searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

てんさんのプロフィール

住所
宮城県
出身
宮城県

自由文未設定

ブログタイトル
きょうの青葉山
ブログURL
http://aobaten.blog109.fc2.com/
ブログ紹介文
「杜の都」仙台・青葉山の自然情報を毎日更新中!
更新頻度(1年)

363回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2007/06/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、てんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
てんさん
ブログタイトル
きょうの青葉山
更新頻度
363回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
きょうの青葉山

てんさんの新着記事

1件〜30件

  • エドヒガン (江戸彼岸)

      きょうは、晴れ時々曇りました(4.1~.11.0℃/西北西風)。  道沿いで、エドヒガン(バラ科)が咲いていました。薄紅の、中には鮮やかに紅く、反旗の炎でも掲げるかの様に、燃え立っていました。本州~九州の他、朝鮮、中国等の人里近くの山野に生育する、高さ15-25m程の落葉高木です。葉は長楕円~狭倒卵形で、葉柄には毛が目立ち、蜜腺は葉柄の上部か葉の最下部に一対あります。3月下旬~4月中旬、薄紅~白の花を咲かせます。...

  • ナガハシスミレ(長嘴菫)

      きょうは、曇り後晴れました(7.2~12.0℃//北西風)。  道端に、ナガハシスミレ(スミレ科)が咲いていました。気が付けばあちこちに、紫の烏帽子を無数に立てて、愛らしいお顔を俯かせていました。北海道~本州の主に日本海側の山地の他、国外では北米東部にのみ生育する、草丈10-20㎝の有茎性多年草です。茎葉は心形で、先がやや尖り、光沢があり、長さも幅も2-4cm。托葉は櫛の歯状に裂けます。4-5月、地上茎や根元から伸びる...

  • オクウスギタンポポ(奥薄黄蒲公英)

      きょうは、大体晴れました(5.3~16.1℃/南南東風)。  林縁の土手に、オクウスギタンポポ(キク科)が咲いていました。早くも甘草で鬱蒼とした草叢に、鳥子色の帽子が、ぽつりぽつりと覗いていました。東北の南部(主に宮城、福島に局在)の草原、林縁、路傍等に生育する、草丈15-50cmの多年草です。長さ20-30㎝の葉は倒披針~披針形で、羽状に深裂するか歯牙があります。4-5月、茎先に径4㎝程の頭花を一つ付けます。頭花は舌状花...

  • ショウジョウバカマ(猩猩袴)

      きょうは、良く晴れて暖かくなりました(5.3~18.4℃/西風)。  道端に、ショウジョウバカマ(シュロソウ科)が咲いていました。この花も、今年はずっと前から咲いていますが、早、艶やかな花簪が背を高く伸ばしていました。北海道~九州の高山~低地の、やや湿った樹陰等に生育する多年草です。葉は滑らかな広線形で、根本から多数出てロゼット状に広がり、冬期も枯れず、葉先には時に無性芽を作ります。3-4月、数個の鱗片葉を付...

  • キクザキイチゲ(菊咲一華)

       きょうは、曇り後晴れました(9.2~12.0℃/.北西風)。   沢沿いで、キクザキイチゲ(キンポウゲ科)が咲0いていました。大分前から咲いていた様ですが、白や青、紫、中には薄紅の花々が一斉に開いて、俯き気味に佇んでいました。北海道~近畿の山地~低地の、明るい林内等に生育する、高さ10-30㎝の多年草です。葉は2回3出複葉で、深裂しているのが特徴です。3-5月、茎先に白~紫色の花を一輪付け、多数の雌蕊が中心部に球状...

  • ヤブツバキ(藪椿)

      きょうは、曇って、午後からは雨が降り出しました(9.1~14.4℃/北風)。 道沿いの藪に、ヤブツバキ(ツバキ科)が咲いていました。昨年末から咲き出しているので、既に花ごと落ちているものも多いのですが、まだまだ赤々と、夕陽の様に美しく照り輝くものもありました。東北以西の暖地に生育する、高さ13m、径50cm程になる常緑小高木です。葉は互生し長楕円形で、先が短く尖り、質は厚くて光沢があります。時に12月頃から咲き始め...

  • オオコガネネコノメソウ(大黄金猫目草)

       きょうは、大体晴れました(2.6~12.6℃/南南東風)。  道沿いに、オオコガネネコノメソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。森影のヤマネコノメソウの群れに交じって、そこだけ明るくキラキラと、金塊の様な花が輝いていました。本州(宮城以南)~九州の、山地の沢。本州(宮城以南)~九州の、山地の沢沿いの湿性地等に生育する、草丈5-10㎝の多年草です。全体に毛が多く、葉は長さ1.5-3㎝の楕円~卵円形で、鋸歯数はf9-17個...

  • アオイスミレ(葵菫)

      きょうは、大体晴れました(0.1~10.5℃/南東風)。  道端に、アオイスミレ(スミレ科)が咲いていました。褐色の落葉道にしっとりと、蒼玉を思わす菫花が緑葉に見え隠れしていました。本州~九州の、丘陵地等の山林内に生育する有茎の菫です。全体に粗い毛があり、地上茎は横に這ぃ、葉は円心形で先が丸く、縁に低い鋸歯があります。3-4月、スミレの中でも最も早く咲き出す種の一つで、花柱の先が鉤型に曲がり、有毛の萼片は丸...

  • ミツバアケビ(三葉木通・通草) の花

     きょうは、雨や霙、雪が降りましたが、晩方には晴れました(1.5~5.6℃/北北西風)。 道沿いの柵に絡まる、ミツバアケビ(アケビ科)に、花が咲いていました。雌花(上)も雄花(下)も早々と、芸妓の簪にも見える、濃紫の飾りが小粋でした。全国の山地~低地の林縁や草原等に生育する、雌雄同株異花の蔓性落葉木本です。アケビに似ていますが、名の通り、葉が3枚で、緑に波形の鋸歯があるのが特徴です。アケビよりやや高地や寒地に多く...

  • リュウキンカ(立金花)咲き出す

      きょうは、晴れ後曇りました(9.7~16.3℃/西北西風)。   沢沿いに、リュウキンカ(キンポウゲ科)が咲き出していました。未だ弥生3月と言うのに、鮮黄の花が次々に開花して、細流を縁取る金色の帯を成していました。本州~九州の他、中国、朝鮮、シベリア等北半球全域の、亜高山~低山の水辺や湿地に生育する、草丈20-50㎝の多年草です。葉は艶がある腎円形で縁に細かい円鋸歯があります。4-5月、茎先に径2-4㎝程の濃黄色の花...

  • コブシ(辛夷/拳)咲き出す丘

      きょうは、晴れ後曇りました(5.2~15.4℃/東南東風)。  山のコブシ(モクレン科)の大木の、花が咲き出していました。未だ三月ですが早々と、真綿の様な花弁が一斉に綻んでいました。北海道~九州等の山野に生育する、高さ8-20m、径60cmになる落葉高木です。早春、他の木々に先駆けて、展葉前の枝先に芳香ある白花を咲かせます。花弁は6枚で、基部は紅色を帯び、萼片3は小さく外側に軟毛を密生させます。花下に、葉が1枚付くの...

  • チョウジザクラ(丁字桜)

      きょうは、曇り後晴れました(3.8~18.5℃/北西風)。  山の入口のチョウジザクラ(バラ科)が、咲いていました。街の桜(染井吉野)は何と明日にも開花宣言とのことですが、地味ながら山で一番早いこの桜は、気が付けばもう何十厘も綻んで、早くも花弁を散らしているものまでありました。本州の岩手~広島(主に太平洋側)と熊本の山地に生育する7ⅿ程の落葉小高木です(日本海側には、当種の変種とされるオクチョウジザクラが分布)...

  • シュンラン(春蘭) 咲き出す

       きょうは、良く晴れました(1.4~12.5℃/北西風)。   道端で、シュンラン(ラン科)が咲き出していました。早くも、沢山開いていましたが、中には唇弁に所謂黒子がなくて(地が赤くて見えない)、品種の「赤舌」の様に、お顔を真赤に染めているのもありました。北海道~屋久島の、主に明るい落葉樹の林床に生育する、草丈10-25cまmの常緑の多年草です。長さ20-35㎝で細鋸歯があってざらつく線形の葉を根元から叢生させ、その間...

  • コガモ(小鴨)

       きょうは、曇って朝に雪がちらつきましたが、後晴れました(1.8~9.0℃/北北西風)。   川に、コガモ(カモ科)がいました。橋の下で、右に左にくるくる回りながら食べ物を探していて、北帰行を前に、覆面の様な弁柄の頭を一層染めていました。北半球に広く分布し、日本には、ほぼ冬鳥として全国の河川、池沼に飛来する、体長34-38cm、翼開長58-64cmの小型のカモです。雄の頭は茶色く目の周り~後ろが青緑色。嘴と脚は黒く体...

  • イワウチワ(岩団扇)

      きょうは、晴れ時々曇りました(4.0~11.6℃/西風)。  山の斜面に、イワウチワ(イワウメ科)が咲いていました。そろそろと思い行ってみると、何ともうあちこちに、薄紅色の花々が早五分程は開いていて、その艶やかさに眩暈さえ感じました。本州中国以北の山地の落葉樹林内や林縁、岩場等に生育する、草丈10cm程の耐寒性常緑多年草です。円い根生葉は長柄を持ち、3-4月に咲く淡桃色のした花は、一花茎に一花を下~横向きに開き...

  • オクノカンスゲ (奥の寒菅)

      きょうは、午前中曇って小雨か降りましたが、晩方には晴れました(7.4~13.8℃/西風)。  道沿いに、オクノカンスゲ(カヤツリグサ科)が咲いていました。赤茶色い海老の尻尾の様な花穂が解けて、金糸が一気に噴き出していました。北海道~九州の、主として冷温帯の山地の林内に生育する、高さ15-40㎝の常緑多年草です。地下に匍匐枝を伸ばして群生します。葉は幅広い長線形で叢生し、葉の断面がM字になるのが特徴です。4-6月、...

  • ヤブカンゾウ(薮萓草)の若草

      きょうは、曇り後晴れて、昨日同様に強風が吹きました(6.0~17.8℃/西風)。  森の外れの土手に、ヤブカンゾウ(ワスレグサ科)の若葉が出ていました。斜面を覆い尽す、早緑の絨毯がキラキラ輝いて、眼にも胸にも沁みる様でした。有史以前渡来の中国原産とも言われ、日本では北海道~九州の日当たりの良い草地等に生育する、草丈50-100cmの多年草です。葉は根生し、長さ40-60cm幅3㎝前後の広線形。3倍体の為結実せず、根が紡錘...

  • カタクリ(片栗) 咲き出す

      きょうは、晴れ後曇って、強風が吹き荒れました(8.0~12.7℃/西風)。  森の入口で、カタクリ(ユリ科)が咲いていました。やはり今年はとても早く、見られなかった昨日には咲き出していた様で、既にあちこち20輪近く、紅紫の花弁を慎ましやかに綻ばせていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン等の落葉広葉樹の林床に群生する、草丈10-25㎝の多年草です。3月末~4月初め、長さ4-5㎝で薄紫~桃色の花を、下向きに咲...

  • シロヤナギ(白柳) 青める

      きょうは良く晴れて、暖かくなりました(4.0~16.2℃/南風)。  山裾のシロヤナギ(ヤナギ科/亜種ミチノクシロヤナギともされる)の芽が、綻んでいました。一斉に、早緑の葉を伸ばし、陽光に煌きながら、春風にゆらゆら揺れていました。北海道~東北の河岸や湿生原野等に多く生育する、雌雄異株の高さ15-20m、胸高直径1m程になる落葉高木です。幹は灰褐色で白っぽく、葉の裏面には絹毛があって白色をなします。葉はやや小形で互生...

  • キブシ(木五倍子)

        きょうは、晴れ時々曇りました(4.4~14.8℃/北西風)。    道沿いで、キブシ(キブシ科)が咲いていました。上から下へと円い蕾が口を綻ばせて、山の端をしみじみと、黄檗色に染めていました。北海道~九州の山地の林縁や谷沿いの斜面等に生育する、高さ3-4mの落葉低木です。葉は互生し、卵~卵状楕円形で基部は円く、先は長い鋭尖頭。3-5月、前年枝の葉腋から淡黄色の穂状花序を下垂させ、未だ花の少ない時季に良く目立...

  • オシドリ(鴛鴦)♂の引籠り?

        きょうは、晴れ後曇りました(0.1〜10.3℃/南南東風)。   昨年営巣木等が皆伐された池の近くに、とても少なくなったオシドリ(カモ科)がいました。美しい繁殖羽となった雄で、岸から大分離れた叢でじっと座り込んでいて、まるで、しない筈の巣籠りか?コロナ対策の引籠り??でもしてるかの様でした。北海道~沖縄の亜高山~低地に生息・繁殖する留鳥で、ロシア沿海地方、サハリン、中国北部等で繁殖する者は、日本や中国南部...

  • ネコノメソウ(猫の目草)

      きょうは、晴れ時々曇って風が強く、一時雪や霰が飛びました(2.8~10.2℃/北北西風)。  小川の縁に、ネコノメソウ(ユキノシタ科)が咲き初めていました。黄金の髪飾りを付けた妖精達が、暖かな陽射しを浴びて、一斉に背伸びしていました。北海道~九州の他、朝鮮、クリル等に分布し、山地の渓流沿い等の湿った所に生育する、高さ5-22cmの多年草です。匍匐枝が地上を這い、葉は対生し卵円~広卵形で長さ5-20mm、幅5-18mmで3-8...

  • ヤマネコヤナギ(山猫柳)

      きょうは、大体晴れました(0.5~10.8℃/西北西風)。  道沿いで、ヤマネコヤナギ(ヤナギ科)の花芽が膨らんでいました。芽鱗の赤く固い衣を次々に脱ぎ捨てて、絹毛の花穂達が陽光にきらきら煌いていました。北海道西南部~本州(近畿以北)、四国の、山地の日当たりの良い所に生育する高さ5-15mの落葉高木です。樹皮は暗灰色で、古くなると縦に不規則に割目が入ります。葉は互生し革質で、楕円~長楕円形で、縁は全縁か微凸鋸歯...

  • ビンズイ(便追・木鷚)

      きょうは、一日曇って、一時湿雪が落ちました(1.5~6.0℃/西北西風)。。  林縁の道端に、ビンズイ(セキレイ科)がいました。4-5羽の小群が採食していましたが、気付かず近寄ると、ヅィーッと言って近くの木に飛び上がり、暫くこちらを気にして、そのまま何処かに飛んで行きました。西シベリア~ロシア極東、モンゴル、中国東北部、サハリン、クリル、朝鮮とヒマラヤ付近で繁殖し、インド~東南アジア等の暖地て越冬します。日...

  • ヒメカンスゲ(姫寒菅)

        きょうは、晴れたり曇ったりでした(1.8~17.1℃/西風)。    道沿いに、ヒメカンスゲ(カヤツリグサ科)が咲いていました。先日の観(視)察会でも取り上げましたが、艶々した細葉の草叢から、金色の刷毛を高く掲げて、魔法の粉でも散らそうとしているかの様です。良く見ると、根元に赤縞の愛らしい鞘が覗いて、とても魅力的でした。北海道~九州や朝鮮南部の山間部に生育する、花茎の高さ10-40cmの常緑多年草です。葉は堅く...

  • キクイタダキ(菊戴)

      きょうはほぼ晴れて、暖かな一日でした(4.8~11.6℃/西北西風)  道沿いの木々に、キクイタダキ(ウグイス科)がいました。樅や檜等の見え難い樹冠を、数羽がチリリリー等と鳴きながら、飛び廻っていましたが、時折小さな体を、見て! と言う様に停空飛翔しながら、何かを食べていました。ユーラシアに広く分布し、日本では本州中部以北の亜高山帯と北海道の針葉樹林帯で繁殖し、冬は山麓や暖地へ漂行します。日本で最小の鳥で...

  • フクジュソウ(福寿草)

       きょうは、晴れたり曇ったりでした(8.2~16.1℃/北西風)。  疎水の土手に、フクジュソウ(キンポウゲ科)が咲いていました。大分前から咲いていたのですが、今や斜面を覆う様に何十輪も満開にして、3.11の犠牲者、今尚苦しみ続ける被災者達に捧げる様に、黄金の杯を掲げていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国北部、東シベリア、ウスリー等の山野に生育する、草丈10-25㎝程の多年草です。茎は直立して枝分かれし、根茎は...

  • カワセミ(翡翠、魚狗、川蟬)

        きょうは、小雨が断続的に降りました(10.7~11.9℃/南南東風)。    沼に、カワセミ(カワセミ科)がいました。水面を青い光が走ったかと思いましたら、細流の畔の葦に碧玉が一つ、ゆらゆら揺れながら、青白い帯が光っていました。欧州、アフリカ北部〜インド、東南アジアに広く分布し、亜種カワセミは全国の山地〜平地の水辺に生息する全長17cm、翼開長25㎝、体重19-40g程の小鳥です。ほぼ留鳥ですが、北海道では秋冬に...

  • カタクリ(片栗)の花芽

       きょうは、曇り時々晴れました(8.2~14.5℃/北北西風)。   道端のカタクリ(ユリ科)の、花芽が膨らんでいました。一昨日葉しか無かったのを確認し、昨日も何処にも見られなかった筈なのに、同じ場所を通ると、何と何株も、葉の間から上向きの白いものどころか薄紅がかったお顔が横を向き、今にも笑い出しそうな感じでした。北海道~九州の他、朝鮮、中国、ロシア沿海地方、クリル、サハリン等の落葉広葉樹の林床に群生する...

  • 三月観(視)察会

        きょうは、小雨が降ったり止んだりでしたが、それなりに過ごしやすい穏やかな会になりました(4.5~6.9℃/北北西風)。と言っても雨降りですし誰も居ないかとも思いましたが、コロナウィルスの逆効果もあるのか?十二分の参加者で、近況報告等の後、早速出発です。今回の主たる案内は叶さんと言うことで、要所要所で画像を使いながらの蘊蓄あるお話があり、機知に富むユーモアやクイズに笑みが零れます。マンサクやバッケ、オオ...

カテゴリー一覧
商用