searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ちゃたくろうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
湯ったりお茶でも~茶道と温泉の愛好ブログ~
ブログURL
http://japanesesadonsen.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
茶道と温泉のゆったり系情報発信ブログ。 茶道・温泉を中心した日本文化の素晴らしさに触れています* このブログに立ち寄ってくださった方が、何かしら「良いな」と 感じてくだされば幸いです。
更新頻度(1年)

17回 / 38日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2020/02/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちゃたくろうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちゃたくろうさん
ブログタイトル
湯ったりお茶でも~茶道と温泉の愛好ブログ~
更新頻度
17回 / 38日(平均3.1回/週)
読者になる
湯ったりお茶でも~茶道と温泉の愛好ブログ~

ちゃたくろうさんの新着記事

1件〜30件

  • おはぎ・桜こはぎ~お彼岸、周忌に事寄せて

    こんばんは。今更ながら、お彼岸の時期に食べなかったので、こしあんのおはぎを買ってきました(笑)おはぎ、の名前で売られていたものの、春のお彼岸なので、「ぼた餅」と呼んだ方が、季節感が出るような気がしますが、あまり大した問題ではない?ですかね(笑)父方の祖父がこの時期13回忌となりまして、先週末3連休に、両親、兄弟はそのために大阪に帰省をしたはずです。私は、1月下旬の冬休みで妻と別行動で関西に降り立った際に、...

  • 小田原で歴史をつなぐ和紙・お茶屋。

    こんばんは*3月中旬に南足柄市の春めき桜を見に行く前に、隣町の小田原市で一用こなしておりました。その街中に、荘厳に歴史を伝える存在感の商家を見つけました。「倭紙茶舗 江嶋」さんです。江戸時代初期(17世紀)、箱根関所の役人だった初代江嶋権兵衛から続き、和紙と静岡のお茶販売を中心に行っているそうです。大正12年(1923年)、小田原沖震源の関東大震災で焼失してしまった店舗を、再建したものが、写真の現在の建物とのこ...

  • 桜餅・うぐいす餅の詰め合わせ!!

    桜餅とうぐいす餅がモリモリやってきました~~~(笑)(笑)(笑)北海道札幌市にある餅屋さんで働いている友人がいるのですが、イベント開催のために用意した和菓子の材料が、新型コロナウィルスの影響に伴うイベント中止で行き場を失いかけていたところ、ネットで訳あり品として売り出されることになりました。その消費のお手伝いをさせていただきました( `―´)ノ(写真の内容で1箱として、100箱相当あったそうですが、 無事に完売し...

  • 春の香り、桜餅、心の和み*

    桜餅~~~( *´艸`)春の盛りに向かうまでの気温の上下を繰り返し、徐々に、桜の開花を促す暖かさが訪れつつあるようですね*桜の花塩漬けの芳香が、鼻をくすぐる良い季節*地元の和菓子屋さんでこの季節におすすめの、「桜餅」を買ってきました( *´艸`)昨今の新型コロナウィルスの影響で、お菓子や外食など、嗜好性の高いものを扱うお店はお客さんが減っていますね。そんな時だからこそ、ちょっと寄り道をして、心を和ませてもら...

  • 水仙とお茶。

    スイセン☆☆☆最近は、梅や桜など、木になる春の花ばかりひいきしてしまっていましたが、野に咲く花も春の訪れを多く伝えてくれます( *´艸`)新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3月のお稽古はお休みになってしまっています。2月最後に参加させていただいたお稽古の主菓子が、スイセンの意匠があしらわれたものでした*モンブランのような糸状のあんこの下が、練りようかんでした。どっしりとした食べ応えでした( `―´)ノ開けた...

  • 南足柄発!満開の「春めき」桜***

    昔話、金太郎の舞台である、南足柄市の「春めき桜」を見に行ってきました♪「春めき」桜ってご存知ですか??南足柄市の農家の方々が、カンヒザクラとシナミザクラという2種の桜を交雑して作り、品種登録が行われた、南足柄発の桜ということです!伺ったのは3月中頃でしたが、河津桜などの早咲き桜はもう散っていましたし、ソメイヨシノにしては時期が早くないだろうか?と、首をかしげていました。そのどちらでもなかったというオ...

  • 愛知県・猿投温泉街、ひっそりとした奥座敷*

    先に投稿した愛知県猿投温泉についてです*↓以前の投稿愛知県の秘湯ラドン泉?豊田市の猿投温泉☆猿投温泉は、林道を抜けた先の坂道、傾斜に位置していて、駐車スペースや宿泊施設、日帰り温泉用の棟、各々との高低差があり、結構足腰の運動になるでしょう(笑)付近に庭園が整備されていて、ひっそりとした奥座敷というか、都会の喧騒から離れられる落ち着きがあります。お世話になった宿泊施設さんから坂道をさらに上がると、「鈴ヶ...

  • 桜の絵茶碗と、御家元御好抹茶にあやかって*

    こんばんは。3月11日、東日本大震災から、早丸9年となりました。まだ学生だった頃の自分を想い返し、少しずつ遠い記憶になりつつあることを感じますが、いつ何時、何がどうなるか分からないことの怖さ、虚無感、焦燥感を覚えています。様々な経験をさせていただきつつも、無事と安寧の日々を心からお祈りし、まっすぐに生きていきたいですね。過去、今日に感謝、明日に希望!さて、3月も中頃になっているので、桜の絵のお茶碗を引...

  • 淡々と、花を咲かすように~松田山の早咲き桜~

    こんばんは*寒の戻りや不安定な雨天が続き、春本番に向けて時が進みつつあるのを感じます。県内松田町に、ふらっと早咲き桜(多分、河津桜)を見に行ってきました*小田原市の曽我梅林を観梅した際、そこの地元の方に教えていただいた情報がもとです。松田山ハーブガーデン、西平畑公園のエリアで、まつだ桜祭りの期間が設けられていましたが、1週間早い3月頭に終了してしまっていたようでした。ひっそりとした麓でも、桜は存在感を...

  • 愛知県の秘湯ラドン泉?豊田市の猿投温泉☆

    良い温泉ながら、まだブログで触れられていなかった温泉地を簡単に振り返ります*2019年の今頃に、リフレッシュ休暇を頂き1泊2日で訪れた場所です。同旅行中の関連記事愛知県紀行~ひな祭り近し「徳川美術館」*愛知県紀行~内外あまたのお茶碗「愛知県陶磁美術館」愛知県豊田市・猿投温泉です!自動車のビックメーカーがある有名な市ですが、市街地から離れた北部にひっそりとある温泉地です。静かに過ごすにはもってこいの場所で...

  • 曽我梅林 花散る先に 万国の春*

    こんにちは。遅ればせながら、小田原の曽我梅林に行ってきました~(*’ω’*)が、ほとんど散っていました~~~(*〇*)たまたま地元の方が通りかかった際、「まだ梅が咲いているところはありますか?」と聞いてみたところ、「今は・・・桃か早咲きの桜ですかね(*’▽’;)」と、早咲き桜が見頃のところを教えてくださいました(笑)3月の前後だったので見頃が過ぎていたのでしょうね(笑)あ、桃の節句か(笑)お祭りが終了していたこともあり、...

  • 八女茶の抹茶??

    八女茶の抹茶!緑色基調のよくあるパッケージと違って、黒色基調のシンプルな缶に星印がさりげなく愛らしいデザイン☆「星の輝」と銘がついています。ふと目に留まり買ってみましたが、抹茶の一大産地・京都宇治のものではなく、九州の煎茶、玉露のビッグネーム「八女茶」の抹茶です( *´艸`)控えめな香り、程よい苦味、旨味の調和がとても飲みやすくて、美味しかったです(*’ω’*)玉露の製法を応用して、旨味の引き立つ仕上がりにな...

  • なにわ温泉~大阪市街の天然温泉~

    1月末、関西滞在期間中、有馬温泉を後にしてからの大阪中心部での1泊。温泉をさらに楽しみたい気持ち的には、有馬温泉にもう1泊したかったのですが、USJなど、大阪でのスケジュールにおける初動を速めるために、2泊目は大阪市内での方が好都合でした。ただ、温泉も・・・。そんな矢先に、私の心を動かしたのが、「大阪市内では唯一の天然温泉」という文言。しめた!!!(笑)ということで、なにわ温泉花乃井さんを有するホテルさん...

  • 初「茶杓飾り」のお点前

    こんにちは。2月のお茶のお稽古は、前半2回のみになってしまいました(‘ω’)しかし、日程の工面をしてくださっている先生への感謝は尽きません。お稽古外で感性を働かせて、季節の変化を豊かに感じていきたいものです(*^-^*)前回のお稽古では、初めて「茶杓飾り」という相伝もののお点前を教示していただきました*亭主側の茶杓が、由緒ある物や名物である際に行うものです。亭主側の所作自体は、数分足らずの短いものですが、お客側...

  • 関西の名湯・有馬温泉に行ってきました④~炭酸泉源~

    関西の名湯・有馬温泉に行ってきました①~温泉街散策~関西の名湯・有馬温泉に行ってきました②~銀泉入浴~関西の名湯・有馬温泉に行ってきました③~金泉入浴~こんにちは。有馬温泉についての記事は4つ目で一区切りにしようと思います*有馬温泉街の源泉巡りの中で、特に印象に残った泉源がありましたので、ピックアップします(*´ω`)炭酸泉源!温泉街の麓から見ると、やや奥まったところにひっそりと佇んでいる印象の場所。立て...

  • 琉球畳

    こんにちは。琉球畳!!昨年の中秋に家を引っ越しましたが、お茶が出来るようにと独立した和室があるということが、今回の重要ポイントでした( `―´)ノしかし・・・内見時点から分かっていたことではあるものの、箱を開けてみると、こんな愛らしい正方形のふちなし畳でした(笑)正方形のふちなし畳が琉球畳と言われる説があるそうですが、実際は、大分県の丈夫なイグサで織られたものが本来で、ふちがあるものもあるそうです。畳の...

  • 有馬山 煤竹茶杓

    こんにちは。1月末の冬休みで訪れた有馬温泉にて。その際に、有馬篭作家さんのお店にて、素晴らしい茶杓と出会いました( *´艸`)「煤竹茶杓 銘 有馬山」です。伝統工芸のお店という、ある種の厳かさと、年始明けの平日というお日柄あってか、店内のお客さんは無人のことが多かったのを良いことに(笑)、店内の作品や商品をじっくり拝見しました^^おじいさん店主さんや、その奥様と、竹のあれこれ話を伺いながら、竹細工の成り立ち、...

  • 関西の名湯・有馬温泉に行ってきました③~金泉入浴~

    天下の名湯・有馬温泉!!!銀泉の次は・・・私の本命というかなんというか、金泉です・・・。鉄イオンが規定値に達して、ちゃんと含鉄泉を名乗る温泉の本領を、色の濃さ、浴感いずれにおいて見せられました(‘Д’)鉄イオン60㎎弱・・・含鉄泉規定値の約3倍弱。かつ、ナトリウムイオン、塩化物イオンが膨大な主成分につき、「強塩」泉になります。(塩類泉既定の約25倍の溶存物質総計(ガス性除外)…)保湿効果のあるメタケイ酸は100㎎超...

  • お菓子の原点?に想いを馳せる~サルナシと黒米を見て~

    日本のお”果”子の原点(イメージ)を見た気がします。サルナシの実黒米せんべいサルナシって果物知ってますか??何でも、キウイを小さくしたような果物で、ベビーキウイという異名が体をよく表していますね。そのくせ名前の由来には、サルがナシ(梨)と間違えて食べてしまった説があるんだとか、って梨かい!wwキウイちゃうやん!wwお茶のお稽古で、干菓子として出していただいたこちらのサルナシは、いわゆる砂糖漬けのドライフ...

  • 関西の名湯・有馬温泉に行ってきました②~銀泉入浴~

    天下の名湯・有馬温泉!!関西の名湯・有馬温泉に行ってきました①~温泉街散策~有馬温泉では、一般的に、含鉄泉系統の「金泉(茶褐色の温泉)」と、アルカリ性温泉系統の「銀泉(透明な温泉)」とで呼び分けられているようです。ざっくりと、色付き温泉か否かってことですかね。今回宿泊した旅館さんは、金泉、銀泉が両方楽しめることもあってのチョイスでした!浴室に入ると、数メートルの隣同士で赤と透明のお湯とがそこにありまし...

  • 朝一番のお茶、春近し桜志野

    厳寒の冬場や油断が出来ない春先は、何しろ、暖かい飲み物が、身に心に染み、美味しいですよね*夏場は、自宅では好んで温かいお茶を飲むことはなく、炭酸系のジュースが中心、せいぜいペットボトルの緑茶止まり、でした(苦笑)あれよこれよと寒くなるうち、時間に余裕のある朝には、ケトルでお湯を沸かして抹茶を服することが朝一番になっていました。不思議なものです(笑)地元のお茶屋さんに足を運ぶ機会が増え、少しばかり、お稽...

  • 関西の名湯・有馬温泉に行ってきました①~温泉街散策~

    兵庫県神戸市・有馬温泉に行ってまいりました!!温泉界において、関東である東の横綱群馬「草津温泉」に対して、関西である西の横綱「有馬温泉」とも言われる名湯で、いつか来てみたかった温泉地の1つでした。先住地の群馬県を離れてからというのも、温泉についての投稿が閑古鳥鳴きになっていた悩ましい状況がありました(苦)久々に本格的な温泉、温泉街にどっぷりと浸かれた最高の時間でした*何回かに分けてブログ更新させてい...

カテゴリー一覧
商用