chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Tiny Style Salon https://tinystylesalon.hatenablog.com/

定番ブランドや古着を中心に、30代40代の大人のメンズファッションに使えるアイテムの紹介、スタイルの提案をしていきます。

TINY RECORDS
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/08/10

1件〜100件

  • 懐かしの90年代。DKNYやCALVIN KLEINのロゴTシャツがマイブーム

    世の90年代ブームに私も煽られたのか、90年代モノをちょこちょこと買い漁っています。 そんな中でも特に個人的にはど真ん中に突き刺さって楽しんでいるのが当時流行り散らかしていたブランドのロゴTシャツ。 いくら90sブームだからとて、紙一重どころかやっぱり今でもアウトな感じが逆にそそるのです。笑 そんなわけでそんなボール球なマイブームではありますが、私の持論は「この世にNGアイテムは存在せず、着る人や着こなし次第」という事なので、ご賛同いただける方は是非最後までお付き合いくださいませ◎

  • 今年推したい柄シャツ古着。pierre cardin(ピエールカルダン)のアロハシャツ

    今年も引き続き人気のオープンカラーシャツ。 中でも、柄物人気が戻ってきています。 オープンカラー、そして柄物とくればやはりアロハシャツです。 アロハシャツに関しては、好きな方にとってはトレンドも何も、毎夏ヘビーユースされるアイテムですし、私もトレンドとは無関係にアロハシャツは毎年好んで着ています。 と言っても手持ちのアロハはサンサーフとレインスプーナーをそれぞれ一着ずつの計2枚。 もう一枚くらい欲しいなぁとぼんやり思っていた中、何かとバッチリなアロハに出会いまして、それがタイトルにもある『pierre cardin(ピエールカルダン)』のアロハシャツ。 今回は早速着用写真からご覧ください◎

  • ディレクションした大人の為のシルバーバングル、オーダー受付がスタート◎

    シルバーバングルをディレクションさせていただきました。 そして、昨日発売となりましたので、今日はそのご紹介をさせてください。 もちろん、せっかく関わって出来上がったものなので、ご購入をいただけたら嬉しいですが、スタイリングを作る上でシルバーアクセサリーはとてもポイントとして有効だとも思っていますので、そんなご参考としてもお読みいただければ幸いです。 まず、今回シルバーバングルを製作することになった経緯から簡単に。

  • ユニクロ×レインスプーナーコラボへ、本音&率直な意見

    レインスプーナー×ユニクロ。 皆さんはご覧になられましたでしょうか? それぞれ2,900円(税込)。 ......。 私と同じ気持ちの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか...。 買われた方もいらっしゃると思うので、わざわざ言わないでも良いかなと思ったのもあって、発売から日の開いたこのタイミングになってしまったのですが...。 「オリジナルのスプーナー買った方が良くない?」

  • 麗しき90'sラルフローレンの名品、長袖のオープンカラーシャツ「BONNARD」

    長袖のオープンカラーシャツってお持ちですか? そんな話を37度や38度を日々記録している今するのも心苦しいのですが、まさかこんなに早く梅雨が明けて夏が来ると思っておらず、慌てて書いている今回ご紹介するアイテムが、まさに長袖のオープンカラーシャツ。 それが、Ralph Lauren(ラルフローレン)のBONNARDです。 御多分にもれず私も90年代のアイテムにお熱で日々サーチして色々買い漁っているのですが、そんな中でも好みや気分ドンピシャアイテムでしたので、いつものように着用スタイリング写真と合わせてご紹介していきますので、どうぞ最後までお付き合いくださいませ◎

  • 古着のプリントT(特にキャラもの)を買い漁っています

    プリントTシャツを加速度的に買い漁っています。 少し前の記事でご報告しました、バンドTをはじめとしたTシャツの古着屋をスタートしたという事ももちろん影響していなくはないでしょうが、それを差し引いてもプリントTシャツがとてもアチぃのです。 そんな灼熱のプリントTシャツの魅力を共有したりお伝えしたかったので、今回は最近買ったプリントTをご紹介しつつ、その魅力について書いてみたいと思います。 今回もどうぞ最後までお付き合いくださいませ◎

  • 配色&履き心地抜群!Tevaの新作サンダル「ZYMIC(ザイミック)」

    Tevaからニューアイコンとして今年発売された『ZYMIC(ザイミック)』。 プリントT然り、柄パンツ然り、カラフルなアイテムに今年は一層惹かれる中、少し前にはニューバランスのXC72の購入レビューもしましたが、やはり特に色柄を取り入れやすいのは足元です。 そんなカラフルだったりビビッドな色味が欲しい気分にジャストなサンダルとして、なんとも嬉しく有難い事に、TevaさんからこのZYMICをご提供いただきまして、早速何度か履かせていただきました。 という訳で今回はこちらのTevaのZYMICの着用感や着用スタイリングをご紹介していきますので、最後までお付き合いくださいませ◎

  • セントジェームスとオーシバル【オンラインサロン内コラム紹介】

    「バスクシャツはお好きでしょうか?」 私は非常に好きで良く着用もしますし多数所有しています。 そんなバスクシャツと言えばセントジェームスとオーシバル。 いずれもフランスで誕生した老舗ブランドで、カジュアルファッションを好む方からクラシックスタイルを好む方まで広く定番として親しまれています。

  • UNIQLO and MARNI(ユニクロ・アンド・マルニ)2022年春夏の購入品や感想紹介。過去一好きなコラボでした◎

    ユニクロ×マルニ、昨日発売となりましたが皆さんは見られましたでしょうか? インスタやオンラインサロンでは書いていましたが、個人的にはこれまでのユニクロのコラボの中でも一番好きな商品ラインナップでしたので、早速発売当日に店頭まで足を運んできました。 結論から言うと購入したものは1点のみでしたが、写真で見ていた期待を裏切る事もなく、実際見た上でもやはりこれまでではベストなコラボだったと感じました。 その理由は、様々コラボラインを展開しているユニクロですが、その多くが「それ、コラボでやる意味あります...?」という置きにいったアンパイな物ばかりで、だったらインラインで十分と思わされてしまう事が続いていた為。 その点、今回のマルニコラボはコラボでしか作らないであろうアイテムがラインナップされており、買う買わないは置いておいて、ワクワク感や期待感をしっかりと感じる事ができ、その点だけでもこれまでで一番好きだと私は感じたのです。

  • アメリカ古着を代表するシャツブランド。BIG YANK(ビッグヤンク)のワークシャツ

    古着やヴィンテージ好きでは定番的に親しまれているアメリカのワークウェアブランド「BIG YANK(ビッグヤンク)」。 にわかに近年その人気も更に高まりを感じつつも高額な物も多く、特にこれまで購入する機会はなかったのですが、最近一点ワークシャツを購入したので今回はそちらをご紹介してみたいと思います。 1919年にシカゴでワークウェアメーカーとして創業され、アメリカンヴィンテージウェア好きの中ではヴィンテージシャツの大定番ブランドとして知られています。 中でもガチャポケ、山ポケと呼ばれる左右非対称の胸ポケットやカーブのついたヨークなど多くの機能的なディテールを生み出し沢山の特許も取得する実用に基づいた物作りが大きな魅力です。

  • 音楽と洋服の仕事をしているので、バンドTシャツの古着屋さんをオープンしました◎

    バンドTシャツはお好きでしょうか? 私、好きなんですよねぇ。 バンドTに限らず、プリントTシャツ全般が大好物でして、加えて何度かこのブログでも触れたかもしれませんがモノが捨てられない性分というのも相まって、数百枚のプリントTシャツが我が家のスペースを圧迫し続けています。 で、掲題につきまして。 別注させていただいて作ったブラックデニムパーカーの発売記事で、その販売サイトとして触れた『The Three Goats』という屋号のオンラインショップ。こちらでバンドTシャツ古着の販売もスタートしました◎

  • コスパ抜群、フルフラットで無重力!Coleman(コールマン)のインフィニティチェア

    2022年の買って良かったモノ大賞が決定しました🏆 まだ5月ですが。笑 と言っても過言ではない、最近購入したモノがタイトルにもありますコールマンのインフィニティチェアです。 コールマンなので勿論、アウトドアチェアの部類になるのですが、コレが自宅でも非常に使えまして、購入以来、この椅子の上にいる時間が爆増中なのです。 早速そのお姿がコチラ。

  • カラフルだけど合わせやすくて大人っぽい、NEW BALANCE XC72【ニューバランススニーカー】

    厚底系のスニーカーは購入対象外としてきた私でしたが、「これは!」と先日即買いしてしまった一足、NEW BALANXEのXC72を今回はご紹介します。 厚底ソールといっても、ダッドな感じというよりはレトロなトレイルランニングシューズといった趣で、デザインもカラーリングも非常にグッとくるものがあり、インパクトも強いので足元でポイントを作りたい時には最適なので、最後までお付き合いいただけたら幸いです◎

  • カーハートのダック地でエプロンタイプの前掛けバッグが手ブラ好きにはたまりません◎

    「カバンを持ち歩くのが嫌い。」 そんな男性は少なくないのではないでしょうか? 私もその一人です。 暖かく気候も良い時期で、散歩などお出掛けの機会も増えているかと思いますで、そんな時にオススメのバッグを今回は一つご紹介したいと思います。 かなり便利なので是非最後までご覧くださいませ◎

  • おしゃれは誰のため?【オンラインサロン内コラム紹介】

    今月4月1日より『オトナカジュアルスタジオ』というオンラインサロンをオープンした事は先日の以下の記事でお知らせさせていただきました。 ただ、オンラインサロンというものの性質上、「何をしているのか分からない」、「ちょっと怖いかも...?」ともどうしても感じさせてしまうかと思いますので、今回はサロン内で投稿しているコラム記事を一つ、こちらのブログでも公開させていただきたいと思います◎ ちょっと文体などはユーモア増量気味になりますが、暇つぶし程度でも読んでみていただけたら嬉しいです。

  • だらっとワイドな古着のツープリーツスラックスで差別化コーデを

    メンズカジュアルファッションのボトムスとしてすっかり定着した感のあるスラックス。 スウェットやデニム、キャップ等々、ドカジュアルなアイテムばかりを使っていても、スラックスを使うだけでバランスも取れ、だら着ではなくファッションを意識しているという印象も簡単に作れる優れものです。 しかしながら、これだけスラックスのカジュアル使いが一般化してくると、"差別化"というオシャレの根本の原理からはその価値は弱まってしまいます。 そこでお勧めしたいのが古着(ヴィンテージ)のスラックス。

  • 30着限定生産、完全日本製の別注ブラックデニムパーカーが完成&販売スタート

    SNSでは度々お知らせしたり、ご意見を伺ったりして制作を進めていた別注のブラックデニムパーカー。 こちらが遂に出来上がり、販売もスタート致します! デニム生地は、日本有数の老舗『KUROKI(クロキ)」の13oz.サンフォライズドデニム生地を使用。 某有名インフルエンサーがよく「ハイブランドでも使ってる」と言っているのでご存知の方も多いかもしれませんね◎

  • 履かなくなったジーンズを気軽に味変!?カットオフデニムのすすめ

    履く機会の減っているジーンズ(デニムパンツ)。 皆さんのクローゼットにも眠っていませんか? 自分ではそれほどたくさん買っているつもりは無いのに、意識せぬうちにいつの間にか増えているという不思議アイテム。それがジーンズです。笑 先日引越しをしたばかりなのですが、その荷造りをしているときに 「ジーパン多いなッ!!」

  • 【adidas originals】アディダスオリジナルスからジャーマントレーナー選びの新たな選択肢【スニーカー】

    ジャーマントレーナーはお好きでしょうか? 古着、ヴィンテージスタイルが好きな方には定番的スニーカーとして愛好されていますが、私、所有した事がありませんでした。 何度か「買おうかな。」と思ったタイミングはあったのですが、なんだかんだでその機を逸し、結局は買わずじまい。 そんな私ではありましたが、最近ようやくの初購入。が、こちら◎

  • オンラインサロン『オトナカジュアルスタジオ』をオープンしました◎【ファッションスタイリング】

    タイトルにある通り、『オトナカジュアルスタジオ』という名前でオンラインサロンを今日オープンしました◎ 「どんな事ができるの?」などサロンの詳しい内容については、以下のサロンの入会説明ページを参照いただくのが分かりやすいと思いますので、ぜひご一読いただけたら嬉しいです。 意見を出していただければ物作りから場づくりまで主体的に楽しんでいただけますし、そうではない方でも読み物や様々な企画の進行経過を楽しんでもらえるはずです◎ 内容については上記は現時点という感じなので、基本的にはメンバーさんの意見をもとに修正やアップデートをしていくつもりなので流動的なものにはなると思います。

  • 国内メーカーとのコラボアイテムの販売スタートしました◎【ヘンリーネックカットソー(ボーダー&無地)】

    前回の記事で販売スケジュールや製品についてなど、詳しくお伝えしましたが、コラボアイテムとして作ったヘンリーネックカットソーが販売受付スタートしました◎ 前回の記事で販売スケジュールや製品についてなど、詳しくお伝えしましたが、コラボアイテムとして作ったヘンリーネックカットソーが販売受付スタートしました◎

  • 【販売スケジュール&着用コーデ写真のお知らせ】コラボアイテムのヘンリーネックカットソー

    インスタやこちらのブログでも進行状況等々お知らせさせていただいています、国内メーカーさんとのコラボアイテム。 先週ブログで「最終サンプルが出来上がりました!」という以下の記事を投稿していましたが、販売開始日も決定しました◎ 併せて各色の着用コーデ写真も撮影しましたので、イメージの参考にしていただけたら幸いです。

  • ABCマート「DOOR」にて、ジャックパーセルやスニーカーに関するインタビューを受けました

    先日、コンバースのジャックパーセルをはじめ、スニーカーに関するアレコレについてのインタビューを、ABCマートさんの「DOOR」というウェブメディアで受けました。 以下がインタビューの掲載されているページ。 「良かったら読んでみてください◎」 というご報告でもあるのですが、スタイリングやファッションを楽しむ事。これをスニーカーを通じて振り返る(考える)良いきっかけでもあったので、インタビュー内容を振り返りつつ雑感をいくつか書いてみたいと思います。

  • 国内メーカーさんとのコラボアイテム、最終サンプルが出来上がりました◎

    少し前に1stサンプル到着のお話しをさせていただいた国内メーカーさんとのコラボアイテム。 1stサンプルを受けて、いくつか微調整をかけた最終サンプルも出来上がりました◎ 修正箇所は身幅や袖周りをより広めに、スリットは0.5cm深く修正。 前回のサンプルは、ネイビー×オフホワイトのボーダーのみでしたが、今回は全3種類のサンプルが到着。 手前味噌にはなってしまいますが、とても満足のいく非常に良い仕上がりに。

  • ダラ着に見せない!大人のスポーティー&アウトドア・スタイリング【1週間コーデ】

    アラサーアラフォーと年齢を重ねてくると、何をどんな風に着てもなんとなる10代20代の頃とは違って、意識を変えないと単に「洋服に興味がなさそう」、「部屋着で出掛けたのかな?」といった印象を与えてしまうことになりがちです。 中でもスポーツ系やアウトドア系のアイテムは、ファッションには全く関心のない方が、「動きやすい」「ラクだから」といった理由のみで愛用されている事も多いカテゴリかと思います。 この傾向はやはり年齢にある程度比例して増える印象がありますので、30代40代の方がそれらのアイテムを使う時点で、ファッションに関心のない方が使うイメージに足を引っ張られる部分があります。 例えば、10代がジャージのセットアップを着こなすのと、40代が同じことをするのでは大幅に難易度が変わってくる、そんな話です。

  • アナログレコードを1枚から作れる新サービス『art vinyl tokyo』

    見出しの通り、アナログレコードを1枚からどなたでも作れるサービス「art vinyl tokyo」がローンチしました。 1枚からオーダー可能と、最小ロットどころか1枚からなのでもはやロットですらありません◎ 「作りたいけど在庫リスクが...。」 という私のようなケースであれば見込める販売数だけ作れば赤字になることはありませんし、1枚単位で小ロットで作れるので受注販売にも適しています。 サステナブル観点で考えても無駄がありません◎

  • 大人のタートルネック・レイヤードコーデのすすめ【メンズファッション】

    「どんなアイテムか?」も勿論大切で洋服の楽しみとして大きな要素ですが、「オシャレに見えるかどうか?」に絞っていうと、「どう着るか?」が影響するウエイトがより強いという事は、このブログでも何度か書いています。 とはいえ、このブログ含め、ファッションに関する発信を続けている中での実感としては、やはり、特定のアイテムについて紹介や言及した内容の需要が圧倒的。 それも大切ですし楽しいですが、せっかく気に入った物や高額の物を手に入れたのであれば、着こなし(スタイリング)で更に良く見せたいですし、何より、このスタイリングというのは私の場合は購入以上に楽しいのです。 そんな想いもあって、度々スタイリング紹介や、スタイリングの考え方についての記事を書いていまして、最近ではレイヤードスタイリングにフォーカスした記事もアップしています。

  • コラボアイテムとして制作中のボーダーヘンリーネック、1stサンプルが上がりました◎

    先月ご報告をしていました、国内メーカーさんより頂いたオリジナルアイテムについての進捗をお知らせさせてください。 先月の以下の記事の段階では、ボーダーヘンリーネックに大決定はしておらず、生地選びをしているところでした。 インスタグラムのストーリーズの方で、皆様に色々ご意見をいただきつつ、ボーダーヘンリーネックの長袖カットソーを2色、無地のヘンリーネックを1色、作ることに決めました。 オーガニックコットン使用&日本製なので安心して愛用いただけるかと思いますし、スタンダードなアイテムでもありますので、長く愛用いただけるような製品に出来たらと考えて着手しました。

  • 洋服をコーディネートする時に考えている3つのポイント

    少し前に、「洋服を買う時に考えていること」について書きましたが、今回はそれをスタイリングする時に考えていることについて書いてみたいと思います。 上記の記事でも触れたと思いますが、私個人的には「何を着るか」以上に「どう着るか」にウエイトを置いていますし、オシャレに見えるかどうかという尺度で測るのであれば、同じくどう着るかの占める割合は高いと考えています。

  • Lewis Leathers(ルイスレザー)のダブルライダース着まわし紹介【1週間コーデ】

    2月も折り返し、寒さのピークも超えた時期に入ると、大活躍してくれるアウターの一つにレザーライダースジャケットがあります。 以前既に、愛用中のルイスレザーとエンメティのレザーライダースのアイテム紹介はしていますが、今回はルイスレザーのダブルライダースジャケットを使った着まわしのご紹介を1週間コーデ形式でお届けしていきますので、どうぞ最後までお付き合い下さいませ。

  • パタゴニアのダスパーカを使った1週間コーデ【アウトドア古着】

    防寒性能やそれに対しての軽さを考えると、私がこれまで購入した冬用アウターの中でもおそらくベストなパフォーマンスだと感じているアイテムが、PATAGONIA(パタゴニア)のDAS PARKA(ダスパーカ)です。 一見ダウンジャケットのようにも見えるリップストップナイロンを使用した防寒ジャケットで、中綿に化繊インサレーションを使用した軽量かつ高い保温性を持ったアイテムです。 90年代のアメカジ世代には、ファッションアイテムとして当時とても人気の高かったパタゴニアを代表する人気モデルなのでご存知の方も多いかと思います。 以前、このダスパーカの商品紹介記事を書いていますが、今回はこのダスパーカを使ったスタイリングを1週間コーデ形式でご紹介していきたいと思います。

  • デニムジャケットをインナー使いした着まわし指南【1週間コーデ】

    秋冬の着こなし・着まわしの一つとして、アウター的なイメージの強いアイテムのインナー使いというものがあります。 以前このブログでも、カーディガンをアウター使いしてライダースジャケットやジージャンをインナー使いするというスタイリングについて記事を書きました。 今回は、デニムジャケットにフォーカスをして、ジージャンタイプの物から、カバーオール、デニムパーカーと複数のタイプのデニムジャケットを使ったスタイリングを1週間コーデ形式でご紹介していきたいと思います。

  • レイヤードを使った冬の大人カジュアル1週間コーデ【メンズファッション】

    ファッションスタイリングは、大きく以下2つの要素から成り立つものだと思っています。 ひとつは、洋服そのもの。 もうひとつは、その使い方。 至極当たり前な話ではありますが、案外、前者にウエイトが偏り過ぎている方というのは多いように感じています。 いかに高額で人気のあるレアアイテムを手に入れようと、それを使うだけでオシャレだと思ってもらえるかは別の話ですし、反対に安価で定番的なアイテムだけを使って多くの人からオシャレだと言ってもらう事も着こなし次第では十分可能でしょう。 もちろん、「"なに"を”どう使う”か。」という両方の要素から成り立っている話ですので、どちらも等しく重要な要素ではあるはずですが、どちらかといえばやはり、物選びよりも"使い方"が苦手な方は多いように思いましたので、今回はその"使い方"の例として特に分かりやすい"レイヤード"についてご紹介してみたいと思います。

  • 【アメリカ古着】ウールスラックスを使った冬のメンズカジュアルコーデ5選【Jos A Bank】

    大人のメンズスタイリングに欠かせない万能アイテムの筆頭として、ウールスラックスを挙げる事ができます。 極論言えば、自分の体型やワードローブに対して適切なスラックスさえ持っていれば、上半身はスウェットやパーカーであろうとデニムやミリタリーアイテムであろうと、特に知恵を絞らずに何を合わせても"それなり以上"の印象を与える事が出来るくらいだと個人的には感じています。 そういった意味ではチート級の万能ぶりアイテムではありますので、逆に私がここでいつものように着用スタイリング写真をご紹介していっても、「まあ、そりゃあそれっぽく決まるわな。」という気もしている次第です...。 なので今回は、ベタにイタリア系のトラウザーズメーカーなどの物ではなく、少しひねってアメリカのJos A Bankという老舗ブランドの90's古着を使ったスタリングを5つご紹介していきたいと思います。

  • メンズファッションインフルエンサーが洋服を買う時に考えている3つのポイント

    今回はアイテムやスタイリング紹介ではなく、趣向を変えたお話をひとつ。 『洋服を購入する際に考えていること。』 こちらをテーマに、思いつく事柄を挙げてみたいと思います。 自分自身のファッションを作る際には、「何を選ぶか」と「それをどう着るか」という二つでしかない訳で、当たり前ですが購入内容を受けてのスタイリング作りですから、単にアイテム単体として欲しいと思ったものを買い漁るのは効率的ではありません。 ここで挙げるのは当然”私の場合”という事になりますので、全てが誰にでも当てはまる正解ではありませんが、何か参考になったり共感して楽しめる部分もあるかと思いますので、今回もどうぞ最後までお付き合いくださいませ◎

  • M65フィールドジャケットを使ったアラフォーメンズの1週間カジュアルコーデ【2022年2月版】

    昨年の今頃、同様にM65フィールドジャケットを使った1週間コーデ記事を書いていますが、閲覧数の特に多い記事のひとつになっていましたので、それだけ需要のある事柄と受け止めて、2022年Ver.という事で今冬のM65フィールドジャケットを使ったスタイリングをご紹介していきたいと思います。 ちなみに、着用者となる私の身長は181cm、体重74kgの現在43歳です。 愛用しているM65はアルミジップ+エポレット付きの通称セカンドとなっています。モデルの違いやそれぞれの特徴(見分け方)については、以下の過去記事を参照くださいませ◎

  • 実は高難易度!?チェスターコートコーデのご紹介

    今回もやはり定番中の定番と言えるスタンダードなアイテム、チェスターコートを使ったスタイリングをいくつかの着用コーデ写真と共にお伝えしていきたいと思います。 とはいえ、このチェスターコート。 私が所有しているのは、10年近く前に購入したものでして、そのためサイズ感はかなりのジャストサイズ(むしろコートとしてはタイトかも?)、色もブラックというスタンダードなタイプなので、今年はうまく使い回せずでスタイリングは3つと少なめになってしまいますが、今回も最後までお付き合い頂けますと嬉しいです◎

  • 国内メーカーさんより、オリジナルアイテム製作のお話を頂き、鋭意進行中【別注アイテム製作も検討中!?】

    インスタグラムにて、毎日スタイリング写真をアップしているのですが、これまでいわゆるPR案件というのは度々あったのですが、オリジナルアイテム製作のお話を国内のメーカー様から先日はじめて頂きました。 私のインスタグラムのストーリーズをご覧頂いている方はご存知かと思いますが、昨年購入してから気に入って度々着用しているデニムパーカーを「ブラックデニムで別注したいな」と考え、フォロワーさんのご意見伺ったりしていたところでした。 つまり、ちょうど洋服を作りたいなと思っていたグッドタイミングなお話だったので、快くお引き受けさせていただく事にしました。

  • モッズコート(パーカー)を使った大人のカジュアルファッション【1週間コーデ】

    冬物アウターの紹介記事が今月は続いていますが、今回も同様に冬の定番アウターを。 モッズコートやモッズパーカーなどとも呼ばれ、ファッション衣料として市民権を得て久しいM-51(M-65)フィールドパーカーを使ったスタイリングを1週間コーデという形でご紹介していきたいと思います。 ガバッと羽織るだけでも十分にスタイリングを楽しめますが、レイヤードしたスタイリングもまた楽しい、誰でも使いやすくもあり、かつ奥深いアイテムかと思いますので、どうぞ最後までお付き合い頂けますと幸いです◎

  • ダウンジャケットを使った大人のカジュアルコーデ紹介

    高級ダウンが流行り一般化してから随分と年月が経ちまして、その浸透具合たるや、誰でも一着は持っていると言える程かもしれません。 そんな私も"高級"と強調するほど高額のものではありませんが、一着ダウンジャケットを保有してまして、今回はダウンジャケットのスタイリング紹介をしてみたいと思います。 これほど一般化しているということは、言い換えればスタイリングに少し頭を使わないと他者と差別化しづらく、目を引くスタイリングを作る難易度は高くなっているとも言えます。 では、今回も最後までお付き合いいただけますと幸いです◎

  • ロング丈・ツイル生地のステンカラーコートで大人のカジュアルスタイルを

    ひと昔前までは、"大人の"とか"ビジネスシーンで"といった枕詞がついてまわっていた『ステンカラーコート』。 近年はすっかりファッション衣料として定着し、大人に限らず若年層まで、ビジネスシーンに限らず普段着として活用され、抵抗のある方もかなり少なくなっているかと思います。 以前このブログでは、バーバリーのステンカラーコートをご紹介しましたが、今回はロング丈のコットンツイル生地を使ったワークテイストのステンカラーコートをご紹介したいと思います。

  • マフラーを使った大人のメンズカジュアル【1週間コーデ】

    冬小物のポイントとして大きな役割を占めるマフラー/ストール。 スタイリング全体の印象を左右する非常に目立ち、おろそかには出来ないアイテムです。 一方で、誰が教えてくれるというものでもないので、 「買ったは良いけれど、上手く使えない。」 という方もいらっしゃるかと思います。 そんなわけで、今回はマフラーを使ったスタイリングを1週間コーデ形式でご紹介していきたいと思います。 1週間分なので7スタイリングとなりますが、5種類のマフラーを使っていきますので、何かご参考になっていただけたら幸いです◎

  • 一工夫でこなれ感を作るMA-1コーデ

    メンズ、レディース問わず、カジュアルファッションの定番アイテムとしてすっかり浸透しきっているフライトジャケット『MA-1』。 トレンドにも度々立ち上がり、昨年などは特に人気の高いシーズンとなっていましたが、そんなトレンドに振り回される事なく毎年使い続ける事の出来るアイテムですので、今回はそんなMA-1を使ったスタイリングをご紹介していければと思います。 いわゆるハマダー的なアメカジについては、"ファッション"というより"スタイル"なのでここでは触れず、この記事ではファッション的アプローチのスタイリングをご紹介していきますので、今回もどうぞ最後までお付き合いくださいませ◎

  • OrSlow(オアスロウ)のショールカラーのメルトンコートで、ピーコートの着こなしの参考にも

    前回の記事では、冬のパーフェクトアウターとしてダッフルコートをご紹介しましたが、ダッフルコートと並ぶ存在としてピーコートも挙げさせていただきました。 という訳で、今回はピーコートをご紹介したいところなのですが、何年か前に US NAVYのものをサイズ感がしっくりこないと感じた為に手放してしまったもので、ピーコートでは無いのですがそれに近いアイテムをご紹介していきたいと思います。 OrSlow(オアスロウ)のメルトンウール生地のショールカラーデザインのもので、着こなしとしてはピーコートに近いニュアンスで使っていますので、今回も最後までお付き合いくださいませ◎

  • 冬のパーフェクトアウター、ダッフルコートを使った大人のカジュアルスタイル5選

    パーフェクトな冬のアウターである、と個人的に考えているものが2つありまして、それがピーコートとダッフルコートです。 あくまでも、トラディショナルやヘリテージ的なものを好む私にとってのお話にはなりますが、このブログやインスタグラムを見てくださっている方は同じように感じているかもしれません。 そんな訳で、今回はそのうちの愛用中のダッフルコートについてスタイリング写真と共にご紹介していきたいと思います。

  • 【新年のご挨拶】インスタライブのアーカイブのお知らせや、メンズファッションTikTokもはじめました

    あけましておめでとうございます◎ 今回の記事は新年のご挨拶のみとなりますが、一昨日にご挨拶を兼ねたQ&Aインスタライブも行いましてアーカイブを残していまして、やはり主にファッションについてのご質問がメインになっていますので、併せてご覧いただけたら幸いです。 インスタライブの方は頻繁ではないですが、またやる際にはLINE@アカウントの方でお知らせはしますので、おともだち追加を頂ければと思います◎

  • 2021年インスタグラムで反響が多かったメンズコーデTOP10

    今日で2021年もおしまい。 今年はこのブログと並行して、インスタグラムでもメンズファッションに特化したアカウントを始めた一年でした。 毎日投稿開始から1年たらずで1万フォロワーに届いたり、80件ほどのPR案件や多くのアンバサダーをやらせて頂いたりと、私的にはインスタがもはやメタバース的世界となっておりました。苦笑 そんな一年を振り返るべく、今年2021年に私のインスタグラム・アカウント上で『保存数』の多かったスタイリング写真のTOP10をご紹介できればと思います。 なぜ『いいね数』ではなく『保存数』かと言うと、いいね数だとアカウント自体の表示優先度が高まっている一定の時期にかなり偏ってしまうので、”反響"や"好評"の指標としては保存数の方が適切かと思いまして。

  • ヴィンテージのスタジャンを使った1週間コーディネート

    レタード物の人気の高い今シーズンですが、急に「久しぶりに着たいな。」と思い立って今年の夏に購入していたヴィンテージのスタジャン。 トレンドは強く気にしておらずとも、なんとなくムードや気分によって結果、トレンドフルなアイテム選びをしてしまうものですよね。 そんなわけで、今回はそのスタジャンを使っていわゆる1週間コーデ的な形でご紹介して行きたいと思います。 今回もどうぞ最後までお付き合いくださいませ◎

  • ダラ着に見せない、大人のスウェットパンツコーデ

    暖か楽チンなので使いたいけれど、着こなしにハードルのあるスウェットパンツ。 10代20代の若い頃であれば、スウェット上下にブルゾンを羽織るようなスタイリングでも成立しやすさはありますが、30代40代にもなってくるとなかなかそうもいかなくなってきます。 そんな訳で、私自身もこの数年は使っていなかったのですが、今回はスウェットパンツを使ったスタイリングをご紹介してみたいと思います。

  • Instagram(インスタグラム)メンズファッションアカウント、1万フォロワーの御礼

    今年の2021年1月から毎日更新を続けていた、インスタグラムのメンズファッション・スタイリングのアカウントが、先月11月に1万フォロワーを超えました。 このブログからフォローをして下さった方がどの位いらっしゃるのかを知ることはできないのですが、ありがとうございます。 一応、毎回記事の最後にこのインスタアカウントがある事は記載してはいるのですが、見落としていたりアカウントまでは見ていない方もいらっしゃるかと思いますので、今日は御礼と共に、そのアカウントのご紹介を。

  • サスペンダー付きの桃太郎ジーンズで大人なアメカジコーデ

    20年ぶりくらいに、サスペンダー付きのジーンズを購入しまして、今回はそのご紹介をしていきたいと思います。 購入したのは、桃太郎ジーンズ(MOMOTARO JEANS)の物で、中古で1万円ほど。 正直、日本国内ではファッション層からは支持の薄いブランドのように思われますが、海外では多くのインフルエンサーやファッショニスタがクールに愛用しているイメージもあり、私個人的には興味のあるブランドだったこともあって買うことにしました。 既に10回前後は着用しているのですが、期待以上にスタイリングの幅や印象を向上してくれて、非常に満足できるアイテムでしたので、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

  • adidas Originals(アディダス・オリジナルス)のジャージを使った大人の古着コーデ

    メンズ・カジュアル・ファッションに使われるウェアは、大きく、ワーク/ミリタリー/アウトドア/スポーツという4つのいずれかの用途で生まれたと言えますが、その中から今回はスポーツウェアのご紹介を。 しばしばトレンドとしても立ち上がってくる、ジャージ(トラックジャケット)を使ったスタイリングです。 10代20代と若い世代であれば、抵抗なくスタイリングの自由度も高く使えるアイテムかと思いますが、30代40代ともなってくると、その強いカジュアル性から少し扱いの難しいアイテムかもしれません。 その分、うまく扱えると強い差別化要素にもなりますし、こなれたスタイリングを作れるかと思いますので、今回もどうぞ最後までお付き合いいただければ幸いです。

  • ヴィンテージ古着のガウンで作る、こなれ感のあるワンマイルコーデを

    カーディガンがトレンドに立ち上がっている中、着こなしの変化球として前回はアウター使いについて触れましたが、今回はまた別のアプローチの変化球を。 今回はガウンを取り上げてみたいと思います。 カーディガンのようにばさっと羽織るだけなので、ステイホームやテレワークの浸透による、ルームウェアやワンマイルウェアへの需要や注目が高まっている昨今の気分も反映できるアイテムではないかなと感じています。 デザイナーズなどでも見つけることはできますが、今回は古着のガウンを使ったスタイリングを4つほどご紹介いていきます。

  • カーディガンのアウター使いでジージャンやライダースもインナーに

    今シーズンのトレンドアイテムの一つでもあるカーディガン。(特にレタード) 個人的には長年好きで着用し続けているアイテムではありますが、"トレンド"ということになってしまうと、避けたりひねりたくなってしまう天邪鬼な私。 同じように感じている方も少なくはないでしょうし、今回はそんな方へ向けてカーディガンをアウターとして使ったスタイリングのご提案をしてみたいと思います。

  • スマートでスタイリッシュなデニムウェア。Sunny & Coの岡山産フルスナップボタンのデニムパーカー

    ここ数年、低迷が叫ばれていたデニムウェアもようやく復調の兆し。 と言っても、私含め、このブログを読んでくださっている方はおそらくそんな業界氷河期は気にせずに、購入や着用をし続けていた事かとは思いますが、今日は最近購入したデニムウェアをひとつ。 フルスナップボタンのデニムパーカーで、これが抜群の使い勝手に加えてスタイリングのポイント作りになるアイテムでして、レコメンドさせて頂きたいなと思います。 購入したのは、鳥取のTRUNKというワークウェアなどアメカジ系ブランドのセレクトショップのオリジナルブランド「Sunny & Co.」の製品となります。

  • ヴィンテージアーカイブをベースにしたCONVERSE(コンバース)のガムソールスニーカー、BIG Cが使えます

    先日ご紹介したZDAに続いて、ガムソールのスニーカーをもう一足同じタイミングで購入していまして、今回はそちらについて。 CONVERSE(コンバース)のBIG Cというラインの物で、やはリこちらもガムソールのスニーカーを探している中で見かけて選んだのですが、安定のコンバースだけあり、ZDAと共に購入後はすっかりスタイリングの際に頼りにしまくっています。 購入したのはこちらの商品で、オールスターのようなアッパーに、つま先までかかったガムソールがデザイン的な特徴となっています。

  • アメカジ古着の定番品、TOWN CRAFT(タウンクラフト)のネルシャツ・コーデ

    アメカジ古着の代表的なブランド「TOWN CRAFT(タウンクラフト)」。 私もかれこれ20数年、好みの色・柄を見つけては買っている好きなメーカーの一つです。 中でも、ネルシャツやチェックシャツなどのシャツ類を好んで買っているので、今日はそちらを使ったスタイリングをいくつかご紹介していきます。 一般的な日本人の場合、アメリカ文化の影響を強めに受けたファッションアイテムを使う方が多いので(スウェットやネルシャツ、チノパン、ジーパン等々)、ネルシャツも老若男女問わず誰もが何気なく着用しており、差別化してスタイリッシュに使うのが少し難しいアイテムなので、いわゆる「オシャレに見せたい」という目的で使うには、ある程度こなれた方向けのアイテムかとは思います。

  • スペルガ、ノヴェスタに劣らぬ好デザインのガムソールスニーカー、チェコスロバキアZDAのクライマー

    古着やミリタリーウェアと合わせやすい品の良さのあるスニーカーを買い足したいなぁと、新たにスニーカーを買い足しまして。 イメージで言うと、イタリア軍のセーラーシューズ(SUPERGA)やNOVESTA(ノヴェスタ)、あとはやはりコンバースのジャックパーセルやオールスターあたりが希望するテイストでした。 カラーで言うと、ベージュベースでガムソールだとよりベター。そんな条件でスニーカー探しをしていたのですが、まさにそんな希望にジャストな物を買う事が出来ました。

  • 流行・定番のバブアーやカーハートを避けたい方へ。ダック地のヴィンテージ・ハンティングジャケット

    ダック地のハンティングジャケットをこの秋冬に買いたいなぁ。と、うっすら考えていたところ、私の参加しているパーソナルスタイリング・サービスで、古着屋さんにお伺いしてそこの商品でスタイリングを組むという企画がありました。 そこで希望通りのハンティングジャケットがあったので、袖を通してみると、"うっすら"ではなく、かなり欲しくなってしまいまして、後日似た物を探して購入する事に。 古着人気、特にミリタリー人気の高い昨今ですが、ダック地のハンティングジャケットは価格も高騰しておらず、見つけやすく買いやすいですし、古着で雰囲気の良いアウターをお探しの方や、流行りからはちょっと差別化したいという方にはちょうど良いアイテムかと思いましたので、今回はそちらをご紹介していきたいと思います。

  • CA4LAのレザー製ベースボールキャップを使って大人なカジュアルスタイリングに挑戦

    秋冬シーズンが来るたびに、身につけたくなるのがレザー素材のアイテムです。 ライダースなどのレザージャケット、レザーバッグ、レザーシューズとそのアイテムは多岐に渡りますが、今シーズンに私が新たに買ったレザー製品、レザー製のベースボールキャップを今回はご紹介したいと思います。 何年か前からしばしば、レザーのベースボールキャップを買おうかとは思っていたのですが、なかなか価格含めちょうど良い物が見つからずで、今回ようやくの購入となりました。

  • 日本最古のデニムブランド「STAR OVER ALL」の復刻オーバーオールを使ったスタイリング紹介

    日本初のデニムオーバーオールを製造したという(日本最古のデニムブランド)「STAR OVER ALL(スターオーバーオール)」をご存知でしょうか。 インスタグラムアカウントの方で、公式アンバサダーのお話をいただきまして、私もそこで初めて知ったのですが、近年すっかりオーバーオール付いている私にとっては嬉しいお話でしたのでお受けさせていただきました。 実際に手に取り着用してみると、非常にスタイリングにも取り入れやすい仕上がりでしたので、「PR案件を受けている商品は滅多に取り上げていない。」と2つ前の記事で書いたばかりではありますが、それだけ気に入ったという事でご理解いただければと思います。汗

  • 洋服収納が限界に達したので、無印良品「頑丈収納ボックス」でベランダ収納をはじめました

    洋服やバッグ、靴などの収納スペースに四苦八苦している方も多いかと思いますが、私も長らく悩まされていまして、今回はそんな方向けのアイテムのご紹介を◎ 無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」という商品なのですが、これが非常にコスパ含め調子良い商品でして、私はこれをベランダ収納として使う名案で、新たな収納スペースの確保に成功しました◎ 対荷重100kgあるので、同じ物を積み重ねたり、ベンチとしても使えるのでベランダや庭置きに非常に最適です。

  • 【ユーロワーク】一枚でサマになるモックネック型のプルオーバー、フィッシャーマンスモックで作るヴィンテージスタイル

    イングランドにある港町で漁師の着衣として古くから存在しており、漁師に留まらず、画家や彫刻家など、アトリエ着としても親しまれています。 ボタンやジッパーなどの無い、プルオーバー型のゆったりとしたボックスシルエットに、帆布のような厚く丈夫な生地、モックネックの首回りなどがその特徴として挙げられます。 昨今ではユーロヴィンテージのトレンドに加え、モックネックやプルオーバーの人気も高まっていますので、ファッションアイテムとしても今が気分と言えます。(もちろん古着やヴィンテージ好きにとっては、トレンドは関係なく定番的に愛好されていますが。)

  • バナリパ(BANANA REPUBLIC)のイエロー×グリーンのチェック柄ネルシャツで色を拾ったスタイリングを

    木更津の三井アウトレットパークでバナリパ(バナナ・リパブリック)のネルシャツを購入しました。 イエロー×グリーンのやや派手さのあるチェック柄のネルシャツなのですが、これが非常に汎用性高く合わせやすく、今度末長く重宝しそうですので今日はそのご紹介を。 素材はUSコットン100%のバナリパらしいアメカジライクなアイテムで、イエローとグリーンの色味がインパクトもありつつ落ち着きも感じ、ワードローブにブラウンやオリーブカラーの多い私にとっては手持ちのアイテムと非常に合わせやすく気に入っています◎

  • デニムコーデを上品で大人っぽく格上げできるベスト(ジレ)使いのすすめ

    レイヤードのしやすい気温になってきた今日この頃ですが、皆さんはベストって活用されていますでしょうか? ジレとかチョッキとも呼ばれるアレです。 私はというと、20数年前に遡って中学生の頃に、ダウンベストやキルティングベストを着ていた以来、記憶の上では着ていなかったように思います。(記憶上なので、ちょろちょろ何か着ていた可能性はありますが。汗) そんな私なのですが、昨年急に「ベストが着たい!」とベスト熱にうなされまして、そんなベスト熱を下げるべく、2着ほど購入していましたので、今日はそのうちの1着を使って【ベストのススメ】をしていきたいと思います◎

  • 南房総の貸別荘でバーベキュー。保田小学校や漁港、木更津アウトレットや海ほたると千葉を満喫してきました【観光・旅行】

    「バーベキューがやりたい!」 そんな気持ちが昂り、むしろ荒ぶっていましたもので、先日、南房総のバーベキューができる貸別荘に一泊してきました。 バーベキューはテラスのようなスペースに一式設備が用意してあるので、炭火を作ってあとは焼くのみというお手軽スタイル◎ ちなみに立地は海まで徒歩5分程度なので、波の音も聞こえてきます。

  • IOFT2021(国際メガネ展)に公式インフルエンサーでお邪魔してきましたので、気になった2ブランドをご紹介

    IOFT2021という眼鏡の見本市の公式インフルエンサーとしてお声掛けをいただいたので、会場となる東京ビッグサイトへ足を運んできました。 このIOFTというのは、INTERNATIONAL OPTICAL FAIR TOKYOの略で、国際メガネ展とも呼ぶ今年で34回目となるアジア最大級のメガネの展示会との事です。

  • 上品にまとまるライトアウター。ユーロヴィンテージのショップコート(アトリエコート)【ヨーロッパ古着】

    ヴィンテージや古着というと、清潔感や上品さに欠けるイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、今回はそういった方にもおすすめできるライトアウターをご紹介していきたいと思います。 昨今、人気の加熱しているユーロヴィンテージ/ヨーロッパ古着の代表的なアイテムの一つとなる、ショップコート/アトリエコートです。 いわゆるワークコートの一種となりますが、デザイン的にはステンカラーコートに近く、バサッと羽織ってもサマになりやすい使い勝手の良いアイテムなので、普段は古着をあまり好んで着ない方でも取り入れやすいはずです。

  • 愛すべきメンズファッション大定番、SAINT JAMES(セントジェームス)のウェッソンを着用レビュー【ボーダーバスクシャツ】

    真夏以外は通年大活躍のカットソーとして、私を含め多くの方が愛用しているであろうバスクシャツ。 以前一度、ORCIVAL(オーシバル)のパネルボーダーのバスクシャツをご紹介したことはありましたが、今回はSAINT JAMES(セントジェームス)の定番バスクシャツであるOUESSANT(ウェッソン)を取り上げていきたいと思います。

  • 目下の一番のお気に入りアイテム。Lybro by Nigel Cabourn(ライブロ・バイ・ナイジェル・ケーボン)のオーバーオール

    ミリタリーやワークアイテムとして定番でもあり、周期的にトレンドアイテムとして何度となく浮上もするオーバーオール/サロペット。 これまでに、Leeのデニムオーバーオールとチェコ軍のオーバーオールをご紹介していますが、今回はLybro by Nigel Cabourn(ライブロ・バイ・ナイジェル・ケーボン)のオーバーオールをご紹介したいと思います。

  • 大容量&完全防水なのに都会的なデザイン。CHROME(クローム)のロールトップ型バックパック「URBAN EX ROLLTOP」

    ホテルへの宿泊の多いこれまでの仕事柄、スーツケースやバッグを物量やシーンに合わせて色々と使い分けてきました。 もちろん、数泊の中長期間の宿泊となれば、スーツケースをメインにすることになりますが、1,2泊程度の短期間の宿泊であれば、ボストンバッグや大きめのトートバッグ程度でも収納力としては事足ります。 それらを使う事は私もありますが、短期宿泊の際に最も多く使用しているのが、今回紹介するCHROME(クローム)のロールトップ型のバックパックです。 非常にざっくりと言ってしまえば、大きめのバケツを背負うようなイメージ。 これだとちょっとイメージ悪いかもしれませんが、細かな仕切りやポケットのない、筒状の形をしたドカンとアレコレぶち込める大胆な収納力と、シンプルで洗練されたデザイン、完全防水でタフでラフに扱える非常に使い勝手の良いバックパックです。

  • Leeのデニムオーバーオールを使ったワークテイストに振り切ったスタイリング提案

    ワークアイテムの中でも代表的な物と言えば、デニムが挙げられます。 ジーンズやトラッカージャケット(Gジャン)、カバーオールと、デニムを使ったウェアは様々ありますが、とりわけワーク色を強く感じるのがオーバーオールです。 それだけに、日常着としてファッションに取り入れることに抵抗や難易度を感じる方も少なくないように感じますが、私個人的には非常に気に入って頻繁に使っているアイテムでもありますので、今回は愛用中のLeeのデニムオーバーオールをご紹介したいと思います。

  • 東京タワーに芝公園に増上寺。ホテルタビノス浜松町へ一泊【東京観光】

    前回に引く続き、「ホテルタビノス」というマンガをコンセプトとした映えホテルへ。 今回は竹芝駅の目の前にあるホテルタビノス浜松町へ、宿泊をさせていただく機会をいただいたので、周辺散策を楽しみつつ、一泊させていただきました。 浅草は「祭り」をコンセプトにしたマンガイラストが描かれていましたが、浜松町は「商店街」がコンセプトとの事。

  • ボーダーTシャツを使った夏〜秋の1週間コーディネート

    昨年あたりからトレンドのひとつになっているボーダーやパネルボーダー。 元来無類のボーダー好きな私の場合には、トレンド云々はあまり関係なく着続けているものではありますし、トレンドがピークアウトしてもボーダーの場合は定番的な柄ですからトレンドと言っても廃れるようなものではありませんが...。 ということで、一度も袖を通したことが無いという人の方が少なそうなくらいのボーダーカットソーを使ったスタイリングを7つ、恒例(?)の1週間コーディネートという形でご紹介していきたいと思います。

  • 手頃で扱いやすいヴィンテージ。US NAVYシャンブレーシャツ【ミリタリー古着】

    9月に入り、時間帯によっては半袖一枚では肌寒さを感じる日も増えてきました。 かと言って、ガッツリとアウターを羽織るほどでもありませんし、スウェットやニットを着るにもまだ早い。 とくれば、長袖のシャツやロングスリーブTシャツくらいが塩梅良いところかと思いますので、今回は今の時期にオススメのUS NAVYのシャンブレーシャツをご紹介してみようと思います。 US NAVY、つまりアメリカ海軍のミリタリーアイテムになりますが、球数も多く、容易に見つけられますし、価格も1万円あればお釣りが来るくらいの手頃さです。

  • 【気になった5点】UNIQLO U 2021秋冬コレクション プレビュー【ユニクロユー】

    今回は、間も無く発売(2021年9月17日(金))となる、UNIQLO U(ユニクロユー)の2021年秋冬コレクションのラインナップを眺めながら、アラフォーメンズ目線で「気になるアイテムは無いものか?」と、いわゆるプレレビュー的な記事をお届けしたいと思います。 実物を見たり着てみないと分からないのが洋服ってものではありますので、「良さそう◎」と思ったものがそうでもなかったり、「これは興味湧かないかな。」と思ったものが気に入ったりする事はあるとは思いますが、今回も最後までお付き合い頂けますと幸いです。

  • メディアやインフルエンサーが煽る「マストバイ」や「NGアイテム」なんて存在しないというお話

    メディアやインフルエンサーの発信で頻繁に目にする「マストバイ!」や「NGアイテム」といった言葉。 コレ、私、常々引っ掛かっております。 私の中の結論のみをまずお伝えすると、「ファッションにおいて、マストバイやNGアイテムなど存在しない。」と、そんな風に私は考えている為です。 その為、これらのワードを目にすると、私個人が抱く印象としては、「嘘をついている」、「信用できない」、「未熟な意見」といったネガティブなものになってしまうのです。 では、このような考えに至る理由を説明していきます。

  • ラフに扱えるテーラード。Theory(セオリー)のストレッチ・リネンジャケット

    メンズファッションの基本にして、最も奥深い世界とも言えるテーラードジャケット。 なのですが、私は滅多に購入したり着用することがありません。 理由は超シンプルで、着用時にシワや汚れを気にしたり、保管時に気を使うのがとっても面倒だから...。苦笑 とはいえ、そんな面倒さが無ければジャケット自体は好きですし、着たいと思うことはあります。 そんな私が10代の頃からしばしば愛用しているのがリネンジャケット。

  • ENGINEERED GARMENTSのコーデュロイ・ベレー帽を使った7スタイリング紹介

    秋のかぶり物の代表的なアイテム、ベレー帽を今回はご紹介したいと思います。 このブログやインスタグラムをご覧いただいている方はご承知の通り、複数のベレー帽を愛用してはいるのですが、ここではそんな中でも一番購入した時期が最近になるENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)のコーデュロイのベレー帽を取り上げさせて頂きます。 フレンチやミリタリーのトレンドも残る中ですし、これまでベレー帽を使って来なかった方も、トライしてみるのには良いタイミングかとも思いますので、今回もどうぞ最後までお付き合いくださいませ◎

  • UNIQLOレディース3XLのパネルボーダーシャツ「ボーダーオーバーサイズT(長袖)」が好調です

    今回買ったのは、ユニクロのボーダーTシャツになるのですが、例によってと言いますか、お得意のレディース3XLの商品。 3XLサイズということで、店頭販売はなく、オンラインのみでの販売となりサイズ感など不安もありましたが、これが期待通りにしっくりとハマってくれましたので、今回も着用スタイリングと合わせて、情報共有させていただければと思います◎

  • CHROME×Panaracerのコラボによる全天候型スニーカー「KURSK AW」

    CHROMEシューズの定番モデル「KURSK」ですが、今回は自転車用タイヤ&チューブ専門ブランド「Panaracer(パナレーサー)」とのテクニカルコラボレーションにより、新生CHROME FOOTWEARと銘打った複数モデルのアップグレードが行われています。 最も顕著なアップグレードは、タイヤやチューブを専門に扱うパナレーサーとの協業ということで、やはりソールになるかと思います。 ゼロから開発された新素材のソールラバーは、両立が困難とされた“グリップ力”と“耐摩耗性”を共に高め、ライドや歩行においてその機能を発揮してくれます。

  • ミリタリートレンドで人気再燃。グルカサンダルのレビューやコーデ紹介

    今年の夏もぼちぼち終わりに近づいていますが、今回も夏アイテムのご紹介を。 昨年今年とトレンドアイテムにも上がっていた、グルカサンダルになります。 "夏アイテム"とは書きましたが、春〜秋と冬以外は使えると思いますので、残暑や秋の足元のご参考になっていただければということで、今回も最後までお付き合いくださいませ◎

  • ラコステの麦わら帽子を使った夏コーデ紹介

    8月も終盤に入り、取り上げるタイミングとしては少々遅めになってしまいますが、夏の被り物の定番、麦わら帽子を使ったスタイリングを今回はご紹介していきたいと思います。 今回使用するのは、4年くらい前に買ったLACOSTE(ラコステ)のもので、ドレス感も保った小洒落たストローハットというよりも、野暮ったさもある"麦わら帽子"と呼ぶ方がしっくりくるデザイン。 差別化やコントラストという意味では、このくらいの"麦わら感"がある方が使いやすさも感じますし、夏っぽさも演出しやすいかと思いますので、今回も最後までお付き合いいただけますと幸いです◎

  • コンバース オールスター(ホワイト)を使った大人の1週間コーデ

    ファッションに強い関心のないという人を含めても、ほぼ全ての人が一度は履いたことがあるであろう『CONVERSE ALL STAR(コンバース オールスター)』。 それだけに、アイテム単体としてはインパクトにも欠ける印象を受けやすいしょうし、中にはあまりファッションアイテムとして良いイメージを持っていないという方もいるのかもしれません。 特にメンズの場合、スタイリングよりもアイテム単体の価値や希少性をファッションの評価に強く盛り込む方が多いので、現行の国内のモデルを敬遠する方は少なくないでしょう。

  • アラフォーメンズの自転車ファッション1週間コーデ

    少し前に、ランニングウェアを爆買いしてきましたという記事を書きましたが、今回はサイクリング、つまり自転車に乗る時の洋服のお話やスタイリング紹介をしてみたいと思います。 自転車は5年前から趣味として乗っていまして、当初はRaphaなどのガチなサイクリングウェアもアレコレと買って試していたのですが、現在は普段着の延長上の洋服で乗ることがほとんどです。 というのも、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車に乗っている方の多くは、ガチなウェアに身を包んで乗っているので、私もそれにならっていたのですが、 「よく考えたら、そんなに100キロも200キロも走ったりしないし、普通の服で十分なのでは?」 とハタと気がつきまして、実際、思った通り、ちょっと動きやすい普段着で私には十分でした◎

  • UNIQLO U エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ着回しコーデ

    特に私がここで取り上げるまでも無いほどの大ヒット&定番商品にすっかりなっているユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツですが、この夏も何度か私も着用機会がありましたので、着用スタイリングをいくつかご紹介してみたいと思います。 1週間コーディネートとしてアップできる程には着れていないのですが、ブラックとブラウンの2枚所有していますので、そちらのスタイリングをそれぞれ2つ、ご参考までにアップしていきます。

  • サングラス選びで迷ったら、まずはRAYBAN(レイバン)のウェイファーラーのお試しを

    日差しの強い夏の必需品と言えるアイウェア。 私もこの数週間はほとんど毎日のようにサングラスを着用して外出をしています。 愛用しているのは、サングラスの代名詞とも言える「RAYBAN(レイバン)」の代表的モデルの「WAYFARER(ウェイファーラー)」。 同じく愛用中の方も多いとは思う一方で、サングラスを日常使いすることに抵抗のある方や、何を買って良いのか分からないという方もいらっしゃるかと思いますので、今回はこの大定番をご紹介していきたいと思います。

  • プリントTシャツを使った夏の1週間(10日間?)コーディネート

    無地Tシャツ人気も続く中、それと並行して人気復調をみせているプリントTシャツ。 一枚で着る夏シーズンにおいては、このプリントがスタイリングの印象を大きく左右すると思います。 それだけに「どんなプリントのものを着て良いのか分からない。」とか「合わせ方が分からない。」という方もいらっしゃると思ったのと、何より私が非常にプリントTシャツ好きという事もあり、今回はプリントTシャツを使った1週間コーディネートをご紹介していきたいと思います。

  • 迷彩カーゴパンツで夏コーデ【デジカモ柄ファティーグパンツ】

    春先の記事で購入品として紹介したミリタリー古着の「US ARMY ACU ファティーグパンツ」。 その時は季節的にスウェットやニットと合わせたスタイリングをご紹介していましたが、重ね着のしにくい夏に入り、改めて「使えるなぁ。」と感じたので夏のスタイリングで再度ご紹介をしてみたいと思います。

  • ユニクロに感じるファッション衣料としての失速感

    タイトルにある通り、あくまでも私個人的な肌感の話になりますが、ユニクロの失速感を今年の序盤あたりからぼんやりと感じていました。 今日はそんなお話です。 といっても、経営的な面ではなく、"ファッション衣料ブランド/ストア"としての失速感です。 近年のユニクロは、長らくファッション好きが抱いていた「ユニクロは着たくないな...。」というイメージの払拭に成功したと言えると思います。 このネガティブイメージの払拭には、コロナ禍で一気にキャズムを超えたファッション系YouTuberの台頭も大きく貢献しているように感じています。

  • マンガがコンセプトの映え宿!ホテルタビノス浅草へ【旅行・観光】

    前回の田町一泊旅で一旦のラストと思ったのですが、『HOTEL TAVINOS(ホテルタビノス)』というまた別のホテルに宿泊させていただきました。 このホテルタビノス、浅草・田町・京都の3箇所で展開される新しいホテルで、今回泊まらせていただいたのは浅草。 オープンは2020年7月という事で、ちょうど1周年くらいとまだ新しいホテルです。 ホテルのコンセプトはなんと"マンガ"。 浅草の街自体は、6月にも周って以下の記事でも書いたばかりですので、今回はホテルそのものについて多めで書いていきたいと思います。

  • オールシーズン使い倒せるUnited Athle(ユナイテッド・アスレ)のヘンリーネックTシャツ

    シンプルな無地Tシャツだと物足りない、かといってプリントTシャツには抵抗がある。 年齢を重ねてくると、そんな風に感じる方も多いかもしれません。 そんなケースに最適なヘンリーネックTシャツ。 昨年あたりから、既に人気の高まりを感じるアイテムではありますが、そんなヘンリーネックTシャツの中から、今回はUnited Athle(ユナイテッド・アスレ)のヘンリーネックTをご紹介していきたいと思います。

  • 夏スタイルのポイントを手軽に作れるビーチサンダルコーディネート

    夏の足元といえばやはりサンダルになってくるかと思いますが、 中でも今回ご紹介&おすすめしたいのがビーチサンダル。 もしかしたら、ビーチサンダルというとファッションアイテムとしては抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には非常に使えるアイテムだと思っています。 そんな訳で、今回は私が今使っているビーチサンダルを使ったスタイリングを3つほどご紹介しつつ、その魅力や特色をお伝えしていければと思います。

  • 白Tシャツに迷ったらまずは試すべき一枚。Hanes BEEFY-T(ベインズ ビーフィーT)ポケット付き

    一枚で着るにも、インナー使いするにも、兎に角、活用頻度の多い白Tシャツ。 その汎用性や需要の高さからも、多くのブランドから様々な白Tシャツが展開され、雑誌やインフルエンサーなども度々「どれが結局、ベストなのか?」といった趣旨の発信をしたりもしています。 先日久しぶりにHanes(ヘインズ)のポケット付きのBEEFY-T(ビーフィーT)を一枚で着てみたのですが、「やっぱりコレだなぁ。」と感じたもので、紹介やおすすめをするまでも無い大定番ではありますが、今回はちょっと触れてみたいと思います。

  • adidas(アディダス)でランニングウェア&シューズを爆買いしてきました

    ランニングをはじめました◎ そこで必要なウェアやシューズなどをアディダスでごっそりと買い漁ってきたので、今回はそのご紹介を。 こういったランニングやスポーツウェアは、たまにアウトレットモールに行った時に、軽く覗く程度だったのですが、今は随分と洒落たアイテムが多いですよね。 どれも良い感じに見えつつも、いくつか試着をして 【キャップ、ショートパンツ、ロングパンツ、ウエストバッグ】 の4点を購入◎

  • 20年越しにチャイナシャツを購入。無印良品のフレンチリネン洗いざらし結び釦シャツ

    ユーロヴィンテージブームもあり、一昨年〜昨年にかけて人気アイテムの一つとなっていたフレンチチャイナ。 私も「ちょっと欲しいなぁ。」と、購入候補品の目星を付けたりはしていたのですが、結局買わずじまいとなっていました。 そんな中、先日ぶらりと無印良品の店舗に立ち寄った際に、こちらの『フレンチリネン洗いざらし結び釦シャツ』が値引きされているのに出くわしまして、「2990円なら試しに買ってみるか。」と購入してきました。 こちらは薄手のリネン生地を使ったものなので、厚みのあるフレンチチャイナとは大きく異なりますが、私の場合、フレンチチャイナが欲しかったというよりも、チャイナシャツを着てみたかっただけなので、タイミング的にはトレンドアウト感はありますが、コスパ的に非常に満足しています。

  • 春夏に取り入れたいロングスリーブTシャツを使ったレイヤードコーデのすすめ

    気候的にどうしても着用点数が減り、スタイリンングの幅が狭くなりがちな春夏シーズン。 トップス1点、ボトムズ1点のスタイリングだと、差別化をしつつ雰囲気良くまとめるのはなかなかに難しくなってきます。 というわけで、そんな春夏におすすめのスタイリングが、ロングスリーブTシャツのレイヤード。 私のようなアラフォー世代に分かりやすく伝えるのなら、ハマダースタイルのアレです。笑

  • 大定番のマストアイテム。無印良品のオックスフォードボタンダウンシャツ

    老いも若きも男女も問わず、多くの人のワードローブに一枚はあるであろうオックスフォードシャツ。 中でも、無印良品のオックスフォードボタンダウンシャツは、多くの雑誌やインフルエンサーからも高い評価を集めており、リピート買いを続けているファンも少なくありません。 アイロンや首回りの汚れといったケアが面倒で、白シャツはあまり好んで着ない傾向にある私ですが(白シャツ自体は好きなんですけどね...)、この無印良品のオックスフォードBDシャツは常に一枚はクローゼットに入れています。

  • ポロシャツを使った夏の1週間コーディネート

    Tシャツと並ぶメンズの夏服の定番アイテム『ポロシャツ』を使ったスタイリングを7つ、つまり1週間分ご紹介していきたいと思います。 夏向けにということで、今回は半袖のポロシャツ多めで、極力違うポロシャツを使ってみました。 大定番ということもあり、意外に雰囲気良く着る事が難しいアイテムだったりもすると思っていますので、何かご参考になってくれたらとても嬉しいです。

  • 東京タワー夜景やレインボーブリッジ徒歩横断でお台場まで。田町へ一泊旅【旅行・観光】

    銀座、秋葉原、浅草と続いたホテルグレイスリー&ワシントンホテル公式アンバサダーとしての都内マイクロツーリズムシリーズも今回で一旦のラスト。 で、ラストとなる今回は田町。 東京に住まれている方でないとピンと来ないであろう街かもしれませんが、お台場も近く東京タワーも近く望める街となります。

ブログリーダー」を活用して、TINY RECORDSさんをフォローしませんか?

ハンドル名
TINY RECORDSさん
ブログタイトル
Tiny Style Salon
フォロー
Tiny Style Salon

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用