searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

fish1017さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。
ブログURL
https://fish1017.com/
ブログ紹介文
釣り、料理など趣味を増やしながらアーリーリタイヤを目指す普通のサラリーマンです。 家族構成は、私、妻、子供1人の3人です。子供の成長のタイミングも計りながらリタイヤを検討しています。
更新頻度(1年)

196回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2020/04/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、fish1017さんをフォローしませんか?

ハンドル名
fish1017さん
ブログタイトル
長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。
更新頻度
196回 / 365日(平均3.8回/週)
フォロー
長期投資と趣味を増やしてアーリーリタイアを。

fish1017さんの新着記事

1件〜30件

  • 日商簿記1級を勉強する意味って何?

    簿記1級を勉強していますが、私の中で「1級取得する目的」がイマイチ明確になっていません。若い人であれば、就職時に有利に働くとか、税理士や公認会計士を目指す為に取得するとか、目標が明確になっている人が多いと思います。 簿記1級を取得する事は、会社で働き始めて20年も経ち、40歳半ばの技術系の社員が取得するものでは無いかもしれません。確かに周りに簿記の勉強をしている人はいませんし、「簿記って何?」と言う人もいるのも事実です。そもそも40歳を過ぎて勉強を続けている人は少数(殆ど見た事が無い)です。 私が日商簿記1級を取得する理由は、単なる「自己啓発」の為です。過去に会社で仕事をしていた時、会計の知識…

  • 私の資産経歴

    25歳~ 資産額 0円 会社入社時での貯金はゼロ。新入社員研修中にあった新入社員同士の飲み会代5,000円も払えないほどだった。「会社に入ったら、必ず投資を始める。」と考えていたので、投資に関する本を数十冊読んで勉強。ネット証券(当時のイー・トレード証券)に口座開設をする。 入社した会社は田舎にあり、住んでいた寮の周りは何もなく、公共交通機関のバスは17時半が終電。同期のほぼ全員がローンで車を購入。一方、投資資金を貯める為に車は買わず、片道40分かけて自転車通勤。その後、入社2年後に30万円の中古のコンパクトカーを現金で購入。 丁度ITショック後の株価低迷時期であったのと、リーマンショック前の…

  • 勉強のスタイルの見直し

    早朝の勉強を習慣化していますが、3月に日商簿記2級を合格して以来、勉強のペースが落ちていると感じます。勉強のペースが落ちたのは、以下の事が原因と考えています。 ・勉強時間の確保が困難(4月から仕事が忙しくなった)。 ・目標と勉強計画の未設定 ・2級合格に安心し、モチベーションが低下 勉強時間の確保 4月から仕事が変わり、部署長になった事で管理業務が増えました。それまでは、自分の業務だけに集中できていたのが、部下の業務管理もしなくてはなりません。 部下の業務管理だけならば良いのですが、部署の目標設定および進捗管理、人事労務管理などもする必要があります。これらの業務は、部署長であれば誰でも行う事と…

  • より良い変化を起こすには、どうしたらよいか

    スキルを上げる為には、良い行動を習慣化する事が最も早い方法のようです。より良い行動を習慣化することで、それが日々の生活で当たり前の行動になり、自分でも気が付かないうちにスキルが上がっていると思います。 現在私は朝の行動(徒歩通勤、英語及び簿記の勉強)を習慣化しています。4月から職場環境が変わったために、まだ習慣化には至っていませんが、継続して取り組んでいこうと考えています。 習慣化とマンネリ化 習慣化して、それが当たり前の事になると、マンネリ化してやる気が低下する時があります。何かきっかけがあって、やる気が復活すれば良いのですが、そのまま続けていると偶に「なぜ私はこんなに頑張っているのだろうか…

  • お金を使わなかった今年のゴールデンウィーク

    東京、大阪で緊急事態宣言が発令されてしまい、旅行を見合わせた方も多いと思います。我家の場合、例年であれば連休を利用して、旅行や親の実家に行くのですが、今年は近場で済ませました。 私が住んでいる県は、コロナ患者はそれほど多くなく、蔓延防止法は発令されていませんが、会社ではなるべく県外に出ないようにと通達が出ています。 ただ県内を車で走ってみると、県外(都市圏)ナンバーの車をチラホラ見かけます。やはりゴールデンウィークを利用して、都会から帰省したり、旅行に来られる方は多いようです。 2度目の車中泊に行きました。 今年のゴールデンウィークは、ほぼ家にいました。唯一のビックイベントは、子供と行った「車…

  • アーリーリタイア後の働き方について考えてみました

    今年の4月から部署長になり、昨年より仕事が忙しくなりました。仕事が忙しいと自分の将来についてじっくり考える時間や余裕が無くなります。 自分の時間が無い中、朝と夜の徒歩通勤中に歩きながら、自分の将来についてじっくり考えるようにしています。ウォーキングは、健康によく、考えもポジティブになるそうで、歩きながら物事を考えると、ポジティブな考えが浮かぶようになります。 リタイア後に働くとは 仕事が忙しいと、どうしても仕事中心の思考になってしまします。余裕がある時は、リタイア後の生活にやってみたい事が沢山浮かぶのですが、今は余裕が無いせいか、リタイア後も働こうかな…と考えています。 「働くのであれば、リタ…

  • リストラを意識しながら危機感を持って働く事

    コロナの影響によって、業績が悪い業種と良い業種がはっきり分かれていると思います。私の会社は製造業で一般的に業績が悪くないケースに入ると思いますが、悪い部署と良い部署に分かれており、会社内では業績が悪い部署への風当たりが強くなっています。 私がいる部署は、社内でも収益が悪い部署であり、業績報告の際にはやり玉に挙げられています。また長年赤字が続いている部署ですので、他部署と合わせた事業の見直しや再編が進められている様です。 最近のリストラの傾向 先日読んだ経済紙によると、コロナ禍でリストラを進める企業が増えていると書かれていました。コロナの影響を直接受けている運輸や旅行業界は非常に厳しく、配置転換…

  • 資産状況_2021年4月末_コロナショックで資産はどうなった?

    会社で2021年度が始まったな…と思ったら、もう1ヵ月も過ぎてしまいました。4月は人事異動が有ったり、新入社員が入ったりと、色々変化の多い時期です。 3月は決算を迎える会社が多く、配当金や株主優待目当てで株を購入する人からすると、3月末から4月にかけて株を売却する事も多いと思います。 ただ逆に株を売却する人が多い(=株価が下がる)と考えて、同じタイミングで購入する人もいるかもしれません。 株価変動に影響を与えるニュースが無く、以前から欲しいと考えていた銘柄があるのであれば、3月末の配当金や株主優待の権利落ちの直後は、そこそこの値段で購入できる良いタイミングかもしれません。 それでは毎月恒例にな…

  • 生涯学習を続けてスキルアップを図る

    2020年2月頃から始めたスキルアップの為の勉強も1年以上が経ちました。これまで、日商簿記2,3級の取得や英語の勉強の再開、ブログの作成など新しく始めた事が沢山あります。 勉強を始めて気付いたのですが、少しずつでも毎日継続的に勉強し、勉強を習慣化する事が大事と思うようになりました。 4月から勉強時間を作るのが困難に この4月から部署が変わり、世間でいう「課長」という立場になりました。部署はそれほど大きくはないのですが、部下が何人かおり、昨年より管理業務が増えて忙しくなりました。 部署長になりますと、部下の労務管理や他部署への働きかけなど実務以外の業務が増えます。2020年は部下無管理職として働…

  • 久々の日本株購入_JR東海

    世界的な金融緩和と将来の景気回復の期待から、株式市場は上昇し続けています。特にアメリカの株式市場は最高値を更新し続けており、「バブル」と言われながらも中々下落しません。 現在私が投資しているのは、アメリカのETFを毎月一定額で定期買い付けしているだけです。いわゆるドルコスト平均法という手法ですが、やや退屈な取引といえます。 今の資産のうち、円預金が3割、円債券が3割となっており、株式市場の変動を比較的受けにくいポートフォリオになっています。しばらくはキャッシュのポジションを増やしつつ、株式市場で大きな暴落が有れば、アメリカのETFを中心に通常より大きく投資する事を考えています。 JR東海の株式…

  • 【断酒後のお酒】2ヵ月ぶり飲んだお酒はイマイチだった

    日商簿記2級の勉強の為、1月末から3月末まで断酒をしていました。断酒した理由は、早朝勉強する時に脳の働きを良くする事と、一種の願掛けみたいなものです。 過去に遡って考えてみると、2ヵ月間もお酒を断ったことはなく、おかげで目標としていた2020年度内(3月末まで)に日商簿記を合格する事が出来ました。 久しぶりのお酒 合格した後、最初の週末の土曜日に祝杯を挙げる事にしました。事前に購入していた日本酒(720ml瓶)を冷蔵庫で冷やして、スーパーでお刺身を購入して晩酌をしました。 美味しい日本酒を準備していればよかったのですが、今回飲んだ日本酒はスーパーで購入した安価なもので、余り美味しいとは感じられ…

  • アーリーリタイアと不動産

    普通のサラリーマンがアーリーリタイアを目指す為に資産を形成したいのであれば、倹約に努める必要があるでしょう。家計を抑える手段として、固定費削減があります。食費については健康に関わる事であり、高級食材を購入していないのであれば、削減するのは難しいかもしれません。 サラリーマン家庭の食費を下げる手段としては、「ふるさと納税」が最も有効と思います。お米を選べば継続的に食費にかかるコストを削減できますし、高級食材を選ぶことで食事も楽しくなります。 あと毎月の固定費として削減できそうなのは…①住居費(家賃)、②保険、③教育費、④通信費などでしょうか。どこに重点を置くか、家庭毎に異なりますので、一概に「住…

  • コンフォートゾーンを抜けるには

    2020年1月に突然の病気で入院する事になり、その時の入院生活で自分の人生を振り返って、成長していくためには一生勉強が必要と考えるようになりました。 会社に入ってからは、国家資格取得を半ば強制されていたので、継続的に勉強する機会はありましたが、自らの意志で勉強する事は余りなかったと思います。 コンフォートゾーンを抜けるには 人間、毎日同じ生活をしていると「慣れ」が生じます。同じ行動をして、刺激のない生活をしていると成長がなくなり、早くボケてしまうような気がします。 最近読んだ本によると、日々同じ生活を送っているリラックスした状態は、「コンフォートゾーン」というそうです。コンフォートゾーンとは、…

  • 日商簿記1級の勉強を始めてみました

    簿記の勉強は筋トレと同じで、5日止めると勘が鈍るそうです。2級に合格したのでほっとしていましたが、勘が鈍るのを防ぐためにも1級取得に向けて勉強を再開しました。 とりあえずテキストを購入しました 田舎なので需要が少ないせいもあるのでしょうが、私が住んでいる街の書店には、日商簿記1級のテキストや問題集は全く見当たりませんでした。2,3級については、大型の書店に行けば、大体置いてありましたが…。 できれば本の中身を見て、文章構成や問題の内容を確認してから購入しようと考えていましたが、難しそうです。よってネットで得られる情報を参考にして、テキストと問題集を購入する事にしました。 以前簿記2級の勉強方法…

  • 仕事に前向きに取組みつつ、アーリーリタイアを目指す

    このブログは、普通のサラリーマンがアーリーリタイアするまでの記録として書いていますが、最近簿記の資格取得など自己啓発に関する記事が多くなっています。 アーリーリタイアを目指す理由は人それぞれで異なると思いますが、仕事が嫌でできるだけ早くリタイアしたい人が多いと思います。もちろん全ての人が仕事が嫌という訳ではなく、独立などやりたい事が明確に決まっており、仕事がそれを妨げている(時間が無い)人もいるでしょう。 私の場合、「基本的に仕事は嫌い」です。会社には仕事が好きな人が多いですが、私にとって仕事は「お金をもらうための我慢代」と捉えています。正に「お金のために働いている」というのが本音です。 仕事…

  • 【100万人に1人の人材】簿記と英語は新たなスキルとなるのか?

    以前書いた記事で藤原和博さんの本の3つのキャリアを掛け合わせて、100万人に1人の人材になる事を紹介しました。前回紹介した記事では、3つのスキルのうち「技術」、「会計」が決まっていましたが、残り1つが模索中となっていました。 3つ目のスキルになるか分かりませんが、最近英語の勉強を開始しています。簿記の勉強も続けていますが、改めて自分が取得したいスキルについて考えてみました。 マネージメントスキルは必要、簿記のスキルは必要か? 仕事で求められるスキルは、選ぶ仕事によって異なります。経理であれば簿記会計の知識が必要になりますし、システムエンジニアであれば人よりITに関する知識が必要になると思います…

  • 資産は有っても今直ぐリタイアしない理由

    このブログを始めて1年が経過しました。元々私のアーリーリタイアするまでの記録と読まれる方の参考になれば、と考えて書き始めましたが、今では雑記ブログの様になっています。 もっと早くリタイアする可能性は? 現在考えているアーリーリタイアの時期は、私が53歳になる2028年12月末を想定しています。よって今から7年半後になります。7年半と考えると、余り残された時間は無いように感じます。 会社の早期退職制度が50歳からですので、それまでは最低勤めようかと考えています。早期退職制度が適用される年齢は会社によって異なるのでしょうが、45歳からが多いと思います。ちょうど私は今45歳なので、他の企業ならば適用…

  • 日商簿記2級のテキストを断捨離(売却)しました

    統一試験では不合格だった日商簿記2級ですが、3月のネット試験で何とか合格できました。当初の目標が2020年度内(2021年3月末まで)に合格としていたので、ギリギリ目標達成できました。 次の目標として、日商簿記1級が有りますが、科目や難易度が2級と比べものにならない位大変そうであり、合格まで1年以上かかりそうです。 しかし2級を取得してこのまま勉強を止めるのはもったいないので、勉強が途切れない様にネットで簿記1級のテキストを調べて、早速注文しました。簿記1級の勉強方法についてはこれから模索していきますが、ある程度勉強のスタイルや合格目標が決まりましたら、後日紹介する予定です。 不要になった簿記…

  • 家計、資産管理をする事で得られるもの

    家計の管理をする際、どちらが(夫か妻か)するのか各家庭で異なると思います。妻が管理をして、夫に生活費やおこずかいを渡す制度を取っている家庭が多いのかもしれません。 共働きの家庭は? 一方で最近では多くの家庭が共働きの場合が多いので、どちらか片方が全てのお金を管理しているケースが一般的では無いのかもしれません。夫婦のどちらも収入が有り、家事も分担している家庭であれば、双方から必要なお金を出すのでしょう。 私が知っている共働き家庭で双方の給料から支出するケースとしては、 ①毎月決まった額を双方が出し、後は好きに使う。 ②支出の種類別に担当を決めてお金を出し合い、残ったお金は好きに使う。 のような感…

  • 働く若手と働かないおじさんについて

    会社によって差はあると思いますが、どの会社にも「働かないおじさん」がいるのではないでしょうか(もしかしたら私も同じように思われているかもしれませんが)。 中小零細企業の場合、働かない人を抱えている余裕は無いので、働かないおじさんは余りいないかもしれませんが、ある程度の規模の会社になると、各部署で1人位は働かない人がいます。 今まで社内で様々な部署を見てきましたが、明らかに働かない人がいます。「働かない人」は、仕事に対するモチベーションが普通の人に比べて極端に低く、朝から晩までネットを見て過ごすケースが多いです。 働く若手 私の会社で「働かない人」として思い浮かぶ人が何人かいますが、全て中高年社…

  • 目標の達成とポジティブな思考の持ち方

    最近、何か良い自己啓発の本は無いかと本屋や図書館で探しています。過去に様々なテーマの自己啓発本を読んできましたが、今は「如何に成功(=目標達成)するか」に焦点を当てることを考えています。 過去に読んだ本によると、成功する為には目標を設定し、それに向かってより良い行動を行う事で、目標達成できるそうです。目標達成のためには、特に「継続性」が大事なようです。 当初の目標は、「成功したい=お金持ちになりたい」という事でしたが、最近は「会社に頼らずに自分で稼ぎたい」と思いが強くなってきました。昔はリタイア後は、働かずに自分の趣味や旅行を満喫したいと考えていましたが、今はアーリーリタイアしても、何らかの形…

  • 日商簿記2級合格までの勉強を振り返って

    最近簿記2級についての記事が多くなり申し訳ないのですが、今回は日商簿記2級を合格するまでの道のりについて振り返ってみたいと思います。 日商簿記2級の試験は、ネット試験の合格率は少し高いと思いますが、統一試験ならば合格率は約20%です。私が受験した2月28日の第157回の統一試験の合格率は10%を切っていたようですので、相当難しかったみたいです。 合格率が20%といいますと、5人に1人しか合格しない試験であり、難しい資格に分類されると思います。日商簿記1級、税理士や公認会計士と比較すると易しい試験と思いますが、かなりの勉強が必要でしょう。 合格までどの様に勉強したのか 簿記2級を合格する為に要し…

  • 資産状況_2021年3月末

    2021年も3ヵ月が終わり、4月から新生活を迎える方も多いのではないでしょうか。年度でいえば、3月末を以って2020年度が終了する会社も多いと思います。 資産管理については、1月を開始、12月を終了として評価しているので、2021年に入ってからはまだ3ヵ月しか経っておらず、ようやく第1四半期が過ぎた状況です。 まずは、毎月恒例になっている資産状況報告を今月もさせて頂きます。 2021年3月末の資産状況 2021年3月末時点での資産状況は、以下の様になりました。 いつもも示している資産の内訳グラフですが、変化が分かるように前回分と今回分を載せる事にしました。まず、前回の2月末時点のグラフです。 …

  • 会社の福利厚生について

    会社で利用できる福利厚生は、勤めている会社によって異なると思います。給料が高く、福利厚生も充実している会社がある一方で、給料が安く福利厚生も殆どない会社もあります。 普通の会社で福利厚生と思われるのは、通勤手当位かもしれません。勤めている会社の給料には着目しても、福利厚生の内容を細かく見る人は少ないかもしれません。 どの様な制度があるのか? 私の個人的な見解かもしれませんが、「福利厚生費」は会社及び社員の両方にとって良い制度と思います。給料が安くても福利厚生という形で社員に還元すれば、社員の満足度も上げられますし、会社も経費として使えます。 ちなみに福利厚生のポイントとして、「全社員が利用でき…

  • 日商簿記2級のネット試験内容について

    前回、日商簿記2級のネット試験を受けた時の状況を報告させて頂きました。今回はネット試験で実際に出題された問題について紹介したいと思います。 前回にも少し記載しましたが、ネット試験は統一試験に比べて難易度が低いと感じました。またひねった問題も無かったと思います。ただネット試験は、受験者各個人で試験内容が異なりますので、当たり外れはあるかもしれません。 統一試験で財務諸表(損益計算書、貸借対照表)を作成する問題があった場合、決算前整理事項の最初の方に貸倒引当金を計算する文章があるのにも関わらず、後半で売掛金や受取手形を回収する文章が有り、計算するのに営業債権を減らす事が分かって、再度貸倒引当金を計…

  • 日商簿記2級のネット試験を受けてきました

    日商簿記2級の試験ですが、2月28日の統一試験直後に申し込んだネット試験を受けてきました。結果、無事「合格」出来ました。 ネット試験は、予約に空きがあれば何時でも受験できるので、「落ちたらまた受験すればいいか」と考えていましたが、何とか1回で合格する事が出来ました。 田舎なので県内でネット受験可能な会場が2箇所しかなく、1箇所は週に1回しか試験が開催されていません。また2箇所のどちらも家から車で1時間半もかかる場所にあるので、本音では1回で済ませたかったので、少しホッとしています。 試験開始までの状況 ネット試験の申込では、名前と生年月日を登録し、試験会場で免許証などで本人確認をします。試験開…

  • いよいよ新年度が始まります

    3月もそろそろ終わり、4月から新年度が始まります。会社では新入社員が入ってきますし、家庭では子供の学年が上がります。私の子供はこの4月から小学校3年生になります。 3年生となると、中学年のクラスになり、下の学年の子供の面倒を見る機会も増えるでしょう。少子高齢化の影響でしょうが、子供が通う小学校の学生数は少なく、各学年で1クラスしかありません。 よって入学から卒業まで全く同じクラスで学んでいく事になります。私は第2次ベビーブームの少し後で人も多かったので経験がありませんが、6年間も同じ人と過ごすとかなり濃い関係が築けるのかもしれません。 一方でコロナ対策で教室内で距離を取る必要がありますが、1ク…

  • 100万人に1人の人材

    藤原和博さんの本に、3つのキャリアを掛け合わせて、100万人に1人の人材になる事が書かれていました。100万人に1人の人材となりますと、日本の人口が単純に1億人(実際は1億2,000万人ですが)とすると、同じスキルを持った人が日本に100人しかいない事になります。 日本に100人しかいないと希少な人材になりますし、他者と明確な差別化を図れます。私も今年で46歳になり、かなり遅い考えかもしれませんが、自分のキャリアをこの法則に当てはめて考える事にしました。 現在持っている能力とは? 私が持っている能力は、「技術」でしょう。大学で勉強してきた事と会社で業務を通じて得た技術は、社内トップとはいきませ…

  • 第157回 日商簿記2級の試験結果が出ました

    2月28日に受験した日商簿記2級の結果が出ました。受験直後に「これは落ちたな…。」と感じていましたが、予想通りの "不合格" でした。 過去の記事はこちら fish1017.com 試験の結果は、受験した商工会議所のホームページで見ることが出来ますが、『不合格』の3文字を見た時少しだけショックを受けましたが、「ああ、やっぱりか…」という気持ちの方が大きかったです。 結果の内容は? 商工会議所のホームページでは、試験結果の照会だけでなく、各設問の点数まで載せています。受験直後の自己採点では64点でしたが、実際の点数は54点とより低い点数でした。 64点ならば合格まであと少しのような気がしますが、…

  • ふるさと納税の返礼品(パスタ)について

    2021年になったので、新たなふるさと納税を色々検討していますが、今の所1つしか利用していません。まだ9ヶ月もあるのでゆっくり探そうと考えていますが、1つ目に頼んだふるさと納税の返礼品が中々減りません。 大阪府貝塚市のふるさと納税 今年最初のふるさと納税の返礼品は、大阪府貝塚市の「パスタ」です。300g入りのパスタが40袋(総重量12kg!)入っており、活用させて頂いています。 過去の記事はこちら fish1017.com 「それだけの量のパスタをどうやって使うの?」と思われるかもしれませんが、食事を作るのが面倒な時など結構役に立ちます。スーパーやドラッグストアに行けば、パスタ用のソースが沢山…

カテゴリー一覧
商用