searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
馴れていない成猫の幸せへの道
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tenshineko/
ブログ紹介文
先代猫ゆうゆの紹介状を持ってやってきたイザウラとジンジン。元地域猫とのマイ・フェア・レディ。
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2006/06/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、てんぷら☆さんらいずさんの読者になりませんか?

ハンドル名
てんぷら☆さんらいずさん
ブログタイトル
馴れていない成猫の幸せへの道
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
馴れていない成猫の幸せへの道

てんぷら☆さんらいずさんの新着記事

1件〜30件

  • さくら猫はがんばり猫

    近道をしようと公園を横切っていくと、なんだかかわいい子の影が。一目散にわたしに近寄ってくる。なにしろわたしは猫使いの魔女だから、野良猫さんにはモテるのだ。足元でぺたん、と座ってゴロゴロ。ごめんね、きょうはおやつを持っていない。もう一匹、ちょっと

  • お姫様生活

    このごろラウラのワガママ度がひどい。ゴハンはすぐ飽きてイヤイヤを言う、トッピングに鰹節や小魚をかけてあげてもダメ。小魚なんて、そのままでは食べないからわたしが指で砕いて(時々骨を指に刺して)あげたら食べていたのに、最近それも嫌だっていう。ちゅーるをか

  • バスルームから愛をこめて

    お湯にもぐって あたし泣いたの ひとり夜更けの バスルーム …♪お風呂に入るとこの歌を唄いながら、ぼんやり天井を見つめたくなるあなた、同世代ですね(笑)山下久美子さんの『バスルームから愛をこめて』、発売はもう40年前になるというからびっくり。なんだか、つい十

  • ラウラ体重4㎏、元気です

    新しい電話機を買った。これまで長く使っていたFAX付きの電話機はどうも調子が悪く、さらにここ数年FAXなぞ使う用もなかったし、電話がかかってくるのも大抵は携帯だ。電話を買った理由はもう一つある。ラウラが上に乗っかって、受話器を外してしまうのだ。それだけな

  • ニックネーム

     見てみて、ラウラのシッポにゃ~にゃが~くてまっすぐだけど…くるん、と巻くのにゃ。自慢のシッポにゃ~。暑くなってきても、必ずわたしの寝床で一緒に寝てくれるラウラ。このごろはラウちゃん、ラウにゃ、なんてニックネームで呼んだりもする。先々代のゆうゆは「

  • 梅雨はいつまで

    雨の日の猫は眠たい眠たい…いつまで梅雨は明けないんだか、体中がべとべとして気持ち悪い。髪の毛の間から汗がペタペタ落ちてくるようで、ああ~っ!もうダメ!と、礼拝後に美容室に電話をかける。なんとか無理を言って、お昼に予約を入れてもらった。美容室は長いおつ

  • 一緒に寝ようねラウラ

    の動物って、なんであんなに寝顔が可愛いんだろう?わたしは動物の中でも猫科の動物が好きで、よくネットで写真や動画を見たりしている。ライオンやトラも、豹もピューマもヤマネコも、マヌルネコもスナネコも、みんな寝顔は天使か妖精かというくらいに愛らしい。勿論、イ

  • 黄金が出たよ

    ラウラは元々便秘気味の猫で、だいたい二日に一回くらいしか出ない。それでも出たら見事な量で出てくるので、この子はこういうタイミングで出るのが標準なのだ、と思っていた。だけれど、なんだかここ3日ほど出ていない。そう、月曜の夜中から木曜日の夜まで出ないというこ

  • 極楽ねこカレンダー、応募しました

    去年は見事に落選した、AIXIAの「極楽ねこカレンダー」、今年も応募してみました。今年は応募すると全員プレゼントがあるというので、それ狙いです。この写真で応募したので、もしよろしかったらポチッと投票してくださいませ。「ラウラ」という名前で検索していただく

  • モーツアルトを聴きながら

    昨日ぼんやりラジオを聴いていたら、モーツアルトの作品に『ラウラに寄せる夕べの想い(K.523)』という美しい歌曲があるのを知った。ああやっぱりラウラと言う名前にしてよかった、なんといっても上品だ。てんぷら家の猫である限りは、美しい姫でなければ。美しい…姫で

  • 今日を誕生日にしよう

    去年の今ごろ、わたしはこの子をうちの子にしていいかどうか迷っていた。それでも名前を考えたりして、いくつか候補をあげてBlogに書いたりしたら、みんなからうちの子にしよう、もうてんぷらんちの子だよ、という大合唱が。名前を付けた日が、やっぱり誕生日にふさわしい

  • 秘密 ~誰にも言わない

    ラウラ「ば、バレちゃったにゃ…」当たり前です、しょうがないよラウラ。どんなに隠してもね。きみのその生活態度でバレるよ。すぐにお腹丸出しのへそ天で寝てるんだもの。ほら、まる見えだよラウラ!白いショーツ履いてるの、隠しなさいっ!秘密にしとくから、ナイ

  • 寝顔

    あんまり可愛らしく、時々うにゃうにゃと。眠るきみが好き。ああ、猫の寝顔って。猫の寝顔って。なんでこんなに愛らしいのだろ。金色の瞳を閉じたまんま、じいっとそのまんま。そこで眠っていなさいね、ラウラ。と、上品な文言でも綴るつもりでブログ用の写真を撮ろ

  • ラウラ行方不明

    あれは何時頃だっただろう。ラウラのトイレを掃除したあとだから、4時過ぎだ。その後わたしはうたた寝したり、夕飯の支度をしようと野菜を切ったりしていた。てっきりラウラは自分の部屋(お気に入りのケージ)にいるか、居間で寝ていると思っていた。5時ごろに野菜や肉

  • ラウラの粗相

    「だってぇ…」「もうしないにゃ…」ラウラが初めて粗相をした。そろそろ寝ようかと布団に入ろうとしたら、なんだか掛布団がおかしい。あれ…これって?猫のオシッコだ!幸い、濡れているのは掛布団だけで敷布団までには浸潤していなかった。夜も遅いので、とりあえ

  • ねずみくんの豆皿

    応募したことをすっかり忘れていたのだけれど、2月だったか3月だったかにネットで応募した懸賞に当たっていた。郵便局のお兄さんが「下のポストに入らなかったので」と、親切にどくだみ荘2階のわたしの部屋まで届けてくれた郵便物、それが今回の当選品。ポプラ社から出

  • ぶっとい注射

    ラウラ「ねえね、どうしたにゃ?」「あら…?」愛らしい顔立ちの看護師さんは、ベッドの上でズボンをめくり上げたわたしの足の傷に気がついたようだ。何か理由があると悟ったのかもしれない、何も訊かずにカーテンの向こうに去った。初めて右足の膝を痛めたのは、何年前

  • ピンっと伸びて

    一昨日の夕方、笑顔のすてきな飛脚のお兄さんが小さめの段ボール箱を持ってきてくれた。来た、KAGOMEの懸賞で当たったミニトマトの苗だ。それにしてもこの忙しい時期に、一軒一軒回って荷物を届けてくれる配送業者さんには頭が下がる。着いたときは少ししなびていたが、

  • ひとりぼっちの誕生日

    きょうはわたしの誕生日。去年なら、ともだちと会っておめでとうのひと言ももらえたけれど、ことしはこんなだから誰にも会えない。それもあんまり寂しいので、お昼に手作り弁当のお店「ままあず・きっちん」へ。から揚げ弁当を頼んだら、以前からおなじみの店員さんが、お

  • わがままっ子甘えっ子

    緊急事態宣言が出てから1週間余り。相変わらずのわたしたちだが、せいぜい食品や日用品を数日に一度買いに出かけるのみで(有難いことに、徒歩圏内にスーパー2件、ドラッグストアと100均も1件ずつある)巣ごもり生活をしている。教会の礼拝までお休みだもんなぁ。そ

  • イースターの朝

    今日の午前0時44分のこと。関東地方で地震があったらしく、枕元のラジオから流れるアナウンサーが、ちょっと慌てたような口ぶりで「スタジオのある渋谷でもはっきりと揺れを感じた」と言っていた。茨城県や栃木県などで、震度4の揺れがあっららしい。関西に住んでいるわた

  • 緊急事態宣言

    新型コロナ禍によって、緊急事態宣言がなされた。その中にはわたしの暮らす兵庫県も入っていて、不要不急の外出をしないようにということだ。ニューヨークの動物園で、マレートラが感染したとか、ペットの犬や猫にも感染するとか怖い話もある。なので、ラウラと外猫たちの

  • 銀河鉄道に思う

    俄に、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました。見ると、もうじつに、金剛石や草の露やあらゆる立派さをあつめたような、きらびやかな銀河の河床の上を水は声もなくかたちもなく流れ、その流れのまん中に、ぼうっと青白く後光の射さした一つの島が見えるのでした。その島の

  • 春は近い、もうすぐそこ

    礼拝の帰り、ちょと遠回りをして姫路城を覗いてきた。桜はまだ五分咲きくらいかな?八分にはまだなっていないかな?きょうは朝、急に寒くなって関東では雪や霙が降ったという。こっちも風が少し冷たかったので、分厚いジャンパーの再登場。桜の咲き具合を確認したら、

  • 仲良くなれたね

    ラウラはなんでうちの子になったのかなあ。ほかの野良猫たちは体も丈夫そう、イキイキ溌溂。でもふらりと現れたラウラは、なんだか迷いながらゴハンの順番も負けちゃってたよね。体の弱り方はちょっと…だったね。だからかな、弱そうなきみをうちの子にしたいって言っ

  • 早春は悲しみの季節

    3月3日は桃の節句、などと思えなくなったのはいつのはいつからだっけ。そう思ってしまうほどイザウラ、きみがいなくなって久しい。いつもジンジンを妹のようにかわいがって、ちょっと自分は我慢したりしてたね。思いっきり甘えたかったよ、って顔をしてくれると嬉し

  • はじめての「猫の日」

    ラウラは去年の5月末にうちの子になったから、はじめての『猫の日』。222で猫の日、令和2年の猫の日だから2222だ、と言われる。でも、うちでは猫が一番大事で猫が一番偉いので(笑)、毎日が猫の日なんだけれど。このごろのラウラは、足にアタックしてねえねの太

  • 特別スペシャルデー

    昨日のことになってしまって恐縮なのだけれど、毎年バレンタインデーには幼馴染のSさんがチョコを送ってくれる。まだイザウラとジンジンが家庭猫宣言できなかったころに保護した猫・ノラちゃんの里親さんになってくれた人だ。毎年、猫のお洒落なチョコをくれるのだけれど、

  • がんばれマヌルネコ

    ラウラ「ねこっていっぱいいるにゃ?」そうだよ、ラウラ。お外に暮らしてるクロちゃんやエドガーたち、最近現れたでっかいの、ほかにもいっぱいいるんだよ。それだけじゃない、君たちイエネコのほかに、ヤマネコの仲間やもっと大きいトラやライオン、ヒョウにピューマ…

カテゴリー一覧
商用