searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

LR/sounds.Artさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
LR/sounds.Art
ブログURL
https://lrsounds.art/
ブログ紹介文
瞑想しながら音楽や詩や絵をひたすら作り続けて人生と真理を考えているLR/sounds.Artの公式サイト。
更新頻度(1年)

196回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2019/09/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、LR/sounds.Artさんの読者になりませんか?

ハンドル名
LR/sounds.Artさん
ブログタイトル
LR/sounds.Art
更新頻度
196回 / 365日(平均3.8回/週)
読者になる
LR/sounds.Art

LR/sounds.Artさんの新着記事

1件〜30件

  • 【の】スマホゲームで得たもの

    LR/sounds.Artででででででででででです。 【に】僕は最近何をしているのかという記事でちょこっと触れたけれど、最近は 無意味だなあと思うことをダラダラやってたい です。 僕にとってのそれはスマホで漫画読んだりゲームしたりすることなんですけど、とにかくだらだらゲームしてる時間が最近長い気がします。 こういうのってほんとに珍しくて、今まではなるべく音楽とか創作だけに目を向くように環境を整えて

  • 【詩】生きること?

    大学では、1年の秋頃、一番悩んでいました。高校のころは、その何倍も、たくさんのことを悩んでいました。議題はいつも『生きること』、です。何故ここにいるのか、生きていて良いのか、ここにいると言えるのか、僕が何か悪いことをしたのか、一体いつ死ぬのか、目的はなんなのか、何を見たいのか、孤独は孤独なのか、他人と何が違って同じなのか、立ち位置はどこなのか、本質はなんなのか、表現とはなんなのか、何故盆栽を作るの

  • 【ぼ】「私の目が黄色いのは、醜い人間をたくさん見てきたから。」

    LR/sounds.Artでででででです。 最近ずーっとしんどいしんどい言い続けてるからか、 あまり生きる力がありません。 元気だ元気だって言ってれば元気が出るかと言われたらそんなこともなくて逆にミスマッチで壊れるので素直にしんどいしんどい言ってるけど、しんどいものはしんどいのです。 そうやってボーッとして、暗い部屋でゴロンとなって壁を見ていたりすると色んな感情が出てきます。 ・怒り・裏切りの思い

  • 【詩】四階から見下ろす

    四階から見下ろすあのバケツにチャポン 人が通る 灰が落ちるもうひとつを追加 人が通る 灰が落ちる床が燃える 色が変わる 四階から見下ろすこの世界にドカン 嘘が通る 槍が落ちるもうひとつを追加 嘘が通る 槍が落ちるあれが燃える 色が変わる 四階から見下ろす四階から見下ろす四階から見下ろす

  • 【に】僕は最近何をしているのか

    LR/sounds.Artででででででででです。 もう1ヶ月ぐらい、Youtubeとかアップしてない気がします。 どれぐらいアップしてないかは忘れたけどたまに申し訳程度にインスタとかアップしてるぐらいで、ツイッターも2週間ぐらいツイートしてない気がします。 何でそんなことになっているのか というと、別に大したことはなくて。 【に】しんどさマシになってきただろうかとかの記事でも書いたけど、先月からず

  • 【詩】苔だらけ

    水の上 佇む少年 跳ねる小人 赤い空を塞ぐ翡翠 優しい森で一人佇む 愉しい音に囲まれて 静かに一人体操座り 小鳥が肩に止まって一言 心待ちにしています 目を瞑りながら受け入れて 時を迎える心の準備 苔だらけで心待ち 包まれます 包まれます

  • 【詩】大学生活

    成績を見てます。どうやら単位は取れたみたい。もう大学も卒論だけかぁ、って思うと、少しだけ切ない。僕は何か進んだかなぁ、って。

  • 【詩】誰だって。

    誰だって苦しい時がある。誰だって泣きたい時がある。 胸がいっぱいで、辛くって、上手く言えなくて、 そんな時があって、それを引き出す音楽があって、それは救いの手であるから、 もがき苦しんでいる中で、唯一命を繋いでくれている、膿を少しでもかきだしてくれる、 大事な、音であるから。 人によって、成果や、使命によって、 自分を形作らなければ、生きていくことが出来ない、そんな存在にとって、 嫌な痛みを伴わず

  • 【詩】知らないよ。

    もう、こういう方法は、やめようと思ったのだけど。 けれど、僕は結局のところ、こういう方法しか、知らない。 であれば、とことん突き詰めてやろうと、ふっと、今、そう思うことがありました。 頭の中で済んでいるだけ、過去より幾分かマシです。

  • 【の】ライブハウスとバンド業界の空気感に馴染めなかった話

    LR/sounds.Artででででででです。 今週前半までもう3週間ぐらいメンタル死にかけてたわけですが、【に】しんどさマシになってきただろうかという記事にも書いたようにここ1〜2日はちょこっとずつ元気が出てきました。 それで元気が出てくると ツイッターとかのSNSもまた見始めるようになった んですが、僕は音楽をやっているのでフォローしている人はライブハウス関係の人も多いです。 なので「ライブハウ

  • 【詩】倒錯

    窓の人間と対話する。 格子は顔を分割する。 夜は輪郭を曖昧にする。 目は片方でこちらを睨む。 遠い世界の色がつく。 元の形は忘れられる。 腕は頭から伸びる。 足は腹から突き出す。 モザイクが生まれる。 色は逃げ出していく。 光の流入量が変わる。 彼は虚像となる。

  • 【詩】日々、創作を。

    毎日、何かを作るということは、癒されているということに近いかもしれません。 僕が主体的に音楽を始めた理由というのは、自分なりに、とても辛い想いをしていた時に、そこに音楽があって、救いだったからです。 そのうちに音楽は、生きている根拠とリンクするようになりました。 「生きている根拠を、説明してください」 こう、自分自身に言われた時に、心臓が動いているからとか、思うから生きているとか、それを示すのに限

  • 【詩】猫の幽霊

    黒い足が ぽつん 猫だ あれは猫だ! 消え行く影を トトン 近づけ あれに近づけ! 風が吹く間に シュン どこだ どこへ行った! 気になるココロに かーん 誰だ 君はだれだ! ささやく衣に ふーん 見ちゃ 見ちゃ駄目なのかい? エレベーターに ぽつん 腹が 腹がへった!

  • 【詩】秘密の電話番号

    携帯電話を1つ ろうそくの火を2つ 立たせるやつを3つ 右と左にろうそくを ピピピとあの番号に掛け 真ん中置いて着信待ち ブブブ ブブブと震えたら 行きたい時を思い描いて だんだん意識が遠退きます 気づいたらそこはあの時代 想い焦がれたあの時間 もいちどやり直しませんか 右と左にろうそくを ピピピとあの番号に掛け 真ん中置いて着信待ち ブブブ ブブブと震えたら 行きたい時を思い描いて だんだん意識

  • 【詩】分岐

    そうだ、ここが覇気と愛情の分岐点だ。ここを逃したら、僕の死体は棄てられることになる。

  • 【に】しんどさマシになってきただろうか

    LR/sounds.Artでででです。 ここ数日の日記 を書こうと思うんですが、日課で作ってる詩とか絵とかあとYoutubeのループギターですが、ここ数日はお休みしたり飛び飛びにしたり、作ってるけどツイッターにはアップしなかったりしています。 【の】全部捨てたいと思う時【い】どうすれば人生はしんどくなくなるのか という記事で最近はめちゃくちゃしんどいのが続いています、2〜3週間ぐらいずっとみたいな

  • 【詩】文明の衝突

    文明の衝突という言葉が頭に揺れて夜勤明けの緩さなど影も無い 良い本は無いかとさ迷って見つけたのは漫画版ヒットラー 浮浪者がベルリンで死ぬまでを読みきって自由と限界を少しだけ知ります 消えてゆく視界の中で世界のことを少しだけ 衝突に真実はあるのか民族に答えはあるのか融和に平和はあるのか欲望に希望はあるのか 人間でありながら人間のことは中々分からない こんな人間には千年の時代があるのでしょうか

  • 【詩】亡霊を追う旅

    早く寝なければならないのだけど、ノートパソコンをヒザに立てかけて、カタカタと、キーボードを打っている。 13.3インチの画面を使っているのに、400%もズームにしているから、画面の半分以上が、テキストで埋まる。 はっきりいって、世の中は、それなりに面白いことばかりで、格段にツマラナイ。つまらない。 どこにでもある景色を、今、見ているんだろうと思う。 適度にハンパな立場で、適度にハンパな仕事をして、

  • 【い】どうすれば人生はしんどくなくなるのか

    LR/sounds.Artででででででです。 (ご注意:この記事は書き出してから放置期間を含め3日以上経ったいつも以上にとりとめのない文章です。) もう2週間ほど、 しんどい期間 が続いています。 特に先週から今週にかけては本当にキツくて、毎日日課で作っているループギター動画・詩・絵をアップするだけでもう精一杯。 今日の(詩)世界はとてもしんどい pic.twitter.com/itcchITeJ

  • 【詩】本日は晴天

    本日は晴天!本日は晴天!皆さんお外へ出ましょう!本日は晴天!本日は晴天!皆さんお外で遊びましょう!本日は晴天!本日は晴天!皆さんお城を造りましょう!本日は満天!本日は満天!はためく御旗に祈りましょう!カラッ カラッ カラッ本日は祭典!本日は祭典!皆さん友情を深めましょう!カラッ カラッ本日は終点!本日は終点!皆さん愛情を深めましょう!カラッカラッ本日は晴天!本日は晴天!

  • 【詩】野菜ジュース

    野菜ジュース 元気の源疲れた目に潤いくれる野菜ジュース 力の源けだるい暑さに すっきり野菜ジュース しゃっきり歩き出す 雨明けた夜雲去った夜蒸しっとした日駆ける 駆ける彼女 目指すよ野菜ジュースしっかり 片手さ

  • 【詩】六時の旅人

    六時の旅人六時の旅人 動く人 六時の旅人六時の旅人 叫ぶ人 六時の旅人六時の旅人 笑う人 六時の旅人六時の旅人 殺す人 六時の旅人六時の旅人 喋る人 六時の旅人六時の旅人 赤の人 六時の旅人六時の旅人 歩く人 六時の旅人六時の旅人 渋る人 六時の旅人六時の旅人 飛ばす人

  • 【の】孤独感は諸刃の剣

    LR/sounds.Artででででででです。 今日は、 孤独って何なのかな って考えていました。 孤独感ってすごく寂しくて、辛くて、理解されなければ死んじゃうぞみたいなイメージもあるんですけど、一方で 孤独はパワー になることもあります。 焦燥感や不安感を別のものに昇華したり、これしかないと思い込んでそこにパワーが向かったり。 一人で家にこもって没頭し続けてるから生まれる 革新的アイデア とかもあ

  • 【詩】砂を食べる

    憂鬱なカンジで 道を見つめるよ今日は誰も来ない 散々な気分で 空を眺めるよアレは余裕綽々 水を与えるように私は捧げてあげたのに何も知られちゃいなかったのさ 神様だって同じコト草木は隠れちゃって雲は逃げ出すの 渇きが通る 渇きが通るみんな過ぎるだけ見つけようとしないの 命が枯れる 命が枯れる砂漠 砂漠 砂漠日照り 日照り 日照り 私はみんなで出来ている

  • 【詩】骨酒

    甲高き骸骨の群れ僕の周りを歩き回る侵されたのか 一息に 本質を見ろ 本質を見ろ お隣さんはネズミを掴む足下見れば優雅に平泳ぎ餌を求めて 飯をくれ 垂れる 垂れる 血 それは 気 ミナモト吸う ミナモト 吸う豪勢 友達 コンニチハ もどるかい?もどれるかい?囲まれますよ 水面の光 黒い水

  • 【の】全部捨てたいと思う時

    LR/sounds.Artでででででです。 全部捨てたいと思う時 がたまにあります。 身の回りの物質ことごとく消え去っちまえタイムです。 そういう時、一番減らしたいと思うのが ・音楽機材・本・服とか布類 で、特に音楽機材は場所を取るのでとにかく目につきます。 勢いで楽器屋の買取サービスに申し込んで全部売っぱらっちゃえとか思うんですけど、でもフリマで売ったほうが当然お金にはなるし差額もそれなりに出て

  • 【い】人生30年終活50年

    LR/sounds.Artでででででです。 昨日なんとなくですが、 人生30年終活50年 みたいな言葉が浮かびました。 といっても別に深い意味はないんですけれども、なんというか 「もしかしたら、もう終活のフェーズなのかも?」 って感じたからです。 何でそんなこと思ったか分からないんですけど別に近いうちの死期を悟ってるとかそういう話では全然なくて、死に向けて準備しなきゃなーというか。 こないだ【に】

  • 【詩】骨のような女は

    骨のような女は、犬を連れて歩いていた。それが何の犬か、僕には解らなかったが、紐を付け、首輪で引いていたのだから、犬には違いなかった。枝のような腕で、紐を吊っていた。奇妙なことに、女もまた、天から吊られているようだった。頭頂からピンと張った糸に引っ張られつつ、爪先立ちになって、俯きながら歩いていた。つばのある帽子を被っていて、表情は見えない。が、笑っていないことだけは確かであった。奇妙なことに、犬も

  • 【に】映画ミッドサマー(ディレクターズカット版)を見てきた話

    LR/sounds.Artででででででです。 昨日はなんか人生がしんどかったので映画でも観に行こうと思って、前から気になっていた ミッドサマー(ディレクターズカット版) を見てきました。 ディレクターズカット版と言っても、テレビもなく普段映画も見ないのでこのタイトルは最近知ったばかりのもので、 「へーカルトを描いた映画なんだね。あ、今日で近場の映画館での上映終わるじゃん!気になるから観に行ってみよ

  • 【詩】隙間

    この僅かな隙間をまたぐ瞬間 言いようのない何かが噴き出す気がする 真っ白い空間の中でただ一人 何をすることも出来ず立ち止まっている 長い間立ち止まりすぎたせいか ほんの少し先の光景に想いを募らせるだけ 淡々と時だけが過ぎていく中で 次第に私は空間に喰われ始めるのか 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白 白

カテゴリー一覧
商用