searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

鎧コルセットマンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
鎧コルセットマン!のブログ
ブログURL
https://www.yorocor.com/
ブログ紹介文
令和元年、5月に腰椎固定手術をうけ鎧コルセットマンになった41歳の男の手術体験談、ヘルニア撃退の為のノウハウを綴っています。
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、鎧コルセットマンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
鎧コルセットマンさん
ブログタイトル
鎧コルセットマン!のブログ
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
鎧コルセットマン!のブログ

鎧コルセットマンさんの新着記事

1件〜30件

  • 捻りには厳しい。

    捻りには厳しい 腰椎固定術を施術してもらって2年ちょっと、ほとんどの面で手術した事を後悔していないですし満足していますが一つだけなんとも困っている事があります。 それが今回のテーマである「捻り」。 仕事上どうしても上半身のみを捻ったり、捻りを繰り返す状態で数時間作業をする事があるのですがそうした時に腰椎を二箇所ボルトで固定されている影響を受ける事があります。 固定していなかった時はそういった作業でも柔軟性をもっているのが自然な背骨だと思うのですがやはり二箇所の固定箇所が柔軟に動かない分、腰回りや臀部、背筋、太ももに負担がかかってしまいます。 日課の就寝前ストレッチ なので毎日の日課である寝る前…

  • 結局これしかないっしょ。

    結局これしかないっしょ。 皆さんお久しぶりです。 知らないうちに腰椎固定術を受けて2年が経過してしまいました。 今では手術した事も腰に金属が入ってる事も忘れています。 ぶっちゃけもうなんでも出来ます。 で、今回なんですが60代の方からこんな質問を受けました。 60代、70代の方同じようなお悩みの方おられるのではないでしょうか? 僕もプライベートでも友人のお父さんやお母さんの腰痛の話でよく相談を受けるのですがこれが一番難しいんです💦 なので、正直な話 「手術しない方が良いですよ。リハビリは甘くないですから」 とお答えする事が多いです。 現状なんとか生活出来てればもう痛みに耐えながら生活された方が…

  • 足の裏の痺れ【質問箱から】

    足の裏の痺れ【質問箱から】 先日こんな質問が質問箱へ送られてきました。 よくある質問なんですが引っかかったのは 足の裏の痺れ というワードでした。 フォロワーさんにも多いんですよね。 ということで今回は足の裏の痺れについて僕の体験談と得意?の検索力を駆使して調べた情報を元に足の裏の痺れについて考察していきたいと思います。 手術前の診察にて 実は僕も主治医の手術前の診察にて念入りに足の裏の痺れについて調べられました。 主治医がいうには足の裏に痺れが出ているかどうかというのがかなり重要なポイントらしく、ヘルニアや狭窄症の手術をした後の回復に大きく関わってくるとおっしゃっていました。 僕も足の痺れは…

  • 車椅子と隣り合わせ

    車椅子と隣り合わせ 先日質問箱にこんな質問が寄せられました。 『固定術後、足が引っかかってかけたら、車椅子とかになるのでしょうか?』 という質問です。 この件に関する記事を僕は3つほど書いています。 もし脊椎に刺さっていたら まずはこの記事⬇️ www.yorocor.com フィギアスケート選手で有名なプルシェンコ選手のお話です。 彼の場合、ジャンプの着地で人工椎間板を固定していたボルトが折れる事故に遭いそのボルトの除去手術がロシアの国営放送で生中継されたそうですがもし、この折れたボルトが運悪く脊椎に刺さっていたとしたら間違いなく下半身不随となり一生車椅子生活を余儀なくされていたでしょう。 …

  • 【質問箱回答】痺れの原理原則

    【質問箱回答】痺れの原理原則 こんにちは、ヨロコルです。 先日いただいた質問箱への質問がコレ とコレ おそらく同じ方の質問だと思われるのですがぶっちゃけこの手の記事は過去に何度も書いています💦 ですが記事数が多くなり見つけにくいのもたしかなので簡単にお答えしたいと思います。 一言で この二つの質問に一言で答えるとなると答えは一つです。 人による これしかありません💦 いつも書いている通り痺れの原因は神経の圧迫です。 ですので神経の圧迫具合、神経が圧迫を受けた期間によって腰椎固定術を受けた後の痺れの軽減度合いも変わってくるのは当然です。 ホースの理論 簡単に説明するといつも言っているホースの理論…

  • 【質問箱から】術後から仕事復帰までどのくらい?

    【質問箱から】術後から仕事復帰までどのくらい? 皆さんお久しぶりです。 ヨロコルです。 今回もまたまた質問箱へ頂いた質問者さまへのアンサー記事になります。 手術を予定されている方、術後の方に関わらず気にされている方が多いと思いますので是非最後までお付き合い下さい。 質問箱その1 では最初にいただた質問から。 『腰椎固定術を受けました。術後すぐ動くか安静にするかどちらの方が後々いいでしょうか?』 といった質問です。 まずは結論から。 術後は管が全て外れたらすぐに動いて下さい! というのも昔は1ヶ月寝たきりと言っていた腰椎の手術ですが今では医学も進歩し、それ以上の要因として早期のリハビリ開始、トレ…

  • そんな甘い考えは捨てた方が良い

    そんな甘い考えは捨てた方が良い またまた質問箱への質問のアンサー記事です。 今回の質問はコチラ 「腰椎固定術の手術をしたらもうヘルニア再発しませんでしたか?」 という質問でした。 この質問を僕個人でお返事すると 「していませんね。」 という事になりますがきっと質問者さんが求めているのはそういう僕個人の答えではないですよね? という事で今回は 腰椎固定術の手術をしたらもうヘルニア再発しないのか というテーマでお送りしたいと思います。 再発リスクは下がるどころか上がる? 真面目な話、ぶっちゃけると 腰椎固定術してもヘルニアは再発します。 そして、どちらかというと再発リスクは上がります。 以前にもど…

  • 全く症状が出ないといったら嘘になる『危険信号』を探せ

    全く症状が出ないといったら嘘になる『危険信号』を探せ 『ヨロコルさんはもう、完治でしょ?』 と思われている読者の方々がいらっしゃる、いや大半だと思いますが実は僕も365日無症状かと聞かれるとそうではありません。 発症してからもうすぐ約2年になります。 その間に接骨院通って、整体で悪化させられて、運良く良い医師に出会えて手術していただいて、無知識な理学療法士と戦いながらwリハビリして、トレーニングして今です。 今でも毎日のストレッチ、そしてトレーニングは欠かしていませんがそれでもハードな仕事が一週間、10日と続くとやっぱり症状が出たりする訳です。 発症時並みの症状も そうした仕事が続くと、軽けれ…

  • 最近のあれこれ

    最近のあれこれ 新年になってから連絡事項のみの記事しかアップしていない事に気付き、最近のあれこれをブログを更新しようとブログを書く事にしました。 手術による感染症のフォロワー様 先日書いた記事のように感染症にかかってしまい、再手術になってしまったフォロワーさんからDMをいただきました。 60代というご年齢ながら感染症の処置を含む合計3度の手術を乗り越えられ、現在は午前午後共に40分ほどウォーキングをされているとの事。 年齢関係なく、以前の身体に戻りたいという一心で努力されている姿本当に素晴らしいと思います。 たくさんのフォロワーさんを追跡していて最近直感的に「この人は回復早いな」や「この人は再…

  • 鎧コルセットマンへの質問などの方法

    鎧コルセットマンへの質問などの方法 僕への直接の質問などはTwitterをやられておられる方はTwitterで@yorocoruをフォローしていただきDMにてご質問いただけるとお答えできます。 よろしくお願いします🤲 Twitterの始め方はこちらから⬇️ http://sns-navi.xyz/twt/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=ssb1_3&yclid=YSS.EAIaIQobChMI5-vH0oj_7QIVzq6WCh2fSA-cEAAYASAAEgLtg_D_BwE

  • 手術の予後が悪いのは誰のせい?

    手術の予後が悪いのは誰のせい? 質問箱 今回は質問箱への回答の記事になります。 質問は 『手術して治りが悪いのってもう一度手術した方が良いのでしょうか?』 という事です。 質問箱は気軽なツールとはいえこれでは情報量が少なすぎてなんとも答えられません💦 まず、もっと細かい情報を出来ればTwitterのDMなどで質問して下さると助かるという質問者様へのメッセージを発信してこのテーマについて書いていこうと思います。 前回の記事 きっとこの質問箱へ投稿下さった質問者様も前回の記事もお読みになられていると思うのですが、自分の現在の病状などを詳しく整骨院や整体院の先生へ伝えるという大事なところをもっと大切…

  • 自分の病状を知らなすぎる

    自分の病状を知らなすぎる お久しぶりです。 仕事が超多忙でなかなかブログを書く時間が取れず全然更新できずで申し訳ありません💦 今回の内容は腰痛やヘルニア、狭窄症など腰に不安のある全ての方に向けての記事となります。 病名だけ? 「病院でヘルニアって言われましたー」 この程度しか知らない方がフォロワーさんの大半です。 たしかに僕も含めてフォロワーさんは医者ではないのでそんなものなのかもしれませんが本当にそれでいいんですか? 実はヘルニアでも「正中(せいちゅう)ヘルニア」や「傍正中(ぼうせいちゅう)ヘルニア」、「外側(がいそく)ヘルニア」と呼ばれるものがあります。 それに加えていわいる「膨隆」、「突…

  • 腰椎固定術の再手術?

    腰椎固定術の再手術? 今回は以前いただいた質問箱のお話をさせていただこうと思います。 その前に質問いただいてお答えさせていただいたのですがそのあと、質問者さまから何の連絡もない事が心配でなりません💦 僕の質問箱をお知りな時点できっとTwitterのフォロワーさんだと思うのですが、、、 もし、このブログをお読みいただいておりましたらDMなどでご一報いただけると僕も安心します。 腰椎固定術の再手術のパターン 僕なりに調べてみた結果からお話しさせていただきますと、腰椎固定術の再手術のパターンは6つほどあるようです。 血腫の除去 一つ目は血腫の除去が必要になるパターンです。 腰椎固定術の手術は少なから…

  • 4mから落下事故に遭いました

    4mから落下事故に遭いました はい、タイトル詐欺でもなんでもなく、仕事中4mの高さからしかも背中を地面に叩きつけてしまいました💦 幸い直下ではなくズルズルといって、まぁそれでも約3m近くからは落下しましたのでそれなりの衝撃がありましたが、、、 カラスの馬鹿野郎 落下した場所はビニールハウスの頂上からです。 (写真は落下後もう一度登った時に撮影) 写真をみてもらえば分かりますがこの時期、近所の柿などをゲットしたカラスがビニールハウスの上でモグモグタイムを行うので爪をひっかけて穴を開けるんです。 その為の補修中の事故でした。 昔のビニールハウスはもう少し低かったのですが最近はハウス内もトラクターで…

  • ヘルニアの沙汰も金次第?

    ヘルニアの沙汰も金次第? 『地獄の沙汰も金次第』とよく言われますが、ここだけの話残念ながらそれはヘルニアや狭窄症にも言えると僕は考えています。 フォロワーさんからの報告 以下の内容は以前、質問箱に 「手術後トレーニングしたら以前の仕事に復帰出来ますか?」という質問をしていただいたフォロワーさんからいただいたDMです。 以前、手術後トレーニングで元の仕事に復帰できますか…と質問箱でご相談した者です。 なかなか自力でのトレーニングが上手く出来なくて パーソナルトレーニングに通っています(なかなか高額で💦)負荷を掛けてのスクワットなどで以前よりもパワーアップを目指しています!その節はアドバイスなどあ…

  • 人間検索エンジンになる&アジング

    人間検索エンジンになる&アジング この『人間検索エンジン』になるって結構大事です‼️ 何事につけても。 現在はインターネットが発達しているので欲しい情報が簡単に手に入ります。 読者の方々がこのブログと最初に出会われたのもそうしたきっかけからだと思います。 『椎間板ヘルニア』 『コルセット』 『ブログ』 『体験談』 『手術』 『腰椎固定術』 などのワードをキーボードに入力しこのブログへ辿り着いていただけたと思います。 その入力先がGoogleなのか、Yahooなのか、Twitterなのかその方によって違うとは思います。 人によってはTwitterでこちらからお迎えに上がった方もおられると思います…

  • 腰痛サポーターはいつまで?

    腰痛サポーターはいつまで? 今回はズバリ!タイトルの通りです。 腰痛サポーターはいつまでするか。 腰痛サポーターはいつまで? 現在も 腰痛サポーターのメリット 安心感 姿勢が良くなる ヨロコル愛用モデル 結局いつまで? 僕の場合、腰椎固定術後3ヶ月はお風呂タイム以外はほぼ24時間、こんな鎧コルセットを装着を着用を強要されていました。 金属フレームの入った胸下〜骨盤までのコルセットです。 これを装着すると胸下〜腰は全く稼働しません。 今でも特に重いモノを持ち上げる時などは装着しています。 さすがにこれは最強で安心感バリバリです。 でも今から考えるとよく3ヶ月もこんなプレーがよく出来たなと思います…

  • そろそろ子離れかな。

    そろそろ子離れかな。 ヨロコルは現在43歳です。 21歳で結婚して初めてパパになったのが23歳。 今は普通にほとんどの人が大学に行くので21歳ならまだ学生ですね。 同じ時期に結婚するなら長女もあと2年か、、、w しかし、まだまだ結婚するどころか彼氏すら居ません💦 僕はずっと「早く孫が見たい‼️」と言ってるんですけどね。 でもまぁ、大学はしっかり出て教員免許は取ってほしいですけどね。 娘たちも19歳、15歳ともなると休みの日も予定が合わない訳ですよ、、、 なので僕たち夫婦もそろそろ子離れしなきゃなと思っていたりします。 長女の近況 その娘たち、まずは長女の近況から。 未だ未開の地 スポーツ推薦で…

  • 「ヘルニアと一生付き合う」あなたの人生本当にそれで良いの?

    「ヘルニアと一生付き合う」あなたの人生本当にそれで良いの? 僕には信じられないようなツイートを見つけてしまいました。 「ヘルニアと一生付き合う」 あなたの人生本当にそれで良いのですか? 『根治』目指そうよ このブログの意義も目指す所も読者の皆さんの『根治』です。 なので、トレーニング に拘っています。 『一生付き合うつもりだから』薬に頼りたくなると思うんです。 そうなると薬とも一緒に一生付き合う事になります。 薬と一生付き合うと身体、特に内臓ボロボロになりますよ。 薬によっては頭もボロボロになりますし。 一生付き合うと決めたら老後は寝たきり覚悟 はっきり言いましょうか? ヘルニアと一生付き合う…

  • 睡眠時間を削ってでもケアしましょう!

    睡眠時間を削ってでもケアしましょう! 夏から秋へ、日に日に冷え込み始めている時期ですが皆さん腰の様子はいかがでしょうか? 秋に入ってからというものTwitterのフォロワーさんからのDMでの質問等が増えてきたり、調子が悪いなどのツイートも激増しています。 僕もこの時期、仕事が立て込んでいる事もあり朝から晩まで肉体労働、特に重い荷物を運ぶ事が増えてきています。 今年も始まりました、アイリスの球根の定植。今日は3万球‼️さすがにこの重さは積み下ろしに鎧コルセット着用です✌️ pic.twitter.com/8MNgo7VND3— 鎧コルセットマン (@yorocoru) 2020年10月3日 球根…

  • 薬の専門家との会食〜リリカから卒業しませんか?〜

    薬の専門家と会食〜リリカから卒業しませんか?〜 以前どこかに記事にしたか、もしくなツイートしたかと思いますが僕には薬の専門家の友人が2人います。 そのうちの1人との会食が先日ありました。 彼は昨年まで某一流製薬会社の研究開発部に勤務していて今年から、某大学の薬学部の准教授となりました。 僕自体は中途半端な経歴で学歴もないのですが娘たちのスポーツなどを通じてたくさんのコネクションを作る事ができています。 今回の記事では会食中に主なテーマとなった腰痛と薬についてのお話をお伝えしようと思います。 、というより楽しい友人との会食がブログの記事の為の取材みたいになってしまいました💦 身の危険が生じる可能…

  • 1000人に1人。

    1000人に1人。 ぶっちゃけこのくらいかなぁと思う数字。 何って? このブログを読んで手術後、僕のアドバイス通り行動してくれた人の割合です。 これまで300記事近く色々書いてきましたが、実は術後の方へのアドバイスは1記事あれば書けます。 というか数行で書けます。 手術前にこのブログにたどり着いてくれた方は僕の術後からアドバイスのコピペで行動していただきたいと思うのですがなかなかそのまま行動していただけないんですよね。 堀江貴文さんの本などを読むとよく書いてある事がよく分かります。 本を読んですぐ行動へ移す人の割合もそのくらいらしいです。 当ブログの場合はもう少し高いかもしれませんが、、、 休…

  • 【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】日帰り手術ってどうなん?

    【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】日帰り手術ってどうなん? 先日質問箱にこういった質問が寄せられました。 日帰り内視鏡手術への質問です。 そこで今回は日帰り手術への僕なりの考えをお伝えしたいと思います。 経験者ではありません といっても僕は内視鏡手術も日帰り手術も経験はありません💦 しかし、フォロワーさんの中には経験者さんが数人いらっしゃいます。 統計的なお話にはなるのですが確率的には日帰り内視鏡手術のフォロワーさんの中で経過が良い話はあまり聞いた事はありません。 中には『ゴットハンド』と呼ばれている医師の手術を受けて経過が悪く、しかもそのクリニックには入院施設もリハビリ施設もなく結局転院された…

  • 療養中に是非やってみて欲しい事

    療養中に是非やってみて欲しい事 皆さん、最近朝晩少し涼しくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか? 台風などの影響で体調を崩されたり、古傷が痛むなど不調なフォロワーさんが多く少し心配しておりますが💦 今回は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで入院、療養中の方の療養中にやってみてもらいたい事があり記事を書かせていただきました。 ズバリ! 今回療養中の患者さんにおすすめしたいのはズバリ‼️ ブログやYouTubeです。 かくいう僕も実はこのブログを始めたのも療養中、仕事が出来なかった術後3ヶ月を利用してこのブログを開設しました。 そして、鎧コルセットマンのYouTubeチャンネルこそ放置気味ですが…

  • 「椎間板ヘルニア・狭窄症はセルフケアで治す本」の危険性

    「椎間板ヘルニア・狭窄症はセルフケアで治す本」の危険性 皆さん一度は目にした事のあるであろう 「椎間板ヘルニアは自分で治せる」 「脊柱管狭窄症は自分で治せる」 そう、このようなタイトルの本が本屋さんやインターネットでたくさん販売されています。 僕は以前は 「いやいや、、そんなに甘くないよ💦」 と思ってたりこのブログにもそういう記事書いてました。 でも本の内容は別として言葉として 「椎間板ヘルニア・狭窄症は自分で治す」 は正しい認識だと思います。 しかし、その「本」が起こす危険性も高い事をお伝えしたいと思い記事を書く事にしました。 自分で治す本の内容 読まれた方も多いかと思いますがもちろん僕もこ…

  • Gotoキャンペーンを利用してパンダに会いに行ってきましたpart.2

    Gotoキャンペーンを利用してパンダに会いに行ってきましたpart.2 いざ白浜へ 2日目の目的地は白浜🌊 この時期に白浜と聞くと関西の人は白良浜で海水浴と思われるのですが実は我が家、海水浴がダメなんです❌ 泳ぐのが嫌いとかではなく、『海水』が嫌い⬇️ だって、ベトベトするから💦 なので石垣島など沖縄でウェット着てシュノーケリングなどは好きです🤿 特にこちらが冬の2〜3月に沖縄の離島で潜るのが好き💕 まぁ、寒いですけどねw 冬は海水が付いてもベトベトしないから好きです。 楽チン♪楽チン♪ YouTubeをご覧になっていただいた方は分かるかもしれませんがこの日の運転はずっと長女でした。 今はコロ…

  • 腰痛やヘルニアの方にオススメ出来ないモノ3選

    腰痛やヘルニアの方にオススメ出来ないモノ3選 過去にいくつか僕が実際使用して効果があったり、フォロワーさんの評判が良かったグッズや機器を紹介していますが今回は逆に実際に購入し、使ってみて これはあかんヤツちゃうかなぁ。 と感じたモノ3選をお送りしようと思います✋ 第3位 『ダメになるクッション』 某◯印◯品などでブームになり、我が家にもヨ◯ボーのクッションがありますがこれはダメ❌です。 今では猫専用になっていますw たしかに身体にジャストフィットするので座り心地は最高で逆に「腰には良いかも」と勘違いすると思いますがこの手のクッションには問題点がたくさんあります。 まず、座った時の姿勢が恐ろしく…

  • Gotoキャンペーンを利用してパンダに会ってきました part.1

    Gotoキャンペーンを利用してパンダに会ってきましたpart.1 巷で物議を醸し出している政府のGotoキャンペーンで色々おっしゃる方はいらっしゃいますが個人の判断という事で今年も夏旅行に行ってきましたー! コロナ騒ぎで旅行を控えている方には行った気になっていただきたい、そしてこれからGotoキャンペーンを利用して和歌山方面へお出かけになられる方には参考にしていただきたいと思います。 本当は長女が大学に入って大阪に帰ってきたので3年間家族四人で旅行に行けなかったこともあり北海道の知床方面へ行く予定をしておりましたがあまり遠方に行く気にはなれず隣県の和歌山県方面に行って参りました🚙 久しぶりのド…

  • コロナと中国とは戦ってはいけない

    コロナと中国とは戦ってはいけない 新型コロナが未だ猛威を奮っていますが皆さま無事お過ごしでしょうか? 第一波の頃はコロナと戦っていたような感じでしたが今では 『with コロナ』というスタンスが広まってきましたね。 その新型コロナウィルスの発端は中国武漢でした。 その中国という国がキーになり我が社も方向転換を迫られています。 中国一人勝ち Twitterでは職業を明かしていますが、我が社の取引先も激しく『コロナショック』の影響を受け、大会社ももはや国産では採算が取れないという事で我が社と来年夏の契約は結ばないという事になってしまいました。 国産の素材から中国産素材への変更。 我が社に関わらず色…

  • ヘルコニアの適応範囲の狭さとフォロワーさんの施術後

    ヘルコニア適応範囲の狭さとフォロワーさんの施術後経過 椎間板ヘルニアを患いこのブログに辿り着かれた方の中には 『椎間板ヘルニアって今では簡単に治るんでしょ?』 と思われている方が多くいらっしゃると思います。 その『簡単に』というのがここ数年で急激に広まった化学的髄核融解術(椎間板内酵素注入療法)、俗言うところの 『ヘルコニア』 僕は医師でも医療関係者でもありませんので専門的な事はあえて書きません。 ただ、僕のTwitterのフォロワーさん700人のうち半数以上は椎間板ヘルニア患者さんですので情報量としてはかなり認知していますので今回はそのフォロワーさんのツイート追跡などによって得られた情報をブ…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー