 暑熱順化が完了したよ

    関東地方が梅雨明け宣言される前日、どうやら暑熱順化が完了していたっぽい。 午後ラン12㎞をキロ5分45秒のペース親指で地面を押すクセを意識して走る。大体の悪いクセは腰が引けることからくる?腹だけ意識しとけばいいのかも。ラン後顔を洗ったら汗がサラサラだったので暑熱順化がある程度済んだと確信。いつ梅雨明けしても大丈夫だぜ!そして経過時間ゾロ目キタ!!#ランニング pic.twitter.com/20I7qAaWkP— 走るおむすび (@hasiruomusibi) July 31, 2020 もしかしたら、私の暑熱順化が完了するのを待ってからの梅雨明けだったのかも知れない。 こんなことなら、もっとしっかり暑熱順化を進めるべく走っておくべきだったと反省。 8月に入ってからの梅雨明けとなってしまい、関東地方の皆には大変申し訳なく思っております(ウソ)。 冗談はともかく、暑熱順化が..

  • 7月まとめ

    7月は31日中15日で276㎞走ることができた。 梅雨が長引いたわりには、まあまあ走れたんじゃなかろうか。 7月はヨガと足のストレッチを始めて、 身体の感度が上がったのがとても良かったと思う。 あとセイコーさんからランニングウォッチを頂いて、使ってみてGPS時計と違った利点も分かったので、 ガーミンとの使い分けをしながら普段のランニングに活かしてみようと思えたのも良かった。 午後ラン20㎞をキロ5分23秒のペースgarminのサーバーが落ちてるので、#seiko のスーパーランナーズで。2.5㎞のコースを8周。2周目終わりでラップボタンを押し忘れる。それだけ集中して走ってたんだなー(ウソ)。でも基本ラップ取る時しか時計見なくなるので走りに集中できるのは確か。#ランニング pic.twitter.com/hwD6LhXJRD— 走るおむすび (@hasiruomusi..

  • ギリギリフォアフット着地

    4月にフォアフット着地が出来るようになったと喜んでたけど、 ヨガの影響か、足のケアの影響か身体の感度が上がったお陰で、まだまだだと感じるようになってきた。 フォアフット着地では身体の真下で着地が求められるのだけれど、 今の自分の感覚だと真下よりは前に着地しているようだ。 フォアフット着地してると言える許容範囲内のギリギリの所。 なんか着地直前の間が感じられないなー、というような走り始めの時なんかは、 その許容範囲を越えてた前側で着地していると思われる。 1回だけ体験した着地のスイートスポットで着地できた時が、 本当に身体の真下で着地していると言えるんじゃないかと思うようになった。 現状では、以前よりは着地地点が身体の真下に近づいてきて、 ギリギリフォアフット着地が出来てきたという状態だということだ。 じゃあどうしたらもっと身体の真下に着地地点を近づ..

  • 【体脂肪率が】ヨガの効用【下がったよ】

    ヨガを始めてみて最初に感じた効用は身体の感度が良くなったことがある。 ランニングをする上でとても大切なことだと感じられるのでムリなく続けられている。 そして続けていくうちに体脂肪率が下がってきた!やったぜ! 今年の正月からお餅を毎日食べていたせいか(60㎞走を3回もしたにも拘わらず…)、 14%台だった体脂肪率が18%まで上がって高止まりしてしまっていたのが、 体重はあまり変わらないものの、ヨガを始めてからまた15%くらいまで下がってきた。 確かにお腹周りは見た目にも痩せてきている。 走って汗を大量にかいたあとに測ると12%台まで落ちていることも! (このようにブレブレなので体重計を信じて良いかは分からない。) ヨガの何が体脂肪率低下に効くのかというと、余計な食欲が抑えられるんじゃないかと実感している。 物足りなさから追加食いすることが少なくなったし、 ..

  • 【1㎞毎の】今更ストラバに登録したよ【ラップが見たい】

    1㎞毎に一喜一憂しないようにガーミンのラップは5㎞に設定している。 そうすると走りながらガーミンを見るために下を向く頻度も少なくなって、 ランニングフォームを維持するのにも良い効果があると思っている。 だけど、走り終わってから見るデータは5㎞毎だと成長がわかりづらい。 走ってる時のお知らせは5㎞毎で、記録として1㎞毎のラップは見れないかと検索してみたら、 ガーミンコネクトでは出来ないけどSTRAVA(ストラバ)と連携させれば可能らしいことがわかった。 ストラバというのはツイッターのライムライン上ではよく見かけていて、 上級者向きってイメージがあったので自分には関係ないと思いスルーしてきたけど登録してみた。 早速ガーミンコネクトと連携させてみると、 過去3か月分のデータも自動的にストラバに反映されて 1㎞毎のデータを見ることができるようになっていた。スゲー! (..

  • やっと「スムーズに」の取り組み方がわかったよ

    最近やっと「スムーズに」に取り組めるようになってきた。緩い下り坂限定だけど。 「楽に」は尻の穴を締めてインナーマッスル優位にすることで、 「軽く」は身体の縦横アーチを意識することで、 (記事『身体の縦アーチ横アーチでバネが効く?』・『「軽く」までやっと来た!』参照) 実現してきた。 そしてやっと「スムーズに」を取り組むにはどうしたら良いのか、が分かってきた。 「撫でるように着地する」ことを目指して走ってたこともあったけど、 それは「スムーズに」に取り組んだ結果そうなるわけで、 「撫でるように着地する」にはどうしたら良いのかという答えは持ち合わせていなかった。 当然だよね。「スムーズに」=「撫でるように着地」なんだから。 では、どうやって「スムーズに」に取り組んだらよいのか、というと 「腰をゆるめる」ことで実現できるのではないか?というのが最近の走りの実感か..

  • お散歩ランで根津神社へ

    その昔、中山道と日光御成道の追分の一里塚に置いてあった石碑が、 追分近くの根津神社に置いてあるということで行って見てきた。 ↓コレ。まさかの出オチ。塞の大神碑(さえいのおおかみひ)という。 案内板によると、 元々は一里塚に榎の木が植えられていたのが明和3年(1766年)に焼け、 その跡に庚申塔が置かれたけど、それも文政7年(1824年)に火災で欠損。 その跡地に、この塞の大神碑(さえいのおおかみひ)が明治6年(1873年)に建てられた。 明治43年に道路の拡幅のためこの碑は根津神社に移されて現在に至る。 塞の神は邪霊の侵入を防ぐ神であり、道行く人を災難から守る神で、みちのかみとも道祖神ともいわれる。 ということらしい。 なんだ道祖神か。なるほど。 だから追分の辻に置かれたんだな。 三叉路になってる所だし、沖縄の石敢當(せっかんとう)にも通じることろがあり..

  • トキワ荘マンガミュージアムまでお散歩ラン

    明後日7月7日にオープンするトキワ荘マンガミュージアムを目当てに走ってきた。 今年の3月のオープンの予定がコロナのお陰で4か月ほどずれ込んでの開館だという。 雨が降っていたせいか人は少ないながらも何組かの人が訪れていた。 新規オープンなのに古びた看板にしたのはとても良いと思う。 レトロな電話ボックスが設置されているのもセンスが良い。 帰りがけに走りながらふと「もしかして実際に使えるのかも」と思う。 井戸なんかもあって実際にポンプを動かすと水が出るようになっている。 顔を洗わせていただく。この時期水道水より冷たくて気持ちいイイ! けど、飲めないというのが少し残念。 このトキワ荘は公園の奥に建てられていて、 パッと見ミュージアムに見えなく風景に馴染んでいるのも好感が持てる。 実際にトキワ荘が建てられていた所は少しだけこの場所から離れていてモニュメン..

  • 【足の感度が】足のケア【上がるよ♪】

    今まで全くしてこなかった足のケアを最近やっていて、足の感度が良くなってきた。 Twitterのフォロワーさんからの紹介で見たこの動画がきっかけ。 丁寧に説明してくれているので長い動画になっているけど、 この動画の6分過ぎから9分くらいまでの足の指を引き裂いたり中足骨から隣の指と分離させる、 というパートを重点的にこなしている。 自分の意思だけでは動かせなくても手を使えばここまで足の指は動くんだなと驚いた。 そしてここまで大胆に動かしても全然平気だというのも意外で面白い。 また中足骨の辺りで隣の指の骨とずらすのも足の可動域が増えそうな上に気持ちがいい。 ヨガでは自分の身体全体の感度が上がったという感じだったけど、 それを足に特化して感度が上がるのといった感じ。 このストレッチとヨガとの相乗効果もあるかも知れない。 足の感度が上がったことで足の親指で地面を..

  • ちょっとヨガをかじってみる

    勧められてヨガをやってみたら良かったので続けてみようかなと思ってる。 6ポーズを基本4呼吸ずつで10分くらいでできるお手軽なもの。 ↑こちらの3ポーズがウォーミングアップといった感じで、 ↓ターゲットポーズの「踊り子のポーズ」をして、残り2ポーズでクールダウン。 ターゲットポーズとされている「踊り子のポーズ」以外は簡単そうだなー、とやってみると、 腕が回らなかったり(2番目の「猫のねじりのポーズ」)、 呼吸を意識したとたんぐらついたり(3番目の「三日月のポーズ」)、 前屈が思ってよりできなかったり(5番目の「ジャーヌシールシャーサナ」)、 と意外と上手くできなかった。 この出来そうで出来ない感じが面白いな、と思わされてちょっと続けてみようかなという気にさせられた。 いざ1週間くらい続けてみると、 ランニング中だけじゃなく日常での自分の身体に対する感度が..

  • 6月まとめ

    6月は30日中17日で266㎞走った。 6月は不吉なことが多かった。 ランニング中に新しいスマホを壊したり(ただの不注意だけど)、 【悲報】 #rakutenmini を2万円以上で購入した1か月後に同じ商品が1円で叩き売りされた上に、ランニング中に落として画面を割ってしまったアカウントはコチラです。suica用にビューカードも申し込んだのになぁ… pic.twitter.com/WE7odkLgSW— 走るおむすび (@hasiruomusibi) June 3, 2020 背中を毛虫に差されたり(これは仕方ない)、 なんか最近背中かゆいと思ってたら、毛虫に刺されてたみたい。そーいえば先週近所で草刈りしてたな。その時に毛虫の毛が飛んできたのが背中か洗濯物についたらしい。今の時期は要注意とのこと。今まで知らなかった。画像は自粛して少しモザイクかけたもの。 pic.tw..

  • これが伸張反射というものか?

    昨日のランニングで新しい感覚で走れたので一応メモ代わりに記事にしておく。 午後ラン10㎞をキロ6分36秒のペース今日も暑い。けど犬の小走りみたいに良い感じで走れた。ブッシュマンが1日中走れるという、その走り方なのでは?と思う。まあ10㎞でバテてしまったわけだけど、走ってて面白かった♪画像は根津神社。#ランニング pic.twitter.com/jG5rZHH4qO— 走るおむすび (@hasiruomusibi) June 27, 2020 真に「楽に」「軽く」犬が小走りするように走ることができた。 『BORN TO RUN』でのカラハリ砂漠のブッシュマンの記述を思い出して、こんな感じなのかもと思う。 筋肉的な疲労がないのに後から気づいて、 これが伸張反射を利用した走り方なのではないだろうか?と思った。 この走り方を常に出来れば、汗をかけるかぎり走り続けることができる!んじ..

  • 【本郷から】日光御成道走って探索してきたよ【王子まで】

    日光街道の脇往還、日光御成道(にっこうおなりみち)を少し走ってきた。 スタートは本郷の追分の一里塚。 本郷の追分の一里塚。日本橋から1里の一里塚で中山道と日光御成道との追分にある。真っすぐ進むのが日光御成道、左折が中山道。ここの角の高崎屋さんは宝暦元(1751)年創業の酒店で初代は中山道の高崎から出てきたので高崎屋というらしい。 pic.twitter.com/iXUAY467gO— 走るおむすび (@hasiruomusibi) June 20, 2020 いつかはここを左折して京都まで行くんだぜ、と思いつつ直進。 この辺りは寺社仏閣が多いので、街道歩きにはたまらないスポットかも知れない。 僕は走るので多くをスルーしてしまうのを許してね。 しばらく行くと、 駒込土物店跡(こまごめつちものだなあと)。千住、神田と共に江戸三大市場のひとつ。「土のついたままの野菜であ..

  • 5月まとめ

    5月は31日中26日で384㎞走った。 フォアフット走法での持久力が10㎞程度から20㎞くらいに上がってきたようだ。 フォアフット走法での持久力をつけるべく、なるべくランオフなしで走ってみよう! と思い始めたのが5月6日の雨の日のシャワーランで8日連続で走った時だった。 それから密かに5月はランオフなして走るのを目標にしていたんだけど、 19日の雨でこれ幸いとランオフにして20日間で連続記録は途絶えてしまう。 まあ前日のランニングでフォームが崩れてダメダメだったので、ここが限界だった模様。 そのお陰かどうかは分からないけど、 フォアフット走法での持久力は上がって10㎞がやっとだったのが20㎞程度になって、 その間の集中して着地直前の間を意識し続けることができるようになってきた。 これは良い傾向。 ランオフしながらでも変わらないか、もっと早かったかもだけど、..

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、走るおむすびさんをフォローしませんか?

ハンドル名
走るおむすびさん
ブログタイトル
足で走って中山道
フォロー
足で走って中山道

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用