chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 【SENSUS】画面構成と機能(その②)

    そろそろ車検だそうです。ブログ主のXC40。 このご時世ということも相まって、時が過ぎるのが早すぎる。。そして、3年が経つというのに、いまだにXC40についてすべてを紹介できていないという事実。まあ、最近あまり遠出も出来ていないので良いのですけど。この先もゆるゆると頑張ります。 メイン画面の機能 さて、本題のメイン画面の話です。 とはいっても、大枠については前回あらかた書いてしまいましたので、書いていくのはそれ以外の補足的な部分。前回同様に以下の写真を貼りますので、必要に応じてご参照のうえお読みください。 ①エアコンの操作 エアコンの操作については、中央下部の「人が座っているマーク」をタップし…

  • 【SENSUS】画面構成と機能(その①)

    この記事を書く前日、以下の記事を読みました。 以前にブログ主が、電気自動車普及における問題点についての記事を書いたことがありましたが、そのうちの充電設備の問題と電力問題についてより詳しく書かれています。 また、その一方で電気自動車が今後どのような方向で普及していくかについてもきちんと分析されていて。ブログ主も大変参考になった次第です。 興味がある方は、ぜひご一読を。 新シリーズ「【SENSUS】画面構成と機能」について さて、本題です。今回から書いていきますのは「SENSUS」の画面構成と機能について。 本当は、もっと早い時期に書くつもりだったんですけども。どうして今頃になったかと言うと、「S…

  • 【XC40で行く】休日ドライブランチ~Oyster Table(銀座)

    以前から書こうと思いつつ、なかなか書けていなかった「休日ドライブランチ」。 XC40については概ね9割ほどレビューが終わりましたので、そろそろ書いていこうと思います。 ちなみに、このシリーズでは気に入っているお店や美味しかったお店だけを選んで書く予定。すべてお勧めのお店になりますので、気が向いたら立ち寄ってみてくださいね。 Oyster Table(銀座) というわけで、最初に紹介しますのは、銀座コリドー街の「Oyster Table」。名前の通り牡蠣がとても美味しいお店で、一年を通してランチタイムに生牡蠣が食べられるのが特徴になります。 そして、銀座にありながら、ランチメニューが1,000円…

  • XC40に欲しかった装備・欲しいと思わなかった装備(その③)~最終回

    本シリーズの記事も最後になりました。今回は、「XC40に欲しいと思わなかった装備」について書いていきたいと思います。 まあ、あって邪魔なもの、というわけではないので単に個人的な趣味の話になるのですが。よろしければおつき合いのほどを。 欲しいと思わなかった装備「シーケンシャルウインカー」 以前は高級車にだけ採用されていた「シーケンシャルウインカー」。昨今では、軽自動車にも採用されることが珍しくなくなってきました。 だからといって、これを理由に「この装備はいらない」と言うつもりはありません。ただ、ウインカーが流れることによって、かえってカッコ悪く見える場合があるのがどうにも気になってしまって。 具…

  • XC40に欲しかった装備・欲しいと思わなかった装備(その②)

    前回に引き続き、ブログ主が思う「XC40に欲しかった装備」について書いていきます。 ちなみに、「欲しかった方」について書くのは今回が最後。もともと分不相応な高級品にはあまり興味がないブログ主なので、自ずと装備が実用的なものだけになって数が少ない。。 まあ、それだけXC40には満足している、ということですかね。 あったら便利「ヘッドアップディスプレイ」 前回記事にも書いたV60CC。この車には、XC40には設定がない「ヘッドアップディスプレイ」が装備されています。 この装備は、あったらきっと便利だっただろうなと思います。その中でも特に欲しかったのは、「速度」と「ナビゲーションシステムに関する警告…

  • XC40に欲しかった装備・欲しいと思わなかった装備(その①)

    初回車検案内のハガキが来ました。8月に入ったら、入庫することが出来るそうです。 購入して早や3年ですか…。やれた感じは微塵もないのに、もはや新車の香りは完全に消え去り、立派な中古車となってしまいました。今回の検査では、経年劣化による部品交換とかあったりするんでしょうか。結果については、また検査の後にお伝えしたいと思います。 さて、今回のテーマですが、「XC40に欲しかった装備・欲しいと思わなかった装備」について触れたいと思います。充実装備のXC40ですが、世の中にあるすべての装備が採用されているわけではないので、それについてブログ主の思いを書いていこうかと。当然、考え方は人それぞれになるわけで…

  • ボルボXC40のエンジンルームを開けてみた(その③~最終回)

    「ボルボXC40のエンジンルームを開けてみた」最終回です。 ふと気づいたのですが、このブログを書き始めて早や3年。これまで書き綴ってきたXC40の機能や装備については、書けることが残りわずかとなってきました。 というより、週1回のペースで記事をアップしながら、これまで書く材料があったことが不思議なのか…。何にしても、こういった記事を書くのはあとわずかのことになりそうです。 メインバッテリー メインバッテリーです。 といっても、カバーを外していないので標準的な12Vバッテリーであるということ以外の情報は何もありません。ディーラーで行う各種点検時に健全性を数値(%)で教えてもらっていますので、交換…

  • ボルボXC40のエンジンルームを開けてみた(その②)

    「エンジンルームを開けてみた」その②です。 今回は、前回本当にエンジンルームを開けただけだったので、その中身について触れていこうと思います。 まあ、一般的な直4エンジンですし、珍しいものではないんですけどね。多少気がついたこともありましたので、よろしければご参考にどうぞ。 エンジンルーム全景 エンジンルーム全景です。 う~ん、、久しぶりに見ましたが、普通過ぎるぐらいに普通。強いて特徴を挙げるとすれば、どこにも手を入れる隙間がないぐらいみっちりとパーツが詰まっているのが印象的です。これがXC40のブルドッグ的な鼻先のイメージに寄与しているんでしょうか。エンジンルームの縦の長さが短くなったりして。…

  • ボルボXC40のエンジンルームを開けてみた(その①)

    ボルボXC40の「エンジンルーム」。正直なところ、エンジンが気に入って購入した車ではないしスポーツカーでもないので、購入以降開けてみたのは数回ぐらいかと思います。いや、もしかすると、購入直後に1回開けてみただけかも…。 それを今回、開けてみることにしました。何か見なければならないものがある、というわけではないのですが、整備をすべてディーラーにお任せしている現状では、あえて機会を作らないと乗り換えまで二度と開けないような気がしましたので。 というわけで、今回はめったに開けないエンジンルームについてのお話です。 エンジンルームを開けるまで で、そのエンジンルーム、開けるためには「外車あるある」の注…

  • (新車は特に悲しい…)この1年で遭遇した2件の事故(後編)

    この1年で遭遇した事故、後編です。 前回の事故は、起きる瞬間を間近に見たので発生原因が良くわかったのですが。今回はそれとは違い、どうしてそうなったの?と目が点になった事故のお話です。 実際のところ、ETCゲートでの事故現場には何度か出くわしましたが、ここまで激しいのはあまり見たことがなくて。巻き込まれた車がなかったようなのが、不幸中の幸いでした。 ETCゲートでの事故 その、目を疑う事故を起こした車両が、隣のゲートに見える「レクサスIS」です。 いったい何km/hでゲートに突っ込んだらこうなるのか…。まあ、普通に右側の縁石へ乗り上げるぐらいなら状況によっては3~40km/hでも起きることではあ…

  • (新車は特に悲しい…)この1年で遭遇した2件の事故(前編)

    平日は車を使わず、週末に最低100km以上を走行するのが日常のブログ主。1回あたりの走行距離が長いためか、交通事故の現場を目撃することがそれなりにあります。 今回は、そんな中からドライブレコーダーに映っていた2つの事故をピックアップ。事故の状況の説明に加え、その原因について考えてみたいと思います。 高速道路追越車線での事故 一つ目の事故は、早朝6時頃の東関東自動車道(東行き)で起きました。 この日、渋滞はしていないものの、なんだかやたらとペースが悪い追越車線を避け、おとなしく制限速度を下回る走行車線を走っていたブログ主。すると、案の定追越車線で追突事故が発生。 追突したのは、以下連続写真右奥の…

  • 【XC40で行く】冬の会津若松を走る(2022年2月25日~2022年2月26日)その④(最終回)

    前回は、一泊した「自家源泉の宿 原瀧」のサービスについて書きました。 通常、悪い評価をする時には施設名を伏せるようにしているブログ主。今回、施設名を書いていながら、あえてそのことについて触れたのはなぜなのか。 今回は、そのことについて少し説明したいと思います。 サービスは誰のためにあるものか サービスは、誰のためにあるものか。もし、ブログ主が誰かにこう聞かれたら、サービスを受ける側にある、と答えます。もちろん、それを拡大解釈して過剰なサービスを求めるようなことは論外ですが、サービスを提供する側は、その内容がコストのかかるものでない限り、自身の目線のみで決める類いのものではありません。 そして、…

  • 【XC40で行く】冬の会津若松を走る(2022年2月25日~2022年2月26日)その③

    温泉宿での楽しみと言えば、温泉の次に来るのは食事なわけですが。今回は「自家源泉の宿 原瀧」でいただいた夕食の話を書こうと思います。なお、結論から書くと、期待を大きく超えるクオリティの料理に対して、食べるのが慌ただしかったという印象。もう少し、料理に合ったペースで食事したかったな。 「自然源泉の宿 原瀧」の夕食 以下の写真が、夕食の全景です。 今回は、直前になって会津行きを決めた一人旅。なので、料理が並ぶ向こうには衝立があるのみで、、ちょっとさびしいですね。 ちなみに、窓外はこんな感じでした。 この宿自慢の川床は、冬期は閉鎖。しかし、窓外のこの景色を見ながら食事ができることを考えれば、これはこれ…

  • 【XC40で行く】冬の会津若松を走る(2022年2月25日~2022年2月26日)その②

    前回は、「かんのや」で昼食を食べたところまでをお伝えしましたが。今回の旅の目的はあくまで雪道を走ることだったので、それ以降は特に観光はしませんでした。 大内宿が近いな、とはちらっと思ったんですけどね。観光するには時間が足りず、昼食も食べてしまったので名物の「ねぎそば」も食べれず…で見送った次第。結局、時間が浮いた時に処理しようと思っていた私物の書類を、モスバーガーに持ち込んで過ごしましたよ。。もう少し旅上手にならないと、不毛な思い出が増えるんですけど。 自家源泉の宿 原瀧 そうして、ようやくホテルのチェックインの時間になり。この日に一泊する「自家源泉の宿 原瀧」を訪れました。 以前の旅記事にも…

  • 【XC40で行く】冬の会津若松を走る(2022年2月25日~2022年2月26日)その①

    しばらく前に、「せっかくオールシーズンタイヤを装着したのだから、この冬は雪道を走ってみよう」ということを書いたのですが。それを有言実行するため、2月の終わり頃1泊で会津若松に行ってきました。 しかし、オールシーズンタイヤの使用感についてこれから書くには、もう5月を迎える今となってはあまりにタイミングが悪く。なので、今回は久しぶりのドライブ記事として、会津若松を訪れたことを書こうと思います。 オールシーズンタイヤで雪道を走った感想については、また10月頃に書きますね。 道の駅 猪苗代 とは言ったものの、今回会津若松を訪れた目的は「雪道を走る」ことだったので、どこか観光地を訪れたわけではありません…

  • 初回車検の見積をいただきました(後編)

    前回に引き続き、車検見積のお話です。書いていくのは、有償部品・消耗品の費用、諸費用、そして総額費用について。果たしてXC40の初回車検は、いかほどになるのでしょうか。 有償部品・消耗品とその費用 まず最初に、車検で必要になる有償の部品と消耗品、およびその費用は以下の通りです。 ・ワイパーブレード リア《 VO 31349857 》(3,580円) ・LLC 4L × 2《 VO 31439724 》(6,920円) ・バッテリー 70AH/760CCA《 VO 31652064 》(30,200円) ・サブバッテリー 170CCA《 VO 32238082 》(25,000円) ・ショートパー…

  • 初回車検の見積をいただきました(前編)

    今回は、初回車検の見積をディーラーでいただきましたので、その内容をお知らせしたいと思います。 ブログ主の車遍歴で初めて購入した「外車」の車検。まずは、その費用が気になるところですが、結果から書くとまあまあ想定内ではありました。ただ、現時点でお知らせできるのは、あくまで故障などの部品交換が発生しない場合の金額。その点は、お含みおきをお願い致します。 有償作業とその費用 車検の際に、有償になる作業とその費用を一覧すると、以下の通りになります。 ・車検整備一式(49,000円) ・検査機器による測定検査料(15,000円) ・車検代行手数料(15,000円) ・テールゲートワイパーブレード交換(1,…

  • 早や2年半!6か月点検の報告です

    前回の点検報告も「早いもので、、」というような書き出しで始めましたが。ブログ主がXC40に乗り換え、早や2年半の月日が経ちました。しかし、気軽に人を誘って、色んな場所に行けない状況が続いているからでしょうか。走行距離の割に、共に過ごした感が少ないような気がしていて。このままでは、10年経つのもあっという間という感じになりそうな。まあ、今のところ買えないぐらい高価なものを除き、乗ってみたい車もないのでこのままで良いんですけど。 変わらない乗り味 で、既に立派に中古車の仲間入りをしている我がXC40ですが、その乗り味は新車として購入した当時からまったく変わりがありません。 当初は、スポーツカーであ…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その⑧(最終回)

    このシリーズ最終回にして、ようやく本題に触れます。書いていくのは、ボルボが「次に乗り換える車」の選択肢にならない理由と次に乗る車について。ずいぶん回り道しましたが、これがブログ主の現在の考え方です。 次の車がボルボにならない理由 車検のたびに車を買い替えるような方は、あまりこういうことで悩んだりしないと思いますが。やたらと物持ちがいいブログ主は、しばしば物の買い替えで悩んだりします。 実際のところ、20,000kmを超える距離を走破したにも関わらずわがXC40はほとんど傷みがないため、ディーラーの営業さんから「この車、今ならかなり高く買い取り出来るんですけど」と言われてしまう始末。物持ちが良い…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その⑦

    え~、、前回の最後に、今回で最終回にしたいと書きましたが。結局、次回まで続くことになりました。。ざっと書きたいことを書き出してみたら、どうにも1回で終わる分量にならなくて。 なので、今回は「EV車=環境負荷軽減」とされていることへの疑問だけを取り上げて書いていきます。実はこれ、ブログ主がEV車のみの普及を喜ばない一番大きな理由だったりするんですよね。 10万km以上の走行でガソリン車より環境負荷軽減? 前回の記事にも書きましたが、EV車は10万km以上の走行で、ガソリン車より環境負荷が軽くなる、と言われています。 ただ、これはテスラやボルボのような、現在EV車専業もしくは将来的にEV車のみの販…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その⑥

    今回は、充電問題のまとめとして「EV車の利用に向く人と向かない人」「EV車をすべての人がストレスなく利用するために必要なこと」について書いていきます。あくまで現時点でのEV車とそれを取り巻く環境についてになりますが、ブログ主なりの視点で書きますので、ご参考にしていただければ。 EV車の利用に向く人と向かない人 EV車の利用に向く人の条件をざっくり整理して書くと、それは以下の2点に該当する人になります。 ・一戸建てやマンションなどの住居で「いつでも」充電することが可能な人 ・充電を住居もしくは旅先の宿泊先のみで行う人 まあ、旅先の宿泊先での充電設備は現状整備されていないので一部将来の話を含みます…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その⑤

    前回で書き終えるつもりだった「充電設備の設置が可能な場所の問題点について」。ようやくこの記事で最後になります。 毎度のことになりますが、何となく全4回ぐらいになるかなぁと予想していたのに、既に5回目…。書くべきことを漏らさず書こうとしているからとはいうものの、なるべく簡潔にまとめるようにしないと。頑張ります(薄い決意表明)。 自宅(マンション) 車に「補充するもの」がガソリンなどから電気に変われば、これまでは実質的にできなかった自宅での補充が可能になります。ただ、マンションにおいてはかなり難しい部分があり、事実、ブログ主が住むマンションでは実質的に不可能な状態にあります。 それは、100台規模…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その④

    今回は、「充電設備の設置が可能な場所の問題点について」の続きです。前の記事で、ここに書く内容をご理解いただく前提となる内容を色々と書いていますので、お読みでない方はお手数ですがお目通しいただけますよう。 駐車場を有する商業施設・宿泊施設(ショッピングモール、レジャー施設、ホテル等) 公共の場所以外で充電設備を設置する場所として思い浮かぶのが、商業施設や宿泊施設です。ショッピングモールやレジャー施設、ホテルなどがそれにあたりますが、長時間滞在することが多いこれらの場所こそ、充電設備の設置が期待されると言って良いでしょう。 しかし、前回記事に書いた導入・維持費用、そして技術の進歩で陳腐化した場合の…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その③

    固い話が続いていますが、引き続きEV車の充電問題の話です。今回は、充電設備を設置することが可能と思われる場所と、それぞれの問題点について。設置可能な数、導入・維持費用、陳腐化への対応などなど、色々と問題があると思うんですよね、ブログ主は。 駐車場を有する公共の場所 充電設備を設置する場所として、まず最初に思い浮かぶのが「駐車場を有する公共の場所」になります。まあ、国を挙げてEV化を推し進めようとしているわけですから、こういった場所に設置することは自然な流れと言えるでしょう。 ただ、すべてとは言わないまでも多くの車がEV車になることを考えれば、こういった場所の駐車スペースに1基や2基を設置するだ…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その②

    前回は、EV車は充電の面で色々と問題がある、という主旨のことを書きました。で、今回は、充電設備を拡充するうえでの問題点について書いていくわけですが、何だかこのことをわざわざ書くのがちょっと気が引けたりしています。 それは、世の中の賢い人たちは、ブログ主程度の知識の持ち主が書かなくても、とっくに気がついているはずなんだよな、と思うから。それとも何か、ブログ主が気がついていない解決策があったりするんでしょうか?この先を読んでいただいてこういう解決策があるよ、という方は、どうかご一報くださいますよう。 充電設備はガソリンスタンドには設置できない で、本題ですが、まず最初に充電設備を拡充するにあたって…

  • お気に入りのボルボ…でも次の選択肢がない~その①

    今回からしばらく、最近思っていることを書いていきたいと思います。 オーナーズレビューでもドライブ記事でもなく、単なるブログ主の考えを綴る記事。あまりニーズがありそうな気はしませんが、一度整理しておきたくて。 その内容は、次に乗る車の選択肢としてボルボはなさそう、ということと、今のEV化の流れに対しての疑問。ちょっと堅い話になると思いますが、よろしければお付き合いのほどを。 「2030年EV化」の流れ 皆さんも既にお耳にされていると思いますが、「新車のCO2排出量を2021年比で2030年までに55%削減する」という目標を欧州委員会が立てたため、欧州では2030年までにすべての新車をEVとする(…

  • ボルボXC40の収納スペース(後席編)

    今回で最後になります、ボルボXC40の収納スペースの話。先日、この記事に掲載する写真を撮影していてふと気がついたのですが、後席が新品同様のままなんだなよぁ…。このご時世、助手席はさておき後席にまで人を乗せてどこかに行くなんてほぼ出来なかったので、、いったいいつまでこの状態が続くのでしょう。 ドアポケットと座席脇の小物入れ さて、本題の後席収納スペースの話ですが、以下1枚の写真に納まる2か所がすべての収納になります。 1か所目はドアポケット。写真中央辺りに写っていますが、前席に比べればかなりコンパクトなスペースになっています。 形状もほとんど斜めになっていて、セカンドバッグを置くのも難しそう。折…

  • ボルボXC40の収納スペース(前席編)~その④

    唐突ですが、一泊ぐらいで雪道を走りに行こうと思います。色々忙しくて、もう一年以上ちゃんとしたドライブをしていないことに気がついたので。 そのうえ、せっかく装着した「雪も走れる夏タイヤ」の『クロスクライメイト』を装着したあと、雪のない道を走ること既に10,000km以上。。このままでは、その雪道性能を確認する前にダメになってしまいます。至急計画してレポートしたいと思いますので、しばしお待ちくださいますよう。 それでは「XC40前席収納スペースの話」、続きをどうぞ。 ドライバーズシート下の「引き出し」 最近のモデルでは、廃止されたという話を聞いておりますが。2020年モデルには、ドライバーズシート…

  • ボルボXC40の収納スペース(前席編)~その③

    先日、所用で宮崎に行った時に、先代ホンダフィットに乗りました。レンタカーで借りたその個体は、走行約50,000km。不特定多数の人が運転するため乱暴に扱われることがあるとはいえ、最近の車にとってはまだヘタリが来るには早い時期です。 しかし、実際に乗ってみると、NVHが大きい、ステアリングへのキックバックが激しい、アクセルの踏み込みに対し発生するトルクが不自然等々、運転するにはけっこうつらい状況が多くてちょっと走っただけですっかり疲れてしまい。結果として、XC40の出来の良さをあらためて実感することになりました。2日目に雨が降り出した時は、本当に運転するのがイヤだった…。XC40には、知らないう…

  • ボルボXC40の収納スペース(前席編)~その②

    書き始めるまでは、あまり書くことはないかなぁ、と思っていた「収納」の話。でも、実際に書き始めてみると、収納の数が多いだけにそれなりの分量になりそうで。後席分も合わせると、全5回になるかなぁ…。まあ、メディアが書かないことまで書いてこそ個人ブログ。これで良しとしましょう。 アームレスト前部のごみ箱 アームレストの前部、前回紹介しました小物入れの前には、「ゴミ箱」があります。 この部分だけ取り出して中身を捨てることが出来るので、重宝して使われている方も多いようです。ただ、ブログ主の場合は、サイズ的に大きなドリンクカップ…例えばスタバのVentiサイズのカップなどがゴミになるので、つぶして入れるにし…

  • ボルボXC40の収納スペース(前席編)~その①

    先日お届けした「燃費」の話に続き、やっぱりずっと書けていなかった話「収納」について今回から書いていこうと思います。う~ん、、今更感がすごい。まあ、これから購入を検討する方もいらっしゃると思いますし、しっかり書いていきますね。 収納力抜群なドアポケット 百聞は一見に如かず、とは言いますが、まずは以下の写真をご覧ください。 ご覧の通り、運転席周りに置いておきたいものはほぼ収納可能と言って良いほど、収納力と形状に優れています。 ブログ主がここに入れているのは、車の汚れ落としと汗拭きの両方に使える「アクティ身体ふきタオル」と、夏の乗車後にシートに吹きかける「ファブリーズ」、そしてディスプレイにホコリが…

  • 新年あけましておめでとうございます

    本ブログをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。 本日の東京は快晴。なぜか東京に限っては、新年三が日にほとんど雨や雪が降ったことがないように感じます。少なくともこの10年、曇っていることはあっても外出する時に傘をさしたことがあったかな?ちなみにこの書き出し、去年とほぼ同じなんですけど。 ということで、今年も例年同様、明治神宮に初詣へ行ってきました。朝の7時半頃、前夜から外出していた人たちが概ね引き上げ、朝起きて動き出す人たちがまだあまり参拝に来ない、比較的空いている時間帯に行くのがブログ主この10年の習慣です。 一度だけ神田明神に参拝したことがあるのですが、鳥居から本堂までの距離がか…

  • 『V60 B4 Momentum』試乗しました(後編)

    さて、『V60 B4 Momentum』の試乗レポート、後編です。それでは早速、続きからどうぞ。 『V60 B4 Momentum』の加速 モーターの力を借りて行う加速の鋭さについては、『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』の試乗記事でも書きましたが。その印象は、今回試乗した『V60 B4 Momentum』でも同じものでした。 この、タイムラグなしで瞬間的に最大の加速を提供することは、純ガソリン車ではどんなにトルクを積んでも不可能、、そう思えるほどに、スタート直後から一瞬で周囲の景色を後方に置き去りにします。 もちろん、これは停止状態からの…

  • 『V60 B4 Momentum』試乗しました(前編)

    今回は、『V60 B4 Momentum』の試乗レポートです…と、言いながら、実際には定期点検の時に代車でお借りして乗っただけなんですけど。なので、チェックしたのも乗り味と気になる部分だけ。ざっくり書いていきますので、よろしかったらご参考にしていただけますよう。 ブログ主がV60に持つイメージ 実はブログ主、現在のボルボのラインナップの中で、V60が一番デザイン的に秀逸だと思ってたりします。ワゴンを選択するニーズが自身になかったため、購入には至りませんでしたが。 それでも、XC40契約後に試乗(クロスカントリーでしたが)した時には、一瞬こっちにすれば良かったかな、、という思いが頭をよぎりました…

  • 『ボルボ XC40 T5 AWD Rデザイン』の燃費~長距離ドライブ編

    燃費の話、「長距離ドライブ編」です。そういえば最近、あんまり長距離を走ってないな…。色々忙しくて、長時間車に乗ることも出来なかったので。今日は時間もあるし、この記事書き終わったらちょっと遠出してこようかな。 ブログ主にとっての「長距離ドライブ」 ブログ主にとっての「長距離ドライブ」。それは、「少なくとも200km以上を連続して走るシチュエーションを含むドライブ」を指します。 …珍しいでしょうか?でも、休日には普段使いで100kmを超える距離を当然のように走る現状では、それぐらい走らないとどうしてもドライブした、という気分になれなくて…。XC40が、いくら走っても疲れない、というのもあるんですが…

  • 『ボルボ XC40 T5 AWD Rデザイン』の燃費~普段使い編

    以前から書こう書こうと思いつつ、このタイミングになってしまった燃費に関する記事。車を買ってしばらくの間は、特に色々と書きたいことがありすぎて…。まあ、XC40との付き合いは、かなり先まで続いていく予定。ゆっくりのんびり、書いていこうと思います。 ブログ主のXC40は「純ガソリン車」 さて、さっそく燃費の話に…と行きたいところですが、まず最初にお断りしておかなければならないのが、ブログ主のXC40が「純ガソリン車」であるということです。基準をきちんとお伝えしておかないと、目安になりませんもんね。そして、このモデルを最後に、次のモデルからはすべて何かしら電気の力を借りて走るモデルになりました。 ブ…

  • 【トラブル発生】24か月点検後、立て続けに発生した3件のトラブル(その③)

    今回で最後となる、トラブルについての話。最初に原因を知った時の感想を書いてしまうと、起きたトラブルから原因を推測するのは、不可能な時代になったんだなぁ、、と。もともとメカに詳しいわけではないけれど、もうあれこれと推測するのは、ブログ主にとっては徒労みたいです。 トラブル③~パークアシストシステム使用不可 前回記事のトラブル対応を済ませて、2週間たったぐらいのある日。唐突に、メーターパネルへ以下のメッセージが表示されました。 せっかく治ったのに。。しかも今回は、メッセージだけでなく、実際に機能もしません。障害物に接近しても、SENSUS画面に警告が表示されないんです。もしかすると、センサーが故障…

  • 【トラブル発生】24か月点検後、立て続けに発生した3件のトラブル(その②)

    え~、、トラブルが発生した話、2回目です。最初にお断りしておきますと、これから書くトラブルは、XC40に限って起きるわけではなくて。そうですね、、ありていに言ってしまえば、道路整備をしていない、国土交通省がすべて悪いんです。 トラブル②~右フロントサスペンション付近からの異音 このトラブルについては、ディーラーさんに言われるまでまったく気がつきませんでした。右フロントサスペンション付近から、異音が出ているなんて。 修理までに一度車を返されて、気にしながら乗ってみてようやくこの音のことかな?と感じたレベル。専門で仕事をされているとはいえ、ボルボのメカニックさんのレベルの高さには頭が下がります。耳…

  • 【トラブル発生】24か月点検後、立て続けに発生した3件のトラブル(その①)

    今回からしばらく、トラブルについての話です。というのも、直近で立て続けに3件も発生してしまって…。しかも、これまで書いたトラブルとは違って、それなりにしっかりとしたトラブル。う~ん、、どうなんだろ、これ。こういうこと、これからも続くのかなあ。 トラブル①~SRSランプ点灯・ワイパー誤作動 まずは、以下の写真をご覧ください。 メーターパネル内のナビゲーション表示にかぶさるように、SRSエアバッグの不調を訴えるアイコンとメッセージが表示されています。 しかし、この時発生したのは、これだけではなくて。なぜかわかりませんが、小雨の中オートで作動させたワイパーが、猛烈な勢いで全力作動してどこかに飛んでい…

  • 納車からもう2年!24か月点検報告です(後編)

    前回に引き続き、24か月点検の報告です。それでは早速、「点検後に驚いたもう一つの変化」の話から。 変化したステアリングの重さ 少し前に掲載した「XC40 PHEV」の試乗記事で、ブログ主のXC40は、ステアリングの重さを調整しても変化がない、ということを書きました。でもこれ、点検から戻ってきたら、何事もなかったかのように治っていて。 まあ、SENSUSのソフトウェアをアップデートしたことが理由なのでしょう。元々雑誌などの試乗記事でも、ステアリング軽すぎ&調整しても変化なし問題は取り上げられていましたし。正常じゃなかったんだな…。 ブログ主のXC40は2020年モデルですので、同様の症状が出てい…

  • 納車からもう2年!24か月点検報告です(前編)

    今のご時世もあって、飛ぶように月日が流れていくように感じる今日この頃。我がXC40は、早くも24か月点検の時期を迎えました。これまでの点検では、ほぼ何もメンテナンスしなくて良い状態だったため、車が戻ってきても変化を感じることはなかったのですが。納車からまもなく2年を迎える今回の点検では、色々なことがありました。 点検内容と結果 まずは、点検内容と結果について一覧します。 2021年8月21日、走行距離15,485kmで実施した点検内容と結果は以下の通りです。 ・エンジンオイルの量や汚れ(交換)※フィルター含む ・ブレーキの液量(良好) ・ブレーキパッドの残量(良好:前輪9mm、後輪9mm) ・…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その7)~最終回

    『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』の試乗記事、最終回です。書いていくのは、試乗して気になった点の続きと、ブログ主視点での総合評価です。 気になる点~「ステアリング」 ステアリングが気になる、と書いてしまうと、何らか操作するうえで問題があったような印象になりますが。実際にはそういったことは全然なく、けっこう重いなぁ、とブログ主が感じた、ただそれだけの話になります。 じゃあ、どうしてこれを書いたの?という話になるわけですが、この点については、試乗車ではなく自分のXC40に問題があるような気がしていて。どう調整しても軽いんですよね、ステアリング…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その6)

    試乗して、印象が良かった点、良くなかった点を書いたのだから、もう終わりでは、、と思われた方。すみません、印象の良し悪しとは別に、もう少し書いておきたいことがありまして。もしかすると、購入を検討する時のご参考になるかもしれません。もうしばらくの間、お付き合いのほどを。 気になる点~「FF駆動」 ブログ主のXC40はAWD、試乗車はFF。となれば、気になるのはその特性の違いです。 今回、特に気になったのは、ステアリングを切った状態でアクセルを踏み込んだ時に、引っ張られるようにフロントが外側へ流れていくこと。 これ、FFの特性だからと言ってしまえばそれまでなんですが、PHEVはモーターで大きなトルク…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その5)

    ちょっと今、前回の記事を読み返してみたのですが、ブレーキについてはけっこう酷評してますね。。まあ、回生ブレーキはどれも同じようなものですし、多くの人は不満も抱かずに操作しているはずなので、その辺りは割り引いて読んでいただければと思うのですが。 でも、それならいったい、ブログ主はどうしてこんなにブレーキにこだわっているのでしょう。今回は、そのことについて書いていきたいと思います。 印象が良くなかった点~「ブレーキ」の続き ブログ主のこだわりを説明する前に、まずは前回記事の最後に書いた、「B」モードはブレーキング時に常時使用するには不十分、と評した理由を説明したいと思います。それは、至って単純な話…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その4)

    「印象が良かった点」を書いた以上、「印象が良くなかった点」も書かなければ…。ということで、今回は『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』を試乗して印象が良くなかった点、のお話です。これ、正直に言うとブログ主には致命的なものでした。。 印象が良くなかった点~「ブレーキ」 元々、回生ブレーキには良い印象を持っていなかったブログ主。以前、トヨタのハイブリッド車に試乗した時に感じたのがそれですが、それは今回の試乗車でも同様でした。 ブレーキタッチは、ブレーキパッドとディスクの間にスポンジが挟まっているみたいで気持ち悪いし、踏んだ力と発生する制動力もまる…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その3)

    試乗して印象が良かった点、続きです。最後は『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』に搭載されている「DCT」について。 印象が良かった点~「DCT」 まず、搭載されているDCTについて少し説明します。 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』に搭載されているDCTは、ボルボ社が自社開発した7速DCTで、1,3,5,7速はエンジンに接続し、2,4,6速はモーターに接続するという仕組みになっています。 DCTそのものは、加速する際に次に使用するギアを待機状態にしておくため変速スピードが速く、一時はト…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その2)

    『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』の試乗記事、続きです。印象が良かった「エンジン」の話の途中からですので、まだお読みでない方は、前の記事からどうぞ。 印象が良かった点~「エンジン」の続き エンジンについては、本当に印象が良かったPHEVのXC40。2つ目に上げられるのは、比較的急な上り坂でトルクが均一に出ることでした。 具体的に説明すると、ダイバーシティ東京プラザ(ガンダムの立像があるところです)の立体駐車場でスロープを8階まで走って駐車したのですが、その上り坂でアクセルの踏み込みを固定するとすぐにエンジンのトルクが変動しなくなるため、非…

  • 『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』試乗しました(その1)

    前から気になっていたんですよね、「ボルボXC40のPHEV」。点検や洗車でディーラーに行くと、いつもショールーム外の定位置に止めてあって。 で、今回ついに、24か月点検で車を預けている間、お借りして試乗させてもらうことができました。乗った結果、ブログ主は純粋なガソリン車よりこっちの方がいい、なんて思ったのでしょうか? 試乗車の紹介 まず最初に、今回30kmほどの距離を走ってみた試乗車を紹介します。 車名は『XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription』。1,476ccのエンジンを搭載し、電気だけで41kmを走るPHEVです。 ちなみにエンジンは、180…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その㉕~最終回~

    長かったこの旅記事も、今回で最終回となります。全25回だから、週1回更新のこのブログだと約半年か。。う~ん、何と言うか、、、あれですね。 というわけで、前回の続きから始めたいと思います。 『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』客室の問題点 まずは、以下の写真をご覧ください。 前回、『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』の客室には欠点がある、と書きましたが、それは上の写真でわかる、「ベッドが設置されている床とその下の床の段差」のことになります。 いや、普通に危ないですから、これ。夜中に目を覚ましてトイレに立とうものなら、足を踏み外したりして大ケガしますよ?他のホテルでもたまに見かけることがありますが、デ…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その㉔

    今回は、前回の最後にお伝えした通り、『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』の内部の様子を写真メインでお伝えします。百聞は一見に、、ですので、コメントは控えめにしてさらっと流しますね。 館内の様子 フロントで宿泊するための手続きを済ませ、部屋に向かう途中でまず目に入ったのがこの空間です。 撮影した時間帯は到着した宿泊客で賑わっていましたが、夜になると人の数も少なくなり、薪がパチパチと音を立てて燃える中央の暖炉がいい感じでした。 ブログ主は、夕食後の寝るまでの時間、コーヒーを飲みながらこの雰囲気を満喫。ちなみに、この場所では無料のコーヒーサービスがあり、宿泊客が自由に飲めるようになっています。 で、こ…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その㉓

    『石ヶ戸休憩所』を出発して、宿泊する『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』までは数分ほどの距離でした。その道のりを走るブログ主は、「初 星野リゾート」で少し緊張気味、、だったのですが、到着してみるとあこがれの星野リゾートは、ブログ主が想像していたのとはかなり違った様相で…。こんなことだったら、もう少し早く訪れてみればよかったな。 意外に親しみやすかった『星野リゾート』 高級ホテル。その言葉を聞いてまずブログ主が想像するのは、都心にありがちな高層の高級ホテルです。入口の車寄せ付近の特別な駐車スペースにはアストンマーチンやベントレーなどの高級車が並び、一目で以前乗っていたRX-7で乗り付けて良い場所で…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その㉒

    長かった今回の旅記事も、ようやく終盤です。あまり旅記事ばかりが続いても、と思い車のレビューをちょこちょこ間にはさんだため長くなったのですが、分けた方が良かったかな。。カテゴリー的にもわかりづらくなったし。 でもまあ、その辺りの反省は今後に生かすことにして。とりあえず、奥入瀬渓流ドライブの続きです。 石ヶ戸休憩所 楽しかったワインディングロードのコーナーのRが徐々にきつくなり、制限速度を下回る速度で走るようになった頃。しばらくぶりに見えてきた建物が、『石ヶ戸休憩所』でした。『発荷峠第一展望休憩所』でトイレに行き損ねていたブログ主、奥入瀬渓流を散策するポイントになっているこの休憩所へ、迷わずXC4…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その㉑

    十和田湖を離れ、奥入瀬渓流沿いの道へと乗り入れた『XC40』。それまでと変わらず、走るのはエスケープゾーンのないタイトな道ですが、湖沿いとは異なる周囲の地形との高低差があまりないその道は、ブログ主が大好きなワインディングロードでした。 まさか奥入瀬渓流でドライビングを楽しめるとは… 本来なら、美しい風景を眺め、せせらぎの音を聞きながら走るはずだった奥入瀬渓流。しかし、その道はおとなしく走るにはあまりに条件がそろっていて、ついついその気にさせられてしまいました。 とは言っても、路面は荒れ放題、ブラインドコーナーが多くセンターラインを割ることはご法度のその道を、イリーガルな速度で走ったわけではあり…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑳

    高速道路120km/h区間の話で、またまた横道にそれてしまいました。場面は、東北自動車道十和田インターチェンジを降りて、最終目的地の奥入瀬に向かう道の途中から。 十和田八幡平国立公園 十和田八幡平国立公園にある、発荷峠第一展望休憩所です。 けっこう標高が高い位置にあり、ここからの眺望は以下の写真の通り。 雲が厚く陰り気味だったのが残念でしたが、なかなかの景色です。晴れていたら、さぞかし湖の蒼が美しかっただろうな。水の色はその地方や環境によって違うので、見てみたかったです。 ちなみに、ここでブログ主にちょっとした不幸が。 コンビニもほぼ見かけないこの地域、休憩所のトイレだけが生命線だったのですが…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑲

    ボルボXC40で「高速道路120km/h区間を走って感じたこと」続きです。内容的には、XC40に限らずSUV全般に通じる話なのですが、けっこう気になることでしたのでご一読のほどを。 罪悪感がすごい… え~、、これは夜間に高速道路を走ったことがある方であれば経験があると思いますが、日中であっても「羽虫」がフロントウインドウをはじめ、フロント側のあらゆる場所につぶれて付着します。 これ、80km/h区間や100km/h区間でも同様のことが起きるのですが、量が多いうえにぶつかった時のつぶれ方、そして衝撃音が比較にならないほど激しいです。その内容は詳しく書きませんが、フロントの投影面積が狭かったRX-…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑱

    中尊寺を見た後は龍泉洞へ―。旅程3日目、そういった計画を立てていたブログ主。 しかし、中尊寺の駐車場に戻って実際にナビを設定してみると、龍泉洞は想定外と言っていいほどに遠い。。いや、行って行けない距離ではなかったんですけどね。ただ、この日の夜に泊まる予定だったのは「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。夕方に到着して、食事をして寝るだけに使うにはあまりにもったいないホテルだったので。。 というわけで、龍泉洞は早々に諦めました。進路は一路北へ。東北自動車道を経由し、初めて訪れる青森県へと向かいます。 東北自動車道 制限速度120km/h区間 で、その東北自動車道なんですが、制限速度120km/hの区…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑰

    定期点検の話をはさみましたが、旅の話に戻ります。今回は『網元の宿 和風ホテル礒村』を出発して、岩手県の中尊寺に向かうところから。そういえば、東北地方は宮城県より北に行ったのは初めてだったな。。北海道には飛行機で何回か行ってるけど、北東北は飛行機で行くには近いし、車を使うには遠いし。そんな行ったことがなかった北東北へ気軽に行けたのも、今の愛車のおかげ。運転が楽で乗っていて心地よい「ボルボ XC40」ならではです。 大混雑の中尊寺 しかし、その「ボルボXC40」で訪れた中尊寺は、まだ9時過ぎにも関わらず、大混雑でした。まあ、国宝である『金色堂』がある、天台宗東北大本山の中尊寺ですからそれなりの人出…

  • ずいぶん遅くなりましたが…18か月点検報告です

    今は7月、点検は1月。。既に6か月も前の話になってしまった18か月点検の報告です。とは言っても、まだまだ新車の香りが残るXC40。今回はメンテナンスが必要な部分もなかったので、さらっと流しますね。 点検内容と結果 2021年1月26日、走行距離11,712kmで実施した点検内容と結果は以下の通りです。 ・バッテリーの状態(良好) ・エンジンオイルの量や汚れ(良好) ・ATオイルの量や汚れ(良好) ・冷却水の量(良好) ・ワイパーブレード(良好) ・ベルトの具合(良好) ・ブレーキの液量(良好) ・ブレーキの踏み台(良好) ・パーキングブレーキ(良好) ・ブレーキパッドの残量(良好:前輪9.5m…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑯

    夕食が本当に美味しいホテルや旅館は、朝食も絶対に美味しい。これ、これまでの旅でブログ主が得た教訓です。まあ、当たり前と言えば当たり前の話なんですが。 というわけで『網元の宿 和風ホテル礒村』期待の朝食です。 朝食も一切のスキなし ブログ主の朝は早いです。このご時世、会社がある時には時差出勤、休日は24時間営業のスーパーで早朝に買い物をすることから身についた習慣ですが、そんなこともあって旅行で訪れるホテルや旅館での朝食は、だいたい他のお客さんよりも早い一番乗りになります。で、今回も一番乗りで席に着いたのですが、すかさず提供されたのがこれ。 写真、わさびのお皿は外して撮れば良かったな…という後悔は…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑮

    さて、『網元の宿 和風ホテル礒村』の料理です。楽しみにしていたんですよね、ここの料理。予約の時から、なんというか美味しそうなものが食べられそうな予感がしていて。写真では特に差異はないのですが、「網元」というパワーワードに惹かれたのでしょうか?結果は、その期待をまったく裏切らないものでした。 宿泊日の夕食 夕食前に入浴を済ませたブログ主、浴衣に着替えて食堂へと向かいます。 その時に乗った、エレベーターのマット。ご時世ですね、、しっかりソーシャルディスタンスです。 食堂に着き席に案内されると、既にお酒のアテになるようなものが多数用意されていました。 ぱっと見、前の旅館とあんまり変わらないじゃん、、…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)XC40との対話②

    田代島を後にして船で石巻港に戻ると、2日目の宿、気仙沼市にある『網元の宿 和風ホテル礒村』に向かいました。時刻はもう15時近く。1日目と同様に一般道を走っては夕食の時間に間に合わないため、高速道路を使います。アップダウンの激しい田代島を歩き回り、疲れた体には運転が負担だったはず。。なのに、それが全く苦にならなかったのは、やはり『ボルボXC40』が運転していてとても楽だからなんだと思います。 『ボルボXC40』を運転していて楽な理由(その2) もうけっこう前の話なので、ほとんどの方がお忘れかと思いますが。ブログ主、以下の記事の中で『ボルボXC40』が疲れないのは、ACC(アダプティブクルーズコン…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑭

    田代島編、最終回です。場面は『にゃんこ共和国』の多くのネコたちに別れを告げ、次のネコスポットに向かうところから。目論見通り、平日に訪れるとネコの数も多いし、観光客同士の争奪戦もない。やはり、田代島に行くのは平日に限る! 再び三叉路へ しかし、次に向かった『マンガアイランド』には、ネコの姿は皆無でした。まあ、元々ネコの多い場所ではないのですが、それでも皆無ということはなかったのでちょっと意外。冬が近い時期ではあったものの、まだ寒さを感じるような気候ではないしどうしたんだろう?たまたまだったのかもしれませんが。 仕方がないので『マンガアイランド』はそのまま通り過ぎ、海沿いの道を歩いて再び三叉路へ。…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑬

    さて、『にゃんこ共和国』です。前回、秋の3連休に田代島を訪れた時には、人の多さからかネコたちが隠れてしまい、帰りの船が出るまで時間を持て余した、なんて目にあってしまったのですが。その時も、ここ『にゃんこ共和国』だけはネコたちで盛況で、来たかいがあったと胸をなでおろしたものでした。そして、今回の様子はというと… 今年は昨年以上に盛況 ご覧の有様です。うかつに歩くとネコを踏みそうになる、という状況を初めて経験しました。そしてここでは、人がどのように動こうとネコは絶対に今いる場所から離れようとしません。ここでは、ネコこそが主なのです(人が作った建物ですが)。 ※お時間のある方は、写真を拡大して何匹い…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑫

    ボスネコの交代劇があった田代島の三叉路。以前よりネコの数は減ってはいたものの、その場所には交代劇の主役となったネコ以外にも、印象的な2匹のネコがいました。 筵(むしろ)の主 このキジシロ、ずーっと莚の上で香箱座りをしていました。 もちろん、そのこと自体は珍しいことではないのですが、グレーのネコが近寄ってくると恐れおののき(注:グレーのネコはただ歩いているだけ)、ついには莚を離れてしまうのですが、グレーのネコが立ち去るとすかさず戻ってくるという…。その場所、他のネコは興味ないと思うけど、きっと君にとっては大事な場所なんだね。座り心地が良いのでしょうか。 セレブなネコ 野良ネコの中にはびっくりする…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑪

    島の奥へ向かう道の途中にある、小屋を中心にした広めの三叉路。道沿いにある家の人が、ネコにご飯をあげる様子がテレビでも放送された有名な場所ですが、以前とは違い見かけるネコの数はめっきり減っていました。ご高齢の方だったので、もうご飯をあげるのをやめてしまったのでしょうか?ただ、その場所には、ブログ主がよく見知った2匹の姿がありました。 2018年秋(1年目) 初めて田代島に行った年。この三叉路に、印象に残った2匹のネコがいました。1匹目はグレーの子ネコ。群れの中で一番小さかったにもかかわらず、一番良い場所に堂々と陣取って寝ていたのが印象に残っています。 この頃は、「きっと美ネコに育つんだろうな」な…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑩

    旅は2日目、天気は曇天。しかし、どうやら雨はなさそうな朝の空気を感じ、とりあえずホッとします。なぜなら、この日に向かうのは宮城県は石巻市の田代島。多くのネコたちが住む、ブログ主ご用達の島だったので。 3度目の田代島 『3年連続3回目』。こう書くと、何かのスポーツで優勝したような雰囲気がありますが。これはあくまで、ブログ主が田代島を訪れた回数の話です。正直、こんなに何度も訪れるつもりはありませんでしたけど。人混みを避けるべきこのご時世、人の少ない田代島は最適かなぁ、などと思いまして。まあ、逆にネコとは非常に密になる、、それが希望なんですが。 ※過去に田代島を訪れた時の記事はこちら ↓ ◆1回目 …

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑨

    震災の爪痕が色濃く残る地域を後にし、北に向かって走ることしばらく。夕焼けの残光が消えるころになって、ようやくその日に泊まるホテルへと着きました。まあ、ホテル名は書かないんですけどね。その日に泊まったホテルは、お値段の割にちょっと残念な感じだったので。 有名観光地にありがちなホテル 旅をしていれば、たま~にこういったホテルに当たることがあります。平日で1泊2万円近くするのに、部屋も料理も残念といったところに。その内容と言えば、部屋は古くて傷んでいる、トイレや洗面が狭く使い勝手が悪い、アメニティは希望する2品のみ無料、などなど。この価格帯のホテルで、アメニティを選んだ分だけフロントで渡すところなん…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑧

    帰還困難区域を通り過ぎ、一息ついて間もなく。道沿いに「津波浸水地域」の看板が目立つようになりました。いわきを出て、ここまで何キロ走ったかな。。震災の爪あとはまだまだ続きます。 再建された坂本駅 コーヒーを買おう。そう思って、宮城県亘理郡山元町の「やまもと夢イチゴの郷」に立ち寄ったのは、偶然のことでした。ただ、月曜日の午後ということもあり、駐車場に車の数が少ないその施設には、コーヒーを買える所は見つからず。。まあ、道の駅ではないので仕方ないのですが。 しかし、コーヒーをあきらめ車に戻ろうとした時、視界に映りこんだJRの駅舎を見て、ふと何か引っかかるものを感じました。さほど利用客が多くないと思われ…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑦

    国道6号線。ブログ主がいわきを出発し、宮城方面へ向かうために選んだ一般道の名称です。 これを聞いて、ピンときた方もいらっしゃると思いますが、国道6号線は原発事故により住民の方が住むことができなくなった、帰還困難区域を南北に貫く道路。事故から10年近くが経ったその道路を、ブログ主はXC40で走ってみたのです。 国道の外は… 広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町…。事故があるまではその名前を知らなかった自治体の案内板が、次々と窓外を通り過ぎていきました。しかし、それ以外の景色は一様に同じで、あの日突然に働く人や住む人がいなくなった建物、置き去られて古びた車、時間が経ったわりにはあまり成長…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑥

    「アクアマリンふくしま」を後にして、次の目的地である「いわきららミュウ」へ向かって出発したのは、午前10時半ごろでした。目的は昼食を食べるためですが、今回の旅で立てた誓いの一つである「飲食店を利用する場合はピーク時間帯を外し、また、混雑している店は避ける」を守るには少し遅い時間。。移動時間を考えれば、もしかするとちょうどお昼時にかかるかも?なんて思っていたのですが。 いわきららミュウ その目的地は、意外なほど近くにありました。 写真は「いわきららミュウ」から海をはさんだ対岸に見える「アクアマリンふくしま」です。 そして、同じく「いわきららミュウ」から見えた巨大イオン。「アクアマリンふくしま」か…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)XC40との対話①

    リコールの話をはさみましたが、また旅の話に戻りたいと思います。書いていくのは、今回の旅のテーマとして挙げた「XC40との対話」について。旅行時には、走行距離も10,000kmに達しようとしていましたからね。つき合いが長くなるにつれ、色々と見えてきたこともありました。 時間を要した操作系の習熟 以前の記事でも少し触れましたが、「XC40」に乗り換えた直後は、その操作系に慣れるまでけっこう戸惑いました。ウインカーとワイパーのレバーが左右逆になっていること、バイワイヤ技術を使ったパーキングブレーキやシフトレバーなどがその一例ですが、やはり一番大きかったのは、ACC(アダプティブクルーズコントロール)…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その⑤

    「アクアマリンふくしま」の展示の話、最終回です。まさかブログ主も、この話で3つも記事を書くことになるとは。。次回からはまた、XC40のことも書いていきますのでご安心くださいね。それでは続きの方をどうぞ。 タカアシガニ 多くの水族館で展示を見ることができる「タカアシガニ」。まだこのサイズなのでかろうじて『美味しそう』と思うことができますが、これが人間より大きいサイズだったりすると、恐怖以外のなにものでもありません。 そのうえ、こんなふうに集団でたむろされたりしたら、とても仲良くなれそうにない。。まあそれでも人間は、美味しいとわかれば知恵と工夫で何とか捕獲し、食べようとするんでしょうけど。おそらく…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その④

    ブログ主が気になった「アクアマリンふくしま」の展示、続きです。このブログは日記的な要素もありますので、時折こんな風に本題から離れてしまうのですが。でも、こんな風に気軽に遠方を訪れることが出来るのも、XC40があればこそ。よろしければおつき合いいただけますよう。 ファイヤースパイニーイール 「イール」というからにはウナギの一種なのですが、この種類は見たことがない!もちろん、今まで訪れたすべての水族館で展示がなかった、ということはないと思いますが、ブログ主の場合混雑の激しい水槽は通り過ぎてしまいますからね、、見落としている可能性大です。 でも、月曜日の水族館はちょっと寂しくなるぐらい人影がまばら。…

  • 【リコール情報:2021年1回目】ブレーキ周りの不具合対策(2件)

    旅記事の途中ですが、XC40のリコール届出がありましたので、今回はその内容についてお知らせします。ブレーキ周りの不具合ですので、オーナーで該当する方はお早めにディーラーで対策をどうぞ。 リコール① 制動装置(ブレーキフルードレベルセンサーのケーブルハーネス)の不具合 まずは1つ目。届出番号は「外ー3180」。対象は『XC40』のみで、リコール開始日は『令和3年3月5日』、ポイントとなる内容は以下の通りです。 ①ブレーキフルードレベルセンサーのケーブルハーネスにおいて、製造時の組付け管理が不適切なため、ケーブルハーネスがエキゾーストマニホールドのヒートシール ドに接触することがある。そのため、熱…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その③

    旅先では、よくその地方にある水族館におじゃまします。南国生まれで元々海が好きなのと、水槽のガラス面すれすれに立つと、スキューバダイビングで海中にいるのに近い感覚が得られ、お手軽に海に潜った気分になれるのがその理由です。でも、そういった理由がなくても、展示されている様々な生き物を見るのはそれだけで楽しい! というわけで、「アクアマリンふくしま」です。正直、今回の旅に備えガイドブックを見るまで、存在を知らなかった水族館。でも、印象に残った展示は意外なほどに多く、すべてを紹介するとかなりの量になってしまいます。なので、ここでは特に印象に残った、ブログ主が気になった展示だけを紹介していきますね。 ※撮…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その②

    さて、「XC40との対話」をテーマとして始まった今回の旅。最初の目的地は「アクアマリンふくしま」。距離は自宅から200kmちょっと、、だったのですが、ここでブログ主は、例によって大ポカをやらかしてしまいました。 ブログ主、いきなり目的地を間違える というのもブログ主、本当は「竜神大吊橋」に行こうと思っていたんですよね。。それを忘れて、いきなり「アクアマリンふくしま」を目的地に設定。何の疑問も抱かないまま、思ったより車が多いなぁ、なんて思いつつ、呑気に都心の道を走っていました。 そもそもからして、9時に開館する「アクアマリンふくしま」へ向かうのに、どうして5時過ぎに出発する必要があるんだよ。。と…

  • 【XC40で行く】福島・宮城・奥入瀬周遊(2020年11月24日~11月27日)その①

    久しぶりの旅記事です。今回、ボルボXC40でドライブしたのは、自宅がある東京を出発し、福島、宮城、奥入瀬といった東北地方の太平洋側をぐるりと1周して自宅に戻るルート。日程はいつもの通り3泊4日。初めて行く地方もあって非常に楽しみにしていたのですが、記事タイトルの日付でお察しいただける通り、実際に行くかどうかは直前まで迷いました。。 「GoToトラベル」中止が取りざたされていた中での出発 その理由は、出発1週間前ぐらいから、メディアで「GoToトラベル」中止の動きが取り上げられるようになったから。いくら人一倍対策に気を遣っているブログ主とはいえ、所詮は「東京者」。今回の行先が、まだ感染者が少ない…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(番外編)

    シートについての記事も最終回になりました。今回は番外編として、シートに関連すること、ブログ主がオーナーとして気がついたことについて書いていきたいと思います。どちらかと言えば、マイナスポイントにはなりますが、、購入を検討されている方はご参考にどうぞ。 微妙なシートヒーター 以前の記事で、ブログ主にとってシートヒーターは不要、と書いたことがありました。しかし、これは間違った認識。XC40にとってシートヒーターは必要、と訂正します。 ちなみに、なぜ以前は不要と思っていたかというと、過去に所有した車、MR2とRX-7のシート生地が「ファブリック」だったから。「ファブリック」だと、あまり冷たく感じないん…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(後席編③)

    後席編、ようやく最終回です。最後になりましたが、今回は後席の装備について書いていきたいと思います。とは言っても、これに関しては他の車と大きく変わる点はなかったりして。なので、さらっと流して書きますね。 後席シートの装備 ①ヘッドレスト XC40の後席シートは3名が定員。とは言うものの、実質的には左右に2名が座ることを前提としていて、中央は補助席のようなもの。なので、ヘッドレストもそれに応じたものなっています。まず、左右シートのヘッドレストがこちら。 ヘッドレストを起こしたもの、倒したものの2枚の写真を貼りました。ヘッドレストを倒せるようにしているのは、後方視界を確保するため。実際この効果は大き…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(後席編②)

    前回記事では「必要十分ではあるものの、前席ほど快適ではない」と評した後席のシート。ただ、その原因については、背もたれの角度にはない、と説明しました。それならいったい、何が影響しているのでしょうか。今回は、そのことについて書いていこうと思います。 Cセグメントとして標準的な足元スペース XC40を購入したばかりの頃、初めて車を見る友人たちによく「大きい車だね」と言われました。どうやら広い横幅、空間専有面積の大きさがそう感じさせているようですが、みなさんご存じの通りXC40はCセグメント、長さは決して長くはありません。なので、身長180cmのブログ主がドライバーズシートの後ろに座るとこんな感じに。…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(後席編①)

    ボルボXC40の後席シートの評価については、巷では前席シートほど良くないようです。ただ、その理由には納得できるものもあれば、クエスチョンをつけたくなるものもあって。なので、今回の記事ではまず、ボルボが後席シートをどのように位置づけているのか、そして、どのような造りになっているのかについて書いていきたいと思います。 XC40は「パーソナルもしくはカップル」向けの車 で、最初に結論めいたことを書いてしまいますが、ボルボはXC40を「パーソナルもしくはカップル」向けの車である、とはっきり規定しています。なので、後席シートは前席シートに比べて必要十分、前後スライド機能やリクライニング機能はありません。…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(前席編 その③)

    さて、今回はシート調整機能の話です。とは言っても、電動式の調整機能で出来ることは、だいたいどの車でも同じ。ポイントは、ボルボならではの『合理性』。少ないスイッチ数で、多くの操作を可能にしていることにあります。 シートの調整機能 まず最初に、前回記事で掲載した写真をもう一度見てみます。 調整スイッチの数は3つ。右がランバーサポート用、真ん中が座面用、左が背もたれ用になっています。ランバーサポート用は、前回触れたとおり前後方向と上下方向の調整ができ、すべてのドライバーの腰の形にフィットさせることが可能。背もたれ用は角度調整に特化していますが、秀逸なのが座面用。これ1つで前後方向と座面の前部および後…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(前席編 その②)

    前回の記事でお伝えした、ブログ主が当初 XC40 のシートに馴染めなかった理由のうち、「腰にかかる大きな負担」に関しては『えっ?』と思われた方も多いと思います。ボルボのシート、腰痛が治るって言われるぐらい出来が良いと評判ですもんね。 なので、腰に爆弾を抱えるブログ主もそれに大きな期待をしていたのですが、納車された初日に耐え難い痛みが。。ただ、それにはちゃんとした訳がありました。 100キロ走行して生じた腰の激痛 車が納車された日にドライブもせず車庫にしまい込んでしまう人は、極めて少数派だと思います。ブログ主は当然多数派に含まれるので、車を受け取るとそのまま湾岸エリアに向かい、それまで乗っていた…

  • ボルボXC40 R-Design のシート(前席編 その①)

    さて、今回からは新たなお題、ボルボXC40 R-Design のシートについて書いていきたいと思います。巷では非常に出来が良いと評判のボルボのシート。ブログ主も、その座り心地には購入前からかなりの期待を寄せておりました。 R-Design 前席は専用スポーツシートを採用 まず最初に、ブログ主が所有する R-Design の前席に装着されている、スポーツシートについて触れておきたいと思います。 via:https://www.webcg.net/articles/gallery/37174 見た目はこんな感じ。この角度からはまず素人では撮影できないので、愛読している「WEB CG」から拝借させて…

  • 走行10,000キロを前にオールシーズンタイヤへ交換しました(番外編)

    ようやく今回で最終回となります、オールシーズンタイヤに交換した話。最後は、タイヤの購入と売却について書きたいと思います。まあ、高級車にはちょっと似つかわしくない話なんですけどね。よろしければ最後までおつき合いのほどを。 こんなに価格差が…さよなら某大手量販店 235/50R19。これが、「XC40 R-Design」のタイヤサイズです。SUVだから当たり前なのですが、でかい、、そして高そう。。 実際、かつてRX-7をチューニングするのに入り浸っていた某王手量販店で見積ってもらったら、「クロスクライメイトSUV」、なんと20万円を超える金額が提示されました。セール中ではなかったとはいえ、これって…

  • 新年あけましておめでとうございます

    本ブログをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。本日の東京は快晴。自室からは、房総半島の山々がはっきりと見え、空気が澄んでいるのが良くわかります。 お正月は仕事用途も含め車を使わない人が多いので、その影響もあるのでしょうね。そういえば国は、2030年代にはガソリン車をすべて電動車に切り替えるなんて言ってますが、その辺りはどうなるんでしょう。まあ、実際のところは公用車が対象だとは思いますけど。国内の車すべてを電動車にするなら、原発を数基建設したぐらいでは全然足りませんし。 走行距離が延びた1年 そんなニュースを耳にしつつ、純ガソリン車の XC40 に乗るブログ主は、ひたすらに走行距離を…

  • 走行10,000キロを前にオールシーズンタイヤへ交換しました(その⑤)

    「クロスクライメイトSUV」の夏タイヤとしての評価、続きです。書いていくのは、前回の最後にお伝えした通り、「グリップ性能」と「走行音」について。初めに結論を書いてしまうと、このいずれもがブログ主の期待を大きく上回るものでした。 必要十分のグリップ性能 ド派手かつ隙間だらけのトレッドパターン。これを見て、当初はかなりの不安を持っていたグリップ性能。コーナリング中に腰砕けにならない…?突然グリップ力が変化していきなり向きが変わったりしない…?なんて。 しかし、そういった心配は無用でした。その特性は夏タイヤとまったく変わらず、装着して皮むきを終えるころには意識することなく安心して乗れるように。 ちな…

  • 走行10,000キロを前にオールシーズンタイヤへ交換しました(その④)

    もう4回目になりました、ブログ主がタイヤ交換をした話。今回は、冬タイヤとして装着した「クロスクライメイトSUV」の夏タイヤとしての評価を書いていきます。 冬タイヤとしての評価は、実はまだやっていません。というのも、冬タイヤが必要になる可能性を考えていた旅先で、まったく雪を見ることがなかったから。現地で積雪があったの、旅程を終えて帰京した翌日だったんですよね。。まあ、雪が降るとけっこう大変そうな道だったので、それはそれで良かったんですけど。 なので、冬タイヤとしての評価は、また日をあらためて行いたいと思います。リスクを避けるため比較的イージーな道を探していますので、しばしお待ちくださいますよう。…

  • 走行10,000キロを前にオールシーズンタイヤへ交換しました(その③)

    タイヤを交換した話、第3回。今回は、前回の最後にお伝えした通り、オールシーズンタイヤがブログ主の用途や愛車(ボルボXC40)にマッチするか 、について書いていきます。 出来ることなら、タイヤ・ホイールを常時装着の1セットで済ませたいけれど、そのために安全面がおろそかになっては本末転倒。正しい判断をするため、巷にあふれるレビュー記事を可能な限り読み漁りました。 タイヤメーカーと銘柄 オールシーズンタイヤを評価するにあたり、まず最初に行ったのが「タイヤメーカーと銘柄」の決定です。というのも、オールシーズンタイヤはサマータイヤやスタッドレスタイヤほど品数がなく、そもそもXC40に装着できるものを先に…

  • 走行10,000キロを前にオールシーズンタイヤへ交換しました(その②)

    前回に引き続き、タイヤ交換の話です。今回書いていくのは、オールシーズンタイヤを選択した理由について。これ、高い買い物だけに、判断を誤るとかなり後悔するんですよね。。 「スタッドレスタイヤ」のネガティブ面 前回記事の最後に書きましたが、まず最初に触れておきたいのがスタッドレスタイヤのネガティブ面です。ブログ主として気になる、ということなのですが、その内容は以下の4つになります。 ①とにかく柔らかく、コーナリング中の安定感が損なわれる。以前所有していたRX-7に一時期装着していたが、装着中は雪のないところでもそろそろ走るしかなくストレスが溜まった。 ②ウェット性能(排水性)が低く、雨が多い日のハイ…

  • 走行10,000キロを前にオールシーズンタイヤへ交換しました(その①)

    今年は春先から、なんだか遠出しづらい状況が続きました。幸い、ブログ主が住んでいる湾岸エリアには海沿いの広い公園が多いため、そういった場所までドライブすることで何とか気を紛らわせていましたが、やはりロングドライブできないストレスは溜まるばかり。。 そもそも、ブログ主にとってのロングドライブとは、1日に500キロ以上を走ること。そんな距離、都内を隅から隅まで走っても走れるわけがない…。 というわけで、全国的にコロナ流行が沈静化してきてこのまま収束かな、と思われたある日。「GoToトラベル」を利用して、東北方面へ旅行することに決めました。日程は3泊4日。この半年間、ほぼ遊びに行かずに自宅で過ごし、そ…

  • 【トラブル発生】なぜそこにチケットホルダーを、、とある日の啞然

    ボルボXC40は、本当に良い車です。走りも良いし、全体的な質感も高い。トラブルだって、避けようがないソフトウェアのバグ由来のものだけで、物理的なものは一切発生してないですし。そして、今回のトラブルも、内容的にはたいした話ではない、、のですが、オーナー的にはちょっと残念に思う部分があって。今回は、そのことについて書いていきたいと思います。 チケットホルダーの位置 まず、今回のトラブルの主役となった「チケットホルダー」ですが、以下の写真の通り、運転席の右前、Aピラーの付け根付近にあります。 これ、実はちょっと微妙な位置にあって、運転席に座った状態だとかなり手が届きにくい。。本来の使用目的が、駐車チ…

  • 【SENSUS】ボルボXC40のドライブモード(Individual編②)

    前回に引き続き、ドライブモード『Individual』のお話です。今回は、基本設定として選択したドライブモード『Comfort』を、ブログ主がどのようにカスタマイズしているか、について。SENSUSメイン画面のトグルメニューから「設定」-「My Car」-「ドライブモード」と進んで行うこの設定。ブログ主が変更しているのは以下の3か所です。 変更箇所① ステアリングパワー 写真、映り込みが目立ってすみません。時間があったら、そのうち差し替えます(たぶんずっとこのまま)。 で、肝心の変更内容ですが、「ステアリングパワー」を「中」から「低」に変えました。『Comfort』でゆったり走るなら、ステアリ…

  • 【がうぇいん様】コメントありがとうございました

    ブログ主のろいどです。 B5の納車、楽しみですね。実はちょっと羨ましかったりします。理由はいくつかありますが、一番の理由はT5と比べてとっても燃費が良さそうだから(笑)。 T5の場合、ストップ&ゴーが多くなると急激に燃費が落ちるんですよね。。以前住んでた世田谷区だったら、平気で6km/l台をマークするんじゃないでしょうか。なので、マイルドハイブリッドの効果はきっと絶大。まだ燃費については記事にしていませんが、空いた高速道路を走った時には15km/lオーバーをマークしたエンジンなので、気筒休止が働くB5なら長距離走行などで燃費の良さを強く実感されるのではないかと思います。 最近ガソリンスタンドも…

  • 【SENSUS】ボルボXC40のドライブモード(Individual編①)

    前回の『Eco編』からずいぶん間が空きましたが、ボルボXC40のドライブモード『Individual』編です。とは言っても、『Individual』モードはドライブモードのうちの一つを選んでお好きにカスタマイズしてください、というものなので、ここで書くのはブログ主がどのように設定しているか、という話なんですが。 とはいえ、お読みいただければ何かご参考になることがあるかもしれません。よろしければお付き合いのほどを。 『Individual』に設定したドライブモード 「ポールスター・パフォーマンスソフトウェア」を導入する前、ブログ主は『Dynamic』モードを『Individual』の基本設定とし…

  • ポールスター・パフォーマンスソフトウェアの導入(その他の変化)

    ポールスター・パフォーマンスソフトウェアを導入して変わった点。最終回である今回は、「その他の変化」について書いていきます。評価に関しては、前回の記事で「導入した価値があった」と結論づけていますが、他にもお伝えしたいことがあったりして。今回は、そんなちょっとしたことをご紹介したいと思います。 アイドリングストップ初期設定の変化 ブログ主が大嫌いな「アイドリングストップ機能」。環境のため、とは言いますが、車を発進させるタイミングが一瞬遅れることで生じるリスクを考えると、ブログ主的には到底容認できるものではありません。 ところが、今回ポールスター・パフォーマンスソフトウェアを導入したことで選択できる…

  • ポールスター・パフォーマンスソフトウェアの導入(走りの変化)

    今回が3回目となる、ポールスター・パフォーマンスソフトウェア導入に関する記事。書いていくのは、導入前と比較しての「走りの変化」。実はこれ、当初は全く期待していなかったものの、導入してみた結果一番うれしかった変化。これだけでも、導入した価値は十分にありました! 明らかに変わった身のこなし 導入して最初の頃は、まったく気がつかなかった「身のこなしの変化」。正直、パワー特性やシフトチェンジ制御が変わることは期待していたものの、走りそのものが変わるとは思っていなかったので。 ところが、たまに通る近所の道を何度か走るうちに違和感に気がついて。このダラダラと続く右コーナー、元々苦手にしていなかったっけ?何…

  • ポールスター・パフォーマンスソフトウェアの導入(パワーの変化)

    ポールスター・パフォーマンスソフトウェアを導入して変わった点。今回は「パワーの変化」について書いていきます。 パワーに関しては、サーキットはおろかストリートでも攻めた走りをする車ではなし(注:どんな車でもストリートを攻めてはいけません)、これ以上はいらないよなぁ、と思っていたのですが、意外なところで効果を感じることができました。 数値と体感の変化 今回の導入により、パワーとトルクは以下のように変化しました。 (導入前)252PS/350Nm ⇒ (導入後)255PS/400Nm トルクは増しているのに、パワーはほとんど変わっていません。…これ、どういうチューニングをしたんだろう。この辺りの理屈…

  • ポールスター・パフォーマンスソフトウェアの導入(シフトスピードの変化)

    ポールスター・パフォーマンスソフトウェアを導入して変わった点。今回は、「シフトスピードの変化」について書いていきたいと思います。 導入する前は、一番改善を期待したこの項目。結果は、期待外れな点はあったものの、「入れないよりは良かった」程度には思えるものでした。 期待値の半分だったレスポンスの改善 以前、「シフトアップもシフトダウンも反応が遅れる」と書いたパドルシフトのレスポンス。今回の導入によって、それぞれ以下のように変わりました。なお、これらの内容は、すべてのドライブモードにおいて共通です。 ◇シフトアップ 操作した瞬間、シフトアップされるようになりました。操作後反応がないままエンジン回転数…

  • ポールスター・パフォーマンスソフトウェアの導入(見た目の変化)

    12か月点検に合わせて実施した、「ポールスター・パフォーマンスソフトウェア」の導入。今回は、その「見た目でわかる部分」について書いていきます。 え、見た目の話?と思われるかもしれませんが、中古車を購入する予定がある方にはお役に立てるはず。走行性能については次回から書いていきますので、ひとまずお付き合いのほどを。 見た目でわかるポールスター 「ポールスター・パフォーマンスソフトウェア」を導入して見た目で変わったのは、以下の3点になります。ソフトウェアの変更なので当然ですが、細かい部分ばかりですね。 ①ドライブモードメニューの変更 写真の通り、ドライブモードメニューが変更になりました。具体的には「…

ブログリーダー」を活用して、ろいどさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ろいどさん
ブログタイトル
《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ
フォロー
《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー