searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Joyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あらまほしき里山暮らし
ブログURL
http://satoyamama.seesaa.net/
ブログ紹介文
東京から静岡の里山に移り住んだ一家のささやかな暮らしを綴ります。ヤギと鶏もいます。
更新頻度(1年)

14回 / 15日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2020/05/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Joyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Joyさん
ブログタイトル
あらまほしき里山暮らし
更新頻度
14回 / 15日(平均6.5回/週)
読者になる
あらまほしき里山暮らし

Joyさんの新着記事

1件〜30件

  • ここは車社会

    時の流れとは恐ろしいもので、我が家も里山に移住し7年目に入ろうとしています。 いつの間にか、私たちも移住を希望する方に助言を求められる立場になってしまいました。 先日はこのような質問を受けました。 「車の免許を持っていないのですが、何とかなりますか?」 これはもう即答です。 「いいえ、なりません。」 本当です。 私たちも東京に暮らしている頃は「車がないと多少不便かもしれないが、何と…

  • サイクリストとの出会い

    私の趣味はサイクリングです。 自転車で美しい景色の中を走っていると本当に幸せな気持ちになります。 一度、夫も誘ってみたのですが、全く興味を示しませんでした。 「風になれるんだよ?」と力説してみましたが 「そんなものになりたくもない」と一蹴されました。変わった人もいたものです。 思い返せば、この地に暮らしたいと思うようになったのは、サイクリングで訪れたことがきっかけでした。 その日、私…

  • 虫にまつわる事件簿

    長男は小学校2年生まで東京で育ったせいか、虫という存在に不慣れです。 ゴキブリ、ムカデ、毛虫などはもちろんのこと、てんとう虫や蝶、アリ、といった比較的難易度の低い虫でさえも「無理」と言い放ちます。 しかし、そうも言っていられません。 気密性のない我が家は虫の出入りも自由です。 昨夜も次男が寝ながら髪を掻きむしっていたので、不審に思い、見てみると、髪の毛から巨大なムカデが出てきました。 …

  • 地域で担う役割

    山間地の小さな集落に暮らすためには、さまざまな地域の仕事を請け負う必要があります。 その内容や負担、やりがいなどは多岐にわたりますが、軽微な労働としては不燃ゴミの分別や公民館の掃除といったものが挙げられます。 これらは年に1回程度、必ず回ってくる仕事になります。

  • アローカナの卵

    農家の方のところへ遊びに行き、鶏小屋を見せていただいた時のことです。 美しい水色の卵があることに気づきました。不思議に思って聞いてみると 「あれはアローカナの卵ですよ。卵かけご飯にすると最高なんですよ。」 とのこと。そして 「飼ってみますか。卵の孵卵器も貸しますよ。」 と言ってくださいました。 大喜びで卵をいただき、帰り際 「あ、そうだ、食べるための卵もありますか?」と聞くと 「…

  • ヤギの出産

    ご近所に日本ザーネン種の雄ヤギがいます。 その名も元気くん。 我が家にもザーネン腫の雌、ミニーちゃんがいたので、発情したらペアリング(交配)させようということになりました。 ヤギの発情を見分けるのは簡単で、とにかくよく鳴き、尻尾を盛んに振り、落ち着きなく歩き回ります。 このような兆候が出てから2日間は妊娠可能なので、このタイミングで元気くんのところに預けることになりました。 元気くんの…

  • イノシシを食す

    こちらに引っ越してきて間もない頃、ご近所の方がいらして 「イノシシが罠にかかったから、今からばらすけど見にくる?」 と声をかけてくださいました。 ... ばらす? よく分からないままついていくと、見たこともない大きなイノシシが檻の中で暴れていました。 子どもたちは「わあい!」と大喜びで近づいて行き「手伝う、手伝うー!」と張り切っています。 これから解体が行われるであろう現場には槍のよ…

  • 志太泉酒造のお酒

    私たちが暮らす集落から少し下(しも=山間地から遠ざかる方向)に降りた清流沿いに「志太泉(しだいずみ)酒造」という酒蔵があります。 ここのお酒が最高に美味しいので、ご紹介したいと思います。 堂々の明治15年創業。 やわらかな口当たりの伏流水をそのまま使った吟醸は、全国新酒鑑評会で度々金賞を受賞しているそうです。 地元の酒米を使用し、伝統的な和窯蒸しで、外は硬め、中はもっちりと柔らかい蒸し米を…

  • 耐震診断について

    私たちが暮らす古民家は、障子や建具を取り払うと広い一間になります。 窓を開ければ家中に風が通り、今の季節は本当に快適です。 家は全面、大きな窓で囲まれているので、外と中がつながっているようで、全く閉塞感がありません。 (ただ、隙間だらけで、高気密・高断熱の真逆をいっているため、冬は極寒です)

  • 庭木の消毒

    毛虫の季節になりました。 去年も庭の柿の木にアメリカシロヒトリという毛虫が大量発生し、ご近所の方に消毒していただいたのですが、今年はまた別の種類の毛虫(おそらくマイマイガ)が出ている模様です。 アメリカシロヒトリは、全体的に白っぽいので、消毒後に毛虫がバラバラと降ってくる光景が、まるで雪が降っているかのようで、遠目から見る分に風流です。 しかし近づいてみると、とんでもない気持ち悪さです。 …

  • 里山暮らしの苦労 2

    以前「里山暮らしの苦労」というタイトルで恒久的に続く除草作業について書きました。 http://satoyamama.seesaa.net/article/461940536.html 今回は別の切り口から里山暮らしの苦労について書いてみたいと思います。 里山の古民家に暮らすということは、周囲の生き物と折り合いをつけて共に暮らす、ということになります。 我が家の畑はイノシシによって一夜にして荒らされますし、飼っていた鶏も次々とハクビシン…

  • オープンハウス

    こちらに移り住む直前のこと、空き家バンクの利用等でお世話になった市の担当の方から「オープンハウスをしませんか?」とお声がけいただきました。 オープンハウスというと「購入希望者が自由に見学できる建売住宅」のイメージが強いかと思いますが、ここでは「自宅を開放して、どなたにでも中を見ていただける催し」という意味合いです。 この辺りは、市街化調整区域なので、新たに土地を購入し、家を建てる、ということ…

  • 畑のこと

    ここに移り住む前に、一年ほど市の農園をお借りし、農家の方に野菜作りを教えていただきました。 休みの日に子どもたちと畑へ向かい、ジャガイモの植え付け、インゲンやほうれん草の種まき、サツマイモの苗さしなど、基本的なことを習います。 育てた作物はどれも驚くほど味も形もよく、私は何か特殊な能力を新たに身につけたような気になっていました。 野菜作りって、なんて楽しいのだろう!私の趣味は野菜作りです! …

  • 我が家がヤギを飼うまで

    里山に移り住み、初めて迎えた夏、非常に困惑したのが広大な庭を覆う雑草の勢いです。 数日放置すれば、たちまちジャングル化する敷地を眺めながら、何か良い方法はないかと考えていたところ、友人に「羊やヤギを飼ってみたらどうか」と勧められました。 それは名案です。 草食動物を飼育すれば、我が家の雑草問題は解決し、庭はたちまち美しい芝生のようになることでしょう。 とは言え、どうすればヤギが飼えるのか…

  • 子どものお茶のお稽古

    昨秋、お茶のお稽古を始めたと書きましたが、最近は子どもたちも一緒にお稽古を受けています。 何気なく「お茶って何歳ぐらいから始めるものなんでしょうか」と先生に聞いてみたとこと 「小さな子どもでも大丈夫ですよ。うちの孫たちと一緒にお稽古してみましょうか」という話になりました。 普段、野山駆け回っている我が子たちにお茶のお稽古は難しいのでは、と不安に思いながら連れ…

  • 2019年になりました

    明けましておめでとうございます。今年も、細々と記事を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 元旦はご近所の方と新年会。 飲んで食べて、大いに楽しみました。 私たちが移住して初めて迎えたお正月、ご近所の方が「新年会においでよ、親戚たちが集まる気楽な宴会だから!」と声をかけてくださいました。以来、毎年図々しく…

  • 毎年恒例の餅つき

    11月に入ってから、仕事が多忙になり、海外出張が続く中「ひと月早く師走が来た!」と大騒ぎしているうちに、本当の師走がやって来てしまいました。 どうにか仕事を納めまして、久しぶりにブログを書いています。 さて今日は毎年恒例の餅つき大会。薪で火を焚き、釜で餅米を蒸して、木製の立派な臼に移して、真っ白な湯気がほわっと上がる餅米を杵でついていきます。 5年前…

  • ハルピンから、ただいま!

    出張で中国に行ってまいりました。  成田から瀋陽へ、そして新幹線でハルピンへ向かいます。 窓から外に目をやると雪が舞っています。見る見るうちに平原は雪で覆われ、一面銀世界に。 ハルピンに着くと、すでに気温はマイナス5度(注:10月です)。 既に静岡人には耐えられないところまで気温が下がっています。 冬山装備に身を包み、震えながら…

  • 冬支度

    静岡は、雪が降りません。 風花といって、標高の高い場所にうっすらと積もった雪が風で飛ばされてくることがあるのですが、風花が舞うと静岡の人は「雪が降った」と大変喜びます。 寒冷地から雪を運んできて、校庭に下ろし、雪を知らない子ども達に雪遊びを体験させる、という行事があったりもします。 さて、私たちが暮らす里山も雪は降りませんが、標高90mなので、町よりは気温が低…

  • お茶のお稽古

    本日、二度目のお稽古でした。 前回、教えていただいたことに関する記憶は全て拭い去られています。 先生のお宅に足を踏み入れた瞬間に 「先生、ごめんなさい、何も覚えてません」と謝罪しておきました。 先生は「いいんですよ、そんな一回でできるようになってしまったら、お稽古なんて要らないんですから」 と笑顔で言ってくださいましたが、まさかここまで…

  • 田舎暮らしと仕事のこと

    里山暮らしも5年目になり、次第に移住者の視点が薄れてきていることを感じます。 こちらに移り住んで間もない頃は、市や県の主催する移住促進イベントでお手伝いさせていただくことも多く、 先輩移住者の体験談コーナーなどでお話しさせていただいたものです。 他の市町村と共にブースを出し、移住に関心のある方のご相談にのることもありました。 その中でなんども耳にし…

  • ゲートボール大会初出場

    昨日、激しい夕立が来ました。 「このまま雨が降り続きますように。」そう願わずにはいられない事情があります。 本日は村のゲートボール大会なのです。 人数が足りないということで、メンバーになってしまいました。 願いも虚しく、今朝は雲ひとつない快晴です。 周囲を見渡すと、明らかに私が最年少です。平均年齢は80ぐらいではない…

  • 初めてのお稽古

    先日、お茶の世界に興味があると書きました。 この辺りにお茶の教室はあるのかと思い、インターネットで検索してみると、隣の市に教室があることが分かりました。 ウェブサイトから分かることは、先生が70代の男性であること、そして「和気あいあいとお稽古をしています」という一文のみ。 恐る恐る問い合わせてみると、すぐに先…

  • 食欲の秋

    もうすぐ職場の健康診断です。 しかし、秋に体重測定は無慈悲です。 里山の秋は、美味なもので溢れているからです。 栗やイチジク、柿、サツマイモ、(糖質の嵐)などをご近所の方々から食べきれないほどいただきます。 もうすぐ健康診断だと分かってはいるものの、抗えません。 さて、私が暮らす里山には、南インドカレーを出すお店があります。

  • お風呂場のリフォーム

    今日はお風呂場のリフォームについて。 この家に住むにあたって、お風呂の床がひどく傷んでいたので、板を新しく張ることにしました。 床を剥がしてみ…

  • 今、ここにいること

    先日、書店でこちらの本が平積みになっており↓ https://www.amazon.co.jp/gp/product/410136351X/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=joywts-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=410136351X&linkId=8c3c8bbc34342793489925b607318c36

  • 空き家見学ツアー

    日々の暮らしを短い文章で綴っていますが、時々、過去に戻りながら、田舎暮らしをするに至った経緯などもお伝えできればと思います。 今、暮らしている古民家と出会ったのは、2014年3月のことです。 市が主催する「空き家見学ツアー」なるものに参加し、いくつか物件を見る中で、この家に特別なものを感じました。 細い砂利道を奥へと入っていくと、突如、明るく景色が開けたの…

カテゴリー一覧
商用