ナマオの四足研究所
住所
出身
ハンドル名
ナマオさん
ブログタイトル
ナマオの四足研究所
ブログURL
https://quadrupedal-namao.hatenablog.jp
ブログ紹介文
動物のように両手両足を使って走る競技「四足走行」の情報を発信していきます。 筆者は子供の頃から四足で走ることが特技で、ギネス世界記録保持者“いとうけんいち”が主催した世界大会を機に練習を始めました。 現在は大学で四足を研究中。
自由文
-
更新頻度(1年)

10回 / 37日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/07/07

ナマオさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 25,671位 23,568位 23,490位 23,365位 23,211位 23,358位 23,527位 969,176サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
PVポイント 10 50 80 60 70 40 130 440/週
その他スポーツブログ 335位 311位 310位 308位 306位 307位 303位 11,837サイト
陸上競技 10位 9位 9位 10位 10位 10位 10位 431サイト
ランニング 6位 6位 6位 7位 8位 8位 8位 206サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 47,836位 46,272位 46,156位 43,712位 41,388位 41,498位 41,659位 969,176サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
PVポイント 10 50 80 60 70 40 130 440/週
その他スポーツブログ 683位 661位 655位 621位 591位 590位 579位 11,837サイト
陸上競技 19位 19位 18位 19位 18位 17位 19位 431サイト
ランニング 24位 24位 25位 24位 21位 20位 20位 206サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 12,497位 12,258位 12,000位 11,667位 10,643位 10,269位 10,045位 969,176サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
PVポイント 10 50 80 60 70 40 130 440/週
その他スポーツブログ 212位 202位 191位 189位 169位 159位 157位 11,837サイト
陸上競技 4位 4位 4位 3位 4位 4位 4位 431サイト
ランニング 3位 3位 3位 3位 2位 2位 2位 206サイト

ナマオさんのブログ記事

  • 【考察】ウサイン・ボルトと脊柱のバネ

    四足も若干関連していますが、今日は二足走行のお話がメインです。 この前、四足動物は「ギャロップ」という走り方をしていると書きました。二足走行や四足の歩行は左右交互の運動ですが、ギャロップは前後交互の運動として捉えられると。 前後交互の運動であるギャロップ走行は、脊柱をバネのように使うことで大きな推進力を得ています。それに対し左右交互の二足走行や通常の四足歩行は、脊柱をまっすぐにしたまま走る(陸上指導の場面でも、体幹はブレない方が良いとされる場合が多いんじゃないでしょうか)ので、ギャロップ走行ほどのスピードは出ません。 ダチョウってすごいですね……笑 ところが、実は二足走行でも脊柱のバネを使って…

  • 【告知】元ギネス世界記録保持者も参加! 四足走行の計測イベント

    この前にも少し書きましたが、改めて告知させていただきます。 動物のように両手両足を使って走る競技「四足走行」の計測イベントを行います。 四足走行は2008年に“いとうけんいち”がギネス世界記録を樹立したことで、競技として注目されるようになりました。 現在のギネス世界記録は100mが“15秒71”です。 50mの方は公式記録か不明ですが、調べた限りでは7秒89が最速タイムです。 この記録に挑戦してみたいという方、あるいは世界記録には及ばずとも四足が得意だという方に、是非参加していただきたいと思っています。 イベントには、前回の記事で紹介した元世界記録保持者“玉腰活未”選手にも参加していただくこと…

  • 【動画】未公開映像!元ギネス世界記録保持者“玉腰活未”選手の四足走行

    元ギネス世界記録保持者の“玉腰活未”選手の特集動画をYoutubeにUPしました。 後半部分は本人から頂いた練習時の動画を使用しています。一般公開されている四足動画では間違いなく最速です。 【激走】元ギネス世界記録保持者“玉腰活未”選手の四足走行 Fastest human on all fours 今後も時々、こうした四足系の動画をYoutubeに投稿していこうと思います。 ↓ 四足イベント参加者募集中! quadrupedal-namao.hatenablog.jp

  • 「第2回 四足走行100m世界大会」まとめ動画

    以前紹介した「第2回 四足走行100m世界大会」を動画にまとめました。 動画制作は初めてのことで、いろいろと壁にぶち当たりましたが、徹夜でなんとか仕上げました。 四足走行100m世界大会 2014年11月13日 running on all fours いかがでしたか? 映像はお父さんが撮影したものです。正面アングルの映像は調べてもなかなか出て来ないので、貴重だと思います。 この大会で優勝した玉腰選手からも、練習時の映像を頂いています(今の世界記録より速いタイムが出ています)。 近いうちにそれもアップする予定なのでお楽しみに! ↓ 四足イベントの参加者募集中です! quadrupedal-na…

  • 二種類の四足走行(ギャロップ)

    四足哺乳類の走行はギャロップ(日本語では襲歩)と呼ばれます。 四足歩行がそうだったように、四足走行も前足と後ろ足の着く順番で二種類に分けることができます。 交叉襲歩(transverse gallop) 交叉襲歩の着順 前足後ろ足を人の手足に置き換えると、 左足→右足→左手→右手……(またはその逆) の順番で着地します。 馬やクマ、サルに見られる走法です。ちなみに人間も四足で走れば自然と交叉襲歩になります。 ギャロップは左右非対称であると、前回の記事で書きました。 歩行や二足走行は左右の足が「1・2・1・2・1……」と交互に着地しますが、ギャロップでは「1・2~1・2~1……」といったリズムと…

  • 二足走行と四足走行の決定的な違い

    まず最初に、歩行と走行の違いについて軽く説明しておきましょう。 走行というのは、「全身が宙に浮く瞬間がある」という点で歩行と異なります。 足が地面に着いたままだと、足の長さで歩幅の限界が決まってしまうので、早く移動するためには足の回転数を上げなければなりません。 走行の場合は、体を宙に浮かせることによって足の長さ以上の歩幅を得られるので、同じ回転数の歩行より速く移動することができます。 上の定義で考えると、前の記事の最後で触れたトロットという歩法も、実は走行に分類できる場合があります(ペースが上がると、若干体が宙に浮きます)。 でも、一般的に私たちが想像する四足動物の走行は、トロットではありま…

  • 四足歩行は基本的に2パターン

    前足と後ろ足の着く順番で見ると、四足哺乳類の歩行は後方交叉型と前方交叉型の二通りに分けることができます。 後方交叉型 後方交叉型の着順 ほとんどの四足哺乳類がこの歩法です。 前足後ろ足を人の手足に置き換えると、 左足→左手→右足→右手→左足…… の順番で着地します。 ややこしいと感じる方は、「足→同じ側の手」の順で着地すると捉えると分かりやすいかと思います。 重心が上半身寄りになっている動物が、この歩法を採用する傾向にあるそうです。 ちなみに私の四足歩行はこの着順になっています。四足走行のギネス記録保持者“いとうけんいち”さんも、私が確認した映像ではこの着順です。 前方交叉型 前方交叉型の着順…

  • 【告知】四足タイムトライアル2019

    このブログを読んでいる方はまだ少ないかと思いますが、早めに告知しておきます。 3ヶ月後の10月27日に、四足走行の計測イベントを行います。 詳細は以下の通りです。 1.主催 四足タイムトライアル実行委員会2.内容 四足歩行・四足走行の練習会を行った後、四足走行の記録に挑戦するイベントです。 四足に自信のある方から、人と違ったことをしてみたいという方まで、どんな方でもご参加いただけます。好記録を出した方には素敵な景品もご用意しております!3.期日 令和元年10月27日(日)13時~17時【練習会】13時30分~15時00分 初心者と経験者に分かれて練習会を行います。初心者には基本からレクチャーし…

  • 四足競技界の現在とこれから

    最初の投稿の繰り返しとなりますが、現在の四足走行100mの世界記録は“いとうけんいち”さんが2015年に記録した15秒71となっています。 前年の第2回世界大会では16秒86の記録で2位に終わりましたが、わずか1年で記録を1秒以上更新して、世界王者の座を奪還したことになります。 Fastest 100 m running on all fours - Guinness World Records ただ映像を見てみると、足の動きが第2回大会で自ら禁止した“二足型”になっていて、個人的には納得いかないんですけどね…… 四足走行を競技化したのは彼であって、ずっと第一人者だったので、これくらいのズルは…

  • 【四足競技史③】第2回世界大会当日――世界王者が変わった瞬間

    「第2回四足走行100m世界大会」の体験談――後半部分です。 前半の記事を読んでいない方はこちらへどうぞ quadrupedal-namao.hatenablog.jp 「第2回 四足走行100m世界大会」開幕! 2014年11月13日。とうとう大会の日がやって来ました。 タイムが伸びなかったり、直前のルール変更でフォームを修正したり……不安も多かったのですが、四足経験者たちに直接会えることはずっと楽しみにしていました(前大会2位の河原さんが出ないのは残念ですが……)。 競技場に入ると、早速“いとうけんいち”さんと対面しました。ルール変更をめぐって一悶着あったので、仲直りと挨拶を兼ねて握手を交…

  • 【四足競技史②】第2回世界大会前日談――知られざる舞台裏エピソード

    第1回世界大会が大成功に終わり、その翌年の2014年にも「第2回四足走行100m世界大会」が開催されることになりました。 筆者の私も参加した大会なので、今回はナマオ視点で大会を振り返っていきます。 ちょっと長めです。前回の内容を踏まえて書いていくので、まだその記事を読んでいない方はぜひ読んでみてください。 quadrupedal-namao.hatenablog.jp ナマオが大会参加に至るまで 私が四足走行を始めたきっかけは、ギネス世界チャンピオンの“いとうけんいち”さんではありませんでした。 親が言うには「ハイハイの代わりにやっていた」そうですが、多分冗談でしょう。最初に四足で走ったのがい…

  • 【四足競技史①】ギネス世界記録の誕生~第1回世界大会

    最初のギネス世界記録 四足走行が競技として認知されるようになったのは、2008年に“いとうけんいち”さんがギネス世界記録を樹立したことがきっかけです。 2014年の6月に放送された「きわめびと」では、彼が四足走行を始めるに至った経緯が紹介されていました。 自分の可能性を求めてニューヨークへ渡ったいとうさんは、動物園で見た猿の走り方に憧れ、四足走行の練習を始めました。 毎日欠かさず6時間の練習をこなすこと5年、遂にいとうさんの四足走行はギネス世界記録に認定されたのでした。 挑戦者“河原未来也” それから毎年1秒ほどのペースで記録を更新していった“いとうけんいち”さんですが、思わぬライバルが出現し…

  • はじめに~四足走行とは~

    ヒトが四足でどれだけ速く走れるか、知っていますか? 現在、100mの世界記録は15秒71 50m走は7秒89……なんとこれは、中学2年生男子の平均と互角のタイムです。 ↓ こちらが最新の世界記録の映像です。 Fastest 100 m running on all fours - Guinness World Records いかがでしたか? この競技はテレビでも時々紹介されていて、知っている人は「四足走行」でピンと来るはずです。 見た目に関していろいろ感想はあるでしょうが、私は「かっこいい!」と思いました笑 そう言う私も、実はこの「四足走行」の経験者だったりします。 もうだいぶ前のことですが…