searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

カヌマさんのプロフィール

住所
中央区
出身
目黒区

2002年開校、2016年に現在の場所に移転。けっこう歴史があるでしょ。 でもカヌマにとっては あっという間という感じ。これからも「誰にでもわかる」「実感できる」をモットーに良いレッスンを心がけていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログタイトル
歌がうまくなりたい
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanumams
ブログ紹介文
「誰にでもわかる」「実感できる」カヌマミュージックスクールのレッスン風景
更新頻度(1年)

405回 / 365日(平均7.8回/週)

ブログ村参加:2019/04/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カヌマさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カヌマさん
ブログタイトル
歌がうまくなりたい
更新頻度
405回 / 365日(平均7.8回/週)
読者になる
歌がうまくなりたい

カヌマさんの新着記事

1件〜30件

  • 【勉強になりました(大会)】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。随分、前のことになりますが今日は生徒のMさんのお話。Mさんはよく大会に出場するのですがMさんが出る大会、出る大会でいつも賞を取る人がいてその人に憧れていました。仮にAさんとしておきます。大会に良く出る人たちの中では有名な人です。慕ってくる人に歌を教えたりもしていました。MさんはAさんのよく歌う歌を「私も覚えたい」というので指導しました。「北窓」という歌です。情感たっぷりのポップス歌謡。Aさんの歌い方は情感たっぷりというよりも正統派の歌い方でAさんの持ち味で歌を表現していました。ただ僕はやはりこの歌の情感を重視してMさんを指導しました。ある時、同じ大会に2人が出たのですが、2人とも「北窓」。もちろん賞に入ったのはAさん。ところが終わったあとAさんがMさ...【勉強になりました(大会)】

  • 【満を持してウィリー・ガルテ】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。フィリピンユニバーサル・レコードを代表する盲目の歌手、ウィリー・ガルテ。彼のファースト・アルバムはその当時(1990年代)フィリピンでCD、テープ売り上げナンバーーワンの記録を持っています。そのアルバムのタイトルソング、彼の代表曲がこの歌。テーマは薬物禁止。【WillyGarte-BawalNaGamot】その彼のセカンド・アルバムにカヌマが作曲したLaginngNananabikが収録されています。タイトルは「いつも恋しい」ラブソングです。あなたの声は歌のように聴こえる、なぜだろう。私の心に愛がささやきかける。一緒にいるといつも幸せ。いつも恋しい。この後サード・アルバムにカヌマの曲が決定していたのですが残念ながら交通事故で彼は亡くなってしまいました...【満を持してウィリー・ガルテ】

  • 【カヌマの“酔っ払い法”といえば】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。昨日の「結果がでましたよ(大会)」の中で“酔っ払い法”について書きましたが酔っ払いと言えば面白い話があるんです。カヌマが大学生の時運転免許取得のため教習所に通っていました。そこでいつも一緒になるとても大人しいおじさんがいたんです。あいさつしてもウンとうなづくだけ。ですから言葉を交わしたことはありませんでした。教習でもなんかいつもビクビク運転しているみたい。そんなおじさんと仮免の実技試験で一緒になりました。カヌマが先に終わりおじさんの番。見ているとおじさんたらいきなり急発進、坂道発進でも停止線で止まらず、踏切も。試験を終えた(途中で中止)おじさんに「どうしたんですか?」おじさんは下を向いたまま「いやー気が弱いもので緊張しないようにと一杯ひっかけてきたん...【カヌマの“酔っ払い法”といえば】

  • 【音痴??も自信をもって歌えば】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。「Yさんより・・・」音痴も自信もって歌っていたらしだいに治ってくるもんですよね。でも妻の音痴は治りません。声を出すのを怖がってるからです。微妙な音程は笑顔で歌うだけで変わったりします。<アドバイス>・・・声を出すのを怖がると、声が前に出ず、口の中にこもってしまいます。これがくせもので、口の中では排気の方向がバラバラになり音程が不安定になります。排気の方向(声を前に出す方法)は上歯の裏側のつけねあたりで、高音になるとホンの少し上あごの中央よりになります。ホンの少しですよ。あまり中央よりになると高い声は出しやすいのですが...【音痴??も自信をもって歌えば】

  • 【結果がでましたよ!!(大会)】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。数年前のことです。舞台に上がる前に「まず口もとをゆるめてから本番の舞台に出てくださいね」「一番てっとりばやいのは自分が舞台に立つ前に“酔っ払い”になった積りでだらしなく歌って口もとをゆるめておいてください」一人は作曲家の伊藤雪彦先生が審査委員長をつとめる大会で伊藤雪彦賞(歌唱賞)をとり賞状と先生の名入りの盾をうれしそうに見せてくれました。もう一人は毎年一度行われるクラウンレコードの大会で今年は優勝しました。(ここ2~3年伸び悩んでいたのですが・・・歌が一語一語なので)次は全国大会だそうです。カヌマ式の“逆の発想”。誰でも緊張せず力まず歌いたいと思っているのになかなか・・・逆に「力みたくても力めない」酔っ払い法。(緊張している酔っ払い、力む酔っ払い、い...【結果がでましたよ!!(大会)】

  • 【この歌大好きでした】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。カヌマがかの国で作曲活動をしていた頃。1990年代。当時人気絶頂だった歌手、アリエル・リベラ。女性ファンの多さはピカイチ。彼の代表曲はもう一曲あるのですがカヌマはこの歌が大好きでした。イントロからワクワクする素敵な歌。何度聴いても飽きません。この歌大好きでした。もちろん今でも。彼の代表曲、歌ってみたいな。ArielRivera-SanaKahitMinsanKrizzaNeri-SanaKahitMinsan【カテゴリー別・記事一覧】今は昔、ワンポイントレッスンetc【カテゴリー別・音声レッスン一覧】Jポップス、演歌、ジャズetc【loveletters/さえ先生のピアノでカヌマが】20204/1カヌマ開校記念日に【さえ先生andカヌマ】イカオラマン...【この歌大好きでした】

  • 【本物ってすごい!!】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。数十年前のことになりますが、アメリカのグラミー賞でトニー・ベネットが長年音楽界に貢献してきたことを讃えられ、特別な功労賞を受賞したときのことです。若い人達はご存知ないかも知れませんが、フランク・シナトラの時代からずっと第一線で活躍している大歌手です。「想いでのサンフランシスコ」Ⅰleftmyheart~と言えば「あぁ」という方は多いのでは?年を重ねてもおとろえないその声、歌唱力。受賞の際、インタビューアーに「その秘訣は?」と聞かれ、彼は一言、『母音』。僕はアッと思いました。大ベテランが母音(アイウエオ)とは。でも皆さん、考えてみてください。発声においても、ことばにおいても基本中の基本じゃないですか。~にはじまり~でおわる。感動しました。同様に聞かれ、...【本物ってすごい!!】

  • 【圧倒的な声量と歌唱力!!】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。カヌマがかの国で作曲活動をしていた頃。彼女の歌を生で聴いた時、もう本当に身震いするほどの感動。その時聴いたのがこの歌。静かに語るように始まり中盤からの盛り上がり、どんどん彼女の歌の世界に引き込まれてゆきます。そりゃもう言葉もありません。世の中にはすごい歌手がいるもんです。皆さん、聴いてみてください。カヌマがオーバーに言っているのではないということをわかっていただけますよ。本当にすごいんですから。出来ればヘッドホンで。レジーン・ベラスケス、参りました。sanamaulitmulibyreginevelasquez【カテゴリー別・記事一覧】今は昔、ワンポイントレッスンetc【カテゴリー別・音声レッスン一覧】Jポップス、演歌、ジャズetc【lovelett...【圧倒的な声量と歌唱力!!】

  • 【ことばが不明瞭、不安定だったら】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。出場者の歌を採点する時、審査員は楽譜を見ていますか?歌詞を見ながら聴いていますか?その点をよく考えてみてください。審査員は出場者の歌、特にことばを聴いているものです。そのことばが不明瞭に聴こえたり、不安定に聴こえたらきびしい採点になります。ことばが不安定というのは発声だったり、音程だったり、歌のズレだったり・・・。ことばを聴いていれば審査員が知らない歌でも、すぐわかるものです。出場者がテンポに乗って、堂々とことばで歌っていたら審査員の方が困ると思いますが、出場者が緊張し、間違えまい、合わせようが先立つと、声で、声で、になり、力んだり、あせったり、日頃の力が発揮できません。まず力まないように、肩の力を抜いて、テンポにことばを乗せて歌いましょう。【カテゴ...【ことばが不明瞭、不安定だったら】

  • 【とにかく声にシビレました】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。カヌマがかの国で作曲活動をしていた頃よく流れていた曲。もちろん原曲は竹内まりやさんの「シングルアゲイン」ロデル・ナバロの歌で大ヒットしていました。うわぁ竹内まりやさんの歌だ。日本が懐かしいと思い聴いていたものです。その後、ロデルはエイズで亡くなってしまいましたがその素敵な歌声は今もずーーとカヌマの耳に残っています。声にしびれますよ。RodelNavalLumayoKaManSaAkinLiezelGarciaLumayoKaManSaAkin-【カテゴリー別・記事一覧】今は昔、ワンポイントレッスンetc【カテゴリー別・音声レッスン一覧】Jポップス、演歌、ジャズetc【loveletters/さえ先生のピアノでカヌマが】20204/1カヌマ開校記念日に...【とにかく声にシビレました】

  • 【歌いだし!!】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。カラオケ大会というと演歌がほとんどですが、(若い人達には関係ないかな?でもいずれ年をとって出たりして、それも演歌で)笑でもすごいなぁと思うのは、一つの大会に、出場者が200~300人というのがざらですもの。(今は自粛中ですが)本当に歌が好きな人は多いですよね。出場者は、やっぱり出るからには、いい成績を取りたいし、出来れば賞をと思うのが人情ですね。そこで緊張しながらも、一生懸命間違えまいと、声を張り上げて歌ったところ、成績はさっぱり。本人は間違えたところもなく、うまく歌えたと思ったのにどうして?ある有名な作曲家が審査にあたり、「僕が聴くのは2点だけです。“歌いだし”(最初の4小節)と声を前に出して歌えたかです。」そうです。プロなら一声聴けば、その人の発...【歌いだし!!】

  • 【楽譜でわかること】

    また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。“楽譜を使おう”皆さんはお気づきでしたか。日本語の歌の場合、音符の数と歌詞の言葉の数を比べると、音符の数が多いのがほとんどです。メロディを正しく覚えるには、足りない言葉を補ってやる必要があります。楽譜には歌詞の言葉の他に、“横棒”があります。歌詞の言葉の数と横棒を足すと音符の数と同じになります。では横棒はどうしたらいいのか?答えから行きます。横棒にはその前の言葉の母音(かー、だったらーにア)が入るか、又は休符とはチョット違う“間”になります。もうひとつ難しいのですが、通常のアクセントの位置を変える(ズラす)シンコペーションにも使われます。今回はホンの一例ですが、歌詞だけで歌を覚...【楽譜でわかること】

  • 【ハッと我にかえる】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。Aさんは出場する大会でいい成績を挙げるようになり、今、乗り乗り、張り切っています。6月(数年前)にも大会に出場するということで、出場曲をチェックしました。(以前、指導した歌)さすがに自信もついたのか、堂々とした歌いっぷりですが、1ケ所、たった1ケ所、声がひっかかった所で、聴いているこちらは“ハッと我にかえり”それまでのみごとな歌の世界からいきなり現実に引き戻されました。その後、どんなにじょうずに歌っても、一度、白けた気持ちはもう歌の中に入ってゆけません。こんな感じで審査員も聴いていると思いますよ。【カテゴリー別・記事一覧】今は昔、ワンポイントレッスンetc【カテゴリー別・音声レッスン一覧】Jポップス、演歌、ジャズetc【loveletters/さえ先...【ハッと我にかえる】

  • 【ヴォーカルを習っている私でもとても参考になります】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。いきなりですがカヌマさんのブログを拝見させていただきました。歌について丁寧に書かれていて、ヴォーカルを習っている私でもとても参考になります♪特に書かれている記事に頷けることが、とても楽しいですね。・・・・・・私がヴォーカルを始めたのはほんの些細な友達の発言でした。「声量が大きすぎる」その一言で別に歌手になるわけでもないのに、歌が上手くなりたいと思ったんです!ヴォーカルを習うと同時に、ここでも何か学ばせていただければいいな・・・。どうかよろしくお願いします。カヌマ参考になることがたくさんあるといいですね。【カテゴリー別・記事一覧】今は昔、ワンポイントレッスンetc【カテゴリー別・音声レッスン一覧】Jポップス、演歌、ジャズetc【loveletters/...【ヴォーカルを習っている私でもとても参考になります】

  • 【審査員の好み⁈】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。<Pさんより>・・・カラオケ大会では審査員の好みもありますので賞は気にしないでいろんな先生の「寸評」を楽しみにしています。カラオケBOXでは「カヌマ」サイトを読んで「復習練習」と思い唄ってきます。(例えば声を前に出す練習をメインにする・・・時もあります)<カヌマ>・・・審査員の好み、あるでしょうね。曲についても「私にはこういう歌はよくわかりません」とはっきり言う審査員だっていますもの。(演歌の有名作曲家が横文字の入った歌の審査で)考えてみてください。200~300人、出場する大会で歌われる歌をすべて知っている審査員がいますか?ですから発声が大事なんです。プロの審査員は一声聴いただけでその人の発声の力量がわかる人達ですもの。「声を前に出す」発声の基本で...【審査員の好み⁈】

  • 【持ち味!!】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。“持ち味”人によってはテンポの速いリズミカルな歌が似合う人、逆にスローな歌いあげ系の歌が似合う人、又は語り調の歌が似合う人。それぞれですね。カヌマの生徒さんの中にはどんな歌が自分に合うかわからないので選曲を「先生、選んでください。」という人や、友達にすすめられたからと明らかに似合わない歌を習いたいという人もいます。かといって自分の好きな歌が必ずしも合うとは限らないし・・・。もちろん音感をきたえ、発声練習で声に磨きをかけ、前に述べたレガート、スタッカートを歌いわけ、リズム(テンポ)に乗り、メロディに言葉を乗せることが出...【持ち味!!】

  • 【どなってはダメですよ】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。<Pさんより>・・・直される箇所は「酒田みちのく」の盛り上がりが作曲家・ディレクターの耳に少々キッかったらしい。でも、友だちが5位になりその賞金で焼肉をご馳走になってきました。<カヌマ>カヌマが教室の生徒さんにいつも言っていることですが「どんなに大きい声を出してもいいですが口に力を入れるのだけはやめてください。腹から声ですよ。口に力が入るとお腹からの声になりませんから」「口に力がはいると声のひびきがなくなります。どなっているだけ。どなって何を表現するのですか?もっとことばを大切にしなきゃ。声のボリュームはひびきです。トンネルの中で声を出せば大声でなくてもひびくでしょ。それが発声です」Pさんありがとう・・・再び元気を取り戻しました。来週は前田先生の審...【どなってはダメですよ】

  • 【ことばで歌おう!そのためには?】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。“ことばで歌おう”共感できる言葉、ストーリー。それを歌う喜び。感情移入。歌の醍醐味です。自分の気持ちを揺り動かした歌は、いつまでも飽きずに歌い続けられます。でも皆さんの中には、まちがえまい、あわせようとメロディを意識するあまり、言葉をおろそかにしていませんか。もったいないですよ。ここで今回のポイントです。歌詞をよみましょう。それも声を出して“音読”で。耳から読んだ言葉が頭に入ってくるのと、黙読したものでは歌う時言葉がそのままメロディに変わるのと、メロディに言葉をあてはめるぐらいの差が出ます。内容の理解は黙読でもよいの...【ことばで歌おう!そのためには?】

  • カヌマが歌う【愛のフィーリング/頬をつたう涙】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。この歌は銀座で歌っていた頃最初は「ただ一度だけのたわむれだと」で始まるハイファイセットの歌詞で歌っていました。ある時お客さんの女性から「先生、お願いがあるの。この歌大好きな歌なんです。モーリス・アルバートの英語詞で歌っていただけませんか」「わかりました。次回いらした時英語で歌いますね」と約束。しばらくして彼女がまた来店。カヌマは英語詞で歌いました。一応歌詞の内容は調べ練習もしましたよ。カヌマが歌い彼女を見ると彼女の頬に一筋の涙が光っています。きっと思い出の中にこの歌があったのですね。悲しい恋の思い出?別れたけれど幸せだった頃の思い出?カヌマが歌い終わると彼女は口パクで「ありがとう」こちらまでジーンとしました。それからはこの歌を歌うたびに彼女の頬を伝う...カヌマが歌う【愛のフィーリング/頬をつたう涙】

  • 【声を自由自在にあやつって!!】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。“声を自由自在にあやつって歌う”理想ですよね。音感をきたえて、発声練習をして・・・。準備完了。でもいざ歌う時、まちがえまいとか合わせようとする気持ちが強いと、声にブレーキがかかり、金縛り状態。歌を覚えるときはメロディが主人公です。メロディに言葉をあてはめるわけですが、この時はまだスタッカート気味でいいです。そして言葉でメロディをなぞれたら、今度は“言葉を主人公”に変えてゆきます。リズム(テンポ)に乗ってメロディに言葉を乗せて行きます。これが大切です。そして言葉がしっかりすればするほど、そこで出している声もしっかりして...【声を自由自在にあやつって!!】

  • 【自分らしさが出ないんです】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。Sさんはとにかく歌が好き。小さい頃から歌うことが大好きだったといいます。好きな歌はジャンルを問わず何でも歌っていました。その影響でしょうか、息子さんもバンドをやっています。パンクバンドのボーカル!!(息子さんの記事です)好きこそもののなんとかでとても上手です。そのSさんが今悩んでいるのはある難しい歌をその通りに歌おうと取り組んでいるのですがいつのまにかただの真似になって自分らしさが出ない、これでいいのか?ということです。完全コピー、これも上手になるためには大事なことですが・・・Sさんは音感がよいので耳コピーは出来ています(音感=耳)。ただ残念なのはそれを口で再現しようとしていることです。それでは僕がいつも言う一語一語の歌になり口で音程をとり、ただ合っ...【自分らしさが出ないんです】

  • 【レガートって??】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。“レガート”と“スタッカート”のお話しをします。レガートは“なめらかに”スタッカートは“歯切れよく”という意味ですが、一語一語に音程、音の長短をつけて言葉を並べるとどうしてもスタッカート気味の歌になります。もちろん曲の中で言葉をスタッカートで歌う場所もありますがすべてそれでは全くなめらかさのない固い歌になってしまいます。そして一語一語ですから高い音には力が入ったり、長い音は伸ばさなきゃと力んでしまうため、その後に続く言葉が不安定になります。ここで今回のポイントです。「あなたの」という言葉を使ってみましょう。「あなたの...【レガートって??】

  • 【ボクノート/ドラえもんの主題歌】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。映画どらえもんの「のび太の恐竜2006」の主題歌。いい歌でしょ歌詞もメロディも。N・Hさん、この歌の一回目のレッスンですが上手に歌えています。この歌は知っていましたがドラえもんの主題歌だということを知りませんでした。そう思って聴き歌うと頭の中ではドラえもんやのび太君が。歌って面白いですですよね。tv番組の主題歌はそのドラマを見ていたらドラマのシーンであったり、出演者を思い浮かべたりとその歌を歌う歌手のイメージより強いかも。だからヒットするんですね。ボクノートスキマスイッチ詞曲大橋卓弥・常田真太郎耳を澄ますと微かに聞こえる雨の音思いを綴ろうとここに座って言葉探してる考えて書いてつまずいて消したら元通り12時間経って並べたもんは紙クズだった君に伝えたくて...【ボクノート/ドラえもんの主題歌】

  • 【上月昇さん】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。また今日も「思い出を振り返ってみる」という1年前の記事が届きましたよ。(20194/16開設)この頃は一日の訪問者は数人だったんですよ。僕が銀座で歌っている頃のお話。宝塚ファンなら誰もがあこがれた大スター、ゴンちゃんこと上月昇さんがお客さんに連れられて来店したときのことです。女性陣はソワソワ、ワクワク。きらびやかな衣装を身にまとい歌い踊る姿からは想像もつかない地味な服装、そしてスター気取りのないすごく感じのいい方でした。皆にせがまれて、カヌマの伴奏で歌ったのは「アドロ」。やっぱりフンイキが違います。ギターを弾くカヌマもゾクゾク。カラオケではないのでテンポルバート(テンポを自由に)で情感たっぷりに“ことばで歌って”くれました。素敵でした。いい思い出です...【上月昇さん】

  • 【ラブレター カヌマの淡い恋】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。昨日の「つつみこまれて」さえ先生のピアノにLoveletters再録音、よかったでしょ。素敵なコメントもいただきましたよ。皆さんありがとうございました。カヌマにとってラブレターといえばカヌマが中学二年生になった時、当然新一年生が入ってきます。その時2,3年生の男子学生たちがザワザワ。それというのも新入生の中に小学生のころから頭が良くてとびきり可愛いくて有名な女の子が入ってきたのです。当時カヌマはバスケ部に入っていたのですが彼女もバスケ部に入部してきました。男子、女子は同じ体育館で同じ時間に練習するのですが練習自体は全く別々。でも練習が始まると女子の、それも彼女を見ようと体育館の外で男子学生が鈴なり。すごい人気だなと思って見ていました。ある時男子の試合...【ラブレターカヌマの淡い恋】

  • 【つつまれて】さえ先生のピアノに

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。さえ先生(小松音楽教室)の弾くピアノで歌うカヌマ。「loveletters」フルコーラス、再録音。さえ先生のピアノの音につつまれて歌いたい。今回のカヌマのテーマ。ピアノの演奏の音量を少し上げただけで包みこまれました。皆さんもこのコラボにつつまれれてお聴きいただければな、と思います。そしていつもカヌマの使う画像はワンパターン、音声レッスンではいつもの画像がぴったりですがせっかくのコラボ、同じじゃぁな、何とかしたいなと思い変えてみたんです。画像が変わりまた無性にlovelettersを歌いたくなりさえ先生に音源を再アップしてもらいもういちど歌いなおしたというわけです。是非お聴きください。なお「最強のloveletters」もこれと同じものにさしかえました...【つつまれて】さえ先生のピアノに

  • 【声の出口は口だけ??】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。“声のボリューム”について前回も述べましたが、声=口と思っている人が多いようです。従って声(口)を張り上げなければボリュームが出ないと思ってしまいます。さぁ今回のポイントです。一度ハミングで歌をうたってみてください。口(唇)は閉じていますよね。舌も動きません。注意してほしいのは歯だけです。歯をくいしばらずやってみてください。ハナの音はン(ム)ーですが、ハナの前の方で音を響かせたいので「フンフン」の積もりでどうぞ。どうですか。口を使わなくても音程もとれ、音も伸ばすことが出来るでしょう。要するに口を使わなくてもメロディを奏でることが出来るのです。そして練習次第でハナは素晴らしい楽器になってくれます。音程はおろかメリハリだって思うがまま。ボリュームについて...【声の出口は口だけ??】

  • 【口元をゆるめて!!】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。“口について”耳からの情報を口で言葉に変換する時、最も気をつけて欲しいことは“口元をゆるめて”ということです。(だらしなくではないですよ)声=口でと思っている人は、声(口)に力を入れたり、抜いたり。これではスムースに口が動いてくれません。長い音符があったり、短い音符が連続していたりというのがメロディです。メロディをスムースに言葉に変換する口の動きが悪いのでは、お話しになりません。さぁ今日のポイントです。口元がゆるんでいれば、言葉を作る舌、唇、歯などが固くならず動いてくれます。口は言葉を担当するもので、その口で音程をとったり、力んで声を伸ばしたりするのはもってのほかです。声のボリュームを出してくれるのは口だけではありません。逆に口に力が入ると、のどが閉...【口元をゆるめて!!】

  • 【音感 その2】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。音感=耳はすでに述べましたが、高い音、低い音、長い音、短い音、そしてリズムはまず耳から入ってきますよね。耳を塞いだらどうです。聴こえないでしょう。耳から入ってきた情報を脳が(高い、低い、長い、短い、速い、遅い)判断するのです。要するに耳がしっかり音、リズムを捉えてくれなければ脳も困ってしまいます。そして全身運動で声は出るものですが、言葉は主に口が担当します。ですからカヌマでは、発声練習で舌、唇、歯(あご)などに分けスムースに動かすことに重点を置いています。しかし耳でとられる情報(音程、リズム等)が不十分ではスムースに口は動かせません。こう思って下さい。“口は耳からの情報を言葉に変換するもの”だと。ところが耳からの情報が不十分(うるおぼえ)のまま歌えば...【音感その2】

  • 【音感 その1】

    神奈川県相模原市のボーカル教室カヌマミュージックスクールです。【音痴??】(音程、リズム)に続き今回は“音感”についてです。でもその前に歌を習おうとする人に発声練習さえすれば歌がうまくなると思っている人が多いようです。確かに教室によっては全く発声練習なしで歌を指導している所も多いと聞きます。これは問題外です。では発声練習とは。例えば誰でもみすぼらしい恰好で外に出るのは恥ずかしいし人に見られたくないと思うでしょう。声も同じです。発声練習で声を磨くということ、すなわち服装がよりよいものにかわってゆくということ。そして身なりがよくなれば、人に見られたいと思うのが人情です。発声で得られること。例えば苦しかった高い声が出せるようになった。頼りなかった声にボリュームがついた。その逆にがなりたてなくても楽に声が出せるようにな...【音感その1】

カテゴリー一覧
商用