searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
工房 十一椿(toi tsubaki) https://blog.goo.ne.jp/toi-tubaki

久留米絣や 大島紬など 着物を使って洋服やバッグなどの製作・販売を行っています。

toi-tsubaki
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/01/17

1件〜100件

  • 紺色ウールの反物からマオカラーチュニック

    紺色のウールの反物からマオカラーチュニックをお作りしました。襟はマオカラー脱ぎ着がしやすい前中心コンシールファスナー開き。ウエストは切り替え利用のポケット切り替え線に赤のパイピング入ってます。袖口は折り返しできるように中心にスリット車の運転など動きやすいように脇裾スリット後ろは・・こんな感じ反物がもうすこし残っていますので上にあわせてパンツをお作りします。*********************去年から化粧水は数年前に作った”アロエ化粧水”を使ってます。もともとはアイロンなどでよく火傷をするのでその時のつける薬として作っていましたがそうそう火傷するものでもなし(苦笑)朝晩の化粧水として使うことに。・・っでそろそろ少なくなってきたので今年は、ドクダミ化粧水を作ろう!っと思い立ち我が家の石垣にニョキニョキ生えてき...紺色ウールの反物からマオカラーチュニック

  • 大島紬の羽織でベスト

    大島紬でベストをお作りしました。前回、長着でコートをお作りし、アンサンブルだったので羽織でベストをお作りしました。お客様はポケットが大好きっということで「とにかくポケットをたくさんつけて!」とのご要望まず・・ウエストに玉縁ポケット。ポケット口が開かないようにループボタン留め。さらに胸元にもポケットが欲しいとのご要望・・で縦にスラッシュポケット。・・っでさらに内ポケットも欲しい!とのこと・・で・・内ポケット。裏は、羽織についていた裏地を利用。脇裾は・・スリット。後ろは・・こんな感じ。旅行好きなお客様。ぜひ、このベストを着てご旅行を楽しんでいただけたらっと思います。*********************アジサイの花が色づき始めました!左が”佳澄(カスミ)で”右が”ティンカーベル”一見同じように見えますが花びらの...大島紬の羽織でベスト

  • 綿花栽培日記~~2022.5月 (6年目の初夏)

    冬場室内で育てていた綿花を屋外へ移動。例年なら連休明けくらいを目途に外へ出すのですが今年は、春先3月くらいから外へ出しました。そのためか・・葉や花芽が真っ赤?真っ黒?にこれは、植物がアントシアニンを出して紫外線や外気(寒さ)から身を守るためだと言われています。なので・・花芽も蕾の時は全体が赤くなっていましたが蕾が開き始めると・・こんな感じ。キレイな赤い絞り?模様がはいってます。・・っで連休明けから一気に夏日が始まったため新芽がぐんぐん顔を出し・・最近の様子はこんな感じ。キレイな黄緑色の新芽で覆われています。今年は、早々に外気(寒気)にあてたためか花芽の付き方が・・遅い??様な気がします。これからドンドン気温が上がって花がドンドンついてくれることを期待して日々眺めています。綿花栽培日記~~2022.5月(6年目の初夏)

  • 久留米絣で ワンピース

    久留米絣でワンピースをお作りしました。シンプルな夏のアッパッパーワンピースです。脱ぎ着がしやすいように前中心コンシールファスナー開き。ウエストに貼り付けポケット。袖はドロップショルダー折り返すと・・こんな感じ比べると・・ちょっとしたことですが雰囲気変わります。後ろはシンプルにこんな感じ。梅雨いりも間もなくか??梅雨に入る前にすでに夏日がつづく九州。今年の夏は暑いのか??なぁ・・。*********************先日、自営で工房を始めたばかりの頃1年ほどアルバイトに通っていたお直し専門の洋装店のオーナーから「今月いっぱいで店閉めることにした。」と電話がありました。私がそのお店にお世話になっていたのはもうかれこれ・・10年前・・。(工房の)顧客も増え自立してやっていけるようになりこの洋装店を退社しましたが...久留米絣でワンピース

  • 縮緬のお着物でブラウス&フレアーベスト

    縮緬のお着物でブラウスとフレアーベストをお作りしました。まずは・・ブラウス。シンプルですがどの服とも合わせやすいブラウス。前中心コンシールファスナー開きなので脱ぎ着もしやすい。袖は短すぎず長すぎずの七分袖。後ろは・・こんな感じ次にフレアーベスト後ろは・・こんな感じ合わせて着てみると・・こんな感じ。前裾を・・ちらり。しなやかで着やすい縮緬素材。楽しんできていただけるとうれしいです。*********************先日、お邪魔したお客様から“佐世保花園”のチケットをもらいました。お天気も良かったので早速行ってみることに。広大な敷地に広がるお花畑。キレイに整備された花園には一年を通して常にいろんなお花が咲くようになってます。広すぎて写真に納まりきれませんでしたが滝あり、池あり、三重塔あり、そして・・七福神あ...縮緬のお着物でブラウス&フレアーベスト

  • 泥大島紬で 変形タックカラーコート

    泥大島紬で変形タックカラーコートをお作りしました。襟は閉じるとスタンドカラー。開くと・・ショールカラー。切り替えにこげ茶でパイピング。脇にスラッシュポケット。袖口にスリット。折り返しもできます。後ろは・・こんな感じ。総裏地付きお出掛けが多いお客様。周りのご友人たちから「箪笥に入れっぱなしにせずにちゃんと着て回らんばよ(笑)」っと言われ「出かけるところいっ~ぱいあるけん着て回る!」と宣言?!されてました。ぜひぜひこのコートともにお出掛け楽しんでくださいね。*********************先月から、メルカリでアジサイの苗を買うのにはまってます。挿し木で春に芽が出たばかりの小さな苗たち。安い安い・・っとはまって買ってましたが昨日、近くのホームセンターに土を買いに行ったついでにガーデンコーナーを覗くと・・「う...泥大島紬で変形タックカラーコート

  • 紺大島紬で スタンドカラーコート

    紺大島紬でスタンドカラーコートをお作りしました。家で写真を取り忘れたのでお客様のお宅でパシャリ・・。襟はスタンドカラー襟元を開くと・・こんな感じ。閉じても開いてもどちらでも着られます。袖口は切り替えカフス脇にスラッシュポケット。普段は無地ばかりで柄ものを一切着たことがないというお客様。ぜひ、この機会にモダンな大島紬の柄をお楽しみください。*********************お客様のお宅に行くと帰りにいろんなお土産を持たせてくださいます。夏ミカンを買い物袋いっ~ぱい。生みたて新鮮卵もビニール袋いっ~ぱい。枝豆にスナップエンドウに・・・これまた袋いっ~~ぱい。そして、お菓子も買い物袋い~~~~っぱい。我が家の食料は頂き物でなりたってます・・・。紺大島紬でスタンドカラーコート

  • 久留米絣で 暖簾&マスク

    季節が一気に暖かく・・いや暑くなりお客様から「夏用の暖簾」が欲しいとのお電話が。・・っで涼し気な久留米絣の暖簾!完成。ちらり。早速お部屋にかけてくださいました。(感謝)そして・・こちらも久留米絣のマスクお客様は気管支が弱くマスクは外せない・・とのことで常にマスクをしていらっしゃいます。「どうせならいろんなマスクをはめたいじゃない?!」とのご要望で納品にお邪魔するたびにマスクをお作りしてます。今回も喜んでいただけたようで良かったです。*********************昨日、お邪魔したお客様のお宅はとにかくお庭が広~~い。帰り際に「さくらんぼ持っていく?」と言われなんと・・枝ごとくださいました・・。ひえぇ~~~~庭にサクランボなってんだ・・・。サクランボと言えば東北のイメージが強く九州・長崎ではならないもの...久留米絣で暖簾&マスク

  • 久留米絣 ワンピース

    久留米絣でワンピースをお作りしました。襟はすっきり台襟付きシャツカラー分かりにくい・・ですが胸元切り替えで前中心にギャザーでふんわり。脇にスラッシュポケット。袖口切り替えカフス。折り返せます。後ろは・・こんな感じ小柄なお客様ですが大柄なこの絣柄もとてもお似合いでした。*********************連休に入りお天気がすぐれない長崎。今日は肌寒く昨日の日中の温度との差5度・・。風邪ひかないように注意しないと・・。このご時世・・病院に入れてもらえないことを先月の牡蠣お腹下し事件?!で実感。先日、友人と牡蠣にあたったことを話していたら「牡蠣の殻に溜まった牡蠣汁飲んだやろ?」「うん。飲んだ。」「美味しかもんね・・でもあれが”あたる”とよ。」えぇ~~~~!!!!!そういえば・・牡蠣の汁を飲んだのは・・私だけ。だ...久留米絣ワンピース

  • 結城紬でロングベスト

    結城紬でロングベストをお作りしました。前中心ウエストでループのワンボタン留め袖は肩がちょっと隠れるドルマンスリーブ肩からの切り替え利用でウエストポケット後ろは・・こんな感じ半裏地つきです。大胆な大柄の熨斗柄ですが和なのになぜかモダンな感じがする不思議な柄です。*********************只今・・紫陽花にはまってます。もともとは、昨年の年末に花屋の店頭で売られていた花終わりの胡蝶蘭を買ったのをきっかけに・・サボテン・葉肉植物・・っと買いあさり??そして・・行きついたのが・・紫陽花です。全て・・メルカリ。株分けや挿し木したものなど花屋の店頭では見かけない植物たちが格安で出品されているのでついつい・・ぽちっ・・っと購入ボタンを押してしまいあれよあれよ・・という間にベランダは葉肉植物とサボテンに占拠され南...結城紬でロングベスト

  • 泥大島紬でラグランコート

    大島紬でラグランコートをお作りしました。襟は、ギャザー襟。後ろを立ててきると雰囲気がまた変わります。袖は肩回りが楽なラグラン袖袖口は切り替えカフス脇にスラッシュポケット。後ろは・・こんな感じ後ろ中心にタックがはいっているので楽ちんです。総裏地付き泥大島は一見・・色が暗いので地味・・と思われる方もいらっしゃいますがいえいえ・・存在感はばっちりです!末永~く着られるお品物です。*********************幼なじみのところから春のおすそ分けタケノコ!大きくなり過ぎかな?っと思いきや柔らかくておいしかったです。先日、私がタケノコ好きだと言ったのを覚えていてくれてわざわざ朝からタケノコ山まで行って取ってきてくれたそうで。ありがたや~~おすそ分け文化が薄れてきたと言われる昨今ですがいやいやまだまだ我が家の周り...泥大島紬でラグランコート

  • 格子柄の大島紬で コート

    格子柄の大島紬でコートをお作りしました。コートですが襟は台襟シャツカラー後ろを立てると・・こんな感じウエストに貼り付けポケット袖口にスリット。折り返して着ることもできます。後ろは・・こんな感じ総裏地付き。お客様は、そのまま着て帰られました。気に入っていただけたようで良かったです。*********************大島紬にも柄がいろいろありますが今回のような格子柄は一見簡単そうに見えますが柄あわせが大変・・。なぜかというと・・柄がきっちり合ってますね・・ところが左にず~~っと移動してみると格子の幅が違ってきます・・。手織り大島紬では時々・・あります。こういう時は人の目線が一番集まる箇所を優先的に柄合わせをします。例えば前中心の胸元や後ろ中心の背中など・・。そこがしっかりあっていると裾の方で柄がズレてきても...格子柄の大島紬でコート

  • 黒の喪服で紋入りワンピース

    黒の喪服でワンピースをお作りました。前見頃のみ二枚重ねのオーバー付き。胸元に紋を残します。袖口にも紋。オーバーの重なる内側にファスナーがついているので後ろはすっきりこんな感じ。喪服のワンピースは一枚持っておくととっても便利ですね。*********************先日、福岡・糸島の雷山観音に行ってきました。枝垂桜が満開でした。本堂に続く階段は新緑がきれい。お天気も良くいいリフレッシュになりました。雷山の駐車場の傍にひっそり咲いていたオドリコソウ。この花を見ると春が来たなぁ~と思います。黒の喪服で紋入りワンピース

  • 男物の長襦袢で サルエルパンツ&ベスト

    男物の長襦袢でサルエルパンツをお作りしました。右向いて~~左向いて~~長襦袢の柄ってカッコいいです。脇にスラッシュポケット。股上深く~~幅もド~~ンとワイド・・っで裾にダーツを取ってバルーンライン。で・・つぎはベスト!右向いて~~左向いて~~後ろ向いて~~脇裾にスリット。上下合わせてセットアップ!こんな感じ。ストールもつけてこんな感じ。とてもお似合いでした。*********************先日・・窓の外を何気なく見ていると・・見かけない猫の姿。たぶん、ご近所さん家の猫。普段は家の中で飼っていらっしゃるので脱走してきたのか??物珍し気に辺りを散策。おや?なにかが・・違う・・・ナニカが猫らしくない・・???何だろう???よ~く見ると眉毛・・・が・・。ちょうど目と耳の間の毛が剥げているのか?薄くなっているの...男物の長襦袢でサルエルパンツ&ベスト

  • 絽の喪服の着物からジャケット

    絽のお着物からジャケットをお作りしました。襟は飽きの来ないショールカラー腰の貼り付けポケット・・に家紋。袖口に・・家紋後ろは・・こんな感じ夏用の裏地を半裏でお付けしました。夏場には初盆参りや法事・・と喪服を着る機会が案外あります。でも暑くて着るものにこまりますね。そんな時!絽の喪服を羽織物として準備しておくと黒の半袖Tシャツにさらっと羽織るだけとっても重宝する一着です。家紋を残しておけばさらに他にない一着!になりますね。絽のジャケットお勧めです!*********************今日、お伺いしたお客様は、市内から一山超えたお隣りの町。緑の山々に囲まれ自然豊かなこの街は道路沿いに桜並木が続くきれいな街です。帰り道、車を停めて・・並木道をのぞき込むと桜のトンネルが続きます。遠くから誰かがやってきます。ご近所...絽の喪服の着物からジャケット

  • 大島紬でバルーンチュニック

    大島紬でバルーンチュニックをお作りしました。襟は、こんな感じ。っと・・ボタンを留めると・・こんな感じに変化する2WAYタイプ。袖はシンプルな筒袖脇にスラッシュポケット。後ろは・・こんな感じ幾何学模様がモダンな大島紬。とてもお似合いでした。*********************先週末、関東地方では雪が降ったそうですがここ九州でも‥寒かった・・。・・っで寒さのせいで・・体が冷えた?のかお腹を壊してしまいました。二日体調不良。市販の整腸剤を飲んでもう治るだろうっと高をくくっていたら・・治らない・・。ん・・・・仕方ない。予定していた納品を先延ばしにさせていただき近くの内科へ行くことに。歩いて5分の病院ですがこのご時世一応電話して”14日以内の県外への移動もなく熱もない頭痛もない喉の痛みもない・・食欲もあるし倦怠感も...大島紬でバルーンチュニック

  • タイトスカートからボレロ

    黄色のタイトスカートからボレロをお作りしました。後ろは・・こんな感じシンプルですが一枚あると便利ですね。*********************今日、お邪魔したのは美容室。美容室のお客様をご紹介いただくことがあり時々お邪魔させていただきますがたくさんのお客様を抱えるベテラン美容師さんだけあって感性が面白い。美容師さん曰く「・・人ってさ・・60代70代・・だと年齢を言いたがらないのに80過ぎるとみんな年齢を言いたがる・・(笑)。」っと。なるほどね・・そう言われれば80・90過ぎた方は必ず「もう、88よ~~。」とか「90過ぎたからね~。」とか年齢を主張されますね。そうだそうだ。そう言われればそうだ・・考えたことなかった。他にも洋服を作っても着て回らなきゃだめよ!という話から美容師さん曰く「いつも同じ服着てるって思...タイトスカートからボレロ

  • ウールの紺色・亀甲柄の反物でチュニック

    ウールの紺色亀甲柄の反物からチュニックをお作りしました。ウエストに貼り付けポケット。赤の八掛で縁取り袖口も切り替えラインに赤の縁取りこの生地は、表裏で色がちょっと違い両面使える生地でしたのでポケットのフラップと袖口の切り替えカフスは反対側の面を使いアクセント。微妙~~な違い・・わかりますか??襟元はすっきりノーカラーで前中心をVカット。脱ぎ着がしやすいように前中心ファスナー開き。後ろは・・こんな感じ肌寒い・寒の戻りの九州。裏地なしなのでもうしばらくこのチュニックも活躍できるかな??*********************モクレンの花が咲く季節になりました。このモクレンが咲くと11年前の震災を思い出します。日本中が先の未来に不安を抱えていたあの頃薄曇りの空に白のモクレンの花がもの悲しげで・・・。そのモクレンが咲...ウールの紺色・亀甲柄の反物でチュニック

  • ろうけつ染めとグリーンの江戸鮫小紋でリバーシブルベスト

    ろうけつ染めと江戸鮫小紋でリバーシブルベストをお作りしました。ループのワンボタン留めフード仕立て。リバーシブルなので右のみポケット。後ろは・・こんな感じ江戸鮫小紋は・・こんな感じ襟元は・・こんな感じ。リバーシブルなので裏返すと打ち合いが逆になります。日中は20度超えの暖かさですが朝晩はちょっとひんやり。リバーシブルベストは袖がないのでこれからの季節に活躍する一枚!ですね。*********************夕方買い物に行くと街には高校を卒業したて?であろう若者たちがい~ぱい。新しい旅立ち前に青春を謳歌している姿がなんとも微笑ましい。この時期になると以前勤めていた職場のオーナーが言っていた「人生は三分の一叶えばいい方」という言葉を思い出します。若い頃は、「たった三分の一??」と少し不満に思ったものですが人生...ろうけつ染めとグリーンの江戸鮫小紋でリバーシブルベスト

  • 久留米絣でギャザーチュニック

    久留米絣でギャザーふんわりチュニックをお作りしました。胸元に絣の可愛い水玉柄。ふかめのタックがはいってます。このままでも被れますが脱ぎ着がしやすいように前中心コンシールファスナー開き。袖口はギャザーたっぷり袖口カフス付き。腰に貼り付けポケット。昨今・・マスクが欠かせないこともありポケットは必須!後ろは・・こんな感じここ数日で一気に上着の要らない春日和が始まりました。さぁ絣のチュニックでどこにお出掛けしよう!*********************朝から特定検診に行ってきました。胃カメラを待合室で待っていると若い男性が看護婦さんになにやら言い負かされ?てる??どうも男性としては全身麻酔を希望していたようですが看護婦さんは「カメラ鼻から入れるから苦しくないので今回は全身麻酔無しでいきましょう!」っと半ば強引?に男...久留米絣でギャザーチュニック

  • 黄色のポシェット

    ウールの黄色のコートを作った残りでお揃いのポシェットをお作りしました。正面から見るとこんな感じ。前ポケットになってます。裏面にもポケット。ポシェット口はファスナー開き肩ひも調整付きコートは・・こんな感じウールですが裏無しなのでこれからの季節に重宝するスプリングコート。ポシェットかけてお花見なんていかがでしょうか?!*********************春ですね。今年の桜の開花予想は3月24日ころとのこと。明日から気温が一気に上がる予報なので桜の蕾を一気に膨らむでしょうか。高校の卒業式も終わり街には若者たちの姿がちらほら。桜が咲くころには、新しい街へ巣立っていく彼ら。新生活にウキウキ心躍らせている様子が見ていて微笑ましい。黄色のポシェット

  • 大島紬コートを作った残りでポシェット

    大島紬のコートをお作りした後、残りでポシェットをお作りしました。前にループボタン留めのポケット。形はスクエア型で4cmのマチ付き。バッグ口はファスナー開き。肩ひもは調整付き背面にもポケットがついてます。コート本体は・・こんな感じ旅行好きなお客様。コロナが終息したらぜひ旅行のお供にコートとポシェット連れて行ってくださいね~。*********************今週末は、特定検診。最近・・ウォーキングをさぼり気味で体重増加に拍車がかかってますがしっかり検診受けてきたいと思います。大島紬コートを作った残りでポシェット

  • 大島紬で 襟3WAYコート

    大島紬でコートをお作りしました。寒い冬は・・襟元をつめて襟をロールカラーのように閉じてこんな感じ。少し暖かくなってきたら襟を少し開いて・・こんな感じ。さらに暖かくなってきたら・・第一ボタンを外して軽やかにこんな感じ切り替えにこげ茶のパイピングを挟み込みました。柄が大きい場合パイピングをいれて縦のラインを強調することによって目線が縦に動くのでスマートに見える効果があります。袖は筒袖こんな感じ。脇にスラッシュポケット。後ろは・・こんな感じ。見頃のみ裏地付き生地がギリギリ・・でした。入ってよかった・・。最初現代の大島とちょっと生地の質感が違う・・ので大島ではないのかなぁ?!と思ってましたが襟に芯代わりに”大島紬”の銘が織り込まれた端切れが入ってました。現代大島は糸が精練されているため表面がつるんっとしていますが機械が...大島紬で襟3WAYコート

  • 総絞りの羽織からショート丈ブラウス

    総絞りの羽織からショート丈ブラウスを作りました。形はシンプルなAラインのロールカラーブラウスですがいろんなところにランダムにタックをいれてアシンメトリ(非対称)にしてみました。ただ・・丈が短いのでこれ一枚だとお腹が見えてしまいます・・。なので・・こんな風にチュニックと合わせたりロングワンピースと合わせるようになっています。リメイクをするときはできるものはお仕立て前に水通しをします。総絞りは水通しをすることで仕立て後もご自宅でお洗濯ができ皺にならないのでアイロンがけも不要という優れモノ!さらに軽い!とにかく着ていない?くらい軽い!これだけの柄を一つ一つ・・絞るこの技術ほんとにすごいと思います。さらに総絞りのお着物のお仕立てが他の着物より高い理由は・・これ!絞りの生地の伸び留めのために裏に薄い布をあて全体に返し縫い...総絞りの羽織からショート丈ブラウス

  • 羽二重の羽織でジャンバースカート

    黒の羽二重の羽織でジャンバースカートを作りました。後ろは・・こんな感じ・・で真っ黒のジャンバースカート!・・とおもいきや前中心が二重になっていて胸元をちらり・・とめくると・・・柄が出てきます!裾も・・ちらり。これは、羽織裏。松と鶴という縁起のいい柄でした。これは使わないともったいない!っというわけでちらり見せに。ジャンバースカートはAラインになっていて被りでも着られますが”より”着やすいように・・ファスナー開きになってます。・・っでチラリと見せた感じは・・こんな感じ。・・っで幅広のウエストにベルトをつけてより女性らしくこんな感じで着てもよし。後ろだけ絞ってこんな感じもよし。・・っと2WAY3WAY・・・っとその日の気分や着ていく場所によっていろんな着こなしができます。お客様にお見せする用のサンプルです。****...羽二重の羽織でジャンバースカート

  • 化繊のお着物でジャンバースカート

    化繊のお着物でジャンバースカートをお作りしました。襟は前見頃のみの方で挟み込み仕立て。前中心はコンシールファスナ開きウエストに貼り付けポケット後ろはこんな感じ切り替えにグリーンのパイピングエプロン替わりにもなるジャンバースカート。私も今年の冬はジャンバースカートばかり着てますが便利です。*********************メルカリで球根を購入。”ブルーベル”春には紫色の可愛いお花が咲く予定。ブルーベルを植えるために南の一番日当たりのいい場所を整理。そこには長年万年青(おもと)が植わっていたのですが常に何か?!にかじられ瀕死の?状態・・・それでも株は増えかじられた万年青が何個もその一角に植わってました。この機会に掘り起こして鉢に植え替えることに。瀕死の状態?なので根もはってないので簡単にぽろりっと抜けました...化繊のお着物でジャンバースカート

  • 蔓柄×幾何学のリバーシブルコート

    蔦柄のお着物でコート襟はマオカラー右のみスラッシュポケット。袖はラグラン袖後ろは・・こんな感じ・・っで次に・・幾何学模様のコート襟は・・・マオカラー袖はラグラン袖右のみスラッシュポケット。同じデザインで二着?・・っと思いきやじゃん!リバーシブル!気分によって裏を着たり表を着たりリバーシブルって便利ですね。*********************先週末、突然wi-fiが壊れた・・・。友人から譲り受けたものだったのでかなり年代物ではあったのだが・・。数か月前からパソコンの画面に”wi-fiのセキュリティが保たれません”と警告が出ていたのですがまだ大丈夫っと警告を無視?していたら突然・・”インターネットに接続できません”と表示がでるようになりまったく・・ネットを使えなくなりました・・ぎゃぁ~~~:!”$#%&’*+...蔓柄×幾何学のリバーシブルコート

  • ピンクのシルクの羽織から セットアップ

    ピンクの華やかなシルクの羽織からノースリーブチュニックをお作りしました。張りがあるのでふんわりフレアーがでます。その上にショート丈のブラウスベスト重ねて着ると・・こんな感じのセットアップ袖口などの始末はバイアス見返し仕立てなので軽やか~~。Tシャツ感覚で着ていただけます。*********************あぁ・・そろそろ確定申告の準備を始めなければ・・(泣)ピンクのシルクの羽織からセットアップ

  • 黄色のウールのお着物でコート

    黄色のウールのお着物でラグランコートをお作りしました。襟は紐で分量を調節できるギャザー襟。ウエストにギャザー貼り付けポケット。肩は動きやすいラグラン袖。切り替えにこげ茶のパイピング。袖口も切り替えにこげ茶をちらり・・。後ろは・・こんな感じ襟はギャザーの分量を調節すると・・こんな感じの襟にもなります。裏無しの単衣仕立て。お客様にご相談された時はウールの着物は裏無しをお勧めしています。ここ九州では冬でも日中は暖かく厚手のコートがいらないような日があります。そんな時、一枚あると便利なのが裏無しのウールのコート。洋服地のウール地は重たいですが着物のウール地はあんがい軽いです。それでいてウールなので温かい。私は、車で出かけることが多いので厚手のコートだと邪魔になることも・・。なので中にしっかりセーターを着て上着はほとんど...黄色のウールのお着物でコート

  • 大島紬でスタンドカラーコート

    大島紬でスタンドカラーコートをお作りしました。襟は飽きの来ないスタンドカラー切り替えに赤の八掛でパイピング。袖口にも赤をちらり・・。脇スラッシュポケット。後ろはこんな感じ。裏は、エンジの裏地で半裏をお付けしました。あとは残りの生地でお揃いのポシェットをお作りします。「これ着てどこにいこう!」「ハウステンボス!」とお出掛け先はすぐ決まったそうです。ぜひ楽しんできてくださいね。*********************関東では大雪の予報が出ていますがここ九州は春のような陽気が続いてます。そのおかげか・・乙女椿が花開きました。今まで一輪しか咲かなかったのですが今年は、この花を含め蕾があと4個ほどついています。よしよし。数年前に植木市で椿の花が咲かないっと相談したところ植木屋さんに「偶数月に肥料をやる」と教えていただき...大島紬でスタンドカラーコート

  • ジャケットをベストにリメイク&マスク

    前回、黒のジャケットスーツのタイトスカートをボレロにリメイクして今回は、ジャケットの袖を外してベストにしました。じゃん!こんな感じ。・・っでその取った袖で・・マスク!お葬式の時ように使うそうです。・・っでこの間たくさんいただいたお漬物のお礼に久留米絣でマスク!・・っでお客様は不織布マスクより布マスク派!・・なのでお洋服リメイクした残り生地は全部「マスクにしてほしい!」とのこと・・っで以前作ったチュニック・・の残り布でも・・・お揃いのマスク。洋服とマスクをお揃いでつけるのが楽しみだそうです。お洒落ですっ!*********************昨日は、用事があって長崎に行ってきました。中国の旧正月でもあるこの時期。本来なら長崎中華街は”ランタンフェスティバル!”で賑わうところですがこのご時世・・昨年に引き続き今...ジャケットをベストにリメイク&マスク

  • 紺地に花柄のお着物からベストとフレアースカートのセットアップ

    紺地に花柄のお着物からベストとフレアースカートのセットアップをお作りしました。まずは・・ベストから。スカートと合わせてショート丈のベスト。襟は他のお洋服とも合わせやすいノーカラー。ショート丈ですが動きやすいように裾にスリット。裏地は、お着物についていた黄色のぼかしの八掛。次に・・フレアースカート。左脇にコンシールファスナーウエストは後ろのみ脇ゴム仕立て右のみスラッシュポケット。上下合わせると・・こんな感じ。華やかですね~。着物の時には、派手過ぎない?っと心配されていたお客様ですが出来上がってみるととってもお似合いでした。これからの季節に活躍しそうですね。*********************これ・・なぁ~んだ。サボテンです。魚の骨のような形をしたその名もフィッシュボーンカクタス。最近・・メルカリで植物を購入...紺地に花柄のお着物からベストとフレアースカートのセットアップ

  • 白大島紬でショールカラーコート

    白大島紬でショールカラーコートをお作りしました。襟は大きすぎず小さすぎず・・キチンと感のあるショールカラー。脇にスラッシュポケット。後ろは・・こんな感じ総裏地付き。一月も終わりに近づき日中は春の陽気を感じられるようになってきた九州。そろそろ厚手のコートから暖かい日はこのくらい薄手のコートに着替えてもよい季節ですね。*********************先日、市内の北部のお客様のお宅にお邪魔した際に帰りに近くに新しくできた九十九島観光公園に寄ってみました。ここ日本の端っこの佐世保市のそのまた端っこからは南蛮渡来の平戸市や遠い上五島の島々まで見える!・・お天気が良ければ・・。この日はお天気は良かったのですが黄砂?花粉?うっすら曇って島島ははっきりとは見えませんでしたが手前に浮かぶ島々は我が町が誇る”九十九島”有...白大島紬でショールカラーコート

  • 黒タイトスカートからボレロにリメイク

    黒のタイトスカートをボレロにリメイクしました。ジャガード織のニット素材。お客様は、この生地の風合いが好きで結局あまり着ることなく箪笥に眠ったままだったそうですが捨てることができず今回ボレロとして復活!とても喜んでいただけました。もともとはスーツだったそうなので次はジャケットをリメイクします。*********************年末お客様からたっくさんのお漬物をいただきました。白菜づけに大根のべったら漬け昆布煮梅干し・・。おかげさまでお正月はお漬物三昧で美味しくいただきました。そして・・今日お礼かたがたお客様宅にお邪魔したところさらにたくさんのお漬物をいただきました。ありがたや~~。この美味しいお漬物はお客様のご友人の手作りで漬ける野菜は種から育てる自家製野菜。野菜も昆布も漬け方にはご友人ならではのコツがあ...黒タイトスカートからボレロにリメイク

  • 久留米絣でショートジャケット

    久留米絣でショート丈ジャケットを作ってみました。襟にタックを入れてふんわりショールカラー・・っとおもいきや襟を閉じてスタンドカラーに変身!第一ボタンを開けると開襟シャツにようにも着られます。胸元切り替えヨークに黄色のパイピングっでアクセント。ショート丈ですが、このご時世・・マスクを出し入れするのにポケットは必需品!・・っで脇にスラッシュポケット。袖口は広がり過ぎない程度にタック入れてふんわり袖口。後ろは・・こんな感じ裏無し。販売用サンプルです。お客様とデザイン決めをする際言葉で説明するより現物をお見せした方がいい。なのでサンプルは多い方がいいのですが洋裁教室をやめて以来サンプル作りをしなくてよくなったら人間・・楽な方に流れがち・・なかなかサンプル作りが進まない。これではイカン!っと毎年年末になると今年は・・今年...久留米絣でショートジャケット

  • グリーン格子柄の大島紬でコート

    グリーン格子柄の大島紬でコートをお作りしました。襟は台襟付きシャツカラー襟縁にお着物についていた黄色の八掛でパイピング。切り替えにも黄色のパイピング挟み込み。さらに・・ポケット口にも。ポケットはバイアス使いでアクセント。デザイン決めの際に「お任せするので遊びを入れて」とご要望をいただき袖は筒袖ですが3分割にして袖中心はバイアス、両サイドは縦使い。袖は途中切り替えにして黄色のパイピングでアクセント。後ろはこんな感じ。八掛で半裏をお付けしました。お客様は、御年90歳。写真が趣味で若かりし頃から海外へお仲間と写真撮影旅行を楽しんでいらっしゃったそうで見せていただいたお写真もどれも素敵なものばかりでした。”自分のスタイル”というものをしっかり持っていらっしゃるので「襟を立てたいから台襟付きでさらっと羽織って着るからボタ...グリーン格子柄の大島紬でコート

  • 久留米絣で 楽ちんジャンバースカート

    新年はじめは・・久留米絣でジャンバースカートを作ってみました。襟は、上から着るものを邪魔しないでもキチンと感のでる前のみ襟襟の端からちらっと見えるきれいなブルーがアクセントウエストに大きめの貼り付けポケット前中心コンシールファスナー開きでウエスト下まで開きます。後ろはこんな感じ普段着使いに”もってこい”(あ・・この言葉長崎人がよく使う言葉です)の一着!今年は久留米絣のお洋服作っていきたいですね。頑張ります!*********************年末母が50肩(80歳ですが・・)で体が動かなくなり起き上がれない・・というので二階から一階へと寝床を移動。寒いからかなぁ?と思っていましたがますます体がガチガチに両腕・肩さらに足まで動かないと・・。こりゃこりゃ・・大変だ。とにかく寝起きができないとトイレに行くのも大...久留米絣で楽ちんジャンバースカート

  • 藍染 久留米絣で暖簾

    藍染久留米絣で暖簾をお作りしました。無地をベースに藍染のふとん皮を3枚ならべて。今年最後の納品を久留米絣の暖簾でした。さっそく入り口に掛けていただくとおぉ~~やっぱり映える~~!!「やっぱり久留米絣はいいねぇ~。」と大満足していただけました。ほっ・・。暖簾好きのお客様は季節ごとに・・いや一か月置きに?!暖簾を変えられます。カーテンを変えるのは大変ですが暖簾なら簡単に変えられるっと各部屋ごとにいろんな暖簾をかけていらっしゃいます。なのでお客様のお宅にお伺いするたびに毎回新しいお部屋にお邪魔しているような気になります。新年は久留米絣の暖簾でお部屋を飾ってくださるお客様。ありがたや~~。帰りにたくさんお漬物やお餅をいただきこれまたありがたや~~。美味しいお漬物とお餅で新年をのんびり迎えたいと思います。********...藍染久留米絣で暖簾

  • 茶色の羽織でノーカラーチュニック

    茶色の羽織でノーカラーチュニックをお作りしました。裾は右のみ丸くカット左はまっすぐの裾でスラッシュポケット。袖口は筒袖袖口切り替え。後ろは・・コンシールファスナー開きでこんな感じ光沢があり上品なチュニックになりました。年内無事に納めることができ良かったです。*********************先日、早めの年末の大掃除を兼ねて荷物の大移動と断捨離を決行!ゴミ処理クリーンセンターに二回も往復しその甲斐あって部屋はすっきり。ずっと捨てられなかった本を処分。絵本も漫画本も処分処分・・・。でも・・やっぱり捨てられない漫画本もあったりしてこれは残しておこうっと棚に置きなおすとあれ??6巻だけがない・・・。どうせなら全巻揃えた状態で残しておきたい。でももう30年以上前の漫画だし・・ないよなぁ・・と思いつつ・・ダメもとで...茶色の羽織でノーカラーチュニック

  • 久留米絣でモンペ

    久留米絣でモンペをお作りしました。サイドにポケット。ウエストは総ゴム楽ちんが一番!この2年コロナで絣まつりなどのイベントが中止でなかなか思うようにお客様に絣を提案することができず心苦しかったのですが・・先月開催された絣まつりで良い絣に出逢うことができようやくお客様たちに絣をご提案できるようになりました(涙・・)来年も久留米絣でいい商品づくり頑張ります!*********************只今・・観葉植物板付けにはまってます。じゃぁ~~ん!南向きの窓際ジャングル化!花屋さんの店先にバッタ売りされていた花終わりの胡蝶蘭を買って以降他の蘭植物にも興味がわきメルカリやヤフオクでカトレアやデンドロビウムなどを検索すると・・出るは出るは・・いろんな種類の蘭植物。それも送料込みで1000円前後。すごい!お得ネットショッ...久留米絣でモンペ

  • 縞柄・紬の反物でノーカラーコート

    縞柄の紬の反物からノーカラーコートをお作りしました。シンプルなノーカラー脇にスラッシュポケット。袖口は横縞使いで切り替え。折り返しても使えます。後ろはこんな感じ総裏地付き。共布でストールをお作りしました。こんな感じ今日は雪の降る寒い一日ですが年明け暖かくなったらぜひコートでお出かけくださいませ。*********************縞柄・紬の反物でノーカラーコート

  • オレンジ縮緬のお着物でハーフコート

    オレンジの縮緬のお着物でハーフコートをお作りしました。ループ留めの1ボタン。切り替えに黒のパイピングを挟み込みウエストに貼り付けポケット。袖はシンプルに筒袖後ろは・・こんな感じ見頃のみ八掛で半裏をお付けしました。縮緬はとっても柔らかく体にしっとり馴染み着ている感じがしない。お着物の素材として多い縮緬ですがお洋服としても着やすい素材ですね。*********************今年もあと2週間になりました。先日、年末の締めくくりに福岡県糸島の雷山観音に行ってきました。毎年、年の初めの旧正月にお参りに行くのですが今年はコロナの影響もあり行かずじまい・・。・・っで一年振り返ってみて”いろんなことがあり過ぎた・・”一年だったような気がして年末のご挨拶にいくことに。中庭の大きな楓。紅葉の時期は長い行列ができるほどの紅...オレンジ縮緬のお着物でハーフコート

  • 綿花栽培日記~~2021.11~12月

    今年もあと二週間になりました。ここ数日冬らしい寒い日が続いていますが綿花たちのいる窓際は日中20度近くまで上がるので変わらずすくすくと育ってます。新芽も出る花も咲く夏ほどの勢いはありませんがほぼ一年中休眠することはないです。ただ冬暖かいと・・・やっかいなのが虫がつきます。白に・・黒に・・・このゴマ粒のようなのが害虫。油断するとあっという間に葉っぱや茎がやられてしまう・・のでほぼ毎日この虫たちとの闘いです。セロハンテープでぺたぺた・・っとはりつけて取るのですがキレイにとりきるのは不可能・・。どこかの葉っぱに潜んでいていつのまにかまた葉や茎にぎっしりひしめき合ってついてます。ほっとくと葉の養分を吸い取られ枯れてしまいます。なので日々せっせと害虫駆除に勤しんでます。5回目の冬も元気に乗り越えてほしいものです。綿花栽培日記~~2021.11~12月

  • 緑の江戸小紋×染め古典柄のお着物でジャンバースカート

    緑がきれいな江戸小紋でジャンバースカートをお作りしました。ウエストに貼り付けポケット。前見頃のみの飾り襟前中心ファスナー開き。後ろはこんな感じ夏も冬も活躍するジャンバースカート。ジャンバースカートでもありエプロンでもあり。便利なアイテムです。*********************先月、花が終わった胡蝶蘭の株が花屋さんの店先でバッタ売りされていたので2株買って帰り板付けにして吊るして育ててます。先週、また花屋さんの前を通ったので覗いてみるとまだ籠の中には10株ほど残ってました。・・ので追加で6株ほど買ってきて今回は、籐の籠にハンキング用のヤシの木のシートをひきプラスチックポットから取り出した蘭の株をそのまま入れてみることに。隙間を軽く水苔でカバーしてこれで春まで育てようと思います。蘭初心者としては何がいいのか...緑の江戸小紋×染め古典柄のお着物でジャンバースカート

  • 紫地×刺繍柄が豪華なお着物からスカートとベスト

    紫地に金糸の刺繍が豪華なお着物からフレアースカートとベストのセットアップをお作りしました。まずはフレアースカート。左横ファスナー開きでウエストは後ろのみゴム。このご時世、マスクを出し入れすることも多くなるので右脇にポケット。次は・・ベスト。スカートに合わせてショート丈。右向いて~左向いて~~。後ろは・・こんな感じ脇裾にちょこっとスリットベスト見頃裏はお着物についていたピンクの八掛を使用。スカートもベストの八掛の色に合わせてピンクの裏地。上下合わせると・・こんな感じロングフレアースカートにショート丈のベスト。とてもお似合いでした。*********************我が町は数字にまつわる町名が多く駅前の”駅前1丁目””から始まり日本一長いといわれるアーケードが”三ケ町”と”四ケ町”そして・・新しくできた駅裏...紫地×刺繍柄が豪華なお着物からスカートとベスト

  • 華御所車の留袖でワンピース

    御所車が華やかな留袖でワンピースをお作りしました。シンプルなノーカラーのワンピース。留袖なので前から~~裾にくるり~~~一周流れるように柄が描かれています。袖口フレアー切り替えで紋をいれました。後ろ中心ファスナー開き見頃のみ裏地付き。共布でストール。ストールとしてもベルトとしても使えます。留袖っていいですね~~。*********************先日、お客様のお宅にお伺いした帰り焼き物の街波佐見町を覗いてきました。ここは古い倉庫・古民家を改築した話題のエリア”西原地区”波佐見焼はもちろんカフェやお洒落な雑貨屋さんが立ち並び子供が楽しめるボルダリングができるスペースまでできていました。波佐見焼は全国区ではまだまだ知名度としては低いのかもしれませんが今、若い世代に人気の焼き物です。有田焼が高級な食器とすると...華御所車の留袖でワンピース

  • 愛犬のパーカー

    姉の誕生日プレゼントに愛犬のお洋服を作ってみました。分かるかな?横向きのワンコ服。フード付き。背中には・・一応・・ポケット。脱ぎ着がしやすいように前ボタン開き。ん・・・・サイズが分からないので大きめに作ってみた・・・けどあってるのかな???気に入ってくれるとうれしいな♪*********************先月、福岡に付属を買いに行きいつものように中洲川端に車を止め櫛田神社に参拝に行ってきました。川端商店街からの入り口大銀杏が見頃でした!ここ櫛田神社は博多山笠で有名な神社。なので一年中ここに来れば山笠を見ることができます。山茶花が満開でした。櫛田神社で参拝後は中洲を抜けて福岡繁華街天神へと歩いていきますがその途中、川端商店街を散策。花屋さんの店先のワゴンになにやら・・?山積みになっているものが??”○○・・...愛犬のパーカー

  • ようやく・・久留米へ。

    先週久留米で毎年行われる”久留米絣まつり~愛・藍・出逢い絣まつり~”に行ってきました。毎年、3月にだけ開催されるこの久留米絣最大のイベント!ですが今年の3月に引き続き規模縮小しての今回の開催となりました。入り口での検温とハガキ(連絡先の記入)などコロナ対策もバッチリ!密にならないよう会場の各ブースも広々ととられこちらもコロナ対策バッチリ!例年だと午前中にいい物は売れてしまうので片道3時間かかる私のような遠方の者にとっては買い逃してしまうこともしばしば・・・・ですが今回は、人数を制限してあることもありお昼ぎりぎりに着きましたがまだまだいい物がたっくさん!やっぱり絣まつりは楽しい~!見て回るだけでわくわくします。・・っで無事に絣をゲット!できたら次は恒例の”高良大社”へ参拝!この時期の高良大社参道は紅葉で山が染まり...ようやく・・久留米へ。

  • 黒髪山~西光密寺~天童岩 2021.11月

    ようやくここ一か月ほどここ九州でもコロナ感染者が減少傾向に転じ各県ほぼゼロの日が続いています。お天気もよく紅葉も見頃になり久しぶりに黒髪山へ登ってきました。いつものように鳥居の登山口から出発!杉木立の下久々の登山にすぐ息があがります・・。半年ぶりの山道にはムラサキシキブアリドオシ蛇イチゴ・・・といろんな実が色づいてました。延々つづく登り階段。半年登らないとこんなに足が上がらないものなのか・・っと体力のなさに溜息・・。11月の半ばとはいえやっぱり動けば・・暑い・・じんわり汗をかきながら暑い・・いや汗冷えで今度は寒い・・と何度も上着を脱いだり着たりしながらも杉木立の下ひんやりとした空気は心地よくやっぱり山はいいなぁ~っとしみじみ感じます。見上げれば木漏れ日の美しさに癒され途中突然現れる紅葉に目を奪われながらゆっくり...黒髪山~西光密寺~天童岩2021.11月

  • 綿浴衣を使い切り エプロン

    綿の浴衣を大量にお預かりして・・ようやく最終段階?これで使い切りました。右向いて~左向いて~~前中心ファスナー開きで飾り襟付き。後ろは・・こんな感じ華やかな浴衣たちは華やかなエプロンになりました。*********************朝埠頭まで散歩に出ると上五島へ出航するフェリーや対岸への渡し船など毎日・・様々な船を見かけます。ここは戦前から海軍さんの町として栄えたこともあり一般的な港とは違う重々しい?一面のあり真っ黒い自衛艦や海上保安庁の巡視船なども止まっています。そしてこの町の特徴の一つでもある・・埠頭の隣には米軍基地。その米軍基地から毎日・・午前8:00きっかりに”アメリカの国家”が流れ始めます。その後続けて日本の国家”君が代(キミガヨ)”が流れ・・埠頭の朝?!が始まります。毎朝、アメリカ国家と日本国...綿浴衣を使い切りエプロン

  • 結城紬でヘチマカラージャケット

    結城紬でヘチマカラージャケットをお作りしました。ウエストに貼り付けポケット。袖口は柄を横遣いでアクセント前中心は比翼仕立て。チラリ・・後ろは・・こんな感じ裏は薄紫の八掛で半裏付き。華やかになりますね。気に入っていただけると幸いです。*********************お着物にも”絹”素材はいろいろありますが織りや産地によってその絹の風合いや適性が違います。大島は、軽さと張り感と暖かさが特徴として挙げられますが同じ絹でも結城紬は大島に比べしなやかで丈夫!が特徴だと思います。(贅沢なことですが・・・)洗えば洗うほど生地がこなれてふわっふわ・・になり体になじんでくるので普段使いにどんどん着れば着るほどその良さが出てくる結城紬は洋服としてリメイクするのにとても扱いやすく適した素材だといつも感じます。もし、処分しよ...結城紬でヘチマカラージャケット

  • 大島紬で マオカラーコート

    大島紬でマオカラーコートをお作りしました。濃いグリーンの大島紬。襟はマオカラー。縁に八掛・赤でパイピング。袖口は、折り返しスリット開き腰に斜めフラップ付き貼り付けポケット。フラップ縁に八掛・赤でパイピング。車の運転をされるので動きやすいようにサイドに深めのスリット。後ろは・・こんな感じ裏は、八掛で半裏付き。八掛は、もともと大島のお着物についていたもの。お客様はこのお色がお好きでどうしてもいろんなところに使ってほしいとのご要望。今回、裏地と襟・ポケットのパイピングにお使いしました。気に入っていただけますと幸いです。大島紬でマオカラーコート

  • 大島紬でショールカラージャケット

    大島紬でショールカラージャケットをお作りしました。シンプルですが飽きの来ないデザイン。襟はショールカラーウエストに貼り付けポケット。本体が格子柄?!なのでポケットはアクセントにバイアス使い。後ろは・・こんな感じ裏は、八掛で半裏付き。大島のジャケットはこの時期から大活躍するアイテム。ぜひ、末永くご愛用ください。大島紬でショールカラージャケット

  • 綿花栽培日記~~2021.9~10月(綿が弾ける!)

    今年は、10月の半ばまで30度超えの暑い日が続いた九州。ようやく秋らしい気候になってきました。どんなに暑くても植物には”秋”が分かるらしく?街路樹が紅葉するのと同じ頃綿花の実もどんどん弾け始めました。真っ白。今年は、豊作?一株で5~6個実がつき弾けます。外で地植えで育てる場合はもっと綿が取れるのでしょうが室内で植木鉢育ちでさらに5年目が経過した綿花の株としては十分です!綿も弾けてますがもちろん・・花もまだまだ咲いてます。この時期からでも花は咲きますが実はあまり大きくなりません。ですが・・最終的にちゃんと小さくても綿弾けます。外気温が下がってくると九州とはいえ深夜は窓際で5度くらいまで温度が下がることもあります。5年育てて思うことはどの植物もそうなのかもしれませんが温暖気候の植物は5度を下回ると・・・・・休眠する...綿花栽培日記~~2021.9~10月(綿が弾ける!)

  • 思い出のブルゾンでトートバッグ

    どうしても捨てられない思い出のブルゾンでトートバッグをお作りしました。もともとは・・ブルゾン。背中のロゴとの前見頃のポケットを使ってバッグの本体に。マチは広めに。サイドにポケットも付けてみました。バッグの口はファスナー開き内側は・・こんな感じどうしても捨てられないお気に入りのお洋服。バッグとして生き返りました!末永くご愛用いただければ幸いです。思い出のブルゾンでトートバッグ

  • 久留米絣 グリーン無地でティアードワンピース

    グリーンの無地でティアードワンピースをお作りしました。小柄なお客様。かわいらしいデザインがとてもお似合いです。広がり過ぎない程度の段々ギャザー。袖口も軽くギャザー袖後ろは・・こんな感じ。グリーンはお客様の大好きな色。とてもお似合いでした。久留米絣グリーン無地でティアードワンピース

  • 夏の絽の喪服で ツーピース

    夏の絽のお着物でツーピースをお作りしました。まずは・・ジャケット。襟は少し大きめのショールカラー袖口はふっくら隠しカフスウエストヨーク切り替えでお腹周りをすっきり透け防止に見頃のみ夏裏をつけてます。後ろは・・こんな感じ。次にスカート法事や斎場によってはお座敷ということもあります。なので立ち座りのしやすいAラインスカート。夏裏は透けるのでスカートの裏地はオールシーズン用のキュプラ裏。上下合わせて着るとこんな感じ。夏の絽のお着物一着から上下スーツが取れました。夏の絽の喪服でツーピース

  • 黒の喪服でワンピースとブラウス

    黒の喪服でワンピースとブラウスをお作りしました。まずは・・ワンピース。ゆったりシンプルワンピース。後ろファスナー開きで・・こんな感じ次にTシャツブラウス肩回りはゆったりたっぷりこんな感じ。シルエットはシンプルですが脇裾をカーブにカットして前後差をつけ・・こんな感じ。後ろは・・こんな感じ。ワンピースと重ねて着ることもできこんな感じ。喪服は・・年に数回着るか着ないか・・っということもあり数年ぶりに着たらサイズが合わなくて着られない・・っということもしばしば。なのでベースになるワンピースはゆったりたっぷりシルエットでお作りしてその時に応じてベルトやジャケットで変化をつけると便利です。黒の喪服でワンピースとブラウス

  • シルクウールのお着物でワンピース

    シルクウールのお着物でワンピースをお作りしました。襟は小さなフリル襟前見頃切り替え部分に赤いパイピング挟み込み。袖は袖口にふっくらギャザー袖サイドにスラッシュポケット。後ろ中心ファスナー開き。後ろはこんな感じ。見頃のみ裏地付きしなやかなシルクウール。見頃だけでも裏地がつくと冬場はこれで十分暖かい!まだまだ日中は暑いですが暑さ寒さも彼岸まで!っと言いますしもう冬はすぐそこ!までやってきて・・るはず。ぜひ、おでかけを楽しんでくださいね。シルクウールのお着物でワンピース

  • グラデーション縞の端切れでジャケット

    モスグリーンの縞模様グラデーションの端切れでジャケットをお作りしました。4mちょっとしか生地がなく縞模様がグラデーションになっている生地だったので見頃を4分割して縦横縦横・・っと配置してこんな感じ。襟はノーカラーでシンプルに。袖は筒袖。後ろも・・・こんな感じ。デザインはシンプルですが縞のグラデーションが効果を発揮したおかげでいつもは凝ったデザインがお好きなお客様ですがとても喜んでいただけました。良かったです。グラデーション縞の端切れでジャケット

  • 夏の変わり織り久留米絣でロングブラウス

    ちょっと変わった織りの久留米絣でロングブラウスをお作りしました。2種類の縞模様の久留米絣を配色襟は広めに開いた台襟シャツカラー袖は袖山に白、サイドに黒の縞絣を配色・・っで袖口を折り返すと黒縞絣。袖を折り返して着ると・・こんな感じ。ウエスト位置に貼り付けポケット後ろはこんな感じ。今年の3月の久留米絣祭りで仕入れてきた縞絣。これで3月仕入れの絣は在庫がつきました・・・。本来なら毎年9月に絣祭りが開催されるのですが今年はコロナで中止。さてさて・・いったい・・いつになったら穏やかな日常がもどってくるのでしょうね・・・。夏の変わり織り久留米絣でロングブラウス

  • 黒羽織でワイドパンツ&夏羽織でカーデガン

    黒羽織でワイドパンツをお作りしました。ウエストは総ゴム。生地がしっかりしているので裏無しですが一枚で履いてもOK!次に夏絽の羽織で羽織物カーデガン袖は肩回りがゆったりなドロップ袖夏着物で透けてますが、染め直しをされているので裏側は黒ですが表側は縞模様で適度な透け感なので場所を選ばず普段使いでどんどん着られますね。後ろは・・こんな感じ。日中はまだまだ真夏のような暑さです。でも暦の上では秋・・・。まさにこんな季節にぴったり!ぜひ、ご活用くださいませ。黒羽織でワイドパンツ&夏羽織でカーデガン

  • 綿花栽培日記~~2021.9月(5年目の秋のはじまり)

    暑さ寒さも彼岸まで・・・とはよく言ったもので朝晩はかなり冷え込むようになってきました。夏の間外に出していた綿花たちもそろそろ勢いがなくなってきました。葉も紅葉し始めた?ので室内に入れました。今年も室内で越冬の準備の始まりです。夏場大きな花を咲かせ今は大きな実が膨らんできました。あっちもこっちも鈴なりです。どうかなぁ??今年は昨年よりたくさん収穫できるでしょうか?綿花栽培日記~~2021.9月(5年目の秋のはじまり)

  • 白大島紬でロングベスト

    白大島紬でロングベストをお作りしました。襟はマオカラー袖は肘より少し短めサイドにスラッシュポケット。脇裾に深めのスリット。後ろはこんな感じ裏無しで軽やかに。9月も終わりに近づき朝晩は涼しくなってきました。そろそろ(ロングベストの)出番がやってくるかな?そして・・お揃いでショルダーバッグ大島は”擦れ"に弱いのでバッグ底はオレンジの帯を配色。バッグ口は禍の元ファスナー開き。裏地は八掛使用。バッグ表にはキルト綿で加工して少し厚みと強度を出してます。ステッチかけてます。マチは広めなのでたっぷり大容量!下げると・・こんな感じ。ちょうど今日県民限定の旅行割引が始まったようですしコロナ対策をしてぜひ、秋のお出掛けも楽しんでくださいね~。白大島紬でロングベスト

  • 綿花栽培日記~~2021.8月(5年目の夏 真っ盛り)

    5年目の夏は、通常室内で育てている綿花たちを裏庭に出してひと夏過ごさせてみることに・・。室内と違い雨風にさらされ夜露に濡れガラス越しの日の光と違う直射日光を浴び・・・突然・・過酷な環境下に戻され耐えられるのか??・・っと心配しましたがなんのなんの、元は南国の地で育つ綿花。外に出した途端・・ぐんぐん・・すくすく・・恐ろしいほどの勢いで葉を茂らせあっという間に・・森?大きな花も咲かせました。綿花はどんな状況下でも順応していける強い植物です。綿花栽培日記~~2021.8月(5年目の夏真っ盛り)

  • しじら織でアッパッパーワンピース

    しじら織の浴衣でアッパッパーワンピースをお作りしました。形はシンプル。ウエストに貼り付けポケット肩周りが楽なラグラン袖袖口は折り返しスリット脱ぎ着がしやすいように前中心ファスナーあき。後ろはこんな感じ。この暑い夏には、しじら織は涼しい〜!イチオシです!しじら織でアッパッパーワンピース

  • 黄色が華やかなお着物でカシュクールブラウス

    黄色が華やかなお着物でカシュクールブラウスをお作りしました。カシュクールなので…右向いて〜左向いて〜で…印象が変わります。袖は、少し広がりぎみのフレアー袖。この白い部分は、絞りです後ろは、こんな感じ。お預かりした生地は、日傘を作ったあとの残り生地でした。なので、日傘とお揃いでお出かけ。素敵ですね!黄色が華やかなお着物でカシュクールブラウス

  • 紳士物のスラックスをガウチョパンツに。

    紳士物のいわゆるスラックスをお客様(女性サイズ)サイズのガウチョパンツに作りかえました。紳士物なので生地がしっかりしてサマーウールなのでシャリ感があって涼しげ〜。ウエストは、総ゴムで楽ちん。透け防止に股下10センチほど夏裏地付き。秋口まで活躍しそうですね。*************連日の猛暑ある暑い日の事…山越え川越え…ちょっと離れた隣り街のお客様のお宅にお邪魔した帰り黒髪山竜門ダムに水を汲みに寄りました。途中から突然の雷雨…バケツをひっくり返したような土砂降りアスファルトに落ちる雨粒がそのまま蒸気になって立ち上ります…すご〜い!初めて見る光景に数枚シャッターをきると…その中の一枚にこんな影?が???すぐあとに撮った写真がこちら。影は消えてます。キャ〜〜〜&¥":(:'"_#8!;+()''黒髪山は修験道の修行...紳士物のスラックスをガウチョパンツに。

  • 綿花栽培日記〜〜2021.7月(5年目の夏)

    連日、暑い日が続き、暑さに強いはずの綿花もあまりの暑さにションボリ?水やりが欠かせません。それでも、暑さに負けず花を咲かせる健気…乾燥しているせいか綿は、早々?と弾けます。8月の暑さも乗り切ってほしいものです。綿花栽培日記〜〜2021.7月(5年目の夏)

  • 大島紬でブラウス&タックスカートのセットアップ

    大島紬の長着からブラウス&スカートのセットアップをお作りしました。まずは、ブラウス。襟を大きくフワッとして欲しいとのご希望でこんな感じ。後ろはコンシールファスナーあき衿はスナップどめにしてスナップを開けるとこんな感じ。袖は折り返しスリットあきで次にスカート腰半分までタックが入りウエストは総ゴムのギャザー仕立て。あ…分かりにくいですねぇ…上下合わせるとこんな感じ。袖を折り返して短いバージョンにするとこんな感じ。袖を折り返しただけで若々しい感じがします。お好みでたのしんでいただけると嬉しいですね。*********足踏みミシン続編?!我が家には全く同じタイプの職業用シンガーミシンが2台あり一台は学生の頃買ったものでもう一台はその後、使い慣れたこの同タイプのものをわざわざネットで探し購入しました。どちらかが調子が悪く...大島紬でブラウス&タックスカートのセットアップ

  • シルクウールのアンサンブルでコート

    シルクウールのアンサンブルの長着でコートをお作りしました。衿は、マオカラー縁に赤いハッ掛けでパイピング脇にスラッシュポケット袖口にも赤いパイピング折り返せるように袖底でスリット。折り返すとこんな感じ。後ろはこんな感じ。見頃のみエンジ色の裏地付き。黒と赤のメリハリがきいたモダンな柄。着物から洋服に形を変えても華やかです。アンサンブルなのでまだ羽織が残っています。羽織で次はお揃いのベストをお作りします。*************学生の頃に買ったミシンはシンガーの職業用足踏みミシン。電動もあったのになぜか足踏みタイプを選びました。あれから数十年…仕事としてミシンを踏むことが多くなり足で踏むのが辛く?なり電動式ベルトをつけてもらいました。最近、そのベルトと手押し車が空回りするようなキキキ…と嫌な音がするようになりとうと...シルクウールのアンサンブルでコート

  • 久留米絣でチュニック

    久留米絣でマオカラーチュニックをお作りしました。衿は、スッキリ襟ぐり広めのマオカラー。袖口に折り返しスリット。折り返すと…こんな感じ。柄の部分が増えると、華やかに。脇裾に動きやすいようにスリット。ウエストに貼り付けポケット後ろはこんな感じ。暑い夏を涼しい絣で心地よく乗り切ってくださいね〜。***********************夕方、いつものように埠頭にウォーキングに行くと池の周りに何やら白いモノが…。近づいて見るとキノコ!シイタケ?雨が上がったあとには時々、こんなふうに芝生の上に突如、キノコがあちらこちらに現れます。犬も猫も鳥もその他の野生動物も誰も近寄らないところを見ると毒キノコ!?なのか?芝生に生えるキノコ。毒でも見てる分にはかわいいです。久留米絣でチュニック

  • エプロンから台襟付きシャツカラーベスト

    モダンアートな絵柄のエプロンから襟付きベストをお作りしました。普段、エプロンを使わないそうですがこのエプロンの柄がお好きで捨てられないと…。…で、袖なしなら作れるかもとベストにしました。衿は…こんな感じ。閉じると…こんな感じ。後ろはこんな感じ。シンプルですが、お客様のお好きな形にまとまりました。柄がモダンではっきりしているので映えますね〜。エプロンも…捨てられないですねエプロンから台襟付きシャツカラーベスト

  • 綿花栽培日記(5年目の初夏)~~2021.6月

    今年は、梅雨入りが早かった九州北部ですが気温と湿度が高かったせいでしょうか?!綿花の葉がすくすくっと大きく成長し綿の実も早くから実り始めました。・・っで梅雨の中休み?!ここ数日、真夏のような暑さが続き一気に綿の実が弾けました。大小合わせて全部で7~8個。鉢植え(土栽培)の綿花は今年も順調に成長しています。そして水槽(砂地栽培)の綿花もすくすく育っております。この綿花の根本は・・こんな感じ中央上の黒い線のようなものが幹で右下側に白く這う糸のようなものが根っこ(新根)です。砂地の中で張りつくした根っこはだんだん砂地から出て水中を漂うようになります。この5年水耕栽培の時からずっと見てきましたが綿花の根っこは上へ上へと光を求めて伸びてきます。抵抗のない水中の方がぐんぐん根が伸びていくような気がします。新しい根っこが伸び...綿花栽培日記(5年目の初夏)~~2021.6月

  • いろいろ化繊のお着物でエプロン 2

    いろいろ化繊のお着物でアッパッパーエプロンパート2右向いて~~左向いて~~見る方向によって印象が変わります。ウエストに大きめの貼り付けポケット。襟は前のみ飾り襟。前中心コンシールファスナー開き。後ろは・・こんな感じこれで端切れほぼ使い切りました。今日、納品してきましたが二枚とも気にっていただけて良かったです。*********************道端の花壇にヒマワリが咲いてました。夏ですね~~。いろいろ化繊のお着物でエプロン2

  • いろいろ化繊の端切れでエプロン

    化繊のお着物の端切れをどさぁ~~~っとお預かり。アッパッパーエプロンをお作りしました。少しずつ残った端切れの数々をパッチワーク。なので・・右向いて~~左向いて~~っと見る方向によって印象が変わります。襟は肩で挟み込みの前のみ飾り襟。前中心コンシールファスナー開き。脱ぎ着がしやすい!後ろは・・こんな感じ!・・であと少し端切れが残っているのであともう一着!作ります。*********************先日、長崎に行ったついでに帰りは「海が見たいっ!」っと思い立ち長崎サンセットロード外海の海沿いをドライブ!して帰ることに。ざば~~~っっん!ざざざぁ~~~んっ!っと打ち寄せる波。この時期は鬼百合が咲いていました。緑の茂みの中にひときわ際立つオレンジの色キレイです~~。いろいろ化繊の端切れでエプロン

  • 縞柄のお着物でテーラーカラージャケット

    縞柄のお着物でテーラーカラージャケットをお作りしました。襟は小さめのテーラーカラー。袖は袖口切り替えで横柄を使ってアクセント。後ろは・・こんな感じ。シンプルなデザインがお好きなお客様。気に入っていただけると嬉しいです。********************先日、お客様からお客様のお姉さまが着ていらした喪服のツーピースのお直し依頼がありました。お姉さまが先月亡くなられたそうでせっかくなのでお姉さまの四十九日にはお姉さまの喪服を着たいとのご希望で急遽お直しをすることに。お姉さまはお若い頃からお洋服はほとんどがオーダーだったそうでお預かりした喪服のスーツはなんとっ以前私が修行?していたオーダーのお店のものでした。私が独立して約10年。いろんなお直しをお預かりしてきましたが修業したお店のものに出会ったのは初めてです。...縞柄のお着物でテーラーカラージャケット

  • 紫さや型・紗のお着物で 単衣の羽織物

    紫のさや型・紗のお着物で単衣の羽織物をお作りしました。襟はお客様のご要望でギャザーたっぷりのふんわり襟袖は、ドロップショルダーの変形?!腕周りが楽ちんですね。袖口はギャザーカフスでふんわりと。そして、ポケットもギャザーが大好きなお客様のご要望でポケット口にギャザーの入ったふんわりポケット。サイドに深めのスリットで動きやすく。後ろは・・こんな感じ。・・っでこの羽織物前は・・・クルミボタン留め!・・ではなくじつは・・ワンループ留め。クルミボタンは飾りです。お客様の好みを詰め込んだ羽織物。お母様の形見のお着物だそうです。デザイン決めの段階から”初めてのオーダー”ということで終始「楽しみ~~っ」とにこにこ満面の笑みを浮かべていらっしゃいました。デザイン決めも仮縫いも本当に楽しんでいただき私自身も楽しく洋服づくりをさせて...紫さや型・紗のお着物で単衣の羽織物

  • 黒喪服・絽のお着物からジャケット

    黒喪服の絽のお着物からジャケットをお作りしました。襟はマオカラー袖は筒袖。透けてます・・後ろは・・こんな感じ。普段着としても法事用としてもどちらでも使えます。お客様のお宅にお邪魔してよく聞かれるのが喪服(袷・絽)の使い道。いろんなところで「喪服の絽があるんだけどどうしたらいい?」と聞かれます。なので夏用の羽織物をお勧めしています。一枚あると何かと便利な黒喪服の絽。お勧めです。*********************ベランダ菜園も順調に育ってます。ある朝のナスビ・・・・。わかりますか??ナスビの同居人?同居虫??ちびカマキリ。どこから来たのか?ナスビがまだ花も実をつけていない時からここ=ナスビの葉の上に住んでます他のトマトやキュウリのところにはいかずに”ナスビ”に住むカマキリ。可愛いので毎日ナスビ観察しながらち...黒喪服・絽のお着物からジャケット

  • 大島紬のコート

    大島紬でコートをお作りしました。襟は飽きの来ないショールカラー切り替えに八掛で赤のパイピングサイドにスラッシュポケット。後ろは・・こんな感じ。裏無し・単衣仕立てなのでとにかく軽い!初めて着物で洋服を作られたお客様。袖を通した瞬間「軽い!」と驚いていらっしゃいました。大島紬はお客様のお母様が嫁入りの時に持たせてくださったものでずっと箪笥にしまったままだったそうです。「これなら着られる!」と喜んでいただけました。あともう一着白大島紬で今度はロングベストとショルダーバッグをお作りします。そして・・今回残った端切れで通帳ポーチ。どうぞご活用ください。*********************夕方ウォーキングに出かけるとなにやら・・視線が。駅前の某居酒屋チェーン店の入り口にツバメの巣。餌待ちだったのでしょうか静かに待ち続...大島紬のコート

  • 黒ジョーゼットニットでワンピース

    黒のジョーゼットニットでワンピースをお作りしました。黒・・画像では非常に‥分かりずらいですが・・(苦笑)襟はギャザー加工のタイカラー生地にギャザーを寄せたタイカラー。これはお客様のたってのご希望。袖にも同じくギャザーを入れた生地を飾りで乗せ付けこんな感じと・・こんな感じ・・で高さを変えてつけてほしいとのご希望。後ろは・・シンプルにこんな感じ。ジョーゼットは薄く透けてしまうので見頃のみ裏地つき。お客様はとってもモダンな方。毎回、いろんなアイデアでお洋服を作られます。御年90歳、お洒落に年齢は関係ないっと毎回その発想の豊かさに驚かされます。先日、別のお客様(70歳)のお宅にお邪魔した際ご友人が遊びに来られていて「洋服作ってもね~・・どこに着ていく?!どこも行かんし・・。」「○○の服(ブランドの服)買ったけど一回も来...黒ジョーゼットニットでワンピース

  • 久留米絣で アッパッパーワンピース

    久留米絣でアッパッパーワンピースをお作りしました。ウエストに貼り付けポケット裾に柄を配色袖は柄を縦に切り替えて袖口にスリット折り返すと・・こんな感じ。後ろはシンプルにこんな感じ。無地も久留米絣で織られている夏用の無地。お客様は”涼しい~~っ””と毎年この時期にアッパッパーワンピースをご注文されます。これから始まる・・激熱・・の夏。少しでも涼しくのりきりたいですね。*********************先日、どうしてもどうしても・・地元では手に入らない付属があり福岡まで付属を買いに行ってきました。朝一で出かけ付属屋さんのみ寄ってすぐに帰ってくる頭の中ではお昼すぐには帰途につける予定だったのですがいつもの大濠公園・美術館の駐車場にとめ公共バスや電車を使わずに徒歩で付属屋さんのある天神までいくと片道・・1時間弱は...久留米絣でアッパッパーワンピース

  • 絣でバルーンワンピース

    絣でバルーンワンピースをお作りしました。ウエストに貼り付けポケット。前見頃中心にピンタック。ポケットにもピンタック。袖口にスリット後ろ見頃は・・こんな感じ。後ろ中心に脱ぎ着がしやすいようにコンシールファスナー。後ろ見頃も中心にピンタック。米粒柄の絣。生地もしっかりしてこれからの季節もってこいっ!の素材です。日々尋常じゃないほどの暑さが続いておりますが皆様熱中症にはお気をつけておすごしくださいませ・・・。*********************昨日、突然・・TVが壊れた・・・電源が入らない・・・ひぇ~~~(泣)家族みんなTVっ子。見ていようが見てまいがTVは一日中ついている我が家。各いう私も仕事しながらTVをつけて耳で聞きながら仕事をしている。じゃぁラジオでもいいじゃんっと言われればそうなのですがやっぱりそこに...絣でバルーンワンピース

  • 黒の喪服で 前比翼仕立てワンピース

    黒の喪服でワンピースをお作りしました。うわっ・・黒のなので・・まったく画像わかりませんね・・・。襟は台襟付き前は比翼仕立てちらり。サイドにスラッシュポケット。袖口はギャザー袖後ろは・・こんな感じ。見頃のみ裏地付き。お客様はご自分で洋裁をされる方なのでこんなデザインでこんな襟でこんな袖で・・そして・・前は”比翼仕立て!”で。ここがお客様のこだわりポイントでした。一生懸命に頑張りました!気に入っていただけると嬉しいです。*********************ある晴れた日・・「そうだ!干し野菜を作ろう!」っと思い立ちさっそく100均で干し野菜ネットを購入。ワクワクしながらまずはエノキとニンジンと水煮のスライスレンコンを干してみた。夕方「おぉ~~~からから。」一口味見をしてみると「おぉ~~ニンジン甘い。エノキ味濃い...黒の喪服で前比翼仕立てワンピース

  • モスグリーンのウールのお着物でコート

    モスグリーンのウールのお着物でコートをお作りしました。襟はマオカラー。サイドにスラッシュポケット。袖口にスリット。後ろは・・こんな感じ。お母様の形見のお着物とのこと。長年箪笥に入ったままずっと気になっていたそうでようやく形になったっと喜んでいただけました。ぜひ、末永くご愛用いただければと思います。*********************今年も梅の季節がやってきました。例年なら”梅酒”にするところですが今年は・・先月”めまい”を起こしたこともありお酒を飲む気にいっさいならない・・。そこで!梅サワーにすることに。今年の梅は大きい!梅なのか?姫リンゴなのか?・・っというくらい大きい。酢が苦手なのでお酢は比較的まろやかなリンゴ酢を使用。・・ですでに梅が出始めの頃につけた梅サワーは完成!暑くなってきたし冷たいお水で割っ...モスグリーンのウールのお着物でコート

  • 綿花栽培日記(5年目の梅雨)~2021.5月

    綿花を育て始めて5年が経ちました。5年前の連休あけのこの時期に種を撒き夏を終え、そのまま越冬をし・・今年で5回目の梅雨に突入です。今年は、気候が綿花にあっているのか?新芽がすくすく・・良く茂ってます。葉っぱも大きいですが花も大きい。これ。実は、夕方日が暮れてからの撮影。通常、外で育つ綿花は朝花が咲き夕方ピンク色に色が変わって萎む・・のですが我が家の花は室内で育てているためか夕方でも夜でも花はそのまま黄色いまま。翌日の朝、花弁はとじてますが黄色いまま。そして・・このまま花が落ちることなく実が膨らみます。ほぼどの花も。こんな感じ。まだ5月ですが花が春からどんどん咲くので既に実が膨らんだものも多く早いものだと夏前には実が弾けます。室内栽培なので屋外の地植えとは違い収穫量は掌にのるくらいしかできませんが夏に青々とした葉...綿花栽培日記(5年目の梅雨)~2021.5月

  • 留袖で ブラウスとスカートのスーツ

    留袖でブラウスとスカートのスーツをお作りしました。まずは・・ブラウススカートに合わせてブラウスはショート丈。右肩に紋を残し左見頃に柄を使用。柄は後ろ見頃まで・・ぐるり・・と繋がりこんな感じ。後ろ見頃は・・・ファスナー開きです。袖はゆったりドロップ袖次に・・スカート柄をできるだけカットしないように前スカートは深めのタックを取ってふんわりタックスカート。右向いて~~左向いて~~こんな感じ。横ファスナー開きでウエストは前はインベル、後ろ総ゴム仕上げになってます。上下合わせて着ると・・こんな感じ。さらに・・襟がノーカラーなのでストールをつけて・・着こなしアレンジ。ストールも両面柄が使えて豪華ですね~~。後々はお嫁さんに譲るためにサイズはゆったり大きめになってます。喜んでいただけると嬉しいです。*************...留袖でブラウスとスカートのスーツ

  • 縞柄のお着物×オリーブの配色でワンピース

    縞柄のお着物とオリーブの無地の配色でワンピースをお作りしました。お客様のお気に入りのデザイン。右向いて~縞柄左向いて~~オリーブ左右で印象が変わります。この片方にだけオリーブ色の配色をするのはお客様のこだわり。デザインをお伺いに行った時からまずこの”配色”を提案されました。袖はゆったりこんな感じ。襟は、アシンメトリーなドレープ襟。お客様は御年90歳。足が御悪くありますが他はとても元気で毎回、いろんなアイデアを提案されるお洒落な方です。年を重ねるとデザイン決めの際”体型が出ないようにゆったり!””足を隠すように丈は長め””タイトよりAラインで””かぶり・・またはファスナーは前開きで”・・っと大体このようなご要望があるのですがお客様はまったく逆。・後ろファスナーでいいからデザイン優先。・ラインはぴったりタイトに。・...縞柄のお着物×オリーブの配色でワンピース

  • 黒髪山~西光密寺~天童岩 2021.05.22

    梅雨の中休み。週末ごとに雨続きだったので先週末ようやく黒髪山に登ってきました。いつものように神社の鳥居登山口から出発!二日前に大雨が降ったこともあり登山道はあちらこちらに水たまり。その分マイナスイオンが溢れ?!空気はひんやり澄み渡り植物も生き生きとして緑の色が鮮やかでした。今の時期は・・ヤマボウシ!山肌を白に染め華やかです。ヤマボウシほど華やかではありませんがふと顔を上げると・・下向きに花をつけるエゴノキ。先月花を咲かせていたサルトリイバラは今月は丸々と実が膨らんでいました。ここ九州では柏餅はこのサルトリイバラの葉っぱで巻かれます。なので柏の葉っぱはこの丸い形だと思ってました。他にもキブシの実もたわわに実りすでに色づいているこちら野イチゴは見るからに美味しそう・・ですが見た目ほど美味しくはないそうです(苦笑)同...黒髪山~西光密寺~天童岩2021.05.22

  • ピンクのお着物でオーバー付きワンピース

    ピンクのお着物でオーバー付きワンピースをお作りしました。襟は・・ノーカラーコートを羽織っているように見えて・・ちらり。前身頃のみのオーバーです。オーバーで隠れるところに前開きコンシールファスナー脱ぎ着がしやすく病院の診察の際などさっと前を開けられて便利!っとお客様。袖はシンプルに筒袖後ろは・・こんな感じ。今日は、梅雨の中休み。晴れ間が広がり気持ちのよい一日でした。日中は気温が上がりますが日が暮れるとまだちょっと肌寒い。もう少し、長袖活躍してくれるかな?!*********************今月末からようやくワクチン接種が始まります。今日、お伺いしたお客様たちの間でも話題はワクチン接種。何度電話しても繋がらなかった・・そうですが無事に来月初めの予約が取れたと安堵の表情。先の見えない不安に駆られた去年の今頃で...ピンクのお着物でオーバー付きワンピース

  • チェック柄 ガーゼでブラウス

    チェック柄のガーゼ生地でブラウスをお作りしました。袖口は、シンプルな筒袖襟は、首が開き過ぎないマオカラー。脱ぎ着がしやすいように前中心に深めのスリット。スリットが深いと隙間から肌がチラリ・・見えることがあるので隙間から肌が見えないよう持ち出し付き。これで安心!後ろは・・こんな感じ。暑い夏このブラウスで涼しくお過ごしください。*********************とうとう・・梅雨入りするのか??九州南部は先日梅雨入りの発表がありました。来週は雨続きの九州北部。あぁ・・・梅雨入りか?外に出れない目下の楽しみは・・窓から眺めるベランダ野菜の成長の姿。先日は、ベランダ側のお隣さんと野菜談義?!お隣さんは、今年は、トウモロコシを植えるそうです。初めての野菜作りですが人との会話が増え食卓に間引きしたレタスが日々並ぶ生活...チェック柄ガーゼでブラウス

  • 久留米絣 パッチワーク 木の葉の刺し子のワンピース

    久留米絣のパッチワークに木の葉の刺し子をしてワンピースを作りました。襟は、ゆったり首回り広めの台襟付きシャツカラーウエストにギャザーの入ったふっくらポケット。後ろ見頃にたっぷりギャザー袖は、ドロップ袖で腕周りが楽ちん。ウエストに取り外し紐がついているのでウエスト全体を絞ったり後ろだけ絞ったりアレンジいろいろ。今回も刺し子をしてみました。あ・・わかりにくい。木の葉の刺し子をぐるり一周・・目立たないですね・・・苦笑・・隠しアイテム??っということで(笑)連休中から夢中になってパッチワークして刺し子して・・。昨日は、肩がガチガチ。肩をストレッチしながらやらないといけないと毎回思うのに学習しませんね・・(苦笑)でも最初のころより随分と慣れてきました。何事も積み重ねが大切ですね。*********************...久留米絣パッチワーク木の葉の刺し子のワンピース

  • 久留米絣で 薬入れ

    以前も頼まれた薬入れ。今回は、ちょっと大きいサイズでお作りしました。どうなっているかというと・・朝・昼・晩と一段ごとに薬を分けて入れることができてその三日分パタン。パタン・・っと折り曲げはい!このサイズ!旅行やお出かけの時などにコンパクトに持ち運びができます。小分けにしておくと出先でも飲み忘れや飲み間違いなどを防ぐことができますね。*********************先日、朝起き上がろうとすると・・あれ・・???めまいが・・・。ウソ・・・天井がいや自分の体が回っている・・。それでも気のせいだろう?っと起き洗面所まで行くとあれれ?さらに立っていられない・・・???マジ???でも吐き気はない。でもふら~~っと回っている。いったい・・これはなんだ??とりあえず、その日、お客様に納品があったのでお客様にその話をす...久留米絣で薬入れ

  • 久留米絣でアッパッパーチュニック

    連休が明け一気に暑くなってきました。久留米絣でアッパッパーワンピースをお作りしました。袖丈は七分丈。スリットで折り返しできるようになってます。こんな感じ。前中心と後ろ中心にタックを入れてゆったりと。ゆったりしているので風がよく通ります。後ろは・・こんな感じ。袖は折り返すと柄がでてきます。折り返すと・・ちょっとだけ雰囲気変わりますね。日中の最高気温が25度・・梅雨前に夏日に突入・・。あぁ・・爽やかな”初夏”という言葉はもう存在しないのでしょうか???今年の夏も・・・暑そうです。*****************今年は初めての野菜作りに挑戦しています。日々大きくなるのが楽しくて時間があればプランターを覗きに裏庭に出ます。種から植えたサニーレタス。あっという間に”レタス”ぽくなってきました。レタスや椿を置いている裏庭...久留米絣でアッパッパーチュニック

  • 黄色の絞り×黄色の地模様 組み合わせでブラウス

    黄色の絞りの残り布と同じく黄色の地模様の残り布を組み合わせてブラウスをお作りしました。襟は、ゆったりひろめの台襟袖はシンプルに筒袖。腰に貼り付けポケット。ポケットは、お客様のご要望でフラップポケットにマジックテープ付き。ポケットに入れたスマホの落下防止!だそうです。後ろは・・・こんな感じ。これで使い切りました。喜んでいただけて良かったです。*****************今日、お伺いしたお客様は御年92歳。そのお客様のお友達は御年97歳。その97歳のお友達はご自分でお仕立てをされる洋裁経験者で前回、私がお客様にお作りした大島紬のコートをデザインはもとより切り替えや縫い方など隅々までチェック?!しながら見ていらっしゃったそうです・・・洋裁の大先輩に見られるのは・・緊張します・・(汗・・苦笑)・・っで他のお客様の...黄色の絞り×黄色の地模様組み合わせでブラウス

  • 綿栽培日記~~2021 4月(5年目の春)

    早くも・・5月に入りました・・。今年は、気温が高かったこともあり綿の新芽がすくすく育ち葉も花も大きい気がします。真ん中の枯れた幹が一年目に出た幹。そこから毎年脇芽が出て5年目の今年はこんな感じ。葉っぱがわんさか栄えてます。他の鉢も同じく今年は青々とした葉が例年より大きい?!早咲きの花の実がすでに大きく膨らんできました。毎年、春に植木鉢に土を足します。綿は肥料を与えすぎると枯れてしまうっと聞いたことがあるのでこの5年間、特別肥料をやったことはありません。連作もよくない・・っと聞いたことがありますか5年間・・土の入れかえをしたことは・・・ありません。ただ・・一年の間に土が減るので春に土を追加します。”肥料の入った土”を入れても肥料のない”基本の土”を入れても正直・・あまり変化はありません・・ので今年は、肥料のはいっ...綿栽培日記~~20214月(5年目の春)

  • 染め大島紬で コート

    染め大島紬でコートをお作りしました。腰に貼りポケット。襟は飽きの来ないショールカラー袖はシンプルな筒袖後ろは・・こんな感じ。総裏地付き。大島コートは軽い。コートの季節は過ぎてしまいましたがぜひぜひ、秋口の装いに加えていただければ幸いです。あ・・ちょっと気が早いか・・。*****************昨日に引き続き・・野菜作り。ベランダのトマトの葉がわんさか・・栄え始めました。あっという間です。よく見ると・・花が咲いてます。おぉ~~っ!トマトの育て方をネットで検索すると花が咲いたら脇芽をとること!っとかいてあった。・・っで脇芽の取り方を検索するとYouTubeで動画の説明がある。分かりやすい!無事、トマトの脇芽を取り除き支柱を立てよしっ!これで第一弾クリア?!ナスもキュウリもすくすく・・葉が大きくなってきた。よ...染め大島紬でコート

  • 花柄 ダブルガーゼでブラウス

    花柄のダブルガーゼでブラウスをお作りしました。ちょっと変わったフリルのデザイン。お客様のお気に入りのブラウスからの型抜きです。胸元にフリル裾にフリル。袖はすっきり筒袖襟は、マオカラーに前スリット。脱ぎ着がしやすいようにスリットを長めに開けたので・・持ち出しをつけてます。後ろは・・こんな感じ。気温の変化が激しいここ数日。日中は夏のような暑さ。ガーゼは涼しい。ので、すぐに活躍しそうですね。*****************レタスが・・とんでもないことに・・。鉢だらけの庭。その鉢も新芽でいっぱいになりつつあり・・。・・で今日、追加でプランターを6個土8個を買ってきましたが・・・”全然・・土が足りなぁぁあぁぁ~~~~~~い~~~~~~!”土って結構いるんですね・・(泣)大きめのプランター買ってきたのにこれまた・・6個で...花柄ダブルガーゼでブラウス

  • 久留米絣で カードケース

    久留米絣でカードケースをお作りしました。開けると・・こんな感じ。片方は・・ファスナー付きポケット。もう片方は・・カードが縦に9枚入ります。表面は・・こんな感じ。久留米絣って・・やっぱり可愛いです~。*****************4月も半ばを過ぎ春っというより初夏の陽気神社の境内の紅葉が青々として美しい~~。この時期は紅葉のピンクの花が可愛い。こちらのシャンパンピンクもかわいらしい。ラグジュアリーなソファに優雅に寛ぐ黒猫どちらのお屋敷のニャンコかしら?じつは・・路上に停めてあった大型バイク。サマになってます(笑)久留米絣でカードケース

  • 黄色格子の紬でワンピース

    黄色の格子柄の紬でワンピースをお作りしました。ちょっと特殊な?デザイン・・。右向いて~~左向いて~~見る方向によって印象が変わります。このデザインは、お客様のお持ちのお洋服から型抜きです。左側に濃いモスグリーンを使うのはお客様のこだわり。最初にデザインを伺った際に開口一番「ここにグリーンを入れたいのっ!」と。・・っで襟元は幅広のドレープ袖ぐりがスクエアカット。幅広なのでゆったりしてます。後ろは・・こんな感じ。後ろ中心はコンシールファスナーこのデザインは、お客様のお気に入りのデザイン。どうしてもこのデザインで作りたかった・・とのことでもう一着。今度は、縞柄でお作りします。*****************最近、ウォーキングにプラス街探検!にはまってます。坂の街は車道よりも路地が多い。横道・裏道・・抜け道・・この坂...黄色格子の紬でワンピース

ブログリーダー」を活用して、toi-tsubakiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
toi-tsubakiさん
ブログタイトル
工房 十一椿(toi tsubaki)
フォロー
工房 十一椿(toi tsubaki)

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用