searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

fish1017さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。
ブログURL
https://fish1017.hatenablog.com/
ブログ紹介文
釣り、料理など趣味を増やしながらアーリーリタイヤを目指す普通のサラリーマンです。 家族構成は、私、妻、子供1人の3人です。子供の成長のタイミングも計りながらリタイヤを検討しています。
更新頻度(1年)

33回 / 33日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/04/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fish1017さんの読者になりませんか?

ハンドル名
fish1017さん
ブログタイトル
長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。
更新頻度
33回 / 33日(平均7.0回/週)
読者になる
長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。

fish1017さんの新着記事

1件〜30件

  • 我家の家計管理と通帳の使い分けについて

    我家では、生活費管理は妻が行い、資産管理は私が行っています。ただし妻がパートで稼いだお金は、妻の旅行や趣味に使っているようですが…。 基本的に私の給料だけで生活費と資産運用を行っているので、家を購入したり子供を私立の学校に行かせたりすると、厳しい家計になる可能性があります。 家を購入する予定はありませんが、できうる限り固定費を上げないように…と工夫をしています。今回は、家計管理を行う我家の口座の使い分けについて、紹介します。 私自身、資産運用で証券会社や外貨預金用に幾つかの口座を持っていますが、我家の家計管理では、以下の口座を使い分けています。 ①給料振込口座 ②生活費振込口座 ③教育費用口座…

  • コロナ後の働き方_東京と地方の意識の違い

    5月25日に非常事態宣言が解除されました。私が住む県では既に5月18日から解除されており、社内連絡にも徐々にテレワーク実施に対しての呼びかけが緩やかになっています。 非常事態宣言中、私の部署では週に2回のテレワークをするように言われてました。デスクワークが中心とは言え、現場とも関連がある職場なので、完全テレワークにすることは難しいです。 また現場を持っている部署は、テレワークは当然できないので、働き方に社内格差みたいなものが出来ています。 逆に現場と直接的な関連がない部署は、部署長以外はほぼ毎日テレワークをしています。ちなみに今私が働いている事務所は、現場を持っている人が多く、7割以上は普通に…

  • リタイア計画の目標をノートにまとめた事

    以前の記事ではリタイアをする年齢を3ケースで考えている事を紹介しました。それぞれ50歳、53歳、56歳で、その時の子供の年齢を考えた上でシミュレーションしています。 過去の記事はこちら「アーリーリタイアをする年齢とその理由」 fish1017.hatenablog.com 50歳でリタイアする場合、あと5年しかありません。気が付けば会社生活も18年以上経過していますが、精神的には若手の頃から変わっていない様な気がします。 5年前というと2015年の時の事ですので、思い出すとつい最近の出来事の様に感じます。年を取ると時間が過ぎるのが早くなるのは、本当かもしれません。 リタイア計画のノート作成 以…

  • 若手時代_週末休み前、財布に1,000円しかないが安心できるか?

    現在クレジットカードだけでなく、スマホ決済も普通に使われるようになり、キャッシュレスが進んで、財布に入っている現金が少ない人又はお財布自体を持っていない方もいらっしゃると思います。 日本人は現金志向が強く、中々キャッシュレスに移行するのは難しいみたいですが、ポイント還元などで使えばお得な制度があり、私も数年前から大きな物を買うときにクレジットカードを使うようにしています。 紛失やスキミングの不安から、クレジットカードは嫌いで、5年位前までは殆ど使用した事がありませんでした。 今でも思い出すのですが、車の車検代12万円をクレジットカードで支払おうとした所、全く使っていなかったので上限が10万円で…

  • アーリーリタイア後の放浪の旅_車中泊旅行の選択肢はありそうか?

    アーリーリタイア後に何をするのか、以前の記事で1年間は何もせず、全国放浪の旅に行くことを書きました。 1年間何もせずに放浪の旅とは言っても、失業保険受領の為の就職活動で家には帰ると思いますので、長くても2週間位の旅を1年で何度か行く感じになると思います。 過去の記事はこちら fish1017.hatenablog.com 全国旅行に行くとしても、徒歩、自転車、電車、車 など色々あります。高速バスを使えば、夜間の移動も可能になるので宿泊費も下げることが出来ます。 車中泊へのあこがれ 全国を効率的に回りたいのであれば、車が最も適した移動手段と思います。特に公共交通機関が発達していない田舎ならば、有…

  • 絶品!サヨリの一夜干し_今年もサヨリ釣りに行きました。

    本日ようやく全国でも非常事態宣言が解除されました。私が住んでいる県は、既に先週から解除されていますが、人が少ない街でもショッピングモールなどで人出が増えているようです。 今迄我が家では買い物は近くのスーパーやドラッグストアにしか行っていませんが、来週辺りは近くの店では買えなかった物をショッピングモールに見に行こうかと考えています。 1年ぶりのサヨリ釣り また趣味の釣りも暫くの間我慢していたので、休みに久々に車で30分走らせてサヨリ釣りに行きました。 私が例年釣っている場所は、春はゴールデンウィーク辺りがシーズンです。よって5月下旬の現在は、シーズン終盤だったので行くか迷いましたが、気合を入れて…

  • 学生時代_家賃の安さだけを考えた幽霊出没アパートに住んだ事

    学生時代は仕送りが最小限(授業料+少し)だったので、本当にお金がなく生活費を切り詰めるのに必死だったと思います。 今考えると確かに授業料を払ってもらえただけでも有難かったのですが、家賃込みで5万円の仕送りだったと記憶しています。 元々それほどお金がない家庭ではなかったのですが、父親が若い時に貧乏で苦労したこともあり、「学生の本業は勉強であり、自分で稼いでもいないのに贅沢するのは有りえず、仕送りも最低限で良いだろう」という考えで、仕送りが決められていました。 20年以上前の話になりますが、バブルが崩壊した後の1995年頃ですので、今とそれほど物価は変わっていないと思います(ちなみに日本人の平均年…

  • アーリーリタイアで目標とする資産額について

    以前、「1億円達成した時の気持ち」で、リタイアの目標とする指標として、資産から得られるキャッシュフロー(不労所得)を重視していると書きました。 以前の記事はこちら「1億円達成した時の気持ち」 fish1017.hatenablog.com いくら資産が多くても、リタイア後は資産を取り崩す生活になり、特に若くしてリタイアした場合は、減っていく資産を見るのは気分の良い物ではないでしょう。 目標とする資産 今まで明確な目標は、決めていませんでした。今年初めに体を壊して会社を2週間休んだ際、少し自分の人生を見つめ直して、アーリーリタイアのゴールを決めてみました。 ・純金融資産 : 2.0億円 ・キャッ…

  • アーリーリタイア目指す方へ_寮や社宅のある会社を選んだ方が良かった件。

    アーリーリタイアを目指す人にとって、固定費を抑える事が大きなポイントの1つと思います。 人によっては大金を稼げる業種に就いて、ガンガン働いて早めにリタイア、というケースもあると思います。 大金を稼げる業種というと、昔はプロスポーツ選手や芸能人を想定していましたが、今は外資系の金融機関やスキルの高い若手に対して高い報酬を支払う会社が考えられます。 私の経験談になりますが、サラリーマンで給与をもらいながら、生活費を抑えつつ、時間をかけて資産を増やしてリタイアを達成するケースを紹介したいと思います。 私の場合、今は社宅を出て賃貸マンションに移り住んでいますが、独身時代は寮に4.5年、結婚してから社宅…

  • サラリーマン王道の節税 ふるさと納税

    サラリーマンはビジネスと異なり、経費が殆ど認められておらず、節税の手段がほぼないと思います。 よくあるのがローンを利用して自宅を購入した時に利用できる住宅ローン控除があります。ただ住宅ローン控除を受けるには、住宅ローンの返済期間(基本的に10年、一部5年間の緩和あり)等の条件があります。 他には生命保険や医療費控除がありますが、何れも持ち出しのお金に対して、控除される金額(利益)にメリットを感じることはできません。 もちろん、自宅を購入したい人や家族のために生命保険に入っている方は、利用した方が良い制度と思います。 私は過去の記事で記載している通り、現在借家住まいで、将来も自宅を購入する予定は…

  • 資産1億円を達成した時の気持ち 心境の変化はあったのか?

    純金融資産※1億円は、『億り人』と呼ばれ、投資をする人にとっては1つの目標と思います。純金融資産の金額によって、以下の様に区分けされています。 ※保有する預貯金、株式、債券、投資信託など「金融資産」の合計額から、「負債」を差し引いた金額 純金融資産1億円以上は、全世帯のわずか2.4%しかいません。一方、40世帯に1世帯いると考えると、結構多いような気もします。 一般的な家庭を考えると、夫と妻が共働きか妻がパートで、子供が1~2人という感じと思います。大体家をローンで購入しているので、純金融資産3,000万円というのはかなりハードルが高く、現実的には無理と感じます。 よってこの区分では殆どの家庭…

  • リタイア準備にPC購入やネット環境を変えるべきか?

    コロナウィルスでの外出禁止では、家でPCに向かっている時間が増えており、少し前に購入したタブレット(i-Pad)が大活躍しています。 家にはNintendo Switchの様なゲーム機はありません。子供と2年後の誕生日で購入する事を約束しており、現在購入する予定はありません。 PC、タブレットの取り合い 家には、PC1台とタブレット1台があります。何時も見ているわけではありませんが、私と妻、子供の3人ですと大体1人は見れない状況になります。 スマホでも良いのですが、何か作業したい時には画面が大きい方が見やすく、キーボード操作が慣れているのでPCの方が使い勝手が良いです。 妻や子供がPCやタブレ…

  • リタイア後の社会とのつながりをどうするか。

    リタイアをした方々の事例を拝見すると、会社を辞めた後に社会とのつながりが無くなり、やることが無くなって再び働き始めることが多いようです。 サラリーマンは、朝早くから夜遅くまで働き続けているため、他に何かする余裕が有りません。結果定年退職した後に何もすることが無くなり、家でゴロゴロする為、奥さんから煙たがれる…というような感じです。 奥さんの方は、夫が毎日仕事に行っている間、地域活動や趣味を通じて独自のコミュニティーを作っており、夫が定年退職しても変わらない日々を送ります。 定年後は夫婦で旅行、と考えていた夫の考えが妻には伝わらず、今更「夫婦水入らず」という感じにはならないようです。 早めに地域…

  • リタイアを目指すのに、なぜ今車を買い替えたのか?

    リタイアを目指して貯蓄及び投資をするのであれば、月々の固定費を上げないことが必要でしょう。 少し前の記事で、車を購入したことを書きました。アーリーリタイアを目指すのであれば、車を持たない選択をするべきでしょうが、田舎ならば生活に欠かせないため、車は必須になります。 私の住む街では、大体車は1人に1台持っているようで、妻帯者の場合は夫と妻でそれぞれ1台ずつ所有しています。多いパターンが、1台は家族で出かける用の大きいワンボックスで、もう1台は買い物や通勤用の軽自動車です。 ちなみに我家は、妻が主に乗る普通車が1台で、昔はもう1台は軽自動車がありましたが、殆ど乗らないので売却しました。 1.10年…

  • コロナウィルスの中、地方の会社で働いて気づいたこと

    テレビやネットで流されるニュースがコロナウィルス一色になって1ヵ月以上経ち、患者数の人数を確認するのが日課になっています。 私が住む県の患者数は、全国でも下位に位置しており、この最近は新規患者数は出ていません。おかげさまで緊急事態宣言から解除され、マスクをせずに歩いている人もちらほら見かけます。 ただ近隣の県がいわゆる「元特別警戒都道府県」なので、県をまたぐ移動があれば患者数が一気に増える可能性があります。会社ではまだ対応可能な従業員は、できる限りテレワークするように通達が出ています。 一方会社は製造業であり、現場で働いている従業員は当然テレワークはできません。私もやや現場に近いので、1回/週…

  • リタイア後に役に立ちそうな資格について考えてみました。

    完全リタイアならば、基本的には働かないと思いますので、資格は不要と思います。今回は、セミリタイア後の負荷のかからない程度で働く事を想定しており、これは使えるのではないか?という資格を書いています。 ただしこれは私の勝手な想像なので、世間で本当に使える資格であるかは分かりません。また医師、弁護士、公認会計士など資格取得が困難なものは省いています。 後々紹介するかもしれませんが、私も国家資格と言える資格を幾つか持っています。ただし、世間一般では大体役に立たないものばかりでリタイア後の仕事で果たして使えるか疑問です。 大型自動車免許 運転免許関係は、今後自動運転技術が発達して不要となると考えられ、将…

  • 暴落時の投資_米国ETFについて

    コロナショック直後は、日経平均やダウは30%以上値下がりしましたが、現在大分値を戻しました。しかし、この2日ほど経済の見通しが暗いという事で、また少し下げています。 また反転して上昇し続けるのか、また多くの人が期待(?)しているように、二番底があるのか全く予想できません。 そもそも全世界でコロナウィルスが蔓延しており、経済活動がかなり低下しているのにも関わらず、株価が上昇するのは理解が出来ないのですが…。 各国財政支出で株価を下支えしているのであれば、インフレのリスクもあり、健全な株価を示していないと私は考えます。一方で暴落時は、投資を待っていた人からすると、絶好のタイミングと思います。 今回…

  • 金や原油などの商品への投資について_リスクヘッジは必要か?

    全世界的な不況を受けて、株価が低迷しています。また経済活動が少なくなったのと各国の減産調整が不備になった影響で、原油価格も暴落しています。 原油価格(先物)は、一時的にマイナス価格になり、想定外の事態になっています。一方で金(ゴールド)の価格は、過去最高の価格に近付いています。 このまま金の価格が上昇するか、または下落するかは、経済活動の復旧次第と思います。今回のコロナショックで、各国が財政支出を行い、大量の紙幣を市場に供給しており、お金の価値が増々低下するでしょう。 一方で産出される金は限られているので、相対的に紙幣に対する金の価格は上昇します。また経済活動が縮小して行先の無くなったお金(紙…

  • 資産状況_2020年4月末

    私は、毎月1回月末にポートフォリオチェックしており、各金融資産ごとの価格をエクセルに入力して管理しています。今回、少し遅れましたが4月末時点の資産状況を初めてこのブログで公開してみます。 全ての商品を記載するのは煩雑になるので、各項目の細かい内訳は省略させて頂きました。また外貨については、チェックした時の為替相場を参考にして、全て円換算で算出しています。 "国内株式"、"外国株式" でまとめていますが、この中には個別株もETFも含まれています。詳細については、追々紹介していきます。 コロナショックがありましたが、1億円台は維持する事が出来ました。また外貨預金(ドル)の一部を株価下落時に米国株へ…

  • アーリーリタイアした後は何をするのか?その3 アルバイト

    リタイア後は、「自分のビジネス」をしてみる事について書きましたが、「アルバイト」もやりたいことの1つです。 学生時代のアルバイト 大学生家を出て、一人暮らしを始めましたが、仕送りが少なく、生活費を賄うお金も足りなかったので、色々なアルバイトをしました。記憶にあるアルバイトは以下のようなものがあります。 ・コンビニエンスストア ・家庭教師 ・工事現場作業(道路工事補助、交通整理) ・食品加工工場 ・パチンコ屋 ・港湾での荷物の荷揚げ、積込作業 コンビニエンスストアは、途中で店舗(ローソン→ファミリーマート)を変えましたが、結局大学時代の4年間続けました。コンビニも含めると、大体いつも2~3つのア…

  • アーリーリタイアした後は何をするのか?その2 ビジネス

    前回の記事で、アーリーリタイア後の1年間は、何もせず放浪の旅に出たい事を紹介しました。ではその旅の1年後は何をするのかは…現在色々模索中です。 今考えているのは、「自分のビジネス」と「アルバイト(リタイア後の無理のない仕事)」です。「自分のビジネス」については、1年間ゆっくり休みながらも頭の整理をし、個人事業主で小さく何か新しい事を始めようかと思っています。 フリーランスで稼いでいる方からすると、「そんなに甘いものではない」事は重々承知しています。ただある程度金融資産があるリタイア状態ですと時間や生活にも余裕が有る為、大きな投資をしなければ、挑戦しやすい環境にあると思います。 現在進行形でやっ…

  • アーリーリタイアした後は何をするのか? 1年間放浪生活の夢。

    アーリーリタイアは、早くて5年、長くても10年先にすることを決めています。事前に伝えてようと親にも話をしたことがありますが、親の世代は会社は定年まで働く考えが普通であり、アーリーリタイアは理解できないようです。 私の父は約10年前に67歳で他界しましたが、60歳の定年後も働き続けていました。私とは逆の考えで仕事が好きだったようで、「最低でも70歳までは働きたい」とよく言っていました。 その様な家庭環境だったので、母親にリタイアの話をしても、仕事が好きだった父親との比較になるので「仕事を辞めて何するの?」と毎回言われます。 自分で考えている定年後の行動計画は、まだまだ具体性に欠ける所も多く、価値…

  • アーリーリタイアによる子供への影響について

    リタイアするタイミングが子供の自立と同じであれば、余り悩む必要はないと思いますが、まだ自立する前にリタイアするのであれば、子供への影響が気になります。 妻にはアーリーリタイアを宣言していますが、子供は小学校低学年なので、言ってもおそらく理解できないと考えられ、まだ説明していません。 1.働く姿を見せた方が良い? 昔から聞かれる言葉で、「子供は親の背中を見て育つ」という言い伝えみたいなものがあります。親の一生懸命働いている姿を見て、子供もそれに習って将来働き者になるという事で、逆(怠けている姿を見せると怠けた大人になる)も考えられるでしょう。 リタイアすると、何もせずブラブラしている姿を子供に見…

  • リタイアを目指すには…地方の安定した企業に就職して良かったこと

    今の会社に就職してから約20年が経過しました。途中で辞めたいと思った事は何度かありますが、今では今の会社に勤める事が出来て良かったと思っています。 入社した当時は就職氷河期だったので、同期は納得いく就職先に行けなかった思いが強かったと思います。事実、その後リーマンショック前の景気回復時期には、多くの同期が転職して会社を去っていきました。 流石にこの年になると転職する同期は殆どいませんが、30歳前の若手が何人も転職しており、社会が変わり一生同じ会社に勤める時代ではないと感じる事が多くなりました。 ただコロナショックでそのような状況も一変すると考えられ、賢い若手たちも簡単に転職することには、少し思…

  • 今更ながら老後2,000万円問題について改めて考えてみました。

    最近の話題はコロナウィルス一色で、少し前に騒ぎになった「老後2,000万円」の話題も大人しくなりました。 それよりコロナウィルスによって、失業などで収入が途絶えて2,000万円どころではなく、少しの貯えも無い人も多いようです。 ネットでの情報でも「来月から住宅ローンが支払えない」、「アパートの家賃が支払えない」など、家を失えかえない状態もあるようです。 10万円給付の使い先も日本人ならば「貯蓄」との回答が1位と思いきや、「食費」が1位となっているようなので、かなり余裕がない人が多いと改めて感じます。 1.生活コストを上げない 少し前まで景気が良く、仕事が沢山あり常に人手不足の状態でした。私の会…

  • 人口減少、財源不足でインフラ維持の限界について考える

    約10年前の事ですが、数年間仕事で海外に住む機会がありました。住んでいたのはヨーロッパで、日本より経済的には小さい国でしたが、インフラ整備はそれなりにされている国でしたので、特に生活には問題なかったと記憶しています。 ヨーロッパはEUという経済圏でつながっており、国境が無いに等しいので車で自由に国の間を移動できます。数時間かけて妻とドライブに行ったのは、良い思い出になっています。 1.郊外をドライブして気づいたこと 海外に住んでいた時は、休みの日は特にやることもなかったので、大体車でドライブがてら他の街に観光しに行ってました。 他の街でレストランに入ることはあったのですが、怖がりだったのとやは…

  • 将来の日本の不動産の危うさについて

    今私が住んでいる家は、賃貸です。今の所、家を購入する予定はありません。会社の同僚を見ても、購入する人としない人に分かれています。 やはり地方の場合は購入派の方が多く、大体住宅ローンが組める35歳位までに購入する人が多いようです。 以前の記事でも記載しましたが、私は日本の不動産にそれ程明るい未来があるとは考えていません。 1.人口減少による家余り 日本は少子高齢化が止まらず、人口が減っています。一方、新築神話があるのでどんどん新しい家が建っています。 空き家率も毎年上昇しており、2018年のデータでは13.6%が空き家になっているという事で、これは7件に1件は空き家という事です。 私が住んでいる…

  • コノシロ釣果再び。今度は一夜干しにしてみました。

    先日の休みに子供と釣りに行って、14匹のコノシロを釣りあげました。そこそこ釣れたので、子供も喜び「また釣りに行きたい」との事でまた釣りに行きました。 本当はこの時期からシーズンが始まるするサヨリ釣りに行きたかったのですが、サヨリ釣りは子供には難しいので、結局サビキ釣になりました。 魚種を変えることを考え、少し遠出をしてアジが釣れる場所に行こうかとも考えました。しかしやはりコロナウィルスの事もあるので、また同じ近所の漁港に行きました。GWとはいえ、やはり地方なので何時もの様に殆ど人はいませんでした。 この日の釣り開始時刻は、10時と前回の9時半よりも遅く、大丈夫かな…と思いましたが、わずか1時間…

  • ビジネスを始めると決断して会社での意識がどう変わったか?

    まだ具体化はできていませんが、自分の事業(ビジネス)を始めたいと決断し、現在色々模索しています。 サラリーマンでビジネスを始めるのであれば、それは『副業』になります。私の会社では、副業は基本的に禁止されています。 "基本的に" がちょっと引っ掛かりますが、田舎の企業にありがちな田んぼや畑を持っている、サラリーマン兼業農家の方も結構いらっしゃいます。 自分のビジネスを持つと決め、色々調べていくうちに、事業を起こして利益を出す事が容易ではない事が良く分かりました。 1.サラリーマンであることの有難み 日々サラリーマンとして働いていると、仕事に追われてストレスが溜っていると思います。また毎月もらえる…

  • 何月にリタイアするべきか?

    リタイアする年齢については、前に述べましたが、今回はリタイアする月について、紹介したいと思います。 リタイアする年齢はまだ決まっていませんが、月は明確に12月末とする事を明確に決めています。 これまでブログや本で様々な人の例を参考にさせて頂き、結果以下の理由で12月にリタイアする事を決めました。 1.異動や引っ越しが少ない時期 2.ボーナスを受け取るタイミング 3.年の区切り 1.異動や引っ越しが少ない時期 4月や10月の人の移動を控えて、実際の引っ越しは、主に3月や9月辺りが多いと思います。特に新入社員や新入生の引っ越しがある2-3月辺りは、引っ越し業者も忙しいと思います。 恐らく引っ越しに…

カテゴリー一覧
商用