searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ろいどさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ
ブログURL
https://xc40.roid7.com/
ブログ紹介文
ボルボXC40で行く旅やドライブの記録。時々ネコが出てきます。
更新頻度(1年)

27回 / 99日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/12/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ろいどさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ろいどさん
ブログタイトル
《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ
更新頻度
27回 / 99日(平均1.9回/週)
読者になる
《ボルボXC40 × 旅・ドライブ》ときどきネコ

ろいどさんの新着記事

1件〜30件

  • 【先進運転支援システム】ボルボが誇るアダプティブクルーズコントロール(その①ー操作)

    昨年9月に購入したXC40の走行距離も5,000キロを超え、ようやく搭載機能のほぼすべてを使用、特性を把握するに至りました。なので、今回は搭載機能の代表的なものの一つ、「アダプティブクルーズコントロール」について書きたいと思います。 機能をON・OFFする方法 まずは、操作方法についての説明です。下の写真をご覧ください。 ステアリングの左側にある操作ボタン。この真ん中のボタンをアクセルを踏みながら1回押すと「アダプティブクルーズコントロールON」、もう1回押すと「アダプティブクルーズコントロールOFF(OFFの時はアクセル操作不要)」。実に簡単ですね。他のメーカーのようにムダにボタンが分かれて…

  • 【XC40で行く】淡路・瀬戸内・尾道周遊(2019年12月1日~12月4日)その⑥

    大鳴門橋を渡りました。見どころが多いこの辺り、ようやく本州を離れて四国は徳島県に上陸です。そして、いよいよ鳴門のうず潮を見物、、のはずだったのですが、ここで大きな誤算に見舞われて。。 大鳴門橋遊歩道 渦の道 駐車場に車を停めて、しばらくの間てくてく歩き。400メートルぐらいかな?意外に長かった道のりを経て、渦の道に到着です。 ここは、遊歩道の床にあるガラス窓から直接うず潮が望める場所。しかし、ここでいきなり致命的な事実が発覚します。歩を進めたチケット売り場に見えたのは、「本日うず潮が見えるのは午前11時頃まで」と表示された案内板。え、、いま11時10分なんですけど? あわてて遊歩道を早歩き。途…

  • 【XC40で行く】淡路・瀬戸内・尾道周遊(2019年12月1日~12月4日)その⑤

    道の駅「うずしお」から「うずの丘 大鳴門橋記念館」は、車ならすぐの距離。まだエンジンが暖まりきらない車を駐車場に停めると、まずは建物と一緒に撮影。 車旅ですからね、しっかり写真を載せておかないと。でも、旅行中はけっこう撮り忘れるうえ、写真を撮っている姿を他人に見られるのはけっこう恥ずかしかったりします。何だか、新車を買って嬉しくてたまらないみたいで。まあ、実際に嬉しくはあるんですけどね。 絶景レストラン 渦の丘 ちなみに、この場所に来たのは「絶景レストラン 渦の丘」で昼食を食べるため。さっき「グラタンバーガー」を食べたばかりじゃないか、、という突っ込みはなし。旅行をすれば、その土地のものを色々…

  • 【XC40で行く】淡路・瀬戸内・尾道周遊(2019年12月1日~12月4日)その④

    朝が早かったため人影のない「道の駅あわじ」を後にして、一般道をてくてくと走行。1時間半ほどをかけて淡路島を縦断し、「道の駅うずしお」に到着しました。まずは、駐車場で愛車の写真を1枚。 そして、この駐車場の先に見える景色がこちら。 大鳴門橋と鳴門海峡です。悪かった天候も徐々に回復してきて、写真も少し明るい感じになってきました。なぜだかわからないけど、車旅に出ると「最初天候が悪くて徐々に回復」というパターンが多いんですよね。不思議です。 あわじ島バーガー ちなみに、この場所で大鳴門橋などを見るのはあくまでついで。本来の目的は名物の「あわじ島バーガー」を食べることだったので、風景の撮影もそこそこにお…

  • 【XC40で行く】淡路・瀬戸内・尾道周遊(2019年12月1日~12月4日)その③

    車中泊をして目を覚ましたのは、朝の6時半ぐらいのことでした。思えば車中泊をしたのは、かつての愛車「MR2」で経験して以来のこと。まあ、お金がなさ過ぎたあの頃は、ミッドシップ車のため背もたれをリクライニングできない助手席の足元に座り、座面に突っ伏して寝るぐらいの荒業は普通にこなしてたんですよね。。 「明石海峡大橋」の朝 明石海峡大橋の朝です。さわやかではないです。どんよりしてます。 めったに行けない場所なのだから、もう少し良い天気であってほしかった。。せっかく最高の景色なのに。ちなみに、この橋を望めるスターバックスコーヒーの店舗もこんな感じ。 やっぱりどんよりです。良いロケーションなのに。後ろ向…

  • 【XC40で行く】淡路・瀬戸内・尾道周遊(2019年12月1日~12月4日)その②

    一度オーナーズレビューをはさみましたが、旅の話に戻ります。場面は浜名湖サービスエリアを出発して、SENSUSが仕事を放棄した新名神自動車道を抜け、初日の目的地である「淡路サービスエリア」に到着したところから。 淡路サービスエリア到着 最近、おしゃれというか、小綺麗なサービスエリアが増えましたね。到着は9時頃でしたが、煌々と灯った明かりと清潔感のある施設のおかげで、人影がまばらでもかつて感じた不安感はありません。 そして、このサービスエリアから見える景色がこちら。 ずいぶん前から来たいと思っていてようやく来ることができた、「明石海峡大橋」です。 下に、照明色が変わるところの写真をもう一枚。夜間か…

  • 【悲報】SENSUS、パイロットアシスト動作中に仕事を放棄する

    今回は、前回記事の最後にお伝えした通り、浜名湖サービスエリアから淡路サービスエリアへ向かう途中に発生した、「トラブル」について書きます。その内容は、記事タイトルのとおり、SENSUS(注:ナビゲーションやネットワーク接続を可能にするボルボのインテリジェントテクノロジー)がパイロットアシスト動作中に仕事を放棄したこと。冷静に対処はできたものの、高速走行中だったので一瞬ヒヤリとしました。 発生状況 まず、トラブルが発生した時の状況ですが、2019年3月に開通した新名神高速道路を走行中、突然SENSUSがシャットダウン、再起動しました。回数は立て続けに2回。わずか数キロを走る間に起きた、想定外の出来…

  • 淡路・瀬戸内・尾道周遊(2019年12月1日~12月4日)その①

    12月の初めという中途半端な時期に、1週間のお休みをもらいました。会社の「永年勤続休暇」というやつですが、せっかくなのでXC40のオーナーになって初めての車旅へ出ることに。 というわけで、今回から「淡路・瀬戸内・尾道」を周遊した話について書いていきます。日程は3泊4日。気ままな一人旅ですので、ルートをざっくり決めて、あとはその時その時で行きたいところを考えながら。おかげで、大きなミスもあったんですけどね。。 東京~浜名湖サービスエリア さて、出発です。今回の出発地点は、いつもの自宅と違って新橋日比谷通り沿いにあるヴェローチェの前。店内に入り、好きな「アイスルイボスミントティー」を飲んでから、午…

  • もう春になりますが、、、タイヤチェーンの話です

    もうそろそろ春になりますが。来年なると忘れてしまいそうなので、今のうちに書いておこうと思います。タイヤチェーンの話。 実際、この冬に検討を始めるまでは、タイヤチェーンの選択でここまで悩むとは思いませんでした。最初に結論を書いてしまうと、選択肢がものすごく少ないんですよね、この車の場合。その理由については、まずは以下の写真をご覧ください。 235/50R19。これが、「T5 AWD Rデザイン」に装着されているタイヤのサイズです。もちろんT4でもサイズは変わらないのですが、これがなかなか微妙なサイズで。。非金属チェーンはほとんど発売されておらず、唯一発売されていたのがこちら。 Yeti (イエテ…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その⑧ー番外編)

    えー、、番外編を書くことにしました。最初に走行ルート紹介をしておきながら、走った道についてはほんのちょっとしか触れていなかったので。とはいっても、箱根ターンパイクと伊豆スカイラインについて、印象に残ったことを少々書くぐらいですけど。 箱根ターンパイク ネーミングライツにより名称が変わると記事が陳腐化してしまう。。ということで通り名で書いてきました箱根ターンパイク。走ったのは上り方向でしたが、適度なRが続く走りやすくて気持ちが良い道路です。もちろん、過去にRX-7で走ったこともあるのですが、目線が高い分視界が開けていてとても爽快。これまで書いてきた通り、XC40はこの手のコーナーを苦にする車では…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その⑦ーまとめ)

    【伊豆半島でXC40の走行性能を試す】まとめです。ポイントとするのは、「XC40 T5 AWD Rデザイン」がスポーツ走行に向いているかどうか。あくまで個人的な感想にはなるんですけどね。よろしかったらご一読のほどを。 スポーツ走行をするのに十分なポテンシャル ここまでの記事をご覧いただいた方には繰り返しの話となりますが、 Rデザインはエンジン、ブレーキ、サスペンションのいずれもがスポーツ走行をするのに十分なポテンシャルを有しています。 もちろん、直進状態でわずかに走行ラインを横に移動しようとステアリングを振った時、応答に若干の遅れが出るなど気になる点はありますが、それにしても車高の高いSUVで…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その⑥ーパドルシフト後編)

    パドルシフトについて、の後編です。書いていくのは、前回書いた「使いずらい」と思ったもう一つの理由。これも、パドルシフトそのものの問題ではなく、これを利用するうえでの周辺機器の問題になるのですが。。具体的な内容については以下をどうぞ。 問題点その②-いま何速かわからない 多くの方がご存じの通り、XC40は8速ATを搭載しています。信頼のアイシンAW製。普通に走っている分には変速ショックをほとんど感じることもなく、快適な走りに大きく貢献してくれています。 ただ、この多段AT、体感でいま何速に入っているか良くわからないんですよね。。4速ATだったRX-7は、エンジン音やトルクのかかり具合ではっきりわ…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その⑤ーパドルシフト前編)

    前回記事の最後に、「使いづらい」と書いたパドルシフト。XC40でもRデザインにしか設定がない装備なのに、どうしてもう少し煮詰めなかったのか。。でも、その根本的な原因は、パドルシフトそのもの以外の部分にありました。 問題点その①-消えるパドルシフト これはまあ、書いた通りの内容になりますが。今回走行性能を試した伊豆スカイラインを走っている時、パドルシフトが消えてかなりビビりました。 原因は、XC40の最小旋回半径が5.8メートルと大きいこと。ステアリングの持ち替えが発生するんですよね、伊豆スカイラインぐらいR(半径)が小さなコーナーが連続するコースだと。で、持ち替えてしまうと、ステアリングについ…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その④ーブレーキ編)

    とかく、ブレーキダストが多いことに触れられがちな欧州車。もちろん、少ないに越したことはないけれど、肝心なのは、ブレーキとしての機能をきちんと果たしているかどうか。そして、フィーリングが良好であるかどうか。 その結果は、当初想定していたよりはるかに満足度が高いものでした。 車重を意識させないストッピングパワー 車重約1.7tのXC40。前車のRX-7に比べて3割以上重いこの車、乗り始めたころ一番心配していたのは制動距離が大幅に伸びることでした。 しかし、実際に乗り始めてみればそういった心配は皆無。急な割込みなどでフルブレーキを踏まされる機会も何度か経験しましたが、すぐに最大制動力が立ち上がり速や…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その③ーサスペンション後編)

    サスペンション編、後半です。今回は「XC40 AWD Rデザイン」の弱点と思われる部分について書いていきます。試乗時点では、弱点なんてあるの?なんて思ったサスペンションですが、実際オーナーになって走行距離を重ねていくうちに、気になる点が見えてきて。まあ、ほんの些細な部分なんですけどね。。 距離の長い中高速コーナーが苦手 これは単にサスペンションの問題というより、どちらかと言えばSUV車のパッケージングの問題。腰高で四輪駆動でフロントヘビーで。。この手の車は例外なく「Gがかかり続ける距離の長い中高速コーナー」を苦手とします。 具体的な場所を上げれば、高速道路のインターチェンジがそれに該当。特に途…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その②ーサスペンション前編)

    今回は、前回お知らせしたとおり、サスペンションについて書いていきます。生粋のスポーツカーであるRX-7から乗り換えるにあたり、不安を感じていたこの部分。試乗レベルでは好感触であったものの、オーナーになって走りこんでいくうちに色々不満が出てきたらどうしよう。。しかしその結果は、全くの杞憂に終わりました。 安定性と乗り心地を高次元で両立したサスペンション 冒頭に書いた通り、サスペンションについては試乗した時にかなりの好印象を持っていました。路面状況が正確に伝わる、ギャップから受けた衝撃が一発で収束する、低速で直角に曲げる時に車体が水平を保ち揺らがない、などなど。ただ、この感想はあくまで試乗での感想…

  • 伊豆半島でXC40の走行性能を試す(その①ーエンジン編)

    購入記が考えていた以上に長くなってしまい、オーナーズレビューがほったらかしになっていました。これから旅行記事の合間にちょこちょこ書いていきますので、よろしくお願いします。 で、今回ですが、 「XC40の走行性能を試す」ということで、伊豆半島を走りに行きました。実際に行ったのはもうけっこう前になりますが、道路幅が狭くコーナーも多かった伊豆半島。RX-7で走るには最適な道でしたが「XC40 T5 AWD Rデザイン」で走った結果はどのような印象だったのか。複数回に分けてお届けしますので、ご覧ください。 走行ルート まずは走行ルートの説明です。ざっくり書くと、 都内(自宅) ⇒ 国道1号線 ⇒ 箱根…

  • 【購入契約】グレード変更と納車までの出来事

    長かった購入記も、今回で最終回となります。書いていくのは、前回の記事で触れたグレード変更のことと、納車までの出来事。納車までが長期間だったためにあったことですが、普通の納期ではまず起きないだろう、ということもありました。 ぎりぎり間に合ったグレード変更 エンジンの違いから「T4 AWD Rデザイン」より「T5 AWD Rデザイン」が良い、と思ってしまったのは、前回の記事で書いた通りですが。現実には発注してから既にかなりの時間が経っており、グレードの変更はかなり厳しい状況です。にも関わらず、試乗をお願いしたディーラーを出ると、万に一つの可能性にかけて契約したディーラーへすぐさま電話。何とかグレー…

  • 【購入契約】T4モメンタム試乗(後編)

    「T4モメンタム」試乗の続きです。前回はエンジントルクの違いについて書きましたが、今回はサスペンションの違いについて書きたいと思います。SUVだし、最初はあまり乗り味にこだわるつもりはなかった、、はずなのだけど、実際に乗ってみるとそこには見過ごせないほどの大きな違いがありました。 サスペンションの種類による乗り味の違い まず最初に「T4モメンタム」と「T5 AWD Rデザイン」のサスペンションの違いを書いておくと、「T4モメンタム」が標準仕様サスペンション、「T5 AWD Rデザイン」がRデザイン専用スポーツサスペンションになります。 で、実際に乗ってみての感想ですが、静止状態から動き出すまで…

  • 【購入契約】T4モメンタム試乗(前編)

    「T4 AWD Rデザイン」を注文してしばらくのこと。ある日、XC40の試乗記事を探している時にたまたま、「T4モメンタム」の試乗ができるディーラーを見つけました。 以前の記事にも書きましたが、契約前に試乗できたのは「T5 AWD Rデザイン」。なので、迷うことなくネットですぐに訪問日時を予約。気になってたんですよね、本当に担当営業の方が言うように、普通に乗る分には違いが判らないのか。 で、予約当日にそのディーラーさんにお伺いして、早速試乗。しかし、その結果はあまりに予想と違いすぎていて…。 あまりに違いすぎたフィーリング 最初にあらためて、この感想が個人の感想であることをお断りしておきたいと…

  • 【購入契約】購入を大きく後押しした2020年モデルで採用された先進安全装備

    先進安全装備がてんこ盛りのXC40。今回は、その中でも購入を大きく後押しした、2020年モデルで採用された装備について書こうと思います。その装備は、従来から設定されていた「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」に追加された「ステアリングアシスト機能」。これ、あるのとないのでは、本当に大違いなんですよね。 SUV車に設定がなかった先進安全機能 2020年モデルからBLISに追加された、ステアリングアシスト機能。これ、実は先進安全装備の中で一番重視していた、欲しかった機能なんですよね。なのに、購入当時はSUVで設定されている車がなく。。この機能がないばっかりに、一時は購入を…

  • 【購入契約】どうして組み合わせたの ?謎のオプション設定

    今回は、前回お知らせした通り、どうしてそれを組み合わせたの?と思ったオプション設定のお話です。おかげで欲しくない装備まで付ける羽目になってしまった。。長く乗ることになるからリセールは関係ないし、そもそも使う機会あるのかな、この装備。。 謎のオプション設定 ― その名も「コンビニエンスパッケージ」 では、まずはそのオプション設定の内容説明から。名称はずばり「コンビニエンスパッケージ」。2020年モデルから設定された、「パワーテールゲート」「ステアリングヒーター」「リアシートヒーター」の3つの装備が組み合わされたメーカーオプションです。 ……。 もう一度言います。なぜそれを組み合わせた?ヒーター類…

  • 【購入契約】内外装色はベターな選択

    今回購入を決めた「ボルボXC40」には、内外装ともに豊富な色の種類・組み合わせが用意されています。しかし、最終的に選択した色の組み合わせは、決して満足できるものとは言えず。グレードに関わらず、自由に色を組み合わせられるようにしてほしかった。。 少なかった内装色の選択肢 購入対象グレードを「Rデザイン」に決定したのが前回のこと。さて、それでは次に内装色を…と思ったのだけど、選択肢がない。。う~ん、どこの国でもスポーツグレードと言えば、内装色は黒一辺倒になってしまうのか。。 実は今回、内装色はなるべく明るい色にしたいと思っていました。何しろこれまで乗ってきた車といえば 、MR-2(SW20)、RX…

  • 【購入契約】けっこう悩んだグレードの決定

    ようやく、「ボルボXC40」の契約に漕ぎつけました。そして今回は、その時にけっこう悩んだグレード決定についての話です。悩みのもととなったのは、サスペンション、エンジン、そしてパドルシフトの有無の違い。その内容はいったいどのようなものなのか、以下に書いていきます。 サスペンションの決定 XC40には「Rデザイン」というグレードに採用されるRデザイン専用スポーツサスペンションと、それ以外のグレードに採用される標準サスペンションの2種類があります。試乗記事を読むと、ほとんどの記事でいずれも高評価を得ていますが、ごく一部の記事では標準サスペンションはイマイチ、といった評価がされていて。 もうスポーツ走…

  • 【購入契約】念願の駐車場当選 ― そして契約へ

    前回、ボルボディーラーを訪問して、その入りやすい雰囲気と、「XC40」の出来の良さにすっかり購入へと気持ちが傾いてしまったブログ主。しかし、現実には「駐車場問題」が大きく目の前に立ちはだかっていて。やはり購入するのは「フォルクスワーゲン アルテオン」になってしまうのか。。そんなある日、状況は一気に変化しました。 3度目の挑戦でようやく駐車場を確保 ある日、いつもの通り仕事を終えて自宅へ戻り、マンションエントランスの郵便ポストを開けた時のこと。目に入ったのは郵便物の一番上にある、「当選」の赤い文字が書かれた一枚の紙。 おお。。2018年の5月以来、空きが出るたびにトライしてきた抽選にようやく当選…

  • 【購入契約】XC40の実車を見にボルボディーラーを訪問

    紆余曲折を経て、ようやく次期愛車のターゲットを「フォルクスワーゲン アルテオン」と「ボルボXC40」に絞り込みました。なので、ここでは先に「フォルクスワーゲン アルテオン」のディーラー訪問の模様をご紹介…というのはちょっと蛇足が過ぎるので、今回からXC40の購入契約から納車に至るまでの経緯をお届けします。結構、色々なことがあったんですよね。。 初めてのボルボディーラー訪問 初めてボルボのディーラーを訪問したのは、2月の初旬。年が明けて「ボルボXC40」の存在を知ってから、1か月も経たない時期のことでした。他の候補車についてはそれなりに訪問まで時間を置いたことを考えると、すごく気になっていたこと…

  • 【愛車決定】ボルボXC40を選択した理由(エンジン・走行性能編)

    ボルボXC40を選択した理由、最終回。今回はエンジン・走行性能編です。 今回、XC40に乗り換えるまで、稀代のスポーツカー「RX-7」に20年近く乗り続けていたブログ主。この先スポーツ走行をするつもりはないものの、エンジンや走行性能がなまくらだったらきっと不満が出る。なので、XC40という車を知ってからは、ある意味これを一番重視したかも。。その内容については、以下をご覧ください。 エンジン 252PS/35.8kgf・m。これがXC40「T5」の数値です。天井知らずで数値が上がり続ける昨今、「特に強大」とまでは言えないものの、しばらく前までは一線級のスポーツカーなどに搭載されていたエンジンが絞…

  • 【愛車決定】ボルボXC40を選択した理由(装備・パッケージ編)

    ボルボXC40を選択した理由、装備・パッケージ編です。装備については、主に先進安全装備や運転支援装置、パッケージについては「ドライバーである自分が使いやすいか」に着目して選択しました。結論を先に書くと、いずれも満足度が極めて高く。その具体的な内容については、以下をご覧ください。 装備 装備については、上に書いた通り先進安全装備と運転支援装置にこだわりました。まあ、昨今は軽自動車であってもそれ以外の装備はほとんどついているので、他にこだわるところもあまりないのですが。 で、先進安全装備なのですが、さすがはボルボ。「ランオフロード・ミティゲーション」や「インターセクション・サポート」など、他のメー…

  • 【愛車決定】ボルボXC40を選択した理由(エクステリア・インテリア編)

    真剣に検討した5台の車を押しのけ、ついに愛車が「ボルボXC40」に決定しました。 長かった検討期間のわりには、車を知ってから契約するまではわずか1か月半とあっという間。決める時というのはこんなものなんですね。。逆に言うと、それまで検討していた車には、 自分だけが求める「何か」が足りなかったということか。。 この記事では、自分が感じたそんな「ボルボXC40」の魅力を書いていきたい思います。なお、実際に車に乗っての感想は、別途「オーナーズレビュー」の方に書いていきますのでそちらをご覧下さい。 エクステリア まず、一番インパクトがあったのが、塊感のあるエクステリアです。Cセグメントなのにこの存在感。…

  • オーナーズレビューを実施する上での評価基準

    オーナーズレビューを書いていくうえで、最初に評価の基準を明らかにしておきたいと思います。このブログをどの程度の方が参考にされるかはわかりませんが、どちらかといえば所有している人が少ないボルボ。普段の使い勝手などについて詳しく書かれたブログも多くはないため、購入を考えている人の判断を左右しないとも限らない。。 基本的にはすごく良く出来た車だと思うので、まずそれが大前提です。ただ、レビューにはブログ主のこれまでの経験や考えが大きく反映されるため、その辺りのことを事前にお伝えしたいなと。その分を割り引いて、記事を読んでいただければ幸いです。 ドライビングインプレッション まず最初に、これが一般的な評…

カテゴリー一覧
商用