chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
うしのり
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/03/08

1件〜100件

  • ウルトラマン・宇宙ビートル 製作-1

    新しい製作日記です。使用キットジェットビートル w/ハイドロジェネレードサブロケットハセガワ、1/72スケール商品名が長すぎるので、本ブログでは「宇宙ビートル」と表記します。パーツ構成。通常のジェットビートルのキットにハイドロジェネレードサブロケットのパーツが

  • 【完成】サンダーバード1号発射基地

     【使用キット】サンダーバード1号&発射基地アオシマ製、1/350スケール※噴射煙のパーツは別キットからの流用【塗装データ】発射基地の内部は明灰白色3+ブラック1の混合で塗装し、細かい部分はTV映画の映像を参考にして色分けをしています。【電飾データ】単4電池3本LED 3

  • サンダーバード1号発射基地 製作-3

    発射基地の壁面を塗装しました。正面パネル。以下、全てラッカー系塗料を使用しエアブラシで吹き付けています。左側パネル右側パネル床面。発射台の真下にもLEDを1個仕組みましたが効果はいかほどか...。各パネルを接着しました。外側部分は、段差や隙間を調整してから塗装し

  • サンダーバード1号発射基地 製作-2

    発射基地の内部構造を作っています。初めての製作で試行錯誤。時間がかかっています。正面パネルの右上にある管制室のような構造。窓部分を切り取ってクリア板に交換しました。床面を張って2階建てにし、天井には照明用のLEDを4個取付け。壁面のサーチライト2個はプロップど

  • サンダーバード1号発射基地 製作-1

    新しい製作日記です。懐かしのテレビ映画「サンダーバード」に登場する発射基地を作ります。使用キットサンダーバード1号&発射基地 青島文化教材社、1/350スケールパーツ構成。外箱サイズの割にパーツ数は少ないです。壁面は通常のプラスチック素材ですが、台座パーツは発

  • 【完成画像】宇宙家族ロビンソン・探検車

    【使用キット】LOST IN SPACE THE CHARIOTMOEBIUS製、1/24スケール【塗装データ】仕上塗装 本体上部 オレンジ→明灰白色→光沢黒→シルバー+光沢黒少量      本体下部 光沢黒→シルバー+光沢黒少量     手摺等  オレンジ+ブラウン少量【電飾データ】単4電池3

  • 宇宙家族ロビンソン・探検車 製作-4

    ラストスパートです。車体下部を台座に取り付けました。台座はプラ板スクラッチ。上面はダイソーの「ふわっと軽いねんど」を使って地面を作り、サンディブラウンで塗装しています。今回は岩や石ころとかは無しでさらっと作っています。車体の車軸部分4か所にステンレス線を通

  • 宇宙家族ロビンソン・探検車 製作-3

    本体を塗装しています。本体上部のクリアパーツは、外側がシルバー、内側がオレンジになるように塗装しなければなりません。最初にオレンジ、続いてライトグレーを吹き付けます。さらに光沢ブラックを吹いてから最後にシルバーで仕上げます。外側から見るとシルバー。今回は

  • 宇宙家族ロビンソン・探検車 製作-2

    電飾作業及び内部塗装です。今回はヘッドライトに加えスモールライト、テールライトも光らせます(2017年作品はヘッドライトのみ点灯)。テールライトはパーツが小さいためチップLEDを使います。運転席のパネルには0.5mm径光ファイバーを取付けました。白、オレンジ、ブルー

  • 宇宙家族ロビンソン・探検車 製作-1

    新しい製作日記です。このキットを作るのは、2008年、2017年以来、3回目となります。使用キットLost in Space THE CHARIOTMOEBIUS製、1/24スケール本体全長約21cmパーツ構成。探検車のほかロボットが付属しています。このキットの最大の欠点。ゴム製パーツとプラパーツが内袋

  • 【完成画像】2001年宇宙の旅オリオン号・AIRFIX製

    【使用キット】ORION 2001AIRFIX製、1/144スケール【塗装データ】下地塗装 サーフェイサー基本塗装 明灰白色ほか3色に塗分け仕上塗装 本体 グランプリホワイト     本体後部 ブラック5+明灰白色1     1/3つや消し【電飾データ】単4電池3本LED 3mm径×2 メイン

  • 2001年宇宙の旅 オリオン号 製作-4

    台座の製作と本体の取付け。デカール作成と貼付け。「地球儀台座」が完成しました。過去作には、サンダーバード5号、ムサイ、コアブースターにも使用しています。今回がいちばん大きな地球となりました。オリオン号は、台座に対してやや上向きに取り付け。水平に取り付けるよ

  • 2001年宇宙の旅 オリオン号 製作-3

    本体パーツを接着し塗装を行います。合わせ目処理、スジ彫り修正、ペーパー掛け、サーフェイサー吹付けを3回ほど繰り返して、何とかそれっぽくなってきました。キリがないので塗装にかかります。基本色は明灰白色。さらにパネルラインに沿って、グレー、ライトブルー、ライト

  • 2001年宇宙の旅 オリオン号 製作-2

    内部構造の製作と電飾作業です。客室と操縦室を作ります。材料は、加工しやすい1mm厚のプラ板を使っています。床面と前後の壁面で、本体パーツに接着できるように加工してあります。サイズはすべて現物合わせです。座席は片側2人掛けの9列シート。計36席となります。ネットで

  • 2001年宇宙の旅 オリオン号 製作-1

    新しい製作日記です。映画「2001年宇宙の旅」に登場したオリオン号を作ります。使用キットORION 2001AIRFIX、1/144スケール仮組みしました。1/144スケールはなかなか大きなキットで、本体全長は約36cmあります(最近メビウスから発売された1/72はなんと75cmだそうです)。海

  • 【完成画像】デスラー戦闘空母

    【使用キット】旧キット・デスラー戦闘空母バンダイ【塗装データ】下地塗装 サーフェイサー→黒立ち上げ基本塗装 明灰白色+ホワイトの混合仕上塗装 キャラクターレッド5+ホワイト1+明灰白色1の混合ウェザリング→3/4つや消し【電飾データ】単4電池×3個LED3mm×2:後部ノ

  • デスラー戦闘空母・旧キット 製作-3

    塗装作業です。全体にサーフェイサーを吹き付け。今回は、先に台座に取り付けてから塗装をしましたが、作業がやりにくいです。やはり塗装を完了してから台座に取り付けたほうがよいですね。黒立ち上げ。今回は赤色系の仕上げとなるため、やや明るめのライトグレーで基本塗装

  • デスラー戦闘空母・旧キット 製作-2

    電飾作業です。本体部分。光ファイバー用として、5mm径(ホワイト)×1個、3mm径(オレンジ)×1個、3mm径(イエロー着色)×1個を取付け。さらに側面部分には、チップLED(2012型)を計4個取付け。光ファイバーは0.25mm径のエスカを使用。甲板部分のみ0.5mm径を用いています

  • デスラー戦闘空母・旧キット 製作-1

    新しい製作日記です。宇宙戦艦ヤマトに登場するデスラー戦闘空母を作ります。このキットの製作は、2015年3月以来、7年ぶりとなります。デスラー戦闘空母・旧キットバンダイパーツ構成。最近のバンダイヤマトシリーズと比較して、とにかく大きいです。本体パーツだけで約31cm

  • 【完成画像】クラッシャージョウ・コルドバ

    クラッシャージョウ・コルドバ1/3000スケールハセガワ クリエイターワークスシリーズ【塗装データ】下地 光沢ブラック仕上 本体:明灰白色3+キャラクターホワイト1   キャラクターレッド、イエロー   ウェザリング、3/4つや消し【電飾データ】単4電池×3個LED(5mm、

  • クラッシャージョウ・コルドバ 製作2

    本体を塗装しています。以下、塗料は全てMr.カラー(ラッカー系)を使用。塗装はエアブラシです。全てのパーツを接着。黒立ち上げ。電飾の遮光を兼ねています。仕上げ塗装。ホワイト1+明灰白色3の割合で混合。色の塗り分け。画像は途中経過です。あと少し塗り分けします。本

  • クラッシャージョウ・コルドバ 製作1

    クラッシャージョウに登場する重巡洋艦コルドバを製作します。2020年11月以来、2回目の製作。前回完成品は下記URLをご参照。https://scifimodels.livedoor.blog/archives/13304149.htmlクラッシャージョウ・コルドバハセガワ、1/3000スケール2回目製作のため、パーツ構成の紹

  • 【完成画像】マクロス要塞艦(劇場版)

    【使用キット】マクロス要塞艦(劇場版)ハセガワ、1/4000スケール【塗装データ】下地塗装 サーフェイサー、光沢ブラック基本塗装 明灰白色仕上塗装 本体 明灰白色3+ホワイト1     本体後部 ブラック1+明灰白色1     エンジン ホワイト5+イエロー1+マホガニ

  • マクロス要塞艦(劇場版)製作-4

    塗装作業です。複雑な形状のため時間がかかります。全体にサーフェイサーを吹いてから、黒立ち上げ。電飾の遮光も兼ねています。基本塗装。デジカメの設定ミスで、この画像だけ正方形に切り取ってしまいました。仕上げ塗装。組立説明書の指定色は使っていません。手持ちの塗

  • マクロス要塞艦(劇場版)製作-3

    前回は艦首部分を電飾しましたが、今回は胴体部分にLEDと光ファイバーを取り付けました。内部空間の横幅が狭いので、なかなか混雑していますが、このあとは、さらに甲板部分と艦橋部分のLEDを入れなければならないのでたいへんです。アームド級宇宙空母(2隻)の電飾。小さい

  • マクロス要塞艦(劇場版)製作-2

    LEDと光ファイバーの装着作業です。艦首部分。光ファイバーはエスカ0.25mm径を使用。白い丸印はホワイト発光。橙色丸印はオレンジ発光。艦首パーツと胴体パーツの接着面に穴を開けて、光ファイバーを引き込んでいます。続いて、脚部の電飾。エンジンノズルには、3mm径LED×6

  • マクロス要塞艦(劇場版)製作-1

    新しい製作日記です。初めてのマクロス。慎重に進めたいと思います。マクロス要塞艦 劇場版ハセガワ、1/4000スケールパーツ構成。パーツは細かく分割されています。あの複雑な要塞艦の形状はイメージできないですね。このキットは、いわゆる「箱組み」という手法で組み立てる

  • 【完成品】マゼラン&サラミス

    photo-1 (1200x900)photo-2 (1200x900)photo-3 (1200x900)photo-4 (1200x900)photo-5 (1200x900)photo-6 (1200x900)photo-7 (1200x900)photo-8 (1200x900)photo-9 (1200x900)photo-10 (1024x768)マゼラン&サラミスバンダイ、1/1200スケール【塗装デ

  • マゼラン&サラミス 製作-3

    マゼラン&サラミスを塗装しました。ブラックで立ち上げ。電飾の遮光を兼ねています。明灰白色を全体に塗装。仕上げ塗装。マゼランは明灰緑色と明灰白色を適量混合。サラミスは、ミディアムブルーにホワイトを適量混合し、レッドを極微量加えています。さらに、

  • マゼラン&サラミス 製作-2

    電飾及び本体のディテールアップを行いました。基本的には、マゼランとサラミスの工作は同じです。左右両舷の光ファイバーとLED2個を取付け。エンジンは噴射口の数が異なります。艦橋部分の電飾。どちらも2012型チップLEDを使用。マゼランは艦橋が2階建てなっていま

  • マゼラン&サラミス 製作-1

    バンダイから再販された旧キット「マゼラン」と「サラミス」を作ります。製作日記は3回を予定。地球連邦軍主力戦艦マゼラン同巡洋艦サラミスバンダイ、1/1200スケールこのキットは、約2年前の2020年5月にも作っていて、今回は2度目となります。前回では、一つの台座

  • 【完成品】コアブースター

    photo-1 (1200x900)photo-2 (1200x900)photo-3 (1200x900)photo-4 (1200x900)photo-5 (1200x900)photo-6 (1200x900)photo-7 (1200x900)photo-8 (1200x900)photo-9 (1200x900)使用キット大気圏内外両用戦闘機・コアブースターバン

ブログリーダー」を活用して、うしのりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
うしのりさん
ブログタイトル
電飾模型工房
フォロー
電飾模型工房

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用