searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

隊長さんのプロフィール

住所
うきは市
出身
うきは市

福岡県うきは市のフォトスタジオのカメラマン(お子さんの撮影が得意です)をしています。趣味の片付けや、貯金の話をブログに書いています。よろしくお願いします。

ブログタイトル
未来へのタネまき日記
ブログURL
https://miraihenotanemaki.hatenablog.com/
ブログ紹介文
47歳で初めての子育て。長男の成長で気付いたことや、自分が子供の頃に全くできなかった片付けや、貯金、勉強などの習慣。大人になりセミナーや、本を読んで学んだ「習慣の作り」について、子供たちに早く知ってもらいたい!という思いで書いています。
更新頻度(1年)

49回 / 49日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、隊長さんの読者になりませんか?

ハンドル名
隊長さん
ブログタイトル
未来へのタネまき日記
更新頻度
49回 / 49日(平均7.0回/週)
読者になる
未来へのタネまき日記

隊長さんの新着記事

1件〜30件

  • 片付け|時間を作るために、あえて自転車に乗る時間を作る

    隊長です!「忙しい」の本当の理由が、①やらないで良いことをする②「緊急でない、重要なこと」をやっていないなどで、気付かない内に起こっていることの場合があります。そういう理由から忙しい理由が、スケジュール管理の方法ではないことを知り、手帳を断捨離しようといています。 miraihenotanemaki.hatenablog.com よく「仕事の優先順位をきちんと決める」と言いますが、この優先順位を決める際も、怪しいと思います。自分では優先順位の高い仕事と思っていても、もしかしたら、やらないで良い仕事かもしれないし、発生しない仕事かもしれないのです。現在、片付けのおかげで時間が、できるようになった…

  • 片付け|片付けができない人の勘違い:手帳2

    隊長です!昨日、手帳を捨てる!という記事を書きました。 miraihenotanemaki.hatenablog.com なぜスケジュールが空くようになったのか?その答えは、スティーブン・R・コヴィ氏の「7つの習慣」に書いてあります。第3の習慣:最優先順位を優先する「緊急でない、重要なことを優先する」 実は、知らず知らずのうちに片付けを通して、B(第2領域)を優先していたことを知ります。このことを「7つの習慣」を読むまで知りませんでした。片付けは、第2領域「緊急でない、重要なこと」。後回しにしやすいことが第2領域です。 第2領域(緊急でない、重要なこと)を優先すると、第1領域の「緊急で、重要な…

  • 片付け|片付けができない人の勘違い:手帳

    隊長です!最近、捨てようか?どうか?様子を見ているものがあります。それは「手帳」です。 もう2ヶ月くらい検討しています。今のところは無くても、支障はないみたい。手帳のスケジュール管理の代わりに、使い始めたのは、iPhoneの①カレンダー②リマインダー今更ながらのですが、iPhoneの①カレンダーと②リマインダーは、すごく便利ですね!便利な理由①全てのディバイスに同期ができる②時間前に、アラームでお知らせしてくれる③常に身に付けて持って廻っている アラームのおかげで、うっかりが無くなります。 普段、空き時間に仕事ができるように、常に持ち歩くバックの中には、スマホ+キーボード(1,500円)を入れ…

  • 片付け|片付けができない人の勘違い:ゴミ箱

    隊長です!今日から何回かに分けて、僕の経験から学んだ片付けができない人の勘違いについて書きたいと思います。昨日のブログに、片付けが好きになった理由が、固定概念を捨てることができたら、スッキリしたことについて書きました。 miraihenotanemaki.hatenablog.com 片付けができない時、「ないと、いけない!」と思い込んでいたモノが、たくさんあります。今日は、その中の1つ、ゴミ箱について書いてみたいと思います。 片付けができない頃の僕は、片付けするために、よく100円ショップや、ホームセンターに、収納ボックスや、ケースを買いに行ってました。 これは、当たり前の行動と思っていまし…

  • 片付け|片付けが好きになった理由は、固定概念を捨てる勇気が持てたこと

    隊長です!最近、嬉しいことがありました。 ブログを読んでくれている後輩から、ダイレクトメッセージをもらいました。内容は、収入が少し減って、今の生活を維持するための相談です。後輩から「マツオさんに相談して、 視点が広がった!」と言ってもらえました。また息子が通う幼稚園の別のママから、「投資を始めたいけど、 わからないから怖い!」と相談を受けたりしています。このブログの目的は、本業以外なことで、多くの方が聞くに聞けない、困りごとを、気軽に書ける場所が欲しいと思って書いています。お金の話など、学校で教えてもらえない、他人に聞くに聞けないなど、いろいろあります。結果的に知らなくて困ってある方が多いし、…

  • 教育|変化の激しい時代だから、家訓が大事

    隊長です!ここのところ、ずっとミッション(理念)のことを書いて来ました。 実は、これまで書いてきたのは、みなさんのお家に「家訓」を作って欲しかったから!家訓を考える機会になってもらえればと思いました、今、現代社会で、家訓を持ってある方が、どれくらいいるでしょうか?80年以上前の戦前の日本には、家訓を持ったお家がたくさんありました。前回のブログで、家訓が無くなった理由を書きました。 miraihenotanemaki.hatenablog.com では、なぜ今、家訓が必要になったのか?①豊かになり、目的がわからなくなったから②変化が激しい時代の中で、大事なものがわからないから③長寿になったこと僕…

  • 教育|空手道場を選んだ理由は、道場訓が素敵だったこと

    隊長です。最近ずっとミッション(理念)のことを書いていました。ミッション(理念)のことを、いつも考えていますので、他社のミッション(理念)が、とても気になります。 男の子が生まれたら、空手をさせたいと思っていました。しかしどこの空手道場に入会させるのか?正直、迷ってました。何を基準にしたら良いのか?分からなかったのです。見学に行った際に、練習後に、門下生全員で、道場訓を読み上げてることが、とても素晴らしい!と感じました。 ↑中央の先生の後ろに座っている小さい子が息子です。まだ4歳ですが、幼い時から、礼儀を教えてもらえることは、ありがたいし、良いことだと思います。そして道場訓の内容も素晴らしい!…

  • 教育|企業理念の言葉に込めた自社への想い

    隊長です!今日は、企業理念の言葉に込めた自社への想いについて書いてみたいと思います。 当社企業理念(ミッション)は子供たちの明るい未来の応援団。家族の喜び、感動を創造し、子供たちの褒められる機会を創ります。理念(ミッション)に込めた想い、それは、僕の30代の10年間に起こった辛い経験が、ベースになっています。今思えば、当時は辛かったのですが、理念(ミッション)に出会えるためにあったのではないだろうか?と思います。 当時、10年間であったこと①売上の7割の結婚式場から撤退②その結婚式場から、嫌がらせのチラシ攻撃に合う③スタッフが全員退社④その後、5年間でスタッフが20名入れ替わる企業理念(ミッシ…

  • 教育|自社の企業理念(ミッション)を作ってみる

    隊長です! miraihenotanemaki.hatenablog.com miraihenotanemaki.hatenablog.com 今日は、当社の理念(ミッション)ができた時のお話を書いてみたいと思います。 当社企業理念(ミッション)は子供たちの明るい未来の応援団。家族の喜び、感動を創造し、子供たちの褒められる機会を創ります。うちの会社の理念(ミッション)ができるまで、意識して、作ろうと考えてから、3年くらい時間がかかっています。 しかも理念(ミッション)は、正直、自分で上手くできているのか?よくわかりません。 だから、①松尾さんの会社の理念をマネていいですか?②松尾さんは、理念に…

  • 教育|今、自分のミッション(使命)を見つけることが必要な理由

    隊長です!昨日、自分のミッション(使命)の作り方の話を書きました。 miraihenotanemaki.hatenablog.com たまたま、現在、一緒に勉強しているメンバーもミッションを作りたい!と思っている方が多いので、メンバーに伝えるためにも、ミッションの必要性について書いてみます。よかったら、参考にしてみてください。なぜ、今 ミッションが必要なのか? それは、豊かになった日本で、何を、どうすたら良いのか?未来に対して、希望や、目的を持てる方が少なくなっているから。しかも①人口減少社会②長寿国も関係しています。その大きな理由は、将来に、不安を持ってる人が多く、未来を明るく描いている人が…

  • 教育|自分のミッションを知る

    隊長です!最近、僕と一緒に勉強をしている仲間の間で「自分のミッション作り」について盛り上がっています。 先日、僕の友人のみどりさんのFacebookで紹介されていたnoteを読んで、自分も同じような感じで、自分のミッションが見つけたので、ここでご紹介させて頂きます。 note.com ぜひ自分のミッションを見つける参考にしてみてください!自分のミッションが見つかると、仕事が楽しくなります。自分のミッションが見つかると、勉強が楽しくなります。自分のミッションが見つかると、辛いと思っていたことも、コツコツ続けることができます。 自分のミッションが見つかると、人にやさしくなれます。ちなみに僕のミッシ…

  • 貯金|「子育て中のママ必見」お子さんの保育料無償化中にやって欲しいこと

    隊長です。4月から、幼稚園に行き始めたうちの長男(年少)の保育料が無料になりました。 金額にすると、月々 約25,000円。かなり大きな金額です。 もし時給900円のパートのお仕事をしていたら、約28時間分。この無償になったお金をどのように使うか?考えてありますか?無償化って、僕にとっては、結構、危ないかも?と思ったりしています。無償って、払っていないので、余っているわけです。ぜひこのことを知ってもらいたくて、ブログに書いてみました。何に危ないか?というと、知らないうちに、生活の質が上がってしまって、元に戻りにくいようになってしまうことです。そこで、うちは、保育料無償化に伴い、僕のお小遣いを、…

  • 片付け|服の数は、ハンガーの数で管理

    隊長です。昨日まで、洋服の管理の仕方について、書いてきました。 miraihenotanemaki.hatenablog.com miraihenotanemaki.hatenablog.com 書き始めるまでは、2回にするつもりでしたが、あと1つお伝えしたいことがありましたので、今日は「服の数は、ハンガーの数で管理」というテーマで書いてみたいと思います。 もう答えは書いていますが、僕は、ハンガーの数で、洋服の数を管理することを気をつけています。ハンガーの数をキープできれば、洋服が増えることがないからです。ハンガーが足りなくなったら、何か処分するように、するわけです。実際、僕のハンガーの数を数…

  • 片付け|服の量の管理:72センチをキープする

    隊長です。昨日、服の購入の仕方について書いてみました。 miraihenotanemaki.hatenablog.com 今日は、服の量の管理の仕方について書きます。僕が、服の管理で気を付けていることは、「量(数)」です。「量」を常に意識するために、夏用の服と、冬用の服を1つの90cmのハンバー掛けを使って過ごしています。 90cmのハンガー掛けを使うことで、①洋服を畳まなくて良い②ワンアクションで、すぐにひっかけられる③量をわかる(意識できる)理想は90cmの8割の72cmを服の量にして、残り2割の18cmを空きスペースを作るようにしています。 そうすれば、もし服が増えても、空きスペースの1…

  • 片付け|洋服の管理の仕方「服の買い方」編 

    隊長です!片付けができるようになってから、劇的に変わっことは、洋服の管理です。 洋服の管理のことについて、2回に分けて書きたいと思います。参考にして頂けると、幸いです。現在の服の管理方法にするまで、服が部屋に溢れていました。その服の多くは、できるだけ安く購入した洋服です。洋服の管理の仕方①洋服の買い方を考える②洋服の量の管理の仕方を考えるこの2つです。今日は、洋服の買い方について書きます。断捨離を学んで、片付けを極めようとして行く中で、洋服の買い方が大きく変わりました。以前は、1度に4〜5点くらい買って、年間4回ほど買っていました。そすすると、単純計算で、年間20着服が増えることになりますし、…

  • 片付け|「カメラマン必見」メディアのデータ整理

    隊長です。我ながら、よく片付けの話が、湧いてくるなぁ〜と感心しています。 これは、きっと幼少期に片付けができなくて、たくさんの大人から「片付けろ!」「片付けなさい!」と言われ続けてきたおかげと、これまでにやってきた自分のムダに気付けたからだと思います(笑)まだまだネタは、たくさんあります。今日は、僕の仕事(写真)のカメラのメディアのデータの整理の仕方について書きます。 カメラマンとして怖いのが、カメラを落としたり、データを紛失したりすることです。たくさん撮影すればするほど、データ整理が大変になります。参考にして頂ければ、幸いです。多分、たくさん撮影し過ぎて、写真の整理や、メディアの整理に困って…

  • 片付け|夫婦(チーム)で、片付けの知識を共有することが大事

    隊長です!当店では、お客様向けに「片付けの勉強会」を行っています。 その理由は、僕の幼い頃からいつも「片付けなさい!」と言われていました。でも誰からも、片付けを教えてもらったことがなかったからです。片付けは、コツがあります。そのコツがわかれば、誰でも簡単にできるようになります。 今度 7月と、8月に自社で「片付けの勉強会」を行いますので、ぜひ参加して見てください。学ぶことで、時間とお金と、気持ちに余裕が生まれることを保証します。先日、ある経営者の話を聞きました。その際、ちょっと気になり、この会社まずいかも?と思ったことを今日は、そのことについて書いてみます。その経営者は、「当社では、スタッフに…

  • 趣味|大刀洗まで、自転車で、美味しいコーヒー豆のお買い物!

    隊長です。僕は、趣味で休みの日、天気が良ければ自転車に乗るようにしています。これも、長男の運動会の際に、若いパパたちと、走っても、なんとか短距離のかけっこなら、勝てるようにと、密かに思っているからなんです。普段は、週1回 休みを自宅から、日田まで往復約40キロを走っています。途中、やる気を出すために、小ゴールをたくさん用意しています。買い物をしたり、食事をしたり、そうすることで、モチベーションを持続しています。ダイエットを気にするようになったのも、自転車に乗って、あまりにも、自分の体重が重いことに気付いたことで、自分の体重が重い→自転車を漕ぐのがきつい→無駄と思ったからです。自転車に乗ると、自…

  • 片付け|7月と8月に「ちらからないお家にしよう!大作戦」片付けの勉強会を行います

    隊長です。今度、片付けの勉強会を自社で行います。もし興味にある方がいらっしゃれば、ぜひご参加ください。片付けの勉強会は、僕の幼少期の苦い経験から、いつも「片付けなさい!」と言われ続けている子供たちを救いたい!という想いから行っています。講師は、うちの写真館のお客様で、最近、趣味が高じて片付けの会社を立ち上げられた、片付け友達の江藤さんです。江藤さんは、女性で、現在 小学生のお子さんを育ててあります。何度も、うちの勉強会で講師をしてもらっています。すごくプレゼンが上手で、わかりやすく話をされます。いつか近いうちに、江藤さんと一緒に、片付けの考え方、子育て観の話を、Youtubeに動画をアップして…

  • 教育|「風吹けば、桶屋が儲かる」という視点から、未来を予測をする力を養う

    隊長です。最近思っていることは、片付けから、投資の話は、僕には、話がつながっているのですが、もしかしたら繋がっていない方も多いのかもと思って、書いてみます。実は「風吹けば、桶屋が儲かる」のような話になっていることが多い気がして、今日はそこを深堀してみたいと思います。 キッカケは、先日、長男の幼稚園の父兄さんと、幼稚園の門の前で話をしました。うちの長男が行き始めた空手道場に興味があるみたいで、「どうしてその道場にされたのですか?」と尋ねられたので、僕が「その道場は、女の子が多かったからです」と答えると、その父兄さんが「女の子にモテたかったからですか!」と言われて、確かに僕の答えでは、そう解釈され…

  • 投資|口にしなくても、背中で語れる人になる

    隊長です。片付けから、投資の流れについて、昨日まで書いてみました。片付けや、貯金や、運動、健康診断など後回しにしやすいことを、実行するためには、見本になる人を作ることが大事だと思っています。一緒に実践することです。それができるようになると、僕の経験上、おいおい自分一人で、自分の理想に向かって、実践できるようになります。今日は、後輩の見本になれたことのお話を書きます。 人は、自分が納得しないと、行動しないものです。無理に引っ張っても、意味を理解しないと、行動しません。意味を伝える、見せてあげることが、先輩の役割だと思います。本当は、別の後輩のために、「お金の使い方」の考え方を変えてもらうために、…

  • 投資|片付けができない後輩の前で誓ったこと

    隊長です。僕が株式投資を始めた理由、元々、5年前からNISA口座で投資信託をしていました。 毎月、コツコツ自分で決めた金額を、積立行きます。投資信託は、ドルコスト平均法でやっていますので、あまり株価の乱高下に一喜一憂することはありません。これこそ長期投資です。どれくらい長期投資するのか?と言うと30年です。現在50歳なので、80歳までコツコツ投資信託を育てて行くように考えています。理由は、複利の力の恩恵を、この目で見たく、また受けたいからです。※「ドルコスト平均法」「複利の力」については、 他の方の方が説明がうまいと思いますので、 ぜひググってみてください。 お金の知識として、絶対知っていた方…

  • 投資|初めて「金のタマゴを産むガチョウ(株)」がタマゴを産んでくれました!

    隊長です。株式投資の話ですが、先日6月18日に僕の持っている「金のタマゴを産むガチョウ」が、初めてタマゴを産んでくれました。 タマゴを産んでくれたのは、現在、長期保有を予定して持っている「オリックスの株」です。 「オリックス」の株を100株保有しています。 今回4100円が、口座に売り込まれました。初めてのことでしたので、とても嬉しく、このお金は大事に、未来の種まきのために使おうと思います。金額にしては、小さな金額で、1回飲みに行ったら、すぐに無くなってしまうような金額です。大事にしたいと思っています。「オリックスの株主優待が良い!」と株の勉強のために、本や、YouTubeを見て勉強していると…

  • 片付け|懺悔シリーズ:忙しかった僕が片付けができたわけは?

    隊長です。あれだけ忙しかった(自称)僕が片付けを始めることができた理由は、片付けた後に待っている快適な仕事のイメージを強く持つことができたからです。 片付けが終わったら、この忙しさから解放される!と信じてコツコツ実践していました。当然、当時は忙しい!忙しい!の絶頂期。僕の仕事のイメージを数字で表すと、仕事レベルはMAXの10です。※レベル10がMAXとします。その中で、片付けを始めるわけですので、当然、片付けも含めた仕事量になり、仕事レベルは、Maxを超え13〜15まで行きます。折れそうになります。でも、この状態の中でも、片付けが終わった後の自分の理想「片付けができれば、仕事の効率が上がる」と…

  • 片付け|後悔シリーズ:片付けは、リーダーがやらないといけない理由とは?

    隊長です。昨日のブログに、片付けの苦い経験「スタッフを退社に追い込んだ話」 miraihenotanemaki.hatenablog.com について書きました。当時(10年前)は、片付けって!誰でもできる!と思っていましたので、部下のスタッフにさせていました。片付けを学ぶことで、きちんと片付けの理論をあることを知ります。片付け理論を知ることが大事です。※そんなに難しくないです。知ると面白いです。もしかしたら片付けができなくて困ったある方、特に女性で①女性なのに片付けができない②片付けは、女性の仕事と思い込んでいることで、自分を否定している方がいらっしゃれば、そういうことではないことを知って頂…

  • 片付け|後悔シリーズ:片付けは誰がするの?

    隊長です。今日は、僕の後悔の話をします。片付け編です。 片付けは、誰がするの?片付けは、そこ(会社や、家庭)のリーダーが率先して始めないと片付けできません。片付けは、誰でもできる!と思うでしょ!実は、そこが大きな落とし穴です。僕も、そのことを知らなくて失敗しています。片付けができなかった頃、自分が忙しいので、スタッフに片付けをさせていました。片付けた後の数日は、綺麗なのですが、すぐに元の散らかった状態に戻ります。なぜ?僕は、この片付けで、とても苦い経験あります。それは、スタッフを追い込んでしまって、新人スタッフのHさんを退社させてしまったことです。その子に謝りたいです。本当に自分の未熟さを思い…

  • 子育て|良い習慣を身につける 歯磨き編 part2

    隊長です。昨日に引き続き、歯磨きの習慣作りのお話です。昨日は、歯に対する考え方の話を書きました。今日は、歯磨きの習慣を付けるために、どんな商品を使っているのか?をご紹介します。僕の仕事は、写真の撮影をしています。たくさんの子供たちと、お会いすることができます。撮影の合間に、ママにいろんな子育ての話を聞かせてもらうことができ、今回、ご紹介する商品は、全て教えてもらった商品です。①歯ブラシ これは、とても便利な歯ブラシです。360度の方向から、歯を磨くことができます。 ②歯磨き粉(ジェルタイプ) まだ上手に吐き出すことができないので、吐き出さないで良い歯磨き粉を使っています。③歯磨きの後のフッ素入…

  • 子育て|良い習慣を身につける 歯磨き編 part1

    隊長です。子育てをしていて、僕が子供に身につけさせたい習慣が4つあります。それは①片付け②貯金③勉強④歯を磨く この4つの習慣を身につけることで、いつでも、どんな場所でも、人生を上手に渡って行けるのではないか?と思っています。長男は、現在4歳。 本当は、もう自分で歯磨きをさせて良い時期なのでしょうが、まだやらせていません。その理由は、長男が自分で歯を磨いた後に、仕上げ磨きをする際に、2度歯を磨くことに対して、せっかく身に付いた習慣を嫌がるのではないか?と心配しているからです。来年までには、自分で磨けるようにしていくつもりです。小学校に入学するまでは、大人が、虫歯が無いいように、子供の歯の管理を…

  • 仕事|同じ仕事が好きになる

    隊長です。みなさんは、仕事は好きですか?僕の仕事は、写真を撮る仕事です。特に、お子さんの写真を撮るのが好きです。 僕は仕事が好きです。毎日やっていて、楽しいです。ぐずったり、人見知りをする子もいますが、良い写真が撮れた時の感動は、何回味わっても嬉しいものです。 仕事をやっていて楽しい理由は、①自分の好きな得意なことができる②感謝される③感謝されて、お金ももらえる④常に進化できるこのようなことを書くと怒られるかもしれませんが、仕事をしているのか?趣味をしているのか?その境が、あまりありません。毎日、仕事ができることが、ありがたいです。そんな僕も、元々 このようなことを言っていたわけではありません…

  • 童話|「北風と太陽」から、人生を学んでみる

    隊長です。子育てをする中で、童話を読む機会があるのですが、童話から学べる本がたくさんあります。 今日はその中の、「北風と太陽」の話を書きたいと思います。お話の内容はご存知ですか? たいようときたかぜ | 太陽と北風 | イソップ物語 | ピンクフォン童話 僕が「人生って、この絵本みたいだ!」と思えるようになったのは、つい最近です。それまで、「なぜ北風は、自分の苦手な課題を出したのだろう?」と解釈していたくらいです。北風の苦手な課題とは、服を脱がせること。課題を「帽子を飛ばせること」や「服を着ること」にするなら、北風の方が勝ったかもしれません。今から10年前の僕は、頑張っていました。でも頑張って…

カテゴリー一覧
商用