プロフィールPROFILE

mrsugar8816さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
mrsugar8816の日記
ブログURL
https://mrsugar8816.hatenablog.com/
ブログ紹介文
文学や音楽、映画やアニメ好きによるフィクション・ノンフィクションにこだわりなく書いたブログです。
更新頻度(1年)

21回 / 362日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/01/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mrsugar8816さんの読者になりませんか?

ハンドル名
mrsugar8816さん
ブログタイトル
mrsugar8816の日記
更新頻度
21回 / 362日(平均0.4回/週)
読者になる
mrsugar8816の日記

mrsugar8816さんの新着記事

1件〜30件

  • あの娘ぼくがお箸置いたらどんな風に運ぶだろう

    社会人になると学校では教わらなかったことに度々ぶつかる訳で。 よくある一つが牛丼チェーンで食べ終えた後の箸の置き方。これは学校で教えてくれない。 牛丼を食べ終えてからの箸の置き方は、以下3つの選択肢がある。 ①どんぶりの上(ふち部分)で平行に置く ②どんぶりの底に箸の先がくるよう、どんぶりの内側に立て掛ける ③お盆の上に置く 私は②派である。 ①は渡し箸という自分の知るマナーに触れるため、③は使用して汚れた箸をお盆に直接置くのがためらわれるため、という理由で。 ただし②の場合、どんぶりがそれほど深くないからか、店員さんが片づける際にどんぶりの中で立て掛けた箸が落ちてしまうのではないか。(実際、…

  • NPCのフリ

    数日間、仕事の関係で渋谷に行くと、渋谷スクランブルスクエアなる施設ができていた。 Shibuya Scramble Square SSSと言えば、『Angel Beats!』の「死んだ世界戦線」を思い出す。良いアニメだった。 渋谷スクランブルスクエアそばのエスカレーター、これが連日混んでいた。 混み混みでごみごみしていた。 混んでいて、しかもエスカレーター乗るために並んでゆっくりゆっくり歩きながらやっと乗れて。。。 どこに施設つくってんだよ。 もう少し人の流れを考えたほうがいいだろ。 スクランブル交差点Ⅱじゃねえか。 と、イライラした。 翌日。 スクランブルスクエアそばのエスカレーターで左側に…

  • パチ野郎のニューウェーブ

    国道沿いの中華屋に入り、レバニラ炒め定食を注文した。 その中華屋は昔テレビで来た元 若乃花の写真をたくさん飾っていた。 調理されたレバニラ炒めを食べていると、隣のテーブルに二人組のご老人が座った。 帽子の方と白髪の方。年齢は70代くらいだろうか。 ご老人たちはエビチリ定食のご飯を半ライスにしたのと、回鍋肉定食を頼んでいた。 「あの店、全然出ねぇって、今度文句言ってやろうと思ってよ」 「ハハッ」 「今日、あのオバサン店来てた?」 「いや、見てねえな」 どうやらお二人は、向かいのパチンコ店から来たようだった。 「これ(エビチリ定食)ご飯多いな~。半ライス、もっと少なくて良いな」 「いや、食えんだろ…

  • zizura

    行う と 行なう どちらの送り仮名を使えばいいのか、迷うことがある。 例えば、仕事の報告書とか。 申し込み、という言葉も送り仮名の選択を強いてくる。 申込、申込み、申し込み。 予約申込、のように一つの名詞になっているときは漢字のみ。 ○○を申し込む、と動詞のときは送り仮名が要る。 ――とか聞いたことがある。 が、じゃあ申込みは何故「申」が漢字のみで「み」の送り仮名が付くのか。 あと、名詞と動詞で使い分けた結果、一つの報告書の中で送り仮名の統一性が無くなるのも気持ち悪い。 (赤い波線でWord先生からのご指摘も入るし) 字面を見れば意味は分かるのだから、どれでもいいのかもしれないが。 行うの送り…

  • 【ご注意】不動産ライス

    先日、厄介な訪問者がいた。 ピンポンが鳴り、ドアを開けて応対して追い返すまで約15分。 時は金なりと言うが、時間を返してほしい。追い返したお返しに、時間かそれに代わる何か(お金が妥当)を返しておくれ。 そう思った。 不動産ライスです。 訪問者は、そう名乗った。 20代半ばくらいの男性。 彼のしつこさは、天下一品だった。 訪問があったのは夜20時過ぎ。こちらが食事中のこと。宅配便だと思ってドアを開けたのが間違いだった。 ライス(以下ラ) 「最近このあたりで不動産の調査をしているライスです」 俺「いま食事中なので。案内であれば、名刺やパンフレットを置いていってくれれば、受け取ります」 ラ)「名刺は…

  • 彩り野菜のフラワー

    アイドル戦国時代などと言われて久しい。 トップアイドルからご当地アイドル、CMに出る人から自称アイドルまで、いまや数多のアイドルが全国各地にいる。 人気アイドルにもなれば、そのグループの音楽は様々な場所で流れる。 街中や飲食店、テレビのBGM――聴きたいわけでもない曲が耳に入ってくる。 最近よく耳にする曲があった。 幼い女の子たちが唄うその曲は、キャッチーなメロディかつどこか哀愁が漂う。 その曲がやけに流れているから、よっぽどの人気かプッシュされているアイドルだろうと思っていた。 というより、巷で流れすぎていて、アイドル好きの男衆のロリコンっぷりも、ついにここまで世間に浸透してしまったかと半ば…

  • リオネル・メッシの凄さ

    Q:サッカー アルゼンチン代表リオネル・メッシの凄さを3点で説明せよ。 A:①ドリブル、②キック、③判断力 最近、Abema TVでバルセロナの試合を見ることが多く、あらためてメッシの凄さを思い知った。 メッシの凄さといえば、この三点がずば抜けていることだ。 (ちなみに私の一番好きなサッカー選手は、元イタリア代表のアンドレア・ピルロです) ■メッシの凄さ ①ドリブル まずスピード。ボールを持っていても相手を置き去りにしてしまう。 そして、ディフェンダーを抜く力。私は「剥がし」と呼んでいるが、3~4人まででも普通に抜いていく。相手の力学が見えているのではないかというくらい、ドリブルする方向・ボー…

  • 真夏星人

    向かいからダフト・パンクが一人でやって来たと思ったら、サンバイザーを被ったおばちゃんだった。 サンバイザー、で正しいのだろうか。 ロボコップみたいなの。 そう言えば、X-MENのサイクロプスはリーダー的な存在だった。 顔のうえ半分が覆われて、太陽の光で虹色に輝いている。 何か飛んできても、キンッと弾いてしまいそうだ。 そんな近未来的なダフト・パンクも、ママチャリのペダルは漕がなければならず、せっせと足を動かしている。 自転車が近づいてくるにつれ、無機質な相貌と足元の動きの組み合わせに違和感を覚える。 こんなキンキンなの着けてて、前が見えているのだろうか。 自転車が通り過ぎる。 さらばダフト・パ…

  • エウネメス

    本屋に行ったら、マンガ『ヒストリエ』(岩明均)の11巻が並んでいた。 2019年7月23日に発売されたらしい。 10巻の発売が2017年3月だったので(検索して調べた)、2年数ヶ月経過している。 最早、(新刊を)待ってはいない。 でも、発売されたら必ず買うし、ものすごく楽しみではある。 これは、『ハンター×ハンター』(冨樫義博)ファンの方と共通することなのか? 『ウルトラヘブン』(小池桂一)を買っていたときも、似たような感覚(間隔)があった。 『ヒストリエ』は、新刊が出たら購入している唯一の作品だ。 歳をとるにつれて、コミックを買う冊数はだいぶ減っていった。 マンガへの興味×本棚の空き×懐具合…

  • 徳と福

    台風が来ているらしい。 NARI(ナーリー)という名前の。 台風のフー子ではなく。 台風が日本列島に上陸したなら、猛烈な雨、そして風をもたらすことになるが、この間、猛烈な風を吹かせた男がいた。 ラーメン屋。 初めて食べる徳島ラーメンがとても美味しく、ズルズルと麺を啜っていた。 と、入口が開いてスーツ姿の三人。 男男男、と書いてかしましい。ってか騒々しい。 飲んだ後で、明らかに酔っぱらっているのが一人。他の二人は酔っぱらいに従っている感じだった。 酔っぱらいは30代~40代で、後輩二人(新人っぽい)に、教えを垂れたりしている。 無礼講でだいじょうぶだから!――そんなことも言っていたが、口調や雰囲…

  • チダン

    夏で暑くなってくると、たまに思い出す。 アイツの存在を。 (害虫の話ではありません) 大学1年のころ。 前期のテストが終わり、家に帰るべく電車に乗っていた。 東海道線。外はカンカン照り。 テストからの解放感と長い夏休みに対するワクワク。 大学4年間の長期休みはもっと有意義に過ごすべきだったと、今さらながら思う。 勉強でも遊びでもいいから、もっと熱中しておけと。 そう言えば、日射病はいつから熱中症と呼ばれるようになった? 閑話休題。 東京方面行きの東海道線。車内はそれほど混んでいなかったが、扉の前で背を預けて立っていた。 途中駅で扉が開閉した後、私の向かいに50歳くらいのおじさんが立つ。 明るい…

  • Introduction

    先日、飲み会の帰り道にて。 深夜1時を過ぎて、辺りを歩く人はほとんどいない。 ほとんどではない、いない。 少し酔っぱらい、どうせ人もいないからとスマホでYouTubeの音楽を流し、調子に乗ってイヤホンもせずに歩いていた。 暗闇と静寂。静寂の中に少量のバンド音楽。 住宅が並ぶ小路を歩いていると、左前方の玄関前に何かが置かれているのが視界に入った。 スマホでPVを見ていても何かあるのがわかるくらい、大きなものだった。 デカめの観葉植物とかかな。 そう思いつつ顔を上げた。 そしたら、いた。 とある玄関前で立ち尽くすおじいさん。 単純な表現だが、マジでゾッとした。 一瞬にして、酔いも吹き飛んだ。 玄関…

  • 思うようになる/ならないこと

    自分の思うようにならないことが、嫌だ。 怒りを覚える。は言い過ぎかもしれないが、イライラはする。してしまう。 例えば、休日に自分の中でイメージする過ごしかたがあるところに、妻から買い物の予定を入れられたり。 仕事で急な案件が入って、自分のタスクができなくなったりとか。 アンガーマネジメントなんて言葉も耳にする。 昔からある言葉のようだが、文字どおり怒りを抑制することらしい。 怒りを抑制する、コントロールするのはとても大事なことだろう。 自分の思い通りにならないからと、毎度怒っていては、周りの人から信用を失うし、自分自身も大変だ。 ただ、アンガーマネジメントというのを常に実践します、というのも何…

  • マッチ飲みの少年

    マッチという飲み物がある。 「ビ・タ・ミ・ン すうぅ~ マッチ♪」のCMソングが印象的だ。 発売当初、母親が買ってきてくれて、サッカーチームの練習にと、その飲み物を持たせてくれた。 CMもたくさん流れているマッチが飲める! 私はうれしかった。 サッカー練習の休憩になり、500mlペットボトルのフタを開け、念願の飲み物を口に含む。 すぐに感じた。 口の中がシュワシュワする。 パチパチとはじけている。 マッチが炭酸飲料ということを私は知らなかった。(正確には微炭酸、だろうか) サッカーの練習から家に帰ると、私は母親に文句を言った。 マッチが炭酸だったこと。 そんなものは、スポーツの休憩に相応しくな…

  • クヲアテタイ

    JR京浜東北線。 端の席に座っていると、隣の座席が一つしか空いてないからか、二人組の男性が目の前に立つ。 俯いているため声しか聴こえないが、外国の方と日本人の二人組のよう。 ピャラヒャラと音を鳴らし、大船行きの電車が品川駅を発車する。 耳を傾けているつもりはないが、前の二人の会話が届いてくる。 外国人(Aさん):品川ワ、品川区、デスカ? 日本人(Bさん):そう。品川区と港区かな。 程なくして、電車が大井町駅に着く。 Aさん:大井町ワ、、、大井町モ品川区? Bさん:うん。確かそうだね。 大森駅に到着。 Aさん:大森ワ、大森区デショウカ? Bさん:いや、大森は違うかな。 Aさん:ソウデスカ。。。ア…

  • 追悼

    映像を見た。 気が触れてしまった人間の行動とはどのようなものかと、興味本位だった。 これから起こる惨劇の前だから、車内で流れる音楽(=容疑者による選曲)には、何だか恐怖を抱いてしまう。 (どんな曲でも、そう感じただろう。) 犯行現場に着いてから、わずか数分のことだった。 少し呼吸を荒くしながらも、ただ冷静に銃口を向けて発砲し続けることに驚愕する。 目に涙が溢れてきて、「もうやめろ」と呟いてしまう。 人間ではない。 人のやれることじゃないだろう、これは。 主観形式の映像は、同じ形式のゲームや映画を思い起こさせた。 イメージとリアルの境界は少しずつ薄れている。 主観形式は誰もが「私」になれるから、…

  • チョコボの不思議なダンジョン

    中学生のころ、『チョコボの不思議なダンジョン』というPSゲームにハマった。 ハマったというより、ウチではゲームソフトをそんなに多くは買ってもらえなかったから、少ない持ちソフトの一つとして、やりこむしかなかった。 兄の影響や教えというのは弟にとって大きく、「アクションゲームのような単純で一度クリアしたらおしまいみたいなゲームはあまり買わないほうが良い」というその言葉を勝手に守っていた。 それはある意味鎖のようなものだったかもしれないが、シミュレーションゲームなんかを好むようになった今となっては、良かったとも思う。 『ザ・ゲームメーカー 売れ売れ100万本げっとだぜ!』 『ウイニングポスト』 今思…

  • ビッグマウスくん

    今日、ウチの部署に新人がやってくる。 聞くところによると、20代後半の男性で、かなりの「ビッグマウス」らしい。 ビッグマウスといえば、サッカーの本田圭佑選手が浮かぶが、新人くんはどんな感じだろうか。 ただ生意気で未熟な若者(言い方がヒドいな)でなければいいが。 始業のチャイムが鳴って間もなく、私と事務の差歩都さん(40代女性)がいる部屋のドアが開く。 社長(30代のイケメン)に続き、痩身で背の高い男。最近の若者は、背の高い人が多い。 私たちの前に来ると、社長が新人くんに耳打ち。新人くんはハッとして、すぐに顔面を覆う大きなマスクを外す。 韓国アイドルのオフショットで見るような、真っ黒いマスクだっ…

  • エレクトロなペイ

    電子マネーを電マと呼ぶ日はくるのだろうか。 二種類の電子マネーを使っている。 ひとつは、交通系ICカードのもの。(くるりの歌にもなった赤い電車の定期券にもなるやつ) もうひとつは、支払ったときに犬の鳴き声がするもの。 電子マネーは便利だ。 ただ、普及の要因は利便性だけではないと思う。 電子マネーは便利であると同時に、お金を使った感覚が希薄で、それなのに買い物の満足感が得られる。魔法のようなシステムだと思う。 何かを買うこと、消費することは、それだけで快感となる。 安月給の人間にとって、お金を支払った感覚が薄れるのに買い物ができる。 とてもいい。 買い物や消費による快楽はタワマンの上層階に住む人…

  • チョコの基準

    「ママ~、チョコエッグにするぅ」 まいばすけっとで買い物中、そばにいた男の子(5、6才くらい)が、店の奥で品物を見てまわる母親に言った。 (まいばすけっとは、都内を中心に展開されているAEON系列のスーパーマーケットとコンビニの中間規模のお店です。多くの方が「まいばす」の略称で呼んでいるだろうと個人的に思ってます) 「チョコエッグはダメ!違うのにしなさいッッ!!」 選んだそれが否定される声音を聞くと、少年はほんの少し虚空を見つめた後、もう一度お菓子の棚を眺めた。 「じゃあ、チョコボールにするぅ」 しばらくしてから少年が言った。 真横にいる私など、いないかのように言った。 「チョコボール?・・・…

  • キャラクターと予定調和

    昨夜、サッカーアジア杯日本戦のハーフタイム中、テレビに槙野選手のCMが映った。 腹筋を鍛える機械のCMだ。 「やっぱり槙野って、こうやってCMに出るんだから人気あるんだね」 向かいで食事をとる妻が言う。 ムードメーカー、あるいはお調子者と言われるサッカー選手を思い浮かべてみるが、試合の解説をしているゴンさんと松木さんくらいしか浮かばなかった。 いや、サッカー選手なんてアクティブな職業だから、ひょうきんな人はたくさんいるだろう。 でも、槙野選手ほど明るくおちゃめな選手としてメディアに出るサッカー選手は近年いなかった気がする。 思考が転がる。。。 本田圭佑や中田英寿はカリスマ的存在、長谷部誠はマジ…

  • 音楽トンガリーマン

    iPod classicをいまだに使っている。 160GBの黒いやつ。 もう、生産されていない。 17,241曲入っている。 そんなに曲を入れて、どんだけヒマだったんだと思う。 (iPod classicを使っている人なら、少ない数字かもしれないが。) 大学生~フリーター時代、PCを前に座る自分に会えるのなら、肩をたたいて「もっと有意義なことをしろ」と言うだろう。 ロック、ジャズ、ポップ、エレクトロやテクノ、アニソンがメインで、邦楽と洋楽が半分ずつくらい。 神経質な性格なので、アーティストのアルファベット・平仮名・漢字・記号(例えば!!!とか)の順番に聴き続けている。 曲については、もう増やせ…

  • 禁煙トンガリーマン

    タバコをやめて、もう4年半になる。 まだ加熱式とかが流行る前にやめた。 「何でやめたの?」 「どうしてやめられたの?」 聞かれたときは、カゼで体調が悪くなって少しの間吸わなかったら、そのまますんなりとやめられた。そう言っている。 嘘ではない。 全く嘘じゃないが、隠している理由として、貧困がある。 貧困は言いすぎかもしれない。 節約、か。 保育士の給与が低い、とかのニュースを見ると少し思う。 全然違う仕事だけど、似たようなものだよ。 いやむしろこっちのほうが、、、アレよ。 と。 哀しい現実や本当のことを包み隠さず話せるようになりたい。 なりたい。

  • 東京トンガリーマン

    夜、丸ノ内線茗荷谷駅。 人気のないホームで東京駅方面の電車を待っていた。 ぼーっと。ただ待っていた。 少しすると向かいのホームに若い男が猛ダッシュで駆け込んできた。 数秒遅れて40代サラリーマン風のスーツ姿の男。鬼のような形相で若い男を追いかけている。 ――待てコラ!おいっ! 二人は知り合いという感じではなく、明らかにサラリーマンが若い男にキレていた。 若い男はホームで逃げ場がないと観念したのか、追いかけて来るガチギレ男に向かって両手をあげて苦笑いを浮かべた。 向かいのホームに電車が到着するアナウンスが流れる。 そのとき、無防備な若者に追いついたサラリーマンは少し頭を下げた。 地面を見るような…

カテゴリー一覧
商用