いつか どこかで
読者になる
住所
出身
ハンドル名
みつ穂みさん
ブログタイトル
いつか どこかで
ブログURL
https://once-anniversary.muragon.com/
ブログ紹介文
ほんの少しの 気休めになれたら。
自由文
-
更新頻度(1年)

13回 / 131日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/12

みつ穂みさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,898サイト
ことば 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 421サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,898サイト
ことば 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 421サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,413サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,898サイト
ことば 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 421サイト

みつ穂みさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みつ穂みさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みつ穂みさん
ブログタイトル
いつか どこかで
更新頻度
13回 / 131日(平均0.7回/週)
読者になる
いつか どこかで
  • すき

    あなたに 伝えたかった 一緒にいられる時間が しあわせ だったと 灰色 霞む空に 雨粒がひとつ 遠く カミナリが唸る あなたに 伝えたかった のは 音にならずに 雨に溶かした

  • あじさい

    光を集めたの 揺れながら 待っていた 日に 露に 人知れず 染まりながら 今日も 待ってたよ

  • あめ

    音が したんだ 景色 煙るほど 瞬く間に落ちる 空 閉じ込めてしまおう この想いも あなたの名前も ひとしずく 紫陽花の葉に たくそう

  • こえ

    二人で 揺られながら帰った 夕暮れ 私が前で あなたがうしろ 自転車が作る風が 心地よかった 何を話していたか 何で笑っていたか もう 覚えてはいないけれど 一緒に歌った あの詩 だけは 今も 時々 口遊む 家々の壁に映える 赤く 滲む 夕陽の中で あなたの こえ だけ う...

  • ちょこれーと

    泣きながら 泣きじゃくりながら ただ ひたすらに 貪った どこかで 読んだの 悲しい時は 1枚 そのまま がむしゃらに 貪るんだ って そうすると ほんのちょっこっと 元気に なるから 甘くて 苦くて ほんのり 塩味 元気がない時 試してみてね

  • にちじょう

    そのまんま は 続かなくて このまま と 願うことは 容易くは 叶わなくて あっけなく カンタンに いつも から いつも は 奪われていく 手を のばしたって 声を 飛ばしたって 名前を 叫び続けても あの日 あった いつも と 今 ある これから は 決して 同じ 日 に...

  • まんげつ

    みつる時 光 ただ 佇む 果てに 遠く はるか はるか 手を伸ばした先に ひとり あいたい 立ち止まる 上へ 私は ここで 聞こえない 名を そっと こぼした

  • あさひ

    静けさの中 徐々に色づく 光の輪が 生まれて 広がる 明けの空に伸びる 澄んだ 白い 白い 雲が 今日のはじまりを うたう どうか どうか 少しでも 良い日で ありますように と 静かな祈りを 空へ あげよう

  • ひかり

    ふわり ふわり 瞬きを 繰り返して 輪郭がぼやける 温もりの 方へ 深く 深く 足下から這い上がる 群青 温かな 陽を そらへ かえそう ふわり ふわり 瞬きを 繰り返して 曖昧な輪郭は 遠く ひとすじ だけを 残して 足先に伸びる影は 喑の色を濃くした もうすぐ 夜が 来るよ

  • れーす

    薄い膜の向こう 風を 含んで ふわ り みえる みえない 向こう側は 霞む膜の先へ はためく 流れ ゆら り みえる みえない 手を伸ばすだけで あなたからは 分かるのかしら ここに 隔たれている のは ただの 月の光 ゆれて 隠れた

  • しゃくやく

    白い 白い 大輪に咲いた あの 花弁 を ずっと ずっと 揺れる 揺れる 咲き誇る あの 花弁 を ずっと ずっと 蕾のままで ひらくことなく 終わってしまう 子 も いるというけど 白い 白い 肉厚な ふっくらとした 揺れる 揺れる 匂い立つ 儚げに 咲き誇る あの 花弁...

  • あおぞら

    そこにあった 色は どこまでも いつまでも 変わらないもので 切り取られても 放たれていても 変わりないもので 自分だけが 気持ちだけが くすんでいくのだけ 分かった ただ ただ 伸びやかに いけたら いきていけたら 今日の この色を 羨まずに すんだだろうか

  • はっぴーばーすでー

    なんで 特別なのか いつも どこかで だれ かの ひ どうして 祝うのか いつか わすれて だれ も いなくて はっぴーばーすでー はっぴーばーすでー 今日は 誰かの はっぴーばーすでー はっぴーばーすでー いつも だれ か の お祝い の プレゼント だって いつか いつ...

カテゴリー一覧
商用