searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

bikoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
神鳴り2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kaminaribiko2
ブログ紹介文
「神鳴り」「かみなり」の続編です。日々の出来事や日々に思ったことをほぼ毎日書いています。
更新頻度(1年)

240回 / 171日(平均9.8回/週)

ブログ村参加:2019/10/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、bikoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
bikoさん
ブログタイトル
神鳴り2
更新頻度
240回 / 171日(平均9.8回/週)
読者になる
神鳴り2

bikoさんの新着記事

1件〜30件

  • 昼夜逆転

    最近の私は、完全に昼夜逆転している。が、若い頃のように、宵っ張りというのではなく、逆に夜早く寝すぎてしまうのだ。昨夜も早めの夕食を摂って、午後7時前に就寝してしまった。そして、夜中の12時前に目覚めた。そして、一渡りblog友さんの記事を読ませてもらって、現在書きかけている、歌集のブックレビューの続きの作業をした。しかし、集中力は続かない。それで家事を始める。家事といっても、おもに、台所仕事である。高知に墓参りに帰ったとき、帰途吉野川SAで買った塩筍と鶏肉の煮物を数回食べて飽きてきたから、残りを冷凍した。この煮物には、やはり吉野川SAで買ったシイタケとか、買い置きのコンニャクも入れたから、結構具沢山の煮物になった。日曜日に近くのスーパーで買った筍も、昆布と鰹節で和風の煮物にしてあったが、これも数回食べて飽きたか...昼夜逆転

  • 感染者を痛めつけることはやめましょう

    今朝の新聞を読んでいたら、京都産業大学の卒業旅行でヨーロッパに行って感染した人たちへの追及が常軌を逸しているとありました。大学のほうにも、しつこく感染した卒業生の住所を教えろと電話がかかるそうです。たしかに、今の時期ヨーロッパに行ったのはまずかったです。が、ここまで感染した人たちを追い詰めることは、これは人権問題です。大学のほうでは、感染が広がらないようにという気持ちで正直に発表したのにと言っているそうです。こんなに激しく追及されることは想定外だったことでしょう。感染してしまったことは、もう仕方ありません。私達は、今後、感染した人たちをどのように遇するか考えなければなりません。それはいたずらに感染した人たちを追い詰めることではないでしょう。今の時期、誰でも感染したくありません。しかし、犯罪を犯したわけでもない人...感染者を痛めつけることはやめましょう

  • 緊急事態宣言(短歌20首)

    先日の志村けんの死遠き日のやうに思はすほどの感染①志村けん死にて死なずに生きてゐるわれは何度も死線をくぐり②心臓の手術を受けて大腸の手術を受けてだいぢやうぶだあと③いくたびも死線をくぐりこしわれにコロナウイルス虎視眈々と④トンネルの先が見えざるトンネルの中にゐるごと今はゐるなり⑤七都府県緊急事態宣言を出さむとマスクつけて総理は⑥東京に緊急事態宣言を出さむと小池百合子都知事は⑦兵庫県県知事もテレビで訴へる今は家から出ないやうにと⑧美容院休業すれば髪の毛は自分でカットする日々つづく⑩髪切りて短くすれば似てきたりイギリスボリスジョンソン首相に⑪わたくしと同じ髪型のジョンソン氏コロナウイルス感染のまま⑫ジョンソン氏ICUに移りたりICUで高度治療を⑬病室で仕事するとぞ言ひゐしがICUで仕事できるや⑭とりあへず代理を立て...緊急事態宣言(短歌20首)

  • 何をしても落ち着かないし、やる気がでない

    という私は異常でしょうか。家に籠っているから本も読めるはずなのに、読めない。すぐにテレビやネットでコロナウイルスのニュースを観ようとする。観てもどうしようもないし、建設的でないことはわかっているけれども、見ないでいられない。音楽はもとより楽しめない私ですが、しかし、映画とかなら楽しめるはず。が、落ち着いて見ていることができない。買いだめはしていないし、するつもりはないのですが、普段より多めに買ってしまうのは、やはり買えなくなった時のことを思い浮かべるせいでしょうか。ご飯つくりはしっかりやっています。というのが、もし感染したら、あとは体力勝負だと思うから。こんな時期でも、夫は仕事というか、趣味の仕事に没頭しています。ご飯の時だけ階下に降りてくるのですが、それ以外の時間は仕事しています。私はご飯つくらなきゃと思うか...何をしても落ち着かないし、やる気がでない

  • やっと緊急事態宣言

    遅かりし由良助!春節の時期に、既にコロナが蔓延していた中国からの観光客の受け入れをストップしなかった政府の、今回の緊急事態宣言も遅すぎないですか?なぜ、こんなにモタモタするのですか?東北大震災のときの民社党の菅さんの原発に対する対応にがっかりさせられましたが、このたびのコロナウイルスに対する安倍さんの対応にもがっかりさせられます。つぎの選挙は誰に入れたらいいのでしょうね。私はずっと自民党を応援してきましたが、しかし、最近の自民党内の中国よりの議員連には疑惑の気持ちでいっぱいです。二階か三階さんか知りませんが、国民を裏切って、和歌山の公共施設を中国にただでやる約束をしていたとか?こういう議員は、国のことより、自分の利益しか頭にありません。今度の選挙では、こういう議員には絶対投票してはいけません。が、いったい何党に...やっと緊急事態宣言

  • 松村正直さんNHK「短歌」初出演

    短歌に関心のない人には面白くもない記事です。今朝は、私の所属する短歌結社「塔」の結社誌編集長である松村正直さんが出演されました。松村さんは、私が「塔」に入会する2年前くらいに入会された方ですので、彼が、こうしてテレビの短歌の番組の先生をされることに感慨無量です。今日の番組でも話されていましたが、松村さんは、私が短歌を始めた頃、盛んに、このNHKの「短歌」(当時は名称がNHK「歌壇」でしたが)に投稿されていました。実は、短歌を始めたばかりだった私もよく投稿しました。木村輝子さんも、よく投稿されていました。が、なかなか入選しませんでした。まぐれで、岡井隆先生に特選にしていただいたあとは、馬場あきこ先生の入選、当時そのカルチャー教室に通っていた河野裕子さんの入選、そのくらいのものでした。松村さんは、今日の番組で約20...松村正直さんNHK「短歌」初出演

  • 人生は苦しみ、悲しみの連続だと思う

    その中に少し楽しいことが混じるというのが、人生ではないかと思っています。すなわち、徳川家康の人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとしです。少なくとも、私はそうです。私は、ほかの人もそうだと思っていましたが、中には、そうでもない人もいられるようです。ということを、最近、blog友さんの記事で知りました。が、私は、あまり羨ましいとも思いません。苦しみ、悲しみの連続であったも、それが人生であるという諦めの境地にいますし、苦しみ、悲しむから、喜びは強く感じられるという逆説的な一面があることを信じているせいかもしれません。そういう人生観を持った人は、私以外にもいるようで、江戸時代に、言葉.憂きことのなおこの上につもれかし.限りある身の力ためさん.と詠った、熊沢蕃山という人もいます。この歌の言わんとしていることは、「ピン...人生は苦しみ、悲しみの連続だと思う

  • 現在、髪のカットは自分でしています

    私は、」冬場は、大体月一で美容院でカットしてもらっていました。で、先月下旬、そろそろ切ってもらおうかと行くと、何と「コロナウイルスのためお休みします」と。で、いつ再開になるかわからないから、以前、前髪を切るのに買った「すき鋏」があったことを思い出し、前髪だけ切ってみました。私は髪の毛の量が多いこともあって、適当に切っても、それほど不細工にもならない?それに自信をつけて、数日後、横も後ろも切ってみました。「すきバサミ」だから、極端にならなくて、まあ少なくとも変ではないと思います。それで思いました。、これからは家で自分で切るようにしようと、だって美容院行くのは面倒ですし、髪を切るだけでも、結構な金額を払わないといけない。いや、そのくらいは払えるんですが、しかし、自分でできるのなら、払わなくても済む?なら、これからは...現在、髪のカットは自分でしています

  • 私はblogに書くことで不安を解消していますが

    さきほど記事を読ませていただいたblog友さんは、不安なことを書きそうだから、blogをお休みされるとか。幸せな方ですね。難聴が進んで人との会話が十分にできない私などは、blogに書かなければ、鬱になってしまいます。心臓が悪いから、運動をしてストレス解消ということも望めませんし・・・。そういうふうに、鬱になりがちな私ですから、こんなときこそ、普段以上にblogを活用させていただこうと思います。そして思うことを書いて、書くことで自分の考えをまとめたいと思います。(昨日になってしまいましたが)今朝も書いたように、私は、笑いさえblog記事から得ることが多いです。というのが、いわゆるダジャレのようなものでは私の笑いのツボは刺激してくれませんから。考えてみれば、私ほどblogの恩恵を受けている人も珍しいかもしれません。...私はblogに書くことで不安を解消していますが

  • 笑いについて

    毎日コロナウイルスのニュースばかりで嫌になるけれど、ほかの番組を見ていても、やはりコロナウイルスのことが気になって落ち着かない。こういう心の状態がストレスになるんでしょうね。いまアメリカではマリファナ店が大繁盛という記事を観ましたが、家に籠っている不安をマリファナで退散させようとしているのでしょうか?人は不安なときこそ人と交わって雑談して気を紛らわせたいものですが、それができないから、マリファナ?中国の清が滅んだのには麻薬が関係したと聞いたことがあるのですが、しかし、麻薬が滅ぼしたのではなく、清王朝が既に形骸化していたから、麻薬が蔓延ったともいえると思います。ま、そんなことはともかくとして、こんな不安でいっぱいのときに、何が有効かと考えるのですが、それは「笑い」ですね。その笑いの天才であった志村けんさんがコロナ...笑いについて

  • 「濃厚接触」という言葉は今からでも変えてほしい

    いくぶん旧聞に属する話題かもしれませんが、今日も新聞記事にあったから、ブログ記事にさせていただきます。私は、このたびのコロナウイルス感染関連のニュースで、初めて「濃厚接触」という言葉を聞いたときは驚きました。最初にニュースになった感染者が奈良のバスの運転手氏で、その運転手氏と「濃厚接触したバスのバスガイドさんが感染したと聞いたときは、一瞬、「え、そんなこと、子供も見るニュースにする?」と思ったものでした。が、その後、私の誤解だということがわかりました。このことは以前も書きました。↓「濃厚接触って?」が、やはり今でも違和感を覚えるから、再度記事にしています。今回言われている「濃厚接触」は、英語で言えば、closecontactとかhigh-riskcontactに該当して、それを日本語にすれば、「近接接触」になる...「濃厚接触」という言葉は今からでも変えてほしい

  • アカギレ

    アカギレについて書いている人があったから、私も高校生のころを思い出した。当時、我が家の暖房は石油ストーブ1台しかなかった。とくに我が家が貧乏だったというわけでもなかったと思うが、国家公務員だった父は、世間的にはプライド高く仕事していたが、高い給料をもらっていたわけではなかった。その上、父は、香川県の高松市に単身赴任していることが多くて、家族は二手に分かれていたから、そのための余分な出費もあったと思う。かてて加えて、全国的にも珍しい私立王国の高知県で、私達兄妹は私立の中高校に通っていた。そんなわけで、私達が勉強している部屋には、それぞれ火鉢が置かれて、それで手を温めながら勉強したものだった。そのせいか、私はひどいアカギレになった。しもやけでもあったような気もする。手は赤く腫れあがって、指から血が出るときもあった。...アカギレ

  • 高知県香美市佐岡〜ゆとりすとパークおおとよ

    今日は、昨日と打って変わって曇天でした。義父の何代か前まで暮らしていたという香美市佐岡というところを尋ねました。義父が生まれたのは南国市後免町。だから、佐岡に現在も親戚があるかどうかもわかりません。カーナビを「佐岡小学校」にして、行ってみると、佐岡小学校は廃校になっていて、「佐岡コミュニティセンター」と書かれてありました。が、小学校の校歌の書かれたものは残されていたから撮影しました。田舎ではありますが、なかなかいいところでした。その後、「ゆとりすとパークおおとよ」というキャンプ場に。案内板のあるところから、ずいぶん上がりました。入口に地図があったから撮影しましたが、写真のため、わかりにくいですが、感じがわかっていただけたらとアップします。残念ながら、冬季休園中でした。が、冬季でも宿泊はできるそう。大豊町の観光案...高知県香美市佐岡〜ゆとりすとパークおおとよ

  • 昼食の後、高知まで来てしまった

    高知と言っても南国市だか、昼食後、野菜とかの買い出しをしようと、夫に車でス-パ-に連れて行ってもらおうとした。すると、スーパーの手前からスーパーで買い物をしようと来た車で渋滞している。で、ちょっとドライブしようということになり、どこに行こうと話し合っているうちに、お天気がいいから、淡路島に行こうということに。淡路島まで来たが、ここまできたから高知に行こうと、そのまま鳴門大橋も渡って、四国をひた走った。午後3時半過ぎに南国インターを出て、南国市のスーパーでお花を買って、夫の実家のお墓へ。お彼岸のときに来れなかったから、ちょうど良かったと言えば言える。その後、以前泊まったことのある南国市のホテルへ。このホテルはBlog友くりまんじゅうさんの通うスイミング教室のプールのホテル。逆光になったからよくわからないと思うけれ...昼食の後、高知まで来てしまった

  • 五輪開幕、来年7月で調整 IOCと東京都・組織委

    オリンピックを延期するのなら、問題の多い夏開催はやめたらいいと思うのですが、そうはしないのですね。五輪開幕、来年7月で調整IOCと東京都・組織委なぜ?いったい誰のためにオリンピックを開催するのでしょうね。IOCのため?あるいは組織委員会のため?日本の国民のため、世界中の選手のためなら、ぜったい真夏は避けるべきでしょう?もうこんなオリンピックは要らない(怒)*★延期するオリンピックも夏にするオリンピックはやめよ八百長★東京の夏の暑さを知らざるといふわけでなし組織委員会★観客も選手も死ねといふごとし七月八月開催すれば五輪開幕、来年7月で調整IOCと東京都・組織委

  • 春雨・・・東京の娘一家は大丈夫かなあ

    心配でしようがないが、心配しても仕方がない。娘は多忙だから、私はメールをすることも遠慮している。というのが、娘はメールが面倒なようで、難聴の私がメールしても、返事は夫に電話でしてくる。こんなときに、電話できない難聴の悲哀を味わう。来春、上の孫は大学受験、下の孫は中学受験を予定しているらしい。まだ一年あるが、しかし、一年なんてアッと言う間だ。世間ではコロナコロナと騒いでいるが、受験生を持つ家は、それどころではないだろう。私の子育てのころも受験は大変だったが、今も大変なことには変わりあるまい。とにかくコロナウイルスに捕まらないで、順調に勉強がはかどることを祈っている。遠く離れた祖母である私は、祈ることしかできない。ところで、昨日、スマホでblogを読ませていただいていると、「俳句を投稿しませんか?」という呼びかけが...春雨・・・東京の娘一家は大丈夫かなあ

  • どういうわけか「コメントを投稿する」が消えてしまいました

    コメントをいただいたから、コメント返しをしようとするのですが、どういうわけか、「コメントを投稿する」が消えています。で、自分のブログなのに、いただいたコメントにコメント返しができない状態です。なぜ、こんなことになるのかしら?考えられるのは、gooblogのお知らせに「俳句を投稿しませんか」というのがあったので、スマホから投稿しようと記事を書いていると、メールボックスに「コメントが入りました」が入ったから、投稿しようとしていた記事を保留にして、自分の記事を開いてみました。すると、いただいたコメントが見当たりません。それでいろいろやってみて、やっといただいたコメントを表示できましたが、今度は、自分がコメント返しをしようとすると、「コメントを投稿する」がなくなっていて、できなくなっています。いろいろやってみましたが、...どういうわけか「コメントを投稿する」が消えてしまいました

  • 近所の空き家の桜が咲いていた

    今日は雨だが、昨日の朝はゴミ出しに行くとき、近所の空き家を見ると、空き家とその隣家の隙間から空き家の裏庭に桜が咲いているのが見えた。表側は落ち葉が溝に溜まっていたから、我が家から箒と塵取りを持ってきて道路と溝の掃除をした。そのあと、空き家の裏に回って、桜の花を近くで見せてもらった。梅の咲いているときも、こうして裏に回って勝手に見せてもらったが、帰ろうとすると、近所の人に、「何をしているんですかっ」と見咎められたから、また言われるのは嫌だなと思いながらも、この空き家の亡くなった女性とは仲良くさせていただいていたのだからと自分に言い聞かせて、見せてもらった。亡くなってからは植木屋さんも入らないから、枝は伸びるに任せて塀から大きくはみ出している。女主の方が生きていた頃は、よく庭のお花もくださっていたから、この塀からは...近所の空き家の桜が咲いていた

  • 猪名川にヨモギを摘みに

    一昨日のリベンジを果たすべく、お昼前に猪名川にヨモギを摘みに行った。家の中と違って、暑い!↑猪名川の向こう側は大阪府池田市。あまり暑いから、摘まずに帰ろうかと、川の土手に座ったら、すぐ横にヨモギが生えていた。これ幸いと少しだけ摘んだ。右側に見えるのは、阪神高速空港線。↓この阪神高速空港線を少し走ると、伊丹市の大阪国際空港になる。↑この写真の左側の方向に空港があるから、この川べりに座っていると、頻繁に飛行機が飛んでいるのが見られる。摘んだヨモギは、帰宅してから、すぐに重曹を入れたお湯で湯がいてから、昨晩糯米を炊いたご飯が残っていたから、そのご飯に混ぜて一口おにぎりにした。おかずは、鰤の塩焼きと肉じゃが。鰤は少し焦がしてしまった!これだけのことで、もう疲れてしまった私。トホホ*★ヨモギ摘むために日中(ひなか)に出で...猪名川にヨモギを摘みに

  • なぜ日本語で言わない

    今に始まったことではないが、最近のコロナウイルス関連の記事にカタカナ英語の言葉が多い。一番最近使われている言葉はロックダウン=首都封鎖。なぜ日本語で首都封鎖と言わないのだ。(怒)パンデミック=感染爆発エアロゾル=粉塵、煤塵で、いいではないか。カタカナ語で書かれると返ってわかりにくい。穿った見方をすれば、わかりにくくするため、こういうふうにカタカナ英語で表記している?最近の日本人はプライドがなくなったように感じることが多いが、それには、こんな無用なカタカナ英語の氾濫も関係しているのかもしれない。ニュースを発信する人たちは、80代、90代の人たちにもわかる言葉を使ってほしい。と同時に、小学生にもわかるように丁寧に伝えてほしい。重大な案件であるからこそ、もっと細心の注意を払って言葉を選んでいただきたい。ニュースを伝え...なぜ日本語で言わない

  • ドジな私

    けさ、ブロ友さんのブログで、冷凍したヨモギを使ってヨモギ餅を作った記事を読ませていただいた。それで、私も昨年ヨモギを冷凍したことを思い出した。まず、そのヨモギを探せばよかったが、先に買い置きのもち米を洗って土鍋に入れてスタンバイした。それから冷凍庫の中のヨモギを探したが、ない!しばらく探していると、冷凍庫の冷たさで、手がかじかんできた。仕方ないから、いったん探すことをやめてblogを書くことにした。私はすぐにとりかかるのはいいのだが、しばしばこういう失敗をする。数日前は、パンを焼こうとするとイースト菌が切れていた。それでイースト菌を買ってきて、強力粉や砂糖、塩を入れてスタンバイしてあったパン焼き機にイースト菌も分量通りいれてスイッチを入れた。4時間くらいたって、そろそろ焼けたかなと思って蓋を開けてみると、できて...ドジな私

  • 注文してあった葉室麟の『乾山晩愁』が届きました

    ブロ友さんの記事に紹介されていたから注文しました。読書家であられるブロ友さんが面白いと言われているから、内容的に間違いない本だと思います。積読の多い私は、それだけの理由では買わなかったと思いますが、葉室麟の小説には、文中に短歌がちりばめられているということで、思わず注文してしまいました。川西中央図書館の蔵書にもあったから、コロナウイルスのことがなければ、図書館で借りると思うのですが、こんな時期だから、あまり図書館にも行きたくないのです。と言いながら、昨日は京都で大勢の人と一緒に密室に籠っていたのに?それと、この本だったら、夫も読むと思いますから、無駄にはならないと思いますし。まだ読んでいないのですが、どんな内容かと言いますと、尾形光琳という有名な画家がいますね。その尾形光琳の弟の陶芸家、緒方乾山が主人公の小説の...注文してあった葉室麟の『乾山晩愁』が届きました

  • 今日は電車で京都へ

    日は、大阪府知事による、「大阪、兵庫の往来を自粛するように」という呼びかけに反して、電車で、大阪を通って京都まで行ってきました。関東の桜のニュースが聞こえてくるから、ひょっとして京都もと期待しましたが、川西市と同様に、まだでした。が、鴨川沿いの桜の芽はだいぶん膨らんでいたから、もうすぐだと思います。桜はまだなのに、京都は、私思っていた以上の人出でした。とは言っても、最近の中国人観光客の多い異様な混雑とは違っていました。ほぼ日本人だけで混んでいるという感じでした。道中の写真は写しませんでしたが、今日の目的の、短歌結社「塔」誌の校正に行った先の前主宰、永田和宏邸の写真を少し。この写真は↓永田家のリビングの窓際に飾られている、故、河野裕子さんですこれは同じ窓側からの写真ですが、永田家の西側の景色が見られます。永田家は...今日は電車で京都へ

  • 大阪と兵庫の往来自粛って言ったって

    今日は、家の中はふだんと変わりなかったのですが、外に出ると春真っ盛りというくらい温かかったです。それで、ひさしぶりに川西市内をドライブして、回転ずしにも連れて行ってもらいました。ところで、大阪府知事から、こお三連休は大阪府と兵庫県は往来自粛というお触れが出ましたが、私の住む川西市は、兵庫県に分類されていますが、実態は大阪府です。その証拠に、我が家の最寄り駅である阪急川西能勢口駅で乗り換える能勢電の終点は大阪府なのです。川西市よりも大阪市に遠い能勢町が大阪府であるのに、川西市が兵庫県というのは少し変なのです。また、川西市の隣市の大阪府池田市は我が家からは徒歩で行けます。実際、これは以前も書きましたが、昔はこの川西市も宝塚市も伊丹市も尼崎市も摂津国という国で大阪と同じ国だったのです。それが明治時代の廃藩置県で兵庫県...大阪と兵庫の往来自粛って言ったって

  • ルールが受け入れられなければ自分で自分のルールを作ればよい

    が、その場合、その責任は自分がとる必要がある。相模原事件の犯人も、自分が自分のルールを作り、それを実行したと言えるかもしれない。彼の場合は、そのルールが社会的に受け入れられないものだったから、死刑の判決が下された。これは極端な例だが、しかし、人は、自分のルールを持つことはもっと奨励されるべきだと思う。皆が皆、右へ倣えでは面白くない。私は、個性というものは必要だと考える。私の趣味の短歌でもそうだ。短歌の作り方は千差万別でいいと思う。皆が現在主流と思われている詠い方をする必要はない。むしろしないほうがいいともいえる。なぜなら同じような傾向の歌が並んでも、ちっとも面白くないから。だから、認められようが認められまいが、自分流を貫けばいい。現在の歌壇の歌のつまらないところは、歌を詠む人たちが選者と呼ばれる先生方の思惑を忖...ルールが受け入れられなければ自分で自分のルールを作ればよい

  • 鬱になったみたいです

    家に閉じこもっているのは慣れているはずなのに、鬱になったみたいです。夫は相変わらず、仕事、テニス、散歩とお出かけしますが、私は、ほとんど家にいます。コロナウイルスさえなければ、バスで遠くに行ったりするのですが、今はバスも電車も怖い。車の運転のできる人が羨ましい。読まなければならない本はいっぱいあるのですが、お天気がいいと、その気にもなれないし・・・。どうして私はこんなに孤独なのだろうと考えていると涙が出てきます。いえ、独りでいるのは好きなんですよ。でも、どういうわけか・・・。季節のせいかなあ。短歌のせいかなあ。短歌もやめようかと思うのですが、やめられない。だって、やめてしまうとなんの楽しみもなくなりますから。それに好きだから・・・。でも、最近は閃かないのですね。これも歳のせいでしょうか?まあ、とにかく何をしても...鬱になったみたいです

  • 「塔」3月号に選歌されていた歌

    さきほど、「塔」誌3月号が届きました。私は最近は日々作った歌を適当に写して出詠しています。というのが、頑張って作ったところで、選者のお気に召さなかったら選んでいただけないから。自分の自信作が必ずしも選者の好みに合うというわけではありませんからね。今月の出詠は、「実刑にする必要があったでしょうか?」と「有名人とかエリートの親を持った子は、それだけで生きにくいかもしれない」から出したようです。写します。★子は宝されど宝に苦しめる親も多かり宝のゆゑに★大切に育てこし子を殺したり殺すほか術なきと信じて★殺すまで地獄でありし父親に殺したあとも地獄はつづく★法律は人を助けるためにあるならば助けよこの父親を★懲役を与へ懲らしめ何の益あるや悲しき七十六を★昨日(きぞ)われは判決ききて気づきたり平凡こそが平和の基盤★立派なる親を...「塔」3月号に選歌されていた歌

  • 「塔」3月号に選歌されていた歌

    さきほど、「塔」誌3月号が届きました。私は最近は日々作った歌を適当に写して出詠しています。というのが、頑張って作ったところで、選者のお気に召さなかったら選んでいただけないから。自分の自信作が必ずしも選者の好みには合うというわけではありませんからね。今月の出詠は、「実刑にする必要があったでしょうか?」と「有名人とかエリートの親を持った子は、それだけで生きにくいかもしれない」から出したようです。写します。★子は宝されど宝に苦しめる親も多かり宝のゆゑに★大切に育てこし子を殺したり殺すほか術なきと信じて★殺すまで地獄でありし父親に殺したあとも地獄はつづく★法律は人を助けるためにあるならば助けよこの父親を★懲役を与へ懲らしめ何の益あるや悲しき七十六を★昨日(きぞ)われは判決ききて気づきたり平凡こそが平和の基盤★立派なる親...「塔」3月号に選歌されていた歌

  • かつて優生保護法という法律があった

    優生保護法は、1948年から1996年まで存在したようである。で、私どものように聴覚に障害がある者は優生保護法の元に断種させられたらしい。今から考えると、乱暴なめちゃくちゃな法律である。が、実際、それは施行されていたというから、驚く。昨日、判決の下った相模原殺生事件も、犯人は、この優生思想を実行したと言えるかもしれない。犯人は、「自分で意思疎通できない人間は此の世のお荷物になるという考えのもとに殺した」と言っているらしいが、しかし、この犯人と同じような考えをもっている人は世間に多いのではあるまいか。ということを鑑みたとき、この判決は、私達犯罪を犯さなかった者たちも、心して聞かせてもらわなければならないと思う。という私自身、そういう孫を神様から与えられるまでは、そういう傾向がないこともなかったかもしれないし、自分...かつて優生保護法という法律があった

  • かつて優生保護法という法律があった

    ">優生保護法は1948年から1996年まで存在したようである。で、私どものように聴覚に障害がある者は優生保護法の元に断種させられたらしい。今から考えると、乱暴なめちゃくちゃな法律である。が、実際、それは施行されていたというから、驚く。昨日、判決の下った相模原殺生事件も、犯人は、この優生思想を実行したと言えるかもしれない。犯人は、「自分で意思疎通できない人間は此の世のお荷物になる」という考えのもと、殺したと言っているらしいが、しかし、この犯人と同じような考えをもっている人は世間に多いのではあるまいか。ということを鑑みたとき、この判決は、私達犯罪を犯さなかった者たちも、心して聞かせてもらわなければならないと思う。という私自身、そういう孫を神様から与えられるまでは、そういう傾向がないこともなかったかもしれないし、自...かつて優生保護法という法律があった

カテゴリー一覧
商用