chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
tokotonpapa
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/03/07

1件〜100件

  • 「トレセン参加」長男sayサッカー成長の振り返り43(2022.9)

    先月から隣街のクラブチームに移籍した長男say(小学5年生)。 有難いことに、隣街のトレセンの追加選考を受けさせてもらえることとなり、その結果晴れて合格となりました。 今年の春、旧チームが所在する地区のトレセンに落選しているので、敗者復活みたいな感じですね。 (トレセンは、自宅ではなく所属チームが所在する地区ごとに先行するシステムですので、その地区の選考基準を満たしていれば、このようなこともあるようです。) (トレセン落選の様子は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com 地区によるレベル差もあるのでしょうが、セレクションは、選考者、選考基準…

  • 「移籍後1ヶ月の評価」長男sayサッカー成長の振り返り42 (2022.9)

    先月から、少年団チームを辞めて隣街のクラブチームに移籍した長男say(小学5年生)。 週末ごとに少年団チームではなかなか対戦できなかった強豪チームとのトレーニングマッチをたくさん組んでもらい、わくわくする試合経験を重ねています。少数精鋭のチームということもあり、有難いことに早速FWを任してもらっているようです。 (移籍の様子は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com 新チームに入ってからというもの、息子はもちろんのこと、私も試合観戦がとにかく楽しく、ストレスが極端に少ない。今回は、この要因は何かを考えながら、移籍後1か月の様子を振りえってみ…

  • 「ステップアップの移籍」長男sayサッカー成長の振り返り41 (2022.8)

    長男say(小学5年生)は、この度、サッカーを始めた小学1年生からお世話になった少年団のサッカーチームを卒業し隣街のクラブチームに移籍することになりました。 (少年団でサッカーを始めたばかりの頃の様子は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com 間違いなく、少年団チームのおかげで、サッカーの楽しさや仲間の大切さを学んだと思いますし、選手としても大きく成長できましたので、感謝の気持ちしかありません。 今回は、そんな長男sayの感謝いっぱいの移籍について振り返ってみたいと思います。 (1)移籍の理由 長男sayの所属していた少年団は、同じ小学校に…

  • 「トンネルを抜けると」長男sayサッカー成長の振り返り40 (2022.8)

    『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』 川端康成の『雪国』の書き出しのように、長男say(小学5年生)が、不調の長いトンネルから這い出たあとに見えた景色は驚くべきものでした。 (不調の長いトンネルについては、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ミスが格段に減り、判断力も高まりボールを取られなくなる、そして身体のひ弱さが目立たなくなり、しっかりと守備でも喰らい付く。まるで別人かのような長男sayの驚きのパフォーマンスが、長いトンネルを抜けた後に開催されたフットサル大会で繰り広げられていました。 (1)チームの救世主 その日は、強豪チ…

  • 「苦しい時期」長男sayサッカー成長の振り返り39(2022.5〜7)

    とびきり体が小さく足も早くない、サッカー選手としては間違いなく身体的に恵まれない長男say(5年生・早生まれの10歳)ですが、それならばと基礎技術の習得にこだわってやってきた成果もあり、サッカーでは所属する少年団のエース、フットサルチームでも1カテゴリー上でレギュラーを任されるなど、これまでそれなりに充実したサッカーライフを送ってきました。 (基礎技術の習得については、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com それが、今年の春は、親の目から観ても可哀想なくらい苦しい時期を経験していました。 (1)トレセン落選 まずはトレセンの落選。 小学5年…

  • 「利き足を武器に」長男sayサッカー成長の振り返り38 (2022.4)

    このブログの目的は、我が子供達の成長の記録とそれを通した思考の整理。 そのため、子供達の夢に関わる『サッカー』『英語(勉強)』がテーマの中心となっていますが、私自身がその道の専門家ではないですので、こういった練習方法(学習方法)がいいよとか、ああいうことは駄目だなどの主義主張はなるべくせず、実際の取り組み、出来事を時系列通りに振り返って記録するという形で進めてきています。 (結果、失敗や非効率な取り組みも含めて、参考とする人がいればそれで良いとのスタンス) ですので、素人の私が偉そうにこれはお薦めですと主張しているような記事はあまり書くないのですが、長男say(10歳)のサッカーを語るうえで、…

  • 「全国大会&関東遠征」長男sayサッカー成長の振り返り37 (2022.3)

    現在進行形の我が子達のストーリー。 書きたいこと、記録しておきたいことは山のようにあるのですが、こちらの気力や時間がなかなか確保できないのもの。今回は、子供達のアルバムを整理するかのような気持ちで、春休みに行われた合宿(長男sayのフットサルの全国大会と関東遠征(4泊5日))の様子を書き残しておきたいと思います。 (春合宿行程) 1日目:移動 夕方からトレーニングマッチ 2日目:フットサル全国大会(U11) 3日目:AM トレーニングマッチ 夕方から名門スクール参加 4日目:AM トレーニングマッチ 夕方から名門スクール参加 5日目:観光&移動 (全国大会のキップを勝ち取った予選大会の様子は、…

  • 「地域リーグ優勝」長男sayサッカー成長の振り返り36 (2022.3)

    長男say(10歳)が所属するフットサルチームの調子が、初タイトル獲得以降、グングン上がってきているのを感じます。やはり、自信がチームを強くするということでしょう。 (フットサルチームの初タイトルの様子は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com この日は、今年から新たに参戦した地域リーグ(U11)の最終節。リーグ戦上位3チームが総当たりで最終順位を決めるクライマックスシリーズでした。長男sayのチームはここまで2位。 1戦目は3位チームとの対戦でした。 前半は1−1と痺れる接戦でしたが、後半の終盤に長男sayが得点を上げたところで勝負あり。…

  • 「You are good!」長男sayサッカー成長の振り返り35 (2022.3)

    今回は、長男say10歳が「成長のスパイラルに嵌ったな」と感じた、いうお話です。 先日、長男sayが通っているフットサルスクールのU10のトレーニングマッチを観戦しましたが、彼は普段U11やU12の中で揉まれていることもあり、U10という自分と同学年以下のカテゴリーの中では自信を持ってプレーできているというのが印象的でした。 自分がチームの中心と言わんばかりに、1プレー1プレー声を張り上げて指示を出し、チームを鼓舞。声を出している時は、試合に集中できている証拠ですし、自分のプレーにも責任感が生まれます。 プレー自体は、もちろん「まだまだだな」と思うところもたくさんありましたが、時より「おっ」と…

  • 「全国大会のキップ」長男sayサッカー成長の振り返り34 (2022.1)

    新型コロナウィルスの蔓延(第6波)の影響で、少年団サッカーの活動が再び止まっています。我が家(長男say10歳、次男5歳)の場合は、所属するフットサルスクールが活動を継続してくれているため、コロナ禍においてもあまり問題なくトレーニングができていますが、少年団だけの子供達は不憫で仕方ありません。 (少年団は、民間のスクールに比べ公的要素が強くリスクの許容度が低いため、コロナ禍では柔軟な対応が難しいところがあります。) 誰もが大好きなサッカーを思う存分プレーできる日が早く来てくれることを願わずにはおられません。 さて、今回は、1月に開催された全国大会まで続くU-11フットサル大会(地区予選)につい…

  • 「スタメンを掴むまで」長男sayサッカー成長の振り返り33(2021.4〜12)

    サッカー元日本代表の松井大輔選手がフットサルに転向したニュース、皆さんもびっくりしたのではないでしょうか。 40歳という年齢からのチャレンジですので、常識的に考えれば活躍なんかできるはずもないのですが、日本サッカー界のファンタジスタであればもしかしたら・・・という期待を感じないではいられません。松井選手頑張ってください。同世代のおじさんとしては、松井選手の勇気ある挑戦をめちゃくちゃ応援しています。 さて、今年の4月からサッカーが上手くなるためにフットサルチームに入った長男say9歳(小学4年生)。それから8ヶ月間苦しみながら努力を重ね、ようやく今月トップチームとなるUー12のスタンメンの座を勝…

  • 「チャンピオンのプレッシャー」長男sayサッカー成長の振り返り32 (2021.12)

    本日、長男say(小4)が通う小学校では毎年恒例のマラソン大会が開催されました。 昨年は、見事学年1位を獲得。早生まれで体も学年で一番小さな部類の子で、優勝するなんて全く想像すらしていない中での出来事だったので、親ながらびっくりの結果でした。 (昨年のマラソン大会の様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)チャンピオンのプレッシャー 「俺、今年は1位を取られへんと思う」。長男sayの数日前の言葉。 昨年はチャレンジャーの立場での参加だったので、変なプレッシャーは無かったのですが、昨年1位を獲得すると、本人としても、当然ながら今…

  • 「2回目の英検3級二次試験」 我が家の英語教育振り返り15 (2021.11)

    英検3級の二次試験(2021年度第1回)で不合格となってしまった長女cherry12歳。今回は二次試験を再チャレンジしてきた結果報告です。 (前回の英検3級二次試験の様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)再チャレンジ 英検1次試験(筆記試験)合格者は、1年間1次試験免除してもらえるようで、今回は2次試験(面接試験)だけの受験でした。結果としては、ギリギリ合格。 詳細結果を前回と比べるとリーディング2点⇒3点、Q&A13点⇒18点、アティチュード2点⇒3点とそれぞれの項目で点数が上がっていましたが、バンド幅(合格ラインまでの…

  • 「フットサルチームに加入③長男sayサッカー成長の振り返り31 (2021.4~10)

    長男sayの成長を託せるコーチに出会い、約半年間フットサルにがっつりと浸かった息子の成長をみてきた実体験から、現在では、フットサルはサッカー成長のために非常に有効な手段だと確信するようになった私。しかしながら、ただフットサルをやれば皆が同じように成長するとも思わない、と記載しました。 そこで、今回は、サッカーのためにフットサルを取り入れる際の留意点について書いてみたいと思います。 (フットサルを取り入れる効果については、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)フットサル特有の技術や思考があることを理解する プロのサッカー選手(海外含む)…

  • 「フットサルチームに加入②長男sayサッカー成長の振り返り30 (2021.4)

    更なる”サッカー”の成長を求めて、新小4からサッカースクールをやめて「フットサルチーム」に加入する(サッカーチームは引き続き少年団に所属)というある意味トンチンカンな決断を下した長男say(9歳)。 前回、サッカーとフットサルは、似てると言えど別競技であるため、フットサル特有のテクニックや思考が、サッカーに悪影響が出るのではという心配は杞憂に終わりそう、正確には足裏トラップなど独特の癖はつくものの、フットサルをやることはそれ以上のメリットが大きいという考えに至ったと記載しましたので、今回は、その理由を書きたいと思います。 (前回分「フットサルチームに加入①」は、過去の記事をご覧ください。) ↓…

  • 「フットサルチームに加入①」長男sayサッカー成長の振り返り29 (2021.4)

    J下部の選抜スクールのセレクションに落選した長男say(9歳)。 更なる”サッカー”の成長を求めて、我々親子が下した決断は、サッカースクールをやめて「フットサルチーム」に加入することでした。 (J下部選抜スクールのセレクションの様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)フットサルチームを探し始めたきっかけ 長男sayは、小学1年生からサッカーをはじめ、小学3年生までの間、平日はサッカースクールで、土日は私がコーチをしている少年団でサッカーに熱中していました。 そのおかげもあり、学年でも最も体の小さな部類に入る子ですが、持ち前の…

  • 「英検3級二次試験」 我が家の英語教育振り返り14 (2021.7)

    2021年度第1回(5/30)英検で3級の一次試験を何とかギリギリで合格してきた我が子達(長女cherry12歳、長男say9歳)。今回は二次試験の結果報告です。 (英検3級一次試験の様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)二次試験の内容 英検の二次試験は、面接官(日本人)と受験者1対1の面接試験です。 内容としては、 1.短い文章を20秒で黙読する 2.短い文章を音読する 3.文章に関する質問に答える 4.イラストに関する質問に答える 5.自分に関する質問に答える と形式が決まっています。 配点は、以下の通りとなり、合格ラ…

  • 「英検3級一次試験」 我が家の英語教育振り返り13 (2021.5~6)

    2021年度第1回(5/30)英検で3級一次試験を受験してきた我が子達(長女cherry12歳、長男say9歳)。 英語学習歴2年2カ月、典型的な日本人夫婦の家庭で、留学どころか英会話教室にも通ったことがなく、関西弁訛りの英語しか喋れないtokotonpapaと毎朝30分程度の学習を続けてきただけでの挑戦です。 (英語学習を始める前も、バイリンガル教育などの特別なことは一切やっておらず、私=tokotonapapaの英語力も、受験英語に毛が生えた程度の拙いレベルです)。 (我が家の英語学習を始めた経緯は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.c…

  • 「ダイエット1ケ月(途中経過)」親が手本を示す tokotonpapa奮闘記6

    長女cherryの悪癖(猫背、くちゃくちゃ、オーバーウェイト)を治すため、口で注意するだけでなく自ら手本を示すことを決意したtokotonpapa(42歳)。 ブログ報告ダイエットと名付けて開始したダイエットが1ケ月が経過しましたので、本日はその途中経過です。 (ダイエットを決意した経緯は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ (1)1ケ月目の結果 前回報告した2週間目までに、食事面、運動面ともにある程度、習慣化ができましたので、あとは、それを続けていくだけと考えていましたが、思わぬ落とし穴が。 4週間目の1週間は、体調を崩してしまい、ランニング(ウォーキング)、筋トレ、ストレッチなど、こ…

  • 「ダイエット2週間(途中経過)」親が手本を示す tokotonpapa奮闘記5

    長女cherryの悪癖(猫背、くちゃくちゃ、オーバーウェイト)を治すため、口で注意するだけでなく自ら手本を示すことを決意したtokotonpapa(42歳)。 ブログ報告ダイエットと名付けて開始したダイエットが2週間経過しましたので、本日はその途中経過です。 (ダイエットを決意した経緯は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ (1)2週間目の結果 禁煙などでも言えることですが、習慣化するまでで一番しんどい時期が、開始~2週間くらいまでです。その後は、体が慣れてくることで苦しみは緩和されていきます。 ですので、ここが頑張りどころと思い、理想的な食事(約2000kcal/日)、運動(毎日ランニ…

  • 「ダイエット1週間(途中経過)」親が手本を示す tokotonpapa奮闘記4

    長女cherryの悪癖(猫背、くちゃくちゃ、オーバーウェイト)を治すため、口で注意するだけでなく自ら手本を示すことを決意したtokotonpapa(42歳)。 ブログ報告ダイエットと名付けて開始したダイエットが1週間経過しましたので、本日はその途中経過です。 (ダイエットを決意した経緯は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ (1)1週間の結果 ダイエット開始時が、80.9kg。 ダイエット目標は、4ケ月で12kgの減量ですので、1日あたりの目安は100g減となります。 結果としては、途中、体重が増加した日もありましたが、1週間後の結果は、目安の目標体重とドンピシャの80.3kg。 体重と…

  • 「三日坊主」親が手本を示す tokotonpapa奮闘記3

    長女cherryの悪癖(猫背、くちゃくちゃ、オーバーウェイト)を治すため、口で注意するだけでなく自ら手本を示すことを決意したtokotonpapa(42歳)。 本日は、ダイエットを始めて4日目となります。 そこで、三日坊主を乗り越えるためのコツについて書いてみようと思います。 (tokotonpapaの奮闘記は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ (1)三日坊主 「一つのことを続けることが出来ない飽きっぽい性格のこと」を三日坊主とも言いますが、この言葉は、もともと修行僧が修行に堪えられず、出家してからわずか3日で俗人に戻ってしまうことを意味していたとのことです。 新たに始めたものを継続す…

  • 「目標設定」親が手本を示す tokotonpapa奮闘記2

    長女cherryの悪癖(猫背、くちゃくちゃ、肥満)を治すため、口だけでなく手本を示すことを決意したtokotonpapa(42歳)。 まずは、ダイエットの目標とそれを達成するための取組みを考えてみました。 (tokotonpapaの決意宣言は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)目標設定 目標設定のコツは、少し頑張れば手が届く目標とすること、そして、いつまでに達成するのか期限を設けることです。 そのコツに則り、目標体重はtokotonpapaの身長(177cm)の標準体重となる68.9kg、期限については、後述の通り、4カ月とす…

  • 「子供の躾」親が手本を示す tokotonpapa奮闘記①

    長女cherry(12歳)は、ダンサー、モデル、女優など、人前に立つ職業に憧れています。 だからこそ、実際になれるかどうかは別にして、最低限の素養やマナーを身に付けさせてあげなければと考えているのですが、なかなか直らない習慣や癖があります。 それが、猫背と食事中のくちゃくちゃという咀嚼音。そして、間食の食べ過ぎ。 一般女性の標準からするとまだ痩せている方なのですが、バレリーナとしては、少し太り気味となってきており、バレエ教室の先生からは、かなりキツく注意されているようです。 (成長期真っ只中なので可哀想な気もするのですがそういう世界なのでしょう) 我々両親からも、気づく度に指摘するのですが、マ…

  • 「洋楽を歌う」 我が家の英語教育振り返り12 (2019.4~現在)

    我が家の子供たち(長女cherry12歳、長男say9歳、次女7歳、次男4歳)は、テレビ、特にアニメが大好きです。 この時間の一部だけでも、英語で見てくれたら飛躍的に英語力が上がるだろうと思い、二か国放送のアニメを録画して音声を英語に切り替えて見るように促してしるのですが、全くダメですね。 日本語で慣れてしまった子供達が、わざわざ意味の分からない英語で見る訳がありません。 (ただただ、おさるのジョージやスポンジボムなどを日本語で見ているだけです。テレビを見ている時間が増えているだけではないか(笑)) ということで、我が家では、少しでも英語に親しんでもらおうと、洋楽を聞いて歌うことを心がけていま…

  • 「我が少年団(小3)の戦績」長男sayサッカー成長の振り返り28 (2018.4~現在)

    今回は、我が少年団の2020年度(小学3年生)の戦績を記録しておこうと思います。 我が少年団は、小学3年生で市内1位になることを目標に活動していましたが、以前の記事で記載したように、最もチャンスがあると思っていた市内カップ(クラブチームが参加しない少年団だけの市内大会)では、予選リーグで無敗のまま得失点差で敗退していました。 (市内カップの様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)年間成績(カップ戦・リーグ戦の結果) 我が少年団の2020年度(小3)通算成績は、25勝12敗5引き分け。 (総得点122点、総失点67点) 主なタ…

  • 「J下部セレクション②」長男sayサッカー成長の振り返り27 (2018.4~現在)

    あるJチームの(新4年生)選抜クラスのセレクションにチャレンジし、予想に反して1次試験に合格してきた長男say(小学3年生)。今回はその続きです。 (1次試験の様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)2次試験(最終試験)当日 2次試験(最終試験)当日は、偶然にも長男sayの9歳の誕生日でしたので、長女cherryのお手製ケーキでお祝いをしてもらい、いざ出陣。今の彼の実力では、合格はほぼ無理と分かりつつも、これに合格すると彼の夢であるプロサッカー選手に少し近づけるのではと思うと、万が一に期待せざるを得ません。 途中地元の神社に…

  • 「J下部セレクション①」長男sayサッカー成長の振り返り26 (2018.4~現在)

    先日、長男say(小学3年生)が、あるJチームの(新4年生)選抜クラスのセレクションにチャレンジしてきました。 セレクションを受けるきっかけは、長男sayからの直談判。 どうやら、長男sayが所属するスクールのスーパー君が、Jリーグの下部組織に受かったためチームを退団することになり、そのような道があると知ったようです。 「パパ、俺もJチームのセレクションを受けたい」と。 (1)本気度を確かめる 長男sayからそのような要望を聞いた時、私が率直に思ったことは、「今、受けても絶対に合格しないから、やめておいた方が良いのでは」というものです。 と言うのも、現状の長男sayのレベルは、客観的に見れば、…

  • 「サッカー部がマラソン大会上位独占」長男sayサッカー成長の振り返り25 (2018.4~現在)

    サッカー選手の能力の1つとして持久力はとても大切な要素です。 しかしながら、これまで長男say(小学3年生)には、単に長距離を走るという練習はさせてきませんでした。というのも、単に走るという事に時間や体力を使うくらいなら、ドリブルやリフティング、トラップやキックなどのボールコントロールを磨く方が先決と考えていたからです。 (1)マラソン大会 近所の小学校は今では珍しくなったマンモス校で、長男sayの学年では5クラス170名程度が在籍していますが、決まって秋から冬に差し掛かると、意識が高い子供達の、マラソン大会に向けたトレーニング光景が見られます。 友達と走っている子、親子で走っている子などなど…

  • 「サッカー脳を鍛える」長男sayサッカー成長の振り返り24 (2018.4~現在)

    今回は、コロナ自粛期間で止まっていた公式戦が多数組まれた、2020年秋~冬頃にかけての長男say(小学3年生)の変化を振り返ります。 客観的にみて、この時期、長男sayは急にサッカーが上手くなったと感じています。 と言うのも、公式戦が始まった9月の映像と直近の1月の映像を比べるとプレーの質が全く異なるからです。 「サッカーが上手くなる」という意味は、色々な捉え方があると思いますが、ドリブルやトラップなどのそれぞれの技術が上がるということよりも、ゲーム中の局面毎の判断が良くなったとの印象です。 (それまでは、フィールドのどの位置でボールをもっても、得意のドリブルでイノシシのようにゴールまで諸突猛…

  • 「不毛な点取り合戦」長男sayサッカー成長の振り返り23 (2018.4~現在)

    コロナ休校期間(2020.3.2~5.31)を経て、夏頃には徐々に”サッカーがある日常”が戻ってきました。そして、秋からはようやく公式戦が始まり、ハラハラする試合が続く楽しい週末が始まりました。 今回は、そんな長男say(8歳)が所属する我が少年団の小3秋公式戦の結果を振り返ろうと思います。 我が少年団の目標は、小学3年生で市内1位になること。市内には全国レベルのクラブチームもあるため、クラブチームが参加する大会ではかなり難しい目標ですが、同じ少年団だけの大会では現実味のある目標です。 前年も市内にある少年団だけがエントリー出来る「市内カップ」では3位になっています。 (前年の市内カップの様子…

  • 「慣らし運転」長男sayサッカー成長の振り返り22 (2018.4~現在)

    仕事納めも終わり、久しぶりの更新です。 (しばらく更新していなくても、ちょこちょこと見てくれている方がいるようで嬉しい限りです。妻でさえ、ほとんど見てくれないのに・・・) 今回は、緊急事態宣言が解除されて、徐々に元の日常生活が戻ってきた2020年6月頃から振り返っていきます。 (長男sayのコロナ休校期間中の様子は、以下をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com 皆さんもそうだと思いますが、自粛期間を通して、自分にとって必要なものと、必要でないものがはっきりしたのではないでしょうか。 tokotonpappaにとって必要なものは、「家族」と人生の楽しみと…

  • 「英検4級対策」 我が家の英語教育振り返り11 (2019.4~現在)

    先週、2020年第2回英検の結果発表がありましたね。 長女cherry(11歳)も英検4級を受験してきましたので、本日は、我が家の英検4級対策を振り返ってみたいと思います。 ちなみに、長男say(8歳)も試験前日まで一緒に勉強してきたのですが、大事なサッカーの公式戦と重なってしまい、テスト自体は受けることができませんでした。 (我が家の英語学習の目的は、まず、学習習慣をつけること、そのうえで使える英語の習得につながれば尚良しという感じなので、試験に合格すること自体にはさほど重きを置いておらず、サッカー優先で全く問題ありません。妻は文句を言っていましたが(笑)) (1)英検4級対策 我が子達の英…

  • 「英検5級スピーキングテスト」 我が家の英語教育振り返り10 (2019.4~現在)

    2020年第2回英検が今週末に迫り、ソワソワしている家庭も多いのでは無いでしょうか。我が家も、長女cherry(11歳)、長男say(8歳)も4級を受験する予定ですので、最後の追い込みだと発破をかけているところです。 そんなこともあって、今回はちょうどコロナ休校期間だった今年の5月に受験した英検5級スピーキングテストについて振り返ってみたいと思います。 (英検5級(本テスト)の受験の様子は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)スピーキングテストとは(5級) スピーキングテストとは、試験会場で実施される本テスト(リーディング、リスニ…

  • 「コロナ休校期間②」 長男sayサッカー成長の振り返り21 (2018.4~現在)

    恵まれたコロナ休校期間(2020.3.2~5.31)を過ごし、大きな成長(特に、身体能力の向上)を見せてくれた長男say(8歳)。 その要因として、①鬼ごっこ、②朝練再開の2つを、前回の記事で紹介しました。今回は、その続きです。(前回の記事は、以下をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ■朝練の基本メニュー 前回の記事で、朝練については、長男sayの希望からトラップとリフティング、そしてスピードアップを目的とした縄跳びを中心に約2カ月間(2020.4.8~5.31)取り組んだことを紹介しましたが、 基本的なメニューは以下の通りです。 <基本メニュー>…

  • 「コロナ休校期間①」 長男sayサッカー成長の振り返り20 (2018.4~現在)

    長男say(8歳)は、恵まれたコロナ休校期間(2020.3.2~5.31)を過ごせたこともあり、活動再開後に大きな成長(特に、身体能力の向上)を見せてくれました。 この期間は体を動かすこともままならない環境下に置かれた子供達も多かったため、相対的な比較で、長男sayの伸びが顕著に感じられました。 今回は、今後のトレーニングに活かすべく、長男sayのコロナ休校期間の過ごし方で、何が良かったのかを分析しながら振り返りたいと思います。 ■自粛期間中の生活状況(2020.3.2~5.31) 通常であれば通っている学校・少年団・スクールは以下の通り、当該期間中はほぼ活動はありませんでした。(学校がないこ…

  • 「英検合格のご褒美」 我が家の英語教育振り返り9 (2019.4~現在)

    英検合格のご褒美をせがまれましたので、各級合格時の内容を子供たちと話し合って決めることにしました。ご褒美の条件は、生きた英語体験につながるもの。 私のご褒美の基準にも合致しますし、我が家の英語学習は、ゴリゴリの日本人パパ(笑)とのレッスンだけのため、もっとネイティブスピーカーとのコミュニケーションの場を増やしてあげたいなと思っていましたので快く了承しました。 (ご褒美の基準については、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)各級合格時のご褒美 子供たちの希望は、以下のような感じでした。 ・5級 キッザニア(国内の英語デー) ・4級 ユ…

  • 「それ、上手い子がやるやつやん」 長男sayサッカー成長の振り返り19 (2018.4~現在)

    長男sayの小学2年生の最終試合(2020年2月末)。 対戦相手は、近隣小学校の少年団チーム。その試合の直前まで、1学年上のチームに帯同(「飛び級」)し、レベルの高い試合をこなしてきた勢いもあってか、tokotonpapaもびっくりするようなスーパープレイを見せてくれました。 (「飛び級」の様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ■スーパープレー 直前まで1学年上のハイレベルの試合をしていた長男sayにとっては、同学年との試合は、見える風景が違ったのでしょう。いつもとは違う落着き払ったプレーでチームを牽引していました。その雰囲気か…

  • 「飛び級」 長男sayサッカー成長の振り返り18 (2018.4~現在)

    長男sayの小学2年生の冬。有難いことに、所属する少年団の1学年上の3年生チームから、公式試合に帯同しても良いとのお誘いをいただきました。同学年から3人だけの選出だったので、長男sayもとても誇らしげでした。 いわゆる、「飛び級」です。 tokotonpapaとしても、サッカーを始めたばかりの頃、「あれほどダメダメだった子が、よく2年弱でここまではい上がってきたな」と感慨深い思いでした。 (サッカーを始めたばかりの頃の様子は、過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ■市内リーグ 3年生チームは、その時、市内リーグの2部(5チーム×7リーグ…

  • 「長所と短所」 長男sayサッカー成長の振り返り17 (2018.4~現在)

    充実の夏休みを過ごし、急に得点力つけた長男say(当時小学2年生)。その力を所属チームでも発揮し、市内3位の成績を収めることにも貢献しました。 (市内カップの様子は過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com しかしながら、全てが手放しで喜べる状況ではありませんでした。というのも、点が取れるようになり、その部分に意識が集中するあまりか前線で待ち続け、どんどん守備をしない選手になっていったのでした。 外から客観的に見ていると、長男sayだけサッカーとは別の競技(得点を決めるだけの競技、例えばダーツなど)をしているように感じることもあるほどでした。…

  • 「英検5級受験」 我が家の英語教育振り返り8 (2019.4~現在)

    英検5級対策を2~3か月くらい続け、いよいよ受験日当日。 tokotonpapaの合否予想は5分5分。問題の相性が良ければ合格するかもしれないし、初めての受験で慌てたりマークシートミスがあれば落ちるだろうとの感覚でした。 (英検5級対策は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)受験日当日 2020年1月26日。会場は近所の大学の教室。 保護者の同伴が可能だったので、tokotonpapaが一緒に教室に入ると、子供とその保護者で埋め尽くされていました。受験者の構成は、長女cherry(当時小学4年生)と同年代くらいの小学校高学年が多く…

  • 「英検5級対策」 我が家の英語教育振り返り7 (2019.4~現在)

    学習習慣をつけるために始めた「毎朝の英語学習」も、半年くらい経過すると、偉いもんで、アルファベットさえ知らなかった子供達(長女cherry(当時10才)、長男say(当時7歳))でも、英語がそこそこに分かってくるようになりました。 (英語の朝学を始めたばかりの頃の様子は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com その様子を見ていて、「これは、次のステップに移るタイミング、成長のために新たな刺激を与える必要があるな」と思いましたので、英検受験にチャレンジすることを考え始めるようになりました。 今までの遊びの延長で英語に親しむだけではなく、きちん…

  • 「市内カップ」 長男sayサッカー成長の振り返り16 (2018.4~現在)

    充実の夏休みを過ごし得点力をアップさせた長男say(当時小学生2年生)。そして、徐々にチーム力が上がってきた我が少年団チーム。 今回は、我が少年団チームが強豪チームの仲間入りをしていく過程で参戦した、市内のトップチームを決めるカップ戦(市内カップ、9月~11月に開催)を振り返ります。 (長男sayの得点力アップに関しては過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ■予選リーグ(9月) 市内カップは、4チーム毎に分かれた予選リーグを戦い、各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進む2ラウンド制の大会でした。 当時、長男sayが所属する少年団…

  • 「英語に効く恋」 我が家の英語教育振り返り6 (2019.4~現在)

    今年のゴールデンウィークは、緊急事態宣言に伴う外出自粛を受け、我が家でも旅行などには行かず、自宅(周辺)で有意義な時間を過ごすよう心がけています。 コロナ禍の生活は、色々と不便なことも多いのですが、何事も全てが悪いことばかりではなく、私で言えば、家族の有難さ、家族間の思いやり、助け合いの大切さなどを改めて気づかされた点は良かったことだと思っています。 (tokotonpapaの場合は、普段から子供達との関与が深かったため、今回は、特に、妻への感謝、愛情が深まりました。) もうしばらくの辛抱。 この状況が収束したら、旅行にでも行きたいなそう思う今日この頃です。 さて、本日は、昨年のGWに行った家…

  • 「アルファベットから」 我が家の英語教育振り返り5 (2019.4~現在)

    長女cherryの学習習慣をつけることを目的にはじめた、長女cherry(小4)、長男say(小2)、tokotonpapaの3人による毎朝30分程度の英語の学習。 2019年の4月頃から始めたので、約1年が経過しました。 今回は、スタートしたばかりの頃の学習メニューを振り返ります。 (英語の朝学に至った経緯は、過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (1)アルファベットからのスタート 毎朝、6時30分頃に起床し、顔を洗って、お水を1杯飲んで目が少し冷めたら、英語のCDをかける。子供達は、あくびをしながら、1曲口ずさむ。それが、我が家の英語…

  • 「ゴールを量産」 長男sayサッカー成長の振り返り15 (2018.4~現在)

    充実の夏休みを過ごし、心技体ともに一回り成長した長男say(当時小学2年生)。 秋からの公式戦シーズンにそんな良い状態で突入し、長男sayおよび我が少年団は目を見張るような活躍を見せてくれました。 (夏休みの様子は過去の記事をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ■ゴールを量産 小学2年生の秋頃から、目に見えた変化として窺えたことが、急に得点が取れるようになったことです。それまでは、たまに見れるかなというご褒美シーンだったのですが、毎回とるのが当たり前、今日は何点取れるかなくらいな感じになっていました。 それは、少年団、サッカースクールとも同じ状況…

  • 「名門チームに武者修行」 長男sayサッカー成長の振り返り14 (2018.4~現在)

    子供は夏に成長するような気がしませんか。 長男sayも小学2年生の夏休みに、市内の名門チームに武者修行へいったおかげか、サッカーの実力も精神面も少しばかり成長したような。今回は、そんな振り返りです。 ■私の原体験 tokotonpapaの夏休みの思い出と言えば、地獄のような辛い日々の事ばかりです(ちょっと大袈裟ですが(笑))。というのも、小学生時代の夏休み期間は、毎年、ほぼ毎日、朝から夕方までずっと水泳の練習をする学校に通わされていたのでした。(家から結構遠かったので、低学年のうちから1人でバスで通っていました。) その学校は、1日中、屋外プールで練習しますので、皆、全身真っ黒に日焼けをした子…

  • 「朝学を通して心を鍛える2」 我が家の英語教育振り返り4 (2019.4~現在)

    前回に続き、心を鍛えるという観点で、長女cherry(当時10歳)の心に深く刻まれるよう徹底してきたこと(残り三つ)をご紹介いたします。 (前回の記事は以下をご覧ください。) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com (3)考える力を養う 朝学中、長女cherryに少し難しめの質問すると、すぐに「分からない」と言って諦めてしまっていました。完全に思考停止状態です。 ですので、我が家では「分からない」という口癖は禁止にして、少しでも答えに近づくように考えさせることを心掛けています。 方法は、質問を繰り返すこと。 まずは、ノーヒントで質問して考えさせる。答えが出なかったら(…

  • 「朝学を通して心を鍛える」 我が家の英語教育振り返り3 (2019.4~現在)

    長年の親のしつけの不味さのせいで、勉強すること自体を拒絶するようになってしまっていた長女cherry(当時10歳)。 そんな彼女に学習習慣をつけさせるためには、単に勉強を教えるだけでなく「心の成長」を促していくことが不可欠という思いに至り、それ以来、tokotonpapaは、毎朝30分程度の英語学習を通して、長女cherryの心を鍛えていくんだという信念を持って取り組んできました。 今回は、英語の朝学の内容に入る前に、心を鍛えるという観点で、長女cherryの心に深く刻まれるよう徹底してきたことをいくつかご紹介いたします。 (1)早寝早起き(ルールを守る) 学習習慣をつけるためには、正しい生活…

  • 「体づくり(栄養・休養・トレーニング)」 長男sayサッカー成長の振り返り13 (2018.4~現在)

    早生まれのうえ成長も遅い長男sayは、残念ながら、同級生の中で最も体の小さな部類に入ります。 そのため、サッカースクールの体の大きなトップクラスの子供と比べると、身体能力の差は歴然としていました。 (感覚的には、遅生まれの早熟タイプと比べると2歳程度の差があるように思います。) ■体づくりの3要素(栄養・休養・トレーニング) この身体能力の差は、根本的には成長期の差がなくなる高校生あたりまで続いていく問題なのですが、少しでも早く追いつけるようにと、tokotonpapaは「プロサッカー選手になりたいんだったらアスリートとして正しい習慣を早くから身につけなさい」と言って、長男sayに体づくりの重…

  • 「どっちが本当の実力?」 長男sayサッカー成長の振り返り12 (2018.4~現在)

    今回は、長男say(7歳)の小学2年生春頃の様子を振り返ります。 所属する少年団に加え、サッカースクールにも通うようになり、徐々にではありますが上達していった長男sayですが、少年団とサッカースクールでは別人かと思うくらいパフォーマンスに違いがありました。 ■少年団でのパフォーマンス 少年団は小学校からサッカーを始めた子供達ばかりのチームでしたので、半年間毎朝ドリブルを鍛えたうえに、サッカースクールの上手い子達の中で揉まれていた長男sayは、ここでは「独壇場」に近い状態になっていました。 ボールを持てば、二人三人と簡単にドリブルで交わしゴールを決めていきます。 この頃、チームの主力と認められ「…

  • ご褒美について考える 長女cherry バースデイ

    tokotonpapaが住む地域も、桜の花が満開のシーズンになってきました。 例年であれば、桜の美しさに心を躍らせているところですが、今年は、新型コロナのことが頭から離れず、「来年もちゃんと家族そろって桜を見れるのだろうか」など考えてしまい、美しさよりも花びらが散るはかなさがより一層際立つ気分になってしまっています。 どうか、大切な方々が無事この危機を乗り越えられるよう心よりお祈り申し上げます。 ■長女cherryのやる気スイッチ さて、桜の満開時期に生まれた長女cherryが11回目の誕生日を迎えました。 最近の彼女の様子はというと、以前にも増してバレエへのやる気が漲っており、バースデイプレ…

  • ロールモデル「堂安律選手」

    我が家のサッカー小僧「長男say(8歳)」。 プロサッカー選手になることを夢見て、サッカーに明け暮れている彼の憧れの選手は、日本代表の主力として活躍する「堂安律」選手です。 ■堂安律(どうあんりつ)選手の経歴 生年月日:1998年6月16日 年齡:21歳(2020年3月現在) 出身地:兵庫県尼崎市 身 長:172cm 体 重:70kg ポジション:MF 利き足:左 所属クラブ: 2005年 - 2010年 西宮少年SS 2011年 - 2013年 ガンバ大阪ジュニアユース 2014年 - 2015年 ガンバ大阪ユース ※2015年 ガンバ大阪(2種登録) 2016年 - 2018年6月 ガンバ…

  • 「毎朝の英語学習」 我が家の英語教育振り返り2 (2019.4~現在)

    長女cherryの学習習慣をつけることを目的に、tokotonpapaと長女cherry(小4)と長男say(小2)の3人ではじめた毎朝30分程度の英語の学習。 英語の朝学をはじめる前に、長男sayと毎朝サッカーの朝練を続けていましたので、そのやり方を踏襲すれば、それ程問題もなくやっていけるだろうと考えていましたが、それは想定していた以上に大変な道のりでした。 (長男sayとのサッカーの朝練の日々は過去の記事をご覧ください) ↓ ↓ ↓ tokotonpapa.hatenablog.com ■子供は本来学ぶことが好き 長男sayの学習態度を見ていると、本来、子供は「学ぶこと」「出来るようになる…

  • 「学習習慣をつけさせる」 我が家の英語教育振り返り1 (2019.4~現在)

    我が家の一番目の子、長女cherry(10歳)。 「目の中に入れても痛くない」という言葉がぴったりなくらい愛おしい存在で、tokotonpapaは本当に溺愛をしてまいりました。 本人を一言で表現するなら、いい意味でも悪い意味でも「目立つ子」。 自分の子供をこんな風に言うと親ばかと言われそうですが、顔・スタイルとも抜群で、華があり、天真爛漫な性格も相まって、どこに行ってもその場の中心にいるような子です。 しかしながら、顔こそtokotonpapaに似なくてて良かったものの(笑)、性格・気質・考え方などその他の部分は私の子供の頃とそっくりで、だからこそ、その欠点が手に取るように分かってしまい、「こ…

  • 「小学1年生最後の試合」 長男sayサッカー成長の振り返り11 (2018.4~現在)

    長男sayが入団しているサッカーチームのコーチを引き受け、多数の子供達を毎週指導していると、「あぁ、この子一段階レベルアップしたな」と感じる瞬間があります。 長男sayにとって、小学1年生最後の練習試合(2018年度末)は、まさしくそんな日でした。 ■一段階レベルアップ 長男sayが所属する少年団チームは、幼少期から本格的にサッカーを続けてきた2人が飛びぬけて上手かったため、当時は、この2人がいる時は同じような少年団チームであれば大抵は勝てるが、いないと急激に弱くなり何もできなくなるチームでした。 言わば、エース2人頼みのチーム。感覚的には2人+その他大勢のチームでした。 それが、なんとびっく…

  • 「サッカースクールに入る」 長男sayサッカー成長の振り返り10 (2018.4~現在)

    秘密の特訓「朝練」を半年間ほど毎日続けた結果、一丁前のサッカー少年ぽくなってきた長男say。 これならサッカースクールに入ってもなんとかやっていけるのではという感触を得たため、何チームか体験レッスンを受けさせてあげることにしました。 (既に入団していた少年団の練習が週1回(日曜日)しかなかったため、もっとサッカーをしたいという長男sayの思いからです) ■長男sayの希望チーム 体験レッスンに参加したチームの1つが、これまでJリーガーを何人も輩出している市内でも名門のチーム。もう1つは、近年できたばかりのチームですが、楽しい練習を標榜し生徒の数が急拡大している新興のチーム。 結果、長男sayが…

  • 「来る日も来る日も朝練」 長男sayサッカーの成長の振り返り9 (2018.4~現在)

    サッカーが上手くなりたいと願っている長男sayのために開始した秘密の特訓「朝練」。 期間は、長男sayがサッカーをはじめた小学生1年生の半年間(2018年7月~12月頃)で、ほぼ毎日1時間程度やっていました。 (朝練をやめた理由は、また詳しく書きますが、①長男sayがサッカースクールに入会したことによるオーバーワークの回避と、②長女cherry(長男sayもついでに)の英語の朝学に切り替える必要があったためです。) 場所は、近所のグラウンド。 6時半くらいから7時半くらいまで練習をし、帰宅後、朝食をかきこんで、お互い学校、会社に行くという生活をしていました。 会う人皆から「黒っ!(笑)」っと言…

  • 17年越しの賭け「家族の身長予想」

    最近グングン身長が伸びている長女cherry(10歳)が、「将来、身長が178cmくらいになりたい」とポツリ。 妻「そんなに大きくなったら、スーパーモデルくらいしかなれへんよ。それに、パパより大きくなるってことやで。おっき過ぎるやろ。」 長女cherry「大丈夫。私は、ハリウッド女優になるから!」 家族一同「(アメリカだったら確かにいてそうと)納得(知らんけど😅)」 先日、こんな会話が我が家で繰り広げられていました。 「ハリウッド女優?スーパーモデルくらい?」って、突っ込みどころ満載ですが、我が家では、こういうのは結構、普通の会話です(笑)。 パパより大きくなると宣言したこの話の流れから、「じ…

  • 「朝練を取り入れる(練習を増やす)」 長男sayサッカーの成長の振り返り8 (2018.4~現在)

    長男sayがサッカーが上手くなるよう、tokotonpapaが意識して取り組んだ三つ目が、「朝練」をはじめたこと。 (サッカーを、①好きにさせ、②環境を整備して、そのうえ、③練習を増やせば、上手くならない訳がありませんね。) ここでは、分かりやすさを優先し「朝練」というワードを使っていますが、以前の記事にも書いた通り、長男sayには、「(お前は下手だから)練練しなさい」なんて言い方はせずに、「一緒に朝からサッカーで遊ぼうぜ」という誘い方をしています。 あくまでも遊びの一環です。 そうすれば、「やったー!朝からサッカーで遊べる!」って前向きな気持ちになれますもんね。 さて、朝練についてですが、三…

  • 他人の子供を叱る @近所の公園

    現在、長男sayが入団しているサッカーチームのコーチを引き受け、17名の子供達を預かっているtokotonpapaも、他人の子供を本気で叱ることはあまり慣れていません。 (自分の子供は、日々、しこたま叱っていますが。) 今日、そんな慣れていない他人のお子様を叱らなくてはいけない場面に遭遇しました。 訳あって早めの帰宅をしたtokotonpapa。 私が帰ってくるなり、新型コロナの影響で自宅に待機している子供達が、公園に連れて行ってくれとせがんでくるので、長男say(8歳)、次女lily(5歳)、次男sail(3歳)の3人を連れて近所の公園に行った時のことです。 一通り遊び終わって日も暮れてきた…

  • 「ボールに触れる環境を整備する②」長男sayサッカーの成長の振り返り7 (2018.4~現在)

    tokotonpapaが、ボールに触れる環境を整備することとしてやったことの残りを紹介します。 (3)親(兄弟)がサッカー友達になる サッカーは一人でやってもつまらないですよね。誰かとやった方が面白いに決まっています。「公園でサッカーの練習でもしてきなさい」というよりも、「一緒にサッカーで遊ぼうぜ」と親が誘ってあげてください。 子供は、遊びであれば時間を忘れて、いくらでもやります。 (終いには、もう帰ろうといっても言うことを聞かず、こちらがダウンする始末(笑)) お兄ちゃんがサッカーをやっているところは、その役割を任せても良いかも知れませんね。 実際、サッカー選手は、次男以降の方が大成しやすい…

  • 「ボールに触れる環境を整備する①」長男sayサッカーの成長の振り返り6 (2018.4~現在)

    長男sayがサッカーが上手くなるよう、tokotonpapaが意識して取り組んだ二つ目が、 ボールに触れる環境を整備すること。 ボールを触れば触るだけサッカーが上手くなるのは、間違いありません。 ですので、我が子にサッカーが上手くなって欲しいと思っているようなら、親はできるだけその環境を整えてあげて欲しいなとtokotonpapaは考えています。 それでは、tokotonpapaが、ボールに触れる環境整備として何をしたか。 大きく以下の5つをご紹介します。 どの家庭でもできることばかりではないので、取り入れれるものがあれば、是非、取り入れてみてください。 (1)家の中でボールを触っても良いこと…

  • 「サッカーが好きになるように仕向ける」長男sayサッカーの成長の振り返り5 (2018.4~現在)

    長男sayがサッカーが上手くなるよう、tokotonpapaが意識して取り組んだことの一つが、サッカーが好きになるように仕向けること。 「好きこそものの上手なれ」と言うことわざがある通り、tokotonpapaも、何事においても上手なるためには、好きになることより勝るものはないと思っています。 以前、鉄道オタクと(オタクではない)ある鉄道会社の職員が、その鉄道会社に関わるクイズで勝負するというテレビ番組がありましたが、鉄道オタクが圧倒していたことが強く印象に残っています。本当に好きな人のパワーは物凄いものがあります。 我が子を、鉄道オタクのように、ゲームよりアニメより何よりもサッカーが好きとい…

  • 「親のスイッチが入る」長男sayサッカーの成長の振り返り4 (2018.4~現在)

    体も小さい、足も遅い、技術もない長男sayが、サッカーが上手くなりたい願っている姿を見て、だんだんと何とかしてやりたいと思うようになってきたtokotonpapa。 そんな頃、tokotonpapaの生活が一変する出来事がありました。 それは、単身赴任が終了(2018.6末)し、毎日家族とともに生活できるようになったこと。 それまで、いわゆる仕事人間だったtokotonpapaは、週末に子供と遊ぶ以外、子育ては妻に任せきりだったのですが、離れて暮らしていた反動のせいか、家のことにも積極的に関わろうという意識に変わってきていました。 そのタイミングでの愛する長男sayの哀れな姿。 一気にtoko…

  • 「絶望的なレベル差」長男sayサッカーの成長の振り返り3 (2018.4~現在)

    小学1年生から地域のサッカーチームに入団した長男say。 外国人コーチの教え方の巧さもあり、毎週、楽しそうに練習に参加していました。 しかし、tokotonpapaが目の当たりにした光景は、 長男sayが、同級生の中で、明らかにダントツで体が小さいこと。早生まれだったため、同級生の中でも小さな方かなとは思っていましたが、ここまで小さいとは。 そして、走るのも遅い。 サッカーを始めたばかりなので、当然、スキルも無い。 ナイナイづくしの長男sayは、同じように小学校からサッカーを始めた同級生の中でも、間違いなくサッカーが下手な子の部類に入っていました。 こうなると見ている親としても結構辛いものです…

  • 「野球かサッカーか?②」 長男sayサッカーの成長の振り返り2 (2018.4~現在)

    小学校に入学し、地域の野球チームとサッカーチームの体験会に参加した長男say。 野球かサッカーのどちらを始めるかを決めるはずだったのに、野球もサッカーも両方したいと言い出すことに。 長男sayの希望を叶えてあげたいと思いつつも、現実問題として、なかなか時間的にもお金的にも難しいので。。。 我が家では、以下の結論を下しました。 <野球かサッカーか問題の結論> ・現時点で、野球かサッカーかどちらかに限定しない。 ・まずは、体験会に参加した地域のサッカーチームに入団する。 ・そのうえで、3年生になったら野球チームに入るかどうかを、もう一度考える。 まぁ、先送りと言えば、先送りですね(笑)。 でも、今…

  • 「野球かサッカーか?①」 長男sayサッカーの成長の振り返り1 (2018.4~現在)

    我が子に野球かサッカーのどちらかをしてもらいたいと考えられている方は多いのではないでしょうか。 tokotonpapaも大いに悩みました。 そんな方のために、現在、サッカーにどっぷりハマっている長男sayの選択の経緯をご紹介します。 野球もサッカーも大好きなtokotonpapaは、長男sayが生まれた時から、いつかはどちらかをしてもらいたいと考えていましたが、小学校に上がるまでの習い事は、3歳頃からスイミング、5歳頃からピアノ(ともに週1回)のみでした。 理由は、近所で土日に幼児を見てくれる適当なスクールが無かったから。 当時、妻も平日フルタイムで仕事をしており子供たちは保育園に通っていたた…

  • まずはじめに(ブログを書く目的)

    はじめまして。 4人の子供をこよなく愛し、日々、子育てに悪戦苦闘しているtokotonpapaです。 このブログは、愛する子供たちの「夢」を真剣にサポートするtokotonpapaが、日々の記録や頭の整理のために残していくものです。 子供たちが目指すジャンルのプロフェッショナルや教育者でもない、ごく一般的なお父さんが試行錯誤しながらやっているものなので、このブログをご覧になられた皆様には、温かい気持ちで読んでいただくとともに、先人の方につきましては良きアドバイスをいただければと思っています。 それでは、子供たちの夢のご紹介。 ※2020年2月23日時点 長女:cherry(10歳) バレリーナ…

ブログリーダー」を活用して、tokotonpapaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tokotonpapaさん
ブログタイトル
子供たちの夢を真剣にサポートする父親ブログ
フォロー
 子供たちの夢を真剣にサポートする父親ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用