searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
目覚めた孔雀。独り言三昧。 https://blog.goo.ne.jp/clear-liquor

↓ポチッと押して頂ければ励みになります、よろしくお願いします。

いけもとてつこうです。よろしくお願いします。

いけもとてつこう
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/10/25

1件〜100件

  • 世論は教育と事件の化合物。

    世論が教育と事件の化合物であるように、事件は性格と境遇の化合物である。したがって、大衆にある世論を形成させたければ、前もってこうゆう世界にしたいと言う計画を立てて、そのように子供を教育すればいい。そしておもむろに事件を発生させる。ある一定の性格者向けに、メディアで感情操作番組を垂れ流す。そうすると感情的になったカモが引っかかって、感情的になり、事件を起こす。そして首尾よく事件が起きたら、ある意図に沿って構成された番組をじゃんじゃん放送することによって、世論を形成するのである。世論ができたら、それに従った形で法制を整備し、政策を推進するのである。さて、こんな手筋も考えられる。政府の諜報部員が事件を起こし、近所の鼻つまみ者に濡れ衣を着せて逮捕し、これを処刑することである。そのカッコ付きの犯人の身柄は政府が握っている...世論は教育と事件の化合物。

  • すべての抽象概念は、理屈ではなく実践なんだろうなあ

    恋愛いけもと思うに、それは理屈ではなく実践だとおもううんすべての抽象概念は、理屈ではなく実践なんだろうなあ愛という単語をいくらこねくり回したって、愛しているという実感や愛されている実感はわかない愛している側の実践を通じて、自分は誰それを愛している。そして愛を受け入れる実践を通じて、私は誰それに愛されているという実感が湧くのだろうなあある意味、愛情表現を受け入れてもらえることによって、愛が育つのかもしれない愛情表現を受け入れてもらえないことは、まるで砂地に水をまくようなもので、虚しいことこの上ない感情は筋肉だという筋トレによって筋肉が育つように、ある動作をすることによって感情は育つ恋愛において、一番のネックになることは、想い人に恋愛感情を受け入れてもらうことではなく、自分の心変わりだというそうなのだいくらグリモア...すべての抽象概念は、理屈ではなく実践なんだろうなあ

  • インチキ外国語芸のやり方。

    おはようございます。外国語のものまねは各国の国際放送を聞いて喋り方を覚えることです。きちんと喋る必要はありません。適当に真似すればいいのです。いけもとはBCL少年だったので、海外放送をよく聞いていました。それでインチキ外国語ができるようになったのです。この手のことって、聞いて真似すればいいのです。英会話もそうです。東京だったら、中波810KHzのAFN(昔のFEN)を聞き流して覚えればいいのです。初学者にしてみればネイティブのあのスピードは高速リスニングです。ですから、ばかみたいに高い高速リスニング教材は必要ないです。聞き取ろうと思ってはいけません。聞き流して、発音やイントネーションなどを真似すればいいのです。そのうち聞き取れるようになりますから。朝っぱらから、インチキ外国語の話で申し訳ありません。そんなわけで...インチキ外国語芸のやり方。

  • ミカンの花、咲きました

    例の謎の苗ミカンの苗だとわかりましたミカンの花です香りも高きミカンの花でございます種を土に植えて良かったミカンの花、咲きました

  • ルヴァ様出番です!

    ルヴァ様出番です。最近知恵を悪用する悪辣なものが増えてきました。とここまで書いて、書くのをやめました。バイブルに出てくる姦淫の女の下りではありませんが、罪人を撃てるものは罪のないものだけです。ここで石を投げてしまえば、私はファリサイ派の人たちよりも、ひどい人間になってしまいます。だから書くのをやめました。ちなみにルヴァ様は、神鳥の地の守護聖です。言い訳までに書いておきますが、私は女性ではありません。ただ、今からずーっと昔、妹がアンジェリークというゲームで遊んでいたので遊んでいたので、たまたま記憶に残っているだけです。なぜ彼が記憶に残っているか?かつては私もルヴァ様と同じように、穏やかでお茶とせんべいと本が大好きな男だったからです。そんなわけでございます。以上、いけもと。ルヴァ様出番です!

  • 救いあう関係、許しあう関係。

    周囲の期待に完璧に応えないと、生きていく資格がないと思い込んでいた。こんな考え方であるから、完全主義者にならざるを得ない。そして私は自分にも完璧を要求し、周りにも完璧であることを要求した。自分が完璧でないことに怒り、周囲が完璧でないことを怒る。つまり、自分もNG、他人もNGという構えである。その構えの持ち主は、NGである自分を抹殺してみたり、NGでない周囲を抹殺しようとする。すなわち、自殺や無差別大量殺人へとつながる心理である。が、実は自分が完璧ではなくても、周囲の温かさによって、ここまで生きてきた自分がいる。完璧でなくても生きていける。そのために周囲の助力があり、自分も周りを生かすために微力ながらも力を貸してきた。その時に、完璧でないから救いあう救いの関係がクローズアップされ、完璧で自分たちを許しあう許しの関...救いあう関係、許しあう関係。

  • 武家政権なんてものは武家の武家による武家のための政治を執権する政権

    武家政権なんてものは、武家の武家による武家のための政治を執権する政権であって、武家階級の利益を保護するための執権組織に過ぎない。征夷大将軍なんてものは、単に武家村の村長みたいなもので、武家相互の利益の調整役である。そして名目上のシャッポとして君臨し、実務は執権だの老中だのが担当するのである。ただそれを声高に主張したらみっともない。だから北条政子は貞観政要で理論武装して、徳川家康はこれを天下に出版して、知識階級にそのセンスを植え付けたのである。そもそも武家は国家の暴力装置であり、幕府は暴力装置の政権。いわば軍事政権である。だからその正統性の担保として、天皇の将軍宣下が必要であり、理論的支柱として善政主義をとる必要があったのである。ちょうど、ヨーロッパの市民政権が、王権神授説に対抗する新しい理論的支柱として、自由平...武家政権なんてものは武家の武家による武家のための政治を執権する政権

  • 武家政権は武士階級の利益の代表と保護を目的とした政権

    武家政権が成り立ったのは、単に平安貴族よりましな政治を武士がしたからではない。頼朝や尊氏がやったことは、単に荘園という一大策源地にいる武装集団の利益を代表し保護する政権を作っただけに過ぎない。そう、市民革命時代のブルジョワジーが新進貴族と連帯して、絶対王政を倒し、自分たちの利益を代表し保護する政権を作ったように。ただ、それだけでは大義名分が立たない。よって、北条政子や徳川家康は儒学者に命じて貞観政要を読んだり、講義させたりして、藤原摂関政治や院政以上のよい政治をするんだというアピールをして、その政治をしたのである。だが、これには条件がある。隣国で戦乱が起こり、自国の戦乱に乗じてこれらの国が自国を振興しないという条件があるか、さもなければ、隣国が太平に流れ、自国を振興しないという野心家がいないときという条件のいず...武家政権は武士階級の利益の代表と保護を目的とした政権

  • 現実にキレる前に。

    頭のいい人は適応が早い。適応が早いから、我執の人でない限り現実に不満を持たない。もっと頭のいい人になると、その現実から甘い汁を吸うために仕組みを作る。実にうらやましい限りだ。心理学の実験を見てみよう。鶏と餌の間に金網を置くと、餌がほしい鶏はまっすぐ突進して、金網にぶつかる。が、犬は金網を迂回して餌にありつく。これが人間になると、野山を駆け巡らなくても食べ物にあるつけるように、畑を作って農耕したり、動物を牧畜する。現実が気にくわないと現実と議論を始める前に、まずは自分が何を求めているのか知るべきだ。魚がほしいのに八百屋に行く人はいまい。ところがある人々は、八百屋に何でも屋になれといって、その通りにならないとキレる。それに魚を買ってきても、刺身で食べる場合以外は、煮たり焼いたりしないと食べられたものではない。ところ...現実にキレる前に。

  • 我を張ったっていいことは何もない。

    神様は時々人知では計り知れないことをされる。もう年で動けなくなったときに、彼女さんを与えてくれた。若くてピンピンしているときは、門前払い三昧だったのに。まあこれも神様のご計画で、地上の全課程を修了しなければ、きっとあの世に行かせるものかと思し召しなのだろう。うん。これも神様の思し召し。我を張ったっていいことは何もない。そう、我を張ったっていいことは何もない。それが現実と議論しなくてすむこつのなのだろう。そんなことを思ったいけもとであった。我を張ったっていいことは何もない。

  • 成長への意思

    いつ頃からだろう?流されるように生きてきた。ところが急に成長の意思が出てきた。流されて生きるのではなく、自分の人生や環境を改善しようとする意思。なぜなら人生や環境を改善するためには、今の実力では足踏みどころか、後退していくからだ。人生のうち、半分は運命だが、残りの半分は自分でどうにでもできる。神や運命が私の人生を後援しているという考え方が、ニューソートの考え方だ。何やら自分の力ではどうにでもならない困難にぶちあたって、生きることを投げていたが、それではいけない。それに朱に交われば赤くなるという。私の悪癖を大事な人たちまで移してはいけない。むしろ私の良さで彼らをよくしていきたい。私自身、周りの人の良さが移ってこんな心境になったから。頑張るぞ!成長への意思

  • ポイ活があほらしくなった。

    ポイ活があほらしくなった。動画を見たりアンケートに答えたりするのに長時間拘束されて、二日で一円ぐらいしか稼げないなんて!それにポイ活している自分の姿を想像していたら、「ああ、俺はなんとさもしい男なのだろう?」と反省し、「てつこう。おまえそんな自分を浅ましいとは思わないのか?」との良心の声も聞こえてくる有様だ。そもそも消費者サイドにしてみれば、ポイント還元する分、安くしろといいたい。どのみち業者はポイントをつけても儲かっているのだから!などとこれまたさもしいことをいっている。そういえば同志ХБЙКが「貧すれば鈍するになっちゃだめだよ。」と、私にアドバイスしてくれたが、長の貧乏暮らしで鈍してしまった。うん。心を入れ替えて富んで鋭くなろう。そんなことを思ったいけもとであったポイ活があほらしくなった。

  • メンタル科の門をたたく前に

    よく、蒸し暑い日に赤ちゃんや小さな子供がむずがることがある。そんなときに蒸しタオルを作って体を拭いてあげると泣き止んで喜ぶ。そんな感じで、何やらイライラするときには、心身に不調がないか調べてみるとよい。絶えず幻聴に悩まされている人の魚の目を切ったら、幻聴が消えた話や、歯のかみ合わせを治したら、幻聴が消えた話を聞いたことがあるからだ。なお、心身の不快感が妄想につながる場合もある。外罰的で批判力のない人が心身の不調を感じると、これは誰それが呪っているとか、誰それが念を飛ばしている。などという言動をして、妄想を持っている人だと思われる可能性もあるからだ。すわ、メンタル科。と、メンタル科の門をたたく前に、話をよく聞いてくれる先生に見てもらうとよい。我々人間は、まずは物理次元に生きている存在なのだから。メンタル科の門をたたく前に

  • なんかネットが重かった。

    なんかネットが重かった。Wi-Fiのチャンネルを変えたり、暗号を変えたりしても、ネットが重くて使い物にならなかった。が、Wi-Fiのドライバをリストアして再インストールしたら、ネットが軽くなった。ウィンドウズ10から11にアップデートしたので、ドライバが書き換わったのだろう。そんなわけで今は羽の生えたようにネットが軽くなった。これは余談であるが、マイクロソフト製のWi-Fiのドライバには脆弱性があり、多分、そのセキュリティホールを突いて、私のマシンが誰かさんのプロクシサーバーになっていたのだろう。全く困った話だ。なんかネットが重かった。

  • 謎の芽の蕾

    謎の芽の蕾がこんなに膨らんできましたこれです早く咲きますように謎の芽の蕾

  • 私の体にコーヒーが合わなくなってきたようだ。

    私の体にコーヒーが合わなくなってきたようだ。飲むと怒りっぽくなり、胸焼けがするのだ。元々私は日本茶が好きで、やぶきた品種の深蒸し芽茶を飲んでいたが、先輩のハローさんと近所のジョナサンに行くようになってから、コーヒーを覚えたのだ。さて、今まで飲んだコーヒーの中で、一番おいしかったのは、今はもうないが、西武池袋線江古田駅の踏切近くにあった珈琲館のブルーマウンテンだ。あれは香りがよくてうまかった。が、それ以来うまいコーヒーは飲んでない。話は変わるが、今日は寒い。昨日まで初夏の日差しがさんさんと降り注いでいたのに、いったん曇りになると、こうも肌寒いのだから。急な気候の変化で体に影響が出てくる人もいるかもしれない。何か温かいものを飲んだり食べたりして、温まってくださいね以上、あばらやホームの固定でいけもと。私の体にコーヒーが合わなくなってきたようだ。

  • 最後の審判を恐れる白人!

    最後の審判を恐れる白人!そりゃそうだあちらこちらでやりたい放題やったのだから死者が復活して、彼らの仕返しを一番恐れるのは、白人クリスチャンだろうそれと売国非白人クリスチャンも(wそれでネットでゾンビ皆殺しゲームが流行ってるのね彼らも復活した人々だからね死者は極楽やパラダイスで大人しくしてなさい以上、密厳国土でいけもと最後の審判を恐れる白人!

  • 最近増えた商人。

    最近増えた商人。カスハラって言葉がはやってから、勘違いした頭の高い商人が増えましたね。売り手も買い手も対等っていうんだったら、もう少し腰を低くしましょうよ。最近増えた商人。押し売りだか何だかわからない商人。こんなのはすぐに警察に110番しましょう。押し売りですから。最近増えた商人。サービスしないサービス業。そのくせサービス料はきちんととるんだから、お笑い草だ。最近増えた商人。商品売らずに、喧嘩を売る商人。商人は客に利益を与えてこそ対価がとれる。喧嘩にお金を払うお客はいません。そんな商人は店にいないで病院に行きましょう(w最近増えた商人。

  • 五月のそよ風

    今日みたいな天気のいい日は、近所の公園に出かけてシートを敷いて、日向ぼっこ五月のそよ風はみどりのそよ風土の香りが鼻に心地いい今日はお父さんの命日きっとお父さんも五月の風の心地よさを、みんなと一緒に味わっているのだろうなあれだけ苦労したお父さんだから、いいところに生まれ変わって、生きる喜びを楽しんでほしいなあ五月のそよ風はみどりのそよ風土の香りが鼻に心地いい五月のそよ風

  • 謎の芽に蕾が!

    今朝、例の謎の芽に🌱なんと蕾が!これですやっぱり、ゴミとして捨てられる運命を免れ、生きながらえたことを喜んでいるのでしょうねそんなわけでございます謎の芽に蕾が!

  • 今日は五月五日。こどもの日にして立夏でございます。

    今日は五月五日。端午の節句、こどもの日にして、なんと立夏でございます。何やら沖縄は昨日の雨で梅雨に入った模様。梅雨と言えばカタツムリ、そういえば先月の下旬、雨上がりの路上で大きなカタツムリを見ました。道路をはって歩いていたので、車にひかれてはかわいそうだと思い、急いで日陰の草むらに逃がしてあげました。スマホで撮影すれば良かったのですが、後の祭り。それにあいつらは人体に有害な寄生虫を持っている場合があるので、近所の公園の手洗い場で急いで手を洗いました。人は約束を違えても、季節はきちんと毎年毎年やってきます。そして季節の草花や季節の生き物で、人間に風情を感じさせてくれるのですねえ。いやなことがあって死にたい消えたいと思っていても、こんな神様の季節の贈り物でおおよろびし、神に感謝をするのですから、現金なものです。そう...今日は五月五日。こどもの日にして立夏でございます。

  • 本当のご利益。

    人間生きていると、これまでの自分の知識や経験では対処できないことに出会う。その時、神仏や周りの人たちの力で生かされていることを知り、独りよがりな人生観や世界観が百八十度変わる。実際問題、今年の二月は親が危なかった。そんな時に周りの人たちが力を貸してくれたおかげで、いま、こうやって親も我々兄妹も生きている。そして大変な時だからと、ハローさんを筆頭とする近しい方々も、会うのを我慢してくれた。(ありがとう、みんな!)まだ父親のお墓がある先々代の住職さんのような心境には達しないが、これも神仏の救済の計画なのだろう。(老いの身を、阿弥陀の船に、丸預け。)神様は絶えず私にこう言っておられるに違いない。「おい、てつこう。まだ我の力で生きていると思っているのか。その我の力ですら、われらの与えるところなんだ。」と。だとしたら、お...本当のご利益。

  • 自己紹介の字(あざな)を消しました。

    五月三日憲法記念日。今日のお江戸もファインデー☀夕べ十時頃シャワーを浴びたら急に眠くなり、布団の中に入ったら五十六歳マジの熟睡。起きたのは今朝の四時十四分。(よいよ)の時間でございます。さて、自己紹介の字(あざな)を消しました。今まで奸匪(かんぴ)と名乗っていましたが、これは大陸ではずるがしこい悪党という意味ですから、はなはだ良くない。言霊の力で本当にずるがしこい悪党なんかになるのはいやですから、自己紹介欄から削除しました。そんなわけでございます。以上、いけもと。自己紹介の字(あざな)を消しました。

  • 素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。

    今日は四月三十日。今日のお江戸はファインデイ☀とても気持ちの良い快晴でございます。うちの前にある生垣のつつじは、今が盛りと咲き誇っています。今日は七十二候の牡丹華。あ、牡丹の季節なんですね。花が咲いて緑燃える春は過ぎ、命の炎が輝く初夏。とても気持のいい季節でございます。皆様、素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。

  • 金持ちけんかせず。

    金持ちけんかせず。おぼろげながらその意味がわかってきました。先日アマゾンで本を買って失敗し、返品を申し出たところ、快く返金していただきました。ここで法律論を持ち出して返品に応じず、それによってお客をアンチアマゾンにするより、快く相手のいうことに応じ、次回以降も顧客になってもらった方がいいとの判断なのかもしれません。中学時代、田舎で利用したある本屋を思い出しました。その本屋は返品に応じず、代わりに金券をくれるのですが、確かにその本屋は大きくなり、ライバルの本屋を倒産に追い込んだようですが、田舎は狭い村社会です。「あの本屋はがめついんだっち。さすがに丸々まけだわ。くせ悪く老舗のなんとかをつぶしたようだが、いずればちはあたっぺ。」との噂が広まるのが落ちでしょう。閑話休題。母方のおばあさんの「馬鹿に触るな野糞に触るな。...金持ちけんかせず。

  • 一般方向は大きな政府!

    気が付くべきだ。安倍晋三氏も岸田文雄氏もやろうとしていることは野田内閣当時に三党合意で確定された、大きな政府路線だということを。大体、本気で財務省が均衡財政を狙っているなら、第二次阿部内閣以降の予算案など組むわけがない。むしろ、神代の昔から連綿と続く気象の歴史から見て、そろそろ、災害が続くと判断して、消費税増税、赤字国債乱発などで予算規模を大きくし、対応しているのだ。なぜなら民間の保険でこれらを賄えば保険会社は倒産するし、第一、民権思想で鼻息の荒くなった国民に、自助努力で何とかしろと言ったら、乱がおこるからだ。閑話休題。マジで自公・国立(旧民主党)の一般方向は、三党合意で確認された、大きな政府の樹立だ。そんな筋が見えます。一般方向は大きな政府!

  • 真の黒幕

    戦争をやるたびに儲かる国。それが存在することが見えないと、真の悪党がわからない。日本円攻防戦争!加工貿易時代の円高。内需拡大時代の円安。通貨市場における日本いじめがすさまじいわね。この真の悪党は、ミセスワタナベと呼ばれている、有閑FX投資家よ♪新型コロナ戦役。最前線で戦っている方々には申し訳ないが、儲かるのは、医療資本と衛材資本だ。ロシアウクライナ戦役。これはまんべんなく各産業が儲かる。悲しいねえ。プーチンやゼレンンスキーの強き言葉に民は喜び、血で血を洗う抗争に明け暮れる。バックでウマウマと儲けいている金融資本や産業資本がいるのに。かつてはマルキシズムを信奉した国なのに、資本の運動法則もわからないロシアやウクライナの民たち(w真の敵は国際資本家連合であることが見えなくて、目に見える当時下が悪党だと思ってけつかる...真の黒幕

  • 隊長の言葉「人の痛みがわかる人になりなさい」

    いざというときに行動の善悪を決めるのは、自分の品性や良心である。どんないい実践倫理を学んだところで、そんなものはつけ刃で、急場の時は地が出る。小さい頃はテレビのギャク番組を見て、人をおちょくるのは楽しいものだと思っていたが、最近ユーチューブでひとをおちょくっている番組の冒頭を見て、これはみっともないことだと思った。いくら親や学校の先生に叱られても、本人が楽しいと思っているうちは、その手のいたずらはやまない。が、ひとたび自分の痛みをもとに人の痛みを察するようになれば、そんなことはできなくなるし、ほかの人がやっているのを見て、それはみっともないことだと思うようになる。昔カブスカウトの隊長さんに「人の痛みがわかる人になりなさい」と、寄せ書きに書いてくださったのを思い出す。隊長、ごめんなさい。やっと隊長のおっしゃる意味...隊長の言葉「人の痛みがわかる人になりなさい」

  • 命輝く新緑が美しい初夏。

    母が退院して今日で十日目。なにやらバタバタした一週間が終わり、やっとみんな落ち着いてきました。なにやら心のほうが落ち着いてきたので窓を開けて外を眺めると、もう新緑の季節。家の前の生け垣ではツツジの花が咲き誇っています。昔だったら自転車に乗って近所のつつじ公園に行き、咲き誇るツツジを見ながら、コンビニで買ったおにぎりとお茶で気分転換するんでしょうね。そうだ。河川敷はどんな感じだろう?よもぎを取るのはもう遅い季節かな?ノビルをつんで球根をよく洗い、削り粉と味噌を混ぜたものにつけて、あのピリっとした味と香りを楽しむのもいいかもしれませんね。よく母親が近所からつんできて、そうやって食べさせてくれました。優しい春が来て、命輝く新緑の美しい初夏。初夏が来ると、母方の祖父や祖母、そして父の命日が待っています。コロナ禍でお参り...命輝く新緑が美しい初夏。

  • ロシアウクライナ戦争は、このように進んでいくのではないか?

    ロシアの蛮行はウクライナの民の戦闘意欲を徹底的に粉砕するまで続くだろう。中途半端なところで停戦をしても、ウクライナの民のロシアへの敵愾心が覚めることはないだろう。そう、アメリカが艦砲射撃や絨毯爆撃、そして原爆投下で日本の連合国への敵愾心を徹底的に粉砕したように、ロシアも徹底的にウクライナの民の抗戦意欲を破壊し尽くすだろう。そしてウクライナ人のロシアへの反抗心を破壊し尽くしたあと、ウクライナ東部二州を自国に併合して、ヤゾフ大隊やそのシンパたちを粛清して、プーチンは戦争目的を達成すると、私は読んでいる。だがプーチンの本当の狙いは、自分が病で倒れる前に、帝政ロシアの時代から続くロシア大元帥(ソ連邦大元帥)の称号がほしいのであろう。彼の国では、寸土でも領土を広げれば、その報酬として大元帥の称号が得られるからだ。実はスタ...ロシアウクライナ戦争は、このように進んでいくのではないか?

  • Kindle版の漫画リコカツ全二巻を買ったよ。

    去年の今頃テレビで見ていたリコカツの漫画をKindle版で買いました。ドラマで見ていたときもそうでしたが、漫画を見ても涙が流れてくるのです。去年の今頃は金麦を飲みながらテレビを見ていて、涙を流していましたが、今、朝のこの時間にしらふで漫画を見ても、涙が流れてくるのです。それも最初の二三ページを読んだだけなのに。この漫画はタイトルだけで私の涙腺を決壊させる何かがあるに違いありません。なんか私の頭の中で、一度離ればなれになっても、またどこかで巡り会う。そんなシナリオが頭の中にあるのかもしれません。閑話休題。やっぱり永山瑛太さんと北川景子さんの演技が、何か私の心にしみるものがあったでしょうね。この記事が書き終わったら、また、読んでみることにします。以上、あばらやホーム固定から、いけもと。Kindle版の漫画リコカツ全二巻を買ったよ。

  • 今年初めてのツバメを見ました。

    今朝、親の通院のために送迎の車を待っている間、外で待機していました。そのとき、今年初めてのツバメを見ました。雛のために夫婦で餌をとっているらしく、ちょっと大きめの雄が飛んでいった後に、小さな雌が巣の方に飛んでいきました。私と妹は見たのですが、親は見られませんでした。でも、親もそのうちツバメを見る機会があるでしょう。こうやって安心してツバメの夫婦を見ることができるのは、平和だから。戦乱のさなかにある地域では、命を守るのが必死で、春の訪れを味わうゆとりもありません。我々のために平和を守ってくださっている方々に感謝!今年初めてのツバメを見ました。

  • 戦勝将軍は武装解除して謹慎せよ。

    兵法経営家の大橋武夫氏は、源氏は敵を愛することを知らなかったというが、それはおかしい。確かに平家残党を生かしておけば、後白河法皇に乗じられる隙は見せなかったと思うが、だらだらと内戦を続けて国内が荒廃すれば、民が疲弊する。そうすれば荘園を守護する武士の評判や面目は失墜し、一揆がおきる。ゆえに源氏は一気に平家を打倒する必要があったのである。さて、戦勝将軍は武装解除して謹慎しろと、大橋武夫氏は書いている。それは私もそうだと思う。義経はかつてお寺で育った成育歴を利用して「私は多くの平家将兵を殺した。安徳天皇を筆頭とする平家の公達の菩提を弔いたい。」と言って出家謹慎すれば、さすがの後白河法皇も嫌とは言えなかったと思うし、下手に官位を与えられ、兄頼朝の勘気を被ることもなかったと思う。後知恵ではあるが。戦勝将軍は武装解除して謹慎せよ。

  • 皇室や皇族は芸能人ではない。

    皇室や皇族は芸能人ではない。なのに最近のマスコミを見ていると、皇室や皇族の方々をあたかも芸能人のように扱っている。まずあの方々を芸能人のように扱うと、痴れ者が勘違いして敬意を払わなくなる。根本尊敬の対象を侮るようになったら、これはおごり高ぶった子供の群れと同じで、何をしでかすかわからない。それは国民のためによくない次にあの方々は生身の人間である。実際問題、メディアやネットでフルボッコにされて愉快な人たちはおるまい。それはあの方々も同じだ。あの方々は反論もしないで、じっと耐えておられるのだ。私は一人の人間として実に胸が痛む思いだ。第三にあの方々をそのように扱うということは、我々をもそのように扱ってもよいことになる。それはあの方々や我々のためにもよろしくないことだ。まあ、こうやって私がメディアに腹を立てているのであ...皇室や皇族は芸能人ではない。

  • 目立てば儲かる芸能界!

    ネットではやりの炎上商法。これを現実世界でやったらどうなるだろう?あなたの悪口言いますね。それで儲かったら、あなたにも少しお金をあげます。こんな約束を交わして、大々的にネットでたたく。そしてそれをメディアが放送して、さらにネットが炎上してPV数が上がる。そして八百長たたき役と八百長たたかれ役がウマ~。特に芸能人は目立ってないとおまんまの食い上げですからね。このことについて誰のことだとはいいませんが(wあほくさ~もうメディアからはじゃあ・バイ・元しましょう。では~、じゃあ・バイ・元目立てば儲かる芸能界!

  • 頑張るマン体操(手足の屈伸)

    なんか最近、頭や体に鉛が詰まったようになり動けなくなり、これは何だと思いました。これは運動不足だと思い、母親に教えてもらった頑張るマン体操という体操をやってみました。曰くこれ。この動きを二十五回繰り返します。なんか重苦しい感じが少し楽になりました。いい気分転換になりました。頑張るマン体操(手足の屈伸)

  • 例の芽

    例の芽、ここまで大きくなりましたやっぱりみかんの🍊芽なので🌱しょうか?これですいろいろな果物の種を蒔いたのでわかりませんそんなわけでございます例の芽

  • 宗教や政治はネズミ講

    宗教なんて、甚だ主観的な「幸福」。それを商品とするネズミ講じゃねえか。何で宗教は若い人をターゲットにするか?五十のおっさんおばさんをカモにして、八十まで金をむしり取るとして、三十年。バイトで稼げるようになった十代後半の兄ちゃんや姉ちゃんをカモにして、八十まで金をむしり取るとして、六十年弱?それだけの時間、うまい汁が吸えるのでございます。政治も全く同じ。あれだって仲間内だけ喜ぶ「ユートピア」を売り物にするネズミ講。党費だカンパだ。それで巻き上げるお金も、若いやつを党員にすれば、死ぬまで一生。年取ったおっさんおばさんを党員にすれば、上に同じ。それにじいさんばあさんになったら、医療費だ介護費用だとそっちにお金が回るから、お布施やカンパに回るお金は減るもんね。そんな団体に入って、金を巻き上げられて、上位者にマウントされ...宗教や政治はネズミ講

  • 令和四年四月十五日の記事。

    今日、おかげさまで母が病院から二ヶ月ぶりに退院しました。その間、いろいろなことがありました。改めて人の情けが身にしみてわかりました。本当に感謝です。久しぶりに家族三人で食卓を囲み、久しぶりに家族三人そろった夜が過ごせて、本当にうれしいですでは、おやすみなさい。令和四年四月十五日の記事。

  • 二十一世に生きる文明人として。

    ネットニュースを見ていた。ネットのコメントサイトを見ていた。感想。これがとても二十一世紀に生きている文明人のやることとは思えない。そうなのだ。いくら外側の環境が文明化されても、肝心の人類のおつむの中が、野蛮人でどうしようもない。外側の環境の文明化より、肝心のおつむの文明化を図ろうではないか。さて、矛盾するようだが、人間は獣性を持っている。時々法律上許されている遊びやセックスなどで、獣の部分も満たさないとおかしくなる。攻撃衝動、セックス衝動、群れる衝動、感情解放の衝動、そして聖なるものと結びつく衝動。これらの衝動だ。これらの獣性を一律禁止するからおかしくなる。それで時々野蛮人もこんなことをやるまいという記事が、新聞の三面や週刊誌のトップ記事として、耳目に飛び込んでくるのだ。さて、今日はこれからいろいろやることがあ...二十一世に生きる文明人として。

  • 今日限りこのことを悔い改めて生きることにしよう。

    なぜ今まで他人に迎合して自分を変えようとしていたのか?そしてなぜ他人の顔色をうかがっていい顔をしなければならなかったのか?周りを見回して俺に迎合した人はいただろうか?周りを見回して俺の顔色をうかがっていい顔をした人はいただろうか?皆無である。そもそも自分で対等な人間関係を放棄して、人の顔色をうかがって迎合し、怒りの子になって絶えず不機嫌さを身近な人にまき散らしていたのでは、人生の本末転倒だ。そんな単純なことがわからなくなるほど、私の他者化は進んでいたのだ。そんな意味で私の葛藤は、内面化された他者と本来の自己との葛藤の産物だったのかと思う。本来の自己を圧迫するような内面化された他者が、果たして自分の味方だろうか?その応えは断じて否である。そんな人間観があるのであるから、人付き合いが楽しいわけがないし、他人に迎合す...今日限りこのことを悔い改めて生きることにしよう。

  • 鞄を修繕してまた使うことにしました。

    ここのところ、家族の健康問題でバタバタしてました。やっと目鼻立ちがついたので、ほっとして一息ついているところです。彼女さんとのデートの時に新しい鞄を買い求め、底が破れた古い鞄を処分しようと思ったのですが、考えを改め、破れているところを糸で縫って、また使うことにしました。もちろん新しい鞄は、それなりの場面で使わせていただきますね。その鞄は、家族と西新井大師に行く途中、JR赤羽駅前の露天商から買い求めた鞄で、かなり気に入ってました。そういった思い入れのあるものは、そう簡単に捨てられません。昨今、断捨離なんて言葉がはやってますが、それは長く使える古いものを処分させて、新しいものを買わせようとする販売戦略なのかなあと思いました。例えばリサイクル料金、例えばフリーマーケット。業者は下取り料金がかからなくてすむんだから、そ...鞄を修繕してまた使うことにしました。

  • 忘れていた神の恵み。

    朝、ベランダに出て周りを見回してみた。そしたら鳥が歌い花が咲いていた。どんな寒い年にも温かい春が来て、どんなにあつい年でも涼しい秋が来る。これは何だろうと妹に話したら、それが神様の恵みだといった。そうか。神の恵みか。私の命も神様の恵み。日々の入り用の糧も神様の恵み。それを忘れてちょっと意に反する出来事が起こると、死にたいなどと口走ってみたり神様を罵る私は実に忘恩の徒であった。神様。すみませんでした。人間関係もそうであろう。ちょっと意に反することが起きたら、今までの付き合いを忘れて激怒し、簡単に交わりをたってしまう。それはよくない。何やら二千十九年の年明けから、傲慢になっていた私であった。きっと朝の景色と妹の言葉は、そんな私をいさめる神様の働きだったのだろう。そんなことを思ったいけもとだった。忘れていた神の恵み。

  • 頼朝公の義経討伐の真の狙いについての考察。

    今、NHKの大河ドラマで、鎌倉殿の十三人がはやり、頼朝公にスポットライトが当たっているようだ。頼朝公の義経討伐の真の狙いは、後白河法皇に対する権勢だったと思う。法皇は義経に官位を与え、頼朝公討伐の宣旨を与えて義経公を討伐するつもりだったんだと思う。ブレーンにその筋を伝えられた頼朝公は、その筋を潰し、後白河法皇を威嚇するために、やりたくもない義経討伐を家来に命じたのだと思う。実際義経が討伐されたのかどうかは知らない。ただ、平家が打倒され、義経が討伐されてしまえば、後白河法皇側が頼みする肝心な武力はない。そうやって、後白河法皇側の機先を封じたのだと思う。昼のつれづれにそんなことを思ったいけもとであった。頼朝公の義経討伐の真の狙いについての考察。

  • 逃げるのは恥ではありません。

    いじめの標的になる。そういう体験が続くと言うことに対して、いじめられる側が罪悪感を持つ必要があるでしょうか?いじめる側は、決してあなたを「いじめた。」とは言いません。それどころか、あなたの「悪行に対する糾弾と制裁だ。」などとうそぶくのですがね。彼らの言っていることは一見筋が通っています。だから表立って逆らえない。が、そんなへりくつを押しつけて、人をフルボッコにしていいわけはありません。彼らは自分の攻撃衝動を正当化して、人を虐待するサディストと呼ばれる変質者なのです。あなたがマゾヒストでないのであれば、そんな変態の側から即座に離れるべきです。直ちに。勝てば官軍なのが、世の常です。彼らは自分たちの不当な衝動をあなたをやっつけることによって正義にすり替えようとする悪党です。傷が大きくなる前に逃げましょう。逃げることは...逃げるのは恥ではありません。

  • ノーサイドなきアウェイ。

    アウェイ感について書いてみましょう。アウェイ感を与えるのは、はじめは場所ではありません。人です。人に対してアウェイ感を抱いて、そして場所にアウェイ感を抱くのです。そしてノーサイドが決してない。永遠に続くように感じられるアウェイ感。それが私を苦しめるのです。永遠に続くアウェイ感。それでは安らぎやくつろぎなど得られるはずもありません。ほしいよ、ホームが。ホームがほしい。誰のそばなら安らぎが得られるのだろう?どこなら武装解除してくつろげるのだろう?と、ここまで書いて、マジで悲しくなりました。我々の居場所はどこなんでしょう?そこでの役割もいじめられっ子なのかな?いやだな、それ。そんな思いの蓄積が、ある人を怒りの子にさせ、ある人を今まで割を食っていた分、おいしい思いをするぞと過大な要求をする人に変えていくのです。目が覚め...ノーサイドなきアウェイ。

  • 動物園からの帰り道。

    (猿山の猿)万物の霊長だとうそぶいてみても、所詮、順位制と縄張りを持った動物たちと何の変わりもない。集団という群れの中で、順位と縄張りをかけてけんかする姿は、動物園の猿たちと何ら変わりがない。中にははぐれざるというお猿もいて、集団にいると虐待されるから、餌場の辺境で微々たる餌を拾い食いして生きている猿もいる。動物園の動物たちも、人と変わりないのだなあ。(放し飼いにされた獣たち)3.11の時、避難生活を送る農家の人たちが、食べ物に困らないようにと、家畜やペットを放し飼いにしたそうである。そのとき、立ち入り禁止区域の境界線で警戒しているお巡りさんのところに、放し飼いにされた牛とか馬とかがやってきて、お巡りさんに甘えて、満足するとまた、立ち入り禁止区域に戻っていくそうだ。これらの生き物たちは、食べ物がほしいのではない...動物園からの帰り道。

  • かけてあげましょう、お釈迦様。

    今日はお釈迦様のお誕生日。お寺では、花祭りの準備をしているのでしょうね。かけてあげましょう、お釈迦様。そう言ってお釈迦様の仏像に、甘茶の煎じ汁をかけていた子供の頃が懐かしい。最近、イエス様のお誕生日を祝うことばかり皆さん関心があるようですが、お釈迦様のお誕生日を忘れてはいけません。今日、暇とご用のない方は、近所のお寺でお釈迦様の仏像に甘茶の煎じ汁をかけて、お釈迦様と縁を結ぶのもいいかもしれませんよ。かけてあげましょう、お釈迦様。

  • やさしい春がきた!

    今日は役所四カ所周りをしたので疲れましたそれと、アスファルトやコンクリートの上を歩いたので、足腰も痛いよって屋敷周りの土の上を歩きました草花も咲き誇っていましたよこれは花韮これはタンポポこれは山吹「七重八重、花は咲けども、山吹の、実の一つだに、無きぞ悲しき」太田道灌手ブレがありますが、これは雪柳これはアセビそしてオーラスは日本の国花さくら🌸ですつらく悲しいことがあった皆さん寒い冬の後には、花が咲き鳥が歌うやさしい春が必ず来ますからねそれまで待っていてくださいねやさしい春がきた!

  • ここまで大きくなりました

    謎の芽🌱ここまで大きくなりましたこれですやっぱりみかんの🍊芽なのかな🌱もう少し育たないとわかりませんここまで大きくなりました

  • 神の冥加。

    二月の十日あたりから、母親の具合が悪くなり、十六日に大病院に救急搬送した。それから約二月。やっと退院の目星がついた。さて、母親の闘病や周りの人たちの我が家に対するフォローを見ているうちに、もし母親の生きようとする意志や力がなかったら、もう泉下の人になっていたかもしれないし、周りの人たちのフォローがなかったら、我々親子は家を追われて路頭に迷っていたかもしれない。母親の生きようとする意志と力には脱帽するが、それ以上に痛感したのは、周りの母や我が家を生かそうとする意志と力である。この、自分たちを生かそうとする意志や力に感激して、昔の人は、これを神と呼んでいたのだろう。今まで人の運命を決定し、罰を与えご利益を授ける存在が神だと思っていたが、(もちろんこれ神の働きなのだが)、この、自分を生かそうとする力に気づいたとき、神...神の冥加。

  • 誰なんだ!日本の米と野菜と魚を食えないようにした本当の悪党は!

    私は頭が固いのであろうか?いくらロシアに経済制裁をかけても、全く意味がないと思うのは。ロシアは資源が豊富な国である。ぶっちゃけ鎖国をしても食っていける国なのである。そんな国に経済制裁をかけても意味はないと思うのだが。実際問題、1917年のソビエト革命から一国社会主義でずーっと国家を維持していた国である。もちろん、ヨーロッパの穀倉地帯と呼ばれる、ウクライナをソビエト同盟の一員に入れていた効果もあるのであろうが。(これは余談である)チェルノブイリ原発事故は、アメリカの陰謀であるという噂が高い。なぜなら、ヨーロッパの穀倉地帯と呼ばれるウクライナを核汚染すれば、次善の策で、アメリカの穀物を輸入するしかないからである。従って儲かるのは、アメリカの穀物資本家である。(以上余談終わり)上の意見は言いすぎであろうが、ウクライナ...誰なんだ!日本の米と野菜と魚を食えないようにした本当の悪党は!

  • メディア教には本当にご用心を!

    ミームの大量宣伝装置+ミームの培養拡散装置=メディア。メディアのうち強力なのが、耳と目という二大資源を釘付けするテレビ、そして、理性の働かない仮想空間とされるインターネットである。特に動画サイトなんてものは、テレビ付き掲示板なのだから、これを利用しない手はない。恐ろしいことに、アーカイブに残しても、この手の情報は「削除や修正」が聞くので、実に便利なツールである。心理学の知見と物書き、そして役者さんが結びついたら、その効果は計り知れないものがある。そうそう、最近のコンピュータグラフィックは、本物の録画と寸分違わない動画まで作れるそうだ。スパコンのチカラはすさまじいものがありますね(wそんなわけでございます。皆さん、新しい宗教、メディア教には本当にご用心を!メディア教には本当にご用心を!

  • 一言ブログ

    足下を見ろ。足下に明日の雇用すらわからない労働者がいるのに、何が難民受け入れだ。他の国の民より、自分の国の民を食わせるのが先決だろう。内閣総理大臣岸田文雄氏足下を見ろ。トモダチ作戦の米兵より、水をバシャバシャ投入しに行った、警視庁機動隊員や東京消防庁職員の方が大事だろう。それと、あのとき災害出動で派遣された自衛隊員も。元内閣総理大臣小泉純一郎氏金の使い方がわからん奴らに、大金を持たせるとろくなことにならない。八パーセント、十パーセントの消費税を持たせたえせ為政者どもは、ろくな金の使い方をしない。豊かさの管理ほど難しいものはないと行った、兵法経営の大橋武夫氏の言うとおりだ。財務省主計局長・主税局長殿。あなたは牧民官より、役所の企画係が向いてるなあ。少なくとも権力がない分、役所の職員や府民を振り回さずにすむからな。...一言ブログ

  • ビーナスフォート

    二十七日に彼女さんとお台場のビーナスフォートに行きましたこれですビーナスフォート

  • テレビなんて見ねえぞ、ミームの拡散培養装置だから!

    ウイルスが宿主を選ぶように、ミームも宿主を選ぶ。元来人は、自分の知りたいことしか見聞きしないから。疑うなら自分がフォローしているブロガーの傾向を見てみるとよい。大体自分好みの記事を書くブロガーさんをフォローして、水と油の記事を書くブロガーさんなんてフォローしていないから。そもそも自分の気質や性格に合った記事を読んで、自分の意見を形成するのが、人の常だ。そしてウイルスが細胞内で増殖して、細胞を破って遺伝子をばらまくように、この手の人物もミームを読んで意見を形成し、そしてミームの遺伝子をばらまく。そしてそれが世論を形成して、雪だるま式に多数派になり、そういった人々の圧力によって、政治経済が動くようになるのである。実はこれは、民衆の望みではなくて、ミームをばらまいた人の望みなのであるが(笑い)。どうやら、令和の時代は...テレビなんて見ねえぞ、ミームの拡散培養装置だから!

  • ここまで仲間がふえました

    例の謎の芽🌱ここまで仲間が増えましたなんの芽🌱かわからないけど、頑張って育ってねここまで仲間がふえました

  • 祖師谷公園での花見

    昨日、彼女さんと祖師谷公園に行ってきました写真ですこんな感じです祖師谷公園での花見

  • なんの芽なのだろう?

    なんの芽なのだろう🌱この芽🌱は植えた種は、みかんと梨とさくらんぼ🍒の種色々植えすぎて、何の種かわかりませんもう少し大きくなるのを待ちますねなんの芽なのだろう?

  • ペットの鳥の思い出。

    手乗りインコを飼っていた。彼らは私を仲間だと思っていたようだ。彼らは鳥かごから脱走し、あるものは空を飛んで、あるものはペテペテ歩いて、私の部屋までやってきて、私の姿を見て満足して帰って行った。特に私になついていた鳥は、私の左つま先に止まって毛繕いをして、寝てしまうのであった。その頃私は病で自宅療養していた。周囲の力もありがたかったが、物言わぬ小さな仲間たちの気持ちもありがたかった。そんな鳥たちも、みんな虹の橋の向こう側に行ってしまった。ふと、彼ら小鳥のことを思い出した、午前九時台であった。ペットの鳥の思い出。

  • 売り手買い手が対等だというのなら。

    変な時代になったもんだ。客が店主様、店員様に気を遣わなければならない時代。こんな時代のそんな商慣習の中で、何が消費者主権だといいたい。今でも幕藩体制時代の士農工商の考え方を地で行く客もいるだろうが、そんな客はまれだ。あくまでも売り手買い手は対等だと主張するなら、店主様、店員様になってはいけない。なんかモンスター顧客とかという言葉がはやってから、頭の高い店主様、店員様がはびこる、くそ生意気な店が増えたので書いてみた。売り手買い手が対等だというのなら。

  • 私の腰痛の原因は、自分自身に対する怒りだった。

    私の腰痛の原因は、自分自身に対する怒りだった。表面の心では責任転嫁してみたり、言い訳をしてみても、奥底の心、いや、ハイヤーセルフには、それは通じなかったようだ。今日、あることがきっかけで、悔い改めをした。その内容は書かずにおこう。それをした後に、腰痛は消え、歩けるようになった。悔い改め、すなわち心からの反省と、行動変容。ある人に対する罪悪感と自分のいい加減さに対する反省。そしてそんな自分を変えようと思ったこと。それが私の腰痛を消してくれた。私の腰痛の原因は、自分自身に対する怒りだった。

  • 五十六歳、マジの妄想PART2

    メディア(ネットも含む)から垂れ流されるニュースドラマをいつまであほづら下げて盲信していればいいのかなあと、自分で自分にツッコミを入れました。実は日本には、その気になればまだ石炭がたくさん眠っているんですよ。北から見れば夕張炭鉱とか、常磐炭鉱、そして九州の三池炭鉱ですか?切り札として、名通産次官の佐橋滋さんがとっておいてくれたんですよ。後の日本の国難に対処するためにね。メディア受けのいい、環境少女・グレタちゃんやその一味シンパのいうことなんか聞いてないで、また国内の炭田に手をつければいいんですよ。そうすればエネルギー資本演出の、ウクライナ問題に、日本が流されずにすむ。親分のアメリカが、中国大好きの民主党政権ですからね。だからでしょう。ロシア叩きムーブメントが始まったのは。東日本大震災の復興は、遅々として進まず、...五十六歳、マジの妄想PART2

  • 五十六歳、マジの妄想。

    ポツダム宣言受諾の背後には、国体護持の密約があったのではないだろうか?いけもとはそう確信する。大体上皇陛下の皇位譲位にしたって、あれは憲法にも皇室典範にも規定のない、超法規的なお振舞である。そんな超法規的な行為が許された背景には、ポツダム宣言受諾時において、国体護持が連合国との合意事項にあったのではないかと思慮される。そうだとしたら、昭和天皇崩御の後から続く、一連の反動キャンペーンには、いけもとは合点がいく。つまり人間宣言は昭和天皇一代のみが拘束される宣言であるとしか思えない。なぜなら、人間宣言の内容には、天皇の地位にあるものすべての方々に対する、現人神との神性を否定するという文章がないからだ。ゆえに、上皇陛下や今上天皇に置かれては、現人神たる地位を占めていると私は考えるのである。確か今年三月十七日の地震の直後...五十六歳、マジの妄想。

  • 少しコーヒーを控えてみるか。

    ふと、自分のとっている体勢に気が付いた。なんと右半身を前に出して、半身に構えているのだ。斜に構える。つまり俺は何者かとけんかしている。そうだったのか。意識できない世界で何者かと争っているのか。それじゃあ、いくら寝ても疲れが取れないわけだ。昔から「寝首を掻くの掻かれるの。」と言ってみたり、「枕を高くして眠れない。」ということわざがあるくらいだから、何者かを警戒していたら、ぐっすりと熟睡できるわけがないのだ。それとも私の好きな、カフェイン飲料の飲みすぎで、興奮しているのだろうか?カフェインは、優位に攻撃性を増すと、薬理学書に書いてある。少しコーヒーを控えてみよう。それでこの構えがなくなったら、それでよし、構えが取れなかったら、仮想敵を意識に上らせて、それと和解しよう。ことさら私に弓を引く者はいないのだから。少しコーヒーを控えてみるか。

  • 強き言葉に民は喜ぶ。

    もう、戦争を経験した世代が社会からリタイアしていることもあるんでしょう。マスコミのオピニオンコントロールを感じます。自分からロシアにちょっかいを出して武力行使をさせ、あとは右や左の旦那様と国際社会の寄付合力を希う、ゼレンスキー大統領。同じ文脈で、「日本からけんかを仕掛けることはないのだから、平和を希う近隣諸国の友好と善隣を頼りに、平和を維持していきましょうと「寝言」をいう日本。つまりは「生き馬の目を抜く国際社会で、甘ったれたことをぬかしている。」のはウクライナと日本だけだ。そんな観念を国民に持たせたいのかなあと思います。いやですねえ。東日本大震災や今度の地震が天災だとしたら、戦争は明らかに人災です。その人災。すなわち戦闘員と戦闘地域の戦災犠牲者の流した血や涙との引き換えに、戦争業者がお金を設けているわけでありま...強き言葉に民は喜ぶ。

  • 情報戦突入!

    情報戦に突入しましたね。実態に関係なく、噂話に近い情報が一人歩きする。B層相手ですから、ただショッキングな題名をつけて、記事を垂れ流し、オピニオンコントロールをして、世論を味方につける。昔軍閥が争って良民を苦しめたという、第二次世界大戦前の中国に状況が似ています。確か全国通電という名前で言われていた情報戦でした。それはともかく、そんな情報戦に流されたB層が、情報を垂れ流した勢力の思惑通りに行動する。マスク警察や自粛警察と呼ばれる私設警ら隊しかり、昨今はユニホームを取っ替えてウクライナカンパキャンペーンなどなど。いけもとが加入している某ネット通販会社のポイントサービスで、いきなり、期間限定用途限定のポイントが増えました。というか、ポイントがそうなってしまうのです。が、そのポイントはウクライナ難民寄付に限り、制限撤...情報戦突入!

  • 歌で自己紹介。

    男はつらいよ。節で。わたくし、生まれも育ちも涙の谷の娑婆世界東京水道局の水で産湯を使い姓はいけもと、名はてつこう人呼んで目覚めた孔雀と発します。カルメン77。の節で。私の名前は、てつこうでっすああ、もちろん偽名に、決まってまっす。歌で自己紹介。

  • 愛に生かされていることを知る。

    外交の失敗?外交の成功?まずは我が身を守ることだろう。どっかの素人大統領のように虎の尾を踏み、自国を蹂躙される羽目になるような真似をしでかした愚かな首相は、日本にはいなかった。もっとも、米露が激突する我が国で、どちらかが手を出したら全面戦争になるがね。ワンダフルカウンセラー彼の称号の一つである。ワンダフルカウンセラーなら彼に相談してみよう。きっといい知恵を貸してくれるに違いない。今思い出したのだが、彼はプリンスオブピースという称号も持っているそうだ。彼に私の心に平和をもたらしてもらおう。愛に生かされていることを知る。実は先月の二十六日に母の具合が悪くなり、救急車で病院に搬送した。救急隊員の方々が病院と懸命に交渉してくださり、病院のベッドを開けてくださった。命の危険もあったのが、主治医の先生が必死に手当てをしてく...愛に生かされていることを知る。

  • これ、なんの芽でしょうね?

    これ、なんの芽でしょうね?植えた覚えがあるのはミカンの種ですから、やはりミカンの芽なのでしようねそれはこれです糸くずみたいな芽から、これだけ成長しました成長が楽しみですまた、写真をアップしますねこれ、なんの芽でしょうね?

  • 秘境と怨恨が支配する世界。それが水瓶座の時代だった。

    結局誰が一番儲かってんの?そう考えると、視界が開けますよ。ロシアのあほ戦略・戦術によって、穀物と石油の値段がガンガン上がる。んで儲かるのは誰?少なくとも労働者ではないわね。湾岸戦争以降のアメリカのあほ戦略・戦術によって、石油の値段はガンガン上がりました。でも、街に石油を売りに来る兄ちゃんたちの給料が上がったって、いけもとは寡聞にして全然聞かないわ~それに、ガソリンの値段がガンガン上がって、物流のコストはうなぎ登りだけど、宅配便の兄ちゃんの給料やスーパーのパートさんたちの給料が上がったって話も全然聞かないし。ましてや、出前専業の兄ちゃんたちの給料もね。これって一体誰得なの?少なくとも、桁外れの役員報酬や特別配給を受けて、貧困観念に悩む必要がない上級国民以外に得する人はいないわねえ。そして国民の怒りは、上級国民では...秘境と怨恨が支配する世界。それが水瓶座の時代だった。

  • 自分が迷信家であることに気づき、愕然とする。

    小さい頃、父方のおばあちゃんや母方のおばさんのしていることを見て、あれは迷信だと思った。が、二十歳の頃にあることがきっかけで星占いを信じるようになった。それからは、坂道を転げ落ちるように、私自身が迷信家になっていった。が、さっき、「もし患者が運ばれてきた病院で、救急医が迷信を気にして必要な手当てをしなかったら、患者は死んでしまうではないか。」という考えが頭にわいた。そしたら私が二十歳の時から迷信に毒されていた迷信家であることに気づき、愕然としたのだ。前にも意識を現実と想像の世界に片足ずつ突っ込んで生きている人は云々と書いたが、それは実にこの私であった。いけもとてつこう。マジの反省である。自分が迷信家であることに気づき、愕然とする。

  • あんまり画面ばっかり見ていると、目と頭が悪くなりますよ。

    例えばウクライナ新ロシア大統領が汚職をはびこらせてでたらめな政治を行い、国民生活を窮乏させたと、盛んにテレビで報道させるそこにテレビで喜劇俳優に汚職政治追放キャンペーンを行わせ、画面の中で成功させその「クリーン」な喜劇俳優を大統領選に出馬させ、選管のインチキ得票操作で当選させる。括弧付きの民意と既成事実のできあがり~!んでこいつに括弧付きの汚職政治家を追放させ、ウクライナのロシア系住民を迫害させるネオナチを跋扈させ、ロシア国内にテロドローンを飛ばなどの挑発行為をロシアに行わせ、キレたロシアに出兵させる。これって誰得のシナリオ?まあ、少なくともロシアではないわね。まあ、頭のいいロシア人なら、ウクライナの一部と穀倉地帯を切り取って、肥え太るぐらいの芸当はするかもしれませんが。そしてこのシナリオ、どっかで見たことはあ...あんまり画面ばっかり見ていると、目と頭が悪くなりますよ。

  • それ自身自活できる国に経済制裁かけて意味があるの~?

    ロシアに経済制裁なんてかけたって、全く意味がないロシアはそれ自身で自活できる国であるそんな国に経済制裁かけて、一体何の意味があろうか経済制裁をかけたらまずは食い物である元々在ウクライナロシア人を守護するという口実で出兵したロシアであるが、経済制裁をかけたら「食えなくなった」と逆ギレして「だから民を食わせるためにヨーロッパの穀倉地帯を占領するんだ」という口実をロシアに与えるだけ別に白人同士の争いはどうでもいいが、散々白人に煮え湯を飲まされた中国が、それこそ三十六計にある漁夫の利を占めに、ロシア援助をするに違いないなってったって、共産中国建国に力を貸してくれたソ連ですから、友情に厚い共産中国は恩を返しにロシア援助をすることでしょうそれにロシアの国土の大半はウラル山脈以東のアジアですからね、出番のなかったアジアインフ...それ自身自活できる国に経済制裁かけて意味があるの~?

  • ミカンの芽だといいな♫

    先月上旬頃食べたミカンに種があったので、捨てずに植木鉢に植えました母が「この時期は寒さがしみるので深く埋めて植えろ。」といったので、その通りにしましたそしたら昨日芽が出ましたこれですこれです画面中央左寄りに、ちょこっと出ている緑色の糸くずみたいなものが、そのミカンの芽らしいのです鳥が飛んでくるので鳥の糞の中に混じっていた、何かの種が芽生えたのかもしれませんもう少し芽が育ってきたら、またアップします。ミカンの芽だといいな♫

  • 旧優生保護法訴訟で国の上告「一時金支給で責任果たす」と厚労相

    国みずから、解釈改憲やら公文書偽造変造やら、近代成文法の理論に反する振る舞いの数々をしておきながら、不法行為の賠償請求云々の除斥期間云々を持ち出すとは笑止千万やっぱりアベ様を筆頭とする上級国民は何をしてもいい特権なのね弱者いじめもやりたい放題そしてわれら一般国民は、がんじがらめに法に縛られるとよくできた八百長ショーねせっかく東側諸国が左翼政党の足引っ張りをしてくれたのに、障がい者いじめで自ら左翼に貸しを作るとはこの八百長ショー、参院選挙の投票の参考に、よーっく覚えておくわ。gooニュースhttps://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20220308k0000m010045000c旧優生保護法訴訟で国の上告「一時金支給で責任果たす」と厚労相

  • いけもとてつこう、Windows11 Proで開局中。

    いけもとてつこう、Windows11Proで開局中。証拠の写真はこれです。実は私のマシンであるH61MU-S01(MS-7680)では走らないのですが。Windows10からWindows11にアップデートする際にトリッキーなことをしました。rufusというソフトでマイクロソフトからWindows11をダウンロードして、8GB以上のメモリースティックにこれを焼きます。そしてエクスプローラーでsourcesというディレクトリに入り、appraiserres.dllというファイルを削除します。そして有線LANなり無線LANなりを殺してオフラインにして、アップデートをかけるのであります。この作業はWIndows1121H2というバージョンでやりました。この作業を終えた後、rufusでWindows1121H2v1とい...いけもとてつこう、Windows11Proで開局中。

  • 東京から見た秩父連山にはかすみがかかっていました。

    おはようございますいけもとてつこうです今朝起きて西の方を眺めたら、秩父連山はかすみがかかっていました。昔学校で習った古典文学にあるような光景でした外は春風が吹き荒れていますが、本当に優しい春が来たんですね年度末で何かと忙しい季節ですが、表に出た際には、季節が暮れる贈り物を顧みてくださいね時に従って、地球は季節の贈り物を様々な形でプレゼントしてくれますからそんなわけでございます以上、いけもと。東京から見た秩父連山にはかすみがかかっていました。

  • 患者を苦しめる反患者的存在は、実は患者の超自我なのだ。

    症状。患者を苦しめる反患者的存在は、実は患者の超自我なのだ。この超自我が患者の欲求をすべて否定しにかかる。まさに患者に背くものなのだ。さて、昨今の精神分析学の知見では、超自我はエスに含まれているという。つまり、欲求機関と欲求否定機関が同じところにあり、患者の欲求すべてを否定しにかかるのであるからたまらない。生きたいと思えば死ねと生存欲求を否定しにかかり、友達と仲良くしたいと思えば孤立に導く言動をやらせるという、まさに恐るべきあまのじゃくぶりを発揮しるのが、この否定的超自我なのだ。しかしなぜ、患者の超自我は、反患者的に働くのであろう?実は超自我自体、エスに属するものであるから、超自我を徹底操作するしかない。ゆえにユング派の分析では、この超自我を徹底操作し、その時代の宗教。すなわちその時代の行動規範へと書き換えるの...患者を苦しめる反患者的存在は、実は患者の超自我なのだ。

  • 昔から上級国民は、嘘と暴力で民を支配する。

    嘘と暴力が支配する恐るべき世界。それが現代社会だ。メディアが垂れ流す情報を誰が検証するのか?そしてそれを検証もせずに拡大するネット。この二つが組み合わさったら、嘘がまかり通る恐るべき大衆洗脳装置となる。解雇の恐怖に裏打ちされた、長時間低賃金労働。そして本来憐れむべき失業者をディスる、括弧付きのオピニオンリーダーたち。そんな社会政策によって実際感情劣化した人たちが、上級国民たちが垂れ流す嘘に扇動されて、社会的弱者を疎外していじめる。その矛盾が爆発したのが、ロシアのウクライナ侵攻だ。かようにして、昔から上級国民たちは、嘘と暴力で民を支配する。それは神代の昔から万古不易である。以上、いけもと。昔から上級国民は、嘘と暴力で民を支配する。

  • 小泉ー竹中改革。総括。

    小泉ー竹中改革。こんなに国民生活を貧しくさせ、国民の精神をすさませた「改革」はあるまい。これは本当に改革だろうか?上級国民と呼ばれる人たちにとってみれば改革だろうが。しかしその上級国民と呼ばれる人たちを見るに、実に志が卑しく、幼稚な言論を垂れ流して、自分はオピニオンリーダーだとうぬぼれているのであるから、実に救いがない。結局小泉ー竹中改革とは、日本を貧しくさせ、人心をすさませて、次世代に申し送っただけに過ぎない。結局小泉純一郎の公約通り、自民党はぶっ壊れた。かつての国難を乗り切った政権担当能力のあった自民党ではなく、そうではない自民党に。困ったものだ。小泉ー竹中改革。総括。

  • 「負けまい」?、いいえ「勝ってやろう」です。

    幸運が来た時にはそれを維持するための日ごろの準備が必要であることを学び、不運が来た時にはどん底に落ちても自分を生かそうとする目には見えない力があることを知る。さて、運を生かすためには、常日頃から「勝ってやろう」という積極観念が必要だ。大体の人が、日ごろのしんどい生活に対処するために「負けまい」という消極観念に支配されている。私の人生は、普通に生きればあと四十年はある。残りの人生、「負けまい」ではなく、「勝ってやろう」で過ごしていきたいと思う。「負けまい」?、いいえ「勝ってやろう」です。

  • コアラウサギ娘。そちは今何をしている?

    ここでいけもとてつこうのハンドルネームの由来を紹介しましょう。池本哲晃(いけもとてつこう)。池は池田大作氏の池。本は宮本顕治氏の本。哲は不破哲三氏の哲。晃は小池晃氏の晃。でございます。いけもとの出自は、東京下町のプロレタリアート階級出身者でございますから、どうしてもすんでいるだけで、創価学会さんや日本共産党さんの人たちの主張に触れる。それで、宗教や政治思想に詳しくなってしまったのであります。かわいい妹は、「お兄ちゃん。ネットで宗教と政治、そしてスポーツの話はしちゃだめだからね。」と、私を叱るのでありますが。そんなわけで、私のハンドルネームの由来を公表してなんになるのかという話もありますが。以上、趣味てつ主張でございます。そうそう、私の中の人の誕生日と不破哲三氏の誕生日は一緒なんです。そんなわけ。以上、いけもと。コアラウサギ娘。そちは今何をしている?

  • 趣味てつ主張。

    若者を洗脳せよ。ホッブズ流の、万人の万人による闘争的な思考を植え込む。例えば日常における偏差値至上主義やいじめなどの、学園バトルロワイヤルの導入。こんな弱肉強食を若者に強いておきながら、やれボランティアだの、やれ社会貢献だのと言うきれい事を若者に吹き込み、真面目な若者の心を分裂させる。いたなあ、いけもとが中学三年生の時の担任。競争と協力なんていう、それこそ自由と平等にも似たジレンマを受験生に吹き込むあほ教師。こいつは数学の教師だったから、いけもとは、「あ、これは公理系だな。互いに矛盾する原理を根底において、任意の系を演繹させるんだな。」と、思いましたとさ。マル。そんでいじめによる感情劣化問題も、競争至上主義の洗礼を受けた若者は、仲間同士の連帯をせずに、いじめによるスクールカースト作りに狂奔する。そんなヘンタイ教...趣味てつ主張。

  • ああ、マジでもっと分別ほしいわ。

    ロシアも中国も多民族国家だからね。外国少数民族を支援して、自国傀儡政権を作り、その要請で出兵したって筋はよくやる手筋よ。だから自国マイノリティは、あまりいじめない方がいいの。今は流行らなくなったけど、ある国で迫害されているなんとか教徒支援のための出兵とか、国際何とか主義者連帯のために、武器援助とか資金援助とかをしますってのも、考えられる筋ではある。昔の「万国のプロレタリアート、団結せよ!」なんてスローガンは、ソ連とどこかの国の思想による新手の教皇分割線かと思ったわ。実際、第二次世界大戦後の世界はそうなったしね。その支援組織が、ソ連率いるコミュホルムにコミンテルンだしね。名前を変えて残っていると思うよ。この手の組織は。日本における旧内務省や特高警察が、名前を変えて残っているようにね。って、今思ったんだけど、お茶を...ああ、マジでもっと分別ほしいわ。

  • 意識から排除したコンプレックスは、自然に意識に統合されるときが来る。

    意識から排除したコンプレックスは、自然に意識に統合されるときが来る。それは精神科医やカウンセラーの力を借りなくても統合できるし、彼らも無理に観念複合体を統合させるような野暮なまねはしない。さて、意識から排除したコンプレックスを意識に統合すると、非常にさっぱりした気持ちになる。私はその前触れとして、自己催眠というか私の律法が消えた。実はこの自己催眠というか私の律法みたいなものが、コンプレックスを意識に統合するのにじゃまなのである。が、実はこの自己催眠や私の律法こそが、偽りのアイデンティティを形成しているのである。この自己催眠や私の律法と名付けたものや、偽りのアイデンティティというものは、双子の兄弟みたいなようなものである。これが変わった思考や行動をその人にとらせ、その双子の兄弟に挑戦するような出来事を排除して、コ...意識から排除したコンプレックスは、自然に意識に統合されるときが来る。

  • 持ち物。

    自分は持ってないから、あたかもあるように演出する。ほしいのだけれど相手は持ってないから、その相手に執着する。そんな不毛な人間関係をたくさんみてきました。不思議ですね。あるもので勝負せずに、ないものをあるように見せかけて人の気を引き、相手がそれを持ってないから、相手にそれを求めてしがみついて執着する。実は治療者は、その欲望の対象を持っていないのだけれど、それを持っているように見せかけて、患者の欲望を徹底操作して、その時代の行動規範に合致させなければ、治療にならないそうなんです。それがアメリカの場合は、アメリカンドリームという共同幻想と新自由主義なる行動規範なんだそうですが。もっとも今の時代は、その行動規範自体が、曖昧模糊なものになっているのですがね。さて、愛の対象としての治療者。憎しみの対象としての治療者。愛の対...持ち物。

  • したたかなアングロサクソン。

    したたかなアングロサクソン。嫌われ者のロシアが、「うちもアングロサクソンみたいに、エネルギーと食べ物を独占してお金を儲けたいぜ~。」と、アメリカに相談したら、「お好きにどうぞ。うちは反対しませんから。」と、ゴーサインを出して、腹の中では、「ロシアは外に出てって勝った試しはないんだ。学習しろよぼけ。ふふふふふ。これやったら、ロシアはますます世界中から嫌われるぜ、ヘホホホホ。これで俺らの一人勝ち~」と、舌を出して笑っていた構図が、いけもとには見えます。イギリス人はオカルトが大好きで、大体オカルトの好きな人っていうのは、陰湿で悪知恵が働くものなんです。世界から嫌われて孤立したロシア。ロシア人の人の良さは知っていますが、人がいいから小ずるいアングロサクソンに罠にはめられるのでございます。さてと、今日は各方面からの連絡待...したたかなアングロサクソン。

  • 観の転回があった。

    観の転回がありました。以前はこの世を支配する原則は憎しみであり、憎しみを管領するのはサタンであるから、サタンが管領するこの世を憎み、それこそこの世の彼岸にあるパラダイスを欣求していました。が、それは誤りでありました。最近、この世を支配する法則は愛であり、愛を管領するのは神様でありますから、この世すなわちパラダイスとの世界観に立ったわけであります。つまり、彼岸の王国を愛するのではなく、此岸の王国を愛せるようになったのであります。つまり、私の頭の中で、この世は神の統治下にあるという認識に立ったのであります。だから私はこの世を憎む必要はない。逆にこの世を憎めば、この世が私に返すものは当然憎しみであるという認識に立ったのであります。この、観の転回こそが、それこそ冒頭に書いた、自分で掛けた催眠術を自力で解いたという記事に...観の転回があった。

  • 辺境の宿命。

    辺境の宿命。常に二大勢力の力関係によって、土地を蹂躙される。そして国内には、二大勢力の意を受けた派閥ができて、派閥が血みどろの抗争をする。ほんと馬鹿みたい。ありがたくもその教訓を教えてくれるのが、韓流時代劇。それに国民の利益を度外視して、下らん宮廷の勢力争いをする王族の愚をただで教えてくれるのも韓流時代劇。他山の石と思って、せせら笑いながら、この手の番組を見るのが得策かと。それと007シリーズ。スラブとアングロサクソンとの国際陰謀合戦を、面白おかしく教えてくれるんだからありがたいわ。それと国際陰謀組織、スペクターがなんなのか推理するのも楽しいしね。文化帝国主義も、こうやって楽しむのも得策かと。そんなわけでございます。連投すみません。以上、管内一方面でいけもと。辺境の宿命。

  • 病の言い分、体の言い分。

    時々病の言い分を聞いてみるといい。病にも病の言い分があるのだ。病の言い分を聞いてやると、病も「話を聞いてくれてありがとう。言い分を聞いてくれたんなら、俺は消えるよ。」といって、消えてくれることもある。病も生きているのだ。病になる前に、大体からだがクレームをつけてくる。体がクレームをつけてくるうちに、体の言い分を聞くと、病にはならない。だめ経営者が社員を搾取して、社員を使い潰してしまったり、逃げられたりするように、だめ主人も、体に無理をさせて故障させてしまったりするから困る。他人は逃げられるが、あなたの体はあなたから逃げられないのだ。これって本当の話ですからね。切羽詰まる前に、病の言い分とか体の言い分を聞いて、病や心身の不調に陥らないようにお互い気をつけましょう。そんなわけでございます。以上、管内一方面で、いけも...病の言い分、体の言い分。

  • ミャンマー問題の本質は、八百長傀儡戦争だ。

    ミャンマー問題は八百長だ。中国傀儡の軍部とアングロサクソン傀儡のアウンサンスーチー女史のなあなあの八百長試合で、それぞれの親分国から金と資源をむしり取っているのだ。本当に軍部がアウンサンスーチー女史が邪魔ならば、クーデター発生と同時にスーチー女史を臨時軍法会議で亡き者にしているはずだ。逆も真なりで、もしスーチー一派が中国勢力を一掃したければ、世論をバックに高級軍官を逮捕して、国政を壟断した罪で処刑してもいいはずだ。が、それがない。要は、軍部はとスーチー一派のなあなあの八百長試合で親分国から金と資源をもらって、うまくしょっぱく国民を食わしているのだ。それに、ミャンマー同様曖昧なままにしておき、妙に白黒をつけて、国際紛争の火種を作る馬鹿まねをした、あほ元都知事とは、訳が違うのだ。さすがに国政に責任を持つ、ミャンマー...ミャンマー問題の本質は、八百長傀儡戦争だ。

  • あほはルールに縛られるが、利口はマイルールが通るように、準備と根回しをするのだ。

    おかしな思想にかぶれると、目的のためなら手段を選ばなくなる。例えば集スト宗教集団は、嫌がらせをすると相手と結縁し、自分にも相手にも功徳になるとうそぶき、やりたい放題三昧をする。例えば八百長左翼集団は、公職選挙法に違反する電話投票依頼を、全国に散らばる党員を使ってかけさせる。例えばロシアのプーチン。元々の思想があれだから、目的のためなら手段を選ばない。海を挟んだ隣の国アメリカも、中国、韓国、北朝鮮も全く同じ。「うちは社会主義じゃないんだ!」とうそぶいて、弱肉強食の世界を作り上げ、ありもしないアメリカンドリームを夢見る連中のメッカになっている。そして習近平率いる共産中国も、土地という生産手段に課税するという、修正主義ぶりだ。かつては宮本顕治率いる日本共産党を、宮本修正主義集団と口を極めて罵ったくせに。韓国北朝鮮は、...あほはルールに縛られるが、利口はマイルールが通るように、準備と根回しをするのだ。

  • もういい加減に放っておいてあげたら?

    もういい加減に放ってあげたら?小室さんは自分と眞子さんを食べさせていくのに必死なんだから。なんてったって眞子さんは、元皇族。元皇族の配偶者としてふさわしい男性になるべく、日々頑張っているっていうことを忘れて周りがガタガタ騒いでも、お二人を苦しめるだけ。いかに元皇族とはいえ、降嫁されたんだからただの一般の人。本場ニューヨークのパパラッチでさえ自粛しているのに、出身国の日本のマスコミが、ここまで報道するのっておかしいよ。いっておく。小室さんは、元皇族の旦那さんという重責を果たすために、もしかしたら能力以上の頑張りをしているのかもしれない。それに悠仁殿下だって、学業で、サラブレッド馬以上の頑張りをされておられるのかもしれない。サラブレッドだって、年がら年中むち打たれて走り回っていれば、疲れてけがをしてしまいます。いい...もういい加減に放っておいてあげたら?

  • 催眠術というか、自己訓練というか。

    子供の頃に起きた体験を説明するためには、おかしな世界観を持つ必要があり、その世界観から導き出された処世術で生きねばならなくなる。が、その世界観も処世術も著しく社会通念から外れているので、ますますおかしな体験をするようになり、さらにその世界観を強化し、ゆがんだ処世術で生きるようになる。以上ループ。これが前の記事に書いた、おかしな自己催眠である。さて、独自の世界観と処世術のゆがみ。それは子供の時に体験した異常な体験を、その年齢では対処できなかったということだ。その対処できなかったというトラウマが、前に書いた欠落意識につながる。その欠落意識を補うために、やれ、東大だの司法試験だのということになり、脳疲労を起こしてモノホンの異常体験をし、メンタル科の医師のお世話になることになる。そして発病によって、辻悟氏のいう脱落意識...催眠術というか、自己訓練というか。

  • 催眠術から目が覚めた

    ああ、なんかおかしなものばかり信じていたんだ。なんか暗く冷たいものばかりが実在して、明るく優しいものは実在しないと信じていた。信じるものだけが五感で捉えられるという。だから私は暗く冷たいものばかり体験してきたんだと思う。暗く冷たいもののみが存在する世界で、明るく優しいものを見たところで、それが何か私にはさっぱりわからない。いきなり街角で、知らない言葉で話しかけられた人のように、面食らって驚くだけだ。が、まぶしさに慣れてきて、辺りを見回してみると、そこには明るく優しいものにあふれている。となると私は世間一般で通用しているものとは逆の信念を持ち、それを自己洗脳していたのかといわざるを得ない。生きるのがうまい下手以前に、変な催眠術にかけられていたんだから、それは生きる上でいろいろ不都合が出てくる。夢見たままで目覚めて...催眠術から目が覚めた

  • もうバイデンとプーチンの間でウクライナ問題は合議済みであろう。

    バイデン政権はトランプ政権からのモンロー政策を受け継いだようだ。もうバイデンとプーチンの間でウクライナ問題は合議済みであろう。あの臆病なロシアのことだ。アメリカの軍事介入はないと言質を取った時点で、ウクライナ侵攻の腹は決まっていたに違いない。つまりロシアは、勝つけんかしかしないということだ。つまり現代のローマ分割線において、西ローマのエネルギーと食料はアメリカが握るから西ローマのエネルギーと食料はロシアが握れという密約だ。この筋。どこのマスコミもいわないが(いえるわけがない)、頭の中に入れておくと、今後の国際政治を読み解く上での参考になるかも~。もちろん、諸々の制裁を受けたロシアを救うのは、中国よ。というわけで、アメリカロシア中国の上級国民は、兵士の流す血と引き換えにおいしい思いをするって訳~。そんなわけでござ...もうバイデンとプーチンの間でウクライナ問題は合議済みであろう。

  • その人はあなたがあなただからあなたが好きなんだ。

    ある人々は、自分が生きていったり、周りに受け入れられるためには何か欠落があると信じている。その欠落感覚はその人々の信仰であるといってもいい。その欠落を補うために、彼らは武器防具を求める。それが周囲の人物に優越する何かである。時に彼らは身近な人物を欠落の原因として攻撃する。その武器防具が東大合格であったり、司法試験合格であったり、美男美女の獲得であったりする。さて、夫源病の夫や浪費癖のある妻などに代表される、外なるマイナスのアクセサリーがある。が、これは法外な要求でも何でもない。彼らはこんな武器防具を手にしないと、自分には生きる価値がなく、決して周りには受け入れられないと信じているのだ。それにある人々は外なるマイナスのアクセサリーと縁を切れば、その後はバラ色の人生が待っていると信じているのだ!が、この人々たちも、...その人はあなたがあなただからあなたが好きなんだ。

  • なんか頭をよぎる約束を少々思い出したんですけどね・・・。

    今、YouTubeで、五代君と響子さんが結ばれた後の画像を見ていました。有志の方が作ったのか、高橋留美子先生のご許可を得て、スタジオぴえろさんが作ったのかは知りませんが。幸せそうな五代君と響子さん、そして春香ちゃんのその後が見られてよかったです。最後の方に流れた、響子さんの言葉に本当に号泣しました。五代君は響子さんとの約束をきちんと守ったのですね。それを見て、マジで泣きました。なんか頭をよぎる約束を少々思い出したんですけどね・・・。果たさなきゃいけないですか?同志ХБЙК?それとも波立の弁天様?なんか頭をよぎる約束を少々思い出したんですけどね・・・。

  • 誰に利のあるドンパチかしら?ーウクライナ問題ー

    ウクライナ問題。単なるロシアとウクライナの戦だと思ってはいけない。ウクライナはヨーロッパの穀倉地帯である。そこでドンパチをすると言うことは、ヨーロッパの穀倉地帯が火の海になり、小麦の値段が上がると言うことだ。さらに北半球はやっと春になろうとしているが、ラニーニャ現象で寒い。そんなときに、兵器を動かす原油の値段が上がる。それで割を食うってのは、どんな人たちかしら?そしてそれで儲かる人たちは?国際石油資本さんや国際穀物資本さんは大もうけだわ~。さらに、アメリカ南部のプアーホワイトが経営している大農場もウマ~。ついでに、アメリカロシアの重工業部門、そして死の商人たちもウマ~。誰に利のあるドンパチかしら?つまらない男は利にさといって言うけど、私つまらない男だから、そういう、時事問題の裏に隠れている、利潤の動きに目がいっ...誰に利のあるドンパチかしら?ーウクライナ問題ー

ブログリーダー」を活用して、いけもとてつこうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
いけもとてつこうさん
ブログタイトル
目覚めた孔雀。独り言三昧。
フォロー
目覚めた孔雀。独り言三昧。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用