chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
けるねるね
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/08/12

1件〜100件

  • 中学受験が大変な5つの理由

    我が家では2022年2月に息子が中学受験しました。 この3年間、親が受験勉強を全面サポートしました。 親子とも中学受験にどっぷりと漬かってきた感覚があります。…

  • 灘から東大理Ⅲに進学した三兄弟を育てた母親の勉強論

    受験界では有名な〇〇ママ(●●のゴッドマザー)、という方がいます。 我が家の息子が中学受験をするときに、この方の本を読んだことがあります。 オンラインセミナー…

  • 子どもの受験を成功させる保護者の役割

    2022年2月に中学受験した息子はサピックスに通いました。 小6の9月からは、日曜日に志望校別特訓(サンデーサピックス、SS特訓)が始まりました。 9月から1…

  • 模試の志望校合格20%判定の、実際の「可能性」

    先日、当ブログで、模試の合格可能性判定と、実際の入試での合格者の偏差値別の分布の関係について見ました。(先日の記事はこちら↓)『模試の志望校合格判定で何%あれ…

  • 将棋の藤井聡太五冠に学んだ、中学受験の極意(その2)

    我が家では2022年2月に息子が中学受験しましたが、2019年から2020年にかけて、息子が小4、小5の頃、将棋界で藤井聡太氏が快進撃を続けていました。 彼の…

  • 模試の志望校合格判定で何%あればいいのか?

    す先日、当ブログで模試の「合格可能性」判定の見方やその意味するところを取り上げました。『模試の「合格可能性」判定の見方』小6の秋以降、各塾での模試が本格化しま…

  • 塾生の9割が御三家・早慶に合格するフォトン算数塾に入るには?

    我が家の息子は今年の2月まで中学受験生でした。 息子は、典型的な算数男子でした。 先日、当ブログで、フォトンという中学受験の算数専門塾を取り上げました。(前回…

  • 読まれた記事ランキング(2022年8月)

    2022年6月に当ブログを開設いたしました。 我が家では、2022年2月に息子が中学受験し、4月から中高一貫校に通っています。 親子で中学受験に臨んだ3年間の…

  • 将棋の藤井聡太竜王に学んだ、中学受験の極意

    9月はじめ、将棋の藤井聡太竜王が豊島九段に勝ち、タイトル防衛に成功したというニュースがありました。 藤井氏は、2016年、史上最年少の14歳2ヵ月でプロ棋士に…

  • 先輩保護者からのアドバイスで参考になった、中学受験の注意点

    我が家では、2022年2月に息子が中学受験しました。 小6の秋になると、学校説明会や願書の配布、Web登録出願のスケジュールも出てきて、一気に本番モードに突入…

  • 模試の「合格可能性」判定の意味するところ

    前回からの続きです。(前回のブログ記事はこちら↓)『模試の「合格可能性」判定の見方』小6の秋以降、各塾での模試が本格化します。 模試データについては、これまで…

  • オープン模試と学校別模試の「合格可能性」の見方

    小6の秋以降、各塾での模試が本格化します。 模試データについては、これまで何度か当ブログでも見方や活用法を紹介しました。『中学受験、小6秋の陣』9月になりまし…

  • 中学受験の勉強は、中学入試にしか役に立たないものか?

    我が家では、2022年2月までの3年間、息子と一緒に中学受験に向き合ってきました。 親は、多かれ少なかれ、我が子の進学する学校について考えることがあると思いま…

  • フォトン算数クラブの強さの秘密

    フォトン算数クラブという中学受験の算数専門塾があります。 少人数制で算数の先取りと飛び級があるのが特徴で、非常に高い難関校合格率が異彩を放っています。 202…

  • エルカミノに聞く、低学年からの中学受験

    エルカミノという少人数制の中学受験塾があります。 在籍者は1学年100人くらいですが、渋幕と渋渋で計30人ちかく、男子御三家で合計20数名など、非常に高い合格…

  • 中学受験を検討した時期はいつが多いのか、タイミングとして早いのか遅いのか。

    以前、当ブログで、小6中学受験生の勉強時間や、受験に対する親の関与についてZ会のアンケート結果を紹介しました(以前の記事はここ↓)。『気になる小6中学受験生の…

  • 低学年から通塾する意義を大手中学受験塾に直撃した話

    中学受験に勝つための準備として小学校低学年で何をやればいいかというテーマで、昨日からの続きです。(昨日の記事はこちら↓)『中学受験に勝つための、最強の低学年教…

  • 中学受験に勝つための、最強の低学年教育法!

    仕事柄、ビジネス誌に目を通す機会がありますが、週刊ダイヤモンド最新号(2022/9/10号)に中学受験の特集記事がありました。 中学受験に勝つための準備として…

  • 中学受験でやってはいけない親から子どもへの声がけ

    前回、当ブログで、「中学受験の合否は、“子ども3割・親7割”」と語る、医師の吉田たかよし氏の話を取り上げました。『中学受験の成否は親7割?』我が家では今年息子…

  • 中学受験の成否は親7割?

    我が家では今年息子が中学受験しました。 知人に、子どもが中学受験したと言うと、「中学受験って『親の受験』なんでしょ?大変でしたね。」と返されたことがあります。…

  • 中学受験反対派の茂木健一郎氏、「受験勉強は一番楽しい」

    前回のブログで、中学受験を厳しい論調で批判している脳科学者・茂木健一郎氏は、受験や勉強のコツについて非常に参考になる話をしていると紹介しました。『中学受験痛烈…

  • 中学受験痛烈批判の脳科学者・茂木健一郎氏が言っていたこと

    脳科学者の茂木健一郎氏は、日本の中学受験を厳しい論調で批判しています。 「中学入試という文化は悪」と切り捨て、「フィギュアスケート競技の年齢制限と同様、中学入…

  • 中学受験、小6秋の陣

    9月になりました。 我が家の息子が中学受験したちょうど1年前を思い出します。 小6の秋からは、毎週、模試と過去問に明け暮れました…。 我が家は塾はSAPIXで…

  • 小学校低学年の子にやってはいけない勉強法

    中学受験過熱化も背景にあると思いますが、低学年から塾に通う子が増えています。 S塾のページで募集停止校舎の告知があり、低学年の募集を停止している教室が多くみら…

  • 中高一貫校生に流水算の問題を出してみたら…

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 今は、中高一貫校に通う中1生です。 先日、息子に九九表にのっている数字全部の合計を聞いたところ、瞬殺されてし…

  • 佐藤優氏が語った、公立学校の構造的な問題

    佐藤優氏は、元外務省主任分析官で、作家として多数の著書を持ち、最近では文化人として多くのメディアに出ています。 ロシア専門家としての経歴もあり、ロシアとウクラ…

  • 算数小僧に九九表にのっている数字の合計を聞いてみた

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 今は、中高一貫校に通う中1生です。 夏休みも終わり新学期になりました。 中学受験のときに親が全面介入した反省…

  • 子どもを私立中学に進学させる意味について考えた

    以前、当ブログで、“子どもを私立中学に入れるのは、ただでさえ大人になるにつれて世界が狭くなっていく成長の過程で、人としての幅を更に狭めるだけ”、という、ある哲…

  • 算数嫌いの子は間違った教え方のせいかも

    中学受験指導の理数系専門塾(エルカミノ)の代表が、「ウチの子は算数が苦手という親の多くが間違った教え方をしている」という話をしていて興味深かったので、紹介した…

  • 中学受験に親はどう関与しているのか?

    我が家では息子が2022年に中学受験しました。 親主導の受験でした。 親が、プリント整理、スケジュールと進捗管理、理解度チェック、課題の直しと弱点補強、テスト…

  • 先取り学習が招く「中学受験最大の敵」

    我が家では2022年に息子が中学受験しました。 息子は算数小僧で、幼児の頃から算数・数学を独自に進めていました。(当ブログ記事「算数で乗り切った中学受験」はこ…

  • 小6の中学受験生はどれくらい勉強しているのか?

    我が家では息子が2022年に中学受験しました。 Z会を受講しているわけではないのですが、2019年~2021 年に中高一貫校を受験したZ会員の保護者500人を…

  • ある哲学者が語る、子どもの私立中学進学に反対する理由

    我が家では今年息子が中学受験しました。現在、中高一貫校に通っています。 日本のある哲学者が子どもを私立中学に入学させることに反対する主張をしており、その理由に…

  • 大学入試改革って本当に必要?

    我が家では今年息子が中学受験しました。 受験や入試について自分の中で一挙に関心が高まり、先週、日経1面に連載されていた、特集記事「教育岩盤・漂流する入試」が目…

  • 理系人材偏りに危機感?

    昨日の、「学校、問われる存在意義」からの続きで、先週、日経新聞1面に連載されていた、特集「教育岩盤・漂流する入試」について述べたいと思います。(前回はこちら↓…

  • 学校、問われる存在意義?

    昨日の、「難関大、細る逆転の道?」の続きです。(→昨日のブログ記事はこちら。または下↓)『難関大、細る逆転の道?』昨日の、「偏差値時代 終焉の足音?」からの続…

  • 難関大、細る逆転の道?

    昨日の、「偏差値時代 終焉の足音?」からの続きです。(→昨日のブログ記事はこちら。) 先週、日経新聞の1面に連載されていた、特集「教育岩盤・漂流する入試」につ…

  • 中学受験の失敗学

     【はじめに】「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」この言葉は、江戸時代、平戸藩第9代藩主、松浦静山(まつらせいざん)が残した言葉です。江戸中期…

  • 偏差値時代 終焉の足音?

    8/15から、日経新聞の特集で、「教育岩盤・漂流する入試」というコラムが1面トップに連載されていました。 仕事柄、毎朝日経に目を通すのですが、毎回このシリーズ…

  • 「お試し受験」の心理的な効果

    前回の当ブログの記事で、渋幕第一志望の子が、1月の栄東を前受けしたところ、「東大クラス」へのスライド合格に届かず、楽勝だと思っていただけにかえって不安を抱える…

  • 合格圏内だった渋幕、まさかの結果

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 このケースは我が家の話ではありません。 中学受験の不合格体験を耳にする機会があったのですが、美化された合格体…

  • 小6後期の志望校別特訓を受けずまさか全敗

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 中学受験の不合格体験談を耳にする機会があり、この話は我が家の話ではありませんが、ありがちな合格体験記よりも教…

  • 難関校に全敗した算数男子

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 中学受験の不合格体験談を耳にする機会があり、我が家の話ではありませんが、ありがちな合格体験記を読むよりもはる…

  • 塾で勉強していれば、先生が合格へと導いてくれると信じたが…

    我が家では2022年2月に息子が中学受験しました。 この話は我が家の話ではありませんが、中学受験の不合格体験を耳にする機会があり、かっこいい言葉が並んだ合格体…

  • 麻布、海城連敗を悔しがらなかった本人

    我が家では2022年2月に息子が中学受験しました。 この話は我が家の話ではありませんが、中学受験の不合格体験談を耳にする機会があり、美しい言葉で飾られた合格体…

  • 転塾を繰り返した末に全敗

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 中学受験の失敗談を耳にする機会があり、綺麗な言葉で飾られた合格体験記よりも示唆に富む内容があると思いましたの…

  • 中学受験で残念な結果に終わるも高校で再チャレンジ

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 中学受験の失敗談を耳にする機会があり、ありふれた合格体験記よりもはるかに参考になると思いましたので、ご紹介し…

  • 母親の熱望校ありきの受験

    成功体験は世のなかに溢れています。 あくまでそのケースではそうだったというだけで、状況が異なる他のケースに当てはまるかわかりません。 語られていない他のことが…

  • 危険な「父親塾」

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 中学受験の失敗談を耳にする機会があり、よくありがちな合格体験記よりもはるかに教訓に富む内容があると思いました…

  • 手間も時間もお金もかけたのに…

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 この話は我が家の話ではありませんが、中学受験の失敗談を耳にする機会があり、美化された合格体験記よりもはるかに…

  • あんなに過去問を徹底して解いたのに、なぜ…

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 中学受験の不合格体験談に触れる機会があり、我が家の話ではありませんが、ありきたりの合格体験記を読むよりもはる…

  • 中学受験の不合格体験談から学ぶ

    毎年、4月くらいになると、中学受験の合格体験記が各塾から数多く出されます。 親が書いたものだけでなく、受験した本人によるものもあります。 息子は2022年2月…

  • 私立・国立中の通学時間は何分が適正?

    我が家は2022年2月に息子が中学受験し、今は中高一貫校に通っています。 通学時間はドア~ドアで約45分です。 クラスの平均的な通学時間は1時間程度のようです…

  • 志望校の合格者グループをイメージする

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 小4から中学入試に向けた勉強をスタートし、親は3年間、伴走しました。 3年間、山あり谷ありでしたが、最後は何…

  • 中学受験、第一志望校は1つではない?

    以前、『偏差値30からの中学受験シリーズ』の著書がある、鳥居りんこさんの記事を紹介しました。 中高一貫校は、子どもが “思春期”を過ごすのに最適な場所であり、…

  • 中学受験は、親の代理戦争?

    前回、『偏差値30からの中学受験シリーズ』の著書がある、鳥居りんこさんの記事を紹介しました。 我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 子どもが “思…

  • 中学受験における親の役割は志望校選びにあり

    我が家は2022年2月に息子が中学受験しました。 自身の体験をもとにした、『偏差値30からの中学受験シリーズ』の著書があり、講演等もされている鳥居りんこさんの…

ブログリーダー」を活用して、けるねるねさんをフォローしませんか?

ハンドル名
けるねるねさん
ブログタイトル
中学受験 最難関中学合格のリアル
フォロー
中学受験 最難関中学合格のリアル

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用