searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
神鳴り2 https://blog.goo.ne.jp/kaminaribiko2

「神鳴り」「かみなり」の続編です。日々の出来事や日々に思ったことをほぼ毎日書いています。

biko
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/10/22

1件〜100件

  • 私を見た者は者は神を見たのである

    という記事を読ませていただいた。この記事を読ませてもらって、私のことを言っているのかと思った。私は、ブロ友さんに言われた通り、重い十字架を背負って生まれたようである。小学校に上がるまで病気ばかりしていたし、おねしょもしていた。今から考えると心臓が悪かったためかと思われるが、その頃は単に身体の弱い子だとしか思われていなかった。ただ、家族、親戚からは、たいそう大事にされた。それは幸運なことだったと思う。が、中学2年のときに聞き取りにくい科目があったりしたから、母に言うと、すぐに耳鼻科に連れて行ってくれた。その結果、難聴ということが判明した。中学3年のときは親戚のおじさんが教授をしていた岡山大学の医学部の附属病院で本格的な検査をしてもらった。その結果、感音性の難聴ということが判明して「今後難聴が進むことはあっても治る...私を見た者は者は神を見たのである

  • 田村正和さん亡くなる

    え、嘘!と言いたくなるけれど、本当のようだ。田村正和さん亡くなるついに私達団塊の世代の兄貴分まで亡くなるようになったのかと感慨深い。77歳なんて、まだまだ若いと思うけれども、こうして私達団塊の世代もこれから亡くなる人が増えてくるのだろう。田村正和さんはミスター·ダンディと言っていいくらいダンディの塊の人であられた。それは老年に近づいても変わらなかったと言えるかもしれない。そして、たぶんそのダンディのまま亡くなられたのだろう。その意味では幸せな亡くなり方をされたと言えるかもしれない。★最期までダンディ貫き男優の田村正和心臓麻痺で★何しても田村正和さう言はれ田村正和七十七で田村正和さん亡くなる

  • 日本での新型コロナウイルス死亡の実態

    フォロワーさんから貴重な情報をいただきましたのでご紹介させていただきます。日本での新型コロナウイルス死亡の実態私は一応緊急自粛要請発令中の兵庫県在住者ですので、家に籠っておりますが、ご紹介くださったのが免疫を研究してこられた方なので、上記のユーチューブも信頼できると思っています。が、今はそういうことを口にすると袋叩きに遭いそうな風潮ですので、私は大人しくしています。本当は、私は、この自粛要請による様々な業種の経営悪化のほうを心配するのですが、今は、それを言うことすら憚られる風潮です。それなのに、オリンピックは強行するとは、政治家の皆さんは何を考えていられるのでしょう。オリンピックのようなお祭りより、今は国民の生活を守るほうが大切ではありませんか?★政治家は自粛要請出しながら飲食してゐるニュース流れる★デパートも...日本での新型コロナウイルス死亡の実態

  • 精神薬の怖さ

    確かに世の中には精神薬の必要な人がいるかもしれない。が、そうでもないのに、簡単に処方する精神科医がいることも、また事実である。それは私が体験したから言えることである。私は難聴のせいもあって、しばしば鬱状態になる。常にそういう状態にあるから人とのトラブルにも弱い。普通の人なら、心許せる友人に話して忘れられるようなことでも、自分の中で反芻してしまうから結構深刻な鬱になる。数年前、ネット上で行き違いがあり、私は夜も眠れなくなった。それで、その頃よく「心の風邪は、今はいいお薬ができているから早めに治しましょう」という標語に引かれて精神科医にかかってしまった。その女医さんはいきなり強い精神薬を処方した。それが強い精神薬ということは後で自分で調べてわかったことで、その時点では医師を完全に信頼していた。ところが、7ヶ月くらい...精神薬の怖さ

  • 台湾のパイナップル&小アジ南蛮漬け

    最近スーパーなどで台湾のパイナップルを見かける。お値段はフィリッピンのパイナップルの約二倍だ。私は普段はあまりパイナップルは買わない。なぜかというと、食べられる部分を取り出すと大量のゴミが出て、食べる部分が少ないからだ。が、ほかの方のブログを読ませていただくと、この台湾のパイナップルは甘くて芯まで食べられると書かれてあった。それで、昨日は初めて買ってみた。それを今朝切り分けてみた。うん、甘い!芯まで美味しく食べられる。これならゴミもたくさん出ないし、また買うかな。なぜ台湾のパイナップルが日本に出回っているかというと、現在、中国が台湾からの農産物の輸入をストップしているから?それで日本で応援することになったとか?そんな事情なら、なおさら台湾のパイナップルを食べなければ!台湾は親日国である。現在は中国に組み入れられ...台湾のパイナップル&小アジ南蛮漬け

  • お花ありがとう

    枯らさないように大事に育てます。ダッチェス·オブ·エジンバラ★娘から届きし花はダッチェスオブエジンバラといふ名らしかり★純白のこころでゐよといふごとくダッチェスオブエジンバラの純白★母の日に毎年とどく鉢植えの花は花好きわが娘から★鉢植えであるゆゑ花が終はりても手入れをすれば翌年も咲く★手入れせば翌年も咲くはずの花手入れおこたり翌年咲かず★母の日にもらひしもので生き残る紫陽花、ポトス手入れ簡単お花ありがとう

  • 過去の五輪は夢だったけれども

    今の五輪は疫病神かもしれないと思う。というのが、オリンピックを誘致してから良いことがない。まずオリンピックエンブレム問題が起こって味噌がついた。その後も利権が絡んでオリンピック予算は膨張して、いったい誰のための五輪かと国民は疑問に思うようになった。私が昨日疑義を呈した聖火リレーも取りやめると莫大な違約金を払わないといけないから止められないと?それでは本末転倒ではないか。(怒)国民がうんざりしているところへ、コロナ禍が襲ってきた。もう踏んだり蹴ったりだ。何一ついいことがない。ここでオリンピックを中止しないと変異している疫病コロナはさらなる害をこの国に与えるだろう。私は、もうオリンピックそのものも止めてしまったらいいとまで思う。今は、そんなお祭りをわざわざしなくても各スポーツごとに世界大会がある。利権にまみれた汚い...過去の五輪は夢だったけれども

  • 兵庫県が公道での聖火リレーを中止!

    誰のためのオリンピックなのでしょう。もちろん、オリンピックを楽しみにしている人たちがいることも知っています。兵庫県が公道での聖火リレー中止へ(共同通信)https://news.yahoo.co.jp/articles/99eed16a5834bc725533bfe3ace32f8c0ea764efしかし、観客のいない聖火リレーをして、誰が楽しめるのでしょう。国民は、それどころじゃないと思います。少なくとも、私はそうです。聖火リレーはオリンピックを盛り上げるためにするものです。それを観客なしでして、どんな意味があるというのでしょう。それより、現在、世界中は未曾有の混乱の中にいます。コロナパンデミックが終息しそうにないからです。どれだけたくさんの人たちが経済的苦境の中にいることです。昨日、私は郵便局に行き、帰途、...兵庫県が公道での聖火リレーを中止!

  • コロナ陽性一名で市が封鎖されるというベトナム

    ベトナム在住の方のブログ記事をご紹介させていただきます。Kenさん、勝手にごめんなさい。その3コロナ1名が陽性でもLongKhanh市はミニ封鎖いかに過ごすか思案橋#goobloghttps://blog.goo.ne.jp/ken-uobe/e/6b6a36c86ea0b54d0ebde0d45983a1b4コロナ陽性者一名で市が封鎖されるとは厳しいですね。別の記事には、マスクをしていなかったら、日本円に換算して約1万円の罰金と書かれてあります。これも厳しいてすね。が、この方は日本で免疫学の研究をされていた方で、「日本人を始めとしてモンゴロイド種は感染しても風邪」という認識でいらっしゃいます。そうであればいいのですが…。本当に毎日自粛自粛で鬱陶しいですから。コロナに罹らなくてもコロナ自粛のために病気になりそう...コロナ陽性一名で市が封鎖されるというベトナム

  • コロナ禍でお見舞いにいけないまま夫の従姉亡くなる&私のいとこ達

    昨日の朝、夫の従姉の娘さんから一昨日午後八時頃、夫の従姉さんが亡くなったと電話があった。私は嫁いできて婚家が針のむしろだったころ、この夫の従姉のお母さん(義父のお姉さん)には随分よくしてもらった。この夫の従姉さんにも。それで、ここ数年は、お礼の気持ちを込めて、帰省のたびに、帰省しない時はネットで注文して土佐小夏を送らせてもらっていた。この夫の従姉さんは息子さんが関東在住であるから大阪在住の娘さんに引き取られて世話されていた。一度お見舞いに行く約束をしていたが、コロナが流行りだして行く機会を逸していた。そこへ昨朝の電話である。「時節柄お葬式は身内だけでします」という連絡に「そうですか」としか言えなかった。夫の従姉さんは昭和七年生まれであった。今の時代、長生きとも言えない年齢かもしれないが、最後まで認知症にもならな...コロナ禍でお見舞いにいけないまま夫の従姉亡くなる&私のいとこ達

  • 冬道麻子第五歌集『梅花藻』

    私の敬愛する歌人、冬道麻子さんから第五歌集『梅花藻』が届いた。一口に第五と言っても、冬道さんの場合は筋ジストロフィーという難病で寝たきりで上梓されるのだから、その重みは言葉では言い尽くせない。現在、七十歳の冬道さんには恐らく最後の歌集になることであろう。そういうことも含めて、今回の歌集は、わがわが短歌結社「塔」を挙げての上梓になったようだ。選も、第四歌集『五官の束』を上梓されてから書き溜めた千首以上の歌から池本一郎氏、永田和宏氏、花山多佳子氏と選者の長たる方々にしていただいたと後書きに書かれてある。冬道さんが筋ジストロフィーの病に気づかれたのは9歳頃らしい。その後、16歳で難病ということが判明するまで冬道さんは誰にも言わず耐えていられたらしい。21歳で筋ジストロフィーという診断がくだされる。このときの本人はもと...冬道麻子第五歌集『梅花藻』

  • やはり、ただの風邪だったようです

    昨日一日37度を超えていましたから、内心ひょっとするとコロナ?と心配しました。が、今朝は36度台になって身体も楽になったから、やはり単なる風邪だったようです。しかし、今の時期、少し熱が出ると心配してしまいますね。ここしばらくは、お出かけと言っても夫の運転する車で近辺の宝塚市や能勢町に行ったくらいでしたから、感染するはずはないと思いながらもコロナ蔓延の兵庫県、大阪府ですから。能勢町のような鄙びたところでもクラスターが起こったと聞きますから、今は日本全国安全なところはありませんね。やはり家に籠もっているのが一番でしょうか。しかし買い物には行かなければ日常生活には支障をきたします。感染すれば、やはり、いろいろ言われるでしょうから、ほんと生き難い世になりました。一方では、そんなに簡単に感染することはないという意見もあり...やはり、ただの風邪だったようです

  • 風邪を引きかけた

    早寝の私は早朝に昨日買って湯がいてあった筍で三通りの料理を作りました。そこまではよかったのでしたが、その後、朝食を終えると急に寒気がして布団をかぶって横になりました。手足が異常に冷たくなっていました。思い当たることと言えば、昨日の夕方、近くのスーパーに行くときに風が非常に寒く感じられたことです。それで、夕飯の支度をしてソファに横になると、そのまま眠ってしまったのでした。夜中に空腹で目覚めて食事をしてから本寝入りしました。朝はいつも通り早く目覚めたので、筍料理をしたのでしたが、身体の節々が痛くてたまりませんでした。だけでなく異常に寒いのでお風呂を沸かして入りました。お風呂から出ても手足が寒いから、背中にカイロを貼り、足は足温器に入れました。それでも寒いから、ワインに蜂蜜を入れて温めて飲んだら、少し人心地つけました...風邪を引きかけた

  • 新名神宝塚北S.A~西谷農協~能勢町

    今日は、また好物の筍を買いに宝塚市の西谷農協に向かった。が、時間が早すぎて、まだ開店していなかった。さてどこで時間を潰そうかということになり、車なら比較的近くである新名神、宝塚北S.Aに行くことにした。このサービスエリアは下道からも入れることを確認済みだ。宝塚大劇場の建物を真似た建物に入る。人気のS.Aだから早朝にも関わらず結構な人出だ。焼き立てのパンも売っていたが、場所柄、少し高めだから見るだけにした。西谷夢農協の開店時刻の午前10時か近づいたから、ふたたび西谷農協に。こじんまりしたお店だが、朝掘りの新鮮な筍が買えるからお気に入りの農協店舗だ。すでに大勢の人が来ていた。先日、フォロワーさんが葉付き玉ねぎで酢味噌和えを作っていたから、買って作ることにした。筍も、たくさん出ていた。買い物を済ませたあと、また能勢町...新名神宝塚北S.A~西谷農協~能勢町

  • 木下昌輝著『絵金闇を塗る』

    また買ってしまった。直木賞候補作家、木下昌輝著『絵金、闇を塗る』絵金というのは幕末の土佐の絵師である。ジョン万次郎に日本語を教えた画家、河田小龍に影響を与えた絵師であるらしい。ジョン万次郎というのは、元々は宇佐の漁師で、嵐で舟が難破して鳥島で生き延びていたところをアメリカの捕鯨船に助けられて、のち帰国を果たした人物である。少年のときにアメリカに渡って英語が母国語になっていたから帰国してから小龍に日本語を学びながら小龍には英語を教えていたと記憶する。まあ、そういう経緯で、ジョン万次郎に影響を与えた画家に影響を与えた絵師が絵金ということになる。絵金は元々は高知県の赤岡町という町の生れだが、絵師をしていた頃は私の実家の近くで住んでいたという話を聞いたとがあるから、この本を買った。この絵金のことを知りたいというより、幕...木下昌輝著『絵金闇を塗る』

  • 大雨の連休初日

    家に籠もっている予定だったが、夫がまた能勢町に一緒に行かないかと誘うから筍好きの私は道の駅「栗の郷」で筍を買うために付いて行った。が、筍は一本もなかった。夫が昨日はたくさん売られていたというから、能勢町経営?のスーパー「能勢ボックス」にも行ってみた。が、やっぱりなかった。考えてみたら、大雨の今日、朝掘りの筍があるはずがない。それに気づいたから、筍は諦めて、「能勢ボックス」で焼き立ての食パンを買った。500円だったが、これがなかなか美味しかった。前回は写さなかった夫の仕事部屋の一部を撮影した。夫はここで大学時代の友人たちと常温核融合の実験をしているらしい。能勢町は大雨だったから、山に藤の花が咲いていたが、綺麗に写るとは思えなかったから写さなかった。お天気がよければ、もっときれいな景色が撮影できたと思いますが、お粗...大雨の連休初日

  • 顔の見えるマスクの必要性

    新型コロナが流行るようになって、私達難聴者の困っていることの一つが相手の顔の表情、とりわけ口の形が見えなくなったことだ。それに対応する「顔が見えるマスク」が発売後すぐに完売したそうだ。いかに困っている人が多いかということだ。世の中の人達が当たり前に顔の見えるマスクを装着するようになってほしいと切望する。即完売の「顔が見えるマスク」、なぜ必要なの?(オルタナ)#Yahooニュースhttps://news.yahoo.co.jp/articles/1394b49c390c3489f60a2530312a67d406e4012a★人の口、人の表情援用し会話してゐる難聴者われ★マスクして口が見えねば聞き取りの悪きわれには会話は難(かた)し★マスクして口元見せぬコロナ禍の世となり聞こえぬわれらに厳し★透明のマスクはできて...顔の見えるマスクの必要性

  • 『転落の歴史に何を見るか』

    題名に惹かれて買った。現在の日本の状況を考えてみるためと、自分自身の今の状況を考えてみるために。もともとはフォロワーさんの記事に出ていた書名である。が、なぜか読み流せず買ったという次第である。四度目の緊急事態宣言が発令された。が、私自身はそれほど緊急とは感じていないが、今しばらくは家に籠もってきたほうが無難と判断してのことだ。もともと鬱勝ちの私は家に籠もっていると深刻な鬱になってしまうが、車の運転もできないから出掛けられない。感染していない私が動いても問題はないと内心思っているが、昨日も、わたしの行動を非難するコメントが入った。いわゆるコロナ警察だ。フォロワーさんの中にはウイルスの研究をしていた人がいて、日本では死者も少ないから、それほど大騒ぎすることでもないとコメントくださったが…。とにかくこの昨年から続く自...『転落の歴史に何を見るか』

  • 結婚について

    私達夫婦はお見合い結婚をした。私達兄妹もだったが、父方の従姉妹は全員お見合い結婚だった。私の場合は、結婚は親の気に入る人としないといけないと思いこんでいたからという理由からだった。それがよいことであったか否かは、そのときはわからなかったし、今もわかっていない。が、私の子どもたちは全員恋愛結婚をした。幸い三人とも素晴らしい人と巡り会えて三人とも一応幸せな結婚生活を送っている。第一子の長女のときは少し反対したかもしれない。その頃の私は、まだ恋愛結婚よりお見合い結婚のほうが安心できると思っているふしがあったから。が、長女は押し切った。結果的には、それでよかった。申し分ない人柄のお婿さんだったから。長男、次男のときは、二人のお嫁さんとも、わが息子達には過ぎた人達だったから反対する理由が見つからなかった。今でも、よくお嫁...結婚について

  • 昨日は能勢町に行っていました

    が、夫と一緒だったから、ほとんど写真は写しませんでした。人と一緒だと待たせたりしにくいから、写しにくいですよね。途中寄った川西市の苺ハウスだけ記念に写しましたが、苺も、時期的に終わりで、あまり生っていませんでした。その後、宝塚市の西谷農協で野菜を買ってから能勢町の夫の作業部屋に行きました。これが昨日の主な目的でした。この作業部屋は、能勢町に建ててある我が家の物置小屋の地下駐車場を作業部屋にしてあるのです。最近夫は大学時代の友人と一緒に週に何回かここに来て趣味的な作業(ロケット?)をしているようです。昨日は一緒に行く友人がいなくて夫が一人で行くのは寂しいから私も一緒に行こうと誘うので、私も行ったというわけでした。この作業部屋も写せばよかったと後で思いましたが、昨日は写すのが面倒だったから写しませんでした。能勢町は...昨日は能勢町に行っていました

  • いま読んでいる本&今日返す本

    さるブログで坪田譲治賞を受賞したという佐川光晴『おれのおばさん』という小説を知って買った。これがなかなか面白くて、ついでに同じ佐川光晴氏の『牛を屠る』も注文した。こちらは読むのが怖くなるような屠殺現場のお話だが、実際に体験した小説家の書いたものだから、決してグロい内容ではない。むしろ爽やかといってもいいくらいだ。で、両方を並行して読んでいるが、今日返却予定の石井妙子の『女帝小池百合子』にも少し触れておこうと思う。この石井妙子の小説は歌友であり、かつブロ友でもある黒幕子さんの記事で知ったが、同じ石井妙子の書いた『おそめ』を図書館で借りてきて読むと、読み応えがあり面白かったから、この『女帝小池百合子』も予約をしておいた。それで順番が回ってきて借りてきたのだったが、確かによく取材されていて面白くはあるが、その感想を書...いま読んでいる本&今日返す本

  • 大森静佳さん、NHK短歌初登場

    日曜日は私の所属する短歌結社のスター的存在の大森静佳さんが初めてNHKのEテレの短歌の講師として登場した。私は、朝その番組を見てから京都の結社誌の校正会場に向かったが、その会場ではリアル大森さんが校正の取りまとめ役をされていた。私は早く行ったせいで、どこでも座る席を選べたから大森さんの後ろに座った。普段は永田淳さんが座られることが多い席だと思う。案の定、後から来た永田淳さんは座ろうとしていた席に私が座っていたから一瞬「オヤ」という顔をされた、というふうに私には見えた。なぜ大森さんの後ろに座らせてもらったかというと、校正して訂正するとき、朱を入れる前に一度確認してもらったほうがいいからだ。そんなとき側に座らせてもらっていたほうが私が楽なのである。私もお年寄りだから、そのくらいの勝手は許してもらえるだろう。淳さんは...大森静佳さん、NHK短歌初登場

  • 東京に行ってきました

    昨日校正が終わってから、そのまま帰宅するのがもったいなくて?、京都駅まで行き夜行バスを調べると空席があったから乗って東京まで行きました。東京に行ったのは思いつきのようでいてそうでもありませんでした。孫の入学した学校を一度見たいと思っていたのでしたが、最近のパンデミックに恐れをなして実行することができずにいたのでした。が、どうしても見ておきたい気持ちには勝てず見てきたという次第です。朝早かったから人気(ひとけ)がありませんでしたが、それでも朝早く来られる先生をお二人程をお見かけました。道路を隔てたバス停の横にこういう説明文がありました。道路から線路を見下ろしました。せっかく来たのだから丁寧に見せてもらおうと学校の西側も歩きました。北側はグランドでしたが、東側は公園になっているようで、公園も上がって見せてもらいまし...東京に行ってきました

  • 今日は京都に行っていました

    昼間は暖かくなると思って上衣を着ずに行って風邪を引きそうになりました。短歌の結社誌の校正のためでしたが、寒かったから建物の中からの撮影のみです。向こうに森のように見えているのが御所です。北側のの公園のピンクと白の花水木が綺麗でした。校正が終わって帰途は四条烏丸まで寺町通りを歩いて帰りました。途中、本能寺があったから撮影。もう一枚。短いけれど、今日はこれで終わりです。★上衣着ず出掛けて風邪をひきさうになりし四月の半ばの京都★春彼岸伊予松山で暑かりし日より四月の今日は寒かり★この春もコロナ籠もりの日々なれど人に会ふことこんなに愉し今日は京都に行っていました

  • 昨日は49回目の結婚記念日でした

    が、夫は全く忘れていて、夕食のとき言うと「ああ、そうだったな」と他人事のように?私は朝から夫がいつ思い出すかと見ていましたが、案の定、私が言うまで思い出しませんでした。最近の夫は自分の楽しみ優先ですから。一昨日まで大阪府能勢町でロボットを上げると毎日朝からお弁当持ちで出かけていましたし、昨日は朝からテニスでした。家では黙々とご飯を食べて、お風呂に入ったら、あとはバタンキューと寝てしまいます。まあ単なる同居人というわけですね。この調子だと来年の金婚式も忘れているでしょうね。もう私のことは空気より薄い存在?まあ元々夫は何かに熱中すると周りがみえなくなるタイプですが…。小学校のときも、ただの忘れ物ではなく、何度もランドセルを背負わないで登校したといいます。夫は小学生のときから私立小学校に電車通学でしたから、先生も取り...昨日は49回目の結婚記念日でした

  • 今日は検診日でしたが、病院は物々しくなってきていて

    朝食抜きで朝一番に行きましたが、病院の様子が物々しくなっていました。これまでも緊急事態宣言とかあって私もテレフォン診断とかもしていただいてきましたが、やはり血液検査も必須ということで行きましたが、前回よりずっと緊急事態対応の様相を呈していました。受付の人も前はマスクだけでしたが、今回はゴーグルをつけて、その上にフェイスガードまでされていました。また奥の方では、ひょっとして感染した人を運んでこられたのかなという感じで白衣の男性が数人立っていたりして…。実際、大阪府に隣接した川西市も、蔓延防止の対象地域に組み入れられましたし…。もう通院は恐怖です。で、診察の結果は「もっと運動して痩せてください」でした。ええ、わかってはいるんですけど、家事だけで疲れてしまう私は、運動まではなかなかなのです。それじゃ食べることをセーブ...今日は検診日でしたが、病院は物々しくなってきていて

  • 『駅へ』松村正直歌集

    注文してあった松村さんの一番最初の歌集の復刻版『駅へ』が届いた。この松村さん最初の歌集はなかなか手に入らないからプレミアムがついていたと聞いたことがある。そのくらい松村正直さんの人気が高くなったということだろう。私はこの『駅へ』を買っていなかった。何故かというと、当時は松村さんの歌を「塔」誌その他でかなり熱心に読みこんでいたから、改めて歌集を買う必要性を感じなかったから。だから、復刻版も、たぶんほとんど読んだことのある歌ばかりが収められているとは思ったが、大分年月が経ってしまったから、今一度読み直してみようという気がおこったから買うことにした。それとの本を身近に置くことで「塔」を退会した松村さんが今でも身近に感じられるとも思ったから。この歌集は松村正直さんのお兄さんの松村正治さんの興した野兎(やと)社からの販売...『駅へ』松村正直歌集

  • わたしはあなたの期待にこたえるために生きているのではない

    鬱勝ちの私は最近また鬱に陥っている。そんな中、前記事でご紹介したピエルナさんに昨日こういう言葉も教えていただいた。これも私自身のために転載させていただく。これを転載させていただいたら、また少しブログをお休みするかもしれません。と言いながら、すぐまた書くかもしれませんが…。「わたしはわたしの人生を生き、あなたはあなたの人生を生きる。わたしはあなたの期待にこたえるために生きているのではないし、あなたもわたしの期待にこたえるために生きているのではない。私は私。あなたはあなた。もし縁があって、私たちが互いに出会えるならそれは素晴らしいことだ。しかし出会えないのであれば、それも仕方のないことだ」(原文)Idomything,andyoudoyourthing.Iamnotinthisworldtoliveuptoyour...わたしはあなたの期待にこたえるために生きているのではない

  • 年を取って人の世話にならなければならなくなることを恐れている人へ

    私は年取って人の世話になることを想像すると生きているのが怖くなります。そうでなくても難聴の私は常に人に気を使いながら生きていかないといけないという宿命を負っていますから。しかし今日、ブロ友さんであるピエリナさんから教えていただいた言葉は私の心を軽くしてくれました。自分の備忘のために転載させていただきますので、私以外でも人の世話になることを恐れておられる方は参考になさってください。___________________最上のわざヘルマン・ホイヴェルス神父この世の最上のわざは何?楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、失望しそうな時に希望し、従順に、平静に、おのれの十字架をになう。若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見ても、ねたまず、人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、弱って、...年を取って人の世話にならなければならなくなることを恐れている人へ

  • 松村正直さん&大森静佳さん

    昨日、昨年の、松村正直さんが昨年テレビの講師に初めて出演されたときの拙記事がGooblogから送られてきたので、自分のために再掲しておきます。今年度は第三日曜日に大森静佳さんが講師としてご出演されると思いますので、短歌のお好きな方は、18日(日)は、ぜひNHK短歌をご覧くださいますよう。大森静佳さんは、京都大学ご出身の美人歌人さんでいらっしゃいます。ご主人も歌人さんで、かつ精神科医でもあられる土岐友浩さんでいらっしゃいます。松村正直さんNHK「短歌」初出演短歌に関心のない人には面白くもない記事です。今朝は、私の所属する短歌結社「塔」の編集長である松村正直さんが出演されました。松村さんは、私が「塔」に入会する2年前くらい......>続きを読む松村正直さん&大森静佳さん

  • 五目寿司&高知のパワースポット

    私の郷里の土佐では五目寿司と呼ぶが関西ではちらし寿司と呼ばれるようだが、お寿司好きの私はよくこの五目寿司を作る。今日の昼も作った。高知では人の集まりのあるときは、どこの家でも作っていたように記憶する。だから好きになったのか、それとも私の嗜好が元々そうだったのかはわからないが、とにかく今でも五目寿司は大好きだ。年とともに故郷の恋しさは増してきて、先日はネットでこういう本を買った。読みやすい本だから届いた日に読み上げたが、懐かしい地名がてんこ盛りだ。今度帰省したときに行ってみようと思いながら読ませてもらった。と言っても、帰省して一泊や二泊では行き尽くせない。母が生きていれば、いくらでも滞在できた高知だったが、実家の主が甥になってからは長逗留することは不可能だ。いや母の生きていた頃も母の晩年はホテルばかりに泊まってい...五目寿司&高知のパワースポット

  • ロールキャベツ

    今日の昼はロールキャベツにしました。春キャベツを買ったのですが、外側の捨てる葉を使ってやろうと作りました。私はキャベツの葉一枚でも無駄にはしたくありません。捨てずに使えばゴミも減らせますし…。というより貧乏性なのかな?喧嘩している夫には、お盆で2階に運びます。パンは2階で自分で焼いてもらいましょう。飲み物も自分でコーヒーか紅茶を入れて飲むようにしてもらいましょう。私も一日中夫のために奉仕するのは嫌です。★こんなにも尽くしてゐるのに尽くされてゐると気づかぬ人は嫌いだ★ご近所の娘さんには自転車のパンクも直してきてやる夫★わたくしが頼めば自分で行けといふわたしは彼女よりも年寄り★テニスには行く時間ある人なのに妻のわたしの送迎はなし★雨の日も暑い日差しの日も一人病院に行く妻は送らず★息子らのやうにたまには料理してと頼め...ロールキャベツ

  • 鯖寿司

    一昨日スーパーで少し大きめの鯖を買った。鯖は二枚におろして、塩をして、骨のついたほうは昨日の夕食にした。骨のないほうの片面は昆布を貼り付けて酢につけておいた。生寿司だ。これを今朝すし飯に載せて鯖寿司にした。私は高知生れのせいかお寿司が大好きだ。だからお寿司にできるものは何でもお寿司にしてしまう。一昨日はまた筍を買ったので、この筍の一部も使って、また五目寿司の具も作っておいた。ご飯さえあれば、いつでも五目寿司が作れるようにと。春は他の季節よりお寿司が美味しく思えるのは私だけだろうか?★鯖二匹買ひて二枚におろしたり骨付き片身は塩焼きにする★骨のなき片身は酢につけ生寿司にす生寿司の鯖は鯖寿司にす★寿司好きなわれは一年中寿司を食ひてをりたし巻き寿司鯖寿司★帰省して嬉々として買ふ田舎寿司こんにやく筍昆布巻き寿司を★正月も...鯖寿司

  • 川西市には渓の彼岸桜群生地がある  

    市の広報に今年の渓の開放日は3月26日から4月7日までとあったから混み合う土日を避けて今日行った。昼間は暑いから午後三時ごろ行ったが、私以外に数人が来ているだけだった。ここが渓の入り口である。この場所にはボランティアの方が詰めておられて、この杖を貸してくださった。この地図もくださった。が、花はもう終わったようで咲いていない。が、せっかく来たのだからと渓を降りて行った。イチリンソウが咲いていた。すみれの花も。ミツバツツジも。が、目的にしてきた彼岸桜はさっぱりだった。★こんなにも寂しくお花見したことは初めてのこと谷間の花よ★雲も出て夕べ寂しき桜木の花なき木々の中を中を歩きて★あるはずの花のあらざる山道の暗きを一人くだりてわれは★死ぬほうが幸せなのかと思ひつつ暗くなりゆく山を下りぬ★聴こえないことは人との距離となり聴...川西市には渓の彼岸桜群生地がある

  • 落花盛ん

    今春は四国に二週間続けで旅をして、もう桜は見納めたと思っていたが、葉書を出す用があったから、自宅近くの桜を見納めてきた。まず我が家の氏神様である小戸(おおべ)神社の参道。途中で折れ曲がって猪名川に行く途中にある家の桜は毎年見事だ。が、落花盛んで、私が通りかかったときはこの家にお住まいと思しき人が箒で落ちた花びらを掃いていた。そのまま猪名川に行くと、ここの桜も花吹雪であった。散る桜を惜しんで歩いている人も多かった。途中まで来て振り返って撮影。見返りの桜だ。★また春は逝きて私の孫たちは一つ学年すすめて四月★停滞をする孫もゐてこの春は逝かせて来たる春には花を★祖母われは孫を応援する心のみを差し出し何もできざる★花散ればいよよ始まる来年に向けた勉強負けるな孫よ★ひとなみにこの一年(ひととせ)を頑張れば必ず人並み以上にな...落花盛ん

  • ご近所の空き家に今年も桜の花が

    この家の一人暮らしの女性主が亡くなって何年になっただろう。空き家になってしまった家に今年も例年通り桜の花が咲いた。我が家からは見えないが、今までは裏の溝から回って見せてもらっていた。が、今年は裏の工務店が撤去されて更地になったから、裏に回って見せていただけた。夏の暑い時期に水やりする主は亡くなられたのに、こうして毎年咲くのは凄いと思う。せめて毎年見せていただくことしか私にはできないのだけれども、今年も咲いてくれて「ありがとう」と言いたい。★主なき家の桜は諦めることなく咲けり綺麗に咲けり★花は咲く八十歳で亡くなりし人の空き家に花は咲くなり★見られても見られなくても自らのために咲く花いのちの限りご近所の空き家に今年も桜の花が

  • え、大阪が感染者数日本一ですって!😲

    え、本当?なぜ?【速報】大阪で新たに432人の感染を確認東京を上回り全国最多1月24日以来の400人超|関西のニュース|ニュース|関西テレビ放送カンテレ大阪府で30日、新たに432人の新型コロナウイルス感染が確認されました。東京都の364人を上回り、全国最多となります。大阪府で1日に確認される感染者数が400人を超えるのは、421人だった1月24日以来です。前週の火曜日(23日)に確認された感染者数は183人で、2倍以上の増加となりました。また30日、大阪府内で感染者4人の死亡が確認されました。陽性率や重症病床使用率は、このあと発表される予定です。【速報】大阪で新たに432人の感染を確認東京を上回り全国最多1月24日以来の400人超|関西のニュース|ニュース|関西テレビ放送カンテレ私の住む川西市は、ほとんど大阪...え、大阪が感染者数日本一ですって!😲

  • 昨日は高速バスに積み残されて

    どうしようかと思った。吉野川サービスエリアのトイレ休憩で、トイレに入ったあと、道中食べるお菓子を見繕った。何種類ものお菓子を買って、すぐにバスに戻ればよかったが、雨が小降りになっていたから、前日写さなかった別の桜を撮影した。そしてバスに戻ろうとすると、乗ってきたバスがいない。😱吉野川パーキングエリアは小さいパーキングエリアだから探せないということはありえない。乗客を積み残すなんて!😡町中ならいいが、こんな山の中に置いていかれたら姥捨山だ。タクシーなど当然走っていない。荷物をバスに残したままだから、どんなことがあっても追いつかないといけない。どうしよう。私は電話もできないし。😰すると、近くのバンに親子連れが乗っているのが見えた。ダメ元で頼んでみることにした。これが非...昨日は高速バスに積み残されて

  • 雨の松山城~神戸

    朝一番に松山城に登城しようと思っていたが、雨が本降りなので止めて娘一家の泊まっている部屋でお話をすることに。ホテルにお願いしてあったから、私の向かいの部屋であった。その部屋からは松山城がよく見えたが、雨であるから写真は鮮明でない。真下は松山城の堀である。桜も咲いているが、満開の桜には無残の雨である。私は朝の高速バスで神戸まで行くから、適当なところで切り上げて自室に戻った。バスは10時50分発の切符を買ってあったから10時に退去する。雨の中を駅まで歩いて、お土産に名産のタルトとかじゃこ天を買う。バスの中で食べる昼食のお弁当も。私はお寿司が好きだから、お寿司ばっかり。笑帰途、神戸の次男の家に寄る予定をしているから、お土産はその時渡す予定。定刻通りバスは発車。車中から松山城のお堀を写した。白鳥を写したつもりだったが、...雨の松山城~神戸

  • 午前9時5分神戸三ノ宮バスターミナル発~愛媛県松山市へ

    やっと出発です。ここまでで、もう疲れています。なにしろ、朝というより、昨夜の11時から起きていますから。何をしていたかって?いつも通り皆さんのブログを読ませていただいた後、道中のお弁当を作ったり、お風呂に入ったりしていました。午前7時に家を出ました。早すぎたかと思いましたが、三宮でバスに乗ることはあまりないので、思ったより時間がかかってちょうどでした。発車してすぐの神戸市内です。淡路島を通過中です。お天気が良いから海が綺麗に見えます。四国に渡って最初の吉野川パーキングエリアです。今年はじめてこんなに間近な桜を見るかもしれません。先週の高知の実家のお墓参りでは、車窓からは見ましたが、降りてゆっくり見ることはありませんでしたから。美濃田の淵を見に行きます。バスに戻ります。乗ってきたバスです。ここで一度送信して、後は...午前9時5分神戸三ノ宮バスターミナル発~愛媛県松山市へ

  • 石井妙子著『女帝 小池百合子』~明日は松山へ

    大分まえに予約してあった『女帝小池真理子』の順番がやっと回ってきて、昨日図書館で借りてきた。この本は歌友でもありブロ友でもある黒幕子さんのお薦め本である。が、買わずに図書館の順番を待って読ませてもらうことにした。待っている間に同じ作家、石井妙子の『おそめ』を読んだ。なかなか面白かった。さすがに黒幕子さんが推薦されるだけあると思った。この『女帝小池百合子』も、きっと期待を裏切らないだろうと思う。また感想を書くかもわからないが、書かないかもしれない。読み上げられないかもしれないから。最近は時間が足りない。疲れやすくなって、夜もすぐに睡魔が訪れる。話は変わりますが、私は先週の旅の疲れも完全には取れていませんが、明日は愛媛県の松山に行く予定です。明日、娘一家が高知の母の墓参りに行ってくれて、夜は松山で泊まるというので孫...石井妙子著『女帝小池百合子』~明日は松山へ

  • 文芸香美香南

    三日前の記事には帰省して亡母の実家に寄ったことを書いた。この亡母の実家には亡母の弟の奥さんが90歳になりながらも健在で、毎年暮れには高知のお菓子とともに、この冊子を送ってきてくれていた。が、昨年暮れは送ってきてくれなかったから、ひょっとして身体を悪くされてているのではないかと心配していた。それで、今回の帰省で寄ってみた。おばさんは、さすがに足は弱っていられるようではあったが、頭は今もしっかりされていた。そして、今も俳句を続けていると、この冊子をくださったのだった。聞くと、老人会の副会長もしているそう。90歳になっても、そういうことができることは素晴らしいと思った。いただいてきた冊子の香美、香南というのは、高知市の東部にある香美市と香南(こうなん)市のことである。地方の文芸誌だが、これがなかなか充実していて、短歌...文芸香美香南

  • 新しい眼鏡

    先々週なくしたと思って新しく注文してあった眼鏡を、高知に墓参に帰る前に受け取りに行きました。が、失くしたと思った眼鏡がゴミ箱から出てきたから、新しい眼鏡は、そのまま家に置いて帰省していたのでした。墓参から帰宅しても、一昨日も昨日も、溜まった家事で多忙でしたから、今朝、やっと袋から取り出して見ました。私にすれば、かなりのお値段の眼鏡でしたが、見た目は普通の、ごく地味な眼鏡です。が、サングラスでもないのに、紫外線は遮断してくれるらしいし、華奢な見かけの割には壊れにくいのだそうです。が、何といっても、一番の長所は軽いということです。私くらいの年齢になると、何でも軽いということが一番の選択基準になります。カバン類もそうてす。物を入れる前から重量のあるものは困ります。カバンの中に入れる小物もそうです。とにかく短小軽量が選...新しい眼鏡

  • 「モネの庭」のチューリップは見られなかったけれど

    我が家のチューリップが咲いています。これは昨秋に初めて参加した町内会の行事で作った寄植えです。昨日作った五目寿司の具を使って、今日は五目寿司を作りました。私は皆さんのように綺麗に盛り付けできないから、料理は写さないようにしていますが、昨日の今日の経緯から写してアップしました。五目寿司には室戸で買った簀巻きも入れました。★お料理のアップを避けてゐるわけはあまり綺麗に写せないから★写すのが下手だけでなく盛り付けも下手なわたしの料理恥ずかし★参考にさせてもらふが間違ひもあらぬと見せていただくのみで「モネの庭」のチューリップは見られなかったけれど

  • 高知で野菜をたくさん買って帰ったから

    今日はそれらの料理で忙しかったです。たけのこは朝一番に湯がいてから土佐煮にしました。分葱も湯がいて酢味噌和えに。ついでに筍の穂先も酢味噌和えにしましたが、もう食べてしまったから写真はありません😅。絹さやも湯がいて、半分は冷凍、半分は明日五目寿司を作ろうと冷蔵庫に。椎茸は昼間干しておいたものを、買い置きの蒟蒻、人参と買ってきた筍と一緒に細かく刻んで五目寿司の具を作りました。明日は買ってきた高級卵で錦糸卵を作り、絹さやと買い置きの紅生姜で五目寿司を飾る予定です。★帰省して野菜買ふのは楽しみでそれらの料理するも楽しみ★たけのこは湯がいてのちに土佐煮にす鍋いつぱいのたけのこ土佐煮★大束の分葱は土佐の柚子酢にて酢味噌を作り酢味噌和えにす★買ひてこし椎茸陽に当て買ひおきの蒟蒻、人参ともに細かく★ふるさとの野...高知で野菜をたくさん買って帰ったから

  • 奈半利~室戸岬·最御崎寺~帰宅

    一昨日も昨日もスマホで記事を書きかけたまま眠ってしまい、気がつくと、書きかけた記事は消えてしまっていました。そのため皆さんのブログに訪問する時間がとれず、ポチもコメントもできずにいます。と言い訳はさておいて、話を昨日に戻します。昨日の朝も奈半利でおいしい朝食をいただきました。朝食後は北川村の「モネの庭」に行く予定でしたが、大雨だったため諦めて帰途につきました。が、お土産を買っていなかったから奈半利駅の産直市「いちじく」と室戸の「キラメッセ室戸」に寄りました。「いちじく」に寄ったときは春の嵐に海も荒れていましたので、奈半利の海の撮影に留めました。室戸の道の駅「キラメッセ室戸」。店内の様子です。その後、最御崎寺に行こうと室戸スカイラインを上がり、最御崎寺駐車場に車を停めました。駐車場前にあった大師像です。雨はほとん...奈半利~室戸岬·最御崎寺~帰宅

  • 南国市〜高知市〜奈半利

    朝、南国市のホテルで美味しいバイキングの朝食をいただいてから夫の実家のお墓参りに行きました。お墓には墓地の管理をしてくれている人も来ていて、墓地の使用権とかについて、いろいろ教えていただきました。その後、墓地に生えかけていた草を根こそぎ抜くため、夫は鍬で、私はスコップで奮闘しました。やっとこれくらいになったから、お花をお供えしました。雨がポロポロ降り出したから大急ぎで拝みました。その後、忘母の実家に行きました。亡母の実家には亡母の弟の奥さんがいて、私が行くと喜んでくれるから帰省したらなるべく行くようにしています。その後、高知市はりまや町の私の実家に行きました。亡兄の三男が入籍したと聞いたからお祝いをもって行ったのてす。雨は本降りになりましたから午前中にお墓参りしておいて良かったです。そのまま今夜の宿のある奈半利...南国市〜高知市〜奈半利

  • お墓参りの帰省

    今日は夫が午前中テニスをしたいというから、お昼の出発になった。私は午前中に卵焼きとかおむすびとかサンドイッチとか作って、夫が帰宅したらすぐに出発できるように準備した。宝塚インターから高速に乗り、後はノンストップで南国市まで来た。昼食は私の作ったものを食べながらであった。今日はお天気がよくて車内は暑いくらいだった。スマホで、ふだんは映さない道中の景色を撮った。まず明石大橋。走行中の車内から明石海峡を。淡路島を縦断して、鳴門大橋が見えてきました。鳴門大橋を渡っています。鳴門大橋から撮影した鳴門海峡。春の渦潮を見るための観潮船が行き交っていました。鳴門大橋を渡って四国に上陸しました。徳島県美馬を通過中です。向こうのほうに見える山は四国で二番目に高い剣山だと思います。南国インターで高速道路から降りました。明日、明後日は...お墓参りの帰省

  • 明日からお墓参りの帰省です

    夫の実家のお墓と私の実家のお墓似行く予定ですが、明後日から雨になるようですね。晴れ女のはずだったのに、最近は雨になることも多くなってきました。私の実家のお墓は兄嫁や甥が行ってくれますから、墓地もきれいですが、夫ほ実家のほうのお墓はわれわれ以外だれも行かないから、いつ行っても草ぼうぼうです。だから、行くと大変です。が、今頃の時期に草を抜いておかないと夏になったらジャングルになりますから、スコップ、軍手を持参で行きます。もう私達の手に負えなくなったら、誰かに頼まないといけません。今度の墓参はお墓の管理をしてくれている人にも会って来る予定ですから、そんなことも話し合ってこなければと思っています。お墓はこちらに持ってきてもいいのですが、そうするとますます故郷との縁が切れてしまいますから、このまま置いておこうと思います。...明日からお墓参りの帰省です

  • 生きているだけでも奇跡

    いま「美馬いやしの森」というブログの記事に改めて気付かされました。そうですね。私達は生きているだけで奇跡ですね。私はすぐに自分などのように障害のある人間は世の中のためにならないから生きていても無駄だと思いがちになるのですが、しかし、こんな私でも生きていることは奇跡なのですね。わかっていることなんだけれども、改めて言われてみると、また改めて気付かされます。そういう意味でも、ブログの存在、働きは大きいですね。私がこの記事を書くことによって、またどなたかが救われることがあればと思って私はこれを書いています。「美馬いやしの森」さん、ありがとうございました。★われがこの世に生まれしは奇跡とぞ気づかせくれし記事のありたり★気づきには気づく機会といふものがあれば気づく機こそが大切生きているだけでも奇跡

  • 阪急川西能勢口駅∼宝乃湯温泉

    昨日は朝一番に眼鏡屋さんに行き、土曜日に注文した眼鏡をサングラスに替えてもらおうと交渉した。なぜなら、前記事に書いた通り、なくなったと思った眼鏡が出てきたからだ。が、眼鏡屋の答えはノーであった。土曜日に注文を受けたメーカーは、もう作業に入っているからと。「え、出来上がるのは早くて金曜日なのに?」と言っても、取り合ってくれなかった。それで諦めて、1年ぶりに宝塚市の宝乃湯温泉に行こうと思った。昨年二月頃だったか、今までは買ったことがなかったのに、そのとき初めて温泉の回数券を買った。が、そのすぐ後にコロナのパンデミックが起こって温泉も閉鎖になってしまった。私も感染が怖いので、ずっと行ってなかったが、カバンに入れっぱなしにしている回数券が縒れてきた。回数券は紙でできているから、破れてしまったら使えなくなってしまう。そう...阪急川西能勢口駅∼宝乃湯温泉

  • メガネ見つかりました!

    今日がゴミの日だったから、食堂の私の座る椅子の横においてあるゴミ箱のゴミを出そうと中を確かめるとありました〜。私は食堂で読み書きしますから、このゴミ箱は主に紙類のみを捨てる用だから、ゴミ出しは週に一度くらいしかしません。木曜日のゴミ出しのときは、食堂の大きなゴミ箱のゴミを出しましたが、これは念入りに確かめて出しました。それでなかったから、金曜日の朝イチに眼鏡屋さんに駆け込んで新しい眼鏡を注文したのでした。新しいメガネは今週の金曜日に出来上がる予定ですが、ダメ元でサングラスにしてもらえないか相談してきます。だって、同じようなメガネは二つもいらないですから。それにしても四万円も、もったいなかった!でも、ものは考えようで、出てこなかったことを考えれば、出てきただけでも儲けものです。ああ、それにしても、私も耄碌したもの...メガネ見つかりました!

  • メガネが見当たらなくなった

    四、五日前からメガネが忽然と見当たらなくなった。その眼鏡は2年半ほど前に新調したものだ。そのとき、外出用とパソコン用と2つ作った。パソコン用はそれほど高いものを作らなかったが、外出用はちょっと張り込んだ。その外出用が見えなくなった。外では外すことはないから、家の中にあると思うが、ここ2、3日必死に探していたが見つからないから、ついに諦めて、昨日は眼鏡屋さんに出向いた。失くしたメガネは出てくると思うから安い眼鏡でいいと思ったが、眼鏡屋さんは安いものは薦めない。で、結局、四万円くらいのものを注文してきた。出来上がるのに一週間くらいかかるそう。最近、こういうことが、多い。夜も眠くなると寝落ちという感じで眠ってしまう。特に何もしていないのに夕食を終えると、どっと疲れが出る。病院で肝臓の数値がかなり悪いと言われているから...メガネが見当たらなくなった

  • 武漢発生説は本当?

    昨年コロナが流行りだした頃から盛んに言われていた武漢発生説。ひょっとしてと思いながらも、まさかという気持ちのほうが強かった。しかし今日目にしたこのニュースを読むと、やはり本当だったのかと思わざるを得ない。もし本当なら、死んだ人達の賠償はどうなるだろう。オリンピックの開催が延期になって多しな被害を受けた東京、及び日本に対する補償はどうなる?などと思うが、かの国がまっとうに責任を取ることなど、まずない。しかし、このニュースを読むと武漢研究所のVirus研究には、アメリカも加わっていたような書かれ方だが、もしそれが本当だったら、どういうことになる?ネットにはフェイクニュースが多いことは確かだが、yahooのニュースなのだから、まったくフェイクというわけはないと思うが…。★ちまたでは言はれてをりし武漢説あながちフェイク...武漢発生説は本当?

  • 勇気とは困難な中での気高さである ヘミングウェイ

    ブロ友さんの記事に書かれてあって良い言葉だと思ったから、タイトルにして記憶しようと思いました。言葉ひとつで生きる勇気が湧くときがありますね。昨日の東北大震災10年目を節目に、東北の皆さんに良きことが雪崩のごとく現れますように!願わくば、私にも…。勇気とは困難な中での気高さであるヘミングウェイ★勇気とは困難の中の気高さといふ言葉知り気高かかからむと★トルストイ教へてくれしこの言葉座右の銘にせむこれからは★necesitoさん教へてくれてありがたう困難なとき思ひだします★被災せし羽生結弦の言葉よし頑張りますと頑張る人は勇気とは困難な中での気高さであるヘミングウェイ

  • いかなる差別も差別はよくない

    今日は言わずと知れた東日本大震災の起こった日です。10年たったと言われても、ほんのこの間のように思えるのは私が年取ったからでしょうね。ところで、昨日私は障害者のことを書いて差別問題にも触れました。差別問題と言えば、この東日本大震災でも起こりましたね。震災の被害者の方々が他県に避難されたときに、他県の方々から放射能に関する差別発言がなされたことが問題になりました。それを聞いたとき、私は信じられませんでした。大震災の被害者の方々は被害を受けられただけで、何の悪いことをしたわけでもありません。むしろ現代のわれわれの奢り高ぶった生き様に対する神様の怒りを東北の方々が代表して受けてくださったとも考えられるのです。そう考えれば、被害を受けなかった他県の人間は東北の人達に感謝こそすれ、差別などもってのほかということがわかると...いかなる差別も差別はよくない

  • 障害について

    玲子さんという方から私の「福原愛さんのこと」の記事にコメントいただきました。それで、コメント返しさせていただきましたが、これはコメント欄だけでは済ませられない問題だと思いましたから、新たに記事にします。玲子さんからいただいたコメント初めまして(玲子)2021-03-1011:42:14最近、訪問するようになった者です。kaminaribiko2さんは難聴であられるとか。お姑さんのご心配は、bikoさんの難聴よりも、お孫さんが難聴で生まれてくるのでは、という恐れではなかったのでしょうか。>やはり耐え難い人種偏見があったことなどが公にされかけていますね。「優生」思想じゃないですけど、身体(遺伝)のことも、家柄(出自)のことも、上位にもっていきたい、人間の古くからの願望?私からのコメント返しUnknown(kamin...障害について

  • 福原愛さんのこと

    ずいぶん叩かれていますね。私は彼女が卓球少女と言われていた頃からのファンです。だって可愛かったから。が、今、その少女だった人が不倫をしたとか、していないとか。不倫の話題より私が驚いたのは、愛ちゃんが離婚したいと言っていることです。あんなに幸せそうな結婚式だったのに?彼女の言い分によれば、お相手のモラハラが原因とか。そしてマスコミが伝えるところによると、親戚関係が大変だったとか。特に姑さんと小姑さんが…。詳しいことはわからないのですが、結婚というものは、相手とだけではないのですね。相手プラスその親族とも結婚するということです。愛ちゃんが嫁いだ台湾南部にはまだ封建的な家族関係が残っているらしいですね。それは大変だったことでしょう。嫁、姑、さらに小姑との関係は、古くて新しい問題です。日本も、最近は、ずいぶん合理的にな...福原愛さんのこと

  • 最近の腕時計の安いこと!

    私はよく腕時計を無くす。どこででも外すからだ。が、最近は驚くほど安い時計がネットで買える。この二つの時計は最近買ったものである。上が450円、下が550円であった。嘘のように安かったが、十分使用に耐える。たぶん中国製だろう。中国製は、以前は「安かろう、悪かろう」であった。が、最近は「安くても良い」になりつつある。すぐに無くしてしまう私のような人間には、腕時計は、こんな安物でも十分である。もちろん日本製を買って日本製品の応援をするべきとは思っている。が、実際問題として、それほど裕福でない我が家の経済状態から、つい安い中国製品を買ってしまう。先進国になってしまって人件費のかかる日本では、中国のような廉価な製品が作れないという事情は理解できる。が、それでも何とかしないと、最近の「安いけれども、そこそこ優れている」中国...最近の腕時計の安いこと!

  • 『気がつけば終着駅』佐藤愛子

    図書館で借りてきて、昨日が返却日だった本である。が、例によって、まだ読み上げていなかったから、昨日は夫にドライブに誘われたが、一日引きこもって読んだ。今朝、図書館の開く前に返却ポストに入れてくる予定だが、せっかくだから触りの部分だけでも記しておく。最後のほうにある橋田壽賀子との対談が面白かった。佐藤私はね、朝目が覚めた時に、ああ今日はあれを書かなきゃとかね、今日は橋田さんとお話があるとか、仕事絡みのことがあると、ものすごく気分よく起きられるの。橋田そうかもしれませんね。仕事になるとシャンとしますものね、楽しみだから。私は締切がない人生を長いこと待ちわびていましたけど、やっぱり締切との縁は切れませんね。でもそれが元気のもとといわれると、そうかもしれない。佐藤結局、ふたりとも表現することが向いているのね。だからどれ...『気がつけば終着駅』佐藤愛子

  • 東北大震災記録歌集『3653日目』

    短歌結社「塔」東北部の会員の方達の東北大震災10年の記録である。毎年出していた冊子の総集編にもなる。インターネット歌会で申し込みの案内があったから、すぐに申し込んだ。それが一昨日届いた。これからゆっくり読ませていただくが、その記事をまたブログアップするかどうかは未定である。東北支部の歌会には何度かお邪魔させていただいたから、お顔を存じてあげている会員の方も多いから、楽しみというと語弊があるが、味わわせてもらおうと思っている。★東北の大震災後十年の記録3653日★この歌集梶原さい子といふ今年選者になられし人が編みたり★満を持し出版されしを喜びてすぐにメールで申し込みせり★申し込みすれば花山周子氏がメールくれたりすぐ送ります★本代の支払ひ先の口座名武山千鶴氏東京の人★この本の帯を書かれし俳人の高野ムツオ氏知らぬ人な...東北大震災記録歌集『3653日目』

  • 通院日の昨日は父の命日でした、

    母は亡くなってまだ3年ですから忘れることもないのですが、亡くなって40年以上になる父の命日は忘れることがあります。父は57歳で亡くなりましたから、亡くなったときは号泣しましたし、亡くなって数年は胸に大きな穴が空いたようでした。もっと優しくしてあげればよかったと、そればかり思いました。母が亡くなっても、そう思いましたが、母は92歳でしたから、十分生きたという思いもありました。私自身が70歳間近で、これ以上長生きされると私のほうが先に逝くかもしれないという懸念もありましたし。父は、もっともっと長生きしてほしかったです。当時、年子の子育てをしていた私を応援する目的だったと思いますが、頻繁に当時住んでいた神戸市須磨の狭い社宅に来て、まだ3歳にもなっていなかった娘を連れ出してくれました。下に一歳の長男がいて、当時はおむつ...通院日の昨日は父の命日でした、

  • SAYAさんへ

    前のblogの記事「日本人には美人が少ない」にコメントをいただきました。が、現在は、そちらのブログにコメント返しをすることができませんので、こちらにコメント返しをさせていただきます。こちらのブログに気づいてくださればいいのですが・・・。SAYAさんのコメント白人の世界に住んでいろんな国の女性を見て、きれいな女性がたくさんいることに驚いた。スタイルもいい。日本の女性は見た目では勝てない。美人と結婚するするのなら日本を出たほうがいい。SAYAさんへコメントありがとうございました。全く同感です。それでも、最近は国際結婚で白人の方と結婚されている日本女性も多いですね。こういう人達は、よほど秀でたものをお持ちなのだろうと思っています。または、白人女性より、東洋人の好きな白人男性が旦那様であるとか?最近知ったのですが、あの...SAYAさんへ

  • 不安定も悪いだけじゃない

    いつも書いているが、私は精神的に不安定である。それは欠点であると思っていたし、今も思っている。が、先程わたしのブログを読みにきてくださった方の記事に、不安定は必ずしも悪いだけでもないというふうなことが書かれてあった。自分のために、この方のブログ記事をリンクさせていただく。私以外の方でも、精神的に不安定になりやすい方の参考になれば幸いです。不安定とは、安定しないことバランスを失って今にも、崩れ動きそうな状態である精神的にも肉体的にも不安定な状態には、なりたくないできる限り、安定していたい…★安定を失ひやすきわたくしに悪くはないと教えるブログ★不安定安定するためあるといふブログ記事にぞ安らぎてゐる★不安定なるを不安に思ふとき不安は増えて鬱は深まる不安定も悪いだけじゃない

  • 昨日は明石の柿本神社に行き高砂の牡蠣専門店で昼食

    私は和歌三神の和歌山の玉津島神社にも、大阪の住吉大社にも行きましたが、後一神の柿本神社に行っていませんでした。それで近々電車で行くことを計画していたのでしたが、昨日夫がお天気がいいから、どこか行くかと言うから、柿本神社に行ってもらうことに。同じ阪神間だから、下道を走っても大して時間がかかるわけでもないのですが、カーナビが高速に乗るように勧めるから、そうしました。が、これが間違いで、どこか他所の柿本神社の案内をしてくれていたようで、変な道を走らされます。結局、私のスマホをカーナビにしてやっと到着することができました。思っていたより立派な神社でした。鳥居の右横にはこんな人形が。こちらは左横の人形です。石碑がたくさん遭って撮影しましたが、説明は後で調べて書くかもしれませんが、書かないかもしれません。本殿です。私は今年...昨日は明石の柿本神社に行き高砂の牡蠣専門店で昼食

  • 私はわがままな人かもしれないけれど&河野裕子さん

    私の父もこんなだったから、たぶん生まれつきの性質だと思います。生まれつきだから、直そうとしても直せないという面もあります。何のことかって?私が、しばしば鬱状態になってしまうことについてです。ブログを書いているときが一番元気かもしれません。それと歌を作っている時。その意味では、私にブログと短歌は必須です。短歌はブログがあるから、余計つくれるというところがあります。逆に短歌が、ブログの伴走者になっている面も。ということで、現在の私には両方必要だと思います。ネットの発達した時代に生きられてよかったと、しみじみ思います。そうそう、私の場合は、聴覚障害もネットに助けられています。ネットに繋がっていれば、バリアフリーで他の人と交流することができますから。★わがままであるかもしれずそれだけでないかもしれぬわたしであるよ★鬱が...私はわがままな人かもしれないけれど&河野裕子さん

  • おいしい食パン&新しい俎

    最近ブームになっているらしい美味しい食パンを食べてみたいと思っていた。夫に言うと近くの川西阪急で買ってきてくれた。見ると、東京在住のブロ友さんが紹介していたお店の食パンではないか。私にすれば、願ったり叶ったりである。さっそく切って、そのまま食べてみた。うん、さすがに話題になることはある。が、私は買わないと思う。毎日三度の食事作りをしている私には、もったいないと思えるから。三度三度つくる食事代はけっこうかかる。だから食パンにこんなに金額をかけられないというのが偽らざる気持ちだ。昨日はお天気がよかったから、まな板を洗って外に干した。すると干し方が悪かったのか、落ちて割れた。もう30年以上使っていたヒノキの俎であった。中が凹んできたのを夫にかんなをかけてもらって使っているのを、娘が哀れんで木曽に行ったときにお土産に木...おいしい食パン&新しい俎

  • にんじんのポタージュ

    昨年の記事ですが、お役立ちなので再掲しておきます。いま人参が安くて、ひと盛り買えば使いきれませんが、このポタージュだとたくさん使えます。私は昨年から何度も作りました。にんじんのポタージュ頭の中はコロナウイルスのことでいっぱいですが、現時点でうっかり書けば様々な問題を起こしそうなので、当面書かないようにしようと思います。で、今日は、またNHKの料理番組で勉強させても......>続きを読むにんじんのポタージュ

  • 苦しいときに苦しいと書くことは

    よくないことだろうか?私は人様のBlogを読ませていただくとき、苦しんでいることをありのままに書いている記事に好感を持つ。苦しかったけれど頑張ってきましたと書いてある記事よりも…。それは私が人以上に生きることに苦しんできたからだ。人によれば、私という人間ができていないから苦しむのだというかもしれない。が、苦しんできたのは事実だし、今も苦しんでいる。人は生きている限り苦しみがあると私は思っている。私は綺麗事だけを書くのは嫌いだ。苦しんでいればそのことを書いているBlogに好感を持つし、応援したくなる。私は聖人君子ではない。だから聖人君子の記事より苦しんでいる人の記事を読ませていただきたい。それが生きているということだから。★生きていゐる記事が読ませてもらひたく神様の書くやうな記事はも★欠点のあるが人間なればなれ仏...苦しいときに苦しいと書くことは

  • 今日は大阪の奥座敷、能勢へ

    能勢富士とも呼ばれている城山。大阪の北海道と言われるくらい寒い能勢にも梅が咲いていました。この後、宝塚の武田尾に行き12月に泊まった紅葉館を見て、10月の夫の誕生日に泊まった宝塚温泉、若水を見て帰ってきました。お天気がよくて、家の中にいるより暖かかったです。★春遅き能勢の里にも梅は咲きコロナの冬も終はらむとす★大阪府能勢より車はしらせて宝塚市の武田尾の谷★宝塚武田尾温泉見てしのち宝塚市の若水も見る★兵庫県川西市より大阪府能勢を回りて戻る川西★兵庫より奥にありける大阪府能勢町大阪奥座敷なり★十月の夫(つま)の誕生日に来たる若水温泉けふは眺めて★歳晩に泊まりし武田尾温泉も今日は眺めて泊まらず帰る★家居にも飽きてきたれる如月の緊急事態宣言よ★明後日は弥生あける日で雛人形は飾られゐたる★梅が咲き桃さき桜さく春は花がコロ...今日は大阪の奥座敷、能勢へ

  • 注文してあった本が二冊届く

    佐佐木幸綱さんの『万葉集のわれ』と青磁社刊の『牧水賞の歌人達シリーズ·栗木京子』である。あと同じ青磁社刊の『河野裕子』本も注文したから、ニ三日うちに届くと思う。春になって書きたくなったから、書く前に読んでおこうと思う本を注文した。なので、少しの間、Blogをお休みするかもしれないし、しないかもしれない。以前も、そんなことを書いて、あまり休まなかったから、当てにはならない。が、そうしなければならないとも思っている。私には残された時間があまりないから。★とりあへず注文したり幸綱氏の万葉集のわれの考察★牧水賞歌人の本も注文す河野裕子氏と栗木京子氏注文してあった本が二冊届く

  • お年寄りと向き合うときにお読みください

    ブロ友さんの記事で素晴らしい文章を紹介していただきました。この日本文はブロ友さんが原文の英語を翻訳をされたのだそうです。転記させていただくことを許していただけたから、自分の備忘のために転記させていただきます。お年寄りの介護をされていられる方も参考になさってください。記<老人の友人に対する至福(幸いな人)>(桐生聖フランシスコ修道院ブレビアン・ウォルシュ神父作)私のよろける足どりと、ふるえる手を、理解してくれる人は幸いです。私の耳は、人のいう言葉を聴きとるためには、大きな努力が必要であることをわかってくれる人は幸いです。私の目はうすくなり、私の行動はのろいということを善意のうちにわかってくれる人は幸いです。私がコーヒーをこぼしても、かわりない平静な顔をしてくれる人は幸いです。しばらく立ち止まって、明るくほほ笑みな...お年寄りと向き合うときにお読みください

  • 今日は京都でした

    短歌の結社誌の校正のため、約一ヶ月ぶりで出かけました。暖かかったせいか、人出が多かったです。五時までみっちり校正をして、帰りは四条烏丸まで歩きました。歩いた通りは東洞院通りでした。こんな地味な道。途中変わった感じのお店があったから撮影。東洞院通りが御池通と交わる交差点。京都市役所のある大通りです。この大通りを渡って尚も東洞院通りを歩いていると、こんな石碑が。こういうところが京都ですね。高倉院宮と書かれてあります。その横には明治天皇お腹が空いていたからラーメンでも食べようかと思いましたが、途中で売っていたカレーパンと巻き寿司を買いました。帰りの電車が空いていたら車内で食べようかと思いましたが、結局家まで持って帰りました。実はこの後、四条烏丸で阪急電車に乗らないといけなかったのに、四条を通り過ぎて五条まで歩いてしま...今日は京都でした

  • ウー・ウェンさんの肉まん

    Gooblogさんが知らせてきてくれる昨年の記事、「ウ・ウェンさんの肉まんを作りました」を今年も作ろうと思いますから、再掲しておこうと思います。本当はテレビ画面をアップすることは違反のようですけれども・・・。ウー·ウェンさんの肉まんを作りました最近またNHKの料理番組を録画しています。自分流にやっていると、どうしてもマンネリになるから。12日は「ウー・ウェンさんの肉まん」というのをやっていました。我が家は......>続きを読むウー・ウェンさんの肉まん

  • ネット=ブログの恩恵

    成功している人を見るのは眩しい。が、どんなに頑張ってもうまくいかない人もいる。私も、そんな一人かもしれない。が、今日、いつも読ませてもらっているブログの本日の記事に励まされた。昨日わたしは73歳になった。世間的に立派なおばあさんだ。が、自分ではちっともおばあさんとは思っていない。見た目は年相応かもしれないが、心は若い頃のままなのだ。それはなぜかというと、私は未だに下積みだからだ。成功した同年輩の人達は引退している。または指導者の立場を獲得して活躍している。が、私は未だに一兵卒なのである。だから気持ちが若くいられるのかもしれない。たぶん、このまま一生一兵卒のままだろう。でも、それでもいいではないかと、この記事は思わせてくれた。最近の私は毎日のようにあちこちのブログで教えられている。ネットにつながるようになった恩恵...ネット=ブログの恩恵

  • コメント返し

    私は心を動かされた記事や励まさせていただきたく思った記事にはコメントをさせていただく。悪意でコメントさせていただくことは皆無である。が、ときどきコメントをさしあげても無視されるときもある。これはどういうふうに受け止めたらいいのかと悩む。私のコメントが、私の意図に反してそのブロガーさんを傷つけることになったのかとか、私のブログを読んで私という人間に好感を持てなかったとか、あるいは私の書く記事がくだらないから、そんなくだらぬ記事を書く人の書くコメントとかは無視に値するとか。まあ、さまざまな理由が考えられるが、困るのは私の対応の仕方である。以後、コメントをしないという方法もあるが、しかし、記事が入ってくれば、つい読ませていただく。そして懲りずに、ついリアクションすることも…。なら、フォローを外させていただくのが一番よ...コメント返し

  • 違いを気にしない

    ブロ友さんの記事に[脳タイプ診断テスト]というのがあったから、試しにやってみました。これ↓違いを気にしないその結果、私は「論、論」タイプでした。真面目、几帳面、冷静、完璧主義、努力家なのだそうです。そうかなあ?これが当たっているのなら、あまり歌作りには向かない脳タイプ?けど、短歌は大好きなのでやめられない。★わたくしの脳のタイプは論、論であれば短歌に向かざる脳か★ひらめきや飛躍必要なる短歌われに向かぬか論、論タイプで★好きといふことと向くかは別ならむ向かぬにわれの費やしし日々★向かぬとふ結果が出てもやめられぬ短歌であればやめず続けむ話は変わりますが、今日は私の誕生日です。夫からの誕生日プレゼントは、この安楽椅子です。夫が自室でテレビを見るために買ったようですが、私が食堂でテレビを見るのに使っていたら、誕生日プレ...違いを気にしない

  • 癌で亡くなる4ヶ月前の手紙

    昨日の記事「『死の医学』への序章」の続きです。感想をというコメントをいただきましたが、いつ読み上げられるか不明ですから、パラパラと読んで、自分が記録しておきたいと感じた部分を転記しておきます。以下の文章は西村医師が50歳で亡くなる4ヶ月前に友人に出した手紙です。死を見つめる時に、地位や論文は、もうまるで何の足しにもなりません。皆屑籠ゆきです。自分の良心と、しっかり生きたいという自覚だけが、自らを残り少ないでしょうが、生きさせてくれる心棒の様な気がします。私はもうえらくなれないし、ならなくていいと思ったら、こんな楽なことはありません。本当に実感したこの二、三年です。人生、本当のことを言って、一回きりですが、あんまり背伸びしないで、心の充実というか、自らの生きることに対してのチャージ(充電)をすることの大切をつく...癌で亡くなる4ヶ月前の手紙

  • 「『死の医学』への序章」柳田邦男

    フォロワーさんの記事に書かれてあって、読みたくてたまらなくなって買った本が今日とどいた。この本は西川喜作という癌にかかった精神科医の2年7ヶ月にわたる闘病記をもとにして書かれたものであるらしい。著者の柳田邦男は民俗学者の柳田国男とは別人である。私は、このフォロワーさんの書くものを信頼しているから、この本も期待を裏切らないだろう。だいたい、最近の私は、他の人のブログ記事を読ませてもらって買う本が多い。コロナが蔓延するまでは、図書館にあるものは図書館で借りていたが、最近はネットで古書を買うことが多くなった。それは図書館の不特定多数の触った本を避けることと、なるべく私自身が図書館に出向かないためである。おかげで積ん読は溜まる一方である。が、お気に入りの本を手元におくことは私の道楽なので仕方ない。そのうち本をおくための...「『死の医学』への序章」柳田邦男

  • 七難八苦

    今日もフォロワーさんの昨日の記事に触発されて書く。この言葉は私も好きである。いや、好きにならなければならないと思っている。だから、昨年、短歌の結社誌にも、この言葉を入れた文章を投稿して掲載してもらったことがある。というのが、私自身、この言葉で自分を奮い立たせないと、とても短歌を続けていられないから。いや、短歌は好きだから続けられるが、結社にいにくいと言ったほうが当たっているかもしれない。あとから入会した若い人達にどんどん追い越されて、それだけでも耐え難いことなのに、その比較的最近はじめた若い人に、「発言するな」などと思わぬことを言われた日には、とても辛抱できるものではない。それで一旦は辞めていたのだが、しかし、結社に属さないで短歌を続けるのも、これはこれで厳しいものがあって、また戻った。昨年末に辞めた松村正直さ...七難八苦

  • 共学か別学か

    を考えさせる記事を読んだ。これは古くて新しい問題だと思う。私は、中学一年までは共学であったが、中学二年の引っ越しに伴って中高一貫女子校に編入した。編入した学校は女子だけだったから、ホッとした。というのが、当時の私は、男子が、あまり好きではなかったら。乱暴だし、汚いし、と思っていた。それと私はよく男子に虐められた。だから、男子のいない女子校に編入できたときはホッとしたのだった。特に嬉しかったのは音楽の時間であった。あの変声期の男子達のいない合唱のきれいだったこと!そういうわけで大いに女子校生活をエンジョイしていた。が、高校に成ると少し物足りなくも感じられるようになった。たまに兄の友人たちが訪ねてくると嬉しかった。が、変に意識しすぎて話もすることができなかった。これは私にとって良いことであったか、そうでなかったか、...共学か別学か

  • ネイルグレーター&家に籠もり続ける私

    というものが届きました。先日のニッパー爪切りと一緒に注文したのでしたが、届いたのは今日です。これは爪切りというよりもヤスリです。が、これからは、こういうもので爪のお手入れをしようかと注文してありました。取り出してみました。軽いから、お出かけのバッグに入れておこうと思います。私はよく外出先で爪が割れることがあるから重宝すると思います。★なにゆゑか若い頃からよく割れるわたしの爪はヤスリで研がむ★お出かけのバッグに入れておかむとすネイルグレーターといふ爪ヤスリ★年取れば安全期して手の爪も切るより削るやうにするかな★鬱々と家(うち)に籠れるコロナ禍の日々を細かく書き記すわれ★梅咲いた桜咲いたといふブログ写真で花見してゐるわれは★岡本の梅を観たしと思ひつつ億劫になり今日も屋内★コロナなどどこ吹く風と梅は咲き逃げる二月は追...ネイルグレーター&家に籠もり続ける私

  • 離被架(りひか)

    皆さんは離被架(りひか)という医療道具をご存知だろうか。私は使用はしたことがあったが、名称は知らなかった。が、昨日、フォロワーさんの記事で知ることができた。Blog活動をしていなかったら永遠に知ることのなかった名称だと思うとBlogをやっていてよかったと思える。この離被架を私がいつ使用したかということであるが、それは今を遡ること14年、2007年のことであった。夏から月に一度くらい猛烈な腹痛を起こしていたが、かかりつけ医に診てもらっても便秘でしょうと。が、10月末の腹痛は、もう我慢できないものであった。が、また便秘でしょうと言われるのが嫌さに我慢した。金曜日の夜のことであった。翌土曜日はさすがにこれはと思ったから、かかりつけ医にいかなければと思ったが、折悪しく午後となり、休診に。日曜日は一日死にそうな痛みをこら...離被架(りひか)

  • 家に籠もっていると嫌なことばかり思い出してしまう

    ということはないだろうか?私は、ただでさえそういう性向があるから、それが顕著になる。しかし行くところもない。習い事に行っても聞こえないことは大きなハンディになってしまうことが多い。で、籠もっていると、過去の嫌なことを繰り返し巻き返し思い出してしまう。母が生きていた頃は母に聞いてもらうことが多かった。が、聞いたところで母もどうしようもなかったと思うから、親不孝してしまっただろうか?母が最晩年になった頃、母も悲しそうに「私も、もうどうしてやりようもない」と言った。結婚して最初のお産で帰省したときは、母は初めて私の嫁ぎ先での事情を知って私の夫にbikoを返してもらうと息巻いたものだった。その後も何度もそういうことになりかけた。が、私も離婚するほどの思い切りはできなかった。それで辛抱して辛抱して子供を育て上げた。母はめ...家に籠もっていると嫌なことばかり思い出してしまう

  • 信仰

    信仰は生きるためにあったほうがいいかもしれない。しかし特定の宗教を信仰していると、その宗教以外は受け入れなくなることは困る。以前住んでいたマンションで仲良くしていた人が、私がこちらに越してきてからも来てくれていた。以前はママ友であったのだが、現在はお互い子育ても卒業したから子供繋がりの友達でもなくなってきた。その頃からその友人は特定の宗教に熱心になった。そして、それとなく私に勧めるように。たぶん素晴らしい教えなのであろう。悩みの多かった友人の顔が生き生きしてきたのはその頃からだったから。が、私はその宗教に入会しようとは思わない。別の高校時代の友人も、別の宗教の熱心な信者である。この友人はあまり幸せな結婚をしなかったようで、結婚後もずっと働き続けていた上に離婚した。高校時代、私は特に親しくしていたわけでもなかった...信仰

  • 京大総長 山極寿一先生ご退任

    という記事を見た。私は山極先生が京大総長になる前からのファンであった。その理由は山極先生がゴリラの研究者であるということから始まった。私は今から20年ほど前に東京の上野動物園でゴリラのおっさんと出会ってしまった。このゴリラのおっさんは名物おっさんのようで、頭に頭陀袋をかぶるという特異な行動をとることで有名だったようである。私達が彼を見たときも頭陀袋を被っていた。その様が本当に人間のおっさん的だったから私はたちまち虜になった。もちろん本当の人間のおっさんなら虜になることはないと思うが、ゴリラであったから虜になったのである。それ以来、テレビでゴリラの番組があるときは必ず見るようになった。そこへ登場したのが、この山極総長であった。この先生は長い間ゴリラの研究をしていて、アフリカでは洞穴の中でゴリラのおっさんと一緒に寝...京大総長山極寿一先生ご退任

  • 正直に書かないのなら書かないほうがまし

    と、私は思う。だから、書くなら正直に、たとえ書いたことによって波風が立とうとも。それが書くということではないか。私は自分のやっている短歌もそのように思っている。綺麗事のみ詠うのであれば、短歌はやめたほうがいいと思う。人が生きているということは綺麗事だけではすまされない。それを白日のもとに晒すことが文学だと思う。佐藤愛子氏も、なかなか小説が売れなかったが、ある時開き直って本当のことを書くようになってやっと認められるようになったと書いておられた。宮尾登美子も同様である。実家の生業であった、芸妓紹介業の実態を書くようになって売れるようになったらしかった。もちろん私達のBlog活動は小説ではない。が、嘘八百並べて書いて、どんな意味があるというのだろう。綺麗事だけ書いて、どんな意味があるというのだ。良きことも良くないこと...正直に書かないのなら書かないほうがまし

  • ベートーベン ピアノソナタ月光第一楽章

    フォロワーさんのところで聴かせてもらったら心が落ち着いたから、自分のために記事にしておきます。https://youtu.be/6FKG85PwrIcいうまでもないことですが、ベートーベンは難聴のため苦悩した音楽家です。晩年ほとんど聞こえなくなっていたらしいのに、数々の名曲を作っています。私はベートーベンの「エリーゼのために」も、「トルコ行進曲」も好きですが、こうしたしっとりした曲もいいですね。高度難聴になってしまった私も、補聴器をつければ、まだ音楽を楽しめることを神様に感謝したいと思います。今でも補聴器さえつければ、ピアノの音はかなりよく聴こえます。ここからは自慢ですが、私の孫息子は引っ込み思案ですが、ピアノは上手に弾くことができます。早くコロナが終息して、この孫息子の生演奏を聴かせてもらいたいものです。ベートーベンピアノソナタ月光第一楽章

  • こんなもの買ってしまいました

    爪切りです。最近、自分の足の爪を切りにくくなってきました。何かいい方法がないか考えていたら、生協のパンフレットにこんな爪切りがありました。そういえば、母がデイサービスにお世話になっていた頃、こういう爪切りで爪を切ってもらっていたのを見たことがありました。それで、これからますます自分で足の爪を切ることが困難になることを考えて注文しました。それが今週の配送時に届いたというわけです。これから誰かのお世話になるときも、この爪切りで切ってもらったほうが、お世話くださる方も作業しやすいと思います。さて、誰がやってくれるでしょうか?今の時代、子供は当てにできないと思うから、ヘルパーさんでしょうか?★新しき爪切り買ひて写真とるこの爪切りで切りてもらはむ★今はまだ自分で切れる足の爪まうすぐ自分で切れなくならむ★亡き母がデイサービ...こんなもの買ってしまいました

  • 母が恋しい

    生きているときは感謝もしなかったが、今は無性に母が恋しい。それは同じ団塊の世代のnokkoさんと同様だ。昨日のnokkoさんのこの記事を読ませてもらって私と同じだと思った。もちろん細かい状況は違う。しかし、美人の母親を誇らしく思いながらも、それだけではなかった記憶は私と同じだ。★母親が美人であるを自慢にぞしながら嫉妬もせしかもしれぬ★仕事もつ母に文句は言ひながら幼きわれは母を求めき★恨みしもあるひはありし親のこと親死にてのち恋しく思ふ★このわれを大事に思ひくるるひと親に勝れる者はをらざり★偶然に昨日は見たりわたくしと同じ思ひをせし人の記事★うつくしきことは時には罪になり人を悩ます人でありしか★振り返り見られるほどの美貌もち苦労の耐えざる人でありしか★人妻であるに人目につくゆゑに誤解されるも多かりしかな★恩師にも...母が恋しい

  • 『花ごろもぬぐやまつわる…』田辺聖子

    注文してあった田辺聖子の『花ごろもぬぐやまつわる…』も届いた。これは田辺聖子が俳人の杉田久女のことを小説にしている。短歌を作っている私は俳句を参考にさせていただくことがある。杉田久女は妖艶な俳句を作ることで有名な俳人だった。その久女もスランプがあったことが書かれている。ゆっくり読ませていただこう。それとはべつに、さきほど読ませていただいたフォロワーさんのBlogに次のような記事があり、私のために書かれたのかと思えたから、自分の備忘のために貼らせていただく。負けではなく勝ちへの途中という考え方★負けでなく勝ちへの途中とぞ思(も)へば軽くなるかなこのわが心★久女にもスランプありと書かれある田辺聖子の小説を読む★昨年は田辺聖子の家さがし伊丹の街を歩き回りし★駅からの道さへ楽し小説家田辺聖子の家を探せば★お聖さん杉田久...『花ごろもぬぐやまつわる…』田辺聖子

  • 『老妓抄』

    昨日書いたこととも多少関係するが、最近、短歌関係で不快な思いをするのは、若い人達の台頭著しいからである。まあ私も、もう十分年寄だから、それに甘んじてもいいのだが、しかし侮辱されたまま、おめおめ引っ込むほど私もヤワではない。ということで、何か盛り返すための本を物色していたら、この本に行き着いた。この岡本かの子は、知る人ぞ知る、画家の岡本太郎のお母さんであるが、かなり特異な人生を送った人でもある。この『老妓抄』は前にも一度読んだように思うが、図書館で借りたのか、それとも買ったのかの記憶が定かでない。それでネットを検索してみると、古書で安く出ていたから注文した。それが昨日届いた。この本は、歌人でもあった岡本かの子の次の歌をもとに書いた小説と聞いた覚えがある。まず歌ができて、その歌から着想を得て書いた小説であるらしい。...『老妓抄』

  • 好き嫌い

    今日の団塊のシニアさんの記事は参考になった。まったくその通りだと思った。最近、私が不愉快な思いをさせらされた人は私のことが嫌いというか、目障りだったのだろう。それで言いがかりをつけたのだ。というのが、私は、その人のことを全く知らなかったのに、向こうは、しっかり私のことを観察していたようだったから。こういう人には関わらないに限る。というのが、どんなにこちらが誠意を尽くしても、向こうは私のことが嫌いなのだから誠意は伝わらない。だから、そういう人からは離れるに限る。それしか方法がない。団塊のシニアさんも書かれているが、昔から言われている「馬が合う、馬が合わない」も正にそのことを言っているのだろう。その原因は嫉妬であることもあるし、軽蔑であることもあるかもしれない。いずれにせよ、目障りな存在ということなのだろう。これは...好き嫌い

  • 『気がつけば終着駅』佐藤愛子

    予約してあった、タイトルの本の順番が回ってきたから図書館に出向いて借りてきた。もう予約してあったことも忘れるほど時間が経っていたが、せっかく連絡があったから借りてきた。この本のレビューにも書かれているが、過去に書いたものの寄せ集めの内容である。が、忘れているところもあるから、それなりに楽しく読ませていただいている。記憶している部分もあるが、そこはリバイバルの映画を見るような懐かしさで読ませてもらっている。佐藤愛子さんは、私の亡母より2歳年上であられる。だから、亡母とオーバーラップする部分があるのだ。★亡くなりし母おもひだすやうに読む佐藤愛子の最新著書を★今までに読みし記憶の蘇る佐藤愛子の著書を愛して★亡き母を恋しく思ふときに読む母より長生きしてゐる人の著『気がつけば終着駅』佐藤愛子

  • 何か楽しいことを書きたいけれども

    楽しいことが見つかりません。昨日は思っていることを書いたけれども、今の時期、書かないほうがよかったかもしれません。家に籠もっているせいか、どんどん気持ちが落ち込んできます。今は都会で暮らしているより田舎で暮らしているほうが暮らしやすいでしょうね。何か楽しいことを書きたいけれども

  • 国民の不安を煽らないで!

    マスコミの皆さんコロナについて、大事なニュースはしっかり伝えてほしいですが、徒に国民の不安を煽るような報道は差し控えてほしいです。その一助として、先日もご紹介させていただいたVirusの研究にも携わっておられたというBlog友さんの記事の一部をご紹介させていただきます。記日本人が毎日3800人死亡そのうち癌心疾患交通事故自死など全部上げてコロナ陽性のひと119人って発表して欲しいです。ホントにコロナで死亡したのか亡くなった方がたまたまどんな方法で検出したら’コロナ陽性だったと記述マスコミならそれぐらい調べる能力はあるだろうって思いました。折角の報道が国民に不安を与えあおっているとも思えます。どうかどこかのマスコミさん昨日亡くなった方の日本人全員の死因を調べ発表してください。___________こちらのBlog...国民の不安を煽らないで!

  • 下血

    Blog友のご主人が虚血性大腸炎で下血したため、8日間入院をしたとの記事を読ませてもらった。下血と聞くと昭和天皇の崩御される前の連日のニュースを思い出すが、私も重篤な下血をしたことがある。思い出せば、ちょうど今頃の時期であった。今から13年前の出来事である。その前年の11月に大腸がんの手術を受けた私は12月に退院して自宅療養していた。下血が起こったのは、退院後一ヶ月くらい経った一月半ばくらいだった。が、あと数日で予約日だったので、ニ、三日様子見していた。ニ、三日も下血していたから貧血も起こしていたのだろう。多少ふらついてはいた。が、自分一人で病院に行く元気もなかったから家にいると、トイレに入ったとき、トイレで気を失ってしまった。何とか気を取り戻した私は、当時、私の従弟の会社に勤めていた夫にメールで連絡した。が、...下血

  • 誰でも年寄りになる

    誰でも最後は死ぬように、誰でも長く生きれば年寄りになる。そのとき気づくこともいっぱいあるだろう。私も、もっと歳をとったとき、今までしてきたことを、反省するときも、後悔するときも出てくるだろう。若いということは、気をつけていないと傲慢と同義語になる。若いときは、頑張れば、どんなことも叶えられると思いがちであるが、歳を取ると、それが思い上がりであったことに気づくようになる。そのとき、やっと自分の思い上がりに気づく。私は、若い頃から難聴であったから人よりは辛酸を舐めてきたという自覚はあるが、それでも、かなり思い上がったところはあった。こんなことを書いている、いま現在も、まったく思い上がったところがないとは言えまい。そう、私は、もともととても高慢な人間なのである。人より秀でたものは何もないのに、秀でていると錯覚している...誰でも年寄りになる

  • 恵方巻き寿司を作りました

    ご飯を2合炊いて2本の太巻きです。こちらは夫用ですから、1,2合分くらい、私のは少し小さめで0,8合分くらいかな。中に入れたのは、鮪、エビ、卵焼き、キュウリです。巻きたては美味しい!恵方巻き寿司を作りました

  • オーバープレゼンス

    オーバープレゼンスについて書かれた記事を読ませていただいた。自分のために該当の記事をリンクさせていただきますが、ブログ主さん、ご都合が悪ければ言ってきてください。お許しをいただいてからと思いましたが、コメント欄が閉じられてありましたから、勝手にリンクさせていただいています。https://blog.goo.ne.jp/tekedon638/e/56792f5ab42ee290160a58a53c955f32その記事には、こういうことが書かれてありました。これも私の備忘のために勝手に引用させていただいています。ご都合が悪ければ削除しますので言ってきてください。「オーバープレゼンスの兄弟21/01/31世の中の人々は、知ってか知らずか、オーバープレゼンス(overpresence)の衝動を抱えて生きている。これには...オーバープレゼンス

ブログリーダー」を活用して、bikoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
bikoさん
ブログタイトル
神鳴り2
フォロー
神鳴り2

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用