searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

自転車開援隊さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自転車開援隊
ブログURL
http://japan-bike-tourist.com/
ブログ紹介文
人生に絶望したコミュ障、社内ニートのリストラ間近ダメリーマンによる、自転車日本一周記録(分割)。その他、ポタリング、旧道、廃道探索記録や、便利グッズの紹介など。
更新頻度(1年)

18回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/03/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、自転車開援隊さんの読者になりませんか?

ハンドル名
自転車開援隊さん
ブログタイトル
自転車開援隊
更新頻度
18回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
自転車開援隊

自転車開援隊さんの新着記事

1件〜30件

  • ロングライドとブルホーンの相性[シフター/ブレーキレバー]

    日本一周やロングライドとブルホーンハンドル相性かれこれ5年くらいブルホーンハンドルをロングライドで使用し、ブレーキレバーやシフターなど色々試行錯誤してきました。今回はそのメリットとパーツの変遷について説明します。1.何故ブルホーンハンドルなのか?以前はドロ

  • 春の陽気に誘われゆるポタ

    今日は15℃と真冬とは思えない陽気だったので、久々のポタリングです。といっても近場をちんたら走るだけ。厳しい競争社会に敗れたダメリーマンの私は、自転車でも速さを競うロードバイクから撤退し、専らランドナーを使用したゆるポタメインです。速さや時間に縛られないの

  • ソロキャンプで太平洋岸自転車道全線走破

    ソロキャンプで行く太平洋岸自転車道全線走破太平洋岸自転車道・・・・半世紀近く前の1970年代に構想された一大プロジェクト。その後、計画は頓挫し数十年が経過していたが、近年の自転車ブームの流れによってふたたび日の目を見ることとなりました。そして2019年の3月に正式

  • 長距離ツーリングに最適なフレームは①?(クロモリVSアルミ)

    クロモリVSアルミツーリング車のフレームはクロモリ(鉄)が良いとか軽量で安価なアルミが良いなど色々な説がありますが、私の自転車は色々考えた末にクロモリを採用しました。よくクロモリ愛好家の中に「クロモリフレームはしなるので乗り心地が良く長距離乗っても疲れない」

  • 自転車日本一周/キャンプツーリング装備一覧[キャリア・バッグ編]

    自転車日本一周/キャンプツーリング装備一覧[キャリア・バッグ編]自転車日本一周やキャンプツーリングで使用しているキャリア・バッグ類について紹介します。キャリア・バッグ一覧No.品名メーカ型式質量耐荷重1Fキャリア日東M12255g5㎏2RキャリアTubusCOSMO730g40㎏3ケージブラックバーンアウト

  • 日本一周装備一覧[自転車編]

    自転車日本一周をはじめ長期ツーリングで使用する自転車の仕様一覧です。

  • 紅葉の奥日光・赤城・渡良瀬遠征2日目(2019年11月4日)

    紅葉の奥日光・赤城・渡良瀬遠征2日目前橋市内のビジネスホテルからスタート今日は日光を渡良瀬川沿い経由で北上する。前橋から渡良瀬川までは街中で面白くもないので上毛電鉄を使うことにした。上毛電鉄は自転車をそのまま電車内に持ち込むことができるので非常に便利。こん

  • 紅葉の奥日光・赤城・渡良瀬遠征1日目(2019年11月3日)

    紅葉の奥日光・赤城・渡良瀬遠征1日目1日目日光市大谷川河川敷駐車場(無料)まで車で移動し、そこから中禅寺湖方面を目指す。この駐車場はハイシーズンの日光でありながら無料でとめられるので毎回重宝している。東照宮から距離があるためとめる車もそれほど多くないようだ。

  • 自転車開援隊の由来について

    自転車開援隊の由来について今日は自転車開援隊の由来についてお話します。コミュ障ぼっちダメリーマンサイクリストの私ですが、以前はツーリング仲間のE君という人物がいました。E君についてはこちらを参照くださいE君は精神的な病気でおかしくなってしまい、今では一緒

  • 日本一周の野宿場所まとめ

    日本一周の野宿場所まとめ途中経過ですが、これまで分割日本一周で宿泊した場所をまとめてみました。トータル宿泊回数:70回内訳:キャンプ場:9回公園     :22回河川敷  :6回海岸   :2回道の駅    :8回駐車場他   :7回駅    :3回バス停  :2回跨

  • 2020年走り納め

    2020年走り納めいよいよ2020年も今日で最後。コミュ障ダメリーマンの私は実家からも勘当されているので、行き場所もなく一人さみしく年末を過ごす・・・ということで、今日は走り納め。目的もなく無心で河川敷をひた走る。今年も色々あったな・・コロナのせいで毎年恒例の分

  • [旅人御用達!?]セイコーマートの100円パスタの凄さ

    セイコーマートの100円パスタの凄さ北海道自転車ツーリングの生命線セイコーマート(通称セコマ)。どんな田舎町にも必ず1件はあり、セイコーマートで食いつないでいるチャリダーは数知れず。自転車で旅をしていると異様に腹が減るので食費が馬鹿になりません。走り方により

  • 大事なツーリング仲間

    大事なツーリング仲間私はブログの冒頭でも紹介しているようにリストラ間近のさえないダメリーマンです。そんな私にも以前は一緒にツーリングをする同僚のE君という仲間がいました。E君は非常にまじめな好青年で、誰からも好かれ、誰よりも仕事熱心な人物でした。しかし、そ

  • バイクパッキング全盛の今、伝統的なサドルバックを使用する理由

    バイクパッキング全盛の今、伝統的なサドルバックを使用する理由現在自転車旅行ではバイクパッキングと呼ばれる新しいスタイルが定着しつつあります。このスタイルは従来のようなキャリア類を一切必要とせず、大容量の荷物を積載できるという特徴があります。しかも、バイク

  • 紅葉の会津自転車旅2日目(2019年10月21日)

    紅葉の会津自転車旅2日目本日は道の駅から出発磐梯山を拝みながら気持ちよく進んでいくそのままゴールドラインで磐梯山を登るなかなかの急傾斜で心が折れそうになる上に磐梯山、下に猪苗代湖そのまま檜原湖へ下る檜原湖から先はレイクラインを進むこの道は地味にアップダウ

  • 紅葉の会津自転車旅1日目(2019年10月20日)

    紅葉の会津自転車旅1日目今回は紅葉の会津を自転車で堪能することにした。予定は1泊2日で宿泊は野宿とすることに決めた。出発は新白河駅から。ここは格安の駐車場が数多くあり都合が良い。帰りは勿論電車で輪行して戻る予定。まずは、県道37号で羽鳥湖をめざす。近くのコンビ

  • 津軽・下北遠征(六ケ所-八戸-久慈) 2019年8月14日

    津軽・下北遠征(六ケ所-八戸-久慈) この日は朝から天気くが悪く風が強い。残念・・・・さっさと撤収して出発昨日は180㎞近いアップダウンを走ったので体中が痛い・・・目の前がコンビニ(しかもイートイン付きで充電可能!)なのでそのまま朝食このプリンは疲れているときに重

  • 津軽・下北遠征(久慈-宮古) 2019年8月15日

    津軽・下北遠征(久慈-宮古)今日も朝から雲。ここが久慈のメインストリートのようだ海沿いは刑務所の壁のような堤防が広がっており海が全く見れない・・海沿いの小道を進む霧がかかって前が見えないおまけに真夏なのにかなり寒いこれがやませなのか北山崎展望台本当ならば三陸

  • 津軽・下北遠征(脇野沢-大間-尻屋崎) 2019年8月13日

    津軽・下北遠征(脇野沢-大間-尻屋崎)道の駅脇野沢から出発。いきなり10%越えの峠の連続。大間まで60㎞生意気なエテ公標高500mオーバーの峠を越える。危険な猿軍団を追い払いながら先に進む。仏ヶ浦を越える。断崖絶壁だ。海沿いをひたすら進む。やっとのことで大間に到

  • 津軽・下北遠征(野辺地-脇野沢) 2019年8月12日

    津軽・下北遠征(野辺地-脇野沢)野辺地から出発。朝の5時なのに周りには散歩する人が多く、早々に撤収。野辺地から先は、下北半島を北上する。ひたすら一本道。アップダウンもなく快適。むつ市内に入り、食料を調達。思っていたよりも都会的でなんでも揃っていた。しかし、大

  • 津軽・下北半島遠征(竜飛岬-野辺地) 2019年8月11日

    津軽・下北半島遠征(竜飛岬-野辺地)本日は竜飛岬からスタート。竜飛岬は険しい断崖にある。付近には青函トンネル基地もある。階段国道を下る。一応スロープがあるので下りられる。竜飛岬から先は海岸沿いをひた走る。ふざけた名前の道の駅。外ヶ浜のコンビニでは猫がお出迎え

  • 津軽・下北半島遠征(鯵ヶ沢-竜飛岬)

    青森沿岸遠征(鯵ヶ沢-竜飛岬)今年の夏休みは青森沿岸の津軽半島と下北半島を責めることにした。スタートは津軽半島の付け根の町、鯵ヶ沢から。名物のヒラメの漬け丼を頂く。メロンロードを北上する。自販機一つない田舎道。あたりはメロン畑が広がる。十三湖までは平地が広が

  • 自転車ツーリングにサンダルとフラットペダルという選択

    自転車ツーリングにサンダルとプラットペダルという選択肢これまで自転車ツーリングといえば当たり前のようにビンディングペダルを使用してきました。しかし、今年の2月に真冬の北海道ツーリングで一時的にフラットペダル(+登山靴)にしてみたところ、思いのほか悪くないとい

  • 太平洋岸自転車道まとめ

    太平洋岸自転車道まとめ1日目 銚子‐旭2日目 旭‐鴨川3日目 鴨川‐久里浜4日目 久里浜‐熱海5日目 熱海‐西伊豆6日目 西伊豆‐三保7日目 三保‐浜松8日目 浜松‐鳥羽9日目 鳥羽‐大紀10日目 大紀‐紀伊日置11日目 紀伊日置‐有田12日目 有田‐和歌山

  • 太平洋岸自転車道を行く[紀州編](2019年5月5日)

    太平洋岸自転車道を行く[紀州編]有田の町を出発。ミカンの産地とあってミカン畑が広がる。海南の町を望む。海南市内はリゾート感が漂う。海南市内を過ぎるといよいよ和歌山市内へ。いい感じの石橋を発見。和歌山市街突入。和歌山城を発見。和歌山城を散策。和歌山市街からは

  • 太平洋岸自転車道を行く[南紀白浜編](2019年5月4日)

    太平洋岸自転車道を行く[南紀白浜編]今日も快晴!道の駅志原海岸から出発。道の駅志原海岸の目の前には自転車道が通っている。白浜日置川自転車道というらしい。ここも太平洋岸自転車道の一部。恐らく旧道を自転車道に転用したのだろう。10%越えのアップダウンが連続する。

  • 太平洋岸自転車道を行く[南紀編](2019年5月3日)

    太平洋岸自転車道を行く[南紀編]そろそろ本気を出さなければ連休中に大阪に到達できそうにないことが発覚したので、今日は無心でひたすら走ることにした。早朝6時前に紀北町の古里海岸キャンプ場を出発。国道42号を南下する。この辺りはトンネルが多いが歩道用トンネル(恐ら

  • 太平洋岸自転車道を行く[伊勢志摩編](2019年5月2日)

    太平洋岸自転車道を行く[伊勢志摩編]本日は鳥羽からスタート。太平洋岸自転車道のルートを確認すると鳥羽から先は2通りのルートがあるようだ。1つ目は鳥羽から伊勢神宮方面に向かい内陸を通るルート2つ目は鳥羽から海岸沿いを走行し、伊勢志摩に抜けるルート迷ったが、伊勢神

  • 太平洋岸自転車道を行く[渥美編](2019年5月1日)

    太平洋岸自転車道を行く[渥美編]今日は浜松市内からスタート。久々のホテル泊だったので体力完全回復。 まずは浜松城を見学。浜松城から街を見渡せる。結構高層ビルがあるようだ。浜松市内から海沿いを目指す。中田島砂丘。近くにある公園に立ち寄ったら大量のカメが寄っ

  • 太平洋岸自転車道を行く[遠州編](2019年4月30日)

    太平洋岸自転車道を行く[遠州編]雨の中、三保から出発。清水灯台。しばらくは海岸沿いの堤防を走る。世界遺産の一部、三保の松原。天気が良ければ富士山を拝めるらしい。松原を越えて、海岸沿いの堤防を西に進む。一部工事区間があり迂回が必要。安倍川まで来ると自転車道は

カテゴリー一覧
商用