searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
一句鑑賞 https://blog.goo.ne.jp/haiku_yu-me

俳句ブログも長くなりました。この歳なりの記事が書ければと思ってますが、やや怪しげな時もあります。よろしくお読み下さい。

コバ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/12/10

1件〜100件

  • 軒先低く

    筍も終わりました・・・いつものAコープにこれでもかと出ていた茹でた筍が終わって、それでも少し出ていたのは先週まで。今シーズンはなんど買って調理したかなと、鶏肉と煮たり、豚バラと炒め煮にしたりと五回ほど食べました。それからピースご飯、これはピースが今が旬ですね。もうなんどか炊きました(笑)。この時期の楽しみの一つですが、明日への元気につながります。さて豆ごはん・・・豆飯(まめめし)・豆御飯、美味しい季語ですね。豆飯や軒うつくしく暮れてゆく山口青邨今の住宅建築とは姿が違うころの句ですね。つまり「軒」が屋根の勾配の下りきったところに、隣家とも高さを揃えるように続いているのです。どの家もこじんまりとしてますが、暖かな暮らしがあるのですね。軒うつくしく・・・ここが素晴らしいですね。うつくしくを漢字で表してもいいのですが、...軒先低く

  • 紫陽花の季節も近まりました

    本日、サンデー料理番?お店の賄いのお昼は、ほか弁で済まし。夕食は久しぶりに家族が揃ったので、お寿司の出前でした。つまり台所に立たずに済んだわけで、料理番として久しぶりの休日となったしだい。本日も青葉冷えで、いったん25℃くらいを体験すると20℃くらいでも肌寒く感じます。秋アジサイの今日の画像です。花芽が見えております、早く咲け咲け?否、ぼちぼち咲いてくださいね。実は昨年よりもっと茂っておりまして・・・・来年はどうなる!!私が園芸の知識があれば、株など分けてあちこちに植え直したりするのですが・・・また希望者があればお分けするのですが。小さな花芽がどうなるか今年もアップしますね。歳時記のアジサイのページを開けば・・・あぁ例句も多いな!あぢさゐやきのふの手紙はや古ぶ橋本多佳子紫陽花のゆさゆさと元気に咲くさまを今日に見...紫陽花の季節も近まりました

  • モンシロチョウではないけど?

     5年前の6月、麦刈り前の頃の景色ですね。季語で蝶(てふ)といえば春であり、揚羽蝶など大型のものは夏に分類される。そうか、比較的に低い位置を飛ぶのが春の蝶で、すこし見上げる高きを舞うのが夏の蝶かと・・・確かに揚羽は高く舞い上がります。季節の境は節分から立春へと分かり易いが、まだ寒い。春から夏へは・・・GWの賑わいのどさくさ紛れて立夏、夏になっている。俳句の季節は実際とは、ずれているいる感じがします。しかし俳句は季語を詠むわけではありませんから、それでいいのでしょう。先週、朝倉方面へ行きましたが、道中の麦畑の刈り取りはまだまだでしたね。蜜すへば蝶にあらはな花のいろといったところでモンシロチョウではないけど?

  • 青葉時雨

    連休が終わって昨日今日とオフでした。天気も雨模様、気もちも落ち着く感じでしたね。明日からまた仕事ですが、アルバイトに来ていた女子がコロナに感染しておりましたので、経過とか心配していましたが、保健所から普段通りの生活に戻ってよろしい(笑)のお墨付きが出ましたと、数日前に連絡が入り明日から来てくれます。こういった身近なところでのコロナは初めてでしたので、保健所のサポートがしっかりしてくれるのだなと、安心した次第です。コロナを5類にして云々の議論もありましたが・・・正直にいいまして、これは早いのではと思いますね。もし5類でバイトさんが感染し熱も下がり症状が出なくなって仕事に出て来て・・・もし我々に感染したら?感染者が減らないどころか増えますよね。俳句の世界では、風邪やインフルは季語となっておりますが・・・こういった新...青葉時雨

  • Well Come to You ん?

    秋アジサイの花の芽が出はじめております。今年は、なんか花の数が多く感じます・・・茂って来たな!と少しおっかない感じくらいです。今は若葉が茂り始める時期で、実は蠟梅なんですが先月の初めごろに剪定みたいな真似をして要らぬ枝をかなり切っておりました。それがたくさんの若い枝葉が茂り始めました・・・選定の時期が悪かったのか?もう一度、枝を整えないといけないけど・・・・もっと先で考えよう。急ぐからなんでも失敗してしまう(^_^;) 天気予報士さんが今週は、いわゆる走り梅雨と仰ってます(笑)福岡では降ったかな?地面がそっと湿ったくらいでした。明日も傘マークで今日よりは降りそうな天気図です。梅雨の季語はたくさんありますね・・・梅雨(つゆ)・梅雨(ばいう)・黴雨(ばいう)・荒梅雨・男梅雨・長梅雨・梅雨湿り・走り梅雨・迎へ梅雨・送...WellCometoYouん?

  • 関門界隈に行きたくなった

    20数年ほど前に関門海峡辺りを下関、門司から何度も歩いたことがあります。大河ドラマですが、義経の活躍も平家の滅亡もさらっと終わりました。下関側には安徳天皇を祀る赤間神宮が竜宮を思わせる神門をくぐるとありますが、海から山への急な斜面にあるために境内は広くありません。いちど訪れたときは浦安の舞でしょうか、みこさんが三人ほどで舞ってらっしゃいました。宮司さんともたまたま立ち話したことを思い出しました・・・大したお話しはしておりませんが(-_-;)関門海峡は狭くて潮の流れが速いです・・・潮に逆らっている大型船などは全く進まないように見えます。とくに春の大潮のときの流れは凄いです。門司側には布刈神社(めかりじんじゃ)が潮の流れをすぐ目の前にあります。その境内には・・・当時ですから今は変わってますでしょうけど・・・2階建て...関門界隈に行きたくなった

  • 街薄暑

    街は初夏、まだ微熱ほどでしたが・・・街薄暑にはもうちょっとかな?久しぶりのオフ、通帳記入を朝一番で済ませ・・・消費税しっかりと落ちておりました(-_-;)車の手入れもしなくては・・・ガソリン満タン、高くなっていますが仕方ありません。洗車機で洗って、なんか自分をシャンプーしたみたいにさっぱりしました。予定は多かったのですが、東区のスーパーさん2店舗見学に行きました。庶民的なところと、オープン1年ぐらいの新しい店と。商品はそれほど変わらないと思うのですが、新しい店ではやはりレジなどが全く違いますね。便利になりました・・・お金のやり取りですね。入り口で楽天カードの加入呼びかけもありましたが、どうやら私には強い働きかけはありません(笑)見た目高齢ですからね(-_-;)しかし自宅に戻って考えたのですが・・・ガソリンスタン...街薄暑

  • こどもの日

    GW、終わりました。ずーっと仕事してました(-_-;)ようやく明日はオフですが、明日の予定にビジネスレターがあったのを今夜晩くまでに書いてしまいました!明日が少し楽になるように・・・それからのこのブログです・・・疲れたふー(^_^;)ハイボールを一口飲んで寝るだけですが、なんとなくブログ習慣になってるのと、歳時記の名句を読んで心を俳句モードにしてから眠りたいので(^_^;)歳時記の、こどもの日の解説には・・・国民の祭日の一つで、かつての端午の節句。子供の人格を尊重し、子供の幸福を図る目的で昭和23年(私の生まれ年)に制定された。生まれ年は関係ないが、その精神は素晴らしいものですね。昨今の子どもが犠牲になる事件事故などには、胸が痛みます。子供がいつも主役のといいますか、大事にされる社会を作らないといけませんが、そ...こどもの日

  • 麦刈・麦埃

    4年前の麦刈りのけしきです。遠くの連山は・・・耳納連山。連山の右端は筑後平野を見おろす、高良大社へと続きます。で、私が立っている所は、大己貴神社の前あたり・・・(笑)麦刈りて遠山見せよ窓の前蕪村麦が熟れて、いわゆる麦秋の畑は、獅子のたてがみが陽の光に眩しいです。遠くを望むという気持ちになりません。それが刈られてしまうと急に目の前が開けた感覚があります。そんな感じを蕪村さんは捉えたのでしょうか?麦刈・麦埃

  • どんたくバイ!

    博多どんたく、実施されるそうです。TVニュースで花自動車のことを流しておりました。路面電車が博多の町を走っているときは、花電車でしたね。いわゆる電飾で飾られたものです。小学低学年だったと思いますが・・・大丸デパートの食堂、たぶん7階くらいの窓から見た記憶があります。昔は白熱球に色を付けたようなものだったでしょうね、それでも夢の世界を見るような感じでした。大丸デパートの大食堂ですが、その入り口付近に行きますと独特の匂いがいたしました。家の台所からは決して匂わない、どこかつんと澄んだような甘い匂いがしてた記憶があります。その食堂に小学時代に遊び友達数人で出かけたこともあります。メニューの小ケース?!これが豪華で圧倒されます、お目当てはホットケーキでしたね。シロップをかけナイフとフォークで一端のマナーを知ったふりして...どんたくバイ!

  • 青葉、新緑

    えーっと、本日も書くこと多し。今年度からシニアクラブという名称になった町内の老人クラブに入会しました。会長さんなどからお誘いがありまして・・・(-_-;)とりあえず入会済ませておりましたら、5月の予定表など配ってくれてます<(__)>グランドゴルフの日がほぼ週一回とか、お楽しみ会が月一回とかあります。で本日、年会費を集金に来られました。昔からよーく知っておりますご近所のちょっと先輩のご婦人です。「出て来てね!」の言葉に笑って「はい!」とお応えしました。実は仕事で全くいけません・・・予定表の日時と私の休みが合致しない。それでも行ける日があれば、行事に参加したい気持ちは持っております。いつの日か俳句会など開けたらいいかもと、じっと密かに思っております。私の自由時間がもう少し増えれば可能でしょう。けどこういったことを...青葉、新緑

  • ㇵの字も無い

    閉口していることに歯の具合が宜しくない。実は長年治療と定期検診で調子が良かったのだが・・・コロナから生活のリズムが平常では無くなりました。心のありように焦りとか、急ぎすぎとかあったのでしょうか、ある日の夕食時に冷凍春巻を揚げて一口噛んだとたん、ガキっと!!音がしたのです。コロナで歯医者にも行けずに・・・どうも調子が悪い。半年後に診てもらったら・・・義歯を支えていた葉が折れていた(;∀;)それがきっかけで、他の歯まで不具合が生じている。連休明けからしっかりした治療に入る予定。場合によってはクリニックを変える覚悟もあるのだが。この1年くらい、こんな状態が続いている。 さてGWですね・・・実は先日の記事に書いた、ケンジョー君が先日訪ねてくれました!彼は私より数センチ背が高いと思っていたら、昔のままだ(笑)マスクだが、...ㇵの字も無い

  • 先送り

    山音ガーデン、5年前の今ごろです同時期の眼鏡橋土手の草が伸び始めています同時期の野鳥川・・・土手の桜は葉が茂ってますね。これは葉桜を通り過ぎてます。葉桜とは花が散り、若葉が出始めたころでしょうか。 失い物が出てきました・・・(笑)家の玄関キーが見当たらなかったのです。他所に持って行くことはないので・・・????状態でした。本日、買い物に出て車の後ろシートに置いていた買い物バッグを持ち上げたら!ポトンとシートの上に在りました(-_-;)ここ数日、どこに行ったんだ?!と気になっていましたんでほっとしました。思い起こせば、そのキーを持ったときからの行動ですが・・・ほんのちょっとしたことを忘れていました。これはボケの始まり?かなり前からいろいろと忘れっぽくなってますが、それは忙しさの行動の中でちょっとしたことでした。大...先送り

  • 五月の風は

    昨年5月の、うきは市の「道の駅うきは」からの一枚です。麦畑の中の村落に鯉のぼりが上がってました。瓦屋根と麦畑の風の景色でしょうか。鯉幟(こひのぼり)、夏の季語ですね。こんな景色、減りました・・・といったところで麦秋のころの汗ばんだ頬に刺さるような風を感じに出かけましょう。五月の風は

  • 若楓

    楓の若葉というか青葉ですかね・・・Café楓に駐車して車を下りたら風が心地く枝葉が大きく揺れた。歳時記に・・・若楓(わかかへで)・楓若葉・青楓と載っております。正に今ごろの季語ですね。例句には雨重き葉の重なりや若かへで太祗写真の若葉に雨が降るとこんな句の景色となるのでしょう。子を産みに子が来てゐるや若楓安住敦これも若さが重なっているようですね。さびしさも透きとほりけり若楓永島靖子若葉は日の光に透き通るようにも見えます。どんな寂しさなんでしょう?楓の若葉ですから落ち込んでいくような寂しさではないのは確かですね。ふっと感じるものがあったのでしょう。 予定通りの一日でした。お米を買って、床屋さんでカット&シャンプー済ませてCafé楓へ。いつものアラビアータを頂いて戻りました。といったところで若楓

  • 炎帝はまだ先だけど

    本日、やや暑し、気象用語の夏日になったのかな?最高気温が25℃以上が気象用語で夏日。歳時記には・・・載ってませんでした。夏、立夏の5月6日ごろから立秋の8月8日ごろの前日までを言う。と解説には期間を書いてますね。今日は24℃だから夏日とは気象用語では言えない・・・?などと考えていると、気象用語をベースにしている自分がおかしくなりそう(^_^;)もうすぐ夏となります。歳時記に一番季語が多い時期です。例句を読みますと、なるほどと思うばかり。例えば・・・グローブのくぼみ拳で打ちて夏大高弘達少年野球でしょうか、そのシーンを詠んでますが、汗と土に汚れたユニホームと少年のかがやく目が見えますね。夏ですね。炎帝の昏きからだの中にゐる柿本多映歳時記の解説に、炎帝は夏を司(つかさど)る神とあります。昏き、は光りが少なくよく見えな...炎帝はまだ先だけど

  • 豆ごはん

    豆飯のどの一員ももの言わずはしりのグリーンピースが出てました。ストアでスマホ見るのはいいけど、カメラはいけないと思ってますので画像なし。もう少し出始めたら、みんな大好き豆ごはん!焚きます(笑)豆ごはん

  • 充実の夕どきって?

    二三週間前から頭痛が続いている。あれが原因だったか、これが主因かと考えるとどれもが原因のようだ。二三週間前に蠟梅の剪定を行った・・・かなりというか親指ほどの径の枝をかなり剪定鋏で切りました。切れない枝には一撃二撃と鋏を動かしたので・・・そのショックと筋肉痛が首筋から頭周辺に及んでいたのか?今夜も首すじの痛みがある、慢性化してますね。追い打ちをかけるように忙しくしてますんで、なかなか疲労がとれません。応急的に筋肉痛に素早く効果!というスプレーを、しばらくは、なんとなく効果ありかと。今度のオフは脳神経外科?に行ってみるかな・・・最近できたクリニック村の医院ですが。主治医の血液検査結果と血圧測定日記を携えて行くかな?原因は自分で作ったのだから、その逆の日々を送れば解決するだろうと思うのだが・・・思うだけでは先が見えな...充実の夕どきって?

  • 柚子の花

     柚子の花、奥は麦畑・・・2019年の5月の画像ですがなぜかセピア色に。今はこの麦畑も柚子の木もありません。みなみの里が道の駅に衣替えして無くなりました。だからモノクロに?そんなことありませんけどね(笑)葉室麟の柚子の花咲くを思い出します・・・が、もう筋書きも忘れてますけどね。葉室麟は10年前ごろから数年間で数十冊読みましたが、自分の人生の中で一番辛かった時期でした。独りの夜を癒してくれたというんでしょうね、本と向き合ったのは数十年ぶりのことでした・・・。葉室麟の文庫本二三十冊、町の図書館に寄贈しようと(貰ってくれればですが)段ボールに詰め込んでますが今もってそのまま、暇が無くてね。電話をして取りに来てくれればいいのですが、ややお高いですからね、ああいった施設は(笑)、そのうちにね。柚子の花・・・夏の季語ですね...柚子の花

  • 若葉寒って

    本日、寒くなりましたね・・・本来は花冷ですが、桜は散っております。若葉寒は夏の季語ですし・・・五月になっての寒さですから今日の寒さは、はて?この若葉寒(わかばさむ)、若葉冷は若葉雨などと一緒に、時候ではなく植物の若葉の項(?)に載っておりますね。つまり若葉が主で肌寒さは従でしょうか。ですから単に今の寒さを詠んでは?ちょっと違うかもしれませんね。寒さを詠んで若葉を乗っけてはいけないのかなと思います。例句に若葉寒が無いので何とも言えません。酒蔵の陰よりひとり若葉寒といった感じでしょうか?といったところで・・・うきは市吉井町の一画ですが、イメージとして(^_^;)若葉寒って

  • 出会いもいろいろでした<(_ _)>

    久しぶりの雨の朝でした。オフでしたので星野村から八女市へと行きました。すべて営業です(^_^;)星野村では二つの出会いがありました、否三つかな?最初は、農産物直売所びそん(美しい村)で美味しい蕗の佃煮のはなしからですが、スタッフさんが製造者の「おばしゃんの店」を教えていただき訪ねて行きました。店舗は小さいのです、お一人のおばしゃんと呼ぶにはとても品の良いご婦人がお店番でした、たぶん交代制かな?しばらくお店の歴史など、またご婦人のご出身地が意外にも玄界島とも話されて驚きました。とても素敵な、おばしゃんとの出会いでした ・・・そしたら私の携帯に呼び出し音が(^^♪「ケンジョウです」・・・ん!?コバヤシですが・・・「あのー、工業の?」・・・全てわかりました!合点。ケンジョウ君は隣町の同年でして、互いにバスケでして中学...出会いもいろいろでした<(__)>

  • 今年竹

    若竹です。時期的には5月で夏の季語。此処は、福岡県筑前町の大己貴神社(おおなむちじんじゃ)の北側の神苑です。この辺りは佐賀平野からつづく筑後平野、朝倉平野の穀倉地帯の東側、いわゆるどん詰まり?3世紀の初め頃、朝鮮への出兵を決めた神功皇后がこの地で社を建てたところ、たちまちにして兵が集まった。そのことから最古の神社ではとの案内があります。そして驚いたことに大黒様が祀られています。大黒様は女性を王とした北部九州の一族に殺められたと何かに書いてありましたが。その大黒様の像の横を抜けると少しの竹林があり、木立の向こうからは山地が続きます。おそらく当時は筑豊への峠道の始まる箇所だったかもしれないなと、一人合点しています(笑)古代の話しはこのへんで_(._.)_きりないですからね。実はかなりなパワースポットではないかと密か...今年竹

  • 木の芽(このめ)

    コシアブラの新芽です、画像は4年前のです。素揚げで塩をパパっと振って食します。靴屋の廣さんが毎年のように持って来てくれます。今年はまだです(大汗)こういった新芽は歳時記を見ると・・・木の芽(このめ)ですね。解説には・・・春に芽吹く木々の芽の総称。木の芽立ちは木の種類・寒暖の違いにより遅速がある。萌黄色・浅緑・緑色・濃緑色などさまざまに萌え出る木々の芽は美しい。木の芽時の雷や雨を「目起こし」ということがある。「木(き)の芽」というと山椒のこと・・・とかいせつをそのまま写しました。木々の芽はたしかに美しいですね。美しく木の芽の如くつつましく京極杞陽これほどのやさしさはなし芽吹山青柳志解樹たしかにそのとおりですね。源泉に硫気ほのかや木の芽時上田五千石いつだったか長崎の雲仙に行ったことを思い出した・・・硫黄泉でしたか雲...木の芽(このめ)

  • 若葉してます

    秋アジサイの新芽が出たなと思っておりましたら、どんどん葉を大きくしています。若葉の季節ですね。季語には・・・若葉の他には。谷若葉・里若葉・山若葉・若葉風・若葉雨・若葉寒・若葉冷とありますね。樟多き熊本城の若葉かな京極杞陽西日本は楠の木が多いです。水田の中にこんもりといわゆる鎮守の森などは楠が多いですね。一年中茂っていた楠の葉は、今この時に新芽が開いていくと同時に散ります。が、その散りざまは凄いです、パラパラと感傷的などとは大違い!ひと風吹こうものなら、ざーっと言う風の音に負けじと散らします。落ちた葉は風によって吹きだまりを作ったりします。若葉風ひとゆれで発つ小海線土生重次この景色の若葉はなんでしょう?夕若葉まだ文字読めて灯(ひとも)さず岡本眸若葉の明るさをまとっているのでしょうか?そんな気持ちの元気さを感じます...若葉してます

  • 手は心の動きを表すのかな?

    わが家の玄関先の花で、暗くなってくると閉じ始めます。午後七時ですが、こんな感じでしたのでスマホで撮りました。玄関灯と奥の足元灯の明るみでは足りないのかフラッシュが自動で入りました・・・なるほどな!携帯カメラの進歩は凄い。しかし数秒間スマホを動かさないのは難儀です(^_^;)今夜は半月から一夜目ですが月を見忘れていました・・・歳時記には・・・古来、秋の月はさやけさを愛で、春の月は朧(おぼろ)なるを愛でるというように、滴るばかりの艶なる風情を楽しむ。とありますが・・・こちらは晴れ続きで空気は乾燥してます。滴るばかりの月を見たいものですが、これは3月ころでしょうね。春の月の例句を見ると、中村汀女のあの句が・・・外にも出よ触るるばかりに春の月やはり滴って手に触れるようだと。もう一句・・・春の月ひとりの鍵を手に鳴らし有馬...手は心の動きを表すのかな?

  • 今年も出始めましたね(笑)いわばアンコールに応えて

    一昨日の記事の続きから・・昨日、血液検査の結果を聞きに行きました。肝臓、心機能、腎機能、などなど全て許容範囲以内でした。お酒を自分なりにコントロールしてきた結果でしょうね(笑)今まで通りに節制しましょう(-_-;)というか、歳ですからあまり飲めなくなっておるのが結果として良かった。 さて俳句の記事でもと歳時記を・・・四月も半ばもう夏はすぐですね。いつものAコープには先週ぐらいから茹でた筍が並び始めました・・・まだまだお高い!筍はご存知のように夏の季語、今ごろの早めに掘り出されて可愛いくてやわらかくて貴重なものは春筍。例句を見てみますと・・・春筍(はるたけのこ)祖母の里より賜わりぬ草間時彦その貴重なものを祖母の里からいただくというのです。これは、今としてはなかなか無いことでしょうが、この作品の時期でも、賜わりぬと...今年も出始めましたね(笑)いわばアンコールに応えて

  • 麦畑は力強いですね

    本日オフでした。昨年7月からご無沙汰の主治医の下へ行きました。一般的な採血検査です・・・事前に看護師の血圧脈測定、採血を済ませました。お腹のエコーをずいぶんしてないから診ましょうかと、じゃお願いします。お腹を出してベッドで・・・モニターを見せながら・・・これね肝臓・・・この黒いところは肝臓の中の血管です。はい、肝臓には癌はありません・・・胆のうはこれです、胆汁を一時的にためておくところね・・・これが石ね胆石というもの・・・胆石は多くの人がもっています傷みが無ければ心配はありません・・・胆のうにも癌はありません。これは膵臓です・・・よく見えてます・・・ここの黒く映っているところこれも膵臓の中の血管です。はい膵臓にも癌はありません・・・はい今度はうつ伏せになって・・・ですからモニターは見えません。はい起きてください...麦畑は力強いですね

  • 恐怖は征服者にこそ・・・

    先日の記事で「兵站と兵端」を書きましたが・・・キーフ周辺の町からロ軍が引き上げたあとの町には民間人の遺体が多数とニュースで言ってました。住民の女性の言葉にはショックでした・・・靴とズボンを見て直ぐに主人と分かった、身体には拷問の痕があった・・・と。いわゆる虐殺であるとの各国のコメントを並行していました。私はこれを心配していました。つまり、ロ軍の侵攻が始まったのですが、数日でウクライナは落ちなかった。これはどうしたことかと思っていました。ウ軍の抵抗が強かったなどの報道もあります、ここ数年の西側からの武器供与と軍事訓練のお陰であったと・・はて、それだけか?兵站は、前線へ武器、食料、疲労した兵を次々に送り込む役割をしている。兵端はいわゆる最前線のその突先で、常に相手と対峙している兵たち。兵站を通じ兵たちに正しい情報と...恐怖は征服者にこそ・・・

  • 清浄明潔

    清明という季語があります。二十四節気の一つで、新暦四月五日ごろにあたる。清浄明潔を略したものといわれ、万物が溌溂としている意から、清明といわれる。と歳時記の解説をそのままに書きました。俳句を始めたころ、この清明で一句をと思い苦戦したことを思い出します。結局、句は得られることなく今に・・・<(__)>例句には・・・清明の雨に光れる瑠璃瓦古賀まり子清明の明け方冷ゆる鞍馬かな森田公司水口に清明の雲はしりけり大嶽青児清明や壺に満ちゆく水の音片山由美子の四句が載っています。二句目には水とか雨はありませんが、なんとなく山の冷たい水を連想させます。水は命を感じさせます。清明という季語を改めて勉強しました<(__)>清浄明潔、肝に銘じました。里桜の一種ですが・・・母が入居していたホームへの道の脇にありましたので、咲くころが楽し...清浄明潔

  • 初燕

    2年前の秋月の野鳥川、秋月への入り口付近です。こういった風景は当たり前のものでしたね。この写真は家々を撮ったものではなくて(-_-;)山の中に、植林の杉の上の方ですが・・・桜が見えていましたので。お馴染み眼鏡橋です・・今年の桜も終わろうとしています。こうして昔の画像をgooblogにアップしたのが保存されてて、いつでも見れるのってのはいいですね。二日前の木曜日にうきは市吉井町でラーメンをいただきましたが、駐車して歩いていた時にです・・・燕、ツバメが飛んでいました!俳句を始めたころにも吉井町は訪れています。古き街並みの裏の電線に数羽が並び、かなり煩いほど鳴き合っていたのを思い出しました。これから繁殖、そして燕の子が巣から顔を覗かせるようになるのですね・・・初燕です。歳時記の例句にピッタリの一句がありました。蔵並ぶ...初燕

  • エイプリルフール的なすれ違いはありますね

    しゃがのはな著莪の花漢字の草冠を外せば、者と我。夏の季語ですが、こちらでは4月中旬には咲き始めます。この画像は3年前の秋月山音ガーデンです。新年度スタートしました。さすがに季語ではありません(-_-;)四月馬鹿、エイプリルフール、万愚節とも・・・季語ですね。例句には・・・万愚節に恋うちあけしあはれさよ安住敦叶うのでしょうか?万愚節跳べそうに水ひかりおり高橋由紀夫そんな場面に出遭うことありませんか?大体が失敗しますのでご注意を・・・(-_-;)エイプリルフールの傘を持ちしままといったところでエイプリルフール的なすれ違いはありますね

  • 現金自動収受マシン?

    本日はオフです。お米を買いにいつもの道を走って信号で止まりましたら、右手に地区の公民館のようです。大きな桜が昨夜からの雨に花びらを散らしていました。お米をとみなみの里に着きましたら・・・なんと月に一度の定休日!30分の1の確率ですね、月に2回10年近く通っていますが今まで3回ほど定休日に遭遇しました(-_-;)仕方ないので足を伸ばして耳納の里まで行きました。野菜を買っていつものラーメン屋さんへ・・・実は前回に行ったときに親子でやっているお母さんの姿が無かったのが気になっていた。今日も居ない、息子さんが一人で切り盛りしている。私とあまり変わらないくらいの年恰好なのだが、立ち仕事だから足が悪そうに感じていた。次回は元気に仕事をされているところを見たいな。 耳納の里の広場にも1本の桜が・・・うきは市の文化会館駐車場の...現金自動収受マシン?

  • タンポポも咲き始めています

    5年前の秋月の桜並木・・・この通りは、左手は秋城址です。当時は杉の並木だったそうで、明治のころに伐採され、そのあとに桜が植えられてきたと聞いております。ですから桜に代っても、杉の馬場と言われております。馬揃へなども行われたのでしょうか・・・この週は満開でしょうね、週末はことのほか花見客で混雑?するでしょう。2017年4月の写真から再アップです。ここ数年はなにかとありましたので、カメラを持ってぶらりとは行けないのです。今夜から明日にかけて雨が少し降る予報です。季語では花の雨となるのでしょうか。歳時記には花の雨で次の句が載っております。花の雨白山の雷ともなひ来(く)新田裕久どうでしょうこの情景。花を愛でている自分に雨が、それも白山の方から雷鳴も聴こえてくる。白山のと言われると仕方ないかと感じたのでしょうか?今の雨も...タンポポも咲き始めています

  • 中食、なかしょくと読みます

    昨日の記事の夢中落花ですね。後ろの建物に文庫がありました。この堺屋に資料などあったときは気楽に拝見しておりました。八女市立図書館にコーナーを設けられたのを知って、一度だけ図書館に行きましたがその後は行ってません。氏のお墓が八女市にあるのですが、詳しい経緯はある程度知っておりますが間違ってはいけませんので書けません。私は10年ほど前に墓前に低頭しました。夢中落花をアップしてなかったので・・・思い出すことなどを少し書きました。 本日、大忙し、と言うほどでもないのですが。買い物やいつもの夕食準備ができないくらいの忙しさ・・・私の尺度であります<(__)>それでお弁当屋さんのおかずのみ、味噌汁は作りましたしサラダのトマトとキュウリはカットしました(-_-;)でき合いのおかずを買うだけですが・・・30年ほど前に調理師免許...中食、なかしょくと読みます

  • 夢中落花

    土曜日の天気、荒れましたね。朝から小雨でときおりそう強くない風・・・で近くのストアに買い物で屋上駐車場といっても2階建ての屋上です。買い物を済ませて車に積み、自分も乗り込んだとたん!!車体が大きく揺れる突風が!!びっくりするほどでしたよ(^_^;)夕どきのニュースでは福岡でもトラックが横転とか建物被害も報道してました。 春疾風という季語がありますが・・・小雨も降っているしちょっと違うかなと。春嵐、春荒(はるあれ)も、春疾風と同じなんですが今日は雨も降っていたし。春嵐、春荒でしょうね。春疾風はどこか乾燥した感じがあります。季語って難しいですが、自然現象などは実感して季語の解説を読むと、あぁなるほど!となるのですカナ。実は昨日のオフは、久しぶりに八女市方面に行きました。お仕事の関係もありましたが、午後1時過ぎて昼食...夢中落花

  • 昔の写真で出ています

    蕪村の・・・菜の花や月は東に日は西に漱石先生の・・・菜の花の遥かに黄なり筑後川このへんの句がすぐに浮かびます。景色が広くて大きい二句ですね。ソメイヨシノ楓の若葉花見の人が行き交う、杉の馬場です。3年前の秋月歩きの画像でした。 本日オフで、機器の手入れを午後1時までしました。しっかり仕事してから夕食準備もしっかりと。今夜のメニュー1品は決めてました・・・豚バラ肉と大根を煮ました、1時間半ほど。やわらかく上手く煮えましたが、お味がなんかが足りないかなと、美味しかったんですけど次はなにか工夫しょう。といったところで昔の写真で出ています

  • 彼岸明け

    3年前の秋月城址から秋月中学校を見た一枚です。学校も上司の中ですけどね(笑)桜も主役、校舎も主役ですね、羨ましい学校です。杉の馬場の桜並木は今は多くの花見客で賑わっているでしょう。 数日前に小学5,6年中学2,3年を同じクラスで学んだ(?)加代子ちゃんが、近所のお寺でおこなった法事の帰りに寄ってくれた。私はあいにくいつもの夕食材料を求めてAコープに行ってた時間である。戻ると息子が「大名坂の同級生という人が来(き)んしゃったよ」と言う・・・「あ、そうかちょっと太めの人だった?」「うん、顔も丸かった」直ぐに加代子ちゃんと分かった(笑)何年前か忘れたが、同窓会でお漬物の話しとかしていて携帯番号を取り交わしていたのをおもいだしたので、不在を謝してメールを入れていたら二日後に返事が入った。寺での法事のことなど書いて、私を...彼岸明け

  • いざ

    4年前の写真です。秋月の眼鏡橋ですが、こちら側は裏側(^_^;)いつもは向こうから撮りますが、橋を渡り上流側に10数メートル歩いてました。菜の花が道の土手に・・・ちょうど今どきでしょうね。石橋をあちらからとこちらからと見るのでは石自体の色合いというか苔の感じとか違うのに、今回アップして気づきました。春ですね・・・バスケじゃないけど、ナイスショットかな(^^♪ 文春、読んでます。石原さんの息子さん(四男)の手記には共鳴しました。私の母のときを思い起こしました。毎日面会し、死の前日は「また来るね」という私の言葉に何か返そうとするかの仕種でした。翌日の仕事中に電話があり駆けつけたのですが、息はしてますがあまりに細くてその状態を静かに見ているだけでした。やがてという言葉が当てはまるかもしれないのですが、いつ息をしなくな...いざ

  • 道程

    今年も秋アジサイの新芽が出始めました・・・(^^♪一日に何度も往復する場所に咲いています。ので、癒されるのです。今年も咲いてくれることを祈っています(笑)オフでしたのでお米を買いに、みなみの里へ。足を伸ばして朝倉のすし酢を1本も買って来ました。いつものAコープで買い物していてふと目に留まり求めました・・・求めました。何十年ぶりだろう?40才のころからか10年ほど?ほぼ毎号読んでいたと思う。もちろん特集の石原さんの絶筆「死への道程」、ニュースなどで知っていたがせっかく目に留まったので読んでみようと・・・なんらかの覚悟を持って。なんか創刊百年とかで特集も載っているようで、しばらくハマってみるか状態になりますね。しかし表紙の絵!校庭の桜を児童が手をつなぎ・・・なにか歌いながら遊戯をしているようですね。しかも白いシャツ...道程

  • スマカメ?デジカメ?

    雪柳です・・・咲きはじめたら直ぐにこんなになりました(^^♪全体を写すより青空を背景にしようと、見上げるように撮ってみました。歳時記には、3~4月ごろ、小さな白い五弁花を小枝の節ごとにつけ、雪が積もったように見える・・・と解説にあります。例句は六句ありますが雪柳花みちて影やはらかき沢木欣一はなみちてかげやはらかき花が満ちては分かりますね、やはらかき影は何をさしているのでしょうか?地面に映る影でしょうかね?たしかにやわらかいですね。写真の電線に雪はありませんが、雪柳の枝にはびっしりと花が積もっていますね(笑)山茱萸もスマホに収めたのですが・・・ピントが枝に当たって花がボケてたので挙げませんでした。やはりカメラかな・・・花いっぱいの季節になりました。今度のオフは一日ぐらいカメラを提げて歩きたい。スマカメ?デジカメ?

  • 春宵一刻値千金かな?

    今夜は宮幟保存会の年度末の役員会でした。会長として一年が終わりましたが、無事に宮幟の揚げ下げを都合6回済ませたことのお礼を世話人さんたちに感謝から始めました。コロナの時代、人が寄ることもできずにいるので総会もできずに、懇親も深められずなんとも悩ましい時代です。そういった時代だからこそ、みんなの気持ちのまとまりで地域をしっかりと護り盛り上げていかないと・・・と改めて思うことでした。公民館で行いましたが、終わって外に出るとなんとも夜気が心地よい。春宵一刻値千金かな?寒くもなく薄手のブルゾンに袖を通しただけでしたが・・・夜に外に出ることをしなくなってどのくらいだろう?年取ってからはウォーキングで夜を歩いているが、これは別物で。本来のゆんわりというか、やわらかな空気感に包まれ、ときに詩人となり歌人となり或いは人を恋する...春宵一刻値千金かな?

  • 筑後弁に癒されて?

    季節は仲春、気温は20℃。風はほどよい強さでした。オフでした、朝一番は歯医者さんで義歯の型取りでした、今回は型取りのより精密に行うためのもので、次週もう一度。嫌ですが慣れました(-_-;)済ませて一路朝倉方面へ南下して・・・うきは市から合瀬耳納(おうぜみのう)トンネル(2・6キロ)を抜けて星野村へ!星野村はお茶の産地としてとくに有名ですね。玉露などが有名です。また日本で一番美しい村ということでもあります。個人的にとても好きな村といいますか場所です。仕事の商品をお願いしている、名を「びそん」といいまして美しい村からのネーミング。そちらへご挨拶かたがた行きました。それから食べたいものがありますのでそれをゲットするため・・・こちらが主かな?優しいお味です。地元のお母さんたちが作ってらっしゃるそうで、調味料も醤油、砂糖...筑後弁に癒されて?

  • トリガーにはロックをかけよう!

    父と戦争の話しをしていた二十歳ぐらいのときですが・・・どうにも敵とはいえ引き金が引けないと言うと父は・・・驚いていた。否、実は私の心は最後まで戦うだろうと覚悟はあるのだが。照準が合ってあとはトリガー(引き金)を軽く引くだけで今まで動いていた、戦っていた兵が若者が倒れるのです。ウクライナへ侵攻した露軍兵士に、私が二十歳代に感じたものを持っている兵がかなりいるのではないかと思う。考えてみるがいい、同じファッションで同じロックミュージックに酔いしれているのだから。自らに引き金を引くようなものだと感じている兵は多いと信じる。そして親もいる恋人もいるだろう相手を撃てるだろうか。 以前にも書いたが父は満州でかなり広い範囲で独立守備隊の中隊長だった。かなり豪放磊落な隊長であったと平成の御世に、戦地での思い出かな?をまとめた冊...トリガーにはロックをかけよう!

  • 兵站と兵端

    これは秋月の武家屋敷久野邸です。この頃まではまだなんとかなりそうな雰囲気?その後はご承知の通りです。初心忘るべからずといっても、ウィルス相手に通じはしませんが。おかげでマスクと手指消毒は、皆さん徹底されているようですね。この2枚は2020年3月のわが家の花です。今年の水仙は長いあいだ楽しませてくれましたが、ほぼ花は終わりました。これからは雪柳が咲き始めるでしょう・・・枝をまっ白にして風に大きく揺れたりするのはいいものです。これも2年前の写真です。最近、スマホはお店に置いたまま。スマホがお客様のクレジット支払いに必要なんです。導入して2年くらいかな?便利ですね、しかし私は持ち歩けません。というわけで、ちょっと写真を一枚とはいかないのです<(__)> ウクライナですが、文化芸術、スポーツ分野などからの批判が大きいで...兵站と兵端

  • 春の大祭へ

    2日の接種リポートでしたが・・・4日の朝まではだるさなどが残りました。接種部位の上腕の筋肉痛は意外にも早く解放されました。タイレノールは接種翌日の朝と、夕食後に2度服用しました・・・ご参考に。人それぞれですからね。 さて俳句モードに戻していきたいのですが、仕事の方が忙しく。夕食後にかるく居眠り、お風呂の後にもときどき居眠り。エクセルで書類を1枚作製・・・その後YouTubeなど見てました。 お風呂に入ってますと息子が座員となっております、神楽稽古の笛太鼓が聞こえてきます。頑張ってるなと・・・「神楽」は季語では冬です。そして「神楽始」は新年の季語ですね。あと「里神楽」も冬。農閑期に収穫に感謝し明けては、万の神々にまたの収穫を願って舞うという素朴なものです。息子は宇美神楽座に所属しており、この地に伝わる神功皇后が後...春の大祭へ

  • 解熱剤

    接種から明けての状態ですが・・・とにかくすっきりしない。朝食後に薬を吞みました、タイレノールです。しばらくすると身体が軽くなりました。夕食時にまた熱が出ました、37℃5分でしたので本日2回目のタイレノールを服用。明日は元に戻るでしょう・・・といったところで今夜ははやめに休みます。解熱剤

  • 出口が分かってれば良いけど見えてないでしょう?

    本日は3回目の接種でした。11:00に接種14:00に身体が重く感じました、あくまで感じです。その後は重たさもかんじません。買い物を済ませて夕食も作りますが、いつものようです。夜の今ごろですが、すこしポーっとしてますが、熱までは無さそうです。2回目接種のときは、翌早朝に熱が出たものですから気になっております。2回目から8か月経っています。接種場所は近場の小児科医院でしたが、接種者さんばかりだった。ドクターは幼いころ遊んだ記憶があるのだが・・・互いに歳を重ねてますからね。先生から、〇〇さんは姿勢がいいですね・・・若いころ剣道とか武道をされてましたか?などとお話しがありまして、ここに打ちますと言いながらアルコール消毒をしてチクリと。痛くなかったな。小児科ドクターだから?昨今のクリニックと違って、木造の骨組みがわかる...出口が分かってれば良いけど見えてないでしょう?

  • 好きなんだけど(^^♪

    先日、西郷輝彦さんが亡くなられました。ご冥福を祈ります。デビュー曲はなんでしたっけ(^^♪「君だけを」デビュー曲で大ヒットだったんだな、調べ直しました。当時のクラスメート?みんな歌ってましたね。彼は1947年2月生まれ、私は翌48年9月。ニュースで知ると、一瞬時が止まった感じがします。え!・・・で終わりまして数日して何かの拍子にまた蘇って、そういえば彼のフラメンコはカッコよかった・・・とか、今夜もユーチューブで西郷さん関係で大河ドラマ独眼竜正宗が出て来るのでしばし観ておりました。片倉小十郎、名演でした。名君の下には名家臣とでもいいますか。 コロナでといえば言い訳のようですが、日常の忙しさから主治医のところには行っておりません。血圧の薬も8月から吞んでません。日々、測定はしており大丈夫かなと思うだけで心は不安。来...好きなんだけど(^^♪

  • 風に吹かれて

    懐かしのWIN98というのは初めてPCを持ったのがそうでしたんで。そのころPCで情報発信?ホームページを作成していただいて、身近なものを発信しました。「ホームページ見ました!」という人が現れたころです(笑)あ、見た人居るんだ!ぐらいの調子ですね(-_-;)それから20年、情報発信が当たり前のようにまかり通る世の中です。最近は、お得!とかで消費欲を刺激するものが多いような気がしますね。それはどうでもいいのですが・・・ウクライナとロシアのことなんですが、誰がどこが一番お得なんでしょうか?ウクライナはモスクワの喉元にナイフを突き刺す地理的位置にありますね。もしここがNATOというか自由主義主義社会の一員となり経済ももろもろの文化も発展していくとしましょう・・・こりゃモスクワ政権は困ります。大国ロシアあるいは大国中華お...風に吹かれて

  • 麦青む

    予定通りの一日でした。お米を買い、床屋さんでカット&シャンプー、Café楓でアラビアータを食す。で今夜は車のお話しを・・・月曜日に定期点検を日産君でやってもらいました。ヘッドライトをLEDに、不具合のあったエンジンへの空気取り入れ口の部品、なって言うんだっけ?空気の量を調整する回転する丸いプレートが付いているところです・・・その性能が悪かったのでアイドリングも安定せず息つくかんじがあったのです。その部品を取り外して洗ってくれました。といったメンテナンスでした。今日、朝倉まで走りましたら絶好調でした。トンネルもありますのでヘッドランプも確認できました。アクセルレスポンスって言うんですか?踏み代に応じてエンジンが吹きあがります。それでいて燃費が良くなっています、有難いなと・・・メカニックさんにお礼を言うてねと日産君...麦青む

  • 尽きるまで尽くす

    オフですが、朝からいろいろとお手入れをしてました。朝一番は普段お世話になっているサニクリーン・・・消毒液やドアマットなどですが今日はエアコン掃除をお願いしてました。さすがプロです手際が宜しい。その後は機器の手入れを息子と午後2時まで、それから冷凍品の準備と一日を無駄なくお仕事でした。こう時間が押してますと、夕食はなるだけ手間を省きますね。冷凍品のチキンチーズカツと今日の大皿という某社のソースが出てますが、キャベツと豚バラと卵でふんわり炒め。ブロッコリーなどでいつものサラダなどなど。というわけで仕事関係の手入れのオフでした。明日はお米を買いに朝倉へ、床屋も行けたら・・・自分も手入れしなくては男ぶりが下がりますというか、髪が伸びると鬱陶しいですもんね(笑)カフェ風でアラビアータを食べようとか頭の中では予定は出来てお...尽きるまで尽くす

  • 幼顔を残して

    3年前、秋月の武家屋敷久野邸がお雛様の設えでした。その中の一体というのかな?誰かに似ているなと・・・スマホを向けたときに感じてたのですが。コロナのせいで家時間が多くなって、雛人形が売れているとニュースで言ってました。なるほどいろんな影響があるんだなと、人形屋さんには良いことですね。カー娘たちを模した人形も出ているかもしれませんね(笑)秋月の黒門と白梅。上の写真と同じ日です。といったところで幼顔を残して

  • 春寒から春めくへ

    寒い寒いが続きます。春寒(はるざむ)・春寒(しゅんかん)・春寒し・料峭(れうせう)が季語ですね。この季語は、すでに春になった気分が強いと解説に書いてありますが・・・私の左足の指が、痒く軽いしもやけです、メンソレータムADを塗りました(-_-;)仕事が土間です、しっかりと厚手のソックスと靴ですと大丈夫ですが・・・ソックスにサンダルでは指が冷えたのでしょう。例句を開きますと・・・さびしさと春の寒さとあるばかり上村占魚これ私ではないかいなと・・・(-_-;)つぎの季語は・・・春めくとなっております。今回の寒波が過ぎると週末は気温がぐっと上がるらしいです。そなると一気に春めくんでしょう。春めくといふ言の葉(ことのは)をくりかへし阿部みどり女ようやく春めいて来たとなんども確かめるように自らに言っているのでしょう。冬から春...春寒から春めくへ

  • 冬五輪、終りましたね

    昔々のお話しですが・・・高3でした。バスケをしっかりとやっておりましてインターハイの予選をかなり勝ち抜いておりました。クラスメートは週明けの新聞に載る結果を見て。おーい!凄いな!などと声をかけてくれました。嬉しかったけど苦笑い程度でした。つぎの日この試合に勝てば県大会へ出れるという試合でした・・・3点差ぐらいで負けたのでしたが。試合が終わって着替えるのは相手と同じ控室、相手の下級生が興奮して・・・あの12番がと私の背番号を言いながら、上手く抑えたという意味のことを言いましたら、相手校の先輩がたしなめていました。私?着替えながら耳に入ってますが、負けたんで仕方ないというか・・・つぎの試合が無いのが寂しくて、なんか空虚な感じで居ましたのであまり気に留めていませんでしたね。バスケなんてひとりの力も大きいですが、あくま...冬五輪、終りましたね

  • はだれ野

    本日オフでお米を買いに「みなみの里」へ行きました。景色は・・・斑雪(はだれ)、斑雪(はだれゆき)、はだれ野・・・でした。はだれ野や満月をとぶ夕鴉金尾梅の門そう、本日は満月でしたか!斑雪はまばらに降り積もった春の雪、または解けかけてまだらに残っている雪をいう。と歳時記に解説があります。本日の景色はまさにそのとおりでしたね。お米を買いにみなみの里へ行きましたが、道中の景色が・・・道路の両脇の土手に積もった雪。田畑を白くしてはいるが銀世界にはほど遠い・・・そんな感じでしたね。うつくしきはだれのこころしばしあり岡井省二そうですね、しばしの間の雪景色です。しかし明日も寒いそうで、数日は日陰などに残りそうですね。4年前の秋月、月の峠パンやさんの地域猫・・・斑れてますね(笑)みなみの里でお米とグリーンレタス、ほうれん草と・・...はだれ野

  • 気温が5℃くらい?北西の風強し。雪少々・・・洗濯は風のお陰で乾きました。二月も半ば過ぎたのに寒いですね、でも日は明るいので縮こまってしまう寒さではありません。先週の金曜から6日間働きました。明日はオフで、お米を買いにみなみの里へ行きます。麦の芽も伸びていることでしょう。昨年の今ごろの麦畑ですね。最近はカメラも持たないので、昔の写真で済ませてます_(._.)_お米を買ったら今年初めてかな、秋月を覗いてみよう。オオカンザクラの様子を見に行きたくなった。2年前です、花の下まで歩くのがいいのです。花は枝をひろげて四本あります、観光客はいつも居ませんのでゆっくり見上げてます。 ワクチン3回目は未だです、なにかと用事があってできなかった予約も来月2日に出来ました。感染した人の話を又聞きしたのですが、とにかく喉が痛くて大変だ...芹

  • 官女

    袂が長いのが京雛、短いのが武家風らしい。昨夜の記事の続きですね。うきは市吉井町の鏡田屋敷だったか、居倉の館だったか・・・記憶が錯綜している(-_-;)官女

  • 雛遊び

    母は私たち三人の息子を持ったのだが・・・・と昔ばなしを。池袋で育った母には、どうにも荒っぽいこちらの気風が気に入らなかった。それで私たち男兄弟の遊び相手を近所の少し年上の女の子に決めていた。ま、数年だが遊んだ記憶がある。それから小学校に入学し、次第に同性とも遊ぶのだが荒っぽいと感じることもなかった。つまり母は言葉遣いなどが嫌だったようだ。当時の男子の遊びといえば、年齢差10歳ぐらいの十数人でするもので。年かさがとにかく仕切るのである。何をするにも役目とかを指示して、得意満面で相撲やら駆けっこやらを行うのである。例えば駆けっこはハンデを付けるのである・・・年少の子から地面に棒っきれで線を引きスたーと位置を決める。よーいドンで田んぼ道を一周させる。その結果を基にして2回目は棒っきれのスタート位置が拡がったり縮んだり...雛遊び

  • 濡れて行きますか?

    未明からのこまやかな雨が残っている朝でした。伸び放題のわが家の庭の草木もしっとりとした明るみが感じられました。春だなーと実感です!春の雨はこうでないといけません、と勝手に頷いたりしています。春雨や小磯の小貝濡るゝほど蕪村このしっとりとした雨は、こんな小さな貝をも濡らしている。それほどやわらかく降っているのですね。春雨のあがるともなき明るさに星野立子しっとりと時をかけて降り続いているのだが、ぬれた景色は明るいのでしょう。まさに春雨・・・捨て鍬の次第に濡れて春の雨山口青邨雨粒はぽつんと落ち諸物を濡らしますが、この次第に濡れてにはより細やかな見えないほどの雨粒なんですね。降り始めたかなと思ってからの時間の経過をゆっくりと感じさせる雨なんですしょうね。で、こちらの雨も午後は上がりました・・・曇り空が続きましたが、景色に...濡れて行きますか?

  • はためかす

    茶色の茎というか?それは、秋アジサイです。伐り痕が白くなってますね。で奥にも水仙が・・・これが主役のつもりの一枚です。他にもたくさん咲いていますが、おやおや此処にも居たのかと健気なものだと感じました。久しぶりのスマホで一枚でした(-_-;) とあることを書こうと思ったのですが、写真をアップしているうちに忘れました。皆さんもありません?書きたかったことは・・・コロナのこととか仕事上で真摯に考えることとかいろいろですが。若い人たちのなんといいましょうか、軽みというには軽すぎますが・・・かろみ?かな?ある意味では正解を生きてらっしゃる。それが当世風といえばそうなんですが、私らのころの当世風とは違ってややおとなしい。というか物足りない・・・行動に危険が伴わないといえば・・・一句さん大丈夫?と言われそうですが・・・物足り...はためかす

  • 記念日はありますか

    一昨年だったか昨年だったかはどうでもいいのだが・・・プリンターを買い替えたのです。今夜、ちょっとプリントしていたら途中でインク残量の警告?お知らせが出ました。ブラックを交換したが、エプソンの一番手頃価格のモデルなのでインパネ?液晶表示のあれです。窓が小さくて表示文字が細かいのです(^_^;)なんども眼鏡を外したり付けたりしながら交換したのですが、その後の滲み解消とかヘッドクリーニングとか細かな文字を読みながら・・・疲れた!ラベル屋さんというネット上のソフトを使ってやってますが、これはこれで優れものですね。あとはわが頭脳がどこまで使いこなせるかだけなんだが・・・そろそろ限界かな(-_-;) 建国記念日でしたね。季語にもあります。戦前の紀元節にあたり、戦後、昭和23年に廃止されたが、昭和41年に建国記念の日として復...記念日はありますか

  • お大日さま

    今年はまだ咲きませんが山茱萸・・・相変わらずのピントで失礼します。後ろの石には大日如来さまがうすく線刻されております。先日の記事で、ショウケ越えを牛一頭連れて婿養子に入ったご先祖様の話ですが・・・その時の牛は紺屋をはじめてからよく働いたそうです。ところがある日、納屋が焼けて牛も死にました。働いてくれた牛をこの前に埋葬し大日如来さまを刻んだそうです。・・・と江戸から明治初めころのお話しです。母も祖母も大日如来さまを・・・お大日さまと呼びお水を上げておりました。山茱萸は秋月の苗木屋さんで私が買って植え、20年くらい経ちましたか。手入れはあまりしませんが(-_-;)これからいろんな花が咲きはじめますね。例句から・・・季語では、山茱萸の花。さんしゅゆの花のこまかさ相ふれず長谷川素逝枯色に山茱萸の黄の新しや高木晴子枝の色...お大日さま

  • マイかーという古い話ですが・・・数日前からキーが言うことを聞いてくれない。つまりドアオープンを押してもウンともスンとも音もしなけりゃ、ロックが開錠できなかった。キーの電池切れだな・・・ここしばらく寒いし電池の寿命です。で2日前に日産へ電話して行きました・・・駐車場へ入れるときから女性スタッフがやって来てバックーオーライをしてくれる(^_^;)担当営業君、今はマネージャーをしている長い付き合いだ。彼の招きでショウルームの商談デスクへ着席。新車購入・・・!滅相もない!実はヘッドランプが暗いのです・・・昔のハロゲンランプかな。それをLEDに変えたらどうなるか二三年前から相談していた。その頃は、ヘッドランプ全体をそっくり変えないといけないとかで、片側で4万左右で8万と聞いていた。それがどうだろう!左右ともランプを変える...峠

  • あの時の水琴窟は・・

    7年前の2月、どこかの交差点で停車したときに、飛行機雲が交差しているのにシャッターを押したのです。電線も並行していますが(笑)飛行機雲は季語ではありません・・・(-_-;)水琴窟ですね・・・解説が書いてあります。左手の岩がそうですね・・・此処は八女市福島の古い町並みの中の堺屋だったか?この庭に石橋健吉と秀野の句碑が並んでおります。水琴窟のお縁から座敷に飾られた箱雛が見えます。雪見障子に春の日が反射してます。内裏様も眩しいかな?しばらくお縁に座って、これからを考えた7年前でした。また腰掛けてみようか。あの時の水琴窟は・・

  • 薄氷

    わが家の手水鉢?石臼です・・・昔はお餅を搗きました。玄関前に置いています。薄く氷が・・・薄氷(うすらひ)ですね。春先になって寒さが戻り、うすうすと氷が張るのを見ることがある。と歳時記の解説にあります。例句を読みますとなるほどなーと・・・せりせりと薄氷杖のなすままに山口誓子父病めば空に薄氷あるごとし大木あまり薄氷(うすごほり)空に奥山ある如し河原枇杷男せりせりと杖で薄氷を割っているのですが、その薄い氷が杖のなすままにやわらかな感じで割れているのでしょうね。そして自らの歩みを確かめているのかもしれないですね。空には雲と星と月とお日様となんですが、薄氷。一番頼りになる人が病になり見上げる空はいつもの美しい空ではなくなってしまった、まるで薄き氷が張っているようだと。奥山の句も、空に知らなかった世界があったと言っているの...薄氷

  • 春立ちぬ

    明日は戌の日、明後日は節分で立春となりますね。春立つや子規より手紙漱石へ榎本好宏子規は漱石へどんな手紙を書いたのでしょうか?漱石は子規へ、わが俳句を送っております・・・つまり読んで感想といいますか添削といいますか・・・そんなやり取りが行っていたのですね。その返事でしょうか?2,30年前に熊本の近代文学館で漱石生誕100年展だったか?だとしたらしっかりと年数を数え直さないといけませんね・・・で、行きました!資料も買っておりますので広げればわかるのですが・・・この寒さ、動けません<(__)>その時に見ました、漱石が書いた数十句に子規が手を入れた手紙も展示してありました。添削の手紙か、はたまた病気のことなどを子規が漱石へ書いたものか・・・季語が・・・春立つですから、そこから想像するに・・・病状がやや好転した報告でしょ...春立ちぬ

  • 春、直近!

    1月終了!ってな具合で世間がどんどん前へ進んでいけばいいのですが・・・オミクロン、軽症が多いと言いますが油断なりませんね。紙一重ってご存知でしょうが、ウイルスが喉だけにだけ済めばいいですけど。気管支炎や脳症などに入り込まないといいですが。感染したタレントさんが普通の風邪のようだったとかをネットニュースで流していますが、これは慎重に流さないといけませんね。若者が油断しそうで怖いです。 で明日は2月1日、暦の上ではもう春と言ってもいいでしょう。ですね(^^♪春直近!とでもいいますか(-_-;)そんな感じですが冷たい日々が続きます。冴返るという季語があります、そんな感じでしょう今日も冷たかった!冴返る・・・春の季語です。他に凍返る、寒戻る。暖かくなりかけたころにまた寒さが戻ってくることをいう。と歳時記にあります。他に...春、直近!

  • 博多五町

    1月も終わりますねコロナのこと書いたって仕方ない日々ですが土曜日にたまに一人でふらっとやって来るお客さまが・・・私といつも(*^-^*)顔で一言二言話すのですが・・・コロナでいろいろと大変です、と云いますと・・・最近は姿が見えないのまで出てきましたね・・・だって(笑)ウィルスの姿は電子顕微鏡の世界なのに、この方にはステルスがしっかりと見えてらっしゃるのです。此処はビル街に残された一画といいましょうか、2年前にこの近くの店舗用品の店を出て昼食をと歩いて見つけた・・・「蕎麦屋うえむら」天ざる一丁!てな具合ではなくて、大将一人で切り盛りでした。レベル?高いですよ!味が、近隣の働く人々にピッタリだと感じましたね。食べ終えるころにさりげなく蕎麦湯が出て来るところなんざ・・・寡黙なご亭主と受け止めました。近くに行くことがあ...博多五町

  • 約束のもの、ありますか?

    今年はまだメジロが飛んで来ない・・・山茶花も咲いているというのに。山手の方でたくさん蜜が吸えるところが在るのかもしれない。そういえばヒレンジャクの姿も見えない・・・せわしない渡り鳥でわが家の玄関の先の椿の枝に逆さまに居たりする。居れば、おや今年も渡って来たかと思うだけだが・・・アムール川あたりから来るらしい、なんとも壮大な旅ができるものだと渡り鳥を見るたびに感心する。雀はいますよ数は昔と比べると大変少なりましたが。今の時期は・・・寒雀ですね。川端茅舎につぎの句があります。とび下りて弾みやまずよ寒雀軒先や枝から地面へと下りてまるで弾んでいるようだと・・・ふくら雀という季語もありますように、寒い時に羽の中に空気を入れて膨らんでいる姿をふくら雀という。歳時記の解説通り姿を、弾みやまずと、みごとに雀の姿を詠みとっていま...約束のもの、ありますか?

  • 四温日和って知ってました?

    水仙が咲き始めて何週間だろう?右手の一見枯れているような細い密集した枝は雪柳です。春が待たれます。今日は穏やかな日でした。季語で言いますと三寒四温って感じのこの頃です。他には四温日和という季語もあります、さしずめ本日は四温日和の一日だったのかと・・12~3℃だったらしい。洗濯ものが助かりますね(-_-;)日本海けふ力抜く四温かな辻桃子例句から・・・昨日まで荒れてた日本海というか、その作者が見ている海岸の様子が今日は穏やかになっていると。あぁ四温だなと心まで穏やかになったのでしょう。といったところで四温日和って知ってました?

  • 文字ととのえましょう

    5年前の箱崎花庭園の冬ぼたんです・・・水仙も写ってます。手焙(てあぶり)に文字ととのゆる手帳かな5年前の句ではなくて20年くらい前?(^_^;)当時は箱崎花庭園の冬ぼたんの時期は、ひとわたり観賞して通路の溜まりとでも言いましょうか・・・甘酒など出す茶屋がありまして、手あぶり・・・火鉢のスタンド式になったものが用意されていました。寒い時期ですし、吟行の見学者が多かったのです。俳句手帳の文字ととのえるというのは、現場での推敲の意を含んでおります。といったところで文字ととのえましょう

  • 寒の雨でした

    終日冷たい雨、小雨ですが止まずにずっと宵のころまで。春は近いのですが寒中の雨でした。寒の雨・・・冬の雨と季語です。感じとしては、冬の雨は12月ごろ?寒の雨は今ごろ?ついでに11月ごろは、時雨ですね。雨といっても今は何の雨?と捉えるのは俳人かな?で例句を見ますと・・・寒の雨に他のものを合わせる二物の句がありました。葛飾の鯉の黒さや寒の雨野村喜舟葛飾の鯉は見たことありませんが、寒中の鯉はじっと動かずに公園の池などに見れますね。じっとしている鯉と水面に雨がつくる小さな波紋が情景として浮かびます。鯉の色の黒さやで切れていますね、そこから感じるのはじっとしながらも多年を生きて来た鯉の強さと、近ずく春を感じませんか?二物を合わせるとこのような句になるのでしょうね。季語の力が働いています。などと今夜はこのへんで_(._.)_寒の雨でした

  • くわばら くわばら

    昨夜の地震、被害はありませんでしたか?福岡空港の東側のわが町では、震度3~4程度だった。揺れが始まる数秒前にスマホがアラートを発し、地震です!地震です!強い揺れに注意してください!と二度ほど呼びかけがあり、すぐに揺れ始めました。揺れは横揺れでしたか、10秒くらい感じました。震度3~4かなと・・・感じました。テレビをオンして速報を視てました・・・延岡沖深さは40キロマグニチュードは6.4・・・しばらく寝付かれませんでした。 地震はほんとに怖いです。いわゆる前触れが無い、いきなりですからね。しかしここまで緊急予報が進んできたのは素晴らしいことですね。気象庁はじめ研究者に感謝です。 地球の構造?といいますか・・・太平洋プレートとか大陸プレートとかつまりお皿が地面のかなり深いところで、押し合い圧し合いしているのですね。...くわばらくわばら

  • トンネルを抜けると

    本日、朝一で朝倉の床屋さんへ出発しました。ご指定の時刻が10時20分、5分前に到着でさっそくカット&シャンプー。四方山話も済み、帰りにはミカンを20個ほど頂戴しました(笑)・・・これからお買い物ですか?うん、時間が早いのであちこち行ってみるかなでおいとま。耳納の里へ行きまして、里芋(皮の剥いたの400g200円)、サニーレタス、ほうれん草ともに一株80円。アイコトマトのビッグサイズ6個入いくらだったか忘れた。チーズケーキ4切れ400円ここのは美味い。で時間に余裕がある・・・かねてより抜けたかったトンネルがある・・・いつか行こうと思いながら行けなかった・・・浮羽郡うきは市と、八女郡星野村へのトンネルが開通して何年になるかは知らないが、あの狭い峠道を走ることを考えたら楽だろうなと実践してきました。耳納連山の下を走っ...トンネルを抜けると

  • 竹馬と森さん

     7年前の1月の画像です・・・グーブログにアップしていたのですね。ギネスビールとチーズいろいろですね・・・1枚目のは、スコッチ(マッカラン)のオンザロック。なぜかもやもやが頭を支配してしまったので、タクシーで夜中の博多の町へ行きました。アイリッシュバーです・・・何故?翌日に自己反省するためですかね_(._.)_もうそんな元気は在りません。 さて俳句を・・・竹馬ってご存知でしょう?長い青竹に薪などの横木を結びつけたもの。それに足を踏みかけ、竹の上端を握り、歩行して遊ぶ。遊びましたね・・・わが家には戦後から10年ほど男衆(おとこし)さんが一人離れに居て、馬の世話や田畑の仕事もしていたと思い出しましております。Mさんといって小柄でしたが、身体はよく素早く動き好きでした。そのMさんが竹馬を作ってくれました・・・たぶん私...竹馬と森さん

  • 棹二本

    本日というか今夜は寒中の満月・・・らしい。ちらと見上げたら月の位置が高いですね。それと寒い!、寒月を詠むとしたら寒さは当たり前でしょうが!寒月や僧に行き合ふ橋の上蕪村冬の満月が煌と川面に映り、橋の上でそれを見ていたら僧と行きあったという情景ですが、行きあうですから互いに目礼ぐらいはしたでしょうが、無言。そんな情景に受け止めました。そのままを十七文字にしているだけです。月と橋と水面と僧と我と、、、寒月や物干す竿の二本ほど とある方のフェイスブックに刺激を受けました。自己をしっかりと俳句に現わせるようにならないといけない。作らなければ~から離れている状態なので、ひとつ心を開いて好きなように作ってみようと思っております。いずれ冬の季語で何句かできれば、この場とFBにまとめてみたいと思うようになりました。物干す棹は・・...棹二本

  • 大寒に思ふこと

    昨年1月は雪が多かったです。その時のみなみの里での一枚です。今年は積もるほどの雪は、福岡ではまだ降りません。昨年のこの時期、忙しさの中で訃報も届かないこともあり失礼した別れがありました。で昨年の初盆にお参りに行ったのですが・・・ご家族がとてもあたたかいおもてなしで余計に辛かった。お一人は小中の先輩で高校が先輩でした、大手ゼネコに入られて土木関係の仕事をされておりました。外国にもパイプラインの建設などで現場での実績を積まれた方でした。平成13年から2年間、自治区の区長を務められた人でして、私はそのとき会計係でご一緒しました。5年先輩で私を頼りにといいますかなんでも相談されて、自治区の行事を進めました。初盆に参りますと奥様からも息子さん夫婦からも、次男三男さんも帰ってきてらしてました。同居のお孫さん二人も全員出てら...大寒に思ふこと

  • 1月も半ば過ぎて春が近まります

    4年前の写真ですが、麦の芽が伸び始めています。これも同日の1枚、Café楓の店内ですね。ストーブの火口明るむカフェの席 わが家の山茶花、これも同年同時期ですね。もうすぐメジロなどが蜜を吸いに来ます。春が近づいています・・・まだ寒いけど。空舟の竿たしかめる春隣柳川にて例句には・・・尾の長き鳥が流れて春隣大峯あきらこの鳥はなんでしょうね?たぶん鶲(ヒタキ)の一種でしょうね。この句で浮かぶ景色は、大分県由布市湯平温泉の花合野川(かごのがわ)ですね。湯平温泉の真ん中をかなりな急流で流れております。その流れより速く尾の長い鳥が流れの1メートル上を下流に飛んでいきました。正しく鳥が急流に合わせて下っていく様でした。湯平温泉、もう10年くらい行っていません。温泉街入り口のGさんとはその時分親しくさせていただきました。また山頭...1月も半ば過ぎて春が近まります

  • 交通系

    昨夜の記事、七つ星ではなくて・・・ななつ星だそうです。九州は七県から名付けたのか、その辺はJR九州さんが詳しくお答えくださいますでしょう。JR九州のアプリをスマホに入れてます。とくに旅行など考えていませんが、ひょっとして何処ぞに新幹線でとかあるかもしれませんの(-_-;)今のところまったく予定はありません(笑)もし一日でもフリータイムが取れて何もしなくていいからって状態になったら。交通系カードにチャージして、徒歩7分の最寄りの終着駅をディーゼル列車で出て何処に行きましょうか?30分ほどで鹿児島本線の最寄り駅に出ますし、博多駅にもほぼ同時間で到着します。目的地は心の旅ですから、過去に車の中から見てきた景色を楽しんだり、気になる駅があれば下車して歩いてみたりしたい・・・これを楽しみにしているのですが。またこの歳にな...交通系

  • 七つ星

    此処は福岡県うきは市吉井町です久大線・・・福岡県久留米駅と大分県大分駅。その踏切に停車中の写真です。普通列車でも来るのか?ひょっとしてゆふいんの森号?とおもってスマホを構えて居ましたら!?こりゃ「七つ星」!?2枚撮れていました。豪華な旅列車ですね、縁は無いけど(-_-;)踏切を過ぎますとJAにじの耳納の里があります。今年初めて行きました、野菜などの購入です。 吉井町のペルー軒でチャンポンを食べましたが、野菜の量が多くて少し残しました。お味?美味いですよ(笑) 今夜は野菜たくさんのメニューとなりました。七つ星

  • 待春の秋月

    秋月のとある細い路を歩くと、千両?万両?などが冬景色として楽しめます。枯れきったアジサイ・・・秋月城下南東へ歩いていますとこのような区画の畑があります。私が考えるに、この一区画はそれぞれ武士の館というにはあまりに狭い、家はと言えば玄関というほどものは無く、土間に続く竈があるのが厨であり、一段上がった板張りが食事の場所であったろうと想像できる。寝所は4畳半ほどの二間があれば大切な人が来た時の客間にもなる、そんな家々がこじんまりとしっかりと建っていたのであろう。維新後、禄がなくなったその家の住人は、あらたな仕事というものに就くため先祖代々使えて来た城下を出・・・司馬遼太郎さんの坂の上の雲ふうに書けば、読書階級であった彼らは官吏や教員などとして各地へと出ていったのでしょうか。空き家、空き地となったその一画一画は、残っ...待春の秋月

  • ときどきは鯖缶を

    今夜は鯖缶と白菜の煮ものを作ったが、何十回目だろうか?冬場の野菜をたっぷりと取れるのでよく作ります。レシピは山本麗子先生、他にも山本先生のレシピには助けられておりますm(__)mレシピの解説の中にサバ缶は煮汁ごとボールに移してほぐしておく、というくだりがある。で、私はこのレシピをサバ缶ほぐしと頭脳にインプットしてる。つまり、肩が凝ってほぐしたいなと考えたりすると、このレシピが浮かび今夜はこれにしようかとなる(-_-;)というわけで寒い日にはぴったりのメニューとなります。他にというかメインは、正月から食べたかった水カレイの煮付けと里芋の煮っころがし。レタスなどでサラダを添えて・・・なんかいつもの日々のメニューに戻りつつあるのであります。 割くときの柄にみずみずし白菜の芯ときどきは鯖缶を

  • 法被の背

    正月休みの後の最初の週末というか、連休でした。成人の日、着飾ったお嬢さんを数人見かけました。それから出初式などもこの休みに行われますね。私は誘われましたが消防団には入りませんでしたm(__)m母が猛反対でして、その理由はなんといいましょうか。父が町の消防団長でした・・・それまでの消防団のあり様をかなりといいますか改革と言えば大袈裟でしょうが、変えたのは確かなのです。幼い私から見れば凛々しい父でしたのですが、戦後のまだ荒くれた気概の残る人の集まりである消防団をまとめるというか、本来の目的の集団?にしていくのに大変だったのは父からの話しで聴いております。ま、それは父の話しでして、母はそのバックアップもしておりましたので(-_-;)つまり何かあればお酒や料理、わが家の座敷と次の間に法被を羽織った人がずらっと並び酒と料...法被の背

  • 手鏡のごとく

    まだ開く前の寒牡丹です・・・2年前の画像から・今年は見に行こうかななどと考えております。此処は東区筥崎(はこざき)八幡宮前の箱崎花庭園です。藁で囲われた寒牡丹が・・・えっと?数十ではなくて・・・私の見た目の記憶が正しければ、二百本くらいはあったかな(笑)もうすぐ見ごろとなります。早い梅はもう蕾をふくらませている時期となりました。 寒中見舞いの頃となりましたが、10年ほど前から勝手ながら年賀状を出しておりません。それまでは新春の一句を添えて出しておりました。いずれ仕事家事から外れることができたら再開したいものだと思っております。その時は〒の年賀状ではなくて、なんか工夫でもできたらとも。年賀状、新年の季語ですね。例句には・・・猫に来る賀状や猫のくすしより久保より江つまり昔で言うところの犬猫病院の先生から、ニャンコち...手鏡のごとく

  • 両肩には温感張り薬を(-_-;)

    今夜はモーツァルトの41番です・・・(^^♪ オフ二日目でかなり疲れが取れてきました。身体の疲れは残っていますが、頭脳?そのへんの疲れが楽になって来ました。午前は発送の仕事をすこしして皮膚科へ行きました。さく11月から一か月ほど悩まされた蕁麻疹、これの薬が切れたので今後はどう対応したらも聞きたかったので・・・タケウチ先生曰く、とりあえず50日分薬を出しておきましょう。この薬は副作用もあまりないのですが、症状など様子を見ながら・・・例えば数日空けて様子を見て下さい。何ともなければ吞まないで下さい。??ということは暫く来なくてもいいよってことでしょうか?そのように受け止めております。これで蕁麻疹と縁が切れるといいのですが、過去にもこういった症状がありましたんで、油断禁物ですね。まあ疲労の積み重ねが一因だと思っており...両肩には温感張り薬を(-_-;)

  • 語らいとむつみ合いと

    平常へ戻りましょう明けて六日・・・終日、元日からの仕事の芥の片付けと明日への準備を済ませました。しかし!頭も身体もお疲れ状態、何やってんだろうかな?って感じの一日でした。 おやすみ前にモーツァルトの40番を聴いています。この楽曲は・・・などと私がとやかく言うものではないのは存じたうえですが。例えば、男女の互いの理想が合って・・・理想です(-_-;)その二人の語らい、むつみ合い、とでも言いますか。一言が嬉しくも切なくも、見つめ合う互いの澄んだ瞳の奥へと融けていき。このまま世界のどこにでも行ってしまいそうになる。そんな感じの40番第一第二楽章ですが(笑)第三楽章のメヌエットで少しばかり踊りませんか?くらいに元にもどりつつ第四楽章の切れのあるメロディーへと(^^♪現実に引き戻されて行きますね。これがモーツァルト?クラ...語らいとむつみ合いと

  • 紺青の独楽

    お正月遊びで思い出すものに独楽廻し。私が小学生時分は・・・当時10歳くらいとして62、3年前(-_-;)木の独楽で鉄の芯でした、紐はたぶん綿を数ミリに縁り合わせた白いものでしたが、何て言うのかは当時も知らないし今もってです。先っぽをちょっと唾を付けて湿らせて鉄芯からきつく巻き付けていきますが、半ばからはしだいに緩めながら巻き付けます。野球の投球の、スリークォーターって角度から2メートル先の地面に向って投げます。紐が緩かったり腕を振るスピードが遅いと回らないというか、転がって、いわゆるアウトですね。これを数人でやるのですが。じゃんけんで負けた順に投げます。最初に投げられた独楽に次の子はぶつけていいのですね・・・凄い!上手く当てても両者の独楽が残っている場合もあり、弾き飛ばしたり自分の独楽も転がってしまったり・・・...紺青の独楽

  • 元日から早くも四日、よっかよっか(^^♪

    新年四日目、本日もお仕事ばかり・・・でもなく分針が30回転するくらい?夕どき近所のストアへ明日のお買い物を少々。暮れにJA佐賀が製造して近くのAコープなどで売っている・・・冷凍食品を購入してました。チキンカツ・ロールキャベツ・チキンカツのチーズが挟まったんです。明日はロールキャベツに決定、玉ねぎは常備品としてあるが、シメジ、ニンジンが切れてたし・・・朝食ヨーグルトもハイボールも切れかけたので補充。はや・・・はやくもという意味の季語があるのです(-_-;)三日はや、といえば・・・早くも三日だなーといった感じや、三日だというのにまだという感じ?そんな感じの、新年の気分の中にいるのに、現実に目覚めるというか・・・ね!例句を見てみますと・・・三日はや木綿のやうな風とゐる野木桃花四日はや霞むに似たる岳の風米谷静二などとあ...元日から早くも四日、よっかよっか(^^♪

  • ハイボールでも(^^♪

    新年おめでとうございます三が日は仕事に没頭してました。大きな事故もなく沢山の皆さまにお買い上げくださったことを感謝しております。晩い夕食を出来合いのおでんですませ、風呂を済ませてPCを開いておりましたら居眠っていました(笑)寝ようかと思いましたが、少し目が冴えたのでご挨拶をしておこうと・・・(-_-;) 今年もよろしくお願い申し上げますm(__)mコロナという一人一人が気をつけて毎日を過ごさなければならない日々です。こういう時代だからこそ自ら持っている経験値に磨きをかける時ではないかと思います。どうぞ皆さん、数十年生きながらえて来たものをベースに、日々の今の自分を見つめて落ち込むことの無きように前へ向かって歩きましょう。 といったところでサントリーハイボールが心地よくのこり少なくなりました。おやすみなさいハイボールでも(^^♪

  • 2021年、お世話になりました。

    明日からしばらく仕事に没頭致します。体力もかなり落ちてきてますのでどこまで頑張れるかですけど(笑)皆さんも良いお年をお迎えください。この一年、お読み下さって感謝申し上げますm(__)m2021年、お世話になりました。

  • 分散化は?

    本日、宮幟端を上げました。写真は4月の春季大祭の時のものです。明日にでも全景をアップしますね。今朝は寒かった!!気温は0℃くらいかな?で北西の風が強くて顔とか皮膚の露出部には堪えました。 幟旗を上げる前にいわゆる神事がございます。神官の祝詞、お祓い、各流れの代表がそれぞれ榊を供え二礼二拍手に全員が合わせます。その間の手の冷たさは、記憶にないくらいに冷たかった。まさか流れの会長である私が軍手をはめて榊などね!(笑)やや強い寒風の中でしたが、無事に終わることができました・・・m(__)m 今回は正月五日が応神天皇ご生誕の日なのです。昔は博多から歩き・・・たぶん10キロ以上・・・でお参りに来てありました。当時は今もですが、ご誕生祭と称されています。 今朝は氏子総代会長さんから声がかかりまして・・・「実はなー、氏子総代...分散化は?

  • 生きていることの証し

    YouTubeでさっきからサイレントナイトが流れています♬イブでしたね・・・サイレントナイトの合唱を聴いていますと生きていることへの感謝を詩っていうのかと感じました。信教がどうのこうのではなく、今を感謝するということでしょう。明日も頑張らねばですね、お客様にもスタッフにも感謝して。メリークリスマス♫生きていることの証し

  • オフの方が忙しい(-_-;)

    本日もオフ。でも午前は今年に導入した機械の手入れというか・・・まだ扱いに慣れていないのです。機械とはシュリンク包装するものですね・・・いろんな商品が薄い透明なフィルムでピタッと包まれてますね。その簡易型の機械なんです・・・今年一年使いましたが今ひとつ習熟が進まず、包装状態も今ひとつ。それで試行錯誤しながらやってました・・・(-_-;)お昼が近くなりましたので、お墓参りに行きました。花はちょうど道すがらのストアがいい花を置いてくれてます。いわゆる仏花だけというのもなんだから、それに黄色のバラを左右に1本ずつ挿したら墓石が明るみました。今年一年のご報告と来年へのなんといいましょうか、ご先祖さまへの感謝ですね<(__)>秋アジサイですが、これはいちばんトップに咲いているもので大きさも一番です。葉の枯れ具合といいコント...オフの方が忙しい(-_-;)

  • 終い湯

    わが家の草ぼうぼう・・・枯れてますが。その中に水仙が蕾を膨らませていました。あと数日で開くでしょう。母があちこちに植えていたのもあれば私が植えたのもあります。先日、いつものストアで母がホームに入居中にお世話になったヘルパーさんとバッタリ。あの頃はお世話になりました<(__)>でなぜお買い物をされているかと言いますと、介護利用者さんの買い物支援だそうです。私も買い物支援者さんが欲しいのだがと思いながら、買い物済ませました(-_-;) さて一昨夜にPCを開くとWIN11へのお誘いがありましたので、えい!とスタートしました・・・その夜はPCは触れずじまいです。昨夜は、電源をオンにしようとPCを開くと只今更新中とか・・・何やかやを数回くり返して、ようやくWIN11に切り替わったようです。トップページが見やすくなりました...終い湯

  • 🐡

    河豚、冬の季語ですね・・・最近というか何年か食べていません(-_-;)でも、カナトフグという河豚なんですが小ぶりのは、こちらでは鍋やみそ汁の具材として人気です。これは海鮮鍋というか寄鍋の時に入れます。さっぱり味でほっくりとした食感がいいです。壇の浦を見にもゆかずに河豚をくふ虚子下関ですね・・・地元下関ではフグと濁らずにフクと言うのだそうです。虚子さんの下五、その辺をわきまえての言葉遣い?河豚刺しのまだ一弁も損はず矢島久栄有田か伊万里の大皿に身を透き通らせて盛られたふぐ刺しのことですが、しばらくは眺めてから食しましょうということでしょうか・・・あぁ、食べたい!怒る前の河豚の顔とはこんなもの大木あまりそう!そのとおりです!!釣りに行って上がるのがこれが多いですね。でこちら福岡の一地方では、ちぃちぃ河豚などと称してま...🐡

  • 柚子湯

    冬最中です・・・冬至が近づいてまいりました。柚子湯ですが、柚子は先週に耳納の里でゲットしております。当日の湯に浮かべるのですが・・・なんといいましょうか、あのプッカリ感はなんとも心もほっかりとします。例句には・・・柚子湯沁む無数の傷のあるごとく岡本眸長いこと歳時記を読んでいて気づかなかった句とでもいいましょうか。私も歳を重ねてくると句意が分かるような気がします。柚子湯は主に香りで一年の疲れを落とすのかと思いますが、この句はその柚子湯が身に沁みると言ってます。それも無数の傷があるごとくと・・・実際に皮膚に切り傷などありません、心の傷なんですね。ゆっくりと湯に浸かってこの一年を思い出せば、あんなこともこんなこともと好いことばかりではないと思い出しているのでしょう。それが無数の傷だと・・・確かに心の傷はなかなか消えな...柚子湯

  • 冴えきっています!

    冴え冴えと冬の月が高く出てました。冷えてます・・・冬の月を見上げてました、ほんの十秒ぐらい(笑)外は大変冷え込んでたぶん3℃くらい? しずかにテレビを見ていました、BSで羽生九段のドキュメントをやってました。若手棋士の活躍の中、50才で、なおあの集中力と言いましょうか。勝負の場に居られることたんたんと楽しんでおられるというか、苦しんでおられるというか・・・頭が下がりました。 さてさて冬の月ですが例句を見てみましょう!寒月での例句が多いですね。冬三日月高野の杉に見失う桑島啓司40代のころ独りドライブで行きました・・・北九州市からフェリーで大阪南港へ上陸。詳しくは思い出せませんが、奈良県へ入り薬師寺や室生寺とか巡りました。高野山では奥の院も歩きましたというかお参りいたしました。高野山と言う聖域に冬三日月が出ていた、...冴えきっています!

  • 数へ日の・・・

    オフでした、予定通りにお米を買いに筑前町みなみの里へ・・・お米を出品する農家がとても多くなりましたね。いわゆるコーナーの面積が2倍ほどになっています。さて修平君の夢つくしは?探しましたねぐるっと売り場を(^_^;)そうすると見つけました2袋しかありません・・・出荷日を見ると今日なんですね!時間は10時、もうお客さんが買っているのか!!予定の2袋(10キロ)確保できてほっとしました。床屋の予定も入れてましたが予約はしてませんので、みなみの里から電話しましたら30分後からOKですよとの返事。ちょっと時間がありましたので大己貴神社(おおなむちじんじゃ)へ今年のさまざまなことへの感謝のお礼を・・・古民家をイノベーションして住まいと床屋の一室と・・・その他、納屋、倉庫、鶏小屋、野菜畑などなどで囲まれた床屋に到着。2か月ほ...数へ日の・・・

  • お煮付け

    午前から小雨が続いていました・・・今は上がり冷えて来ました。今夜は水カレイのお煮つけでした。切り身ですから余って冷蔵庫に入れることはまずありませんね。ゼラチン質に富んだカレイ、ヒラメ、鮟鱇などの魚はよく固まり味も良い・・・煮凝りのことです(^_^;)翌日にお箸の先ですっと切りご飯に乗せ、冷たさと魚の味をふたたび?と食べたものでした。ま、こう書きますと昔の食は貧しいながらに楽しみもありましたね。子供時分にはご馳走にも感じた記憶があります・・・・それに白菜漬はご飯がもう一杯食べれましたね。歳時記の例句には・・・煮凝にするどき骨のありにけり大牧広その通りですね。煮凝の融くるが前の飯の上 明日はオフ、正月準備としてお米を二袋買いに行きます。その他、用件あれど時間足りずの一日かなと予測してます・・・といったところで。BG...お煮付け

  • ポン酢に柚子胡椒

    写真は・・・わが家シリーズとでもしておきましょうか。椿の蕾を発見、水仙も・・・4年前の画像です。蠟梅ですね。今年はまったく開いていません。もう少し寒くなってからでしょう。 話しは変わるのですが・・・11月半ばからの蕁麻疹ですが、先週に皮膚科のタケウチクリニックで処方の薬がいいようで、まったく大丈夫状態です。腫れとか痒みがどこにも発生しません。一日一錠・・・食後2時間で服用して一時間半以上間をとって次の食事となっています。つまり胃を空っぽにした状態で吞むのですね。一日一錠!なんかのCMにあったような(-_-;) 今日はやや寒かったですね。夕餉は鍋にしました・・・具材を書いときます。豆腐1丁半・白菜・春菊・エノキ・椎茸・マイタケ(大パック)・頭の無い小ぶりの海老・冷凍鶏肉ベースの肉団子・豚ロースしゃぶしゃぶ用・軽く...ポン酢に柚子胡椒

ブログリーダー」を活用して、コバさんをフォローしませんか?

ハンドル名
コバさん
ブログタイトル
一句鑑賞
フォロー
一句鑑賞

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用