searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

三國爺爺さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ちょっと台湾で暮らしてみる
ブログURL
https://changgang0816.hatenablog.com/
ブログ紹介文
昨年は半年間、シニア留学で台湾師範大学で中国語学習。今年は、まずは1月末から35日間、台湾生活をします。毎日違う店で朝ごはんを食べたい! 台湾留学、台湾生活、台湾観光、台湾人や日本人留学生との交流を書いていきます。
更新頻度(1年)

53回 / 25日(平均14.8回/週)

ブログ村参加:2020/01/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、三國爺爺さんの読者になりませんか?

ハンドル名
三國爺爺さん
ブログタイトル
ちょっと台湾で暮らしてみる
更新頻度
53回 / 25日(平均14.8回/週)
読者になる
ちょっと台湾で暮らしてみる

三國爺爺さんの新着記事

1件〜30件

  • Fika Fika Cafe(松江南京)

    台湾のカフェ☕ ⑧ 実は世界No.1のバリスタの店らしい! 台湾で盛んな言語交換。お互いに言語を勉強中の日本人と台湾人がCafeなどでお話する。その言語交換で使った事があるFika Fika Cafeさんにやってきました。店内は広く、ゆったりしており、居心地が良い。パソコン作業をしている客も多い。 お店を調べてみると、世界チャンピオンの店と紹介されていて、びっくり。 北欧スタイルのカフェで、スッキリした感じを受ける店だ。場所は松江南京駅近くで、お昼時には、大勢の人が訪れる伊通公園の真ん前。 メニューを受け取り、席を確保する。 注文が決まったらレジへ行き、注文と支払いを済ませます。 セットメニュ…

  • 富霸王豬腳(松江南京)

    20日目(全35日) 朝食兼昼食 以前は見るだけで十分、ゼラチン状が苦手でした。だんだん台湾人化し、今では美味しい! 月曜日に来店、お休みだった豚足の「富霸王」さんにリベンジしました。開店時の11時には、すでに長い列。店の前は持ち帰り用、中で食べる人は内用の列がある。内用が並んでいたのは、注文に手間取る人がいたためでした。まずは入り口で注文して、直ぐに店に入れました。店内は半分ほどの埋まり方。 今回頼んだのは、一番人気の覇王腿扣(太もも部分)、ぷるぷるの豚足です。他に味噌汁と白飯。全部で170元(600円ちょっと)。 やはり二人以上で来て、他のおかずも注文したい😂 食べ終わる頃には、席が埋まっ…

  • 咖啡瑪榭(中山)

    台北のカフェ☕⑦ 繁華街の捷運中山駅付近にある新光三越南西店の裏手には、雰囲気の良さそうなカフェがいくつか並んでいる。今日は、その中の一つ「珈琲瑪榭」に行ってきました。 店内は、思ったより広い。 私が頼んだのは法式水果茶180元(約650円)。 友人が頼んだカフェラテ。 中から外を見る。 店内は、ゆったりとできている。 名古屋に住む台湾人朋友の紹介でTim君と初お目見え。彼は、東京で2年過ごし、台湾に帰ったばかり。3時間、話し込んだ。 近くには台北之家(旧アメリカ大使館)がある。

  • 京餤糕點(基隆)

    19日目(全35日) 朝食 朝食の書き込みが、遅くなってしまった。昨日、基隆の廟口夜市のついでに寄った「京餤糕點 」で、パンをいっぱい買ってしまった。なので、朝食で食べたパン屋さんの紹介をさせてもらいます。 この店は、習った中国語で言うと、「又便宜又好吃」、美味しい上に安い。特徴としてはベジタブルの店で、パンだけでなくケーキなども作っている。とにかく扱っている種類が 豊富。 買って帰ったのは 桂圓蛋糕30元 一つ写真を取り忘れた😅 チョコリングドーナツ25元。 とにかくパン5個で、130元(500円足らず)。食べきれなかったので、友達にもおすそ分けした。 真ん前が仁愛市場。 夜市にも5分くらい…

  • 旭達豆漿店(新店区)

    18日目(全35日) 朝めし 180円の朝飯を食べに、わざわざ片道10分も歩くか? 私は歩きました。なぜなら、台湾人から「新店で一番美味しい朝飯屋」と聞いていたから。 殆どの人が注文していた招牌蛋餅。 少し大きめなので、食べごたえがある。 蛋餅35元に豆漿紅茶15 元で計50元、180円でした。豆漿紅茶は美味しかったけど、ちょっと失敗だったかも。わざわざ来たんだから、やっぱり鹹豆漿か豆漿を取るべきだった。 お店から最寄りの地下鉄駅「大坪林」まで、10分。道は一本道なので、安心。 大坪林は捷運緑線で、台北を抜け新北市に入った所にある。1月末に開通したばかりの環状線(一部開通)の始発駅になっている…

  • 台湾新文化運動紀念館(寧夏路)

    台湾新文化運動記紀念館は、台湾の新文化運動の歴史的資料を展示している。この紀念館は、権力による弾圧の歴史を伝えるために造られたが、日本統治時代は「台北北警察署」、白色テロ時代は刑警総隊弁公処として、いずれも政治犯を収容していた。蔣渭水など、多くの台湾民主主義の先駆者が、ここに収監された。 写真では分かりにくいが、一人で何人も監視できるようになっている。 水牢。 実際に獄内に入ってみた。 こういう体験は、なかなか出来ない。 トイレ。この牢に、一度に何人が収容されたか、聞いてみたが分からなかった。 寧夏夜市の少し北側に位置し、すぐ近くに蔣渭水紀念公園もある。

  • 梁記嘉義鷄肉飯(松江南京)

    17日目(全35日) 朝食→昼食 今回の目標は、毎日違う店で朝飯を食べる! ちょうど半分が過ぎたところで、挫折しました。 友人と一緒に、朝から師範大学の授業を聴講するため、校内でサンドイッチを食べてしまった。なので、代わりに昼食の報告を。 鷄肉飯は魯肉飯より、あっさりした感じ。最初に食べた時は、感激の味だった。 遂に本場の嘉義市にある噴水雞肉飯にも、何度も足を運んだ。 この店は30年以上、通い詰めている。店内は見違えるほどきれいになったが、活気は失われていない。相変わらず、従業員がいっぱい。 以前は、自助餐のような感じだった。 相席で座り、注文する。 雞肉飯40元、高麗菜30元、貢丸湯30元、…

  • 路地 氷の怪物(忠孝復興)

    台湾のカフェ☕ ⑥ 昨日の暑さとは打って変わり、少し肌寒いくらい。しかし行ってきました、かき氷。 爺には縁がなさそうだけど、女子には受けそうな「路地 氷の怪物」。 入り口からして、こうだ。 注文の仕方も、変わっている。 ①かき氷の味を選び、カードを取る ②トッピングを2つ選んでスタンプ ③カウンターで会計 ④席で待っていると呼ばれる 一階で席を確保。 届いたのが、これ。 氷は薄皮をはぐように食べる。 美味しい。 二階席もある。 畳部屋もあった! 料金は200元(700円ちょっと)でした。

  • 冠京華(台北小巨蛋=台北アリーナ)

    16日目(全35日) 朝食 友達とよく来る「冠京華」、小籠包が安くて美味しい。いわゆる朝飯屋ではないので、どうなるか。 頼んだのはハム入り炒飯と卵スープ。 チャーハンの量が多くて、一人では食べ切れない。 そこに登場したのが小籠包、10個入りだ。 結局、こうなった。 小籠湯包150元、蛋花湯70元、火腿蛋炒飯110元の計330元。一つ一つの量が多いので、チャーハンは半分しか食べられなかった。美味しいけど、一人で来たのは失敗。 肉汁じゅわり。 厨房を覗かせてもらった。

  • 基隆市

    同じ時期に師範大学に通い、宿舎も国際学舎で同じ。40歳以上も年が離れているのに、夫婦と思い違いをしていた人もいる。そんな友人が先月、台湾人と結婚した。 今日は彼女の旦那さんの実家、基隆市の素敵なパン屋さんを訪ねてきた。で、その旦那さんのお父さんが、基隆市内を案内してくれた😀。 ベジタブルの自家製パン屋さん「京餤糕點」。基隆駅、廟口夜市から、歩いてすぐだ。 パンのほか、ケーキやパイナップルケーキも作っている。三階と四階が工場、五階が、倉庫。 台北から国光バスで59元。降りると直ぐに海洋広場。基隆港に接している。 暑すぎて、シャツを買ってきた😆。こちらも日台カップルの同学。 巨大な観音像、狛犬が有…

  • 基隆廟口夜市(基隆市) 入門編

    基隆市の廟口夜市に行ってきました。 台北はもちろん、今までに行った各地の夜市と比べても遜色がないどころか、最も活気があると感じた。よく調べずに訪れたので、再挑戦します。なので、タイトルを入門編に変えました。

  • 永和豆漿 (西門町正宗漢口店)

    16日目(全35日) 朝食 豆漿と言えば、真っ先に思い浮かべるのが永和豆漿(大王)。上海の虹橋空港でもお世話になった。きょう行ったのは西門店。 最初に注意。すぐ近くに、やはり永和豆漿があります。しかも、こちらの方が目立つ。 この店が良いとか悪いとか言う気は全くないです。 ですが、この店を見つけたら、反対の左に曲がると、お目当てが直ぐに見つかります。 注文手順が店内の壁に書いてあった。遅いわ! ①メニューを見て考え②並んで注文、支払い③番号札をもらう。 メニューは英語か中国語かを聞かれました。もちろん、中国語。 おにぎりと餃子、豆漿+紅茶を注文。 席は相席が当たり前。 飯糰(おにぎり)38元、鍋…

  • 春水堂(中正店)

    台湾のカフェ☕ 朝から国家図書館に来たため、その後は流れ作業のような行動になってしまった。 雨田+ で朝食→国家図書館→春水堂→中正紀念堂→杭州小籠湯包→南門市場。 あまりカフェの紹介になってないので、紹介№をつけるのは止めにした。 〈春水堂〉 並んでいるかと思ったら、そうでもなかった。 ほぼ満席も、直ぐに座れた。 タピオカミルクティーを頼もうとしたら、こっちのタピオカの方が美味しいと、レジ。台湾ではよくあるパターンだが、ほっておいて欲しい。 タピオカミルクティー、90元? 95元? 忘れた。いずれにしても高いし、ずば抜けて美味しいわけでもないので、お勧めするほどではない。ちょっと休憩するには…

  • 雨田+(新店・七張)

    15日目(全35日) 朝食 留学時代の同学、西田さんのお勧め。 MRT緑線で終点近くにある七張駅から歩いて7、8分。いつも通るバス通りの一本奥にある朝飯の店「雨田+」。もっと良くなるように、+が付いている。 今日はボリュームたっぷりの盤子上的早餐(美式、アメリカ風)を注文した。朝飯としては少し高いが、たまには。飲み物付きで218元(800円弱) 二人がけの席が満員なので、6人掛けに座った。いったん客が途切れたが、10時過ぎには相席となったので、退散した。お店から少し歩くと、地元民が集まるマーケットだ。

  • 海外留学(台湾) ちょっと自己紹介

    30年ほど前、中国語の勉強を始めた。仕事を理由に、半年ちょっとしか続かなかったけど。 台湾人や中国人と話していると、一番よく聞かれるのが、なぜ中国語の勉強をしようと思いましたか? ほんとは、何となくです。 それじゃあ答えにならないので、「中国の歴史に興味があったから。特に好きなのは史記、三國志、清朝末期の時代」と答える事にしている。実際、そうではあった。 65歳になって退職、時間ができたので、マンツーマンで勉強を再開した。ついには68歳で台湾の師範大学に語学留学してしまった。 家庭の事情もあり、半年で名古屋に帰る事になったが、その後も時々、台湾で過ごしている。観光も少しはするが、主な目的は中国…

  • 台北燈會(台北ランタン祭)

    2020年の台北燈會(台北ランタンフェスティバル)は、東の南港、西の西門と、メーン会場が2箇所で開かれている。開催都市を毎年変えて行われている大規模な台湾燈會とは違う。 東会場の南港に着くとちょうど運良く雨が上がった。 もう少しあったけど、展示が少な過ぎだわ😂 と言う訳で、北門に移動。南港駅から台北駅にMRTで移動、その後は歩いて北門へ。で、台北駅地下の商店街から出てびっくり。去年はメーン会場かと思うほどのイルミネーションだったが、今年は台北駅から北門まで、何もない。人もいない。 北門に到着。 後は西門を目指して中華路を歩いた。 最後は西門の紅楼前の、ネズミの立場を奪ったネコを見て終了。 お疲…

  • 大拇指早餐店(科技大樓)

    14日目(全35日)朝食 台北は外食文化なので、朝食店については、いくら書いても尽きることがない。そして、日本の観光客には利用しづらい店を紹介する事が多くなってきた。ちょっと悩みどころだ。 今日は文化大学で学ぶ友達のおすすめ「大姆指早餐店」(親指の朝飯店)に行ってきた。捷運の中では珍しき無人電車が走る文湖線の科技大楼駅のすぐ近くだ。 台湾のトーストは鉄板を使い、美味しいし種類も多い。店に入って、何を頼むか悩むのも楽しみ。 ネット情報ではチーズトーストがお勧めとあったが、阿姨のおすすめは豚肉と卵のトースト。ここは、おばさんの言う事を信用して😋 豬排蛋吐司(豚肉と卵のトースト、45元)と冰豆漿20…

  • 三槐堂(中正紀念堂)

    台北のカフェ☕ ④ 捷運中正紀念堂駅2番出口を出て、金峰魯肉飯を通り過ぎる。そのまま進み、小さな路地を右に曲がると、「三槐堂」の看板が見える。古びた民家の表現がぴったりだ。 中に入ると、居心地の良さそうな空間が広がっている。 人気のチーズケーキを求め、外帯(持ち帰り)の客も訪れてくる。 コーヒー160元とチーズケーキ160元を注文。チーズケーキは飲み物を注文すると80元、しめて240元(850円)。

  • 永新豆漿(永和)

    13日目(全35日) 朝食 今日は師範大学国語センター時代の同学と一緒に、新北市永和区にある地元の人気朝飯店、「永新豆漿」に行ってきた。永和は、私も初めて足を踏み入れたが、駅の近くに韓国人街、伝統市場がある、興味深い街だった。観光客には少しハードルが高いが、ごちゃごちゃした市場が好きな人(うちの女房です)には喜んでもらえると思う。 お店に着くと、10時過ぎなのに、まだ並んでいた。8時ころには長い行列が続くと言っていた。 初めて冷たい豆漿を頼んだが、甘くて美味しい。これからも十分に有りだな。 手前が注文した冰豆漿25元、胡椒餅15元 蔥蛋12元、合わせて52元(190円くらい)。 日台カップルの…

  • 85℃(西門町)

    台湾カフェ☕ ① 台北で学生に人気がある珈琲チェーン店と言えば「路易莎カフェ」。どこにでもあり、値段も安い。観光客も、よく目にすると思う。長居する人も多く、満席の事が多い。 こちらは、どうかな。やはりチェーン店で、ルイサカフェより、さらに安く、西門町などに展開している「85℃」。 ここのケーキは種類が多く、値段も安い。少し小ぶりで食べやすそうなのも、名古屋の喫茶店「ボンボン」みたい。 アメリカンコーヒー(小)35元、巧克豬(チョコレート豚)55元、しめて90元(320円)。

  • 世界豆漿大王

    13日目(全35日) 朝食 中山北路に面した日本人御用達のホテル、アンバサダー裏にある「世界豆漿大王」。土地柄か、日本人観光客が多い。 豆漿を頼んだら、①甘い②甘くない③しょっぱいの三種類あると言われた。 甘くない清漿を頼み、席が空いていたので、そのまま奥へ。店内は満員、日本語ばかり聞こえてくる。 清漿20元と油條、火腿(ハム)蛋餅40元を注文。全部で70元だったので、油條は10元なのかな。 やっぱり油條は、熱々がいいなあ。 捷運雙連駅が最寄りになる。

  • 溫州街蘿蔔絲餅達人(和平東路)

    12日目(全35日) 朝食。 師範大学近くにある溫州街蘿蔔絲餅達人、お持ち帰りの店で、お昼時は長い行列ができる。朝10時に到着した。 一番人気は蘿蔔(大根)絲(細切り)餅。せっかくだから豆沙餅と2つ購入。やっぱり失敗、とても食べ切れないわ😅。 いずれも30元で合わせて60元、200円ちょっと。普通なら一つしか買わないので、お昼なら15分並んで100円の食事😆

  • 台湾コメダ(台北アリーナ店)

    11日目(全35日) 朝食 短い滞在の観光客には不要な情報で、すみません。名古屋人が台北に長く滞在すると重宝する客美多(台湾コメダ)。台北市で5店舗目のアリーナ店に行ってきました。 語学留学中の学生が、日本語を勉強中の台湾人とお話する言語交換。相手が社会人だと、週末に会う事が多くなる。食事をしてから勉強をするか、勉強してから食事にするのか。朝飯を食べながら勉強するのが便利で、そんな時に利用するのが台湾コメダ。今日は台北で5店舗目の台北アリーナ店にやってきた。 遠くからでも、看板の文字が見えなくてもコメダだと分かる😆。 日本と同じで、11時までならトーストなどが無料でついてくる。名古屋式で、お得…

  • 老蔡水煎包(台北駅)

    10日目(全35日) 朝食 総統府と台北官邸の特別公開を見学したあと、ようやく朝飯にありついた。シーザーホテルの裏にある「老蔡水煎包」。 ここは、安くて美味しい。とくに好きなのはキャベツ。肉包と合わせて32元、110円😆。 時々、翌日の朝飯用に買うこともある。

  • 総統府(特別公開)

    10日目。 今日は総統府の特別参観日。平日参観では見られないような所も、見ることができる。もちろん、無料。予約も必要なし。 混雑を避けて、8時前に着いたが、8時入場開始で、ガイドは9時からだった。まあ、特にガイドはいなくてもいいので、自分たちだけで見る積もり。 ここでトラブル発生。連れの一人がパスポートを持って来なかった。最初は拒まれたが、ごね得、入ることができました。ところが何のことはない、実際には代表者がパスポートを見せ、名前と人数を記入すれば良かった。 特別公開日は正面から入場する。 総統府は日本統治時代の台湾総督府。建物は下が5層、塔を合わせて全部で11層。アメリカ軍の空襲で三日間、8…

  • 樓梯好陡(寧夏路)

    台北のカフェ☕ 寧夏夜市から寧夏路に沿って少し北に歩くと、「樓梯好陡」がある。入口は狭いが、店内はけっこう広い。 階段を上ると、「英俊」が出迎えてくれる(時もある)。 英俊は、人気者だ。 かわいいだけでなく、人なつっこい。 最低消費もあるが、一杯の飲み物。書いてなくても、ふつう、飲むわな。 コーヒー120元(440円)、チェーン店よりは高い。この店は、レトロな雰囲気と同時に、階段が急な事も売り物にしている。以下、3ヶ月前に撮った写真。 注文を机に書いている。 3階。 3階を開けてもらい、日台交流会。 入り口が分かりにくいが、目印は、この店。すぐ右隣。

  • 金峰魯肉飯(中正紀念堂)

    9日目(全35日) 朝食 朝から魯肉飯😊。中正紀念堂駅2番出口を、そのまま進むと、50㍍ほどかな、直ぐに看板が見える。 ここは、ガイドブックなどに美味しい魯肉飯として必ず取り上げられるので、お昼は混雑する。なので、朝のうちに食べにきた。 人気店だけあって、味に間違いはない。「好きな魯肉飯は?」と聞かれたら、3本の指には入るな。天天利、金峰魯肉飯、あと一つは、今回の台北滞在で、まだ行ってない双城街夜市近くの…。 行った店が限られているので、皆さんがお勧めの美味しい魯肉飯、教えて! 注文は、もちろん魯肉飯(小)。それに肉焿湯と油豆腐。合わせて 90元(330円) 肉焿湯、熱いです。 肉がゴロゴロ入…

  • 麥味登 潮州店(師範大学裏)

    第8日(全35日) 朝食 和平路にある溫州街蘿蔔絲餅達人に行ったところ、閉まってる。7時開店とあったので、曜日の関係かな? 遠くから見て、行列が出来ていないので、おかしいと思ったわ。 そこで師範大学の構内を通り抜け、裏口から20メートルにある朝飯屋「麥味登」に向かった。小さな店だが、客がひっきりなしな入ってくる。 まずいなあ、昨日から値上げしとるわ。 頼んだのは鉄板麺と豆漿。 合わせて80元(300円) 焼きそばかと思ったら、これはミートソースだな。 でも、口に合っていた。 ごちそうさまでした。

  • 天天利(西門)

    7日目。夕食に魯肉飯が美味しい「天天利」に行ってきました。「魯肉飯で一番美味しいのは天天利」という友達が日本から遊びに来たため、さっそく西門へ。阜杭豆漿に続き、ここも待ち時間なし。コロナウイルスの影響か、どこも空いているなあ。 (この写真のみ昨年撮影) なぜ昨年の写真かと言うと、話に夢中になって、写真を撮り忘れた。 撮ったのは、この1枚だけ。メニューも…😅。 目玉焼き乗せ魯肉飯。しめて90元(330円)だったかなあ。ここの魯肉飯は、半熟の玉子焼きとの組み合わせが絶品だ。 この後、北門まで歩く。 開封街あたりで撮影。8日からは台北燈節が始まる。 間もなく元宵節。今年の台北燈節は西門と南港がメーン…

  • 土蛋找餐(松江南京)

    7日目(全35日) 朝食 友人のお勧めがあったので、出かけてきました。ネットで検索すると、「土蛋早餐店」が表示された。松江南京駅から北に歩き、レオフーのある長春路を左に曲がり10分ほど歩く。 一江街、吉林路を通り過ぎ、中原路を右に曲がる。辺りは住宅地だ。 台北は、至る所に朝飯が食べられる店がある。35店に絞るのが難しい。 小さなお店だが、スタッフは多い。 ツナトーストと豆漿、ベーコン入り玉子焼きを注文、ちょうど100元。 ニャンだか幸せ。

カテゴリー一覧
商用