searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Ribbonさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

特別支援級に毎日片道30分歩いて登下校しています。 長男ひかは、単語数語で要求を伝え気持ちは大きくなっていますが、出口となる言葉が伴わず、自傷に他害がひどく、次男は本人がわかりやすい言葉でなら会話ができますが、自分の頭の中に強い思いがあり、それと現実が違うとかなり混乱します。2人の様子や、姉のHSCの子育てもブログで書いています。スケジュールや写真、イラストカードなどを使っています!

ブログタイトル
ひかまめ
ブログURL
https://www.hikamame.com/entry/2020/12/01/hattatusyougai
ブログ紹介文
小2の双子自閉症児ひか・まめと、小4のHSCの娘を子育て中です。放課後等デイサービスで働く保育士であり、3児の母Ribbonが、あなたのお悩みを乗り越えられるきっかけになれるような、お手伝いができたらと思います。よろしくお願いします。
更新頻度(1年)

208回 / 365日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Ribbonさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Ribbonさん
ブログタイトル
ひかまめ
更新頻度
208回 / 365日(平均4.0回/週)
フォロー
ひかまめ

Ribbonさんの新着記事

1件〜30件

  • 【HSC】怖さを消したい|心理テストから見えてきた心の内側を認めていく

    娘のtuki(小5)が先日、スクールカウンセラーの先生と話しをし、「自分の中にある怖さをどうしたら消せるのか」について、心理テストを受けてきました。 そこで、「バウムテスト」という一本の木と実を描いて、その人の心の内側を知る検査の結果を聞いてきました。 怖さにどうしても向きあえない バウムテストとは?心理テストのやり方 娘の診断結果で心の内側が見えてきた? バウムテストの判定はこちらから まとめ 怖さにどうしても向きあえない 娘がカウンセリングを受けて、EFT療法という怖さと向きあいながら、それを軽減していくという手法を教えてもらってきました。 www.hikamame.com 夜寝る前、電気…

  • 【HSC】カウンリングを親子で受けてみえてきたものは?EFT療法で軽減?

    娘のtuki(小5)はHSCひといちばい敏感な子です。 特に聴覚に過敏さがあり、運動会のピストルの音が怖くて、毎年イヤーマフを付けて徒競走に参加をしています。 「怖さ」について、母親の私はどうしたらその押しつぶされそうな感覚を取り除いてあげられるのか、本人がそう望むことを、どうやったら叶えてあげられるのか、スクールカウンセラーさんい相談してみました。 「怖さ」を俯瞰してみる 娘がカウンセリングを受ける まとめ 「怖さ」を俯瞰してみる 先月、私が受けたカウンセリングは、「怖さは消すことはできず、怖さの度合いをまずは知ってみる」ことをやってみました。 www.hikamame.com 1~10まで…

  • 【男の子】なぜ「わざわざそこを通る?」男性脳と女性脳の違いに関係?!

    タンスを整頓していたら、ひかとまめが赤ちゃんの頃に履いていた靴下が出てきました。 こんな小さかったんだと、そしてこんなに大きくなったんだと感じ、懐かしくもありmしたが、同時に当時のしんどさがよみがえりました。 11㎝の靴下 今では、「じゃないところ」「じゃないほう」を好んで選択する、ザ・男子に成長している息子たちです。 楽しみにしていた公園へお出かけ 男子の行動は永遠に不明 男性脳と女性脳の違いは? まとめ 楽しみにしていた公園へお出かけ 週末は、天気の良い日は車で人があまり密集しない、小さな公園に出かけています。 まめが、いつも週末までに、、行きたい公園のカードを選んでスケジュール表にはさん…

  • 泣いて叫んで大暴れ|願わくば体温計ディスプレイに心の状態を表示してほしい

    私は、仕事で不登校児童さんのお宅におじゃまして、お母さんのお話をお聞きしたり、お子さんの様子を見させてもらったりしています。 お母さんとの会話の中で、「子どもの心の中が見えたらいいのに」という言葉を聞きました。 常日頃から私もそう思っており、子どもの心の中がわからないもどかしさについてです。 どうして、なぜがわからない 体温計の表示のように まとめ どうして、なぜがわからない 言葉で気持ちを表現することが難しい子どもを育てていて、普段、一緒に生活をしていると、「あ~これを取ってほしいのかな」「こうしてほしいんだな」と目線や子どもが向かう方向で要求を読み取ることができます。 しかし、どうしても全…

  • 【自閉症】音や人の動きに敏感|予想と現実との違いを知っていく

    私の子どもたちは、小さいころから音や人の動きにかなり敏感です。 物音、会話、私の動き。 今朝の登校時、ランドセルが道路に久しぶりに転がりました。 自閉症児の子育て、体力、気力ともにまだまだ力不足です。 いい意味で入り込まず、客観的に見る、できたときは褒める子育てをしています。 音に敏感な子どもたち 会話にも気をつけて 行動にも細心の注意を 1つ1つやり過ごす まとめ 音に敏感な子どもたち 娘のtuki、双子のひかとまめは、小さいころからかなり音に敏感な子です。 たとえば、お昼寝中にカーテンをそーっと開けただけでも大泣きをして起きたり、ティファールのお湯が沸いたときのカチッの音でパッと目が覚めた…

  • 【HSC】継続は力なり!つらい経験を乗り越え、水泳で学年1位になれた!

    「あ~続けてきてよかったな~」と思うことってありますか? コロナ禍で、例年行われている水泳の授業を、いつも通りすることが難しくなっている中、tuki(小5)の学校では、1学年ずつ、近隣のスイミングスクールへバスで行き、水泳の授業を行うことになりました。 「継続は力なり」 この言葉を身をもって実感できた娘と、手をとりあって喜んだ話です。 自分で決めた選択 しんどくても続けてきた成果 まとめ 自分で決めた選択 tukiは保育園のころから、最寄りのスイミングスクールに通っており、週に1度、仲良しの友達と楽しくレッスンを受けていました。 しかし、4年生の後半あたりから、友人関係がうまくいかなくなりまし…

  • 子育て10年目の初心者が紹介!佐々木先生の本を読んで心の整体をしよう

    私は本を読むことが好きです。 仕事が休みの日には、図書館へ行って本を借り、スタバで大好きなソイラテを飲みながら読むことが何より至福の時間です。 外で本を読むときに、涙をこられるのに必死なときがあります。 尊敬して止まない佐々木正美先生の温かく、全てを包み込んでくださる言葉に触れると、自然とそうなっている自分がいます。 子育て数年のママはみな初心者 子育てで「待つ」ことが何より大切 まとめ 子育て数年のママはみな初心者 私は3人の子どもを育てており、上の子は10歳、下は8歳です。 悩み、不安にもなり、自分の無力さに自信を失いそうになったことが多々ある10年間。 焦らなくても大丈夫だと思わせてくだ…

  • 【運動会】「できた!」を実感できるためには?それぞれのゴールテープの切り方

    運動会の時期になりましたね。 いろいろな行事が制限の中で行われたり、延期や中止になったりしていますね。 感染対策を親も子どもも学校も、全員がした上で、運動会が行われました。 「見せる」ための運動会ではなく、「僕はできたぞ!」と本人が達成感を味わえる運動会だったと思います。 子どもたちのための運動会 「できた!」という達成感を味わう 本番で見せた実力発揮 まとめ 子どもたちのための運動会 1つ1つのどの行事もそうですが、子どもたちが「こんなことができるようになった」と、普段の生活の積み重ねを、発表する場であるものの1つが運動会だと私は思います。www.hikamame.com 「できた!」という…

  • 急な予定変更の伝え方|自分と現実世界の境界線を引き気持ちの安定を

    楽しみにしていたところへ行けなくなったり、できなくなったりすることって、ありますよね。 先日、双子長男ひかが、毎週楽しみにしているスイミングを、ケガをしたためお休みしたときの話です。 急な予定変更の伝え方 自分と現実の世界との境界線 まとめ 急な予定変更の伝え方 大人でも受け入れがたい現実に、特性をもつひかについてママ広場さんで紹介していただきました。 ・どんな行動をとったのか ・気持ちの受け止めかた ・わかりやすい伝え方 についてです。 mamahiroba.com 自分と現実の世界との境界線 混乱したときも、そうでなきときも、ひかとまめは自分と生きている世界の間に、布やボールプールを畳んだ…

  • 子供をケガから守る3つの対策とは?

    小さなお子さんの事故やケガ、本当に怖いですよね。 気を付けていても、見ていても一瞬で起こることがありますね。 ここでは、ママ広場さんに掲載させていただいた「子どもの思いがけないケガ」についてと、「歯が折れてしまったら」についての話です。 ケガを未然に防ぐために大人ができる予防策 もし歯が折れてしまったら まとめ ケガを未然に防ぐために大人ができる予防策 私は、乳幼児救急救命支援員の資格勉強をしています。 日常に起こりうる「子どもの歯ブラシでの喉突き防止」についてこちらの記事に書きました。 子どものハッとする行動ってありますよね。 www.hikamame.c 子育ての悩みや、おでかけ情報などが…

  • オンラインダンスレッスン|子供の「やってみたい!」を伸ばすには

    小5の娘tukiが「ダンスが習ってみたい!」言い、私と一緒に通える範囲のスクールを探し、問い合わせをしてみました。 しかし他の習い事との兼ね合いや、コロナの影響でなかなか思いように合うところが見つかりませんでした。 そこで、ネットで「オンライン ダンス」で調べたところ、avex「スポともDANCE」を知り、2週間のオンラインダンスレッスンのお試しをしてみました。 こんな方におすすめです。 ・これからダンスを習ってみたい ・マンツーマン指導を受けたい ・自宅で感染を気にせずレッスンを受けたい スポともダンスレッスン オンラインレッスンのメリット オンラインレッスンのデメリット まとめ スポともダ…

  • 子供を授かることは奇跡|自宅で「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」を鑑賞

    Amazon primeビデオはご視聴されていますか? 私はAmazon prime会員で、一部を除き、多くの映画が自宅で観ることができるので登録をしています。 そんな中で、先日「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」を観て、子どもを授かったことへの幸せを改めて感じ、命に尊さを痛感しました。 「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」映画のあらすじ 子どもを授かったことへの感謝 Amazonプライムとは? まとめ 「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」映画のあらすじ 主演の松重豊さん演じるヒキタさんは、49歳の人気作家。 一回り以上年が離れた北川景子さん演じる妻サチさんと仲良く暮らしています。 子どもがいなくても、2人で幸せに暮…

  • 【子育て】「できていない」ことより「できていること」に注目していこう

    息子が2歳のころから1年間通った、療育園についての話です。 先日、母子通園の療育園で知り合ったママからラインでメッセージをもらい、何だかとても懐かしく、その頃の様子を思い出していました。 何もかも必死だった(今もですが)あの頃の自分に言ってあげたいなと思う言葉です。 「焦る気持ちはわかるけど、大丈夫、できるようになるよ」 「母と離れられる時期はくるから安心して」 まとめ 「焦る気持ちはわかるけど、大丈夫、できるようになるよ」 周りを見れば、泣いている子はひかとまめだけ。 何が何だかわからず、とにかく椅子(この場所)にいれば害はないのではというような、不安な顔でいっぱいの2人でした。 そばにいた…

  • 子供の思いがけないケガ|4つの対策法を知り予防をしよう

    私は資格のキャリカレで、「乳幼児救急救命支援員」の講座を受講しています。 子どもって、大人が想像できないような行動をとることってありますよね? ここでは、「乳幼児救急救命支援員」で学んでいる「子どもの思いがけないけが」について事例をあげながら4つの対策法についてです。 乳幼児救急救命支援員とは? 歯磨きでハッとしたこと まとめ 乳幼児救急救命支援員とは? ・子どものケガを未然に防ぐ知識を学ぶ ・子どものケガや病気に対して緊急かどうか判断できる能力をつける ・子どもが緊急時、救急隊員がくるまでの一時救命処置を学ぶ 乳幼児救急救命支援員資格取得講座|通信教育講座・資格のキャリカレ もしものための知…

  • 【自閉症】どう見えているのかを知り、できるようになるための方法を考える!

    ひか・まめの子育てをしていて、私は学ぶことがたくさんあります。 今日も発見をしました。 ・「ボールを受け取る」は教えるとできる ・リコーダーは声で吹く 特性をもつ子どもに、「こういうときはこうするだろう」という固定概念で見るのではなく、広い視野でいろいろな方法があるという視点でみていけたらいいなと思います。 ボールの受け取りかたを知っていこう リコーダーに触れてみて まとめ ボールの受け取りかたを知っていこう 室内で、柔らかい直径20センチくらいのボールで、娘と私が軽く投げ合いっこしていました。 娘がまめ(小3・自閉症)に「まめくん、パス!」とふんわりボールを投げると、立ったままお腹にボールが…

  • スクールカウンセラーに相談|聴いてもらえる場所があることで安心感を得た

    先日、スクールカウンセラーさんと面談をしてきました。 娘のtuki(小5)にの「怖さ」についてです。 本人が「怖さ」を常に持ち続けていることに対して、どうにか対策はないかとの話がありました。 ・スクールカウンセラーさんにつなげてもらった過程 ・相談内容 ・家でできる心のメーターの計り方 についてです。 相談したいと思ったきっかけは? スクールカウンセラーとは? 相談をしてみて まとめ 相談したいと思ったきっかけは? 娘のtukiはHSC(ひといちばい敏感な子)で、飛行機の音や、いつくるかわからない地震が怖くて、日常生活にも支障が出ています。 たとえば夜寝付けず深夜まで起きており、次の朝しんどく…

  • 障害児の子育て|移動支援の申請から支援を受けられるまでの道のり

    週に一度の登校支援が始まりました。 一時は市役所の方に、支援の必要性を問われ、助けてもらえないかと思いました。 ここでは自閉症児の登校付き添い支援について、「過去に前例がない」という理由で、「支援の審査が通らない可能性がある」と言われてから、今日までの話です。 移動支援とは? 単独では外出困難な障害者(児)が、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動や社会参加のため、外出時にヘルパーを派遣し、必要な移動の介助及び外出に伴って必要となる介護を提供するサービスです。 引用:https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/material/files/group/30/…

  • 【自閉症】イライラの気持ち、行き場はどこへ向ける?自分で解消法を知る!

    今朝も我が家の食卓テーブルはよーく動きました。 テーブルが動く? コーヒーはカップを持ったままパンを食べましょう。 自閉症の子育ての日常話です。 ここでは、脳の形が個性的な子ども(ひか)の日常について書きました。 朝は食卓テーブルが大きく動く時間 下校後はがんばり度を計る時間 まとめ 朝は食卓テーブルが大きく動く時間 長男ひかは、朝がとても苦手です。 平日は21時前には就寝し、朝は6時に目覚ましがなります。 朝ごはんを食べ始めるのは起きてから約40分後。 まだ眠いし、弟のまめが「〇〇が食べたかった」と多弁になった日には、怒って食卓テーブルを押して怒りを表現します。 眠いのと、耳に入る言葉が苦痛…

  • 【資格取得】おすすめ講座!不登校訪問カウンセラーは日常生活にも役立つ!

    「不登校訪問カウンセラー」の資格取得のため、勉強をしています。 キャリカレで講座を申し込み、テキストと動画を見ながら日々楽しく進めています。 この講座で学んだ「需要・傾聴・共感」について、実際の生活でも、とても役立つと思い紹介したいと思います。 www.hikamame.com 「不登校訪問カウンセラー」とは 受容・傾聴・共感について 受容とは? 傾聴とは? 共感とは? まとめ 「不登校訪問カウンセラー」とは 不登校の問題を抱える子どもと、その家族に寄り添うために、必要な知識と技術を学びたく、受講しています。 不登校訪問支援カウンセラー資格取得講座 | 通信教育講座・資格のキャリカレ テキスト…

  • 【母の日】子供たちからの手作りプレゼント!母になれたことに改めて感謝

    昨日は母の日でしたね。 お母さん方、いつもお疲れ様です。 我が家では、母の日に子どもたちからお花と手作りのプレゼント、そして家族みんなでケーキを食べました。 「お母さん、ありがとう!」 「こちらこそ、いつもありがとう!」 心に響く、そして涙腺崩壊の言葉をもらいました。 手作りプレゼント うれしい言葉 まとめ 手作りプレゼント ひか・まめは、地域の小学校の特別支援級に在籍しています。 国語、算数という座学だけでなく、畑で芋堀りをしたり、工作をしてはさみやのりの使い方を学んだりしています。 そんな中で、先週の金曜日に母の日のプレゼントを作ってきてくれました。 手作りプレゼント 一生懸命折って、切っ…

  • おうち時間、何してる?初めてのオセロはコレ!おすすめ白黒パンダゲーム

    今週のお題「おうち時間2021」 今日はお題について書いてみたいと思います。 ひか・まめは、基本的にお互いを干渉しない2人ですが、ときどき、なんだか会話しているようだなと感じる、「兄弟」の姿が見られ、母は喜んでおります。 見つめ合い オセロで遊ぼう 「白黒パンダゲーム」というオセロで遊んでいます。 このパンダのオセロが2人とも気に入っており、じっと見つめたり盤の上に並べたりして遊んでいます。 お姉ちゃんとひか、私とまめのように2組に分かれて遊びました。 パンダのオセロ 綺麗に並んでいるところを見ることが好きなひかは、大喜びです。 さてゲーム開始。 オセロはじまるよ~ 顔がついたオセロはこうやっ…

  • ブログ継続1年!伝えたいことはたった1つ「自閉症」を知ってもらう

    はてなブログを始めて1年が経ちました。 正直ここまで続けてこられるとは思っておらず、興味があちこちにいく私にとって、この1年は実り多き日々でした。 ブログを継続できた理由は2つあります。 ・あなたが読んでくださっているから ・「自閉症」のことを伝えたいから タイピング練習からのスタート ブログを通して伝えたいこと 自閉症児の頭の中 言葉と思いの相違 1つの言葉にいろいろな意味合いをもつ 特性の出方は三者三様 まとめ タイピング練習からのスタート 私はパソコンの「パ」の字を入力するのにも時間がかかっていた、超初心者からのスタートでした。 昨年3月に子どもたちの学校が一斉休校になり、娘がパソコンの…

  • 【言葉の使い方】思い込みミス防止とよく使う敬語表現を紹介

    合格率5%。 100人いて5人が受かるクラウドワークスのWebライター検定3級を先日受けました。 勉強をしていくうちに、普段使っていた言葉が間違っていたことや、敬語の使い方など、とても役立つことが多くここで紹介したいと思います。 クラウドワークスWebライター検定 使い方が間違っていた言葉 敬語について 尊敬語 謙譲語 まとめ クラウドワークスWebライター検定 3級から1級まであり、3級は無料で受けることができます。 もし不合格だった場合も、14日後に再検定が可能です。 www.hikamame.com 動画の講義をメモして、わからないことはネットで調べ、私なりに学習したつもりでしたが、まだ…

  • いくつになっても「学び続ける」心理学の資格や検定について調べてみた

    私は今、とても勉強がしたい気持ちでいっぱいです。 子どもたちが小学生になり、まだまだ手がかかりますが、自分自身にも目を向けていきたいと思うようになりました。 そこで、以前から学びたいと思っている心理学についての話です。 心理学の資格や検定について 資格について 検定について 自分が何を学びたいのか まとめ 心理学の資格や検定について まずは心理学の資格・検定について調べてみました。 形にこだわる必要はないのですが、私は、目標を達成するゴールがほしいので資格を取得したいです。 資格について 心理学の資格について、一覧がのっているサイトがありました。 【2021年4月最新版】心理・メンタル・カウン…

  • 【自閉症】困った行動解決にはコレ!感覚グッズは他害に効果あり?

    あなたは、「この感触が好き!」と、触り心地の良いものってありますか? 小3の息子、ひか(自閉症)は、うまく言葉が出ず、イライラやもどかしさを、弟や姉、私に頭突きをしたり蹴ったりすることが多々ありました。 手で触れて、自分が好きな感触を味わうことで、この「他害」が減ったように感じたことについてです。 想いが溢れすぎて 辛かった自傷期間 感覚グッズで安心時間を 気持ちの行き場探し まとめ 想いが溢れすぎて 自分の意思がはっきりしてきて、「僕はこうしたいんだ!」「なんで弟ばっかり!」のように、言葉よりも気持ちが先走り、他害をすることがよくあって、本当に困っていました。 行動を止めることよりも、ひかの…

  • 「心の中の友達」から「笑顔が交わせる友達」へ|HSC娘の勇気と自信にホッ

    「お母さん、友達ができた!心が喜んでる!」 習い事のスイミングで、更衣室から出てきた娘の顔は、笑顔で溢れていました。 2か月に一度のスイミングのテストで、合格タイムに到達できませんでしたが、それよりも、勇気を振り絞って声をかけられたことに、喜びをかみしめていました。 話さなくてもその存在が安心できる友達 勇気を出せた! 母の願い まとめ 話さなくてもその存在が安心できる友達 習い事のスイミングで、事情あって2か月前に自分で転籍を決めたtuki。 慣れない環境と、はじめましてのお友達の中で、自分で決めたとはいえ不安でいっぱいの様子でした。 観覧席の私の顔を何度も見ながら、落ち着かせようと必死な状…

  • 【授業参観】家と学校との様子の違いに驚愕!成長を感じた10分間

    先日、子どもたちの学校で授業参観がありました。 昨年はコロナの関係で、一度も参観日がなく、学校での様子をみることができませんでした。 ひかとまめ(自閉症児)の話です。 一年ぶりに学校で過ごしている様子を見ることができ、家庭と外の姿の違いを以前に増して感じました。 家では甘えっこ全開! 学校での参観の様子を見て 心地の良い声かけタイミング 受け入れ幅が増えている?! まとめ 家では甘えっこ全開! 2人とも甘えたくて仕方がなく、それぞれの伝え方で私に抱っこやハグを求めてきます。 そんなときは、家事の手をとめて、子どもたちが安心するよう心音を聞かせたり、逆に私が聞かせてもらうように子どもの胸に耳を当…

  • 子どもの忘れ物を届ける?「ダメだ!」とわかっていても動いてしまう自分に反省

    子どもが忘れ物をしたとき、あなたはそれを学校に届けますか? 我が子が忘れ物をして困るだろう、そんな姿を想像したら仕事もてにつかなくなりそう。 こんな思いが子どもの成長にどのような影響を与えてしまうのか、そしてダメ親にならないために今後の対策についてです。 自分のモヤモヤ解消のために 不正解とわかっていながら 忘れ物をしないための2つの対策 まとめ 自分のモヤモヤ解消のために 私は毎日、自閉症の息子に登校付き添いをしています。 姉のtukiも同じ班で、一緒に歩いて登校しています。 その道中でtukiが私に 「お母さん、リコーダーと音楽ファイルを忘れちゃった。届けてもらえる?」 私は、昨晩明日の準…

  • 【父と娘】誕生日会で父号泣!手紙から伝わる子どもからの愛情と〇〇

    昨日、家族全員で夫の誕生日会をしました。 娘と私が(たんたん誕生日♪)という毎回恒例の誕生日ソングを歌い、息子たちが体でリズムをとったり手拍子をしたりして、とても楽しい時間を過ごしました。 お子さんが高学年になってくると、父に対しての対応がそれまでとは変わってくると感じませんか? 誕生日の手紙から伝わる、娘からの父への普段は出さない「愛情」と「憧れ」の想いについてです。 大人の言動に疑問をもつ年頃に プレゼントの手紙に涙 まとめ 大人の言動に疑問をもつ年頃に 誕生日会の話の前に、小学生も高学年になると、ある変化があることに気づきました。娘は、小学校低学年まで、父親から言われたことは「正しい」、…

  • HSCの娘から教わった「心の中の友達」とは?踏ん張る気持ちの大切さ

    話すことはないけれど、何だかこの人がいると安心するな~と思う人っていますか? 小5の娘、tuki(HSC)の話です。 緊張することが多く、常に「怖い」と感じる娘が、「心の中の友達ができた」と私に話しました。 自分で決めた転籍 友達との関わりも色々な形があることを知る まとめ 自分で決めた転籍 tukiは週に一度、年長からスイミングを習っています。 事情あって、最寄りのスクールから4年生の後半に、隣町のスクールへ転籍しました。 もちろん最初は友達もおらず、コーチも初めまして、慣れない環境で、ドキドキが止まらない様子でした。 周りの子は、友達同士一緒に更衣室で楽しくお話ししたり、プールの中で笑顔で…

カテゴリー一覧
商用